やる夫が天下布武を目指すようです 第13話

199 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:02:22 ID:2APSJPx.

第十三話 「浅井・朝倉の最期」

__________________________________________
                              |\ 
                        / ̄(  (  ~‐,
                   ノヽ  ノ    (  |   ‐,
                  ノ  (_)     \|  _‐,      ●小谷
                 ノ              ~‐,●山本山
                 |     琵琶湖       ~‐    ●虎御前
                 ヽ      (上部)      ~‐,         
                 ノ                  ~‐,                  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                 |                    ~‐    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,::  (姉川)
                 ‐,                    ~ ̄~‐       ●横山
                   ̄~‐,                    ‐,
                     ~‐,                   ~,
                       ‐,                  ‐ 
                      /                  ノ
                     ノ                   ノ
                    ノ´                  ノ
                 ( ̄                   ノ
                 _ )                  ノ
                ノ                  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1573年(天正元年)8月8日、やる夫の元に次なる好機が舞い込んできた。

200 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:02:52 ID:2APSJPx.


        ___(⌒ヽ
       /\  /⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ●)  (●) |(⌒ヽ     ちゅうことで……
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、     チャンスは逃さず出陣だお!
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │
    織田信長(通称:やる夫)

浅井側の山本山城城主である阿閉貞行親子が調略に応じたのである。
やる夫はこのチャンスを逃さず、報せのあったその日に岐阜を出陣。
近江に入り、そのまま北上して小谷城近辺まで進軍した。


201 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:03:54 ID:2APSJPx.


      /フY ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\) ヽo゚ ゚ o
   /⌒`´⌒  \    みんなが言うこと聞いてくれないっていうwwww
  | -)___(-、 |
  |    `⌒´  l |
   \       /
 朝倉義景(越前の大名)

一方、朝倉義景も北近江より出陣。
だが、従軍を拒否する家臣が出始める等、その内情はさんさんたるモノだった。
ともあれ朝倉軍は、前回と同じ大嶽を目指しまずは田部山に陣を布いた。

202 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:04:22 ID:2APSJPx.


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   今回はやる夫に考えがあるお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   まず、朝倉の援軍が出張ってくる前に大嶽砦を落としてしまうお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

しかし、12日の夜、既にやる夫が大嶽砦の奪取を企てていた。
一緒に居た嫡男の信忠を虎御前山砦に送って押さえとし、
自らは馬廻衆を率いて攻め上ったのである。
大嶽砦に朝倉の兵は500しか居らず、やる夫が攻め寄せるとろくに抵抗もせずに降伏してしまった。
さらに、大嶽の麓の丁野山城も攻め落とした。

203 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:04:48 ID:2APSJPx.


~13日・やる夫の本陣~

           ____
         /      \
        /  ─    ─\  みんな、よく聞いて欲しいお。
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   | ここから5kmほど離れた木ノ本付近に、朝倉の援軍が着陣しているけど、
       \     ` ⌒´   ,/  おそらく、まだこの大嶽砦に丁野山城が陥落したことに、奴等は気がついてないお。
      ノ      ー‐   \

204 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:05:18 ID:2APSJPx.


           ____
         /      \
        / ─    ─ \   ……だから、まずは捕らえてある敵の守将を、朝倉の陣に解き放ったお。
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


  .!::::ヽ,. -─‐ ァ─、─-.、/:::::l
  ヽ:::::ヽ, -‐' ,;; ;;, `ー、;:;ノ:::::/
    l;;-';;-‐''" :: :: `ー-i゙‐-'!
   /`!:::  瓶 ::割り ::::::::i゙ヽ
   ! li;;;,,___ノヽ___;;;i |;, |  !?
   l ( '〔 ● ,〕 〔, ● 〕' );.|
   i 'ヾ  ̄ ̄:: ::  ̄ ̄ /;; |
    ー';ヾ、_,'(´'';; ;;' `);_ノ;; r'
    |  /ヽ__`'ー'´__,ィヽ ノ
    ヽ ヾ、;レ-ニニ-レ// /
     ヽヾ、,、 _ ,、'/ /
      ヽ '、゙ニ=ニ' ゙ /
       ヽ、__ ___ノ
    柴田勝家(やる夫の重臣)

205 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:05:41 ID:2APSJPx.


        ____
       /    \
.    /          \  そうする事によって、朝倉のボンクラどもに
.  /    ―   ー  \  「もうお前達が安全に籠もれる大嶽砦は存在しないぞ」
  |    (ー)  (ー)  |    っと教えてやるんだお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \   
 /´             ヽ


         ____
       /      \  安全な場所が無くなれば、
      / ─    ─ \   朝倉軍は必ず退却を始める筈だお。
    /   (●)  (●)  \ 
    |      (__人__)     |   ……義景はそういう大将だお。
     \    ` ⌒´    ,/ 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |


206 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:06:13 ID:2APSJPx.


          ___
         /     \
       /   \ , , /\  そして、それを察知して素早く追撃するお!
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  そうすれば朝倉軍を壊滅に追い込めるし、
     \      ` ⌒ ´  ,/    上手くすれば一条谷まで攻め寄せる事も可能だお!!
      ノ          \  
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |  ……そんなに上手くいきますかね?
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
 明智光秀(やる夫の重臣)

207 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:06:37 ID:2APSJPx.


         ___  
       /     \  必ず撤退するお!
      /   \ , , /\   それも、今夜開始する筈だお。
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |   各隊、今宵は一時も目を離さずに朝倉の陣を見張るお!
      \      ` ⌒ ´  ,/     そして、朝倉軍が動いたら、すかさず追撃を開始するお!!
                     


   ∩___∩                                       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
   | ノ/    \ヽ                                      / /" `ヽ ヽ  \ 
  /  ●   ● |  ……                             //, '/  米  ヽハ  、 ヽ 
  |    ( _●_)  ミ                                 〃 {_{/    \リ| l │ i| 
 彡、   |∪|  、`\                         ……    レ!小l●    ● 从 |、i| 
/ __  ヽノ /´>  )                                 ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
(___)   / (_/                               /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i ! 
 |       /                                 \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
佐久間信盛(やる夫の重臣)                          /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                           `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                                              丹羽長秀(やる夫の重臣)

208 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:06:59 ID:2APSJPx.


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  ……
     . (人__)      |
     r-ヽ         |  (マズイな……
     (三) |        |    こいつ等、やる夫の言う事を信じてないだろ……
     > ノ       /      ……雰囲気的に考えて)
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <       
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
     一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

209 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:07:23 ID:2APSJPx.


~その日の夜・やる夫の本陣~

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \  ……必ず動く筈だお……
   /   (●)  (●)   \
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃  \  /   ……!
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   やる夫!今、朝倉の陣のかがり火が慌しく動いてるだろ!
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \  
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

210 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:07:53 ID:2APSJPx.


