やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 各作品リンク集


                                〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉  ⌒V r‐‐┘
                                    } {    .} {______,,} {   .}└‐┐
                                    } {    .} 「⌒”¨} {   .} 「 ̄
                                   ノ_ハ   ,乂_{    ルj  ,乂__ ̄”ア

    ヘ     ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉     ヘ      ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉  └┐r┘   r‐v  .r=ァ    ヘ   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕 └┐r┘   -=ミ  .  r‐v  .r=ァ
   /∧    乂  ′  乂  ′   /∧     乂  ′  乂  ′    } {    } iⅥ } {    /∧      } {      } {   //⌒ヽ.V. } iⅥ } {
 .//=‐Ⅵ      `'*,     `'*,   //=‐Ⅵ      `'*,     `'*,     } {    } {. Ⅵ.} {   .//=‐Ⅵ    } {      } { .  { {   .} }. } {. Ⅵ.} {
 //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  . rく.└ァ. ..ノ_;  ⅥI{  //    Ⅵ   ノ_ハ    . rく.└ァ 乂-=彡'... .ノ_;  ⅥI{

                                    -=ミ              ⌒V r‐‐┘
                                 //⌒ヽ.V              .}└‐┐
                                .{ {   .} }              .} 「 ̄
                              .   乂-=彡'′            _,ノ_」

                   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉      -=ミ    〔i⌒Ⅵ!⌒i〕   ,ィ''”㍉   ^V 「 ,.イ)  <\   ノ)
                       } {     .} {____,ノノ     //⌒ヽ.V       } {     乂  ′   } .k'_/     .ヽ` /
                       } {     .} {=ヘ∧     .{ {   .} }       ...{ {        `'*,    } .ト、\_     ..} {
                      ノ_ハ     .} {   Vハ、.    乂-=彡'′     ノ_ハ     .乂____,,))   _乂__〉 \_j    .}_{



こちらは作者(NH ◆aYcZxkkPoM)氏の各作品リンク集です。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです

プロローグ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 閑話前編 後編 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

※管理人注釈:青少年に相応しくない描写がありますので、ご注意ください。

やるやらは銀行を襲うようです

第1話 第2話 第3話 第4話 外伝やらない夫 やる夫

やる夫はATFの潜入捜査官のようです

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

※まとめカテゴリーを「オリジナル」⇒「歴史」に変更しました。
 ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-後編-

531 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 21:44:56 ID:pfiFhv5Q0 [2/34]
投下開始します。

閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-後編-

                        ,..-‐=
                 _ -‐-..、 ,ィ;´=-‐三=、
                 , ィ´¨`:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.://.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.ヽ、__
               〈:./:.:/.:.:.:/:/``ヾ:.l、:.:.:.:.:.:.:.:.:li:.:.:.:.:.:.:、ノ
              /:.:/.:.:.:〈:/    ヾlヽ、:.ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.トヽ
              {:.:.|:.:./ {     `  ` 丶:.:.| lハ、:.:lリ
              l∧l/l  ____,i} |l 、___ヾ__  ソ、
                  /7ヽl  ィ t-ァ、 ′ `` ィ t-ァ-、 l }i
              ヾ  ハ   `¨´‐' ヽ 丶 `¨´  ハ ./
               \`゙!        l       l_ノ       (これは共和国のために、必要なことなのだ…。)
                 `':ヽ              l:|
                    _l:.ヽ      ` ´     /:/
               _/ ̄: :乂リ\   -― ‐- /l/‐‐-、r―‐-、,、
            r=≠r´{: : : : : : :r l   \     / ,ヽ: : : : ヽ:::::::::i {
         |、 \{: :ヽ、: : : : :|―- _` ―‐'i-―=二i: : : : :/丶/ ハ


ネグリンは1936年9月13日、ソビエトへ金を輸送するための機密指令に署名した。
ネグリンのこの行動の速さ故、当初、金の輸送はオルロフから持ち掛けられたものだという歴史家もいたが
実はネグリンこそが、ソ連へ金を輸送することを提案したのではないか、という歴史家もいるのだ。


