やる夫が天下布武を目指すようです 第14話

296 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:00:16 ID:EMJtD0QY

第十四話 「長島一向一揆」

1574年(天正2年)1月、岐阜に戻っていたやる夫は、
僅かな供で久しぶりに美濃の村々を見て回っていた。

       ____
     /⌒  ⌒\  久しぶりの巡回だけど、
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  特に問題もなさそうで安心したお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 
   織田信長(通称:やる夫)


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)  この辺りは、ここ数年戦火に晒されていませんからな。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ   領民たちも、安心して作物づくりに励めるのでしょう。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
   一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

297 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:00:45 ID:EMJtD0QY


ザワザワ
    ,、_,、  ,、_,、  ザワザワ
  ,、_('・ω)(ω・`)、_,、
 ('・ω)u゚  ゚uu(ω・`)  
  ゙uu゚( '・) (・` )uu'
    ゚uu゚  ゚uJ゚



          ____
        /      \  ……ん?
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \  何やら領民たちが騒がしいお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       / ……よし!やらない夫!久太郎!二人だけついて来るお。
        /  ー‐      ヽ    残りの連中はここで待機だお。

298 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:12 ID:EMJtD0QY


             ∧ ∧
             /;・ω・ ヽ      と、殿!?
          ,ノ      ヽ、_,,,
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   ……針阿弥殿、いかがなされます!?
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
        堀秀政(やる夫の近習)


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  やれやれ……
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)  ま、他の連中もココに居るんだからダイジョブだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ……置いてかれないうちに急ごう。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <

299 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:34 ID:EMJtD0QY


~村の広場~

           ____
         /      \
        / ─    ─ \  どれどれ……?
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |  いったい何の騒ぎなんだお……?
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

300 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:01:59 ID:EMJtD0QY


__,, --、  ,, -,=- _,,_
ニ=::::::::`v'´::::::´ ̄.:::::.`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..r\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..l    さぁさぁ……他にお困りのお方は居られませんかな?
:::::::::::::::i|::::::::::::i::::::::|.l::::::::::::::::::|
::::::::  |i.|i::::i::/|!||/|| .|l:::::::::::::::|     この無辺の神通力により、どんな病も怪我もピタリと治めてしんぜようぞ。
.ヽ:::::i|l|l.'⌒ヽ_l;|i.'⌒ヽl::::::|i|;:||
ゝ,∨ノ ゝ.__ノ⌒ゝ.__ノ .!::::l jノ      さらに、我が奥義の前では災いは弾かれ、
::::( .(_   '      )ノ
ヽ_'_::::ヽ:.. .i,  ,i   ;-';:/          末法においてはすべての罪が消えもうす。
;:;:;:|:::::::|:.. /;;;竺;;,ヽ::|;:;l
;:;/ヘ:::::l;:. ヽ__,,,__ノ::l;;リ            何故なら、拙僧は弘法大師の生まれ変わりでありますからな
/.:::::::ヽ::`ー'''''''''''ー':/
:::::::.. 、ヽ;::::::.......:::;/             ……ささ、次にこのありがたい教えを受けたいのはどなたですかな?
::::::i::. ミ `ー--‐i''
ヽ、|::.. ミ,  ..::ノ{-、                 
. `\::  ヾ;;:::/::;|ト、 .''iー::、_
ヽ、. `\ ヽ:|:::!リ   し  |`'r、
     `'-==テ'       | j ヽ.

301 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:02:32 ID:EMJtD0QY


                       _,. --  ´ ̄ ̄ '' - 、
                    , ´               `ヽ、
               /                    \     あ、あの……無辺さま!
              /                       ヽ
                 /                         ヽ   最近、私も血の道の通りが悪いのか、
              l         l  l  l  l   l l   l l l  l l  l   l
                |     l  l  l  l  l   l l   l/ l  l l  l l   |    何やら眩暈が酷く……
                 | l  l   l / / /_/ll_/,l l  j//  l l  l l  |
                | l  l  l / / /l´/ `7lノ7ナl  ///¬ナメ、/l,l  l    母も調子が悪いようですし……
             | l l  l  f ,イ/ノ,.r=,≠=- ノ//,ム=//'、/ /l   ,!
              | l l l  l / ト={イ匕ソ  ' } __,f/(万`ゝハ//| /
                l l l l  '  | ヽ.    (ソ⌒lj` ̄  /ナ/ jノ
              lハヽl l l  |   ` ー‐''´    ` ー-ィ´/ ′
               リ 丶ヽヽl  j\ lj     __,,.   / /
                 \N  l   \     ´    ィ´ /
                     ヽヽ l     丶、_,. イl/ll /
                  ____ソ__    |    レ' ル'

302 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:03:00 ID:EMJtD0QY


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] ==il]] 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ _l|  _j|   _l|  _j|   _l|  _j| 
::::::|:::::::|::l:::|:::l:|:::::::|::::::::::::::::::丶 ̄  , = v‐- 、´    ̄    ̄     ̄ 
l:::::lハハl|::|::|:::l:|l::l:::|::l::i:::::::::::l::l:l   ,イ    !   |             
Ⅳl_」」|lVlVVリリルLlトl:::::::::::Nノ  / { ___ | _j             ふむ……
__f'´=ェュミY__Yイrェ=lトハノ,ハノ  / 、j, ´⌒l  ̄l`‐-、            
 ヽ  ̄^ ハ`ハ~ ̄ ノ r┴──'─ -|  _,| __ l-‐'‐ヽー--------┐   ならば、拙僧の奥義「臍くらべ」の出番ですな。
  `ー‐''l   l`ー'´ |         、l⌒l j⌒|           l   
ヽ、   ,rj   ト、   ノ|  臍 く ら べヽーヘ、_ノ 臍 く ら べ 券   |     料金は30分150文となっており申す。
:::::ヾ ,人_、  j丿 イ.:.:l             l            l    
::::.:.j  ,.-、二,.-、 }.:.::|    《30 分  》  |    《30 分 》   !      ささ、この券を一枚お買いになり、拙僧とあちらの民家へ……
::::.:.{ ノ‐'亠亠'-ヘl.:.::|-───-───┼-───-──-|    
:::::.:`ヽ、__,.--、__,ン ::/|              |                 l    
ヽ::::.:.:'''""""""'''.:.//l  臍 く ら べ 券    l  臍 く ら べ 券   |    
::::ヽ:.:.: 冫_< ..::/:ハ |              │           │    
 ::::\:.:.:......:.:.:.ノ:: .:::}l    《30 分 》   l    《30 分 》   !    
  ::::::::: ̄ ̄::::  / |-───-───┼─-───-──|      
ヽ         / ハ            |                l


303 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:03:26 ID:EMJtD0QY


           ____
         /      \  ……おい、そこの無辺とかいう坊主。
        /   ─    ─\ 
      /    (●)  (●) \  ちょっと待つお。
      | ノ(   (__人__)   |
       \⌒     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


__,, --、  ,, -,=- _,,_
ニ=::::::::`v'´::::::´ ̄.:::::.`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..r\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..l    ん?
:::::::::::::::i|::::::::::::i::::::::|.l::::::::::::::::::|
::::::::  |i.|i::::i::/|!||/|| .|l:::::::::::::::|    お侍……殿?……如何なされたかな?
.ヽ:::::i|l|l.'⌒ヽ_l;|i.'⌒ヽl::::::|i|;:||
ゝ,∨ノ ゝ.__ノ⌒ゝ.__ノ .!::::l jノ     順番ならお守りいただかないと……
::::( .(_   '      )ノ
ヽ_'_::::ヽ:.. .i,  ,i   ;-';:/     (……噂の地方妖怪・三角饅頭……?)
;:;:;:|:::::::|:.. /;;;竺;;,ヽ::|;:;l
;:;/ヘ:::::l;:. ヽ__,,,__ノ::l;;リ
/.:::::::ヽ::`ー'''''''''''ー':/
:::::::.. 、ヽ;::::::.......:::;/
::::::i::. ミ `ー--‐i''
ヽ、|::.. ミ,  ..::ノ{-、
. `\::  ヾ;;:::/::;|ト、 .''iー::、_

304 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:03:52 ID:EMJtD0QY


           ____
         /      \  やる夫はお前の客じゃねぇお。
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \  それよりも聞きたい事が有るお。
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/  ……お前、生まれは何処だお?
      /     ー‐    \


            _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、
         ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  はっはっは!
         ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l
.    く     〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll   拙僧が生まれ出でたのは
     る   N(  )^ー' j rソ:l
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ',   天にあらず!地にあらず!空にあらず!
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7:::   ……すなわち無辺でござるよ。


305 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:03:53 ID:rZ5dl4dY
これは斬罪に処すべきww

306 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:04:28 ID:EMJtD0QY


..      ____
     / ―  -\  ……有情無情は天地をはなれることあらず。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   天地を離れ、いったい何処に安心立命するのだお?
  |       ` ⌒´   |
.  \           /  ……さては貴様、物の怪の類だな?
.   ノ         \
 /´            ヽ    ……やる夫が試してやるお。

307 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:04:55 ID:EMJtD0QY


       __[[l _「l_[[l
      └; 〈  └; n│ __  ,.、
         /∧〉  〈/〈/  フ ∠ ヽ>/>
       、-- 、ノレ'⌒Z   ̄ ̄  lニ/  />
      , -`       ̄`ヽ、          </ />
     〃   ,_i_l,、ハl、i_,、 `ヽ        ◇  </
    l' nVl_V _`Y´'_'_ハlハ ,〉       ◇
    ll lkj'j ヽ. ̄ 人  ̄丿ハj /      ……え!?
     |.lu( ゝu ̄    ̄ 〉' ′ 7
     | l,ハ `l ゚    u,イ    ゝ      い、いや……も、もしもし……?
       lノ ヽ. l   門 リ  ∧/
     ノ>- 、ヽ、 凵 /        ……っていうか、やる夫……?
    /´    `丶7´
   /         \          …………もしかして、やる夫ってあの……
  /   ヽ         ヽ


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \ ……その通りだお。
  /  (●)  (●)  \
  |    (__人__) ノ( |  やる夫が織田信長だお。
  \    ` ⌒´  ⌒/

308 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:05:21 ID:EMJtD0QY


   /   ,l /^! /l //l     \
   /l/l//l7ヽ|/ | ///l/l   ////
  / 「|l/´ ̄ ヽ j/, --'、l/l l////
   ハ { ==  }_/ _ Vく////    …………マジ?
  ,/j /丶_ ノ l、  ̄  l レl,//
  {(l〈 u     `ー‐ '´l、//
  ヽハ       u _ノレ' /
   | l l丁l T l  / //
´ ̄/l l. 「  ̄`'|  / //′
 ./ハ l  l     l / /l'l \
 l l.  l  !、  j ' / l l  ヽ、<
 .l l  ヽ Ll丁l7/   //    \ 
  ヽヽ__   ̄´  _//      ∧  
   `‐- ニニニニ --'        / ヽ、


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \   大マジだお!
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |   ……やらない夫!焼き鏝を用意するお。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \   久太郎はその坊主をしっかり捕まえておくお!

