やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾①
孫皓 AAで語る世説新語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第64話① 第64話② 第64話③ 第64話④ 賈充の妻 潘岳 第65話① 第65話② 第65話③

第65話④と幕間 第66話① 第66話② 第66話③ 第66話④ 第66話⑤ 荘園 麋竺 家政婦は見られた

第67話① 第67話② 賈充の評価 第68話① 第68話② 第68話③ 第68話④ 王渾の妻

第69話前① 第69話前② 大秦 河東裴氏 閑話休題 第69話後① 第69話後② 第69話後③ 

第69話後④ 第69話後⑤ 第69話後⑥ 第69話後⑦

第70話 第71話 第72話 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話 第79話


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/11/09 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※まとめ中の作品のみ更新をしています。
 現行作品のカテゴリ作品でも更新が遅れている作品があります。

※1 ◆ZXqVVWPHtc作者様へ
無事に新スレを発見しました。ご配慮ありがとうございます。
当サイトの更新は遅くなっていますが、最後まで楽しませてもらいます。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
[ 2018/10/20 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫が正史を書くようです 第69話 後編⑥

235 名前:1◆ZXqVVWPHtc[sage] 投稿日:2018/10/08(Mon) 13:02:18 ID:1819a832 [1/109]
【>>221の続き】
【巻三十五 『諸葛亮伝』 (諸葛亮)】
┏────────────────────────────────┓
 諸葛亮は丞相になると、民衆を慰撫して踏むべき道を示し、
 官職を少なくし、時代に合った政策に従い、誠心をもって公正な政治を行った。
┗────────────────────────────────┛



                   -――‐-=ミ
                    /             \
            _/ニ=-―――――-=ニ \
              \ /     ____      \ \
             /¨ ̄ ̄ : : : : : : : : : `丶、 `、 >
                : : :/:.:.:./: /: : l: |: : : : : |: \ V´
                |: : :|: : /: /: /:∧|、\: :..|: : : l |
                ∧ : |\//|/ /\\|: : : l |
               /:.∧: xf筏\   xf筏\/: : :/ |',
             /:./ _\:乂zリ   乂zリ/: : :イ |',
             /:./  |:::込    。    厶イ斗  ト、',
.          //  /:::::::::/≧=‐―‐=≦ //:: |  V:∧
      __/:.:/ /「\__// //|ヽ\  //::::∧  ∨: \
    /|: :l : :/__/:: ∧ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ',   ∨: : :l ̄「\
     |: :.| 人: : : | / ∨ノ 〉|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ \∧___/|: :./: :..|: : :|
     |: :.|: : : \ ∨   Y^´ )|       {_ ノ  |:::::::::|:./: : :/ : :/
   八:八: : : .:.:./   /`¨´ !        /    / `T´/: : :/ : :/
.      \:\ : /   /____________/    /   :|:/: :/: : /
        \:./_________________________/    | : : : : /
          |                      |    / ̄ ̄
           |  ┐ l    ┼ 、ヽ  /     :|:   /
          |  .(厂厂   ノ、ノ   ./^、_ノ     |  /
          |                      |: /
          |_________________|/


236 名前:1◆ZXqVVWPHtc[sage] 投稿日:2018/10/08(Mon) 13:02:48 ID:1819a832 [2/109]
┏─────────────────────────────┓
 忠義を尽くし、時代に利益を与えた者は、仇であっても必ず賞を与えた。
 
 法律を犯し、職務怠慢な者は身内であっても必ず処罰した。

 罪に服し反省した者は重罪人でも必ず許してやり、
 言い抜けして誤魔化す者は軽い罪でも必ず死刑にした。
┗─────────────────────────────┛

