やる夫が天下布武を目指すようです 第7話

554 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:02:41 ID:p9OoNtQQ
第7話 「清洲同盟」

~1561年5月11日・桶狭間の合戦から約1年後~

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  今川を破った余勢で今度は美濃も!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
織田信長(通称:やる夫)

555 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:03:29 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   ……と思ったけど、なかなか都合良くはいかねぇもんだお……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


やる夫は1560年の5月と8月に美濃に向けて
1000名程で出撃していたのだが、いずれも惨めな敗戦で終わっていた。
そればかりか、斉藤側から尾張に調略を謀られる等、逆に撹乱させられていたのである。

556 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:04:04 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ……道三殿は義龍を暗愚だと決めつけていたというけど、
/    (●)  (●) \
|  u    (__人__)    |  どうして、なかなかの傑物だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   やる夫の方からも調略はかけてるけど、
.\ “  /__|  |
  \ /___ /    義龍の下で団結してて、中々引っかかって来ないお……


     |┃三     
     |┃        |(ヽ三/) ))
     |┃         ( i))) 
     |┃      / ̄ ̄\ \
     |┃    /   _ノ  \ )   やる夫!喜べ!
 ガラッ. |┃    |    ( >)(<)
     |┃   . |  ///(__人__)!     その斉藤義龍が急死したらしいぞ!
     |┃  ノ//_|     ` ⌒´ノ
     |┃三  .  |         }      何でも病死らしいが、詳細は不明だ!!
     |┃   ,.  ヽ        }
     |┃  ∧゙、ヽヽ     ノ
     |┃  ヽ、⊂ヽ γ    く_
     |┃三  i !l ノ ノ    | 
     |┃三  ⊂cノ´|     |
一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

557 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:04:33 ID:p9OoNtQQ
  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\    イヤッホーイ!
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l      何というグッドタイミング!
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /      敵の混乱につけんこんで、さっそく出陣だお!!
       \  ヽ ー─ィヽ


  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\ ………………
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /
       \  ヽ ー─ィヽ

558 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:05:04 ID:p9OoNtQQ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  戦国大名としてはそれが常識的反応だろ……
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)  ……確かに、人としてはどうかと思わんでもないけど。
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }  
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ ……今更だけど、敵とはいえ他人が死んだのを心から喜んで、
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /      それにつけこもうとするやる夫たちって……
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\      
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐  ザパァアァァァ‐─────‐‐‐ ‐ン
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,、;──‐─────‐───────‐─
            l'___)__)                ,゜ '≒~゚ ⌒ ~ " ~   ̄ ー     ~
                         ;  °。 ;从ヾー~   ~"~       ~
゚           °  。 ゜ `   。  '、从;_゚ノ'~~  ~´⌒    ´~
 );  ;゚  。  ; 从  、 ,j ´ヾ。'~~〆";、~ッ)ヾ

559 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:05:37 ID:p9OoNtQQ
当主の死亡で浮き足立った斉藤家の間隙を突いた、
義龍死去の報から、わずか2日後の出陣であった。


                           墨俣
  「美濃」                    ●,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     :,,´、
                          ,,´      ::,,,,,,,,,::    :::::::
                         ::                 ::: 
                       ●森部                  :,,,,  
                       ::                       :,,,,
                      ::                           ::,,,,
                   ,,,::                              ::
     ,,,,            ::                               ,,,,
  ,,,,,,,,::  ::           ::         「尾張」                  ::
 ::      ::          ::          ●清洲                ::
::        ::         ::                             ::
         ::        ::                          ::
          ::       ::                           ::
           ::       ::                          ::
            ::  ::    ::                           ::
             ::  ::   ::                           ::
                ::  ::                           ::
                 :::: ノヽ          ノ´ ̄ノ´         ::
                   |ヽヽ〔〕 ~‐,       ノ´   ノ         ::    「三河」
                   | | |    ~‐,、,,_,ノ´    /         ::

織田軍は船橋を架けて木曽川を渡り勝村に着陣。
その翌日に斉藤方は墨俣砦より長井甲斐守と日比野下野守が出陣し
墨俣の南方の森部まで進出した。
一方、織田軍は勝村から北上、長良川を渡って森部に出陣、ここで両軍は激突した。

560 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:06:12 ID:p9OoNtQQ
        ___(⌒ヽ
       /\  /⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ●)  (●) |(⌒ヽ      全軍!突っ込むお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │

数刻の戦いの末に、斉藤方の長井と日比野を含む170名程を討ち取るという大勝利に終わった。


561 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:06:55 ID:p9OoNtQQ
~合戦終了後の首実検場~

       ____
     /⌒  ⌒\  よしよし、みんな大儀だお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ……さぁ~て、最初の手柄首はっと……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   こっちの雑兵っぽい首と……こっちは……


