お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※基本的にまとめ中の作品のみ更新をしています。

東京魔人学園外法帖やる夫録⇒完結となりました。泣いた作品は初めてでした。お疲れ様です。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/06/20 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫不思議のダンジョン 時・闇・空の探検隊 各作品リンク集

作者(不思議な ◆7XyW/iFZe氏)のテンプレより

                       ___
                 .   _, -' ´___\    
               .  ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
.       __  l`、‐-、'‐、_.. ,、  ./ /      l ト、\
       .,ヽ`ヾゝ. ` ヾ ヽノ ゝ_ ./l / /  , /l'| ト、l ',
.       ≧         ―=ニ_l/|7ニイ´/〃| -L.l !     ____
.   _/´  `ヽ ヾ、 `、〃´-、ニ ‐- ≧ . ┬::cr / / ┬c」 |   /     \   合いの手、雑談大歓迎だお。
   .`‐-‐''''''=ミ'o'ィ彡二}}二}、` `=-'.!  l:::::::j  '   l::::j.! / / ―  ―  \
       .乂 彡  -ー リ -、〈 iト i`ゝl⊂⊃‐       ‐⊂//  (●)  (● )   \ でも喧嘩はやめてね☆
       .イr'ヽ' ▽  | ▽lレ' `} .|ヽ|        -   リ|     (__人__)      |
.       l lヽ_     '  i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     `⌒'´      / 
       ./// / `ー  ̄ , '_                      \        /
         /    く \ |__| _ ..._.. ,        ___ (__ノ    ヽ
         |     \ \ \ /        |\_____ \   )
          |    |ヽ、二⌒)、^         |  |ヽ、       ノ|
         ゝ____ __\         .|  |  \   / |





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 短編 第8話 配役① ② 第9話 配役③ 第10話

配役④ 番外編前 中 後 配役⑤ 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話

第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話


関連記事

やる夫不思議のダンジョン 第十七話「グラードンの心臓 後編」

18 名前:不思議な◆7XyW/iFZek[] 投稿日:2017/04/29(Sat) 21:14:24 ID:f6e93e46 [1/5]
投下していくぞい

19 名前:不思議な◆7XyW/iFZek[] 投稿日:2017/04/29(Sat) 21:24:57 ID:f6e93e46 [2/5]





         やる夫不思議のダンジョン 時・闇・空の探検隊


             第十七話「グラードンの心臓 後編」




.

20 名前:不思議な◆7XyW/iFZek[] 投稿日:2017/04/29(Sat) 22:17:42 ID:f6e93e46 [3/5]



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     _/ / ヽ   /     (__人__) \
    〈__/  . |  |  u.    ` ⌒´   |
         /  .\     i⌒\   /
          /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.    __   r  /     |/ー、\   \     |   はぁ……はぁ……!   |
.   "ヽ |  i,        ノ   .\^   i     ゝ____________,ノ
.     | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
.     i /  //  ./
.     ヽ、_./ ./  /
            / /
.       ノ.^/  
       |_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ      ズザー!
             `  (⌒ 、_      ___      \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
- - ── = ニ 三   `>  ´`ヽ  /     \      >    疲れたー!       <
   (⌒)ヽ     (⌒ -、./       /   \,, 、/ \   /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::       |   (>)  (<) |
 (⌒) .。; ゚ ,,     \      `''⌒)   (__人_).   }'⌒)
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、.:::::,,.r'     ` ⌒´   /,,.r'
 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三----`''ー―─‐'".....


21 名前:不思議な◆7XyW/iFZek[] 投稿日:2017/04/29(Sat) 22:50:04 ID:f6e93e46 [4/5]





                 (((  /⌒\
                   /     \
               /         \
               /            \ ___
                /           / ー  ー\        いやー…やる夫達結構走ったけど、
           (((  /     入     /  (●)  (●)       もうあそこから抜けれたかな?
             /     / ヽ、 /     (__人__) \
             /      /      |       ` ⌒´   |
       ───´      /      \            /
(((  と_______ノ          \______/








     __  l`、‐-、'‐、_.. ,、
     ,ヽ`ヾゝ. ` ヾ ヽノ ゝ_
    ≧         ―=ニ_
 _/´  `ヽ ヾ、 `、〃´-、ニ ‐- ≧
  `‐-‐''''''=ミ'o'ィ彡二}}二}、` `=-'
     乂 彡  -ー リ -、〈 iト i`ゝ
     イr'ヽ' ▽  | ▽lレ' `}
     l lヽ_     '  i
     /// / `ー  ̄ , '_      流石にもう抜けただろう…お! ほら見ろやる夫!
     //,l゙ ̄ ̄ ̄l` ´l┐|
   / ̄ヽ  ̄ ̄| ̄ ̄ス、 ゙̄ー、

22 名前:不思議な◆7XyW/iFZek[] 投稿日:2017/04/29(Sat) 23:56:33 ID:f6e93e46 [5/5]


