やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第4話さようなら コノヴァーレツィ

280 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 12:33:51 ID:UfZ2ctI20 [1/2]
こっそり支援絵を投げ投げ
trotsky.jpg
ttp://download1.getuploader.com/g/nanodawa/58/trotsky.jpg

今夜の投下楽しみにしてます

281 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 13:22:31 ID:KiEUfv7U0
す、すげえ

282 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 17:01:22 ID:P8tfMJTQ0
赤ぁぁぁい!

283 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 17:04:07 ID:KbvQpHGA0 [1/80]
ファーー!!!!???
>>280さん
支援絵ありがとうございます!ありがとうございます!!
今後も一生懸命がんばります!

284 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 19:56:12 ID:KbvQpHGA0 [2/80]
投下開始5分前、Поддерживать!

285 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:04:52 ID:KbvQpHGA0 [3/80]
ちょっと時間過ぎましたが投下開始します。



第四話 さようなら コノヴァーレツィ


           r;ァr;;ァ
         /7,ニ'ヾ/
      r‐;;;'';;;;;~`i ,r;‐;-;、、
      l;;;;;;;;;r-i;;;;l,/;;;<>;;;;/
      7;;/ L;」くノヾ;;;;/                   r;ァr;;ァ
        /ノ     <;;/                  /7,ニ'ヾ/
            r―‐┐,へ、           r‐;;;'';;;;;~`i ,r;‐;-;、、
            ~,フ";´;;/            l;;;;;;;;;r-i;;;;l,/;;;<>;;;;/
                             7;;/ L;」くノヾ;;;;/

286 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:01 ID:KbvQpHGA0

                             /ノ     <;;/:.: .:. .; ; ,;ノ
 ノ⌒`'"~"'ヾ ,、                      ,ノ    . r―‐┐,へ、   _,爻_        ,、
⌒       爻、`'"~')、.,_,..、             ノ.;, :. .  . .:~,フ";´;;/    _,彡ミ、       ,爻_
.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)\彡ミミ_    ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_  `シ爻彡ミ`  :.  ー爻爻ミ、
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、 .:::. -=爻彡ミミ;::::..
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、::::::.,ィ爻彡ミミミ、:::..
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、:::::=爻爻彡ミミ;::::::..
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡;:::..
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ:::..
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ .:::..
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミ爻:::.
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミ爻:::..
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´

287 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:22 ID:KbvQpHGA0 [5/80]

      ___
    /       \
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \    ふぅ……
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ


やる夫はこの日、キエフ行の列車に乗っていた。
コシオールたち、ウクライナ共産党上層部との面会のためであった。

288 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:06:46 ID:KbvQpHGA0


スターリンとの面会から十数時間後。


         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   それで、意見は出たのか?
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


289 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:07:30 ID:KbvQpHGA0


      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j    `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/
   ヾj、      l           イソ     はっ、同志シュピーゲリグラスと同志やる夫の意見では
    `i     `ゝ-'"        ,!′
     l    _,,、、、,,_    ,イ       NKVDウクライナ支部から数名をナチ党学校へ派遣、これまで以上に
       ト、  ´ -‐―- `    / |
       l \           /  |、      彼らへの浸透を図ってはどうかと。私も同意見であります。
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_

290 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:08:05 ID:KbvQpHGA0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ    ですが、露骨すぎるのも否めませんので、安全策として
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<    本物の民族主義者も数名抱き合わせで送り込もうかと。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|  あまり優秀でない人間を送れば、計画に支障は出ませんお…。
  {   {         \`7ー┘!



         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   …………。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    その件についてはウクライナの党指導部にも、相談してみてくれ。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l    この件は同志スターリンも承認しておられる。
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


ルビャンカでやる夫とスルツキーは相談して検討した計画について、エジョフに説明した。
エジョフは二人の提案を聞いて反論もコメントもしなかった。
だが、彼はウクライナに行きコシオールとペトロフスキーに話を聞きに行くようにいった。
そして、この件は同志スターリンも承認している、と。

291 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:08:44 ID:KbvQpHGA0



                     __
             ,.-‐'' "゛~´ ̄    `"'丶、
            , '´               ヾ!
             /       ,   __ ,.          ゙ヽ
          冫 l/l//''"´    `"''ヾ、,, /    ヽ
            イ 彳 /              ヽ,     i
           ヾ/               ゙':、    |
            `i ‐''"ミ;;、          ヾ:、    i
             r'| /i':!`ヾ、   ゙''≡==、 ヾ    l
           | rl 、.゙'_,      ''i;j゙ヽ_   },- 、  !    同志やる夫、よく来てくれた。
            ヾ'|    ,;: "   `ー‐'   !゙,ri .| ,.゙
           `|    丶       "'''   i! }'.//
              i               ,、_,,〃
          /"´.',     ` ー--      / i''、
           /   l´iヽ              / ト \
      ,., '"´l  、| ' :,`ヽ、   __ ,. -‐''゙  / |  `i,
    /    |    `ヽ、゛    ̄ ''ー―‐ ''"´  .|   ヽ\_
  ,,/    r''" ヽ      \            { !    ヽ  `ヽ、_
''´ー 、,_,,r''´   ` i     \、.,,_       ,.イ     `、    "i 、
     ヽ、     l        \ `゙      '´ /       ヽ    | ゙、
       ヽ,    |         ヽ、         i.  ┌‐―¬ ゝ、/


       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、     モスクワから話は来ている。
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__  だが、君の口からも改めて話を聞きたい。
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    承知しましたお…。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    我々としては……。


キエフについたやる夫は、翌日コシオールのオフィスへと案内され、ウクライナ共産党の二大指導者と面会した。
しかし、二人はやる夫たちの発案した、この騙しあいゲームに、あまり強い関心を示さなかった。
彼らの関心は、チェコスロヴァキアにあるカルパト・ウクライナと呼ばれる地域にあったためだ。
やる夫は面会後、すぐさまモスクワにとんぼ返りした。

292 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:09:42 ID:KbvQpHGA0 [10/80]

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   同志。私とクレムリンまで来い。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    スターリン同志がお会いになられる。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


         ____
       /      \
      /三_',!`zx二 \    え、同志スターリンが!?
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \
    |      (__人__)     |   りょ、了解しました。
     \    ´ニニ`    ,/
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ


事態が動いたのは、一週間後の23時であった。
やる夫はエジョフに呼ばれ、ルビャンカに赴くとそのままクレムリンへと同行させられた。

293 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:10:49 ID:KbvQpHGA0


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l    同志やる夫、よく来てくれた。
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、     ………
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__  
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄


スターリンの執務室には、先客が待っていた。
それは、一週間前にキエフで会ったペトロフスキーであった。

294 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:11:07 ID:KbvQpHGA0 [12/80]


             ヽ                         /ィヘ/
             `__ ノ        ,'              / .)/
.  _______     ユ       (:'         /イ)/
./∨========.∧     ツ  . ',  ))       ィヾヽ/
マ:::::∨.\/\/\∧       ー┼”.} ./(         弋,イ
.マ:::::∨/\/\/ ∧      ノ | ヽし': :ヽ
..マ::::::∨__/\/\ ∧    ((,イ: :  :: :V)           /¨⌒`ヽ
 マ::::::∨ \/\/\∧    、ゝ: :   : :(ノ}       Y′    |
. マ:::::::∨/\/\/ ∧    ヽ: :: :  : :: :/        /      /
.  マ:::::::∨__/.\/\ .∧    ゝ;:; :;从;ノ      ./       /
.  マ:::::::∨ .\/\/ヽ∧  ┌───────i/ヽ_      ./
   .マ:::::::∨./\/====∧.二二ニニニニニニニニニニニ|   ー-─ /
.   マ:::::::∨==ヽ:::::::::::| |\/\/\/\/|三|      /
    ` ̄ ̄    )::::::::::| |/\/\/\/\|三|.     /
    ソ´⌒ ̄ ̄ ̄へ──'ニt‐‐ ./\/\/|三|     .|
    /       〃     l ̄ヽ ヽ/\/\ ̄リ     .|
    |         ゝ    .|  |  ) /\/\|     |

295 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:11:30 ID:KbvQpHGA0


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l    さて、同志やる夫。
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!     君の提案を聞かせてくれたまえ。
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.



               ____
             /     u.\
           /ー‐-:::::::::::-‐' \
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \    は、はい。
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |
           \      `こ´     /    では、ご説明させていただきますお…。
          /         u .\


タバコに火をつけたスターリンが、まず口火を切った。
やる夫は五分かけてウクライナ民族運動への工作活動を説明し、主たる目的はウクライナのルートを通じ
アプヴェーア(ドイツ国防軍情報部)へ浸透することだと強調した。

296 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:11:54 ID:KbvQpHGA0 [14/80]


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l    …………ふむ。
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!     ペトロフスキー、君はどう思うかね?
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'   u   ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!      はっ、はい、同志スターリン。
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l  u    .__」: )  ,ilノ_     社会主義国家ウクライナはコノヴァーレツィに対し、ウクライナプロレタリア階級に
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \ 対する重大犯罪行為のため、欠席裁判で死刑宣告を発表しました。
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄


スターリンは説明を聞き終えると、ペトロフスキーに意見を求めた。
ペトロフスキーは、コノヴァーレツィがウクライナで起こした犯罪行為により、死刑宣告されたと発表した。

297 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:13:07 ID:KbvQpHGA0


         ||
         ||,. - 、
       _.ノ    !
      /  _,、 ,.j'´) 
     /   イ ソ
     i     ,ゝ
      l    〈
    .l     丶.      ぎぃ…
    l        ヽ.
     l        , ヘ!      ぎぃ…
     l        ヽ.


犯罪行為とは、1918年にキエフ兵器廠において親プロレタリア的労働者たちの絞首刑を“個人的”に命令し、執行したことである。
これには、第一次大戦時、同盟国側の主力であったドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国双方も加担していた。

298 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:14:06 ID:KbvQpHGA0

=ニ                                           ニ=‐
    ‐=ニ二_                          _二ニ=‐
.             三二ニ=======================ニ二三/:.:/    \ーヘ、
.             { {ミゞ(・))ヽミ}川レ{ミノハ{ (( (・))彡ヘ}  } :/:.:/    ..,/: 〉 .::ーヘ、
.   /|\     { .:{ノ'"´`ヽノ}ヽ r'rヘノ´ゞ===彡ヘ:.: }  }/:.:/    ..,/: / .:::. .:::\
.  /:.:. |llll|     /{  {トミ;,:...:ハノ丶ノ ;:.ヘ;,.:...:.....::::.,;,;ヽノ....::}:./       /: /  .:.: .::::   \
/:.:.:.:.:.:.|llll|   / {トミハ:.:.トミ,,;.ゝ__,_,_,_,;.ノ :.:ゞミゝヘノ:.ノ)}:. //     //  .:.: .:.:..     ー-、    ウクライナの意志はすべてに優先される!
|:.:. ▽ .:r‐'´`ヽ/ .:.:{lハ:.:', :}:.:l_l┬┬┬┬┬┬ハノ}:.:} :.:.:.ノ//    ,//      _           \
|:.:.:.:.:.:.:.:.`ーヘ {   : :Vハ:.:',:ゞ Y 二二二二二 ノ У:ノ:.:.:///  ,//     Y´ ̄`ヽ, -―- 、   :\
|:.:.:.:.:.:.:.《三八 }  .:.:.Vハ:.:',:ミ┴┴┴┴┴┴┴彡イ:.: ///  //   /⌒ヽ|{__,}}/ ̄`ヽ ;     ヽ
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| `}   .:.:.:.Vハ:.ヽ`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´:.ノ// ,//    ' /⌒ヽ}    |{___} }
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|  .'  .:.:.:.:.:ヽヽ \,....;:;:;:;:;:;:;:;......,/// ,// /⌒ヽl {__}|     |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll| /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽィ ,//   //⌒ヽ}:.  :. .:| ,...... |      :|
|:.:.:.:.:.:.:.:.|llll|{      /             |///     ' {___||:.     :| """".:|  """ | /⌒Y
|:.:.:.:.:.:/l/|       {                  |//       |     |  .. :..  |     |      :|/    {:|
|:.:.:/l/   ヽ      |                  |/      {  ..,.,.  |     :|     |      :|     i}