           __( レ'  ,,..::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          ゝ   :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ト、_爪   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ヽ、_〉  :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'^ヽ,:::::(⌒'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ト'  :::::::::,_vw、;;;;;;;;;;;;;;;;;;{  /~"'-ゝ、 ;;};;;;:;;:::::::::::
        ト' :::::_,i⌒〉   ~’WwW’~'v'  ii   )ノ';i;;;;;;::::::::::::
        》 r' 人 .i, ,.;;'《';;,首LOVE   ...:::::::ij ';i;;;;;;;;:::::::::
       ,イ  V | ヽ{  」i_ ゝ、_:i:::::::: _,-┸-、ッ,,,;;;';i;;::::,r''t::
       レ'i  :::::`'t, v'~ 、`ゝ::r'-:::L∠_,・. __ア'  '";ii;;;}  }::
        ノ :::t'"〉:::7 `'》'"~:::/  }::::::::::::Tij:::.......  :::;;ノ_,.-'::
       レイ  .レ':::{  ⅱ::,イ  '"~t"'::::::::';ii:::::::::::  :::::iii;;;;::::;
        彡 ::::::::::::ト、 /''ヘt'ニ^y' -、_ "'j:::::::::j ,,;:;;;;;iii;;;;;;;
       ル'r  ::::::::::i   ::::;,,:`::'"    ヾ   _,.;;;;;;;;;;;;;iiii;;;;;
       り_,.- :::::::::::i  :;,i''"こ___こ"''ii;;,,,    ~"':;;;;;;;;;iii;;;;;
      iイ~  :::::::::::::::ト、 ii::::r'^'-.,,.-.,_  ~"'''    ;;;;;;;;;}ii;;;;;;;
    _ル-  ::::::::::::::::::| ;  〉 t 十-ゝ-、_    .::;;;;;;;;人iiii;;
   ~"'''>-、  :::::::::::::::::y  L_.---''''""'~~ '    .::;;;;;;;/;;;;;;}ii;;
    ,-彡    :::::::::::::::::::;i    ___,..__  _,.-'   .::;;;;/;;;;;;;:iii;;;
   ソ   ::::::::::::::::::::::::::::;;;j  ~~;;;;;;;;;;;;;~~     .::;/;;;;;;;;;;;;i'ii;;;
 r''~  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;}   ;:'  "';;:    _/;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii;;;
ソ'"7  ::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ト、       __,,.-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソiii;;

562 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:07:28 ID:p9OoNtQQ

     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        やだ……!.:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l  これ「首取り足立」の首じゃない……
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\   こいつ、ここいらじゃ超有名な変態野蛮人だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |  こんな化け物の首、誰が取ってきたのかお?
  \     ` ̄'´     /

563 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:07:57 ID:p9OoNtQQ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 
         〃 {_{  米   リ| l.│ i| …………利家の手柄ですにょろ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   利家の奴、今回も密かに参陣してたんだにょろ。
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
     丹羽長秀(少年時より仕えるやる夫の家臣)


           ____
         /      \
        /  ─    ─\  何?犬千代の手柄かお?
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |  ……よし!万千代、犬千代の奴を此処に呼ぶお。
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \   ……どうせ近くに居るんだお?

564 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:08:26 ID:p9OoNtQQ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
             / /" `ヽ ヽ  \ て
         //, '/  米  ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   は、ハイだにょろ!!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ただいま呼んで来ますにょろ!
        /⌒ヽ__|ヘ U ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

565 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:09:02 ID:p9OoNtQQ
~数分後~

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    犬  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |   ……前田利家、参上仕りました。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
前田利家(少年時より仕えるやる夫の家臣))


          ___
         /     \
       /   \ , , /\   犬千代……
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  2年前にやる夫の近習を斬り、逐電せし所業は甚だ遺憾であるお!
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \


567 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:09:40 ID:nObMKQcY
額はやっぱり「殺」じゃなくて「犬」なんだなw

566 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:09:28 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \
  /  ー   ー\ ……しかし、その後の桶狭間、
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |   そして今回の森部での参陣……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      その手柄と忠義はまことに天晴れだお……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


       ____
     /⌒  ⌒\   ……よって、本日を持って、
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  前田利家の織田家への帰参をあい許す!
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /   加えて、知行を300貫加増とするお!


568 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:10:01 ID:p9OoNtQQ
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    犬  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    と、殿!!
//イ    / /::::、|| '´  `|| '|| |
/ /イ   /  |::::::| ||/ _┗'  ||,イ 、|     ……ありがたき幸せ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    このご恩、利家は終生忘れませぬ!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  ん、良い心がけだお。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i ……今度は馬鹿な真似するんじゃないお?
   ヽ、    `ー '   /


こうして、森部の戦いに大勝利したやる夫は尾張に戻らずに、
その足で墨俣砦を奪ってそこを本陣とした。


569 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:10:32 ID:p9OoNtQQ
          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,..ツ ン,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´    墨俣へ行こうぜ…
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.      久しぶりに、キレちまったよ…
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ
        斉藤龍興(美濃の大名)

