お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※まとめ中の作品のみ更新をしています。

できる夫は盾を掲げるようです 第40話 喪失と崩壊と 後編 のカテゴリを修正をしました。
 この度はご指摘ありがとうございます。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2019/05/20 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾①
孫皓 AAで語る世説新語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第64話① 第64話② 第64話③ 第64話④ 賈充の妻 潘岳 第65話① 第65話② 第65話③

第65話④と幕間 第66話① 第66話② 第66話③ 第66話④ 第66話⑤ 荘園 麋竺 家政婦は見られた

第67話① 第67話② 賈充の評価 第68話① 第68話② 第68話③ 第68話④ 王渾の妻

第69話前① 第69話前② 大秦 河東裴氏 閑話休題 第69話後① 第69話後② 第69話後③ 

第69話後④ 第69話後⑤ 第69話後⑥ 第69話後⑦ 第69話後⑧ 第69話後⑨ 西晋の士大夫 裴楷

第70話① 第70話② 第70話③ 陶侃 杜預 第71話① 第71話② 王済と劉聡 第72話① 第72話②

闇解と神解
強盛たる荀勗 第73話① 第73話② 第73話③

第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話 第79話


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
[ 2019/05/15 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです おまけ 強盛たる荀勗さん

92 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/04/01(月) 01:02:31.28 ID:ADLEhW8/0 [1/22]
【おまけ】

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    先に投下した幕間の補足。
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ   「術解」とは、方術・術数の事で、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`              天文歴数・卜占・医療・相宅等の技術を指す。
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ           .『世説新語』『術解篇』は、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ          そうした術数を体得した人々の逸話を記している
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

93 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/04/01(月) 01:03:20.11 ID:ADLEhW8/0 [2/22]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|   『世説新語』『術解篇』に曰く   .|:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//             その筆頭が「闇解」と「神解」だが、
            | |    >:´|、  -  ,|`:<            .荀勗には他にもこんな逸話が記されている
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|  
            | |     >-、\!  !/::,-<  
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::! 
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

関連記事
[ 2019/04/03 17:46 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(1)

やる夫が正史を書くようです 幕間 闇解と神解

56 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/25(月) 00:30:18.75 ID:SgAxPPrq0 [1/28]
【幕間】

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|   『世説新語』『術解篇』に曰く   .|:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ// 
            | |    >:´|、  -  ,|`:<             荀勗は音楽をよく理解していた
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
            | |     >-、\!  !/::,-<
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

57 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/25(月) 00:31:54.12 ID:SgAxPPrq0 [2/28]

      {           
 \    |l|w/L ,rVk、    
  \\{w└ ¨ ´  Vト、` ー 、
    \´      Vk `ー、 i
     >  ; ’  ∠ Vk   l/
   /      }|  Vk 
  /´ヾ,  r、r‐|^` 〆 .〉
     //  }´  /   ノ 
    /       ゝ- ´ 

                                          /.:::::::::::::::::::::::::|i::::::::::、:::::::、::::::::.\
                                          /.:::::::::::::::::::::::::::::人::::::::::∨:::::∨:::::::::::::.、
                                          , .::::::::::::::::::::/ :::::/   \::::::|:::::::::|:::::::::::::::::∨
                            .             /.:::::::::::::::::/ :::: '==── \|:::::::::|::::::::::::::::::: ,
                                         ′:::::/:::/ / 斗ヨ芳ミx __ |:::::::::|::::::::::::::::::: ′
                                        ::i|::: イー=′     _):::|  }i´ 八::::::|:::::::::::::::::::::|
                            .            }八:::::: _灯|      乂り   '゙ ′:::::::|⌒Y :::::::::::|
                                         ::::: Vり        "" /.:::::::::: 八r!| :::::::::: |
             音が少し低いわね                  \  、        厶イ:::::: | _ノ.::::::::::: |
                                            }::::{"                |::::::: |⌒ :::::::::::.∨
                                         八   -‐-、        i|:::::: 八:::∨:::::::::. ,
                                             ' :::.\           |:::::/ .:::::::.∨:::::::::.′
                                         ::::::::{ \    _     |::∧_ >─==ミ::::.
                                              、::::{    T爪∧     i| {           \}
                                             \{   厂 ̄. :} _/. : : :/          ,
                                           '⌒7/. : : :/ i{_. : :: ::/             ′
                                              /  /i{. : : :/  /. : :: :: {            }