         ___
       /     \
      /   \ , , /\  おし!全軍追撃の準備!!!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  山田山の先鋒部隊が追撃を開始したら、我等も追撃を開始するお!!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ  
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

211 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:08:14 ID:2APSJPx.


~10分経過~

        .____
     ;/   ノ( \;  あ、あんのバカタレどもがぁ~~!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\; アレだけ言い含めておいたのに、何で動かねぇんだお!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  あいつ等、朝倉の陣を見張ってないのかお!?
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;  


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |   やる夫!これ以上は待っても無駄だ!
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |   馬廻の連中の準備はもう出来てるから、
        |        }      オレたちだけで追撃を開始しよう!
        ヽ       }    
        人_____ノ"⌒ヽ  オレたちが動けば、どんなアホでも気がつく筈だ!
      /           \ 
     /            へ  \

212 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:08:40 ID:2APSJPx.


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  くっ……仕方ねぇお!
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |  全軍!出撃だお!
  \ ヽ|r┬-| /   /    朝倉軍を追撃するお!!
  /   `ー'´      \  


こうして、やる夫は本隊のみで追撃を開始。
やる夫自身が動いたのを見て、山田山の部将たちもようやく朝倉の退陣に気付いた。
各将は慌てて山を下り、やる夫の本隊を追いかけ、木ノ本の地蔵山を越したあたりでようやく追いついたのであった。

213 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:09:05 ID:2APSJPx.


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__ このアホンダラどもが!!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |  何の為に、やる夫がアレだけ念を押したと思ってるんだお!?
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿  お前等の目と耳は飾りかお!?
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /       お前等、いっぺん雑兵からやり直すお!
                     無駄飯食いの役に立たない部将なんて、織田家じゃう養う余裕は無いお!!

214 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:09:29 ID:2APSJPx.


  .!::::ヽ,. -─‐ ァ─、─-.、/:::::l
  ヽ:::::ヽ, -‐' ,;; ;;, `ー、;:;ノ:::::/                        /\___/\
    l;;-';;-‐''" :: :: `ー-i゙‐-'!                       /        ::\  申し訳ございません……返す言葉もござりませぬ……
   /`!:::  瓶 ::割り ::::::::i゙ヽ  め、面目ござらぬ……      |           :|
   ! li;;;,u___ノヽ___;;;i |;, |                     |   ノ   ヽ、   :|
   l ( '〔 ー ,〕 〔, ー 〕' );.|                      | (●), 、 (●)、.:::|
   i 'ヾ  ̄ ̄:: ::  ̄ ̄ /;; |                      \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
    ー';ヾ、_,'(´'';; ;;' `);_ノ;; r'                       /`ー `ニニ´一''´ \
    |  /ヽ__`'ー'´__,ィヽuノ
    ヽ ヾ、;レ-ニニ-レ// /
     ヽヾ、,、 _ ,、'/ /
      ヽ '、゙ニ=ニ' ゙ /
       ヽ、__ ___ノ


      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ                                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、                               / /" `ヽ ヽ  \
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、   ご、ごめんなさい……              //, '/ 米   ヽハ  、 ヽ {  な、何も言えんにょろ……
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',                          ; 〃 {_{\  u /リ| l │   i ;
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',                            レ!小l●    ● 从 |、 i| .
    ,' _   l ー-  i    l                            ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ │;
    `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ                             | 八   {  }  _l /ノ   !
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ                             ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j //  i | {
    木下秀吉(やる夫の重臣)                          .l/ヾ三} l___/{彡'´}   i | ;
                                            ;  |l   ノl |二//|   l  ,イl|
                                            ;  | ゝー' ∧! //∧__j / l | ;

215 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:10:12 ID:2APSJPx.


   ∩___∩
   | ノ\    /ヽ
  /  ●   ● |   ……やる夫様!そりゃ言い過ぎクマ!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\  やる夫様はそう言うけど、
/ __  ヽノ /´>  )    佐久間たちほどの武将はそうは居ないクマよ!?
(___)   / (_/  
 |       /


       ____
     /⌒三 ⌒\  ……佐久間……お前はこの失態を前にして、何を持って自分の器量を誇るんだお?
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  お前程度の武将など吐いて捨てるほど居るお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  ……お前こそ、何を思い上がってるんだお?

216 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:10:39 ID:2APSJPx.


   ∩___∩
   | ノ    u ヽ
  /  ●   ● |   い、いや……佐久間はそういう意味では……
  | u  ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\   うううっ……
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/


            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \  !!!
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .| (ま、マズイ!
.        ヽ`⌒ ´    |   あの表情は佐久間殿を本気で殺る気だ!!
        {       /     は、はやく止めないと!)
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ     
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |


217 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:10:47 ID:w.wzbPlY
死亡フラグキター(w

218 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:10:59 ID:2APSJPx.


             ∧ ∧
             /*・ω・*ヽ      報告!!
          ,ノ      ヽ、_,,,
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   追撃隊が中河内方面と刀根坂方面のY字路で
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l      どちらを行けばいいのかと指示を求めています!
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
        堀秀政(やる夫の側近)


      ___
    /     \ ……ん。
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \ ……左の刀根坂の方から追撃するお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   / 左には疋田・敦賀の城が在るから、敵は味方の城を目指して逃げた筈だお。

219 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:11:33 ID:2APSJPx.


         ___
       /     \
      /   \ , , /\   ……こんなトコで問答してる暇はないお。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  お前たち!汚名を返上するつもりで追撃してくるお!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


  .!::::ヽ,. -─‐ ァ─、─-.、/:::::l
  ヽ:::::ヽ, -‐' ,;; ;;, `ー、;:;ノ:::::/
    l;;-';;-‐''" :: :: `ー-i゙‐-'!
   /`!:::  瓶 ::割り ::::::::i゙ヽ
   ! li;;;,,___ノヽ___;;;i |;, |   はっ!!×5
   l ( '〔 ● ,〕 〔, ● 〕' );.|
   i 'ヾ  ̄ ̄:: ::  ̄ ̄ /;; |
    ー';ヾ、_,'(´'';; ;;' `);_ノ;; r'
    |  /ヽ__`'ー'´__,ィヽ ノ
    ヽ ヾ、;レ-ニニ-レ// /
     ヽヾ、,、 _ ,、'/ /
      ヽ '、゙ニ=ニ' ゙ /
       ヽ、__ ___ノ

220 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:11:57 ID:2APSJPx.


          ____
        /      \
       / ─   ─   \  ……久太郎。
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |  グッドタイミングの報告感謝するお。
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ  ……危うく、頭に血が上るとこだったお。


             ∧ ∧
             /*-ω-*ヽ      ……はて?
          ,ノ      ヽ、_,,,
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ  某は、ただ報告をしただけです。
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ  何かを思い止まれたというのなら、それは殿のご英断でしょう。
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'

221 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:12:21 ID:2APSJPx.


