やる夫はATFの潜入捜査官のようです 第9話

766 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:23:37 ID:kjsQmSRY0
大変お待たせいたしました。投下します。

やる夫はATFの潜入捜査官のようです
“第九話:‟最低最悪の最終テスト”

767 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:24:49 ID:kjsQmSRY0


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ  おぉ、やる夫、相変わらず起きるの早ぇな。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


       ____
     /      \
   / ─    ─ \     はやいって…もう11時すぎだお、ドミンゴ。
  / -=・=-   -=・=- \    他の連中はもう起きてるけど、どうするんだお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

768 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:27:11 ID:kjsQmSRY0

                 _,,,,........,,,,,,_
              _..-''゙゙:::::::::::::::;;;;;   ゛''-...,
                 /:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
              /..::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /.:::::::::::::::::::::::: :;: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, l
           l..::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:;._,,,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
         l.::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::,r'|' .,r'. /.,、...;;;;;;;;;;;;;;.!
         | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:l. V.;;;;ヘ,,/│;;;;;;;;;;;;;;;{
          | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;|`、', ,.:;....;;...,iii_゛ー ..,_.... ,.l    もう予定は決めて有るんだ。
            l:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;;;`、`゙..;モ..lニ.: :二=,,,,二.ノ'    センカルのブラザー達とバイセイリアで
        ./:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;; `、┴.. .;`、゛L::::゛ー・ハ;i`、    パーティをやってランを締めくくるんだ。
         /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; ゝァ . ; .....''゛゙''''- -イィ. ゙l
  i゙i   ./.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.._    _...-―''ニヘ!
  l .i,  \ _.____: ::: :  .:;;;;;;;;;;;;;:; ,.、i,.;;;;;; l ; i`l.'.;;.、i,. ;ナノ
  l,. i.     ,r'. ゙゙゙゙゙゙゙゙̄゛'''''''''''”゙/l`、;;;.|  l  |..::! ! l;l l.l
  l  i   ./            / /. `、.| ;│;; l :.i | |.l /
  .!  i ヘ...,,        / /..i.   l. :;.t,,_凵. -´/
  .l   i. : :`゛''- .._    ./.  /. .',.   `、 ;..:::. ,iナ/ .,./
   l  i. : : : : : : : : :"゙''‐-/  .l  .i,    ゛l''''''´  .//
_,, !゙.|   `、. : : : : : : : : : :/.   ヘ'- ..゙,,__.  !   -'゙ /

ドミンゴが皆にそういうと、私は心からうんざりした。
センカルとはセントラル・カリフォルニア支部のことだ。

769 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:29:33 ID:kjsQmSRY0

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ    (まだ乱痴気騒ぎする気かよ、畜生…)
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

よりにもよってロスから200マイル以上も離れた場所に行かなければいけないとは。
二日酔いからくる頭痛は、まだ深刻な状態だった。


770 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:30:34 ID:kjsQmSRY0

                      ____
                    /      \
                   /  ノ  ヽ、_u \
                 /   ( ●) (● ). \   (糞、シコーニーたちと連絡とれずじまいだったが…)
                 |      (__人__)     |
                 \     ` ⌒´   ,/
                   / :::::::::::::ー‐::::::::::: \


午後二時ごろ、サンフェルナンド・ヴァレー支部とセンカル支部のメンバーは、全員バイセイリアに向かった。
バックアップのシコーニー達に連絡する時間はなかったが、彼は集団を監視していなければならないから、きっと
後を追ってきてくれるだろう。もうゲームから撤退していなければの話だが。

771 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:32:23 ID:kjsQmSRY0

                       ___
                     / ::::::::::::: \
                    / '`'‐ .,__,. -''`'\    (……シコーニー、頼むから付いてきてくれよ……?)
                    / f'て::)`::::r''て:カ \   チラッ
.                   |    :::::(__人__):::::    |
                    \   :::::::::::::::::::::  ,/
                  / ̄                ̄ヽ、
   ,,--、.       ./                       l
 ,‐"   ゙ヽ     ./  ./ヽ          /ヽ    l
 |    ヽ,, ゙、    /  ./  i,,-ニニ、 ,‐ニニl、! |   l
 |    ゙'''‐=ヽ、/  ./  /.|'''"   | |'"   '|゙、.゙、   |
  ヽ、,,__,,,,-'". ゙''/=.、/  l/=.| ,,-''-‐ニニヽ、ヽ |ノヾ,  |
        ,-'''',,ニヽ、,,,,,|、/ゝ/" ̄ ̄ヽ、\/ヽ,/|ニ二''ヽ、
       /‐''",,  /ll",,,,l,|]"//l、川 | | ll ヾ,|,[|'''ヽ ̄"'ヽ、|
      / ,, l l、 ,,‐'',,,=ノ、"| |l l l| ''" ll ll| |"ヽ[‐-、 | / ヽ
      |、ヽ ヽ'''"-''"ヽll  ゙'|、l、 l l----、/ //|、,,,‐、゙ヽ,,ヽ" ノ ノ、
     ヽ-/-'"'""'," |||  |,,ヽ\"| l,,,l /ノ,」  |||゙゙', ゙ヽ、、'-'
     =,"'"    /  |ノ  | ||゙''ヽニニ‐''"l| |  ヽ|  ゙,   ヽ、l
           |   |__  ,l--─,='''''''=──、 ,,,l,,,  |
           |  (" ,)[|   (( 3 5 ))   |](,  ,) |
           ゙、  ゙"、 ヽ三三───‐三三  /''"  |
            ヽ   ヽ ,ニニヽ     ニニ、/   /

しかし、そのことがわかるのに、たいして時間はかからなかった。

772 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:33:43 ID:kjsQmSRY0

                        /二二二二二二二二二二二二二二二二二
                        /        ――
                       /     /      `
                       /      '  _.ノ 、_ .  (安心しろ、ちゃんとみてるぜ)
                     /     i  (●)(●) i
                     /      |    |     |
                    /      |    _ ´___   !
                   /       _.>  ____  <
                  /       /⌒ヽ        ィヽ
                  /       / rー'ゝ _=≡≡=_ 〆ヽ
                 /      /,ノヾ ,>´ \_/`ヾ_ノ,|
                 /       | ヽ〆.   |  |   |´ |
              ┌┴────―――――─┴┴──────────
           .┌──┤                                  
              |    |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           .└─┐/                                  
             ./                                   

最初の赤信号で止まった時、ミラーにシコーニーの顔が見えた。
あまりにも近いところにいたので、私のバイクの後ろにいるのかと思ったほどだ。
こんなに近づいて、気付かれないだろうかと危ぶんだ。
捜査が始まってまだ日が浅かったが、その間にみんな少しずつ何かを学んでいた。

773 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:34:57 ID:kjsQmSRY0

            ________ _ __________
           /_/_/_/_/_/_/_/_/_/./\\/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ヽ
   ;;;       /_/_/_/_/_/_/_/_/_./ = .\\/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ ヽヽ
   ,;ミ       |  .--i  .--i   .|┌―┐|:::T::  .--i  .--i   |;:::::::::|
   ミゞ      |  i___|  i___|   .|..| :: :;;;|..|:::.|;... . i___|  i___|   |::::::::::|
   ;;;;ゞミ , ,,,vwv|_______|..|  ;;|..|:::;|_______|;;;vww
   ミゞゞミゝ   ,,,  ,,  __      ̄ ̄ ̄ ̄ __        ,,,

バイセイリアにつくと、私たちはまっすぐセンカル支部の代表の家へ行った。

774 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:36:39 ID:kjsQmSRY0

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (_) (_) \
   / u   (__人__)   \
   |      |i!i!i!i!| u    |     や、やっと着いたお…。
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
   /     `⌒´    \

                            、,  /i_,、-ゝ、___
                             ヾ∨:::/:::::/:::/∠__
                              |:i::::/:::::/::::::/:::/::::::`:>-
                             _|il:/:::::/:::::://::::::::二ニニゝ、
                           /ゞ"''ヘテ"ヽー-、、::::::::::::::\:::::ヘ
                          〃 /   |:i  |i ノ____::::::::::ヾ<::\
     もうくたくただぜ……          i __ }ヾ==メー、_il  ミ:::::::`ヘ__:::::\::ゝ
                       _,、-'´ /  ゝtrッ    ミ_:::::::::::::::::::::/::/
                    rn、′  /  "  "′    ミ::___ニ="´;;:/
                 rn;;;´;;;i l 、   ゝ            こ}:::::://_
              _,、-''゙ヘヽ;;;;;;! ! 冫  ヽ、_    ι    ルノ彡"/´
           _,、-''゙::::::::::::::ヘヽ;;;;;ヾヽ_   ヽ  ``ヽ     こソミ〈'"′
       _,、-''゙:::::::::::::::::::::::__:::::ヘヽ/`′ ー-ノ         / i i ̄:l ヘ
    _,、-''゙´::::::::::::::::::::::,、-''゙::<ニ〃'゙        ` 、_ - "´ ./___| |:-∧ ヘ
  /:::::::::::::::::::::::::,、-''゙::::::_,、-'゙´           / ̄>-l ̄´  `'   〉,久
 /::::::::::::::::::::::;、-''゙::::::::,、-'゙               / ヘ〕∃、___,,,、、、、==!:::::'.,



   /二__,--、r'"___、 ヾト、.ヽ
レ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ\ヾ:、
K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"  ヽ i
!〉ー―'"( o ⊂! ' ヽ  ∪ Y」_.   /  さすがに眠たいぜ……
i ∪  ,.:::二二ニ:::.、.      l 、   |
!    :r'エ┴┴'ーダ ∪   ! !l<
.i、  .  ヾ=、__./      ト=.  |
ヽ 、∪   ― .ノ     .,!    \


私は疲労困憊していたが、ロッキーもランシッドたちも同じだった。
私とかなり年の離れた彼らでさえ、さすがの長距離走行はこたえたらしい。


776 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:47:18 ID:2Gr4qKuI0 [2/6]
>>769
とことんバカを続けるオッサンたち

775 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:40:36 ID:kjsQmSRY0


        / ̄ ̄ ̄\
      /  ―   ―\  zzzzzzzz
  __ /   ( ー)  (━) \
   ( |      (__人__)    |  (……油断してしっぽを見せろよ、悪党ども)
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

私たちはそのまま、ベッドやカウチ、ソファや床など、横になれるところならどこにでも横になった。
だが、私は寝たふりをして、家を出たり入ったりする連中を観察していた。
センカル支部の代表は、コカイン・ディーラーで、かなりの利益をあげていることを耳にしていたからだ。

777 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:48:30 ID:kjsQmSRY0 [13/38]

                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ     遅くなったが始めるとしようか。
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::! 
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.    メキシコの連中が注文した物は例の貸倉庫に保管しておいた。
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|    取引前にもう一度中身を確認してから引き渡すぞ。
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、


              ______
           /::::::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'
        i:::::::´::::::::::ー―゚′::`:r --v
         ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚ー/     ブツは、俺のところのメンバーが運ぶよ。
         >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ
        /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/      このリストに載ってる通りだな?
       ./::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/
       人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/        AK47にAR15、マシンガンが10丁ずつ…。
  _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´        後、マガジンに弾薬が……。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::/::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

778 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:49:37 ID:kjsQmSRY0

        / ̄ ̄ ̄\
      /  ―   ―\  zzzzzzzz
  __ /   ( ー)  (━) \
   ( |      (__人__)    |  (……報告書に書いておかないとな…。)
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \


寝たふりをしていて、耳に入ってきたのは、午後に伸びた銃の密売の話しであった。
熱心に聴き耳を立てていることがばれるとまずいので、私は横になって目をつむったまま
家に帰ってATFへの報告書にタイプするため、彼らの話す様々な銃のことを懸命に記憶にとどめた。


779 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:54:23 ID:2Gr4qKuI0
>>777-778
ほかの捜査官が裏を取るのかな

780 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:54:55 ID:kjsQmSRY0

        `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
           | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
           |  !      `ヽ   ヽ ヽ
           r /      ヽ  ヽ  _Lj
      、    /´ \     \ \_j/ヽ
       ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
                ̄ー┴'^´

ドミンゴとセンカル支部はようやく話し合いを終えたらしく、彼らは成立祝いに
地元のバーに繰り出すことを決めたらしい。
シャワーを浴びたり、歯を磨いたりすることなどまったく念頭にないモンゴルズのメンバーたちは
バーに繰り出すとわかったとたん、寝床から這い出て準備をし始めた。

