やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第3話海外任務 後編

200 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:04:57 ID:oa6/eJME0
投下開始します。




第三話 海外任務 後編



                    |//////| l: :, /: :|
                    |//////| |/: : : :.!
        _          | 〈;////|: :: : : :/|― 、
.      /////r=.、..     |У////|: : ././  /|__ _ _ _ _
.      //////./: :,ィ´>、.   |//////|/./  ./:/ ^ - _- ^ - _-./
     |//////|: : :.:/|:::|   |//////|/  ./:/ ^ - _- ^ - _-.^./
     |//////| ./: :.:|:.:|. /三三三三 /:/ ^ - _- ^ - _- ^ -/
     |//////| |: : : : |:.:| |///////////|/ ^ - _- ^ - _- ^ - _/
     |//////| l: :, /: :|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――――――――'
     |//////| |/: : : :.!
     |//////|: :: : : :/|― 、
     |//////|: : ././  /| _ _ _ _ _ _ _
     |//////|/./  ./:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _-,;./
     |//////|/  ./:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^:;./
.   /三三三三 /:/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - ./
   |///////////|/ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ -.,:-/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^ - _- ^.:/


パリでの視察旅行の最中、コノヴァーレツィは、やる夫をシモン・ペトリューラの墓参りに誘った。

201 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:05:56 ID:oa6/eJME0

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /      やる夫、ここがペトリューラの墓だ。
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:/



               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   ここが同志ペトリューラのお墓ですかお…。
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

202 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:06:17 ID:oa6/eJME0


=ニ                                           ニ=‐
    ‐=ニ二_                          _二ニ=‐
.             三二ニ=======================ニ二三/:.:/    \ーヘ、
.             { {ミゞ(・))ヽミ}川レ{ミノハ{ (( (・))彡ヘ}  } :/:.:/    ..,/: 〉 .::ーヘ、
.   /|\     { .:{ノ'"´`ヽノ}ヽ r'rヘノ´ゞ===彡ヘ:.: }  }/:.:/    ..,/: / .:::. .:::\
.  /:.:. |llll|     /{  {トミ;,:...:ハノ丶ノ ;:.ヘ;,.:...:.....::::.,;,;ヽノ....::}:./       /: /  .:.: .::::   \
/:.:.:.:.:.:.|llll|   / {トミハ:.:.トミ,,;.ゝ__,_,_,_,;.ノ :.:ゞミゝヘノ:.ノ)}:. //     //  .:.: .:.:..     ー-、
|:.:. ▽ .:r‐'´`ヽ/ .:.:{lハ:.:', :}:.:l_l┬┬┬┬┬┬ハノ}:.:} :.:.:.ノ//    ,//      _           \
|:.:.:.:.:.:.:.:.`ーヘ {   : :Vハ:.:',:ゞ Y 二二二二二 ノ У:ノ:.:.:///  ,//     Y´ ̄`ヽ, -―- 、   :\
|:.:.:.:.:.:.:.《三八 }  .:.:.Vハ:.:',:ミ┴┴┴┴┴┴┴彡イ:.: ///  //   /⌒ヽ|{__,}}/ ̄`ヽ ;     ヽ
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| `}   .:.:.:.Vハ:.ヽ`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´:.ノ// ,//    ' /⌒ヽ}    |{___} }
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|  .'  .:.:.:.:.:ヽヽ \,....;:;:;:;:;:;:;:;......,/// ,// /⌒ヽl {__}|     |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽィ ,//   //⌒ヽ}:.  :. .:| ,...... |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|{      /             |///     ' {___||:.     :| """".:|  """ | /⌒Y
|:.:.:.:.:.:/l/|       {                  |//       |     |  .. :..  |     |      :|/    {:|
|:.:.:/l/   ヽ      |                  |/      {  ..,.,.  |     :|     |      :|     i}
      シモン・ヴァシーリイェヴィチ・ペトリューラ(モズグズ)


シモン・ペトリューラは、もっとも有名なウクライナ民族主義者であった。
1917年の2月革命後、ロシア人とドイツの支援を受けたコサックたちのウクライナ支配に抵抗していた人物だ。
もっとも、その後ドイツ側と手を結んでキエフを掌握し、1919年にウクライナ人民共和国の首班となった。
が、ドイツ軍支持派や反ウクライナ民族主義のウクライナ人、亡命ロシア人などからは激しく嫌悪されていた。

203 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:07:05 ID:oa6/eJME0

    ∧,,∧  ∧,,∧       ペトリューラってどうよ? ありえなくね?
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  今更ウクライナ語しゃべろって言われてもなぁ?
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   だよなー。でもあいつ等に逆らったら…
     `u-u'. `u-u'

そして、地元ウクライナにおいても、とくに都市部では彼の人気はまったくなかった。
特に、ロシア語の使用を一方的な禁止し、国民全員にウクライナ語をしゃべるように強制したことで、完全に地に落ちた。
農村部の主要人口がウクライナ人だった事に対し、都市人口の多くがロシア人、ユダヤ人などで構成されていたためである。
このため、ロシア語の一方的な禁止と、ウクライナ語の使用を強制した彼のやり方はロシア人アイデンティティーを持つ
都市部に住むウクライナ人までにも反感を抱かせた。

204 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:11:40 ID:oa6/eJME0

  \_ノl: : : : : : : : : : :              i.:.:... \
      ヽ_,: : : : :          / /      _|.::.:.:::_/ 用 如 共
奇 神 そ /: : :       / //  _,.. -''":::::ヽ;:.:.ヽ  い 何 産
跡 は の L: :   ヽ ヽY,、{.〈 ゙_,,..-'"::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ.:.|  よ な 主
を .必 信 / /    '゙,∠Tr'゙,.ニ>、:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:ノ.〈.  う 卑 義
御 ず 仰 l:/-‐''"´::::゙7      |-=゙!:::::::::_,...-─'''''i.:.:.:.:/  と 劣 者
示 赤 に  〉::::::::::::::::/     |::::::::`‐'´      ゙i,.:.く.  も な ど
.し の 一 l: )::,.‐--/ __,,... -‐'''ヽ;:ー-、_,..-へ、,._   ゙i,.:.:ヽ.   技 も
に 力 点 |!´     i´__::::::::::::::r'ヽ:ヽ,. >`゙''ー-、`゙''i |.:.:.:l   を が
な .を の l, /へ.l_(;;;;ヽ-‐''"_,,,.. --─''_,、゙ヽ、゙、 | .!.:.:. ̄ヽ  __
り  撃 曇 /:!i:゙'´___,,..-‐''"__,,,. -r─イ'"´i  `'!`゙'i:! l :l.:.:.:.:.:.:.|/  \
ま .ち  り ヽ.|:l:r゙i‐'T'"゙i´ _|___.⊥,-┴‐┴- 、|_ i:| :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : :
す 破 無 /:|゙i;:;|,.r'‐'゙´`´  _,.____,,,,,.___,_`゙::|i .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   る .く l: :.! Nl;;__,,.-┬'二i___,,,l__,,,.⊥‐┴、_|__7゙:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
   べ ば ヽ | |;:l.l-‐゙‐''゙__,... --──''二⌒`ーァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :
    く     〉 ゙r'`‐''"´ ~'''"´ ̄´   `フ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :
        / ゙、 ゙         __,,.-'"゙:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : :
        ヽ ヽ,..-─''''''""´ ̄::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : :

また、彼ら民族主義者の最大の敵は、レーニン率いるボリシェヴィキであった。
彼らが10月革命で政権を掌握した際、ウクライナ労働者階級は、レーニンらを強く支持をした。
これ以来、ウクライナ民族主義は、激烈な反共主義と反ユダヤ主義、さらに反共主義勢力の支援を
勝ち取る試みをその特徴とすることになった。


205 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:12:31 ID:oa6/eJME0

      /::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:、-一'''";:;:;:;:;:;:;:;:``''ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::;:;:;:;:;:/::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ト、:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ::::::::::::::::::::::::::/ ___,,,,,,,,,,j   ヾ-‐''二二`ヾ;::::i::} };:;\;:;:;:;:;:::::::::::::::::'、
    :::::::::::::::::::::/|::/:::; --、:!    |::`i::{ ロ } :::}::::{ }::;:;:;ヽ;:;:;:;::::::::::::::::::ヽ
    :::::::::::::::/:| |:i {. ロ j    |:::::l ´ ̄ ̄ :::::::::} .{:::::::::::゙、;:;:;:::::::::::::::::::::
    :::::::::::::/;:;:;| |::-┴''"´/-──ヽ;:::l      :::::::{ {:::::::::::::|:/:::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::;:;:;:;| |::::    |:「:l:::::::;「:Lヽ!     ::::::{  }::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::;:;:;{  |:::                i:::::{  |:::::::::/; ===、::::::::::;ィ'
   、::::::::::::;、-‐|:. |:::  ; -r┬''エエエ`ヽ:ヽ、   l::::::`i ヾ/:::::::::::::::|::::/‐|
    `ヽ、((:::::::::|::...| ∠ -┴┴''"二二二   ,.:::::::::::::レ'´::::::/ ̄``i'´ ___|
    ,二ヽ|:::``ヽ、:::|:::ヽ           ,.::::':::::::::::/::::::::/     |/
   /'´  |`ー 、::::ヾ|:::::::::、... -───‐r'´:::::::::::::;/::::::/      .:|  , -‐
   _{ , --ヽ  ヽ::::ヽ::::::|::::::::::::::::::::::::::::',::;、-'"/::::::/            ∨  __
    ヽ, -- 、!  ヽ:::::ト 、|:::::::::;;;;;;;:::;、-'´  /::::∠...___/ヽ、_,=====V
     |, --、|   \:ヽ   ̄ ̄ ̄ ____/|ヽ/  o     |_____,ノ', /
   ___|ニニヽ`ー----/ー─‐‐''"´::::::/ |     o     ヽ::::;、-'´ 彡|ハ:
  -- 、::::::::::::::ヽ三彡/:::::::::::::::::::::::::::::::::|/     .o       \     / |;::
  ::::::::::/`ー 、__::ヽ  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ    ナ ヽ     /     ヽ
  ::::/::::::::   ヽ:| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /   / __|_      |
  :::::::::;:ィ /::::::::::} !::::::::::::::::::::::::::::::::::::|′     ー'`     〉
   ̄   ``ー‐ '′|::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /      /
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::`i     /⌒し    |
  /         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ヽ
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、    \/    /
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/    /      |
  //    | | | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \    `ー‐   _ヽ    | | |
  //     | | | |:::r---、∧r─‐'/::::| | ヽ/ ̄ ̄ヽ/ ///    | | |

