やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG 第8話協力と目的

902 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 07:31:13 ID:55BcxP720
それでは、投下予告です。

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第八話 【協力と目的】                  |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|         ※投下後参加型企画について説明があります。    |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛


906 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 21:59:25 ID:55BcxP720

                    / ̄`ヽ
                 /      i
              /\.ノ\. {   ┃┃|     __
          /_f  .∧ !     〈     ∧ヘ
            |  ノ   / ヽ人  (_)_)_)―x.__.ィ‐ヽ\    
           | .'   .i   {    ̄x― 、 : : : : : : :.:.| |    それでは投下開始します。
          |j    \/1       .): : : : : : :.:| |    
         │ヽヾ、   ∧   、_.ノ: : : : : : : : | |
           .|  i、ゞ、 /  ゝ--j: : : : : : : : : : :.:.:| |
             |   ̄ヽノ ̄ ̄ ̄.': : : : : : : : : : :.:│!
            |  山  ×  ゑ/: : : :/i: : : : : : : :| |
           | .介_____/: : : /./: :/i: : : :.ノ| |
          | |l ̄       ` ̄´  ̄   ̄ ̄l| |
          | |l                 l| |

907 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:00:00 ID:55BcxP720

                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ    よーしそれじゃあ再開するお。
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i
                   \_          <、   〃ノ      了解。>四人
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ         そういえば、ちょうど戦闘が終了したところだっただろ。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉         まさかの皆殺しをするとは・・・>セ
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \       私は楽しかったけどな。>バ
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

908 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:00:26 ID:55BcxP720

        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \     それで?
  | ⌒(__人__)⌒      |     このあとはどうするお?
  \   `⌒ ´     /
    /            ⌒ヽ    えーっと、どうしますか。>セ
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|    それで質問だが、本当に【キルオ】はここに居ないのか?
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l      おお、流石ルルーシュいい質問だお。>やる
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ      で、どうなんだ?
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

909 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:00:55 ID:55BcxP720

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´  ノl   /      /r/   \   `‐、  ーっ
イ(_ノ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ  -=ニつ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   .∧. \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L (__;)ヽ ヽゝ  __
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ   `、_)      ちょっと待て!
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }           万が一居たとしたらこれ相当マズくないか?
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |               ああ、状況としては最悪だ。>ル
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l                やっちゃったZE☆
\三彡          ∧   .ノl   |   |      __
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃ .廴) イ l|   |  l|     `、_) 



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    そう思うなら、初めからしなければいいじゃないか。
                   |, .:.:| .:.l./――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l ≡≡ {:/  ≡≡V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      {.    7.:.:./      と言うよりどちらかといえば私のせいなんですけどね。>セ
               |イ/.:.::ド 、. U   ′  , ′:/
                 从/ト'、 >    ィ  イ:.:/       そういえばそうだったな。
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{         まぁ、今更言っても遅いんだけどな。
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶


910 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:01:23 ID:55BcxP720

       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \        それで、皆様この後どう行動されるんですかお?
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |      そうだな・・・>やら
 \              /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    一発発砲して威嚇できないか?
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }     しかしそれをしたら余計かかってこないか?>バ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        まぁ、そのへんは賭けだな。
    i⌒\ ,__(‐- 、        なんとか、それっぽくRPするしかないだろ。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

911 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:01:58 ID:55BcxP720

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ    それは得策とは言えないな。
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|      どう考えても第二戦が始まる感じしかしない。
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `      まぁ、そうでしょうね。>セ
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー         じゃあ、どうするんだ?>やら
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    うーん、纏まるまで時間がかかりそうだな。
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l           時間とるかお?>やる
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl       ああ、そうしてもらえるとありがたい。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\

912 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:02:26 ID:55BcxP720

           .
          _>-――-、_
       __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\
      / //─    ─  / / / ト、
      |/ (●)  (●) |:.!{ !∪〉}    じゃあ、やる夫は部屋の端っこで音楽でも聴いてるお。
      |    (__人__)  ∧丶=ノ /
      \   ⊂ ヽ∩  个==く
        |  |  '、_ \ /  )      ああ、決まったら呼ぶよ。>ル
        |  |__\  “  /
        \ ___\_/



    ~へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´     それでは、作戦会議開始です。
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ        ああ、始めようか。>ル
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==~´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

913 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:03:00 ID:55BcxP720

              _ ,.. -‐‐ ¨´ ̄:.`:.:.─- 、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶                  、  ,ィヽ _,,,
           /:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\          .,    / i_/ //  /
          ノ:.:.l :.:|:.:.: .:.:.: .:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i        ./l  , '" _,/ // ./
       /:.:.:.:.| :.:!:.: .:,': .:. :.:/: /:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:|:.:|       l iー二-ォ '7 ///.ィ
      /:.イ:.:.:.l :.:.| :.:.:|:.:.! :/: /:.:/:/: .:.:.:.:/:.: /:./:.:. !:.{       l ! /,,.ァ .i7/  /´/
    ∠:. ' }:.:.:.ハ:.:.l :.:.:l:.:.|:.:l∠イ/:./: .:.:.:.イ :.:.: /:./!:.:. |:.:!         !./( く,_l l     / i  ,..ァ
          /:.:/:.:ヽ:|:.:.:.:|:.:.!:.ト、`>7 :.:.//: ./,:./:.!:.: ト、{        .レ  `''ー- '′  .〈  'ー'"/
       /:ノ:.:.:.!:(ヽ:.:.:l:.:.|:.jk㍉、ノ<`ヽノ//:イl:.:.|:.:.:! `ヽ              ヽ,__,/ ,r'"`ヽ
        /´/:.:.:.ノ:.:ヽヽ:.:l:.:l:.ト乏必フヽ、 /ソ彡≦ァ:.:ノ:.:.j                      ‐''´ヽノ
       /:.:/}:.:.:.:.`‐ヽ',:|ヽ  ̄ ̄  ノ  .f沒/:.:./:.:.,リ          
        ノ/ /:.:.イ:.∧ ヽ         {`7:.:./:.:./
     /´   /:.:ノ }/、 ヽ、   、   , /. ':/l:.:/
        ノ´  /::::\_  ヽ   ¨  ̄.イ}:.:/  }/             ~会議中につき少々お待ちください~
         /::::::::::::::`ー─`ヽ. イ:ヽlj:/  /
      _ -´─‐-、:::::::::::::::::::/(/`ヽ!   !¨ヽ
     /      、 ト、::::::::::::/ ̄ヽ.  /  }
     /         \::::`丶::::ヽ   l- '  /ー-- 、
    ,'          ヽ:::::::::::::::ノ  /{   /ヽ    ヽ、___
    l           , - ゝ、::::::::'.    l  {::::::l         ̄ ̄ ̄ ̄
    l        /     ̄〈  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::,
    |         ´         〉  ───<::::ヽ /
    |     ヽ        { 〉   ___}::::::::|
   │     〉、       ヽ `ヽ      }::::├´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     l    /:::::}        _ヽ ── ´::::::::'.
    l:\  /::::::└──‐‐¬ ̄::::::::`¨::´::::::::::::::::::::〉
     ',::::∨:::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r───:::::,'
      ヽ:::::::::::::::::::::\::::::::::::::::,-= ̄:::::::::::::::::::::::::}
      ∨:::::::::::::::::::::`ー ‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

914 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:10:02 ID:55BcxP720

           .
          _>-――-、_
       __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\~♪
      / //─    ─  / / / ト、
      |/ (●)  (●) |:.!{ !∪〉}       おーい終わったぞ。>
      |    (__人__)  ∧丶=ノ /
      \   ⊂ ヽ∩  个==く      お?
        |  |  '、_ \ /  )
        |  |__\  “  /
        \ ___\_/



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ      待たせたな。
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /        やっと方針が決まっただろ。
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄        おお、やっとかお。>やる
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

915 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:10:24 ID:55BcxP720

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    それじゃあ、もう再開して良いかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /        ああ、構わない。>ル
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       それじゃ再開するお。
  \ /___ / 



        ____
     /     \
    /  ─    ─\         それじゃあ、逃げようとしたグールもナイフで殺した探索者たちに
  /    (●) (●) \                     グールからは完全な畏怖の目で見られてるお。
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|      まぁ、そうでしょうね。>セ
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

916 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:10:54 ID:55BcxP720

.   (ヽ、00  ∩                                  (ヽ、00  ∩
.⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃ ^∩_∩^∩^∩_∩^∩                 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
..,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇 ∩__∩ ∩__∩           ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
.( ⊂ニニ   / /⌒) )__∩ ∩__∩ _∩ ∩_        .( ⊂ニニ   / /⌒) )
..`ー――'′ し∪  (ノ   .∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ `ー――'′ し∪  (ノ
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ○   ○ | /  ○   ○ |  ○   ○ | ○   ○ |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ       因みにイメージはこんな感じだお。>やる
    彡、   |∪|  、` 彡    |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ / ノ //ヽノ/´>  )      うーんわかりやすいだろ。>やら
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/   / (_/



       / .:.:.,':.:.:.:.:./.:.:.:.:. / :.:.:././:. :.:.:./:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:|.:.l:.:.:.',
  _. -─ ´/i :.:l .:.: ./:.:.:.:./ :.:./:.:./:..: .:.:./i.:.:.:.|: .:.:.: .:|.: .:.:.:.:. l.:.i. .:.:.l `─‐-、
/     .,':.|:.: .|: .:./:.:.:.:.// :.,イ .:.:.:.7}:. :.:./:.l.:.:.:.l:.: :.: .:.|:: :.:.:. :.ノ.:.|.: .:.l
      /:.:.i:.:. .l: .,':.:.:.:.//// ,イ:./ ,' :.:./.}.:.lヽ:.:.',:. :.:.:.i:.: .:. :./:.:.il.:.:.:.{
     /.:./|:.:. |.:.|:.:.:.:/// /:./ /:/ / :.:.:/ /:./  ヽヽ.:.:.:.|:.:. : /:.:./ }:.:..`、          それじゃあ、再開だお。>やる
     //|:.l.:. l:.:.|.:.:./≧_/:/ /:/ / :.:.:/ /:./ .,∠戈‐、:.i:.:.:./:.:/ ノ|:.:.| `ー、
.    /´  |:.l.:. |:.:.|:.:,'{ {戈_>、// / :.:./ /:./,Kイ_) - j 〉7:.:../:.:/ イ.:.l|:.l|            それじゃ、俺が言うことがある。>ル
   /   |:.l|.:.|:.:.:',ヘ \ゝェ イ∨.:/ /イ/、ゝzツノ´/..:./:.:/r':.:./|:l|リ`
       ヽ|.:.l:.:.}:.:∧   ̄ //i 〃´ ´ ̄   イ:.:./:.:.|ヽ、:./ l.|
        l.:.l|:.:.|l:.:.∧   /´  i}       ./:./i:.|:.|  `‐--------‐       「待ってくれ、俺らは殺し合いをしに来たのではない!
        |.:.lヽ.| }:.:.|:.ヽ     、、     /‐´/:.:.,'|:|l|                     お前たちの仲間の【キルオ】という男に呼ばれて来たんだ!」
        l:/ ',:| |:.:}:.:.|、\   r、___    /イ:/ リ/|     ___ , -‐'
\       |´  ヾ l.ノヽ| )ノヽ ',二_,, 〉 /// / .|     |: : : : : : :         なるほど、取り敢えず目的を言うのかお。>やる
  \         ./  ( ´  {` 、 ̄ ̄, イ// //  i    ノ: : : : : : :
\  \          `/  /`、` ‐´ /¨ヽ/ /  ノ   /: : : : : : : :