1918年2月8日、ペトリューラらのウクライナ人民共和国は、ブレスト=リトフスクでドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国と同盟を結ぶ。
各種穀物100万トンと引き換えに独墺から軍事的協力を得ることに成功し、彼らの助力を得てキエフを奪還したのだ。
そして、彼らはウクライナ・プロレタリア階級に対し報復を開始した。

299 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:14:53 ID:KbvQpHGA0


           t        〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ)          ~'ー、
           了     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii〈            /
   て 消     (     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽi|   穀 わ     (
   え 毒      〉     |/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t:::::j   物 は     〉
   か さ     (      y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:ヌ   を は     (
   ┃. れ     ヽ,     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t )    出 は     / ,,、-''"
   ┃         ゝ    i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i |   せ       /'",、-'"
   ┃       ,r"     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j |   //       〉:::::::::::::
   //     r-、|        ',  i;;;;r'"~~ リ ソ:://'''ー、 ・・      _(::::::::::::::
  ・・     |           i  tー'--,ノ / ,r';;; :::L  _  __ /::::::::::::/
,r、 ,、-- 、, -'"           ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::::::/ ノ/",, レ''"、~  ,、 ':::;;、
 レ"从 ;:;: (         _,, r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -'":::"::| ,,,,」L,,,,  ヽ''",,、-'~::::
 从     ),,,、-ー ''''" ̄ ̄::/::::. (、;;;;二=ー'''":::::::::::::::,、-''i,  |j" ,,,,,、- '":::::::::::::
 ゙〉  , '''~ '''"::''___''''/::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;、-ー''"/从;;;;~'''''''i'i""| i|:/ ̄ ̄
 ∫ (,,:::::''" ,r"ii .ツY""::/:' 、;;;;;;;;;;、 -ー ''""     i i|||;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;| i|:::/
`}∫  _ノ、,,,,,,,/ニ了 ̄/,,,,,i////::::::::::::::::::::tj:::::::::::::::::::::::::| }||;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;;;| |/
";:;: ;:i'___(二二i|/iiiiii////     :::::i :::      i 〈t""○;;;;ti;;;;;;i /
'、t,,々ヽ==、、~'' 、ヽ| iOj//リ:::::,、 '""  :::| :::       t | t、、   ti;;;;;;i
.,r/;:;~''tt;;;;;:ヽヽヽ'yi|リ,//iソ''~      ::::| :::       '、ヽ';;;;;;O;;;;ヽ;;i
.i.|;:;:;:;:;;゚;;;;o;:;;:;:;:i |"|::|O|ii||||       :: it :::::::       ' 、;'、;;;;;;;;;;;;ヽ| 、、
i ';:;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;;:;:;ノノ:::i:ソii|||i| ||       ::;;ヽ ::::::::......................`' 、;;;;;;;;;;;;;;;i :::"   ,、
ー、' 、、;;;;;;;;;;;、 '"::::ノ人i从i ||      ::::::;;;j ~' 、,,::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;t ::::::,、 '~ ,,
_i、ヽ,,二_,,、 '",,r"入从jノ:::::::::::::::::::::::::::;;/ (:、  ~ '''''''''''''''''""""~ヽ;;;;;;;;;'、/:::/::
  'フヽ、iii二二;;;;、-'"ー-'、〉、、;;;;;;;;;;;;,、- ''~  ;;;;};;;;:::::;;;;;;;; ,,,,,,,,,、  ,、-ー''''、~フ""/:::::::
 /、 '"~(~~~  '''、"~   ヽ,...,,'ー-、~'ー、::::'''" ヽ::    ~ 、-ー''":::::::ヽ  Y
                 ドイツ兵Mさん(仮)


しかし、ウクライナ人民共和国もまた、不倶戴天の敵を招き入れた報いを受けた。
彼らの元で十分な穀物収奪が出来なかったドイツは、地主などと結託し、4月29日にクーデターを起こして人民共和国を排除。
新政権の下で、ドイツ軍は農村から穀物収奪を強行したのであった。

300 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:15:42 ID:KbvQpHGA0


       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'   u   ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l  u    .__」: )  ,ilノ_     コノヴァーレツィは、わがウクライナとソヴィエト・ロシア双方を敵に回しました。
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \ 我々は、奴に自分の犯した過ちを償ってもらうべく…。
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!    同志、待ちたまえ。
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h    コノヴァーレツィはナチ・ファシストのスパイだが、これは単なる報復行動ではない。
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'    我々の目標はウクライナ・ファシズム運動の息の根を止め、凶徒らが権力争いで
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj     互いに殺し合うよう仕向けることだ。
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ    ところで、同志やる夫、コノヴァーレツィの個人的嗜好はなんだ?
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.

301 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:16:24 ID:KbvQpHGA0

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   は、はい、同志スターリン!?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |  コノヴァーレツィはチョコレートに目がないことですお。
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \  、旅先では必ずチョコレートを箱で何個も買っておりました。
  /´               ヽ



    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
  |  ー' | ` -     ト'{    なるほど、ならばそれを利用してみてはどうかね?
 .「|   イ_i _ >、     }〉}
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
   |    ='"     |
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |

302 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:16:57 ID:KbvQpHGA0

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   ''''' u    イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`   u          |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    ………。
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ  u     _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


スターリンとの謁見中、エジョフは終治押し黙っていた。

303 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:17:20 ID:KbvQpHGA0


そして、謁見の時間が終わり退室しようとしたその時であった。


                      _,,,-,!=''"゙゙ニ゙''"二/'''-,,,,_
                ,r=''゙,i´/ ,/`,-'"` ._,,,,,,,,,,,,ミ''-,、
                 ,l゙.l゙  | .l゙ / /.,/,,-‐'"`        `'-、
              l゙ .|、 .゙lr!-イ-――ヘ---,,,-------,,,,,,_   ヽ、
              ゙l, .レ'^゙`            ゙l''''''''''""'''''―``   ヽ、
                  ゙l"              , ̄"゙゙゙゙ ̄~゙''''‐    `i、
              /`               ゙l'''''''''''''''''ーi、_      |
             ,i´ i、   _,,,,,_       {,''''''''''―-、,、`      |
               ,,レ、 ゙ヽ-'"`  `ゝ      `゙!二゙゙゙'''''-,ミ\,、    |
               ,|,,,,,)   .'|┬'--l,,、        ヽ`"''-、 `'-.゙'-  |
               |',,i´    i゙‐''"´ `:ゝ       ゙l、.,,-'',/ヘ''ー、   .|
           ,,/`      ̄            "´  `r'/''i、ヽ  .|
          ,i´    .、                  / `i、.| .|   |    同志やる夫、君は託された使命の政治的重要性を
             l゙,、.---- .,'"i、                ,,/,,,,,/.l゙ l゙ .,,/
           `゙l:.,'''''''ーー-,|i、              l`" .,/、/./`      正しく理解しているかね?
           ,i´,ノ | .| ,! | ゙!、                ,,,r彡゙
           }''|.|ニ|j,,|-,ト ゙i、.゙l             、 _/  |`
            |   `"゙゙''l゙‐'"            `゙"`   |
            `r、,,、   `                   l゙
            ,l゙                         |
            ゙l,,                      _,,r,!│
               ゙゙'-,,、,,---‐''''"            _,,r/゙‐'` ゙l

304 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:17:59 ID:KbvQpHGA0

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \   …はい。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /   この任務を遂行するためなら、命も惜しみませんお!

305 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:18:22 ID:KbvQpHGA0


           _,xzfゞ仆f川爻ミ从ノソyミゞ、,,、
          ィ毛キハ川ゞj入ヘヘ从ノノ彡爻彡ノハ、
         /爻ゞ!ヘミゞヘヘfj从メ州〈火ノソ爻ミ彡yゞ、
       . /ミミゞ,从爻乂从从乂爻ノノィリ彡ィ彡tノ彡'、
        lミミミ"      ゙゙""゛゙""゙""゙゙゙゙"゙"'彡彡彡ヾ!
        lミミ;゙                 ;爻彳三ゞ!
        lミ;"                 ミ爻三三!
        lミ;                  爻ミミ爻!
        lミ イ≧==x,,゙'  ' ',、x=≠≦ヾ、  'ミミミ彡|
        V ゞイr::;テ=、,`  '' ::ィr:::;テ=、,, _,  ゙;:ミミミミ|
       ハi ';, ''ー=''" ::  :: :::.',` ̄´`ヾ=.  ゙;;ミミソ
.       {{.|       ::  ::           ゞY`ぃ   ……うむ、成功を祈る。
.        {{ !      /    ヽ          , ヽ.!
       {{ '    / ''` ー ''''ノ\         ::ゝソ,
.        } .|   , '从从从从从从从ヽ       :. //
.       ゝi    从从从从从从从从;、      ,  ノ
        ', ノノ从ソ''"-‐'' `ー-ヾ从从ゞ     ,'ー
               ::.:.:.:.:.:.:.
         λ                   !
         人 ヽ,..   ....          i
        ///\  ー'' : : ::::.. . . .      ハ



                                イ///////////
                             ζ≧o。///////////
                           イ/////////`ヾ//////
                      _...._ f///////////////∧////
                 _.。o≦     `ヾ≧o。.//////////∧///
             .。イ             ゞ:::::::::`マ/////////i//
          γ´     }≧彡イ       .::::::::γ⌒ヾメ/////////i//
          ゝ    イ  γ      ヾ:::::     マム///////|//
             ̄   /                   マム//////|//
               ζ                      刈//////|´
              イ⌒ヽ               ..:::::/刈/////ノ
     ......__  ..。イ;、   从         `寸::... .::::::イi!i!/////
   f´   `ヾ;    辷彡イ   ヽ__       ヾ:::::/i!i!i!/>
   ゞニニニ≦辷≦彡 ⌒ヽ   /  ヾ≧   ..:::::  ヽー
       γ´   ヾ、  }彡'   /   ..::::/
        {    _.. ><    イ  `ヽγ
        ゞー匕 f´     刈´   > ´
            ゞ > ¨´弋彡 ¨´


スターリンはそういって、やる夫に握手を求めた。
やる夫はコノヴァーレツィ暗殺を命じられたのであった。

307 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:40:13 ID:KbvQpHGA0







           _ __
        ,r.:"´;:;;;;;;;;;;:;:.:.``ヽ
       ノ彡;;;;;:,;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.::ゞ\
      /.::/⌒ヾ.;;;;;;;;;;;;;:;:;:::.:.:.ミミミヽ
       l::::j    \`ミミミヽ:,、;;;;ミミミ',
       |/l       `゙""¨´ `l;ヽ\|
      リ,,rヘ、_    _,,,__  トヽ\!
        ハ'^`モッ'ト :"ニtz‐ッ ``V^ヽ;l
        u|    ´l ;:. ` ̄ ` , ;ヘ'/
       ll    ,′;:::.     / し'′
         1   `"´     ′1
         ',   -‐─-;   ' /.:.L
        ハ、    ̄´  .//ノ::ハ
         __「ヽ\   _,.ィ‐'´ .:::/ トーrr
  ‐rr一'77フ′ ``≧≪"   :::// l: //:;:
  l l   i゙1 \   ノl〈   .:.::// ノ/ ':;:;;;
  .:| |  .! |    `"´ _」 ヽ  "´´  .:.::;:;;;;;;




         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::


