やる夫が天下布武を目指すようです 第2話

99 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:34:22 ID:aGfjZ.Sc
第二話 「やる夫始動」

~信秀の葬儀から約一ヵ月後~

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)     今日も元気に鷹狩だおwwwwwそれが終わったら川で水練だおwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //     それから遠乗りに鉄砲の練習だおwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      エロ春画見てる暇もねぇおwwwww
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
     織田信長(通称:やる夫)


102 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:35:23 ID:qadZYxkc
ktkr

エロ絵のことを春画って言うんじゃ……w

101 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:35:01 ID:aGfjZ.Sc
          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ○) ( ○)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
     |     |r┬-|     |              みんな!ついてくるおぉぉ!!
     \      `ー'´     /
〔ノ二二,___ ・  |  ・ __,二二ヽ〕
 |:::::::::::::::::::::::::::ヽ    /::::::::::::::::::::::::::/
  〉::::::::: :::::::::::::〉 ・ 〈:::::::::::::: ::::::::〈
 |:::::::::::::::::::::::::/  禁  ヽ::::::::::::::::::::::/
  〔:::::::::::::::::::::/  ノ~ヽ  ヽ::::::::::::::::::|
  ヽ:::::::::::::::::/ /::::::::::::\ ):::::::::::::::::::ゝ
  ノ:::::::::::::::::::| |_~─~-| |~~~/


   / ̄ ̄\    ━━┓┃┃
 /   _ノ  \      ┃   ━━━━━━━━ 
 |   (  ̄ )(_)     ┃               ┃┃┃  
. |     (__人__) ゚                       ┛  
  |     `ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚     
.  |     。≧       三 ==-
.  ヽ    -ァ,        ≧=- 。
   ヽ     イレ,、       >三  。゚ ・ 
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
    一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)


103 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:35:31 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 前にも増して無駄にテンション高すぎだろ……
. | U    (__人__)  常識的に考えて……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°米 ヽハ  、 ヽ  でも、以前の仏長面よりはずっとマシだにょろ!
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   6年ぐらい前までは殆ど笑いもしない、それは気難しいお方だったにょろよ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   ……そうだ、丁度、針阿弥が来た辺りから、おかしな言動が増えて語尾が変になったにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    ま、あたしはおかしくなったやる夫様の方が気楽で好きだけど。
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
    丹羽長秀(少年時よりやる夫に使える家臣)

104 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:36:15 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ま、まぁ、そりゃ仏長面よりは笑ってた方が親しみやすいしな……
. |     (__人__)
  | u   ` ⌒´ノ   (……っていうか、オレがアドバイスしたんだよなぁ……)
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

105 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:36:37 ID:aGfjZ.Sc
~6年前~

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'  ……俺の雰囲気が固すぎて親しみにくい?
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /  ……そんなにとっつきにくいか?
      /       ー‐  '

106 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:36:58 ID:aGfjZ.Sc

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  ……正直、子供ならション便漏らしかねんだろ。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   ま、武士なんてのは怖がられてナンボだけど、
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }      家臣には好かれるように、愛想笑いの一つも憶えておいた方がイイんじゃないか?
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \      


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ ふむ……愛想笑いねぇ……
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \

107 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:37:35 ID:aGfjZ.Sc
       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \ ………こうか?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /


     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }      …………
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__

108 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:38:26 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)  ま、まぁ……人間得て不得手もあるしな……
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}   焦らず改善していけばいいだろ……
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}    ……そうだ!普段から少し馬鹿っぽくしてみたらどうだ?
   ヽ     ノ
   /    く  \   日常で心がけてれば、板に付くかもしれんぞ?
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、  


     ____
   /      \
  /  /    \\ 
/    (●)  (●) \  ふむ……馬鹿っぽくか……
|       (__人__)    | 
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  | 
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

109 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:39:03 ID:aGfjZ.Sc
~現在~


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   ……
. |     (__人__)
  | u   ` ⌒´ノ   (……板に付くどころか、アホなのが地になっちまったし……
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ    オレが言いたかった親しみやすさの斜め上をいった感は否めんし……
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \    6年前のオレ……もしかしてトンデモないアドバイスをしたのかも……)