532 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 21:51:52 ID:pfiFhv5Q0 [3/34]

                 ___,ォ冖'+............-,,,,_
               ./" ̄         ^゙''''''""`ー冖-‐'‐ュ
                !l                    ^゙''+-.......+-....
                ├__                          冖宀‐"ll
                 ̄└---┐                        __ィ廴,,
                      _フ                      __ノ" ̄ ̄
                     イ        ●            ノ''"´
                     亅        ○マドリード      ィレ
                     l!                    ノ’ 
                    _..ノ                   丿
                    l,,                  ヘ 
                    丿                  \ 
                    l                   /´
                    _ノ                  ノ
                 │                 _--/
                   └ヘ_              l'´
                      ヽ     ,..---..--..-‐/
                       ヽ_  ノ' ̄
                        ゙'''"
●ファシスト軍

しかし、当時の状況下では誰も正常な判断をできるわけがない。
フランコ率いるファシスト軍は、すでにマドリードの116キロ手前に駐留し、それらを排除するための共和国軍の攻撃はすべて失敗に終わっていた。
猶予は時間がたつにつれ、徐々になくなっていった。
こうして、ネグリンはラルゴ・カヴァレロ首相とインダレシオ・プリエト海・空軍大臣らと協議し、指令を発令した。


533 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/12/01(火) 21:59:18 ID:pfiFhv5Q0


内容は以下のようなものであった。

┌──────────────┐
│                      |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ ========.        |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ =====.              |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  =========.       |
│                      |
└──────────────┘



共和国大統領は、9月13日に以下の機密指令に署名された。

軍の反乱によって国内で発生した異常な状況を鑑み、共和国政府は、スペイン銀行の公的信用基金として保管している金を保護するため、必要と考えられる全て予防措置を採用することを命じる。
この指令の性質のため、内容・詳細は重要機密事項となる。前記の考慮点に基づき、閣僚会議は財務省の提案を採択し、ここに次のように命じる。

第Ⅰ条:財務省はここに、必要であると認められる場合、最も安全である保障が得られる場所に、スペイン銀行本部から金・銀の輸送を命じる許可を与えられる。
第Ⅱ条:政府は、スペイン国会に対して、適切な時期に命令の責任を負う。
  マドリード 9月13日 1936
                      財務大臣   フアン・ネグリン

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-前編-

476 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/11/15(日) 21:00:57 ID:3f3WO6M20 [1/38]
お待たせしました、投下開始します。


閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-前編-






                 ◯                  ____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 //           ____/                  \___
                // |\_____/                             /
                // │                                      /
               // │     __∧__.                            (
               //  │      > ,,,<´                              )
              //  │      ⌒゙i|、                            /
              //   │    ,,‐'ァ `'l,i、                            /
             //   /    .ヽーミ'、、 )゙l                         /
             //   /      ,,,,_ ゙'、\|│                       /
            //   /     r',/''ニニン,,ヽ                        │
            //   /     ‘″    ″                        /
           //  /                                    /
           // /                                     (
          //<                        __/ ̄ ̄ ̄ ̄\_ \
          //  \__            ______/                ̄
         //       \________/
         //
        //  
   ,,,,,,,,,,,,,, //
  ||,,,★,,,|| //
 ( ・∀・)//
 (    つ
  人  Y
 (_(__)


1920年代末期から1930年代初頭にかけて、クレムリンに集うボリシェヴィキ政権のメンバーは
ソビエト最大の敵がどちらからやってくるのか確信を持てなかった。

477 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/11/15(日) 21:02:15 ID:3f3WO6M20