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      彼は楽器の演奏を得意とし、律呂を修めていた。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      律呂とは声音の基準を正す竹管で、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      長短異なる陰陽各々六本の竹管の音調により清濁高低を定めた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         朝廷の儀式で雅楽が演奏される際、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          荀勗自ら音階を整えるのが常で、韻律に適わないものはなかったという
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


58 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/25(月) 00:34:43.52 ID:D/Pz8wAl0 [1/4]
絶対音感かな

59 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/25(月) 00:34:46.04 ID:SgAxPPrq0 [3/28]

      {  
 \    |l|w/L ,rVk、 
  \\{w└ ¨ ´  Vト、` ー 、               /二二二二7 .
    \´      Vk `ー、 i                  //___.//.....
≡ = - >  ; ’  ∠ Vk   l/ .≡ = - 三 ≡ = - 三 / ―――‐ /
   /      }|  Vk                //     // 
  /´ヾ,  r、r‐|^` 〆 .〉               , -‐-v./  , -‐-v./ .
     //  }´  /   ノ              《   .ノ  《   .ノ  
    /       ゝ- ´                  ̄      ̄    

                                             / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                                            .::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                           /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::/::::::::ヽ
                                            /:::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::/  /::::::∧:::::::::::::.
                                           ,′:::::::::::::::::/:::::⌒ヽ/   /:::/  ::::::::::::::i
                                             |::/⌒! :::::::/_斗=≪.    //    |:::::::::::::|
                                             |::{. '^|:::::::/ィんkJ ヽ  /  ⌒ヽ│:::::::::::|
             そう。                            |::ト、._| :::::i 弋:::ソ   /  斗x.   |/::::::::::j
                                             |::l:|::::|:::::::l           んiJハ /:::::::/:/
             それでいいわ                       .|::l:|::::|:::::::|       ,  弋ン /:/:/|/
                                             |::::|::::|::小           ∠:イ:::::/
                                             |::::|::::l::::〈 丶  ` ー      イ::/::::/
                                     , .- ―┴┴ |:::Nハ  \ ____,..  イ ::::/::::/
                               .    /  \      |:::| | l.   /| ト、_::::::i::::/::::/
                                  /      \    |:::| | |     /| |  }`トく ::/
                                   |          八::| | |\ /厶| |  i: i |∧
                                   |          i∨ ヘ| | | (⌒) | |  i: i / }

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       世の人々は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      荀勗の音楽への通暁ぶりを「闇解」と評していた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .心中自ずと音楽の精巧を弁えているといった意味がある
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2019/03/31 16:56 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第72話②

7 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/18(月) 23:28:16.98 ID:Zdyr0f5m0



    ∨)~ー-=ミ.,  ,. ´___         ` く    ,. ~''^ //
    、、    ,.。s≦ - ―――`          \´     ,. /
     \ /ア´                 ヽ  丶  ,.   ,
      /、/      / /   |          '   ∨ /
       ./     /  / /     | {   :| ',      '    V
      /     | l , ,|  ,イ /| ',   |', ',    |     W
      ,'  /   | l ,'jI斗==ミ/ |∧ ,ィ=====ミ,  |   } :}
      | /! :. ≫'"| | 八{   | ヽ|  ∨\ ` |/   :} :}      御無沙汰しています。
      | / ', ::. ',{∨j竓苹ミ      ,竓苹ミ、 /    } ,
      |' | ∧ ∧ ', 〃 んrハ        んrハ. W/  //}/      .現在作者多忙につき、
.         | | ∧ ∧ 从 .Vhり        Vhり 从 // /       続きの投下は3/21(木)の夜になりそうです。
.         レ'  \{\        ,      ∠ イ彡'
           `∧丶     `       /〈竺竺竺!       それはそうと新元号最初の大河が
             __}ト 、     r::,     ,.イ、∨  `^       .明智光秀とはどうにも縁起が悪いですね
           //ニ个s。.,     ,. <’|', }
          ,-=/ニニ>'"7}≧=≦~'´ ,-=ニv’、
          /ニ/>'"ニニ/ノ´} }`Y   ,-=ニニ∧ \
            |ニ|,'ニニニ/  jLr',.:::::|   ,-=ニニ∧ニ\j
            |/\_/   /::::::>'^~ヽ ,-=ニニ∧ニニニ丶




8 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 02:03:09.26 ID:n5WzDVYso [1/2]
>>7
乙です、先生。
楽しみに待ってます。

明智光秀…プレバトを半強制的に見せられていますが、数時間かけて愛宕神社を登る体力と『時は今 雨が下知る 五月かな』とセンスや教養はあったのだなと。
晩節を汚し評価は地に墜ちましたが(-人-)ナムナム