110 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:39:45 ID:aGfjZ.Sc

              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     まぁ、何にせよ、お元気で何よりにょろ。
         //, '/ 米   ヽハ  、 ヽ      
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    それにビックリするくらい領内経営も滞りなく行って、領民の訴えにも素直に耳を傾けてるにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|     
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│      良い意味で、凄く意外だったにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !      
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     あと「米」と書いて「スモチ」と読むにょろよ?
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |        ……主食的に考えて。
  


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   ははは、意外かもしれんが、
 |    ( ⌒)(⌒)    やる夫様はは何でもソツなくこなされるからな。
. |     (__人__)      領国経営なんてお手の物だろ……アホだけど。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   あとスモークチーズは主食にはならんだろ。
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ     ……おつまみ的に考えて。

111 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:40:18 ID:aGfjZ.Sc
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ 米  ヽハ  、 ヽ …………
         〃 {_{―    ―リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

112 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:40:45 ID:aGfjZ.Sc
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    犬  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |  た、大変だ!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
   前田利家(少年時より仕えるやる夫の家臣)

113 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:41:07 ID:aGfjZ.Sc
      ビキ    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                  / ̄ ̄ \
         / /"米ヽ ヽ  \               /‐  ―   \
        //, '/  ノ(  ヽハ  、 ヽ ビキ           |(●) ヾ;;;;ノ    | 
        〃 {_{_ノ⌒ヽ_リ| l │ i|    にょ?     | ゚(_人__)      |   お?
        レ!小 ● ::::::: ●从 |、i|             | `⌒´(#    ノ 
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│             {          }  
        (⌒ヽ|ヘ   ⌒ (⌒ヽ_j | |             {          /
   .   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│             \ ー    /
.         /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶             /ヾ\  /~/\ 
       `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ             ./  \.// /i  |
                                   |  i /,_/_/_,ノ  |


114 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:41:19 ID:naMHcd.M
貴方は銀河系最強の・・・!

115 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:41:34 ID:nWNN8f1.
クラウザーさんかよw

116 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:41:49 ID:aGfjZ.Sc

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\    (うわぁ……)
    / / / /    犬  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',   な、鳴海城の山口教継とその息子の九郎二郎が今川に寝返りやがった!
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   今川の応援の兵も鳴海城に向かってるらしいぜ!
/ /イ   /  |::::::|u/ _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


           ____
         /      \    犬千代(利家の幼名)!報告、大儀だお!
        / \    / \
      /   (●)  (●)  \ ……いよいよこの時が来たお。
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/ 万千代(長秀の幼名))と犬千代は至急に馬廻(やる夫の親衛隊)の連中に集合をかけるお!
      /     ー‐    \  鳴海城に向けて出陣だお!


117 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:42:18 ID:7fmRLa6s
なぜクラウザーw

119 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:42:40 ID:Y.I988kw
クラウザーさまに吹いたww

123 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:43:35 ID:Hu/pX/dU
さすがレイプマン、子供の数がちがう

118 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:42:22 ID:aGfjZ.Sc
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \       
         //, '/0°米  ヽハ  、 ヽ 心得ましたにょろ!
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    犬  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |  はっ!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、

120 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:42:45 ID:aGfjZ.Sc

           ____
         /      \    と、その前に……万千代?
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ 米   ヽハ  、 ヽ  にょ?
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

121 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:43:06 ID:aGfjZ.Sc
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |  さすがにスモークチーズは主食にはならんと思うわ。
        \     ` ⌒´    ,/   ……やる夫的に考えても。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ 米   ヽハ  、 ヽ  そ、そんなにょろ~……
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小lー    ー 从 |、i|
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

