お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※まとめ中の作品のみ更新をしています。

できる夫は盾を掲げるようです 第40話 喪失と崩壊と 後編 のカテゴリを修正をしました。
 この度はご指摘ありがとうございます。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/03/20 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾①
孫皓 AAで語る世説新語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第64話① 第64話② 第64話③ 第64話④ 賈充の妻 潘岳 第65話① 第65話② 第65話③

第65話④と幕間 第66話① 第66話② 第66話③ 第66話④ 第66話⑤ 荘園 麋竺 家政婦は見られた

第67話① 第67話② 賈充の評価 第68話① 第68話② 第68話③ 第68話④ 王渾の妻

第69話前① 第69話前② 大秦 河東裴氏 閑話休題 第69話後① 第69話後② 第69話後③ 

第69話後④ 第69話後⑤ 第69話後⑥ 第69話後⑦ 第69話後⑧ 第69話後⑨ 西晋の士大夫 裴楷

第70話① 第70話② 第70話③ 陶侃 杜預 第71話① 第71話② 王済と劉聡

第72話 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話 第79話


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
[ 2019/02/25 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 幕間 王済と劉聡

866 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:28:33.43 ID:qzEXrQNz0 [1/21]
【幕間】

 '"'   "''ー ⌒"'' ⌒ヽ ,,..
 "'' ,,..       ⌒    ⌒ヽ
 "''   ⌒ヽ ..,,         ,,..)              ,,.. ⌒     ,,..   ,,.. ⌒ヽ
           ⌒___「∟r‐┐ )     _ru―u―┐   ru―u‐┐_.,, ''⌒"''' r―┐ ⌒ヽ
,,..             |.」L∟ニニ∟L_|'⌒ヽ  |:i:i:|     | ::U¨U: |      | |      |-u'  ̄U ̄U~]      "''⌒
'⌒"^ヽ           |-==    =-l‐‐┐  |:i:i:旦旦旦γ⌒ヽ:::旦旦旦√|      |..-=====-| '⌒"''⌒
             |-=      =-|   |  |:i:i:| i〕   |:|::::::::: |:|   i〕 |  |_   r― -=i〕    =-|
             |-==    =-|‐u‐u‐‐|:i:i:|     |:|::::::::: |:|     |  |:i:i:|‐u‐|:i:i:i|-==    =-| "'' - ⌒"''⌒
ノ⌒ ⌒ヽ       |-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:|: 〔〕 :|:|     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|
⌒ー -⌒  _,.ノ⌒ |-==  i〕 =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i|  i〕  |:|:=== |:|  i〕  |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    i〕_|x
,,...x炎xx,,...    ,,,,....x|-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:|::::::::: |:|     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|炎x xxxx  x
淡淡淡炎爻爻炎xx |-==  i〕 =-|:i:i:i:i:iI〕:i|:i:i:|     |::Y⌒Y::|     |  |:i:i:|i:I〕:i:i:i:i:i|-=i〕     =-|爻爻爻爻x,,.爻
爻从爻xx炎淡xx : : |-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:::|// |: |     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|淡淡淡淡淡淡
ZZZZZZZZZZZZZZ |‐-=====-‐|‐-==-‐|:i:i:|_____r==========ュ__|  |:i:i:|‐-==-‐|‐======‐|ZZZZZZZZZZZ
 -  _  _  ‐- -〔ヱヱヱヱヱヱ〕__/===== ィif{㍗ ------ || 〕h、=====\ヱヱ〔ヱヱヱヱヱ〕‐-  _ -  _
-  _  ‐-  _  ‐-三ニニニニニニ三ΞΞ:::::::ィi〔 ||/三二ニ冖= \||/〕〕h、::::::::|三三三三三ニニニニ  - _  _‐-
 _ - ‐-  _  -‐ 三ニニニニニニ三Ξ xf〔f㍗||/三二ニ冖===-z\| ||.|| iミh、三三三三 ニニニニ ‐-  _ ‐-
_ ‐- _ - _- ‐-_   三ニニニニニニ_、rf㍗ | || |/ 三二ニ冖===─--=.|\|| | || |ニミh、三三 ニニニニ  _ ‐-  _
- _ =‐-   ‐-  _ ‐-三ニニニ、rf〔㍗z | ||:|./| | 三二ニ冖===─--=== || | || |ニニ| |i ≧s。 ニニニニ ‐-  ‐-  _
 ‐- _ -- _ ‐- -三、rf〔㍗Z| ||三| /i||::|..三二ニ冖===─--===- || |.\ ニ-| ||ニ| ||‐ ≧s。=  - ‐-  _
_ ‐- _  ‐-   _、rf〔㍗'||ニuニ| ||=/ |:| ||.三二ニ冖===─--===ニ二三 l |\ | ||ニ| ||_ ‐| ||- ≧s。 _ ‐-  _
‐-  _  - _、rf〔iI㍗三| ||ニニ=|./ l ||:| 三二ニ冖===─--===ニ二三竺._l.‐-\|ニ| ||_ ‐| || | ||= | i_≧s。 -