9 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 19:34:28.86 ID:P1AAdAALo
TV見てたら盛り塩の由来に始皇帝説が採用されてて悲しい
まぁ晋の武帝と言われてもピンと来ないだろうけどせっかくの出番が…

10 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/19(火) 20:13:58.69 ID:n5WzDVYso [2/2]
始皇帝説が有るのを初めて知りました。
司馬炎の後宮絡みの話が由来かと…。

11 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/21(木) 23:01:24.01 ID:Ei4J9OSS0 [1/40]
【前スレ>>983の続き】
【紀元287年1月 晋 首都 洛陽】





                                             γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                             |    陶侃君    .|
                                             ヽ_______乂



                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===
                  |   |││││││││││││││││|| 孫 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||  .||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||  .||
  ___________|   |││││││││││││││││||.秀..||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""

関連記事
[ 2019/03/31 16:32 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第72話①

913 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/27(水) 21:00:20.59 ID:880Uyg2u0
【閑話休題】

         /:::::ー─/´`ー──、_i
        /::::::::::::::::/:/::::::::::::'::::::::::::::::`‐-、
        .i!:::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        i!:::::::://:::::/:::::::::::::::,::,::::::::::::i::i:::::::::::::::ヾ、
       .|::::::://:::::/::/::::i:フナ::、::::::::,':,'i::::::::::::::ヘヘヽ
       i!:::::,',':::::::i::/ノ,イ=‐t、/::::::/ソー-;::::::::::::ヘヘ
        ./:::::i:i::::f´i:::::'; ir、 ノ i:::/ r,-t、i!::::::::::::::i!::i   西晋について語る際、
       i::/::i:i::::'、/::::ヘ ` ´  "  !-' ./::::i::::i::::/.ソ   よく「司馬炎は天下統一後に劣化した」と言われます。
       |;i::::i:i;:::i::|::::::::::',       ,  ` /:/ソ::/イi'
       | |/i:i ',i、:i::::::::i、i  (二フ   'ソ:´:ン'" i::i     ですが、言うほど劣化しているのかと思う今日この頃。
       ' " |:i ゙ ゙';::::::|‐i- 、  _ <i´::::::、', //
         i:|___,';:::i!\  ` .i- 、 i!;::::,i !.//      ネタにされがちな後宮拡充は天下統一前ですし、
       /ヘヘ `ヾ:'  \ .!ヾ ヘ_' i:/ ノ:f       .天下統一後の劉毅との絡みを見ても割とまともなんですよね
 ´ ̄ ゙̄ /   i::ヽ  ヽ    \ ヘ ヘへ彡ソ
    /    `‐'   .ヽ ∠>ヽ'==ヽ_" `ヽ
    /        ヘ   f´::::::::::::',::,'::::::::`i 、   ヽ

                                                      ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
                                                   ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
                                                   ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
  東晋の干宝に始まる西晋への評価は、                        ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
  武帝の太康年間と恵帝の元康年間が混ざっている印象を受ける。      /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
                                                i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
  懐帝が即位した時、                                   ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
  彼の人柄を見たある士大夫が「武帝の世を取り戻せた」と言っており、      .ヘ!:|         ノ!/′
  当時の人々からは善政的な扱いを受けていたようにも感じられるのだが……   ヾ!>ー-   -- <イリ  
                                                     (ヘ:::::\i=//:::::/) 
  御意見募集中                                           .{;;\::::::!n/:::::/;/   
                                                     ト、;;\;;ii;;/;;;;イ  
                                                     /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;ノ;ゝ、  
                                                    (;;;;;(⌒)∨/(⌒);;;;) 
                                                     `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´  

※次回の投下は3/2(土)23:00を予定しています。


914 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/27(水) 21:52:29.89 ID:9DUhPCeX0
楊一族寵愛で評価が差っ引かれてるんじゃないかね
まぁ結果から見た評価なんだけどね

915 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/27(水) 23:22:41.65 ID:LagX/LzB0
曹叡もそうなんだけど、この二人は目標を見失ったって印象がある

916 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/27(水) 23:33:10.14 ID:pSUm/YcGo
曹叡は諸葛亮の死で安心して宮殿造営マニアに、司馬炎は統一で目標喪失で迷走と晩節が悪かったからですかね?
ただ、司馬炎は名君の部類に入ると思います。
曹叡は…この人の逸話を見る限り、かなり賢い人物なんですが…うーん、微妙。

917 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/28(木) 01:23:11.70 ID:gdQ6tz2ho
変化したのって司馬炎というより王朝そのものなんじゃないかなという気もする
巨大な外敵を失った組織に司馬炎の寛容さがそぐわなくなってきたというか何というか
まぁ直接的かつ最大の失敗は後継者&後見人指名だろうけど…

