やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾① ② ③ ④


※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
スポンサーサイト
[ 2017/05/10 11:04 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖 幕間

162 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:44:58.28 ID:e1SsJsIqo [1/14]
【幕間】

             に厂く之、         \`マう  rっrっrっrっrっrっrっrっ
               厂に}   く辷く辷く辷く辷_,/ ̄/`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
.              |⌒に}       _>-┴く   {二¨¨¨´ ̄ ̄           }
             / に/ ┌<  ̄ ̄}      }─く\こ>こ>こ>こ>{7〉    /
.           /    く廴 _」> \_ノ`⌒⌒7ノ    に\       〈/   /
        {こにに> ´              ̄ ̄ ̄ にノ\     {_}   :|
            /       /      /            にノ\   {_,|  ∠こ>こ>こ>┐
.           /      /      ′              にノ\{_ノ/       /
.          ′ .:    /       |     /        `⌒´ ̄く\     /
           {   {    {   {  |/|    ′     }    }    ∨7´く\   /
            )ハ八   :.   :.  |`    :|     .:   ′ / }/ /⌒l─′
            〈   \  :.  :|ィ\|=ミ\   :| l|  /  /  /  ノ/    ′\
           〈 \   \ノ\| しi:刈  \人八/ )/  / ,′ ′   /     }
.           〈 \ \ ,/⌒ヽ| V_ ノ     ィ==ミ 厶ィ  /  /    /. -─-ミ
           〈 \ \ {ニ=- :|     ,        ノ |/ノイ /  //       }
            \ \ /⌒ヽ八          /´ ̄ ̄ ̄〕 l/ //     _,.  '′
             〔 \__{ニ=- }{ \   F-- 7  { /⌒厂 ̄/    _.. <~´ )
.             `¨)ノ `¨)ア´ `)ア>   ̄    /   〈 / ̄ ̄\ /    } 〔__
                   / ̄ ̄ ̄>「 ̄/{   / {\ /二}}     _.ノ   }
.              -‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\廴 / | | :厂 八  `¨¨7´ ̄ ̄   }   ′
.             |  | | ̄ ̄ ̄ ̄\,厂/ /| | {    \_ 廴___,ノ _/_
.             |  | |          {__/V  | |  \     |\__ ノ  〔 \ノ_
.            _人/ :| l   ,/     /ハ ∨:| |:    Y⌒ヽノ   \     }   \ノ_
  _...  -‐      {  | |  /   //∧ V| |    {  く    ( ̄廴__彡′    \ノ_
/               / //   // / ∧ l| |    \ `¨¨¨¨´ }  /          \ノ_
             \二二二/  / / | l| |      {ノ\____,ノ/           \ノ_
             /    / /   / /  :| l| |      八   \                \ノ_

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .皇帝司馬炎は万事に寛大な人物である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      それは今回の話で紹介した
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .王濬への措置や孫皓の処遇を見れば理解してもらえるだろう
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


163 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:47:26.51 ID:e1SsJsIqo [2/14]

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ 
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`              ただ、この寛大さを
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ-              どう評価するのかは人それぞれだ。
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ 
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ           『三国志』『孫皓伝』にある孫皓への評を紹介したい
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l 
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、 
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

164 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/07(日) 19:49:33.42 ID:e1SsJsIqo [3/14]
【孫皓への評価@『三国志』『孫皓伝』】
┏──────────────────────────────────────┓
 孫皓が刑罰を濫用した事により、落命したり配流された者は数え切れない程に達するだろう。