: : : : : : : : : : : : : : : : : : _//_//_[][]...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : ./_ ._ ._/:::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒         ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : :  .// / /.:::::r:::::::::::~::::::⌒           .ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : :.ν /./       /ニニニニ/      .ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
. .: : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~.i||.リ   .lニニ ̄ニニヽ             .ノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.. : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"lilIl|     .) ) ノノ             ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
. ,ィ爻  y. : : : : : :):y'"~).|lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|   ../ノ<ニ_ノ               フノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
. =爻.: : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r.|li||lilIl|li||lilIl| ...</               ノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
. 爻ミ...: : : : : :::.::  ,,..': :y'"~:ノ:::::'".li||lilIl|li||lilIl| ._,へ__ _.            、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.ilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|.: : : : : : : : : : : :  `ヽ/⌒ヽ==⌒. `ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
: : : : : : : : : : : 、|lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl| : : : : : : :..:;:;'r-=´へ  .: : : : : : :.ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.lIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|.: : : : : : / / '::... `:.\..: : : : : : :.;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
: : : : : : : :  : : : : ⌒ilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|.: : : : :./ :::"/::..`._ ;'".へ' : : : : : : :、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
. .: : : : : . .: : : :,.~ '~.|lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|... ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄,r≦ ̄从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'.i||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl| .___ ____ _ノ    \wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ
.ヾ;ゞヾv;.y. : : : : : :):y'"~)||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|.;~'',;'   ',;' ..: ; ::; :;~'..... : ;: ;:; ;~'',;'' ;~..: ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;''',;'
..: ; ::;...: : : : : : : : : : :⌒ソ|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|l.;:;   ''   ,;'..: ;    ''.... : ;: ;:; ..: ; ::;.   :; : ;: ;:; ;~'',;'' ;.::: : : :~へ: :
..: ; ::;...: : : : : :::.::.Il|li||lillilIl|li||lillilIl|li||lillilIl|li||lillilIl|l.;..  : ; ::; :;~'.    ;~'... ;~'',;'..: ; ::; :  ,;:;:;~...  .ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒ :
: : : : : : : : : : ...|lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|     .: ; ::; :;.    ,;''   ,;'..: ; ::; :;.  ;~'',;'' ;..:::::::::::::::::::::,:' :~ { : . ..,
   _-=- - .|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|l .~ .''' ‐- ...,,__ ;~'',;'' ;~'',;'..: ; ::; :;~'',;:;;~'',;'' ;~'',;'..:.:~''”~: ..、. . : : : : : :
    .ヽo。,  lilIl|li||lillilIl|li||lillilIl|li||lillilIl|li||lillilIl|/o 、     .~""''' ‐- ...,,;~'',;'' ;~''...... ;.  :;~''...⌒: : . . {,,... : : . :.. '',;:;
    . O。`  .*|lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|li||lilIl|。、・              :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
      .∴ 丶|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|li||lilI|liノ :;.          '": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
      .ヽ"  lilIl|li| illilIl|li||li lIl| ||lillil li||lillilIl|li|∵∴ ′ -     ~へ: :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. .⌒ :~':" : .  y: ⌒.:
   _  ―=         ─ニ                      :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { :
                                       ,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
                                  :~.. :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . :  :
関連記事

東京魔人学園外法帖やる夫録 各作品一覧

作者(◆ctc7aDbxwM氏)のテンプレより

           `7================================rク         wii=美 `wii'"美'"
          .モ//リi',i',i',:',:',:',:',:',:',:',:,:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j'//リヲ/゙i、ヨ、   "''美ii ィ-//  |!洲|,,r'"`w
         ..モ//リ,i',i',',i',i',;',;',;',:'',:',:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j,'//リヲ/:l|_゙i、ヨ、.wii美''" "'=w美=美、洲~
   /三三三:;;モ//リi',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'//リヲ/jl||lllll゙i、 美=wii美i!_ ~美_>美、:|_,==美
._,,____!_________モ//リ;,i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',//リヲ/jlll||lllll__゙i、ヨ、 `美`美_~美=|!洲:j~ l: ;iL
/////////,r'/;/リ,;',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i','//r'、\kkkkkkkkkk .美、  "美~^'=j!:洲:|_,=-美
------  ,,r''/盒j,;',:',:',i',:':,i',:',i',:',i',:',i',i',i',:',i',i',:',i',i',:',i',i','盒リ`i、':、\kkkkkk 美=w美w,,_wL. |!:洲_美=iiw
   _,,-'',r''":,:',;',;',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'`i、'::、゙i、kkkkkkkkk"''美;''==、_j!:洲;L_,,美=
 {l,,r''",:',:',:',:',;',;',:',:',:',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',`i、';〔〕kkkkkkkkj;i='j: :;il ,=~!!:洲イ'" ;ij
;;;;;;; `ミ牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟彳[jjjjjjjiiiiiilllllll  j: :;ijソ ト:洲:;| .l: ;i|
         | |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 .|: :;i|  .f!:洲:L_,,wii
;;: ;lリ _ ,,从 ! : | |iiiiiiii| |甬ヨ| |甬ヨ| |fjfjfj f甬ヨ| |甬ヨ| |iiiiiiii| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 j: :;ij  .j!:洲;j'".: ;ij
- '''^::::::::: ::::::: | |―‐| |冊ヨ| |冊ヨ| |fjfjfj f冊ヨ| |冊ヨ| |―‐| |:|llll|:|llll'jl:-‐::'''",>  .|: :;i|  .|!;洲;| ,|: ;i|
::::::::::::::::::_,,-‐└― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠ーー┴、'''"~ _,:-;‐ij"i!    .从 ;l、 |!;洲:j~^'' '"
::::::::::::  '====ィ=== ィ=== ィ====ッ:―‐ッ====ィ=== ィ=====;ィ==i:ii"[l! ‐'::~::::::::::::~゙゙ - '"'::::|!::洲:|:::::::::
   :::::::::::::::::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::::j','三j'j::::::: ::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::└'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   f!;i洲;l:::::::::
      :::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::: ̄:: ̄:::::::::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |!;j洲:|