が、ペトリューラのウクライナ人民共和国は長続きしなかった。
1919年にはキエフを失い(やる夫もキエフ奪還作戦に参加)、人共和国が崩壊後は宿敵であるポーランドに亡命。
“昨日の敵は今日の友”、と言わんばかりに彼らの支援を仰ぐも、結局は失敗に終わり、フランスへ亡命。
1926年にソ連側の工作員シャローム・シュワルツバードに、パリのサン・ミッシェル大通りで暗殺された。

206 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:13:40 ID:oa6/eJME0
※なお、ペトリューラのウクライナ人民共和国や、当時の状況については
◆J7qCZtZxmc様の「やる夫は赤い皇帝になるようです」
第十一話 ロシア内戦(前編)~第十三話 ポーランド・ソヴィエト戦争がわかりやすいです。

207 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:14:26 ID:oa6/eJME0


           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.           {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         r ‐、 :::::::, =‐ 、:::::::::::, - 、::l!
            { ::::::ヽ:::::、  o 〉:::::::::、 o V
         、::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::{:::=´/
             ヽ、 ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::/
           ハ:::::::::::ヽニニニニ7, '
             /:::::ヽ、::::::: ̄ ̄ ̄ :,′
          /:::::::::::::::\:::::::::::: /
        ,x<::::::::::::::::::::::::>-<
-‐==::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::‐- 、
:::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::‐-:::::::、::::::r‐=:::: ̄::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
シャローム・シュワルツバード(犯人)

なお、余談であるが、彼を暗殺したシャローム・シュワルツバードは、ユダヤ系ウクライナ人であった。
彼はソ連のエージェントに徴募されたアナーキストであったが、ペトリューラに深い恨みを抱いていたという。
というのも、ペトリューラはウクライナ人民共和国首班時代、3万人以上のユダヤ人虐殺を指揮していたためだ。
彼は暗殺後その場で逮捕されたが、フランスの裁判所は彼に無罪判決(被害者家族への損害賠償あり)を言い渡した。


209 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/01/17(土) 20:38:01 ID:WxUNPuHM0
暗殺犯が無罪とか反乱の首謀者が禁固刑で済むとか、すごい時代だよなあ

211 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:46:43 ID:oa6/eJME0


     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /     んっ?やる夫、何をしてるんだい?
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:/


                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ   この土をウクライナに持って帰ろうと思ったんですお…。
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}  ウクライナで木を植えて、この土をその周りにまこうと…。
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ


ペトリューラの墓で十字を切り、黙とうをささげた後、やる夫はハンカチでペトリューラの墓の周りの土を包んだ。
やる夫は、ウクライナに帰った後、樹を植えてこの土をその周りにまこうと思ったことを話した。
身体は帰れなくとも、せめて土だけは祖国に。
やる夫のその行動にコノヴァーレツィは、感動した面持ちで賞賛を惜しまなかった。

212 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:53:56 ID:oa6/eJME0

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /   やる夫、君には組織のメンバーの洗い出しを行ってもらいたい。
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`    あと、僕の代理として、パリのメンバーとも接触してくれ。
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:/          だが、油断するなよ、彼らはあまり信用しないほうがいい。



     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    了解ですお、お任せください!
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     (よっしゃ、これで内通者を入れたい放題だお…!)
  \ /___ /


やる夫は完全にコノヴァーレツィの心をつかんだ。
彼はやる夫に信頼を寄せ、この施設旅行の後から、組織の内通者捜査
戦争勃発後の地下組織の展開等、重要な部署を彼に任せるようになっていった。
無論のことながら、それらの情報はすべてソビエト側に渡っていった。

213 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:55:09 ID:oa6/eJME0

             __
            /:::::::::::\
          /:::/⌒Y⌒ \
          |::::/ ( ●)(●)   コノヴァーレツィ、実は、私の部下がソビエト汽船"シルカ"の無線技士をやっておりまして。
          |::::>   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   ですが、この男、酒で肝臓を壊したので辞めることになりました。
              |         }
              ヽ        }   そこで、この職をやる夫に継がせようかと思うのですが、いかがでしょうか?
            ヽ     ノ
            _,,ゝ    (,_    やる夫なら、ウクライナと国外の同志たちをつなぐ密使になれますが。
          /´  `ー-一´`ヽ
          /  、      , |

それから数か月後、やる夫の“叔父”という役割を担っているレベトが、ベルリンに到着した。
彼はやる夫に、ソビエト汽船の無線技士の職を継がないか、という提案を持ってきた。

214 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:55:29 ID:oa6/eJME0


        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、      ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !     なるほど、たしかに彼は信頼できる。
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',   ク゛/         よし、レベト、この件を進めてくれ。
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ /  ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛   、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i  ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\  ヽ,    ! \
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ      \
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、 \      \
    |   /     ヽ   /  ' ,   ヽ  \
    | /        ', __/     l      /\
    ´         ! i     ノ       | 

コノヴァーレツィはレベトの提案を気に入った。
彼のやる夫への信頼度は高く、彼ならば裏切ることもなく安心して任せられると踏んだからであろう。

215 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:55:49 ID:oa6/eJME0

フィンランド首都ヘルシンキ郊外の森

;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|       |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,. , . ,,,,,.|ill|     v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,

216 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:56:28 ID:oa6/eJME0

          ,ィイ.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、、
         .:彳.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞミミ,、
        'ィイイ.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞミミ、
         ,ィイ:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::, ィ''"リ´`ヾ::.:.:::ィイ
       ,ィイ.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::/   ′  `,イソイ
       i.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::/  -、、、,,_,  l:::リ
       |::::::〔 ィイイ从''゙  `''ー== 〈ミリ リ
       |.:.:::::ト、 ヾ从'      '~   V
        ,ゞ.::::!         ,ィ ー=,,)
      ,.彳.::::::|         ィjjjjjjj!!       同志やる夫、気を付けてな!
     ,.彳.:.:.::::::::!    、     `ニ)'゙
   ,.と:.:.:::::::::::::,′    ` 、,,_ _ _)
    〈.:.:::::::::::::/          「 ̄
     ヾ.::::/ `、           Lr‐r──- 、
   ,、‐'´   ん、       ,ィソ L_: : : : : : :\
´ ̄ ̄ ̄`¨`ー-ヽ斗、 _ _ , イソ/ /   \: : : : : :.\
           ヽ/i⌒iト、ヌ:::/ /     ゞ、. : : : : :.\
::.:..:.            l/ヽノヽ!:::/ /      ラ\. : : : : : \
ロマン・スシェコ(パパス)


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\       ありがとうございます!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |     そちらも気を付けてくださいお!
  \     ` ̄'´     /


さっそくやる夫がソ連に入国するための偽造書類が作られた。
書類が完成した後、やる夫は組織の幹部ロマン・スシェコのエスコートの元、ソ連との国境に近い森まで向かった。
スシェコはOUNの幹部であり、のちにウクライナ人で編成されたドイツ軍部隊の指揮官となった。
エスコートにスシェコが付いた理由は、やる夫を無事にソ連まで戻ったか見届けるためであった。

217 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:56:49 ID:oa6/eJME0

しかし……。


       _______
     /  .|  |  .\
    /____|  |__ \
  /  ___  ___  \
  |  / (●)|_|(●) \  |
  |  |    .(__人__)   | |  スタァァーップ!!!
  |  |     |::::::|    | |
  .\|     l;;;;;;l    | /  貴様、ソ連のスパイだな! 逮捕する!
   /     `ー´    \
 /              ヽ


                   ___
                  /     \
            /ノ   \   \
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、       ち、違いますお!
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ      やる夫はただ道に迷った民間人ですお!
    ヽ____     |ェェェェ|       ___,r'
             │             │
          │             │
          │              │
          │                 │

