やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第3話海外任務 後編

200 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:04:57 ID:oa6/eJME0
投下開始します。




第三話 海外任務 後編



                    |//////| l: :, /: :|
                    |//////| |/: : : :.!
        _          | 〈;////|: :: : : :/|― 、
.      /////r=.、..     |У////|: : ././  /|__ _ _ _ _
.      //////./: :,ィ´>、.   |//////|/./  ./:/ ^ - _- ^ - _-./
     |//////|: : :.:/|:::|   |//////|/  ./:/ ^ - _- ^ - _-.^./
     |//////| ./: :.:|:.:|. /三三三三 /:/ ^ - _- ^ - _- ^ -/
     |//////| |: : : : |:.:| |///////////|/ ^ - _- ^ - _- ^ - _/
     |//////| l: :, /: :|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――――――――'
     |//////| |/: : : :.!
     |//////|: :: : : :/|― 、
     |//////|: : ././  /| _ _ _ _ _ _ _
     |//////|/./  ./:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _-,;./
     |//////|/  ./:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^:;./
.   /三三三三 /:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - ./
   |///////////|/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ -.,:-/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^.:/


パリでの視察旅行の最中、コノヴァーレツィは、やる夫をシモン・ペトリューラの墓参りに誘った。

201 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:05:56 ID:oa6/eJME0

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /      やる夫、ここがペトリューラの墓だ。
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:/



               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   ここが同志ペトリューラのお墓ですかお…。
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

202 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:06:17 ID:oa6/eJME0


=ニ                                           ニ=‐
    ‐=ニ二_                          _二ニ=‐
.             三二ニ=======================ニ二三/:.:/    \ーヘ、
.             { {ミゞ(・))ヽミ}川レ{ミノハ{ (( (・))彡ヘ}  } :/:.:/    ..,/: 〉 .::ーヘ、
.   /|\     { .:{ノ'"´`ヽノ}ヽ r'rヘノ´ゞ===彡ヘ:.: }  }/:.:/    ..,/: / .:::. .:::\
.  /:.:. |llll|     /{  {トミ;,:...:ハノ丶ノ ;:.ヘ;,.:...:.....::::.,;,;ヽノ....::}:./       /: /  .:.: .::::   \
/:.:.:.:.:.:.|llll|   / {トミハ:.:.トミ,,;.ゝ__,_,_,_,;.ノ :.:ゞミゝヘノ:.ノ)}:. //     //  .:.: .:.:..     ー-、
|:.:. ▽ .:r‐'´`ヽ/ .:.:{lハ:.:', :}:.:l_l┬┬┬┬┬┬ハノ}:.:} :.:.:.ノ//    ,//      _           \
|:.:.:.:.:.:.:.:.`ーヘ {   : :Vハ:.:',:ゞ Y 二二二二二 ノ У:ノ:.:.:///  ,//     Y´ ̄`ヽ, -―- 、   :\
|:.:.:.:.:.:.:.《三八 }  .:.:.Vハ:.:',:ミ┴┴┴┴┴┴┴彡イ:.: ///  //   /⌒ヽ|{__,}}/ ̄`ヽ ;     ヽ
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| `}   .:.:.:.Vハ:.ヽ`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´:.ノ// ,//    ' /⌒ヽ}    |{___} }
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|  .'  .:.:.:.:.:ヽヽ \,....;:;:;:;:;:;:;:;......,/// ,// /⌒ヽl {__}|     |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽィ ,//   //⌒ヽ}:.  :. .:| ,...... |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|{      /             |///     ' {___||:.     :| """".:|  """ | /⌒Y
|:.:.:.:.:.:/l/|       {                  |//       |     |  .. :..  |     |      :|/    {:|
|:.:.:/l/   ヽ      |                  |/      {  ..,.,.  |     :|     |      :|     i}
      シモン・ヴァシーリイェヴィチ・ペトリューラ(モズグズ)


シモン・ペトリューラは、もっとも有名なウクライナ民族主義者であった。
1917年の2月革命後、ロシア人とドイツの支援を受けたコサックたちのウクライナ支配に抵抗していた人物だ。
もっとも、その後ドイツ側と手を結んでキエフを掌握し、1919年にウクライナ人民共和国の首班となった。
が、ドイツ軍支持派や反ウクライナ民族主義のウクライナ人、亡命ロシア人などからは激しく嫌悪されていた。