翌日、スルツキーとシュピーゲリグラスの二人は、いくつかのコノヴァーレツィ暗殺計画を作成した。

308 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:40:40 ID:KbvQpHGA0

           ____
         /      \        パンッ
        /   ─    ─
      /    ( ●)  (●)'、 ,,_____,,,、 ,;:''"゙゙'':.,/ -‐
      |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ::、,. ..,::'、‐-  _ -―=== ‐
       \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´  ゙ "´
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ
        i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           |   ̄


その一つが、やる夫がコノヴァーレツィを暗殺するというものであるが、やる夫の反対により却下された。
というのも、コノヴァーレツィは常時“ミスター・エンジニア”のコードネームを持つ副官を同行させており
二人きりになる機会が皆無であるためであった。

309 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:41:00 ID:KbvQpHGA0

       ___      __
     / ̄\ヘヽ ̄ ̄ ̄ヘヽ \
      |    | | |       | | |
      |    | | |       | | |
     \_/.//____.//_/
        ̄ ̄ ̄       ̄ ̄


もう一つのプランは、贈り物に見せかけた爆弾を仕掛けることだ。
これが一番現実的なプランだった。
タイマーがしっかり作動すれば、逃げる時間も稼げるからである。
NKVD技術支援局に、チョコレートの箱に見せかけた爆弾の製造を命じられた。

310 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:42:12 ID:KbvQpHGA0

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│/Meiji ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ'´                                  ``ヾ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\│
│|              ,. -'´                                        `ヽ、_,-'´ここらで`ー--‐'´\.|│
│|    _  _     ,. :'´          日月 シ台  チ ョ コ ス ナ ッ ク           \._,-< ̄ ̄ヽひといきノ.|│
│|   ノ  ̄ `ヽ /   _           _                           _    _  \          |│
│|   ヽ_,、__ノ/   _/ ̄7____ r==i ._i ̄'i_  .,.-┬-.._   r─‐┬─┐  __   | ̄|ー--イ ̄|   ヽ          |│
│|           /   (|_./  /__)__). |  | ()_|  |_) ' ,..┴-、ヽ .l!__!___| ,.:'´__)__\ !_!-f=|ー|_|    ';         |│
│|         ;.    /  / ,.. -┬--、|  |    |_| i_/ ./ヾ, i__,i       ;-イ /7ヽ_,| !  |-| !-|  |      i          |│
│|     /) |    ノ`ー; l)__|__ノ|ー.!   ;' ̄.! ! ̄V\/ ノ ̄! _     _.! V7' ノ .|└.┘.!-| └.┘     |      _ .|│
│|  _,.-、/ .) !    /  / ,.、_   _、.|  |  /  ;'  ヽ_/__/ ノ .ノ/ `ー┬''´ .ヾ┴' 〈__ノ  !二.! .|二ニ!       !   /_ノ..r│
│|  `、゚  ) ':、  ;  .;' 〈  T´  i |  |  !  ;'       ヽ-'  `ヽ、__ノ_,.-'´      l.l ̄ ̄.T. ̄ ̄|    .ノ    ̄/) l │
│| ィ,'´,, r、ヘフ ヽ   ̄   `ー''--‐',、 ̄    ̄                            ゙'──┴─‐┘   /     /,ノ //│
│|  ´ ´     \          _,-v .)    < チ ョ コ レ ー ト 菓 子 >       /;;;;;ヽ    / _ノ;;;ヽ   /V..│
│_  ,:'  ̄`ヽ _ ' 、      `7 ,、フ                             ,.-';;;;;;;;;;;;;!、 ,.: ´/;;;;;;;;;;;;|-‐-/   ,│
│   ̄_    i;;;;;;;;`ヽ` -.._    二                    ,.-‐,、         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|-' /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  /  ./.│
│ _ノ  `⌒´ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー ー.._/;;;;;;;\_         ,,,‐;,、    ,.-';;;;;;;;;;;;i   ,;‐;;;、  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ./  / . │
│ (       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\|;;;;;;;;;;;;;;;;;\_     _/;;;;;;;;;;i  _ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  _i;;;;;;;;;ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!/  /.  │
│ し、_,._,._ノヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;iフ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ノ;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|-──--、;;;;;;;/  ./   │
│     ___.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄`ヽ、ヾ;/  /.   │
│      |____| ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/;;;;;;;;;;;;;;;-'' ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ-─-、;;/、      ヽノ  /     │
│     /    ヽ. ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;-‐'  /;;;;;;;;;;;-' ,.-‐ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';    / `ー----‐'  /.     │
│   /____ヽ. ヾ/    __,: ヘ;;;;;;;/ /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐ヘ─ '´      /  /      │
│     | |_| |||| |     ̄ ̄    ヾ/ /   /-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐;;|  ̄ ̄   /   !;;;;;;;;;;;;;;;;-''     !         /  /        │
│     |_|_|__|           `ー--‐'`ー、_       ./ `ー--‐ ''   ├-‐''´       ノ         /  /.         │
└─────────────────────────────────────────────────┘

311 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:42:28 ID:KbvQpHGA0 [29/80]
               伝統的なウクライナ模様の包装紙に包まれたチョコレート菓子


チョコレートの包装紙は伝統的なウクライナ模様で飾られることになったが、やる夫はこのプランにも難色を示した。
というのも、タイマーを起動させるために隠れスイッチを押さなければならなかったことである。
コノヴァーレツィが気に入ればいいが、気いらなければ、副官に預けてしまうだろう。
爆弾は少し時間がかかったが完成した。
隠しスイッチがいらないタイマーを内蔵し、箱を水平から垂直にすると30分後に爆発する一品であった。

312 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:43:10 ID:KbvQpHGA0


         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l     ……同志やる夫。もし失敗したら男としてけじめをつけてもらうよ。
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::



-ニー―――――――――――――ハァ、
〔|  ̄ ̄∑WALTHER∑ ̄ ̄ ̄ |||||||||∈〇||~\(〇)
 ヘλ__________ |||||||||li,oノ||| __〉/
   ̄\_____o__ (轟) ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄^\_
      ̄\ / ̄ヾ ノ ̄ヽ、 | |;;嬲嬲嬲;;| |  /
        | |    ) )   |  | |;;;嬲嬲嬲(( /
        \\_ ノノ___/d  | |;;嬲嬲嬲;| |ヽ
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ | |;;嬲嬲嬲:| |ヘ
                    λ | |;;嬲嬲①;| |ヘ
                    λ | |;;嬲嬲嬲;| |ヘ
                     λ | |;;嬲嬲嬲;| |ヘ,
                     λ_|______/ /
                    / ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
                   <_ -ー ̄


爆弾ができて数日後、シュピーゲリグラスはやる夫をエジョフの執務室に連れて行った。
エジョフはやる夫に「任務の成功を祈る」と声をかけた。
会見後、彼はやる夫をレニングラード駅まで見送ったが、道中彼はやる夫にワルサー自動拳銃を渡した。
万が一失敗した場合は、捕まるくらいなら、威厳をもって死ねとの命令だった。

313 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:44:31 ID:KbvQpHGA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \    ……ありがとうございます、同志。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



              Y` {∨从,ノノ,イソ彡,イ,彡,'´  -=彡
           トリ`゙´   ,  ,_   ヾ     `ヽ
          /,へ. v/ / /三=ミヽ  ミ `ー   ゝ
          ,゙ ⌒ヽ {_j_{ ,イ'´   ハ_`  ミ  ー=`ヾ
          {{    }´=ミ}{     ノヘ:、  ミ` =ミ `7
         乂_.ノ. :/ : 乂_彡'  \:、ヾ '´ヽ  ハ|
         ′. :i -::〈  、.     ヾ;,.  \//}| {/
           !: : :イj: : :i,: ヽヽ: .    '.ヽ.   {  ! ド   あくまでも用心のためだよ、同志やる夫。
            |: : _ z: :ー-.    `_:、ヾ.'.;∨ヾミノ'./ リ
            |: '. r'_ ̄  ̄ ==彡'ノ .|ハ;;;∨iリ / /    そうだ、逃げる段階になったら、すぐ最寄りの店に駆け込んで
            |: :7ゞ=====ニイ ,   ノ.∧; ∨´  {
            l : : : ー==ミ: : :´ : : : : :i |l};;ハ!\ |    帽子かレインコートを買いなさい。
           ∨/,         、ヽヾ! !|;;;;;;}  ヾ!
          ∨//,イi |l l  iハハi |! |l ||!i|!;;;〃.:  '.     それでだいぶ印象が違うからね。
              ∨//,ll|!!|!l| |l !|!||!|!!j|| !|彡'. : : _.ム


だが、シュピーゲリグラスは前日に、八時間以上にわたって様々な逃亡方法についてやる夫と話し合っていた。
彼はやる夫のために1938年5月から6月の二か月間、西欧のどの都市にも旅行できる鉄道切符を用意していた。
さらに、チェコスロバキアの偽造パスポートと、現金で三千ドル(現在の価格でいうと約300万円)をやる夫に渡した。
そして逃げる段階になったら服装一つでだいぶ印象が変わることを、やる夫に叩き込んでくれた。

314 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:44:51 ID:KbvQpHGA0

それから数日後。

              l=ニ二三γ了三ニ=l    , ', ' ,'| ::| ', ' ,
                     `]」_      ,.'  ,' | ::|  ',  ' ,
                 n   /丁l/ -‐ ' 4    ,' _| ::|  ',   ' ,
                 ||   `丁|    , ' 」|   ,' |::!  |{,     ' ,
              ,┌='_ニ二二三三 , '三三二ニ=ュ|::!  || ',     ' ,
                |/`エ,Τ_丁_丁_丁_丁_丁_丁Τエ|::!  || ',     ' ,
              /lニ二二二三三三三三三三三二二| ::| z TlΤ ̄Τ ̄ΤT、
               レ|| _.Z]ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ[`|_Z. -┴┴―┴―┴ ' - .._
             「| ̄ ̄ ̄ ̄ , '  ̄ ̄ ̄ -‐  '''"´           , 、       /
             |l| 囗  ロ ' -‐ '''"´           rャ  rゃ  ー' rゃ rャ/
             |,|    ,.'´      _ -‐  ´                /
             |l| ,.'´  _  -‐                           /
             Z  zァ              _                 /_
           r/   /'              ∨r 、          ,/∨
           「   /                 ∨_|        ,/∨
           |  l| /         、         ∨          /∨
===== = ‐ l、 /                             /―――――――――――――‐
            ` ‐- _                      / ‐-         -‐
                  ‐- _:::::::::::::::::::::::::::....................................l′       -‐
                     ‐- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ̄
                         ‐- _-―-―ー―-┘ ~  _
                               ‐- _   -‐

315 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:45:05 ID:KbvQpHGA0

__                        ___
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /      そ、そんな……。
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ
     r     ヽ、__) (_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


そして、やる夫の乗組んでいる貨物船“シルカ”号がムルマンスクから出港する前日。
やる夫は、購入したプラウダで信じられない記事を見つけた。

316 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:46:07 ID:KbvQpHGA0

.           ,,_________,,___________,,________
.           | プラウダ               1938年 ○月△日  Среда
.           | ────────────────────────────
.           |          モ .人.┃    アブラム・スルツキー氏死去
.           | | | | | | | | ス. 民.┃  ┌───────────────┐
.           | | | | | | | | ク. の.┃  │....  ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、.     │
.           | ──── ワ. 敵.┃  │.  /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\   │
.           | | | | | | | | . に. ブ.┃  │,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、 │
.           | | | | | | | | て. ハ.┃  │l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l .│
.           | ──── 裁 . | .┃  │l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j .│
.           | | | | | | | | 判 リ .┃  │|;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|. .|
.           | | | | | | | | が ン..┃  │,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:! . |
.           | ──── 決   .┃  │Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト! ..|
.           | | | | | | | | . 定  ..┃  │,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|  |
.           | | | | | | | |  。 ..┃  │!`Y       ,   l   、        Y k,!.... |
.           | ──────....┃  │゙、,!l         |         ,j'1/.  |
.           | | | | | | | | | | | . .┃  │. ヾj、      l           イソ.. .│
.           | | | | | | | | | | |  ..┃  │.  `i     `ゝ-'"        ,!′.  .│
.           | ──────....┃  │.   l    _,,、、、,,_    ,イ    .│
.           | | | | | | | | | | | . .┃  │   ト、  ´ -‐―- `    / |ハ.   .│
.           | | | | | | | | | | |  ..┃  │   l \           /  |、ト .  ..│
.           | ──────....┃  │.... ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、.  .│
.           | | | | | | | | | | | ....┃  │.  /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、.  .│
.           | | | | | | | | | | | .. ..┃  └───────────────┘
.           | ──── ──. ┃  NKVD二等国家保安委員(※)就任時のスルツキー
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
.           | ────── . ┃──────────────────────
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | |
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | || | | | | | | | | | | | | |
.           | ────── . ┃───────────────────────
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |.| | | | | | | | | | | | | |
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
.           | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
.           | ───────────────────────────────