309 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:05:42 ID:EMJtD0QY


   / ̄ ̄\                              ∧ ∧
 /   _ノ  \                             /*・ω・*ヽ     はっ!
 |    ( ●)(●) はっ!                   ,ノ      ヽ、_,,,
. |     (__人__)                      /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ  
  |     ` ⌒´ノ                     { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
.  |         }                     '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   
.  ヽ        }                      ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
   ヽ     ノ                        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
   .>    <
   |     |


       __[[l _「l_[[l
      └; 〈  └; n│ __  ,.、
         /∧〉  〈/〈/  フ ∠ ヽ>/>
       、-- 、ノレ'⌒Z   ̄ ̄  lニ/  />
      , -`       ̄`ヽ、          </ />
     〃   ,_i_l,、ハl、i_,、 `ヽ        ◇  </
    l' nVl_V _`Y´'_'_ハlハ ,〉       ◇
    ll lkj'j ヽ. ̄ 人  ̄丿ハj /   ちょ、ちょっと待ってください!
     |.lu( ゝu ̄    ̄ 〉' ′ 7
     | l,ハ `l ゚    u,イ    ゝ   出羽です!私は羽黒山の者です!
       lノ ヽ. l   門 リ  ∧/      弘法大師の話も神通力の話も全部嘘です!!
     ノ>- 、ヽ、 凵 /         
    /´    `丶7´         ちょっとした出来心で……ごめんなさいぃぃぃ!!
   /         \

310 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:06:05 ID:EMJtD0QY


      ___
    /     \  ……ったく、一向宗だけでも頭が痛い時に、
   /  _ノ '' 'ー \      怪しい話で領民を惑わせやがって……
 /  (●)  (●)  \  
 |      (__人__)    |  だいたい、「臍くらべ」って何なんだお?
 \      ` ⌒´   /    誰か、コイツにその「臍くらべ」をされた奴は居ないのかお?
                   


               ,. -─r'T ̄TTヽ、
            , ィ〈     l│ │l  ト、
              , イ  ヽヽ_. -┴'─‐'┴-、j  〉、
           /∧\ /: : : : : : : : : : : : : :`ヽノ〉   は、はい!
         /: :l、_`7: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        f.: :〈`‐/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`、  私、先ほど……
          |.: : :l-イ: ://: : i: l: : : :/:l: : : : :l: l : :l ハ
         l: : : lニl: :l:l: : : !: l: : イ: :l : : : :ノ:/: : l:l: :}  あ、あの……申し上げにくい内容なのですが……
.          l: : : ヒト、l:l: :/l:/l :/ l.:/l.: :/l/_L://: /
          ヽ: : {ハ :N.:/ 7lナ二l/ソ/ /'-ノ///    ゴニョゴニョ……という訳です(ポッ
           ヽ.:ヽゞレ`ーf^==''´)-‐(゙〒"/フ
             \`Tト、 `'i--‐"  ヽ`iフ′
               ヽリ \ :::::::: ー_‐'::/
               _ノ\   丶、__ ,/

311 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:06:30 ID:EMJtD0QY


        .____
     ;/   ノ( \;   ぬぅあにぃぃぃぃっぃ!!
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  そりゃただのS○Xと前戯じゃねぇかお!!!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;   こんの腐れエロ坊主がぁぁぁ!!


   /   ,l /^! /l //l     \
   /l/l//l7ヽ|/ | ///l/l   ////
  / 「|l/´ ̄ ヽ j/, --'、l/l l////
   ハ { ==  }_/ _ Vく//// 
  ,/j /丶_ ノ l、  ̄  l レl,//
  {(l〈 u     `ー‐ '´l、//    ひぃ!?
  ヽハ       u _ノレ' /
   | l l丁l T l  / //      ひぃぃっぃぃぃぃぃぃぃ!!
´ ̄/l l. 「  ̄`'|  / //′
 ./ハ l  l     l / /l'l \
 l l.  l  !、  j ' / l l  ヽ、<
 .l l  ヽ Ll丁l7/   //    \ 
  ヽヽ__   ̄´  _//      ∧  
   `‐- ニニニニ --'        / ヽ、

312 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:06:57 ID:EMJtD0QY


                                 
                   __     ―    /ヽ
                /     ̄ ̄      二 ///
                /  /   / /   ニニニ 三//
           /   /   /      二二  ///
          /    //            三///
        /     /       /   三二 ///
                    /      r~ ̄`ヽ'
       |l  l  l|  / /  ____   ( ⌒}
       l|l!   ll|     /_ノ    \ 彡 /   やる夫はお前みたいな似非坊主が一番嫌いなんだお!
       |  !   !|  (|{(● )      \ /
       l|    |!i  (ノ、__) ⌒::::     `,     あの世に行って空海に詫びて来るお!!
        |    !|   i‐┬|         |
                l___|_|        /
                  `/⌒ 、
           \ \\


            〆
          | //
   /   ,l /^! /l|ノ /l     \
   /l/l//l7ヽ|/ |/  i/l/l   ////
  / 「|l/´ ̄ ヽ ,i  |i-'、l/l l////
   ハ { ==  },'  |i_ Vく//// 
  ,/j /丶_ ノi|   |i ̄  l レl,//
  {(l〈 u   i|   .|i‐ '´l、//    ぎゃはぁぁぁぁぁぁっぁぁ……
  ヽハ    |    .i、_ノレ' /
   | l l丁l ゝ     i、/      
´ ̄/l l. 「  ̄.i|      ゝ′
 ./ハ l  l    .i|      丶
 l l.  l  !、  .i|       \
 .l l  ヽ Ll丁l7 .i|        丶\ 
  ヽヽ__   ̄´  .i|        丶丶、、,,
   `‐- ニニニニ| i|         \ゞ`

313 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:07:20 ID:EMJtD0QY


       ____
     /     \  やらない夫!
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\ こいつがドコに寝泊りしてたかを調べるお!
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /  もしも、寺に寝泊りしてたのなら、そこの住職を引っ立ててくるお!
  /   `ー'´      \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  はっ……
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  (まさか寺の住職も殺すつもりなのか……?)
.  | U       }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <

一時間後、無辺を泊めていた寺の住職が連れてこられた。

314 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:07:45 ID:EMJtD0QY


   (V)    (V)
    ヽ(;・ω・)ノ   こ、これはやる夫様……
.     /  /
    ノ ̄ゝ


      ___
    /     \  やる夫様じゃねぇお!
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  あんな見るからに怪しい奴に何で寝所を提供してたんだお?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

315 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:08:10 ID:EMJtD0QY


   (V)    (V)
    ヽ(;・ω・)ノ   そ、それが……
.     /  /       ……恥ずかしながら、寺が古くて一部破損してまして……
    ノ ̄ゝ        修理費も捻出できないので……人寄せの為に泊めておりました……


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /     ノ '' 'ー ヽ   ……住職?
 |    (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \

316 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:08:32 ID:EMJtD0QY


   (V)    (V)
    ヽ(;・ω・)ノ   は、ははっ!
.     /  /
    ノ ̄ゝ


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   ……なんでまずやる夫に言わねぇんだお?
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/     村に寺がなけりゃ、みんなが困るんだから、
(  \ / _ノ´.|  |         そのぐらいはやる夫が出してやるお。
.\  "  /__|  |      
  \ /___ /

317 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:08:55 ID:EMJtD0QY


   (V)    (V)
    ヽ(;・ω・)ノ    ははっ!申し訳ございませぬ……
.     /  /
    ノ ̄ゝ 


          ____
        /      \
       / ─   ─   \   久太郎、そのように取り計らうお。
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |  ……2度とこんな事が無い様に、
       \ ` ⌒´       /        しっかり修繕するお。
        /  ー‐      ヽ     
       /            `

318 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:09:21 ID:EMJtD0QY


             ∧ ∧
             / ・ω・ ヽ      
          ,ノ      ヽ、_,,,     御意!
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ……ふぅ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   ヒヤヒヤしただろ……
  | u   ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

この様に、やる夫は不心得者とみなした宗教者には、非常に厳しかった反面、
基本的に領内の寺社などは粗略に扱わず、大変寛容な一面も持ち合わせていたのであった。

319 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:09:46 ID:EMJtD0QY


~帰り道~


       ____
     /⌒  ー、\  ……そういえば、やらない夫?
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 生まれといえば、お前は元々はドコの生まれなんだお?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  付き合いは長いけど、聞いた事が無かったお。