203 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:07:05 ID:oa6/eJME0

    ∧,,∧  ∧,,∧       ペトリューラってどうよ? ありえなくね?
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  今更ウクライナ語しゃべろって言われてもなぁ?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   だよなー。でもあいつ等に逆らったら…
     `u-u'. `u-u'

そして、地元ウクライナにおいても、とくに都市部では彼の人気はまったくなかった。
特に、ロシア語の使用を一方的な禁止し、国民全員にウクライナ語をしゃべるように強制したことで、完全に地に落ちた。
農村部の主要人口がウクライナ人だった事に対し、都市人口の多くがロシア人、ユダヤ人などで構成されていたためである。
このため、ロシア語の一方的な禁止と、ウクライナ語の使用を強制した彼のやり方はロシア人アイデンティティーを持つ
都市部に住むウクライナ人までにも反感を抱かせた。

204 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:11:40 ID:oa6/eJME0

  \_ノl: : : : : : : : : : :              i.:.:... \
      ヽ_,: : : : :          / /      _|.::.:.:::_/ 用 如 共
奇 神 そ /: : :       / //  _,.. -''":::::ヽ;:.:.ヽ  い 何 産
跡 は の L: :   ヽ ヽY,、{.〈 ゙_,,..-'"::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ.:.|  よ な 主
を .必 信 / /    '゙,∠Tr'゙,.ニ>、:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:ノ.〈.  う 卑 義
御 ず 仰 l:/-‐''"´::::゙7      |-=゙!:::::::::_,...-─'''''i.:.:.:.:/  と 劣 者
示 赤 に  〉::::::::::::::::/     |::::::::`‐'´      ゙i,.:.く.  も な ど
.し の 一 l: )::,.‐--/ __,,... -‐'''ヽ;:ー-、_,..-へ、,._   ゙i,.:.:ヽ.   技 も
に 力 点 |!´     i´__::::::::::::::r'ヽ:ヽ,. >`゙''ー-、`゙''i |.:.:.:l   を が
な .を の l, /へ.l_(;;;;ヽ-‐''"_,,,.. --─''_,、゙ヽ、゙、 | .!.:.:. ̄ヽ  __
り  撃 曇 /:!i:゙'´___,,..-‐''"__,,,. -r─イ'"´i  `'!`゙'i:! l :l.:.:.:.:.:.:.|/  \
ま .ち  り ヽ.|:l:r゙i‐'T'"゙i´ _|___.⊥,-┴‐┴- 、|_ i:| :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :
す 破 無 /:|゙i;:;|,.r'‐'゙´`´  _,.____,,,,,.___,_`゙::|i .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   る .く l: :.! Nl;;__,,.-┬'二i___,,,l__,,,.⊥‐┴、_|__7゙:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   べ ば ヽ | |;:l.l-‐゙‐''゙__,... --──''二⌒`ーァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :
    く     〉 ゙r'`‐''"´ ~'''"´ ̄´   `フ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :
        / ゙、 ゙         __,,.-'"゙:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :
        ヽ ヽ,..-─''''''""´ ̄::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : :

また、彼ら民族主義者の最大の敵は、レーニン率いるボリシェヴィキであった。
彼らが10月革命で政権を掌握した際、ウクライナ労働者階級は、レーニンらを強く支持をした。
これ以来、ウクライナ民族主義は、激烈な反共主義と反ユダヤ主義、さらに反共主義勢力の支援を
勝ち取る試みをその特徴とすることになった。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第2話海外任務 前編

126 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/09/22(月) 22:02:58 ID:ivhfXho20
投下開始します。