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   ……む。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |  まっ、それでも感謝しとくお。
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ……
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)  (秀政のおかげで、なんとか事なきを得たが……
  | u   ` ⌒´ノ     この一件、遺恨を残さなきゃいいだろ……)
.  |         }   
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |


やる夫の言うとおり、右の道に逃げたのは雑兵ばかりで、
大将の義景をはじめ、有力武将はすべて左の道を選んでいた。
織田軍は刃根坂のあたりで、ついに朝倉軍を補足する。


223 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:13:33 ID:w.wzbPlY
この辺の信長の判断は神掛かってるよな。

222 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:13:17 ID:2APSJPx.

           ___
          ./    \
          .| ^   ^ |
          | .>ノ(、_, )ヽ、.| <あまり私を怒らせない方がいい
         __! ! -=ニ=- ノ!___
    /´ ̄ ̄ .|\`ニニ´/    `ヽ
   {      .|__  ̄ ̄ヾ      }
   i;;',,,  r---イ     /|,、_,,  ,',;:',i
   .l;';',;,,  }  /;\     / ヽ / ,;,;;',;l
   .|;;',;,   } ./;;;,, \   / ;;;;;;ヽ ,,;;','i
   i;',,   / /;;,',';;  ノ--, ',',;;::',',゙i ,,';';i
   i;,';  /./,',',';;" /   \ ',',',;;,'i ,;',i
  /  / i 、  /    ヽ ',;::'、|  \
 ヽヽヽヾ丿  〈       ヽ''  {////
  ```` ト,   i        | 、 i´´´
      |',',;;  }        ! ',',;;i
      |,','、 /        ヽ',',','|
      !;;', /          !,',;,;'|
      兼松正吉(やる夫の馬廻)

追撃軍の中でも、馬廻の兼松正吉などは慌てて飛び出した為に裸足で追撃戦に参加したのであった。


224 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:13:40 ID:2APSJPx.


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \  血だらけになっても追いすがるなんて、天晴れな働きだお!!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  褒美にやる夫の足半(草鞋の半分程度の長さの履物)をやるお!!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

そのために、足を血だらけにしていたのがやる夫の目に止まり、手ずから足半を貰い受けたという。
この時拝領した足半を正吉は家宝として残し、今でも伝えられているという。

225 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:14:14 ID:2APSJPx.


戦いは終始織田軍の一方的な攻勢で、朝倉軍はただ逃げ惑うばかりであった。
この戦いでの、朝倉側の戦死者は2000から3000といわれ、
朝倉一族や有力家臣の殆どがこの戦いで戦死した。


         /                 
        / _ _,,..-──‐──‐──‐--,
        <ζ,_,,__ ツ ン,..''_._.__ _""":::::::::: 
        ι,_ .--ニ..ノ(;(;(,ニ.-‐‐.、 /::::::::::::    ……結局、やる夫の軍に殺されるとは……
        i",.‐ニ○_ γ''"i.∠○ ニヽ ::::::::::::::::
        ,.''  ''"´/`` ,,,`γ''"''   :::::::::::    
      /     (.,_,. __,, i._    u  :::::: 
      .i ,. u   .i´ ,; ;, "``i、    ::::::::
     .i      ''"``' "´`'‐.、    ::::::::::
     .i  i   ,‐''"'" ̄´``' 、 _.   ::::::::::::
      i、i     ``‐-‐ '"     :::::::::::::::  
     斉藤龍興(美濃の元大名)

この時、朝倉に身を寄せていた斉藤龍興も戦死したのであった。

226 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:14:38 ID:2APSJPx.


___________________________
            ノ    ノ          (越前)
            ノ   ノ     ●木ノ芽峠       ::::::::::::::
            ノ   ノ                ::::::
            丿   ノ               ::
(若狭)       ::\_ノ●金ヶ崎          ::
           :: ●敦賀             :: 
           ::         ●手筒山   ::
           ::        ::::::::::      ::
           ::       ::   ::::::::::::::::::::
           ::      ::
  ::         ::::::::::::::::::::::
   ::       ::                  |\
    ::     ::             / ̄(  (  ~‐,
     ::    ::        ノヽ  ノ    (  |   ‐,
      ::::::::::         ノ  (_)     \|  _‐,
                 ノ              ~‐,
                 |     琵琶湖       ~‐
                 ヽ      (上部)       ~‐,
                 ノ                  ~‐,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫はそのまま敦賀城を落とし、ついにに木ノ芽峠を越したのである。
浅井長政の裏切りから、実に3年越しでの峠越え達成であった。

227 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:15:04 ID:2APSJPx.


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   とうとうぶっ潰してやったお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     ざまぁないお!!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


木ノ芽を越したやる夫は朝倉の本拠一乗谷城を占拠。

     /ニYニヽ
    /(。)(. ゚)ヽ   でっていう……
   /::::⌒`´⌒::::\
  | ,-)トェェェェイ(-、|
  | l  .|-┬-|  l |
   \  `ー-'´υ/

義景は大野郡まで逃れたが、そこで一族の朝倉景鏡に裏切りにあい自殺に追い込まれ、
義景の母と嫡男も探し出されて斬られてしまった。
こうして、越前守護として5代続いた朝倉氏は滅亡したのであった。

228 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:15:29 ID:2APSJPx.


また、3年前にやる夫を暗殺しようと狙撃した杉谷善住坊も捕らえた。


________ゝ.__  ;/   ノ( \;   ___   ノ
 |    |    |  ,| ];/  _ノ 三ヽ、_ \;エ"┬| |  ノ  ぜったいゆるさんぞ善住坊!!
 |    |    |  |└/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;   |  )
 |    |    |  | ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.; ' | | |<   じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!
、 |    |    |  ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;/ / |  )
  ヽ、  |   /^‐━, \_ `、`===='',/  _/ /\ |  └、
    ヽ、 | /ノ―、='、 \_二二`─´二二_/    \   Vヽ
      ヽ/´ /  / ̄`i、    ̄|| ̄        / \    ヽ/ ̄ ̄ヽノ⌒Vー-、/⌒V
      ノ  丿   l   | `i---┼-----------'´
      |   〈 l   〈 〉  |
      ゝ         ,/

善住坊は首から下を土に生き埋めにされ、切れ味の極度に悪い竹製の鋸(のこぎり)で首をひかれ、長期間激痛を与え続けられながら殺された。
ちなみに、これは徳川家康も大賀弥四郎という家臣に対して同じ行っており、江戸時代では公事方御定書に極刑の一つとして紹介されている。

229 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:15:52 ID:2APSJPx.


~やる夫の本陣~

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   朝倉景鏡が義景の首を持参して降伏してきたろ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   ……やっと終わったな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |


        ____
       /    \     ……確かに、朝倉とのケリはついたお。
.    /          \
.  /    ―   ー  \  しかし、この越前の地を誰に任せるかも難問だお……
  |    (ー)  (ー)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

230 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:16:17 ID:2APSJPx.


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   ココは一向門徒の勢力が強い土地だからな。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   すぐ上の加賀にいたっては一揆が事実上支配する国だし。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   朝倉も相当手を焼いたようだろ……
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     ____
   /      \   ……よし、餅は餅屋に任せてみるお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  旧朝倉の家臣……前波吉継に任せるお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

231 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:16:41 ID:2APSJPx.


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     
 |    ( ●)(●)    おいおい……、
. |     (__人__)     いくら前波吉継が、昨年に一番に投降してきたからって
  |     ` ⌒´ノ        それは優遇し過ぎじゃないのか?
.  |         }     
.  ヽ        }        それに、前波じゃ越前一国を統括できるか怪しいだろ。
   ヽ     ノ    ビシッ      能力的に考えて。
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (    
    |    |       ̄   ´


     ____
   /      \ ( ;;;;(  ……それも折込済みだお。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   やる夫も最初は勝家をこの任に当てようと思ったんだお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/  しかし、土地の性質上、誰を当てても一向一揆で荒れまくるのは目に見えてるお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |    そうなれば、勝家の命すら危ないかもしれんお。