義龍の後を継いだ龍興は5月23日、稲葉山から出陣。
稲葉山上の西の十四条に陣を引いた。

570 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:11:50 ID:p9OoNtQQ
対するやる夫も墨俣砦を出陣。
十四条の地で合戦になったが織田広良が討ち取られてしまう敗戦になった。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  いったん後退だお……
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫は西軽海まで後退、
斉藤軍は北軽海まで進み、夜に再び戦闘となった。

571 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:12:53 ID:p9OoNtQQ
          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
       ,:' \  ,,. 、./  ノ( ::::::::',  こんちくしょうめ!
       :'  ○     ○ ⌒   :::::i.
       i  ''' (_人_) '''' *   :::::i
        :    {+ + +}      :::::i
       `:,、   ̄ ̄      ::::::::: /
        ,:'        : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、
      佐々成政(やる夫の馬廻)


       (ニヽ    /⌒\
      《 》 \  /Θ Θ \
     //::| \  .(゛゛(_人_).゛゛ )   斉藤軍なんて滅多刺しナリ!!
   / /::.|   \ヽ\ じ  /
  /  /:::..|    ヽ|     ⌒\
 |  /ヽ::::|     |      | 〉 〉
 ヽ/  ヽヽ     |   ◎)二〉 〉二ニ))
  \   ヽ>   /   ::i⌒ i u~
     ̄ ̄    /  ::/ |  |
          /   i/  /⌒ヽ
          〈    / |::::::::|
                 ヽ::::::/
     池田恒興(やる夫の乳兄弟)
                  

この時は佐々成政と池田恒興が奮戦し、敵の稲葉又右衛門を討ち取るという手柄を立てたが、
闇が深くなってきたので斉藤軍は稲葉山城に引き上げた。

572 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:13:35 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  まだまだ、斉藤軍の抵抗も激しいお……
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    ……態勢を整えるのに清洲に戻るお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

やる夫も翌朝までは軽海にとどまったが、その後に墨俣に戻り、全軍で清洲へと帰還した。
義龍が死んだといっても、斉藤氏がまだまだ一筋縄ではいかない相手である事を痛感させられる戦いであった……

573 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:14:11 ID:p9OoNtQQ
~清洲城周辺の村~

          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\    たまには直々に領内を散策するお。
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |      `-=ニ=-      |   領民たちの不満の根を刈り取るのも領主の務めっちゅうことで。
    \      `ー'´     / +


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ……いくら、清洲の周辺って言ったって、
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   伴がオレと五郎左だけってのは無用心すぎると思いますけどねぇ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

574 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:14:54 ID:p9OoNtQQ
            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/  米  ヽハ  、_Vヽ  細かい事はきにすんなにょろ。
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|   たとえ賊が来ても、あたしと殿だけなら
           .ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
      r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |   どうとでもなるにょろ。
      { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
       "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||


           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ   ……?
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |  向こうの広場が物々しいお?
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ   ちょっと行ってみるお。

575 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:15:29 ID:p9OoNtQQ
~村の広場~

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  お前等、いったいどうしたんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |  槍や弓を持った兵まで居るけど、何かトラブルかお?
  \      `ー'´     /


ザワザワ
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧  や、やる夫様だ!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ  おお!やる夫様だぞ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'     ……丁度良いんじゃないか?

576 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:16:06 ID:p9OoNtQQ
 (/ノノ)))))
 ( ´Д`) < こ、これは、やる夫様!じつは事件があり火起請(焼いた鉄を握らせ、持てるか否かで真偽を判定するもの)
           を行ったのですが……そこで問題が……


      ___
    /     \  火起請って……また前時代的なものを……
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \ まぁ、それはそれとして、何が問題になったんだお?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /  せっかくだから話してみるお。


事の起こりは、この村の佐介という男が、隣村の知り合いの官部衛という男の家に、
夜盗に入った事であった。その事はたまたま居合わせた官部衛の妻の証言と
佐介が逃げる際に落としていった鞘が証拠となり、直ちに露見したものの、
当の左介はそれを否認したために、火起請で真偽を判断する事となったのである。
むろん、焼けた鉄を持てる筈もなく、左介は有罪となった筈なのだが、
実は佐介は池田恒興の被官であったために、この判定に池田家の家来たちが異義を唱えたのであった。


577 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:16:54 ID:p9OoNtQQ

 (/ノノ)))))
 ( ´Д`) < ……と、いう次第でして……
          私たちとしても、どのような判断を下せばよいかほとほと困ってしまって……


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \ ……勝三郎め……
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  家臣にこんなツマラン事件を起こさせただけでなく、
  \ ヽ|r┬-| /   /     事件の裁断に介入までさせるとは……管理不行き届きだお。
  /   `ー'´      \   
                   ……まぁ、勝三郎には後で言っとくとして……

578 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:17:18 ID:p9OoNtQQ
          ____
        /      \  ……火起請で起きた問題なら、
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \   火起請でかたをつけるお。
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /  ……もう一度儀式の準備をするお。
        /  ー‐      ヽ


 (/ノノ)))))
 ( ;´Д`) <は、ははっ!