218 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:57:22 ID:oa6/eJME0

       _______
     /  .|  |  .\
    /____|  |__ \
  /  ___  ___  \
  |  / (○)|_|(○) \  |     じゃあこの書類はなんだ!
  |  |    .(__人__)   | |
  |  |     |::::::|    | |    ソビエトの市民パスポートまであるぞ!
  .\|     l;;;;;;l    | /
   /     `ー´    \      この薄汚い犯罪者め! 来い!
 /              ヽ



                         ____
                      ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、
                     . l´~`         `ヾ、  .ヽ、
          う        /        _   ヽ    ヽ、
          ぞ       //  `ヽ  イ   `ヽ         ヽ、
          だ      /  i  ○ !   :  ○    |         .ヽ
          ど     ./  (  - ´    ヽ ._  つ            .ヽ
          ん    /   (   !        )              l
          ど    ,'    丶_人___ノ   し             /
          こ    i      )    \                 /
           ど    ',     /___ _)              /
           │     ヽ、  (     し              /
           ん      ヽ、_                   /
                   `¨i                  ヽ
                    /                    ヽ
                   /                    ヽ

スシェコと別れ、ソ連へと向かっていたやる夫であったが、彼の前に立ちふさがった者たちがいた。
それはなんと、フィンランド国境警備隊だった。
やる夫は彼らに取り押さえられ、そのまま留置場に送られた。

219 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:58:01 ID:oa6/eJME0

            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´   u  _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ
      V!  | {ノ_   u '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }     おかしい、おかしすぎる!
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、 やる夫君からの連絡が途絶えてもう一か月近くなる、いったいどうなってるんだ!?
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\
ピョートル・ズーボフ(トルネコ)



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''     ……フィンランドの同志ゾーヤからの報告では
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l     とっくの昔に戻っていなければならないはずだが……。
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l     ズーボフ、同志ゾーヤからはなんと言ってきた?
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::

220 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:58:19 ID:oa6/eJME0

            ,.-─‐- 、._
          /: : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒
       ,.-'´   u  _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ
      V!  | {ノ_   u '⌒y''""゛⌒ー'-、}
       \ ヽ、____)   /        }     向こうからは、やる夫君はもうとっくの昔に国境を越えたと…。
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、 奴らのメンバーがそれを確認したとまでいっております…。
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\


そしてソビエト側では、やる夫の先輩であるズーボフ保安少佐と、NKVD外国課長補佐セルゲイ・シュピーゲリグラスが
やる夫が逮捕されたという情報をしらぬまま、ソフィン国境まで出向き、彼の消息の手掛かりを探った。

221 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:59:03 ID:oa6/eJME0

          /.:.:.:.:.:.:./.:.: /.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\|:.
.         | :.:.:.:.: /.:.: /.:∧ :.:.:.:.:.:.:.:.:.: ‘,:u,:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
.         |.:.:.:.:.: l:.:.:.:l: .′'. :.:.:.:.:.:.: | .:.:.|:.‘,:.:l:.:| .:.:.:.:.: |
          '. :.:.:.: |:.:.:.:|:.l-─\.:.:.:. /.:─|-/|.:|:.:|.:.: /.:.∧
          ∧:.:.:.:|:.:.:∧|.    \/ .:./ .|/ .|/ /.: /.:./ :. :.
.         / : |\:.\{,x===ミ、  )/x===ミV/ /.:./| .:.:.:.:.
        /.:.:.:.|.:.:..\{: : : : :       : : :__彡イ/..:| .:.:.:.:.:.    わ、私は同志やる夫はもう国境を渡った、と報告を受けておりました。
.       /.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.  u      ′     / .:.:.:.:. | .:.:.:.:.:.:.
       {.:.:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:.:.    、   ァ    / .:.:.:.: l :|.:.:| : |.:.:l   こちらの官憲に捕まっていたのならすぐにわかりますので、逮捕された
         .:.:.:.:! .:.:.:.:.:.: \    `ニ´  u /..:.:.:.:.:.:.l :|.:.:| : |.:.:|
.        \.:.‘, :.:.:.:.:.:.: :.`i  .,,_,,.  i´.:.:.:.:.:.:.:.:.: l :|.:/.:.///   わけではないと言えます。
           \‘, :.:.:.:.:.:.: :.\    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/厶イ/
.           /ニ\:.:.:.:.:.:.: |∩` ̄´∩| :.:.:.:.:.:.:/}/\       ……あの男、もしや裏切ったのではないのですか?
.          /ニニニ\:.:.:.: |∪ ∩ ∪| :.:.:.:/ /ニ二\
      /ニニニニニニ\: |\ ∪ /| :/ニニニニ二二\    (あんな男のことなんか、あたしが知るわけないでしょう…!)


NKVDの現地工作員であるゾーヤ・ルイプキナは、すでにやる夫の帰国予定を報告していたため、事態は余計にややこしくなった。
帰ってくるはずの時期に帰ってこなかったことで、彼女はやる夫が裏切ったと思ったのであろう。

222 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:59:36 ID:oa6/eJME0


              /                  \
         /  __    . ―――――-    _.\
  .       / /::::::::::\/-‐      ―-\/::::: \\
 . .  ..   //::::::::::::::::/             \::::::::::::\ヽ
        〈:::::::::::::::::::::厶:-――┬――――― --∨:::::::::::::::.〉
        ::::::::::::::::/   |__ /: .|  | __\__  :|\:::::::/
         \:/__|  ̄ | /  ̄ {  |     ',   |⌒l/
            /|∧ ∧ ::::::::::::::::: {  | :::::::::::::::::::  八 |    (やる夫……あなた……無事でいて……)
         j l iヽ ∧ ::::::::::::::::: \|   ::::::::::::!´/ / 八
         ノ i 八ヘ  ', トゝ::::::::::::    ::::::::::::リl/ / ', ト \
        / , '"!  \ ', \    !     ,.イ/{ | l ',`ー-‐
     -'" ´   ,! __|ヾハ_≧i 、 --  . イト.:!  !´ ̄ ̄`ヽ
          /     !、 . !\`¨´  ,.!ノ|::::::::\      ハ
         ./     /::::::::ヾヽ `i f ´  .}:::::::::::::ヽ     i

やる夫の妻のエマは、憔悴のあまり三十ポンド(約13.6kg)も体重を落とした。
NKVDの工作管理官たちは、エスコート役のスシェコがやる夫を森で“処分”したのだと噂した。

223 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 20:59:58 ID:oa6/eJME0

   君さぁ、ソ連のスパイなんでしょ?
            ___
    rュ,―― 、 r":::::::::::::::ヽ、      _. -─‐-
   ∥|   /  f::::::::::::::::::::::ヤ     /      ⌒ \
  ∥ ヽ__/  !::::::::::::::::::::rイ    /  ⌒   (● ) \ 何のことですお?
  ∥        ヽ::::::::::::::::/ソ    /  ( ● )  、_)   ヽ
 ∥     __ イ二二二ニト、_ |      (__ノ /     | やる夫はOUNの人間ですお…。
 ||    /             /ヽ        ̄    _ノ
 ||   ./ !           /  ハ、      ̄    \
 ||_ / |               〈_   ハ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 __/〈  !             /\_  \               /
      ヽ/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ Y   ヽ__ノ           /
 ―――|             |  |――──────――
       |             |  |


その間、やる夫はフィンランド当局から厳しい取り調べを受けていた。

224 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:00:20 ID:oa6/eJME0

 ┌───┐
 ||\_./||
  .|.|_ _|.|
  [^■:=:■^]
  | L。。」 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  \/⇔|/_  <   あ、すみません、フィンランド警察ですが…。
 _⊿ 「 ̄/∠\_, \
  | | |介⊿|  |  \ \ おたくの組織にやる夫っていう男がいませんか?
 | |./|/  |∧  |  \_____________________
  || // 「 ̄し',\|
  ||/ |警 |/\)
   | v /!|   | ./|
   \/   :L___.」 ̄ |



       /:::/:::::::::::\//:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::イ~~~`"~~~~~~~~ヘ::::::::::::::::|::::::::|
       |::::::/            |:::::::|::::::::::::::::|
      |:::::/ u          |::::::::::::::::::::::::|
      |::::|            _|:::::::::::::|:::::::::|
      |::::|~―-、 ヽ   ,,-―~   |:::::|:::::::::::::::::|
      |::::::| ,-―-、`/、、_,ノ-―--、 |::::::::::|::::::::::|
      |::::::::| -゚―` |  、 `-゚―"|:::::::::::::::::::::|
      |:::::::ヽ    |        |::::::::::|:::::::::::|
      |::::::::|     |      u |:::::::::::::::::::::::|
       |:::::::|    / 、       |:::::::::::::|::::::::::|     え?
       |::::::::ヽ  -`--― 、    |::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::l|il|i ヽ_ ̄ ̄ /  l|i/ |::::::::|:::|:::::::::|
        |:::::::::::::::l|i 二 ̄   l|i|:::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::::::|\州__l|i/  |:::::::::::::::|:::::::::::::|


事態が進展したのは、OUN在ヘルシンキの正式なウクライナ代表であるコンラート・ポルヴェッコのところに
フィンランド警察とアプヴェーア(ドイツ国防軍情報部)将校から、ソ連に向かうウクライナ人について照会があってからだった。
アプヴェーアとフィンランド情報部の間には、ソ連国境を監視し、そこを超えてソ連に渡る者をすべて合同調査する協定があった。

