やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第5話運命の出会い

388 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/05/16(土) 21:34:35 ID:2dmg15jI0 [4/66]
お待たせしました、投下開始します。



第五話 運命の出会い


                _          _        }                           , ==、__
             __r ´  `ー-――― ' `ヽ-==‐ '                 ___     __ /   __  ヽ__
             {_,                                    /   `ー一'    /  }    L..
              }                                   i}            ヽノ      `ヽ.
             /                           ___ __ .. __..ノ             /`ヽ       ヽ
            ./                        /  ̄                      }  ノ
             {_,、                        {_    .-=-, __                     ヽ_〃
             ノ                      ,. -‐'    `ー=' ー'
             ヽ_/`ヽ-‐― 、    , 、__,、 ,-‐ 一 '     ゚          ____.. ‐― --、_r - 、_r-‐―― 、
                     ー、,'ヽ'                  __r 、... -‐‐ ´                   }_
                     r==、 ___    ,、,、    .. -‐‐´`´                            } r‐,

ヨーロッパ西端に位置するイベリア半島。
1936年7月16日から1939年3月28日にかけて、このイベリア半島の大半を領するスペインで、二つの内戦が繰り広げられていた。

389 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:35:10 ID:2dmg15jI0

.            ィ´    ミ
          / =且=   ` <_
         く     盆  ー 、__   }
          }ィ777i!≡≡彡 ̄`ヽイ
         〈_ィ升ゞ=≡≡≡≡=《
         /´¨     ,ィ升从リミ!
       /, ===ニ千公 仗ツリj!ソ}
      イ///////¨V///i   `¨´ jノi|ェュ、
.      ` ̄ヽヘ从   //!___,ィ´i ̄ ̄i}
          /ヘ__,ィ≦´ ヽ.   !    〉- 、
         //    i   \ i ,==≡У\_
        < ! \ィ!}  i     ___.彡′ヽ  \ー=へ
        /ヽ   \  i ,,,-'''" ̄    __ \ _>_辷ーヽ
       i!b/i!_,,, -'''" .,.,.   __∠=、ヽ < ̄ ̄`丶}
         < ̄,'     〃   /////     マ≧ミ=ー、ミ、
           〉/    `   ,イ////   i!y´ `Vム \`ー-\
           i      ,イ/// ! i    〉   i,Vム  ', ヽ ヽ
            /       {://///∧ヘ  /、   〃 ∨i!叱',  ':,ム
        /      `¨¨¨¨´〈∧ゝィ' ヾi /   / |! _ム   |
         /      ,.,       ∨`/  i/   厶´マ\     |
.       /      〃        | /  ./   /   /./ , ,  i|
      /     `           {ム _/ヾ、/   //i! i! i! i! /
.      /                /ゝ‐'  /  ,イ//∧____/
     /               '、_, く_ ,ィ≦! ̄ ̄ ̄
.    /                  ∨////i
         フランシスコ・フランコ(大尉)

一つはドイツ・イタリアが支援するフランシスコ・フランコ率いる国民戦線軍と。

390 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:35:43 ID:2dmg15jI0 [6/66]

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
   マヌエル・アサーニャ(阿部高和)


ソビエトやメキシコ、雑多な共産主義グループが支援するスペイン共和国政府との戦い。

391 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:36:00 ID:2dmg15jI0


      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト    スターリン同志のために戦おう!
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ      な!
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ|;;,, `'' ‐---‐ ''"´_,/
:::::::::::::::/ヽ;/ へ、\;;;;:. ;;;-─ _,.ニ-ァ'´\
::::/7 ) ./ |××| | ;;; ;;;::::| ̄ /×××>、
/ ././ /ニ=、\±L/;;;;:::_;;:」_,/×××/  \
 l. l /  ー- ゝ |××× /×× ゝ‐''´==


      ____
     /∵∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\\
   /∵∴○∴∴.○ |
   |∵∵∵/ ◎\∵|    俺、トロツキー派なんすよ…。
   |∵∵ /三 | 三| |
   |∵∵ |\_|_/| |
    \∵ | \__ノ .|/
   / \|___/\


もう一つは、スペイン共和国内部の共産主義勢力内の派閥闘争であった。

392 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:36:57 ID:2dmg15jI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::'''''''''''': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::''": : : :                     : : : : : : : : : '''' ー - 、:
....................                                :
:::::::::::::::::::::::::....   _................................つ......戦....西 一.............::::::::::
:::;;;;、-ー''''''''''''''''''............................................つ......争....班:::::九;;;;::::::::::::::::::::
".......:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ま::::::の::::牙:::::三::::::~~ ''' ー-
:::::::::::::::::::'''''''''''             れ  炎::::は  六''''''''''''''''::::::::
                     た.  に    年: : : : : : : : :
、,;;;; :::::                 //           ,,,,,,、-'
:::::::~' 、;レノ               ・・       ソ::ヽヌ"  ,、-':::
:::::::::,'((イ(( ソ" : : :从:::::.....      ...      ´ヽ::::ヽシフ":::::::::
:::::::,'ツッ(:Y 〉人::::::::;;;;;;;;:::::::::: ,,  ...::::::::::)(:::: ::: :::、..|ー、::',ノ:::::::::::,、
~' 、i i;;;リ")f::リ):::::ゝ乂:::Y::::::::::::ミ::::y(::::::::::ー、:~' 、:::ノツ {:::;;;;i|〉:::,、 '"
ニ=( 彡リ"}、〈' ' ' ':::::  ::ノ)::::ミ:(::::: 'ー、ノ ノ::::(( )))Yrノ、)|〆:::::::::::
::::::',ゝシイ (:::::        (⌒":::::::::: 乂....ノノ,、 '~ ヽ ー 、リ―---::::
::::::::',{ {jj:: '-、::Y::(( ::ミ:: ....,,,,,,:::"""" " "乂 彡:::://:;:;:;:'、' 、,:::::::::::
;、 '":'、レi・Y ~':::、、;;;;;;;;;;;;;、'兀ヲシr彡;;=、;;人彡彡///:;:;:ィ;:;|}:::::::::::::::::
::::::::ノ::~、i |ii rr t 、`'''´:/:}j'''匕;;;;{{从 ,,ソ(ミ,;人(イ:;:;:;:イj::|、:::::::::::::::
:::; "::::::::::)リ|、::::tt 、ヽ..ノ从}};'ー、彡リ从从:::ヽ'ー、イit人:;:(tt{:::~'ー、::::::
~'=、;;;;|;;ー_~'___ __,,,,,,,,},,,,,,,;;;;;;;));i;i;i;;i;;;、;;;;;;;;:るヾ;;;ヽヽ~'、.............
ミ|iii~'-if、マ――― ―=ー三三二=――===;;イ彳ツ:;:从Y))、;;;;;;;;
:::::' 'ii,'ij:~iー、;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:;:;/ィ〈:;::;:;jjノ((tヽ:::::::::
三::: }}ii|::j::|||:;:;:;:;:;:;,、-ー'";;;;"""""" ;;  j;;} ::;:;:;:;:/ソ从ノノ:;:;:;:/;;~'''"
二::::::::三=+}{;;;} :」}  |;;l j| :: ::  j;;;} |;;}  ,,/〆/:;:;:;:;://::|;;|}
;;;;;;:::::::ニツi彳{;;} :{;;||| |;;i||:|;| ::,,::、 ::j;;;;|iij;;;;}从/サyY:;:;:;///::|;;、-ー'''''''
::::::::: ij;;t〉ッツ;;;;}r{;;;|iii i|;;;;;ij;、'"彡''''ヽ、;;;;;;;;;////_ー、///;;、'":;:;:;:;:;;;::::
::::::::: 彡Y))4ij:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、'"瓦;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、",'"",,,{;)),、-'""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;、=''"=i'"ヒii:::::::::::::::ゝ"互;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡'、,、'",、-'":::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::|::::::|三 |ヽ,、-'""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~',、-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


なぜスペインが内戦にまで至ったのか?
それは◆eZty3vRhsw様の「やる夫がイスパニアの独裁者になるようです」
がとても詳しく書かれているため、そちらを参照してください。
ttp://yaruyalibrary.blog.fc2.com/blog-category-32.html


393 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:37:50 ID:2dmg15jI0

            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h     平和を愛するソビエトは双方が停戦し、話し合いで解決するよう求める。
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'     (これは好機だ。スペインの内戦が長引けば長引くほど、英仏とファシストどもが疲弊する。)
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj      (その機に乗じ、我がソビエトの国際的地位を奴らに再認識させるのだ。)
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.


スペイン側の事情はさておき、ソビエト側はこの内戦をどうとらえていたのか。
スターリンはソビエト連邦周辺が敵対的国家に囲まれていることを憂慮しながらも、反ファシズム的発言を繰り返していた。
特に、1935年、ソビエトの出先機関であった共産主義インターナショナル、通称コミンテルンは
「プロレタリア統一戦線を基礎とした広範囲にわたる反ファシズム人民戦線の創出」が必要であると呼びかけた。

394 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:39:07 ID:2dmg15jI0 [10/66]

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′    ……ソビエト側から、必要以上の干渉は受けたくないね。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、      俺たち人民戦線には、まだ頼れる同志たちがいるんだからな。
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

が、スペイン共和国政府首脳のアサーニャにとって、スターリンは決して「同志」ではなかった。
スペイン左派合同勢力である「人民戦線」政府と、コミンテルンの人民戦線は名称こそ同じだが、政策には決定的な違いがあった。

395 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:39:54 ID:2dmg15jI0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=≠─- .._
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-=ミー-ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.、:::ヘ
:::::ノハ::八ヽ:::::::::::::::::::::ノj:ノ:/ハ:::::::::::::::::V\ヘ
≦二ニ=ミメ、>ヘ::::::∠=≠ニフ:::::::::::::::::|
:::::ミミ ゞ込)ソ   ∨  、込)ソ/:::/:::::}::j::!
ハV        i     厶イ//,ハ:,リ
.(ヘ.          ト      /)ノ ,ノ     スペイン人民戦線の同志たちへの支援を我々は惜しまない!
`ーヘ.         j/     /'´
??:|ヘ    ー- ‐    , '
 rリ ヽ、   -    / 
. 八.   \    イ:h
/  \    ` ー...::::::::八
レオン・ブルム(鵺野鳴介)