それは、やる夫の良き上司であったスルツキーが、急死したという記事であった。
彼の早すぎる死を、やる夫はひどく惜しんだ。
彼は有能なプロの情報将校であり、やる夫とエマに心を配っていた友人であったからだ。


※1
軍隊の階級でいえば中将に該当する。
この当時、ソビエト赤軍には上級大将の階級が存在しなかった。

317 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:46:53 ID:KbvQpHGA0


        _,,:-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''-、,,
      ,,r'' _            ヽ、
     ,f ,;ニ--ニ、            ゙ヽ.
     i' .;f     ゙ヾ、:::...         ヽ.
     i',;;;;;l      ゙ヾ、;;:;::.......   .,,;.:.:,;,;;;i
    i;;:;,i' |        ``''ー-ニ=-''"`'''i;:;:;;|
   {r'" j ,rニ''=ェ、,,_,  ,,__,,,,ニ--:、, リヾリ
   ,l,=イ|  ー゙モワ''''>i  ;`'''Z't-ァ~`゙'' ,|、;|
   i i''ヾ|       ''"l!  `ヽ  ̄   i;f''''l!
   | | ,ハ       l!         ,i ,; l!
   ヽ、.ミi`     ィ l!__,i」,;;      ,i f ノ
     `''┐      `ー'"      {,シ''"
 .      ト、    ̄二''ー--    /!
 ..    |`:、      ̄    ,/'|
      ,,|  ゙:、        ,/  |、
     ト-ニ'ー- ゝ、,,___/ -_''ニ-ri

スルツキーは、駐ベルリン・ソ連通商代表部職員のカバーの下で、アメリカ、ドイツ、スペイン、フランス
スウェーデンでの特殊作戦に参加した。
特に、このスウェーデンでの特殊作戦では、彼はSFK社(※2)からボール・ベアリングのデザイン図を奪い
ソビエト連邦の各種産業に多大な貢献をした功績で、赤旗勲章を授与されていた。

※2
スウェーデンヨーテボリに本社を置く、総合機械メーカー。
当時はボールベアリングメーカーであった。

318 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:47:24 ID:KbvQpHGA0


               , .:.:.:.:;:;-─‐‐--、、
           /.:.:.:;;:;:;:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;ヽ
          /.:.:;:;:;:;;;;;;;;;r'"´ ̄`ミ;;;彡-ミヽ
         ./.;;〃.;:;:;;;;ィ´ 彡'"二y'彡⌒ヽヽ
        /,;;〃;:;;;;,ィ´ 彡'"  ̄``''´`゙゙ヽ1 !
         /,;;〃;:;;ィイ 彡'′        !1 !
      /,;;;〃;:;;:;;;;;/              '; ',
       i;;;;〃/⌒V  ´゙゙゙二`ヽ、   _,,、、jミミ;
        V;;;ハ い;'  "゙‐trぇr、.;;` ,斤ッ‐;イシ′
      /;:;;〃、_, ',.  ``  ~"´ ト ̄  /
       !.:〃:;:;;;;ij. ;      ;.._  l  ,'゙
      V.:;:;;;;;ハ',         `"  /      これ以上我々の産業に手を出すな。
      /.;;;;;;/  ヽ、    -‐''ニニ'' /
       !.:;:;;/、    \        /       慰謝料として、アメリカドルで30万支払ってもらおう。
      `y二ヽヽ、.   \ _ _,:'′
      _/  ゙,1  r二ニヽY ̄〕         さもなくば、西側の市場に貴殿の販売しているマッチより
   ,.ィ<``丶、 レノ '  ̄`)i 1レハ
,.ィ< ``ヽ\   \ _ノノ 1Lノト、,,,_ ___   半額以下のソ連製マッチを大量放出することになる。
 ``ヽ\  \\  \< ノノハVノ 1  ``ヽ\`
レフ・ニコルスキー 後のアレクサンドル・オルロフ (パウル・フォン・オーベルシュタイン)


スルツキーの功績はこれだけにとどまらない。
彼は、経済諜報担当のOGPU外国課第7班長レフ・ニコルスキー(アレクサンドル・オルロフの偽名の一つ)
とともに、スウェーデン人の“マッチ王”イーヴァル・クルーガーを脅迫したときのことである。

319 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:47:50 ID:KbvQpHGA0 [37/80]


      / ` 、   丶 、 ヽ'、 ヾ ノィ,  \
    /,;;:`ヾ、ゞ、_,.:;;;:,,ゝミミ, 、゙'i,ソィイ,r゙、, '゙ヽ
   ,!,;:;.. ,r'´,r'"   ``ー-ゞ、,)ノノシィイイi
    !,;;;;:;:.'"´|  ,:       ``゙゙''"´  `l;j
   ,!;;;;;;;:;:;:,イi ,;:. ..             |l
   l;: .;:;;ィ彡! 、  ,ィ',二ニ;=、、_,     ,iリ
  ,!,j// ,ィイ/.   、,"´-rtェァゞ゙"´  ,!三ニミl
  l彡!⌒゙i !     `` /  ,;::i ,!゙ー'"`|
   ゙i!lヾlj リ              .;:::j  l ̄  |
   ト、`レ  ',        ,イ、,,.jk ,!   l
    j ヽ、k i         ,.、ィィ彡'iソゞ、  l
    ,!   ´i  l      ,r';;;;:;:;:;:;;:;:;:;;:;;:ヾ !    ぐぬぬぬ………。
 ,、イ \   l. ;.     "´  、,,,_.. ,`` /
 :゙、   \ `、             /     わ、わかった、要求を呑もう!
 :::::゙、   \,ゝ、 、..         ,イ
 ::::::::゙、.     \`丶ゞ、..       ,、イレ、
 ::::::::::`、      \  `ー―一'´/ !:\
 ::::::::::::::`、     r'ゝ、、,,,,__,,、イ‐-、 ,|:::::::\
 ::::::::::::::::::`、    };;;;:;:;;;;:;;:}kj{:;:;;;;::;:;{ l:::::::::::::\
イーヴァル・クルーガー(ネグロポンティ)

クルーガーは、ヨーロッパ・中央アメリカ・南アメリカの各国政府とマッチ生産独占権を獲得した“マッチ王”だ。
全世界のマッチ製造の、75%を支配した巨大財閥のドンであった。
彼の食指はソ連にまで延びようとしていたが、二人は安価なソ連製マッチを西側市場に流されたくなければ
彼に30万ドル支払うように要求し、その要求をのませた。

320 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:49:10 ID:KbvQpHGA0

      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j    `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/
   ヾj、      l           イソ
    `i     `ゝ-'"        ,!′
     l    _,,、、、,,_    ,イ
       ト、  ´ -‐―- `    / |
       l \           /  |、
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、


有能なスパイマスターの早すぎる死は、NKVDにとって大きな損失であった。
だが、後に公開された資料よって、スルツキーの死因が心臓発作などではなかったことが明らかになった。

321 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:49:58 ID:KbvQpHGA0

. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヘ::::::::::::ヽ
ム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>"´ ̄~   V:::::::::::::ヘ            ____, --- 、
.{:::::::::::::::::::::::::::::::::::/         V:::::::::::::|          /
..|:::::::::::::::::::::::::::::仁ニニ --j  i__,. --、.',:::::::::::|          /
. ij:::::::::::::::::__ノ"´.| || ̄ .〉ニニ.i´ ̄i.ii‐-i:::::::::::|         .|    /i i i i
..ヘ::::r‐7:::/ L__|.||__/   }_ .||| リ:::::/i:/         |   / //| /"゙ヽ
 ヘ::{ j::::|       i    i  ̄ ̄i:,イ ム'          i i / .ノ__.レ,__
  ./.}-.|::|      " `ヽ---ヘ   | .i            レi |.| r 。ァi i、。ァ
/ {  N    /r、__.............__.,   レ'             i从i   r | `
  .|ヽ ヘ    弋ニ=-―――'   .i               N   ヽ_/
   | `ヽ、      --―‐‐    .ハ、            /ハ ー―‐' ./
   .|   ./‐-ヽ        ,.. "  ベヽ、        >/ .i ヘ .\  ̄ ハ
   |  ./   `~ ‐-------" |   .ヘ  `ヽ、..... -‐ "´ / .|  ゙‐ .‐ァ、‐  .|
_>"´i ./             .|__   ヘ     ゙ヽ、..._./  .|  .,イ  〉  |
    ',              .i `ヽr"´         `ヽ .| ./ .ヘ__.ハ i
    ',             .,'   ゙ヽ、         | .', V  / .|  V
     .',            /     /         |  ', ', /  .|  .|
     .',           ./     ./          .|  .', V   .| /
      ' ,         ./    ./           .|  .', 〈    | /
       ヽ      /   /            .!   .', ヘ   レ /
右:ミハイル・フリノフスキー 左;レオニード・ザコーフスキー

彼は内務人民委員第一次官ミハイル・フリノフスキーと、副内務人民委員レオニード・ザコーフスキーの両名により
フリノフスキーの自宅の書斎で、青酸カリ入りの飲み物を飲まされ毒殺されたのだ。
二人はこの時期、権力の絶頂期にあり、急激に昇進してきたスルツキーを脅威と見たのであろう。

322 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 20:58:50 ID:KbvQpHGA0



         ......._........
       ./      ヽ
      .i    ./ii ト .ヘ
      |   / リレリ ヽ リ
      .{  ィ' _。ァ r。ji‐'
      .ヘ リ   、.| .}     エジョフ様様だぜ!
      从レi   ‐-ヽ./
      _/iヽ、.\  ./                 ,. -――、
   ..-‐"/ .|   >‐<´.}.',               r':::::::::::::::__j、`ヽ
‐"´   .{  |、__ハ__ハリ .',゙ヽ、            ./:::::::::::∠_, _ヽリ
',     >ヘ   | | ト、r  ヽ、          .{:::::ri.jヽ;;;ノ ヽ;;フ
|    ヘ  ヘ  |  | i  .〉   | i          _.>_T .r_'__-', |
. |     ヘ  ヘ .|  } ./   | |      _,...-‐" ハ .〉...'    _/、、    これから毎日人民の敵を殺ろうぜ!
 |     .ヽ .ヘ|  ./ / .rニ] .| |   >"´    |  ヘij ` ~~ | .', ゙ヽ、_
 .|       \ V /     .| |  ./ .ヘ     .゙ァ .ヽ  | i  i .j   ヽ
 .|        y"     .|  |  |        \  .\j j ./゙ヽ   .| |
//        i O     .|  .| .|, / .i       ` ‐-.ヽ/ _ノ   | .|
..ハ        |       |  | レ/  |        _.ム-‐"    .| |
,' .',        | O    .|   〉.}    |      ,.-"         | }
{ .i       .|      .|   .V    .|      .| 0     0    | {
{  |       .|      |   |    /       |          | .|