                  原作 : 東京魔人学園外法帖(PS・シャウトデザインワークス)
                   ..   東京魔人学園外法帖血風録(PS2・同上)
                       東京魔人学園外法帖(喜名朝飛・スクウェアエニックス)


┌────────┐
│   注意事項.. . │
└────────┘

 ・ 原作をあちこち改変しております。ファンの方はごめんなさい。

 ・ 同時に、キャラを削ったり、登場頻度を大幅に減らしている場合がございます。

 ・ 原作未プレイの方のために、できるだけネタバレはお避け下さい。


第一部 『 龍閃組編 』 陽の章

第1話前 幕間 第2話前 埋めネタ 第3話前 幕間 第4話前 埋め2

第5話前 幕間 感謝と紹介 第6話前 CM 幕間 番外 第7話前

埋め3 第8話前 幕間 番外2 第9話1 埋め4 第10話前 後1 後2 幕間 

第11話前 後1 後2 第12話前 後1 後2 第13話 幕間

陰の章

第14話前 強さランク 第15話前 幕間 第16話 幕間 番外3 第17話前 幕間 

第18話前 後① 後② 幕間 パラメーター エイプリルフール 第19話前 幕間 埋め 

第20話1 幕間 第21話前 幕間 第22話1 幕間 番外 

第23話前 幕間 エイプリル 第24話前 幕間

第25話① ② ③ ④ ⑤ 幕間 第26話前  強さランキング更新 幕間

第27話前   閑話 キリコ 頭のいい馬鹿 ジュン 最高の調味料 ふるさと

餓悪流図戸尾苦 黒蝿翁胃痛日記

第28話前  4/1 幕間 幕間 第29話 第30話

第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 幕間 第36話前  第37話前  

第38話前 後① 後② 最終話 あとがき あとがき② 予告
 

◆ctc7aDbxwM氏へ
当サイトのご紹介ありがとうございます。
ご意見などございましたら対応いたしますので、レスやメールなどでご連絡ください。
魔人
関連記事
[ 2017/05/16 16:06 ] ●東京魔人学園外法帖やる夫録 | TB(-) | CM(0)

東京魔人学園外法帖やる夫録 ○予告

4 名前: 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 07:56:31 ID:bGjJYbLY0
乙でした。

各キャラのその後のED良かったです。
個人的には98版のドラゴンナイト4のEDを思い出した。


それと一応確認ですが、キャラ達の20年後とか書く予定はございます?
可能性が低いと思うんですが、見たいんですよ…w

グレンラガンの最終話Cパートとか好きなんよ・・。


後、もし次回作が新宿の高校三年生なら、双惺変も是非!

72 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/14(日) 22:22:19 ID:13wEL/N20 [5/36]
>>4
20年後でもないですし、望まれていたのとは
ちょっと違うかも知れませんが、こんな感じでどうでしょう?

73 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/14(日) 22:22:33 ID:13wEL/N20 [6/36]

     ┌────────────────┐
     │    1874年( 明治7年 )――東京   .│
     └────────────────┘       ,l ゞ:〃            ______
                                       ,l ゞ:〃 :::::::::::::::::::::::::::::::r" |∥∥∥∥∥
    ゚゙'ー、,,,                               ,l ゞ:〃        ,,,r'" l|  |∥∥∥∥∥
    ゚゙'ー、,, ゙゙`ー、,                         ,,l ゞ:〃:::::::::::::::::::::;r゙゙|::::::::::l|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゙゙゙゙',ー、,. ゙゙'ー、_                         ,l ゞ,.〃      ,r''|::::::|;;;;;;;;;;l|
        .ll  .゙゙''ー,,, ''ー、,_ _              ,l゙ゞ;〃:::::::::::;;rl|::::::|;;;;;;|::::r''''l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .ll .       ~~゙lー、、:i┿l|              l:ゞ〃 . ,,,r'" l|;;;;;;|::r''|;;;;;;;;;;l|
        .ll      .   lミミl*li  l|ヽi:ー,、        彡~〃彡'"''',,r''' l|::r''|;;;;;;|::::::::::l|
        .l:──--、、、...lミミl*il  l|__li゙゚態N、、 ,       l l㌍'''"、__r''__,、、l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l| :::::::::::::::::::::::::::::::
    , l l l llll|ミミミミミミミlミミl*ll  l|~~トlー-i゙l~~冫     ~ |゚l、.丿彡彡彡l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
      lj,,',,',,',,',,',,',,',,',,',,',,',lミミl*ll  l| llヾヾiー ゚l゙~i:!』,,    l『』i゙゙゚゙:lヽ ̄ ̄l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l| ::::::::::::::::::::::::::::::::
      l|  l   .l    lミミl*ll  l| ll .l il!ヮ ';li,''ll l㌍l゙li....ll ll i~ll"|..| ̄~l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
      l|  l   .l__..lミミl*ll冖l| ll l.ill ̄~~~''゙`゙'''`   "l|、l.l |..|____,l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l|
      l|  l---i .l _,,,,,wil"~l*ll!l!l!l'゙゙“゙~                l| l |   l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
      l|  ,,l,,、、-''~     """               .     ゙=゙ヽ|__l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l|
      ll゙`   .: ..                    . .   .   ヽ、  l|::::::|;;;;;;|::::::::::l| :::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    .      ヽ、|~ヾl::::::|;;;;;;;;;;l|
                                           ヽ、,l~ヾl::::::::::l| :::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                            ヽ、 l~ヾ;;;ll________
                                                ヽ、 l~l|  ┌───┐
                                               ヽ、l  │∥∥∥│
                                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