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ           王済は北芒山の麓に邸を構えた
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| .\
./: : \\ ヾ-〃 ..∧
l; : : : : \\.り/: : :i
i: : : :: : : : :|<V>| : : : !

867 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:29:06.36 ID:qzEXrQNz0 [2/21]

  (
   ` 、ー =‐------―ーーー‐- .
      丶:::::::::... r- 、          丶
. (____,> .:::::::|:: ::::.:.:. . .           ヽ
  ` ̄> .: :::::::::::::|:: i:::::::::.: : . .        ∨)
   ≠ ≠ .:::::::::::::::|:: l l :\::::::::: : .     . : :ハ            .どうだ?
 /  /. :.:::::::::::j:::::|:: i i !斗\:::::::.: : : : : : : : : : ハ
(   /:/ :::::::::」:::::|:: l l !斗‐ヲ\ヽ: :}: : : : :jヽ.: .:|           新しい俺様の邸はよ?
    j/ j{::::ハ::::|从|:::: 从广´     :ノ.: : :,ノノ }.: :|
.     八{  f :j 八{        /ノ: :彡'  ,ノ.: :j
          八{く‐-、     __  // ムイ.: : :ノ
          从 `    ィW      |.: : :/
         小 下、三 ノ       / |: :/                      { (: {: : { /,: : : : :/.: : : : : : : :∨
           ハ           .イ::. {从                          x=ミx:\_」:{__(: :( : ;--、: : : : : : }
           {      .....:::::::::: _{≧、                   ____ {i{斗<´: : : : : `>く ∵L : : : : ;ハ
          _`二ニ丁´   xz≦圭圭ヲ>、               \ー-= : : `ヽ┌ : : :ー=ミ: : :_;ノヽノ: : : :/: : :}
                                          >'"⌒>: : : |: : : : : : : : :\ー--ヘーく: : : :ノ
                                          ´/ : // / : : : :| : i : : : : \: :く:`Y \.:ハ
                                         // `7: : i -‐/i : : :|:|i:┼-: \: : \_).:}\ \ノ
                                        ′/i |: :|:i /:八: : :|八」L:\: :\: : : ノ)____ノ
                                         i / :| {: :l:爪「ハ \{ ´んハY\:_;>ァ1⌒ヽ
                                         {   |人 い Vソ     弋ン |li h ノ厂|    ,
          まるでお城みたいですねー。                   }:八"" '     ""ノリ:厂「 |   ′
                                                (: 个    ̄)  / /∧__|   ー冖⌒
          名付けて王済城とでも言うのでしょうか           .ヽ|   >┐___/:厶
                                                 _/|ー--―ァ⌒ヽ
                                                 _, -‐::/-‐'′  / :.:.:./\
                                              r: : :/ .:.:.: |‐-  ...::.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:\
                                              |: : :i :.:.:.:.:.| /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      『世説新語』『汰侈篇』に曰く。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      北芒山は洛陽城の北郊にある。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .当時、北芒山の周辺は、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         人が多く住むようになっていたため、地価が高騰していた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


868 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:30:54.30 ID:qzEXrQNz0 [3/21]