              >=ニニニニ=<
             /ニニニニニニ\
           /  /ニ/ニニニニニニヽ
          /ニニ/|/|/}/|j |/}/}ニニニ}
          /!ニニ!___ 、{_≦二!ニr-、!
          i!j|ニニ| 匸i||||||||||匸i |=/|ヘ |
          i i{¨ヽ!三 __ ' -‐、三 !/   /    共産主義って危ない思想なんじゃないんですか?!
            ハ、_i! u |    !  /ー
             八  !   ノ  //      でも今は大陸のほうが忙しいし…。
         〃⌒ニ==≧=-- =≦彡}廴=ニニ ヽ
         //   ̄≧{三≧Y/三彡 ̄   〃! }
         { :        ></        } {
        / ::         |!ノ       !/ ∨
        /  ::         〇        i!  ∨
         /  i!:        ン  !ニニニl  }/  ∨
        /   i!   \        ̄ ̄     i! i/ノ ∨

敵の一つに認定されていたのは、極東地域において武力による領土拡張能力を発揮していた日本。
が、日本は主に中国と朝鮮半島に集中していた。

478 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/11/15(日) 21:05:13 ID:3f3WO6M20

                       ∧                     ___
                        |:::ヘ      /7           /__ ̄ ̄ ̄`
                         ∨::ヘ   /::::ノ     ,  ―┴   ´ ̄` ‐  、
                           ヽ:::L. /:::,≦     /          ` 、      \
                         , Z´_≧Yニ..__` 、′   / ′  \  \    ヾ、 \
                   / /::´¨¨ l:::|`¨  ―  ̄_才   l l   \ ヽ  ヽ   ヽヽ l
                      / /´ / / 'l:::l \\ \\\  l |    |ヽ、l    |    ハ リ
                   / / / /'  l !Vヘ  ヽ \ ヽ \ヽ斗┴ 、 斗,、「从   |    ハ
                     / .′' |  j l Vヘ   l 斗 l | |ヘ!_≦、\ヽ{ィォ‐ミ、| ハ    ハ
                  〃 | l  l  斗┴ 、::ハ l _LL 」 | |/z勹ハ    んリ }/ /   、ト ト|
                 /.′ ハ ヽ V ヘ 」 」 . ¬´ ィ孑yイイミ≦¨`  ,      '‐' }  |Ⅳl l
.              / / /  r\ ヽ vィ三x    ´   |  ミ≦‐ _ ..  ,   /  ハ / Ⅴ
            /  /  ′ l  ミ≦      `   ハ ト、{ .ト、  ゝ .ソ . 仆‐z'_  }/  ′      僕たちがドイツを導くんだ、ねえ、ローザ姉さま?
         ..  ´  /  /    `¨ ≧ `    ー、 ¨ア  / ヽ、\ _≧ ‐‐≦イ: し' } .}‐y、
     , ´   .. ´/   /     .. ´  ̄`ヽ   ゝ彡 .イ__ .z¬〃 ::ト、=厂 ノ::::: >"´¨`‐、_       そうね、カール兄さま。私たちが正しく導いてあげなきゃ。
    /   ,. ´   /   /    /        ヽ≧― ′::::/   / ..:/ 〃!ニつイイ廴__    ‐、}
.  /  /   /   /  /           `¨¬ 、/::::.... ′ .::レ'/ lヽ/   イ廴∠:::::::::ヽ
 ,'   /    /   /  /            ..::::::::::::::∧:::::::/   .:/::〉しレ"       ィ廴::::::::::::::|
./ ,. ´     /   /   /          ..::::::::::::::::::/:::}/:.   /::/ / ヽ      __廴:::::::::::::::::|
l,        /    /   |          ..:::::::::::::::::´ ̄`{ヽr‐v‐v‐、‐v'    ..::\/:} :::::::::::::::::::::.′
'     /    /   人   ..:::::::::::..............:::::::::::::::::::::`ヽ      ` |  ...:::::/ ::::::|:::::::::: ::::::::::::′
   , ´      /    {   ‐‐ 、.......____.. ::::::::::::::',     j:::::::::/::::::::::::::|::  ..:::::::::::/
,  ´    ,  ´ _, イ      ..::::::::::::::∧ ∨` 、::::::::::::::ゝ、   /`Yヽl::::::::::::::::::」. ::::::::::::::|
    , ´   ∨ ∧   ..::::::   ..:::::∧ ∨::::::::::::> 、:::::::::`ヽ./   !  `. ‐‐、r、| :::::::::::::::::|
カール・リープクネヒト&ローザ・ルクセンブルグ(BLACK LAGOON:ヘンゼル&グレーテル)


