やる夫が正史を書くようです 幕間

838 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:01:41.55 ID:lXZXeBnXo [1/22]
【幕間】

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`                さて、今回の幕間は、
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、              賈充と庾純の口論の後日譚を紹介する
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ   
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ  
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l  
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`


839 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:04:22.41 ID:lXZXeBnXo [2/22]

        ,. .:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       /∠:.:.:.____い:.:.:.:.:.:.';.:.:.:ヽ
      /´-――-- ::__`ヽ、:.:.:.';.:.:.:.:`、
      ノ´{:.:{::.:.:.:.:.:.:.:.:.::}:.`iヽ:}:.:.:.!:,:.:.:.:.:.i
    \:.\:.、:.:.:.:.:.:./;.ィ:.:.;.:l:.:.:.i:.;.:.:.:.:.:!
      ヽ弋、ヽ:.:/'‐=/∠-j:.:.:.:!:.i:.:.:.:.:|           賈充殿。
      /:.:i`゙=^j´  ⌒`='^/:.:.:.:.!:.:i:.:.:.:.:!
    /:.:::::|         /:.:.:.:.:.l:.:.:!:.:.:.:.!           司空御就任、謹んでお祝い申し上げるわ
    ` ‐- ::_、ヽ      /:.:.:.:.:.:.:|:.:_L:.:-_〉
         \ ̄`   ` ̄Т¨ ̄´
          ヽ   _,. '  |                         ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
           `¨}    _,.ゝ、                        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
            .ク ,. '´    ヽ                       ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
          ,.ー///       ゝ、                     l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
                                           ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
                                           '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ
                                            l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
                                            l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
    ふむ、時に庾純殿。                            '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、
                                             ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
    そなたには齢八十を超える御父君がおられるが、           ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
    律令の規定では官職を離れ、御父君に孝養を尽くさねばならぬ。  .ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
                                               \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
    いったいどうなっているのでおじゃ?                    ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _/ / //////:.:.:.:.ヽ‐-
                                             / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ
                                         ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" /
                                    _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /  

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       口論の内容は本編で述べた通りである。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この口論には二つの問題が残った
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



840 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:06:00.08 ID:lXZXeBnXo [3/22]

             |:;:;:;:`:;――┼-----------{ 
         /互7―- 、__|______|
          {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ 
           r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ! 
        .|{ミ' .:'イ(;;)ン'、 : ' ィ'(;;)>.:.:. }三ム             .この賈公閭ッ!!
          ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り
           {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ    (ヽ、       畏れ多くも二世を補佐し、巴蜀を平定した身!!
         `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ      ヽ´ヽ、ヽ
          、  r――‐┐ ',    /朴    (,ゝ、 \ ヽ l、   何の罪があって、
             ヽ.  レ,二二ェ! ノ  イ〉ヽ、    ヽ、 ヽ、 | | ! l  .麿が天下を乱したなどと妄言を吐く!!!
         ,. -‐代、`ー-―-' '  / /:.:.:.:.`ト、   ヽ ヽ/  l | l
     ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐- 、、 〉  `ヽ  l/
  ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/    `/     ,!
'´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′     l     /
                                                  / / /__ |i_l 、\  \
                                                /イ二 ___  _` ヽ ヽ  ヽ
                                              / 7 〃      | l T Vi   l   l
                                              〈 ヽ {{      // 」  }  |l    l
                                             ∧  ト、\  / /_j _ィ   l.l    l
         高貴郷公はどこにいるのかしら?              ./ /7r弌;ァk、 _,/ィt;;テチァ「` l l    |
                                           <  / / .} `´ ヽ   ` ´ /   | l   |
         あんたって本当に最低だわ                    \ /  .l            /     |. l    ゝ
                                                .ー丶   `_   ∠ ___」r└‐
                 | \                               \     / |
                 \  ヽ __                               ` 、_ イ  _」、
                 _ ,へ、_ ヽ                             _ / _ -‐   」
               rf / ├‐   \─  _                  _ -‐ フ<「    _ =~ \
               | | {   { _ -‐   )   ヽ `  ─-  __    _ ─     f0 /   /       >─‐ ‐ァ
               | | ヽ }'  ,  /     |          ̄         /しィ1  /      /       j
               |∧ ∨|  ト- ‐- _ ノ                 /  / イ/     /        /
                 ∨ ヽ-!        ‐- _          __/    / ′      /           /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       一、庾純には八十歳を超える父がいるのに、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }         官職を離れずにこれを養わなかった事。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .二、庾純が賈充に行った罵倒、高貴郷公の変への言及
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


841 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:08:08.82 ID:lXZXeBnXo [4/22]

             _  -‐ニ  ̄ ̄ ̄ ̄ミ=- 、_
          , -────-、/         \
        /, -────--、_`ヽ、l        ヽ
       /'´     /     l `ヽ、|            ヽ
.      / /      /     l     |    l      '、
     / /      /      /l    |    l       l
    /{ 〈       l    / j   /|    l       l
     | ヽ \      l   / __厶z=弌丁 ̄   !         l
.     ヽ、 `T≧z_  l / ´ィ冖r   ア〒    l         |l
.        l仆f气__jト'´      -`ニ´  l      |      l l
       / ハ`¨ ノ            /    |      | |    先日の酒宴では飲み過ぎて、
    / / | 、            /       |       | |l    .司空に迷惑をかけてしまいました。
  _/ /  |  ヾ=     ー=≦_       |       l小、
   \ '   ∧     _--       ` ̄ミ≧z┴--     ⊥L ン  司空の御指摘ももっともですので、
    ` ー--\               V辷三二ニ-‐ '´    私は老父を養うために官職を去るつもりです
              ヽ          /      ∨
            ヽ       ´        |
              ー¬T´        _少┐
                   l|   _, ─' ´    l
                ル─'´            l
                /    _  -────ヘ、
          __  __∠ - ニ二            \
      / rヘ、 \                      `マ^ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      これらは罪に問われる恐れがあった。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      まして相手は賈充、先の任愷の例を考えれば追及される可能性が高い。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .庾純は騒動の後、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         己の失言による後難を恐れ、自分自身を弾劾する上奏文を書いた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


842 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:10:04.54 ID:lXZXeBnXo [5/22]