やる夫は知らなかったが、ソビエトで最も恐れられた彼らNKVDエジョフ派は、権力の絶頂から転がり落ちはじめていた。
フリノフスキーは38年に海軍人民委員に左遷され、39年4月逮捕され40年2月に銃殺された。
ザコーフスキーに至っては、スルツキーを毒殺した40日後の3月28日にNKVDの全職から解任された。
そして、38年4月末に逮捕され、「ドイツとポーランドのスパイで、右派トロツキスト組織に加入した」ことを自白、8月に銃殺された。

324 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:01:05 ID:KbvQpHGA0

                      、 ‐ vvl/し
                   ___jヽ}ヾ l  { =ミ
                   ゝミ  }/ 从  =ミ
                      ) Y  从V ヾ  爻
                       { ヽノ..-‐:::::::‐-ミヾ }          (※アブラーシェンカが死んだ…。ということは、俺も……。)
                     ....:.´:.:.:.:.:-┬‐-:.:.:.:.ヽ、
               ......:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.....
          .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
           /{{ ̄¨7:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }}、
.          〈:.:}}:.:. :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         }ヽ:.:.:.l:.:.:.:.: /:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        l:.:.:.:.: l :.:.: /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:. /l
          l:.:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:. /:.:l
.         lヽ:.:.:. l:.:/:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:./:.:.:.l
        lヽ:.:.:.:.:V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ :.:. ノ〉


1938年、この年、エジョフと関わりのあったNKVD上級幹部全てに、例外なく死神の影が忍び寄っていた。

※アブラムの愛称

325 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:01:33 ID:KbvQpHGA0 [43/80]

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   さて、どうするかお……。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


無論、そんなことを、当時のやる夫は知るわけもなく、彼は船で作戦の最終確認を行っていた。

326 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:01:57 ID:KbvQpHGA0 [44/80]

    .    ____
   _   /⌒  ⌒\       お久しぶりですお、コノヴァーレツィ。
  |  |/( ●)  (●)\
  |  |::::::⌒(__人__)⌒::::: \    今ノルウェーですお。
  |  |    |r┬-|     |
  |_|      `ー'´     /    さっそくですが、どこかで落ちあいたいのですが…。
   §
  ∂

___________________________


     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /         おぉ、やる夫か。
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`         なら、キールでどうだい?そこからならイタリア行の飛行機に乗れるだろう?
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´ 
:::/   \   |  :::::::ノ:::<               乗り換えでキールまでいけるぞ


やる夫はノルウェーからコノヴァーレツィに連絡を取り、どこかで会えないかと尋ねた。
彼はキールを指定したが、やる夫は今回の航海は5時間以上船を離れられないのだ、といった。

327 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:02:43 ID:KbvQpHGA0


     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /     なら仕方ないな、ロッテルダムでどうだ?
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`      あそこなら港町だし、5時間以内に船に戻れるだろう?
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´ 
:::/   \   |  :::::::ノ:::<    


___________________________



    .    ____
   _   /⌒  ⌒\
  |  |/( ●)  (●).\
  |  |::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ありがたいですお。
  |  |    |r┬-|     |
  |_|      `ー'´     /    では、ロッテルダムでお会いしましょう。
   §
  ∂


やる夫とコノヴァーレツィは、ロッテルダムの鉄道駅からほど近い郵便局そばにある
アトランタ・レストランで待ち合わせる事となった。

328 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:03:02 ID:KbvQpHGA0 [46/80]


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \    船長、やる夫はこれからコノヴァーレツィとあってくる。
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |   そのまま特別任務にあたる予定だから、午後4時までに
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /    戻ってこなかったらそのまま出航するんだお。
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



  ∧_∧
 ( ;´∀`)   は、はい。了解しました。
 (    )
 | | |
 (__)_)


やる夫の命令に従うように指示されていたシルカ号の船長に、彼は午後4時までに戻らなかったらただちに出航せよと命じた。

329 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:03:59 ID:KbvQpHGA0


         ,ィ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ``丶、
        /                \
        /::. . .  〈Kj〕               `、
      |:::::::::.:.:... . . .                ,!
      !r'''"´ ̄ ̄,f´ ̄ ̄ `''' ーー- 、  /
      |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.j!        、    `ゞf′
      |.;.;.;.;.;.;.;.;r'゙        !      リ
      i.;.;r-、;.;,j ,、-===、,,、ィ' _,,、zィ=イ!
      ヾ! kコV`''ー-イ ィヱン ,!'⌒i ィェェ !}          同志やる夫、成功を祈るよ
       l ゝソ  ;  ゝ、__ノ  ゙; ゝ、__ノ!
      ゙ト、   '、         ゙i    !
       リ ゝ'i  ;       `ー'´  
        ,ィ|   l、       _   /
      / (f、  ', \   ''"´ ̄`  /
     ,/:::::::::::\    \   ´ ̄  ./
   ,ィ´ヽ:::::::::::::::\    `丶、 _ ,イ- 、
 ''"´ヽ/::\:::::::::/^ iゝ-ー、    /:::::::::`''ー-,
 _, ィ´:::::::::::::::\/:::::::|    `Y´ ̄`ヽ、:::::::::/゙i
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     i    ! ヽ:/ヽ:|- 、_
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、    ヽ __,ノ  /\:::::::::::::::`''ー
アレクサンドル・ティマシュコフ(ヒルマ)


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    そっちも、同志。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |  万が一の場合は手はず通りに。
  . \ ヽ           /


シルカ号の船室には、爆弾を設計したアレクサンドル・ティマシュコフがいた。
彼はやる夫が船を出る10分前に、爆弾をセットしてくれていた。

330 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:04:25 ID:KbvQpHGA0 [48/80]



             ,.;';;´;:::::::.:`:ヽ.、
          ,.ィ'´;;;;;;;;;;;;;;::::::: .:.:.:. .:`.: 、
         ,.r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::: :: :.::.: :. .イ,
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::,: -‐ ´ ̄`'ヾ,
        ,!;;;;;;;;;;;;;,r'⌒`゙"´   _ ‐   !l
       ,!;;;;;;;;;;;;;;i| ,r'´ ー‐- __, -一 i;|
       !;;;;;;;;;;;;/,! ,ィ==、.,_,.! i_,、r=ニヽ!
          Y‐-、//   ''´,ィtェ冫; {<ェェァ゙イ'
       ( {ヾ Y y ´ `゙ー '  ,; i ` '' .,!
        `! !|  i      ,ィ;i .l   ,イ
        ヾ、ゞ     ,. '`ー'イ゙   .|
          Y'i、.      _,,.,..,,_  l
          ,! ト、.     ー‐一  ,!     ドイツとベラルーシの友好のために!
         ィfi、 i 丶、 ヽ       /
        .,ィ'; i  ヽ、  \   !  /
  _, ,-─';´! ; ;l    `ー、  `ー‐'゙-ィ `ヽ、
‐;"; ; ; ; ; ; ;│; ; l      ``ヽ、,_,イ    !`;ー-、_
; ; ; ; ; ; ; ; ; ;|; ; ; ;l         ,.イ;;;;;;;;ト、   l ; ; ; ; ;`,ー-、
ヴィルヘルム・クーベ(ヘンスロー)


後にティマシュコフは、大祖国戦争中ナチス・ドイツ軍に占領された白ロシア(ベラルーシ)の行政委委員長となり
ドイツとベラルーシの融和と併合を進めたナチ党員“ヴィルヘルム・クーペ”を暗殺する特殊磁気爆弾を設計した。
爆弾を仕掛けたのは、彼が雇っていた白ロシア人のメイド、イェレナ・マザニクであった。
SSはこの暗殺の報復に、ミンスク在住の男性1000人を射殺した。

331 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:05:09 ID:KbvQpHGA0


.             ゞ:;ヾソゞ____|       ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;;ヾヾヾゞ:;
.            _;;;ヾゞ/    ;;;;;;;;| |[][]|  |[][ゞ:;ヾソ   ゞ:; :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:; ::: ;;;;;
.            | ヾ;ヾ/       ;| |[][]|  |[][]|ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ヾ ソゞ   :::ゞ:;ヾ ゞ
.            |__:::ヾ;''=====|______ヾゞ:;ヾ :::ソゞ :ゞゞ:;;:;ヾ ゞ ゞ:;ヾ ゞゞ:;
.           エエエエヾゞ;. _,__.___.| |\  _ _ _  ゞヾヽ :;ヾ ゞゞ: ;:::ゞ:;ヾ ゞ ゞ:;
.              ); ,(;;| |≡|  |≡| |iiiii| ̄|iiiii||iiiii|iiiii| |ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾソ  ゞゞ :;ヾ ソ/ゞゞ:;
.             __ヾ| |≡|,,_.._|≡| |iiiii|  |iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡||:;ヾ ゞゞ:;  |li/ ゞゞ:;
.            |≡≡|;;;| |≡|γ,,|≡| |iiiii|  |iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡|| ゞゞ:;ヾソ:;ヾ ゞゞ:;ゞゞ:;
.            |≡≡|;;;ll,|≡|iニi;;|≡| |iiiii|_|iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡||__|__ :;;;ゞゝ:::ヾヽ
.           iiiiIIIiiiiIIIiiiil ' ̄ ̄ ̄ ̄| |/   ̄  ̄  ̄ !|  ̄  ̄  ̄'||/;;;;;ヽ  ヾ;li/:::ゞ:;ヾ ゞ
.           _______.|       |________,|__, Cafe..__||_    \ 'li|ヾ:li|
.           ____________|       | VINS desutoroi ,| = = = |\    / |li| li|
.           ;naname | , ' ⌒ ヽ |  ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      |  \/   ヽli//
.            ̄ |/\l| |   ::l | |   ~|"~"~"||~"~~''|"'|:|口口| | / ||     | ;il|
.            ̄ | ̄ ̄l| |   ::l | |  ヾ;;ソゞ  || ヾ;ゞ;;ミ|:|口口| ||  ||;;\   | ;il|
.           // | // l| |   ::l | |   ;;;ヾ  ||  ヾノ;;; |:|口口| ||  || ; ';,\ | ;il|
.           // | // l| |;;:: ../ :| |    i| / / ||   liイ .|:|口口| ||  /; ';";; 'ヽ::;ilヽ
.           __|__l|_,,|;;/  :|_|二二liiiil___||__liil_i!y||llllllll|.____.;; ';";; ';)
.           ;" ' ";" ' ";" ';" '" ' ";" ' ";" ;" ';" ' "; ' ";|ロl_|;" '/     \";, ,/
.           ;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" '. /  ─     \..
.           ======================. ' (●)       \
                                    (l、__)          |
                                      ⌒´         /
                                     `l          \
                                      l           \


ロッテルダムはその日、朝に雨が降った後は気温が上昇し暖かい一日になった。
やる夫は港からまっすぐ鉄道駅まで歩き、十二時十分前に横丁へ到着した。

332 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:06:19 ID:KbvQpHGA0 [50/80]


            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |    (さて、コノヴァーレツィはどこだお?)
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
         /                       ヽ


                   ,,,,,,,,,,,,,,
                 ,,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ik
                ,iiiiiiiiiiiiiiiiトiiiii,     _,,
                /llllハliトiiハll,jハilli     l;l    やる夫、ここだ!
                 iiiiハ '  a゛ ` iiii  _,_,|,|_,
                 '|  -_‐-  `jk  ,ト-=y  丶
                  ヾ,_,__,.__ /i-"  `ヽ `i, ̄‐^l
                  |ヽ    |iii,,    ヾ~ `  i,
                ,,_,i     y,ソト,,__   ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j   / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i   i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , / i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~         _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l  l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil         /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ  ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l   l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /


コノヴァーレツィの姿を探していると、彼がレストランの窓際の席にいるのが見えた。
その日、彼は一人だった。

333 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:06:38 ID:KbvQpHGA0

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    お久しぶりですお、コノヴァーレツィ。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |   お元気そうで何よりですお。
  \      `ー'´     /