第二話 海外任務 前編


           _ __
        ,r.:"´;:;;;;;;;;;;:;:.:.``ヽ
       ノ彡;;;;;:,;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.::ゞ\
      /.::/⌒ヾ.;;;;;;;;;;;;;:;:;:::.:.:.ミミミヽ
       l::::j    \`ミミミヽ:,、;;;;ミミミ',
       |/l       `゙""¨´ `l;ヽ\|
      リ,,rヘ、_    _,,,__  トヽ\!     同志やる夫。ウクライナの同志たちがついにやり遂げたぞ。
        ハ'^`モッ'ト :"ニtz‐ッ ``V^ヽ;l
        u|    ´l ;:. ` ̄ ` , ;ヘ'/     彼らは帝国主義者たちの元へ逃げ込んだ民族主義者どもに
       ll    ,′;:::.     / し'′
         1   `"´     ′1       我々のシンパをもぐりこませた。
         ',   -‐─-;   ' /.:.L
        ハ、    ̄´  .//ノ::ハ      やつらを殲滅する絶好の機会だ。ついては同志、君に西側での
         __「ヽ\   _,.ィ‐'´ .:::/ トーrr
  ‐rr一'77フ′ ``≧≪"   :::// l: //:;:   工作員として活動してもらいたい。
  l l   i゙1 \   ノl〈   .:.::// ノ/ ':;:;;;
  .:| |  .! |    `"´ _」 ヽ  "´´  .:.::;:;;;;;;


         ____
       /   u \     (か、海外勤務…!?)
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  ど、同志。私はこれまで外国人に接したことも、海外で暮らしたこともないですお。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /  それに、ドイツ語の知識もありませんお。


1934年、ウクライナOGPUは、亡命中のウクライナ軍事組織(※1)中枢部グループへの潜入に成功したと報告してきた。
同年、ウクライナの都市リヴォフ(リヴィウのロシア語読み)において、ソ連外務省の外交官が暗殺された事件が起こった。
OGPU上層部は、テロを実施したウクライナ民族主義テロ組織制圧計画を立案し、潜入命令が下されていた。


※1ウクライナ軍事組織
反ソ・反ポーランド組織として1920年にチェコスロヴァキアで結成。
のちに学生運動と合同し、ウクライナ民族主義者組織(OUN)になる。
このウクライナ民族主義者組織が、のちにウクライナ蜂起軍(UPA)の土台となる。

127 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/09/22(月) 22:08:13 ID:ivhfXho20



         ____
       /   u \     (でも、でもよく考えろ、やる夫……)
      /  /    \\
    /  し (_)  (_) \  (この仕事をうまくやり遂げれば出世の糸口になる…)
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /  (家族への仕送りも増やせる、それに……)



                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ     (これは…チャンスだお…)
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ    (同志スルツキーが、気まぐれで命令を下すわけがないお…)
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /    (このチャンス…逃せば二度と来ないかもしれない…)
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ


一度は断ろうとしたやる夫であったが、彼は考えを改めた。
スルツキーほどの大物がくれたチャンスを逃す手はない。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第1話発端

30 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:05:43 ID:Vexp6Em.0
投下します。

第一話 発端





         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ○ )    \    皆さん、はじめまして。
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.        .(    j    )        .|    私はやる夫・アナトーリエヴィチ・スドプラトフと申します。
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.          ` ⌒ ´           /
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

31 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:06:35 ID:Vexp6Em.0



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \    皆さんは私の名前を聞いたことはないでしょう。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l    それはそうです、私の名前は五十八年の間
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |    祖国ソヴィエトの国家機密だったのですから。
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\ 
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

32 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:07:09 ID:Vexp6Em.0

          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ○)    \   ひょっとしたら、別の名前で知っている方がおられるかも知れませんね。
      |  (__人__)       |   西側が誤って呼んでいた“ザ・センター”や“ザ・ディレクター”など
       \ ` ⌒´       /   SMERSH(※1)のボスといった呼び名で。
        /  ー‐      ヽ
       /            `

※1:キリル文字表記:СМЕРШ
国防人民委員部防諜総局。独ソ戦中に設けられたスターリン直属の防諜部隊。
主な任務は脱走兵、ドイツに寝返った赤軍兵士、前線における敗北主義者の摘発等。

33 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:08:22 ID:Vexp6Em.0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     私の所属していた特殊任務局は、国外の我々の敵に対する
      /    (●)  (○) \    破壊活動や誘拐、暗殺を担当するNKVDの特別部門でした。
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