917 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:17:37 ID:55BcxP720

               ___
             /      \      何かまずかったか?>ル
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ    いやいい判断だと思うお。
            | ⌒(__人__)⌒      |     できれば戦闘前にして欲しかったお。
         \   `⌒ ´     /
             /             \



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    まぁ、それは言うな・・・
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l./――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|    はいはい、それじゃ続けるお。>やる
                 ノ|l.:∧ .:l ≡≡ {:/  ≡≡V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      {.    7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、. U   ′  , ′:/
                 从/ト'、 >    ィ  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{

918 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:17:57 ID:55BcxP720

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    それじゃあ、ルルーシュの言った【キルオ】と言う言葉にグールたちは響めくお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐      おっ、正解っぽいな。>ル
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿    そして、少しの間を置いて奥の方から何者かが出てくるお。
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ      「あ!奥の方から誰か出てきますよ。」
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl           「何っ!?」>セ
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l          「いよいよ、大将のお出ましか?」やら>
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/

919 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:18:55 ID:55BcxP720


     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i    そして、出てきた者を探索者は見覚えがあるお。
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /     ついに来たか。>やら
   \ ` ‐'    __/
    /         \



        ./            u.   \
.       /                   \
.     /   ij              ヽ
    /                       ヽ
.    |     ( ο )::::::::::::::::::::( ο )  |
    丶 u.                    |    「何か騒がしいと思ったら君たちか、
.     ヽ       ┌ェェェェェェェェ┐   /         どうやら約束通り来てくれたみたいだな。」
       \     Lェェェェェェェェ_| . /
       イ                   \
     /                      ヽ     そこにいたのは仲間の死体を見て若干驚いている【キルオ】だったお。>やる
    ./                    i
   /                      !
  ./       ,イ                  !

920 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:19:24 ID:55BcxP720

                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..--- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//    「ほう、我々を殺そうとした後によく姿を表せれたものだ。
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′                     よほど死にたいように見える。」
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |
                          |  ||     っ / |   i|       ちょ!?セイバー何言ってるんだ!?>ル
                          ∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ         いやでもキャラ的にはこうでないと。>セ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ



            - ─ ==─ - 、
.       /                \
      ./                   \
     /                   ヽ      セイバーの言葉にキルオはこう返してくるお。>やる
    /                    ハ
   .|  、.___...      、____,     |      「いや、嗾けたのは私の指示ではない。
   丶 ゝt:::::テ>`;    <t:::::::テナ      |       まぁ、此方に非があるのだからどう思ってくれても構わんよ。」
    . ヽ                      /
     .\トェェェェェェェェェイ    ./         何この紳士。>バ
     ..イ                    \
    ./                    ヽ         一番の常識人だろこれ。>やら
    i                      ヽ
.   !                      ',

921 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:19:54 ID:55BcxP720

    /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   \\
.  /     '.:.:/.:.:.: ′.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',     \
/        l.:/.:.:.:.::|.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ′.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       `
.         |.:|.:|.:.:.:.|.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.          |.:|.:|.:.:.:.|.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: /.:.:/.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        |:.|.:l.:.:.:.:!:.:!.:.:.:.:.::/.:.:.:,/.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
.        ノ, l:.l.:.:.:.:|:.:l.:.:.:.:./.:.:/ /.:/.:.:/.: .:.:/ // |:|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./      / /    「いや此方も殺してしまってすまなかった。
           |.:l.:.:.:.:|:.:|.:.:.:/.:∠./.:/.:.:/.: .:.:ム:/,'   !:ト.:.:.:.:.:.:./}.:.:/     //|        それで俺たちを此処に読んだ理由を教えてくれないか?」
           |.l:.:.:.:.:|.:.|.:.:.ト ム/ 7.:.:/.:.:.:./ /イ  ̄`|:| }.:.:.:.:://.:/   //: :/
._          ノ ヽ:.:.:|:.:.:V戈に外 :/.:.:.:./ /' ィ必匁_7.:.:.:/‐' >‐ '' / : : /
.,> 、         ヽ V      }/.:.:/      ̄ ̄ /-‐  ̄__/: : : ∠ _     「ああ、それでは話そうか。
.: : : :ヽヽ          }.:.:.|ヽ   ノ´ ′      /.:.:>‐ 、 \: : : : : : : : : : :         今この地に起ころうとしている事を。」>キルオ
: : : : : : .ヽヽ     ノイ ハヾ 、     {!       /イ /'  } ヽ |: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : ヽヽ       ト、 ヽ  ー __ 一  /}/ '  /  } ,': : : : : : : : : : :      「よろしく頼む。」
: : : : : : : : : : \\       {  \ >、   イ ヽ / /  / /: : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :\\    \ ./ {  `´  /   , /  //: : : : : : : : : : : : :



                      _____
                    /三三三三三三\
                   /  三三三三三三三\
                 /     三三三三三三三\
                    /    イ゙゙゙゙゙ヽ 三三三三三三\      「その前に我々の説明から行こうか、我々の正体についてだが・・・
              /        w○wi 三三三三三三三\     実は我々の殆どの者が元人間だ。各自様々理由でこの様な姿になった。」
              |        `--"´ 三三三三三三三三|
              |         lゝ、__________ノl 三|      「・・・・・・・はっ!?」>やら
               \        ヾ WWWWWWWノ /
                \       ``‐‐-------‐''" /

922 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:20:29 ID:55BcxP720

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     「ちょ、ちょっと待つだろ。
            .|       __ノ__       それじゃああんたらも以前は俺らみたいに普通に生活していたって言うのか!?」
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |      「その通りだ。」>キルオ
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、    「なんてこったい・・・」
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧



                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′    「おいおい、そう簡単に信じてどうする。
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       相手の話を鵜呑みにするなんてアホにする事だぞ。」
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「まぁ、私自身すんなりと信じてもらえるとは思っていないさ。」>キルオ
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、         「そりゃそうだろうよ。」
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !

923 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:20:54 ID:55BcxP720

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ./     - _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-    ',
     /        `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ -‐        ',
    ./            \ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::{__ -‐                ',
    /       ̄ ̄ ̄ ≧ミ `ー':::::::::::::::::::::::::::::::/    x≦ ̄ ̄ ̄      ',     「まぁそう言わず最後まで聞いてくれ。
  ./       、  i   {i} i`ヽ }::::::::::::::::::::::::::::{ // i {i}   } /      ',       何分我々の事を分かってもらわねば話が進まない。」
  {        \ ゝ -- ' :::::::::::     :::::::::::::'   ゝ -- '/        }
  i          ´ ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄`        |     「それじゃあ、話してもらおうか。」>ル
  |           、                             -ァ      |
  |           \`ト.                      , イ  i/         !
   \          \{ `ト―┬―┬―┬―┬―┬彳  }__/       /



       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |     キルオはその後以下のことを探索者に話すお。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     1、自分たちは食屍鬼と言う者であり本来この世にいてはいけない者であるという事。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     2、その名通り人の死肉を食べて生活していたが近年火葬化が進み死体を見つけにくくなったため
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |        自殺スポットに出向いては死んだ直後の人間を食べたりしているという事。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     3、最悪死肉を食べれない場合は動物の物で代用をしたりしているという事。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     以上を探索者はキルオから聞かされるお。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/
  ノ::::::::   `ー'´  \


924 : 名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:21:16 ID:i1cVNfpE0
つまりルルーシュ達は人殺しか

925 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:21:36 ID:55BcxP720

     /  /ヾ /  / / i   V  ヽ \\
    〈    /ヽ ヽ /  / /  / / l :l   ヽ \ ゝ
    ノ 〈 /ヽ  / / / / / /∧ ! /^\  \\ \
   / / ,' ゝ丶 / i / / /  / ,、∨,、  \( ヽ \ \
  /   l  {ヽ `/ / / / ト / ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
  |  l ! i ミヽ i  / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l丿  〉
  \l  ハ ミ /  / l  ハ┼ーレ孑ヘ  ー┼リ | ll-、l/l l/
    ヽ、 `ヾ_\ l l i L_j〃⌒ヾ     〃`ヾヽ /l ) /     なんだこりゃ胡散臭いってレベルじゃないな。
     ./ /.i´ ヽ\ レ./ヽ{{   }}     ヾ、_,ノ .レ イj/
    / i ヘ、  ゝレ\|巛;;`ー='"ヲ        V^V
    / 、l./ `ゝイi   iZ孖巛彡ヲ          }        正直頭おかしいですよ。>セ
   /l l l /  i | l  i辷ミ彡彡{          /
   l l l l l   / | ll  iマ三彡7   r‐ュ    イ           おかしいも何もコイツらは世界にあらざるべき存在だぞ?>ル
   / l l l /   ! | |l  ll∨辷/_____.. <|i |
 / l  ,',  i l l .! li  ||     寸  `ヽ、_| i |           何か急にクトゥルフっぽくなったなぁ・・・
//.l /,',',. / r<| l  | \    }      | l ト
 / :/.  / .厂  / / /   ヾ    |     | l |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     あれ?この話だとコイツ等生きてる人間は食ってねーのか?
.   |        ノ       それだと都市伝説と話の食い違いが起こるだろ。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ         事実を隠蔽しているという可能性もあるんじゃないか?>バ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |       ああ、なるほど。
.    \/ ___ /

926 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:22:07 ID:55BcxP720

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃    そのへんの事が知りたいのなら【心理学】で振ってくれお。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /        OK、私がいこう。>バ
  \ /      /\/
    \       \           因みに今回は振れるのはふたりまでだお。
     \    \  \
       >     >   >        あ、じゃあ私もいきます。>セ
       /    /  /



             _,,. -─- .== -,..-‐、             .__/ ̄ ̄ヽ
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ        _ィ´  /  ̄\
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }      .ノ //   /  ヽ           おお、振ってみるものですね。
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ       .「/イ  レレレレハ  ハ
        {イ /!仏\    /  リi //    |     〈j | ┝━  ━Vレ′   ビシ!
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |    .〈j | ⊂⊃   ⊂⊃           二人共成功とはいい感じだな。
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |     .乂!  | (__人_ノ }rー‐ァ
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |     ./  ヽV` ー ‐イ´ /  [セイバーの【心理学】(25)→19 成功]
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |    ん~イ / ^Yレ'´   /    [バラライカの【心理学】(75)→68 成功]
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |        ./ /公〉   Y´
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |       (⌒ヽ_´__丿

927 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:22:32 ID:55BcxP720

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \     それじゃあ、二人はキルオが何かを隠して話しているような印象を受けるお。
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人_(     |          まぁ、私はこれといって何も言わないよ。>バ
   \      i_i_i  ヽ   /          じゃあ、私が言いましょうか。>セ
    /     ||      ヽ
    (  ヽγ⌒)       | モグモグ
    \__/