                 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 |   特にあの広い馬場が目を引きますね   |
                 ヽ__________________乂
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨                                \__人_人从_人_人从/
                                             _)                (__
            Y ̄ `ト-、,,,_                              )    ガハハハハ!   (
        ,-ト;;;;;;}/l  }:::::ヽ,                      _       ̄ ̄)              ( ̄ ̄
   ,ヘ  ,;;// /ヽ_ノ , /;;;,,-' Y                  Y  ヽ‐-、    /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   }::`''゙::lノソミィ,´__,,,//  ノ                    /ム,,,、ノ  ,_\
  ノ::::::::::::::_``/ ヽ、--{  <´             /lヾ彡ミ/ ,へ-┴-=、 勿---――'
  {:::::(ィァ)::::::::/::::::::::ヽニ'ヘ=‘,‐,-.-.、_,_     ノ  ヽ}‐ヘ/ /  〈  _,ンヘ l
 /==;;;;/-/::::::::ヽ:/::::ヘ \:::'、ヽ、:::、::::ヽミ'-、  }  ェァ/l  }、{,,-‐ヘへ、ノ,二} `ヽ、
ノ:::::::(_)='゙\::::::::::::::::ノ:::::\/;;;;;;〉. ';:::ヾ::::):'彡ヽ/   / .l / ノ   \\::\.   \
ヘ_(ンノ     /:::::::::::::::ノ::::::::|ll、___ゝ::::::::::::}ヘミl (ン()==´     ) l \ ヘ;;〉\   ‘,
   ̄     {::::::::ノ::::::::::::::::/ll/::::::::::::::::ノ::::::::::l ヽヽ-'   ヘ    ノ ヾ   ヽ__」     '.
        ';::::/:::::::::::::::::/ll/::::::::::::/:::::::::::::|   川儿   \           /ll|       ,|、
.        ヘ::::l:::::::ノ /llソ::,ソ/:::ヽヽ::::::::|   川ヽ    { ノヽ       /ll|        ;l,三彡ノ
           {:/:::::/`'''゙¨´  \;;::::ヽ{:';::|    | !     .人      ノ /ll/ノニ-,へ、ノ_;;}彡'
.          /::::/::|         \:::{::::|          ヽ、  ノ ト-''´へ ノ     `l、|
        /:::/}:::::|           |:::〈__         | `λ  |   /:/        | ;|
        /::/ }:::::|               ';;;::|;;\_        |  | |  |   /:/       L_`'-,
       ノ-/  |::::|                |::| 'ー'゙        | L| .|_  { :{         `'"
      「 〈   |;;;{              }::〉          ヽ_|! .| `フ.l_`l
.       └-'   .) 'l              l-!                 { レ,   ´
          '-‐´             '-゙             ヽ-'゙┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      王済はいつの頃からか、そのような場所の土地を買い取っていたという。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      生来馬を好み騎射を得意とした王済は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      買い取った土地の周囲に水堀で囲い、その中を広大な馬場にした。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         馬場を一周させたというのだから、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          さながら競馬場のような外観をしていたのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2019/02/16 00:44 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第71話②

770 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:06:37.68 ID:z2C9QW7g0 [2/40]
【>>760の続き】
【紀元285年1月 晋 首都 洛陽】