74 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/14(日) 22:22:44 ID:13wEL/N20 [7/36]

|           _____          |
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |ヽ
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |   ヽ               ____     _   ____     _    .丶、/
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |\   \          Lr┐ !  ,ノ /  Lr┐ !  ,ノ /      ./ヽ/
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:\   \            くノ  └1_|     くノ  └1_|        / ヘ.
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:..:..:\   \.                                      "´i ̄
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\
____\____________________\.
────|_____________________|                _,n_00 _n__  _,n_00 _n__
.::..:..:..::::..:..::.:..|  ___     ___    ___  |                    └l n |  └i┌z」 └l n |  └i┌z」
.::..:..:..::::..:..::.:..|  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |                U U    U     U U    U
.::..:..:..::::..:..::.:  ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄          .lニニi
                                     i\,―─┴─┴――‐、  i\
                                     |\i\          \|\i
               lニニi                      |\| ̄\          \,|
         i\,―─┴─┴――‐、  i\             | ̄ | `┰―― liニニi―┰|
         |\i\          \|\i                  ┃  |\|__|  ┃
         |\| ̄\          \,|                          |    |
             | ̄ | `┰―― liニニi―┰|               lニニi
              ┃  |\|__|  ┃..             i\,―─┴─┴――‐、  i\
                     |    |             |\i\          \|\i
                                    |\| ̄\          \,|
                                        | ̄ | `┰―― liニニi―┰|
                                               ┃  |\|__|  ┃
.

75 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/14(日) 22:23:05 ID:13wEL/N20 [8/36]

     \
       ::\
      :: :::\___________________________
        .:: :::::|::::::
      |ヽ ::::|:::.    _____      __________
      | | :|: :     ||__,____||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      | | :|      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      !-   |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         .:::|___||__||___||  _ヽー-、 ,. -;z.___|_|_|_|_|_____
        /:::     / ̄ ̄|  ...,>  `   ′ ' ∠._
      /         ̄ .i | ̄./            <         .iヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄
     /              |‐|_.イ      ,、     ヾ         |ヽ|‐ \_____
   /                | ::::|..│  , ,.イ ハ. ト、   |         .' .|:::.. ┃:::::::::::::::
  /                :::: .| .ィ/ニソ 'エ、ヽ |           .:::┸:::::::::::::::
                          r'コ| { 9 .  9 } |Fヽ
                      |にl| `ー ,」 L ー '  l|-リ                 ごちそうさまー!
                      ヽニ| 、_"‘‐u‐’´"_, |ン
                       |.ト、二ニニ二ノ!|
                      ,.l.ヽ.ー‐-rー─;ノ.l,、               今日も美味しかったよ!
                       _,  -‐''::「l.\ ̄二 ̄.//|::`'ー- ._          フレデリカちゃん! マリーちゃん!
                .,、-‐''":::::::::::::::::.:| \. ` ー ' / .|:::::::::::::::::::`''ー-,、
             /::l:::::::::::::::::::::::::::::l.  \  /   .|::::::::::::::::::::::::::::/::l
               /::::::l:::::::::::::::::::::::::::::l     ×     l:::::::::::::::::::::::::::/ ::::l

.

76 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/14(日) 22:23:21 ID:13wEL/N20 [9/36]

       ┃
=o====o==[l]===o===[]====[]==.[]======i'´`i====o=
       ┃     ||   ..||   ||    / ̄ ̄\
       [l]     ,,--、   ||   ||   |  ⌒   |
       ┃    ||  || (0) r^ヽ  l ゝ_ノ., - ―― - 、
         ||     ゛ー''    |Ⅲ|   \._,,/         `ヽ、
 (⌒)  , -.しー-、  (⌒ヽ    ̄   ,ム           i、 `ヽ、
 ()ソγ'´  グツ ヾ、(⌒(_)   (⌒...,'´        l  .l  /l `ヽ、 ヽ、
グツヽiri _____ iri_ソノti   (´ソ./    l       リ / /,l   V、 ヽ、
    | ̄:::::::::::::::::::::: ̄| ,<ニ>、 ノ'...l     ll    ./ ./ .//      iヽ  i
   | : :::::::::::::::::::::::: |(    ア   |      ||  .i / ./ ,.イ/     ,.-l l .i .i
   ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ-=======、_..l      ll  i | . ノ//' ̄`ヽ  /__.l_l.l.i.l l         は~い、お粗末さまでしたー。
ニニニニ二二二二ニニニニニヽェェi   .l    l.l ハ.l i' Tテテ=-   ,リT_ .川 l.l
エ エ エ エ        エ エ\|  l. .ヽ l  }‐=、l.l .l. 弋孑-'   Y.' iノ/ハリ-、_
 エ エ エ エ エ      エ エヽ ||  ヽ ヽ ヽ' lハl .|  ```    ,ィ l// リ.  ',       三好さん、また来てね。
エ エ エ エ エ エ エ   エ エ エ|.―イミ \ヽ li`-ハ |、     ,-, /l/-┴ヘ  ',
                    三=ミ、`ヽ\\l ヽl>、.   ‐`,.イ /    .〉  '.,
                    ィ=ニミ.ヽ`ヽヽイハ    ./ --.' l/     l ト、__ ヽミ、
                    lィ' ̄ ̄ミ、 ヽ.ヽVヘ...厶、   `ヽ、     V////>-
                    lィィ三ミ=、`、 ヽ.ヽl´`ヽ、.lヽ、    `ヽ、    V//////
                    //   ヽヽヽ.\\lト、ヽヽ `ヽ、_  `.ヽ、  ∨////,
                   //       | |l三ニ=トミ、、  ヽヽ、  l|/`ヽ、ヽ_ .∨///,
                   .//     / l l三彡イ|ln.\ヽ \ヽ,..ll'//∧ヽヽミl`|///,
                //       ./ ,.イ/彡'イill.rⅥl、 ヽ\ ヽ.-ll/////∧V∧l//,

