お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※まとめ中の作品のみ更新をしています。

できる夫は盾を掲げるようです 第40話 喪失と崩壊と 後編 のカテゴリを修正をしました。
 この度はご指摘ありがとうございます。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/20 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾①
孫皓 AAで語る世説新語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第64話① 第64話② 第64話③ 第64話④ 賈充の妻 潘岳 第65話① 第65話② 第65話③

第65話④と幕間 第66話① 第66話② 第66話③ 第66話④ 第66話⑤ 荘園 麋竺 家政婦は見られた

第67話① 第67話② 賈充の評価 第68話① 第68話② 第68話③ 第68話④ 王渾の妻

第69話前① 第69話前② 大秦 河東裴氏 閑話休題 第69話後① 第69話後② 第69話後③ 

第69話後④ 第69話後⑤ 第69話後⑥ 第69話後⑦ 第69話後⑧ 第69話後⑨ 西晋の士大夫 裴楷

第70話① 第70話② 第70話③ 陶侃 杜預 第71話① 第71話② 王済と劉聡 第72話① 第72話②

闇解と神解
強盛たる荀勗 第73話① 第73話② 第73話③ 陸機の旅立ち 笑いが一番

印象に残ったシーン 第74話① 第74話② 司馬炎 潘岳 第75話① 第75話② 施しの流儀 第76話①

第76話② 王済×孫楚 第77話① 第77話② 陸家の兄弟 第78話① 第78話② 第78話③ 地獄の入り口

西晋名臣列伝? 第79話① 第79話② 裴楷 第80話① 第80話② 第80話③


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
[ 2019/12/25 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第80話①

329 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/12/08(日) 22:08:27.53 ID:2WlDpJ930 [1/92]

      |:::::::::::::::::::::::::::|
      ト─----‐─イ
      ',       ト.
.      ',        !
       {        }
       }    i  , ,'
   -‐─┴-、  }  ソ
-──-、    `    i
:::::::::::::::::ヽ    〉  |
::::::::::::::::::::i   /   |            ィ-、
::::::::::::::::::::}  /     l           //:::::::\
:::::::::::::::::::j /     |        ,. ‐f三王>‐-L、
:::::::::::::::::ノ/       | 、 ___ , ´/´::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
::::::,. イ/        .i  `ーゥ:::::/::::::::/:::::::::::::}:::::::ハ::::::::::ヽ       「やる夫が正史を書くようです」第八十回です。
'´   /         l    /:::イ::::::{オ::::::::/::/´⌒:::}::::::::ハ::ヽ
   /         ,'    /:イ::ハ:::ぅ卞::イノrう卞ミ:j:::::::::八:::ヽ     このスレにおいて、
.  /          ,    jノ |:::::{::l ヒソ'´ '  込:ソ ハ::::::/::::ヽ::::\   .ネタバレ行為の類は禁止されています。
./          ,    /:V::::j        /:::}:::/ヽ、:::ハ::个`
            ,   /::::イ::::八   ー ‐'  //jノf´ソ:::ヽj:::ハ    御理解頂いた上で楽しんで下さいね
           ,'  //´ア/}ィ、::\       イ7'"´:::::::::::/::::}
           ,'\'_/´⌒ヽレ::::ヽ、:>-ゥ-<´-ァ':::::::/i:::::イ::::ノ
.          ,'ヾく,,二三二r、二^ヽ::=-く={-=ニ彡´⌒ヽj::::/jノ
         , ミ'´{l:::::::lハ:r-‐=、ヽ}::::::イ::}¨ヽ´〃    }ノ
         ,'::::::::::ゞ='イ{─-、 ` ヽ ̄¨´ く /     !
     r-‐‐-〉二二二二≧、ヽ `  V ...::::{ \ソ  /⌒ヽ
─‐--‐イ:::::ア:/、ヽ:`:.:.:.:.:.:.:.:.:7:.ヽ`   \::::::廴_|  〃´ ̄ヽ\
:::::::::::::::::::::/::/::::ヽヽソ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.ゝ、    \:.:.:オ:ハ     V/
:::::::::::::::/::/::::::::::ハ V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、   \〈:.:ハ     V