781 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:55:32 ID:kjsQmSRY0

     ∧ N w N丶 rN/N,.  ,ィ_,
     ∨  }   } },,,,,,,/  ノ /|r ̄三フ_
      ∨,,,,},,,,,,,},,,,},,,,},,,,,,,,,,,/,,,,,,,,,,,   三彡≡──z
       |∨ソヽ,,,ゝ∨,;:;:;:∠ r;:;:;:;:;:;:;:;:,,,,,,,,,,,,,,,, 二彡´
       |/  /└ー──┼ヘ───''フ,,,,,,,,,三二7
      /  /       .|  ヾ.:.:.:.:.:.:/,,,,,,,三三≡!
      ノ! ̄|\ ! 丿丿  |   |.:.:.:.:.:/,,,,,,,三二≡ !
       !==ミ\ / (  .丿 ._⊥_.:ソ,,,,,,三二彡ノ
       ! (:)  ≡ <`ー≦二.:|.:.:.:.:.:∨,,,,,三彡丿    やる夫! おい、やる夫! 起きろ!
       !   /   ヽ二' : ) ヾ.:.:.:.:.:.:.:∨二\〃
       !   /      `ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:|     今から地元のバーに行くぜ!
      ∧ /          .:.:.:.:.:.:.:.:.:丿.:.:.:.:!
      | |ヽ`ー         .:.:.:.:.:.:.:.:.:○__ノ,|      さっさと起きろ!
      | |  ! 「二二ミゝ,   .:.:.:.::::.:::.:.:| |  ┥
      | |  ! ヾー---┘  .:.:./.::.:.:.:.:.| |  ┃
      ∪ /!        ..:/..:.:.:.::.:.:.:.:| |  ┃
       /  ー- 、_ '.ttェェ==┌─.| |━┥
        !      |i!iii!i!i!i!i!| |i!i!│  .∨,,,,,,,,,|
           __|i!i!!i!i!i!i!| |i!!i│  |,,,,,,,,,,,,,|


        / ̄ ̄ ̄\
      /  ~   ~\  わ、わかったお、今起きるお…。
  __ /   ( ━)  (━) \
   ( |      (__人__)    |  (……歯磨きとか洗顔くらいさせろよ…)
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

ロッキーは急かすように私の方を叩いた。
彼はすっかりその気になっていたらしく、私は整容の時間も与えられなかった。

782 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:56:39 ID:kjsQmSRY0


         ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ川川川川川川\
       川,r‐へへく⌒'¬、川ヽ
       川 へ.._、 ,,/~`  〉川}     グゴォー……フゴー……zzzzz
         |  ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}川川
        {,`ー‐〈_ュ`ー‐'  川川
.         イ;;∵r;==、、∴'∵;川川
.         \   こ¨`    川川、
           个-、__,,.. ‐'´

が、ランシッドだけは違った。
肩を揺らそうが、耳元で叫ぼうが、冷水をかけられようが、ハルマゲドンが来ようが
彼は怠惰で臭い尻を持ち上げようとしなかった。

783 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:58:47 ID:kjsQmSRY0

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /┛┗::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::┓┏::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι   ランシッド!てめぇ、いい加減に起きやがれ!!
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


            |ニニニニニニニニニニニニニニニ|
         |: : : .: :.: .:| : .: :.: :.: :|: : .: : .: : .:|: : : : : :.:|
        |: : .: : .: :.:| : : .: :.: :.: | : : : : : : :...|: : : : : :..|
       ├──‐ ┴───.┴───‐┴── ┤
        ├──‐.┬─── ┬───‐.┬── ┤
        |: : : : : .: :.:|: : .:: :.: : .: :|: : : : : .: :.: :.| : .: :.: :.: .|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
         |: : : : : .: :.:|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : | : : : : : : :|
        |: : : : : .: :.:|: : .:: :.: : .: :|: : : : : .: :.: :.| : .: :.: :.: .|
        ├──‐.┴─── ┴───‐.┴── ┤
       ├──‐ ┬───.┬───‐┬── ┤
        |: : .: : .: :.:| : : .: :.: :.: | : : : : : : :...|: : : : : :..|
         |: : : .: :.: .:| : .: :.: :.: :|: : .: : .: : .:|: : : : : :.:|
            |ニニニニニニニニニニニニニニニ|
             バケツ(代理)

これに切れたドミンゴが、外に放置してあった大きなバケツに冷たい水を一杯にして
ランシッドに容赦なくぶっかけた。

784 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 22:59:20 ID:kjsQmSRY0


  |川川川川川 川川川川川川川川 川|
 . | '''´ 二____, -ー、r'"___、 ヾ ト川 川川|
   レ'"~ ,-,、 !   ! ' '" ̄ .ノ=川川川川|    ヒギィ!!
   K/ー'~ ^~_/   ヽミ:ー‐‐'"  川川:i川
   !〉ー― '"( o ⊂! ' ヽ   ∪ 川川川
   i  ∪  ,.:: :二Uニ:::.、.    : : :  川」
   .! : : : : r' エ┴┴'ーダ ∪ ; ; ; ; .i 丿
   i、: : : :  ヾ=、__./    : : : ノ  )
    ヽ. :、∪ ゙ - ―-    ,;  ∪  !
     ヽ.  :.          .:.     ノ
       ヽ  ヽ...       .   .イ
       (_  、::..      ...:_/
         ~"' ‐-----‐ ''"~

さしものランシッドも、これは効いたらしく、すっとんきょうな叫び声をあげて覚醒した。

785 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:13:38 ID:kjsQmSRY0


                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::! 
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡.    …………………!?
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VⅥ           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、


              ______
           /::::::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'
        i:::::::´::::::::::ー―゚′::`:r --v
         ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚ー/    ……………………!
         >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ
        /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/
       ./::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/
       人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/
  _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´


     ____
   /      \
  /         \    (参ったな…)
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


私は12人程のメンバーについて、ヴィセイリアのバーに行ったが
ドミンゴはセンカルメンバーと私のことで熱い言い合いを始めた。

786 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:14:52 ID:kjsQmSRY0

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \   ふぅ、すっきりしたお。
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ     おい、やる夫! てめぇ、どこ行ってやがった!?
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿    さっきも電話をしてたみてぇだが、誰とはなしてやがった?!
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\    え、ト、トイレに行ってたんだお。
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |   電話してたのは、家にいる彼女とだお。
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

そのあと、私に対するドミンゴの態度が変わるのがわかった。私が何をしていても、癇に障るようだった。
トイレに行っても、何処へ行ったのかと尋ね、ガールフレンドに電話をすれば
誰と話していたのかと訪ねてきた。


788 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:16:37 ID:2Gr4qKuI0
>>785-786
議題は信用できるかどうかということだな

787 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:15:55 ID:kjsQmSRY0

                               ,,、-ー ―- 、,
                              ,、 '"   つ     `゙' - 、
                            /       と      ヽ,
                             /    "" ー          ヽ
                           /     ,ィ  rニ             ',
                    ,,   ,'/lrレ"(゙("(                  l
                      /:|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    |   お前から目を離さないぞ、やる夫!
                      /.::|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  |
        |:',           / ::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }
        |:: ',.       / :::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -穴,,゙i,l::::゙l"彡 リ
        |:::. ',      / ::::::::::|  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ
        |;;;;;,,',     /::::,、- 、| ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ        /l
        |;;;;;;. ', ,,''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ:::/        /::,'
      _,,;;;:;:;:;,,,_彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/      /::: ,'
  :::::,、-  ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::: ,'
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  /:::::: ,'
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::,'
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/
::::::::イj:{::::::;r'Y'" | :::::::::::::ノミ: |:: /:::::..,、- '''ー、ヽ :}}、:::::::''",、 ''""彡 ::'" /`'、/::::::::: |/::::::::: / /:::: /
:::::::::j l|゙レ'" ',  ヒ-ー '''"   |:::l|:::/ィ-ー'  ',| }} ::: /彡  彡 ::" /   ヽ:`゙''ー、::::::::://::::::::/
           `'ー、  ,r':::,r'' '"´ ̄    | \〉"彡"   彡 ::'" /    〉    `゙'/:::::::::::/
                                彡"" ::  l|   /l|    /:::::::::::: /ー、

ドミンゴは、私をものすごい目で睨み付けながらそう言った。

789 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:22:09 ID:kjsQmSRY0

                             ,  -- --- -- --- 、
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      〃 ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::',
                     ,'V:::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   \:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::i
                       i::::::::::::::::::::v:::::::::::::::::::::::::::::::\ o\:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                       |::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\____>::::::::::::::::::::::::::::::|
                       |:::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___::::::,'
                     ヽ:::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< oヽ::i
                      ∧:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー´::/
                        /:::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/
                    /:::::::::::::`Y:|::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       /:::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::i  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    /::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::',`ヽ \:::::::::::::::::::::::::::/´
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::ヽ    \::::::::::::::::::/   俺達モンゴルズに金を払わせる気かぁ?
                 __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::: \  \\::::::::::ノ
           ___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::\___/::::::/     え、ただでいい? ありがてぇぜ。
ー――――――´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::/´´       じゃあ、また来てやるぜ。
::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、:::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ー ´


790 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:24:39 ID:2Gr4qKuI0
セルガルのメンバー、バーの代金踏み倒したのか

791 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:27:37 ID:kjsQmSRY0

                    , <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >- 、
          _   /              \   あ、ありがとうございました…。
         ,彡三ミ_Y                    ミ〉
.          {ニ三三イ   , ー</ _|/      . /}   ま、またのご来店をお待ちしております…。
.          (;ミ_三る| / , ‐三ヽ<.___, <  }入
            ゛-=~ーヽ</  ゙',Y        _,;彡イヾ、`、
                 \   |  く.  ̄ ̄   i l  、j
           {ミr'^;r-‐'´ X.  |`ー----──┴'\_,j'
              `゙''ーi,_____ ,ノ

22時頃、店のマネージャーを脅して、数百ドル分のビールをただ飲みした後のことだった。

792 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:28:44 ID:kjsQmSRY0

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι    へっへっへ…。
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η   |||||||// ゝ    よう、やる夫。これから俺の知り合いの家にいって
      ゝ---η// |||||||//ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧     ストリッパーと楽しまねぇか?
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `



      ____
    /      \
   /         \
 /            \    もちろん行くにきまってるお、ドミンゴ。
 |   _,   /        |   (どういうことだ? 取り巻きに対する新しいテストか?)
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
   |  | ゝ_ \ /  )
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /^

店を出る直前に、ドミンゴが私に近づいてきて、ストリッパーと楽しもうと言いだした。
どういう意図なのか、よくわからなかったが、私はそのまま彼らについていくことにした。

793 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:31:19 ID:kjsQmSRY0

             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \   (くそ、シコーニーたちはいない、か…。)
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \

外に出てすぐにシコーニーとバックアップたちを探したが、ドミンゴがつきまとっていたので
通りの左右を素早く見ることしかできなかった。警察の車と思しきもの見えなかった。
バックアップがいない、という現実が重くのしかかってきた。

794 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:32:14 ID:kjsQmSRY0

              _z-‐━‐-ミ
            ,.イ/ニニ二三厶
          / '’)ニ二二三三厶ヽ
           j{ /ゝ‐'’ニニ二三三ト、} }
          {∧ニ/^{ニ二二三三/ ’,}_/^^)
          {{ ゝ  ヽ=ニ二八=/ ,イ} }i:>'’
          トゝ ト、_ `ー‐一'’/ j//´
        __ゝ、_Ⅵi{  ̄フ⌒ヽ-‐'’′  __   __
       /「{=Y__}コ} `ー一'’;i }i ト, i{/   / }/ _)
      {_/ ゝく__/コ}厶_ム{ {:{ }i }iノ´ヽァ /ニ=ゝ'’_)
        ̄マニ二三{_)>^ー^ー'’ヽOx<{二三>'’_)
           `}ニニ二}/} : }゚。 ゚。} : : Yニ二二三}'’)
             ゝニニ}′{ : :{゚ 。o} : : ム`¨ー‐-==イ'´
           `¨´ r≦ニにコ}三コ}
            ィ≧x≧>x   r<{く_ィzx
            ゞ=‐'⌒¨´   `¨ヾ=ニ彡

コカインと大量のアルコールという燃料を注入されたアウトローバイカー達に何かされても、自分ひとりで対処するしかなかった。

795 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:33:21 ID:kjsQmSRY0


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉    今電話をかけてくるそうだから、すぐに来るぜ
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l

バーを出て通りを走り、小さな一軒家についた。
そこに誰が住んでいるのか見当もつかなったがモンゴルズの面々はためらいなく入っていった。
センカルのトップが、電話をかけるから女たちはすぐに来ると言った。
が、昨日のモンゴルズの狂乱ぶりから、ただストリッパーを呼んで終わりという結末で終わらないのは確かだった。

796 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:33:57 ID:kjsQmSRY0 [29/38]

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)    ドミンゴ。これからどうするんだお?
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