                                                 \ __ __
                                                -‐゙ー‐: : : : :`: .、、
                                              ィ : : : : : : : : : : :\: : : \
                                            //: ィ: : :イ: : //: : : : ヽ: : : :゚,
                                            イ : /: : :/ {: :/十ト: : :l: : : : : ハ
                                            .': /: : :/ノ V ィ芹ミ : } : : |: : : :゚,
                                            i:/{: :Vィ芹  匕ソ ’V: : : |: : : : :\
                                            {’ Ⅵ: }レ'、      }: : : |): : : :厂
                                            イ圦  r    _ イ : : 从: :メ
                                             /: :∧      /: : :イ: ル(
                                               {/: : :/ ーォ  {/(: :/ノ
    上奏文を受け取った司馬炎は、                       {:/(  ノ:ハ   ( /: :〕iト--ミ
    庾純の言い分を認めて、彼を罷免している。                 /厶’ -/: :/i/:/⌒ヾ:.、
                                             ィi〔: :/ー─ ィ : /i/:イ:i:i:i:i:i:i:i}ハ
    ところがその後、庾純の態度について、群臣に議論させている  /il/i/: /  /: : /i//i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : :\
                                            {i/i/: /  ィ゙: : : :/i//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i八 : : : ヽ
                                            ム{i{: / /: : : : :/i/厶i:i:i:i:i:i:i:i:i/: : : ー: : :》
                                          /i:iV{: {m': : : : :/i.イ⌒ソi:i:i:i:i:i:/{: : : : : : /
                                         /⌒>ー‐Ⅵ八:_:_:./i/≧イ:i:i:i://:ノ  ̄ ̄
                                          { /ミ/:i:i:i:i:i:´:i:i:i:i:i:i:「:i:i:{ヾ:i:i:i://
                                         ゝ.バ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/〈
                                          /:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:ヽ
                                           {:i:i:i:i:i:i:i:i≧==ミ :i:i:i:i:i:i:i:i:才:i:i:i:〕iド≧==ミ
                                         >---イ//∧::ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                                           {/:i:i/ //: : 〕ト--≠≦三三三>- 、:::》iミハ
                                   .         /:i:i/ //: : : :ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト.:i:i:i:i:/ミ/}


843 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:11:25.48 ID:lXZXeBnXo [6/22]

            ―-r  ミ___
        /   >r―y― く-  .  ヽ
      j // : : ⌒: : ー': :)\  \
      〔 /: /:〃 : /: : : }: : :⌒ヾ
      //: :| l:/|!|:|l:! : 〃| :| |: : :}\       荀勗。
     v:l: イ⌒l|!|:|l:!: :/|-ミ: |: : :}
   /: :.从:j:ィ1{.l!|:|l:!:/ .|:j ヽ:|: : :}        庾純がお父様を養うために
   (: : : 《: :.j{ {り    f j 〔ヽ∨/}/      官職を去らなかった件について、みんなで議論してほしいの
    ヽ: rニミっ ,    乂り ノ |: j: : : ;
     ハ:ノ从       ⊂⊃r彡く: : /
  r彡く ノく:Υヽ .     . ィ  >); :zィ                       /.:::::::::::::::::::::::::|i::::::::::、:::::::、::::::::.\
  《  ノ  ./:} j>― 彡 ∧≪ヽヽ〔                        /.:::::::::::::::::::::::::::::人::::::::::∨:::::∨:::::::::::::.、
        〃 | ⌒ヽ r, ¨  , r"   v                        , .::::::::::::::::::::/ :::::/   \::::::|:::::::::|:::::::::::::::::∨
        )八_ ノj ∧r,\|!  { .j          .             /.:::::::::::::::::/ :::: '==── \|:::::::::|::::::::::::::::::: ,
                                            ′:::::/:::/ / 斗ヨ芳ミx __ |:::::::::|::::::::::::::::::: ′
                                           ::i|::: イー=′     _):::|  }i´ 八::::::|:::::::::::::::::::::|
                               .            }八:::::: _灯|      乂り   '゙ ′:::::::|⌒Y :::::::::::|
                                            ::::: Vり        "" /.:::::::::: 八r!| :::::::::: |
                                              \  、        厶イ:::::: | _ノ.::::::::::: |
              分かりました                        }::::{"                |::::::: |⌒ :::::::::::.∨
                                            八   -‐-、        i|:::::: 八:::∨:::::::::. ,
                                                ' :::.\           |:::::/ .:::::::.∨:::::::::.′
                                            ::::::::{ \    _     |::∧_ >─==ミ::::.
                                                 、::::{    T爪∧     i| {           \}
                                                \{   厂 ̄. :} _/. : : :/          ,
                                              '⌒7/. : : :/ i{_. : :: ::/             ′

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      以下は朝廷であった議論の様子となる
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


844 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:13:50.77 ID:lXZXeBnXo [7/22]

             \ ∨:,∨ rく  `ヽ〃./
             \ヾ:, ∨///>イ,' /
              ヽ  ト、ゝ=彡{ ノ
              /   `ー ' ´ ヽ
             ー-、  ヽ  j  ∨ノ
             ノ  __   ハ  ; /
               ,´  ゞtヽ     ハ
            {     `   } i ´ ヽ
            ゝ    _     ,'
              > 彡-  `Y jノミ
             / /}>、ゝ--ムイ`ヽ\       庾純殿には八十一歳のお父上がおり、六人兄弟です。
             ,イ{ |ム {: : :>xtj-ト、
          >.:::::::::| !::∧ ̄{ }i} }ハ>、        六人兄弟のうち、三人がお父上に仕えています。
      >.:::´:::>.:::::::::! !::::∧ } {} {:::∧::::::`.<
     イ::::::::ヽ:::::::::::::::::::! !::::::∧ { {;{ }::::∧:::::::::ムハ    .このような場合、令では一子が仕えれば充分としており、
       !:::::::::::::ム::::::::::::::{ {:::::::::∧} }}>-rュマ:::>v∨   庾純殿が官を去る必要はありませんでした。
.     |::::::::::::::ム:::::::::::ト` <::::ヘ(_く__ノ_ノつ>' / ノ!
.      八:::::::::::::::ハ::::,:::':::::::>`Y>' ー '゙ _ 彡.'/ ム  .よって、庾純殿は律令に違反したとは言えません
      く:::::::::::::彡'∨.:::::::::::::://        彡' ∨.::}
        ト、:::::::::::::::{:::::::::::>'´ヽ  ___,..<>.--イハ、:\
       !:::::::::::::::::::|!>.´::::::::ヽ ト=彡//ノ.::::::}vイ.:::::::∨ト、
        |::::::::::::::>'.:::::::::::::::::::::::∨>チ.:´::::::::::::}:::::::::::::: ∨ハ
       }::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::}'.:::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::\}、_
       |:::::/.:::::::::::::::::::::::::::,.<.::::::::::::::::::::::::::::j {\:::::::::::::::::::.、ハ