               _ -‐─‐、
               ´ ̄:::::::::::ヾ::::::::::::`ヽ
          , ':::::::::::::::::::/:::::`ー、_::::::::丶
        ,/::::::/:::://::::::::::::::::::::::-‐==‐::\_
        //:::::/::, - 、:::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::::::::::::::/
.        /:::::::::::/ ⌒ ):::_:::/::::_::/::::::::::::;::'::::::/:::`ヽ
      /::::/::::〈 ( ソ /::/ //__/_::>´ l:::::::/:::::::::::l
       /::::/::::::::l 〉 !/  /   /:≦ `丶/:::::/::::/ :l:::ヘ
      l:::::/:::::::/`‐ !   '   ̄´_灯ヽ.  /:::::/::::イ:::::l::::::!
     l::/:/´  /ヽ            ̄  /::::人\:i:::::ト、::l
  __〔ニ/     ト            ///::::\\! V'
ィ´:/:::::/      T              Y-‐!ハハ\へ
::::/::::_::/        \        く    _  !  ,ヘ/ ̄ ̄\    なに、たいしたことはないさ。
::':::/ \     l   ×,      、 ヽ、, ─ '   // ̄`‐- \
:::」\  \   l     ′      /     / / / / ̄`‐-  |  それよりも、君も少しやつれたんじゃないか?
´  ヘ    \  l     レヘ  、/      `/ ソ/ ≠、   |
    ヘ.    \    / \二"           `´| ノ  Y  │
.    ヘ     `≧7\  \\___         .l ´  /    .|
     ヘ    /\l_ \ / ̄\`ヽ       ヘ   l    .|
.      ヘ  / \\ | l∧\  |  \       \人   |
 \     `´    l \\ | |  \!   \_     l      |
.   Y     .    |   ゝ´ ̄|          ノ|       l     l
   |   √     |     廴レ'      ヘ  / !      l       !
   |  ./       |    | |         〉'  ト、   l     |
   l /       ノ     | ∧     /     ヽ  l      !

334 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:07:02 ID:KbvQpHGA0


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ● )    \    いえいえ、そんなことはないですお。
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.     "⌒(    j    )⌒゙       |    それよりも、ウクライナにおいて新たな動きがありましたお。
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.          ` ⌒ ´           /    報告したいのですが、船に一度戻らないといけないんですお。
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \



     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             -/ ///
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /       なら、夕方に食事でもしながらどうだろうか?
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`        五時くらいでどうだろう?
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:::<

335 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:07:26 ID:KbvQpHGA0 [53/80]


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
    /                    \
   /.    ( (・) ) ノヽ ( (・) )   \    それなら大丈夫ですお。
  |        ´"''"  ,     "''"´       l
  ..|.     "⌒(    j    )⌒゙       |    あ、そうだ。これはお土産です。
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.          ` ⌒ ´           /    ぜひ食べてください。
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

336 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:08:08 ID:KbvQpHGA0
┌─────────────────────────────────────────────────┐
│/Meiji ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ'´                                  ``ヾ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\│
│|              ,. -'´                                        `ヽ、_,-'´ここらで`ー--‐'´\.|│
│|    _  _     ,. :'´          日月 シ台  チ ョ コ ス ナ ッ ク           \._,-< ̄ ̄ヽひといきノ.|│
│|   ノ  ̄ `ヽ /   _           _                           _    _  \          |│
│|   ヽ_,、__ノ/   _/ ̄7____ r==i ._i ̄'i_  .,.-┬-.._   r─‐┬─┐  __   | ̄|ー--イ ̄|   ヽ          |│
│|           /   (|_./  /__)__). |  | ()_|  |_) ' ,..┴-、ヽ .l!__!___| ,.:'´__)__\ !_!-f=|ー|_|    ';         |│
│|         ;.    /  / ,.. -┬--、|  |    |_| i_/ ./ヾ, i__,i       ;-イ /7ヽ_,| !  |-| !-|  |      i          |│
│|     /) |    ノ`ー; l)__|__ノ|ー.!   ;' ̄.! ! ̄V\/ ノ ̄! _     _.! V7' ノ .|└.┘.!-| └.┘     |      _ .|│
│|  _,.-、/ .) !    /  / ,.、_   _、.|  |  /  ;'  ヽ_/__/ ノ .ノ/ `ー┬''´ .ヾ┴' 〈__ノ  !二.! .|二ニ!       !   /_ノ..r│
│|  `、゚  ) ':、  ;  .;' 〈  T´  i |  |  !  ;'       ヽ-'  `ヽ、__ノ_,.-'´      l.l ̄ ̄.T. ̄ ̄|    .ノ    ̄/) l │
│| ィ,'´,, r、ヘフ ヽ   ̄   `ー''--‐',、 ̄    ̄                            ゙'──┴─‐┘   /     /,ノ //│
│|  ´ ´     \          _,-v .)    < チ ョ コ レ ー ト 菓 子 >       /;;;;;ヽ    / _ノ;;;ヽ   /V..│
│_  ,:'  ̄`ヽ _ ' 、      `7 ,、フ                             ,.-';;;;;;;;;;;;;!、 ,.: ´/;;;;;;;;;;;;|-‐-/   ,│
│   ̄_    i;;;;;;;;`ヽ` -.._    二                    ,.-‐,、         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|-' /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  /  ./.│
│ _ノ  `⌒´ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー ー.._/;;;;;;;\_         ,,,‐;,、    ,.-';;;;;;;;;;;;i   ,;‐;;;、  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ./  / . │
│ (       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\|;;;;;;;;;;;;;;;;;\_     _/;;;;;;;;;;i  _ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  _i;;;;;;;;;ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!/  /.  │
│ し、_,._,._ノヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;iフ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ノ;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|-──--、;;;;;;;/  ./   │
│     ___.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄`ヽ、ヾ;/  /.   │
│      |____| ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/;;;;;;;;;;;;;;;-'' ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ-─-、;;/、      ヽノ  /     │
│     /    ヽ. ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;-‐'  /;;;;;;;;;;;-' ,.-‐ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';    / `ー----‐'  /.     │
│   /____ヽ. ヾ/    __,: ヘ;;;;;;;/ /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐ヘ─ '´      /  /      │
│     | |_| |||| |     ̄ ̄    ヾ/ /   /-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐;;|  ̄ ̄   /   !;;;;;;;;;;;;;;;;-''     !         /  /        │
│     |_|_|__|           `ー--‐'`ー、_       ./ `ー--‐ ''   ├-‐''´       ノ         /  /.         │
└─────────────────────────────────────────────────┘

337 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:08:47 ID:KbvQpHGA0

                    _,rヘi___,,.....、
                , -‐ '"       >、
               /             >、
                /                l
              r'                 l         おっ、これはありがたいな。
                 〉   ┌ヘ、 ト、乂         ノ
              ,ィ     |   ∨ \メ、ー壬マ仆、  ト、      じゃあ、やる夫。またあとで!
             レ! j  リ  ,ィム、  `T壬ェ. `刈`ト、,乂.
                 レト、ト、| ∠rタム        ` |んソ    >
                 `寸ヘ   〈_      、 ├ヘ、  く
                _>rヘ.        ,ィ  ∧ 〉 Y´ ̄`
                 rf'"´   `ーヘ  `Tニニ/ / / rヘ!.
             / `i      \ `ー   /  | /:::::ハ
               /   `i__,...... -‐ヘ、^ーr‐一^   | |:rく  l.


やる夫はコノヴァーレツィに、例の爆弾を差し出した。
コノヴァーレツィは疑うことなく、その贈り物を受け取り、箱を水平に置いた。

338 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:09:54 ID:KbvQpHGA0



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \         三__|__
    /: : :             \        口 |
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \       ‐┬‐
: : : : : : : :.._        _      \  │__田__│   えぇ、ではまたあとで。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |  、 マ
: : : : : : ´"''",       "''"´       l   了 用
: : : : : : . . (    j    )       /   '"`ー‐
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\      レ |
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \      ノ
: : : : . : : . : : .                   \


やる夫は走り出したいのをこらえ、彼と握手を交わしてからレストランを出た。

339 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:10:22 ID:KbvQpHGA0 [57/80]


          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::u:\   (焦るな、落ち着け)
      /::::::u:::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(●) .  |  (そこの服屋でコートを買うんだお…。)
      \    (__人__) .  /


やる夫はレストランを出てから、どのような道をたどり、商店街のどの店にいくかをしっかり頭に叩き込んでいた。
シュピーゲリグラスのアドバイス通りに、彼は紳士服店に入って帽子と軽いレインコートを買った。

340 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:10:50 ID:KbvQpHGA0

そして。


      //.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:///彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、
.       / .:.:.:.:.:.:./イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 厶ー―=てノ):/.:.:.:.:.:.:.:
   ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〃.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:}
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.://:/:.:.:./.:.:// .::::::/.:.}: : /:.:.:.:/
     /'|/.:.:.:.:.:/⌒ヽV.:.:イ゙/ /:/// .::::::// :./} :/:.|:.:.:.:ヽ
      人:.:.:.:.:.{ ノ::) 小 i/ /:/'イ /⌒¨¨゙ミ/.:./|!|/.:.}j:.:.:.:.ハ
  __彡ヘ V:.:八 `Y{ リ ′{/  j/ '⌒心x//从j::::/:::::::/::::′
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:}⌒^  \__,        ′ `¨^/ イ /:::/:::::::/ |/
.:.:.:.:.:.:.:.:.: /     i|               l// }/ ′
.:.:.:.:.:.:.:.:./       八        ,         {   /
:.:.:「`ヽ/              \ー- ,_了⌒゙′
/. . . .`: : . _      : . ヽ      `¨¨丿
. . . . . . . . . . . `ヽ  ',: : : :\      /
ー: :、. . . . . . . . . . \. ', : : /\___ ノ        さて、アジトに戻って、やる夫の土産を食いながら時間をつぶすとするか…。
. . . . .\. . . . . . . . . . \ |: :`ー 、


         |  |
         |  !
        /  ヽ   'て
       ,ム    L _  て
    i′__ _ノ_ノ_」┘ _`i
    | l::::::::::└'-'::::::::::::::::::| | 
    | l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    | l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  
    | l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
   └────────┘

341 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:11:09 ID:KbvQpHGA0

          _                                  _.  _   _
         | | ロロ                              | | | | | |
         | |_   __ロロ   _       _     _      _    | | | | | |
         | __|   |   |.  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |   |_| |_| |_|
         | |       ̄| |  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _
         |_|      | ̄ |.  </|_|   </|_|    </|_|    |__|   |_| |_| |_|
                ̄ ̄
                                    ‘
                     (⌒`)⌒  ‘、⌒`)) //     ;
                  ((⌒`);`) `)、⌒`)`)  `;`))
                 `)、⌒`   ⌒        (;⌒`
                 ⌒`);`         :::::::::::⌒⌒))
                `)、⌒‘  ⌒     :::::: :::::::::⌒`);`⌒)
                (⌒` `          :::::::::(⌒` (⌒;`
                 ((          ::::::::::::..:::::::::⌒`);`
                 `)、ヾ   :::::::::::::::::..::::::::::::⌒`)⌒))
                    ⌒));`)  ::::::::::::::((⌒`))"‘
                      (⌒ ,;;`)   从 ))゛
                    ‘  ;((  ,;;   7‘
                       ⌒、从 ,;`)))、,;
                    ‘ ∵从 ⌒`)、⌒`);   、   ヾ
                   ‘  ;(⌒));`)从‘ 从
           ‘  ,;      ((   从`,;从‘  ⌒`)、⌒`)
                (⌒`)(从 ‘ ∵从 (⌒);`)从∵从⌒;  ‘  l7
              (__,;;))⌒` ,;;)” ,;(⌒));`)从‘ 从‘  ,;)`   ,;   ________
  ______ ((‘,;[:::::::::::] ∵,;((⌒‘,;)从⌒;,;`:::::::;(⌒));`)_从_ ,;从 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::::/\. |:::::::|(⌒);`)从∵ ,;(⌒));`)从‘   从‘  ,;))/::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\.|:::::::::|:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::\― ィ:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
――――ィ=ュ::::::::::::::::: |_/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :/ :::::::::\|:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_____\__/二二二ヘ______
::日::::::::: E|::::::|::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::|::::::|::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::::::
____:::::::|/_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|:::::::::::| ̄| ̄|:::::::::::| ̄| ̄|::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::