1936年から、フランス政府は「反ファシズム」を掲げたフランス左派諸政党の連合政権である「人民戦線」が政府となっていた。
アサーニャはブルム首相に電報を送り、武器と軍用機の支援を要請した。
ブルムはこれに同意し、7月22日ポテ540爆撃機二十機を含む武器弾薬の売却を発表する。

396 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:42:56 ID:2dmg15jI0


が。

                    __     ,..    ,.
                Ⅳ,r'::::::::::::`::::::::::::::<乂./
               ,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂
              ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フ\
               |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\'
               !!::::::::_l(,(,::::::::::::::::::::|||::::::::::::::ィ:::゙i '
               ゙i:::〈三三≧-゙i::::マ≦≧::::::::j\゙i
               !∩ト 舛 ``´゛´舛>.::::::::Ⅳ  ゛
               !、<゙i       j   ヘッ,r'´
               ゙iY , U ´  '  ’     大変すまないが、やはり武器は売却できない。
          _,,..-f'´ {   \ -─- /
     _,..、-''"    |  ハ    \ _,/{        そちらで何とかしてくれ。
    i´  ヽ__r‐¬、__\_, /l   i∧、


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l  ノ(   ,リ|}    |. }
.   {.   |,.へ⌒ .:ヽ '/   ,ヘ }
   レ-、{ ゞミ≡=ァノj!}=夭''´K
   !∩|.} ゙゙匈゙` ...:::::/''匈 / f^|
   l(( ゙′` ̄'"〃 f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ   なんだと、どういうこった!?
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ,∠ニ=   /    仲間を見捨てるのか、お前ら!
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


ブルムは翌日訪問した英国から強い圧力と、スペイン内戦をフランス国内に波及させると主張する右派勢力の脅迫に屈し、態度を一変させた。
ブルム政権はスペインからの支援要請を拒否し、内戦への不干渉を決める決議を採択した。
フランスの知識人達は嘆いたものの、ファシズム勢力の掲げる「反共」という大義名分は
スペイン内戦への介入を西欧諸国指導部に躊躇させる上で、大きな役割を果たしていた。

397 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:44:03 ID:2dmg15jI0 [13/66]

                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′   今、ファシストがスペイン人民を殺戮している!
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'      同志戦友諸君、スペインの兄弟たちを助けよう!
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、    (これはチャンスだ、勝てば我々の勢いを盛り返せる!)
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
  / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、

これに目を付けたのが、ソビエト連邦にいるスターリンと、メキシコへ亡命していたトロツキーであった。
両者は、それぞれが共和国政府を支援して救世主となることで、世界共産主義革命の主導権を握ろうとしていた。
この当時、トロツキーは一国社会主義政策に転換したコミンテルンに対抗し、第四インターナショナルという国際共産主義組織を結成
世界社会主義革命を志向した組織を作り上げていた。

398 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:44:33 ID:2dmg15jI0

            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h      我がソビエト連邦は、スペインに対し、あらゆる種類の武器弾薬
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'      軍事物資、航空機、軍艦の輸出、再輸出及び移送を禁止する。
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.

スターリンは1936年8月26日の公式演説で、スペインに対するあらゆる軍需品の輸出を禁止する声明を発表した。
だが、ソビエト連邦は、その声明とは裏腹にスペイン共和国政府に膨大な量の武器・弾薬を売却していた。

399 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:46:33 ID:2dmg15jI0

          __,,---┴―┴―┐
    ====ニニ))=( | ★ = △ |
        ____ヽー ゝ' ==--┬┘=====,,--,,_
       / _,,-'": ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄(仁)
   _ O)//-/O)_:_|───┼─---┼─
 /=/ i.|__/ /=/ヽ/ ̄~/ ̄~/ ̄ / ̄/\
 |==| (━|__|━|=:=|ヽ ノ| ||  | | ||  |ヽ 丿
  \ ヾ \\_\ ヾ_ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ /



    ||             /l`ヽ
   l! r―‐‐--∠lΩl゙゙゙゙''''‐ '  ★ }
  < _ll.  ・ |    75★  =‐-ノ
   li.l, .,・ ─- 、 _ _ ,,...-‐'' "`・
    || ~ ` ̄ ̄ ̄



                           _
         r===:;i  f0:0=ヽ、     / l`ヽ
      || ____Vヽ.___├/|(∀・|0|二'' ・ ..,,/ ★  '.
     l! l"| . |ヾヽ. ̄ ̄l二l ̄      ==-- .}
     く _|..| . |  \      ★     Ⅴ! ,ノ
     li i .! :⊂!__,ヽ─ - 、_ _ ,,...-‐ "`-
      || ` ̄ ̄/./ ` ̄ ̄
        γ"  ` ヽ、
        ゝ、 ;, -‐ '


その内訳は航空機634~806機、戦車331~362両、装甲車60~291両、火砲1034~1895門あまり。
さらに数十万丁の各種小火器、数万トンの弾薬と、それらの機材を扱う3000人の赤軍将校たち。
これらの装備と人員は、NKVDが偽装したトルコ政府発行の外国船出港認可証を持った船舶を使い
ポスポラス海峡を経由してスペインへと渡り、11月初めの戦闘に投入されていった。

400 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:47:28 ID:2dmg15jI0

          _,,,,,,,,,,,,_  _,,,,,,,,,,,_
        ,;r'"    ミf"'"三- `゙''-、
      ,;r'" ,,:r'''''''ー、ミi;ニ二─-:、  ゙ヽ.
     ,i' /" ,,:-─-:、,_ミi;ニ-─-:、_゙ヽ. .゙l;
    ,,f"〃 ,f" ̄ ̄ ̄~゙゙"~ ̄ ̄~`'ヽ.ヽヾi
    f",i:.;| |;               ゙l } i :}
    |/j; リ ,|'              | ! l ,l
    { ,/ ,ソ               ゙l; ヽ ゙}
    | /.,rj .,,,__      __,,,,,,... ゙l, ゙l;.}
   ( l リ-l  -=wァ三''';;:. '''~←wァ=- ノミ、| }
    l {ノl! ゙l.    ̄ ''´ ::   `''  ̄   ト |,リ }
    ゙l;ヾヽ、l      .:::         ノ ノ,イ:{
    ,) :i ゙-i\    ;;   ,,    ,/f'"i ,}
    {. i: l l゙i、     `_´      ,イ i l リ
   . ゙l,  i l |゙、.  -=====-   ,i', { l :|
     :|  ; ; | ゙、.   ''==''   .,/ ,l | ,リ ,リ
     ゙ヽi,ir"ヒ,,_ ゙ヽ.     / /,ノ、'-'"
       j-、`''-ニミ`''──''":-ー''" 'r゙li.
      ,(.(ヘ`f"-'"`'''i,`l! ̄"~て~'y',n }
,,::-rvー''f">ミ ゝ ゙vっ /.,i゙|.| とヽ)ノ フフ`=ニェ-:rェ_
==-'''''""~ヾミ-,,_ゝ(_ ,/ ;i' :|.l ノ,,r", ,f"''二`ニ=-=-
=ニ" ̄ ̄~`ヽ、`''-ニ___,ノ  :l,三,ニ-''",,-'',,r'''''ー-ニ二

これらの任務を円滑に進めたのは、ヨーロッパ各地に散らばるNKVD工作員たちの努力。
さらに、駐スペイン・ソビエト政治代表部政治問題担当書記官補を隠れ蓑にしていた
NKVDの超一流工作担当官、アレクサンドル・オルロフの際立った能力の賜物であった。
彼の実際の地位は、NKVDスペイン支局長兼共和国政府附属国内安全・防諜担当主任顧問だった。

401 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:48:21 ID:2dmg15jI0
                _ -―- ._
               , </////////>、
          ////////////////,\
         ,イ///////////////////ヽ
         ///// `ヾ<//////////ハ`
          l'///   ./_|!∨///////,ハ
           l// __   / '_f斗 j///i-、//,lヽ、
          ノイハ,-r.; ‐ヽ ―'リ ノヾ/,l ;.}//ト、
           }八_ノ.i          ヾ!イ//,l
            ' jハ ヽ       /∨/小、
            l/ヘ ー _ ´    .イ  ソ
             丶    . _ -―┴- 、
              ゝイ/ -‐ ニニ二!  _  ,‐=-、
              i ヽ' i r' r‐ ̄ ̄,. -‐''-―/./   ヽ
              ト, l ! .l_,.! -‐ ´―== /./
             _ - _ゝ/ ̄      /./   ././      '
       , -‐_ -‐   l l         /./   /./         i
      f, r  ̄    ` .//         l .!  ././.!  ,.-―- 、l
       l l l       //    __.-‐==」  { .{ l ./イ´ ̄` 、l
.     l. l !.        //    └¬ l ̄   ヽヽ//         ,
.     l !.!      l l         l l      `i'    /     !
       | l.!,      l l        l l        ハ     '      ,


またNKVDは、オルロフたち熟練工作指導員ばかりでなく、若く経験の浅い情報工作員をも現地に派遣した。
このためスペインは、将来の情報工作活動にとって“幼稚園”の役目を果たした。
それ以降の情報活動のイニシアチブの元になったのは、すべてこのスペインでの出会いと教訓から生まれたものであった。

402 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:49:00 ID:2dmg15jI0


  廴゚ノ小:::::::::ミー- __弋.     /          /弋 `Yl
   彡'  ハ 弋 ゚ノ}ー=ニ´   / ⌒ヽ.    /   ヽ/j
      ,/∧ ', Y        /    ハ.   /    /          /ナj
     .ィ z >' |       /     ',  /    /      ___ ///
 ト、____  r /      / ====ミ、/    /        从ノ /7
 `ー─--ミ7´/      / <・):::::::::::::::ノ    /- 、    从_____ノ
 .弋ー----/ /      /    ..:_jト゚イ./    /   ヽ.  / ヾ彡′  /リ
   、二二´ /       / } イー- ィ ノ/    /ー=ミ ハ  /   /  /{ルr,
\      /      ∧   弋___ノ//    / L' ::: ,::ヽ〉/    /  /弋Y′
  ヽ、 ___ノ      ∧. \  == //    / ィ -' j´./    /ヽ /  /
   イ        ∧::\ >ー'./     ∧. 弋㍉/ /    /  // ./
、   .|ォ      イ  ヽ:ss::Xヽ イ    ./:::ヽミ辷´ /   /ーr弌. /ヽ
:::::`Y::::|ミヽ、       \/ |∨ミ弌   イ ヽ:::∧} .イ    /ミ7j/  /ーミ
.::::::::|::::| \\    |{    |  .  ヽ  {  .Y ヽ.|   イ ト</  ∧ーァj
:::::::∧::l   \\  |{  o   | ト、  小  ヽ。_}|   }     弋   Y


スペイン内戦によって、ドイツは貴重な実戦経験を得て、第二次世界大戦初期の戦闘を優位に進めた、とされる。
しかし、それはこの内戦の陰で蠢動していたソビエト側も同じであった。
もしかすると、ソビエトはドイツ以上に貴重な経験と物資を得ていたかもしれない。

403 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:50:26 ID:2dmg15jI0 [19/66]

            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ    共和国は敗れたが、我々の作戦は完璧に成功を収めた。
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.