  |!-‐== 、-‐: :  ̄ ¨__- 、   _____
   !  /: : : : : : : : : : : :.ヾく二 -‐‐ ¨フ
   ∨: : : ://:. ;〃: l: : : :i: : ∧    /
  .〃:/: :〃:.:/ /l: :|ヽ: : l: :|: :.∨ /
  //:/!: : lム⊥_{ W_ヾ:ト、l: : :.Yi
.   l/ |!: :.{ ∨‐    - `メ リ: i :}:リ
.   |! |\ir=ミ   ≠=ミ ノ:.从リ
       !   ,    ∠ノュ ノ.          それはさておき、張華殿に協力してもらいたい事があります
        ヽ  ┌ ┐   ,.ィ:ァ<.
          > 、_ .,.ィ ⊥ォ: : :.Y
        ____ ノT゙ ̄/::ヽ: : ム
      〃:::/:::}从/:::::/:::::ヾ: : ゙Y
      〃-‐ヽノフ∠::_/¨::::;::-‐-Y: :{
    ,{:{::::::/ //:::::::>〃:::::::::::::}: : :)                   ,:': :/: : :. : : : : : :./: : : l: : : : : : : : : : : :':.
    /::{::::/ //::::/:::〃 ::::::::::::::i : : ゙ヽ,                    /: :/: : : /: : /: :〃:'|: : : ::!: : l: : : : :l: : : : : '.
                              .          ,': ::,': : : /: : /: //:,' .l:.ト,: ::l: : :l: : : : : l: : : : : :'
                                      |: : |: : : l: ::/l::/ ,':/ |:.', V:l: : ;l: : : : : V: : : : ::l
                                      l: : l: : : :l: :,'-!_'-|,'‐' ヾ -ヾヘ:_: : : : : :V: : ::l:.:|
                                      l: : :V: : :V!オ芍斗    乍芍=マェ-: : :.ヽ: :.|: |
                              .        V: :.ヽ: :ハ 弋,ノソ     乂じノソ 》ヾ、: : ヘ: :|
                                       V: :l: \ヽ   ,     ー‐ ´ !:.ハ: :ト,: ハ;!
         今のあたしでお役に立てるかしら?          V:|: /: l                 |:.l V!:}:/: l 
                                          ,': : ト.、   lフ::.ヽ     ,ィ' l-:': : : : : :', 
                                            /: : :.l:l::.丶  ゝ- '    ィ':j ,':: : : : : : : ハ 
                                         /: : : ::l |: :r-| ` -  ´  ,'-//: : : : : : : : : :'.
                                       /: : : : :..l l/ ¨`` - 、   / //V: : : : : : : : : ハ
                              .       , -ナ- ‐―.; l     / ', / , ' V:_:_:_: : : : : 、:', 
                                    / 、     l l 、    /  V , /  /      ヽ:',


771 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:07:23.13 ID:z2C9QW7g0 [3/40]

              -──── ‐-  、
              /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::` 、
       _ -=≠=-:: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄¨¨ヽ:: :: :: ヽ
     /´ /:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :、: :: :: :: :\:: :: ハ
.        /:: :: :: :: ::/:/ ::{:: \:: :: :ヽ:: :: :: :: ::\:: :!
       /: :: :: ::i:: / :{:: ::|ヽ:: ::ヽ :: ハ::ヽ: :: :: :: ヽ}
      .::/ :: :: ::!::{:: :ハ : ! \斗-:|─トハ :: :: :: |::'
      |:i:: :: :: ::|斗:七!: |   ヽト::j j/ ヽ:: :: :: jハ
      |:{:: :: :: ::{从! リヽj    ⌒笊卞ミ }:: :://
      |:ハ :: :: :‘, ィf笊卞     弋cソ'' |: /j/
      ノハ:: ヽ:: :ヽ弋ぅソ        厶イ        .先日華嶠殿が
        ヽ:: \:: ゝ    '      人ノ┐       『後漢書』を完成させて、陛下に提出しました。
          `⌒`个 .    ー '   イ`<:::」
               ≧=‐- </.!:: :: :ヽ        そこで陛下から、
         r-── 7´:::/_}__|「 ´   ト`ヽ┴─--、    この『後漢書』の内容を吟味するよう詔勅が下りまして。
        .::マ´ ̄¨フ>'´/7ハ  ノ }:::::::マ ̄¨7:::.
        ,::::::V:::/´ ´ ' /7{__{   /::::::::::〉:::::/::::::}   是非張華殿の意見も聞かせてもらいたいのです
       ,'::::::::r'´      イ {  〉\_/:::::::<:::::/:::::::::!
       /⌒/  ,,-<{ハ  /⌒! //:::::::::::::::>イ:::::::::::!
       {\,'  /》::::::ハ∧/  |/}/::::::::::::/:ヽ::::::::::::ヽ
       |::::::\/イ/::::::{ V{  /}/::::::::::/:::::::::ハ:::::::::::/
       ∧:::::::::::::∧::::::!  マヽ∧{:::::::/‐-、::::::::::}:::::::イ
        /:::::\___/:|∧::::|  ヾ{,/ |:/::::::::::::::ヽ::::リ:::::::::!
.      {::::::::::::::::::/:::::::Ⅵ   |! j/::::::::::::::::::::::У::::::::::|
.      |::::::::::::::::/:::::::::::::{    八{:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!
.      ∧::::::::::::::{:::::::::::::::!  イヘ:|::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::|
     ∧:ヘ:::::::::::::|::::::::::::::|  |! |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ここで、張華の太常時代の働きを紹介したい
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