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..--- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′     「まて、本当にお前らは人を襲ってはいないのか?
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       何人もの人間がお前らに襲われそうになったということを話しているが?」
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |
                          |  ||     っ / |   i|         「う・・・・・・」>キルオ
                          ∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ          「どうなんだ?」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

928 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:23:45 ID:55BcxP720

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',     「私は止めるよう言ってるのだが
     l     _       /     l          何分本能や欲望を抑えることが出来ない者も居てな・・・」
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./       「成程、否定はしないのか。」>セ
     / \    トェェェェェェェェイ /\
  ./    `ー、 \ェェェェェェェノ      \     「どうやら君等には嘘が通用しないようだからな。」
  /                        ハ



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\     「続きを話しても構わないかね?」>キルオ
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :    「ああ、続けてくれ。」
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.     「ではここからが本題だ。」>キルオ
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :
          \\\: : : : : : _{/  l _ /  / | //::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
           \\\: : : :l /  l| (_/  / //::::..::.::.::.: : : : : : : :
             \\\ li    l /   /// : : : : : : : : : : : :

930 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:26:32 ID:55BcxP720

                      _____
                    /三三三三三三\
                   /  三三三三三三三\
                 /     三三三三三三三\     「元来我々はできるだけ人目に付かぬ様
                    /    イ゙゙゙゙゙ヽ 三三三三三三\       地下の深い場所で生活をしているのだが・・・
              /        w○wi 三三三三三三三\      最近になって急に武装した兵士が我々を殺しに送り込まれてきた。」
              |        `--"´ 三三三三三三三三|
              |         lゝ、__________ノl 三|   「ああ、あの地下に居た奴らだな。」>やら
               \        ヾ WWWWWWWノ /
                \       ``‐‐-------‐''" /



      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ./     - _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-    ',
     /        `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ -‐        ',     「どうやら、奴らが攻撃を仕掛けてくる場所は
    ./            \ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::{__ -‐                ',      過去に遺跡があったとされる寝座ばかりが攻撃を受けている。」
    /       ̄ ̄ ̄ ≧ミ `ー':::::::::::::::::::::::::::::::/    x≦ ̄ ̄ ̄      ',
  ./       、  i   {i} i`ヽ }::::::::::::::::::::::::::::{ // i {i}   } /      ',     「遺跡?そんな物が東京に有るんですか。」>バ
  {        \ ゝ -- ' :::::::::::     :::::::::::::'   ゝ -- '/        }
  i          ´ ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄`        |     「ああ、誰が建造したかも分からない
  |           、                             -ァ      |                超古代の遺跡だがな。」
  |           \`ト.                      , イ  i/         !
   \          \{ `ト―┬―┬―┬―┬―┬彳  }__/       /

931 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:27:03 ID:55BcxP720

               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__     「じゃあ、あれかあの連中は遺跡を保護する団体か何かだとでも言う気か?」
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \   「そんな事は言わないさ。
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_     奴らは自衛隊の【シールド】とか言う新設の部隊だそうだ。」>キルオ
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |   「自衛隊って遺跡の保護もしてたっけ?」
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |



                      __________
                /                  \
               /                    |`ヽ、   ..、
              /           |ヽ、       {   |ヽ |  ヽ
             /            {  \     .i   | ゙|  .}
               /                 \  \    i   |  |  .|     「そうじゃない、私の考えだがどうやらその遺跡は
           /            |\  ヽ  \ィiiiiiii}   |ii. |  .|{ヽ     神々を召喚する類の施設として使われていたようだ。」
          ./.     /"二¨ヾ   {.  \  >、   ヾiiiiii|   |iiii|  .|  V
          |     〃w(Ⅱ)w:  .\   \{iiネ    Vii,’  |iiii|   |.  :   「それがどうした?」>セ
          |      ゙ヾ.._.二.,,_'i}:    ヽ   叉i   V}   |iiiii|   |  |
          i   (iト、              ヽ   V}    ヽ  ヽ’  {   }   「私は以前この様な俗に言うオカルトチックな研究を生業としていてね
         .ィi    { .{iii{エエエエエエエエエエエエエ∧   `          ’  |    そのお陰で一般人よりもその知識が多いんだよ。」
       /  \  ゙ ヽエエエエエエエエエエエエエエ∧             i  |
      /     `ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }               {    「何が言いたいんだ?」>セ
     /                          i               i
  ./                             {               |
. /                           ヽ             /

932 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:27:24 ID:55BcxP720

       /                             \
      /     \                    /        \
     /          \   i             /          ',     「率直に言わせてもらうとあの遺跡はいわゆる
     /      __   ヽ_ ソ      ゞー''´ ,ィf  ̄ ̄ ア    ',      神を呼び出す物が大半を占めていたと言うことだ。」
    /   ヾ ̄ ,.‐-ミー<、          i ,.ィ´ , ¨ヽ   ,      ,
          ハ  { i }  ヾ         ! '/  { i  } /            「更にここ帝都には昔から【ヘビ人間】と言う
           ゞニ≧=´- ,            、   -ゝ=<.イ'             我々と同じような狂気の世界に生きるものが生息している。
               ′                    、            奴らは人を操れるからな、政府役員を裏で操ってるのかもしれん。」
          ト.、                     ,.ィ ′      }
    ',      マ`ァ-..,, _____________ ,..ィ У      /       「そいつらが何か企んでいるとでも言うのか・・・・・ん?」>やら
     ヽ        ゞノV^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ヾ.j/        /



                       / ̄ ̄ \
                   _ノ  ヽ、_   \
                   (●)(● )   |    「な、なぁまさかそのヘビ人間って
                   (__人_)     |     肌が真っ白で人間に擬態できたりする奴じゃないだろうな?」
                   '、`⌒ ´   U |
                    |          |      「何だ、知ってるのか?」>キルオ
                    |        {
                    ヽr`ー- -=´ i、     「ナンテコッタイ・・・」
                 __,. <.ムヽ 、、____/ヽ__ 
            _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、
           / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:;Λ | : :、 : >、
          丿 : : : : : :i: : : : : : :/ : ∧ |::Λ |\> : : : `,
         . i : : : : : : : :| : : : : : : \ : :.∧ |:::::| | : :ヽ : : : :,i

933 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:28:00 ID:55BcxP720

                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//    「そんな感じの化物ならさっき見たな・・・」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      「ええ、私撃ち殺しましたよ・・・」>バ
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「なんと!?奴らにもう会ってるのか?」>キルオ
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ      「ああ、ここに来る前にな。」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |



             ●

             ●

             ●

                                 ,.へ
  ___                              ム  i
 「 ヒ_i〉                / ̄ ̄\           ゝ 〈
 ト ノ            / ._ノ  ヽ、\       iニ(()
 i  {             |  (●)(●) |        |  ヽ
 i  i            |  (__人__)  |          i   }
 |   i           |   ` ⌒´  }        {、  λ
 ト-┤.          |         }       ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_         ヽ      /     ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__  ___ヽ    ノ___ _ /" \ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ     /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       只今説明中         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

             ●

             ●

             ●

934 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:28:37 ID:55BcxP720

        ./            u.   \
.       /                   \
.     /   ij              ヽ
    /                       ヽ
.    |     ( ο )::::::::::::::::::::( ο )  |    「なんと・・・そのようなことがあったとは・・・」
    丶 u.                    |
.     ヽ       ┌ェェェェェェェェ┐   /     キルオは探索者達の話を聞いて驚いているお。>やる
       \     Lェェェェェェェェ_| . /
       イ                   \
     /                      ヽ     「まさかここで繋がるとはな・・・」>セ
    ./                    i
   /                      !
  ./       ,イ                  !



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\    「だが、これでアンタの言ってることの信憑性が高まった。」
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :    「ああ、ありがたいことにな。」>キルオ
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.     「で、ついでに一つ聞いていいか?」
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::     「なんだ?」>キルオ

935 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:29:15 ID:55BcxP720

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|    「先程神を召喚するとか言っていたが
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l      それは具体的に何がどうなるんだ?神が降臨したとしてそれからどうなる?」
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|      「ああ、それは呼び出す神によって様々だが・・・」>キルオ
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l         「じゃあ、【ヘビ人間】とやらが呼び出そうとしている神はどんなのだ?」|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i         「さあな、私とて全て知っているのではない。」>キルオ
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_



                , -‐ '一テ──- 、 ' ´ ̄ ̄`ヽ、
               z<            ノ` <二 ヽ  \
          / ̄ ̄`      ´ ̄ ̄`丶     l 、 丶  \
          /                   `ヽ  l \ ヽ   ヽ
        /        ∧   zヘ             ∨   ! 、 .l   l
       /         /`    ´ |            ハ  |. l  |   l
.      /         /      |   l  |      |   | ! |   |    「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!
      '      ハ {       |   /|  ハ      |  / | |   !      さっきから神の召喚だのなんだの頭大丈夫ですか!?」
      ! l    .T ト---     `ーナ T 7 ¬ |    | /   | |   |
      l |    | ,xzミ       / / , x Z、 | |    |' / | |   |
.       | ハ  l、 Ⅳら::ハ    レ  ' ん⌒心 /|   ,f'`l  / j   |      「ああ、俺は至って正常だ。」>ル
        |!  V | ゝ l  マzリ         V延::ソ`ノ  / | l. /  /    ',
      ゝ  \ ヽ'、ヽ`゛       ‐`二´'/  /  ∨イ   l     ',    「そんなゲームじゃあるまいし神の召喚なんてあるわけないでしょう?」
           l` lノ///  ,       //// ム イ   ', |   ;     ',
    fヽ    / l三三   __         ,イ     ',  ,'       ',    「いやどうだろうな。」>ル
     |  l    /   寸三  V:::::::ヽ       /: .|      ', {        ヽ
     !  |  /    | マ   ';.:::::.ノ    /:::   |      ハ ',    |   ヽ
.    l   l /       ! / \   ̄    イ::::     |       ', ヽ  .'、    ヘ
.    |  .l l    i  j l    ト ー‐ ヘ::::::::       |      |、  \  ヽ   ハ
.   ノ  ,'  |__  |  / |   λ/ ∠ハ       |      | \_  ヽ  }   l
   / -- '、/  j  | /  ,.斗 /  /   j        j  j    ハ   `> 、 l   |

936 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:29:46 ID:55BcxP720

                                       、
  ____                          \  \
  `丶、 `  、                      ,.x≦:::一'  ̄ ̄ `    、
      \     `丶、          /     / __ ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       \___  \ ヘ          /     //ィ 7´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /  ト、 \}、        /{        / / /::/:::::::::::::_ムイ_」L:::/::::/::::::::::::ハ
         l   } \/ ∧       /./        /::/::::::/少 /´ィたぇァ N:/::::::::::::::::::'.     「確かに冷静に考えればありえないと思うだろう。
        、  く   /   ' 、   |:.{    __ ,ノ::/::::::/|、    _ ニ斗イ::::| ̄  、:::::|      だが、今此処には都市伝説の中の生き物がいるんだぞ!」
         ト、\ `Y     ∧    l |       7 ノ{:::/| r==- 、   _ >::::::::' . f≧x 、' 、
      - 、\}7 、 \     ∧   l ト、       /´ノ乂,ノl  ̄`    ⌒ ー≦う1 !: : : : : : : :ヾ 、     「それが何か?」>バ
      ゝト 、\  丶,\    ' 、  | l: :\    /  {/:::::|        / 7´:::! l: : : : : : : :: : : :7
        T \ \   \ 、   \ヘ'.: : : `  、 _ 7´ノ 、 ──‐一 ´ /::::::::||: : : : : : : : : /   「ならば神の召喚だって無いとは言えないじゃないか!」
          !  `丶、ー 、 ヾ、    ヽヘ: : : : : : : : : : -= ≠/ >、 '´__ ̄{{,.イ:::::::|| : : : : : : : :/
         、     \_ >ゝ、    > - 、: : : : : : : : / : /、/}/::/rf─ /::::/::! |: : : : : : : :./
        _\     、__    `ー─ --  二二二二ニ/:/1_,/:://::lr-/lⅥ{i/./: : : : : : : /