 その群臣は全て恐れ憂いて、
 皆が日々の命を全うしたいと願い、朝には夕の生死も計りかねるといった様子だった。

 熒惑星や巫祝たちが、さまざまに兆しを示したのは事態の切迫を伝えるためであった。
┗──────────────────────────────────────┛

      /   // .::::::::::::`:ト、 〉      __ |
.   / _   イ.::::/:::::::::::∧l<       / l〕ト
  <´  /:::::::i:::∧::::::::::::/  、:::::\     | |i |圦\\
   ヽ '::/::i::l/  \::::::l    \::::}\_,| |i || |.\丶ヽ
.   人{/:::::|/=='  \| ==ミ∨::::::::::::| lj || | | ゝ-'′
  〈/∧::::⊂⊃         ⊂ニ⊃::::::八_,ノ| | |
   // 〉::::{               |::::::::::::::::::::::| | |
.  〈/ l:::/l:\, ‐y‐ 、      !:::∧:::i:::::::∧|/      まさか、本当に長江が氾濫して呉が滅びるとか
.      j厶l::::/   、   }_   イ|:/、∨:::::/ }
     /   ∨ ノて/⌒ヽl.   jリ′ ヽ::::/
   八   {  ゝ-'{   }  /′,_,  i/
.    `トイ`ヽ _ >-、 \(  ´⌒` |
   <人人  / /  l\ \ 、   ノ                          /\___/ヽ
                                               /''''''   '''''':::::::\
                                            .   |(●),   、(●)、.:|
                                              |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
                                            .   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
       真田●、父上が出ていた頃は面白かったですよね         \  `ニニ´  .:::::/
                                            ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
                                            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                                |  \/゙(__)\,|  i |
                                                >   ヽ. ハ  |   ||

[ 2017/05/09 20:57 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖④

96 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 18:50:10.31 ID:taUGDQN90
>>1乙ー

なんか王渾も王濬も、最初は互いに譲り合ってた感じがしたのに結構こじれちゃったな
総司令官の大都督賈充さんが仲裁すればよかったのに

97 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/05(金) 21:26:19.73 ID:sEXVk9CDo
賈充は、呉討伐に関しては、とことんやる気無かったから、
王渾と王濬を指揮するとか、二人の間に入る気なんて、
全く無かったんじゃね?

98 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/06(土) 01:06:39.00 ID:ACD6I7ri0
おつー
そう言えばここまで賈充がどういう行動をしたって話出てないね
王渾と王濬に対する監督責任がありそうなもんだが…

99 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/06(土) 12:54:14.73 ID:kIiO9Vwyo
乙でした。
今更ですが、この遠征の総大将が諸将の仲裁や調整をするべきですよね。
賈充の動きは傍観のみだったのでしょうか?

100 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/06(土) 23:53:17.90 ID:klUEFwfgo [1/4]
【お断り】

           /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.          /::::::::/:::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         /::::::::/:::::::::: |/ .|:l::::::::::::Λ:::::|::|:::::|::::::::::.
.         .:::::::::::::::::|::::::: |  |:|:::::::::::| |:::::|::|:::::|::::::::::::.
        .:::::::: |::::::: |::::::: |  |:|:::::::::::| |:::::|Λ:::|::::::::::::::.
        .:::::::::: |::::-┼--===|:|:::::::::::|==-┼‐-:| :::::|::::::::
.      .:::: |:::::::|::::l |:八| |八::::::::|  V:|  :|::::: |:::::::::
.      .:::::: |:::::::|::::|xr允芳ミ    xr允芳ミk | :::::|::::::::|:        >>96-99
      :::::::: |:::::::|::::^  V^ソ       V^ソ ^从::::|::::::::|::       .記録がないのよ。
    :::::::::::|:::::::| Λ               /.|::::::|::::::::|:::
.    ::::::::::::|:::::::|、 Λ        `      / |::::::|::::::::|::::       .だから書きようがないらしいわ。
    :::::::::::::|:::::::|::\c U             cノ|::::::|::::::::|::::
.    ::::::::::::::|:::::::|:::::::|:込    ( )     人|::|:|::::::|::::::::|:::::      .今さら太尉も危ない橋は渡らないでしょうし
.    :::: |:::::::|:::::::|:::::::|:::|::::`ト      イ(:::: |::|:|::::::|::::::::|:::::
    ::::: |:::::::|:::::::|:::::::|:/ /|  > < | \|::|:|::::::|::::::::|:::::|
    ::::: |:::::::|:::::::|:: : /  /|        |  \|::::::|::::::::|:::::|


※今回の話ですが、予想以上に分量が膨れ上がったため、
  次回分の話として予定していた分と再構成したいと考えています。

※当初の予定とは異なりますが、今回の話を「天下統一 其の玖」、次回を「天下統一 其の拾」に変更します。

※御了承下さい。


101 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/06(土) 23:55:19.19 ID:klUEFwfgo [2/4]
【紀元280年4月 晋 揚州 建業】