    / ̄ ̄\
  /     _ノ\  ……さぁな。
  |       (●)
.  |       (___ノ)   正直、物心ついた時には、もう乞食坊主の後ろに居たからな。
   |        ´ノ     自分でもドコの生まれかさっぱりだよ
.   |         }
.   ヽ        }    ……それこそ、ドコでもない無辺……かもしれないな……
    ヽ     ノ

320 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:10:10 ID:EMJtD0QY


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  ……やらない夫?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)  ……冗談だよ。
  |      |r┬|}
  |      | | |}  ガキの頃の話なんて覚えてないっつうの。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ   なんせ、オレは天蓋孤独だからな。
   /    く  \

321 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:10:35 ID:EMJtD0QY


       ____  
     /⌒  ー、\  ……やらない夫、
   /( ⌒)  (⌒)\     昔はともかく、今はやる夫たちが居るお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |  お前はけっして孤独なんかじゃないお。
  \      `ー'´     /


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__) ……そうだな。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }  今のオレには、お前や五郎左たちも居る。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ  こんな賑やかな連中に囲まれてたら、孤独だ何て言って浸ってる暇もないだろ。 
       \ `'     く
        ヽ、      |

322 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:10:58 ID:EMJtD0QY


       ____
     /⌒  ⌒\  そうだお!
   /        \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  織田家で辛気臭い顔なんて似合わんお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   だから、やらない夫も笑ってるお!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)  やれやれ……
  |      |r┬|}
  |      | | |}  感傷にも浸らせてくれないなんて、 
.  ヽ     `ニ}    困った連中だろ。
   ヽ     ノ   
   /    く  \ ま、しかたないから付き合ってやるか!


こうして、やる夫は久々の巡回を順調に終えたのであった。

323 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:11:22 ID:EMJtD0QY


1月9日、前年やる夫が予想していた事が現実となった。

     ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.   /;;/´         `' 、;;;;;;;ヽ
.  ,';/              ヽ;;;;;;;l
.  |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;;;;;;;| 
.  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;;;;|
  _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;⊥   謀反が許されるのは(ry
  | '|.    /   、       |;/ ィ |
  | |    (    )       .ソ /ノj
  ヽ |    _,ニ ニ,,,,,_       ソ./
   `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' /
.   ',   :i゙''''''''''`l'  `    ,‐'"
    ヽ.   L__」      /
     ヽ.  -、、、、 '    /|
.     ハ        /  |、
    /|ヽヽ、___,,,,、 '    l ',
   ノ. | ヽ          / |`ー-、
     桂田長俊(旧姓:前波吉継)

越前の守護に任じていた桂田長俊が、一向一揆と結んだ富田長繁に攻め殺されたのだ。

324 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:11:49 ID:EMJtD0QY


   /           ヽ   ヽ、    ヽ
   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !       ボクが越前を一番上手く治めることが出来るんだぁぁ!!
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /
    /ヽハ       `二 _          /´ /
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ
        富田長繁(旧朝倉家臣)

この富田も桂田と一日違いでやる夫に降伏してきたのだが、
浅井・朝倉攻めでは勿論、2度目の長島攻めの時にも抜群の働きを見せたのだった。

それらの働きにより、富田は自分が越前の守護に任じられると思っていたのだが、
実際の恩賞は府中城城主の地位にすぎず、故に二人は反目しあい、
ついに桂田が富田の府中城城主の地位を剥奪しようと、やる夫に働きかけた結果の事件であった。

325 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:12:16 ID:EMJtD0QY


ともあれ、富田は弟を人質として岐阜に向かわせ、新しい守護の地位をやる夫に要求するも、
そんな事をやる夫が許すはずも無く一蹴されてしまう。


           ,.、、 -‐― ヽー- 、._
       ,r 'ニ´        `    \ 、
     ,. ‐´                ヾ\
    /,.        ,              ヽ、
.   ,-'      i.   {    i   i           } 、
  /´     ノ ,/  ノ ! /l,  イ ,        l、 邪魔になりそうな奴等は
  | , {  イ{  ハ ィ´ '´ _,.‐'" ヽヽリ           |
  レ|  ヽ-,'‐-:、' ヾ   ",. ==、_ ヽ,         リ,  みんな殺してしまえばいいんですよ!
.  / ーr' " ,= ノ       :::::::  ヾ、 i,.-、   /ノ 
  i、!  | ::::: l´゙           〈`  | ,j i   ヽ  
  ヾ  |   ヽ`..>      _,     ノ,  l ゞ! |  } 
   \|    、-‐ ' ´  ̄  !    丶! ノじ ノ  ノ   
.      i    丶      /       丶‐'゙   l'
     丶    ヽ  "´/      ー'゙,ノ  ノ
        ヽ     `ー ´        ヽ,_,ノ/
        \     -    ,       | ´
         `丶、_ ,. '´ ―--- ⊥、
          r ' _]、,-一' ┐        l

それのみならず、富田は何も言わずに従っていた旧朝倉家臣の魚住景固を息子共々騙し打ちで殺害してしまう。
魚住は温厚な人物で人望が有った為に、その人気を疎んじたためだという。
富田のこの行動は、桂田の横暴に耐えかね、富田に協力的だった旧朝倉家臣たちにも
警戒心を抱かせることとなり、結果、富田は孤立してしまう事になる。


327 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:12:44 ID:NNSjCtJc
某スレでは鬼武蔵以上のキ●ガイ扱いの越前の狂犬がアムロかww

326 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:12:37 ID:EMJtD0QY


           ,,.:r':':':':':':':':':-.、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::\     
         /::::           ::::ヽ     
        l::::    _,ノ' 'ヽ、_    ::::l     越前の一向一揆がやる夫の守護を攻め殺した?
       r-.|:::  -=・= , 、-=・=   ::|-、  
      {  /   .,、⌒) ・_・) ⌒,、ヽ ヽ  }     よし!この好機を逃さずに七里頼周を派遣して一揆を指導するんや!
      .λ_|   ┃トェェヨョェョイ┃   i_ ソ     
   / ̄\ |    ┃|ョコュユェュ|┃   lヽ`゙ー 、_  
  ,r┤    ト.    ┃ヽニニニン ┃   l .|    ` - 、
 l,  \_/ ヽ   ┗━⌒━┛   ,ノ l |
 |,  、____( ̄ lヽ    (    )   ,,r'" / |
 ヽ, 、__)`/\ `ー-` ̄´-一'' /  /
  ヽ、__)__ノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /
        本願寺顕如(一向宗宗主)

こうした混乱に乗じたのが本願寺顕如である。
顕如は、この機に応じて越前も加賀と同じ一揆持ちの国にしようと画策したのである。

328 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:13:08 ID:EMJtD0QY


          ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─ 、
        /            \
      /               | 
     /                  |    くっ……
     /   __             |
     |   /  \──____< ̄7─┤   攻め落とすんじゃ……
    |   |  ミ          | |  |
    _|   /              | |  |     しびれる程……
   /  \/  ____       __| | 
  / \  /  \  o \ /  |/ o/ /
  | | | / l   ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   |
  | | | /  |       l l |       /
  \_  \   /  ¬ ┤>    /
    |     / ── ___ヽ イ
    |       \ |  l  ■/ /
   _|          ̄ ̄ ̄   /
  / |    \    ̄ ̄ ̄ ̄彳 /\
  /  \     ` ─____// \
/|    \           /   \
     七里頼周(本願寺坊官)

七里は言う事を聞かない一揆の頭目を処刑するなど、
非常に厳しい態度で一揆勢の統率を図った。
そして、協力体制にあった筈の富田を排除するために、
総勢10万にも及ぶ一揆勢で、富田の有力家臣である毛屋・増井の居る北圧を襲い、彼等を討ち取る。

329 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:13:42 ID:EMJtD0QY


その勢いで富田長繁の居る府中城にも攻め寄せた一揆勢だったが、思わぬ反撃を受けるのだった。


  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 }:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;し
〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:("
 フ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
.,{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;人:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ;:;:;:;:ノ {;:;:;:;:;:;:;:;ノ  ):;ノ );:;:ノノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,レ, ……敵は大軍だけど……
 {;:;:;:;:;:;:;:;:;:从仆 \_ル {;:;:;:;(,´  ん´ //_ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:}'
 ヘ;:;:;:;:;:;:;:ヤ レ___    \ヽ,.      // ̄ ノノ);:;:;:;:;:〈  なんか癪だから、ブッ殺してやる!!!
 オ;:;:;:;:;:;:;、!   ̄\\,,_ ,, レ' / ,,//_,,〃   );;へ;て
  ^カ⌒ヽキ  、/´で叨ヘ^、     /で叨 〉  U キ/  }
   { y^Y{   \__,,/ `     `ー-‐´,,    }Y^y/
   ヽ  {{,  ,,〃              ///   }}/ /
    ヽ  i,         /;|        〃  ,i'  /
     ヽ、. i,        く;;;L _            ,i' /
      };:;:i,                   ,i;;;}
       };:;:i,      r;;:ー-‐―、、     /;:;:}
       ~{;:゙i、      !ヘ、   ノノ    / |
           | \     ゝ二ニニソ    / |
           |  \    ⌒    /   |

長繁が僅か700名余りで、一揆勢に強引に突撃。
そのあまりの迫力にロクに訓練も積んでいない一揆勢は気圧され蹴散らされてしまう。
だが、それに満足しなかった長繁は、今度はあろう事か近くの山で様子を見ていた
味方の筈の朝倉景健・景胤の軍勢にまで襲い掛かったのである。