772 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:09:51.91 ID:z2C9QW7g0 [4/40]

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ           陳寿が『国志』を書いていた頃、華嶠は『後漢書』を書き上げていた
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 _ !______
l; : : : : \\」リ/        /
i: : : :::\::\i../        /                      ∨////                    ∨///////|
                                      ∨//       /,イ           ∨/////∧
                                     ∨  /    l// |           ∨////  .
                                      /   /    ,イ,イ  |i             ∨//   |
                                        /   '  -‐=/i ハ|  |ハ  l       ∨
                                    /   |   ,' l' | |ヽ 丁`ヽ l |        |
                                     / /   |   /ニミx     \|i  li ハ ト、
  光武帝から献帝までの百九十五年間を         .|/|    !  ヘ{´l_豺ミ   .彡lハ=.ハ| リ   ト 、
  帝紀十二巻・皇后紀二巻・十典十巻・列伝七十巻。   !  八 |i l i::::j::}     テ l_狄ミォ|   トn'  ゙ 、
                                       |  | ヽ从 弋:ツ         i::::j:リ/   / ソ
  他に序伝や目録等を加えて全九十七巻ね。        八 i|    |          ヾ=/  ィ // \     i
                                      `’ \ト、 、  丶         厶イノィ    ヽ l |
  「典」というのは、『漢書』でいう「志」を指しているわ         i \i\   r 、     ィ´|_ l   ! ∧ハノ
                                            |∧  |i `ト  ´ _   ´ ∠´ |∧  ノ|/
                                            l′\|\|  `"ヽ r<"´/ ̄ ̄\
                                               / l`〈     |      \
                                              /   .〉 〉 /|        ヽ
                                                |    | `<´   |

                                             晋 散騎常侍 華嶠
関連記事
[ 2019/02/16 00:43 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第71話①

650 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/06(水) 01:26:18.00 ID:QnAGuq+L0

                             / {/⌒ヽ
             }ー=ミ,      __/__//⌒'  \
             }  \ ^⌒´    /   ミ
                 丶/ . : : : : : : : : : : : : : : .\
                ∨   / : : : : : : : : : :И: .:/ : : : ∧
               / : .∨  .: : : : .:|: : : : : : :| :厶 |小: :∧
             ′: : :乂 { : : : : |.:|:|:イ|/ |人|/ : 八
.              : : : : : : : : : : : :八 :|从:/ 汽   八|/ノ'
           | : : : 人: : :| : : : : : Ν′ /)_    { '′
             八: :| : : : \| :| : : : : 人  Vク     ー┐
              人| : : : : : .:人.: .: : : : .\ 〟
              \: \: \. >ミ: : .{⌒   { ̄  八     .御無沙汰しています。
               个ト \: \_, >     ノ /
 彡'⌒ミ廴__         ,>介ー{ 〕ト.._  ≧r―‐イ       .次回の投下は本日23:00頃を予定しています。
  : : ; -{_j: : :└=ミ   __} : / :Lf ̄ミ x.   ー┥
  .:/   `¨¨乂: : ノミ/ ;ノ. : : ;ノ.:    .:≫=ミ∧__         よろしければお付き合い下さい
          入: : .Y : :フ/´     .:′   .:∧{
.              `¨¨⌒^/ |   :   :       .:,
                   /  :|  .:|  :|      .:∧
                /  .:|  .:|  :|       .:/.:∧、
                  /  . .:|  .:|  :|      :/ ミ ∧\
              /   .: .:|  .:|  :|    .:   \ ハ
.               ′ .:. .:.|      :|    .:|      ヽ ;
            〈    .:  .:| .: .: .:|   .: .:|      }
              \.: .__;ノ .: :}   :|  .: ー=| .:    .:八
.       __   -==ニ二廴 `ヽ;ノ  .: |     ̄\.:.  .:/
  { ̄           .: .:.r≦   .: .:|.:  .:    \ .:/
              . .;ノ   .: .:八.:          \
.   ∨   .:                  .: . \.: .       \
    ∨       .:  .:/        . .:  .: \ .: .: .     \