  \ /___ /

232 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:17:07 ID:2APSJPx.


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  ……それなら、最初から一向一揆が起こる事を前提にした人事にするべきだお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   だから、前波には本領を安堵した旧朝倉家臣を、配下扱いで付けるお。
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \  ……朝倉では序列が上だった連中が、この扱いに不満を持たない筈がないお……


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    | 
     . (人__)      | ……混乱状態をわざと誘発した上で、
     r-ヽ         |     一向一揆が起こるのを待つと?
     (三) |        |
     > ノ       / 
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|

233 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:17:29 ID:2APSJPx.


          ____
        /      \  そうだお。
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \  そして、一揆のピークが過ぎたところで……
      |  (__人__)       |   ……一網打尽に「根切り」にするお。
       \ ` ⌒´       /   
        /  ー‐      ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   ……そうか……
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   願わくば……前波の統治が上手く行くと良いな……
  | u   ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

234 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:17:48 ID:2APSJPx.


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  ……そうなるといいお……
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


しかし、やらない夫の願いも空しく、半年後にはやる夫の予想通りの事態が起きるのであった。


241 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:20:35 ID:Rox4KsxU
越前の狂犬こと富田さんの出番ですな>一揆

235 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:18:18 ID:2APSJPx.

近江に軍を返したやる夫は、すぐさま小谷城を取り囲んだ。
支城は全て落とされ、堅牢を誇った小谷城も丸裸となり、28日には小丸を守っていた長政の父、浅井久政も自害。
もはや長政の籠もる本丸の陥落も時間の問題であった。


~やる夫の本陣~

      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ  
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、  
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、  
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ', ……大和守護の件も伝えてはみましたが……
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',  .  長政殿の決意は固く、降伏させるのはまず無理かと……
    ,' _   l ー-  i    l  
    `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ  
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ   


           /\           
      ___/::::::::ヽ-‐ー‐- 、._,ィ
      ';::::::::::::::::::::::::;、;:へ、ヘ:::::::::フ   
       ';:::::::::::∠レ´、   ,-‐ 、';:::::',   ……ただ、お市様とそのお子達だけは無事にお連れ致しました。
       ';:::::::/    ヽ/    ヽr‐-、 
       /'"7  ー   l  ー   l  i   長政殿もお市様とお子の事は頼むと……
       ',  ヽ、 ___ノ ヽ、 __ノ  ノ     ……それから「義兄を信じる事ができなかった事、申し訳なかった」と……
        `‐-'´ヽ   Eヨ  _,-´-=ニ   
             >ー-‐''´

236 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:18:40 ID:2APSJPx.


      ____
    /_ノ   ヽ_\  
   /( ー) ( ー)\  ……ん。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  猿、大儀だったお。
 |        ̄      | 
 \               /  お市を無事に連れ戻せただけでも良しとするお。


           /\           
      ___/::::::::ヽ-‐ー‐- 、._,ィ
      ';::::::::::::::::::::::::;、;:へ、ヘ:::::::::フ   
       ';:::::::::::∠レ´、   ,-‐ 、';:::::',  ははっ!
       ';:::::::/    ヽ/    ヽr‐-、 
       /'"7 <●> l <●> l  i  それでは、城攻めに戻りまする……
       ',  ヽ、 ___ノ ヽ、 __ノ  ノ  
        `‐-'´ヽ   Eヨ  _,-´-=ニ
             >ー-‐''´

237 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:18:59 ID:2APSJPx.


          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  ……お兄ぃ……
         〃 {_{ _ノ   ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
      お市(浅井長政の妻・やる夫の妹)


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\  お市……
     / .イ '(ー)  .(ー)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  辛い思いをさせて本当に悪かったお……
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

238 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:19:20 ID:2APSJPx.


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  ……だから言ったじゃない……
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|  ……浅井なんて弱小大名なんか嫌だって……
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   ……長政なんて、ウザくて、馬鹿で、アホで、頑固で……
             ヽ、  ⌒´   j /
            ヘ,、 __, イ        …………でも……でも…………
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /     ノ ' ヽ、  ヽ  ……お市……
 |    (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \

239 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:19:39 ID:2APSJPx.


9月1日、やる夫の降伏勧告を全て跳ね除け、浅井長政は自害した。


   _>、
   `i !  ,rー7、    ,-イァ
   .i.ヽー〉__ソソ   ,__r /`'   人生オロバス!
    ヾ  ソ  〈二二/
    /   /
 /::::\、__/
 ヽ;::::::::::イ
 /ヾ::::::i-'
.(:::::::!::::::,-、   ビシッ!
  ̄"ヘ;;;rソァ
   ノ_!"`´
 浅井長政(近江の大名・やる夫の妹婿)

こうして、近江に3代続いた戦国大名の浅井氏は滅亡し、朝倉氏と浅井氏との3年にも及んだ戦いにも終止符を打ったのである。

その後、密かに脱出していた長政の嫡子、万福丸も潜伏先の越前で捕縛され、関ヶ原にて磔にされた。
やる夫は小谷城に秀吉を入れ、浅井氏の旧領近江3郡の支配を任せると、帰陣したのであった。

240 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:20:00 ID:2APSJPx.


                                                 _
                                               /O \
              γ´/ 丿ヽ                            |. °  |
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿                          \_,/
          / //" `ヽ ヽ ヽ\  私は秀吉に嫁いで、              |
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ  秀頼を産んで……        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
        〃 {_{   ⌒  ⌒ リ| l │ i                    /            \
        レ!小l (●) (●)从 |、i|               .     /              ヽ  ボクは再婚で秀忠公に嫁いで
       丿ル|   、_,、_,    |ノレ リ                   /  /      \    |   三代将軍・家光を産んで……
          ヽ  ゝ._)    j /.                     |    ●    ●      |
            ゝ ,、__,  イ                       ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
           .y' |ヽ/ | \                   /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
        茶々(長政の長女・後の淀の方)           \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
                                     .   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
                                     .  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'
                                       督(長政の三女・後のお江の方)

        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、   おねぇさんは京極高次に嫁いでぇ……
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ .⌒   |,| ⌒ | l |     ……あれ?……私だけ……歴史に影響残すような子供……産んで……ない?
     l从  | (○)\l(○),ルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ  n.lr┬|n ,イi
        |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
          γ::::lヽlムレl:::ヽ
          l:::::,l::::|∞|::::!::::l
        初(長政の二女)

余談だが、この時に助かった長政とお市の娘たちは、以後の豊臣・徳川政権下においても多大な影響を残す事になるのだが、