              晋 斉王 司馬攸

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      太傅何曾、太尉荀顗、驃騎将軍・斉王司馬攸は連名で意見を述べた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


846 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:15:38.14 ID:lXZXeBnXo

      ヘ 丶  ヽ          /  ,イ   '
       ヘ  丶 ∨  Y´ ̄`ヽ   '.   / //
        ゝ .ヾミ:. マ ト .三斗 /  ,イ , イ
          > 、`ヽ {ムー=彡、,'  /,イ
             /. ゞミ:_:彡' 'zヂ
           ̄`ヽ 、       /
            i   \:,   / ,.イ l              .ただし、司空が河南尹の重職にある庾純殿に
            /      ' ゙   マ             人より優れた徳を求めたのに対し、
.           〈  ヽ. 、     ,  / ∨            酒に酔って怒りを表した事は至孝とは言えません。
          ,ム   ̄     ̄   ノ.:≧ュ .  
         /.::::}ヘ    j {   /.::::::::::::::::::ヽ:.`ヽ     然るべき処置を下すべきでしょう
      ,. イ.::::::::::|:::::{`ヽ 、_ _, ,.イ,:::::∨.::::::::::::::::i |::::ハ
    r≦:::::::::::':::::::::|:::::| ≦≧^≦zjム:::::::.∨.:::::::::::::j l:::::::|
   /.:::::``ヽ::::::::::::::|:::::|  }__{ }_} }:::::::. ∨.::::::::::, ,'.:::: j
  i.:::::::::::::.ヾマ::::}、: |:::::∨ {__} {___{ !:::::::::::.∨.::::://.:::::イ                  /  ハ   '  ',    ヽ
                                              ;′ /{   i}  .:}  }     ',
                                              {  {__v{_iト、__v}_} 、
                                           { {__{´ ̄`   ´ ̄ ` }  }  }
                                           レ'Τハ芹芸   芹芸〉i}  }  }
                                            /ノ:.{ ゞー' )‐( ゞー' )i}  }  }
                                          ,ィ<`ヾ> 、‐ ´  `ー ' }  }  }
                                         Y、ヽ_〉ヽ'/iゝ., ´ ` _,. < ' .i}  }
                                         _{ ' ノ  /  i!  _爪__j__ '  八 i}
                                        {{ハ   /,) i!,,斗ノ八   ;′/- ミ }
                                  .     八`=≦彡{  |_,,ィ{::::}ト、ヾ´/ / /  マ
                                        ∧   .r=≦>r`¨マ<'/ / /    マ
                                         〈    {_//::/_  マ:: ′;′      }
 
                                              晋 太傅 何曾

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .庾純は律令の規定に違反していないが、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       賈充の孝を求める言葉に対し、酒に酔って怒ったのは問題である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      これが司馬攸らの意見だった。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         「庾純は律令の規定に違反していない」という点を頭に入れてもらいたい
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


847 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:18:47.67 ID:lXZXeBnXo [9/22]

         /: :/: : : : : : : /ヽ: : : : : : : : : : : : :, --: ヽ-、
        //: : : : : : /|: : \\: : : : : : /: : : : : :ヽ´: : i‐┐__
        /: : : : : : /: |: : : : : : : :ヽ: : /: : : : : : : : : : : : :.|: :|: ::|
      /: : : : : :/:.|: : :l : : : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : :!
     /: : : : : ://: : :{: : : : : : : :,:--/: :/: :,: : :メ、: :/: /: :|: : : : ヽ
     /: : : : :/ ./: : : ∧: : : : : /  /:/: : /: : /: : メ/:/.|: : |: : : |: : }
.    /: : : : :/  /: : : /. ',: : : : :', ./〃: : /: :〃 ァ≠、ヽ |:,': ,': : : :|: : i
   /: : : : :/  /: : : /.   ',: : : :,ゝ〃|: :////.`ん,.ヘ , '/: / |: : : |: :.|   庾純は官職を誇り親を忘れ、
  /: : : :/.   {: : :/ .     |: / /フ: |: :,′/.  ヾ、'  .////: /: : :.,'|: /   賈充の格言を聞く事を憎みました。
. ,': : : :/.    |: :.{      /     |/|: :!.          !//:./ |: : /|:/
 {: : : /     |: ,'   /\ヽ .     |: |        ゝ: :/ .,': / /     .不忠不孝なので、
 |: : :.{.      |: |/:::\  .\\   |:.|     r フ_.イ´// .//      .これを除名して爵土を削るべきでしょう
 !: : ,′    .|≠:.:\:::::ヽ、 \\ _|:| 、  , イ´  /  /
 |: :,′   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::ヽ  \/ リ ` ´
 |:|.   /-----:.:、:.:.:.:.:ヽ:::::ヽ  /|
 N   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヽ、:.:.:\:.:ヽ/||.、
                                                 , --──-、
              晋 司徒 石苞                       , イ /      ヘ  ト 、
                                              i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
                                                ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                                                   | ヽ ' _ ` イ  
                                                  l l  ´=` l  
       司徒。                                     ノ  ヽ _,、__ノ  
                                        _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
       お言葉ですが、私の考えは違います          /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_   
                                      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
                                     . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
                                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
                                     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: 

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      当時まだ存命だった司徒石苞は、庾純に厳しい処分を課すよう主張。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      司馬攸らと異なり、泰始律令に照らし合わせずに主張するあたり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      この人の軽率さが出ている気がしなくもない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         ただし、彼の属官の劉斌は異なる意見を述べている
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


848 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:22:15.55 ID:lXZXeBnXo [10/22]