                 _,,,,........,,,,,,_
              _..-''゙゙:::::::::::::::;;;;;   ゛''-...,
                 /:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
              /..::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /.:::::::::::::::::::::::: :;: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, l
           l..::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:;._,,,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
         l.::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::,r'|' .,r'. /.,、...;;;;;;;;;;;;;;.!
         | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:l. V.;;;;ヘ,,/│;;;;;;;;;;;;;;;{
          | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;|`、', ,.:;....;;...,iii_゛ー ..,_.... ,.l
            l:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;;;`、`゙..;モ..lニ.: :二=,,,,二.ノ'
        ./:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;; `、┴.. .;`、゛L::::゛ー・ハ;i`、   へっへっへ、気になるか、やる夫?
         /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; ゝァ . ; .....''゛゙''''- -イィ. ゙l
  i゙i   ./.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.._    _...-―''ニヘ!  計画はこうだ。連中は俺達にダンスショーを披露して
  l .i,  \ _.____: ::: :  .:;;;;;;;;;;;;;:; ,.、i,.;;;;;; l ; i`l.'.;;.、i,. ;ナノ
  l,. i.     ,r'. ゙゙゙゙゙゙゙゙̄゛'''''''''''”゙/l`、;;;.|  l  |..::! ! l;l l.l   金をもらう話だと思ってるが、俺達は連中を縛り上げて
  l  i   ./            / /. `、.| ;│;; l :.i | |.l /
  .!  i ヘ...,,        / /..i.   l. :;.t,,_凵. -´/    たっぷり“楽しませて”もらってからロスに帰るのさ。
  .l   i. : :`゛''- .._    ./.  /. .',.   `、 ;..:::. ,iナ/ .,./
   l  i. : : : : : : : : :"゙''‐-/  .l  .i,    ゛l''''''´  .//
_,, !゙.|   `、. : : : : : : : : : :/.   ヘ'- ..゙,,__.  !   -'゙ /


外で待っていた私は、ドミンゴにこれからどうするのかを聞くと、ドミンゴはその夜の狂乱の計画を打ち明けた。
ストリッパーたちを礼金で釣り上げ、金を渡さずこの家で集団レイプするというのだ。

797 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:35:40 ID:kjsQmSRY0


         / ̄ ̄ ̄\
       /  _ノ   ヽ_ \
      /   (>)  (<) \   ……そりゃあいいアイディアだお!
      |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l
      \    |r┬-/   /   (この糞野郎が……)
.   グッ /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/

私はドミンゴに笑みを返しながら言った。
だが、内心は集団レイプのことを思って胸がむかついた。
狼狽した表情が浮かばないように必死になった。

798 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:36:07 ID:kjsQmSRY0

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \    (どうする、どうする……)
   / u   (__人__)   \
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |

そこから何とか逃げ出さなければならなかった。
周囲を見渡したが、ここがどこなのか見当もつかず、シコーニー達バックアップがどこにいるか
見当もつかなった上に、身を守る銃も持ってなかった。
銃を持っていたら、モンゴルズのメンバーに見つかる危険が大きかったからだ。

799 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:37:30 ID:kjsQmSRY0
           ,    ̄
       /          ヽ
      /                                                  lヽ 、
.      ′     、   /   :.   i        /i/i/i/i ,                   i\ | ヽ!ヽ
.      l  ==、 〉iliく ,==    l     、 .|`: : : : : ; : : : ' i              ヽ 、_|  `
.      l    ’彡ハ三ミ,’ "   i-、     !ミミ´゛゛゛""""ヾ彡',              \
     ,ヽ!                =リ   、i: :ミ 、_ _,_ ミV/            ヽ ̄
     {k     ノ`-=-'ヽ   / k/    ヾr////.几////ュ'             <      、 ヽ
     `戔          、 r-'     .r-i  ̄ ,  ̄  ト              ∠   リヽ |/,。-
       .i  ー===ニニ` '.: i       .マ !       ,!ノ              ノ从-!-ャV
       \         /        `', ー==-‐`,                  ハ  i
       _i \____/ト、         \    ィ                    ヽ `   _/
      < !         /  > 、._    _ !: :`. .´: :!_         ,,-――ー、      \ー彡 /
-―‐く  . : : :        . . . . .  ///>, </ : : : : /: |/ヽ       .////彡三ミ`ヽ_      ヽ_/
/////\   : : _ヽ ..  /_: : : :///////     ヽ  _ノ///`ー、    .从彡/¨´_メヾヾ       //ゝ  ///
l///////> 、_ .`    '_, </////// . . .    ∨/////////`ー--、[///]-[///]i!i!`      ///   ///
.l///////////////////////////////: : : : : : : .   }//////////////∧ ̄ .'  ̄´ ,ノi!  _////`ー―////
..l//////////////////////////////: :  : : : : : :   i///////////////∧ー==‐ ' ィ/   ///////    ////

が、この場にいるメンバー数人が、銃を携帯していることは分かっている。
彼らはコカインをたっぷり摂取していると言っても、事態は改善されるわけでもなかった。
正気でまともにものを考えられるものなど一人もいない。


800 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 23:39:23 ID:bLzPIbn60
タダ乗り、乗り逃げか・・地元の怖いお兄さんたちとトラブルにならないかな?

802 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 23:45:22 ID:2Gr4qKuI0
そういやストリップクラブには用心棒ついてるのが一般的だ

801 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:44:46 ID:kjsQmSRY0


                    ({,ィ=- 、
                    /"´    ヽ._
                    , .゚  / /ノ.; 、. ヾゝ
                イ.′{,':/'≧刈! i从!ヾ、
                   リ:{ヘソ′`ゞ'`ソィォリノソ
                ヘヽヘ      〉ハ!'     おい、やる夫。
                   ∨ 、 `ー イ
                r‐┴┐> _, ′
          ,、_ ..=‐≦ヾ、:i:i:8|_ /-r,
        r'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノメ:i:i:||、 `」ヘ
        _j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/.i:i:i:i:i:i:i:||、 ||:i:i≧:、
      /:i:i:i:i:i:i:i:i:ィi〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||〈 i|:i:i:i:i:ヽiヽ
     />:i:i:i:ir〃:i}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|| ヽj.|:i:i:i:iヽ:i:i》
    /:i:i:i:i:i:i〃:i:i:iノイ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||ヽ《||:i:i:i:i:i:i}:i!}
  r:i:i:i:i:i:i:i /.i:ノ!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i「|:i:i:i:i:||ヽ《||:i:i:i:i:「ト:i|
  /:i:i:i:i:i /:i:/ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|イ:i:i:i:i:||  》!:i:i:i:i|.|:i:{
モンゴルズ・リヴァーサイド群支部支部長 ザ・キッド(ギルガメッシュ)


どうしたらいいのか必死に考えながら一時間が経過した頃、<ザ・プレイス>の店主であるカレナの夫で
リヴァーサイド群支部の支部長であり、モンゴルズの古参メンバーであるザ・キッドが私に近づいてきた。
彼は筋金入りのアウトローバイカーで、根性がとてつもなくねじ曲がっていて、クズリのように獰猛で危険な男だった。


803 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:49:30 ID:kjsQmSRY0

                           ,´    ィ   /       ヾく
                         ,ィ彡イ    ' イ //   ./  ∧   .::`ヽ
                          / ./,イ / .::/i |  .:/ / ,イ .ハ   ::::∧
                            ,  / ,イ 才Ⅵ/ .|.: !/!./ / .八 八 ト、 .:::: ',
                        / ./ // /イ!从_,  |.: !::::ハ ハ |  Y i Ⅵ::::\:::::.
                        ! ,' /ハ  .!イ <ソヾ リl::::i レヘ _iz-一'ヘ:::!:::::::::::::::!
                        レ .i { ', .ハ`ー‐'" } `ゞ、 ≦ 〈ヲ `> i::i::::::::::: : |
おら、酒もヤクもどんどん         Y i  入      丿     `ー一'"Ⅳソ::::::: : |
もってこい!                  八人/! `    `            {/ ̄ヽ:::八
今日も朝まで楽しもうぜ!              〈リ|    t二二二二二''7    イ  }/i\:::ゞ
                           Y     |          /     ト、 人!  `
                              ヾ、    !''"  ̄ ̄`ヽ/       /.:,/
                                .   廴___ノ     ,ィ-‐':!/
                              |\            /|:://´
                                _  |:::: \        イ::::/´
                             |::::ト、_..|:::::::::::>- <´:: /:::: !__
                             |0 !:::::∧:::::::::::::::::::::::::: /:::::/ 0三\
                           r‐-|0 ! ノ |:::::::::::::::::::::::::/:::::/ 0三三:〉
                   __, -=ニ二三Y´  / ̄i |   !::::::::::::::::::::::/'7レヘ三三三〈
     _ -=ニ二二三三三三三三三. /.::三!.|   !:::::::::::::::::: / /三三>一'" \_
   /三|三三三三三三三三二二ニゞ'"ニ三三.!.|.:::::  ::::::::: .: / /三三三三i l三三二ニ=- _
.   /三三.!三三三三三三三/三ニソ/ニ三三三i |.::. :.  :::::::  i i=三三三三ゞ-、三三三二ニ=- _
.. /ニ三三!三l三三_>一'"ニ三三三三三三三.!.|         | |三三三三三\\三三三三三三ニ=- _
 /三三三|三ヘ/.:::三三三三三三三三三三三!.|     r'" ̄!.: !三三三三三三\\三三三三三三三ニ- _

彼は数か月前に、ドラッグ密売の重罪で入っていた刑務所から出所して、リヴァーサイド支部に舞い戻っていた。
そして、失った年月を躍起になって取り戻そうとしているかのように、パーティに明け暮れていた。

804 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:51:02 ID:kjsQmSRY0

 : : : : : : : : : : : : : : : : : : /                「 ̄}: : : : : : : : :{___
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : >―┐            │ 乂: : : : : : : :{ ̄`
 : : : : : | : : : : : : : : : : :|: | : : : 〈___           /    }:: : : : : :.|
 : : : : : | : : : : : : : : : : :| :| ||: :.レ|:.:.L....            |  ,:八: : : :.八
  |: : :.:|、 : : : : :.l: :| : }_,l.r匕ノ |:.:八}         /   |  /  \: : : jー'   お前、キャンディをやるのか?
  |: : :.:| ∨ :..:|: l: :|:.彳斗=ヲ |.:,  |     /     :′       ヾハ{
|ハ ‘。.:.:_l___}__、 ∨}人;ノ     |/  ゝ---、⌒i       イニニニニニニニi
|| ゚。 \乂x=ァ\{            j ̄ ∨t} ,,≦二ニニニニニニニニ{
リ ‘:,  \{ヘ   }            ′  r≦二二二二ニニニニニニニ∧
   \{\{リ:、 |       ,ノ   /    | ニニニニニニニニニニニニ}
        丶└  __,,.   ´   /      : ニニニニニニニニニニニニハ
          `   .,   ´          | ニニニニニニ二二二二二ニム¨¨¨¨¨¨ィ⌒ヽ
              ` ヽ __/     r≦二ニニニニ二ニ二二二二二ニム...../.........  \
               / /} ー-、 / ニニニニ二ニ二二二ニニニニニニム/..................
               イ{//{____./...ニニ二ニニニニニニニニニニニニハ...........................
         r‐ ´   {/ // 〉、ィ ニ二ニ二二ニニニニニニニニニニニニ}..........................
          / |      乂// / イニ二ニニニニニニニニニニニニニニニ二|..........................
       .:′|      }{/ /イ / ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|..........................