918 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/02/28(木) 23:59:27.84 ID:TKNK53pG0
炎は綱紀が弛緩してるのをもっと強烈に締め上げるべきだったのかねぇ?
三国後期の大物も消えていくなかでどうにも頼りない奴らが目立つようになってきた

919 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/01(金) 03:35:20.93 ID:i0VsH9JC0
まず本人の性格が緩いからなぁ
良くも悪くも

920 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/01(金) 07:57:36.48 ID:89wHrw8H0
更に外征を進めるとかでも無けりゃ、戦国時代から国家の安定期への移行って
大きく事情が変わってくるからね。
むしろトップ含めた上層部が統一前と同じ感覚でやってる方が失敗してると思う。
長期政権ほどそういう時の切り替えが上手くやったな、という感じだし

921 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/01(金) 08:33:46.24 ID:1CzfeFFk0
「狡兎死して走狗烹らる」は必然的に発生する事象じゃなくて、
「やらなくちゃならない事業」ってことなんかもな

922 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/01(金) 11:24:47.07 ID:xn9fUCUGo
このスレで司馬炎に興味持ったけど、司馬炎治世下では政争が起きても死者や族滅を出していないのがすごいと思う
司馬炎死後の惨状をみると、政争で死者を出さないのは司馬炎の強固な意志あってのことだったのかな

923 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/01(金) 20:21:18.38 ID:/AxvDqx6O
司馬炎は劣化したというより名門司馬家の士大夫のくせに自己中な皇帝として振る舞った結果貴族や名族に見放されたんじゃと某ブログの受け売り

924 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/02(土) 04:54:45.17 ID:O5wlMENho
>>921
直前の統一政権がその粛清をしない
光武帝の後漢だからなあ

925 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/03/02(土) 20:58:58.63 ID:Bro4P5080
確かに豪遊はしてるが粛清が必要なほどの悪行でもないのがな
皇帝と言えど正当な理由なしにやれば人心を失う

926 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/03/02(土) 23:55:16.11 ID:fZVjNCb30 [1/5]

                /!ヾ'ー-z、
            /:;i:;:;:;:\/;:;::Y::.
              /___i斗''"´ヘ;:;r''",ト::‐- 、
            rf>_,,r==〃ヽ`゙`;:::::::::::::...、
         _/::::/:::,::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::://::ィ::::::!:::::!:::::!::::::、::::::::::::::::::::::::ヘ
     ー=彡':::::::′:!:!:::::!:::::::::::!:::i:::ハ::::::、::::::::::::::ハ
        !::i:::::::|:::::|:|:::::|:::::::::::|斗i从‐i‐::::::::::ノイ::',
        ,ハ::!::::::!:,斗|-八:::::ii::|:|八| ヽ__\::::::\Ⅵ、
        |:::|::::::|:::::|:|∧| ヽi:从|  ,ツ'{'/笊::::::::i、i:::::!
        |::八:::!:::::!;炸/心     弋厶|::::::::!)}::|ヘ       「やる夫が正史を書くようです」第七十二回ですね。
        |/:::ハ!::::!;、 乂/ソ         ,!:::::::|/::::!∧
         |′i::::iハ:::!:::>、     `     |::::::::!i:::::|::::〉      当スレでは投下中>>1はレスを返しませんし、
         l::ノ|::::!::|:::!::{;::::〉、  、 _ . '  ,イ:!:::!:!::::::i|::i:;!      .先の展開のネタバレは禁止のため何卒御遠慮下さい。
        iソ:::|:::i!::|:::!::「|「::::,≧  . _    i:!:|:::|:|、:::::ノイ′
      '´i/トハ;i从::!:::|:L彡r‐ 亠v― ´ ̄:!八、::ヽ::;′      中身のないスレですが、
        ,l:i、::´〉、{ヽ|::;|::::__j  厶厶    ≧=-  '⌒ヽ    .もうしばらくお付き合い頂ければ幸いです
          `ヽ!/ /i∧从〈   ∧:::::::::}   /ハ       }
          ソ{    ∧ /..::L::::、jヘ /  〉     i|
          /:     ∨ `イ:::::|,>`|::7 ´   '∧ /   j
         j:     / ´ /::::/:/:|::} r――i ヽ     :|
         }   ,/  /:::///:::|:::ヘ  ̄ ̄´   }    !
         |  i′  {:::///.|::::|::::|        :i    !
         {£{    |;;;:| {:::|:::/::ノ        ,.' ____,ノ|
          i ̄ '.   >イ  ゝソ::::ノ         ,/ ‐‐‐ 1
          「  〉、 /:/ 0 /::;/´        ,イ     ,'
         |  }ヽ `I/ イ´ |::/ `≧ェェェ≦ ´!      |
         |  「   ´     ソ       ' |     :!