225 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:00:56 ID:oa6/eJME0

               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |     u   `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /  u  f      ,ィ‐‐〈/ l|
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |
  / ! /   / ,/ u  ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | ! 
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |   や、やる夫、(生きてて)よかった!
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|   さ、さぁ、俺と帰ろう!
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (〇)  (〇)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   あ、ありがとうですだお……。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


逮捕から一か月後、ポルヴェッコが身元保証人となり、やる夫を引き取った後、エストニアの首都タリンへ連れて行った。
そこで隣国リトアニアの偽造パスポートが与えられ、やる夫はソ連領事館でレニングラード行の短期滞在ビザを取った。
そして、今後こそ何も問題もなく国境を越えてソ連領内へと入った。

226 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:01:16 ID:oa6/eJME0

       _____
     / ノ ' ヽ_\
   / .( ●) ( ●)\
  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
  |      |r┬-|    |    さて、この辺で失敬しますよっと…。
  \       `ー'´ __/
  /        (
  |     \/⌒) /⌒)
  |    \   /|,,.__ノ
  |    ( \/
  /   /⌒\
 |        \
 \___ノ\  l
  ノ  ノ   ) ノ
  レ´ ^    レ´

国境警備隊の兵士から入国スタンプを押してもらった後、やる夫はインツーリスト(国営旅行者)のガイドから逃げ出した。
同地のインツーリストは大騒ぎとなり、消えたリトアニア人旅行者を捜索するため民警が警戒態勢に入った。

227 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:02:34 ID:oa6/eJME0


                    _____
                  /        \
                 /___, -一ァ     _\
           __,-‐¬  ̄---┘'7    /    \
          -‐ ''"   / '´_ /,ィ`ヽ  //´  `ヽ  \
     /      __   ,イ|  ● l    l ●   )   \
   _/     -'     / ̄ )`  _ノ   ヽ_  _ノ    |
    ,r '       ,-、____ , イ⌒' (    i    )'⌒"' |  申告します。
 /      ノ '    \      `ー ─'^ー 一'      /
      /        \        ー一       /   やる夫・アナトーリエヴィチ・スドプラトフ、ただいま帰還しました。
              /                \



      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/
   ヾj、      l           イソ     同志やる夫、よくやり遂げてくれた。
    `i     `ゝ-'"        ,!′
     l    _,,、、、,,_    ,イ       さっそくだが、成果を聞かせてくれたまえ…。
       ト、  ´ -‐―- `    / |
       l \           /  |、      後、こちらの二人も君の報告が聴きたいそうだ。
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_


やる夫は帰国後すぐ、NKVD国家保安総局第7課課長に昇進した、直属の上司であるスルツキーのオフィスに呼ばれた。
そこで、彼はスルツキーのオフィスにいた初対面の2人に詳細を報告した。

228 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:03:02 ID:oa6/eJME0

       , --| ヽ .., ___
    _/   ` ,´  `、/
    \,,_`,、  i_ , / .i
     |   `ーl´.o i  l
     .l 、 __/_ Y ,-,´i
      l.  ,ゝ-ヽ、/¨i`イ、/ ̄` ヽ ,
     ,, .>,-、 '_  ,-、ノ- l  ,, -/´ ` 、
 , - -´::: ´l;;;;i ヽゝ-‐-イ i /- '' i i::l    .l、
/-´,=== ´;;;;;/> 、___,,/` ,-、 l l:ヘ、  ,.!ヘ
/ /;;;;;r ´r r ,、 -、 l ノ .∧/ /`ヾ,,:::` ー,,イ.|
../;/ i,/,/r / >、' Y' , .Y .ヾ V;;/ : : ` ''--''´ l'
/: :l .Y / / i´ >:::,- ー 、ヽ,_//;;;;;ヽ, ,, - - -イ
: : i 人|   | >:l l ( ) ヽ| .iイ;;;; : ://      )
: :.| | |   Y \\_//lllll >、; : :ヾ-_-_,,_-イ
: : l | |  / ゝ、 >-- /lllllll/ \ : : :(     )
: ;;lヽ! .lイ    ヽ、\llllll/  /、: : :ゝ-―‐イ
: : ゝ > し 个 、_ノノ;;;;;;;`_ /、ヽヽ: : : : : :|
ヤコフ・セレブリャンスキー(ウラタロス)


       ,-‐  ̄ ̄` ヽ、
     /ハ ヽ ヽ   \
    / /  ヾ | メ、_ヽ、ヽ
    ./ i ー l / ー ヽl ヽ |
    | |=⊂⊃=⊂⊃==│| |
    レy⊃ 、_,、_,  ⊂ノ,| | |
/⌒ヽ.  iヘ、  ゝ._)    /|ノ| /⌒i
\ / `|. ヽ>,、 __,  ィ.//ノi /\/
  \ ヽ::. `ヾ;>=o=/ (ノノ /  /
    \\.  }_人{./yノ/ /
ヴァシリエフ (牙琉 霧人)


二人はやる夫の報告が終わると自己紹介をした。
一人は国家保安管理本部特殊任務部のボス、ヤコフ・セレブリャンスキー局長。
もう一人は、党中央委員会スターリン事務局の下級工作管理担当官ヴァシリエフと名乗った。
報告後、二人から大量の質問に答えたやる夫は、スルツキーから退室の許可をもらい、家路へとついた。

229 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:03:36 ID:oa6/eJME0

そして。

           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \    エマ、ただいまだお!
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
.    \          ´ ̄ ̄`        /
      \                  /
       /                〈


              〈:::::::::::::::::::::厶  ――┬――-  ∨::::::::::::::::::〉
               ::::::;;r '/´ -十ァーーーーj-‐─‐t‐-ヾ;;::::::::::::ツ
                ヾ、)-! |ト /,≠云≧'| | ∧≦=f.、 ゞ::::;r     やる夫! 生きてて……
                    / {:  /《 {::::::らミヽ | 彳:::::う 〃八|
                      | /八 ,'ヽ 弋シ ヽ |  弋シ  / l / 八    会いたかった!
                / . |  ヽ\ .   j\       / l//  \
                 ′ |ヽ  ヽヽ   r -,    ./ //  ',  、ヽ
               , " i 八ヘ  ', > 、 .` ´   .∠ ≦彡  i ,  ',`ー-‐


:::::::::::::/::::::::::::/::::::::/    :.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:.:.:.       ヽく
::::::::::/::::::::::::/::::::::/     ι           /'′::::ヽ、
:::::::/::::::::::::/::::::::/                          ノ`
::::/::::::::::::;:'::::::::;'             <  ̄ `ヽ    (
:::::::::::::::;:':::::::::;'               ` 、_ ノ      ノヽ、         ι
::::::::::::/:{:::::::::{      u       、_        /:::::::}、>
:::::::::/::::i:::::::::i   ヽ            `       /:::::::::::〈
:::::::::::::::::';::::::::';   \               イ |:::::::::::::l `
:::::::::::::::::::';::::::::';    \           <:::/  ハ:::::::::l  l
:::::::::::::::::::::';:::ト;::'.、    ヽ       .イi::|::::::/  /イ:::::::::::l  l
::::::::::::::::::::::ヾj ヾ;:';    /::>.---.<:::::::| |:::/  / |::::::::::::!  ヽ、______  ,,

230 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:03:49 ID:oa6/eJME0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

231 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:04:12 ID:oa6/eJME0


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............

そのころ、クレムリン宮殿では、ヴァシリエフがとある部屋で、先ほどやる夫の報告をタイプした書類を読み上げていた。

232 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:04:38 ID:oa6/eJME0

\ ヽ  │l / /                   ヽ
 、\ ヽ l |/ /       ヽ                l
`丶、\  ,'へ l   「 ̄\   ヽ                |
─ ‐‐  / | L   |__\\   | _          |
 ´// _/ 人__ノ.|| ̄ `ヽ≧=彳´ ̄\        |
/ /〃  ̄ ̄V⌒||__,彳 ̄||__〃\   │  |
 / /   \┐ l イ | ̄ ̄ノ     ̄ ̄   |   /   l
〃 /  \ \」 │ |   ヽ 、          / ノ    /
 /  >、 \八 │ |l               /   //     以上が同志やる夫からの報告でした。
 l   「二ノ  丿 八   lニニハ     /  / /
 |   | /   イ   ヽ  ヽ_ ノ  // /  /
 |   l   /      \___/ //  /
ノ|    /           ノ      /    /
 \  八         / ̄ヽ_/ ̄ / //
\   ̄ ̄/  ____/ト、‐ -h ‐' // /
:::::::: ̄ ̄/--'´:::/::::::::::::l   //lヽ /  /
::::::::::::::::/:::::::::ヽ:::::::::::::::::l  ././.lヽ/ /
:::::::::::::/::::::::::::::ヾ:::::::::::::::l 、 l .l. l/ /
::::::::::/::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::i\l .l //



 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
   |    ='"     |      ふむ……。なるほど……。
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ    ご苦労だった、ヴァシリエフ。
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ……やる夫・スドプラトフか。


この西欧での潜入作戦が成功に終わったことで、やる夫のNKVD内での立場が劇的に変わった。
やる夫の報告した作戦の成果は、当時のウクライナ共産党書記長のコシオールや
ウクライナ最高会議議長グレゴリー・ペトロフスキーはおろか、もっと上の人物にまで上がっていたのだ。