    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ    きょ、共和国が、ファシストに負けただと!
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、    
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l


そして、スペイン共和国政府は敗北したが、スターリン派は共和国政府を完全にコントロールすることに成功していた。
内戦が終わったとき、トロツキーは完全に地歩を失った。

404 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:50:53 ID:2dmg15jI0



    |     ___´___     |   あなたが同志やる夫ですか?
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    おっおっ……そうだお、君は確か…。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

そんなことを知らないやる夫は、コノヴァーレツィ暗殺に成功した後スペインに潜伏していた。
彼はそこでポーランド系義勇兵として、スペイン内戦に参加。
そしてこの時、やる夫は滞在先のバルセロナで二人の重要な人物と出会うことになる。

405 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:53:25 ID:2dmg15jI0 [21/66]


        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \   ぼくはできる夫、できる夫・メルカデルと言います。
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /   お噂はかねがね。どうぞよろしく!
     ノ          \
ハイメ・できる夫(ラモン)・メルカデル・デル・リオ・エルナンデス(できる夫)


そのうちの一人が、ラモン・メルカデルことラモン・イワノヴィチ・ロペス(ソ連での呼び名)であった。
彼とやる夫が初めて会ったのはこの時であった。

406 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:53:49 ID:2dmg15jI0 [22/66]

              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \      僕は祖国と社会主義のために戦います!
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´              ヘ.
     {    ヽノ'                                i.
     i        、                     }
      {                              ノ
     ヘ.    ,. ‐   ― ―   、             ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.

フランコ軍後方のゲリラ活動から戻ってきたばかりの、この若きカタルーニャ人の陸軍中尉は魅力的な20歳の青年であった。
そして、彼の家族についてやる夫は様々な情報を耳にしていた。
彼の兄は、手榴弾を巻き付けて敗走中の共和国軍に迫るドイツ軍戦車に飛び込んで戦死。
彼の母カリダートこと、エウスタキア・マリーア・カリダド・デル・リオ・エルナンデスもまたゲリラ部隊では有名な女性闘士だった。

407 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:54:50 ID:2dmg15jI0


            _____
          , '         ' 、
        , '               ' .
        ,'                 i
       ,'                 |
.       |                 |
.       |         ___ ノ ゝ__,
.       |        ( {::::::} ) ({::})
       '.             ' . .j
.         '.       (      j )
         }  人     ー――´ー        やる夫か、久しぶりだな。
      __ノ    \        」
      }////` <  `: ..     .,'         モスクワからお前さんを送る手配をしろと言われた。
      /_/////////` <r'´ ̄ ̄
.     //////`/<///////ハ            短い間だが、よろしく頼むだろ。
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ

やらない夫(ナウム)・イサーコヴィッチ・エイチンゴン(やらない夫)



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ     同志やらない夫、お久しぶりですお。
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /     よろしくお願いしますだお。
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


そして、やる夫はバルセロナ滞在中にもう一人の人物と出会った。
彼の名は、やらない夫・イサーコヴィッチ・エイチンゴン。
もっとも、やらない夫・エイチンゴンとやる夫が顔を合わせたのは、これで二度目のことであった。

408 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:55:23 ID:2dmg15jI0


               /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
               /.: : : :           \
              /: : : : :           ',
               |: : : :               :|
              | : : : :.._           _   :|
              |:: : ´⌒\,, ;、、、/⌒`_  :|
             |::::;;; ( ● ) ノヽ ( ● ) ;;:::|
            |: : : ´"''",        "''"´ :l
             ',: : . . (    j    )  ./
             i: : : : .`ー-‐´`ー-‐′/ /
              ',: : : : : : ..     / /
             イ{ゝ: : : : : : :.     イ ::}、
              ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
         / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
         イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、


1899年、やらない夫・エイチンゴンは、白ロシア(現ベラルーシ)モギリョフ州シクロフ市に住む製紙工員のユダヤ人家庭に生まれた。
彼はルビヤンカや仲間内で、通常“レオニード・アレクサンドロヴィッチ”という名前で呼ばれていた。
ユダヤ系チェーカー要員は、1920年代、共に活動するロシア人情報提供者や要員に、ユダヤ系ということで
変に気を配られることのないように、ロシア系の名前を名乗っていた。

409 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:55:35 ID:2dmg15jI0


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱
.     | ::::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ   20代の若僧が大出世だろ、常識的に考えて!
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

やらない夫は、モギリョフ商業学校を卒業後、1917年に社会革命党に入党し、1918年に赤軍に入隊した。
翌年、やらない夫はゴメリでの反ソ蜂起鎮圧に参加し功績を残し、1920年には若干21歳でチェーカー要員に抜擢され
1921年にはゴメリ地区チェーカー支部の議長代理(副議長)に選出される。
ポーランド領土からゴメリに侵入した白衛軍の部隊と戦闘を行い、反ボリシェヴィキ運動組織や工作員の摘発、逮捕に尽力した。

410 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:56:16 ID:2dmg15jI0


                     ,r----个ー─-z_
               /-=ニヾ{ ( 〃ノ/イ-ニニ{
              ,イ-=ニz--ヾ`ヽ '´´``㍉-=ニヘ
                _ノ-=ヲ'      _,. ---- ヾヽハ
             7_,.-{   __    r;彳卞x、, 气 7      やらない夫ってのは、お前さんか。
                イ彡k,.ィ´ ̄`ヽ  '::::r--- 、 ミ={
             チ='i  / _zzx` ',    z===x  {ヾミ      お前のことは聞いているよ、若いが中々やり手だそうだな。
             ルjf  '´.:::::''  .:i   ''''':::   Vハ
             キi'´!       ,:::| ::.        !.|リ      そんなお前さんに仕事をやろう。
              |i=.     :__:i ,.:',     7ノj'
              ∧ハ r ニニニz `´弋ニニ.勹 iy/,       期待しているぞ?
                ヽ.i { { (--─  ニニ7 i.{ jイiリ
             ,.----ハヘY:i  ̄ ̄___ ̄   i.j rY:::::ー-z、
         r--::/::::::::::::::ハ i ト、_,.ノ i {ヽ、,..ノ Y,{::::::/XXハ_
        ,イXX>--z_:::::::ル i 〃{i ',i ヾ i ,'リ:/Xイ::::::::::::\
        {::::::::::::>--z_XX>xj {i ハ  Y j. <X,.イ:::::::::::::::::::::::::`ー
     ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x_X>ル'V/レ'X<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         フェリックス・ジェルジンスキー(アシェラッド)



     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }    じぇ、ジェルジンスキー議長!
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /    こ、こ、光栄であります!
    __ヽ `ー'´ ノ__


そして、彼の活躍はモスクワにまで届いていた。
やらない夫はチェーカー創設者ジェルジンスキーに目をかけられ、バシキール地区のチェーカー議長に任命される。
バシキール地方は、過去幾度も多数の暴動が起こった地域で、内戦時にはバシキール人民族主義者らによる
独立運動が行われていた。やらない夫は規律強化のために派遣されたのだ。

411 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:57:33 ID:2dmg15jI0 [27/66]


           / ̄ ̄\
        /# ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |
        (`⌒ ´  #  |   くそ、タタールどもめ!
   .     {           |
        {        ノ
         ヽ     ノ
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)---|    |
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙


バシキールにて、やらない夫は地元ムスリム蜂起軍との戦闘中サーベルで足を切りつけられた。
後々、やらない夫はこの傷についての愚痴を、やる夫に散々喋っていたらしい。
同地で一定の成果を上げたやらない夫は、1921年にモスクワに召還され、OGPU東方課に転属になった。
同時に、フルンゼ記念陸軍大学(※1)で軍事教練を受けることになり、将来を担うソビエト軍司令官候補生とともに戦略と戦術を学んだ。



※1
フルンゼ名称軍事アカデミー。
旧ソ連軍内部において、士官学校を卒業した将校からさらに上級将校を育成するための、軍事教育機関。
ソビエト軍事アカデミー部門の東大。
このさらに上級部門として、ヴォロシーロフ記念参謀本部軍大学がある。