それはやる夫の物語とは、また別の話である。


244 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:21:29 ID:dO24K4D.
ほんとこのころの血縁関係はこんがらがってる

247 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:22:35 ID:w.wzbPlY
>>240
蛍大名は最後の最後に凄い影響残してるぞ(w

242 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:20:50 ID:2APSJPx.


        ___(⌒ヽ
       /\  /⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ●)  (●) |(⌒ヽ  ほっとくわけにはいかん状況だお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、   北伊勢に出陣だお!
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │

9月24日、休む間もなくやる夫は岐阜城を出陣。
次なる懸案である長島の一向一揆を攻め立てるためであるが、
この様に急な出陣となったのは北伊勢の国人・士豪たちが長島側に応じて背いた為であった。

243 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:21:19 ID:2APSJPx.


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ  米   }_}ハ  朝倉が終ったと思ったら浅井……
       |i | 从 ノ    `ヽl小N
       |i (|  | ●   ● li|ノ   それも終ったら、休む間もなく長島攻め……
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|     相変わらず、やる夫様は人使いが荒すぎるにょろ……
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |

やる夫は、最初、美濃南端の太田に着陣。
近江からも・柴田・佐久間・羽柴・丹羽・蜂屋らが到着。
26日に彼らは手分けして敵城に襲い掛かる。
そうして長島側に呼応していた西別所城・坂井城と次々と落城させていった。


   ∩___∩
   | ノ  ノ ヽ、 ヽ
  /  ●   ● |
  |     ( _●_) ミ  佐久間と勝家にかかればなんて事はないクマ。
 彡、  /⌒)(⌒ヽ/
  ./  /  / \  ヽ   
  l    ノ    `ー‐'

10月8日には、桑名郡から三重郡にかけての敵城をことごとく降し、
降伏勧告応じなかった白山城には佐久間・羽柴の軍を派遣し、たちまち開城させた。


245 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:21:54 ID:2APSJPx.


この時、19歳の蒲生賦秀が一揆側の大剛の者を組み打ちで討ち取り、その首を本陣に持ってきたのであった。

~やる夫の本陣~


          , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
        /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
       //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、      やる夫様!見てくださ~い!
       //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
     .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
      li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ   我輩、一揆側の剛の者を手ずから討ち取って参りましたであります!
      リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
    / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
   /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
 ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/
: : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
   ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ
   蒲生賦秀(後の蒲生氏郷)

この賦秀は蒲生賢秀の子息で、元々は人質として岐阜城に居たのだが、
そこでやる夫にその才を見出され、娘の冬姫と結婚し織田一門となったほど有望な若者であった。

246 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:22:33 ID:2APSJPx.


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\ …………
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /


        /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       / |              |
      /  |                    |
    /    |__________|
   /   /   _, -─‐ - 、    /
   |  / / _.. -┸-、ヽ  /
   |/ /  /   \::::::::::/⌒ヽ   げ、ゲロ!?
    ̄7   |━━━-!........|-━ |
    /   |、    ノ..........、  |、   せっかくの手柄なのに喜んでおられない様子………
   /    |....ー-....´..................ー' | |
   /    |....ι............................./|   いったいどういうことでありますか……?
   l    i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′


248 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:23:10 ID:2APSJPx.


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ ……賦秀、こういった一騎打ちの勝敗というのは時の運が大きいお。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   確かに、こういった武功も大事だけど、お前のような一軍を率いる将が誇る功ではないお。
 \      ` ⌒´   /


       ____
     /_ノ   ヽ_\    身の危険を省みない功は、立場によっては手柄にはならないのだお。
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   どうだお?解ったかお?
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

249 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:23:44 ID:2APSJPx.


      _ノ`-、_,-一ー- ,_
      _)  r'´ ,____ `★、
     /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'__,,
   / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、
 /     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、   そ、そうだったでありますか!
./     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |       この賦秀、目から鱗が落ちた思いであります!!
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1 v .| 
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ       ……軍人として、我輩が軽率だったという事か……
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、  
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ⌒) ( ⌒)\   解ってくれればいいお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |  お前は必ず大成するだろうから、焦るんじゃないお?
 \               /

後に、賦秀は豊臣政権下でも重用され、やる夫が期待したとおり、最終的には92万石もの大領を預かる身となるのであった。
だが、その才を十分に発揮する前に40歳という若さで他界してしまうのである。

250 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:24:22 ID:2APSJPx.


敵城を次々と落城させたやる夫は、いよいよ一揆の中心部である長島を攻めるべく
準備を開始したが、ここで思わぬ難問に突き当たったのであった。

~やる夫の本陣~
       ____
     /ノ   ヽ、_\  くっ……船が全然集まらねぇお。
   /( ○)}liil{(○)\  
  /    (__人__)   \  船がなきゃ、十分に長島を攻める事ができないのに……
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  
  \    |ェェェェ|     /  信雄!北畠家に集めさせるように指示して置いたのにどうしたんだお?

251 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:24:57 ID:2APSJPx.


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    いやぁ~~、地元の商人やら漁師やらに総スカンされちゃって……
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ   船なんて、全然集まりませんでしたwww
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━   親父、サーセンwww
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /
   北畠信勝雄(やる夫の次男)


        .____
     ;/   ノ( \;  こ・・の・馬・鹿・息・子・がぁ~
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  サーセンwじゃねぇえお!!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

252 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:25:36 ID:2APSJPx.


 /`ーヘ
  _r-、 |   )´      お見せできないような凄惨な映像のため、しばらく本願寺顕如の美しい映像をご堪能下さい。
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、           /::::::::::::::::::::::::::::::\
 /  {  |   }  {`           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、   |:::::::          i
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ |::::::::     /' '\ |             ドカ!バキ!ドカ!バキ!
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }|:::::    -・=- , (-・=-
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ`| (6    ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ  
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o'  | |    ┃ノヨョヨコョョi.┃ |            「ぎゃぁーーー、親父!ごめんなさい!!」
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ | |    ┃.ト-r--、| ┃ |
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/' |  ヽ  ┃ヽニニニソ┃ ノ                ドカ!グシャ!
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   _c‐-、_,-‐ー-、__     ヽ. ┗━━┛ / _,-‐ー-、_,-‐っ_     