342 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:11:52 ID:KbvQpHGA0

                   __
          _,,..-''"´  . . . `゙"''-..,,
         /    ....: : : : :..:::::::::::::::`ヽ、
        /   ...: : : : : : : ..:::::::::::::::::::::::::::ヽ         ヽ从/
      /   ..: : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       そ   て
      ./    . : : : : : : :.::::::::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::',       /^YY"‐-=ニヽ
     /    : : : : : : :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             _,,..-'
     ,'    : : : : : : ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ___,,..-‐''"_,,..-‐''
    .l    : : : : : ::::::::::::::::::::J::::::::::::――――┼‐===ニ-―‐ ‐''"´
    .l     : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
     ヽ     : :u: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     \     : : : : :..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       `゙''-..,,_            --‐<
        ,,-''"  ̄l ̄ ̄           `゙''-..,,
      /                  ヽ、   `''-,,
     /     l                ヽ       `ヽ、
   /      |                    ∧         \
   /    ̄ ヽ、|                 ∧
  .{       `゙''-..,,_  _,,..-―‐-..,,      ∧、
   ヽ、         .,- ̄  -..,,`ヽ-‐'       ∧\
    `''‐..,,_     /    __ ヽ_j        ∧ \
        `゙''-..,,_     〈 ̄.‐‐'
             ̄ ̄⌒ヽ_j


やる夫が紳士服店を出た直後。
レストラン方面から爆発音が聞こえてきた。

343 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:12:15 ID:KbvQpHGA0 [61/80]


  |         |  |
  |         |  |_____
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|
  |         |  |   / /|
  |        /\ |  /|/|/|
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|    何だ、どうした!! 爆発だ!
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         Λ_Λ
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔   〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   Λ_Λ     / /(_)
  |   |/|  |/      ( `○ )   (_)    Λ_Λ
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔   〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)


          ___
         /::::::::::::::: \
        /:::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::  \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(―) .  |  (さようなら、コノヴァーレツィ…)
      \    (__人__) .  /

344 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:14:22 ID:KbvQpHGA0


        / /        ./       ,,-"/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ____/ /_____./     ,,-"   | ・・・まもなく列車が参ります。
      / /       /     ,,-"      | 黄色い線の内側までお下がり下さい。
 ───/ /────./    ,,-"       \_______________
 ──. / /─── /    ,,-"      ,, - "       Turrrrrr......
 二二/.「 二二二/   ,,-"     ,, - "       ,,,, -
 三 .//.| |三三/   ,,-"    ,, - "     ,,,, -- ""
 ≡// | |≡/  ,,-"  ,, - "    ,,,, -- "         ______
  .//  .| |/  ,,-" ,, - "  ,,,, -- ""            |______
 //   | | ,,-"- ",,,, -- ""                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.// ./ | |                    .┌―――┐ .| 「「 「「
.//   | |                           ||      ||  | | l  | l
      | |             _______.||_____.l|_|
 ̄\  | |             |  --,,,__   ||      ||  ""''''-- ,,,,__
   \ | |             |     "''''-、,,,__     ||         ""''
      | |              "''- ,,      "''''-、,,,_
      |_|.∧_∧             "''-,,        "''''-、,,,__
      (   )               "''- ,,         "''''-、,,,__
      /   i  ≡≡≡ヽ     ゙-、≡≡≡≡ "''- ,,
      i o U  ..\三三三三ヽ     ゙-、三三三三三 "'' - ,,_
       し'| ̄ ̄|  .\ニニニニニニニヽ     ゙-、ニニニニニニニニ   "''
       .|__|   ..\二二二二二ヽ     ゙-、二二二二二二二


やる夫は急いでロッテルダム駅へと向かい、パリ行の始発列車に乗った。
無論、そのままパリに向かわず、1時間ほどの駅で下車し、ベルギー国境に向かった。

345 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:15:17 ID:KbvQpHGA0

               _________/⌒}__r-、
.        ,.  -‐  ´   /⌒}__r-、  /,'´,ィ(ソft'/}   ‐- 、
.       / .        /,'´,ィ(ソft'//,'´,ィ(ソfti/,' |   ./ア=/ フl
    / /.      /,'´,ィ(ソfti//,'´,ィ(ソf/ア=/ フl  / ´  / / !
   /  /     /,'´,ィ(ソfti//,'´,ィ(ソf/ ´  / / .l/ ´,ィソf/ /  .|、 ヽ
.   /  /.     /,'´,ィ(ソfti//,'´,ィ(ソf/ ´,ィソf/ / , ', ' {ソfz/ /   /  ヽ \
  / ./    /,'´,ィ(ソfti//,'´,ィ(ソft, ', ' {ソfz/ / / / ,ィソfz/ /   /     ',  ヽ
 ,  i   /,'´,ィ(ソfti/,'´l f' (ソftイ/ / ,ィソfz/ / / / {ソfz/ /   /       ',  i
 |  {  | f' (ソfti/,'´  | |. ftz〃/ / {ソfz/ / / / ,ィソfz/ /   /        !   |
 i  l  | |. ftz〃 ´  ,..'LL_|ル{ / / ,ィソfz/ / / / {ソfz/ /   /       }  |
    ', LL_|ル{ {  /    `^/ / {ソfz/ / {. {  .ヾ゙/ /  /         ,'  i
  ',   ',    `^ヽ./      {. {  .ヾ゙/ /  ,'., Y´ ,.ノ  /        /   /
  ヽ. ヽ             '., Y´ ,.ノ  /  '.,_{ `i  ./        /   /
    \. \               '.,_{ `i  ./    \i/         / /
     \ ヽ、           \i/                  / /
       `ヽ、 ヽ、 ________________.x<´, ''´
         `ー―――――――――――――――――‐ ´


                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \    飯がのどを通らないお…。
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ


国境付近のレストランで食事をとったが、あまりにひどい頭痛で食べらなかった。

346 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:16:06 ID:KbvQpHGA0 [64/80]

                      ________________
                        ∠二二二二∠::l二二二二二二二二二二ヽ
                        `7/¨¨¨¨¨¨¨ 7.:「 ̄ ̄:.:||「 ̄ ̄||「 ̄|::|
                    //l |   | |  //l:|   .:|||   :||| :|::|
.            ,♀=-、――一'―-ミ―-ミ/厶l:l‐――┘|‐――┘|‐―┘::|
    _      /---\\::::::::::::::::::::::::::::ヽOコ::::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::|
   (iii))>…‐-|l:::::::::::::(iii))‐-=ミ:::::::::::::::::l-┘:::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l>…<|
    /.::/.::::::::/ ̄|l::::::::::::/.::::::::, -‐-ミヽ||l:::::l:::::::::::::::l :::::::::::::::::l::::::::::::::/.::::/⌒ヽ
   ーヘ::::::∧  |l:::::::::/.::::::::/ -‐- 、 \、::⊥、:::::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::/.::::::/  ̄`ヽ::iニZ
   =-{{竺{∠∠込...:;ー‐‐ァ' ,. -‐ 、 V/ヽー――┴――‐'┴―‐{::::::::{ '⌒ヽ }」ニZ
    {{{{ー-=≡ニ二三Z{{{{{ ;    } }///\三三三三三三三三L:::::::{ {   } }
    ∨∧///∨‐-=≡V/, V  ノ 厂 ̄ ̄`¨¨¨¨¨ヾ込彡'¨¨¨¨¨V//,.   . ノ
.    ヾ __ 彡'     ヾ.      彡                   ー--一

347 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:16:38 ID:KbvQpHGA0

       _______
     /  .|  |  .\.      |\     /\     / |   //  /
    /____|  |__ \.... _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
  /  ___  ___  \. \                     /
  |  / (●)|_|(●) \  | ∠   スタァァーーップ!!!    >
  |  |    .(__人__)   | | /_                 _ \
  |  |     |::::::|    | |.. ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  .\|     l;;;;;;l    | /     //   |/     \/     \|
   /     `ー´    \
 /              ヽ    パスポートを拝見!



     ____
   /      \
  /         \
/           \     どうぞ…。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

348 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:17:16 ID:KbvQpHGA0



       _______
     /  .|  |  .\
    /____|  |__ \
  /  ___  ___  \
  |  / (●)|_|(●) \  |
  |  |    .(__人__)    | |     はい、ありがとうございました。
  |  |     ヽノ      | |
  .\|           | /      チェコの人ですか、お気をつけて。
   /            \
 /              ヽ



       ____
     /      \
   / ─    ─ \     あ、ど、ども…。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |   (…やる夫、チェコ人っぽくみえるのかお?)
  \     ` ⌒´     /


レストランを出たやる夫は、タクシーを拾いベルギー国境へと向かった。
国境警備兵はチェコのパスポートを気にも留めなかった。
タクシーでそのままブリュッセルに向かい、列車に乗ってパリに向かった。

349 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:18:14 ID:KbvQpHGA0 [67/80]

.: : : : .: : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : :
 ° : 。 :  : :   : :  : :  : : : : : : : : : :。  : : : : : :  :  :゚:  : 人 : : : : : :
: :  :  : : : : : : :  : : : ゚ : : :    : : : : : : :  : :°:  :  : :   : 〔幵〕 : : o  :
:  . : . :  . :  . :  . :  :  . : . : . : .  :   : . :  . : . : . : . : .  .|幵| . : . : .
 .  .  : 。 .  : .  : .       . ° . :      .   .   :         +|幵|  .   . .
                             。                . |YY|
  °                                          ゚         |xl!t|
                                                    |x||x|
                                               |x||x|
                                                |Y||Y| *
                                                 |X||X|
                                                  |x幵x|
                                                   |x幵x|
                                                o |X幵X|
                                                 |W幵W|
                                                _f幵幵幵幵t
                                                 ‘示示示示示’
                                               //777,ママヘ
                                             × //77/―iママヘ °
                                                 //X7,'+ ∨Xヘ
                                               .//X7/    ∨Xヘ
                                            _//X7/______∨Xヘ
                                          }苙苙苙苙苙苙苙苙苙{
        o + | ̄ ̄ | ̄|||  +  ┌――┬┐ 。   +   o + | ̄ ̄ | ̄|x._辷辷_┌――┬┐ 。
.       | ̄l |lll lll lll| ll |||r-| ̄| o|lコ lコ lコ| |―lo.r、、。* | ̄| ̄l |lll lll lll| ll |r-| ̄| o|lコ lコ lコ| |―l l
      二lニl |lll lll lll| ll |||| _|  |+l"|lコ lコ lコ| | l⌒l⌒llHlニニニlニl|lll lll lll| ll || _|  |+l"|lコ lコ lコ| | l⌒l


パリについたやる夫は、駅の両替所で100ドル札をフランに両替したが、その時の両替屋にごまかされた、と後に語った。
彼はホテルに泊まらず、パリの街をぶらぶら歩くことにした。
予算をケチったわけではなく、国境を超えるときにパスポートに押されたオランダのスタンプを警察が利用する
かもしれないことを考慮したのと、フランス情報部がオランダから入国し多人間をチェックする可能性があったためだ。

350 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:19:37 ID:KbvQpHGA0 [68/80]

