やる夫が天下布武を目指すようです 番外編

741 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:42:27 ID:kpFBJkhQ
                                                                     
                                                                     
        / ̄ ̄\         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                                       
      / ⌒  ⌒\       / /" `ヽ ヽ  \                                    
      |::::::(●)(●) |    //, '/     ヽハ  、 ヽ                                     
いきなり. |:::::::::::(__人__)|   〃 {_{  米    リ| l.│ i| 番外編じゃい!にょろ。                         
  ですが |::::::::::::::` ⌒´ |   レ!小l\   `ヽ 从 |、i|                                   
.       |::::::::::::::    }    ヽ|l >   ●  | .|ノ│                                   
.       ヽ::::::::::::::    }      |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|                                    
        ヽ::::::::::  ノ      | /⌒l __, イァト |/ |                                    
        /ヽ三\´       | /  /::|三/:://  ヽ |                                   
-―――――|:::::::::::::::: \-――――――――─────

743 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:42:54 ID:kpFBJkhQ
                                                                     
                                                                      
                                                                     
               / ̄ ̄\                                                 
              _ノ  ヽ、  \                                               
            ( ●)( ●)   |        毎度お世話になっています。                    
            (__人__)      | ../}      毎話出てるのに、微妙に影の薄い針阿弥です。         
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __                                        
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ                                      
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /                                        
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /                                          
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)                                     
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄                                        
   ヽ. `ー '/   /           /\ \                                         
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ                                         
                                                                   
                                                                     
            ,. -───- 、                                               
             /'´       `ヽ、                                              
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、                                            
         //, '/  米  ヽハ  、_Vヽ  織田家になくてはならない                          
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|   「スモチ五郎左」こと丹羽長秀ですにょろ。                
         レ!小l●    ● 从 | } i|                                               
           .ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|                                              
      r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |                                             
      { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||                                              
       "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||                                             
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||

744 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:43:23 ID:kpFBJkhQ
               /7                                                      
                 //                                                      
             //                                                       
       __    //                                                        
.    /ノ ヽ\ .//                                                         
.   / (●)(●〉/    何時もなら、もう終りなんだが、                                  
  l    (__人_,//l     今日は解りづらい織田家の軍団体系の解説を                      
.  |    `⌒// ノ      オレと五郎左でしようと思う。                                  
   l       // ./                                                          
.   ヽ r-‐''7/)/     ……ま、ぶっちゃけ、物語が残り3回の状況での解説に                     
    / と'_{'´ヽ        どれだけ意味があるかは謎だがな。                            
    /  _.、__〉 ト,                                                            
    {  、__}  |.i                                                           
    ヽ _,.フ  .|.|                                                           
                                                                      
                                                                      
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                                                 
             / /" `ヽ ヽ  \                                               
         //, '/  米 ヽハ  、 ヽ  まぁ、10話辺りで挟もうと思ってて、                          
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|   作るのをすっかり忘れてたとか、                       
         レ!小l●    ● 从 |、i|    大人の事情が有るようだから、そこらは深く追求しちゃ駄目にょろよ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│                                               
          |ヘ        j.  | , |                                               
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |                                             
.          | /  /::|三/:://  ヽ |                                              
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

746 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:43:42 ID:kpFBJkhQ
                                                                      
       ., ──‐、                                                         
      /     \                                                       
.     .|     _ノ  ヽ   ……まぁ、>>1のボケっぷりは置いとくとして、                        
     |     ( ●) (●)       んじゃ、ちゃっちゃっと始めるか。                           
     |       (__人__) , -―ーっ                                                 
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄                                                 
.      ン         } ゙| ̄'|      まず、最初に、織田家の軍団体系は大雑把にまとめると下記のようになる。 
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |                                                   
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫                                                  
| |  /   /    r_____ ∬                                                    
| | /   /      |i    ┌‐┐                                                  
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |                                                  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

747 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:44:17 ID:kpFBJkhQ
                                                                   
                                                                    
.      ┌連枝衆                                                          
.      │                                                            
.      ├家老                                                           
.      │                                                               
.      ├部将                                                              
やる夫─┤                                                              
.      │         ┌馬廻
.      ├旗本───┼小姓
.      │         └弓・鉄砲衆
.      │         ┌奉行衆
.      └史僚───┤
.                └右筆・同胞衆