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ E≡        ~´⌒\::::.  ーーーーイ     ゞ   ≡∃    「いっぺん死んで、吉乃に叱ってもらってこいだお!!」
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl ̄`' ̄~`‐-、__,_   ィ   ,  ヽ  , )   _,、__,-‐'~ ̄`' ̄
 フ>'    / /  ! !         ~`;; ^  ー   '` ー ' ヽ`~               「ひぇぇーーーーー!」
o( {   __,ノ ノ   | |          l              ヽ
。゚く( _ノハ /__,,.  | |           |       ⌒      !
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |   ,-‐ー- 、__   l      ,,,@,,,      ノ  __, -‐ー- 、
    ヾ      | |  (      ~⌒              ⌒       )
               \         ヽ ■□■■□■ノ       /
                \   ヽ、     ヽ■□■■□    ,ノ    /
                  \    l`ー‐--ー‐■■□■□-ー‐'、   /
                   〉  イ     □■□■■    〉  |
                   /  ::|               (_ヽ \、
                  (。mnノ                `ヽ、_nm

253 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:25:58 ID:2APSJPx.


~10分後~

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \  ……父上、申し訳ありませんでした。
   //, '〆 :::::::  ) #\ ヽ
  〃 {_{:::::::  ノ ;;# ─ │i|    以後、この様な失態は2度と致しません……
  レ!小§  -==、:::::::'==-| イ ━
   レ §:::::#;;:.(__人__)  |ノ ┃┃
  /::::::: ゜。 ::::`ー'ォ。゜::::∩ノ ⊃(⌒´)
  (受\  ∞..;;#:::∞  /_ノ  ノ "  ケホッ
.  \ “;;;::.._∞∞_ノ∞/
    \。____  /


      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……ったく……
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  (吉乃の子とは思えん程アホの子だお……
 |        ̄      |    まったく、誰に似たのやら……)
 \               /

254 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:26:18 ID:2APSJPx.


         ___
       /     \
      /    _ノ ヽ、_.\  ……しょうがねぇから撤退だお。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  船がなきゃ攻めようがねぇお……
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

こうしてやる夫は長島攻めをあきらめ、長島への押さえとして西の矢田城に滝川一益を入れて撤退した。

しかし、撤退路は2年前に柴田勝家が負傷し、氏家直元が討ち死にした例の道であった。
一揆勢は再びチャンス到来とばかりに長島を出撃、撤退するやる夫の軍を先回りし鉄砲で襲い掛かった。

255 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:26:38 ID:2APSJPx.


          ___
        /     \
       /   / , , \\   よりにもよって、こんな時に雨で鉄砲が使えなくなるなんて……
     /    ( ●)  ( ●) \
      |       (__人__)   |
      \       ` ⌒ ´  ,/
      /          \
     /             _\__,==、_______ ___     
  r‐_│ │―┴‐'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`=='  |l = ェェ = ェェ = |l==l `ーi
  l /│ヽ ´\ _、_,.∋ュ-‐t‐i‐i‐i―-' ̄∩ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ~ヽ'-'-\___丿ー'       \_ノ
  `''''''~~~ ̄ ̄`ー'    

やる夫の軍も鉄砲での反撃を試みるが、途中から風雨となってしまい、白兵戦へと切り替わる。
その結果、殿を務めていた林秀貞の子の林新二郎が討ち死にし、その隊も壊滅という被害を出してしまう。

256 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:27:07 ID:2APSJPx.


       ____
     /   ノ( \  ……一度ならず二度までも……
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \   次こそは絶対に許さんお……!
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

やっとの思い出大垣城に着いたやる夫であったが、二度の手痛い敗戦により、
一揆勢への怒りは頂点に達そうとしていたのだった。

257 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:27:27 ID:2APSJPx.


_______________________________________________
                                                   
                            __             __    
                            ,,-‐'´   `'‐‐、       ,,-‐'´   `'‐、  
                       ,,,,--          !、,_,,-‐‐-'´        `i   
                _、,_,,-‐‐-                              |       ●大阪
            ー-‐'´                                    ヽ                   ●若江
           '´                                          ヽ 
        _,,ノ´                                          ヽ      
_,,,_,,,,,-―‐'´                                              ノ   
                                                    ノ
                                                   │
                                                   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

11月10日、やる夫は再び上洛した。
将軍方としてやる夫と敵対した畿内の者たちの後始末をつけるためである。
まずは佐久間の軍に若江城を攻めさせた。


258 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:27:47 ID:2APSJPx.


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ  ……若いのに、裏切られて切腹なんて、
   /  ●   ● |    敵ながら哀れクマ……
   ミ   ( _●_) ミ
  -(___.)─(__)─

城主の三好義継は、やる夫には適わないとみた家老たちの裏切りにより切腹に追い込まれてしまう。
義継は、この時まだ25歳の若さであり、思えば幼くして三好長慶の養嗣子となって三好宗家を継いだものの、
三好三人衆や松永久秀に翻弄され続けた短い生涯であった。


259 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:28:15 ID:2APSJPx.


~京都・やる夫の仮屋敷~

       ____
     /⌒  ⌒\  先の三好の捕虜の中に、有名な料理人の坪内が居たのかお?
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  さっそく、ここに連れてきて、何か作らせるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  


  (*゚ー゚) <はっ

260 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:28:38 ID:2APSJPx.


~1時間後~

         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|  ふん……どうぞ……
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :| 
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::| 
.     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +
   坪内某(三好の料理人)


       ____
     /⌒  ⌒\   おお、美味しそうだお!
   /( ⌒)  (⌒)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  いただきます!!
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/ )'    _ /  ムシャムシャ……
   ( ^ノ ̄       ヽ

261 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:29:00 ID:2APSJPx.


           ____
         /      \  ……
        / ─    ─ \
      /   (○)  (○)  \  (京風……を通り越して味がまったくしねぇお……
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/   いくらやる夫が田舎者でも、京風の味付けぐらい知ってるお。
      /     ー‐    \   ……さては、やる夫に知ったかさせて、笑いものにするつもりだお……ならば……)


       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \   ……なんだお?このクソ不味い料理は?
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )   こんなものしか作れん奴に用はないお。
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、  誰かある!……コイツの首を切り落とすお。
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ

262 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:29:24 ID:2APSJPx.


         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|  え……えぇぇ!?
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :| 
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´ u }::}ニヾ::|   (そ、そんな簡単に殺すだと……!?)
.     l」   / ''''  、  u  }::7´ |::|
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|  ちょ!……お、お願いします!もう一度だけチャンスを!!
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +


           ____
          / \  /\ キリッ
        / (ー)  (ー)\
      /   ⌒(__人__)⌒ .\  ……ふむ、ならばもう一度だけチャンスをやるお。
      |      |r┬-|    |
      \     `ー'´   /   「今度はちゃんと」作るんだお?
        \ ,,,,    ,,, /


263 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:29:47 ID:Rox4KsxU
料理人こいつかwww
確かに腕利きの料理人だけどw