        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,.::::::::::::::::::::::::::/::/:::::::::/:::i:::::::::i::i::::i:::::ヽ::ヽ⌒ヽ
      /::::::::i::::::::::::::i:::l::::l::::::::://:::!:::::::::|:|::::|:::::::l::ヽ::.
      ,.::::::::::|::::::::::::::|::||:::l|:::::/|:|!::l|:::::::::lハ::::|:::::::|:::. ',::.
      .:::::::::::::|::::::::::::::|:H::H:::/ュ| l:| |::::::::厂!:::|::ト::ハ:::!l',::i
    l::::::::::::::|::::::::::::::|:L|ィ|/气 |! |:::::/'7 |,イト|:::'::|::|.| i:|
    |::::::γ´|:::::::::::|::|! |l () l | !::/ l 0 ! !/:i:|/ | .|!
    |::::|::l (|:::|:::::::!:::|、  、__ノ  l/ 、 丶.ノ |':i::!::| .| |
    |::::ト、ヽ_|:::|:::::::|:::| ` ー-‐           |::|::| :| !
      !:::| '、:::::|:::l:::::::',::l u     ⊂つ   ノ:,'|:| ||
    _,.ゝ|,;´>:':,::':,:::::':,:.、          ...::´:::ハ|:| |!
../⌒ヽ : : !: : : : :..':,| ':,:::::\≧‐ュ- -‐ァ≦:::::::::/: || |                ,. : :´ヽY〃x= : :ミ 、/⌒`ヽ
..| : : : |l : : : : : :z: :´\\:::::\` ァァ<T┤:::::/ヾ ,ハ |            __ _ 〃⌒ミ>x≦⌒  ≧x ㍉:: : : : : :.
                                       /⌒ヽ/. : : : /: i{ : : : : : `': .、:\:.ヽ. : : : ',
            蜀 丞相参軍 馬謖              i : : : : /. : : : / :j八 : : : : : : : : \ :`ニ=r‐. : :,
                                      | : : : :,': ,' : : ' : :li : :\ : : : : : ::. : :\ゞ≧=- :i
                                      | : : : :{: { : :i : : :|i : : : :\ : : : : : ::. : :\:i : : : |
                                      | : : : :|: | : :| : : 从: : : : i:}\ : : : : : 、: 介=-.|
                                      | : : : :|i | : :|: : : :ト、\; :八`""ゞ辷,xΧ: | : : : |
                                      | : : : 从| : j : : : L.xく \: :ヽf辷_ク个トメ、 : : :|
                                      | : : : : : | ∧:. : i:|____彡 ` ̄`゚  ゚uりイ::.: : : :.|
                                      |: : : : .ノイ\\八じ゙´  、    /l77|: : : :.:.|
                                      | : : : : : : : : iヾ_≧x. 0  r- '" イ`" |: : : : : :|
                                      | : : : : : : : _」 _   ≧┬‐一 " :ト.、 | : : : : : |
                                      | : : : : : .:/    `Y. : .〈     } ハ | : : : : :|
                                      | : : : : : ,'      ', . : .',     | ハー- ミ : :|
                                      | : : : : : |      ∧ : . :\    }. :∧   ヽ |

                                             蜀 南陽郡の人 李厳


237 名前:1◆ZXqVVWPHtc[sage] 投稿日:2018/10/08(Mon) 13:05:46 ID:1819a832 [3/109]
┏────────────────────────────────────────────┓
 万事に精通し、物事の根源を正し、建前と事実が一致するのかを調べ、嘘や偽りは歯牙にもかけなかった。

 かくして領土内の人々は、皆が彼を尊敬し愛した。

 刑罰・政治は厳格でありながら
 怨む者がいなかったのは、彼の配慮が公平で賞罰が明確であったからである。

 政治の道理を熟知している良才であり、管仲・蕭何の仲間と言えるであろう。
┗────────────────────────────────────────────┛

          //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
            〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
         l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
          {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.         ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
         〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
         ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔   i"!
         /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /::::l"l i. .! /")
          l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.| .| i. .i / / )
         // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レ::::::| .|:i. .i/ / /
          //  ,'/夕r==、∨---/、/ (`ヽj     ' /
.      //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶\       /
   , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{/ヽ、_  ノ
 /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
..ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、


                                , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                  , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                             r===========r‐、: : \             r===========r‐、: : \
                             |.―‐――‐―丨‐l┤、 :ヽ            |.―‐――‐―丨‐l┤、 :ヽ
                             L二二二二二」.ニ|‐{ミi : : |            L二二二二二」.ニ|‐{ミi : : |
                           {/ /ゝ、ノイ ノl/ ―  トl!: : :|          {/ /ゝ、ノイ ノl/ ―  トl!: : :|
                           |l:/|/●    ●  ト、: :|          |l:/|/●    ●  ト、: :|
                            |/!:ll⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ: : |           |/!:ll⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ: : |
                        /⌒ヽ__|ヘ  丶_ノ   ..イ:i : :/⌒      /⌒ヽ__|ヘ  丶_ノ   ..イ:i : :/⌒ii
                          . \ /:ノ从ヽ,、  __, イト:}ノ/  /       \ /:ノ从ヽ,、  __, イト:}ノ/  /
                           /  //ヾゝ八__/:.:.//ヘ、__∧         /  //ヾゝ八__/:.:.//ヘ、__∧
                            ヽ、.{ {:.:.:.|.|oi//:.:.:.:.{.{ ;_、_ ,'          ヽ、.{ {:.:.:.|.|oi//:.:.:.:.{.{ ;_、_ ,'