412 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:58:07 ID:2dmg15jI0



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                               oPP 8 8 8  8 8 oP oP  o              ┃
┃                             pPooP_,ヾ- ,_- -r -ァ- ,_p' o9^Po            ..┃
┃                            oP ooP/_ヽ,  jl = " /  / '(Po Po` Po,_        ┃
┃                          oP ooP P/ (( ヾ y   ト_ナ ヾ   ィkOo Po_Pooヽ       .┃
┃      /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.      oP oP  oP l ヾ  il   ! ! ,'  jノ kOoo Po oo_       .┃
┃    /             \  8  o8 ooPoPjl/へ _ ` ,  i y ヽ, へ, kPo Occ PP Po    ..┃
┃..   /                  '.,  o8 opP pPj レ-へ\___`i ll/__/≦_^`,kPoo_Po Poo      .┃
┃..   |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|..o' o8PpP pPjl` ,弋_以えァナ=キk_t之ア'  ;lPoP8o 8  Po    ..┃
┃..   |                    .|.  o9 o9 rォkjlヽ, ;,     イ'1  i`ヽ  _, _ ,;' ljj liヽPo 8       .┃
┃..   | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |.. .8 8 oP8l lkjl `y -   ::i  ::   ' _ ,,, ;;;l8l_li\Po 8     ...┃
┃..   |  .´"''",.     "''"´   |...8  8  8ol lJト ,_ _`_^  !r __ n,      , _lPl jiOo 8  8o     .┃
┃..   |..   (    j    )   .l....8 8  8 9レ8jl   ヽ     ::::    ~ " :::i|lPレ/Po 8   8   ..┃
┃..    |     `ー-‐´`ー-‐′   /  8  8 9pP 8ト ,    _,, ィニニニx ,,_  :::/ lPo 8o  8    8 . .┃
┃. . ..丶     ` ⌒ ´   、/ /. . 8 o8 9  8 ハ 丶  ̄   __    ̄ :::/ l8o  8   8     ..┃
┃     ヽ            / /.  8 8    8pPjl `,  ` -_ '"" ⌒,`-__- '  /ll 8  8   8    ┃
┃      ヽ           /..   8   8 o jl ハ j/     y i     / llPo8  8    8   ┃
┃        ゝ    _   /イ\. 8    8   jl   \    ,'i Y    /  l人Po   8   8  ┃
┃..    /                \ o9   o9jl   l\,__y/_,i,, ,!, ,,ィ/  / 入8_,,,,__ --     ..┃
┃   /                      \   8  jl ::jl `i '⌒ - ,,_::::/  ___,,/,   / 7     ┃
┃                       8.  \___ r-/ ::jl  ::i  ___,,,,, --- ̄___  ̄/ / /      .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                        ヴァシリー・イヴァノヴィッチ・チュイコフ(蒼天航路・呂布)


後にやる夫は、独ソ戦中スターリングラードを死守したヴァシリー・チュイコフ中将(独ソ戦後、ソ連邦元帥)と
やらない夫が一緒に撮った写真を見せてらったと記憶している。
彼らは学部こそ違えど、フルンゼ名称軍事アカデミーの同期生であった。※2

※2
やらない夫は情報学部、チュイコフは東洋学部であったが、やらない夫はOGPU東方課であったことから親交があったらしい。

413 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:58:55 ID:2dmg15jI0

                        /V            ∠
                        r、}`                   `´{_,.ィ
                        j                    /
                      トj   彡'´  `ヾ   /  ¬=ミ  '´l
                      ∨   チ      ∨,〃      `ヾ   l
                     l  ./                 ミ  },ィ       やらない夫、お前さんには中国にいってもらうぞ。
                        ト、 .{           ,.:::::::::...  lⅥ  へ
                     ', ハ ,::  `゙丶;..   ,:::: '´'´'´  {_,.  イ二 \     あそこは帝国主義者どもの巣窟。
                         ヘ ,≫¬==ミ、   , -=ニ≦¬≪ /二二二ヽ
                           ├「 t-tッ-z:::ヘ   {::/t-tッ-y  }┐二二二:∧   日本人も中国人もどちらも信用のおけん奴らだ。
                      r≦ニl{i    ̄ =' .::::}  ヾ::::ー ̄   }:i|二二二7  ヽ
                   /二ニ∧r',      ::::|        .:/ j二二ニ/   }  期待してるぞ?
                   ノ }二ニ=∧ハ::、    i::::l  .ト:..,._::::::::::::/ /二二/   ,.-、l_ -----  ミ
                    /  L二二ニヽ', :  __,. ー 、r ^'二_ハ::::'´レ二二;/    /,=7        _,. --`¬=
                /     ヾ、二二:|', / r __,. -─=´} } ./|二ニニ/   ./ l l     /     /
              r=ミ_     \二ニ, } !  _;:.rt‐:..   ! ,' ,'::从二, '  ., 'ニl l    /     /
          _  < ヘ V > ,_    ヽ二}ヾ {  / ',   ,' j/.!イ二/  , 'ニニl l         /
        <       ', Ⅶ二二> _  \j  \,ノ  ヾ _ノ r |ニ/  /二二ニl l.         /
.      /           , l二二二二ニ> _リi l 、 ,  ,  j Ⅵ '´ ,. イ二二二ニl l.      /
      /           l |二二二二二二二Ⅵ i !ヽ j∨}'ハ /  <二二二ニニニl l       /


      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i   長官のご期待に沿えるよう、全力を尽くします。
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ   (子細は伏せていたと言えど、まさか全員断るとは思わなかっただろ…)
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


1925年、やらない夫はフルンゼ陸軍大学の課程を修了後、フェリックス・ジェルジンスキー長官の推薦でOGPUの対外情報部に配属。
しかし、ヨーロッパの遠縁の親類たちに、推薦状や紹介状、旅行資金、さらに西欧で工作活動するためのアジトの提供
を願い出ていたが、すべて断られてしまい、やらない夫は中国に派遣されることになった。

414 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 21:59:35 ID:2dmg15jI0


   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |   上海ガニって意外にうまいだろ。
.  |         }
.  ヽ        }    すいません、これおかわり。
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー  同志ゾルゲ、中華料理って意外に美味いんだな。
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i


                       . .-=ニ二 ̄ ̄二≧x,ノイ
                 ,rく::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yノ
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノリ
               イ::::::ソ::rー─==ミ::::::::ノノ:::::彡′
                 イ:::::::::::{        `ヾヘ i:リ
              {:::::::::::::} ィ≠==ュ    j==リ
                  Ⅵ:::::::j ぐで)⌒)   で) )ノ
                 リ`ヾj ヽ         i   i
                 ヘ {            ヽ  l     この店は我々の口にも会う料理を出してくれる店ですよ。
                  ヽ=ヘ、        "  ′
                  Ⅵ::! 、    ´  ̄  /     このツバメの巣というやつもいけますよ、同志。
                 //j  > ...__ イヘ
            ___ .....イ:::::′\     / Ⅵヽ、、
          /´:::7:::::::::::::/:::::::::|、  ヽ、 /   /\::::::i::.:..、_
       ,::::::::::j::::::::::::/:::::::::: |:ヘ  /へ、   ハ:::::::::::::';::::::::::::7:::ヽ
             リヒャルト・ゾルゲ(山岡士郎)


やらない夫は、1926年から在上海ソ連副領事職をカバーとしてOGPU海外駐留官として勤務に就いた。
上海ではGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)ネットワークと行動を共にし、その一員には、かの有名なリヒャルト・ゾルゲもいた。
上海勤務ではあったが、やらない夫は北京支局の指揮も任され、1927年からはハルビン支局も指揮した。
そしてソ連と中国が国交断絶する27年4月10日まで、やらない夫はエネルギッシュに活動した。

415 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:00:03 ID:2dmg15jI0


    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\        おい、てめぇら。今すぐソ連人の顧問団を解放しろ。
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ さもないと国境で不幸なことが起こるぞ? 常識的に考えてな。
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ /  ─   ─\
    (川/ u (●)  (●) \    ……よ、要求をのむアル…。
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/    (大鼻子野郎(ロシア人の蔑称)め!今に見てるアルよ!)
     /           \
   /          ヽ  ヽ
   (   丶- 、      __ノ  )
    `ー、_ノ     (_,,-─´


1927年、中国におけるコミンテルンおよびソ連代表のミハエル・ボロディンが、蒋介石の北伐軍を扇動して起こした南京事件を引金に
列強各国は、国民党に対してソ連に厳重かつ然るべき措置を取るよう勧告した。
やらない夫は、張作霖による北京のソ連大使館官舎襲撃時に捕虜となった大使館員の解放や、蒋介石率いる国民党軍による
在上海ソ連領事館奪取の阻止に尽力し、中国との国交が閉ざされると、彼はモスクワに呼び戻されトルコに短期間派遣された。

416 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:01:11 ID:2dmg15jI0 [32/66]



      __    ____}__ \
      \`X´___    ` 、}
      /\ \ ̄¨\     \}`ヽ
      ./ .____\__>   \    |\ }
     / / ̄¨「 ̄ヽ.     \  |  ヽ
     |. /   |   |!     `Y´`Y´|
     レ'    .|___j|      |  l |
     |   /| ̄ ̄`ーf¨¨ヽ/\人ハ
     |  / 弌   / ̄`ー'`ー┼〈丿
     レ'     `X´    ||  | |
    /    /|  ヽ    」L__ | /   /\         君が同志やらない夫か。
   ./    /  |.   |  /.   `v´|-─く__}___
   く___/  廴_ \_{`ー一个ナ…‐‐-、__`_、     若いのにずいぶんとやり手だそうだな、よろしく頼むぞ。
  .x‐く.  \     `ー-、     .| {` 、   \     \
/    \  \.       `ー-、__レ'\、\.   \    >、  (ジェルジンスキー閣下に気に入られていたらしいな、生意気な若造め…)
\.     >、   \      /  }   \、| ̄`ヽ. \/ .|
  ヽ.   〃 \   \___/  ∧     || |    \ |   |
   |   ||    >、        /  \、  .|| |       ヽ|   |
   |   ||   〃 `ir─-、_r'´\  ||.  || |      !   /
   |   ||   ||   ll   ノ l.  l|.  ||.  || |       |. /



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    よろしくお願いします。同志セレブリャンスキー。
    |         }
    ヽ       /     (……あんまり歓迎されてないな…。)
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |

やらない夫は1930年~1932年の間、OGPU総局長附属特殊任務局副長として、ヤコフ・セレブリャンスキーを補佐した。
この部署はジェルジンスキーの後継の二代目OGPU長官ヴャチェスラフ・メンジンスキーによって設立された部局で
西欧と日本における戦時破壊工作活動を、OGPUと並行的に準備していた。

417 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:02:11 ID:2dmg15jI0


   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |
. (ノ、__)      |   (だが、これはチャンスだろ。ヨーロッパも重要だが、今はアメリカに目を向けるべきだ)
 .|⌒´       |
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |


やらない夫は、この権限を使ってポーランド系ユダヤ人を数名アメリカに移住させ、有益な縁故を用意してやった。
さらに自身も偽造パスポートを使い、アメリカに数回入国し、スパイネットワークを構築した。
この時に徴募した若者の中に、のちにゾルゲ事件でゾルゲをサポートした日本人「宮城与徳」がいた、とやる夫は記している。