748 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 21:44:39 ID:kpFBJkhQ

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |  基本的な事だが、織田家で一番偉いのはやる夫だ。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ   このやる夫をを頂点に役割に応じて様々な分類分けがなされている。
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  まずは「連枝衆」。
   |      (__人__)
.   |        ノ   これはやる夫の親族のことだ。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ    この連枝衆の代表格と言えば、信忠様を筆頭としたやる夫の子供たちに、
  (.  \ / ./_ノ │    信包様や有楽斎様のようなご兄弟方だな。
  \  “ /___|  |     あと、津田信澄殿のような方も、この連枝衆に入る。
.    \/ ___ /

やる夫が天下布武を目指すようです 第17話

636 : 名無しのやる夫だお:2009/12/02(水) 17:39:43 ID:zWKyOTWw
本能寺で終了だよね?

637 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:56:34 ID:kpFBJkhQ
>>636
一応、そこを区切りに予定しております。


では、投下させていただきます。

638 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:58:05 ID:kpFBJkhQ

第十七話 「有岡城」

1577年(天正5年)10月下旬

羽柴秀吉はやる夫より播磨平定の命令を受けて現地に入国した。

     .,,r'"          `ヽ,、
    ,r"  .,/i、      .ヘ,  `ヽ、
   、"   ./::::::i,   /ヽ  l..:::i,  . '、
   /   .,/:::::::::::i  /.,:::l i::::::::i 、  ヽ 
  / .,、.,i:::::::::::::::i, /:::::::::v,,:::::::::l, ,li   i
  │ /:l./::::i::::|l::::::V,:::::::/i:::::::ヘ::::::V::l, . |  理論上は播磨平定は可能なんです。
  .| ./:::l:::::::l-i:|-!::::::::::::::/ 'l:::/--l::::::;;;;l ..|
  .l .i::::::::::::l-i-'。.ヽ::::::::/ ´l/-。、i:::::::::::! ..i
  '!l:::::::: ヘl |::::::l` i:::::/  イ::::::| ,!/::::::. i /
  .i::::/i::::l,`  ̄`  V     ̄   i::::i::::./
   .V l::::l,           J /::::i "i/
     .゙l:::\    __     ./l:::/.
     '!/  ヽ._ ヽ   ノ ,/" iv
        _.|`ヽ- -イ|_ <
      ,,、ノ;;;;;;;|||||  |||||;;;;;;;ヽ..,|
     小寺孝高(後の黒田如水)

播磨に入国した秀吉は、小寺政職の家老の小寺孝高の居城の姫路城に入った。
孝高は秀吉とは既に知った仲だったのである。


639 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:58:34 ID:kpFBJkhQ

_______________________________________
        ;;                          ;;             
        ;;      「但馬」                ;;                   
         ;; ;;;; ;;                       ;;               
      ; ; ; ; ;;   ;;               ●竹田   ;;           「丹波」   
   ; ; ; ;     ;;   ;;                 , , , , ;;                       
; ; ;   ;        ;   ;; ; ;             ' '    ' '                          
            ;;;     ; ; ; ; ; ; ; ; ;;      ' '     ;;                    
            ;;            ;;   ' '      ;;                         
            ;;             ' '' '' '        ; ; ; ;   ; ; ; ; ' ' ;      
           ;;                           ; ; ; ;      ' ' ; ,        
          ;;                                      ;;         ; ;  
  「美作」   ;;  ●上月                                 ;;  ; ; ; ; ; ;   
        ;;                                              ;; ; ;     
      ; ; ;                                         r'´           
; ; ; ; ; ;   ;;                 「播磨」                   ;               
         ;;                                        r'''               
「備前」     ;;                                      ;   「摂津」  
        ;;                            ●三木     ; '         
       ;;                   ●姫路              '´             
        ;;                                    ;     
         ;;           ----------、    -、           ;       
          ;;      _-'´          !-'´  ::::`!-,       、 ;    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さらに、別所氏をはじめとして播磨の国衆のほとんどは秀吉が入国する前にやる夫に通じていた。
その好条件が幸いし、秀吉の播磨平定は比較的スムーズに進み、
わずか半月後の11月10日頃には、播磨の平定は大体終了した旨をやる夫に報告している。