330 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/12/08(日) 22:08:58.40 ID:2WlDpJ930 [2/92]
【紀元291年9月 晋 首都 洛陽】


   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |    何という僥倖    |
   ヽ_________乂
                                    .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |   生き恥を晒した甲斐があったというもの   .|
                                     ヽ___________________乂



                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ) 
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ 
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===
                  |   |││││││││││││││││|| 陳 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||  .||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||  .||
  ___________|   |││││││││││││││││||.寿..||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""


331 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/12/08(日) 22:09:32.56 ID:2WlDpJ930 [3/92]

                    {、___,.-―==. x: 、
                        ヽ,. -‐      \ヽヽ-、
                ,r   /     , ⌒ ::. ソ、⌒ヽ
                 {゙ー ´     / /,::      \ `ヽ
                   \/  i /ノ/:/   :ヽヽ: ゙;.、 、゙,
                    // / ゞ--f: :/ .:  .: .: :i:. ゙;: 、i:.゙. ': i
                / / ゝ-' ノ / /:l:./.:/ .:ノ.:l: ,|::.:.:,:.:`、: , ゙{ 、
                  l /レ ≧:.:.ィ:./ バ:./: .::/ノ':.八_j:j:.:.: ヽi:.、`ソ
                  ゞ{ :{、l:.:l:.:ト斥ミ、!{:.:.:〃ノィ=≦今v:l |:.いヽ..,
                  丶! い:、{ 弋zリヘ:.:八"´弋zリ ノ:ルi:ト-- '′
                  ソ个ミ= ̄  ` ‐     ̄彳'ノノ'
                    ゙¬、    i|       'ィ 
                        小.  ,__`_'_,  /从         やはり私と君は、 
                       ´ _j \  ー‐  /!、′         運命の赤い糸で結ばれていたようだ
                     .イl|  \   /  lハヽ
                    _/:ノ ヽ   、 ̄   V  ヽ:\_
                _ .ィ´: : :′  ヽ  ::.   /    i: : :\ ‐ 、_
            _.. -‐ ‘: / : : : !   ム     ム     {: : : : ヽ:、: :`゙"''‐-..,,__
      ,. -‐'"`゙´: : : : : : 〈: : : : : :l   /  l__ __」 ∧   |_ :: : :〉:\: : : : : : : : :``丶
       /: : : : : : : : : : : ___>: : : |  ハ  \ /  ハ   |: : :`<__、: : : : : : : :|: :¦
.      ': : |: : : : : : : : : |: : : : : : : :|/\\  V // \ !: : : : ::: : : : :|ヽ: : : : : :!: :|
     l::: :|: : : : : : : : : l: : : : : : : : 「   、\\j//    ヽ{ : : : :: : : : : |: :: : : : : : :|: :!
     |::: :|: : : : : : : : : | : : : : : : :¦    \ l ̄ ̄!      'l: : : :: : : : : :|: : : : : : : : !: : |
      ゙i:::. l: : : : : : : : : l: : : : : : : :|      ヽ:.:. /     |: : : : : : : :l: : : : : : : : :!: : ヽ
      l:::::.l : : : : : : : : i: : : : : : : :|      j丁{         | : : : : : : : |: : : _, -‐v ' : : : )
.      }::::::i: : : : : : : : :l: : : : : : :!      !:.|!        |: : : : : : : :i'⌒゙_.-‐'/: : : く
.     ∧::::::: : : : : : ::::::l: : : : : : : !      , :. l!        {: : : : : : : 厂: : : : : /: ::::::: : ヽ
       !:::'、::::::::. : : : :::::::l: : : : : : :{      /   l|        |: : : : : : :厂: : : : : ,'::::.....:: : :(_

                     晋 散騎常侍 周処

332 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/12/08(日) 22:10:36.02 ID:2WlDpJ930 [4/92]