264 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:29:51 ID:2APSJPx.


         , ,. .__
       __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
     /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
     〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
.     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|   はっ、ははぁ~……
     l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :| 
.      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´ u }::}ニヾ::|  
.     l」   / ''''  、  u  }::7´ |::|
      〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|  
      ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
      ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
.      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
  -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
   +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +

こうして、次に出てきた料理にはやる夫は満足し、坪内を赦免したのであった。
後日、坪内は「最初は三好家用の1級の味付けで出したが、駄目だったので
今度は田舎風味の3級の味付けでだしたのだ」と吹聴したと云われる。

それを聞いたやる夫は、


     / ̄ ̄ ̄\  
   / ─    ─ \  食べる人間の舌に合わせて作るのが本物の一流料理人だお。
  /  (●)  (●)  \
  |    (__人__) ノ( |   それも出来ずに自分のオ○ニーに耽って、
  \    ` ⌒´  ⌒/    客に自分の料理に迎合するよう要求する奴なんて3流もイイトコだお。
   ( ヽ  ___ ././

と言って、特に取り合わなかったという。

265 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:30:38 ID:2APSJPx.


    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /  もう一丁いくクマよ!
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    /
  /    ヽノ   /´

若江城を葬った佐久間の軍勢は、続いて松永久秀の籠もる多聞山城を包囲した。

           ____
         /      \
        /  ─    ─\  信盛、久秀に降参を進めてくるお。
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |  条件は多聞山城を久秀の溜め込んだ財宝諸共、
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \  そのままの状態で明け渡すことだお。

266 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:31:05 ID:2APSJPx.


   ∩____∩
   | ノ ノ   \ヽ    ……久秀なんてぶっ殺しちゃった方が良くないクマか?
   /  ●   ● |
   ミ   ( _●_) ミ     アレは人の下で甘んじるようなタマじゃないクマよ?
  -(___.)─(__)─


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  久秀には、まだ利用価値が有るお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |  特に大和の筒井等への牽制に使えるお。
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \ ……それに、やる夫はあのジイさんは何か憎めんのだお。

267 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:31:29 ID:2APSJPx.


    ∩___∩
    | ノ       ヽ    ふ~ん。
   /  ●   ● |_
   |    ( _●_) ⊂ ` ̄\  やる夫様は、相変わらず物好きクマね。
  彡、   |∪|   ` ̄ ノ
  /__  ヽノ   / ̄ ̄   ……ま、そこもやる夫さまのイイトコなのかもしれんクマが。
 (___)     /


      ,..-──- 、
      /. : : : : : : : : : : :\
    /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',   今回はここまでか……
   {:: : : : :i -'  ゙ー i: : : : :}
   {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   まぁ、次に期待するしかないかのぉ……
   .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
    ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
     .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
     __ィrlニ` ー一'´二 |二=、
   松永久秀(多聞山城城主)

12月26日、久秀はその条件を呑み居城を開けて降参した。
久秀の多聞山城は西日本随一といわれたほどの豪華な城郭であり、
そこには至宝ともいうべき絵画や茶道具が保管されていた。
やる夫はこれ等の宝が失われてしまう事も恐れたのである。

268 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:31:58 ID:2APSJPx.


~1574年(天正2年)1月1日・岐阜城~


       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + + いやぁ~、今年の正月は特に目出度いお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |    今回も無礼講だお!好きなだけ飲んで食ってくれお!
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |   |  |
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| 豊|登|
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. | 8 | 9|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___ ̄  ̄
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


                ガツガツガツガツ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ
         //, '/  米  ヽハ  、 ヽ  でも、ハグ去年はガツホントにガツ色んなハグ問題が
         〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i|
         レ!小l彡    ミ 从 |、i   ガツガツ解決したハグ年ガツだったにょろねハグハグ
  .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |

269 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:32:21 ID:2APSJPx.


       ____
     /⌒  ⌒\   はっはっは!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  万千代!食うか喋るかどっちかにするお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /  なに言ってるか全然解んねぇお!
       ̄ ̄ ̄


       ____
     /⌒  ー、\  
   /( ●)  (●)\ ……おっと、そういえば、みんなの酒の肴に
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    去年の勝利の証を用意したんだったお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /   みんな、じっくり見てくれだお。

270 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:32:45 ID:2APSJPx.


           /、;:;:;:;:``;:ー‐--;、、;:;:;:;:;|;:;:;l
          / ``―-:z、、;:;:;:;:;:;`'ー-+-┤                ,,、
          i         ` ‐- 、_/_l          ―ーュ  ..-\`\
         .|               :::ヽ         │  !  \_`ゝ、┘   /゙ゝ、
         |    :::::;;;、",r'''゛゛~''i ` ,r'::゛ヘ〉        │  !    `ー'´     `' 、  ゙' 、     .. 、
         iッ   :;;、ヾ ゙i  、ノ  ヽ、 :;{,         │  ゙''ー-..__          ゙'-┘     / ´7
         ゙i   ゛'-゙    ゛'''゙ `,;;゙ ./ヽ `'i         │ ┌-..,, ´"‐ 、             _/ 丿
         ヽ ヾ'-ー-..,,_  ..::;;  i, _、i (′        │  !   `''‐/            _..r┘ _/
           'ゝ -ー゙i   ゛'ト  _ ,_、,、,_,_,〈          │  !           ........--‐‐"` _..r''´
                'i、 (,::jトj,i゙tt,j,j,j.j.i′        │  !           | ___..--‐"´
                ヽ  ヾ,ftrr,r,r,rイ,         '''''''′           `'´
                ゛-..,,_   ゛'`゛' ゙{
                   ゛''--ー-´

271 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:33:07 ID:2APSJPx.


      ∩___∩
      | ノ  _,   ヽ   わぁお!
     /   ─   ─ |
     | ////( _●_)//ミ   これが長政と久政と義景のしゃれこうべの薄濃クマね?
    彡、   |∪|  ノヽ
     /ヽ /⌒つ⊂⌒ヽ |  こいつはオツな肴だクマ!!
     |  /  / k  l  | l
     ヽ、_ノ    ヽ,,ノ


      ____
    /_ノ   ヽ_\   ……こいつ等とは、血で血を洗うような戦いをした間柄だけど……
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  それも、武士の定めだお。だから死んだ後はこうやって供養してやるんだお。
 |        ̄      |
 \               /  ……でも、やる夫は生きてる長政に協力して欲しかったお……

272 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:33:31 ID:2APSJPx.


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   お兄ぃ!祝いの席でそんな辛気臭い事言わない!
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  他の二人はともかく、長政はこうやって一緒に祝いの席に出れて
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|   きっと喜んでるよ!
          レ /// 、_,、_, /// |ノ    
             ヽ、       j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、


       ____
     /⌒  ⌒\  ……ん。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  そうであってくれる事を願うお。
  |             |
  \              /   ……さっ、みんな、どんどん飲むお!

273 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:33:59 ID:2APSJPx.