640 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:58:59 ID:kpFBJkhQ


                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙    播磨がチョロかったから
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::i       但馬も貰っちゃおうかな~♪
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_       
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   <●>  ll  <●>  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ
              羽柴秀吉(やる夫の重臣)

勢いに乗った秀吉は、但馬へも軍を進ませる。
但馬は守護の山名氏の力が衰え、その家臣たちが割拠している状態であった。
秀吉は、まず岩州城と竹田城を攻め落とし、竹田城に弟の秀長を入れ但馬への押さえとした。


641 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:59:19 ID:kpFBJkhQ


さらに秀吉は西播磨に軍を移す。

                      |
   ,.、    ,イ`ト,          |______
  ,イi l`ト,  イ ! l .lヽ  ,'\           /
,イl .l l l ヽ,イ!. l .! .!  \i   ヽ         /
ー、! .l l | l !,ィ-'!‐l ''''' ' ヽ, ',       /    見せしめの為に皆殺しじゃぁ~~~!!
  ヽ,  | jイi ' .l !      \',     /
   ヽ, | /!            ',   /_
     Y     ,. - .,     .'!,/  ヽ
      !    <  ( ,)  >    i ,.イ  ',
    ,i,    i | l トーi 1 l |     !イ !   }
    ,ハ,      l ! ! .! ! ' '     /  /   ,'
   , '  ヽ、           / ,.ノ   /
,..イrェェェェiヽ、      ,. イ/'"   /
  | ̄ ̄ ̄'|   ` ''' '' ´ ,イ_   ,,./
  |     .!     , '    ̄
  hェェェェェェ!   ,  '

そして、毛利方である備前の宇喜多氏の上月城と福原城を攻撃し、
上月城では城主の首を持って降参してきた城兵だけでなく、城内の女・子供まで捕縛し、
播磨・備前・美作の堺で見せしめの為に磔にした。
その後降った福原城でもほぼ皆殺しであった。

秀吉は、攻め落とした上月城に尼子勝久と山中鹿助の主従を入れて対毛利の最前線としたのである。

642 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/02(水) 20:59:43 ID:kpFBJkhQ


~安土城~


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  光秀も大したもんだけど、猿の働きもさすがだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |  この調子で行けば、播磨は来年には平定できそうな勢いだお
  \      `ー'´     /


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  だが、気になる話も入ってきている。
     . ( (● )    |
     . (人__)      |  どうも、別所家で親織田派と親毛利派で仲違いがおきているんだとか。
     r-ヽ         |
     (三) |        |   ……別所は播磨最大の国人だ。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /      もしも、別所が毛利に寝返るような事があれば……播磨の情勢はひっくり返るぞ?
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |
 一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

やる夫が天下布武を目指すようです 第16話

526 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 20:59:36 ID:x24TsTC6

1575年(天正3年)11月28日、信忠はやる夫に岐阜に呼び出されていた。

~岐阜~
       ____
     /_) (_\   
   / 【●】| |【●】 \   ……父上、お呼びでしょうか?
  /    ._| |_,     \  
  |     \/      |
  \     -==-      /
   織田信忠(やる夫の嫡男)


       ____
     /⌒  ⌒\  おう、信忠!よく来たお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  此度の岩村城攻めはなかなか堂に入ったモノだったお。
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /   褒めてつかわすお!
  織田信長(通称:やる夫)

527 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:00:39 ID:x24TsTC6


       ____
     /_) (_\   
   / 【ー】| |【ー】 \   ……ははっ、ありがたきお言葉でございます。
  /    ._| |_,     \  
  |     \/      |  ……ひとえに、譜代の臣たちと美濃衆が補佐してくれたからにございます。
  \     -==-      /


       ____
     /⌒  ー、\  
   /( ●)  (●)\ ……褒められても、少しも驕らないその姿勢、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  信雄と信孝の馬鹿二人に見習わせてやりたいもんだお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /    あの二人はやる夫の悪い部分ばかり似てしまって、頭が痛てぇお。