579 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:17:43 ID:p9OoNtQQ
     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \ (やらない夫?急いで冷たい酒をこっそりと用意するお)
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
  |    ー       .|
  \          /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) (??解ったけど……何に使うんだ?)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |

580 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:18:12 ID:p9OoNtQQ
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\ (ふふん、まぁ、見ているお)
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /


広場には再び火起請の準備がされ、被告人の佐介も連れられて来た。

581 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:18:39 ID:p9OoNtQQ
          ___
         /     \  よいか!
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \  これからやる夫が火起請を行うお!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/   もしも、やる夫がこれに成功したら佐介を有罪とし、処断するからそう心得よ!
      ノ          \


    ∧∧
   ( ,,゚Д゚) ……
    (つ  )  (焼けた鉄なんて握れる筈が無いさ……
    し―J    これでオレの無罪は確定だな……)
   佐介

582 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:19:16 ID:p9OoNtQQ
    |:   |
    |:   |
    f三三!     グッ!
   _j二二ト
 / 、. |, -― ヽ.
(   y  __   \
 f ー'- 、:ト.    \
 (, - ─<:| ヽ    ヽ__
  ( 二):::::|、     ノ |


 (/ノノ)))))
 ( ;´Д`) < おお!!焼けた鉄棒を落とさずに握られた!

583 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:19:40 ID:p9OoNtQQ
          ___
         /     \
       /   \ , , /\ ……
     /    (ー)  (ー) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
スタスタスタッ………


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/  米  ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l●    ● 从 |、i| . し、しかも、持ったまま3歩も歩いて、静かに棒を置いたにょろ!!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;

584 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:20:10 ID:p9OoNtQQ
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    | ……
     . (人__)      |
     r-ヽ         | (なるほど……おそらく、さっきの酒がトリックの種になってるのか……)
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |


        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\  ……見たかお?
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ

585 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:20:35 ID:p9OoNtQQ

 (/ノノ)))))
 ( ;´Д`) <ははっ!た、確かに!!


    ∧∧
   ( ;,゚Д゚) <ば、馬鹿な……
    (つ  )  
    し―J

586 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:21:04 ID:p9OoNtQQ
            __         三/\
         /     ̄ ̄       ///
      /  /            三///
    /  /.                三///
   /  / /               ///
  |l   l l|               ///
  |l  l  l|        ____ r~ ̄`ヽ
  l|l!   ll|       /_ノ     \( ⌒}
 .|  !  !|     (● )        \/
 |l   l  l|   ( __)           |   これではっきりしたお!
 ヽl|l!   ll|    |!!il|       /
   ヽ', ヽ \  _-/⌒ 、     \    お前は有罪!!
   ヽ ヽ `ヽ、(__,ノ        )
    ヽ ` 、 丶、 /        /
       ヽ、 `丶./        /
        ` -/    ,,-,,   ヽ
         (___/   ヽ___)


 \\∧∧
  . \\Д゚) <ぎゃーーーー!!
    (,. \\从/
 .     そ   て
     ゝ,    そ
      "`/'^r  \

587 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:21:33 ID:p9OoNtQQ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ 米  ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|  お見事な裁きだにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  さすが殿だにょろよ!!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ー)  (ー)'   ……
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

588 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:21:58 ID:p9OoNtQQ
ザワザワ
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧  おお……なんと果断なお裁き!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ   さすがはやる夫様だ……
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'       何も語らず立ち去るのが、またなんとも……

589 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:22:22 ID:p9OoNtQQ
~村外れ~

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (⌒)(⌒) .|  いやぁ、流石でしたな。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |  いったいどんなトリックを使ったんです?
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /   やっぱり事前に用意させた酒が……
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


      ___ ボソッ
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  ……水を……
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

590 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:22:46 ID:p9OoNtQQ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  ……はっ?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)  は、はやく水をぉぉぉ!!!
   /u    (__人__) ヽ
   |  u    |!!il|l|   |   痛だだだだだだだ!!!
   \        lェェェl /
    /         ヽ    て、て、手がぁぁぁぁあぁあ!!
   /♯/ヽ        ト、ノ
   ~ |    __    |     
      !___ノ´  ヽ__丿

591 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:23:17 ID:p9OoNtQQ
               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ……ちょっと待て
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ   ……まさか……
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


          ___ _
       . /  >‐-、\  こ、この間見た、「ベンジャミンの御膳」じゃ、
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠ u ..\,  冷たい酒で冷やしとけば、熱さは感じないって言ってたのにぃぃぃ!!
     ./ ヾ≦'(_人__)   u   \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  熱くないどころか大やけどだおぉぉぉ!