彼は明らかに私を信用していなかった。
彼は、私の目をじっと覗き込むと、私に向かってキャンディをやるかと聞いてきた。

805 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:51:35 ID:kjsQmSRY0

        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \    え、何??
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |   キャ、キャンディ?
   \   _}        /
   /  ー         \


    /                           |                 |l
.   /               ,′           }                 |l
  /       ,′         /      I         /        ',     }   l| .|l
. / ′    /     〃   /      /|       ′ ,/      ∨.    |   l| .|l
/イ  |i    il   l ./ ,   /i    / .|l      ′ 〃  ∧   ∨   |   l| 八
   |l    |l   |/ /  /.|l     ′.|l.      ,' //   / ∨   ∨  .|   l| /
   |l    |l   ┼ -- __|l   /  .|l    // ./  /__ -- ―∨ |   l|′
   |l    |l   |、 ─―=≧ミ/   |l     /   ./ ,z≦=―― ァ  ∨ |   ./
    И   .|l.  /{/ヽ   |l::::{i}::::lト、  .|l.   /   / |l::::{i}::::l|   / ∨ 斗ヘ /
     {从匸.| ,′  \ `====''   |l  /   ' 、 `====''    | ∠  !/
    ヘ ン !/       ̄ ̄ ̄´  .|l. /         ̄ ̄ ̄     ! _ ′    鼻でキャンディをやるのか、って
      ヘ  ヘ               |l /               ′)  /
       \_                |/ .i                  /   /       聞いてるんだよ、やる夫。
           ∧             .:::{              / ―一
          ∧              .:::::|                /

私はぽかんとして彼を見つめた。
質問の意図が、そして意味が理解できなかったのだ。

806 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:52:52 ID:kjsQmSRY0

        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\      キャ、キャンディならたまに食べるけど
   /u (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |     さすがに鼻から食べるような特技は
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ      もってないお…。



                    ___
                  .  ´      `'´ ̄ 丶
             /                    \      なに馬鹿な言ってやがる!
             /                      ∧
          /                      ∧     コカインのことだよ、コ カ イ ン!
            /                 丶      ∧
.           /          i     ヽ   \.   ∧   お前、コカインはやるのかって聞いてるんだよ!
      -=彡"       ′    | |/,        ∨   ∧
         ̄/   / /     , } |, /,  |l  i  ∨  圦    -=ニ二二  
.       / イ           , ∧ |/ /, |l  从人∨  |iミ、/二二二二
          /// ′|l _}    // ||// |l /  } }  |iニヽ二二二二二
.         /イ/ ∧ l |l 7≧_ //  イ 笏 厂Ⅳ    ノ l |i二|二二二二
          { / レ}从八笏/イ     ̄      ,r ´ 圦/ニニ′二二二二
         '′       ` !             }    /ニニ/二二二二二
                  く            ′   /ニニ/二二二二/
                 {ニ`ヽ  ー―==、  /    /ニニ/二二{ ̄`" /
                ∨ニニ\ ` ̄ ̄ /-、   〈ニニ/二二二二二二
                ∨二二\_ イ三三}__  \〈二二二二二二二
                \二二/三三三〈  `  ' \ヽ二二二二二二
                  {二{〈三三三三∨      /\\二二二二二

807 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/23(月) 23:54:40 ID:kjsQmSRY0

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\    ちょ、ちょっとしたジョークだお…。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |   コカインなら時々はやるけど、今夜はそんな気分じゃないお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

                         ___
                         ´     `ヾ}
                     /        ≧、
                   /              \
                     /               ヽ
                 /                \  ',
                   / / ′ i     、 lV   ∧  ヽ
                  ーイ /   l     ト、 _ 斗 V   ∧ トヽ
               l ,i  八  Ⅳイ 苧厂 V 刄∧.l
                    l/ l 折ァ \|   ̄   V_ 」  l
                     Ⅳ! /             ノ  l
                  . 〈          厂  从
        なんでだ?     八             ′ Ⅳ
                    \  ̄ ̄ `   /. l八l
                    \    /   l
                      ー < {0.ニニニニ}
                         {!ニニニ|    |ニニニニニL

808 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:01:46 ID:zW6MJgSg0

     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    なんで?って言われても、やる夫ももうくたくたで
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /    あんた等にはついていけないんだお。


           /  ̄ ̄ \
          /ノ  ヽ__   \    だいたい、あんたら、やる夫の半分くらいの年じゃないかお。
        /(―)  (― )   \
        |.  (_人_)   u |  一日中ビールやらコカインやらで、こっちはくたばる寸前だお。
           \   `⌒ ´     ,/
         /         ヽ
        ./ l   ,/  /   i


809 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:04:04 ID:IJWtgGIA0
コカイン吸わされるとかレイプを一緒にやらされるのか

810 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:07:53 ID:zW6MJgSg0


 { : :从{: :∨.:|:::     |/   ...:.:.::::::::ヽ', \: :∨.:Ⅳ.:.|: : : : : : : : : : :
 ∨: :{.:.:|: : ∨|:::                 l l : :\!:V.:|: : :.   :.:.:.
.  ∨ ヽ:ヽ: : ':i::::                  | l : : : : ::ヽ{: : : .
.   、: : `\!:. ::.                    | l : : : : : : : : : .
    \: : : : :.                  | l : : : : : : : : .
      \_::.                ._._l : : : : : : : .
        | .:.::.                . . : :{: : : : : : : : : .
        | .:.:八           : : : :ヽ!: : : ィ: : : .    _,
        | ノ} .:.:.:..       、___._:_:_:_:_:_:_:_.____, </    .::   クランク(※1)をやれば元気が出るぞ、やる夫?
        {′V .:.:.:\       `≦==‐         ---/   .:.:.:
          V .:.:.:.:.\          ̄ ̄二二二 ̄ ̄ ̄    .:.:.::/   あんたに必要なのは、数本のクランクの筋だよ。
          } .:. .:.:.:.| \        〈: : : : : : :〉     .:.:.:/: :
          | I .:.:.:.|   、       ` ̄ ̄´       .:.:/: : : :    俺のおごりだ、さぁ、やれよ。
          |八  .:.|     .\            .:.:/: : : ;  :!
             V .:.|      :\           .:.:/ : : : : ;′::|
                 V.:|        : :丶、      .:.: イ: : : : : : /   :|
     ______l.:|__     : :}: : .--<: : : : .    /__|__
     |三三三三三三三○三}      : :',: : : : : : : .     ,/ {三○三三

私がそういうと、ザ・キッドはニヤッと笑うと、万能の薬でもあるかのように私にメタンフェタミンを押し付けてきた。

※1 メタンフェタミンのこと。
バイカーたちが、バイクのクランクケースを隠し場所にしていたためついた俗称。

811 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:08:26 ID:zW6MJgSg0


    ,/               \
  /                  \
 /                        ヽ
./    ハ./ゝ、    __          ヽ
i     ,ヘl ヾ. `,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ     i
!   l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、   ハ
:   i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
:   l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
:   ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:..   ,〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ     そうだぜ、やる夫。
l:   :i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|   :l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}   :! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!      お前、少しクランクをやったほうがいいぜ。
!   :l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:   ./i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:../   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:.:l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

そんな光景を見ていたドミンゴが、そういいながら近づいてきた。
彼がドラックのことに口を出してくるのは珍しいことだった。
何しろ、彼はドラッグをやらなかったからだ。

812 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:11:03 ID:zW6MJgSg0


      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|      俺に遠慮してるんなら、別に気にしなくていいぜ。
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    Ⅳ≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|      センカルの連中からもらった上物なんだ、楽しみな。
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三

ドミンゴがドラッグをやらないのは、彼がまだ仮釈放中であったためだ。
彼は暴行罪で入っていた刑務所から出てきたばかりで、週に一度保護観察官のところへ行って尿検査を受けなければならなかった。
私はドミンゴのぎらぎらした視線を感じ始めた。

813 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:11:24 ID:zW6MJgSg0

         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \  (やばい、状況が悪化した……)
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
    |      (__人__)     |
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

集団レイプのほかに、ドラッグのテスト。
事態はさっきよりも悪くなっていった。

814 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:12:00 ID:zW6MJgSg0


                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧             /ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
//i: : : : : : ::  , ー |////////      |//////////////\: : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
//|ー―――――‐|///////           |////////////////>、: : : : :          : : : : : : : : : : : : : : : : : :

周りを見渡すと、数人のほかのメンバーたちも、私の反応をじっとうかがっていた。
モンゴルズのようなアウトローバイカー集団は、長いこと警察との鬼ごっこを繰り返してきて
潜入捜査官の見分け方をしっかりと心得ていた。
きちんとした裏付けを用意しておかずに、適当な口実で言い逃れをすることなどできなかった。

815 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:12:25 ID:zW6MJgSg0


              ____
             . '"   U    `丶、
             /  \         \    じ、実は毎週保護観察官のところで
          /     `¨″  `'ー'" ̄`
            {  三三       三三   }
         '.                 J /   尿検査をしないといけなんだお
             \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
               `¨7    ̄       ‘,
                /          ‘,

もし、私が仮にこのようなことを言えば、次に来るのは「じゃあ、その保護観察官の名前を教えろ」
と言われるし、どこの刑務所に入っていたのか、監房で一緒だった受刑者はだれだ、と問い詰められる。

816 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:12:53 ID:zW6MJgSg0


  _                                      _  _        _
`     `ヽr '',.Z.._            _ヽ`Y ,Z._    , -─- 、  ,>  `´  '‐z    ≦-` `' ¨ Z_
        ′∠.._  ,. -─- 、  > `    \. 〃^''ー-‐uヘヽ .7 ,ィr=、,.=ヽ、ヾ   >,.ィィィィィィ_`ヽ
          <  〃^''ー-‐へヽ/ィ   ,.イハ i、  ゝ.|{ ‐-、  , -‐ }| 1/‐-、  ,.-‐i. |   ´7‐-、  ,.-‐ 7 .|
       ,イハlヽ. ヽ. |{.‐-、  ,.-‐ }| レlイ/_ヽ  ゝ!ヽ. | nTこ・lニl・つフhn|. -, .- }h    r|:=。  。= 7n!
    ,イヘ.`7 ハ|ヽ!r!| こ・  ・つ |h n| ´_0i i 0_` |hL|v ̄L_.」 ̄u|ノL|ur |__| 、v|レ    l_L ̄L_」 ̄_, |レ|
   r' ==f ,, /    L|.u /_ヽ  |リ Ll v r'_'ァ .u ル' .|: :-──- : | /l ! -─‐- l |ヽ    | (三三三) :N、
r'ニl.| ` ー-  \   l -──- |  l -──-  l _ハ : : : ̄: : : ノヽ_ l\.  ̄ , イ | `'ー-⊥._  ̄ _,,. イ/ |`ー
|.|-||. ijv   r __ \‐'ハ\  ̄ ,.イl`iー/l\.  ̄ ,.イヽ l |` ー─‐ 1| | `ー-.二_/|  |     ハ ̄  // |
ヽニ|.  ──r-ゝ ´.| l\、二/レ‐''| ヽ. `ー ' /l |` ー- 、__.ノ|⊥_|      /ヾ ̄      l l ̄/_ ̄\|
  .ハ.u  ┌;┘   l/ヽ. l .ハ´   |_.⊥ヽー/ _⊥._|    /ヽ |_       .l  ヽ       |  l./
  | ヽ v lハー-  _    ゚ヽ/ .l        ゚∨`         l  l. |        |  ∧ r─┐| /l
  .|   \._」. ヽ    ` ‐ 、/ヽ |       |   r──┐| /,!|_    lニ。ニl |  / ∧ト 。イ |. /l°   lニ。ニl
ト、 l  /, /   l      /ヽ\|         | 。   ト 。 イ | / ヘ    |   | |  /  〉_| L_, イ   |   |
|ヽW-‐'〃|⊥. |     /  l\|         |    |    | |   ,.イ    ̄ ̄ |   _,.イ   |   |。    ̄ ̄

モンゴルズは、連邦刑務所にも州刑務所にも大勢情報源がいて、その話の穴をすぐにでも見つけ出す。

817 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:14:35 ID:zW6MJgSg0


       _/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |:::::::::::::::::::::::::::::;,"""` ' '' ''''::::::::::::::::::::ヽ
      \::::::::::;/"""        -':::::::::::::::::::: |
       /| /|/            ,`:::::::::::::::::: |
       |:| |' ヽ     ,, --- 、、 丶:::::::::::::::::::::|
       ||,,..、   ,,, ''        ヽ:::::;- 、::::::|
       `l ヽ,  ` _,,,----    |:/ ,、ヽ::/
      □■□■□■□■□    `' /__ヽ l:/
      □■□■□■□■□    ノ/ 丿 |/
         、 ノ           / )/ ノ|
         ヽ/             /  , '::|
        、'_            |__/`llヽ
         `` l,, 、――‐、      |    |
          `-' `ー――'     /     |
           \         /   , - `l
            `       / , '''     l
             丶    /,  '      __, `-、
                  私立探偵M.K

かりに、仕事柄抜き打ちの尿検査があるのだなどといえば、彼らはすぐに私立探偵を雇って
話の裏を取るだろう。この種の潜入捜査に協力的な会社などほとんどないし、あったとしても
ドラッグ・テストの詳細を突っ込まれればうまく対応できないから、結局そのような会社にも
迷惑をかけることになってしまう。

818 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:15:38 ID:zW6MJgSg0 [10/54]

 { : :从{: :∨.:|:::     |/   ...:.:.::::::::ヽ', \: :∨.:Ⅳ.:.|: : : : : : : : : : :
 ∨: :{.:.:|: : ∨|:::                 l l : :\!:V.:|: : :.   :.:.:.
.  ∨ ヽ:ヽ: : ':i::::                  | l : : : : ::ヽ{: : : .
.   、: : `\!:. ::.                    | l : : : : : : : : : .
    \: : : : :.                  | l : : : : : : : : .
      \_::.                ._._l : : : : : : : .
        | .:.::.                . . : :{: : : : : : : : : .
        | .:.:八           : : : :ヽ!: : : ィ: : : .
        | ノ} .:.:.:.               . : : : : : : : : : .        .::
        {′V .:.:.:\      --‐――――――‐‐--     .:.:.:
          V .:.:.:.:.\            ___        .:.:.:/   こっちに来い、やる夫!
          } .:. .:.:.:.| \        〈: : : : : : :〉     .:.:.:/: :
          | I .:.:.:.|   、       ` ̄ ̄´       .:.:/: : : :    一本やらなきゃ我たちはお前の言うこと
          |八  .:.|     .\            .:.:/: : : ;  :!
             V .:.|      :\           .:.:/ : : : : ;′::|   いっさい信用しないぜ!
                 V.:|        : :丶、      .:.: イ: : : : : : /   :|
     ______l.:|__     : :}: : .--<: : : : .    /__|__
     |三三三三三三三○三}      : :',: : : : : : : .     ,/ {三○三三