528 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:01:24 ID:x24TsTC6

       ____
     /_) (_\   
   / 【●】| |【●】 \   ……あの二人とて父上のお子です。
  /    ._| |_,     \  
  |     \/      |   ……相応の経験さえ積めば、立派な武将になりましょう。
  \     -==-      /


       ____
     /⌒  ⌒\  まぁ、そうであってくれる事を期待するお。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ……ところで、信忠……
  |             |
  \              /    今日は大事な話が有るお。

529 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:01:53 ID:x24TsTC6

       ___
     /   ヽ、_ \    織田家の家督をそろそろお前に譲ろうと思うんだお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  ……受けてくれるかお?
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


       ____
     /_) (_\   
   / 【ー】| |【ー】 \   ……身に余る大任でございますな。
  /    ._| |_,     \  
  |     \/      |  ……しかし、今、父上が居なくなっては、皆をまとめる事は出来ませんぞ?
  \     -==-      /

530 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:02:29 ID:x24TsTC6

       ____
     /⌒  ⌒\      そこは安心するお。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  譲るのは織田家の家督だけで、
  |             |
  \              /    この肥大したやる夫の軍団は、まだやる夫が統括するつもりだお。


       ____
     /_) (_\   ……なるほど…
   / 【●】| |【●】 \ 
  /    ._| |_,     \  ……つまりは「天下人」としての父上はそのままに、
  |     \/      |  
  \     -==-      /      ……私は父上の一家臣としての織田家だけを継げばよろしいと?

531 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:03:03 ID:x24TsTC6

       ____
     /⌒  ー、\  ま、当分はそういう事だお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  その後は、各地の平定具合を見ながら、徐々に権限をお前に移していくつもりだお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /   ……信忠、やる夫の捏ねた天下餅は、お前が食べるんだお。


       ____
     /_) (_\   ……承知いたしました。
   / 【ー】| |【ー】 \  
  /    ._| |_,     \  ……その日が来た時に、父上に十分認められた上でその偉業を受け継げますよう、
  |     \/      |  
  \     -==-      /     これからも精進してまいります。

532 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:03:37 ID:x24TsTC6

       ____
     /⌒  ⌒\    ん、頼んだお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  お前なら、やる夫よりも余ほど上手く天下を治められる筈だお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /   (吉乃……お前の子はこんなに立派に育ったお……もう一人は全然駄目だけど)

こうして、信忠は織田家の家督を継ぎぐ岐阜城も貰い受けたのだった。
茶道具と身の回りの品だけを持って岐阜城を出たやる夫は、仮住まいとして家臣の家を転々としながらも、
次なる居城の構想を既に温めていたのである。


533 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:05:20 ID:x24TsTC6

1576年(天正4年)1月、やる夫の元に丹波から急報が届いた。

  /\___/\
/ /u |l  ヽ ::: \
| (  )ill、(  )、ι|  ……最悪のタイミングで寝返りやがった……
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,U |
| il| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
明智光秀(やる夫の重臣)

それまで、光秀に従っていた波多野秀治が背いたのである。
原因は、光秀が用意すると約束していた兵糧を用意できなかったために、
不信感をつのらせた結果とも云われるが、確たることは解っていない。

この事により光秀は敗退し、1月21日に坂本城に戻る。
これで丹波攻めは長期戦の様相となり、振り出しに戻ってしまったのである。

534 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:05:51 ID:x24TsTC6


~やる夫の仮宅?~

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   ……光秀ほどの男でも仕損じたかお……
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/   ま、じっくり腰を据えてやらせるお……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ   ……やる夫様……
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─
 佐久間信盛(やる夫の重臣)

535 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/01(火) 21:06:18 ID:x24TsTC6

          ____
        /      \  おお、信盛どうしたんだお?
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \  もうメシの時間かお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      


              ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ
            | ●    ● |     ゴハンも持ってきたクマけど……はい、今日もサケの切り身クマ。
          彡   (_●_)    ミ
           /、   |∪|    ,\    ……やる夫様は何時まで佐久間の家に居るつもりクマ?
          /.|     ヽノ    | ヽ
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|    さすがに一月も一緒に居ると気が休まらんクマよ。
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|   
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´
              |  .∥ /
            ("___|_`つ