                      ヾ叉7
                      _ⅲL_,, ,. _
               ,,、、-‐'''""´: .: .: .:::::::::.:.:.:. : :``ヾ、、、
          ,,. '"´. .:.: .:.: : .:r==.: :. :.: .:. :. :. :..: .: :. .::. :.`ゞー-、、
      ,,. '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.`''ヽ、,,
   ,r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;:;:;:;:.;:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>
   ``ヾ、;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;r==;:;:;r==、;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:;r==;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:r''"´ .
      ``ヾ;:;:;;:;:::::;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;===;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:.:.:.:.:.:.:.:,r'゙
           ̄`¨`ヾr==.: .: .: .: .:. :. :. ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :r=z,;,;,;::/
               `¨`ヾ.:.: .: .:.:::::::::;:;:;:;:::::::::;:;:.:.:.:.:、、-‐''"´
                  `>;:;:,';: .,':;:;:; :;:; :<´
               ,、r''"´. :.: .:. :. . :. :. :. :.: .: .:`ヽ、
            ,、r'"´.:.::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:.:.:.: .:. . .:.::::::`'ヽ、
            ``ヾr==;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;::.:.:. :.: .: . :.: .: . ::.:,r'´
               `ヾ::.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:. :. :.: ; :; :.: .:.:.::r'  
                 ゙、:;:;;;;;;;;:;:.:.:::==.:.::::::.:.:.:.:/  
                  `ヾ.:;;;;;;;==.::.::.:.:..:.::r'´   
                  _,」;;:;:;:;;;:;::.:.:. :. :.:. j  
                 ``ヾ;:;:; :;::;;: ;r==.:.j  
                    ゙i:;:;:.:. :.: .:. :.:.:.:,!  
                    l;:;: .:.: .: ..:;;;:;;;! 
                    'i;;;;;:.:.:.:.:;;;;;;;;;! 
                     1;:;:;:;:r=:.::{ 
                     ゞ;;;;;;:.:,r'´.:.:``;:ー-..、,,_
                      `i;;:;:;;:;;:;;;;;;;;;:;:;:;,,、-‐''"´
                       〉;:;:;:/´

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .四月上旬。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      孫皓らが司馬伷の兵に伴われて建業を出発する
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

[ 2017/05/09 20:57 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖③

4 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/04/23(日) 23:52:10.36 ID:Yw55XcGv0
初めて見たけどすごい歴史あるスレだな
応援する

11 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2017/04/29(土) 13:33:49.53 ID:c3hntzZz0
その杜預さんの台詞ってどっちがパクったの?
やらない「お前だ!」
蒼天孟徳「お前だ!」
不孝史家「お前だ!」

12 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/04/29(土) 18:51:17.65 ID:sIrC4j4uo
長江より黄海に出で、倭国に渡ってそのまま移住する・・・なんて道を選んだ人は当節居たのだろうか

15 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/03(水) 20:11:08.66 ID:oGjOFZJAo
【>>12日本に初めて医書を持ち込んだのは百済にいた陳の僧侶と言われています】

     , '´ ̄ ̄` ー-、
   /   〃" `ヽ、 \
  / /  ハ/ .大  \ハヘ
  |i │ l |リノ 伴  \}_}ハ
  |i | 从 ●    ● l小N         智聡殿!
  |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   
  | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)      .あなたの持つ医学の知識と書物を
  | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.      .我が国のために役立ててもらいたいにょろ!!
  | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
  | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''

                                                __   _____   ______
                                               ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
                                               'r ´          ヽ、ン、
                                              ,'==─-      -─==', i
                                              i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
                                              レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
        ゆっくりできるべすとぷれいすを求めて                 !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
                                               L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
                                   南朝陳の僧侶→ .| ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
                                               レ ル` ー--─ ´ルレ レ´ 

>>4
亀になりましたがようこそです。

>>11
『晋書』『王濬伝』にある杜預さんのお手紙です。


※遅くなりましたが、5/4(金)の22:00頃から続きを投下します。


16 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/03(水) 20:51:08.33 ID:FuCXcS33o
おつ
このスレのおかげで、塾講の仕事中に工業高校の生徒に三角関数がらみで裴秀の話ができた(ただし英語の授業)

17 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2017/05/03(水) 23:01:54.41 ID:mVRLZ9XLo
了解

なんだが四日は木曜では

18 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/04(木) 22:01:53.48 ID:GpH3r6Fso [1/51]