 _      __
/:.:l  ,.....:.:.:/ヽ:ハ、:.,、`ヽ /:.、
:.:.:.l,.:´:r'´`':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!,:},:.:.:.,
:.:./イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:V:.、:.:.:.
〃:./:/:.:.:.:/:.:.l:l:.:.:.:.,:.:.:.、:.:.:.:.:ヽ:.:.
ハ:イ:/:.:.:_/:.イ/l:{:.:.:.:.l:.l:.:l_,.:.:.:.:.:.}:.:.
 /イ:.:.:.//_ヽ、_l,ヽ:.:}.ィリ_l:.:l:l:.l:.|:.:.:,
 {´!:.:./ 弋zッァ  l:/ zッァ!:.|:.:lリ:.:.:.:.              なんでよ?
 ヽ|:./:ゝ     /,   /イ:.:/'!:.:.:.:.l
  レ' 、     _   ,j:}l/ l:.:.:.:.!
      l ヽ、     , ´l/    !l:.:./
-――'`ヽ、 ` T_´      リ:./
:.:.:.:.ヽ:::::\ ヽ- 'l:::ヽ ̄`ヽ   l/
:.:.:.:.:.:.:\::::V /x}|::::::',:.:.:.:.:.:.', /

                                                   , --──-、
                                                , イ /      ヘ  ト 、
                                                i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
                                                  ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
                                                     | ヽ ' _ ` イ 
   近年、老母のいる郡太守たちが親を養いたいと申し出た所、           .l l  ´=` l 
   これが勅許された事は一度もありませんでした。                 ノ  ヽ _,、__ノ  
                                          _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
   まして庾純様は河南尹の重職にあり、               /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_   
   官職を離れる事を許される可能性は低いでしょう        丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
                                       . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
                                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
                                       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|::: 


849 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:23:53.48 ID:lXZXeBnXo [11/22]

            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ    
             l l  ´=` l           それに、庾純様の場合は二人の弟が老父に仕えているので、
           ノ  ヽ _,、__ノ            律令の規定に違反しているとは言えません。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、  
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_       よって、この件で庾純様が罪に問われる事はないはずです
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::
                                  /: : :/: : l: : : /l: : ハ: :l: : : : : :l: : :l: :ト、: : :l: : : ,: ',: : : l: : : : : :
                                 ,: : :イ: : : |: : :j !:./ ,: l: : : : : :|: : | ,:| ヽ: : !: : :',: :V: ハ: : : : : :
                               .  ,: : /|: : : :|: : T''ト:{、_ ヽ:ト、: : : :.|_!:_l,lィT ',´:| 、: :l: : V l: : : : : :
                                 {: : j: !: : : :l: :.:|,イ示ニミ、 、: : :.! ィニ示::,、:!. l: :ト、: :l  l: : : : :
                                 |: :,': :.,: : : ト,: :{' {:::::::ら   ',: : ! {::::::::ら  }>!: :!ハ: :!  l: : : : :
                                 ,',:{: : :ヽ: : !l.、:., 弋z)ソ   }: / 弋z)ソ  ' l: :イ ,l: |  |: : : : :
   じゃあ、賈充を罵倒したのはどうなるのよ?   /:.リ: : :.∧: { ,:ミ、     , /イ         /:リ:lノ リ  |: : : : :
                               ,/:_:_: : :./ \:、:ハ                 /イ:/ ̄:.:.:ー:l: : : : :
                               '´  `ニ-ヽ , `ゝ:ハ、      V ̄ )     ,.イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄
                                  /   ヽヽ、:ヽ:|:/ヽ、    ̄     //l:/:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                ''´   /´ `ヽ:.:.:.:/::::::l `. 、    _ . <//::::::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                   _,/   /ヽ:.:|:::::::::|  \`¨ ´ _,./ /::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                        / /:.:|:::::::::| ヽ ,.rヽ- '´   /:::::::::/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                         /:.:. |:::::::::|  /ヽ  ∧  /::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


850 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:25:05.90 ID:lXZXeBnXo [12/22]

            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ 
              | ヽ ' _ ` イ    
             l l  ´=` l              それとこれとは話が違います。
           ノ  ヽ _,、__ノ  
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、             三公への侮辱は法によって裁かれるべきでしょう
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、  
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::
                                               _      __
                                              /:.:l  ,.....:.:.:/ヽ:ハ、:.,、`ヽ /:.、
                                              :.:.:.l,.:´:r'´`':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!,:},:.:.:.,
                                              :.:./イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:V:.、:.:.:.
                                              〃:./:/:.:.:.:/:.:.l:l:.:.:.:.,:.:.:.、:.:.:.:.:ヽ:.:.
                                              ハ:イ:/:.:.:_/:.イ/l:{:.:.:.:.l:.l:.:l_,.:.:.:.:.:.}:.:.
                                               /イ:.:.:.//_ヽ、_l,ヽ:.:}.ィリ_l:.:l:l:.l:.|:.:.:,
                 うーん                          .{´!:.:./ 弋zッァ  l:/ zッァ!:.|:.:lリ:.:.:.:. 
                                               ヽ|:./:ゝ     /,   /イ:.:/'!:.:.:.:.l
                                                レ' 、     _   ,j:}l/ l:.:.:.:.!
                                                    l ヽ、     , ´l/    !l:.:./
                                              -――'`ヽ、 ` T_´      リ:./
                                              :.:.:.:.ヽ:::::\ ヽ- 'l:::ヽ ̄`ヽ   l/
                                              :.:.:.:.:.:.:\::::V /x}|::::::',:.:.:.:.:.:.', /

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       この劉斌も司馬攸らと同じく、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      「庾純は律令の規定に違反していない」としている。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .賈充への罵倒に関しては弁護しなかった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


851 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:26:09.25 ID:lXZXeBnXo

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`              また、河南功曹史の龐札らは、
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、           司馬攸・劉斌らと同様の意見を述べた上で、
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ           賈充の側にも問題があると指摘している
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ  
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l  
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`


852 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:28:38.53 ID:lXZXeBnXo [14/22]

         /ニYニヽ
       / (0)(0)ヽ
      /  ̄`´ ̄ \
     | ,-)    (-、.|    元々この問題については、
     | l ____ l |    庾純様の兄の庾俊様が家の嫡長として老父を養いたいと願い出ていたっていう。
      \   `ー'´  /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   .けれど、職を離れる事は許されず、庾純様が願い出ても結果は一緒だったていう
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


     .   /ノY ヽ
       / (0)(0)ヽ
      / ⌒`´⌒ \
       | ,-)___(-、|
  / ̄ | l.  ´ヽ_/ `  l_r、         _r、
_/    .\   `ー'´  rト、ヽ\    rト、ヽ\    司空は庾純様を批判しているけど、
               ヽ ヽ ヽ \ 三 ヽ ヽ ヽ \  今言った事情がある以上、批判は私憤によるものだっていう。
 |               ヽ ヽ ヽ 〉   ヽ ヽ ヽ 〉
 |               ├   / 三 ├   /  結局、酔っ払い同士のケンカだったんじゃないかっていう?
 |              (    <     (    <
 |                ゝ   ヽ    ゝ   ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      考えてみればおかしな話である。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      関係者の証言・行動から、庾純が律令に違反していないのは明白であり、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      泰始律令の成立の責任者だった賈充がそれを知らないはずがない。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         実際の所、酒の入っていた賈充が仲の悪い庾純を揶揄し、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          これまた酒の入っていた庾純が激怒してしまったのだろう
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


853 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:29:37.45 ID:lXZXeBnXo [15/22]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|          判決          |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//             議論の末に司馬炎が下した詔勅にも、
            | |    >:´|、  -  ,|`:<            .そんな様子が見受けられる。
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
            | |     >-、\!  !/::,-<            内容を要約すると次のようになる
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::! 
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!