592 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:23:51 ID:p9OoNtQQ
        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \  ……この馬鹿さ加減を嘆けばいいのか、
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |   ……焼けた鉄の棒を持ち通した忍耐力を称えればいいのか……
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   | 
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

このように、折を見ては領民の訴えにも直々に耳を貸し、統治に万全を期していたやる夫であった。

593 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:24:26 ID:p9OoNtQQ
~1562年1月・清洲城~

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + + いやぁ~、正月は目出度いお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |    今日は無礼講だお!
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ど |ぶ|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| ろ| く|
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. | 3| 6|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___ ̄  ̄
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

594 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:24:56 ID:p9OoNtQQ
       ___
      /―  ―\
    / ≡   ≡  \  タマタマ撫で撫でも許しちゃうお。
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    \        /
     /|      \
     / .|      |) )  
     し|      ε/ , - ― .、
      .|       | 〃_,´*、_゙ハヽ
      |  /ωヽ .| レ!lo   oリ!| |  くっ…この吸い付くような感触…
           ((r--、_ト" tj' "jr‐i!      止められんにょろ…!
             ̄>':/!|ヾE/:ヘ/|

595 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:25:23 ID:p9OoNtQQ
     , '´ ̄ ̄` ー-、
   /         \   ……って、新年早々何をやらせるにょろ!!
  /         /ハ/ヽl
  |         |l |リ l       、  ____    ,
  |          | 从\|       `/、,:/,';;}: ;\ /
  |          (´  i●l    \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
  |          |l .|⊂ノ       /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
  |          l lx´  ‐ ―  | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
  |           | |:ニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
  |           | | :::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
  |           | | ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   ……楽しんでるとこ申し訳ないんですがね……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    三河の松平家から使者が来ております。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

596 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:25:48 ID:p9OoNtQQ
       ____
     /,:' /,';;;}: \
   /_, 。ィ' li:.、ヒァ' \   はふらいらは?
  / ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、 \
  |    ,:' /,';;;}:.ヾ:.    |  ひっはひ、はんほひょうはほ?
  \     ' {;!゙'    /

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー
   | U    (__人__)  いや……顔が戻ってから話してください。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  何言ってるか理解できませんから。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │


597 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:26:00 ID:nObMKQcY
セクハラだw

598 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:26:09 ID:p9OoNtQQ
           ____
   ポン!  /      \    おお、スマンお。
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  で、松平家が?
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/  いったい、何の用だお?
      ノ      ー‐   \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●) それが、どうやら同盟を結びたいようでして……
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  詳しい話は、使者の石川数正殿が謁見の間に控えておりますので……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <

599 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:26:36 ID:p9OoNtQQ
           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ  わかったお。
      /    ( ー)  ( ー)'
      |        (__人__)   | とりあえず話を聞いてみるお。
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ

600 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:26:57 ID:p9OoNtQQ
松平家はかつては三河を支配する大名であった。
しかし、当時の当主である松平広忠が突然に死去する。
死因は不明で、病死とも暗殺とも云われている。

           ●
           |ニ|
           |ニ|
           |ニ|
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /    ■    ■  \
   /                ヽ   きゅ~~~~!
   l:::::::::               |
   |::::::::::   (>)    (<)   |
   |:::::::::::::::::   \___/    |
   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
     \           /
      /         ::::i \
      松平広忠(元康の父)

それに伴い織田に捕らえられていた跡継ぎの竹千代(後の元康)は
今川方の折衝で返還される事になったのだが、そのまま人質として駿河へと連れ去られてしまう。
こうして国力の差も手伝い、松平家は今川の従属大名となってしまった。


601 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:27:25 ID:p9OoNtQQ
しかし、1560年……所謂「桶狭間の戦い」で今川義元が戦死。
ここから状況が一変する。


           _ ,;-"__l⌒l_゛'‐-;,
           /  (___  ___)  ヽ
           ./     ノ 人 ヽ    ヽ   
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)   (_)    ヽ/  ○  \
/      \,,,-―――''''''''''''''''''''―――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー――-、,,__,,,,-――――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/:/ ̄\ (●)    (●)    ||/ヽ      独立しちゃうよ!
      r┤    ト::::: \___/      ||:::::::::ヽ  
     /  \_/ ヽ:::.  \/      ノ_/   
      |   _( ̄ l
      |   _)_ノ
     ヽ____)ノ
        松平元康(後の徳川家康)

義元討ち死にの混乱に乗じて松平元康は岡崎城を奪取。
そのまま今川家からの独立を果たし、今に至るのであった。

602 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:27:52 ID:p9OoNtQQ
~謁見の間~
           ____
         /      \
        / ─    ─ \   おお、待たせたお。
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |  ……で、単刀直入に聞くが、
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \   松平家は当家との同盟を望んでいるというのは本当かお?


       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}    はっ!
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y    当家は現在、今川家と交戦状態でありますので
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j    我が主も、是非に織田様と結び、
       `|    `- '    |  
         l 、  ー三=-  :!       お互いの後顧の憂いを断ちたく思い……
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |
      石川数正(松平家の重臣)

603 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:28:23 ID:p9OoNtQQ

    / ̄ ̄ ̄\  ……
  /        \  (松平とは親父殿の代からの敵だけど、
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  我が軍も斉藤家と戦っている今、お互いに利害が一致しているのも確か……
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \   後は、松平元康が果たして信用に値する男かどうか……)


     ____
   /      \
  /  ─    ─\  ……数正殿。
/    (●)  (●) \ やる夫も後顧の憂いを立つ事には大いに賛成だお。
|       (__人__)    |  
./     ∩ノ ⊃  /  ただ、色々準備や確認も有る事だから、まずはこちらからも
(  \ / _ノ |  |     元康殿の親類でもある水野信元殿を交渉役に向かわせるお。
.\ “  /__|  |  
               その後に、お互い対面して同盟を取り決める、というのでどうだお?