418 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:02:49 ID:2dmg15jI0


.::.::.:.:.:.:.: .:.:. .:. .. .      ,.ィ┬ 、         . . . .: .:.:. .:.:.:.::.::.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::
             _,r{ ll~「r'⊆ヽ、
.:. .:. .. .    ,. -<フ´ {‘  {`弋ニ {
      ,      `、Λ}、_ ノ:::::::フ ノ
     /       } 、}  {:::イi {
      ,'  ヘ     `''V.,'   i´_T  l    また給料をカットするだって…。どうやって暮らしていけばいいんだ?
     ,'    ヽ    ソ    ; /l  V
     }  `   ’、   /   ,/::|   ',
    i   ゞ、 ∧ '´    / へy   ',     . . .. .: .:.:. .:.:.:.:.:.::.::.::.::::::::.::.::.:.: .:.:.:. .:.:. .:. .. .
    }   /  ̄`;   ノ´⌒`、   ハ、_         . . .. .: .:.:. .:.:.:.:.:.::.:::::::.::.:.:.: .:.:. .:. .. .
    }  / : : : : : :` - '´V: : : : : : :-'´ : : : :ヽ               . . .. .: .:.:. .:.:.:.:.:.::.::.::.
    // : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_:_:_: ノ/: : : : : : >-、_
   {/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : /: : : : : : ヽ

やらない夫とセレブリャンスキーは、アメリカで実に狡猾に立ち回った。
アメリカで徴募した中国人や日本人は、(特に中国人は)アメリカでだれよりも弾圧され、徹底的に搾取され、新たに住む国
に忠誠を持たない貧しい共同体であったため、アメリカで破壊活動を行う工作員を見つけることに苦労はしなかった。

419 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:04:12 ID:2dmg15jI0

                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |
                             |
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、            |    (アメリカのユダヤ人ネットワークは、必ず今後重要な役割を果たす。)
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、           .|
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         |     (どんな手段を使っても彼らを取り込むべきだろ…。)
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.      |
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_   `'ー- .|
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ
.::::::: ;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::


やらない夫の最大の功績は、アメリカのロシア系ユダヤ人ネットワークに非合法なスパイ網を作り上げたことである。
彼らは革命後オデッサやペトログラード(現サンクトペテルブルク)など、様々な地域から移住した人々であった。
これらの人々に友人・知人を通じて近づいたり、革命前に移住したやらない夫の親族を通じて紹介してもらった。
やらない夫は彼らに支援を惜しまなかった。

420 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:05:19 ID:2dmg15jI0 [36/66]



                     「ヽ /⌒ヽ <
                     | / ヽ)//  ノ        ,,
                     l/   l/ <     か   集  
     }ヽ _ ノ\__人_/{    〇   〇   ヽ    け   合  
 ヽー '          ` ー /        _ ノ    ん      .
 ノ               (    x≦三三\   ゾ     
⌒ヽ  喜   や  喧    `て/三三三三三)  ォ     
  ノ   ぶ  ら  嘩       /三三三三三三三.l !       !
<   ぜ   な  か      .{三三三ハ三三三三|__
  ヽ  ! ?   い  ぁ    /{三三ニノ /ハト辷三三三} ―- 、
  ノ     夫  ?     {. `⌒'ー{〃:::/ .}ヽ.)三三三ニ=ァ^ハ/⌒Y⌒ヽ
<       さ        >    〈::::/     :.  ̄    / /    ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ     ん         (       厂 ....   ::::.     /
   }/⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒ヽ      ̄`⌒)   :::ハ /
             ∠三≧x           ヽ ノ /
           /rミ竺彡ヘ}               /  ̄}ヽ
            !二外道二l             /     | 〉           ィ
.          {ハ.=・:::=・ /}        /    _ L/         ´  ハ
           V´ ̄ ̄`}/ヽ      〈⌒'ト、<       Y´    /
            \__/|ハ<         人/  ヽ     L.    ´    ,
           ∧'  / '  `  、   //    ∧      ∧        }
         / /} /  l   /\/   ̄ ヽ  ∧     ∧       ノ
         />/ ./ r‐┘  { /       ハ   ∧     ∧_    <
      やらない夫の援助を受けたユダヤ人達


おりしも当時は世界恐慌まっただ中で、さらに成功している移民も少なかった。
そのため、やらない夫の援助や縁故はありがたがられ、何十人もの人々が彼に尽くすことに同意した。
これにより長期的なスリーパー(長期潜入工作員)ネットワークが構築され、このシステムが在米の外交及び貿易代表部を基盤とした
情報活動組織と並行して存在したため、その先何年にもわたりアメリカ政府や科学技術団体に浸透することを可能にしたのだ。

421 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:06:51 ID:2dmg15jI0


        ,,.-'''"  ̄ ̄ `゙''- .,,
       /    ___    \
       / ,へ--‐'"     ヽ、   ヽ
      / /           ヽ,   ゙i,
      | ,'             i    |
      レ' __   | ,.- ___,,.     |   |
     | -,,=、、_i |-''",.-、,‐,=、` ,ノ   |   私がアルトゥーゾフだ、同志やらない夫。
      ゙i 、゙'' ノi i ヽ ゙ヽ'''"′   |   i
      | ゙" ! | !  !   ̄   /l',.、 ,'   中国や特殊任務局での活躍は聞いているよ。
      iヽ、  !       /   ) | !
      ゙i | `ー=‐'"   /   |レ' ノ    君の活躍に期待しているよ。
      | !. i ,.--- 、_|  !   |-'"i
      i,  i゙'─'"´     /   !
       ゙、 `-‐''´      /   |
         ゙、 i          /   |、
         ゙ 、__,,.ノ  /  _,,.-'"゙i
          「iヽ、__  r‐'''"  _,.-, |
         |\ーi‐'''"__| r'''"  i |



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ    ありがとうございます、同志アルトゥーゾフ。
          ,|         }
       / ヽ       }     若輩ではありますが、精一杯務めさせていただきます。
     く  く ヽ     ノ 
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


しかし、セレブリャンスキーとの関係がしっくりいかず、1932年、やらない夫はOGPU総局長附属特殊任務局から異動した。
新たな移動先は、OGPU対外情報部の非合法工作活動を調整するセクションである。
同時に、海外における非合法活動用の偽造パスポート政策の指揮を執ることにもなった。
当時のOGPU対外情報部の長は、アルトゥール・アルトゥーゾフであり、後にアブラム・スルツキーへと変わった。

422 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:08:09 ID:2dmg15jI0



          / ̄ ̄ ̄\
       /         \
       |         \
       | __ノ          \
       \ (/)        ヽ       君がやる夫君か、よろしく頼むだろ。
         ( 、__)         ∧
         `´\_        ヽ
               ̄─i ,,   ̄ヽ
                 ヽ \   \
                  ヽ  \  ヽ
                   ヽ  \  ヽ


            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }    あ、頭を上げてください、同志やらない夫!
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /     あなたのような人が頭を下げるような人間じゃ
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ     やる夫はないですお!
         /  .ノ     |´
          /          |

やる夫とやらない夫が初めてであったのは、1933年のこと。
当時やる夫が上級監督官として、昇進や欠員補充業務の監督の仕事について間もない頃であった。

423 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:11:46 ID:2dmg15jI0 [39/66]

               ____
             /     u.\
           /ー‐-:::::::::::-‐' \    うわー、びっくりした。。
          /   t  j:::::::ィ  ッ   \
            |. u   `¨、__,、__,¨´    |   あんな偉い人が頭下げるなんてびっくりだお。
           \      `こ´     /
          /         u .\

当時はやらない夫のほうがはるかに上級ポストだったので、親しい仲ではなかった。
やる夫にしてみれば、やらない夫のほうが優れたキャリアと卓越した工作活動手腕を持つ重要なスタッフであった上に
非合法工作でもっと難しい部局の責任者であった。
なぜなら、当時は非合法工作活動が最も重要な項目であったためだ。

424 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:12:24 ID:2dmg15jI0
                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f

その理由は、当時のソビエト連邦には対外情報活動をするための、公式の外交関係に基づいた海外駐在部がほとんどなかったためである。
OGPUは、逮捕されてもソビエト大使館に責任が飛び火しないような工作員組織網を作ることに躍起になっていた。

425 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:13:14 ID:2dmg15jI0


        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |  .―― 、  、――    |
     |                    .|     プーシキンも言ってるだろ。
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
     |  .´"''",.     "''"´   |     失敗には達人というものはない。人は誰でも失敗の前には凡人である。
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /
      .丶     ` ⌒ ´   、/ /
      ヽ            / /
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \
     /                      \
                            \

やらない夫の端正な顔立ちと灰緑色の瞳には、知性がにじみ出ていた。
鋭い眼光とふさふさの黒い髪に、交通事故で負った顎の傷が、勇猛果敢な男という印象を醸し出していた。
世の中の善幸と愚考をわかりやすく説明するのに、プーシキンを引用し、人々を魅了した。
そして、やる夫と同じく強い酒が苦手であった。

426 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:13:56 ID:2dmg15jI0


               , .:.:.:.:;:;-─‐‐--、、
           /.:.:.:;;:;:;:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;ヽ
          /.:.:;:;:;:;;;;;;;;;r'"´ ̄`ミ;;;彡-ミヽ
         ./.;;〃.;:;:;;;;ィ´ 彡'"二y'彡⌒ヽヽ
        /,;;〃;:;;;;,ィ´ 彡'"  ̄``''´`゙゙ヽ1 !
         /,;;〃;:;;ィイ 彡'′        !1 !
      /,;;;〃;:;;:;;;;;/              '; ',
       i;;;;〃/⌒V  ´゙゙゙二`ヽ、   _,,、、jミミ;
        V;;;ハ い;'  "゙‐trぇr、.;;` ,斤ッ‐;イシ′
      /;:;;〃、_, ',.  ``  ~"´ ト ̄  /
       !.:〃:;:;;;;ij. ;      ;.._  l  ,'゙
      V.:;:;;;;;ハ',         `"  /
      /.;;;;;;/  ヽ、    -‐''ニニ'' /
       !.:;:;;/、    \        /       同志やらない夫。
      `y二ヽヽ、.   \ _ _,:'′
      _/  ゙,1  r二ニヽY ̄〕         我々がスペインでやるべき任務は山のようにある。
   ,.ィ<``丶、 レノ '  ̄`)i 1レハ
,.ィ< ``ヽ\   \ _ノノ 1Lノト、,,,_ ___   君にもしっかり働いてもらうぞ。
 ``ヽ\  \\  \< ノノハVノ 1  ``ヽ\`