ザ・キッドは、車のボンネットにメタンフェタミンの筋を二本作って、全員に聞こえるような大声で叫んだ。

819 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:16:31 ID:zW6MJgSg0


       ___
     /\:::::::::/\.
    /:::<◎>:::<◎>:::\     (畜生! 逃げ道をふさいだつもりか!?)
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ` ー'´  u   |
  \  u   :::::     /
  /   :::::::::::::::::::  :巛 ̄ヽ
  /  ,        :〈⊃ ̄( .}:

顔が真っ赤になるのを感じた。
私はコーナーに追い詰められ、何とか縛られたロープを解かなければならなかった。
だが、私は学習していた。
ヴァガスに潜入捜査をしていたコズが、同じような窮地を即興で切り抜けた方法を学んでいた。

820 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:17:15 ID:zW6MJgSg0


 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!    どっちにしろやる夫の言うことなんか一つも信用してないんだろ!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /     あんた等を幸せな気分にしてやるためにクランクやって
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i     バイクごと木に突っ込むつもりなんて、やる夫にはないお!!
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

みすみすやられる気などなかったから、私はザ・キッドに向かって怒鳴った。

821 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:17:40 ID:zW6MJgSg0

     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;     だいたい、今だって無傷でロスに戻れたら上出来なくらいなんだお!?
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;   そんなものくそくらえだお!!
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;



/ ̄ー―‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

皆唖然としていた。
たかだか取り巻きが、フルパッチにそんな口を利くなんて信じられないようだった。
支部長には誰もそんな口をきかない。

822 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:18:07 ID:zW6MJgSg0

         ____
      /       \
     /  _,  、_ \     (………どうせリンチにでもするんだろ!やるならやれよ!)
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'   |
   \    ` ⌒ ´    /
   /ゝ    "`     `ヽ.
  /              \

私も運が良くても散々痛めつけられるだろうと覚悟していた。
それでも、バイクに飛び乗ってストリッパーが集団レイプに会う前に
ここから立ち去ることがきるかもしれない。

823 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:20:32 ID:zW6MJgSg0

                         ´     `ヾ}
           X        /        ≧、
         X        /              \
           十        /              ヽ
        十       /                \  ',
                   / / ′ i     、 lV   ∧  ヽ
                  ーイ /   l     ト、 _ 斗 V   ∧ トヽ
               l ,i __八  Ⅳ ´__ V 刄∧.l
                    l/ l ,==ミ,\|  ´ ̄ ̄` V_」  l
                     Ⅳ! /             ノ  l     いい度胸してるじゃないか!
                  . 〈          厂  从
                   八  、___     ′ Ⅳ
                    \ ∨   /  /. l八l
                    \` ̄´ /  l
                      ー < {0.ニニニニ}
                         {!ニニニ|    |ニニニニニL
                        |lニニニ|   _.」0ヽヽニニニニニニニニニニニヽ
                      ノ||彡 ´ ^  ||ニニニヽヽニニニニニニニニニニニ\
               -=ニニ〃||、     /||ニニニニヽ二二ニヽヽニニニニニニ!
            r-=エニニニニ〃ニ|| l   / .||ニニニニニニニニⅧニl lニニニニニl
              lニニエニニニ〃ニニ|| l   /  ||ニニニニニニニⅦニ| |ニニニニニ!
.            lニニエ==ニニニ|| l.  /   .||ニニニニニニニⅦニ.l lニニニニニ/i
          lニニ.lニニニニニニニ|| l /    ||ニニニニニニ厂つ.l lニニニニ/ニ!
           lニ//!ニニニニニ二|| .∨    ||ニニニニニ厂 ̄`ヽlニニニ./二l
            lニ| |.lニニニニニ二||  i1     ||ニニニニニi´ ̄ ̄ミ lニニ./ニニl
             lニ| {/i}二二ニニ` <    r≦/ニ〈Ⅶニ二〃ニニ/ニニ/
             lニ| l_lLニニニニニニニニ` <ニ/ニニニⅦニニ〃ニニ./ニニ{′
.           lニ| |ニニ` <ニニニニニニニニ二ニニ≧ニニニ〃ニニ./ニニニ.l
.           lニ` ===ニ` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニl

が、驚いたことにザ・キッドは大笑いして、メタンフェタミンの筋を二本とも鼻から吸い込んだ。

824 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:21:16 ID:zW6MJgSg0 [16/54]

    ハハ
    (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧
 ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)     こいつ言うじゃねぇか!
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |   いい度胸してやがるぜ、こいつ!
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | ゲラゲラゲラ!>
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

ほかのメンバーも全員大笑いした。
それを合図に、まるで潮が引くように、皆銘々やりたいことをやり始めた。

825 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:23:05 ID:zW6MJgSg0

     ,=::;;;,
     l,ェ`l l
     ←、,r'ヽ、        ,r―-、、      r''"`''''ー--、
      /,rニニ=-、     /;゙゚゙゙゙`> `''i     lr'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙l  `'l
     r=,レ゙゙゙゙゙l   l    > ェ‐  〉  l    ム     l      おっせーなー。いつ来るんだよ?
     ζ=`>`エヽ,r-,l    < 、   l_r‐-, l   〈ェ `ェ‐  〉
    i-、 〉-、  _ノ 、   ├、    、ノ     K´    し'´`,    おーい、ビール切れたぞ、誰か持ってこいや
    ,r'-、,r'l、_,r'" /´ \  <、    ,r、      l<_    _,/
  //l´  >、_/    \__,>、,r'''"  ヽ、   〉      /l、
  'llll' l   l /      /〈 ー'      ヽ  ``ヽー    ,)\   カードやらね?
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"     面倒だからパス。
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
_r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'
/;'/`>=`ヽ'  ,r'" >-'"  _,..r―-'´`ヽ /  /
l、/lc'`‐'`l__,.r'",r'"  ,rーl", 、     ヽ'ー''

時間はどんどんたって、午前三時を過ぎたが、ストリッパーたちは待てど暮らせど現れなかった。
モンゴルズの連中は全員アルコールやドラッグに酔って、何に対しても神経を集中できなくなっていった。

826 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:24:02 ID:zW6MJgSg0



 | | |   |   | |  |  |  | ________ . | |  |  | |   |   | |  | |
 | | |   |   | |  |  | ,-´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、|  |  | |   |   | |  | |
 | | |   |   | |  | ,-´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `-、 .|  | |   |   | |  | |
 | | |   |   | |  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.  | |   |   | ∧∧∧∧∧∧∧
 | | |   |   | /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \  .|   |  <           >
 | | |  | |    i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i    .| |  <  俺    く    >
 | | |  | |   .|:|{::::::|{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::}|:|    | |  <           >
 | | |  | |   |::| {::::| {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |::::;} |::|   | |  <  は    そ   >
 | | |  | |  i:::| .{:::| {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |:::}. |:::i  .| |  <           >
 | | |  |  | { |::::| {;;| \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |;;} |::::| }...|  |  <  帰   っ    >
 | | |  |  | {::::::|    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,---、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     |::::::}. |  |  <           >
 | | |  |   |\;;l    ________________ l   l ________________    l;;/|    |  <  る   た     >
 | |  |   |   |\    |   ________ `i   i´ ________   |    /|   |   <             >
 | |  |   | __|;;;;::`i     | <  ・  > |   | <  ・  > |     i´::;;;;|__ |   <   ぞ   れ    .>
 | |  |  |`ー、 ニ    \   ̄ ̄_____}─-{____ ̄ ̄  /    ニ,,―´ |  <            >
 | |  |  |  |::::::::\  ___  ̄ ̄ ̄ _    _  ̄ ̄ ̄___   /:::::::|    |  <  |        >
 | |  |  |   |:::::::::::}.  l::::l  l~^l  |::::|   |::::|  l~^l  |:::|   {:::::::::::|    |  <           >
 | |  |  |   |::::::::::|   |:::::| .|:::|  |:::::|   |:::::|  |::::|  |:::|   |:::::::::|   ..|  <  |        >
 | |  |  |   |:::::::::|   .|:::::| .|::::| .|:::::|  |::::::| .|::::| .|:::::|   .|::::::::|    |  <            >
 | |  |  |   |:::::::::|   .|:::::|. |:::::| |::::::|  |:::::::| .|:::::| |:::::::|.   |::::::::|    |  <   っ          >
 | |  |  |   |::|ヽ;;}  |:::::::|. |::::::| |::::::::| |:::::::| |::::::| |::::::::::|   {;;/|:::|    |  <            >
 | |  |   |  |::|    |::::::::::||:::::::||:::::::::| |::::::::||::::::::||:::::::::::|    .|:::|   |  <  !!       >
 | |  |   | \`-,__,-´ \::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::/ `-,__,-´/|  |   <            >
 | |  |   |    ̄| ̄  | \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |    | ̄     |    .| ∨∨∨∨∨∨∨
 | |  |   |  / |    |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |     | \    |    .| |  | |
 | |  |    |/  |     |   \:::::::::::::::::::::::/   |     |  \   |    .| |  | |
 | |  |   /     |     |     ̄ ̄ ̄ ̄     |       |    \|     .| |  | |
 | |  | /       |     |                 |       |     \   | |  | |

やがて、待つのに疲れたドミンゴが吐き捨てるや否や、ロサンゼルスへ帰る用意をしはじめた。
それに倣って、ほかのメンバーたちもいそいそと帰る用意をし始めた。

827 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:24:52 ID:zW6MJgSg0

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\    (もしかして、これは俺に対するテストだったのか…?)
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |   や、やっと帰れるお…。
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

私は疲労困憊していたが、集団レイプ計画は私に対する最終テストなのだとようやく理解した。
参加しなければ、私はモンゴルズから追い払われていただろう。
むろん、捜査官として、子供の父親として、良心を持った一人の人間として、そんなものに
参加するなど問題外だった。

828 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:25:06 ID:zW6MJgSg0

             ____
           /      \
         /           \     (だが、俺に何ができた?)
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |    (見知らぬストリッパーのために自分の命を危険にさらせれたか?)
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \

だが、もし計画が実行されていた場合、自分に何ができただろうか?
レイプを阻止しようとしたら、潜入捜査官であることがばれ、殺されていたかもしれない。
銃もなく、バックアップもいない捜査官に、メタンフェタミンやコカインでハイになった
十数人の荒くれ者のモンゴルズたちを止める手立てなどあるわけがない。

829 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:25:34 ID:zW6MJgSg0


            ィ=-‐ー‐― ― ―― ―  、
           r' ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ
           }ヽ丶丶ヽヽ ヽヽ ヽ       \
          /ヽ    ヽ ., ヽ  \  \ \ \
         /  ` .,   ., ` `  . ‐- \ \ ヽ
       r '´  / ̄ ヽヽ ,   ,    ヽ   丶 丶 }
       |   i  |  ハ 丶\ ヽヽ    \  |  |  |
       |   |  |  | i |  i ‐-ヽヽ‐- __ヽi  |  !
       |  /i|  i  i  ヽヽ ヽ ヽ L.._/ /  ̄ 三三__
       | / /|  |  | -‐ i ヽ ヽ ヽヽヽヽ / / ヽi    |  ̄‐-
       }/ // i  !', |    \ヽヽ -― -;  / ゙ヽ  ヽ|
      / // ∧ | ヘ i /  ̄   \',  / / ,:'  / i  |
       / // / ハ | /iゝ       `  / /  ,'_/l i l i! ハ
     / //  ,' .; ヘ/  |      ’  ; ,:'  i| i l i li ハ
    ,' ,' i  ; i  /  / ` .,  `  ̄ i i   i:| l i l il/ Y
     i ,' | i ; |  ,'  / ; ; : :` .,   | |  i! | i l i | |
     / | i ; | i | i i : 〈 ̄ ̄!`_¨´! |  「 ̄ ̄ ̄ヽ| /
     ¦ | i | / r‐--‐イ「 〉   ̄  i  | i|     /´リ
       | ハ |  /    i ゝ      |! | i  ..  ノ-‐―― 、
       レ  'j /  i       `ヽ.   |  | i|  /        ヽ