604 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:28:46 ID:p9OoNtQQ
       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}    ははっ!
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y   では、そのような段取りで!
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j   さっそく我が主に知らせにまいります。
       `|    `- '    |  
         l 、  ー三=-  :!  
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |

こうして、松平家との同盟ヘ向けて事態は急ピッチに動き出したのである。

605 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:29:09 ID:p9OoNtQQ
~その日の夜~

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●   ……ところで、やる夫。
   |      (__人__)
.   |        ノ    巷じゃ、お前と元康殿は、
    |      ∩ ノ ⊃      元康殿が織田の人質だった頃に大層仲が良かったって噂だが……
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   ……ホントなのか?
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


             ____
           /      \
          / ─    ─ \    ……まったく心当たりがねぇお。
        /   (●)  (●)  \
        | U   (__人__)     |  やる夫が元康殿のことを見たのは那古野で遠目に一回きりだお?
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ    
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   ……それも、覚えてるのは下膨れしたアゴを引いて踏ん反り返ってた
  \>ヽ/ |` }            | | 
   ヘ lノ `'ソ             | |    可愛い気の無いガキだったことぐらいだお。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |

606 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:29:47 ID:p9OoNtQQ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) 
. |     (__人__)  ……なんか身も蓋も無い話だな。
  | U   ` ⌒´ノ  
.  |       nl^l^l  
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    でも……そんな噂、いったい誰が流したんだお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /      ……やる夫はまったく知らんお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

607 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:30:16 ID:p9OoNtQQ
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  ……やる夫が知らんのなら
     . (人__)      |
     r-ヽ         |   恐らくは松平方の仕業だろ。
     (三) |        |
     > ノ       /   たぶん、同盟を成功させるための
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <     友好的な雰囲気作りの一環ってトコじゃないか?
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|


       ____
    //   \\   ……みんな、色々と考えるもんだお。
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒ (__人__)⌒::::: \  ま、何にしても、同盟に値する信頼できる男である事祈るばかりだお。
 |         '     |
 \              /  ……その方がやる夫も面倒が無くて助かるから……

608 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:30:39 ID:p9OoNtQQ
こうして、同年1月15日に二人の会見は清洲城にて実現した。

~清洲城・大広間~
        ____
      /⌒  ⌒\    元康殿はまだかお?
バリバリ/( ●)  (●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
   |    。`,⌒゚:j´     |
   \γ⌒/■)'    _ /
    ( ^ノ ̄       ヽ

609 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:31:02 ID:p9OoNtQQ

  ∧∧
  (,,゚Д゚)<先程、ご到着なされた由にございます。
       今少しお待ちください。

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ー)  (ー)\    ん。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |  まぁ、のんびりと……お?来たようだお。
  \      `ー'´     /

610 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:31:26 ID:p9OoNtQQ
       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l   いやぁ~、ゴメンゴメン。
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕    昨夜、押さえの切り札を誰にするか考えてたら
    /j/               ヾ、
     l::||::::              |l    つい、寝坊しちゃって……
     |::||:::::::..  (●)     (●)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

611 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:31:52 ID:p9OoNtQQ
                                  /;;;;;;;;;;;;;\
                                 /\;;::::::::::::::::::ヘ
                                 /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
                                 L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
                                //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l   
         ____                   |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
       /   u \         !!!!  〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  
      /  \    /\  !!!!            /j/               ヾ、
    /  し (○)  (○) \               l::||::::    \    /   |l 
     | ∪    (__人__)  J |               |::||:::::::.し. (○)     (○)  || 
    \  u   `⌒´   /              |::||:::::U:::::::: \___/  J ||
                               ヽ\::::::::u:::::::. \/    ,ノ 
                                /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ  

この時、二人はお互いを見て一瞬息を呑んだ。
「英雄は英雄を知る」の例え通り、即座に自分の目の前に立つ男が尋常な者ではない事を悟ったのである。


612 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:32:17 ID:p9OoNtQQ
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    も、元康殿、よく来られたお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |  遠路はるばるお疲れであろうに、ご苦労様ですお!
  \     ` ̄'´     /


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l   い、いえいえ。
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕    こっちこそ、同盟の話を聞いてくれてありがとう!
    /j/               ヾ、
     l::||::::              |l    やる夫殿と協力できれば、百人力だよ!
     |::||:::::::..  (●)     (●)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ  