.        ____
        /      \
i⌒',   /   ⌒    ⌒\
|  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
|  | |        (__人__)   |
|  | \       |r‐- l u./      リアルでガンダムになれるのは落合だけじゃなかったのかお!?
|   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
\____  ヽ  ヽ___)   |
       \⊂_         /


                                      /:/        /          \  ハ
                                       i/       .::/            ヽ  ハ
                                      /      / .:::/              V ハ
                                     ./      { .::ノ        .::.::.      i   |
                                    /   ..:::/  i/ /..   ..:  : .::i::i:::.  |:.     |:.  \
                                ..、_//  ..::::/-イT ̄|::i   ..:: .:/:::ハ:ト::::. /:::.   |::. ヽ ̄
                                    ̄| .: .:::ノイ .:i::|:/Ⅵ ..::::: .:/:::/ ヾ Y人:::..  i. |:::::::...` フ
      改めて自己紹介を。                  .|:ハ ::::::::/.:/_|_≧ミ i .:::::::i:// _ ィ≦/ハ::::. ノ:.|:::/ー'.´
                                    |i \::-イi ヾ弋.ハヘ..::::: l/ , 彡弋z.:ソ />':./::/:/
      散騎常侍を務める                     ヽ:::::\゛ー─' \:/   ヽ-─ ´/::://´
      揚州呉興郡の周処、字を子隠という。           ヽ>ゝ     ヽ         ///
                                         `ヘ               /'i
      呉の滅亡に際し、生き恥を晒した男だ             _ハ          i      イ_リ_
                                         | ヽ\   _`__ _,   .イ > .i
                                         |  .\\  ` ー─ ´  <-/ .:|
                                         |    | | .\   ̄  / | |   |
                                         |    | |>->─ <..<| |   |
                                         |    | |   ><  ..::| |   |

関連記事
[ 2019/12/14 00:00 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

できる夫は盾を掲げるようです 各作品リンク集

                                                  __
                                              __ <ニ/i
               __, ィ!                  /{          __ <二ニ/二{
              /二二/                /ニi         /二二二/二二ニ\
         ___,イ二二二二二二二ニフ         /ニニ{         /二二ニ/二二二二ゝ--ァ
          /二二二二二二二二二二/       /ニニニ{_     /二ニニ/二二二二二ニ/
        |`ヽ 二二二二二二二二<       /ニニニニ\   /二二二/二二二二二二/
        |   }二二二二二二二二二>      /二二二二ヽ/二二二二二二二ニニニニ/
     ___{__乂二二二二二二二二二フ     /二二二二ニ/二二二二二二二二ニニ/
   ∠二二二二二二二二二二二二{     ./二二二ニニ/二二二二二二二二二ニ{
       `<} -≦´             :.    /二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         | ヒリ )           i /二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         〈           __∠二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ|
          、 --   __ <二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニ{
         \__r<二二二二二{ニ二二二二≧=≦二二二二二二二二二二二二二i
          / {二二二二二二フ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ\
         {ニ{二二二二ニ/二二二二二二┌────────────────────┐
          |二i\二二二二二二二二二二二│   ◆ できる夫は盾を掲げるようです ◆.    │
          |二i: : \二二二二二二二二二二│ ― 原作 : パワプロクンポケット12 ―..   │
.          \{: : : : \二二二二二二二二二│          ~ 秘密結社編 ~        │
.            |: : : : : : \二二二二二二二二└────────────────────┘
.            |: : : : : : : : \二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
.            |: : : : : : : : : : :\二二二二二二フ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<二二二二二二二二二ニ/
.            |: : : : : : : : : : : : :\二二二二ニ/              \二二二二二二二二 {
────────────────────────────────────────────