関連記事
[ 2019/03/04 15:23 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 幕間 王済と劉聡

866 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:28:33.43 ID:qzEXrQNz0 [1/21]
【幕間】

 '"'   "''ー ⌒"'' ⌒ヽ ,,..
 "'' ,,..       ⌒    ⌒ヽ
 "''   ⌒ヽ ..,,         ,,..)              ,,.. ⌒     ,,..   ,,.. ⌒ヽ
           ⌒___「∟r‐┐ )     _ru―u―┐   ru―u‐┐_.,, ''⌒"''' r―┐ ⌒ヽ
,,..             |.」L∟ニニ∟L_|'⌒ヽ  |:i:i:|     | ::U¨U: |      | |      |-u'  ̄U ̄U~]      "''⌒
'⌒"^ヽ           |-==    =-l‐‐┐  |:i:i:旦旦旦γ⌒ヽ:::旦旦旦√|      |..-=====-| '⌒"''⌒
             |-=      =-|   |  |:i:i:| i〕   |:|::::::::: |:|   i〕 |  |_   r― -=i〕    =-|
             |-==    =-|‐u‐u‐‐|:i:i:|     |:|::::::::: |:|     |  |:i:i:|‐u‐|:i:i:i|-==    =-| "'' - ⌒"''⌒
ノ⌒ ⌒ヽ       |-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:|: 〔〕 :|:|     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|
⌒ー -⌒  _,.ノ⌒ |-==  i〕 =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i|  i〕  |:|:=== |:|  i〕  |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    i〕_|x
,,...x炎xx,,...    ,,,,....x|-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:|::::::::: |:|     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|炎x xxxx  x
淡淡淡炎爻爻炎xx |-==  i〕 =-|:i:i:i:i:iI〕:i|:i:i:|     |::Y⌒Y::|     |  |:i:i:|i:I〕:i:i:i:i:i|-=i〕     =-|爻爻爻爻x,,.爻
爻从爻xx炎淡xx : : |-=      =-|:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:|     |:::|// |: |     |  |:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:|-==    =-|淡淡淡淡淡淡
ZZZZZZZZZZZZZZ |‐-=====-‐|‐-==-‐|:i:i:|_____r==========ュ__|  |:i:i:|‐-==-‐|‐======‐|ZZZZZZZZZZZ
 -  _  _  ‐- -〔ヱヱヱヱヱヱ〕__/===== ィif{㍗ ------ || 〕h、=====\ヱヱ〔ヱヱヱヱヱ〕‐-  _ -  _
-  _  ‐-  _  ‐-三ニニニニニニ三ΞΞ:::::::ィi〔 ||/三二ニ冖= \||/〕〕h、::::::::|三三三三三ニニニニ  - _  _‐-
 _ - ‐-  _  -‐ 三ニニニニニニ三Ξ xf〔f㍗||/三二ニ冖===-z\| ||.|| iミh、三三三三 ニニニニ ‐-  _ ‐-
_ ‐- _ - _- ‐-_   三ニニニニニニ_、rf㍗ | || |/ 三二ニ冖===─--=.|\|| | || |ニミh、三三 ニニニニ  _ ‐-  _
- _ =‐-   ‐-  _ ‐-三ニニニ、rf〔㍗z | ||:|./| | 三二ニ冖===─--=== || | || |ニニ| |i ≧s。 ニニニニ ‐-  ‐-  _
 ‐- _ -- _ ‐- -三、rf〔㍗Z| ||三| /i||::|..三二ニ冖===─--===- || |.\ ニ-| ||ニ| ||‐ ≧s。=  - ‐-  _
_ ‐- _  ‐-   _、rf〔㍗'||ニuニ| ||=/ |:| ||.三二ニ冖===─--===ニ二三 l |\ | ||ニ| ||_ ‐| ||- ≧s。 _ ‐-  _
‐-  _  - _、rf〔iI㍗三| ||ニニ=|./ l ||:| 三二ニ冖===─--===ニ二三竺._l.‐-\|ニ| ||_ ‐| || | ||= | i_≧s。 -

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ           王済は北芒山の麓に邸を構えた
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| .\
./: : \\ ヾ-〃 ..∧
l; : : : : \\.り/: : :i
i: : : :: : : : :|<V>| : : : !