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     | |--´i i`--,,--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|--,---, ,-------´
     | | ||///||  `ー―――‐´ ○  | |       ___
     | | ||///||       | ;;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |   _,,.-r ´o    o`n
     | | ||///||       | ;;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |-‐'´i _ r ,| i ̄ ̄ ̄ ̄i |
     | | ||///||二二]  |;;;;;;;;;;;l::l;;;;;;;;;;| |oロD|i_i.|,,|| `ー――‐´ |
     | | ||///||r‐‐j |.  | ;;;;;;;;;;;i::i;;;;;;;;;;| |`'‐-!、,|,,|| o [二二]  |
     | | ||///||  ̄ |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | -  `''‐'、 ______j
     | | ||///||―‐'´          !、!   o   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;''''
     | | ||//y''                   n   \
     | |  `´                        ´   \
     `'´                                  Tj  \


       ____
      /_ノ '' ⌒\
    / ( ● ) (● )\
  /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \  あんたがやる夫だな。
  |     `ー=-'     |
  \            /  話は聞いてるよ。来てくれ、隠れ家を用意したよ。
イワン・アガヤンツ(ドヤが夫)


パリの街をぶらつき、約束の10時にパリの地下鉄駅まで行くと、そこには一人の男がいた。
パリ・ソビエト大使館の三等書記官のカバーを持つイワン・アガヤンツだった。
彼はやる夫と合流すると、車に乗せ、ブローニュの森までいって朝食を取った。

351 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:27:05 ID:KbvQpHGA0

       ___
      / ⌒'' ⌒\
    / ( ● ) (● )\
  / :::::⌒ , _ ゝ⌒:::::\    あぁ、そうだ。
  |      `ー'      |
  \     ー     /    モスクワがこれをあんたに渡せと言ってきた。



         _____
  r―――r'  r―――ォ ヾー-‐ァ
  ¬:三三ヨ―:}---- 、 |ゝ-rヘ(´
   └=ニニ、―}二二´ .|_r一' >―ュ、
          ∨ ト==='―┘     /´ ヘ
         ヒ_ヘ _.、--- 、    {  __.ヘ
             Y / ヽ r'´} /⌒ヾ . (__) ヘ
            弋、__ノ.'.彡'     ハ     ハ
             ̄ ̄      |   o  !
                      |       |
                     `======′


アガヤンツは、やる夫にリボルバー拳銃と一通のメモを渡した。

352 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:27:39 ID:KbvQpHGA0

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |  贈り物は渡した    |
       /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /_____
       /  荷物はパリにある /ヽ__//
     /               /  /   /
     /  旅行中に使った  /  /   /
    /  _...  ..._     /  /   /
   /  車はパンクした  /  /   /
 /       ̄ ̄ ̄   /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



       ____
      /_ノ '' ⌒\
    / ( ● ) (● )\
  /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \  さて、飯もくったし、あんたを隠れ家まで案内するよ。
  |     `ー=-'     |
  \            /



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \       ん、お願いするお。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /      (作戦成功…。連絡員と落合い、つぎの指示を待て、か。)
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


やる夫の任務を知らないアガヤンツは、パリ郊外の隠れ家まで彼を案内した。
やる夫はそこに二日間滞在した。

353 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:28:03 ID:KbvQpHGA0 [71/80]

         ___
       /      \
      /  ノ   \ \
    /    (●) (●) \          なんなんだお、このでたらめな記事は。
    .|   u.  (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |


やる夫は滞在中新聞を読み情報収集にあたったが、ロッテルダムの事件については何も報道されなかった。
しかし、亡命ロシア人が発行する新聞には「エジョフが失脚まじかで、粛清されるのも時間の問題」だと報じていた。
やる夫はこの記事のばかばかしさに思わず一人笑いした。

354 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:28:27 ID:KbvQpHGA0

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   君の成功を祈る。
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


エジョフは二か月前、やる夫の任務の成功を祈ってくれたし、スターリンは彼に全幅の信頼をよせていたのを、彼は見ていた。
そのエジョフが粛清など、ちゃんちゃらおかしいことであった。
しかし、わずか二か月という間にその状況は大きく変わっていたことを、やる夫は知らなかった。
エジョフはスターリンからの寵を失い、酒におぼれ、39年3月3日にすべての職を解任され、その翌年粛清されるのであった。


※なお、この当時のソビエト側の政治状況については
◆J7qCZtZxmc様の「やる夫は赤い皇帝になるようです」
第四十二話 肉挽き器 前編~第四十五話 破滅 後編がわかりやすいです。

355 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:29:03 ID:KbvQpHGA0 [73/80]

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    やる夫は今からポーランド人だお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


三日後、やる夫は偽造書類を使いポーランド人としてフランスを出国した。
彼の行き先は、ファシストと共産主義者の争うスペインであった。

356 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:32:18 ID:KbvQpHGA0

ヽ     ,.r'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     ,.r'"´ ̄ ̄ ̄
||:|    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........ . . .  .        .  . . . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ||:|   ./::::::::::::::::::::::::::
||:|    l________________________________________||_||:|   l_______
||:|      |  ||  //  ||   ||  //  ||   ||  //  ||   |┌――――┐|   ||  //  ||    || ̄||:|     |  ||  //
||:|      |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|     |  ||__
||:|      |  || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄||   |r|        |r|   || ̄ ̄ ̄||    || ̄||:|     |  || ̄ ̄
||:|      |  ||___||   ||___||   ||___||   |r|        |r|   ||___||    ||_||:|     |  ||__
||:|      |   ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄   |r|[!        .|r|    ̄ ̄ ̄ ̄    || ̄||:|     |   ̄ ̄ ̄
||:|      |           .  . . . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |r|        |r|   .  . . . ..:::::::::::: ||_||:|     |
|| ̄||  || ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||        || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  || ̄|| ̄ ̄|| ̄
||_||  ||_||__||__||__||__||__||__||__||__||ニニニニニ||__||__||__||_||::::l||_||  ||_||__||_
 ̄ ̄   ̄..___..三};;;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;{三米三};;;{三米三}  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ :{三米三
      /      \. ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨¨ ¨¨`ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´           ヾノ爪シ
     /  ─  ─\
   /    (●) (●) \          おっおっおっ、やっと記事になったお。
.. ..|      (__人__)   |    __
   \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /    …副官が犯人と間違われ逮捕って、運がないやつだお。
   (⌒      /     /     /
   i\  \ ,(つ     /   ⊂)
   |  \   y(つ__./,__⊆)
   |   ヽ_ノ    |


やる夫は車と列車を乗り継いでスペインに入国した。
そして、同地の新聞で、ようやくコノヴァーレツィ暗殺の記事を見た。
新聞記事は3つの可能性を推測していた。
ソビエト・ボリシェヴィキ勢力の暗殺、ウクライナ民族主義者のライバル派の暗殺、ポーランド情報部の暗殺。

357 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:33:19 ID:KbvQpHGA0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /  (=) (=)  \     やる夫は確実に疑われてるだろうけど、シルカ号が出航した
            |      (__人__)     |
          \     `─´    ,/     今となっちゃ、特定されるまでは十分に時間は稼げるお…。
          /     ー‐    \


この時、オランダ警察はドイツから来た副官“ミスター・エンジニア”を逮捕していたが、彼の到着した時間が暗殺から1時間後だったことで
彼を釈放し、捜査に加わらせていた。副官とオランダ警察は、やる夫の写真をもって、オランダに停泊していた
ロシア船舶をしらみつぶしに探してたが、結局見つからなかった。
副官は写真の人物やる夫について、ソ連船の無線技士を装った密使だ、としか知らなかったのだ。

358 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:33:55 ID:KbvQpHGA0 [76/80]

                                           /;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      丶、                                ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        `ヽ                                `トト;;;;;;;;;;;;;;;;
     .:.:;:;:;;.ィハ                                  `トト、;;;;;;;;;
   .:.:;:;:::;ィィイ´ノ                                  ! ',゙;:;;;;;;
  .:;ィィイ乍シ'ハ!                                     ゙,  ヾ;;
.:.:;;ィ彡い   ,′                       ,,,,,、、、、         \
イイイハ   /´ ,,、、、、                      〃,,;:;:;;:;.、 `ヽ        `フ
   ,′ / ,.: ;:;;;;;;:;:;:;;、                    Vハハ ミミヽ. !      //
  .;   / /;:;:;;;;;ィィシハト                     I" ゙゙゙` リハ ,;;!     l/
ト、.::;;:._/ {;:;:;;;ィイ 、、_ 1                     '; ‐ュ   Y'´   /
ト、!厂   ヾ;;;;r' `''''〈                      ーrry'"/:ト、  /
  \   ,ノハ、 ; ‐r'゙                     ,. イ ハ/.:.:| \ !
-─-ミ;V`ヽ\`ゝr‐'                 ,.ィ'´ V/ ,.イ``゙"   !
    .〉  \,7ハト、               / l.   //_」   /r'"´! /
   .:/``ー∧/^リ_」``ヽ            ノ彡``ヽ7/r====ュ'´「 ̄7====
  ,.:イ     ``Y//   i:〉          V"´ ̄   i L_/   ``7 〈{カ}〉
 .:.::/i       i   ,ハ          /     ,、‐'"´      ハ トェェイ
.:.:::/.:.l   r==。=ュ i r=。ュハ          L  , ィ"i´ト、      ,. イ /L__ /.:.::
.::/ .::::i.  il }1 1.i il } i  ;          ``1   .i 1 ``ー--‐'7//     .:.:.:::::
/. :.:;:;;l.  il }1 1:i il } i  !           〉   i 1      ,///    .:.:.:::::::::::
.:.:.:;:;;;;j   `゙"""´.:i. `゙゙゙゙!  !           L __ i 1 _ 二ニニ7´/   .:.:.:.::::::::::::::


オランダ警察も、ノルウェーからコノヴァーレツィに電話があったことまではつかんだ。
当然副官が知っていた写真の男(やる夫)だろうと疑っていたが、最後にあった人物かどうかは不明のままだった。
何しろ、コノヴァーレツィが爆発で死んだとき、彼は一人しかいなかったのだ。
オランダ警察はその夜遅くまで、死んだ男がコノヴァーレツィだとわからなかったため、シルカ号はすでに出港していた。

359 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:34:20 ID:KbvQpHGA0

                _          _        }                           , ==、__
             __r ´  `ー-――― ' `ヽ-==‐ '                 ___     __ /   __  ヽ__
             {_,                                    /   `ー一'    /  }    L..
              }                                   i}            ヽノ      `ヽ.
             /                           ___ __ .. __..ノ             /`ヽ       ヽ
            ./                        /  ̄                      }  ノ
             {_,、                        {_    .-=-, __                     ヽ_〃
             ノ                      ,. -‐'    `ー=' ー'
             ヽ_/`ヽ-‐― 、    , 、__,、 ,-‐ 一 '     ゚          ____.. ‐― --、_r - 、_r-‐―― 、
                     ー、,'ヽ'                  __r 、... -‐‐ ´                   }_
                     r==、 ___    ,、,、    .. -‐‐´`´                            } r‐,


         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \    ここがスペインかお…。
     |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /


やる夫は三週間スペインに滞在した。
三週間の間、彼は共和国軍に属するNKVD指揮下の外国人志願兵部隊のポーランド志願兵として行動したのであった。

360 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:35:35 ID:KbvQpHGA0

. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }    お前さんが、やる夫か。よろしくな。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



    |     ___´___     |   あなたが同志やる夫ですか?
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \


このスペインの地で、やる夫は、彼の今後に大きく関わる二人の人物と出会うのであった。




第四話 さようなら コノヴァーレツィ 完



361 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/02/11(水) 21:35:57 ID:KbvQpHGA0
投下終了です。

362 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 21:37:33 ID:/v4Ky1Tw0


ウクライナ人とチェコ人って外見紛らわしいんですかね?

365 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 21:45:29 ID:KbvQpHGA0 [80/80]
>>362さん
同じスラブ系ですからね。ウクライナ系のチェコ人ってのもいますから。

366 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 22:20:46 ID:fpf/Xjis0
乙乙! こえー世界だなあ。かかわらないのが一番や

367 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2015/02/12(木) 07:27:00 ID:DEquhKsc0


外国人を暗殺や恐喝しているところといいテロリストと変わらん
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する