敵の一つ、ドイツは東方に領土を拡張するほど強力ではないとみなされ、加えて、ソビエト・ドイツ間の関係は改善しつつあった。
ドイツの労働者階級と知識層が、共産主義思想に共鳴している部分が少なからず影響していた。
特にドイツ共産党は、ドイツ議会において野党第三党(1930年~33年の解党まで)として、議会に確固たる地位を築いていた。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第5話運命の出会い

388 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/05/16(土) 21:34:35 ID:2dmg15jI0 [4/66]
お待たせしました、投下開始します。



第五話 運命の出会い


                _          _        }                           , ==、__
             __r ´  `ー-――― ' `ヽ-==‐ '                 ___     __ /   __  ヽ__
             {_,                                    /   `ー一'    /  }    L..
              }                                   i}            ヽノ      `ヽ.
             /                           ___ __ .. __..ノ             /`ヽ       ヽ
            ./                        /  ̄                      }  ノ
             {_,、                        {_    .-=-, __                     ヽ_〃
             ノ                      ,. -‐'    `ー=' ー'
             ヽ_/`ヽ-‐― 、    , 、__,、 ,-‐ 一 '     ゚          ____.. ‐― --、_r - 、_r-‐―― 、
                     ー、,'ヽ'                  __r 、... -‐‐ ´                   }_
                     r==、 ___    ,、,、    .. -‐‐´`´                            } r‐,

ヨーロッパ西端に位置するイベリア半島。
1936年7月16日から1939年3月28日にかけて、このイベリア半島の大半を領するスペインで、二つの内戦が繰り広げられていた。

389 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:35:10 ID:2dmg15jI0

.            ィ´    ミ
          / =且=   ` <_
         く     盆  ー 、__   }
          }ィ777i!≡≡彡 ̄`ヽイ
         〈_ィ升ゞ=≡≡≡≡=《
         /´¨     ,ィ升从リミ!
       /, ===ニ千公 仗ツリj!ソ}
      イ///////¨V///i   `¨´ jノi|ェュ、
.      ` ̄ヽヘ从   //!___,ィ´i ̄ ̄i}
          /ヘ__,ィ≦´ ヽ.   !    〉- 、
         //    i   \ i ,==≡У\_
        < ! \ィ!}  i     ___.彡′ヽ  \ー=へ
        /ヽ   \  i ,,,-'''" ̄    __ \ _>_辷ーヽ
       i!b/i!_,,, -'''" .,.,.   __∠=、ヽ < ̄ ̄`丶}
         < ̄,'     〃   /////     マ≧ミ=ー、ミ、
           〉/    `   ,イ////   i!y´ `Vム \`ー-\
           i      ,イ/// ! i    〉   i,Vム  ', ヽ ヽ
            /       {://///∧ヘ  /、   〃 ∨i!叱',  ':,ム
        /      `¨¨¨¨´〈∧ゝィ' ヾi /   / |! _ム   |
         /      ,.,       ∨`/  i/   厶´マ\     |
.       /      〃        | /  ./   /   /./ , ,  i|
      /     `           {ム _/ヾ、/   //i! i! i! i! /
.      /                /ゝ‐'  /  ,イ//∧____/
     /               '、_, く_ ,ィ≦! ̄ ̄ ̄
.    /                  ∨////i
         フランシスコ・フランコ(大尉)

一つはドイツ・イタリアが支援するフランシスコ・フランコ率いる国民戦線軍と。

390 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:35:43 ID:2dmg15jI0 [6/66]

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
   マヌエル・アサーニャ(阿部高和)