しかし、幸運の女神が私に微笑んでくれた。
私だけでなく、幸運の女神はストリッパーたちにも微笑んだ。

830 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:25:59 ID:zW6MJgSg0

                                    ____
                                  /     \
                                 /  ─     \
                                  ' ( ●)       \    チラッ
                                (l、__)          |
                                  ⌒´         /
                    ,r――-―――――― '''''⌒  <
          __     nf=!、!、◎Jー――――7      /
         f`ヾ ..::ヾ ,┳ 三   ,へ _       /      /
         l l | ;;;;;;| __  三>γ  ̄;;;;;;ア,,,γ ⌒ 、     l
         ! !ノ;;;;;;::f⌒l l工K( ,,,,,,,,,,,;;;;;;;K/    ,  `ヽ  ,'
         ー  ♂`-"-l' ヽ ゝ=== /   入    / ,,r-
       __   [l/互/   K三W三 /   /r 二二二に  ノ
    l""";;;;;;;;;;;;; ̄:::''' //    ll≡lll≡ll f=-、 ノK r gg二二二k
    ヾ--――  ,-五  >ヾ r||f⌒ゝ  f「メyf  |l f< / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ll
    ,γ;;;r     i/ /ィl 7;;;:::ゝ 入=γ⌒"" _彳=っ ,,k_____ア=
   f;;;;;lf    石ム" l l;;;;;::::::ヾ !!  Iェェェィ'''斤ri^ik    ,       ヾ;;;;;''ヾ
   i,,;;;;;l    `、_ノ  ,γ;;;;"!-"ΓL _/_/_/  l| | llK_,   rf(◎)  i;;;;;;'''l
   ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/  ヽ____7 〔缶}二二二二二にム,   ||;;;;;;"l
    ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"                 ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/
     ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"                   ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"
                                   ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"

モンゴルズの面々は私をテストすることに興味を失った。
歓声を上げるでもなく、彼らはバイクのエンジンをかけはじめた。
私はバイクに乗るともう一度周囲を見渡した。
シコーニーもバックアップも、どこにも見当たらなかった。

831 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:26:29 ID:zW6MJgSg0 [23/54]

                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ     ね、眠い…。
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l
              i    l .l  ̄  ,    u   l     疲れた…。
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈

私は疲労で倒れる寸前だった。
四十八時間で三時間も寝ていなかった。
生きて自宅に戻れたら、それこそが勝利だった。

832 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:26:56 ID:zW6MJgSg0

                        .::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::...
                      ...:::::;;;''        ';;;:::::.......
                     ...::::;;;''            '';;;::::::........
                    ....::::::;;              '';;::::::::::.......
                 ......:::::::::;;               ';;;;:::::::::.........
__ --――――― ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ii ヾヽ ヽ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ll  } }  .l
                           /  .| .|  .l
                          ./    l l   l
                         /    l .l   l
                        ./    l  l   .l
                        /     .l  .l   .l
                         /     .l  l   .l
                           /        l  ,l   l
                       /       l   .l   l

ロサンゼルスへ走り続けているうちに、日が昇ってきた。
タハンガにたどり着いたのは、午前五時頃であった。

833 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:27:48 ID:zW6MJgSg0


          ___
            /\:::::::::/\.
          /:::<○>:::<○>:::\       (モンゴルズめ……!)
        /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
        |     ` ー'´  u   |
        \  u   :::::     /
        /    :::::::::::::::::::    \
     /                 \  〈〈〈 ヽ
                       (〈⊃  } }

疲れ切った頭の中は、何も知らないダンサーたちを誘拐とレイプの罠に誘い込もうとした
モンゴルズの連中の卑劣さでいっぱいだった。

834 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:28:45 ID:zW6MJgSg0


その数日後  ロサンゼルス 某所


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!      よし、皆集まったな。
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿      話はほかでもねぇ、やる夫のことだ。
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }       あいつは中々ガッツもあるし、くそ度胸がある。
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!       ……この間の”テスト”は失敗したが、済んだことは仕方ねぇ。
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }    俺はあいつをメンバーにいれてもいいと思ってる。
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、

835 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:29:18 ID:zW6MJgSg0

.              /:::::::: \::::::::::\::::::::::::::`¨¨¨¨\)\ 、、
         ___彡':::`¨¨`\\::::::::::\:::::::::::::::: ⌒ヾV'W/ )
          '⌒㍉ヽ:::::::::::::::::::\\::::::::::\::::::::::\ :::::|::: //て
        ⌒ヾ:::::::`ー===ニニニ\\/" /`ヾ:〉》::::|:://:::/
 .          \):\::::::::ー-===ミ/  /    //\j///し
              ',::::',\:::/⌒ヽ彡  ̄/ ̄ミメ//  `7刈く
              ',:::|:::::::{ ⌒) "    弋戎ハ\  // |⌒\
            {从:::::::} イ       `ヾ ⌒/厶,,j   }
               〉:::\:○'                 {ネ/   丿
          /`ヽ//〉^Y                ∨
          /  / ,//           \ _  _   ゝ
_ ..  -‐==彡`ヽ/'⌒//、             ` ーヽ_r ´      !
. : ̄ ̄` 、::::::::::/   〈/ . :\  \          ┘
  .:\ ̄ ̄\/       . : :\  \     /          じゃあ、あいつを見習いにするんですか?
 . . . : :\  . : \       . :/-=ミノ\ _,ノ
    . . : : \  . : \     . : :/:::::://)
     . . : :\  . : \ . : :.:/^Y//
         . : :\  . : \.:.く::::::/∧\

836 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:30:31 ID:zW6MJgSg0


         ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ川川川川川川\
       川,r‐へへく⌒'¬、川ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉川}     待ってくれドミンゴ、そいつは危険じゃないか?
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―川川
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  川川     あいつが完全に白だときまっちゃいねえぜ?
   / _勺 イ;;∵,__∴'∵; 川川
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{川川、______
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
!     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/
    ノ\ |::::::|            |::::::|


      /.:.// .:.:.:.:. / .: i|:.| :.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:| ,.斗‐‘,:.:.:|:.:.:.:.:.:. |:.:| l\:.:.:.: | .: |.:.:.:.:.:.:.:.:
.     /.:,:'  | :.:.:.:.: .゙.:.:.: i|:.|:.:.:.:.:.:.:.: i |:.:/'",.≠=ミ‘, :.:|:.:.:.:.:. /: :| |⌒ヽ : | .: |.:.:.:.:.:.:.:.:
.       l /  :|:.:.:.:.:. | :.:.: 八:\:.:.:.:.:.:.|:Ⅳxく,ノ心 / ∨|:.:.:.:.:/.:.:.i| |ハ,  ',:.| .: |.:.:.:.:.:.:.:.:
.       |′   ,:.:.:.:.∧ :.:.:l:.:.\{\:.:.:.N:  Vzグ ′  |.:.:.:,:' |: :八|__} ∧|\|.:.:.:.:.:.:.:.:
.          ‘,:.:.:.l '. :. | : .:.:.:.沁\|            |/  |:/    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
             ‘,:.:.|  \| .:.:. ‘,:.'.}                ノ'   r┬' .:.:.:.:.:.:.:.:.:. i|.:,′
             ‘,:.|   \:. :.|∨                    , │.:./.:.:.:.:.:.: 八{
             ‘.l:      \|〈                    /  ノイ :/ .:.: / /
                      `   , -─         . ′   ∨.:.:. /} ′
                      ‘:,            /       ‘,.: /
たしかに。でも、あいつが          ‘:,           ´         V
                            ,.  、               ‘,
潜入捜査官なら相当手ごわいぜ       `¨´   ',              ‘,
                              -─…‐-ミー─- ,,_    ‘,

837 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:30:47 ID:zW6MJgSg0

      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_    <たしかにな。あいつ最後までヤクやらなかったしな。
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ   <でも、それって気分の問題じゃねぇの?
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l   <たしかにな。俺だって吸いたくない気分のときあるし。
  `'ー--l      ll      l---‐´   <でも、ラフリンでは吸ってたんだろう?
     `'ー---‐´`'ー---‐´       <そういえば、ロッキーが言ってたよね。

838 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:31:22 ID:zW6MJgSg0

              _..-''゙゙:::::::::::::::;;;;;   ゛''-...,
                 /:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
              /..::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           /.:::::::::::::::::::::::: :;: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, l
           l..::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:;._,,,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
         l.::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::,r'|' .,r'. /.,、...;;;;;;;;;;;;;;.!
         | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:l. V.;;;;ヘ,,/│;;;;;;;;;;;;;;;{
          | ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;|`、', ,.:;....;;...,iii_゛ー ..,_.... ,.l
            l:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;;;`、`゙..;モ..lニ.: :二=,,,,二.ノ'
        ./:::::::::::::::::::::::: :;;;;;;; `、┴.. .;`、゛L::::゛ー・ハ;i`、
         /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; ゝァ . ; .....''゛゙''''- -イィ. ゙l
  i゙i   ./.:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.._    _...-―''ニヘ!
  l .i,  \ _.____: ::: :  .:;;;;;;;;;;;;;:; ,.、i,.;;;;;; l ; i`l.'.;;.、i,. ;ナノ     ……皆の言いたいことはわかる。
  l,. i.     ,r'. ゙゙゙゙゙゙゙゙̄゛'''''''''''”゙/l`、;;;.|  l  |..::! ! l;l l.l
  l  i   ./            / /. `、.| ;│;; l :.i | |.l /     だが、あいつはただの取り巻きだ。
  .!  i ヘ...,,        / /..i.   l. :;.t,,_凵. -´/
  .l   i. : :`゛''- .._    ./.  /. .',.   `、 ;..:::. ,iナ/ .,./     法に触れるやばいことも多くなる見習いになれば
   l  i. : : : : : : : : :"゙''‐-/  .l  .i,    ゛l''''''´  .//
_,, !゙.|   `、. : : : : : : : : : :/.   ヘ'- ..゙,,__.  !   -'゙ /       すこしはボロを出すんじゃねぇかと思ってな。

839 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:32:19 ID:zW6MJgSg0


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ    それによ、本部のレッドドックがウルセーんだよ。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧     あいつ やる夫のこと、完全に疑ってやがるからな。
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l     新米や取り巻きを全部怪しんでたらキリがねぇってのに。
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l



                  、-  - ゝヽ  ,
                ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レi
               ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|
                V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、ート、
                V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:」 .! }
                 V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:// 〈 ′
                 ヽ_.:.:.:.:.:.:.:/ ヾソ }    まぁ、本部の言うことにゃ逆らえませんがね。
                   / /`ー‐'  l   /
              , -‐ / /      ,'  l     それにフルパッチにするわけじゃないから、本部も
            <  /`Y  \   /` ̄
          / ヽ /.:.:/ / ̄ \/        そこまで五月蠅く言わないでしょ。
          / ̄/.:.:./ /  /  ̄ \

840 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:33:28 ID:zW6MJgSg0
            ー-=ミ、
     \___-=ニ二≧x\
       >―二ニ=━‐-ミ、y- ‐=-
    ´ ̄/.:/....∠ィ..: .:::7~=小<
   ーイ.:/.:Ξニ=彡イ.::/ /⌒ハ:.、 \
   /_/.:::::≧≡夭.:〃.:/ /イ,′i::}:::i:.、、ヽ
 -=夭:::;ィ::::::/.:.:.:/'.::/ ,::/イ:./メイ:ノ!::i:. ヽ丶
    /イノ.::::::::::::::/.:::/.:/.:::/i:,゙ 《`ty:ハ::「`ヽ
     /イ::::::::::::rイ}:イ::::;イ/ノイ   ヽメ/ヽ
     ノえ::::::::.\゛レソ  ′!   _  .′
        )ィ::::::/ヽ       /- ア     まぁ、見習いへの昇格くらいなら、本部や他の支部を通さなくてもいいですけどね。
     ___ノ_Ⅴ  `ヽ     `ー'r′
   ´`ヽ_    / 、___y-  __ノ
       >┐/   \   . ̄え___


         ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ川川川川川川\
       川,r‐へへく⌒'¬、川ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉川}
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―川川
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  川川    まぁ、それなら大丈夫だろうが…。
   / _勺 イ;;∵⊂⊃∴'∵; 川川
  ,/ └' ノ \   ¨¨`    ノ{川川、______
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃
!     l   |::::::|  ` ̄ ̄´    |::::::|/
    ノ\ |::::::|            |::::::|




    ∧,,∧  ∧,,∧        たしかになぁ。
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    でもよ、もしサツの犬だったらやばくね?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u     だよなー。


841 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:33:29 ID:IJWtgGIA0
まだまだ危ない橋を渡りそうだが、リアルで殺されてる捜査官もいそうだな