34 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:09:32 ID:Vexp6Em.0


           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ     そして私は、トロツキー暗殺の責任者であり、第二次世界大戦中には
      /    ( ●)  ( ○)\   ドイツや占領地域におけるゲリラ戦と偽情報工作を担当しました。
      |        (__人__)   |   戦後も国外のスパイ網の指揮を取り、米国と英国から原爆に関する
      \       ` ⌒´  ,/   情報を入手するソ連のスパイ活動の責任者でした。
      /      ー‐   ヽ

35 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:10:41 ID:Vexp6Em.0

           ____
         /       \
        /      ―   ‐   五十年前のことを振り返り、我々の敵に冷酷な自信を持って報復するという
      /        ( ●)  )  当時の覚悟は不思議な気持ちです。その頃の我々は、トロツキーら
      |            (__ノ、_)  我々を裏切ったかつての同志を殺すことに何らかの道徳的問題があるなど
      \           `_⌒   考えもしませんでした。
      /           \

36 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/23(水) 22:12:51 ID:Vexp6Em.0



                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │                                     (
               //  │                                       )
              //  │                                     /
              //   │   やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです      /
             //   /                                    /
             //   /               第一話                /
            //   /                                    │
            //   /               発  端                /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //
   ,,,,,,,,,,,,,, //
  ||,,,★,,,|| //
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです プロローグ

1 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/21(月) 21:16:12 ID:ql.z70DY0
この物語は1940年8月20日メキシコで暗殺されたロシア革命の英雄レオン・トロツキー暗殺を指揮した男の物語である。


                                〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉  ⌒V r‐‐┘
                                    } {    .} {______,,} {   .}└‐┐
                                    } {    .} 「⌒”¨} {   .} 「 ̄
                                   ノ_ハ   ,乂_{    ルj  ,乂__ ̄”ア

    ヘ     ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉     ヘ      ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉  └┐r┘   r‐v  .r=ァ    ヘ   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕 └┐r┘   -=ミ  .  r‐v  .r=ァ
   /∧    乂  ′  乂  ′   /∧     乂  ′  乂  ′    } {    } iⅥ } {    /∧      } {      } {   //⌒ヽ.V. } iⅥ } {
 .//=‐Ⅵ      `'*,     `'*,   //=‐Ⅵ      `'*,     `'*,     } {    } {. Ⅵ.} {   .//=‐Ⅵ    } {      } { .  { {   .} }. } {. Ⅵ.} {
 //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  . rく.└ァ. ..ノ_;  ⅥI{  //    Ⅵ   ノ_ハ    . rく.└ァ 乂-=彡'... .ノ_;  ⅥI{

                                    -=ミ              ⌒V r‐‐┘
                                 //⌒ヽ.V              .}└‐┐
                                .{ {   .} }              .} 「 ̄
                              .   乂-=彡'′            _,ノ_」

                   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉      -=ミ    〔i⌒Ⅵ!⌒i〕   ,ィ''”㍉   ^V 「 ,.イ)  <\   ノ)
                       } {     .} {____,ノノ     //⌒ヽ.V       } {     乂  ′   } .k'_/     .ヽ` /
                       } {     .} {=ヘ∧     .{ {   .} }       ...{ {        `'*,    } .ト、\_     ..} {
                      ノ_ハ     .} {   Vハ、.    乂-=彡'′     ノ_ハ     .乂____,,))   _乂__〉 \_j    .}_{



2 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/21(月) 21:17:53 ID:ql.z70DY0
本日21:30から22:00の間に投下予定です。

3 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/21(月) 21:43:00 ID:ql.z70DY0
投下します



┌───────────────────────────────┐
         【やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです】
                                             
               原作:KGB 衝撃の秘密工作
└───────────────────────────────┘

4 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/07/21(月) 21:44:48 ID:ql.z70DY0