.
関連記事
[ 2017/05/15 23:32 ] ●東京魔人学園外法帖やる夫録 | TB(-) | CM(0)

東京魔人学園外法帖やる夫録 「 あとがきという名の作品語り 」② 作者によるキャラ解説

13 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/13(土) 02:53:33 ID:A5h/2MGc0 [1/38]




          ┌────────幵────────-- 、
      ┌─┴                             _}__
      {                                  {
      `ニ=―    あとがきという名の作品語り      ‐=ニニ´
      「                                  {
     L             ② 作者によるキャラ解説     . ̄ ̄ ̄}
.     / ̄ ̄                              ___
    {                                  -../⌒ヽ`ヽ ``ヽ
    └───────────┬┬───────.ノ    ,    ∨    ,<三ヽ
                      |i:i:|             .{_  、       マ ’`!   ゞ=>′
                      |i:i:|          /`   \__ - ⌒ー'ノ__/:::_/
                      |i:i:|           ./      _ -─‐- 、 ! ./::(_ノ
                      |i:i:|                  \´      ヽ├ゝ-'
                      |i:i:|           .|    \_)       l |
                      |i:i:|           .|    |          l |

.

14 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/13(土) 02:54:13 ID:A5h/2MGc0 [2/38]

                        ____
                      ,, ´.  . . .: .::.:`::..、
                   _彡 . .. ..::. :.::.. .::..::.::.::::.::..        .┌──────────────┐
                  /. .:.:.::/. :.::/..::.:.:/:.:::.:::ハ       │   九角 瑠々朱 ( 九角 天戒 )   .│
                / :/.:/:::/.:.:::/. .::/:::/.::/:::/..:: ',       └──────────────┘
.               ///.:/.::/く//: ://!:i:{:::/..::::.:.}
             {ハ{|:j{.:/y'泝メ/ァ=―j:ハV.:.:://       出典:ルルーシュ・ランペルージ 「 コードギアス 」
                 }|:Ⅳ/} `'l/′ -も笏ラ.::/.i:/
               八い从 〈   `ニ彡'’ク/从         【 戦闘スタイル 】
                    ″》、`ニー- /,爪//          剣術 ・ 鬼道 ・ その他、策略を
                  'jノ》:ァ=≦=彡'从j{          臨機応変に扱うバランス型。
                  _ _,〕.. .-=ニ:_:_:ハ
               ,, -‐=彡≦芋芋ミ寸冖;           .1対1なら、鬼道衆TOP3に入る。
               rく //,x〃.: : : : : : :州: : :‘,
.           //,>'^X//i{: :_: : : : : : 州.: : : :\
            〈// /://l小 : :\ : : : 州: : : : : : ヽ       . 【 仲が良い相手 】
           `てぅ'’y /〉ハハ.:i: :\: : :〔沙x:_: : :/.:リ}       ・ 緋勇 やる夫( 親友 )
             ,イjv' /{{八ハ| : : : \:i//:`' ミく.:/》’       ・ ナナリー( 色々と世話を焼かれる )
.            厶≧'^: }}: .:刈 : : : : : |'′: : イ:>'》′      ・ 阿部 高和( 幼馴染み、かつ右腕 )
.          ‘v/: : : :人'v_i.:]| : : : : : |.: :/彡〃       .・ ホルト( 幼馴染み、かつ左腕 )
              ‘《 : : : : :`:┬j| : : : : : | /.: :\:j|
               /:\ : : : : :| :》: : : : : :lハ: : : : :|
.              /: : : :‘'≪:_: : リ=‐: : : 《 |: : : : :|        【 最近の楽しみ 】
             /: : : : : : : :`≫'-=ニ≧xj|.│ : : : |        ・ 囲碁、将棋
.           _/ : : : : :_,≫'´: : : : : : : : :冫.|: : : : :|        ・ 村の者たちの笑顔を見ること。
       /: ,,: :⌒ヽ\ : : : : : : > '′ |: : : : :|        ・ 甘味


     幕末DQNネームの鬼道衆頭目。  本作のヒロイン。原作でも、わりとそう。

     詳しくは後述しますが、ナナリーの配役が先に構想にあって、
     あとから「 ルルならピッタリやん! 」と連鎖的に配役が決まったり。

     剣を持つAAが少なかったので、戦闘シーンにはちょっと苦労しました。

     原作の御屋形様は、威厳があり頼りになる感じだったのに対して、
     みんなと一緒に思い悩み、前に進む感じのキャラになったかな、と。

     やる夫との友情はきっと、うん、ずっとずっと続いたのでしょう。

     実は、鬼道衆のメイン勢はキャラが原作の時点で完成しすぎていて
     あまりいじる必要がなく、語ることも少なかったりします。なので、鬼道衆側から。

.