233 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:05:14 ID:oa6/eJME0


                   __ __
             ,,.-=''三ニ、三ニ三ミ、、、
           /,,-‐ミミミヾヽヾヽ ヾヾヽ`ミミヾ,、
          /‐`ヾヽヽヾリ,ll,川ソノノノノ,l,l リ川ノ彡
         ,/ミ、`ヾ ''’” ’^       ’”''' ,'ツ’
.          lヾー''                 キシ
           lミ彡                ミ'
         _〉〃''     _  ヽ r  ,, _ ,,,,ミ
         〃ヾ``   ,〃‐tテ,ヽ,ソ_ゞ 〃tテ‐、ヾ
         ||り' l  `` ll ´ ̄,,7ll´ ヘ`ll ´ ̄ソ ll
.          |lヽ, |    ヾ _ ノ''   ヽ、:、 _ ,ノ
          ヽ_,リl       ̄/( ,,_  ,,);  ̄ !
.           !     '' ,,r,''川`´ll,!ヾ;    |     私はここに、祖国への貢献をたたえ、赤旗勲章を授与する。
.            !     ” '',-―=‐-、;;  ,l
.             !     ,リ,l ll ” ̄ 'l ,ミ、 !、   おめでとう、同志やる夫。
          ,,, .-‐ヽ,    ll l l,リ  lll l ミ ソ ` ―- .,,_
     ,,, ''´    l \,  ll |l!   ,仆亅''         `
             |   ヽ` ll小、  ll,川リ
                |   ,,ゝ ゞ、ミミ ,,彡’
              |  / ,l 7 ̄l`` ''”/
          ミハエル・カリーニン(本人)

234 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:05:50 ID:oa6/eJME0

                     ______
                    :/ '⌒ヽ  ; '⌒゙\ :
                  : /        ∪     \ :
               /    \       /    \
               : /     ̄ ̄` ι  ´ ̄ ̄  ∪\ :    あ、あ、あ、ありがとう…ございますお!
             : /  ι            ∪    \
            |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   | :  光栄であります、同志カリーニン!
             : |  ∪     `┬─'^ー┬'′       | :
               :\    ι    |/⌒i⌒、|   ι     /
              \       !、__,!    U  / :
                 : /       、____,,        \
              : /                     ヽ :
                : |    、                ,     | :



          人 `ー、i.     ̄ ̄ミ` 《__゙ー=''¨ _.xケ元フ ̄
           /`x _ ヽ、     ,    乂| ̄ ̄  /// レ、
           /////ト=∧  __,xィ'ト、:__.ィミx、   / | | |マx   ありがとうございます、同志カリーニン!
          ' ////イ  ∧ x彡彡彡ミミミミミx ,イ. | | ! ヾ
          /'´//ヾ=x、__X'´ '´      ```X| /| | j=x ___
    -―ァ='''フ ̄/|     ∧.     ''''''''''   ,.イ | / .| |/ |ミx   ̄¨''
.      /   /  / .|      ∧       ,イ  |/ .|ノ  .| マ∧


帰国して数日後、やる夫は作戦の成功を評価され赤旗勲章を授与されることになった。
その際、勲章はソ連最高会議幹部会議長(国家元首)ミハエル・カリーニンから、直接授与されたが
その日はやる夫のほかに、もう一人の人物が授与式に参加していた。

235 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:06:16 ID:oa6/eJME0

                   |
            , ィ''/     ,|ヘ,,ィ
          /:::/ _,,ィ::"::::,,| !',
   ハ     /::::::イ''":::::::::::::∠'|..|.|─--、/!
 .  |:ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,..|:::::::://::>
 .  |:::::ヽ ./:::::::::::::::::::::::/ヽ:::::::ノノ. !::/∠:::ヽ、
   .ヽ::::::ヽ|:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.: /イ/,,|イ ./::>ィ:ヽ
    ヽ:::::::::::::::_,,>'ゝ .: .:.:.イイ ∠-''"´/-、:::
   _,,ィ:::::::l ̄ ..:.:.:.:. ,、_,ィ ,,>`// r∠-''"/
  /:::::::::: :::! u ,,,  { | r''"r。、ィィ /ヽ<ヽイ }
../:::/ .|::::::Y___>-、`{ レ' .ィ´ィ"Y Y !、 ヘ .ノ
/イ    |:::ハ><"´r。'|.ゝ-、_i´.   〈 ヽ \ヘ /
     ',:| r. :.}`´ . |  .ィ==‐=- ∨ .Y.| `ノ::
      リ ヽ ヽ .ィヽ.三三二=─.∨ |、|"ヽヽ    ふぅ…。さすがに緊張しましたね、同志やる夫。
        ヽ ヽイ:彡リ".>. .  .∨ |
      .   ゝ 〉彡"`´       ∧.!,,ィ'"
          .  〉、.       u /ィ'.| ,,,
           /ハ:ヘ        /.,,< ..|
            |/.|ハィヽ、_,, <  |l   .,|
            r'ィ'´  |┃| .  |l>'´  /
       ___/.      |┃|     /
>─''"´/  /,/ . .     |┃|  _,,ィ'´
ヴァシリー・ミハイロヴィッチ・ザルービン(バラン)


彼の名前はヴァシリー・ザルービン。
やる夫とほぼ同時期に西欧の情報工作活動から帰国したNKVDの工作員であった。
彼はやる夫と違って、欧州において反ファシストグループの作成に尽力を尽くしたことが評価された。

236 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:06:34 ID:oa6/eJME0

       ___
     /\:::::::::/\.
    /:::<◎>:::<◎>:::\
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\    同志ザルービンはそう言ってるけど
  |     ` ー'´  u   |
  \  u   :::::     /    全然そんな風に見えなかったお。
  /   :::::::::::::::::::  :巛 ̄ヽ
  /  ,        :〈⊃ ̄( .}:  やる夫よりも堂々としていたお…。


                   |
            , ィ''/     ,|ヘ,,ィ
          /:::/ _,,ィ::"::::,,| !',
   ハ     /::::::イ''":::::::::::::∠'|..|.|─--、/!
 .  |:ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,..|:::::::://::>
 .  |:::::ヽ ./:::::::::::::::::::::::/ヽ:::::::ノノ. !::/∠:::ヽ、
   .ヽ::::::ヽ|:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.: /イ/,,|イ ./::>ィ:ヽ
    ヽ:::::::::::::::_,,>'ゝ .: .:.:.イイ ∠-''"´/-、:::
   _,,ィ:::::::l ̄ ..:.:.:.:. ,、_,ィ ,,>`// r∠-''"/
  /:::::::::: :::! u ,,,  { | r''"r。、ィィ /ヽ<ヽイ }
../:::/ .|::::::Y___>-、`{ レ' .ィ´ィ"Y Y !、 ヘ .ノ     いやいや、そんなことないですよ…。
/イ    |:::ハ><"´r。'|.ゝ-、_i´.   〈 ヽ \ヘ /
     ',:| r. :.}`´ . |  .ィ==‐=- ∨ .Y.| `ノ::     だいたいこの勲章授与に同志カリーニンがくるなんて。
      リ ヽ ヽ .ィヽ.三三二=─.∨ |、|"ヽヽ
        ヽ ヽイ:彡リ".>. .  .∨ |        今朝まで知らなかったんですから。
      .   ゝ 〉彡"`´       ∧.!,,ィ'"
          .  〉、.       u /ィ'.| ,,,      まぁ、それはさておき。
           /ハ:ヘ        /.,,< ..|
            |/.|ハィヽ、_,, <  |l   .,|
            r'ィ'´  |┃| .  |l>'´  /

237 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:07:10 ID:oa6/eJME0

       `≪///////////////////////////////////// |x
       x≦////////,'` <'///////////////>´V////  j/X、,ィ
.      ////ィ//////,','    ` <///> '´    V//  ム`/ノ
     ///////////,'       / ( ヽ        У   /シ / ,.ィ
      /'´ //γ⌒X/ノ      \ヽ | | //   _/   / /,.ィ'/
      ///イ x=、从x、_ヽ、.    〈`  ´〉    /    /_/''´ /
      /'´ ヘ { x=ヾ ヾミ≧x_   \,.イ`三≦二ニィ´ ̄ _,.x<  _
         ヘ ヾ.   ヾ. \ ゝ='ミxゝ / /' ,.ィソ _.シ’ / ̄ ̄ ̄__ ,.イ
          人 `ー、i.     ̄ ̄ミ` 《__゙ー=''¨ _.xケ元フ ̄
           /`x _ ヽ、     ,    乂| ̄ ̄  /// レ、        同志やる夫、自分はヴァシリー・ザルービンと申します。
           /////ト=∧  __,xィ'ト、:__.ィミx、   / | | |マx
          ' ////イ  ∧ x彡彡彡ミミミミミx ,イ. | | ! ヾ       同志のお噂は伺っております。
          /'´//ヾ=x、__X'´ '´      ```X| /| | j=x ___
    -―ァ='''フ ̄/|     ∧.     ''''''''''   ,.イ | / .| |/ |ミx   ̄¨''
.      /   /  / .|      ∧       ,イ  |/ .|ノ  .| マ∧