         _ -‐=ニ ¨  ̄´ ̄ ヽ > 、
       --f_////////.′    i////ヘ
    /i'//////i////i/i     !/////i
    '////,、V//∧V//∧ rt:Jレ:テ'/!///リ
   |///,イーヽV//ノj∧V,(__人_ナ/゙v//ヘ
   |//,リN'////ヽ、≧=、i|::ソ,厶イ !v///|        了解いたしました、同志オルロフ!
   |//i、_\'///≧=ニ、≦三三{/ /ヽー'/,i
   i|⌒ i У⌒.'/≧<r,i<∧V,.、ノ////./
   il | il! '///////// ///V{ il! .il--イ
   il! il! i///////>、'////|.i゙ .:il!!
       `<V//////>、//il' ili lil
      γ⌒冫f<///77,i′il!
       V.//1ゞ//////リ
       Vi////≧=--≦|
        i!.N≧ Y///// !
         ヽ、__|イ//////
            /γ'/////
         i i:| V> ゙
         ヽ ーヘ
          }:   ヘ
          、   :i
          ヽ、_.ノ


そんなやらない夫は、スペイン内戦勃発後、マドリードにレオニード・コトフの偽名を使い派遣される。
同地のNKVD支局長になっていたアレクサンドル・オルロフの下で、副主任としてありとあらゆる作戦に従事した。
共和国防諜機関SIMの訓練、フランコ軍のエージェントの工作活動、パルチザン・グループへのゲリラ戦の指導。
ありとあらゆる諜報・防諜活動に従事した。

427 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:15:32 ID:2dmg15jI0



    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
.  | ( ●)(● ) |
.  |  (__人__)  │      車の手配は終わったんだが、列車の手配がまだ終わらなくてな。
   |   `⌒ ´   |
.   |           |       しばらくはかかるだろうから、もう少し待っていてほしいだろ。
.   ヽ       /
    ヽ      /
     〉-r:::┬〈、
   /Λ 〉.:〈 7//\
. /////V::::::V/////\
///////∧::://///////}
.////////∨/////////{



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     いえいえ、お構いなく。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//) ところで奥さんはお元気ですかお?
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

428 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:15:52 ID:2dmg15jI0


          /         `ヽ
         /            ∨
.      ,'                   ∨
.       l                    ∨
.       l       ,.-'" ̄     ∨
       ', / ̄`      ,,.==    ∨      おう、実はな、今モスクワで知り合った娘と今暮らしててな。
        ヽ  ,..-‐    "         l
..         ヽ  9            l、      あいつはきてないんだよ。
            l  ̄´  、 ヽ        i \
         ',  ゝ.__ノ--.イ     /   .\
     /⌒l  \   ヽ:::::::::|     /     \
      l  |..   \  \__|   /    ___.\
      |  |     \    /   ./      ̄"''-、
      |  ヽ        ヽ―‐' \  ./          ヽ
   /  ̄ ヽ、ヽ            .ヽ/            ',
 /    ,.--< .l            ,'                l
(   /   ) |              l                l
. |      /`ヽ          |              |



     ____
   /      \
  /  ─    ─\   え? じゃ、じゃあ奥様とは別れたんですかお?
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|

429 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:16:14 ID:2dmg15jI0


       / ̄ ̄\
     /   _,ノ `⌒
     |    ( ●) (●)
     .|     (___人__)   何言ってるんだよ、どっちも愛してるから別れるわけないだろ。
     |        ノ
     .|        |    常識的に考えろよ、な?
     人      丿
   /⌒  \ __ _ /
   /       \
  ./  人    ./ ヽ
 〈  <      / \ \



     //            //  そんなっ…!
.    / / __,‐⌒ヽ、       //  バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /   常識外なっ…!  ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /   どうして…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l   どうして……  こんな…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……!  常識的に……!
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして…
    (           } ノ ノ  どうして…  こんな…
     ヽ         //  こんな…
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !

やらない夫は金に関して驚くほど執着心がなく、蓄えはすべて愛する“妻たち”とその子供たちに送っていた。

430 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:17:17 ID:2dmg15jI0 [46/66]


:::::::::::::::::::::::::::::::; ' ,l':::::::/   l::::;l'    'i;::l ヽ:::l \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::;,i´ i::::::/    l::,i       i;:l  ヽ::! `、:::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::;::::/..、_l:::;;´    .l::;i      i;:l  ヾ   `、:i_ヽ::::i、::::::::::::::::::
/l::::::;i::::::/!/ ...___|:;i´ニ`_ー-、|;!       il _,,,:-'iニ 二 、!__ヽiヽ:::::::::::λl
..l:::::il:::::/i,i´ `-.j,i己≡)ヽヽ. l'`       1 .〃P≡フ }.Y ヽiヽ:::::::::|!|l
. l:::l !::::イ !'    !'   ̄   !         i     ̄  ヾ  ヽλ;::::|i'
 l ト.l ! i|                               ∨)ヾl.!
 ヾ !|`-,|                                 |'" λ
   ` 、l,                              l'_ イ _
,. -ミ'~:/`ヘ              i               ,l7: : |: :ヽ
;;;:: -//: : :ヽ               |               /; : : : !、F=
.ノ.ニ!:: :: : : :ヽ             !、 ,..            /;: : : :: ::!Y:::,,
;-ー! !: : : : : :::ヽ                          /; : : : : : :! l _
=-::!.!: : : : : : :;:;:;ヽ         --- - ー ー ー ~~     〃;: : : : : : : :! E::,,
/;;!.!: : : : : :;:;:;:;:;:;::;ゝ、                    //;; : : : : : : : : ! ト:、
:;:;;;:! !: : : : ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヾヽ、               ,//:;: : : : : : : : : : :! !:;:;
:;:;:;:;! !: : : :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヽ.`ヽ.、       . -'", '~:::;:;:;:: : : : : : : : : : ! !;:;:
:;:;:;:;'! !: : :: /ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;ヾ :::`::`::ーーー::'".r=ニ::、:;:;:;:;:;:;:;: : : : : : : : :! !:;:;
:;:;:;:;:'!;i : ::::ヽ .ゝA.;:;:;:;:;:;:;:;i- = ヾヽ、:::::::::::∠!;;;;;;;;;;;;l::;:;:;:;:;:;:;:; : : : : : : : ! !;:;:;
   ウラジミール・エイチンゴン(ロイ・マスタング)

やらない夫の最初の妻1924年に長男ウラジミールを生んだ後亡くなった。
ウラジミールはNKGB(※3)に入り、保安将校として1952年まで活動したが、ユダヤ系という理由で解任されている。
彼はNKGBを解雇後は、ヴォロネジのレーニン記念エンジニアリング工場に努めた。
その後、1964年からヴォロネジ大学で教鞭をとり、のちに正教授兼経済学部長となった。


なお、ウラジミール・ナウムモヴィッチ・エイチンゴン教授は2014年4月14日に永眠された。享年89歳。

※3
国家保安人民委員部。NKVD内の防諜、国境警備、スパイ活動、政治警察を担当していた「国家保安総局」が独立してできた部門。
1941年2月に設立したが、独ソ戦直後にNKVDに再編入され、43年に再度独立する。

431 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:18:03 ID:2dmg15jI0


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |
  オルガ・ナウーモヴァ(水銀燈)


       `≪///////////////////////////////////// |x
       x≦////////,'` <'///////////////>´V////  j/X、,ィ
.      ////ィ//////,','    ` <///> '´    V//  ム`/ノ
     ///////////,'       / ( ヽ        У   /シ / ,.ィ
      /'´ //γ⌒X/ノ      \ヽ | | //   _/   / /,.ィ'/
      ///イ x=、从x、_ヽ、.    〈`  ´〉    /    /_/''´ /
      /'´ ヘ { x=ヾ ヾミ≧x_   \,.イ`三≦二ニィ´ ̄ _,.x<  _
         ヘ ヾ.   ヾ. \ ゝ='ミxゝ / /' ,.ィソ _.シ’ / ̄ ̄ ̄__ ,.イ
          人 `ー、i.     ̄ ̄ミ` 《__゙ー=''¨ _.xケ元フ ̄
           /`x _ ヽ、     ,    乂| ̄ ̄  /// レ、
           /////ト=∧  __,xィ'ト、:__.ィミx、   / | | |マx
          ' ////イ  ∧ x彡彡彡ミミミミミx ,イ. | | ! ヾ
          /'´//ヾ=x、__X'´ '´      ```X| /| | j=x ___
    -―ァ='''フ ̄/|     ∧.     ''''''''''   ,.イ | / .| |/ |ミx   ̄¨''
.      /   /  / .|      ∧       ,イ  |/ .|ノ  .| マ∧


やらない夫はハルピンで出会った、海外駐留部のオルガ・ナウーモヴァと恋に落ち、のちに結婚した。
しかし、彼女はこの当時やらない夫の部下であり、やる夫の友人であったヴァシリー・ザルービンの妻だったのだ。
結果的に、ザルービンは彼女と別れ2年後、エリザヴェータ・ザルービナと再婚する。

432 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:18:32 ID:2dmg15jI0 [48/66]
                 ,  --=ニニ、ヽ、
.               ∠ -―‐--- 、 \\
               / / /  ,   `ヽ ヽ\
              // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
              // // / // / //||l l!  \
             {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
             l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
             N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
               jヘ、  _   " 彡'// |l  |
               / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
              厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
             / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
            / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
          /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
             | /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ
         |  | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \      `、
          |  //    /_〉!L.l   |_」}rr==n=<      |
           |  ハ ヽ、_/|_|X圧|   __|ニV{廴/|トV/       |
           レ1|     |ニニニレ彡-‐frー /  || |「      |
          /  、     |ニ「に厂   }} ,′ || l」         |
           /   ヽ  ト 」 ∨    }} く   《 ヽ       |
.          ∧     }  |        〃 ヽヽ、     \      |
      アレクサンドラ・コチェルーギナ(翠星石)