作者(◆5UlRv.FJXk氏)のテンプレより

■ 諸注意 ■

  ○ 原作はコナミの【パワプロクンポケット12】の【秘密結社編】です。
  ○ 内容は上記の作品がベースとなっておりますが
  ○ 物語や設定等、原作からの改変を多く含みます。
  ○ ときどき若干グロテスクな描写があったりしますので、苦手な方はご注意を。
  ○ 恐らくプレイ済み、未プレイ問わず読める内容となっております。
  ○ ですが、未プレイの方の為に過剰なネタバレは控えていただきたいです。
  ○ 投下ペース遅いです。
  ○ 野ボールしません


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

第12話 第13話 第14話 その2 第15話 その2 第16話 第17話 その2 第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 その2 第26話 その2 第27話 第28話 第29話 第30話

第31話 第32話 後編1 後編2 第33話① ② ③ 第34話 第35話前 第35話後 第36話

第37話 第38話 第39話① 第39話② 第40話前  後

※第32話後編は容量の都合で2つに分割しています。

第41話前 第41話後 第42話① 第42話② 第42話③ 第42話④ 第43話 第44話 第45話

第46話 第47話 第48話 第49話

※容量の都合で分割している話数もあります。

◆5UlRv.FJXk氏の前作品『Persona4 - 都会から来た白饅頭 - 』


◆5UlRv.FJXk氏へ
本サイトのご紹介ありがとうございます。
貴殿の物語の面白さと、卓越されたAAの表現力に毎話楽しませてもらっております。
関連記事

やる夫が正史を書くようです おまけ 鴆

286 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/17(日) 21:57:35.14 ID:S8AwRPy30 [1/25]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|          おまけ          |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//    
            | |    >:´|、  -  ,|`:<           読者諸兄は、鴆という鳥を御存知だろうか?
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|   
            | |     >-、\!  !/::,-< 
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

287 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/17(日) 21:58:19.90 ID:S8AwRPy30

 jl斗ミ>''⌒j_lj斗ミ
 ::::::/::::::::/::::::::::::::)_
 ::::f::::::::::::':::::::::::::'' ̄:::::::)     /j
 :::::::::::::::>-‐==‐-< ○o  / ./
 ::::>//// ̄` `''+。/>‐''  ./
 ////  f 、ヽ≧s。,,_ / o  /
 ///   .ミシ㌢´ ̄` {  _,,+''
 //i    `ヾ    r―'='{ i
 ://i         ',   {i.    _人_
 //∧         ',ヽ,,_⊥斗、 `Y´
 ///∧__)ヽ     '.,ー-t''´
 ://///////       \ ',
  \/////   _  ¨≧s。\
     ̄ ̄ ̄¨''ヽ   ̄   ̄''=-,,
           \        `''<
             \         `''<
              \          `''<
                    \   __人__      \
              ┼ .∧   `Y´       \
       _人_       ∧             \
        `Y´   ┼    ∧            、_,ヽ
                  ‐┼‐ ∧   ヽ  ヽ  乂__)  ヽ
                     ∧ヽJ、_jヽ、  }、  j    ヽ

                鴆

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      鴆とは、古代中国の文献に記録されている毒鳥。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      鴆の特徴で断言できるのは毒鳥である点のみで、、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この鳥の羽毛を浸して作った毒酒は鴆酒と呼ばれていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         強い毒性があったようで、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          『史記』には鴆酒による毒殺の実例が記録されている
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


288 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/17(日) 21:59:36.65 ID:S8AwRPy30 [3/25]
【紀元291年夏 晋 首都 洛陽】

γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
|   王愷様におかれては御機嫌麗しく   |       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
ヽ_________________乂       |   我が主石崇の使いで参りましたと召使Aは……   |
                                  .ヽ______________________乂

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ) 
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ 
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===
                  |   |││││││││││││││││|| 王 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||  .||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||  .||
  ___________|   |││││││││││││││││||.愷..||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、  
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/        一例を挙げると、
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ         「奇貨居くべし」で有名な呂不韋は鴆酒を用いて自殺した。
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′          この事は『史記』『呂不韋列伝』にある
 ∧\  マ三ソ| .\
./: : \\ ヾ-〃 ..∧
l; : : : : \\.り/: : :i
i: : : :: : : : :|<V>| : : : !