            - ─ ==─ - 、
.       /                \
      ./                   \
     /                   ヽ
    /                    ハ
   .|  、.___...      、____,     |    「まぁ、信じろという方が無理な話だ。
   丶 ゝt:::::テ>`;    <t:::::::テナ      |     だが信じようと信じまいと奴らに神を召喚させたのならば東京は終わるだろう。」
    . ヽ                      /
     .\トェェェェェェェェェイ    ./       「それ程なのか!?」>ル
     ..イ                    \
    ./                    ヽ      「なんであろうと神だからな持ってる力は計り知れん。」
    i                      ヽ
.   !                      ',

937 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:30:47 ID:55BcxP720

                      _____
                    /三三三三三三\
                   /  三三三三三三三\    「だが、奴らは何かがおかしい。」
                 /     三三三三三三三\
                    /    イ゙゙゙゙゙ヽ 三三三三三三\    「何がだ?」>ル
              /        w○wi 三三三三三三三\
              |        `--"´ 三三三三三三三三|   「先程言った【シールド】が来る場合と
              |         lゝ、__________ノl 三|      そこいらのチンピラのような奴が来る場合と2パターンあるんだ。」
               \        ヾ WWWWWWWノ /
                \       ``‐‐-------‐''" /



                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「どういう事だ?
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      【ヘビ人間】の他にもまだ何かいるとでも言うのか。」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |     「分からん、だから私たちも不思議に思っているのだ。」>キルオ
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|     「不確定事項が多すぎるな。」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ      
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、     
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !

938 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:35:50 ID:55BcxP720

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',    「だからこそ私は焦っているのだ。
     l     _       /     l      このまま手を拱いていてはヘタを打てば世界が終わるかもしれないのだから。」
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./     「だから我々に協力をして欲しいと?」>セ
     / \    トェェェェェェェェイ /\  
  ./    `ー、 \ェェェェェェェノ      \   「ご明察だ。私らは残った遺跡を守るので精一杯。どうか力をかしてほしい。」
  /                        ハ



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__     「でも何で俺らなんだ?
            |     _/ ___\ヽ_       何か理由はあるのか?」
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |    「あの地下での戦いを見たからだ。我々が歯が立たなかった相手を易易と殺すのだからな。」>キルオ
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、   「そこか・・・」
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧

939 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:37:18 ID:55BcxP720
少々PCの調子が悪く投下と投下の間が不安定になってしまい申し訳ありません。

            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }    「取り敢えず話は聞きましたが。
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l        これで私たちが断ったらどうなるんですか?」
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |     「なんの事はない奴らの思い通りにことが進み
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |            そして此処かはたまた世界が壊れるだけだ。」>キルオ
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.    「なるほど、分かりました。」
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ



               ,‐=── - 、_
           , ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、___
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.< ̄
      /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:.:\:.:\`ヽ
      /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.ノ:.:.:.:ト:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:ヽ`ーヽ
      |:.|:.:.:/:.:.:.:./:.:./:.|:.:.:.:.|:.:.\:\:.:.:.:.\:.:.\:.\ `                「まぁ取りあえずは協力と行こうじゃないですか。
      }:.|:.:/:.:.:.:./:.:/:.|:.|:.:.:.ノ\\\:.ヽr‐、:.:ヽヾ`、:.\ー==ニ二=-、        俺とてこんな面白そうな話に首を突っ込まないのは惜しいからな。」
     //:.|/|:.:.:.:./://|:|///戈ヽl|:.:.|:.:.} /─‐=≠ ̄ : : : : : : : : : : ヽヽ
    ///l:.:.l:.:.:./:// l:.| //ヒ 丈|r──= ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ
   /// |:.:|:.//≧、 l:| ノ ` ̄ ´// ̄__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /        「おお、それはありがたい。」>キルオ
   ノ´  |l:.:lヽヽ:.lゝ'}リ    ∠-‐ソ廾ー、`、 : : : ノ: : : : : : : : : : : : : /
       ||:.| ヽヽヽ < ___,..-  ノ//ノ ノ : /: : : : : : : : : : : : /           「ちょ!?ルルーシュさん!」>バ
.       リ  ヾ\\`ヽ、   /∠ ///-=ー-: : : : : : : :/
            ``ヽ_`ニ-‐ ┴ー、: : : : : : : : : : : : : : : : :/      ___    「そう騒ぐな、やかましい。」>セ
    - 、___ -─= ̄: :r´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <´_....--‐: : ̄: : : : : :
     \: : _: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : : : : : _ ,-────: : ̄
       _`ニ` ー--l: : _ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : :  ̄: :=───‐
_ -─ー ̄: : : : : : : : : : : : : : : : ` ‐ - 、: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :

940 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:37:45 ID:55BcxP720

                         / ̄ ̄ \
                     ⌒  ⌒   \
                      (⌒)(⌒ )   |
                     (__人_)     |
                      '、`-ー-′     |       . -,    「俺も賛成だ。中々面白そうじゃないか。」
                           | ``       |    / /
                           |       ィ { r 、 / /
                          `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈      「それでは、よろしく頼む。」>キルオ
                      /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
                  _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、    「それで一ついいか?」>ル
               // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
               j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧    「ん?何だ。」>キルオ
              i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
                i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
                  | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\     「アンタと連絡が取りたい場合はどうしたら良い?」
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :     「悪いが・・・ここか旧初台駅に来てもらえればなんとか・・・」>キルオ
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.     「了解だ。」
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :
          \\\: : : : : : _{/  l _ /  / | //::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
           \\\: : : :l /  l| (_/  / //::::..::.::.::.: : : : : : : :
             \\\ li    l /   /// : : : : : : : : : : : :

941 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:38:15 ID:55BcxP720

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ./     - _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-    ',
     /        `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ -‐        ',
    ./            \ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::{__ -‐                ',
    /       ̄ ̄ ̄ ≧ミ `ー':::::::::::::::::::::::::::::::/    x≦ ̄ ̄ ̄      ',    「もう良いか?
  ./       、  i   {i} i`ヽ }::::::::::::::::::::::::::::{ // i {i}   } /      ',       それじゃあ頼りにしている。」
  {        \ ゝ -- ' :::::::::::     :::::::::::::'   ゝ -- '/        }
  i          ´ ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄`        |    そう言ってキルオと食屍鬼は暗闇消えていくお。>やる
  |           、                             -ァ      |
  |           \`ト.                      , イ  i/         !
   \          \{ `ト―┬―┬―┬―┬―┬彳  }__/       /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    それでは、ここまでの話を聞いた皆様は
|       (__人__)    |      S A N チ ェ ッ ク 入 り マ ー ス 
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        デスヨネー。>四人
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

942 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:38:51 ID:55BcxP720

         ,. ´:: :: :: :: :: `ヽ、
       /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`丶、
     ,. ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :' 1
     !:: :: :i:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|!: :: :: :: |          [ルルーシュの【正気度チェック】(65)→33 成功]
      |:: :: :j:: :: :: :: :: :: ィ:: :: :: :/,」L: ::!:: ::|          [やらない夫の【正気度チェック】(85)→41 成功]
     !:: :: :!:: :: !:: :: /:≠:!:: : /レ' ,、!:/ :..::|
      |:: ::_,|:: ::..!::/!/_V1:::/ イr7j1::/ヾ! / ̄ ̄\
      Ⅳl ヘ:: :: 1f卞イハ`!/  ヒり!::l/ ../   _ノ  \        良かった・・・マジで良かった。
     !ヘ::\!:: :: '.弋tり   、  j:/!  |    ( ⌒)(⌒)
       !ヘrヘ:: :!ヘ   __,. _/     .|  u  (__人__)  
          >ヘ>r -イ        .|      |r┬|        おれも大丈夫だっただろ。
          ! 、  Y- ,、 \       .|      | | |}
            j /   !  !Y__/、       .ヽ     `ニ}
         / / !__,.rュ=キ'_,ノ !      .ヽ     ノ        中々減らないお。次女性陣>やる
        とソ∠ _ '_/! |       /    く  \
         (___ _!Zz、ト、'ヘ、    ..|     \   \
               `¨´ `ー '     |    |ヽ、二⌒)、



             _,,. -─- .== -,..-‐、             .__/ ̄ ̄ヽ
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ        _ィ´  /  ̄\
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }      .ノ //   /  ヽ           オーマイ・・・ゴッド
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ       .「/イ  レレレレハ  ハ
        {イ /!仏\    /  リi //    |     〈j | ┝━  ━Vレ′   ビシ!
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |    .〈j | ⊂⊃   ⊂⊃           ギリギリじゃないか!
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |     .乂!  | (__人_ノ }rー‐ァ
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |     ./  ヽV` ー ‐イ´ /  [セイバーの【正気度チェック】(63)→92 失敗]
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |    ん~イ / ^Yレ'´   /    [バラライカの【正気度チェック】(41)→41 成功]
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |        ./ /公〉   Y´
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |       (⌒ヽ_´__丿

943 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:39:08 ID:55BcxP720

       ____
    //   \\     それでは成功した皆様には1D3の正気度減少と
   /( ●)  (●) \       +5%の【クトゥルフ神話技能】をプレゼントだお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |     ついにきやがったな・・・>ル
 \              /



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     なんだそりゃ?
    \       /      
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.    詳しい説明は皆様の減少ロール後にするお。>やる
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

944 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:39:31 ID:55BcxP720

       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \    それでは、減少ロール開始だお
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |    うわ嫌な顔してるな。>バ
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ    [バラライカの正気度減少ロール【1D3】→3]
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     [減少値【41-3】=38]
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |            おい!1D3の最大値来ちゃったよ!
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l            夢の30代だお。>やる
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

945 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:39:52 ID:55BcxP720

        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |      [やらない夫の正気度減少ロール【1D3】→1] 
     . (:人;;;) .    |      [減少値【85-1】=84]
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /      なぁーんかじわじわくるだろ。
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈        はい次ルルーシュどうぞだお。>やる
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|