 : : : |: : : :八: : : :{{: : : : ∨: : : : }: : : : : : /: : :ハ: : :l: |: : : : } : : : ハ
 ; : : {\: : : 、ヽ: :', ',: : : : : : : : : ;: : : : : :/!: : //: : ノ: | : : : ; : : ://
 :',: : :V>x:.. \、 ', ヽ{、: : : : : : ; : : : : / i: ://: /: 丿 : : ; : : //: :
 圦: : :、==ミ弍\Vハ \: : : :ハ: : : :,仁|://イ: :/: : : .イ: /∧: :
 { /\: :ヽ:r‐┤ ヾ \    \/,ノ. イ' : : l'心/// : /:./: V: : \
 lん( (:::ーrァ 、          ´  んr::::v‐=、く / イ: /、: : : : : : :    …………
_八: : ゞ=-' : : ;             {: :、::::ノ: : }  V ル'⌒ヽ>. . . : : :
  ヽ. : : : : ン               、: : : : :ノ  ,}}/:.:. : : : :\. . . : : :    とりあえず、
ニ=‐-‐ァ ̄                 ̄ ̄ ̄  ハ:.:.:. : : : : : \. . : :   .この上奏文を御史台に下げ渡して審議させて。
―= イ :.::::::::::.:.:.        )'    :.:.:::::::::.:.  ; : : ー=ニ二フ. . : :
: : . .丿.:::::::::::::::.:.:.           :.:.:::::::::.:  { . . . . . : : : /. . . : :   .話はそれからよ
二ニ=ァ                       }二ニ==< . . : : : :  
: . . ノ                        仁二ニ=フ . : / : :
ー==フ                    .イニ=ニ二∠. . :'": : ノ :
: : .<     ( 二ニ===⊃       /. .ゝ=ァ: : : : : : :  ̄: : : : :    /// : :/:     : /:   .:i    :i : :ヽ  : :\i
                                         {!/ : :/ , : / i: :ハ: .  :|ヽ . :ト、 : :i  : : :ヽ
                                         / / /  i i  Lリ_ | i  l 十i=|=|ト、 |  : : : :i
                                         | イ i . : !ィキラ""_.|/| ,'  ∨__リ ヾト i: : : ハ!
                                         |! | ! . :イ! ∨ィェz   !/  イろfi了ミ | |: : / リ
                                           !j  i: : Y'´ろfi }     弋zソ  | ! /リ
                                           リ∧ト、 ヽ弋zソ        "   レ'//
                                              \ト     、       イ-'
          結果は見えていると思うのですが                  ヘ    、___,     /ミミ.>
                                                丶、         , ':\
                                                   `ト __  , イi. : : :/
                                                  /|\ _  / |\/: ̄:7
                                                 /: :/  / { |    l: : : `V . .、
                                            r-‐ '´:/: : :/  | } |    !: : : ::i: : : : \


19 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/05/04(木) 22:03:36.63 ID:GpH3r6Fso [2/51]