彼は1894年にモスクワで生まれた、生粋のモスクヴィッチ(モスクワっ子)であった。
1925年にOGPU外国課に移るまで、彼はOGPU経済課のメンバーとして、極東で密輸摘発に辣腕をふるった。
その手腕は外国課に移ってからも変わらず、奥方のエリザヴェータとともに諜報員としての手腕を発揮。
やる夫とザルービンは、この叙勲式の後から家族ぐるみで付き合うようになった。

238 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:07:50 ID:oa6/eJME0

1937年11月7日

                         _    _
                        |"   |"                        _
  ___┌_―_‐_┐________|___」________rェェェェェュ___f二二l
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|                         _三_                         |―_|
三|  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|_____________ l二二二二二二二二! _______ _____|__|__
______________||_]|__|__|__|__|_|[_ ||_______________|
=========================‐ '´       └―――‐ ` ー===========================‐'
 __   __/  /三三/  __   __   __   __   __   __   __ 
  ̄ ̄    ̄ ̄ ./三三/  / ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄


やる夫がソビエト貨物船の無線技士を装ってしばらくたった後。
十月革命記念祝賀の後、やる夫はスルツキーとともにルビャンカのNKVD本部に呼ばれた。

239 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:08:20 ID:oa6/eJME0

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   お前がやる夫か、スルツキーから報告は聞いてるぞ。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::
      ニコライ・エジョフ(本人)


         ____
       /   u \
      /  /    \\    あ、ありがとうございます、同志エジョフ。
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |  (あ…あのエジョフが、こんな冴えない男なのかお…)
    \  u   `⌒´   /


向かった先は、内務人民委員、つまりNKVDのトップであるニコライ・エジョフの執務室だった。

240 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:08:46 ID:oa6/eJME0


         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   で、つまりこの作戦ではどんな成果を上げたんだ?
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    ほぉ、情報提供者を組織内に多数構築? そんな裏切り者どものことなぞどうでもいい。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l     ……なに? OUNは内部分裂気味だと?
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::  それがいったいなんだというんだ?
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::



        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\     は、はぁ…。
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |    (どうしてこんな何も知らない人間が、情報機関のトップになれるんだお…?)
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

やる夫はエジョフの凡庸な外見にショックを受け、さらに彼が諜報活動に関する初歩的事項について
馬鹿げた質問を幾つもしたことにさらに衝撃を受けた。
しかも、エジョフは情報提供者についての扱い知らないうえに、OUNが分裂傾向にあることも意に介さなかった。
やる夫は、エジョフがどんな知的資質があって、この地位に就いたのか本当に理解できなかった、と語っている。

241 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:09:16 ID:oa6/eJME0

                     __
             ,.-‐'' "゛~´ ̄    `"'丶、
            , '´               ヾ!
             /       ,   __ ,.          ゙ヽ
          冫 l/l//''"´    `"''ヾ、,, /    ヽ
            イ 彳 /              ヽ,     i
           ヾ/               ゙':、    |
            `i ‐''"ミ;;、          ヾ:、    i
             r'| /i':!`ヾ、   ゙''≡==、 ヾ    l
           | rl 、.゙'_,      ''i;j゙ヽ_   },- 、  !
            ヾ'|    ,;: "   `ー‐'   !゙,ri .| ,.゙
           `|    丶       "'''   i! }'.//
              i               ,、_,,〃
          /"´.',     ` ー--      / i''、
           /   l´iヽ              / ト \
      ,., '"´l  、| ' :,`ヽ、   __ ,. -‐''゙  / |  `i,
    /    |    `ヽ、゛    ̄ ''ー―‐ ''"´  .|   ヽ\_
  ,,/    r''" ヽ      \            { !    ヽ  `ヽ、_
''´ー 、,_,,r''´   ` i     \、.,,_       ,.イ     `、    "i 、
     ヽ、     l        \ `゙      '´ /       ヽ    | ゙、
       ヽ,    |         ヽ、         i.  ┌‐―¬ ゝ、/



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄
グレゴリー・ペトロフスキー(ヘンケン・ベッケナー)


やる夫が指導者に期待するものは素朴なものばかりだった。
少なくとも、コシオールやペトロフスキーは、知的で洗練された人々であったからだ。

242 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:09:36 ID:oa6/eJME0

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  \
   / (● ) (● )  \   ……で、それについては以上であります。
   |   (__人__)  u   |
   \   ` ⌒´     /    あと、コノヴァーレツィら指導者層との、今後の会合予定ですが…
    /  (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \___ノ  |
     |    \___/ |
     |           {



         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   待て、同志。その話はあとだ。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    今から党中央委員会へ一緒に来てくれ。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


やる夫からウクライナ指導層との会合予定を聞いていたエジョフは、突然クレムリンに一緒に来いと言い出した。

243 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:10:01 ID:oa6/eJME0
クレムリン宮殿



             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............

244 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:10:18 ID:oa6/eJME0

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   同志、よく聞き給え…。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    同志スターリンが、君と個人的にお会いしたいとのことだ。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::



       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |    ど、ど、ど、同志スターリンが!
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/
  ノ::::::::   `ー'´  \


警戒厳重なボロヴィツカヤ門通ってクレムリン内に入るとき、エジョフが我々を連れてきた理由を説明した。
なんと、同志スターリンが我々に個人的に会いたい、とのことだというのだ。
当時三十歳だったやる夫は、感情の高ぶりを抑えきれなかったという。
ソビエト連邦の最高権力者が、下っ端工作管理官に会うというのが信じられなかった。

245 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:11:07 ID:oa6/eJME0

ニニニニニニニニニニニlニニ二|ニニニニニニニニニニニニニl二二二二二二二二二二二二ニニ
ヾ`ヾ.l  ̄lニニニl  ̄l  ̄l_lニ二二l.ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニl ̄ l  ̄l二二二二二二ニニ
  , ,. ';  lニニニl ―l― l_l二二二lニニニニニニニニニニニニニ|二ニニl ―l― l二二二二ニニニニ
   ., ;:.')lニニニl   l   l_l二二二|ニニニニニニ二ニニニニニニ|二二ニl   l   l二二ニニニニニニ
、.,;;. ,.;'ハ、.ニニlIIIIIIIIIIII_l.ニ二二|ニニニニニ二二二ニニニニニ|二二二lIIIIIIIIIIIIニニニニニニニニ
_,.、.;:ノ'" `ヾ,二二二二二二ニニ|ニニニニ二二二二二ニニニニ|二二二二二二二二二二二二二
_、.,;'゙:、.,;., ,, ,. ';)二二二二二二二|ニニニ二二二二二二二ニニニ|ニ二二二二二二二二二二二二
;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ., ;:.').二二二二ニニニ|ニニ二二二二二二二二二ニニ|ニニ二二二二二二二二二二二
    、.,;;. ,.;'ハ、二二二二ニニ|ニ二二二二二二二二二二二ニ|ニニニ二二二二二二二二二二
 ., ;:.')_,.、.;:ノ'" `ヽ,二二二ニニ|二二二二二二二二二二二二二|ニニニl ̄ l  ̄lニニニニ二二二
、.,;;. ,.;' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;').二二ニニ|二二二二二ニ=. =ニ二二二二二|二ニニl ―l― lニニニニニ二ニ
,.、.;:ノ'";.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ二二二ニ|二二二二ニ .-=ニニ=- ニニニ二二|二二ニl   l   l二二二二ニニニ
、.,;'゙:、.,;.,  ;.,、_,.;' ., ;:.').二二二ニ|二二 .-=ニニニニニニ=- 二二.|二二二lIIIIIIIIIIII二二ニニニニニ
、,:'゙、,:' ,: 、;., 、.,;; ,.;' 二二二二| .-=ニニニニニニニニニニニ=-.ニ!二二二ニニニニニニニニニニ
., ;:.')    .;.,、__,.、.;:ノ二ニ  -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- _=ニ二二二二二二二二二
;;. ,.;'ハ.,.;;'ノ二二ニ {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二} ニニニニニニニニニ
.;:ノ'"、,;}===========\_r ―  、__________ ,――┐__,/==================
;'゙:、.,;.,) ニ二二二二二二ニ.{: :_} | l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l l {_: :}二二二二二二二二ニニニニ
'゙、,:'く二ニ>-‐= =‐-<ニ {: :_}_} }: : : : : : : : : :|: :|: : : : : : : : : :{ {_{_: :} 二>-‐= =‐ <二二二ニニ
 、;:ノ./ : : : : -‐=' '=‐-` {: :_}_}_}ニニニニニニニニニニニニニニニ二{_{_{_: :} /-‐= =‐- : : : :\二二二
/二 / : : ./\ |l _ /  .|: : : :| | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | |: : : :|′ ヽ -=l|= ./ ヽ: : .ヽ二二
;'二,′: :/   , ´|l  ヽ  |: : : :| | l =====================:| | |: : : :|  〃  l|  ヽ  ',: : : ';ニニ
ニニl : : ,   〃 |l   ;,  |: : : :| | | : : : : : : : : : : |l : : : : : : : : : : | | |: : : :|  ll    l|    l!  l: : : :lニニ
ニ,l: :: :l __ll__|l__ll_|: : : :| | |: :: :,.‐==‐、: : :ll: : ;.‐==‐、 : : .| | |: : : :|_ll__l|__l|_|: : : :l二_
二l: :: :l  ̄ll  ̄|l ̄ ̄ll ̄|: : : :| | | : : |l  |  l|: : !l : :|l  l  l| : : | | |: : : :| ̄ll ̄ ̄l| ̄ ̄l| ̄l : : : lニニ
}ニl: :: :l .   ll   |l   ll  |: : : :| | |: :: :|l―|―|l: : || : :ll―|―l|: :: :| | |: : : :|  ll    l|    l|  | : : : lニニ
ニ.! : : l   .ll   |l   ll  |: : : :| | l : : :|l ̄l ̄ l : :|l : :|l ̄| ̄ll : : :| | |: : : :|  ll    l|    l|  |: : : ::lニニ
ニl: :: :l   .ll   |l   ll  |: : : :| | | : : :|l ̄l ̄||: : |l: : |l ̄| ̄l| : : :| | |: : : :|  ll    l|  ,..-l|、. l : : : :l二
"`゙ヾ     ll_,_.-、   .,.ll-=|: : : :| | |: :: ::|l  l  || : :|l : :|l  |  l|: :: :.| | |: : : :|_ ll   r'"´   ⌒ヽ, : ::lニ
,. '"⌒r'"´  .'⌒ヽ   ;;|: : : :| | l: : : :|l_l_||: : |l: : ll  |  ll: : : :| | |: : : :|;;`゙ヾ '  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ::l_ニ
;;.:''゙' ゙'{  ,、_,,.;.,'´ ̄ ヽ ;;|: : : :| | |: : : :|l_|_|| : :|l : :ll ̄| ̄l|: : : :| | |: : : :|;: '"⌒ヾ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"