会談は終始和やかに進んだ。
二人はまるで旧知の仲のように打ち解け、同盟は無事に締結された。

余談だが、当初は対等な関係だったこの同盟も、後に織田と松平の国力に大きな差が出始めると、
次第に従属同盟の色合いを強めていく事になるのだが、それはまだ先の話である。


613 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:32:55 ID:p9OoNtQQ
~三河への帰り道~

       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}    いや、無事に同盟が成りまして何より……
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y      ……殿?お顔の色が……
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j      ……如何なされました?
       `|    `- '    |  
         l 、  ー三=-  :!  
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ    ……数正……やる夫殿は恐ろしい人だよ。
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  あんな凄まじい覇気の持ち主は見た事が無い……
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  義元の殿様も大したモンだったけど、アレが相手だったんじゃ負けたのも頷ける……
    /j/               ヾ、
     l::||::::    /     \  |l  ……僕はその彼と戦わない選択をする事が出来たんだ。
     |::||:::::::..し (ー)     (ー)  || 
    |::||:::::u::::::::  \___/    ||    本当に好運だったのかもしれないね……
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ ……この同盟を取りまとめてくれたお前にもホントに感謝するよ。

614 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:33:15 ID:p9OoNtQQ

       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}    殿……
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y  
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j    
       `|    `- '  U |  
         l 、  ー三=-  :!  
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |

615 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:33:34 ID:p9OoNtQQ
~清洲城・やる夫の部屋~

               ___
                 /\:::::::::/\.   松平元康……恐ろしい男だった……
                /:::<●>:::<●>:::\
              /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\  あんなのと敵対せずに済んだのは運が良かったお。
              |     ` ー'´  u   |
              \  u   :::::     /
              /    :::::::::::::::::::    \


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/  ……なかなか面白い男だとは思ったが……
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     俺には正直、そこまで凄い男には見えなかったがなぁ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /      ……まぁ、やる夫が言うのならそうなんだろうが。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.

616 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:33:55 ID:p9OoNtQQ
     ____  
   /      \ 
  /  \   ,_\.  ……今はそうでも、アレは必ず大化けするお。
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    | ……願わくば、その時にやる夫の勢力も
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     それ以上に成長している事を祈るばかりだお……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

こうして世に言う「清洲同盟」は締結された。
お互いの思惑はともかく、この同盟は以後、約20年間も守られる事となり、
結果的にやる夫への信義を守りきった徳川家康の姿勢が
後年の彼の天下取りに少なからず好影響を与える事にもなるのだが、それはまた別の話である。


617 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:34:29 ID:p9OoNtQQ
やる夫は斉藤氏との膠着状態を打破する為に、
松平氏との同盟に続いて、もう一つの同盟を画策していた。
すなわち近江の浅井氏との婚姻同盟である。

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  お兄ぃ、急に呼び出してどうしたのさ?
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        お市(やる夫の妹)

618 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:34:53 ID:p9OoNtQQ
        ____
       /    \
.    /          \  お市……実はお前に縁談を持ってきたんだお。
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (ー)  | ……近江の浅井長政の所に嫁いで欲しいお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  えええ!?
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|  浅井って、お兄ぃとイイ勝負のメタボ体系って言われてる
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /       昔美男子のあの浅井長政!?
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、  あたし、イケメンのところじゃなきゃ嫌って言ってるじゃない!
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /

619 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:35:14 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) ……お前のわがまま聞いてやれる状況じゃないんだお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|  それに昔美男子、大いに結構だお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   メタボなのは金持ってる証拠なんだから、それで我慢するお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


       , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \   全然良くない!
     // ノ L     ヽハ 、ヽ
     〃 ⌒  \ /  ,リ| l |i|  お兄ぃは可愛い妹を幸せにしたいと思わないの!?
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ   だいたい、浅井なんて弱小大名のトコじゃ
      ヽゝ、  |::::::|   j / |
         ヘ,、l;;;;;;l, イ   .l!| !   下手すりゃあたしまで死んじゃうじゃないのよ!
     rヽヽ:::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、|i
   /  i::::::::::∨yヽ/::::::ヽ !l ヽi
   (   丶- 、::ヽ/::::::::::::しE | ドン
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽ

620 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:35:44 ID:p9OoNtQQ
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ……んじゃ、お前はどんな奴ならOKなのよ?
| u     (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /  試しにそのイケメンの具体例を挙げて言ってみるお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   んんと……そうね……
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  お兄ぃのマブダチの針阿弥さんとか結構イケてない?
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|
          レ /// 、_,、_, /// |ノ   あと、林や柴田のオジサンたちも結構好みかも……
             ヽ、       j /
            ヘ,、 __, イ       
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


621 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:36:03 ID:nObMKQcY
王道だけど可愛らしくて良かったw>やる実お市

622 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:36:02 ID:p9OoNtQQ
      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \  ハハハッ!コノゲテモノマニアメ!
 /    _ノ 、_! ヽ  \
 |      トェェェイ     |   サッサト長政ノトコロヘ嫁ニイキヤガレ!!
 \     ヽニソ    /