651 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/06(水) 04:59:28.06 ID:3tfqlGZzo
乙です。
楽しみにしています。

652 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/06(水) 23:01:25.98 ID:4YUIkVbT0 [1/51]

                              _
                         /=-ヽ
                        _/=.:::::.ム-_
                     〃ニニi{:X::}!=V_
                      /∧ーr‐‐ 、=-=-
              .  <´ ̄ ̄ニニ⌒ \}/VムV_
              , ´    /:≧s。ニニニニニ⌒} V,
          /     .:::::/:/:イ:::圦〕iト-=ニニニ.人 ハ
           {     /イ:/:::`从_:l {_ヽ/::::〕iト-=ニ=\;
            込、    :从i从炒,  ゝ/イ::: 八:::::〕iト-=≧s。
             ー‐..::::::叭  r::ヘ ./::::::/ }:::::i!   ` ー\
.                (:::( lル:\ゝ //::::イ:' :::::八 /)    ノ    「やる夫が正史を書くようです」第七十一回!
                 \:.. }ヽ/r=./:::/::::iーiニ}/ /´ ̄
                      ノ__}ノ7从(>/.......´ /_____       我が名は慕容廆!!
                 /x/../ニニ/.人................ゝ-- ' 
               //_/....../ニ(____{.......ヽ....\.ハ         鮮卑単于慕容渉帰の嫡子にして、
                 ..................{ニニ人.`¨¨¨`¨´.∧j         正史スレ最終章の先陣を華々しく飾る者!!
              イ..................乂_/...∧....ー..... /}
.           n/\./=................................/\......../ニ          .ネタバレする輩は
       (V:/ /..`./..........................//////77/ニ           我が爆裂魔法を喰らわせますよ!!
        ゝ{ ...... /.......................... 〉.////////=ニ!
.         /{ i....イ... 斗----- 、人.///////ニニ|
     。s≦ニニー {_[=__]}>--....ノ ̄`Y,////ニニ=|
.。s≦二ニニ////.....................................`ヽ///二ニニ
ニニニ二///./...............................................∨二二二
二ニ==/// /..................................................../二二二ニ
=二/// /XXXXXXXXXx........................,ニニニニニ
_//// 八´ ̄:. : ̄ ̄ ̄` 、XXxx........./二ニニニニ
////////,\:. : i       :  \XXXx/=八ニニニニ
///////////.叭      :i      ̄.//二二ニニニi
./////////////.      |、_____ ,/ニニニニニニ:

653 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/06(水) 23:02:28.78 ID:4YUIkVbT0 [2/51]
【紀元284年閏12月 晋 幽州 薊】



                       ∫ι__________ ./丁了
                      ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ 
                       ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||   |   太常、ですって?   |
                      弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ  .ヽ__________乂
                    弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ 
                        il_,└───────┘ ,  i!   
                        | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l  
                      || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| 
                      l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|i   | ̄ ̄|l   | ̄ ̄||   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||   | ̄ ̄||   | ̄ ̄|i   | ̄ ̄||
 ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄ ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ || ̄! ̄ ̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄.|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i  ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|           | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~ ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l  ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|           | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`ll`l
l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″|  ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|           | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄  ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|           | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾ| ̄`.. ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|           | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄ | ̄ ̄ | ̄!,, ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|           i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄ll
| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i; ̄|| ̄ ̄| ̄|           | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄___
           ''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      さて、開始早々、よく分からない話をしなければならない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


654 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/06(水) 23:04:10.76 ID:4YUIkVbT0 [3/51]