.       |::::::::::::::::::/.::::::/.::::::/.:::/.::::/:::/i:::://.ハ:::::|::::|::::::::::l|::::::::!|
.        j::::::::::::::::::|::::::/.::::://. ::/.::;:イ.:://.::///  i :::|::::|::::::::::l|::::::::!|
        リ::::::::::::::::::|.::/:_//イ//:/.://.::///   ヽ:!ヽ! .:::::::l|::::::::!|
.     /イ:::::::::::::::::|/.::: /  ̄/ ¬/、//.:://〃´ ̄ ̄ヽ_ヽ:::::::リ .::::八
.         !:::::::::::::::::!::::,イ  ̄  ヽ  // i// /   / ̄ 寸 }::::/.:::/i:|  ヽ      [ルルーシュの正気度減少ロール【1D3】→3]
.       j:ト:::r==、ト、爪   (ツ 〉/' /'/   イ (ツ  リイ:/.:::/ :|:!         [減少値【65-3】=62]
.        /jヽ|∨∧::ト、   ー‐ ′ /  |!    ー─ ' //.:::/  リ
       / / |:.∨∧\          |!         //.:::/   ′
.       / / :|::::.∨∧:{\        |!        ノ/.:::/            俺も最大値・・・だと・・・
.    / // ̄ ̄ ̄ フ\                ,イ.::/
     ! / ィ 、 ̄.::∨∧::}`     _∠二二ヽ_  //.::/             あーああと1で一時的発狂だったのに。>やる
     | |  ! ∧::::::::∨∧! \     ー‐   /}:::ハ:/
     |,丿 | ! ∨ ::::∨∧   `      /  |'ヽ }               なってたまるか!
     /    |/  ̄ ̄ ̄ フニ=──` 、 /‐=<二i|
.    /     ´  / ̄ ̄ ̄ フ三三三||三三三||三三i|

946 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:40:20 ID:55BcxP720

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    それではセイバーは【1D6】で振ってくれお。
   ヽ、    `ー '   /      因みにセイバーはこれで減少した値も【クトゥルフ神話技能】にプラスされるお。
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ       りょ、了解しました。>セ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ        ああ、減るのは嫌だがそれは良いな。>ル
     と_____ノ_ノ



    ヘ      __∠ミ;-=j
     ゝ\  .:<       ゞf-:、
_     >´           ヽヾ 》
\    ./´              .ヾヽう
Σ   /    |   ト       ヽ  jシj~j       [セイバーの正気度減少ロール【1D6】=4]
    .j    :j   い  l\>  j  |.ノレ___      [減少値【63-4】=59]
    |    ハ_ト  i  >匕≧v,  i .jヾノ、:.:..ヽ
    j   了弋ヽ\j` _彡"~ ハ .レ \ヽ:.:.:..ゝ     あぶなっ!
    レ个 | ==゙    ゝ- ´ j     .j:.:ゝ<      あと1で一時的発狂じゃないですか!
     j:\ハ ,_ノ `     u  ∧ ji   :)\.:.:.:.:ヽ 
      |  :l    ┌  、   ノ |.j |  :/  \/ 
      i :ト:..    ヽ ノ__ ..:::ヽ-=´-j,ノ           それじゃセイバーは+9になるのかお。>やる
lヘ..___〉、  {_ =-ノ ̄ゝ'=_/ 、  ` ̄==__
ゝ<____    >-≧ `´/.:.:|l.:.:ゝ   ト  ___ レ)
      ̄ ̄⌒\ヽ、 `.:.:~`.:.:.\  .i
           \i  `⌒` ゙゙̄  .j
             i        l
             .[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
            ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:ヽ

947 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:40:41 ID:55BcxP720

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人_(     |     それでは全員の減少ロールが終わったので
   \      i_i_i  ヽ   /          【クトゥルフ神話技能】についてルルーシュさんどうぞだお。
    /     ||      ヽ
    (  ヽγ⌒)       | モグモグ
    \__/



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     なんか、久しぶりな気がするだろ。
.  |         }
.  ヽ        }       まぁ、最近は忘れてましたねこの設定。>セ
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、       でも実際の時はもっと説明してたんだお。>
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)      おい、それ以上はいけない。
.    |      l

948 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:41:02 ID:55BcxP720

                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、    それじゃあ、【クトゥルフ神話技能】について少し話すとしよう。
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{        この技能は普通の技能とは違い任意で技能地を増やしたりすることは出来ない。
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ       それどころかスタート時は誰もこの技能を使うことすらできない。
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}             この技能は探索者が狂気の世界のモノと接触した際に手に入れることがある。
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{              その際にGMの指示でこの技能を手にすることができる。
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、             しかしこの技能は取得した技能値の分だけ【最大正気度】から技能値分が引かれる。
      !:/: : : : : : : :.ヽ、: ! `{j´: : {!: : : iハ}`丶.、          この場合この技能を10%持っていたのならそいつの最大正気度は
      i{: : : : : : : :.:.:.:.:.}: :}:. ___,{!: : :ヽ`ヽ: : : :.`丶、                                  【99-10】で89になるということだ。
       ': : : : : _.: :.:.:.:.:.i.: :!:.:}} ̄ ̄`: : : :.ヽミ 、: : : : : :ハ
       i!i: : :( `ヽ、__ヽノ:.: |i:0: : : : : : : : : :oヽ}: : : :}:.:!      この技能で出来ることはクトゥルフ神話に出てくる神々の性質や名称
        }!: : : :` ーォ、 , ´ ̄-ミ、、: : : : : : : : : :!!: :i:.:i:.:|       召喚/退散系統の呪文の理解、どのような行動をとるか等が分かる。
        ハ: : : : :〃!Y       : ヽ : : : : : : : .!!:.:|:ノ:.:!       だが、仮にこの技能を99%にしたとしても分からないことのほうが多い。
          {:.ヽ: : : {{/ ハ       . : }: :,rェァ: : : :||:.:|!:.:.i!       この場合の99%というのは無限の中の99にしか過ぎないということだ。
        ``ヽ: :.ノ 〉 ヽ、  . . . : ノ: / /: : : : : ||:.:!:.:.〈
              Y _∧ヽ¨ヽ`==彡- ' 二ヽ: : : : ||: !:.:: j!          まあ取り敢えずはこれくらいの解釈でいいだろう。
           {´ ソ ヽ} .┴==、'T:´: : : : : : : : :.!!:.!:.:.:i!           それでは続きを楽しんでくれ。
            ` ヽ   ̄`¨¨¨¨ i!: : : : : : : : : : i|:..!:.:.:i!
              '.`ー'´: : : : : : i!: : : : : : : : : : i!: !:.:.:.i!
                 ∨: : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : i!:i:.:.:.:ハ
               ∨: : : : : : : : i!: : : : : : : : : :.i!ハ:.:.:.ハ

949 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:41:28 ID:55BcxP720

             / ̄ ≧ー―― 、    / ̄⌒`ヽ
          fヘ ̄ノ ´    >    > 、;/⌒⌒´\l
        /|/´ /   .,          \      l
       〈 /   :/    /            ト、
       .∧/   :/   ./      /   ハ    ヽ
      / i   /   ./   :/ / /  ./j :|   ハ
      入レ ヘ :/   ./_ ,ノノ ノ :/./ j .j  .l   l
     / .:l  _/   .//ソノ`タ丿 :ソノ ./ イ  j :l :|
     \ _|,/ l   《フ≡ヲ乂 ./.ノソ  / イ  / /|ヽゝ
     (ヽ :〈 H    代心ノ  `   /√`代 ,イ イ ノ
      >ト、.|   :| ゝ゚-       と壬レタ ノノノ     なるほど、中々便利そうですね。
     /:::/.:.:|ソ   |.:|         /じ.ノ 》/j/|´
     //.:.:/l:.|.|  |.:|        :i  ヽ"〈 /   |
     \.:.:.:」.|:.|.|  :| |.    √`>   ゙゙゙ /  l :|        ああ、実際強い技能だとは思うお。>やる
     /:.:.:.:| |:.V、 | |      ´    .ノ|   | :|
  / ̄ ̄ ̄l⌒\ヽ |ヾ. \_     <  .j   j :|        ただ、中々上がらない上に上がっても酷い事になるからな。>ル
 /      .\  \ヽ   /         .l  ノ|ノ
./         \  >-仆-、      .| ノ ソ
l          .| 、   ハ  .〉、_____レ   、
|          .| \ ├ヘ,/、   } 、  \  



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     まぁ取り敢えずそれは置いといてこれからどうするんだお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      取り敢えず一旦解散して後日集合でいいんじゃないですか?>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       ああ、それがいいだろ。>やら
  \ /___ /

950 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:41:57 ID:55BcxP720

       ____
     /⌒  ⌒\    じゃあ一旦筆流組の事務所に帰った後解散でいいかお?
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ああ。それから俺は筆流組の所に泊まりたいんだが?>ル
  |    。`,⌒゚:j´      |
  \γ⌒/■)'    _ /     別にいいお。それじゃルルーシュ以外は帰路につくお。
   ( ^ノ ̄      ヽ



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ     あれーこれって私とルルーシュが同じ屋根の下で・・・>セ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|   お、何も起こらないのか?
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l     いやここで起こしたら時間的にめんどくさくなるからしないお。>やる
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ     そうか。それから帰る前に応急手当したいんだがいいか?
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、        OKだお。>やる
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

951 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:42:33 ID:55BcxP720

               ,‐=── - 、_
           , ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、___
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.< ̄
      /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:.:\:.:\`ヽ                [ルルーシュの【応急手当】(61)→34 成功]←セイバー
      /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.ノ:.:.:.:ト:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:ヽ`ーヽ                [ルルーシュの【応急手当】(61)→01 クリティカル]←自分
      |:.|:.:.:/:.:.:.:./:.:./:.|:.:.:.:.|:.:.\:\:.:.:.:.\:.:.\:.\ `
      }:.|:.:/:.:.:.:./:.:/:.|:.|:.:.:.ノ\\\:.ヽr‐、:.:ヽヾ`、:.\ー==ニ二=-、
     //:.|/|:.:.:.:./://|:|///戈ヽl|:.:.|:.:.} /─‐=≠ ̄ : : : : : : : : : : ヽヽ      [回復量ロール【2D3】→5]
    ///l:.:.l:.:.:./:// l:.| //ヒ 丈|r──= ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ      [回復量ロール【4D3】→7]
   /// |:.:|:.//≧、 l:| ノ ` ̄ ´// ̄__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ノ´  |l:.:lヽヽ:.lゝ'}リ    ∠-‐ソ廾ー、`、 : : : ノ: : : : : : : : : : : : : /
       ||:.| ヽヽヽ < ___,..-  ノ//ノ ノ : /: : : : : : : : : : : : /
.       リ  ヾ\\`ヽ、   /∠ ///-=ー-: : : : : : : :/               「よし、セイバーさん動かないでくださいよ。」
            ``ヽ_`ニ-‐ ┴ー、: : : : : : : : : : : : : : : : :/      ___
    - 、___ -─= ̄: :r´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <´_....--‐: : ̄: : : : : :
     \: : _: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : : : : : _ ,-────: : ̄
       _`ニ` ー--l: : _ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : :  ̄: :=───‐       これは便利だな。>バ
_ -─ー ̄: : : : : : : : : : : : : : : : ` ‐ - 、: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ ___: : :        まさにヒーラーですね。>セ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄
二二ニニニニニ==───、__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
              { : :ヤ: :  ̄ー─ -、: :____: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       それじゃ、次に日に進むお。>やる
               | ||: ! : : : : : : : :ハ : : : ̄||==─、 : : : : : : : : : : : : : : : :
              { || : ! : : : : : : : :ハ : : : : ||: : : : : : : 卞 ー 、: : : : : : : : : : :
               l {{: : :! : : : : : : : ハ: : : : :|| : : : : : : : ||: : : : \: : : : : : : : : :
               ! |: : :! : : : : : : : ハ: : : : || : : : : : : : || : : : :/ :l \: : : : : : : :
                |||: : :! : : : : : : : ハ : : : || : : : : : : : }} : : :/ : :|ヽ: \: : : : : :
                ||| : : :! : : : : : : : ハ : : :|| : : : : : : :/ : : /: : : | ヽ: \: : :