スターリンの執務室は、帝政ロシア時代は元老院(※1)として使われていた閣僚会議館の三階にあった。
その部屋は、旧元老院の建物の二つの翼が斜めに交わる角にあったため「角の小部屋」とよばれていた。


246 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:11:22 ID:oa6/eJME0

※1
この建物の設計者マトヴェイ・カザコフの名前を取ってカザコフ館とも呼ばれている。
二等辺三角形の平面をもった建物で、レーニン以来、ロシアの権力の中枢であった。
現在はロシア大統領官邸であり、スターリンの執務室は大統領首席補佐官の執務室となっている。

247 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:11:55 ID:oa6/eJME0


       . ''´ ̄ ̄ ̄`` 、
     /            `ヽ
.     l                 l
    |              |
    !、    ─-、、 ー-‐¬ |、
   「`|   ー =-oヲ  F=o=、 ||
   | |    ゝ_ ̄/  、 ̄..ノ ||
   ゝ |       ( 、__, )   |'    同志スターリンがお待ちです。
.     |   /´  `   ´ ヽ |
     l、     '一一一   !
    /:丶    `ー-     ノ
 -‐:::´l::::::::\ 、 _ _ /ノ:ヽー-...._
 ::::::::::::、:::::::::::`::...、 _  ,, /::::::::l::::::::::::
 ::::::::::::::\::::::::::::::::::::/r'::ヽ:::::::::::::|:::::::::::
 ::::::::::::::::::::\:::::::::::/::l::0::::\:::::/:::::::::::
アレクサンドル・ポスクリョーブィシェフ(本人)


クレムリンの最奥にあるスターリンの執務室まで、小柄で禿頭の男が案内役を務めた。
男の名は、アレクサンドル・ポスクリョーブィシェフ。
スターリンの個人秘書兼代理人であり、党中央委書記長官房長の要職を務める男であった。

248 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:12:22 ID:oa6/eJME0
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、i ,' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.  -   - .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ ,-― 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヾ `‐y   l  コンコン
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ      |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ,  :l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(      ヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、       \.:.:.:.:.:.:.||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、i       \.:.:.:.:||
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       \:.:||
                    \



    |      |....┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ |      |
    |      |....┃         ,、r―――-;,、.           .┃ |      |
    |      |....┃        /        ゙ミ、          .┃ |      |
    |      |....┃       /           lii、.       .┃ |      |
    |      |....┃       i| ,,,_           lll!       .┃ |      |
    |      |....┃      ;i| ''==-、  、,,-==''''` |lli        .┃ |      |
    |      |....┃      ll|  ,ィt:t;;il "rtェ=、   ミlii        .┃ |      |
    |      |....┃      !ヾ '´-'´ i|  `ー、   / l      .┃ |      |
    |      |....┃      .i !   ,;;y_ ヽ、.    l_ノ.       .┃ |      |
    |      |....┃       ヽ!  ,,;;;iii!!!!!iii;;,,   /!'.       .┃ |      |
    |      |....┃        ヽ '"、="゙゙`=、゙゙y  ,;' !       .┃ |      |
    |      |....┃        |ヽ,;;iill|||||liiii;;;;,,,,:' ハヽ.        .┃ |      |
    |      |....┃      _,ハ\゙''!l||||ll!!'''" / |ヽ`ー .     .┃ |      |
    |      |....┃     ̄  / iヽ `'ーv―ヽ''´ /´l \      .┃ |      |
    |      |....┃                            .┃ |      |
    |      |....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ |      |
    |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
    |      |             |    |               |      |
──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
              / l|||||]         (('=')) ヽ,
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
              |                   |
              |                   |
              |                   |
              :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


スターリンの執務室は、床はぴかぴかに磨き上げられ、中央には赤と緑の絨毯が敷かれていた。
壁には木製のパネルが張られ重厚なカーテンがさがっていた。
壁際には飾り模様のついたストーブがあり、入って右側奥には、長大なデスクがでんとおかれていた。
その反対側には、長テーブルと椅子が置かれ、壁にマルクスとレーニンの肖像画が飾ってあった。

249 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:12:50 ID:oa6/eJME0


       . ''´ ̄ ̄ ̄`` 、
     /            `ヽ
.     l                 l
    |              |
    !、    ─-、、 ー-‐¬ |、
   「`|   ー =-oヲ  F=o=、 ||
   | |    ゝ_ ̄/  、 ̄..ノ ||
   ゝ |       ( 、__, )   |'    同志スターリン、お連れいたしました。
.     |   /´  `   ´ ヽ |
     l、     '一一一   !
    /:丶    `ー-     ノ
 -‐:::´l::::::::\ 、 _ _ /ノ:ヽー-...._
 ::::::::::::、:::::::::::`::...、 _  ,, /::::::::l::::::::::::
 ::::::::::::::\::::::::::::::::::::/r'::ヽ:::::::::::::|:::::::::::
 ::::::::::::::::::::\:::::::::::/::l::0::::\:::::/:::::::::::

250 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:13:04 ID:oa6/eJME0


           _,xzfゞ仆f川爻ミ从ノソyミゞ、,,、
          ィ毛キハ川ゞj入ヘヘ从ノノ彡爻彡ノハ、
         /爻ゞ!ヘミゞヘヘfj从メ州〈火ノソ爻ミ彡yゞ、
       . /ミミゞ,从爻乂从从乂爻ノノィリ彡ィ彡tノ彡'、
        lミミミ"      ゙゙""゛゙""゙""゙゙゙゙"゙"'彡彡彡ヾ!
        lミミ;゙                 ;爻彳三ゞ!
        lミ;"                 ミ爻三三!
        lミ;                  爻ミミ爻!
        lミ イ≧==x,,゙'  ' ',、x=≠≦ヾ、  'ミミミ彡|
        V ゞイr::;テ=、,`  '' ::ィr:::;テ=、,, _,  ゙;:ミミミミ|     うむ、ご苦労だった、ポスクリョーブィシェフ。
       ハi ';, ''ー=''" ::  :: :::.',` ̄´`ヾ=.  ゙;;ミミソ
.       {{.|       ::  ::           ゞY`ぃ     同志、よく来てくれた。
.        {{ !      /    ヽ          , ヽ.!
       {{ '    / ''` ー ''''ノ\         ::ゝソ,     さぁ、こっちに来てくれ。
.        } .|   , '从从从从从从从ヽ       :. //
.       ゝi    从从从从从从从从;、      ,  ノ
        ', ノノ从ソ''"-‐'' `ー-ヾ从从ゞ     ,'ー
               ::.:.:.:.:.:.:.
         λ                   !
         人 ヽ,..   ....          i
        ///\  ー'' : : ::::.. . . .      ハ

251 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:13:27 ID:oa6/eJME0

  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      こ、こ、こ、こ、こ、光栄でありましゅ! 同志スターリン!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

スターリンから握手を求められ、やる夫は舌がうまく回らなかった。

252 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:14:03 ID:oa6/eJME0

            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h     ニコリ
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'     君、そう興奮しなくていいよ、大事な事実だけ話してくれ。
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj      何しろ、二十分しか時間がないんだ。
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.