330 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:14:21 ID:EMJtD0QY


                  (                 __,;:'' ,,;:''
   この味方殺しの男が!! > ┃┃┃          ;'/ o,,;:'''  .┃
                  ,r"   ┣┓        _,,,_,;''ヽ. ヮi  ━╋
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y      ┃┗      ,!--t_,;:''ヾ`r'  .━╋
                            /  /、゙i,i,! ,.`ヽ、  ┃
                          /   /l  't. ゙:、||_/,! l    ━┓
                         l    ノ |  'V~~| n ノ ,!    ━┻
                      ,,;:〔,r'ヽ./   /、   -`/, " .|
                       ,;::'' / [レ' / ゙:、ヽ.__,r''"゙l    ┃
                   ,,;:'' ,;:''!_!!n゙ir"    `ー--'ヽ,  l      ┃
                 ,,;:'' ,,;:''    `"i         | !-、.|       ┃
              .:::::;;;:'' ,,;:''       ,! 、       r'i//、7       ┃
         .r'ト、  .::::;;'' ,,:'':.        !  `'y、---‐"l r'" .|'
      iヽ、.ノノl=''l /,:::''':::::::. ,.,_    ,,r"   / ゙i   ,r' !,'ヽ !, .     ┓
      lヽ.ヽ <:、//    r" | ゙`''/l ___ノ  ノ  ,!   !,!ノ       ┗  ┃
     /' ,>"//,!     ,!-, |  /   ~,r'"  /  /               ┏┛
     //'/!,!/ー/     l ,,.r'、/  ,,r'"|  ,/'i__,,..,/               ━┛
   //"ν',ソr"ヽ/゙i,     l'",r'l,ノ ,r'"`-、|、.,'   ,r"
   |/゙`'>'" `'''゙,〉:.、!、   / r" ,/    ゙i/ ./
   l' r'i'  _ ヾ  ゙i、i:、', _,,/l/" /__     / ,r"
   ゙V"i ,r" ヽ‐-‐''r' ,/ | | /  ヽ、、/; /
     ~'i,   lヽ、 ゙i,"r"' ,! 'i,l''ー- |  (r /゙i, ,,.、-'ヽ,:、   ,,..、-'二'i
      ヽ、 |  ゙、 l,,.-''" ,ノ'ヽノ | / /`''"-、、,,_ l-ヽ''"-''"  | |
      ,r",r''  ,! l,`''"i/〉''",r''"`,! /、   (__)| ,! /┐ノ ./  .| |

友軍にまで襲い掛かる狂気の行動を敢行する長繁に、さすがに愛想を尽かしたのか、
戦闘中に配下の小林吉隆が、とうとう背後から鉄砲で射殺して首を取ってしまう。

その武勇を惜しめば哀れな最期とも、またその狂気を考えれば当然の末路とも、どちらともとれる結末であった。

ともあれ、こうして府中城も落城。
その他の旧朝倉家臣も一揆勢に攻められ、殆どが殺されてしまう。
その結果、越前は本願寺坊官の支配する本願寺領となったのである。


331 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:14:32 ID:b8CUi/zo
まさに狂犬

332 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:15:02 ID:EMJtD0QY


~岐阜城~

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|   ……というのが、たった今報告にあった越前での話だ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  …………
 /    ─   ─ ヽ
 |   u (ー)  (ー) |  若くて勇猛な奴だとは思ってたけど……
 \  ∩(__人/777/   まさかマジ○チだったとは……
  /  (丶_//// \

333 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:15:31 ID:EMJtD0QY


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  ……まぁ、思ってたより、
   |      (__人__) /;;/   ずっと凄惨な事にはなっちまったが、
.   |        ノ l;;,´      想定どおり……か……
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´       
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   ……しかし、本願寺も本格的に出張ってきたお……
| u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/     こりゃ、団結されたら少してこずるかも……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

334 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:15:58 ID:EMJtD0QY


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/  ……ところが、事態はそうでもないらしい。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l    出張ってきた本願寺の坊官どもが越前での権益を独占しただけでなく、
    | .l _ニソ    }       民衆にオレたちの時以上の重税をかけて厳しく取り立ててるんだとか。
     /ヽ、_ノ    /     
    __/  /    ノ__        越前ではそれに反発した地元の一揆衆と派遣されてきた坊官どもで反目しあい、
  / /  /       `ヽ.       先手を打った本願寺側に一揆側の有力な頭目たちは皆殺しにされたそうだ……
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ  
   |         |/  /


     ____
   /      \   ……救いようが無い話だお……
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  富田と一緒に一揆を起こした地元の一向一揆の連中も……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   それに便乗して、門徒の全てを横取りしようとする石山本願寺の連中も……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

335 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:16:23 ID:EMJtD0QY


     / ̄ ̄ ̄\  ……ともあれ、敵がそんな内ゲバに興じてるような状況なら、
   /       .\    国境の守りさえ固めておけば、当座は問題なさそうだお。
  /   ─ヽ  .─   \  
  |   (●)  (●)   .|   今は東の武田勝頼の動きが気になるから、越前はもう少し放って置くお……
  \.   (__人__)    /  

この後、やる夫は敦賀軍の守備を羽柴秀吉と武藤舜秀に守備を固めさせた。
その一方で、船の準備や越前勢への調略等、来るべき越前掃討作戦の為の下準備も進めていたのであった。

336 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:16:50 ID:EMJtD0QY


   ミミシ,r二`` -、   /-‐''"二 、ヾシ
   ヾミ゙:|'´_ニ=ミ、`ヽ  }´ .ィ-==、、`ヾ彡
   ミ{.:::::::!、__○`i :ゝ ノ: (_○ _ノ::::::彡    親父は3年は動くなと言っていたが……
   r、{::.    ̄  ::i }::.    ̄   .::|'ヽ
  {r:i.l::.     ,.:::.} .{:::、     .:::|l)}     織田と戦うなら今が好機だ!
   ゝ、.i::.     ゝ.(__)-'     :::::lノノ
   入,|::  、___、.ィ,...,__,,..- .::::/ィ
   |;;;;;ゝ::.  ``ヽ ___,,ノ´  .::::/`.:{
   |:::::..゙\、..         .::/´:::::;|
  /{:::::::::.. ヾヽ       /´  :::::::ト,
  ∧ヘ:::::::::  `i:\___,//;´  .:::::ノ.::!,
イr メ .ヽ:::::::   i::. :::::::::::: /;  ..::::::/.:::''ヽ`
    武田勝頼(甲斐の大名)

1月末、武田勝頼は美濃岩村の明智城を包囲。
岩村城が先の遠征軍の折に武田方になっており、秋山信友が守っていた。
この岩村城を足場にし、美濃の更に奥まで進出しようという作戦であった。

337 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:17:17 ID:EMJtD0QY


         ___
       /     \   武田如きの好きにはさせんお!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  皆のもの!出陣だお!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄


やる夫は武田の動きを知ると、尾張・美濃の諸将に出陣を命じ、
自身もまた岐阜を出陣した。
しかし、明智城までの道は厳しく、やる夫の軍が進みあぐねている間に
明智城は陥落。救援は間に合わなかった。

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶   くっ……
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l   一足遅かったお……
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


救援の間に合わなかったやる夫は、それでも武田への押えに
馬廻の川尻秀隆と池田恒興を配置し、備えだけは万全を期して岐阜に引き返したのであった。

338 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:17:40 ID:EMJtD0QY


3月、やる夫は急に正親町天皇に東大寺の蘭奢待の切り取りを申し出た。

       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶  ……蘭奢待の切り取りは、天下へやる夫の権威を知らしめる事になるお。
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒ :::l  だから、この閉塞した事態の打破の一助にする為に是が非でも欲しいお。
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

この蘭奢待は東大寺の正倉院の宝物として、保存されている香木で、
時の権力者が、己の権威の証として度々切り出していたというものである。
やる夫は、これを切り取る事により、己の権威を高めようとしたのであった。

339 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:18:05 ID:EMJtD0QY


東大寺は一度はやる夫の願いを拒否、しかし、柴田勝家をはじめとする奉行に加え、
やる夫自らが足を運んだために、とうとう観念し、しぶしぶ蘭奢待の切り取りを許可したのであった。
そして、この蘭奢待切り取りの奉行の中には、信勝の忘れ形見である信澄も混ざっていたのである。


~岐阜城~

       ____
     /⌒  ⌒\   今回の蘭奢待の件はご苦労だったお!
   /        \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  特に信澄はまだ歳も若いのに立派に勤めを果たして
  |     |r┬-|     |   まことに大儀だったお。
  \      `ー'´     /

340 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:18:46 ID:EMJtD0QY


          ____
        /  Jr  \  ははっ!
      / ⌒   ⌒ \
     /   (●)  (●)  \ 勿体無きお言葉でございます。
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /
    津田信澄(織田信勝の子)

この信澄は信勝の事件後、土田氏の助命嘆願も有り、柴田勝家に預けられ育てられていたのであった。

341 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:19:09 ID:EMJtD0QY


      ____
    /_ノ   ヽ_\   信澄……知っての通り、お前の父親である信勝はこのやる夫が殺したお。
   /( ー) ( ー)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  その息子であるお前に期待するなんて、虫のいい話と思うかもしれないけど……
 |        ̄      |  信勝の代わりに、これからもやる夫を助けて欲しいんだお……
 \               /  


        ___
       /  Jr  \  ……父の事は私も残念です。
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \ しかし、殿に非があったとは私は思いません。
    |      __´ _      |
    \        ̄    /  謀反を起こした父を一度は許してくれもしたのですし……

342 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:19:45 ID:EMJtD0QY


       ____
       /  Jr   \ ……殿……いえ、叔父上、
     / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \  もう父の事でお心を痛めませんように。
    |      __´ _      |
    \        ̄    /   全ては武家の習いでの出来事だったのです。