                __
              ィ::    `丶
_.. ー--~ー一-ァ::´::::::::::.      ヽ
::::::::::::::::::::::::::::>:´:::::::::::::::::::::: ..     ‘.z、
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::rミ、  ::::::::.     V:>、
::::::::::::::::/::::::::::::::::::::h;;>ミ 、       ヽ:::::::>'Z
::::::::: /::::::::::::::::::::::::::`ヽz::::::::`ーz、_      V:::::::::::::\,_
:::::/ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー::::¨´:::::::     V::::::::::::::::::::^`ゞ、
:イV::::::::::i::::::::::::r≠:: ,_:::::::::::::::::::::::::::      l:::::::::::::::::::::::::::::::乂_ ィ
::|::::>=ミ|、:::::::弋:::.... ¨ 〉::::::::::::::::::::      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::^::{
::|;:.《 ● |:.ト、::::::::`:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::     }!:::::::;ィi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::V八¨¨7:リ:,ィ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::/|::::   /::/ア::/:.イ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:.:.〉:.:.ア八:.:./イ{::::::::::::_::::::::::::::::::/:.|:::  /レ:.:/ヽ:.:./:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:/:::/:.:.:.:.:7Y/ー:.〃}:ト 、:::::::/::::|::::://:.:./:::::. |:/:.::.:|ィィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヘ
:/.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.{{ ,●  >/::::://:.:/:.:./:f^::ア}':.:.:.:/:./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


1940年8月21日。
メキシコにおいて一人の男がピッケルで頭を打ち砕かれた翌日、この世を去った。
被害者は、レフ・ダヴィードヴィチ・ブロンシュテインという名前のロシア系ユダヤ人。
かつて帝政ロシアの地主の息子だった彼には、もうひとつ歴史的に最も知られている名前があった。

やる夫はATFの潜入捜査官のようです 第9話

766 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:23:37 ID:kjsQmSRY0
大変お待たせいたしました。投下します。

やる夫はATFの潜入捜査官のようです
“第九話:‟最低最悪の最終テスト”

767 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:24:49 ID:kjsQmSRY0


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ  おぉ、やる夫、相変わらず起きるの早ぇな。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


       ____
     /      \
   / ─    ─ \     はやいって…もう11時すぎだお、ドミンゴ。
  / -=・=-   -=・=- \    他の連中はもう起きてるけど、どうするんだお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

768 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:27:11 ID:kjsQmSRY0

                 _,,,,........,,,,,,_
              _..-''゙゙:::::::::::::::;;;;;   ゛''-...,
                 /:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
              /..::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /.:::::::::::::::::::::::: :;: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, l
           l..::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:;._,,,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
         l.::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::,r'|' .,r'. /.,、...;;;;;;;;;;;;;;.!
         | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:l. V.;;;;ヘ,,/│;;;;;;;;;;;;;;;{
          | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;|`、', ,.:;....;;...,iii_゛ー ..,_.... ,.l    もう予定は決めて有るんだ。
            l:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;;;`、`゙..;モ..lニ.: :二=,,,,二.ノ'    センカルのブラザー達とバイセイリアで
        ./:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;; `、┴.. .;`、゛L::::゛ー・ハ;i`、    パーティをやってランを締めくくるんだ。
         /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; ゝァ . ; .....''゛゙''''- -イィ. ゙l
  i゙i   ./.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.._    _...-―''ニヘ!
  l .i,  \ _.____: ::: :  .:;;;;;;;;;;;;;:; ,.、i,.;;;;;; l ; i`l.'.;;.、i,. ;ナノ
  l,. i.     ,r'. ゙゙゙゙゙゙゙゙̄゛'''''''''''”゙/l`、;;;.|  l  |..::! ! l;l l.l
  l  i   ./            / /. `、.| ;│;; l :.i | |.l /
  .!  i ヘ...,,        / /..i.   l. :;.t,,_凵. -´/
  .l   i. : :`゛''- .._    ./.  /. .',.   `、 ;..:::. ,iナ/ .,./
   l  i. : : : : : : : : :"゙''‐-/  .l  .i,    ゛l''''''´  .//
_,, !゙.|   `、. : : : : : : : : : :/.   ヘ'- ..゙,,__.  !   -'゙ /

ドミンゴが皆にそういうと、私は心からうんざりした。
センカルとはセントラル・カリフォルニア支部のことだ。

769 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:29:33 ID:kjsQmSRY0

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ    (まだ乱痴気騒ぎする気かよ、畜生…)
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

よりにもよってロスから200マイル以上も離れた場所に行かなければいけないとは。
二日酔いからくる頭痛は、まだ深刻な状態だった。