122 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:43:25 ID:aGfjZ.Sc
________________________________________
  「美濃」                     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     :,,´、
                          ,,´      ::,,,,,,,,,::    :::::::
                         ::                 ::: 
                        ::                    :,,,,  
                       ::                       :,,,,
                      ::                           ::,,,,
                   ,,,::                              ::
     ,,,,            ::                               ,,,,
  ,,,,,,,,::  ::           ::         「尾張」                  ::
 ::      ::          ::                              ::
::        ::         ::                             ::
         ::        ::              ●那古野        ::
          ::       ::                           ::
           ::       ::                    ●末森   ::
            ::  ::    ::                           ::
             ::  ::   ::                           ::
                ::  ::                      ●鳴海 ::
                 :::: ノヽ          ノ´ ̄ノ´         ::
                   |ヽヽ〔〕 ~‐,       ノ´   ノ         ::    「三河」
                   | | |    ~‐,、,,_,ノ´    /         ::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


124 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:44:04 ID:aGfjZ.Sc

~鳴海城下・赤塚の地~

            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :   ……と、いうわけで戦闘だお。
         /  -==、   '==-  ..:::::|
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| : や、やらない夫、敵の数は?
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  (……スモークチーズ恐るべし……)
 |    ( ●)(●)
. | U    (__人__)鳴海城から1500程出て来たみたいだ。  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         } それに比べて味方は800程……
.  ヽ        }  数の上の劣勢は否めないだろ。
   ヽ     ノ

125 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:44:29 ID:aGfjZ.Sc
           ____
         /      \
        /  ─    ─\  ん。
      /    (●)  (●) \ まぁ、数の劣勢はしょうがないお。
      |     (__人__)   | その代わり、こっちはやる夫が鍛えに鍛えまくった馬廻の連中だお。
       \     ` ⌒´   ,/  実力的には、たとえ倍の雑兵が来ようと負けはせん筈だお。
      ノ      ー‐   \


      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / \  /\
  γ⌒)( ●)  (●) \ ∩⌒) ちゅう訳で……全軍突っ込むお!!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

126 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:44:49 ID:aGfjZ.Sc
               \      ☆
                       |     ☆
                    (⌒ ⌒ヽ   /
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
               (´     )     ::: ) /
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして赤塚の戦いは始まった。
数で劣る織田勢であったが、士気では大いに山口勢を上回り、ほぼ互角の戦いを演じたのであった。
昨日までの味方同士とは思えないほど激しい戦いとなり、やる夫の軍だけでも30人程の戦死者が出た程であったが、
そこは知り合った間柄、戦闘が終わると捕虜だけでなく互いの陣地に逃げ込んだ馬まで返しあったと言う。

結局、合戦自体は2時間ほどの戦闘で終了、勝負は付かずに双方軍を引き上げる。
その後、鳴海城には今川の重臣・岡部元信が入ることになった。

局地的に見れば引き分けなのだが、戦略的には今川に領土を侵食される結果となり
やる夫としては家督相続後の初戦から厳しい敗戦になったのであった……


127 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:45:07 ID:7fmRLa6s
800と1500とは

128 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:45:37 ID:aGfjZ.Sc
ちなみに、この山口親子は、後に今川の嫌疑を受けて殺害されてしまう。

        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o   うぉ~ん、今は敵だとはいえ元は味方……
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |     山口親子も今川に殺されて不憫だお~~~……
    \ / /  `― '     /

その背景にはやる夫の仕掛けた謀略があったとも云われるが定かではない。

          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'

129 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:46:16 ID:aGfjZ.Sc
~那古野城~

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/ やれやれ……途中から人間綱引きは始まるし……鳴海城も今川に取られちまったお。
|       (__人__) l;;,´|  ……ま、山口親子の件は後で何とかするとして……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   ……ん?廊下が騒がしいお?
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

130 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:46:37 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. | U   (__人__)   た、大変だ!!
  |     ` ⌒´ノ   ご家老の平手様が……平手様がご自害なされたぞ!!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ

131 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:47:01 ID:aGfjZ.Sc
               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
            /        ∪     \      ||  ||
          /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
         /    (    ●ll●    )    \
       /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \   
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |  
        \          |/⌒i⌒、|         /
         \ ∪     !、__,!    U  /
         /       、____,,      \