867 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:29:06.36 ID:qzEXrQNz0 [2/21]

  (
   ` 、ー =‐------―ーーー‐- .
      丶:::::::::... r- 、          丶
. (____,> .:::::::|:: ::::.:.:. . .           ヽ
  ` ̄> .: :::::::::::::|:: i:::::::::.: : . .        ∨)
   ≠ ≠ .:::::::::::::::|:: l l :\::::::::: : .     . : :ハ            .どうだ?
 /  /. :.:::::::::::j:::::|:: i i !斗\:::::::.: : : : : : : : : : ハ
(   /:/ :::::::::」:::::|:: l l !斗‐ヲ\ヽ: :}: : : : :jヽ.: .:|           新しい俺様の邸はよ?
    j/ j{::::ハ::::|从|:::: 从广´     :ノ.: : :,ノノ }.: :|
.     八{  f :j 八{        /ノ: :彡'  ,ノ.: :j
          八{く‐-、     __  // ムイ.: : :ノ
          从 `    ィW      |.: : :/
         小 下、三 ノ       / |: :/                      { (: {: : { /,: : : : :/.: : : : : : : :∨
           ハ           .イ::. {从                          x=ミx:\_」:{__(: :( : ;--、: : : : : : }
           {      .....:::::::::: _{≧、                   ____ {i{斗<´: : : : : `>く ∵L : : : : ;ハ
          _`二ニ丁´   xz≦圭圭ヲ>、               \ー-= : : `ヽ┌ : : :ー=ミ: : :_;ノヽノ: : : :/: : :}
                                          >'"⌒>: : : |: : : : : : : : :\ー--ヘーく: : : :ノ
                                          ´/ : // / : : : :| : i : : : : \: :く:`Y \.:ハ
                                         // `7: : i -‐/i : : :|:|i:┼-: \: : \_).:}\ \ノ
                                        ′/i |: :|:i /:八: : :|八」L:\: :\: : : ノ)____ノ
                                         i / :| {: :l:爪「ハ \{ ´んハY\:_;>ァ1⌒ヽ
                                         {   |人 い Vソ     弋ン |li h ノ厂|    ,
          まるでお城みたいですねー。                   }:八"" '     ""ノリ:厂「 |   ′
                                                (: 个    ̄)  / /∧__|   ー冖⌒
          名付けて王済城とでも言うのでしょうか           .ヽ|   >┐___/:厶
                                                 _/|ー--―ァ⌒ヽ
                                                 _, -‐::/-‐'′  / :.:.:./\
                                              r: : :/ .:.:.: |‐-  ...::.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:\
                                              |: : :i :.:.:.:.:.| /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:,

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      『世説新語』『汰侈篇』に曰く。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      北芒山は洛陽城の北郊にある。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .当時、北芒山の周辺は、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         人が多く住むようになっていたため、地価が高騰していた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


868 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/11(月) 08:30:54.30 ID:qzEXrQNz0 [3/21]