s。:::::≧s。≧s。::::::::ミs。:::ミs。 \
 弋ー‐弌ナ__≧s。:::::::ミs。::ミs。`丶、
  |ーr‐弌弋 `ヽ∟」::::::::::::ミs。::ミs。 ≧=- ..,,_
≧s。_,|   | ̄~|トミノ::≧s。:::::::::::::ミs。::ミs。____ノ
.   l | ̄ ̄ ̄|| ̄弌____ノ≧s。::::::::::ミs。:ミis。
s。__l |___ト  凵 ̄7^弌_ノ-ミs。:::::::ミs。:ミs。
| ̄::::::|≧s。 ̄  ≧s弌_ノ|^YTーt r'≧s。::::ミs。:ミs。
|  ::::|──≧s。    ``rr─ゝ‐r'YY^灯二ア:::ミs。ミs。
|  ::::|_____≧s。 ||____ト弌_ノノ弋弋ナs。ミs。::ミs。ー- .,_
|____,|-=ニ ̄ ̄≧o。|: ::::::|≧s。   `弌─‐r'´≧z{^Yミs。:::ミs。 ``¨ア                 .i
|: /) |   ``'''<_|: ::::::|____≧s。::|─‐┘ミ凵弋ナナ≧ァァ::::::\/               rz≦≧zュ
|::(_ソ |         .|:::||___|≧s。___::,| :::|三≧s。 |___ト、二二「l^^^               弌竺竺竺テ
|弋 : (| lマニT.=┐ .|:::||弋) |.  ̄|::|≧| .::|______,|~~゙|≧s。,_|__|//゙ミs。               ,|:|i:口i:|:|、
|\):::i| | |_l||_ロ | .|:::||\( |‐ュ .|::|三| ゙̄|::|‐||^|,,,,,,|//丁:゙|777777777ミihs。.,_         弌ZZZZZZテ
|:l:l〈::: | |/__||/Ⅵ . |:::||:l:|::|:|_|| |::|_||:|::::: |::|‐||^|::::::|7ミ |,,,,|///////////ミs。^㍉。.,_       __|i:i口i:i|_
|从_)(:| | |_l||_ロ | .|:::|l从ノ:|_|| |::|/|:::: :|::|ート::|::::::| l^^|::::|.TTー‐TTーーTTT≧:.フ7ァァx__,,..。o≦フフフフフフフ≧o。..,,_
|::::::: (:| |/__||__Ⅵ |:::||乂) |_|| _rヶぅ,|::::: |::|二`|::::::|_|;;; |::::|;;|::|;;;;;;;;|:|;;;;;;;;;|:||:|ー弌テテミis。ーーrrーーrrーーrrーーーrrーァ
|-=ミ、|───---|:::||⌒ー|/( (゚_rソ:::: |::|;|二|::::::|ニニ:|::::|三三三三三三テ_,,,,|:| | |::|.|.|ノ777777777777777777777ァァs。..,,_,
|::::: :: ,|二二||二二二|、___レ{ / (^ヽ: :: |::|;;|ニ:|::::::|:| ;; |::::|;;Y|_|ニフマY|_|‐ァ'ーー |ニニニニ|ーー弌ナーーーーー弌ナーー弌ナー弌テ彡
|ー=彡|-----------|_弋乂_ゝ__ノ‐:i|┴‐.┴::┴'‐┴┤弋ナ___弋ナ|   .:|:| | |::|.|.|──||______rzzzュ_,||──‐||─‐|:|
二二二二二二二二──|:|:::::::::::::::::||::::i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_二二ニ='=========┴┴=ニコ__||i:i:i:i:i:||::|:::|i:i:||__|「fis。.,|:|
二二二二二二二二二二|:|:::::::::::::::::i{::::i{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                 `'ミ||||||「∩
二二二二ニニ==──    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                          `'ミ|||凵


                              .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              |   厄介な問題が舞い込んできたわ   |
                              ヽ________________乂



[ 2017/05/06 12:52 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 天下統一其の玖②

944 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/04/23(日) 21:41:29.91 ID:atvznERFo [1/15]

※30分ほど遅れます。

945 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/04/23(日) 22:59:38.53 ID:atvznERFo [2/15]
【紀元280年3月 呉 荊州 巴丘】





ヽ  ○樊城          ∧          ∧∧∧∧  
  ̄○}         i        ∧∧   ∧∧∧∧∧∧
 襄陽`}         `ヽ             ∧∧∧∧∧
       }            'ー,              ∧∧∧
        }      南新市ヽ_,_  【江夏郡】      ∧∧∧
       |○石城    .○     ヽ○安陸         ∧∧
       .|__       石陽○ `ー-,           ∧
.長坂○    |        _____>-―‐、      ∧
    ○当陽 ヽ_      |      ○|    ○\_     
.             ̄ ̄ヽ_ノ    夏口|   武昌 . ̄|   
                     ___/            ヽ   
                   . ̄7            'ー-、
-― -―‐_ ○江陵         /
. ○楽郷__)  _,.__     _r‐'○陸口
    ○'ー'´ ̄  |    /
   公安      `ヽ r'
             >'●巴丘

                                             \__人_人从_人_人从/
                                             _)                (__
                                              )   何ですって!!? (
                                             ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                                              /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


946 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/04/23(日) 23:02:59.80 ID:atvznERFo [3/15]