132 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:47:26 ID:aGfjZ.Sc
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. | U   (__人__)   ……それがどうも……お前を諌める為にお腹を召したらしい……
  |     ` ⌒´ノ   ……遺書もココにある……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

133 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:48:05 ID:aGfjZ.Sc
「      やる夫様へ

やる夫さまは健やかにお過ごしでしょうか? 
爺は元気……とは言えないほどに歳をとってしまいました。
思えば、やる夫様の幼年時に林殿と一緒にやる夫様付きになって以来
やる夫様の御為を想いお仕えしてまいりましたが、
その甲斐もなく、やる夫さまの奇行は日に日に酷くなるばかり。、
お家を継いで少しは改まるかとも思いましたが
その想いも空しく、とうとう謀反者まで出る有様。
平手政秀、これが最後の願いでございます。
どうか、この爺の事を少しでも想ってくださるのなら、ご立派なご当主になられますよう。
それが叶うのでしたら、爺にとっては無上の喜びでございます。
それでは最後ではございますが、やる夫様もお体にお気をつけて。
何時までも健やかで在らせられますよう。

      平手政秀                                       」

134 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:48:35 ID:aGfjZ.Sc

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  くっ……!
     /    。<一>:::::<ー>。 ……爺!……平手の爺!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜ どうして、もう少しだけ待っていてくれなかったんだお!?
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。  どうして、もう少しだけやる夫を信じていてくれなかったんだお!?
   / ,_ \ l||l 从\ \   ……大人たちの中でも、
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.    平手の爺だけはやる夫を信じていてくれていると思っていたのに……
         ベシベシベシ

135 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:48:59 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ……あまり責めてやるな、やる夫。
. | U   (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ    平手様は俺や五郎左(丹羽長秀)たちほど
.  |         }     何時もお前の傍に居れた訳じゃない……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   否が応でもお前の奇抜な部分だけが目に入ってしまい……
              織田家の……お前の将来が心配でしょうがなくなっちまったんだよ……


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| : ……それでも諌死なんて馬鹿だお!
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。  ……そして……爺の優しさの上に胡坐をかいて
    :|::|     ::::| :::i      ろくに説明もせずに理解を求めていたやる夫は……
    :|::|:     .::::| :::|:     ……もっと大馬鹿だお……
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:   ……平手の爺はやる夫が殺してしまったんだお……

136 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:49:43 ID:aGfjZ.Sc

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  ……やる夫……
. | U   (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  


           ____
         /      \   ……やらない夫。
        / ─    ─ \  政秀の供養の為に菩提寺を建立するお。
      /   (ー)  (ー)  \
      |      (__人__)     | 名前は……「政秀寺」だお……
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

この事件にはさすがのやる夫も堪えたらしく、以後その奇行振りも段々鳴りを潜めていくのであった。
そうして、やる夫が平手の諌死に応える形になった結果、やる夫に対しての家臣の心証が
僅かながらも良くなっていった事は、やる夫にとっては何ともやりきれない話であった……

137 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:50:10 ID:aGfjZ.Sc
~同年8月~

  「美濃」                     ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     :,,´、
                          ,,´      ::,,,,,,,,,::    :::::::
                         ::                 ::: 
                        ::                    :,,,,  
                       ::                       :,,,,
                      ::                           ::,,,,
                   ,,,::                              ::
     ,,,,            ::                               ,,,,
  ,,,,,,,,::  ::           ::         「尾張」                  ::
 ::      ::          ::          ●清洲                ::
::        ::         ::                             ::
         ::        ::              ●那古野        ::
          ::       ::                           ::
           ::       ::                          ::
            ::  ::    ::                           ::
             ::  ::   ::                           ::
                ::  ::                           ::
                 :::: ノヽ          ノ´ ̄ノ´         ::
                   |ヽヽ〔〕 ~‐,       ノ´   ノ         ::    「三河」
                   | | |    ~‐,、,,_,ノ´     /         ::