         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \  の、信澄……!
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\

343 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:20:13 ID:EMJtD0QY


         ____
       /  Jr  \  ……これからは、この信澄が父に成り代わり殿の助けとなりましょう!
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \  ですから、心安らかにしてお任せあれ!
     |      __´__      |
    \      `ー'´    /
      /             \


             ____
            /⌒  ⌒\   うむ!その頼もしい言葉が聞けて何よりだお!
          。o(゜⌒)  (⌒゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  これからも期待しているから、大いに頑張るお!!
          |     |r┬-|     |  
         \      `ー'´     /( `´)
        /           \ノ ノ

このすぐ後に明智光秀の娘と信澄の婚姻が決まったのであった。
信澄も、このやる夫の期待に応えるべく、主に奉行としてその優秀な手腕を発揮していくのであった。

344 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:20:43 ID:EMJtD0QY


__________________________________________________________
                           「摂津」                       ●中島               :::
                            __             __                          :::
                            ,,-‐'´   `'‐‐、       ,,-‐'´   `'‐、                       :::
                       ,,,,--          !、,_,,-‐‐-'´        `i                     :::
                _、,_,,-‐‐-                              |       ●大阪         :::
            ー-‐'´                                    ヽ                  :::
           '´                                          ヽ                  :::     「河内」
        _,,ノ´                                          ヽ                :::
_,,,_,,,,,-―‐'´                                              ノ                :::
                                                    ノ                  :::
                                                   │                 :::
                                                   /                  :::          ●高屋
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4月、本願寺勢は中島方面に軍勢を繰り出し、中島城を攻め落とした。
この動きに呼応して、河内高屋城の遊佐信教が三好康長を入城させ、反やる夫の動きを見せだした。


345 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:21:12 ID:EMJtD0QY


この時、やる夫自身は長島と武田の動向が気がかりで自身が動くことは出来なかった。
その為、畿内に居る明智・長岡(細川)・荒木・柴田等に本願寺と高屋城を攻めさせる。

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|  一向門徒は、うじゃうじゃ湧いてくるわ、
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|   高屋城は思いの外、守りが堅いわ……
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/   ……こりゃ、やる夫様の本隊でも来なきゃ難しいかなぁ……
   /`ー‐--‐‐―´\
  明智光秀(やる夫の重臣)

だが、高屋攻めの方で遊佐信教を討ち取った以外は決定的な打撃を与える事が出来ず、
結局、織田軍は4月28日に撤兵したのであった。

346 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:21:36 ID:EMJtD0QY


_________________________________________________
、       / ~‐,__/~`´\                 ::   
,、__(´ ̄ ̄~ノ         ノ     「三河」      ::         「遠江」
                   |              ::                      
                   ~‐ノ|        ::   /ゝ   ∧
                    /        ::   /   \/ ヽ
                 ノ\_¦        ::   |        / /ゝ   ×三方原
              ノ´             ::   \        ̄  \
           ノ´ ̄              ::     ヽ          /
  /ヽ___ノ´ ̄                  ::     \       /     ●浜松           ●高天神
 ノ                  __________/ ̄ ̄~   < ̄ ̄   __________
           _____ノ~~~~                     ̄ ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄
________ノ~~~~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5月、再び武田軍が動き出す。
今度は徳川領の南遠江にある高天神城であった。


348 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:22:02 ID:EMJtD0QY


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
     /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
     L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ_
   //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l
   |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l 
   〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕   と、とても、ボクらの軍だけじゃ対処しきれないよ!
   /   u        u    ヽ
    l:::::::u   u           u | 
    |:::::::::: U (◎)     (◎)   |   
   |::::::::::::::::: u \___/ U   | =3 
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/ u   ノ
    徳川家康(三河の大名)

高天神城を20000もの大軍に囲まれた家康は、自軍だけではどうにもならず、
すぐに京のやる夫に救援要請を送った。

349 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:22:46 ID:EMJtD0QY


                     ___
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)  ちょっと、時間がかかったけど……
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |   勝頼!今、殴りに行くお!
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/

この報せを受けたやる夫は、6月14日に岐阜を出陣。
武田との決戦に備え、最大限の兵を集めての出陣であったが、
その為に救援要請から一月後の出陣という、何時ものやる夫らしからぬ動きの遅さとなってしまった。

結果、すんでのところで高天神城は落城してしまったため、やる夫は徳川に軍資金を提供するだけに留め、
軍を返し帰陣するしかなかった。またも武田に振り回される結果となってしまったのだった。

350 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:23:31 ID:EMJtD0QY


~岐阜城~

      ____
    /_ノ   ヽ_\  今年は武田に翻弄されっぱなしだお……
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  それもこれも、周りに敵が多すぎるから、
 |        ̄      |   即座に対処出来ないのが原因だお。
 \               /  


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  
   |    ( ●)(●  ふむ、今の主な敵って言うと、
   |      (__人__)   畿内方面の義昭の残党と石山本願寺。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  それから越前の一向一揆。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   後は東の武田に長島の一向一揆か……
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /     まさに東西南北囲まれてるな。

351 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:23:59 ID:EMJtD0QY


          ____
       /ー  ─\  その通りだお。
      / (●) (●) \
    /   .(__人__)   \  ……だから、この状況を打破するためにも、、
    |     `⌒´      |   信雄に手配させてた船と水軍の準備ができたらしいから、長島を攻めようと思うお。
     \           _/   


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ……今回は大丈夫なんだろうな?
. |     (__人__)
  |  u  ` ⌒´ノ    前回はその信雄様のせいで撤退した訳だし……
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ     
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

352 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:24:25 ID:EMJtD0QY


      ____
    /―  ―\  ハハハハッ!
   /  ⌒   ⌒ \
 /    _ノ 、_! ヽ  \ 今回モ同ジ失敗シタラ、
 |      トェェェイ     |
 \     ヽニソ    /  本気デ吉乃ニ会ワセテヤルオ!!


7月13日、こうして今度こそ長島勢を葬り去るべく、やる夫は3度目の長島攻めに出陣したのであった。
この時の織田軍は畿内に置かれた明智、越前の押えの羽柴、東美濃で武田に備える川尻・池田以外の兵が
ほぼ総動員された70000もの大軍であった。

353 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:24:49 ID:EMJtD0QY


         ___
       /     \
      /   \ , , /\   一兵たりとも一揆勢を逃してはならんお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    街道も封鎖して、徹底的に取り締まるお!!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


14日、やる夫は軍を3つに分けて攻撃を開始する。
柴田・佐久間は北西から、信忠の隊は北東で予備隊に、自らは馬廻と丹羽の隊とで北方より攻め込んだ。
翌15日には滝川・九鬼と北畠の水軍も南方から攻撃を開始。
四方より中州を包囲し、一揆勢を徹底的に追い込んでいったのである。

一揆勢は、長島・篠橋・大鳥居・屋長島・中江の5ヵ所に立て篭もり、やる夫は手分けしてそれらの砦に襲い掛かった。

354 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:25:16 ID:EMJtD0QY


~信忠の陣~

       ____
     /_) (_\   ……我等は予備兵力ゆえ、このままこの位置で待機。
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  ……ここで父上の御下知を待つ。
  |     \/      |
  \     -==-      /
 織田信忠(やる夫の嫡男)


                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\  ……せっかくの初陣なのにつまんないなぁ……
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',   ……信忠さま?あたし等も前線に行こうよ~
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         森長可(やる夫の家臣)

355 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:25:49 ID:EMJtD0QY


       ____
     /_) (_\  ……勝蔵、それは駄目だ。
   / 【ー】| |【ー】 \ 
  /    ._| |_,     \  ……我等は予備兵力、いわばここぞという時の切り札でもあるのだ。
  |     \/      |   
  \     -==-      /   ……それに、初陣でお前に怪我でもさせたら、私は父に何をされるやら……


|:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|    つ~ま~ん~な~い~!
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!   ……見回りにでも行ってくる!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤
スタスタスタスタ……


358 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:26:46 ID:4Fa8VV0o
見回りといいつつ、抜け駆けしそうな鬼が…。

356 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:26:15 ID:EMJtD0QY


                 __,イ|__ ... .ィ
             , :<´ : : : |: : : : :ー<..
           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく  信忠様……申し訳ありません。
       ∨  ,イ: : { ;:/  j/   u V ! : : ∨
         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ  信忠様にあのような無礼な態度……本来、謝罪のしようもございません。
        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}
        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{    若殿には口を酸っぱくして注意しているのですが……
        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|
        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|
          各務元正(森家の家臣)


       ____
     /_) (_\   ……いや、よいのだ。
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  ……勝蔵と私は主従であると同時に、一つ違いの幼馴染みでもある。
  |     \/      |
  \     -==-      /  ……公の場でさえ弁えてくれればそれでよい。

357 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:26:42 ID:EMJtD0QY


             __,イ|__ ... .ィ  ヽソ
         , :<´ : : : |: : : : :ー<.. 
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴   もっ、勿体無きお言葉!
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨   そのお言葉だけでも若殿は幸せ者でございます!
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
ブワワッ  |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|


                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ   ……お~お~、かかみんは感激屋だ~
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}   ほら、あんまり泣いてると信忠様も呆れちゃよ?
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}