952 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:42:54 ID:55BcxP720

        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \    それでは、2011年2月11日の朝8時。
  |       (__人__)    |     場所はバラライカの部屋から始まるお。
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )    おっ、私からか。>バ
  |      / / |       |



  ========================i'ーi''iii                   |
  ||        /  |||      /| | |||               | 
  ||          /|||    /  | | |||               |          ~バラライカの部屋~
  ||        /  |||   / / | | ||.|                 |
  ||            |||. / /  | . | || |                .|
  ||            |||  /     .| .| || |                .|
  ||            |||      ,l ||| |           ._____ |
  ||______|||____|  ||||          |(=)| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~, ―――‐ 、_____.   |;;;;;;| |
                     .|`ll ̄ ̄ ̄l |、,、___゛,、    |      ||\
 l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l.         | .|l___l |.l|| ̄ ̄ ̄||     ,;|      ||.  \
 ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||         .!、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||  ⊂,,⊃.    ||    \
 |,ノ´ ̄´⌒ ̄⌒⌒`ヽ、       . |`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|__.|   |      ||     ||
(  ノ           ヽ、 ̄ ̄ ̄!、||____________||||ニニニ,||   l,_,!\、   ||     ||
 ヽ  ' ,           ヽ,      ̄ ̄ ̄ ̄ ~      ~'       \.. ||     ||
  ヾ  ノ          ヽ       ________,,      \||i   0) ||
   ヾ  ノ          ヽ,      l\           \.      \.    ||
    ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|       ll\\           \.       \、  ||
.      ヽ,,ノ|」――――――|」      '~ \l二二二二二二二二l         \..||
                            !|_|             !|_|.          \
                                                  \

953 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:43:14 ID:55BcxP720

                  -へ へ へー-
               ノ ̄           \._
             ,-'´  ̄i┴∧   /^\   `‐、
           ///__/  i ヽ  V/l \\ ', ヽ
          / r┴' / / `∧  /^\< ̄ヾヘ ヽ
         / // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\ \
        / ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
        l  r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽi ヽ     そこでバラライカは朝食をとっているお。>やる
        / | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  }l  i
        l  レヘ |\トヘ-一-       ー∠L/ l } | |     意外に規則正しいんだな。>ル
        l l ヽト、 弋 ‐t-iー、    ,、t-ヵ‐、 | l ∧ l l
         \ヽ.| ll  ` ‐-┘       ゝー '´・j/ l / |     「うーん、やっぱり昨日のは夢じゃないよなー。」
         / i .l l.l Z孖彡7       xxxx  // /  i
         / 、l l l i', ミ彡彡{    ,      /!イ/ / ヽ
        /l l l l l ヽマ三彡7        /|ス//」 |l      「取り敢えず報告を兼ねて組織犯罪対策課に顔出しとこう。」
        l l l .l l l  l\辷/. TTTT  ./l | l |  i
        / l l ,'l l l |ll l `‐、 |.   |_,イ l l l  l ヽ  丶、
       /. l  ,',' l |l |ll. l.   ヽ. ノ ´l l |l |l | l l \   ',    おっ、わざわざ行く意味あるかお?>やる
      r .l l /,',','. l l |ll   ゞ:.:彡  | |   l l |l l| l l | 〉   〉
     r  ー/ 彡  l lへ-‐ ト =;, /./  ヽ、 l l | l l |〈  /    銃弾の補給しなくちゃならんだろ。>バ 
     ⌒/ / ‐-.l l./└、  / .イ    lヽl l,|z l l | !  i
            l lヽ ト、/ /"´i___ノ、 l l │! l   |      成程。>やる
            l lト、丶/  /  /ー、/ヽ  l l ',  、 /,  \



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \     それでは、出かける前に持ち物を言ってくれお。
     |       |::::::|   ,---、  
     \       `ー'   しE |    了解だ。>バ
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

954 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:43:39 ID:55BcxP720

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l         取り敢えずこれを持っていくよ。
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ     バラライカの持ち物
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ      財布、警察手帳、手錠、携帯、S&W M3913残弾1
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/        OKだお>やる
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



                              {三三三}
                               |      |     ~バラライカの務める警察署~
               ____________ |      |_______
           /________________________\
           \┌―――――――――――――――――――― ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|――┐
             ||_|_| |_|_| ||:::∥:::::∥:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::∥:::::∥:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________

955 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:43:56 ID:55BcxP720

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    それじゃあ、バラライカが出勤すると先輩がざわついているお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |   おっ何かあったのかな?>バ
  \     ` ー'´     /



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    「おはようございます。」
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!            Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl         .| ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l           . ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l           .|_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/

956 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:44:17 ID:55BcxP720

  _____                              ,、  _
  || ......::::::::::::::::::||                  | ̄ ̄ ̄ ̄|   ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
  ||   .__   ___.||  ______          |____|  .'‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬          しかしオフィス内部こんな感じで
  || . ///〃//Vヾヽ.iヽ\/ ̄ ̄|「]    _______ .'-' / /   .゛´   / / __             誰にも気づかれないお。>やる
  || . } !i!iミ{{{{`´}}}}.|, |二二二二|      |\______ . //         //  凵. 匚!
  || .ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{..|, |___LI.|      |. | = || = ||  `´          `‐´
_|'(('(('゙ ノiソゞy)》'、 |, |___LI.|___| .|    ||    ||    ||
  ...`゙ くノ /f __j/'i ヽ|____|    ..\| = || = || = ||                    そういえばはぶられてる設定だったっけ。>バ
       ん'、 じ'フ ゝ                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ,、  _
         ∧∧   ____      _     _   ∧∧〃 .,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
        ∩,゚Д゚)  |\  ̄ ̄ ̄ ̄ \  ̄ ̄ ̄ 旦\(∀゚*) .'‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬   報告書を速攻書くだけでもいいけどどうするお。>やる
        ヽ   ) . |\ヽ \三\  _.___.     \と ヽ∧ .'-' / /   .゛´   / / __
          |   |   |  i、\______i|\_ \      \ (`  .//         //  凵. 匚!    いや、【聞き耳】を使用する。>バ
         | /`|  /\|_ \|\ _ ||/ ! i  | ̄ ̄ ̄ ̄ \(  `´          `‐´



            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ    OKだお。>やる
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l    [バラライカの【聞き耳】(55)→30 成功]
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /    (何話してるんだろ・・・)
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、     それじゃあ、バラライカの耳に近くにいた上司の話が聞こえるお。>やる
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i     中々便利だな聞き耳。>バ
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ

957 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:44:35 ID:55BcxP720

     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、   U     /     「いやしかし、おかしなこともあるもんだな・・・」
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-| U   ( |;;lll|   '´,イ
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ       「ああ、全くだ・・・」>御剣
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'        「一夜で二件の発砲事件があっただけなら良かったんだが・・・」
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/   
           ヽ、  `ヽ、     人
         |   `ヽ、  `>┬イ  `、  



                 l´`、''‐=_‐-:、_
                i'r"`、 __ヽ、 ヽ、 `:、
             !.i r'"_,,,.';',   i_  ';
                |.i、'、. rti-|i,  ,'-`i |      「確かにそれだけなら良かったんだが、そ二箇所とも正体不明の血痕があったそうじゃないか。」
              !'`;| _  ノ ! ./!) ノ./
               .!-‐- ,'ノ /'く,/          「ああ、鑑識も頭を回してるようだ。」>成歩堂
                ヽ''  _,,. :' _,. '、_
                 フi-r‐''"_,.-''i `i- ,,_
                ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、    「いったい誰がやったんだか・・・」
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |   「しかも旧初台駅なんか血だまりもあったそうじゃないか
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |      捜査に行った知り合いの奴が何人か気を失ったとか言ってたぞ。」
            |.,' | .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./    、i       |
             |.| .| | `、!'/  .i  /     |         |
.           | ! .| |  |O   |  ,'      |       i

958 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:45:07 ID:55BcxP720

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'      「だが、青山霊園の方には一つたりとも薬莢や弾丸が落ちていなかったそうだぞ。」
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |      「何だとっ!?それは本当なのか。」>御剣
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、   「本当だよ、だから捜査班も嘘かと思って付近に聞き込みをしたそうだよ。
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i     そしたらしたところ全てから銃声はしたって言うもんだから結構混乱してるそうだ。」
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,



                ,-、_ ./`゙':、___
                | i:、`| i ', `:、 `ヽ、
                | !.,r'ー'‐‐| i `i  ヽ
                |i',i、 -r=' | ,i i i i_  i
                !'.!l' ` ̄.!/|,' /i-',  !
                 i`___   !/ r';,ノ ./
                 ヽ `  ' /" ',./
                    ゙ー-r‐''" ._,.-‐'i:、_       「ますます不可解だ、そういえば初台駅の駅員の一人が
                   ,:-|‐'iニ"_,,-=:l. i`':、_                 【変な四人組がやったんだ】とか喚いていたな。」
                 ,.;'" ,'  i"-‐ _.,:'  .|    ̄ `''=:、
                // ,'-:、 |-‐フー-=ニ    ,.;-'"  ヽ
              _,.-',`-i"`i ,' .`i.,.:'/   ./ ,.-, /        i    「ああ、だがどう考えても四人じゃあそこまでできないよな。」>成歩堂
            ,r'  i-、!"'、r-'"i゙ ./   //,.:'-"       |
           ,:' / r''l__ri"r| i"'、|./   r-"-く_        .i     「ああ、無理だな。
          /__,,,!__| |  i" 7 /.i  ,!゙-ニ_''‐、'`:、..      /       捜査班も全然聞いていないそうだ。」
.       _,.-:;'r'゙,.',:-'  `''―:'-'-'---!-',r‐-,,,`‐:、)‐'     ,,:'
      / -'、_,'/             ` ―`゙´-     _,:',:'

959 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:45:28 ID:55BcxP720

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    取り敢えず、一回の聞き耳ではここまでだお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    えーずっとは聞けないのか?>バ
     /           l、E ノ
   /            | |    だって報告書作りながら聴いてる状況だから聞きっぱなしというわけにもいかんお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    まぁ、十分警察内の状況はわかっただろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     やはり、通報されたか。>ル
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      あれだけ暴れれば当たり前だお。>やる
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

960 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:45:52 ID:55BcxP720

    ~へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈    あれ?何で青山霊園前では弾丸や薬莢見つからなかったんですか?
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶     それはグールが全部片付けてくれたお。>やる
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ     あれ、意外に優しいですね。
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ         まぁ奴らだってなるべく近づいて欲しくないんじゃないかな。>やら
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l 
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j        ああ、成程。
    ヽ__ノ`ト―==~´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