15 名前: ◆ctc7aDbxwM[] 投稿日:2017/05/13(土) 02:54:24 ID:A5h/2MGc0 [3/38]

   ┌──────────────┐
   │   阿部高和 ( 九桐 尚雲 )   │
   └──────────────┘

   出典:阿部 高和 「 くそみそテクニック 」

            , '´  ̄ ̄ ` 、                            【 戦闘スタイル 】
          i r-ー-┬-‐、i                          槍術を中心とした、武術全般。
           | |,,_   _,{|                          剄を使った遠距離攻撃はやや苦手。
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !                               近接戦闘なら鬼道衆トップクラスだが、
          /i/ l\ ー .イ|、                         術などの搦め手を使われるとやや弱い。
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i                        【 仲が良い相手 】
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |                      ・ 緋勇 やる夫 ( 信頼できる相手 )
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \                   ・ ルルーシュ、ホルト( 幼馴染み )
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l      .・ 黒( 武器仲間 )
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|      ・ やらない夫( 修行仲間 )
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|     .【 最近の楽しみ 】
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|    ・ 仲間たちとの組手稽古
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|    .・ 珍しい武具を見つけること
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|   ・ 若が楽しそうに生活していること



     老け顔の20歳。ちなみにノンケである。
     小さい頃は美少年。どうしてこうなった。

     こう、配役としては自然に決まった感じ。快男児というイメージにピッタリ。

     嵐王がやっていた、組織としての憎まれ役を担う役割もあったり。

     原作では達観したところがあったものの、ルル御屋形様と同様、
     本スレではだいぶ思い悩む感じに。まぁ、ジュブナイルだからいいじゃない。

     沖田とは、原作ではキリコポジションのキャラと因縁が深かったのですが、
     阿部さんのキャラ付けの意味で改変。目青不動の戦いは、けっこうお気に入りです。

     槍を使うAAはいろいろ頑張って改変しました。

.
関連記事
[ 2017/05/15 23:30 ] ●東京魔人学園外法帖やる夫録 | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾① ② ③ ④


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
[ 2017/05/10 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖 幕間

162 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:44:58.28 ID:e1SsJsIqo [1/14]
【幕間】

             に厂く之、         \`マう  rっrっrっrっrっrっrっrっ
               厂に}   く辷く辷く辷く辷_,/ ̄/`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
.              |⌒に}       _>-┴く   {二¨¨¨´ ̄ ̄           }
             / に/ ┌<  ̄ ̄}      }─く\こ>こ>こ>こ>{7〉    /
.           /    く廴 _」> \_ノ`⌒⌒7ノ    に\       〈/   /
        {こにに> ´              ̄ ̄ ̄ にノ\     {_}   :|
            /       /      /            にノ\   {_,|  ∠こ>こ>こ>┐
.           /      /      ′              にノ\{_ノ/       /
.          ′ .:    /       |     /        `⌒´ ̄く\     /
           {   {    {   {  |/|    ′     }    }    ∨7´く\   /
            )ハ八   :.   :.  |`    :|     .:   ′ / }/ /⌒l─′
            〈   \  :.  :|ィ\|=ミ\   :| l|  /  /  /  ノ/    ′\
           〈 \   \ノ\| しi:刈  \人八/ )/  / ,′ ′   /     }
.           〈 \ \ ,/⌒ヽ| V_ ノ     ィ==ミ 厶ィ  /  /    /. -─-ミ
           〈 \ \ {ニ=- :|     ,        ノ |/ノイ /  //       }
            \ \ /⌒ヽ八          /´ ̄ ̄ ̄〕 l/ //     _,.  '′
             〔 \__{ニ=- }{ \   F-- 7  { /⌒厂 ̄/    _.. <~´ )
.             `¨)ノ `¨)ア´ `)ア>   ̄    /   〈 / ̄ ̄\ /    } 〔__
                   / ̄ ̄ ̄>「 ̄/{   / {\ /二}}     _.ノ   }
.              -‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\廴 / | | :厂 八  `¨¨7´ ̄ ̄   }   ′
.             |  | | ̄ ̄ ̄ ̄\,厂/ /| | {    \_ 廴___,ノ _/_
.             |  | |          {__/V  | |  \     |\__ ノ  〔 \ノ_
.            _人/ :| l   ,/     /ハ ∨:| |:    Y⌒ヽノ   \     }   \ノ_
  _...  -‐      {  | |  /   //∧ V| |    {  く    ( ̄廴__彡′    \ノ_
/               / //   // / ∧ l| |    \ `¨¨¨¨´ }  /          \ノ_
             \二二二/  / / | l| |      {ノ\____,ノ/           \ノ_
             /    / /   / /  :| l| |      八   \                \ノ_

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .皇帝司馬炎は万事に寛大な人物である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      それは今回の話で紹介した
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .王濬への措置や孫皓の処遇を見れば理解してもらえるだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