359 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:27:09 ID:EMJtD0QY


         ___l\__       /ヽ/ヽ/丶
   ........-―...::::::::::::::::r::、::::::::::::::: ̄┌  、l´ ̄ ̄ ̄ヽ´/
  ::´:::::::/:::::::::::::::/::/l::l::lヽ::、:::::::::::::l  」三三三ミミ/
    /::::::::::::::::::::l::/ l l::l \ヽ::ノ\:l く    l.:\ ヽ
   /:::::::/:::::::\l/ l  ll   メ\ .ヽl l    `  /   わ、若殿!?
  ,::l:::://:::::::::,::::l l`>  l ´ \ l丶::l_l       l
(_`l/ l/::l:::::/l::::l ヽ          \::l       l  いったい何時からそこに!??
l三三三 l:::::l::::l::l   _...  -―┐ xxl/l      l
ト――_..´l::::l::::l/   l ∧∧∧/ l    l      /
.l  ´  ∧l:::::、   l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l  r-l     /
. l     l`:::::::> 、_l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l 人 l    /::ヘ
 l     l::,::::://、ヽヽl;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l/:::::l 、  /:::::::::ヘ
  \  //:::://   ヽヽ∧∧∧/l/:::::l l \ ∧:::::::::::ヘ
   `‐//::::l/_    ハ \\/ l/:::::l l  l  ハ:::::::::::λ
    //l::::/  `ト-ハ ヘ >-´ ll:::::l/  lヽ ハ::::::::::::::
   //::::/    l;:;:ハ -丶ノ/ l l l::::l\  l:;:;/ヽ、ヽ::::


              /::.::.::/:// .::.::.::.::.::.:./ ! .::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.
      \   ゝ‐<::./::./ .::.::.::.::\/  | .::.::.::.::.::.:: /::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.:::
      \ 〃 / _  ヽ:/::.::.::.::.::.:/\  |::.::.::.::.::.:: /::.::.:: |::.::.::.::.::.ヽ::.::  わりと最初から?
      {{ / / __ ヽ ',.::/::./   `ー |::.::.::.::.:: / |::.::.:/|_::.::.::.::.:l::.::
.   ──  |  ! /r ) } |イ斤テ左≡ォz /::.::.::.::/ 斗七 !::.::.::.::.::.::.|::.::  ……って、そんな事より信忠さま、
.         ∧ ヽヽ _/ /::! レヘ :::::::::/ /::.::. /    j /  | .::.::.::.::.:: |::.::     おそらく砦に入り損ねた連中だと思うけど、
.     , -―ヘ  `ー   /.::.| rー'゚:::::::/ /::.:/   テ左≠=ヵ::.::.::.::.::. |::.::      一揆勢が一隊、こっちに向かって進軍して来てるよ。
____/   {     /.::.::.| ゞ辷zン //    う。::::::7 /イ .::. |::.::.::.|::.::
彡_/     ヽ    イ ::.::. |             /ヘ:::::::/  |.::.::.:|::.::.:∧::.    
〃   V    ヽ    ヽ.::.: |              ヾ辷:ン /:l::.::./!::.:/
 l    {      ∨  }__.::.|\     <!         ・ /::.l::|::./│/
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _         イ::.: l::|:/ j/
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄l7::.:|::.::.j::l′ /


360 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:27:26 ID:NNSjCtJc
いい主従の話のはずなのに・・・鬼武蔵だからそう見えねえw

361 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:27:33 ID:EMJtD0QY


       ____
     /_) (_\   ……そうか。
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  ……しかたない、様子を見てみるか。
  |     \/      |
  \     -==-      /   ……行くぞ。


            ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::/.:.:.:.::::::::;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           /::/.:.:.:.:.::.:.:.:::/:.:/|::.:.::::i:::/7:.:.:;/:.:..:.:.:.:.:.:.
         /,イ:.:.:..:.:.:.:.::/::.:;ィ'.::/ |:.:.::::i;/ |:.:.:|i.:.:..:.:.:.:.:.::
         '"/:.:.:.:.:./:..:/.:.::7::_/__,ノ|.:.:.::i:|  |:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.  は~い!
         |:.:.:.:.:.:/:.:/.:.:/ |:/    |:.:.::|' `ー|-|-|:.:.:.:.:.:.:.::
           |:.:.::/|:./7|::ハ 三ニュ、  |:.:::{   ヽ| \.:.:.:.:.::
          j::/  |//:.:リ::j       ヽ:| ヾニ三. /:ヽ、::.:
          '"     |:.:.::::ノ    ゝ-、__,       ・/.:.:.:.::∨
                 |:.:.::∧    V.__丿       /.:.:.:.::/ }.:
               |:.:..:.:::::ヽ、          ,/.:.:.:.::./ノ.:.
                |:.:.:.:.:i:|   ` ー‐ァ-‐τニ´/:.:.:.::ノ:.:.::i:.:

362 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:28:05 ID:EMJtD0QY


                 __,イ|__ ... .ィ
             , :<´ : : : |: : : : :ー<..
           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく   ……
       ∨  ,イ: : { ;:/  j/   u V ! : : ∨
         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ (何やら、激しく嫌な予感が……)
        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}
        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{  
        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|
        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|

363 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:28:25 ID:EMJtD0QY


~陣の外・一揆勢の真向い~

       ____
     /_) (_\   ……ふむ。
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  ……確かに、みたところ、100人程度の規模で河の向こうに居るな。
  |     \/      |
  \     -==-      /   ……邪魔だが、どうしたものか。


          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ   ……邪魔、ねぇ……
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l   キラーンッ☆
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l

364 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:28:46 ID:EMJtD0QY


        _
       〃⌒ヽ
       {{ 
        ヾ、___/ヽ___ 
         /::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.:> 
      /::.::./::.::.::.::.::イ::.::.|::.ヽ::. \ 
       |::.::/::.::.r::ナメ |::.::∧ヽ}::.:r、:\ 
       |::. レ'::.::.〃  |::./ ∨|::.:リ\:| 
      |::.::.|::.;イ≡≡|/ ≡≡l:.::|     (そ~っと、そ~っと、陣を抜け出して……)
.       〉::.:K}::ヽ''' 、__,   ゚{::ト、| 
       |::.:/::.|:.::.:ヽ し' ,.イ::l  
       /::/::.::j::>‐-、ヽ7フノ/::/ 
.     /::/::.:://   \:/::/  
    /::/::.::// l     厂
     |::.{::. // ∨    ヽ
     |::.|::.レ'   L_,.r┬┘
     |::.|:/     |:::::::::|


       ____
     /_) (_\   ……よし。
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \  ……あの程度の規模なら蹴散らして……あれ?
  |     \/      |
  \     -==-      /   ……勝蔵は何処に行った?

365 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:29:07 ID:EMJtD0QY


         ___l\__       /ヽ/ヽ/丶
   ........-―...::::::::::::::::r::、::::::::::::::: ̄┌  、l´ ̄ ̄ ̄ヽ´/
  ::´:::::::/:::::::::::::::/::/l::l::lヽ::、:::::::::::::l  」三三三ミミ/
    /::::::::::::::::::::l::/ l l::l \ヽ::ノ\:l く    l.:\ ヽ
   /:::::::/:::::::\l/ l  ll   メ\ .ヽl l    `  /   あ~~~!?
  ,::l:::://:::::::::,::::l l`>  l ´ \ l丶::l_l       l
(_`l/ l/::l:::::/l::::l ヽ          \::l       l    た、対岸の一揆勢の真ん前にぃぃぃ!!!!?
l三三三 l:::::l::::l::l   _...  -―┐ xxl/l      l
ト――_..´l::::l::::l/   l ∧∧∧/ l    l      /      あんのヤロウ!何やっとんじゃぁああああ!!!
.l  ´  ∧l:::::、   l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l  r-l     /
. l     l`:::::::> 、_l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l 人 l    /::ヘ
 l     l::,::::://、ヽヽl;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l/:::::l 、  /:::::::::ヘ
  \  //:::://   ヽヽ∧∧∧/l/:::::l l \ ∧:::::::::::ヘ
   `‐//::::l/_    ハ \\/ l/:::::l l  l  ハ:::::::::::λ


366 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:29:09 ID:rZ5dl4dY
スイッチ入りました~

367 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:29:30 ID:EMJtD0QY


           _ .. >: : :ソ`ー― 、}ノ  
          ,ィ≦:_:./:/ ;イi: : :j : : : :\  
.            /:/:/:/ {:| : ∧ : ヽヽハ   一揆勢の諸君!!
         / /.:| :{/\ト: :」/Vハ:', } } 
          /,イ: :| ハz== ヽ{ =弍 | |:| |    私が鬼武蔵こと森長可だ!!!
           |: ∧ {  ー'ー'  ・}:jハ{:.′
.           Ⅵ/: i> 、    _, リ}│{      えっへん!
            |: :|/:.,ィ=厂{≧': /:∨ 
           |: :|ヘ {¨7´ /: /\:{   
          rヘ: |∧ |/, イ :/  ⌒}  
.           人.ヽ{⌒{7>.Ⅳ∧ /¨> 、
          .ヘ `∧, 小、__} / : ーァ'  ,ノ
         \ Y_./ / {  ∨:/´ ィ く 
.           / ヽ/∨}/「 ̄{ア:ー' : : ヘ
         ー≦.ィ7/ /│ V ハヘ : : : : : : ',
          く/// / :|   ∨ハ ',: : : j: : :ハ
             /// /   |   ∨ハハ: : :}V:}: |ム{
           //7={...__ | __ ...},x≦: :ノ |ノⅤ


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧   な、なんだ!?この子供は?
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´) 
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ   迷子か?
  u-u (l    ) (    ノ u-u  
      `u-u'  `u-u'        でも、森って言えば確か織田家の……
    一揆勢のみなさん


368 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:29:41 ID:NNSjCtJc
さすが動くと人が死ぬと言われる鬼武蔵さんだw

369 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:29:45 ID:4Fa8VV0o
やっぱりー!