                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                  |   ⌒  ⌒  |   よし!ここはオレがスペシャルな舞でも見せてやるだろ!!
                |// (__人__)//|
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ 
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/      /     ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
              /   ノ {=   | |
 +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、

274 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:34:20 ID:2APSJPx.

  .!::::ヽ,. -─‐ ァ─、─-.、/:::::l
  ヽ:::::ヽ, -‐' ,;; ;;, `ー、;:;ノ:::::/
    l;;-';;-‐''" :: :: `ー-i゙‐-'!
   /`!:::  瓶 ::割り ::::::::i゙ヽ
   ! li ;;;,, __ノ ,、ヽ、___;;;i |;,|  うぃ~、ひぃっく!
   l ( ;;〔 ー ,〕 〔, ー 〕;;);.|
   i 'ヾ  ̄:;:,~:: ::  ̄";:: ̄/;; |  ……んじゃ、ワシは長政殿と酒でも飲むかの!
    ー';ヾ、_,'(´'';; ;;' `);_ノ;; r'
    |  /ヽ__`'ー'´__,ィヽ ノ   薄濃に酒を注いで……どくろ酒じゃ!!
    ヽ ヾ、;レ-ニニ-レ// /
     ヽヾ、,、 _ ,、'/ /
      ヽ '、゙ニ=ニ' ゙ /
       ヽ、__ ___ノ

275 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:34:53 ID:2APSJPx.

                   / ̄ ̄\ 
                 / ノ  \ \  
                  |  (≡) (≡) |   これがホントの無礼講ダンス!だろ
                |// (__人__)//|                           これ、おもしれぇお! ____
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ                               ぐ         /_ノ ' ヽ_\  
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、                ぐ  る       /(≡)   (≡)\       ∩2z
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /                る   ん     / /// (__人__) ///\_ ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/                十  ん         |     |r┬-|      |.  /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +                ,  '     \     ` ー'´    / /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ                     / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //               C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/      /     ノ/ _/―''                  &  \____/      / ∩   ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十                   ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ | |'´   /   十
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +                 /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
              /   ノ {=   | |                                     /   ノ {=   | |
 +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、                      +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、


   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  あばばばば!!!                    ガツガツガツガツ
 / /   ( _●_)  ミ/                               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
.(  ヽ  |∪|  /                                / /" `ヽ ヽ
 \    ヽノ /                              //, '/  米  ヽハ  、 ヽ  スモチ!スモチ!
  /      /                               〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i|
 |   _つ  /                                レ!小l彡    ミ 从 |、i
 |  /UJ\ \                        .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│
 | /     )  )                              /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |
 ∪     (  \                           \ /:::::| /  /__, イァ/  /
        \_)                     .       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
                                      ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |

276 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:35:16 ID:2APSJPx.


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     …………カオス過ぎでしょ……
.   |   `-=ニ=- ' .:u::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

こうして、新年の祝いの席は賑やかに進んでいったのであった……

277 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:35:49 ID:2APSJPx.


                                           ,、-
                                                ;
..,,,_   ;;;;;`  ```"''ー、、                                  、‐"`
 : ゙゙"'ー-、,,、        ヽ ,;                          (
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、:    .`.''''"`、                       ,"
: : : : : : : :       `゙'-、、      ⌒ヽ
 : : : : : : : :        `ー--,.       ゛-‐-、             ,、、`丶
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、.         ;;   γ⌒、.'"
        丶.-、: .        `'、、        ``
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
            ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛                      ゙''、,,         /⌒


ついに宿敵であった浅井・朝倉を倒し、やる夫は近江・畿内の平定を成し遂げた。
しかし、石山本願寺に長島一向一揆、そして東の武田も信玄は亡くとも未だ健在であり、
やる夫を取り巻く状況は、まだまだ油断ならないのである……

第13話 完

278 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:36:10 ID:2APSJPx.

CAST

織田信長・・・・・・やる夫

一雲斎針阿弥・・・・・・やらない夫

お市・・・・・・やる実

北畠信雄・・・・・・ぎゃる夫

丹羽長秀・・・・・・ちゅるやさん(涼宮ハルヒ)

柴田勝家・・・・・・般若面

明智光秀・・・・・・ダディ

羽柴秀吉・・・・・・坪内地丹(かってに改造)

佐久間信盛・・・・・・クマー

堀秀政・・・・・・帝王ちんぽっぽ

蒲生賦秀・・・・・・ケロロ(ケロロ軍曹)

兼松正吉・・・・・・エース・カイン

浅井長政・・・・・・伊織順平(ペルソナ3)

茶々・・・・・・めぐる

初・・・・・・やる奈

督・・・・・・オプー子

斉藤龍興・・・・・・金太郎(珍入社員金太郎)

朝倉義景・・・・・・でっていう

松永久秀・・・・・・ヌケドナルド

本願寺顕如・・・・・・中村ノリ

坪内某・・・・・・海原雄山

279 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/28(土) 21:36:56 ID:2APSJPx.

ちょっと短いですけど、本日の投下分は終了になります。

ご観覧頂いた皆様、誠にありがとうございます。

次回は明日の13:00ごろを予定しておりますので、

ご覧いただければ望外の喜びですw


281 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:38:08 ID:Rox4KsxU

どう見ても供養してるように見えないっすよやる夫さんw

282 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 21:50:13 ID:w.wzbPlY


>>281
髑髏を薄濃(はくだみ)にするのは立川流密教の供養。
敵の大将首を肴に酒宴ってのも、当時としてはそれほど珍しい行為でもない。

283 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 22:03:26 ID:jepJI9RQ


包囲網も一段楽したな

285 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 22:29:41 ID:5OdgtTXo

現代とは感覚が違うとわかってはいてもやっぱ髑髏酒はひくなあ
なんつーか人肉喰いに通じる恐怖があるんだよ
そういう時代っちゃ時代なんだろうな

287 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 22:51:04 ID:VoPeP.ZE
骸骨ネタは大抵信長の恐ろしさ、狂気を現すネタにされてるんで
こういう描写はちょっと新鮮だな。

289 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 23:02:51 ID:gK9kMRcQ
久しぶりにやる夫信長のうつけっぷりをみたwwwww


290 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 23:07:14 ID:F5CftkQQ
無礼講w
お市までwww

292 : 名無しのやる夫だお:2009/11/28(土) 23:36:52 ID:ADaWp57o
乙ー

>>285
もう一つ付け加えると、ドクロに金箔は当時の資料にあるが、ドクロ杯にして酒飲むってのは実は当時の資料にない。

江戸時代の野史講談の類にも見えず、出てくるのは、戦後の小説やゲームなどによる武将紹介記事などから。

295 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 03:07:08 ID:vpNFnyV6
乙!
信長はホント、日本人離れしてるよなぁ。
考え方というかなんというか、その辺が革命的すぎて、比べられる人間がいないよ


関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する