赤塚の戦いから4ヵ月後、清洲城の坂井大膳も行動を開始する。
清洲城は元々は尾張守護の居城で、そこには守護の斯波義統と守護代の織田彦五郎が
存在したが、彼らにはもう力はなく、実権は家宰の坂井大膳が握っていた。
信秀はこうした状況をひっくるめて清洲衆を掌握していたのだが、
家督を継いだばかりのやる夫にそんな力などないのであった。

138 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:50:33 ID:aGfjZ.Sc

          _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ ……まだ生きてますよ?
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"
         坂井大膳

結果、坂井大膳率いる清洲衆はやる夫の弾正忠家に従っていた城を次々と攻撃し
人質を取り無理矢理に味方にしてしまったのである。

139 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:51:02 ID:aGfjZ.Sc
         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   ちゅう訳で……またまた合戦だお!!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

やる夫にとってもこの状況は見過ごす事が出来ず、すぐに清洲への出陣を決意。

140 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:51:21 ID:aGfjZ.Sc

    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
     |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
     |::::::::/ ⌒  ⌒ |
    |:::::::〉 ( ●) (●)|  やる夫!後見人として味方するだろ! 
    (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
     |     |r┬-|  | 
     \    `ー'´ /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
    織田信光(やる夫の叔父)

この時は守山から叔父の信光が応援に駆け付けてくれた。
この武勇に優れた叔父が味方してくれた事は、敵だらけのやる夫にとって
大変心強い援軍でもあった。

141 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:51:44 ID:aGfjZ.Sc

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / \  /\
  γ⌒)( ●)  (●) \ ∩⌒) おし!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ  叔父御も来てくれたし……突撃だお!
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

対する清洲側からは坂井大膳とならぶ実力者の坂井甚介が出陣。
辰の刻に両軍は萱津の原で激突した。
数刻の戦いの後、柴田や佐々らの活躍も相まって清洲側の大将の坂井甚介と50名程の武士を討ち取るという大勝利に終わった。
その余勢を駆った織田軍は、先に清洲衆が攻め落とした松葉城・深田城を
取り囲みたちまちに占領、清洲側の思惑を瞬く間に蹴散らしてしまったのである。

142 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:52:19 ID:aGfjZ.Sc

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |      尾張の風雲児        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

この戦いによって、弾正忠家の新しい当主やる夫は父親以上の戦闘能力を持っている事を
尾張国内に正しく知らしめたのであった。

143 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:52:40 ID:aGfjZ.Sc

~その日の夜~

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    うしゃしゃしゃしゃ!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やってやったお!
  |     |r┬-/      |  
  \     ` ̄'´     / 大膳め、今頃は悔しさの余りに地団駄踏んで歯軋りでもしてるお!

144 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:53:02 ID:aGfjZ.Sc
           _ _ _        
        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  殿……
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ
  V/ト{  {ヽ| -=・=- ′ ヽ-=・=-ノl'") ノノノイ
  ト、l ヽ ヽl    ノ(、_, )ヽ、  lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<    
  、 i ,    人、  {  /   />、 
  -+-  {\ニニニVニニニソノ/}  
   ' !ヽ  ヽ |  /{i}\  / /
       お濃の方(帰蝶)


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
      / ⌒  ー、  :::::::::::U:\    
     /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::|     おわぁぁぁぁぁ!
     |U⌒(__人__) ⌒   ::::::U::::|
     |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/    
     ヽ  `⌒´.....:::::::::::::::::::::::<       
  / ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |           :::::::::::::::::::::::|
  \___      ::::::

145 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:53:28 ID:aGfjZ.Sc
         ____
       /   u \
      /  /    \\  ……って、お濃かお。
    /  し (●)  (●) \ こんな時間にやる夫の所に来るなんて珍しいけど、どうしたんだお?
    | ∪    (__人__)  J | (この手合いは三日で慣れるっていうのに……
     \  u   `⌒´   /   ……結婚から5年経っても未だに心臓に悪いお……)


           _ _ _        
        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  (この人は何で私が声をかけると何時も驚くのかしら……?)
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ
  V/ト{  {ヽ| -=・=- ′ ヽ-=・=-ノl'") ノノノイ ……はい、父上がやる夫様に一度直にお会いしたいと……
  ト、l ヽ ヽlU   ノ(、_, )ヽ、  lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<