               _____
            , <"       ゙ .ヽ、
         , イ ,  ,  ,  ,       ゙ヽ、
        ,.イ  / ,.イ ,.イ ∧     、   ヽ、
       /  ,イ ,イ  /  ./i! ',       ヽ ヽ  ヽ
      // /  /  ./  ,' i! ',      ヽ .ヽ  ゙,
     .// /  /  /   / i!  ',    、   ヽ ヽ  ',
    / ,' .,'  /   /  ./   i!   ',    ヽ  ヽ, 、 ヽ.i
    / ,' .,'  !  / ', .,'イ  !   ヽ、_  ヽ  ヽ ゙ヽ,ヽ
   ,' ! !  !  i " ! !   ゙   ヽヽヾ、ヽヽ  .ヾ、 ヽ、
   ,'  ! !  !  !、イ示ヽ、    , イ千示ヾ,、ヽヽ  i
   i  i .,'i  !  ∧. 弋;汐     弋zz汐 .,〈ヽヽヽ i
      ! i !  i  /ヾ,      ,       /イiヽ.!i '、i           ……左遷じゃない
     !.! !  ! / .∧            .,イ i  ! i !
     リ !i i / i .ヽ、   - -   ./ .! i  ', i !
      / /,イ  ,' i  i>、     , イ、 ! ! i   ', ! i
      / ,イ i  ,'  !  !"く! .> < , イ .i! i i  ', ',',
     /イ  ! ,'  i,,, ノ   ̄!゙! !゙i    ヽ_! i   ', ',',
    / /  .,'.>''".//ヾ,、  ,' ∨ i  , イ, イ!`i 、 .', ',',
   ,イ /  ,イ    //  ヾヽ, イiニ!ヽ",イ  .i i !  > 、 ',',

             晋 太常 張華

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      この頃、都督幽州諸軍事・安北将軍の張華が太常に任命された。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      呉討伐で大功を立て、東夷諸国の帰順を勝ち取った男が、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      宗廟の管理・礼儀、祭祀等の行事を管轄する太常に任命される。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         以前、彼の幽州赴任は左遷ではないと述べたが、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          今度は明確な左遷、閑職に飛ばされたと言わざるを得ない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2019/02/16 00:42 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

できる夫は盾を掲げるようです 各作品リンク集

                                                  __
                                              __ <ニ/i
               __, ィ!                  /{          __ <二ニ/二{
              /二二/                /ニi         /二二二/二二ニ\
         ___,イ二二二二二二二ニフ         /ニニ{         /二二ニ/二二二二ゝ--ァ
          /二二二二二二二二二二/       /ニニニ{_     /二ニニ/二二二二二ニ/
        |`ヽ 二二二二二二二二<       /ニニニニ\   /二二二/二二二二二二/
        |   }二二二二二二二二二>      /二二二二ヽ/二二二二二二二ニニニニ/
     ___{__乂二二二二二二二二二フ     /二二二二ニ/二二二二二二二二ニニ/
   ∠二二二二二二二二二二二二{     ./二二二ニニ/二二二二二二二二二ニ{
       `<} -≦´             :.    /二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         | ヒリ )           i /二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ{
         〈           __∠二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ|
          、 --   __ <二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二ニ{
         \__r<二二二二二{ニ二二二二≧=≦二二二二二二二二二二二二二i
          / {二二二二二二フ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ\
         {ニ{二二二二ニ/二二二二二二┌────────────────────┐
          |二i\二二二二二二二二二二二│   ◆ できる夫は盾を掲げるようです ◆.    │
          |二i: : \二二二二二二二二二二│ ― 原作 : パワプロクンポケット12 ―..   │
.          \{: : : : \二二二二二二二二二│          ~ 秘密結社編 ~        │
.            |: : : : : : \二二二二二二二二└────────────────────┘
.            |: : : : : : : : \二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/
.            |: : : : : : : : : : :\二二二二二二フ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<二二二二二二二二二ニ/
.            |: : : : : : : : : : : : :\二二二二ニ/              \二二二二二二二二 {
────────────────────────────────────────────

作者(◆5UlRv.FJXk氏)のテンプレより

■ 諸注意 ■

  ○ 原作はコナミの【パワプロクンポケット12】の【秘密結社編】です。
  ○ 内容は上記の作品がベースとなっておりますが
  ○ 物語や設定等、原作からの改変を多く含みます。
  ○ ときどき若干グロテスクな描写があったりしますので、苦手な方はご注意を。
  ○ 恐らくプレイ済み、未プレイ問わず読める内容となっております。
  ○ ですが、未プレイの方の為に過剰なネタバレは控えていただきたいです。
  ○ 投下ペース遅いです。
  ○ 野ボールしません