やる夫が天下布武を目指すようです 第15話

410 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 20:58:51 ID:M0gh.UlA

第十五話 「長篠の戦い」

1574年(天正2年)7月、やる夫は昨年家来になった荒木村重に摂津の一職支配権を与える。

         ____
      /        \
      /           \
    /ミ              ヽ
  _ .|ミ   _\ハ.!ハ/_    |
 iミ ヽ〈 ( -=ニ・ニ≧≦ニ・ニ=- ) 〉/ ̄i
 |ミ\/ミ "´´ |ミl   l |` ` ゙゙ ヽイミ  |
 |ミ | |ミ    ,/|ミ{    } |ヽ、   |ミ |ミ |
  |ミヽ|ミ、 ,  ハc  cハ  、  |ノ  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ヽ { =ニ二ニ=ニ二ニ= } /  ノ <  ありがたき幸せ!!!
    `-| ゙ ヽ ⊥⊥⊥⊥ // "|- ´   \_______
      || _ `、-- , 、--´,/ _ ||
     |ミヽ    ̄ _ _ ̄   / |
  ―|ミ  `ヽ(_ ,、_)/    |―
    荒木村重(摂津の国人)

これは、やる夫の能力主義の人事の中でも特に異例の抜擢人事で、
それだけ、やる夫が荒木村重という男に期待していた事がうかがえる人事でもあった。


411 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 20:59:42 ID:M0gh.UlA


      _  ∩ 
    (  ゚∀゚)彡  秋の大阪攻めか……
    (  ⊂彡
     |   |     果たして予定通りにいくかどうか……
     し ⌒J
   長岡藤孝(旧姓:細川藤孝)

1575年(天正3年)3月22日、やる夫は秋の大阪攻めに備えて、丹波2郡の国衆を藤孝に下に配属した。

412 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 21:00:03 ID:M0gh.UlA


殺 伐 と し た 大 和 に 救 世 主 が ! !
      li     li__|_||
          /|::::::::::::::::::::|
   ||     |/  |::::::::::::::::::::| li
      ll/  ●|::::::::::::::::::::|
  |l   /     |:::::::, '⌒ヽ| ||
     |    .|  |:::::::l  :::::`ヽ __ l|
     |●',./i  |:::::::ヽ    :::::::..⌒)
li   |  .|  `、 |  |:::::::::::` ー- --- '
(⌒ヽ__ノ.|      |::::::::::::::::::::|  ll
 ヽ,   .|      |::::::::::::::::::::| |l
   ` -.|     / ̄ ̄ ̄/
     |   /:::::::l⌒l::/ ||
  li   |  /:::::::::::::| .|'
     |/:::::::l⌒l__.| .| li  ズズ‐ン
       ̄ ̄.|  | (⌒ ,'" `ヾ
   ||  (⌒ヽ |  |( `v  , '"`ヽ
    , '"`v (⌒ ,'" `ヾ"    ',
    塙直政(やる夫の馬廻)

さらに、大和の守護職に、今まで奉行職で活躍していたやる夫の馬廻の塙直政を就任させた。
これもまた異例とも言える大出世であると同時に、対本願寺対策の一環の人事でもあった。
この後、直政はやる夫の期待に応え、筒井や松永といった曲者揃いの大和の国衆を見事に取りまとめたのであった。

413 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 21:00:29 ID:M0gh.UlA


        ___(⌒ヽ
       /\  /⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ●)  (●) |(⌒ヽ   少しでも本願寺の戦力をを削っておくお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /  
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │
    織田信長(通称:やる夫)

4月6日、やる夫は南方に向かって出陣した。
本格的に本願寺と決戦を挑む前に、高屋城と本願寺の支城だけでも片付けてしまおうとしたのである。
この作戦で、やる夫自身が率いた軍勢は10000余りであったが、
この作戦に動員された兵士は、畿内・若狭・近江・美濃・尾張・伊勢・丹後・播磨・紀伊にわたっており、総勢は100000名にも及んだという。

8日、やる夫は高屋城に襲い掛かる。
そうして、高屋城攻めは部将たちに任せ、自身は本願寺の支城攻めに専念した。
17日には新堀城に攻めかかり、19日には立て篭もっていた香西越後守・十河因幡守などを討ち取り新堀城を陥落させた。