146 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:53:52 ID:aGfjZ.Sc
     ____
   /      \
  /  ─    ─\  ……道三殿が?やる夫とこの時期にかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


           _ _ _        
        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  はい……是非にとのことです。
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ
  V/ト{  {ヽ| -=・=- ′ ヽ-=・=-ノl'") ノノノイ
  ト、l ヽ ヽl    ノ(、_, )ヽ、  lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<    

帰蝶の父である「マムシ」こと斉藤道三は前身は油売りと云われており
そこから異例の大躍進をとげて美濃の一国の当主にまでのし上がった筋金入りの戦国大名である。
現在はやる夫と帰蝶の婚姻により、織田家とは形だけとはいえ同盟関係にあった。

147 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:54:14 ID:aGfjZ.Sc
     ____
   /      \
  /  ─    ─\ ふむ……
/    (ー)  (ー) \ (尾張がまだ混乱状態の今の時期に斉藤家がやる夫を殺すメリットは薄いお。
|       (__人__)    |  ということは、さしずめ成長したやる夫の品定めといったトコロかお……)
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   | よし!了解したお!
   /( ●)  (●)\  !   ! 場所や日時等の段取りは道三殿に任せるゆえ
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l 良いように決まったら連絡して欲しいお。
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

148 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:54:34 ID:aGfjZ.Sc
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\ やる夫も道三殿に会うのが楽しみになってきたお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ (見てるがいいお!そっちがその気なら、こっちが逆に度肝ブッコ抜いてやるお!)
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄


        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  (……ダイジョブかしら?お父様に会わせて……)
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ
  V/ト{  {ヽ| -=・=- ′ ヽ-=・=-ノl'") ノノノイ ……はい、それではそのようにはからいまする……
  ト、l ヽ ヽlU   ノ(、_, )ヽ、  lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<


149 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:54:43 ID:nWNN8f1.
ひでぇw

150 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:55:04 ID:aGfjZ.Sc
           _ _ _        
        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  ……さて……せっかく久方ぶりにお顔も合わせたことですし……
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ   野暮はこれくらいにして……久しぶりの夫婦の語らいとでも参りましょうか……
  V/ト{  {ヽ| -=・=- ′ ヽ-=・=-ノl'") ノノノイ
  ト、l ヽ ヽl ,,,,, ノ(、_, )ヽ、,,,, lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<    
  、 i ,    人、  {  /   />、 
  -+-  {\ニニニVニニニソノ/}  
   ' !ヽ  ヽ |  /{i}\  / /


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\    !!!!!!!!
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

151 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:55:28 ID:aGfjZ.Sc
 :... . .:::: .. . .
          .. .. . ... .::::.. . . .:: : :..
                    . ... ::: :::.. ... .. .. . ...
                             ... ..::. .. . .. . .. .:::
                :: :: :. ... .::::: :... .
              .::::
    いやぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁ!…………あっ……      .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...


こうしてやる夫と「まむし」と恐れられた戦国の梟雄こと斉藤道三との対面が決定し、夜は静か?に更けていくのであった……

第2話 完



152 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:56:14 ID:Hu/pX/dU
てめぇせっかくのヒロインを


もっとやれ

155 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:59:09 ID:naMHcd.M
かつて歴史系やる夫スレに
これほど可愛くないヒロインが存在しただろうか・・・www

>>1乙、今後に期待。

156 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/17(火) 18:59:41 ID:aGfjZ.Sc
以上で第2話も終了になります。
お付き合いいただいて、ありがとうございました。

ちなみにクラウザーさんは
「利家→バサラ者→ド派手→クラウザーさん」の脳内変換の結果ですw

次は明後日の午後9時頃を予定しておりますので、
よろしければ、また見てください。

157 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:00:16 ID:jroNGmgY
面白いな。期待する。

158 : 名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:01:53 ID:tkt1iSXs

家康スレのオバチャンを思い出す配役だw



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する