ソビエトやメキシコ、雑多な共産主義グループが支援するスペイン共和国政府との戦い。

391 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:36:00 ID:2dmg15jI0


      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト    スターリン同志のために戦おう!
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ      な!
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ|;;,, `'' ‐---‐ ''"´_,/
:::::::::::::::/ヽ;/ へ、\;;;;:. ;;;-─ _,.ニ-ァ'´\
::::/7 ) ./ |××| | ;;; ;;;::::| ̄ /×××>、
/ ././ /ニ=、\±L/;;;;:::_;;:」_,/×××/  \
 l. l /  ー- ゝ |××× /×× ゝ‐''´==


      ____
     /∵∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\\
   /∵∴○∴∴.○ |
   |∵∵∵/ ◎\∵|    俺、トロツキー派なんすよ…。
   |∵∵ /三 | 三| |
   |∵∵ |\_|_/| |
    \∵ | \__ノ .|/
   / \|___/\


もう一つは、スペイン共和国内部の共産主義勢力内の派閥闘争であった。

392 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:36:57 ID:2dmg15jI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::'''''''''''': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::''": : : :                     : : : : : : : : : '''' ー - 、:
....................                                :
:::::::::::::::::::::::::....   _................................つ......戦....西 一.............::::::::::
:::;;;;、-ー''''''''''''''''''............................................つ......争....班:::::九;;;;::::::::::::::::::::
".......:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ま::::::の::::牙:::::三::::::~~ ''' ー-
:::::::::::::::::::'''''''''''             れ  炎::::は  六''''''''''''''''::::::::
                     た.  に    年: : : : : : : : :
、,;;;; :::::                 //           ,,,,,,、-'
:::::::~' 、;レノ               ・・       ソ::ヽヌ"  ,、-':::
:::::::::,'((イ(( ソ" : : :从:::::.....      ...      ´ヽ::::ヽシフ":::::::::
:::::::,'ツッ(:Y 〉人::::::::;;;;;;;;:::::::::: ,,  ...::::::::::)(:::: ::: :::、..|ー、::',ノ:::::::::::,、
~' 、i i;;;リ")f::リ):::::ゝ乂:::Y::::::::::::ミ::::y(::::::::::ー、:~' 、:::ノツ {:::;;;;i|〉:::,、 '"
ニ=( 彡リ"}、〈' ' ' ':::::  ::ノ)::::ミ:(::::: 'ー、ノ ノ::::(( )))Yrノ、)|〆:::::::::::
::::::',ゝシイ (:::::        (⌒":::::::::: 乂....ノノ,、 '~ ヽ ー 、リ―---::::
::::::::',{ {jj:: '-、::Y::(( ::ミ:: ....,,,,,,:::"""" " "乂 彡:::://:;:;:;:'、' 、,:::::::::::
;、 '":'、レi・Y ~':::、、;;;;;;;;;;;;;、'兀ヲシr彡;;=、;;人彡彡///:;:;:ィ;:;|}:::::::::::::::::
::::::::ノ::~、i |ii rr t 、`'''´:/:}j'''匕;;;;{{从 ,,ソ(ミ,;人(イ:;:;:;:イj::|、:::::::::::::::
:::; "::::::::::)リ|、::::tt 、ヽ..ノ从}};'ー、彡リ从从:::ヽ'ー、イit人:;:(tt{:::~'ー、::::::
~'=、;;;;|;;ー_~'___ __,,,,,,,,},,,,,,,;;;;;;;));i;i;i;;i;;;、;;;;;;;;:るヾ;;;ヽヽ~'、.............
ミ|iii~'-if、マ――― ―=ー三三二=――===;;イ彳ツ:;:从Y))、;;;;;;;;
:::::' 'ii,'ij:~iー、;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:;:;/ィ〈:;::;:;jjノ((tヽ:::::::::
三::: }}ii|::j::|||:;:;:;:;:;:;,、-ー'";;;;"""""" ;;  j;;} ::;:;:;:;:/ソ从ノノ:;:;:;:/;;~'''"
二::::::::三=+}{;;;} :」}  |;;l j| :: ::  j;;;} |;;}  ,,/〆/:;:;:;:;://::|;;|}
;;;;;;:::::::ニツi彳{;;} :{;;||| |;;i||:|;| ::,,::、 ::j;;;;|iij;;;;}从/サyY:;:;:;///::|;;、-ー'''''''
::::::::: ij;;t〉ッツ;;;;}r{;;;|iii i|;;;;;ij;、'"彡''''ヽ、;;;;;;;;;////_ー、///;;、'":;:;:;:;:;;;::::
::::::::: 彡Y))4ij:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、'"瓦;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、",'"",,,{;)),、-'""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;、=''"=i'"ヒii:::::::::::::::ゝ"互;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡'、,、'",、-'":::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::|::::::|三 |ヽ,、-'""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~',、-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