関連記事
[ 2018/10/09 20:59 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(1)

できる夫は盾を掲げるようです 各作品リンク集

                                                  __
                                              __ <ニ/i
               __, ィ!                  /{          __ <二ニ/二{
              /二二/                /ニi         /二二二/二二ニ\
         ___,イ二二二二二二二ニフ         /ニニ{         /二二ニ/二二二二ゝ--ァ
          /二二二二二二二二二二/       /ニニニ{_     /二ニニ/二二二二二ニ/
        |`ヽ 二二二二二二二二<       /ニニニニ\   /二二二/二二二二二二/
        |   }二二二二二二二二二>      /二二二二ヽ/二二二二二二二ニニニニ/
     ___{__乂二二二二二二二二二フ     /二二二二ニ/二二二二二二二二ニニ/
   ∠二二二二二二二二二二二二{     ./二二二ニニ/二二二二二二二二二ニ{
       `<} -≦´             :.    /二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         | ヒリ )           i /二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         〈           __∠二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ|
          、 --   __ <二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニ{
         \__r<二二二二二{ニ二二二二≧=≦二二二二二二二二二二二二二i
          / {二二二二二二フ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ\
         {ニ{二二二二ニ/二二二二二二┌────────────────────┐
          |二i\二二二二二二二二二二二│   ◆ できる夫は盾を掲げるようです ◆.    │
          |二i: : \二二二二二二二二二二│ ― 原作 : パワプロクンポケット12 ―..   │
.          \{: : : : \二二二二二二二二二│          ~ 秘密結社編 ~        │
.            |: : : : : : \二二二二二二二二└────────────────────┘
.            |: : : : : : : : \二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
.            |: : : : : : : : : : :\二二二二二二フ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<二二二二二二二二二ニ/
.            |: : : : : : : : : : : : :\二二二二ニ/              \二二二二二二二二 {
────────────────────────────────────────────

作者(◆5UlRv.FJXk氏)のテンプレより

■ 諸注意 ■

  ○ 原作はコナミの【パワプロクンポケット12】の【秘密結社編】です。
  ○ 内容は上記の作品がベースとなっておりますが
  ○ 物語や設定等、原作からの改変を多く含みます。
  ○ ときどき若干グロテスクな描写があったりしますので、苦手な方はご注意を。
  ○ 恐らくプレイ済み、未プレイ問わず読める内容となっております。
  ○ ですが、未プレイの方の為に過剰なネタバレは控えていただきたいです。
  ○ 投下ペース遅いです。
  ○ 野ボールしません


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

第12話 第13話 第14話 その2 第15話 その2 第16話 第17話 その2 第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 その2 第26話 その2 第27話 第28話 第29話 第30話

第31話 第32話 後編1 後編2 第33話① ② ③ 第34話 第35話前 第35話後 第36話

第37話 第38話 第39話① 第39話② 第40話

※第32話後編は容量の都合で2つに分割しています。

第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 第49話


◆5UlRv.FJXk氏の前作品『Persona4 - 都会から来た白饅頭 - 』


◆5UlRv.FJXk氏へ
本サイトのご紹介ありがとうございます。
貴殿の物語の面白さと、卓越されたAAの表現力に毎話楽しませてもらっております。
関連記事

やる夫が正史を書くようです 第69話 後編⑤

138 名前: 普通のやる夫さん[sage] 投稿日:2018/09/25(Tue) 00:06:00 ID:c5fb79d7 [1/85]
【>>126の続き】
【紀元284年12月 晋首都 洛陽】