                 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 |   特にあの広い馬場が目を引きますね   |
                 ヽ__________________乂
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨                                \__人_人从_人_人从/
                                             _)                (__
            Y ̄ `ト-、,,,_                              )    ガハハハハ!   (
        ,-ト;;;;;;}/l  }:::::ヽ,                      _       ̄ ̄)              ( ̄ ̄
   ,ヘ  ,;;// /ヽ_ノ , /;;;,,-' Y                  Y  ヽ‐-、    /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   }::`''゙::lノソミィ,´__,,,//  ノ                    /ム,,,、ノ  ,_\
  ノ::::::::::::::_``/ ヽ、--{  <´             /lヾ彡ミ/ ,へ-┴-=、 勿---――'
  {:::::(ィァ)::::::::/::::::::::ヽニ'ヘ=‘,‐,-.-.、_,_     ノ  ヽ}‐ヘ/ /  〈  _,ンヘ l
 /==;;;;/-/::::::::ヽ:/::::ヘ \:::'、ヽ、:::、::::ヽミ'-、  }  ェァ/l  }、{,,-‐ヘへ、ノ,二} `ヽ、
ノ:::::::(_)='゙\::::::::::::::::ノ:::::\/;;;;;;〉. ';:::ヾ::::):'彡ヽ/   / .l / ノ   \\::\.   \
ヘ_(ンノ     /:::::::::::::::ノ::::::::|ll、___ゝ::::::::::::}ヘミl (ン()==´     ) l \ ヘ;;〉\   ‘,
   ̄     {::::::::ノ::::::::::::::::/ll/::::::::::::::::ノ::::::::::l ヽヽ-'   ヘ    ノ ヾ   ヽ__」     '.
        ';::::/:::::::::::::::::/ll/::::::::::::/:::::::::::::|   川儿   \           /ll|       ,|、
.        ヘ::::l:::::::ノ /llソ::,ソ/:::ヽヽ::::::::|   川ヽ    { ノヽ       /ll|        ;l,三彡ノ
           {:/:::::/`'''゙¨´  \;;::::ヽ{:';::|    | !     .人      ノ /ll/ノニ-,へ、ノ_;;}彡'
.          /::::/::|         \:::{::::|          ヽ、  ノ ト-''´へ ノ     `l、|
        /:::/}:::::|           |:::〈__         | `λ  |   /:/        | ;|
        /::/ }:::::|               ';;;::|;;\_        |  | |  |   /:/       L_`'-,
       ノ-/  |::::|                |::| 'ー'゙        | L| .|_  { :{         `'"
      「 〈   |;;;{              }::〉          ヽ_|! .| `フ.l_`l
.       └-'   .) 'l              l-!                 { レ,   ´
          '-‐´             '-゙             ヽ-'゙┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      王済はいつの頃からか、そのような場所の土地を買い取っていたという。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      生来馬を好み騎射を得意とした王済は、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      買い取った土地の周囲に水堀で囲い、その中を広大な馬場にした。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         馬場を一周させたというのだから、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          さながら競馬場のような外観をしていたのかもしれない
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

関連記事
[ 2019/02/16 00:44 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第71話②

770 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:06:37.68 ID:z2C9QW7g0 [2/40]
【>>760の続き】
【紀元285年1月 晋 首都 洛陽】

  |!-‐== 、-‐: :  ̄ ¨__- 、   _____
   !  /: : : : : : : : : : : :.ヾく二 -‐‐ ¨フ
   ∨: : : ://:. ;〃: l: : : :i: : ∧    /
  .〃:/: :〃:.:/ /l: :|ヽ: : l: :|: :.∨ /
  //:/!: : lム⊥_{ W_ヾ:ト、l: : :.Yi
.   l/ |!: :.{ ∨‐    - `メ リ: i :}:リ
.   |! |\ir=ミ   ≠=ミ ノ:.从リ
       !   ,    ∠ノュ ノ.          それはさておき、張華殿に協力してもらいたい事があります
        ヽ  ┌ ┐   ,.ィ:ァ<.
          > 、_ .,.ィ ⊥ォ: : :.Y
        ____ ノT゙ ̄/::ヽ: : ム
      〃:::/:::}从/:::::/:::::ヾ: : ゙Y
      〃-‐ヽノフ∠::_/¨::::;::-‐-Y: :{
    ,{:{::::::/ //:::::::>〃:::::::::::::}: : :)                   ,:': :/: : :. : : : : : :./: : : l: : : : : : : : : : : :':.
    /::{::::/ //::::/:::〃 ::::::::::::::i : : ゙ヽ,                    /: :/: : : /: : /: :〃:'|: : : ::!: : l: : : : :l: : : : : '.
                              .          ,': ::,': : : /: : /: //:,' .l:.ト,: ::l: : :l: : : : : l: : : : : :'
                                      |: : |: : : l: ::/l::/ ,':/ |:.', V:l: : ;l: : : : : V: : : : ::l
                                      l: : l: : : :l: :,'-!_'-|,'‐' ヾ -ヾヘ:_: : : : : :V: : ::l:.:|
                                      l: : :V: : :V!オ芍斗    乍芍=マェ-: : :.ヽ: :.|: |
                              .        V: :.ヽ: :ハ 弋,ノソ     乂じノソ 》ヾ、: : ヘ: :|
                                       V: :l: \ヽ   ,     ー‐ ´ !:.ハ: :ト,: ハ;!
         今のあたしでお役に立てるかしら?          V:|: /: l                 |:.l V!:}:/: l 
                                          ,': : ト.、   lフ::.ヽ     ,ィ' l-:': : : : : :', 
                                            /: : :.l:l::.丶  ゝ- '    ィ':j ,':: : : : : : : ハ 
                                         /: : : ::l |: :r-| ` -  ´  ,'-//: : : : : : : : : :'.
                                       /: : : : :..l l/ ¨`` - 、   / //V: : : : : : : : : ハ
                              .       , -ナ- ‐―.; l     / ', / , ' V:_:_:_: : : : : 、:', 
                                    / 、     l l 、    /  V , /  /      ヽ:',