なぜスペインが内戦にまで至ったのか?
それは◆eZty3vRhsw様の「やる夫がイスパニアの独裁者になるようです」
がとても詳しく書かれているため、そちらを参照してください。
ttp://yaruyalibrary.blog.fc2.com/blog-category-32.html

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第4話さようなら コノヴァーレツィ

280 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 12:33:51 ID:UfZ2ctI20 [1/2]
こっそり支援絵を投げ投げ
trotsky.jpg
ttp://download1.getuploader.com/g/nanodawa/58/trotsky.jpg

今夜の投下楽しみにしてます

281 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 13:22:31 ID:KiEUfv7U0
す、すげえ

282 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 17:01:22 ID:P8tfMJTQ0
赤ぁぁぁい!

283 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 17:04:07 ID:KbvQpHGA0 [1/80]
ファーー!!!!???
>>280さん
支援絵ありがとうございます!ありがとうございます!!
今後も一生懸命がんばります!

284 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 19:56:12 ID:KbvQpHGA0 [2/80]
投下開始5分前、Поддерживать!

285 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:04:52 ID:KbvQpHGA0 [3/80]
ちょっと時間過ぎましたが投下開始します。



第四話 さようなら コノヴァーレツィ


           r;ァr;;ァ
         /7,ニ'ヾ/
      r‐;;;'';;;;;~`i ,r;‐;-;、、
      l;;;;;;;;;r-i;;;;l,/;;;<>;;;;/
      7;;/ L;」くノヾ;;;;/                   r;ァr;;ァ
        /ノ     <;;/                  /7,ニ'ヾ/
            r―‐┐,へ、           r‐;;;'';;;;;~`i ,r;‐;-;、、
            ~,フ";´;;/            l;;;;;;;;;r-i;;;;l,/;;;<>;;;;/
                             7;;/ L;」くノヾ;;;;/

286 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:01 ID:KbvQpHGA0

                             /ノ     <;;/:.: .:. .; ; ,;ノ
 ノ⌒`'"~"'ヾ ,、                      ,ノ    . r―‐┐,へ、   _,爻_        ,、
⌒       爻、`'"~')、.,_,..、             ノ.;, :. .  . .:~,フ";´;;/    _,彡ミ、       ,爻_
.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)\彡ミミ_    ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_  `シ爻彡ミ`  :.  ー爻爻ミ、
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、 .:::. -=爻彡ミミ;::::..
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、::::::.,ィ爻彡ミミミ、:::..
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、:::::=爻爻彡ミミ;::::::..
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡;:::..
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ:::..
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ .:::..
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミ爻:::.
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミ爻:::..
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´

287 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:22 ID:KbvQpHGA0 [5/80]

      ___
    /       \
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \    ふぅ……
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ


やる夫はこの日、キエフ行の列車に乗っていた。
コシオールたち、ウクライナ共産党上層部との面会のためであった。

288 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:46 ID:KbvQpHGA0


スターリンとの面会から十数時間後。


         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   それで、意見は出たのか?
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::