        ___
      /      \      ど、同志スターリン、下っ端党員があなたに会うというのは人生の一大事なんですお。
     / ::\::::::/::: u\
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ   ここには仕事のために呼ばれたことは承知していますお。
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /   すぐ気持ちを落ち着けて、大事な事実のみをあなたと同志エジョフにお話しいたしますお。
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

253 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:14:25 ID:oa6/eJME0

    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
  |  ー' | ` -     ト'{    では、同志。亡命ウクライナ民族主義者たちの指導者層について聞かせてくれたまえ。
 .「|   イ_i _ >、     }〉}
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
   |    ='"     |
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    わかりました、それについてですが、まず……。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


スターリンはうなづくと、やる夫に亡命ウクライナ人民族主義者たちの指導層の関係について尋ねた。
やる夫は手短に、将来建国した際のウクライナ民族主義政府において、だれがどんな役割をするのかを説明した。
だが、ほとんどの者は小物ばかりで、ソビエト連邦にとっては大した脅威とはならなかった。

254 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:14:45 ID:oa6/eJME0


      //.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:///彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、
.       / .:.:.:.:.:.:./イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 厶ー―=てノ):/.:.:.:.:.:.:.:
   ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〃.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:}
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.://:/:.:.:./.:.:// .::::::/.:.}: : /:.:.:.:/
     /'|/.:.:.:.:.:/⌒ヽV.:.:イ゙/ /:/// .::::::// :./} :/:.|:.:.:.:ヽ
      人:.:.:.:.:.{ ノ::) 小 i/ /:/'イ /⌒¨¨゙ミ/.:./|!|/.:.}j:.:.:.:.ハ
  __彡ヘ V:.:八 `Y{ リ ′{/  j/ '⌒心x//从j::::/:::::::/::::′
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:}⌒^  \__,        ′ `¨^/ イ /:::/:::::::/ |/
.:.:.:.:.:.:.:.:.: /     i|               l// }/ ′
.:.:.:.:.:.:.:.:./       八        ,         {   /
:.:.:「`ヽ/              \ー- ,_了⌒゙′
/. . . .`: : . _      : . ヽ      `¨¨丿
. . . . . . . . . . . `ヽ  ',: : : :\      /
ー: :、. . . . . . . . . . \. ', : : /\___ ノ
. . . . .\. . . . . . . . . . \ |: :`ー 、
. . . . . . . . 、. . . . . . .「⌒〉{ . . . . .` . 、
. . . . . . . . .‘,. . . . . j: :/:::ト. . . . . /⌒)\
. . . . . . . . . ∧. . . . / \:: い: :辷′: {.. . .\_
. . . . . . . . . . ∧. . /: : :ヽ\ }: : : /: : :.\. . . . . . .\

しかし、コノヴァーレツィだけは別であった。
彼だけは真の脅威であった。
何しろ、彼はドイツの支援を得て、ソビエト連邦に戦争を仕掛けようとしていたからだ。

255 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:15:34 ID:oa6/eJME0


                    _,rヘi___,,.....、
                , -‐ '"       >、
               /             >、
                /                l
              r'                 l
                 〉   ┌ヘ、 ト、乂         ノ
              ,ィ     |   ∨ \メ、ー壬マ仆、  ト、
             レ! j  リ  ,ィム、  `T壬ェ. `刈`ト、,乂.
                 レト、ト、| ∠rタム        ` |んソ    >
                 `寸ヘ   〈_      、 ├ヘ、  く
     テヘペロ       _>rヘ.        ,ィ  ∧ 〉 Y´ ̄`
                 rf'"´   `ーヘ  `Tニニ/ / / rヘ!.
             / `i      \ `ー   /  | /:::::ハ
               /   `i__,...... -‐ヘ、^ーr‐一^   | |:rく  l.
           /    〈      |  ∧〉、  __/ j::〉 ∨
            /      ',       l /  `ー≦;;;;;イ
             |        ',      レ′   {:::::,r┴ヘ...,ィ^ー--
             |         ',   ',    , <  ̄ ̄`ン ,r个'"_,
             l         ',   ',  /         〈_/ __,'"
         /    丶   ',    /           戈 /
            {    ........ , \ V /       ,r个ーr-‐千' ,rく
         } >'"    > /      / |:::::::| (_/ \)


が、彼の弱みは彼自身と、OUNに常時ポーランド政府の圧力がかかっていた点である。
ポーランドはガリツィア西部のウクライナ民族主義運動を排除したがっていたため、OUNは目の上のたん瘤であった。
さらにOUNは、内務大臣ブロニスラフ・ピエラキを暗殺した前科があったため、憎悪の対象であった。

256 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:15:53 ID:oa6/eJME0

    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
  |  ー' | ` -     ト'{    なるほど……。
 .「|   イ_i _ >、     }〉}
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'    では、君たちの提案は?
   |    ='"     |
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |


         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   ''''' u    イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`   u          |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    ………。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ  u     _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::



        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  \
   / (● ) (● )  \      ……同志。
   |   (__人__)  u   |
   \   ` ⌒´     /     今は答を用意しておりません。
    /  (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \___ノ  |
     |    \___/ |
     |           {

スターリンが訪ねてきたが、エジョフは黙っていた。
私も黙っていたが、正直に答えた。

257 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:16:45 ID:oa6/eJME0


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l   じゃあ、一週間以内に提案を用意してくれたまえ。
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!    同志諸君、今日はありがとう。
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.


  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´


スターリンは、一週間以内に提案を用意するよう指示を出した。
二十分の謁見時間は終わりかけていた。
退室する前に、スターリンはエジョフとやる夫に再び握手してくれた。

258 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:17:04 ID:oa6/eJME0


         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   ''''' u    イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`   u          |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl      同志、今すぐシュピーゲリグラスと会って提案をまとめるんだ。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|      一週間だ、わかったな。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ  u     _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


         ____
       /   u \
      /  /    \\  
    /  し (○)  (○) \     り、了解であります、同志エジョフ…。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


ルビヤンカの本部に戻る車の中で、エジョフはやる夫に急いでスターリンに提出する提案を作るよう命じた。
期間は一週間。
やる夫はスターリンに与えられたこの宿題を、どういう物にしようか頭を悩ませることとなるのである。





第三話 海外任務 後編 完

259 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:17:33 ID:oa6/eJME0 [60/65]

おまけ
アルコールハラスメント

      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/
   ヾj、      l           イソ     同志やる夫と同志ザルービンの赤旗勲章受章を祝して!。
    `i     `ゝ-'"        ,!′
     l    _,,、、、,,_    ,イ       乾杯!
       ト、  ´ -‐―- `    / |
       l \           /  |、
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_

スルツキーのアパートで、ザルービンとやる夫の叙勲を祝うカクテルパーティが開かれた。

260 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:17:54 ID:oa6/eJME0 [61/65]


                                    | ̄ ̄ ̄|
                     ____           .「ニ|     |    乾杯!
                   /⌒  ⌒\       , っΞl      |
                  /( ●)  (●)\   /   i L| ___ |
                / :::::⌒(__人__)⌒:::::\/  ノ . ̄l''──┘
                |     |r┬-|       |  /
                \     ` ー'´     //
                 / __        /
                 (___)      /




             、__人__人__人__人__人__人__人__,
             _)                 (_
             _)    かんぱーい!    (_
              )                 (_
              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ )
                          ,. -‐==、、
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
            _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
        /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
      /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
      /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
    / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::

261 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:18:17 ID:oa6/eJME0 [62/65]

     ___
   /⌒  ⌒\
  /(ー )  (ー )\
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
|     |r┬ |  (ヽ |
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\ ゴクゴク
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '


やる夫はこのカクテル・パーティーで、あまり強い酒をやらず軽めのカクテルのみ飲んでいた。
というのも、彼は医者から強いアルコールを拒絶する体質だと言われていたからである。

262 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:18:38 ID:oa6/eJME0 [63/65]


が…。

      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/
   ヾj、::::::::::::   l   :::::::::::::::  イソ     同志やる夫!
    `i::::::::::  `ゝ-'" ::::::::::::::::  ,!′
     l    _,,、、、,,_    ,イ       グラスが空っぽだぞ!!
       ト、  ´ -‐―- `    / |
       l \           /  |、      共産主義者たる者、酒を飲まんでどうする!
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_

263 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:19:05 ID:oa6/eJME0 [64/65]

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''     そうだぞ、同志!
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l     ウォッカを飲め、ウォッカを!。
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l     カクテルなんぞ、女の飲み物だぞ!
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::




                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ      も、もう勘弁してください…だお……。
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


この日、やる夫人生で二度目のウォッカを飲む羽目に陥った。
酔っ払ったスルツキーとシュピーゲリグラスから「飲め」と言われたためだ。
結局翌日、やる夫は足腰が立たなかったという。


終わり



264 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/01/17(土) 21:19:17 ID:oa6/eJME0 [65/65]
短いですが、投下終了です

265 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/01/17(土) 22:19:40 ID:b1ZqwKbI0
乙です

ロシアのアルハラは凶悪そうだw

266 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/01/18(日) 00:40:20 ID:E2.K7S0g0
乙でしたー。
ロシア政界で下戸はつらそうだなあ……。

267 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/01/18(日) 09:18:41 ID:AGKo7Hk60
ロシア的にはビールは清涼飲料だもんね仕方ないね


268 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/01/18(日) 12:24:48 ID:hdyiUJ020
乙乙! 鉄男さんは人心掌握も上手いよね。

ソ連のアルハラは人生がかかってしまうから仕方ない、粛清リスト的な意味で

270 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2015/01/19(月) 20:14:10 ID:AeCZJeQA0 [1/3]


スターリンはちゃんと相手の話を聴いて、さりげなく人心掌握して操りますな
聖帝サウザーみないな残酷一辺倒じゃないのは赤い皇帝スレで納得した
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する