842 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:34:05 ID:zW6MJgSg0


                                       ,,、 - ー― ー- 、
                                    、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
                                   , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
                           ,、       r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ   なあに。心配するな。
                        i;;|      r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
                           |;;;|      ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、   やつが仮にサツの犬なら
                         |;;; |     i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
                       |;;;;; |     i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ   それ相応の報いを受けさせりゃいいんだ。
.                       |;;;;;; |     | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
             |;;; t,        |;;;;;;;; |.    | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ
、、 ,,,,,,,         |;;;; t       |;;;;;;;; |    | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
;;;;;;;;;;;;;;;;~~~~~ヽ''''''' 、,,,,|;;;; h:ヽ     |;;;;;;;; :: |.    | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
 """"""""""''ヽ;;;;;ヽ;;;;~ '' ー`、 ,,,,,,,,,|;;;;;;;;;;;; |    i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;:::::::::::t;;;;;;;t;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、二、,,~~~::''''ー- 、,,ノ;;;/;;;;:::: /ー'"'' ,イi |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i  ::::::::::::;;;;;;ヽ;:::::~'' ,,z、::,,,:::::;>'";;;;;::::: /、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;リ;;;;;;;リ;;;;;;;;;;;;; ::::::::::;;;;ヽ'>'~   ~ ' 、;;;;::::::: /:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |    /;
;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::ノ;;;;、,'- '7;;;;;;;;;;; ::::::::::;;;;;r" "'':::,,    リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;;;;
::::::::::::::::''",,、-'"ー''ノ":::::::||;;;;:::: :::::::::::::;;;i;,,~'' 、,, "''  /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;;;;
 ,,,,、 ー''";;;;;;、 - ",,::II ;;||;;:::::  :::::::::;;;リ iiiii::: ~'  )'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;;;;
."|;;;、-'"  -ー '" ,,,,,;;;;;;;|i;:::::  :::::::;;;/r、,,    //:ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;;
i"|       ''"";;;;;;、-'ェ-、;;;;;;:: ::;// ~'-、 ,r"t;;:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' --
ii |      '''"":::::''"'' ~~''~~ヽ'''  'ヽ   ノ/::: t;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ ::::::


843 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 00:34:19 ID:dn2z8dog0
正直、もっとバイカーってあけすけの馬鹿だと思ってた

844 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:34:24 ID:zW6MJgSg0

          |レ /,/    |,,/           |,,,|::::::::::::::|;ヽ::::::::::::::::」.;.;.;
  .;;;;;:::::::............  !} `lヽ、   |ノ           .|,,,|::::::::::::::ゝ':::::::::::::/.;.;.;.;
 .;;;        へ}  |  \  |        /    |,,|:::::::::::::::|,,|:::::::<.;.;.;.;.;.;.;
;;;;         !iヽ}. |   ,\ .|  i.    /    ::::/ノ::::::::::::::::|,|::::::::::::\.;.;.;.;
.;        ..!.i  } ==f=、.\   il   /.    ::::|/::::::::::::::::::|::::::::::::::::::ミ.;.;.;
       .::.  !i `t   i、・ ;,ミゝ'i li... . /;     ::::|_.;-──--:::::::::::::::ミ.;.;.;.   異議なしだ。
       :::   ! ゝi   ...............::::::::::::::〈‘_.,;;;'.'_二 ̄.|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::,;;.;.;.;
      .:::.   ト,. i    :::::::::::: ヽミ彡::::≦:::::ィfキ”,゜テヾ、::::::::::::::::::,;/:::::::
      ::::    ヤi         ) ::::::::::::::::::ミ:::::::........<__ノ´:::::::::::::::::::ノ::::::;::
     ::::.     | |.i         .:::::::::::::::::::::.    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
     ::::.     | |ヽ       / :::::::::::::::::::::::::..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∀::::
     .:::.     | | ヽ.     / ::::::::::::::::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::| |::::
      .::: .    | |  ヽ.    / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::| |::::
      :::    ~   ヽ.  丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::| |::::


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧     異議なーし!
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ     
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'

845 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:35:28 ID:zW6MJgSg0

                               .,. -─- 、
                              /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                             ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ    よし、ロッキー。明日やる夫に伝えろ。
                             l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!
                            {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡   お前は正式な見習いに昇格だ、ってな。
                            {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡
                              iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|      /l /l
                            ト、     ヽ入:::::::::::::::::::`VⅥ    _../ レ' ..!
                    ト、. ! Vl ,..ィノ::`1 ミヽニニ彡'´ L:爪Y´./l  `` ヽ
                     | ヽ| 〃/./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:rl / .l.:.:.:.:.  /ト、
                     ィ´ヽ ノ/ /  :::.人::::::::::::::::::::::::::::::::!!::! ゝ '  /.ィ´ `ヽ

846 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:37:48 ID:zW6MJgSg0


                                    ―――
                                     / ヽ  /  ヽ
                                 /(●  (●
                                 {  (__人_)   }
                                  ヽ       / \
                (\                      <´ハ ー‐ ./}   /´ ヽ
              ≧-   \ー―.             /{  /  ヽ / {      >‐ 、
                     ≧-   }.            / i:   ̄ ̄7  ̄    {/     ヽ
               ((    ≧-__     / {:      /        ト、       i
                 ||   〃 / c   ≧ x.   !:     {       }      i
                     |i   {{ /     ミ υ /  >.     }  _    {       i
                   |i   ヾ > ´     ヽ /≧-   __/_ /}   八       }
                 |i.   γイ  (c.)  从  /{  ≧- `ー '. '     ヽ
                     ヾ ㍉´∨ヽ _  ′./  〉    {   ≧-.       }    〉
                -―. /ミ/.  /ミ/    `>     ノ           /    /
               /rf´. /ミ/.  /ミ/  ( ノ    `>{.           マ    /
                 //.  /ミ/´ 〉ミ/ }         /ー\      -≦ <(c)、_/三≧=- ´  ヽ
             //<ニ/_>‐-7ミ/ / `ー――┬―{   >≦.   > ´  ´> ´ヽ /    >x }
               // ∠マ/ `''< //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{   >''´;;;;;;;∧ //./,  /   ______/
           // / _   /7 Yヾヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧.´{//.ノノ   }        7
             //イ /-‐< ヽ7// :{ { >―mfrnrf ※;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧        / ̄ ̄<  ̄ヘ
.           //  //.}   .ン //   :| | { / ヾ. γγ::::::\}r― 、 }       ハ  - 、  ヽ
         //く //./    ./ミⅴ   :| | f /   f. f::::::   i::::::ii  !{       {/   _ヽ ∧
.          /`ーヘf /   ./ //_  :| |=彡 / { |:::::.   |:::::ii  !ム         ,,.<<\ ∧
.       /  √ }/    / // { γi | | =彡 / }ミ、::.   i:::::ii  !::::{  ー‐  }<>''´. \.>. !
      / ///〃/    ./ //|. } }. i | |三彡 / ミト\三:::::::::::ー ':::从 . `ー  ´ | \  ヽ }.  !
.       〃// 〃./     ./ //. |. トー―=彡 =彡 /ヾヾー―― イ /::i         \  }}.  !
     {シ/ ヽ /    ./ //  i }   {:::::: 三彡 ( ( ヽ 7 「 ´.  /:::::i.      |    /  }   !
      イ //    ./ //  i  ー―‐=彡 -f r }ヽ>ー――c ̄"`:::::::i..     |. /   /   i
      //ヽ'/     /シ/マ、=i {_ ノ, '| i / )  / . //}___/{{:::::/}      | < _/
.     //  /     /ヾ_/ー' ノ{. ヾ   | i { {.  /.  {≡≡∋ )_} ノ. |.      |\ >     /
    //  /     /    /ミヽー \  ヾ\ヾト. {.   ヾ ̄ ̄      i___ 」< /   /
.   //  /     / -‐  ´   ´   { ミー \\  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「   ヽ        /
  / { /     /ト   ――     }      ー─────────<} 彡ミ ヽ_ >
  {/    /  `ー――― ´――'                          {´    `)
  ー―                                         ー ― '

1998年の夏。私は正式にモンゴルズの見習いとなった。
私の潜入捜査活動は、ようやく最初の難関を突破できたのだった。


第一部 完


第二部へ続く。



847 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:38:32 ID:zW6MJgSg0 [37/54]
投下終了しました。
遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした。

848 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 00:39:49 ID:dn2z8dog0 [2/2]
おつかれさまでした
でもようやく見習いかあ

849 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:41:26 ID:IJWtgGIA0
フルバッチになんてどうやって昇格したのか不思議

850 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 00:50:54 ID:hIV8Dqwc0
乙!
やっと「潜入」できたか……


851 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:52:06 ID:zW6MJgSg0
依然にも書き込みました通り、今回を持って一旦「やる夫はATFの潜入捜査官のようです」の執筆を中止します。
第二部の公開はまだ未定ですが、なるべく早いうちに投下しようと思っています

852 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 00:53:42 ID:hIV8Dqwc0
了解!
次の部も期待してますが納得行くまでゆっくりやってください
待ってますよ~

853 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:56:12 ID:zW6MJgSg0
あと、第二部の予告を作成してみました。




                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    l   ようし、やる夫お前さん警察学校に何年通ってたんだ?    l
                    ヽ、_________________________,ノ

854 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:56:37 ID:zW6MJgSg0


            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"       おい! 訊いてんだよ、やる夫!
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
/ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :


    ロサンゼルスから北へ二百九十キロいったところにある、人気のないオレンジ果樹園。

    その舗装していない長い道の奥に、私たちはいた。

    金色に輝く太陽が眼下のうねった黒いハイウェイに降り注いでいた。

    そんな太陽の元、風焼けし赤ら顔になったレッド・ドックの顔が、私の顔のすぐ目の前に迫った。

855 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:57:08 ID:zW6MJgSg0

         ,′;;;;;;;;;;j\\            |;;| ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‘,
         ,;;;;;;;;;;;;;;;/   \\             j;;l  ‘;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'.
        ,;;;;;;;;;;;;;;;" _   \\ j  ,     _j/__  ‘;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
          {;;;;;;;;;;;;;″,イ≧=-、._\\ ノ,ィ,,-=≦圭尨ゝ  ‘;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;|
        l;;;;;;;;;;;;i ´ -―- ゙̄`\\",z=ニ ̄,二 ¨ヽ.   i;;;;;;;;;;!ハ;;リ
        ‘;;;;;;;;;;;!  ,ィ=ァ‐t、ヽ ゙!、 \{    `>.斗、‘,  |;;;ミ;;;;j__″
        ,ゞ-、;;!  'ヘ:ヾ='‐'/}   ヽ r乙_((/)ノ }  レミf'´ ,-ヽ
        ! ハ `゙ ` ` ̄ ̄, /}     \⌒ー彳 ./   ミリ ノУl}
        ∨, 、 }.        //}       `ー―へ\   r'>〉 リ
         '.ゝ! .       〈/丿    、__     __, \\ _)、_ノ,′   ………
          Y ヘ      r'´_゙ー __  } ゛ー '´   \\  /
          、 ,|      ヽ⌒ー´ 'ノ'へ        }/^¨
           `´|     ,,;;;;;;;;; ;;;;; ;;;;;;;;;;,,         |
            '.    ,;;;;''',.-‐ー‐'ー-、'''';;;;,       ,゙
             '.   ;;' ∠zニ二二ニ=≧'';;;;,      /!
             ヽ  ;; `ヽ. ̄ ̄ ̄_. ´  ;;;    / |
              ト、;;    T;;;T´     ;;;  ,イ/,′.|
              | V!    };;;;;     ;;////  ‘,
              l   ヾ;;;;,,,,,,,;;;;;;;;;,,,,,,,,;;;;;/////     \
                   }   >t-===≦/////       ヽ



              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.   ………
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .



               ,.ィ::'"´``ヽ、
              /::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ./:::::::::::-/l、_-::::::::::/)    ………
            `>~ rェュ〕|.| |〔ェュ`i  彡
            彡., ´г|.| ト┐i.r、 ir i'
             i.iii::::i ii::::l.l l.....l.ll:::l|||::|       ∧
          .ト   .|:lll:::::ll!:::::ll/:::::|/::::l l:::l      ,' ',
    i`、    l `、 _l:l.l.|ヽ、:::::::::::::::::/.| |_.,i  l.、  .,'  ',
     ', `、   .l  `、ヽ_l、 `ー ‐ '/  l_ ノ rヽl `、 /_  ', /
     ',  `<'"/////,j ', .ゝr' /  /` ー、  `、  ` .ヽ / /
      ',  ,r//////_ `、    /  .`ヽ,r .、 i ' , r '`ゝ、./
  、ー ,,_ ,r'´ ///,/  ,_, ミ .`> /     /   i,r '´     ヽ


    レッド・ドックの後ろにいる連中は、皆酒に酔ったり、コカインやメタンフェタミンでハイになっていた。

    全員が弾倉に弾をたっぷり詰め込んだベレッタやグロックなどを持ち、クラブのために

    殺人を犯したことの証明である、二本の骨と髑髏のパッチを付けたカラーズを着込んでいた。


857 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 00:59:28 ID:zW6MJgSg0

        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\     おいおい! な、なにを言ってるんだお!
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |   何の話だお、レッド・ドック?
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ



    , : : ¨  ̄. :. :¨ ヽ、
 /. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
': :: :: :. :. :r'_⌒_ヽ. :. :. :. :. :`>、
: :: :: :: :: :{ |!∨l| .}. :. :. :. :. :. :. : ヽ
: :: :: :: : .丶_  _ノ: :: :: :: :: :: :: :: : }
: :: :_ .-‐―…―‐-: :.___: :: :: :/         何の話か分かってるんだろう、やる夫!
ー个= .,____ ____ .イミー_'
 f ミ z.ゅュ', ,'´r.ゅァ  彡/ハ           ここに来ることを誰にしゃべった?
  マミ  ,  '´i ` =ニ  /ミミ;ク彡ヽ
/;;;;ヾ.   ,{ ュ'x、、,,  i iYヾ`7. : \      今日俺たちとここに来ることを誰にしゃべりやがった?!
;;;;;;;ム∧,ィ彡イー‐守`ヾ. ,'/. /.| . :. : \
;;;;/i! : ',. 〉ー七土ム  .ハ. ∧.i. :. :,.<\
∧: : i : :ヽ  ̄===   / ノ./ : : ト/;;;;;;;;;;;;;;; ヽ
: :キ: : ! . :∧      イ ィ'´. : /;;;;;;;;;;;;>'. :. :.
: :: :ヽ. :. :. :. :≧ー≦´.: :/. :./;;;;;;;;;;;/ヽ. :. :. :.