        /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
         /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::ヽ
      /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/::::::::::::
        | ;                          |::::::::::::::|
        |           ゙          ;    |::::::::::::::|
        |  _ _ _            '     |::::::::::::::|
        | /_/_/_/_/_/    ___ ゙___.  |::::::::::::::|
        |  |    |    |〃   ||〃   |; |::::::::::::::|
        |  |    |    |   〃||   〃| ;|::::::::::::::|
        |  |o    ゙|      ̄ ̄ ̄,  ̄ ̄ ̄  ;|::::::::::::::|
        |  |    |   ヾ  ,            |:::::::::/
        |  |.___゙|             ,,       |:::/  
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
                                      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
                                       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
                                          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
                                         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                          `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        さて、ここからは蜀に関する記述となる          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
                                            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
                                     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
                                   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
                                   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l


139 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[sage] 投稿日:2018/09/25(Tue) 00:07:23 ID:c5fb79d7 [2/85]


    ___  __ 
    「 ̄T ̄| 「 ̄「 ̄!                    r─────────────────
   [二二二二二二二二]                     |!
    人三三三三三三ミ、                  L________________
  /ニニ                               T ̄T ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄T
  {ニニ                                「三三三三三三三三三三三三三三三三
  |ニニ          j                    |!
  マニニ           /                      |!
   ゞニニニ__ _ ノ                   |!
  「「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!                |!

       _,,.. -/、/_',
    ,..::'"´::::::::く /  ト 、
  /:::::::/:::::::::::::`'::ー‐':::::::\
. /:::::::::/::::::::::::;:::::::::::;:::::::::::::::::::::`フ
/::::::::::;':::::::::::/|、::://:::::::!:::::;!::::::::ヽ.
::::::::::/|:::::::::/ァ''7>、!:::::/|::/_|::::::::;::::',
::::rノ:::レヘ:/八 」__リ |/ 'ァ!、 |::::::/!::::|
'::::::::::::::|∧ ''"       !j ,ハ!///       それでは昨日の続き、巻三十一からですね
/::::::::::::,|::::'、    、_   '  ゙iヽ!´
、:::::::::::八::::::\     ̄  /::ハ
ハ;:イ:::::/ヽ;::::::ト,、   __,.イ::::::/|/
  |>'く\ \|\_,「ヽ::::|/
/   `ヽ.\  /ム」 ヽ- 、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      蜀について記す陳寿からは、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼の建前と本音、複雑な心境が垣間見える
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


140 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[sage] 投稿日:2018/09/25(Tue) 00:07:52 ID:c5fb79d7 [3/85]
【巻三十一 劉二牧伝 (劉焉・劉璋)】
┏──────────────────────────────────────────┓
 昔、魏豹は許負の言葉を聞き薄姫を妻とし、
 劉歆は図讖の文を見て名と字を改めたが、結局その身は免れられず、二人の君主に幸運が集まった。

 これは神明は空しく求めてはならず、天命はみだりに願ってはならないという事である。

 結果は必然のものとして表れるのだから。
┗──────────────────────────────────────────┛

    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /     都は今まさに乱れようとしていて、益州の分野には天子の気があるクマー
  彡、    |∪|     ,/ 
  /     ヽノ   /´



                                              _  _
                                            ,-'"     "' 、
                                          /     _ _   ヽ
                                         /     ,;'   ヽ  `.
                                         .i     i  (C) ;   ;
                                      .   !  li   ヽ_ _ ,. '   ,'
           な、なんじゃと!!?                ,-''、.l,i      .    .'二二二ヽ
                                      //::\  /⌒i   . , ' ヽ    ヽヽ
                                      i i_,.:'"~ '-.i lu !_,._- '" 丶  ヽ   ).)
                                      lヽヽ ( (└l_,ノ   ̄ ̄  ) )   //i
                                      | ヽヽ___ __ _ __ _ _ノノ l
                                      i  `----- -- -- - -- - -- - -"  ,i

                                           漢 太常 劉焉

関連記事
[ 2018/09/26 14:12 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第69話 後編④

5 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[] 投稿日:2018/09/17(Mon) 14:25:24 ID:8fea4fcd [5/127]
【「面白かったやる夫スレをまとめるサイト様」収録分からの続き】