370 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:30:00 ID:EMJtD0QY


       /\
       | 人 |
       | 間 |  
        | 無 |        (⌒)
  ____| 骨 |_____  (こ○こ)   ,-、
  \_______/   (___)    てOう
        |i! |        _      ‘ー’   (⌒)
.        ,|i! |      //⌒   /     (こ○こ)
         |i! |      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ  
        |i! |      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
        |i! |     / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄     いやっほ~~!
        |i! |ヽ    ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
        |i! |∨\  {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }    お命ちょ~だい~!
         |i! |/ / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
          |i! |  {     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨
         |i! |  \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
        |i! | /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
         |i! | :/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        |i! | .::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          |i! | -く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         |i! | く¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          |i! | :.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |i! | l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ

371 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:30:25 ID:EMJtD0QY


          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ               ┌─┐[][] /〉.,┐◎
                  |     |l    /  +         ̄/〈   // | |
                   .i|    |i      ´          く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7
                   .i|    |i  ゞ                      [][] 「| レ .レ
                  i|    |i  ´`  +                    ノノ O O
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
                i|  ,/`,;:ノ`,
               .j|  /;`,;:+
               / ./+``
              ././  ,'
            /"`;丶
           / `,
          '


(´;ω;`)<ぎゃぁーーーーー!

372 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:30:45 ID:EMJtD0QY


            ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::/.:.:.:.::::::::;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           /::/.:.:.:.:.::.:.:.:::/:.:/|::.:.::::i:::/7:.:.:;/:.:..:.:.:.:.:.:.
         /,イ:.:.:..:.:.:.:.::/::.:;ィ'.::/ |:.:.::::i;/ |:.:.:|i.:.:..:.:.:.:.:.::  はっはっはっ!
         '"/:.:.:.:.:./:..:/.:.::7::_/__,ノ|.:.:.::i:|  |:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         |:.:.:.:.:.:/:.:/.:.:/ |:/    |:.:.::|' `ー|-|-|:.:.:.:.:.:.:.::  まるで一揆がゴミのようだ~!!
           |:.:.::/|:./7|::ハ 三ニュ、  |:.:::{   ヽ| \.:.:.:.:.::
          j::/  |//:.:リ::j       ヽ:| ヾニ三. /:ヽ、::.:
          '"     |:.:.::::ノ    ゝ-、__,       ・/.:.:.:.::∨
                 |:.:.::∧    V.__丿       /.:.:.:.::/ }.:
               |:.:..:.:::::ヽ、          ,/.:.:.:.::./ノ.:.
                |:.:.:.:.:i:|   ` ー‐ァ-‐τニ´/:.:.:.::ノ:.:.::i:.:
               |:.:.:.:.i:|       j  ,ィ´/:.:.:,ィ´::.i:.:.:.|:.:
               | :.:.:::i|    /``/ /:.:.:/ |:.:.:.|:.:.:.|.:

373 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:31:07 ID:EMJtD0QY


             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ       ┌─┐[][] /〉.,┐◎          ミ     .ミ
         .i|      丶        ̄/〈   // | |            |     |l    /  +
         .i|       \      く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7    .i|    |i      ´
          .i|        丶   .          [][] 「| レ .レ     .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,         ノノ O O    i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `               i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
         ┌─┐[][] /〉.,┐◎                  /"`;丶
           ̄/〈   // | |                  / `,
          く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7          '
                   [][] 「| レ .レ         /    ゞ
                    ノノ O O

(´;ω;`)<ふぎゃぁーーーーー!

 (´;ω;`)<ぎょえーーーーー!

374 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:31:27 ID:EMJtD0QY


       /\
       | 人 |
       | 間 |  
        | 無 |        (⌒)
  ____| 骨 |_____  (こ○こ)   ,-、
  \_______/   (___)    てOう
        |i! |        _      ‘ー’   (⌒)
.        ,|i! |      //⌒   /     (こ○こ)
         |i! |      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
        |i! |      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
        |i! |     / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄    ヒャッハ~!
        |i! |ヽ    ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
        |i! |∨\  {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }   戦場最高~~! 
         |i! |/ / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
          |i! |  {     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨
         |i! |  \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
        |i! | /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
         |i! | :/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        |i! | .::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          |i! | -く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         |i! | く¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          |i! | :.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |i! | l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ

375 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:31:52 ID:EMJtD0QY


                 __   /,!
      ハ '"´ ̄ ̄``´ /‐ '∠., _
    / U       ,イ    、_  ` 、
__r‐{ -//  ,'  / / i     ヽ ̄``  あ、あ、あ、あ……
:::::ム:::::7 /   ∧ ,/,/  l      丶
::://:::/ ,' u / X//     ! |/    ヽ   あ、あの馬鹿殿を早く助けなさい!!
;/ !:://l !   / ,/ l/`'" 、,/!ヽ  |  l.  ',
 !l//:::|l   i. /        リ i. |  ト、 .!
 !l/'''7リ  ,l/ ////// ! l , l ヽ!   森家全軍突撃ー!!
 |   !`l. /    / ̄ ̄`i   ハ. ,! ハ!
 l  `'l/ー 、 /     /   〉l/,/
. !   | |   `iー--、-',-‐、i"  |/
  !   l !  /7ヽ、....7M. ハ!  i !
.  !   !| ,!{ /.丶...ヾ,ハK. |  | |


              。∧,,∧            ∧,,∧
               ゚ ( `・ω)        o( `・ω)o   うぉおおお!
   ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O ‐ ― =;;⌒`) (  ┬)
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎ ∧,,∧゙)⌒`)◎-J┴◎゚.。∧,,∧  殿を死なせるなぁぁ!!
                    ゚ ゚( `・ω)           ( `・ω)
        ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O  急げぇぇ!
  .     ‐  ― =;;⌒∧,,∧ ◎-J┴◎― =;;⌒∧,,∧◎-J┴◎
            (u´゚'ω)          (u`・ω)   ……つうか、助け要るのか?
   ‐  ― =;;⌒`) (u.O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎


381 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:33:45 ID:4/rFgCj6
「つうか、助け要るのか?」ワロタwwwwwwwwww

376 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:32:14 ID:EMJtD0QY


       ____
     /_) (_\   ……勝蔵は家臣に慕われてるようだ。
   / 【⌒】| |【⌒】 \
  /    ._| |_,     \  ……良かったな。
  |     \/      |
  \     -==-      /

こうして、戦の大勢に関係の無い場所で、ささやかな?初陣が無事終了した。
この時に、長可が討ち取った一揆勢の首の数は27にも達したという。


377 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:32:37 ID:4Fa8VV0o
DQNこなたでも、相性が良いなあwww

378 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:32:42 ID:b8CUi/zo
信忠なんだその感想はw

379 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:32:45 ID:EMJtD0QY


8月3日に大鳥居が、12日に篠橋が陥落。両砦を逃れた者たちは残りの3砦に逃げ込み、それぞれが飽和状態になったのである。
その後、やる夫は砦内の人口余剰を見てとり、包囲をいっそう厳しくした兵糧攻めに方針を切り替えた。


                ∧∧
  。∧_,,,°     (*;0;)    ……くい……もの……を……
・゚。(>O<*)゚・    ノU ノヽ)   , ゙ ,.,._.,.,           ,.,._.,.,          
   @;,,@;ヾ  ~(つ;@;,.ζつ ,。・゚ ゚・(*>O<)・゚ ゚・。  , ''  ノ(*゙C;゙)  ∧∧     ……
   と;,と__)~  ‘"'' ~;''`,,.,,    ;', /@;;,;@   ,  ~(⌒)U川;  (ll。,._。)  
 "' ,゙'゙;@つ ~/⌒´っT0゚)っ∧ ~(@メ,;@; ∧_,,, , ;: '   ̄";・;゙゚‘   | UU .    ……誰か……こめ……
  ,  '' ;    (ノ´ ̄ `,;@>`゙'; . " .` (゙0,.`*)  ~  λ、,.,.~O_*__つ    .
 と`ヾ;、:'‘                ;,  ' U"U, ;)~   (;,o;;゙ζ;,  (p;`,,ξ  
  (。p;,。#)                        U"`ヾ)  ~  "  `゙''´  "~;:`

やる夫の狙い通りに、砦内では餓死者が続出。
雑草や土壁すら食べる者も出始め、砦内の一揆勢は地獄の餓鬼のように痩せ衰えた有様であった。
9月下旬、これに耐えかねた長島砦は、篭城している者たちの助命を条件とした砦の開城を申し入れる。
当然、一蹴されると思われたこの提案は、以外にもすんなり受け入れられたのであった。

380 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:33:28 ID:EMJtD0QY


~やる夫の本陣~

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ……やる夫。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  長島側からの投降を受け入れたそうだな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   ……何をしようとしてるんだ?
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


           ____
         /      \  ……知れた事だお。
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \  やる夫のココに居る理由は長島一向門徒の殲滅の為……
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/   ならばやる事は一つだお。
      /     ー‐    \

382 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:33:56 ID:EMJtD0QY


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  やる夫……
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  確かに、あいつ等は一向一揆……いわば一人一人がゲリラ兵のようなものだ。
  | u   ` ⌒´ノ
.  | u     nl^l^l  ここであいつ等を助命し、逃散を許せば、必ずまた牙を向いて来るだろう……
.  ヽ      |   ノ   それに、この戦いを仕掛けてきたのもあいつ等だ……それは解ってる……だけど……
   ヽ    ヽ く    
   /     ヽ \


..      ____
     / ―  -\   ……もう他に手が無いんだお……
.  . /  (ー)  (ー)   
  /     (__人__) \   四方に敵が居ない状態なら、違う選択肢も有ったかもしれない……
  |       ` ⌒´   |    だけど今の状況じゃ、徹底的に殺らなきゃこっちが殺られてしまうんだお……
.  \           /    
.   ノ         \    ……やる夫の力じゃ、もうどうしようも無いんだお……
 /´            ヽ