163 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:47:26.51 ID:e1SsJsIqo [2/14]

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ 
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`              ただ、この寛大さを
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ-              どう評価するのかは人それぞれだ。
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ 
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ           『三国志』『孫皓伝』にある孫皓への評を紹介したい
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l 
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、 
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

164 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:49:33.42 ID:e1SsJsIqo [3/14]
【孫皓への評価@『三国志』『孫皓伝』】
┏──────────────────────────────────────┓
 孫皓が刑罰を濫用した事により、落命したり配流された者は数え切れない程に達するだろう。

 その群臣は全て恐れ憂いて、
 皆が日々の命を全うしたいと願い、朝には夕の生死も計りかねるといった様子だった。

 熒惑星や巫祝たちが、さまざまに兆しを示したのは事態の切迫を伝えるためであった。
┗──────────────────────────────────────┛

      /   // .::::::::::::`:ト、 〉      __ |
.   / _   イ.::::/:::::::::::∧l<       / l〕ト
  <´  /:::::::i:::∧::::::::::::/  、:::::\     | |i |圦\\
   ヽ '::/::i::l/  \::::::l    \::::}\_,| |i || |.\丶ヽ
.   人{/:::::|/=='  \| ==ミ∨::::::::::::| lj || | | ゝ-'′
  〈/∧::::⊂⊃         ⊂ニ⊃::::::八_,ノ| | |
   // 〉::::{               |::::::::::::::::::::::| | |
.  〈/ l:::/l:\, ‐y‐ 、      !:::∧:::i:::::::∧|/      まさか、本当に長江が氾濫して呉が滅びるとか
.      j厶l::::/   、   }_   イ|:/、∨:::::/ }
     /   ∨ ノて/⌒ヽl.   jリ′ ヽ::::/
   八   {  ゝ-'{   }  /′,_,  i/
.    `トイ`ヽ _ >-、 \(  ´⌒` |
   <人人  / /  l\ \ 、   ノ                          /\___/ヽ
                                               /''''''   '''''':::::::\
                                            .   |(●),   、(●)、.:|
                                              |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                            .   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
       真田●、父上が出ていた頃は面白かったですよね         \  `ニニ´  .:::::/
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||

関連記事
[ 2017/05/09 20:57 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖④

96 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 18:50:10.31 ID:taUGDQN90
>>1乙ー

なんか王渾も王濬も、最初は互いに譲り合ってた感じがしたのに結構こじれちゃったな
総司令官の大都督賈充さんが仲裁すればよかったのに

97 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 21:26:19.73 ID:sEXVk9CDo
賈充は、呉討伐に関しては、とことんやる気無かったから、
王渾と王濬を指揮するとか、二人の間に入る気なんて、
全く無かったんじゃね?

98 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/06(土) 01:06:39.00 ID:ACD6I7ri0
おつー
そう言えばここまで賈充がどういう行動をしたって話出てないね
王渾と王濬に対する監督責任がありそうなもんだが…

99 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/06(土) 12:54:14.73 ID:kIiO9Vwyo
乙でした。
今更ですが、この遠征の総大将が諸将の仲裁や調整をするべきですよね。
賈充の動きは傍観のみだったのでしょうか?

100 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/06(土) 23:53:17.90 ID:klUEFwfgo [1/4]
【お断り】

           /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.          /::::::::/:::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         /::::::::/:::::::::: |/ .|:l::::::::::::Λ:::::|::|:::::|::::::::::.
.         .:::::::::::::::::|::::::: |  |:|:::::::::::| |:::::|::|:::::|::::::::::::.
        .:::::::: |::::::: |::::::: |  |:|:::::::::::| |:::::|Λ:::|::::::::::::::.
        .:::::::::: |::::-┼--===|:|:::::::::::|==-┼‐-:| :::::|::::::::
.      .:::: |:::::::|::::l |:八| |八::::::::|  V:|  :|::::: |:::::::::
.      .:::::: |:::::::|::::|xr允芳ミ    xr允芳ミk | :::::|::::::::|:        >>96-99
      :::::::: |:::::::|::::^  V^ソ       V^ソ ^从::::|::::::::|::       .記録がないのよ。
    :::::::::::|:::::::| Λ               /.|::::::|::::::::|:::
.    ::::::::::::|:::::::|、 Λ        `      / |::::::|::::::::|::::       .だから書きようがないらしいわ。
    :::::::::::::|:::::::|::\c U             cノ|::::::|::::::::|::::
.    ::::::::::::::|:::::::|:::::::|:込    ( )     人|::|:|::::::|::::::::|:::::      .今さら太尉も危ない橋は渡らないでしょうし
.    :::: |:::::::|:::::::|:::::::|:::|::::`ト      イ(:::: |::|:|::::::|::::::::|:::::
    ::::: |:::::::|:::::::|:::::::|:/ /|  > < | \|::|:|::::::|::::::::|:::::|
    ::::: |:::::::|:::::::|:: : /  /|        |  \|::::::|::::::::|:::::|


※今回の話ですが、予想以上に分量が膨れ上がったため、
  次回分の話として予定していた分と再構成したいと考えています。

※当初の予定とは異なりますが、今回の話を「天下統一 其の玖」、次回を「天下統一 其の拾」に変更します。

※御了承下さい。


101 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/06(土) 23:55:19.19 ID:klUEFwfgo [2/4]
【紀元280年4月 晋 揚州 建業】