854 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:31:59.55 ID:lXZXeBnXo
【陛下の詔勅(大意)】

        竺i}: : : : : : : : : : __/竺i\: : : : : : : :
.       /:竺ト:_:_:_:_:=:=≧竺i竺i/'kヲ'kヲ'k{: : : : : :
       /: : : 竺i竺i竺i竺iイゝ、  ゞハツ ̄ メ'竺
      ,{: : :,'kヲノ /"゛ ./   ̄て_i  ヽ,イ   ̄
    / Vkヲ} //  /, '     /ゝ-'  〉 ヽ
  , '   弋ツ/ ,'  /, '      '     `~' ̄
Y        // //. , ' / ,'    , '  '
. ヽ     /ミ/ //, '  /, /i.    /  /  :
   Y  {ミミi  i i,'  /,'/ l   /i  /i :  ;
   ヽ__卦人 l/ , /i | _i  , ,' / | i  i ;
  ___),=/- ' / ,' .「 「 ̄トi | / N __/_/ .,'
__)) ̄ _ノ  i'、 ,' イ|| ト_士≧li. !i  /∧ノ /`メ|、/      庾純は酔っていたようだけど、
 ̄, ‐ '"  / \|i ノ,'行;;;;;;;ヾトi、i イ/ ,テ手ソイノ >/,      賈充も酔っていた疑いがあるわ。
Y    /   , ' ノyノ|弋っノ   ´  ' イ;;;;;;;;;;i トヾく
弋   (ミヽ、 / 代 ハ ニ´       弋フ;;;ノノ /       .でも、その酔いがなければ、
::::__≧ヾミミ` y' {圭Vイ:::::::  ,       `=二-/.//       庾純が官を去ってお父様を養う事はなかったでしょう
 }   ̄ヾ;人____ 人    、      :::::/ //
 ´=ミミ\ノ/三≧"´:ミミ> 、    ̄´    { //
   ノ/ `ヾ≦-= 、キ迂ヾY> 、__, 一, 、てミヾ
  ( ( ノ /Y , -一" : : : ”迂ハ圭}/    'ヽYノ
    ̄  {人(_ノ: : /: : : : : : :”迂Y      ' }竺i
       ゝ 「: : :/: : : : : : : : : : :”迂Y    イ竺i
         〉 l: : /: : : : : : : : : : : : : ”迂Y-<圭i


855 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:33:52.61 ID:lXZXeBnXo [17/22]

                               〃ゝイ: : : : rーァノ  ) /⌒ヽゝ/ ゞ心rゝ_: : : : : : :iト收ゝ : : : :/: :
                              '/    !: : : : ゝ(   Y ノ /  〃  ノ  ゝ收jゝ: : : : : ゞγtマ : /: : :
                              | !    V: : : : : ) '  lゝイ  / /  /_ノゞ收ゝ,. : : : iト收∨: : :
                              l !    V: : : :( ゝ     ノ   <ヽ ゝ  ゝtフテv__:ゞ=/: : : : : :
                              ゝ __ ノ: /            |!ヽ. ヽ   {收jマtフ : : : : : :
                                    ´V ′      '    ! !    |!∧\ ヽ  ゝホtハ : : : : : : : :
                                   .//     /   |  ′! |    |!  'ヾ i ',.   rホj!: : : : : : : : : :
                                   .'′   ′   !  ! ! !   │ !│ '  | ヽ  ゝrtゞ.: : : : : : : :
                                    ′    ! !   !  ! ! ヾ.  ! ,j!_|__ | |  '   !ッrj\: : : : : : :
                                   .!    !  | !   !  ! !  ヽ イ | | |!l| ∧ !   ゝハレ': : : : : :
                                   .!    !  | ハ  ゝ ', ヽ  i/ ,.!_!ノ=レ.、ハハ  レ/ `…ー-r.
  大晋は聖人の典礼によって出所進退を決めるわ。  .!. !  V ヾ _ゝ ヾ\\ハ/从イ::::::::. _!ヾ /  /  /
                           .       ヽ!ハ ゝ  !ィ\ヾ\iヾ ヾゝ ゝ′ rz:::ノ i ,.' / ヾゝ′
  庾純に責められる点があるとすれば、           \\\ ゝヾ_,. =`、        ゝ - ' / (.. ___ゝ
  酔って節度を失っていた点ね。                 ゝゝ ゝ∧-ハ::::::r!           '''/ _ _  (ゝ.._
                                        \ ! ハ ゝン  、     ,.r' ´    ` ´
  先に免職したのは、将来への酔戒とするためなの        .j/∠ゝ ,,,     _  ノ /イ"フー_ - ─<
                                        .∠__ ...-‐ゝ.        (( _jノ_j/イ,: ⌒:ヽ
                                             √ __ >__ ― r_-ゝ' ´: : : :.:/: : :∧: :\
                          .                 レ ´ _ ヽ  `r ´ : : /: : : : : :/: : : : : :ゝ-…
                                           {_ (´_ノr-‐ '「: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :
                          .                 /ゝ- /: : : : : : : : : : : : 〆: : : : : : : : : : :
                                          / l |/: : : : :/: : : : :./: : : : : : :/ : : : : : :

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      聖人の典礼とは、泰始律令の根幹のひとつを成す儒教の教義を指す
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


856 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:35:54.42 ID:lXZXeBnXo [18/22]

  ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
  ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
 く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
   Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく
   ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く
. 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx 
. ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}       だから、ヒナは斉王と劉斌の意見が正しいと思うわ
. `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
    )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
   辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
     ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )                    ヾ`ヽ\         //.:;,イ
            〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく                       ' ,ミ:.、ヽ  / ̄',  //.:/
         人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \                      \ヾ ヽ_j、__,.iノ彡''´
        (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉                         "'''-,{` ̄´j <゙
            〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \                      `ヽ. / ` ̄ ´ ', __
                                                  ,ゝ、 :. .:  ,:チ´  `
                                              ,..-'''" { ゝ、_ _.ノ }:.、
                                             i//////,:ヽ      ノ//ミヽ
                                             {////////`ヽ_,__,:´//////}
                                               }//////∧  || i j///////
             賢明なる御判断かと                    |///////∧ .!! !'//////,i
                                         r-、.    |////////,ヘ{.!レ'//i////{
                                         ヾ 、゙r、  !/////////,∨///!///,リ
                                          ヾ ヽ_ゝ//////////>,.、ノ////,!
                                           `丶_〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//{/////
                                              !{{////////////////ノ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      司馬炎は庾純が律令に違反していないとする
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       司馬攸・劉斌らの意見を是とし、これによって罪を問う真似はしなかった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      むしろ、酔った勢いで賈充に行った罵倒の方が問題視されている。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         ただし、これに関しては、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          すでに庾純が官を去っていたため、新たに罪に問われる事はなかった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


857 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:37:57.29 ID:lXZXeBnXo [19/22]

       メ  ヾツ、xァイ´`ヾ
      ッイxェxェイ_ixェxェ、 トx、
      ドxッイゞrイ_r=fzx、ヾi ,イ、
      lメl l  l l  l  l 豺∧ \
     くi .l l、 .l l  l lノ i ノi´ \ソ
     くヾソi杙ツ`''´杙ツム.l,ムイ,イ>、
      ヾミヾi  .__   i彡!三ニソ              いいわね?
      ノ`ソ>´_.`_ィ<ヾ、ヾYヽ
       / il´~天~`il  `ヽ
      ,イ  ゞイ  ゞイ    〉
      .l  ./  ii ∧.ii  ゝ ´`ヽ
     /ゝ .l  ii l l ll  l、   ソ、                           l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
    ./   l ⅲ.ll l l llⅲ  `ヾ  .´\                         ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
                                               ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
                                               {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
                                              〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l
                                                 l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
                                               ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                                                  l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
              異論ございませぬ                        l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
                                               ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
                                                丶、__, -―''"/,/
                                                ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
                                               ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
                                              ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
                                            ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      今回の騒動とそれに対する司馬炎の態度は、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       司馬炎自身の政治方針を表していて興味深いものがある。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      例え宰相格の権臣が関わった事件とはいえ、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .法の恣意的な運用を認めず、あくまで律令の規定に従う。
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          司馬炎のこうした姿勢はもう少し評価されてよいと考える
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


858 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:39:47.83 ID:lXZXeBnXo [20/22]

            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   r…―- ..,,_/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ
   \ :::::::::::''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     _>、_::::::ヽ、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ̄i `丶、:::`丶、_: :::::::::::::::::::::::: ト、
        | ! iハト、 i、丶、___` ー--::::::::::::::::\
        lハノ!イ仄ゝヽ ナアi`ー-=....,,,____,,.ゝ  ちなみに、騒動を引き起こした庾純は、
        |'、`┘  '^i下心!ハj  ,ハ!       しばらくして博士祭酒・散騎常侍として復職する。
        |/\ 、  ゞ-イ //
.        ☆ ' r‐i> ‐rァ='7.イ´          .博士祭酒は五品官の官職で、太学とそこの博士を統括し、
          \ ⌒ヽ、,.ヘ.::´:::ハ           散騎常侍は三品官の官職で、皇帝の側近として下問に答える。
          \rイ ,.ィヘ.:::::ハー- 、
            └攵アト=ヘ、::::ヽ ::::::\     問題を起こした人物が復活を果たすのも司馬炎の治世の特徴だ
                / 〈::::::::::::\:::::::::::::::::l
               〉―ァi'´ \ :::::::: |
.               /_ア^'┘  `ヽ、::j                           -‐  二>─- 、
               └ ′         `                            /  ,ィ          \
                                                ∠_ ̄ ┴- _        ヽ
                                            〃    「 7¬- 、`V   l   \  、
                                              //    | /   |   V  |    ヽ
                                            ヾ    l/  ,イ  /|    |       、  '
                                                 \  l! ∠ /∠ ⊥   |
      後に国子学の博士祭酒も兼ねたから、                   ヘ v'  アT rゝ |    |.l      | l   ゝ
      『晋書』には国子祭酒と記されているわ。                /iフ      /   | |       | l/
                                              /く        /    ||   -‐ '
      国子学って何?                             ー -ヘ ‐   ∠  -─ Tフ ̄
                                                ヽ             l′
      そのうち本編でふれるでしょ                          .}__,ィ     |
                                                    l        |
                                                     /    _,  -ヘ
                                                  , ヘ ∠ - ´    ヽ
                                              / r‐く「          /^ヽ、


859 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:40:49.81 ID:lXZXeBnXo [21/22]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|         おしまい         |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
            | |    >:´|、  -  ,|`:<  
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
            | |     >-、\!  !/::,-<            三国志とはあまり関係ないお話
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::! 
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!


860 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2014/09/21(日) 20:41:36.55 ID:lXZXeBnXo [22/22]
【第五十三回後編に続く】

新規CAST

~晋~

●王済(おうせい) ランス(Rance)

~呉~

●歩璣(ほき) ミホシ(ガンダムビルドファイターズ)
●歩璿(ほせん) アイラ・ユルキアイネン(ガンダムビルドファイターズ)


861 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2014/09/21(日) 20:44:58.27 ID:inlbBXk80 [3/3]
乙です
いよいよ西陵か…

863 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/21(日) 21:13:03.19 ID:yN20QIiso

凄く理知的で公正な判断…
1エピソードだけとらえて人を判断するのも考えものですね

864 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/21(日) 21:20:46.45 ID:HHsVHLq4o
おっつおっつ
単に文字の上だけだろうけど、酒でしくじった人が「祭酒」になるのにちょっとクスっとくる

865 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/22(月) 00:01:03.76 ID:lfc3j63Eo
乙です
酒でしくじったと言えば、横山三国志の蜀の楊儀を思い出したわ
敵国への寝返りを示唆した言葉だったから断罪されても仕方無かったケースだろうけど