771 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:07:23.13 ID:z2C9QW7g0 [3/40]

              -──── ‐-  、
              /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::` 、
       _ -=≠=-:: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄¨¨ヽ:: :: :: ヽ
     /´ /:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :、: :: :: :: :\:: :: ハ
.        /:: :: :: :: ::/:/ ::{:: \:: :: :ヽ:: :: :: :: ::\:: :!
       /: :: :: ::i:: / :{:: ::|ヽ:: ::ヽ :: ハ::ヽ: :: :: :: ヽ}
      .::/ :: :: ::!::{:: :ハ : ! \斗-:|─トハ :: :: :: |::'
      |:i:: :: :: ::|斗:七!: |   ヽト::j j/ ヽ:: :: :: jハ
      |:{:: :: :: ::{从! リヽj    ⌒笊卞ミ }:: :://
      |:ハ :: :: :‘, ィf笊卞     弋cソ'' |: /j/
      ノハ:: ヽ:: :ヽ弋ぅソ        厶イ        .先日華嶠殿が
        ヽ:: \:: ゝ    '      人ノ┐       『後漢書』を完成させて、陛下に提出しました。
          `⌒`个 .    ー '   イ`<:::」
               ≧=‐- </.!:: :: :ヽ        そこで陛下から、
         r-── 7´:::/_}__|「 ´   ト`ヽ┴─--、    この『後漢書』の内容を吟味するよう詔勅が下りまして。
        .::マ´ ̄¨フ>'´/7ハ  ノ }:::::::マ ̄¨7:::.
        ,::::::V:::/´ ´ ' /7{__{   /::::::::::〉:::::/::::::}   是非張華殿の意見も聞かせてもらいたいのです
       ,'::::::::r'´      イ {  〉\_/:::::::<:::::/:::::::::!
       /⌒/  ,,-<{ハ  /⌒! //:::::::::::::::>イ:::::::::::!
       {\,'  /》::::::ハ∧/  |/}/::::::::::::/:ヽ::::::::::::ヽ
       |::::::\/イ/::::::{ V{  /}/::::::::::/:::::::::ハ:::::::::::/
       ∧:::::::::::::∧::::::!  マヽ∧{:::::::/‐-、::::::::::}:::::::イ
        /:::::\___/:|∧::::|  ヾ{,/ |:/::::::::::::::ヽ::::リ:::::::::!
.      {::::::::::::::::::/:::::::Ⅵ   |! j/::::::::::::::::::::::У::::::::::|
.      |::::::::::::::::/:::::::::::::{    八{:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!
.      ∧::::::::::::::{:::::::::::::::!  イヘ:|::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::|
     ∧:ヘ:::::::::::::|::::::::::::::|  |! |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ここで、張華の太常時代の働きを紹介したい
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


772 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/02/07(木) 23:09:51.91 ID:z2C9QW7g0 [4/40]

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ           陳寿が『国志』を書いていた頃、華嶠は『後漢書』を書き上げていた
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 _ !______
l; : : : : \\」リ/        /
i: : : :::\::\i../        /                      ∨////                    ∨///////|
                                      ∨//       /,イ           ∨/////∧
                                     ∨  /    l// |           ∨////  .
                                      /   /    ,イ,イ  |i             ∨//   |
                                        /   '  -‐=/i ハ|  |ハ  l       ∨
                                    /   |   ,' l' | |ヽ 丁`ヽ l |        |
                                     / /   |   /ニミx     \|i  li ハ ト、
  光武帝から献帝までの百九十五年間を         .|/|    !  ヘ{´l_豺ミ   .彡lハ=.ハ| リ   ト 、
  帝紀十二巻・皇后紀二巻・十典十巻・列伝七十巻。   !  八 |i l i::::j::}     テ l_狄ミォ|   トn'  ゙ 、
                                       |  | ヽ从 弋:ツ         i::::j:リ/   / ソ
  他に序伝や目録等を加えて全九十七巻ね。        八 i|    |          ヾ=/  ィ // \     i
                                      `’ \ト、 、  丶         厶イノィ    ヽ l |
  「典」というのは、『漢書』でいう「志」を指しているわ         i \i\   r 、     ィ´|_ l   ! ∧ハノ
                                            |∧  |i `ト  ´ _   ´ ∠´ |∧  ノ|/
                                            l′\|\|  `"ヽ r<"´/ ̄ ̄\
                                               / l`〈     |      \
                                              /   .〉 〉 /|        ヽ
                                                |    | `<´   |

                                             晋 散騎常侍 華嶠