                      ヾ叉7
                      _ⅲL_,, ,. _
               ,,、、-‐'''""´: .: .: .:::::::::.:.:.:. : :``ヾ、、、
          ,,. '"´. .:.: .:.: : .:r==.: :. :.: .:. :. :. :..: .: :. .::. :.`ゞー-、、
      ,,. '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.`''ヽ、,,
   ,r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;:;:;:;:.;:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>
   ``ヾ、;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;r==;:;:;r==、;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:;r==;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:r''"´ .
      ``ヾ;:;:;;:;:::::;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;===;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
           ̄`¨`ヾr==.: .: .: .: .:. :. :. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :r=z,;,;,;::/
               `¨`ヾ.:.: .: .:.:::::::::;:;:;:;:::::::::;:;:.:.:.:.:、、-‐''"´
                  `>;:;:,';: .,':;:;:; :;:; :<´
               ,、r''"´. :.: .:. :. . :. :. :. :.: .: .:`ヽ、
            ,、r'"´.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:.:.:.: .:. . .:.::::::`'ヽ、
            ``ヾr==;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::.:.:. :.: .: . :.: .: . ::.:,r'´
               `ヾ::.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:. :. :.: ; :; :.: .:.:.::r'  
                 ゙、:;:;;;;;;;;:;:.:.:::==.:.::::::.:.:.:.:/  
                  `ヾ.:;;;;;;;==.::.::.:.:..:.::r'´   
                  _,」;;:;:;:;;;:;::.:.:. :. :.:. j  
                 ``ヾ;:;:; :;::;;: ;r==.:.j  
                    ゙i:;:;:.:. :.: .:. :.:.:.:,!  
                    l;:;: .:.: .: ..:;;;:;;;! 
                    'i;;;;;:.:.:.:.:;;;;;;;;;! 
                     1;:;:;:;:r=:.::{ 
                     ゞ;;;;;;:.:,r'´.:.:``;:ー-..、,,_
                      `i;;:;:;;:;;:;;;;;;;;;:;:;:;,,、-‐''"´
                       〉;:;:;:/´

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .四月上旬。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      孫皓らが司馬伷の兵に伴われて建業を出発する
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2017/05/09 20:57 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

できる夫は盾を掲げるようです 各作品リンク集

                                                  __
                                              __ <ニ/i
               __, ィ!                  /{          __ <二ニ/二{
              /二二/                /ニi         /二二二/二二ニ\
         ___,イ二二二二二二二ニフ         /ニニ{         /二二ニ/二二二二ゝ--ァ
          /二二二二二二二二二二/       /ニニニ{_     /二ニニ/二二二二二ニ/
        |`ヽ 二二二二二二二二<       /ニニニニ\   /二二二/二二二二二二/
        |   }二二二二二二二二二>      /二二二二ヽ/二二二二二二二ニニニニ/
     ___{__乂二二二二二二二二二フ     /二二二二ニ/二二二二二二二二ニニ/
   ∠二二二二二二二二二二二二{     ./二二二ニニ/二二二二二二二二二ニ{
       `<} -≦´             :.    /二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         | ヒリ )           i /二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         〈           __∠二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ|
          、 --   __ <二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニ{
         \__r<二二二二二{ニ二二二二≧=≦二二二二二二二二二二二二二i
          / {二二二二二二フ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ\
         {ニ{二二二二ニ/二二二二二二┌────────────────────┐
          |二i\二二二二二二二二二二二│   ◆ できる夫は盾を掲げるようです ◆.    │
          |二i: : \二二二二二二二二二二│ ― 原作 : パワプロクンポケット12 ―..   │
.          \{: : : : \二二二二二二二二二│          ~ 秘密結社編 ~        │
.            |: : : : : : \二二二二二二二二└────────────────────┘
.            |: : : : : : : : \二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
.            |: : : : : : : : : : :\二二二二二二フ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<二二二二二二二二二ニ/
.            |: : : : : : : : : : : : :\二二二二ニ/              \二二二二二二二二 {
────────────────────────────────────────────

作者(◆5UlRv.FJXk氏)のテンプレより

■ 諸注意 ■

  ○ 原作はコナミの【パワプロクンポケット12】の【秘密結社編】です。
  ○ 内容は上記の作品がベースとなっておりますが
  ○ 物語や設定等、原作からの改変を多く含みます。
  ○ ときどき若干グロテスクな描写があったりしますので、苦手な方はご注意を。
  ○ 恐らくプレイ済み、未プレイ問わず読める内容となっております。
  ○ ですが、未プレイの方の為に過剰なネタバレは控えていただきたいです。
  ○ 投下ペース遅いです。
  ○ 野ボールしません


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

第12話 第13話 第14話 その2 第15話 その2 第16話 第17話 その2 第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 その2 第26話 その2 第27話 第28話 第29話 第30話

第31話 第32話 後編1 後編2 第33話① ② ③ 第34話 第35話前 第35話後 第36話

第37話 第38話 第39話 第40話

※第32話後編は容量の都合で2つに分割しています。

第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 第49話


◆5UlRv.FJXk氏の前作品『Persona4 - 都会から来た白饅頭 - 』


◆5UlRv.FJXk氏へ
本サイトのご紹介ありがとうございます。
貴殿の物語の面白さと、卓越されたAAの表現力に毎話楽しませてもらっております。
関連記事