.       |::::::::::::::::::/.::::::/.::::::/.:::/.::::/:::/i:::://.ハ:::::|::::|::::::::::l|::::::::!|
.        j::::::::::::::::::|::::::/.::::://. ::/.::;:イ.:://.::///  i :::|::::|::::::::::l|::::::::!|
        リ::::::::::::::::::|.::/:_//イ//:/.://.::///   ヽ:!ヽ! .:::::::l|::::::::!|
.     /イ:::::::::::::::::|/.::: /  ̄/ ¬/、//.:://〃´ ̄ ̄ヽ_ヽ:::::::リ .::::八
.         !:::::::::::::::::!::::,イ  ̄  ヽ  // i// /   / ̄ 寸 }::::/.:::/i:|  ヽ  いやいや、何で公園前の対ヘビ人間は通報されてないんだよ!?
.       j:ト:::r==、ト、爪   (ツ 〉/' /'/   イ (ツ  リイ:/.:::/ :|:!
.        /jヽ|∨∧::ト、   ー‐ ′ /  |!    ー─ ' //.:::/  リ
       / / |:.∨∧\          |!         //.:::/   ′    ああ、あれは筆流組の皆様が掃除&周りへの口封じしてくれてますよ。>セ
.       / / :|::::.∨∧:{\        |!        ノ/.:::/
.    / // ̄ ̄ ̄ フ\                ,イ.::/       いつの間に・・・
     ! / ィ 、 ̄.::∨∧::}`     _∠二二ヽ_  //.::/
     | |  ! ∧::::::::∨∧! \     ー‐   /}:::ハ:/        セイバーがあの後直ぐに言ってきたお。>やる
     |,丿 | ! ∨ ::::∨∧   `      /  |'ヽ }
     /    |/  ̄ ̄ ̄ フニ=──` 、 /‐=<二i|
.    /     ´  / ̄ ̄ ̄ フ三三三||三三三||三三i|

961 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:46:18 ID:55BcxP720

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ   しかし、これでは銃弾補給は出来そうにないな。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/    疑いの目が来るからな。>ル
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|         じゃあもうこれ以上【聞き耳】せずにさっさと報告書を書き上げるよ。
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |        了解、じゃあ次はやらない夫だお。>やる
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)    よっしゃ、俺は何もないから直ぐに合流できるぜ。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }     それじゃスタートだお。>やる
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

962 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:46:40 ID:55BcxP720

               ___
             /, l___l\
            //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|    ~やらない夫の住んでいるマンション~
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |     朝の9時半ごろ朝食を終え食後の休憩をしているお。>やる
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |       「ふーむ、取り敢えず何時頃再集合するか確認するだろ。」
           {         |  
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、      と言う訳でルルーシュに電話するだろ。>やら
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ    じゃあ、ルルーシュはこの時すでに起きてるかお?>やる
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

963 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:47:09 ID:55BcxP720

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'     うーん俺も開業医設定だからな
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l     性格的に割と好きなように休んだりするだろうから起きる時間とかを気にしないだろうな。
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{      じゃあ、私と同じ時間でいいんじゃないでしょうか?>セ
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l       まぁ同じとこで寝てるしな。
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `          じゃあ、7時には起きてますよ。>セ
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _       えっ!?そんな早いのか?
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉    仮にも一組織の幹部ですからね。
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く      何事も手本になるレベルでないと下に示しがつかないでしょう。
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ      それに加えて縦社会の893だからなぁ・・・>ル
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \ 
                 | i l > .    、  /|  l||\_/     まぁ筋は通ってるお。>やる
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '       と言う訳でルルーシュは起きてますよ。
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |      了解だろ。>やら
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

964 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:47:25 ID:55BcxP720

          _____
      .   /       \
         i         ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
    ./ //´l (ー) (ー)   i     「アイツ起きてるかな・・・」
    .l  '-;;;;l (__人___)    i
    l │;;;;|,,'`⌒ ´    i
    l  \⊥         ,i      と言いながら電話をかけるだろ。>やら
    /   / iヽ,       /
  .,、 i   .' /,‐'.l\    /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ       それじゃ程なくしてルルーシュが電話に出るお。>やる
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_     prrrrガチャ 「おっ出ただろ。」
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i

965 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:47:46 ID:55BcxP720

            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_
           |    ( ●) (●)
          |    (___人__)      『どうしたんだ?こんな朝から』>ル
           .|     ` ⌒´ノ
           |        |     「ああ、ちょっとした確認だろ。」
            .|、       |
             [::.ヽ、  __ ,_ ノ
     _, 、-一 :::"\ ::::::::::::::::7、___      『手短に頼む俺も暇じゃないんだ。』>ル
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ__
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::..\ __
  .i :::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `::...、
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,     『今日は何時頃に何処で集合するんだ?』>やら
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l     「ああ、正午頃に俺の診療所でいいだろ。」
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|       『了解だろ。』>やら
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)         「ああ、あの婦警にはセイバーさんに言ってもらっておくよ。」
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ        ガチャツーツーツー
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、      
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `

966 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:48:06 ID:55BcxP720

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    それじゃ、これからどうするお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      じゃあ、ネットで冒頭でミスった【木曜会】について調べるだろ。>やら
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)    OKだお。【図書館】で振ってくれお。>やる
          .|    (___人__)
           |         ノ         [やらない夫の【図書館】(25)→48 失敗]
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉     うーん、初期値は厳しいな。>やら
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、    じゃあ、それらしい記事は出てこなかったお。>やる
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|     「・・・・・・特にないな。」
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

967 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:48:26 ID:55BcxP720

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   流石に何かしらの情報が欲しいな。
.  |         }
.  ヽ        }    時間的にネットでの図書館ならあと二回は行けるお。>やる
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、    【木曜会】ではいけるか?
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)    失敗してるから-10つくお?>やる
.    |      l



        ____
      /      \     それはきついな、じゃあ【ヘビ人間】の方で一回。>やら
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \    OK、じゃあ再度振ってくれお。
   |      (__人_(     |
   \      i_i_i  ヽ   /
    /     ||      ヽ         今度こそだろ。>やら
    (  ヽγ⌒)       | モグモグ
    \__/

968 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:48:47 ID:55BcxP720

                    / ̄ ̄ \
                      _.,ノ ヽ、,_  \
                    (= ) (= )   |              [やらない夫の【図書館】(25)→35 失敗]
                     (__人___)  u |         ⌒ヽ
                 '、        |   ____  ,.-、ヽ、
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'      「あーだめだこりゃ何も引っかかりやがらねえ。」
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',     ナンテコッタイ・・・>やら
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|      じゃあ、またチャレンジするかお?>やる
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||      いや、別のことをする。>やら
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |



          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_     ヘビ人間と戦った公園に行きたいんだが
     :  (_ , 、 _)      ノ  /                   時間的に大丈夫か?>やら
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/       たしか、近いって設定だから余裕だお。
   , <´ /         /
   1  _ イ        |         OKじゃあそこに行くだろ。>やら
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

969 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:49:15 ID:55BcxP720

.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ...... .. .  (;;"'',,,;;゙);;゙) . . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;,) ,,,,   . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .
     (<;,;;;; ;;;,, ,,,;;;;;;;;;;;;゙) ,,,,;;;゙) 、   ,,,,,         ,,, ,, ,,  ,,  ,,, ,,,   ,,
    (rill;;::(;;;,,,, ,,,,,;;;;;;;;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)  ;;;;;;;        ;;;;;;;  ;;;;;;; ::::: ;;;;;;::;;;;;; :::::::
    丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::) ,. ,,!!,,       ,. ,,!!,, ,. !!,, ,, ,. ,,!!,,,,!!,,. ,, !!,,           ~例の公園前~
     ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,,ゞ ,,,;;;;;;,,,ゞ;;,,,ゞ ,..,,.',,,,..'      '' ,,,..',..,',..,'.,.',,,,..,,.',,,,..'',.',,.',,,,..,,,,..,,.',,,,..
      ~゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;_ヾ
          ヽ;ii;l;l     !ii,|   .|:;|_-,,                 l,`、~;~:~:~;~:~:~:~:~:~:~:~:~:~. .
          |ll|i;|    lil;|  /|:;|,//7                `、`、; ; : ; : ; : : : : : : : : . .
.ニニニニニl ̄|   l;;lii;l, ,:、ー|;il;l,ーァi~i~//7                `、`、; ; ; : ; : ; | ̄lニニニニニニ
_|__|  |ifーーl:;;lil|ll~~ll~~ll~~llr'ヽ/7┏===┓     . ┏===┓    `、`、; ; : ; :::|  |__|_
_|__|  |,l ,~|;;ill;|ll~~/ll",γヽ/7. |     |┏===┓|     |┏===┓`、`、_;_;_;_|  |__|_
_|__|  |l~~ll~~ll~~ll ;;,||,γ'ヽ'/7.         |     |       .|     |  `ーーーー|  |__|_
_|__|  | '''''"'''''''"""'''""'" /7                             |  |__|_
_|__|_| . .  . .. ... .. .. /7.                             |_|__|_
                   /.^
                /
:―――――――――-、___________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \     只今11時頃だけどどうするお?>やる
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |      うーん【目星】一回ぐらいだな。>やら
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }       OKだお。>やる
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、           「じゃあ、何か残ってないか探してみるか。」
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_       [やらない夫の【目星】(25)→62 失敗]
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!      では、特に何も無かったお。>やる
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i      これは酷い・・・>やら
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

970 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:49:36 ID:55BcxP720

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        それじゃあ、何も見つからずに途方に暮れていたやらない夫に背後から声がかかるお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /     おっ?だれだ?>やら
  \ /      /\/
    \       \        振り返るとそこには・・・
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /



         ,  -――入  ノ二ニ丶、」: : : : : \
        /       ,-イ: : : : : : `丶 ゝ: : : : : :\
      <_____/ /: :.小: : : :.|: : : : : :. :.|: : : : : : ヽ
        /: :. :": : :/: : / | l: : : :ト、: : : : : :.|: : : : l: : : :',
       , ' : : /: :. :. :.|: :./ | ヽ: : 代丶、:. :|: : : : |: : : : l
       /.: : :/: :. :. :,イ´:/ │ ヽ: :.| \:.:`: :|: : : : |: :|: : :|    昨日ヘビ人間に襲われていた少女が居たお。>やる
       /イ: : l: :. :. :/.ハ :|     \|   \: :|: : : : |: :|: : :|
     .//| : : | :|: : : :ハ |       ` _ ヽ|: : : : |: :|: : :|
     ,'/ | :/ | :| : : /         彳二丶│: :. :.|:.ハ: :|:|    「あー!昨日助けてくれた人ですよね!?」
     l  l |: :| ハ: : :|   ,-三        `` |: :.|: :.|/ ):ハ|
     |  ', l: :l.| l: : ト イ'´    ,      " | :/: :/イ:.ハ|
        l|: :ヽ小 .|: :ヽ       _, 、     /:/: :/: :|:.,'      「ああ、君は昨日襲われてた娘かな?」>やら
        |: : :.ハ: :ヽ: }     └‐′  ノ,イ: :/: :イ/
         ',: :.| \: : :`>r-   ,、 -‐  |-.| /レ'         「はいそうです。昨日はありがとうございました。」
         \|   \: :| \\|〉ソ    〉::レヘ、
.               ヽレr ' " ::|     /::::::::::::> 、
.               r||::||::::::::::|-―-./::::::::://二ヽ
.              _ハ┴!|::::::::::|  _〈_::::///  l}
              // /う、::::::::|.ノ^i iV//    .|