867 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/22(月) 01:32:49.01 ID:7V2E25V6O
乙ー
司馬炎には元々「天下統一するまでは」名君って評価もあるしね

868 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/23(火) 10:30:22.03 ID:zsvKb9DI0
まあ勝って兜の緒を緩めちまったケースは古今東西非常に多いしな


┏━━━━━※三国志 各国の反省話? 蜀━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

888 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/25(木) 20:51:22.30 ID:wwpxt1TPo
ちょっと劉禅を過小評価しすぎ
多くの人は董允死後すぐに黄皓が台頭したと思ってそうだが
劉禅が即位したが223年
諸葛亮が亡くなったのが234年(11年後)
蒋エンと董允が亡くなったのが246年(23年後)
費イが亡くなったのが253年(30年後)
陳祗が亡くなって黄皓が中常侍に昇進したのが258年(35年後)
蜀が滅んだのが263年(40年後)

889 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2014/09/26(金) 00:40:50.62 ID:QlpzQTmw0
>>888
でも諸葛亮と蒋エンと費イと陳祇がいなければ司馬懿が生きてた頃に滅びたよね

891 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 07:28:01.64 ID:OyYZ6Vev0
>>889
並み以下の君主なら諸葛亮に全権を任せたりなんてできないし蒋エンも費イも活躍の場があったか微妙
自分に出来ないなら出来る奴に任せるは劉氏の伝統だべ
こういう記録を見た時君主との取次役の専横が国を滅ぼしたって記述が多いけど
立場上諸将の不満が集中しやすいのが取次役である以上それを鵜呑みにするのもどうかとは思うけどね

892 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 10:44:32.27 ID:MGvurZZ50
蜀は代わりのきかない人ほど早く死ぬイメージ
李福とか呂ガイとか
呂ガイに先立たれたのは、費イにとっては痛恨だっただろうなあ

893 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 11:58:19.70 ID:7/BojYJzo
>>889
大国のトップクラス人材が4人もいなかった仮定とかやってたら、
大抵の国がそりゃ立ち行かない計算になるだろ
無意味な仮定だな

894 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 14:40:22.61 ID:OyYZ6Vev0
魏にはそれと同等かそれ以上の人材が犇めくほどに居たのにそれでも蜀を滅ぼすにはそれだけの時間がかかったとも言えるよね

896 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 16:35:20.09 ID:8HzLKMLho
気候変動とか森林資源・鉱物資源の枯渇とかいろいろあったそうだし
単純に人だけの問題でもなかろ

897 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/26(金) 19:28:00.44 ID:UojSHM6ao
蜀攻めの失敗例が多すぎる上に主導者のその後を考えると踏ん切りつけにくいと思うわ
司馬昭は成功の自信とともに、万が一の時があっても失脚する状況じゃないっていう自信もあったんだろうな

898 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 03:48:08.82 ID:56uuHtkf0
あれだな
蜀の持つ地の利、人の和を崩すには魏の持つ圧倒的な人の和に加えて天の時が必要だったって事だよな
蜀の人の和が崩れた瞬間こそが魏の天の時と言うべきか

900 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/28(日) 01:46:35.66 ID:iv+tghyno
>>888
黄晧は演義だと諸葛亮存命中から張り切って宦官やってるのがこの辺勘違いされてる最大の理由

901 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/28(日) 16:23:51.97 ID:5LeLWcqJo
つまり5年で蜀を滅ぼした黄皓有能

902 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/28(日) 16:44:27.86 ID:OJHdy1Gpo
5年で蜀を滅ぼした廷臣と武官が無能なんだよなぁ…

903 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/28(日) 19:05:53.59 ID:D3bXiQ4To
先帝時代に荊州失った時点で詰んでた、という説もあるけどな
蜀だけじゃジリ貧だから、余力ある内に一発逆転狙って
北伐したけど失敗続きだった、と…

904 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 投稿日:2014/09/28(日) 23:18:38.28 ID:XpegNOC/0
前も書きましたが、魏は例えば王経が降伏したり、よしんば戦死しても、大打撃には違いないが即存亡の危機というわけではない。
その段階では地方レベルの危機に留まる(現時点の西晋にとっての樹機能らの反乱同様、まだ火消しの余地がある)。

姜維の北伐は、失敗したらストレートに存亡の危機になるわけで、攻めより守りで層の厚さの差がよりはっきり出たと思います。

906 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 12:55:08.09 ID:0AhLgDdAO
関羽が悪いでしょ
あいつがやらかした時点で滅亡は時間の問題

907 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:26:44.84 ID:fLSA1Ybp0
地勢的に荊州は益州からは保持しにくい
関羽がやらかさなくてもいずれは失う羽目になると思う
最初から詰みゲーだったのを寿命伸ばしただけでも儲けモノ


━━━━━━※三国志 各国の反省話? 呉━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

908 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 22:06:51.46 ID:shKmhQigo
関羽も悪いけど、当時の孫権が魏を倒すつもりがなかったのが原因でしょ
まさか後ろから主力で殴りかかるとは・・・

909 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 22:26:20.88 ID:JagJ7GLno
でもまあ辺境とはいっても敵対勢力(呉蜀)を放っておいたのは
曹氏にとっては致命的だったな

910 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 22:55:21.14 ID:XmWpWa+vo
法正の寿命があと5年あったら…

911 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 00:10:45.16 ID:6U7rLYuUo
>>908
そもそも魯粛の天下二分の計はそういうものだろ
まず南を征服し、北が(曹操の死で)混乱するのを待って北上する

912 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 12:58:20.28 ID:tUf0xRDDo
>>911
後年、孫権は魯粛が「荊州を貸した」行為を「一短」と評しているので、魯粛のやり方は手ぬるいと思っていたのだろう。

その結果が呂蒙と陸遜のアレ。魯粛は孫権や呂蒙の情勢判断に比べ、反曹操の優先順位が高かったのだろう。

913 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 13:11:00.31 ID:p4dc564ko
>>909
赤壁、漢中で負けたから手を引いただけで、
最初から呉、蜀を放置しようとした訳じゃないだろ。

914 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/01(水) 20:28:08.33 ID:tUf0xRDDo
>>913
つまり、その点は持久戦に持ち込んで魏内部の変事を待つという蜀漢・呉にとっての第一目標は達成したわけだ。