383 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:34:23 ID:EMJtD0QY


        ____    
       /    \   ……なぁ、やらない夫……
.    /          \  
.  /     ノ ' ヽ、  \ やる夫は22年前の親父殿が死んだ夜、
  |    (●)  (●)  |   世の中の似非坊主に騙されるような哀れな人々を
.  \    (__人__)  /     救ってやれる統治を目指そうと心に誓ったお。
.   ノ    ` ⌒´   \     
 /´             ヽ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー
   |      (__人__)  ……やる夫……
.   | u      ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

384 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:34:47 ID:EMJtD0QY


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  ……でも、現実はどうだお……?
 /      ノ ' ヽ、 ヽ
 |    (ー)  (ー) |  彼等はやる夫の敵として立ちはだかり……
 \  ∩(__人/777/   ……やる夫はそれを根絶やしにしようとするただの殺戮者だお……
  /  (丶_//// \  


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  やる夫は……ドコで彼等とすれ違ってしまったんだお……
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

385 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:35:15 ID:EMJtD0QY


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |   ……なぁ、やる夫……俺たち武士は……しょせんはただの人殺しだ。
     |      (__人)
     |        ⌒ノ   ……どんなに奇麗事で取り繕っても人殺ししか能の無い、
     ン        ノ          多くの領民の犠牲の上に成り立つごく潰しなんだ……
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´


        / ̄ ̄\
      /       \    
      |::::::        |     ……しかし……そんなごく潰しだからこそ、
     . |:::::::::::     |       文字通り命を賭けて、領民の代わりに戦っている……
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..     ……それだけが俺たちの存在意義だ……
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .       
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .       
        /:::::::::::: く         ,ふ´..          
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――         
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

386 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:35:42 ID:EMJtD0QY


    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\        ……その命賭けの戦いすら放棄し、自分たちの損得の為に
 |  (⑪)(⑪) .|        これだけの無知な信者たちを、信仰の名の下に平気で死地に送り込んでいる石山の連中が……
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7  ……その宗主の顕如が、オレは今、心底憎い!
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/

387 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:36:08 ID:EMJtD0QY


    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ  
  |::::::     (● )    ……やる夫……こんな戦い、俺たちの代で必ず終わらせよう……
.  |:::::::::::   (__人)  
   |::::::::::::::   ⌒ノ     ……それだけが、ここで死んでいく彼等への手向けだろ……
.   |::::::::::::::    }    
.   ヽ::::::::::::::    }     
    ヽ::::::::::  ノ     
    /:::::::::::: く        
    |::::::::::::::  |      
     |:::::::::::::::| |


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \  ……やらない夫……
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

388 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:36:30 ID:EMJtD0QY


9月29日、予定通りに一揆側は船に乗り砦を出た。

    、;∵/).;';, 从    ハギャアアア!?                       
 []と(。q;'。#)⌒づ;: て __∧ ∧ ─__    ,ヘ从ノ.    __   、,..  (∀・  )   撃てー!
 ┃ ∨∨``ノJ"/!`   ̄ (#゙;,0゙)') ─ ─ー ┃(*゚※;'y'  ̄ー─--─ -'´、 ゙━と_ノ ○  
         ;゙ ∧ ∧━[と;'∑・゙;、==─  []と∑∴`て   ̄ ̄ ̄__ W` ノ ノ ヽ ヽ
   シィィィィィ!? ,`(>Q<|l);・  ∧ ∧;'∴   ̄ ̄~(_つ_つ--  ̄ ___         |  (∀・  )  一人も逃すな!
         ;"ミ;゙@彡-ー(゙p;,゜#)))、ノ  ハ ハ;,  ` ;゙ 、,,;!人/      、!,/  (∀・  )━と_ノ ○
         ~(_つ;`;∵";‘;'`ヾノノ;`つ (;>q<;".∧∧ノヾ)∴て ̄ ̄ ー、´_,゙━と_ノ ○  ノ ノヽ ヽ、
            ヾ)       し'   ミ;;∵ ̄ (> 0 <|l)ノ"(`ヾ      ` "  ノ ,へ ヽ (__) (_)
                       ヂィィィィ!?  ハ、ハニャーン!!?         (__) .(_)

しかし、そこに待ち構えていたのは織田の鉄砲隊であった。
やる夫の合図と供に投降してきた一揆勢へと鉄砲が一斉に発射されたのである。
それは、まさにジェノサイドともいうべき光景であったが、
このやる夫の騙まし討ちに一揆側も怒髪天を突く。


389 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:36:46 ID:uKYafLP6
大きな声じゃ言えないけど
現代でもいるからなあ・・・似非坊主

390 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:36:52 ID:EMJtD0QY


            /\              /:\
            /::::::::ヽ            /:::::::::ヽ  騙し討ちだとゴルァーーーーーーー!!!
           /:::::::::::::::ヽ______/ : :::::::::: ヽ
          /::::::::::___  長島軍団 ::::::__  ヽ
        /::::::::::::/・    \:::\\// /  ・\  \
      /::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ヽ ヽヽ_ /_ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヽ
/    | :: :::::::::::/:::::::::::::::::::/ ―――――ヽ ヽ  :::::::::::|
/    |:::::::::         :::/ |┘┘┘┘┘┘\     :::::::::|
/  /| ::::            | |/::ニニニ⊃ | | |     .:::|\\\\
// /|::  i し /      | |::::::::::/::::::|.    | |      : |.;*;;∵+・;;\
////|: ノ (        | |::::::::|:::::::::|   | |       :|∵ \\;*;\
//// |  '~ヽ         | ┐┐┐┐┐┐|      |:;*;.\\\\\
/////|           ├――-‐----―┤     |+∵\\\\\

決死の覚悟を決めた男たちが、褌に刀のみを持ち織田軍に捨て身の切り込みを敢行したのである。
結局、この玉砕覚悟の突撃も空しく、長島砦の一揆勢は殲滅されたのだが、やる夫の親族である叔父の信次、庶兄の信広、
弟の秀成、従兄弟の信成、妹婿の佐治信方の他に、荒川新八郎ら大勢の馬廻も討ち死にしたのであった。


396 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:39:00 ID:b8CUi/zo
結構な数が死んだよな。一門の武将。

391 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:37:25 ID:EMJtD0QY


         ___
       /     \
      /   \ , , /\  我が軍にも被害は出たけど、さらに容赦はしないお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  残りの2つの砦も皆殺しにするお!!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

しかしやる夫は、残った2砦をさらに苛烈に攻め立てた。

392 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:37:47 ID:EMJtD0QY

                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  長
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   島
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、

中江・屋長島の周囲に逃亡防止用の作を設けた上で両砦を放火、
立て篭もっていた門徒2万人を一人残らず焼き殺したのである。


393 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:37:53 ID:4/rFgCj6
大きな声じゃ言えないけど、
メディアにも進出し今日本を食い物にしているあの坊主ですね

394 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:38:15 ID:EMJtD0QY


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \  …………
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/

ついに、やる夫を悩ませつづけた長島一向一揆は跡形も無く殲滅された。
しかし、年来の強敵を葬ったやる夫の胸中に喜びは無く、ただ苦いものが溢れてくるだけだった……

395 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:38:44 ID:EMJtD0QY


" *"" "ヾ* ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ* ;ヾ  ;"ヾ *; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
" ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ* ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ * 〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " *; ; *; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;* ./;*  ";.* ; ;*ヾ ;ヾ ;" ;
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;"  "ヾ;" "; ; ; ";ヾ ;;ヾ;;";ヾ ;;"
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / ' "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::..|
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;::::::|
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;:::|
;;._,,,..._,,,..,..._,,,. ;;;._,,,.ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|. ;;;._,,   ;;.,..._,,..._,,,. ;;;._,,,..._,,,..,..._,,,.  ;;;._,,,..._,,,..,..._,,,. ;;;._,,,..._,..,,..._,,,.;
  ..._,,,. ;;;._,,,..._,,,..,            ..._,,,. ;;;._,,,..._,,,.., ..._,,,. ;;;._

こうして南の脅威であった長島一向門徒の脅威は取り除かれた。
しかし、一向門徒は越前にも石山にもいまだ健在であり、その事実はやる夫の心をさらに重くするのであった。

第14話 完

397 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:39:06 ID:EMJtD0QY

CAST

織田信長・・・・・・やる夫

一雲斎針阿見・・・・・・やらない夫

織田信忠・・・・・・わる夫

津田信澄・・・・・・できる夫の改変

森長可・・・・・・泉こなた(らきすた)

各務元正・・・・・・柊かがみ(らきすた)

堀秀政・・・・・・帝王ちんぽっぽ

徳川家康・・・・・・山下大ちゃん

無辺・・・・・・カズフサ(ラブやん)

村娘1・・・・・・青木萌(ラブやん)

村娘2・・・・・・雲井ひよこ(ラブやん)

前波吉継・・・・・・隈部親永(信長の野望)

富田長繁・・・・・・アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)

本願寺顕如・・・・・・中村ノリ

七里頼周・・・・・・やくざ(神聖モテモテ王国)

武田勝頼・・・・・・愚地克巳(バキ)

398 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/29(日) 13:39:53 ID:EMJtD0QY


というとこで、本日分の投下は終了になります。

ごらん頂いた方、誠にありがとうございます。

次回は明日の21:00ごろを予定していますので、

また見ていただければ幸いです m(__)m


400 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:42:39 ID:4/rFgCj6
乙乙。キャスティングがほんっとに絶妙だw

401 : 名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 13:43:18 ID:uKYafLP6
>>1乙
一雲斎針阿弥ってここで初めて知った


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する