289 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/17(日) 22:00:32.21 ID:S8AwRPy30 [4/25]

      /_}r-- ´ ̄>'´` ー ___} /::::ヽ:::ヽ
     ,イ:::< |_,..,.ィ:/:::::::::::::::::::::::::::ヽ:\_{ム:::::::ヽ::::::.
     /:::::::|{_//:::!|:::::::::::::::::::::::|:::::::',::::',:::::',::::::::',::::::::.
     ;':::::::: |:::::/:::: |:{:::::::::::::::::::::::}、::::::',::',::',:::::',::::::.
     |:::::|::::|::: |:::::::|{:∨::::::::::::::::/ リ',::|:|',:::|::!::}::::::::}::::::::::
     l:::::{::::{:::::|:::::::|{::|∨:::::::::::/! _,从j- 、 lイ:::::::/:::::::::::.
     !:::::∨::::ハ:::::|_!:! ∨::::::/ / ん::::㍉ヽ:!:::,イハ、:::::::::.        何の用?
     !:::::|:∨:| / 示圷、 ∨:/   {:::::::刈  }:/::|r, Ⅵ!:::::.
     i::::,{::::Ⅵ、ヽマ::::刈 `'     込こソ  イ::: ! } /::{Ⅵ:!       .また贅沢自慢にでも来たの?
     {:::ハ::::::::::.  込ソ    ,    , , ,   /:::::|イ:::::| ∨|
    !::{ }::::::::::::. , , ,             ,':!:::: |::|::::::| ヾ
     Ⅳ i,:::::::::::::..      __      イ::|:::::j!ハi\!
       ∨ :::::: >:.    ー`  イ{::::/|::::/ー―- 、
      , ´∨:l:::::ト:j\::}>  _,  ´ ,..ィ /:::イ / ̄ ̄`ヽ
.      /    ヽ!:: |   \ /ー- v ´  /:::::/ /       ',

           晋 後軍将軍 王愷
                                                   , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                  r===========r‐、: : \
                                                  |.―‐――‐―丨‐l┤、 :ヽ
                                                  L二二二二二」.ニ|‐{ミi : : |
    いえ、そうではありません。                            {/ /ゝ、ノイ ノl/ ―  トl!: : :|
                                                .|l:/|/●    ●  ト、: :|
    我が主は珍しい鳥を見つけたので、                      |/!:ll⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ: : |
    是非王愷様へ贈りたいと仰せでしたと召使Aは前置きします     /⌒ヽ__|ヘ        ..イ:i : :/⌒i
                                                .\ /:ノ从ヽ,、  __, イト:}ノ/  /
                                                /  //ヾゝ八__/:.:.//ヘ、__∧
                                                 ヽ、.{ {:.:.:.|.|oi//:.:.:.:.{.{ ;_、_ ,'

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       『世説新語』注『晋諸公賛』には、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      元康元年に繰り広げられた鴆にまつわる騒動が記されている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .騒動の関係者の官職を見るに、恐らく楊駿討伐と楚王の死の間の話だ
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2019/11/23 15:58 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 幕間 裴楷

225 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/10(日) 14:46:08.40 ID:umpD3Sci0 [1/38]
【幕間】

             /  /                 /  /     
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、  
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''" 
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ) 
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ 
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===
                  |   |││││││││││││││││|| 裴 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||  .||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||  .||
  ___________|   |││││││││││││││││||.楷..||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""


226 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/10(日) 14:47:56.52 ID:umpD3Sci0 [2/38]

                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃      .┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃      .┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃      .┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃      .┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_| 

   |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ
  し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
  、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
  し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'

        / ̄ ̄ ̄ \
     //   :::::\:::/.\\
     /    。<◎>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ `|!!il|l|,;/゜
    /  ⌒ヽ゚   lェェェl゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


227 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/10(日) 14:48:50.69 ID:umpD3Sci0