問題は、魏が安心して(?)変事を起こせるほど蜀漢・呉の内部も混乱していたこと。
だからこうやって西晋ができました。

915 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 23:35:04.10 ID:W11gHqGu0
>>912
劉備を信用して荊州貸したら、益州出し抜かれた上に荊州借りパクされそうになったからね
孔明が隆中対で孫権を過小評価してると同様、魯粛も劉備侮ってたのかもね

916 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 00:25:03.24 ID:7G4dU3qqo
演義の反動で魯粛凄いってよく言われるけど
自分には呉を混乱させただけのように見える
諸葛亮を連れてこなければ孫権は開戦を決断しなかった、
劉備軍の存在が無ければ呉は赤壁で勝てなかった、
戦い直後の情勢では呉が単独で荊州を統治するのは難しかった、
と言われれば自分も反論できないけど

917 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/10/02(木) 00:57:16.82 ID:9dTp8dNyo
>>916
その辺は綱渡りの判断でしたからね。
曹操にやられたらおしまいなので。

安全策を取るなら素直に曹操に降伏して、その中で孫権の権益を守る方向で運動するのが無難でした。
そういう張昭路線を蹴り、曹操を退けた上で、呉は一応の地盤を築き上げたのですから
まずは成功と言っていいのではないでしょうか。

でも、呉が関羽を斬って、一時は樊城まで占拠に成功、返す刀で劉備と曹丕を撃破した手並みの良さ。
その後精彩を欠いた違いは何だろうと思います。

919 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 01:10:48.69 ID:beWsRutwo
まあ赤壁は本当に大博打だったもんな。
当時の呉は規模はそれなりでも、大戦慣れした軍隊もなく、
辺境の一勢力くらいだったイメージだった所が、
中央での勢力争いに打ち勝ってきた魏に、
ほとんど単独で交戦決意したした訳だしな…

920 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 10:24:32.21 ID:Oi2ysol90
後知恵だけどあの時点で素直に孫権が曹操に降伏しとけば
劉備以外みんな幸せだったんじゃねって思えるからなあ

まあ孫権自身が野心を持ってて魯粛がそれを察しただけっていわれたらどうにもならないか

921 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 11:06:12.82 ID:8HU90//Ro
孫権がどこまでやる気があったのか、ってのが問題なんだよな
本気で天下争いに参加する気があったのか、江南に割拠できればそれでよかったのか

魯粛は魯繍で最初の予定通りに曹操に仕えていた方がよかったんじゃないかなとww

923 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 15:55:37.63 ID:YxEAs5o20
孫権自身はやる気あったろう
失敗したとはいえ遼東や夷州にも手を出してるし
やる気がないのはむしろ陸遜を中心とした呉の豪族の方だよ

925 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 20:34:08.58 ID:mB7VXAMko
地元密着の豪族なんかは、よっぽど無茶な為政者で無い限り、
大人しく従えば所領安堵される可能性大だから、
そりゃ降服選ぶわな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━━━━━※中国の漢民族と異民族の関係━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

927 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 21:27:36.84 ID:l6pjNlWao
炎の次がまともだったとして多少延命する事はできただろうけどいずれ内乱とかで
疲弊した隙に内々から食い破られるのは既定路線だったんじゃないかね

内地に相当な数の異民族が移住してるのにいつまでも漢民族に顎で使われる立場で納得できるわけはないし

928 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 00:59:53.29 ID:7P1RbPI40
国力傘にして周辺国を格下扱いしてたら衰退して復讐されたでござる、が中華外交の基本パターンだからな
お前ら少しは対等な異文化交流出来んのか?と言いたい

929 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 02:27:26.68 ID:pyXMiCWwo
もうそういう姿勢が国民全体に染み付いちゃってるから、
外国勢力に下手な態度見せると、弱腰だと国民から反発受けちゃうんだよ…

930 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 04:02:14.96 ID:4WofYve7o
むしろ逆だ。まず最初に周辺国に土下座する方がスタンダートなのが漢民族と異民族の関係やろ。
春秋戦国から劉邦まで、基本的に騎馬民族に攻められてキャーキャー逃げてる。これがデフォルトの関係。
中華統一が磐石になり、国力ゴリ押しで中華が強い状態のほうがイレギュラー。この時期はトータルでみてもそんなに長くない。
周辺国が土下座してても、内実は「ほら土下座するから金寄越せや。寄越さないと国境荒らしちゃうぞ(ニヤニヤ」なパターンも半分ぐらいあるし

931 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 10:10:55.77 ID:8jKqAH2Eo
国力ごり押しして殴り勝ってもそのせいで衰退して結局殴り返されるもんな
あの広さで四方が敵とか無理ゲーにもほどがあるけど

932 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 12:27:03.02 ID:POnoMsPto
でかすぎて、攻めるほうも攻めきれないってこともあるしなww

933 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 23:38:51.78 ID:1QG51OFp0
異民族に攻め込まれて平身低頭して時間稼ぎ
→国力・兵力が整ったところで外征に転じて服属させる
 →軍事力や国外支配を維持するために国内が疲弊する
  →内乱や政争が頻発するようになって国外がおろそかになる
   →王朝や政権の交代に前後して力をつけた異民族に侵入される

というのがお決まりのパターンだからなあ。時々、これに
→中原を制圧した異民族が漢化して軍事力低下
が挟まるけど。

塞外民族は総じて農耕主体の漢民族に比べて人口は少ないが
遊牧民族…馬術、狩猟民族…弓etc、海洋民族…操船といった技術があって
兵士として即使える人口層が多いという部分はあるんじゃないかな

934 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 23:48:49.07 ID:6YMK0g4Mo
というか漢民族が弱すぎる。つまるところ文弱すぎる
将官が出世コースから外れている官職あつかい。もし戦績を上げても決して国家中枢には入れない
あるいは軍隊を率いたこともない文官や宦官が指揮をとらなければならない
兵隊は食い詰めた流民。よい鉄は釘にならず、良民は兵隊にならない。
そんな歩兵部隊で騎兵に当たる。無理ゲー

938 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2014/10/10(金) 15:05:07.30 ID:PAjGtYAo0
孫子とか読むと、やる気の無い兵士をどうやって逃がさないか戦う気にさせるかだもんな...   韓信の背水の陣も裏を読めば
、そうでもしないと兵士が逃亡して戦にならないって事だろうしね。人攫い同然に徴兵された農民や流民にやる気になれと言うのも
無理があると思うし。20世紀の国民党軍にも無理やり徴兵された人は多いらしいからな...

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/23 19:50 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する