        ‐-        `
     //⌒      ⌒\  \ \
    / ´           ',  ヽ
  /        /       |  「 ̄`~〕
../7´    -‐‐ :   」 斗-- Vニ二,   :
  |   ´| ./ /|: |  |  |、    f´_/
  |  l  |/|/八 |  ト、/ \|\|   |   '.
  /|\l\|‐┬..┬_,,/  ~下 丁 |   |   '.       じゃあ、そろそろ失礼します。
. /ァ|   . :  :::::::|      |::::::| /   :\   \
厶 イ  .: :l 乂,ノ       乂,ノ /   |_ノ 「 ̄ ̄     .完成したら、また読ませて下さいね
   .|  V '' ''         '' '' 厶イ: |  ;
   i|  :ト     マ  フ   l |  八/
  八  |  { ≧=‐r┬‐=≦lノ厶イ                            __,.rァ===z、
    \|/∨   { ̄只⌒}∧                          . . . :⌒>‐ヾi ー--. 、 __
            /く_,/::::ヽ_,〉:::::.                       /: :/: : : :/: : : : : : : : \メハ'⌒ヽ、
          //.:/:::::::::::::|:::|::::::.                      /:/: :/: /: /: : : : : : : : \ : : ヽメハ : : ヽ
                          .             /:/: :/: / /: : :/i /i|:ト、 ヘ: :ヽ: : :ヽメi: : : ',
                                      /l l: : l: :l /: /:// l:|:|ハ: iヽ: ト、: : l l : : : ',
                                       /イlハ: :l: :l:ムイ ィノ:/ /:ハl、: l l: :l |: l: : lリ : : : : ',
                                     / l| ヽl: :l从l「it、/ //- l Vリ : l |: l: : lヽ: : : : : ',
                                      l   Vlハハヒソ// '戊心i> l |: l: : l ヽ: : : : :',
            お邪魔しました                    〉ハ: l/ /  弋zソ /l/:/! : l  ヽ : : : ',
                          .               / /イ:ト   、    "" イ /く :l: : lヽ  \: : :'.,
                                        / /:::::l::l、_\__`,. イ /:/〃l l: : l、: \   \: :'.,
                                        /r─ ァ N:|:::/i:|r==/:/、 lハl : :l: :\ \   \ '.,
                          .           /: /l ゚ ム l:l:|/トトl::|、__ /:/l/   〉、 l: \ \ \   \'.,
                                   /: : : l:::l 。 ri- l:l:|ヾiV/_,. /:/.:丶  /  。 >ミ ヽヽ\
                                  / : : イ: Vハ l:! l:l:|__//  /:/ \ ∨。 /.i:i:i:| \ l:l` ーz、


6 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[] 投稿日:2018/09/17(Mon) 14:26:17 ID:8fea4fcd [6/127]

       /:;i:;:;:;:\/;:;::Y::.
        /___i斗''"´ヘ;:;r''",ト::‐- 、
       rf>_,,r==〃ヽ`゙`;:::::::::::::...、
    _/::::/:::,::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::://::ィ::::::!:::::!:::::!::::::、::::::::::::::::::::::::ヘ
ー=彡':::::::′:!:!:::::!:::::::::::!:::i:::ハ::::::、::::::::::::::ハ
   !::i:::::::|:::::|:|:::::|:::::::::::|斗i从‐i‐::::::::::ノイ::',
  ,ハ::!::::::!:,斗|-八:::::ii::|:|八| ヽ__\::::::\Ⅵ、
   |:::|::::::|:::::|:|∧| ヽi:从|  ,ツ'{'/笊::::::::i、i:::::!
   |::八:::!:::::!;炸/心     弋厶|::::::::!)}::|ヘ         衛恒様に嵆紹様。
   |/:::ハ!::::!;、 乂/ソ         ,!:::::::|/::::!∧
   |′i::::iハ:::!:::>、     `     |::::::::!i:::::|::::〉        .まだお若いのに立派な方々ですね。
   l::ノ|::::!::|:::!::{;::::〉、  、 _ . '  ,イ:!:::!:!::::::i|::i:;!
  iソ:::|:::i!::|:::!::「|「::::,≧  . _    i:!:|:::|:|、:::::ノイ′       .私も見習いたいものです
 '´i/トハ;i从::!:::|:L彡r‐ 亠v― ´ ̄:!八、::ヽ::;′
  ,l:i、::´〉、{ヽ|::;|::::__j  厶厶    ≧=-  '⌒ヽ
   `ヽ!/ /i∧从〈   ∧:::::::::}   /ハ       }




                                                       ____
                                                      /      \
             閻纘君も負けてないと思うお。                    ./ ⌒  ⌒  \
                                                  ./  (ー) (ー) /^ヽ
             じゃあ続きいくおー                         |   (__人__)( /   〉|
                                                  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                                ―――――――― \ _ _ _ )