                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃      .┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃      .┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃      .┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃      .┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_| 

   |7,.イ    |7,.イ     |7,.イ   |7,.イ
  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ  ト-'' イ
  し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|   し'/ :|  _ト,ィ         ,ィ
  、//| |  .、//||  .、//||  .、//||   7 「  トイ ,ヘノ| イ |
  し' :|/   し' :|/   し' :|/   し' :|/  /,イ」  し'  ヽノ  し'

.     /::::::::::::::::::,>イ" /     ヽ  ヾト、ヽ、ヽ \.\ \\}
    , ':::::::::::::>'"  /          ぃ  ト|‐r+ い l  ト, .|
    /:::::::::::::/     {     .| | ハ,ィ |l ト、 .|ヽ__」! !::|: ハ: | V
.   /::::::::::::::,'     |   |  | |,イ || ! j リ V チ:::ヽ`メ| ハ/ヽ
  /:::::::::::::, '     .!   ! . Xヽ.」イ!キ    C:::d,、 レ'、 |\ \  
. /:::::::::::/       ',  ヽ'  トメj:::::ヽ     ,`""′ い  \-‐
/::::::::/         ',  ぃ  .イo:::::::ソ          } .',   \
:::::/           V  ぃ、  くう´    ,  '" ̄}   ,イ .ヽ   \
/             V lヽ V  \   〈_, ‐'" イい   ヽ    \

                  晋 尚書右僕射 王戎
関連記事
[ 2019/11/12 01:05 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第79話②

94 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:12:55.12 ID:3ay46qSI0 [1/73]
【>>65の続き】

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|  皇后様は女神のような御方やでぇ |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´    後世名臣扱いされている張華を
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//              起用したのは悪名高き賈南風だった。
            | |    >:´|、  -  ,|`:< 
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|             .しかも張華起用を進言したのは、
            | |     >-、\!  !/::,-<             これまた悪名高き賈謐だったりする。
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!           .何とも皮肉な話である
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

95 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:14:03.70 ID:3ay46qSI0 [2/73]

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l  
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`                果たして張華を起用して、
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、              本当に海内が安らかになるものだろうか?
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ             元康年間の晋王朝の様子を見ていこう
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l 
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`


96 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:15:42.90 ID:3ay46qSI0 [3/73]
【紀元291年8月 晋 首都 洛陽】

        !/ゝ_ イ ` :.、/  /  /    !  ,  ,
       /   i  \  /  ,'  /    ;  j!'; ∨
      ,:'    ノ/ /'  '  〈  |/!イ_ ノ/ィ / i!  ',      何劭。
    /   /イ  i{  _!  |``' _ -=ァ '´〈 .j!イ l
   '    ,/,' |  || Y i!  笊㍉x、';   ,イ`イ j!_ノ      あなたには中書監に代わって、
  /    / {`ヽ j.! i i!   ハ_t'ソ'i   x笊/|イ        都督豫州諸軍事として許昌に駐屯してもらいたいのです。
  {   ,{ {ニ≧'ヽ! ヽ':,   !      (ソ, 
  ‘,   |':, ':,ニニニニ\{|ヽ ' ,   _  ´イ  {        .他に適任者が見当たりません
   ヽ  l ‘, !≧s。/ニ!':, 、 ', ‘ ' イi i!  '
    r`<ヽ_j     }_.',  }≧´  ‘,i!rvノ  _
                                             i:{  ≦´: : : : : : : : ≧、r-、
                                              V: : : ,: : : : : : : : : : - (  >:⌒:、
                                             /: :/: : : : :/: : :ヽ: : : : :ヽ}: : : : :ハ
                                             :': :/: : : : : :/: : : : :.}: : : : : :ヽ: : : : :.i
                                            :': :/: : : : : :イ: : : : : ハ: : : : : : :、: : : : l
                                           ノ: : : : : : : : /'{: : i: : : i 、: : : : : }: : : : !
                                          ィ'"': : i: : :_:_/__V: :i: : :j __V_: : : :i : : : :ト:.、
       陛下の御言葉とあれば。                      i: : i: : : 斧__ V: : :'´_ ;ノ: : :人: : : i `
                                             V:ヘ: : i丈少ノ:へ:{込少 ハ: : ': : : :ノ
       許昌なら私の地元のような場所ですし              ノ:イ: : :ト:、. ´  ,    ノ: ハ: : :イ
                                           '-イ: ハ: : ト 、      イ: :/: : 人:ヽ、
                                             ノ: :ヘ: ヘ { ヽ ´ <} /: :イ: : <_.._
                                          / ̄ ´ ヾ}:ト: }ヽ   ノ イ: イ:.i ヽ:.:ゝ`:、
                                          ,!      i  /=人`ヽi' ! ヾ  .. - .〉
                               豫州の豪族→  !       V `‐又-´ ヽ}!  /    !
                                          .i     ヽニニニニVニニニニレ     i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      張華の前任の中書監だった何劭は、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       都督豫州諸軍事として許昌に駐屯したと『晋書』『恵帝紀』にある。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      許昌は先頃まで汝南王司馬亮が駐屯していた地だ。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .そこに宗族諸王でない者を据えるという
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