414 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 21:00:54 ID:M0gh.UlA


この段に及び、高屋城の三好康長もやる夫の側近である松井有閑を通じて降伏。
やる夫は彼を赦免し、河内半国の支配権も与えた。
この処置は三好家の大物であり、本願寺とも親しい康長にまだ利用価値を認めたためである。

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ   本願寺攻めの下準備はこれでよしとするお。
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |  ……次は武田だお。
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ


やる夫は今回の成果に満足し、塙直政に高屋城をはじめとする河内の城の破却を命じると岐阜に帰還した。

415 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/30(月) 21:01:16 ID:M0gh.UlA

_________________________________________________
                                             ::
                                            ::
                                           ::
         ●岡崎                      長篠●  ::
                                       ::::::::::
                                   ::::::::::::::
、       / ~‐,__/~`´\                 ::   
,、__(´ ̄ ̄~ノ         ノ     「三河」      ::         「遠江」
                   |              ::                      
                   ~‐ノ|        ::   /ゝ   ∧
                    /        ::   /   \/ ヽ
                 ノ\_¦        ::   |        / /ゝ   ×三方原
              ノ´             ::   \        ̄  \
           ノ´ ̄              ::     ヽ          /
  /ヽ___ノ´ ̄                  ::     \       /     ●浜松          
 ノ                  __________/ ̄ ̄~   < ̄ ̄   __________
           _____ノ~~~~                     ̄ ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄
________ノ~~~~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

同時期、武田勝頼は再度三河へと侵攻、4月21日に長篠城を囲んだ。
その軍は15000ほどで、僅か500名余りの長篠城を包囲しながら、さらに南の二連木城と牛久保城も攻撃、
この遠征で一気に三河の中央まで食い込む勢いであった。

やる夫が天下布武を目指すようです 第14話

296 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:00:16 ID:EMJtD0QY

第十四話 「長島一向一揆」

1574年(天正2年)1月、岐阜に戻っていたやる夫は、
僅かな供で久しぶりに美濃の村々を見て回っていた。

       ____
     /⌒  ⌒\  久しぶりの巡回だけど、
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  特に問題もなさそうで安心したお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 
   織田信長(通称:やる夫)


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)  この辺りは、ここ数年戦火に晒されていませんからな。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ   領民たちも、安心して作物づくりに励めるのでしょう。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
   一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

297 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:00:45 ID:EMJtD0QY


ザワザワ
    ,、_,、  ,、_,、  ザワザワ
  ,、_('・ω)(ω・`)、_,、
 ('・ω)u゚  ゚uu(ω・`)  
  ゙uu゚( '・) (・` )uu'
    ゚uu゚  ゚uJ゚



          ____
        /      \  ……ん?
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \  何やら領民たちが騒がしいお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       / ……よし!やらない夫!久太郎!二人だけついて来るお。
        /  ー‐      ヽ    残りの連中はここで待機だお。

298 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:12 ID:EMJtD0QY


             ∧ ∧
             /;・ω・ ヽ      と、殿!?
          ,ノ      ヽ、_,,,
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   ……針阿弥殿、いかがなされます!?
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
        堀秀政(やる夫の近習)


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  やれやれ……
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)  ま、他の連中もココに居るんだからダイジョブだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ……置いてかれないうちに急ごう。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <

299 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:34 ID:EMJtD0QY


~村の広場~

           ____
         /      \
        / ─    ─ \  どれどれ……?
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |  いったい何の騒ぎなんだお……?
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