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

第12話 第13話 第14話 その2 第15話 その2 第16話 第17話 その2 第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 その2 第26話 その2 第27話 第28話 第29話 第30話

第31話 第32話 後編1 後編2 第33話① ② ③ 第34話 第35話前 第35話後 第36話

第37話 第38話 第39話① 第39話② 第40話前  後

※第32話後編は容量の都合で2つに分割しています。

第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 第49話


◆5UlRv.FJXk氏の前作品『Persona4 - 都会から来た白饅頭 - 』


◆5UlRv.FJXk氏へ
本サイトのご紹介ありがとうございます。
貴殿の物語の面白さと、卓越されたAAの表現力に毎話楽しませてもらっております。
関連記事

できる夫は盾を掲げるようです 第40話 喪失と崩壊と 後編

606 名前:◆RWLYnRkBYQ[sage] 投稿日:2019/01/19(Sat) 13:59:48 ID:182f0a45 [1/268]
時間となりましたので昨日の続きから投下します。

607 名前:◆RWLYnRkBYQ[] 投稿日:2019/01/19(Sat) 14:00:07 ID:182f0a45 [2/268]
   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...                ┌──────┐
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...                   │            │
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..             │    翌朝    │
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...           │            │
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....        └──────┘
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..


608 名前:◆RWLYnRkBYQ[] 投稿日:2019/01/19(Sat) 14:00:27 ID:182f0a45 [3/268]



┌───―――――――─――─┬────────────────────―─―――――
|   ◆   ベルデン   ◆   |
|        せしり庵          |
└──――――――─――───┴────────────────────―─―――──
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////┌────────┐/////////\
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////│    .せしり庵     | //////////\
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ ///////l└────────┘////////////ゝ
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三┃
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ _ ___________________ ┃
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" 〃  l....... .... |=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "   〃   l ........ ...|=====l=====| |__|__|  ┃
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "         l::::: ... ...|=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
 ""|l!|| ll|ソ  ""           l....    |=====l=====| |__|__|  ┃
   li(~):|l|   ,,,,,, ,             l....    |=====l=====|:::        ::::┃
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;┌───┐
   |;l!l| |;;) iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii__________;;;;;:::::::iii l │      |
   |ill|| lll(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 二llil|l l!| (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|口(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,             ,.、.,       ,.、.,,,.、.,      .、.,.,
 "" ^~"" ^~ " "
  .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、
                                       ,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、

                             _,,,  チュン
                            _/::o・ァ
                          ∈ミ;;;ノ,ノ
                          """"~"""~
                                               _,,,  チュン
                                              _/::o・ァ
                                            ∈ミ;;;ノ,ノ
                                            """"~"""~


609 名前:◆RWLYnRkBYQ[] 投稿日:2019/01/19(Sat) 14:00:48 ID:182f0a45 [4/268]


┌───────────────┬───────────────────────────
|    ◆ せしり庵 : 客室 .◆   |
└───────────────┴───────────────────────────
                  ____                   ___
                 /      \                ( チュン )
               /_ノ   \    \                     ̄ ̄ ̄
              / (●) (●)   \
           __  |      '      ;;;   |     __
           | |= \    ̄     _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |                   ___
           | |  / /l      丶 .l      .| |                  ( チュン )
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |                    ̄ ̄ ̄
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
        /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
────────────────────────────────────────────
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|
             _,..,,,,..,,,__      |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|
         ,/´       ´゛'''ー-..,,  ::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|
         / _,..,,,,..,,,__          `゙''ー :::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
     ,/´ !        ´゛'''ー- .._    |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
     /   |                   |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
     !     l                   |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
     |     ヽ              |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/        ___
\    l,      ヽ、            |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/          ( チュン )
   \   ヽ                     |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/            ̄ ̄ ̄
    \   ヽ、                |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/                   ___
      \             ┼     〈::::::〈二二二\:::::/〈                   ( チュン )
       \            9     /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉                        ̄ ̄ ̄
         \             っ  〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
            \              `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
             \         .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
              \      ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               \ :.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
                \  .;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:
────────────────────────────────────────────