97 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:16:39.41 ID:3ay46qSI0 [4/73]

        !/ゝ_ イ ` :.、/  /  /    !  ,  ,
       /   i  \  /  ,'  /    ;  j!'; ∨
      ,:'    ノ/ /'  '  〈  |/!イ_ ノ/ィ / i!  ',
    /   /イ  i{  _!  |``' _ -=ァ '´〈 .j!イ l
   '    ,/,' |  || Y i!  笊㍉x、';   ,イ`イ j!_ノ       ただし、太子太師の任はそのままとします。
  /    / {`ヽ j.! i i!   ハ_t'ソ'i   x笊/|イ  
  {   ,{ {ニ≧'ヽ! ヽ':,   !      (ソ,           .引き続き太子への指導も任せます
  ‘,   |':, ':,ニニニニ\{|ヽ ' ,   _  ´イ  {   
   ヽ  l ‘, !≧s。/ニ!':, 、 ', ‘ ' イi i!  '
    r`<ヽ_j     }_.',  }≧´  ‘,i!rvノ  _
                                              /: : `": :-: :_: : : :( r'、: : : : : ;.'" ̄`\
                                  .        /: : : : : : : : : : :\: :(, ヘ: ヽ: : :/      ヽ
                                         /: : :/: :,: : : :.; : : : : :.ヽ:ゝ.ヘ: :丶:|     :    ',
                                          /: : :/: :.ハ: : : :ト、: : : : :ヽ:`ー:、: :.:}    :    l
                                  .       ': : : ':./!:! !: : : | ヽ: : : : ': :、: : ゝ、!    :    l
                                        |: {: :l:.l .!l _'; : : l ,..-、-:.、:'; :.ヽ: : |   :    |
                                        l: :l: :l:l ',l´、∨: :! ,ィ=\、: l: : :ト:、ハ   は     }
                                  .      l: :l: :.l ィ了ヽ\l  乂ソ ノ:l: : :lj.}: : ヽ  ?    /
                                        '; :'; :.ト、 ゝ' )`  ー   l:i: :.!ノ: : :.ノ      /
                                          ヽ:ト ハ. ' '  ヽ   ' ' u ノイ: ハ、: ⌒ヽ.___/\
                                            V:ヽ:、.u r‐ ¬    l /j:ハ: : : :'; : : :ハト、: : ヽ
                                  .         l:ハ:l:.\  ` ̄  / j/.ヘ: :)i : : }: :./ ソ   ̄
                                  .          :{ jノ ヽ:.>. - イ  /  ヽ: j: :ノ!:.(
                                                )j: : /: /l./     /` ー--ヽ 、
                                               ノ.イ/:イl /!   /     ./   ヽ
                                               _,../  /\! ./       ./     ,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      また、何劭が兼任していた
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       太子太師の職はこの時点では解かれなかった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      ちなみに、生前の汝南王も太子時代の司馬衷の保傅を兼任している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         どうも司馬衷という皇帝は、何劭を随分と信頼していたようである
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