そして、やらない夫は二番目の妻と離婚することなく、ビザを担当する第三局の要員を自分の妻として一緒にスペインへ連れて行った。
アレクサンドラ・コチェルーギナは生粋のロシア人で、ブルネットの髪を持つ魅力的な女性であった。

433 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:19:26 ID:2dmg15jI0


                       ´ ̄`ヽ
                         }
             ---ミ ---- ミ   /
         ,,''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::\
    /ィ:::::::::::::: 「.!:::::::::::::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::\
      ./::/::::::::::Ll:::::::::i::::::_/ !:::::::::::/:::::::;::::::i|:::「 ̄
     /ィ:::::::::::::::::: l:::::::::l_/ 丁ー':/::::::::ハ:::::リ: l
      |::::::::::::::::::: l::::::: l「んハx、|::∧::::i/__}::/]:::l
      |:::::/ ::::::::::::',::::l、! ゞ-'  .|/  斗z `:::::: l
      |:::/::::::::::::::::{',::|、___ノヽん厂 /イ::::::l
      |/|:::∧:i::::::::',:',|       〉、__ノ:::::: l
        .|/}∧|::∧::',   -- 、    /::::::::∧|
      /二二ニ=-'、',        . ':::::::::/
     /二二二二二二ニ心.... イ}:∧:::::::/
    /二二二二二二二二二ヘ∨}/  V}/
マリア・カリダド・メルカデル・デル・リオ(ねらう代)


さらに、スペイン共産党員であるマリア・カリダド・メルカデル・デル・リオをエージェント兼愛人として徴募。
その際に、彼女の息子できる夫・メルカデルもエージェントとして徴募する。

434 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:20:03 ID:2dmg15jI0 [50/66]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{         ヽ \                                l     /   :::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨        \ \                             !    _ノ   ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_      /`ー- \                             }´ ̄    / :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( `ゝ    {     `ヽ                         /     / :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  \    弋_                             _ノー-=-=´   ::::::::::::::::::::::::::::私の大事なサーシャを
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    `ヽ、     ̄ ̄`¨ ー- 、  ` ー-- 〟___ 二==-‐=´         /::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       `>         /`ー- 、 _       /´                /  ::::::::::::::::::::::: あの男が連れてッたですって?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    , -‐ ´           /::::::::::::::γ´`ー 、_   /   /       _二-‐´   ::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::ー=≡二_ ̄  ___ 二==-‐'¨´    :::::::::  (・)  〉ーイ   人__三二_´ ヽ、      ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ̄ /::/∧           :::::: .  _ .ノ:::/ /    `ヽ、 `ヽ、ヽ     ::::::::::::::::::::::::

そしてこの行為が、やる夫の妻、エマの逆鱗に触れた。
アレクサンドラ・コチェルーギナは、エマの親友だったのだ。
エマは仕事面ではやらない夫に敬意を払っていたが、家庭生活のことになると常に批判的だった。

435 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:20:25 ID:2dmg15jI0 [51/66]


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ   あ、やる夫、これエマさんに渡しておいてくれ。
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


それから後、やらない夫がやる夫のアパートを訪ねてくる仲になると
やらない夫は決まってエマのご機嫌をとるために、大きな花束を持ってきた。

436 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:21:34 ID:2dmg15jI0

            _
        > ´    ̄     <
.         /             \
      /         ___ 二ニ -ヽ
      {______   , ィ ´::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ヾ::::} , ィ ´ ___  ̄`> 、:::::::::::::::::::}
      ゝ ´  ̄     ̄/´ `゙.、`::::::::::::/
      /______ ./ ≡ミ`>\::::::/        同志やらない夫、仰ること一々私もそう思います。
      "/ .r.ミヽ ヘ.'  Vzリテ  .ト、 ',/
      /  .',゙ V〉\      | |ソ、ヽ`<`      なんて多くの人がほとんど何もせずにのうのうと特権を貪っていることでしょうか。
       {i l ∧  `      .! /! ∨  \
       ヘ ',  .ヽ. ‐ 丶  ,.イ/,.´ .∨   \    ですが、お忘れになってはいけませんわ。
        \{.   `ヽ,_,.. ' x'| lレヘ   ∨ ゜、 ',
             /::::::| l  lノ /,-   ∨  .. \  二つの別荘に二つの家族を住まわせて、。
          |「ハ! .イ:::::::::| |  /     ̄` ‐-、 ゜、 ',
          _|   V |:::::::: | |  |         丶 ', i .} 似たような特権を行使した方がいることをね
     /´    ノ  ゝ- 〈〈. ..l           ヽ/}レ' !
    /    /≠≠ fニヾ .j           / `、
  /   / //     Vニ{_      ,/   ,イ、


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /   あぁ、いや、その、なんと言いますか…。
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {    その件につきましては……。
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

クレムリン指導部の法外な特権についての不満を口にすると、エマは決まってやらない夫を批判した。
そのあと、やらない夫はたいてい、盛んに弁解の言葉を並べるのが常だった。

437 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:22:19 ID:2dmg15jI0


             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............


さて、話を1938年に戻す。
やる夫はやらない夫の手配した車と鉄道を使い、再びフランスへと戻り、フランス北部から船でレニングラードに戻ることになった。

438 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:22:40 ID:2dmg15jI0

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''     同志エマ! 朗報だ。
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l     アンドルー(やる夫のコードネーム)は無事だ。
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l     パリから任務成功の報告が届いた!
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l    ヤルオはレニングラードに向かう船に乗り込んだそうだ。
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,, もうじき会えるぞ!


                /              .\
                  / __   ――――、   _\
              / /::::::\/       \/::::: \\
                 //::::::::::::/          \::::::::::::\.ヽ
            〈:::::::::::::::::厶:――┬――――‐、 ∨:::::::::::::::..〉
             ::::::::::::::/ | .|_l / l  l  ヽ. \ |\:::::::/
              \:/__| ̄|ヽォ=ュ、ヾ. ヽ,ィ=≠、',|⌒l/
               `/ |  ィ7心ヽ'! !  才心 |   |
               / ./|  |ヽ {:::::ノ \  {::::ノ, |  八|   同志シュピーゲリグラス、ありがとうございます!
                 {  ヘ     , . \   / / 八
               | / 八 人    r‐ ,     ./ / |  \ (あぁ、やる夫!無事でよかった、今すぐあなたに会いたい!)
.    ∩            l//  ∧  > 、 ` ´.  , イ /  .|  ト. \
   . .| |  ..f^!       ノ i 八\\〉,.r|、≧-≦.| / /  |  ̄
    | | , ヽ.| |    /:/|____イ ヘ `‐,ヽ〃 |ヽ.     \
    , ' ´―ヽ |    . r´::-、::::::::::::::::|  ヘ / 只| | ヽ―、  ヽ \
    ヽ  二 l ゝ   |::::::::::::::ヽ::::::::::::::|  ヘ | /|ヽヽl、 \:::::`ヽ、}ー--
    .∧ .ヽ ノ   |_:::::::::::ヽ:::::/|     ゝ二‐‐´_ヽ .ヘ、:::::::::`i

439 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:23:01 ID:2dmg15jI0



                    l=ニ二三γ了三ニ=l    , ', ' ,'| ::| ', ' ,
                     `]」_      ,.'  ,' | ::|  ',  ' ,
                 n   /丁l/ -‐ ' 4    ,' _| ::|  ',   ' ,
                 ||   `丁|    , ' 」|   ,' |::!  |{,     ' ,
                    ,┌='_ニ二二三三 , '三三二ニ=ュ|::!  || ',     ' ,
                |/`エ,Τ_丁_丁_丁_丁_丁_丁Τエ|::!  || ',     ' ,
              /lニ二二二三三三三三三三三二二| ::| z TlΤ ̄Τ ̄ΤT、
               レ|| _.Z]ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ冖ニ[`|_Z. -┴┴―┴―┴ ' - .._
             「| ̄ ̄ ̄ ̄ , '  ̄ ̄ ̄ -‐  '''"´           , 、       /
             |l| 囗  ロ ' -‐ '''"´           rャ  rゃ  ー' rゃ rャ/
             |,|    ,.'´      _ -‐  ´                /
             |l| ,.'´  _  -‐                           /
             Z  zァ              _                 /_
           r/   /'              ∨r 、          ,/∨
           「   /                 ∨_|        ,/∨
           |  l| /         、         ∨          /∨
..===== = ‐ l、 /                             /―――――――――――――‐
         ____. _                      / ‐-         -‐
       /       \.  ‐- _:::::::::::::::::::::::::::....................................l′       -‐
..     /  ⌒   ⌒  \       ‐- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ̄
    /  (●) (●)  \          ‐- _-―-―ー―-┘ ~  _
. . . l    ⌒(__人__)⌒    l....やっとレニングラードに着いたお。
    \     `⌒´     /
    /              \

やる夫を乗せた船は1938年7月、レニングラードに錨をおろした。
やる夫はモスコーフスキー駅から、モスクワ行の夜行列車に乗り、モスクワへと急いだ。

440 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:23:39 ID:2dmg15jI0





         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,


             /                         \
               /               ___ 二ニ -ヽ
              ,'r::::::   ____    ,ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ヾ::::::} , ィ ´____    ̄ `>、::::::::::::::::::::::::::::::}
             乂 ´  ̄       ̄     /´`>::::::::::::::::::::/
          / __________ ./、 / /|  `≧} /
             丿 ∠´_ミヘ ヘ´  込vツ / / .}    \
                 ∨ ヽ込ツ, ヽヽ       //  ,'      ヽ、
                {i ヘヽ  , \     〃 i / ,'    `ヽ `ー
                {i l 人ヽ ヽ  _   /  | ,' /  ' ,      、
              ∧   ヘ、  ヽ ノ    イ/ ∧_   、  ト、  ヽ __,
         ` ー= ヽ ',   >      イ /'!/ .|、   { . \  `ー '
                    ヘ ',    > <  〃ノ / ヽヽ  ',   ヽ
                \',    /   / - ´::::::::::::::::::| ヽ  ! ヽ __,
                 ヾ // |/::::::::::::::::::::::::::::::::! ニ/` ̄ ---`ー '
                、r /:::/ム。ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ニ/       `ヾヽ
           ,、r ´.  /::::::::::::/ /::::::::ヽ_}:::::::::::::::/{ニi          i:::::}
         /    /::::::::::// ∧:::::::::::::::::::::::::ヽ{ニ!,'       /::::/