7 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[] 投稿日:2018/09/17(Mon) 14:27:07 ID:8fea4fcd [7/127]
【巻二十二 桓二陳徐衛廬伝 (桓階・陳羣・陳矯・徐宣・衛瑧・廬毓)】
┏──────────────────────────┓
 桓階は成功・失敗の事例を弁え、才能は当代に広く行き渡った。
┗──────────────────────────┛

       ,-,     ,r-‐ァl i´
      ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
       ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
   r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
   !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
   !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
   l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
   VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
    V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
    `i;、::.:.Nヽ.:ト`" '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
     V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol      私については
      ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ      第二十三回後編の幕間を参照して下さい。
       ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /
       Y´:;:: l ,ゝイ }-イ' /l`ー=-´、_:;,:o_;,,;;;;,;_/        呉に仕えた弟については
        !0:::::::lヾ;ノ: ヒ:;」 /: `ヽ:.:. :/::.::.::.:::.::.:::〉         本編第三十六回を見て下さいね
        ヽ;::r-l  l:/  /:    l 〕::.:f⌒x:.:/
         kヘjl /  ノ:    ハヽ::.::.:.:/
        ,rェ'ヾ、l/  /;__,_,..-''´,.l'ヘ ヾ''´
       //  V  /r--ー''zx´,、_,.ノ
       l '   ノ /i    /ッv"
       ヽ_,/´,  Yl   / /
         ヽi、l_i_ノ ヽ__/

         魏 尚書令 桓階


8 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[] 投稿日:2018/09/17(Mon) 14:27:52 ID:8fea4fcd [8/127]
┏──────────────────────────────┓
 陳羣は名誉と道義によって行動し、高潔な人柄で高い声望を持っていた。

 陳泰は広く世を救い極めて簡潔、本当によく父業を受け継いだ。
┗──────────────────────────────┛

  /  /     __   、  ヽ `´  ヽ
. / /   ,  ' ´__,,,, _ ̄ ` ~ヽ  ゝ、    ',
 l /  / , -‐i ´ l ./ト 、._ ̄、 - ヽ、_ ̄`ヽ .',
. 〈 ィ', '/  l  l / l  i ``トヽ   ヽ、ヾ'   ∨
  `> //  l  レ  ゝ. `- ' /   __,,ヽ l_ ノ
  / / i  l  l   ` ー '     /冫、 l
. / /  l  l  l          { し'ノ|
/ / / l   l l       __  ` - '/                   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
´ ̄ ミ 、|   ト .l         |    /                  ./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    川   l i ト、          /i                     ′:::::::: ,'l::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.    ↓| ∧ |  ` 、    __  ィ ' /           .       '.::::::::::::i:| |:::i::::::|:::::::|:::i:|:::::::::::::::::::::::::::::::|
、    ヽ  ト、ハ三ミx.i`、ー 'ソl / l /                   .i:::::::::::::|l」 |:::l::::::|:::::::|:::|:|:::::::::i:::::::::::::::::::::l ,
. >   ',  lヾA-弋ン彡、. レ l /                    .l:::::::::::::l_ミ、└_└‐-L:l」:::::::::|::::::::::::::::::::; !
-‐7    ', l ,r`‐、´i / i    レ                     .|:::::::::::::|i沁,   豺ゃァェャ:::::::::| 、:::::::::::::::: ;
                                .         `ヽ;:::::」`"′  ゞ孑'' /::::::::l i:::::::::::::::i ¦
                                .         /::::::::.   ,.       '7:::::: ' .:::::::::::::::: | ト、
                                .         ;:::::::::.丶. ー-     /:::::::,゙´:::::::::::::::::::l ! ヽ
                                .         i::::::::::::i:::〕:.`_ .... <:::::::/|::::::::::::::::::::::::. ノ   ;
                                .        l::::::::::::Ⅳ ::::::::::::∨::::::/_,'::::::::::::::::::::::::::.   /
                                          |::::::::::::|∨::::::::::://´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::.  ′
                                         |::::::::::::|. V:_。<    .::::::::::::::::::::::::::::::::::.!
                                        |::::::::::::| 〃 ̄`    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                                .          |:::::::::::,´  ̄   ヽ,   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

                                           魏 尚書左僕射 陳泰