98 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:18:44.24 ID:3ay46qSI0 [5/73]


.     _ -=─‐ 、   _ - ── --  、
.   .'       } /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:`''<
           .,ィ(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!/二乂_ ̄.:.:.:\
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lニ/⌒ヽ寸.:.:.:.:.:.:\
      , '...:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.√V.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
      ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:V.:.:.:.:.:\}.:.l.:.:.:.:.:.:.:..:`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.l.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    {.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,.:.:.:.:.:.:.:!
      i.:.:.:.:.:.:.:斗─‐.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:..‘,.:.:.:.:.:.!
     |..:.:.:.:.:.:.:.|  V.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:l
     |.:.:l.:.:.:.:.:ィ灯笊.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:l
    |イ.:.:.:.:.l/ Vソ \:!.:.:.:.:.:.:.{.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:l        .陛下の信頼が重い。
      .!/l.:.:.:.:Λ     l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:l
.        V.:.:.:.ノ     l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.!        まあ、先帝から受けた恩は
.       V.:丶     |.:.:.:.:.:.:!.:l.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.!        返しておかないといけないけどさ
          ∨ \ ,-  l.:.:.:.:.:.:.:l.:.!:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.!.:.:.:.:.:.:l
             l.::\  :.:.:.:.:.:.:个、.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.∧.:.l.:.:.:.:.:.:.!
             l.:.:.:.:.\!.:.:.:.:.:.r─ヽ/l.:.:.:.:.l/-入i.:.:.:.:.:.:.l
             l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.八:l:√ニl.:.:.:.:.l:::::::::∧.:.:.:.:.八
             l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:./√/1::::人.:.:.八:::::::::∧.:.l\:.:\
             ヽ.:.:.:.:l l.:.:/ノ/=l:::::::::::ヽ.:.:.}::::斗个:.l  `¨⌒
.              \.:lイ//ムニ个──‐}ノ二二二.:l
           _ -ニニニニマ//ムニニニニニニニニニリ
        _ -=ニニニニニニマ//ムニニニニニニニニニ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .『晋書』『何曾伝』によれば、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       司馬炎と何劭は「総角之好」の間柄だったという。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      「総角之好」は幼少の頃からの親友を意味する。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .司馬炎の太子時代から側に控えていた側近であり、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .司馬衷にしてみれば古くから見知った相手故に信頼したのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


99 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/11/04(月) 22:19:30.15 ID:3ay46qSI0 [6/73]
【紀元291年8月 晋 冀州 鄴】




                            __
                           ∫ι__________/丁了
                          丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.    ,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
                         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::    ,.,.,.,,.,.,.;; .ヾヽ
                     .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::   ::::,.,.,.,.,.,. ヾ.ゝヘ
                     ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::    :::::::::,.,:::::::λヘ
                ヘ ,,__ノヾ ~~~~~  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~ゞ,ノヘ
                ゞ;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;ノゞゞ
                  Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒...Ⅱ/⌒ヽⅡ/⌒ヽⅡ/⌒..Ⅱ三|
                  Ⅱ三三,Ⅱ,,三三Ⅱ三三,Ⅱ三三Ⅱ,三三Ⅱ,三三Ⅱ三三Ⅱ/|
               _ ├┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┐ ___┌┼┼┼┼┤/|_
              ∥ミミ│      /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,     /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    .. │ミミ∥
         ┌凹凹凹凹凹凹凹凹凹___.凹凹凹凹凹 ___ 凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹┐
          ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミ/,,;;;;;;;;;/]ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ
     ┌凹凹凹凹________凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹________ 凹凹凹凹凹┐
      .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳./|ミミミミミミミミミミミ
      .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  |ミミミミミミミミミミミ
     . 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミミミミミミミミミミ彳/三三三三三三彳/  . |ミミミミミミミミミミミ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      時を同じくして、地方に駐屯する宗族諸王の人事にも動きがあった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────