441 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:23:53 ID:2dmg15jI0 [57/66]

               __    __
            _ヽ:::::`´:::::::::::::`ヽ、
           ,>:::::`:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ァ::::::;ィ::i::::ハ:::i:::;ィ:::、::::::::::l
              イ:::ノlハノjノニ}ハ{ l;ハ:::::::::::|
           lイニ'_‐-i ┌_''ニ"-ヘ:::::::::|
               F:f==。iー:f::=。=テ:元「ヽ:|
             ト::`ニ/ ̄ヾ::ニ´:ノ :||^リ:ト、
                l. r‐|  _┐ー- 、 :lレ':::| \
               /l l r`──‐┐ | ∧:::::|   ヾ''‐- 、._
       _,, -‐''7 l., , ̄二¨ ̄, , /  ヽハ    |‐- 、.._ ``'''‐ 、.._
.  , -‐''"´_,, -‐''7.  `ァr───‐'´  ./|:|.    |    ``'''‐ 、.._ ,>、
.  /l ‐''"´    /    |::|.\:::::::::::  /  |::|     |        /  ヽ
  i |.       /     |:::|   \ /   |:::|   │        l    l
. |  l      二ニ=-|::::|    /ヘ    |::::|-=ニ二_        |     〉
 ハ  |      ヽ.   |:::::|   ∧::∧    |:::::|     /        |   /.〉
ゼルマン・イサーエヴィッチ・パゾフ(遠藤勇次)


モスクワでやる夫を待っていたのは、妻のエマとシュピーゲリグラス、スルツキーの後任であるゼルマン・パゾフであった。
彼らは口々にやる夫を祝福し、肩を抱き合った。

442 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:24:15 ID:2dmg15jI0


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

443 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:25:02 ID:2dmg15jI0 [59/66]

1992年 ロシア連邦首都モスクワ

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ○ )    \    私はあの当時、あらゆる点でコノヴァーレツィの暗殺は正当化されると信じていました。
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.        .(    j    )        .|    善良な市民を一人も巻き添えにせず、アプヴェールやOUNに真相を解明する糸口を
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.          ` ⌒ ´           /     何一つ残さずに暗殺を実行できたことを誇りに思っていました。
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

444 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:25:22 ID:2dmg15jI0


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \        それに、私にはもう一つこの任務を正当化できる事柄があったんです。
      /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
    /                    \     私が当時会ったOUNの指導者達は、所謂西欧かぶれのウクライナ人ばかりでした。
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ○ )    \
  |       ´"''"   ,     "''"´       l   ウクライナ語もひどいもので、私が何度彼らに正しい言い方を教えてやったことか。
  ..|.     "⌒(    j    )⌒゙       |
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l    結局連中は、悲運の歴史の中に投げ込まれ、キエフの生活から遮断されて
.  \.        Y´ ̄ ̄`Y         /
    \      ゝ __ノ       /      文学や芸術面でウクライナ文化が盛り上がりを見せていることを知らなかったんです。
    /ヽ               イ\

445 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:25:56 ID:2dmg15jI0

          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/   ……。
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>

インタビューでやる夫は、コノヴァーレツィ暗殺についてそう語っていた。
たしかに、OUNの大抵のものは、オーストリアかプラハで教育を受け、ポーランド領ガリツィア地方のウクライナ文化は
ポーランド当局に徹底的な弾圧を受けていた。
彼らはソ連の日刊紙や雑誌を定期的に取り寄せて読んではいたが、集団農場と国営農場の違いさえ判らなかったと聞く。


457 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2015/05/17(日) 19:22:52 ID:zfMJvxf20 [5/5]
>>445
>たしかに、OUNの大抵のものは、オーストリアかプラハで教育を受け、ポーランド領ガリツィア地方のウクライナ文化は
>ポーランド当局に徹底的な弾圧を受けていた。

ウクライナ人ってロシア革命まで自分の国家つくった経験がないのに近いからな
キエフ公国だってロシアの起源ともいわれてる

446 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:26:25 ID:2dmg15jI0


. /:.,:.:./:.:/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.l:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:',:.:.:.:.:',:.:.:.ヽ
/:.イ:./:.:.:./:.: ,:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ィ:.:ィ:.:.ィ:.:.:.:. ハ:.: ト、:.:.:.:.',、:.:.:.',:.:.:.:.:.',:.:.:.:
´ .l:/:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:/ |:'.l:.:/.l:.:.::.:/ l:.:.' ヽ:.:.:.l ヽ:.:.!、:.:.:.:.i:.:.:.
  |':.ィ:.:':.:./:.:.:.:ィ:.:/   l:/ l:.:.:./ |/   ヽ:.:l  ヽl :.:.:.:.!、:.:
―|ハ:. l:.イ:.:.:.イ l:/`ー、  |'   !:.:/  '     !:'  _ .-〉:.:.:l‐ヽ
  ' ヽ!' l:.:./:l ' ィ=≧ェ.、  |: '       _ェ≦=、/:.:',:.'
    { l:./:.:l    __ヒラ_ >- '  ゝ -<_ヒラ_  .':.:.:.:' !   では、やる夫・アナトーリエヴィチ。
    !ヽl':.:.:.:!           ,         ':.:.:./ '
    !  !:.:.:ハ               i:           ':.:.:.ィ     あなたはモスクワに帰還後、暗殺成功の報告を誰に行ったんですか?
   .!   l:.:.lー:. !j            l.:.        /i:. / l
   l    !:lヽハ           l.:.:.        / .!:/  !    エジョフはこのころ職務中でも酒に潰れる有様だったそうですが…。
    !   l:l   ヽ          /:.:     /  !'   !

447 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:26:53 ID:2dmg15jI0


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( ○ );;:::    |    ……私は翌日、ルビヤンカの本部ビルに呼び出された。
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /    だが、私を呼び出したのはエジョフではなかった。
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\      1920年代にグルジアOGPUの責任者になり、その後グルジア共産党のトップ
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \   となったことしか知らなかったあの男……。

448 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:28:11 ID:2dmg15jI0 [64/66]
               ,,,,,,,,,,,_
            ,,.''´ ̄ '''  ` 、、
          /          ヾ、_,,
            /,,_           ミ:::::::';
         l::_:::`ヽ  '' 二::'''‐   ミ::::::::リ
         l´てテ,l ⌒'l´tテ-)   キ::::::シ
          lー‐'/  ヽ‐ニ ''    ''/‐ヽ
           |   (  _ ,ゝ、       ,/‐ ,リ
          l ;;' ``,, ´ ヽ        ソ〃
.          l  -,,三-‐-    ,,::::::^r-''
          ヽ、 _,,r_ ,,,..::::::'''  ,l
             ,ー--:::.... _ニ.... -:::::ヽ
    _ ,,.‐-'、::::::::`l/´::::::::::::::::::::::::ノ::ゝ_ ̄ 7、、
   ,::'--― ':::::::::: ̄::/´:::¨::: ̄:::::::__:::::::::::::::::::: ̄:::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::{O}:::::::::::::::「,,_ ,,]::::::::::::::::::::::::::::::::::',

グルジアの怪物……、ラヴレンチー・ベリヤだ。




第五話 運命の出会い 完



449 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/05/16(土) 22:29:31 ID:2dmg15jI0
投下終了です。

453 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2015/05/17(日) 05:18:02 ID:zfMJvxf20


>>396
「反共」という大義名分は戦後も強かったですね
にしてもイギリスのしたことは短期的にはナチスドイツをつけあがらせた




┏━━※管理人注釈:レス返し関係━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

158 名前:NH ◆aYcZxkkPoM[] 投稿日:2014/09/22(月) 23:03:54 ID:ivhfXho20 [31/53]


           _ト、,、
        =ニ ̄ __ ` '';,、   あー 久しぶりにテロりたくなってきたわー
       ミ"  (rヽ ミ''" `ヽ  最近ご無沙汰だからなー
      ,,=ニ   ''" ミ" ィoュ\
     キ      i"     <)      ―-== 二三=_
    /ミ゛ _ r-、 "、  ==ィ  ―-二二ニ=≡三    ≡
   /  ム( i r⌒i "゛`,;ー-,,,ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ≡= ≡三ニ
  /    ノ   ⌒〉   ,;"           三ーニ  三= _=
 /    /    ナ´  r ミ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三ニ≡
 |    Y    /゛rノリ,,ド             ̄= ̄
 \      /    |                 シュッ
   `ー―― ´     |
   |          |


やっかいなのは、急進派とつながりのあるテロ・コネクションだった。
1934年10月9日に、マルセイユにおいてユーゴスラビア国王アレクサンダル1世とフランス外相ルイ・バルトゥーを暗殺した
クロアチアの民族主義組織“ウスタシャ”と繋がりを持っていたのだ。
しかもウスタシャは、OUNと同じくアプヴェーアの支援を受けていた。

379 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2015/05/09(土) 05:58:24 ID:GY7G3ahE0 [1/2]
>>158
ウスタシャってフランス外相殺害したこともあったのか
フランスの肝煎りでユーゴスラビアができたことは知っていたが

にしてもナチスに協力したウスタシャの流れをくむ連中を前世紀末にアメリカと欧州が後援して
クロアチアを独立させた裏の意図はなんだったんだ?

452 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/05/16(土) 22:51:49 ID:2dmg15jI0
>>379
クロアチアが独立した当時、政権を取ったクロアチア民主同盟はウスタシャの流れは汲んでおりませんでした。
そして、当時のユーゴスラビア大統領スロボダン・ミロシェヴィッチは、セルビア人至上主義者で、スロベニア・クロアチア・マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ独立運動に軍事介入しており、西側の評判は最悪でした。
結局、「悪いセルビアからクロアチアを助けよう」という宣伝戦に勝利したのが大きな一因の一つであると思っております。
裏事情としては、ユーゴスラビア封じ込め政策があったのではないかと。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する