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        だ、誰にもしゃべってないお! どうしたんだお、レッド!?
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  なんでそんなこと言うんだお?
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   やる夫は、だれにもヴィセイリアに行くなんて言ってないお!
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

858 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:00:03 ID:zW6MJgSg0

:.:.:.:.〃__  __ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :
:.:.:.:.{ |:l V !:| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
,....-‐:::::::¨:::: ̄:::::¨:::::‐-....:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、: :: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::;  -‐==¬=ァ=-、ュ_:::::::ヽ.: :: :: :: :: :
:::::::; '  ,!   ;'=--‐≦< ̄ヽ `ヾ、∨: :: :: :: :
::::/≠ー-ィ:、 〉ーァ/´¨o,ア     ミ≧ゝー、:.:.:.
:::{/"゙7¨oヽ.〉  ー´`¨´      く三/〈‐ュ i:.:.:.        なら、今俺がてめえの頭に鉛弾を叩き込んでも
::∧ `¨ "'/             彡 j: i: |:.:.:.:
ゝ-',   (、 jュ )          ミi,、_ノ./:.:.:/        一番最初に姿態を探すべき場所はだれも知らない。
   i    {:Σィ‐≦ー‐-ュ:.、      |!、_ノミ/
.   l ,.ィ仁彡ュ≧≡ーニミミ、    !∧ミミ          そうなんだな、やる夫?
   ',メ彡∧V                 ,'  ∨
   ∧"´ 〈ーニ二 ̄¨       /:  ト、
     ' ,   ` ̄¨"       ,. ':   !: :: :: .、_
      \ !.          / ,'   /: :: :: : |: :: :
.      ,ァ} ヽ、 _,,   イ/ /   /: :: :: :: :!: :: ::
     /:::::i',  '///////  /   , ': :: :: :: : /:: :: ::
     _/::::::::',∨ ヽ.         /:.:.:.:: :: :: :/:: :: :: ::
.  ァ-/ i:::::::::::ヘ、     / ,....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:': :: :: :: :: :



    レッド・ドックは私を灰色がかったブルーの目を、私の目に据え、苦痛なほど長い沈黙の中

    十五秒ほど私の顔をねめつけた。その言葉に、私は1963年に起きた二人組の武装強盗に

    拉致されて警官が処刑された”オニオン・フィールド事件”を思い出した。

859 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:00:37 ID:zW6MJgSg0

             ____
           /      \
         /           \       そのとおりだお、レッド。
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \



/: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ヽ
: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ィ个辷=≧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _;:x≦/{ うミ }
`ー-=ニ二=-‐≦圭圭爪{ l{ミ {     …………よし、いいだろう。その辺に落ちてる空き缶を
寸州州州州州州州ili弐ふ |
 寸州州州州州州州州 ミ l     拾ってあっちに並べてこい…。
 、_)州州州州州州州从ミ ト、
 ィ州川从川从州从州 {  j¨``


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \     わ、わかったお。
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


    彼らに背を向けたとき、私は目を閉じてゆっくり歩きだした。

    後ろから銃弾を浴びせられることを覚悟した。

    振り向いて先に撃つことさえ考えなかった。私が護身用の銃を携帯していないことを、ドミンゴが確かめたからだ。

    それに、彼らには拳銃以外にもフルオート・ショットガンまで持っていた。

    到底太刀打ちできるはずもない。

860 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:01:56 ID:zW6MJgSg0


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
      /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
     / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\    (……カナ、俺はもうだめかもしれん。子供たちを頼む…)
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i


    単純な方程式だ。

    彼らに正体がばれていれば、私は今日ここでだれにも知られずに死ぬ。

    バイク用のブーツで果樹園をとぼとぼ歩いていると、ある光景が頭に思い浮かんだ。

    息子たちが私の棺に覆い被さって目を潤ませている情景だ。

    ヴェトナムに従軍していた時、任務中こんな不吉な予感を味わったことがあった。

861 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:02:40 ID:zW6MJgSg0

     斗――――‐- 、
    }´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`{
   ノ- : ―: : :―: : :-: : :ヽ
    |: : : : : : : _: : : : ミ、 : |
    |: : :; - 、:| r、 |「^]: : ヾ|
    |: :/ィ「〕 )_ノL「rュ['ァ:il|
    |:{ { | r厄「ュ〕´'ノ:ー: : ,リ|
    | : : }_{ ー'}_{: L{ : :.:彡: :|
    |: ヾ: : : : : :-=≦: : : : : |
    |: : : `≧=-: : : : : : : : : |
    l: : : : : : : : : : : : : : : : : |
    l: : : : : : : : : : : : : : : 仄|
    |: : : : : : : : : : : : : : : ヒ,|
    l: : : : : : : : : : : ⅵⅳⅷ|
   ≧=------------=≦
    廴_______」


    そのとき、足元で何かがはじける音がした。

    ブーツが空き缶を踏んだ音だった。

862 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:04:15 ID:zW6MJgSg0

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l                  /   .l  ………
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l


    拾い上げたときに振り返ってみると、彼らは私に銃口を向けずに円陣になって、何事かを相談しあっていた。

    少なくとも、今すぐに私を打ち殺すつもりはないらしい。

    私は拾い上げた缶を、並べて的を作ると、彼らの元に戻った。

    後もう十歩ほどの距離まで近づいたその時だった…。

863 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:06:32 ID:zW6MJgSg0

:.:.:.:.〃__  __ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :
:.:.:.:.{ |:l V !:| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
,....-‐:::::::¨:::: ̄:::::¨:::::‐-....:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、: :: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::;  -‐==¬=ァ=-、ュ_:::::::ヽ.: :: :: :: :: :
:::::::;: :':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、∨: :: :: :: :
::::/::::::::::::::::::::::::::::::/´¨o,ア::::::::::::::::: ミ≧ゝー、:.:.:.
:::{:::::::7¨oヽ.〉::::::::´`¨´:::::::::::::::::  く三/〈‐ュ i:.:.:.
::∧::::`¨ "'/::::::::::::::::::::::::::        彡 j: i: |:.:.:.:
ゝ-',:::::::::::(、 jュ )          ミi,、_ノ./:.:.:/
   i    {:Σィ‐≦ー‐-ュ:.、      |!、_ノミ/
.   l ,.ィ仁彡ュ≧≡ーニミミ、    !∧ミミ
   ',メ彡∧             ,'  ∨
   ∧"´                  /:  ト、
     ' ,.               ,. ':: :  !: :: :: .、_
      \          / ,':: : : /: :: :: : |: :: :
.      ,ァ} ヽ、 _,,   ..イ/: :/:: : : /: :: :: :: :!: :: ::
     /:::::i',: :: :'///////: : /: :  , ': :: :: :: : /:: :: ::
     _/::::::::',∨: :ヽ.: : : : : : : :  /:.:.:.:: :: :: :/:: :: :: ::
.  ァ-/ i:::::::::::ヘ、: :: :: :: : / ,....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:': :: :: :: :: :
./::::!:.:.∨.:.:.:.:.:.:>,ィ;、_r':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.: :: :: :: :: :
:.:.:.:.:.`:.:.:.\:.:.:.:.:.:.///i: : |\:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.':.:.:.:.:.:.: :: :: ::.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` ー┘' ' |◯|:::::ヽ_>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


      ___
    r‐┴'ーミト. .
    |〃⌒ヾi.|三≧ト. .___
    |{{::::::::::刈三三三三≧
    Liゞ=彡! 三三三三三:!
     i乂o.::ノ 厂三三三三||
      乂.__彡' ̄ ̄}三三三》
       `7¨ i三三「)三フ´ ̄',
       { _」三三!|三(__ ,ノ ヘ.
       ゝ  }三ニ|j三三ミト   }     /
          ) ┴ー‐-=ニ三jjjj  ,′ /
         〈         { Y! /  /
.         Y ー―-==一'i}}j′ノ´⌒ヽ
         {          ノ}}!`ヽ
        ヽ  ー―‐<三|ヽ
          i       __ ノニ| }
          `ヽ 「三三|彡'′j

864 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:08:05 ID:zW6MJgSg0

                  ―――――――― 、
                /                \
               /                  \
              /                          \
           /                             ヽ
            /                              :.
.           |                          |
.           |       ¨二ニ=ミ _ノ  廴_ 幺=ニ二¨      |
.           |.   ≫ ´  __  Ⅵ :i|i:i|i: Ⅳ  __  ` ≪   |
.           |   i{    ( ・ )  川 li|il 从  ( ・ )    }i  |      ッ!?
.           |    ≧=― ‐=彡       ミ=‐ ―=≦'゙   |
            :.        /           \       /
           ヽ     /                ヽ       /
         /\.   {             }     /\
        /        ヽ      人     ノ       \
       /         ≧=‐≦ _ ≧‐=≦            \
     /                                 ヽ

865 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:08:21 ID:zW6MJgSg0

                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                                             ̄ ̄ ̄

866 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:08:54 ID:zW6MJgSg0


                      ____
                    /      \
                   / \    / \
                 /   (●)  (●)  \
                 |      (__人__)     |
                 \     ` ⌒´   ,/
                  / ̄                ̄ヽ、           やる夫はATFの潜入捜査官のようです
   ,,--、.       ./                       l
 ,‐"   ゙ヽ     ./  ./ヽ          /ヽ    l
 |    ヽ,, ゙、    /  ./  i,,-ニニ、 ,‐ニニl、! |   l           第二部 第一話”潜入成功”
 |    ゙'''‐=ヽ、/  ./  /.|'''"   | |'"   '|゙、.゙、   |
  ヽ、,,__,,,,-'". ゙''/=.、/  l/=.| ,,-''-‐ニニヽ、ヽ |ノヾ,  |
        ,-'''',,ニヽ、,,,,,|、/ゝ/" ̄ ̄ヽ、\/ヽ,/|ニ二''ヽ、       公開時期-未定-
       /‐''",,  /ll",,,,l,|]"//l、川 | | ll ヾ,|,[|'''ヽ ̄"'ヽ、|
      / ,, l l、 ,,‐'',,,=ノ、"| |l l l| ''" ll ll| |"ヽ[‐-、 | / ヽ
      |、ヽ ヽ'''"-''"ヽll  ゙'|、l、 l l----、/ //|、,,,‐、゙ヽ,,ヽ" ノ ノ、
     ヽ-/-'"'""'," |||  |,,ヽ\"| l,,,l /ノ,」  |||゙゙', ゙ヽ、、'-'
     =,"'"    /  |ノ  | ||゙''ヽニニ‐''"l| |  ヽ|  ゙,   ヽ、l
           |   |__  ,l--─,='''''''=──、 ,,,l,,,  |
           |  (" ,)[|   (( 3 5 ))   |](,  ,) |
           ゙、  ゙"、 ヽ三三───‐三三  /''"  |
            ヽ   ヽ ,ニニヽ     ニニ、/   /



867 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 01:09:26 ID:zW6MJgSg0 [53/54]
以上です。

868 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/24(火) 01:10:38 ID:IJWtgGIA0 [4/5]


なにか悪事をさせられるかと思ったら、もうレッドドッグ再登場

さて、トロツキー暗殺が楽しみだ

869 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 01:18:09 ID:J8Tq0bFY0
乙です
酔ってる時間が長いから却って行動が読みにくくて大変な連中ですね
第二部楽しみにしています

870 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 02:02:45 ID:MVRZA/tY0
おつでした
第二部お待ちしてます

871 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 08:48:57 ID:uMDrHv.k0
乙ぱい

うひょうおもしろい

872 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/24(火) 15:51:24 ID:PkzfhCA20

冷や冷やするなあ

875 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/25(水) 23:47:31 ID:t2OuLGYg0
やる夫、立ち回り以上に運が強いな

876 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/06/26(木) 10:34:12 ID:Z2Q0Ettk0
乙でした
お時間ある時に是非また

877 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/26(木) 11:48:22 ID:60iW5QCM0
夜神トロツキーと会えるのは、お盆のころかな

878 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2014/06/26(木) 22:29:00 ID:60iW5QCM0
渡らなくていい危ない橋散々わたるおっかない
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する