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(●),    、(●)、.:|     この地の役人の話では、
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, u::|     去る三月十五日に陛下は晋軍に降伏、晋軍は建業に入城したとの事。
.   |  u `-=ニ=- ' .::::::|     
   \  `ニニ´ .u ::/     こちらが、その折に各郡県に送られた陛下の書状です
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                              ,イ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::\::::::::::丶
    >   ヽ. ハ  |   ||                           /::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::';、::::::::::::',
                                          /::::::::::::::::::::::::iV:::::::::::':;:::::::::::';:::::::::::::::',
                                           '::::::::::::i:::::::::::::| >―::、::';::::::::::i::::、:::::::::,
                                            i:::::::::::::!、::::::::::!'´ ヽ::::::::':;::::::::!/.ヽ::::::::i
                                .          |:::::::::::::i.∨::::::|  ィ圻宍刈:::::::|、`.リ:::::::|
                                .          |:::::::::::zf=心:::i  ゙. 乂ツ |:::::::|'-イ:::::::::i!
                                          !:::::::::::バ、之ヾ    ,,,,,, !:::::::!¨´:::::::::::!
                                          ∨:::::::::∧,,,,  、       |:::::::| ∨::::::::::!
         そんな……                .           Y:::::::::::::ゝ、   rっ   ィ!::::::|./^ヽ:::::!
                                         ノ.) .!::::::::::::::::::::>o。  ィ:ヘ__!::::;'     V::,
         いくら何でも早過ぎる                  r' / _.!>‐-<:::::::::::::::::::::::/ハ |:::/   / Li
                                       i '¨ ヾ¨ヽ<fニニニi !:::::::::;イ_へ!':ノ  /    ヽ
                                       |  丶 \ Y./:::::::::::ハイ// /〉_ / _, z≦///∧
                                .        !   :. `¨`ー!:::::!i:::/ // ノ /  ィ////> '´  ヾ!
                                .       l::.  :.  ,zイ::::::!∨./´/ /  ///>' / ー< ',
                                        !'´  `i´!::::::::::::!/ /′//  .//// /     ヽ.}
                                .       ',    ‘, ヽ::::::::i / /イ  .///′        ‘l
                                         ‘,.   ‘,  .ゝ' / //   ///         / .|

                                               呉 広州牧 滕脩


947 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2017/04/23(日) 23:06:21.81 ID:atvznERFo [4/15]

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(●),    、(●)、.:|   
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, u::|           この一帯の郡県は、
.   |  u `-=ニ=- ' .::::::|           江陵を占領した杜預に降伏したそうです。
   \  `ニニ´ .u ::/   
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、          .如何致しましょうか?
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||                                .ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::≧s。
                                              /:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::';::::ヽ
                                             /::::/:::::::::/::::::::::::/:::ハ::::::i::::::::';:::::::',
                                              /::::/::::::::::;':::::::::::::;'::::;' ∨:|:::::::::i:::::::::',
                                            '::::::;'::::::/:::i::::::::::://::;'   V!:::::::::!:::::::::::,
                              .              i::::::i:::::_'_!_ハ::::::::/ i_/斗ャ‐!|:::::::::|:::::::::::i
                              .              |::::::|:::/ i/_`!::::/ /__ _ ゙|:::::::::|:::::::::::l
                                             !::::::!:;'ィ伝心V   だ尓.》!::::::::i !::::::::;
       仕方ありません。                          !V::|:ハ`弋ッ     乂ッ' |::::::::iイ:::::::;'
                                            `ヽ|::::', ''''  、     '''''' !::::::::!:::::::::;
       杜預を介して                               !::人          。!:::::::;':::::::::i
       我々の印綬を晋の皇帝に献上し、                 . !:::::::|>.、  ̄`  。o<:;'::::::/::::::::::!
       広州に引き返して処分を待ちましょう               . !、:::::!::::::::>‐≦   ノ::::::/::::::::::::!
                                              i.:';::::!-≦/  ゝ-< ./::::/ヽ<:::::!
                                              /イ∨! //,{ ./ リ゚ V /:::///   ̄ ヽ
                                           /::/  ヾ///ゝ ./  ∨i::////     ,' }
                                         ィ::::::::::;'  ,///  / ゚    !'/// !   / .,'
                                      -=≦::::::::::::::/ ./,//  /     /// /   / /! 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       .
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      .郭馬討伐から離脱して北上していた滕脩の軍勢は巴丘にいた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      .
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ      
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

[ 2017/04/25 20:56 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)