971 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:50:00 ID:55BcxP720

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)    「いや無事だったんなら良いんだ。
           |,      ` ⌒´ノ        実は突然居なくなったから少し心配していただろ。」
          │         }
           ヽ、      ソ      「あの時は取り敢えず早くその場から逃げたかったので・・・」>つかさ
          イ斗┴r┐` .; 
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、     「まぁそれが普通だな。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |        それで?何でまたあんなのに襲われていたんだ?」
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ    おお、いい事きくお。>やる
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐



            ,. --=、_二_,ニ,,_ 、
            /    ,厶人    \`: .、
         /    /: : ;ィ: :.ヘ    ヽ: : `:.、
          /`丶.、/: : : //|: !: :.ヘ、   ヘ: : : ヽ     まぁ普通に気になるしな。>やら
        /  . . . : /: :/./ .| |∨  `┬―'   ヘ
      /.: : : :.;': : :/_:/ /  l:.| V: : : .i... .      i    それじゃその女子高生は困った顔でこう答えてくるお。>やる
     ./: : : : ::i: :イ「:/    l:.!  ゙、\: !:::. : : : :l: :.l
     /: :,: : .::::!: :/ |:/    l:|  ヽ: : :l:::::i: : : l: : |
.    /: ;.'j: ..:::::l: / l/       !|    ヽ: :l:::l: : : :!: :.|    「それが私にも分からないんです。
   /:, ' ! .:::::::!/   -‐       、、 \j:!: : : :!:: :j      部活が終わって学校から帰っているといきなりあの状況でしたから。」
   /'゙  |: :::::::{ハ --‐'"       ヽ、__ !: : : :i:::: l
        l:::::;{:::':::!                /: : : /:;:::j    「成程。アイツ等は何か言ってなかった?」>やら
       l:::j ∨::l、             /: :ィ:./:ハ::|
       .!:j  V:::j`丶,.、_ r_‐ュ   _,,..イ:./,}/::;' ゙{     「そうですねぇ・・・」
        l:!  V:|  i:::::;r 丁¨¨ |ヽ:;:://:/}ハ:;'
       {|   ヾ!  ,.ゞ゛ |'′   `ァ./ヘ:/        ここでその女子高生は考え込むお。>やる
           ,r<゛   |  ´ /    ヽ
             /\\   「  ̄ 7   ,,-'',,ヘ

972 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:50:17 ID:55BcxP720

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    じゃあ、このキャラの幸運がこれだから・・・カラカラ
 /    ─   ─ ヽ   [柊つかさの【幸運】(50)→?]
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    ・・・ナンテコッタイ。
 /  (丶_//// \



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |    えっ何どうしたの?
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |   まぁ取り敢えずすすめるお。>やる
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ   
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

973 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:50:44 ID:55BcxP720

               / ̄ ̄` ヽ
        , -―‐γv   / ̄`丶
       /   ヽ└‐―<ニヽ、: : : :.ヽ、
     /-‐―ァ=-‐'/|ヽ: :ト: :. :. :`∧: : : :.丶
     /: : : :/: :/: / | 、:|ヽ: :. : 廴): : : : : :ヽ
    /: :. :. :. : : :/:./ | ヽ:.|、\: :. :V |:. :. :. :. :.ヽ
    /: :. :. :. : : :/|: レ |  ヽ:| ヽ―-:.Ⅵ:. :. :. :. :. :}    「うーん、ちょっと思い出せないですね。」
   /: /: /:.|: : :ムイレ   ヽ、 ==ミ、: :|:. :. :. :. :. :.|
   /: :イ: |: :|: : /,ィ升ミ    ヽイつ::ヾ、|: : : :|: : : :|     その少女はショックからかよく覚えてないようだったお。>やる
  /:./ |: :|: :|: :.|,彳ノ::ヘ     {::::::::::jヽ: :. ://: :| |
  |:/ |: :|:.∧: ||代:::::::}     弋:::ρ イ: :.//: :イ/      「そうか、まぁできればだから別に構わないだろ。」>やら
  |'  .|: :∨ ゝ:|` さ,ン       `   |: :/ノ :/レ
     l: : :|:.(.ヘ}      ′    /: /: : :/      「はい、本当にありがとうございました。」
     ヽ: :ト. :`‐}、    r-―¬ , イ: /:,イ /
      ∨ ヽ:. :|、:`f. ..―┬ ̄ {: : :/:イ/レ'      そう言って少女は去っていくお。>やる
         \|,>‐r‐ヘ----‐'ケ^ヽ、
          λ  |ヽ、__ /   λ       結局手がかりは無しか。>やら
          { |__」      /、   / ヽ 
          | }― 「`丶-―'7`丶 ン   }



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |         それじゃ、やらない夫は正午が近かったので一旦家に帰り
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃                   集合場所のセイバーの事務所に行く準備をするお。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /      結局何もなかっただろ。>やら
  \ /      /\/
    \       \         まぁ取り敢えずセイバー・ルルーシュは次回に持ち越しだお。
     \    \  \
       >     >   >       了解です。>セ
       /    /  /

974 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:51:53 ID:55BcxP720

               . ´ ̄ ̄ ̄ `  .
             /            //\
          /           ///∧
         . ⊂⊃       ⊂⊃ ///ハ     本日の投下は以上になります。
         レ                  //}     続きまして参加型企画の説明&安価を取りますのでよければそのままお待ちください。
        /   /   i   ヽ   ヽ. //
.        {    {   ¦     }   ∨ ___     それとレスをしていただいてる皆様本当にありがとうございます。
       r‐‐ゝ    _ 人 __ 人___ ハ   \   皆様の応援が私の原動力となっております。
       /    i⌒ヽ     /        }/V⌒ヽ.〉
.     レヘ.ハ八__.)    /       ノ{⌒ヽ
.       /  、     `7´ ̄ ̄   /// ∧     それでは、また次回お会いしましょう。
       /    ヽ.    /     ///  .//i
.      {____ >…={.     //厶  .///}      因みに企画説明は次スレでするので残りは埋めていただければ有難いです。
                /´ ̄ ̄ ̄  }}  /リ
                  ん   ___ _ノ_ 彡’
                  {/ ̄

975 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:52:09 ID:55BcxP720

                      ~今回のステータス変動者~
                                とうか
PL1     本名 ルルーシュ・ランぺルージ PL名 灯火・ルルーシュ 年齢 25歳 日本人
         ___                職業 医師
      _, イ::::::::::::::::::::`ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       能力値
  l:::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l       STR 5 CON 10 POW 14 DEX 13
  l:::::l:::::::{:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l       APP 18 SIZ 14 INT 16 EDU 17
  l:::::::l::::::l:::::::/:::::::::::/l::::,イ:::::::::::::}       アイディア 50 幸運 70 知識 85 正気度 62(-3)
 /l::i:::::{::::l イ-レ、::::/ //-┤:::::::::/       耐久力 12 ダメージボーナス ±0 MP 14
/ l::ハ:::::Vィ‐tメ、V ノrtテリ:::::::::/
  リハト、ゝ弋ソ    t少l::::/リ         技能 医学 70% 応急手当 61% 経理 40% コンピューター 61% 信用 70%
    ヘ:::::ヽ  -゙-  ,イ::/              生物学 30% 説得 71% 変装 52% 薬学 30% 他の言語(ラテン語) 22% 
     lハハ>t==ォ< ル               こぶし 89% 回避 70% クトゥルフ神話 5%NEW!
      , イ^0゚ ゚̄:.0`ヽ,
     /: :ィ: :li : : : : li l: :l



PL2  本名 アルトリア・ペンドラゴン(通称はセイバー) PL名 筆竜・セイバー 年齢 27歳 日本人
          ヽ                       職業 暴力団組員
           }
       ,. -─-、ノ-──-- 、
    /            \
   /                ヽ.┐
   ! 〃/ ⌒ ,ハ  i  ⌒ i  i  i己
   レ' | | i / ! ハ i ! |  |  ヒ´   .能力値
.      ∨iV∨  ∨ レ'V∨|  |  K     .STR 15 CON 11 POW 13 DEX 16
     | !≡≡   ≡≡ |  |`Vシ′  ...APP 12 SIZ 13 INT 10 EDU 12
     | 八""       "" |  |ノ      .アイディア 55 幸運 65 知識 60 正気度 59(-4)
     i′ i> 、 ー一 ,. イ|  |\     .耐久力 12 ダメージボーナス +1D4 MP 13
     | /j  __,工ニ´‐个|  |\\
     レ'V /´仁.フ0ト、/ レ∨廴}ノ    技能 言いくるめ 65% 隠す 60% 芸術(イカサマ) 05% 心理学 25%
      ┌┴┐レ' jハ」   / ヽ          目星 65% 日本刀 81% 二刀流 71% 歴史 41% 運転(二輪車) 60%
      | r─ 、      {   |          回避 80% クトゥルフ神話 9%NEW
      r|_「 ̄` 「 「 ̄ ̄´   /
      廴,>┬-L.廴.__,. イ

976 :SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:52:28 ID:55BcxP720

PL3  本名 美筆出やらない夫 PL名 美筆出やらない夫 年齢 26歳 日本人
   / ̄ ̄\            職業 スポーツ選手(キックボクサー)
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |        能力値
. |  (__人__)  │         STR 17 CON 12 POW 18 DEX 15
  |   `⌒ ´   |        APP 05 SIZ 16 INT 9 EDU 8
.  |           |          アイディア 45 幸運 90 知識 40 正気度 84(-1)
.  ヽ       /         耐久力 14 ダメージボーナス +1D6 MP 18
   ヽ      /
   >     <          技能 跳躍 35% 投擲 40% マーシャルアーツ 70% キック 80% 応急手当 31%
   |      |             鍵開け 51% 運転 51% 回避 60% クトゥルフ神話 5%NEW!
    |      |



PL4   本名 ソーフィヤ・イリーノスカヤ・パブロヴナ(通称バラライカ) PL名 本名と同じ 年齢 27歳 ロシアと日本のハーフ
             _,,. -─- .== -,..-‐、                  職業 警察官(組織犯罪対策部) 警部補
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }    能力値
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ    STR 15 CON 11 POW 9 DEX 14
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |    APP 10 SIZ 13 INT 18 EDU 14
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |    アイディア 90 幸運 45 知識 70 正気度 38(-3)
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |    耐久力 12 ダメージボーナス +1D4 MP 09
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   | 
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |     技能 言いくるめ 65% 聞き耳 55% 心理学 75% 説得 25% 追跡 30%
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |        法律 35% 目星 45% 図書館 55% 拳銃 99% 回避 89% ライフル 75%
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |        二丁拳銃 89% クトゥルフ神話 5%NEW!


関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する