こうして、浅井家と織田家の縁談は進められた。

623 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:37:09 ID:p9OoNtQQ
     ,ィ´ ̄ ̄ ̄``ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  厶 -…ー─‐--、:::::::::::|   
∠___,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、\_}
   | <●) /、(●>、 ||||   テレッテッテ~♪長政は結婚でレベルアップゥ~♪。
   |  ,, <、_,> ヽ、,   |
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|
   \  `ニニ´  .:::/
   /`ー||||||||/―´´\
   浅井長政(近江の大名)


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  …………
             / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  (あら……
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|   思ったよりイイ男じゃない♪
          レ /// 、_,、_, /// |ノ     
             ヽ、       j /        メタボじゃないし……これならいっか)
            ヘ,、 __, イ      
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


ただ、朝倉家との確執の有る織田家に長政は
「同盟がある限り、織田は朝倉に進軍せず。また、どのような事態でも朝倉に進軍する時は必ず一報をいれる」
という条件を提示。
やる夫も、それを承諾し晴れて織田と浅井の同盟は結ばれたのであった。

624 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:37:47 ID:p9OoNtQQ
:: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::::: ::: :::::::::::::: ::: :::::: ::: ::: :::::: ::: :::::::: :::::: ::::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::::::::: ::: ::: :::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::: ::::::::::::::;;;;;;;;;;;,,,..:::::;;:... :: :: :: ::
: : : : : : : : : :γ'⌒`ヽ::: : :: : : :: :: : : : : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;; :::;;,,,::::;;::::..... : : :
.. . . . . . . . . .l    l. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .::: ::: : ::::::: ;;;;;;;;:::::::,,,;;:::::::..:...,,,,..::......:.
. . . . . . . . . . ゝ、__.,ノ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ..,,,:::::::::;;;:: ;;; ;;;; ;;;;;;;;;:::::;:;;;;::::::.:::;;;;;;:::::.::'.'''''
::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : '''';:::::;;;:;;: :::::,,:::::::::::;;;;::,..::::::::;;;;;;;;,;; ;;,; ;;:::::;;,...
;,,, - '''' ''':‐-,, ,,                     __,, - ''""::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::::;;;;;;;;;;,,,
         " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"    ...:::::;;:::::::::::;;;;,:::::::::::::::::::::::::,,;;;;:/::::::::::;;;;;::;:::::;;;;:....
           _,, - ''" ""'''"" `'' -,..           ::::;;; :::,,::::::: ::::;:;;;;;:: :::::::::::://...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::
         -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.     ::::::::::;;;;:::: ::::::::::,:::,:,,;;::::::::::::::::::;;;;;;,,,;;::'''

東からの脅威を取り去り、西の味方を得たやる夫は、
これから、いよいよ本腰を入れて美濃攻略に挑むのであった……

625 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:38:25 ID:p9OoNtQQ
第7話 完



CAST

織田信長・・・・・・やる夫

一雲斎針阿弥・・・・・・やらない夫

丹羽長秀・・・・・・ちゅるやさん(涼宮ハルヒ)

前田利家・・・・・・ヨハネ・クラウザー・Ⅱ世(デトロイト・メタルシティ)

佐々成政・・・・・・しぃ

池田恒興・・・・・・プラナリ夫

斉藤龍興・・・・・・・金太郎(珍入社員太郎)

首取り足立・・・・・・ケマダ

松平元康・・・・・・山下大ちゃん

石川数正・・・・・・デニー

松平広忠・・・・・・大ちゃんの改変

お市・・・・・・やる実

浅井長政・・・・・・伊織順平(ペルソナ3)

佐介・・・・・・モナー


626 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:40:31 ID:n77kt69g
おい


伊織なんてどこにm

627 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:40:59 ID:PWzVY00E
イケ……メン?

630 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 21:42:48 ID:0/Ukwvuw
まさかテレッテをこんな所で見るとはw

631 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/22(日) 21:43:22 ID:p9OoNtQQ
ご観覧ありがとうございました。
これで、本日分の投下は終了になります。

次回も明日の同じ時間を予定してますので、
よろしければまた見てやってくださいませ。

633 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:01:32 ID:7RAuWqp2


何故後年ああなる数正がラウルww
ラウルはマドリー一筋の男なのにw

634 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:02:22 ID:1FyxkJNQ
連日の投下おつです~

635 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 22:08:50 ID:0riCwCWs


テレッテでワロタww

637 : 名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 23:11:34 ID:VfXM2xJA
ちょwおまwwテレッテwww
普通のAAだってあるのにww(大型だけど)

大ちゃんが家康なら、三河武士一同は俯く八頭身達になるのかw
家康ともに苦難(天下取り)を乗り越えてゆくようですwwww

638 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/23(月) 21:00:11 ID:usX9mCIg
>>633
このAA、ラウルの額に「デニー」って書いただけのバージョンのデニーAAがあったんですよ。
デニーAAは個人的にこっちの方が好きだったもので……w

>>637
大ちゃんの苦難スレ、大好きでしたw


それでは、投下させていただきます。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する