300 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:59 ID:EMJtD0QY


__,, --、  ,, -,=- _,,_
ニ=::::::::`v'´::::::´ ̄.:::::.`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..r\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..l    さぁさぁ……他にお困りのお方は居られませんかな?
:::::::::::::::i|::::::::::::i::::::::|.l::::::::::::::::::|
::::::::  |i.|i::::i::/|!||/|| .|l:::::::::::::::|     この無辺の神通力により、どんな病も怪我もピタリと治めてしんぜようぞ。
.ヽ:::::i|l|l.'⌒ヽ_l;|i.'⌒ヽl::::::|i|;:||
ゝ,∨ノ ゝ.__ノ⌒ゝ.__ノ .!::::l jノ      さらに、我が奥義の前では災いは弾かれ、
::::( .(_   '      )ノ
ヽ_'_::::ヽ:.. .i,  ,i   ;-';:/          末法においてはすべての罪が消えもうす。
;:;:;:|:::::::|:.. /;;;竺;;,ヽ::|;:;l
;:;/ヘ:::::l;:. ヽ__,,,__ノ::l;;リ            何故なら、拙僧は弘法大師の生まれ変わりでありますからな
/.:::::::ヽ::`ー'''''''''''ー':/
:::::::.. 、ヽ;::::::.......:::;/             ……ささ、次にこのありがたい教えを受けたいのはどなたですかな?
::::::i::. ミ `ー--‐i''
ヽ、|::.. ミ,  ..::ノ{-、                 
. `\::  ヾ;;:::/::;|ト、 .''iー::、_
ヽ、. `\ ヽ:|:::!リ   し  |`'r、
     `'-==テ'       | j ヽ.

301 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:02:32 ID:EMJtD0QY


                       _,. --  ´ ̄ ̄ '' - 、
                    , ´               `ヽ、
               /                    \     あ、あの……無辺さま!
              /                       ヽ
                 /                         ヽ   最近、私も血の道の通りが悪いのか、
              l         l  l  l  l   l l   l l l  l l  l   l
                |     l  l  l  l  l   l l   l/ l  l l  l l   |    何やら眩暈が酷く……
                 | l  l   l / / /_/ll_/,l l  j//  l l  l l  |
                | l  l  l / / /l´/ `7lノ7ナl  ///¬ナメ、/l,l  l    母も調子が悪いようですし……
             | l l  l  f ,イ/ノ,.r=,≠=- ノ//,ム=//'、/ /l   ,!
              | l l l  l / ト={イ匕ソ  ' } __,f/(万`ゝハ//| /
                l l l l  '  | ヽ.    (ソ⌒lj` ̄  /ナ/ jノ
              lハヽl l l  |   ` ー‐''´    ` ー-ィ´/ ′
               リ 丶ヽヽl  j\ lj     __,,.   / /
                 \N  l   \     ´    ィ´ /
                     ヽヽ l     丶、_,. イl/ll /
                  ____ソ__    |    レ' ル'

302 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:03:00 ID:EMJtD0QY


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ _l|  _j|   _l|  _j|   _l|  _j| 
::::::|:::::::|::l:::|:::l:|:::::::|::::::::::::::::::丶 ̄  , = v‐- 、´    ̄    ̄     ̄ 
l:::::lハハl|::|::|:::l:|l::l:::|::l::i:::::::::::l::l:l   ,イ    !   |             
Ⅳl_」」|lVlVVリリルLlトl:::::::::::Nノ  / { ___ | _j             ふむ……
__f'´=ェュミY__Yイrェ=lトハノ,ハノ  / 、j, ´⌒l  ̄l`‐-、            
 ヽ  ̄^ ハ`ハ~ ̄ ノ r┴──'─ -|  _,| __ l-‐'‐ヽー--------┐   ならば、拙僧の奥義「臍くらべ」の出番ですな。
  `ー‐''l   l`ー'´ |         、l⌒l j⌒|           l   
ヽ、   ,rj   ト、   ノ|  臍 く ら べヽーヘ、_ノ 臍 く ら べ 券   |     料金は30分150文となっており申す。
:::::ヾ ,人_、  j丿 イ.:.:l             l            l    
::::.:.j  ,.-、二,.-、 }.:.::|    《30 分  》  |    《30 分 》   !      ささ、この券を一枚お買いになり、拙僧とあちらの民家へ……
::::.:.{ ノ‐'亠亠'-ヘl.:.::|-───-───┼-───-──-|    
:::::.:`ヽ、__,.--、__,ン ::/|              |                 l    
ヽ::::.:.:'''""""""'''.:.//l  臍 く ら べ 券    l  臍 く ら べ 券   |    
::::ヽ:.:.: 冫_< ..::/:ハ |              │           │    
 ::::\:.:.:......:.:.:.ノ:: .:::}l    《30 分 》   l    《30 分 》   !    
  ::::::::: ̄ ̄::::  / |-───-───┼─-───-──|      
ヽ         / ハ            |                l