やる夫が天下布武を目指すようです 最終話

88 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 20:59:22 ID:7k9VB7r.

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)

親父殿の死で始まったやる夫の大名人生……

89 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 20:59:46 ID:7k9VB7r.

     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|                     ____
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |                    /     \
   |:::::::〉 ( ●) (●)|                  /  ─ ,、 ─  \ 
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)                / ;;;(●)::::::(●);;; \
    |     |r┬-|  |                 |      __´___     |
    \    `ー'´ /                 \              /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.                 /          \
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

 多くの一族を手にかけ……

90 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:00:08 ID:7k9VB7r.


          / |
    ,r‐、λ、_,、ノ  ゙i,、__                   ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、                 _ __
    ゙l         {!!! _ ヽ、               ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、              /─二__─_
    {  .   ノノノノ ~ `、  \             /;;ィ''"´  _,,,,..ツ ン,.,_ `ヾ;;;;〉             //\二| / | |二 \
    )     (゚∈゚*)  ‐'`  ノ              `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´            / | <~ゝ 二二 ∠~> |    
    ´     ュ 丶ンぐ;'" ノ /             r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'           _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
   ,-‐'⌒"´  `Y´ ̄`r '丿               ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.        _─|  |  `U-  / ) U  | |-、   
 γ' -、_,-ュ   ,j|  _,,ムン                ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!       <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
 〈i 、丶ぐy ミ f  朮 ,j ゾ                 ll`7´    _,r''二ニヽ.     l         ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
  \ヘ ヽ、、丶_,艾 ン {                 !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ           |  |  | ,───-_ |  |
                               l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /             |  | |/       | |  |
           ...-,,-,,,-,,,,,、              人、      `゙’゙::.   イ             |  | |     ___| /|  |
         /:::::::シ''"´`´`゙ヽ                                         |  | | _ ──     7   |
        /::::::::::::  ,,.ノ  ヽ、ヽ                     / ノ Y ヽ               |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       .i::::,、:    = ・=,  =・=                (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)        |              /
       |,、i i^,i、  uU ^) ・_・)Uuヽ               (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))        |              /
       i| | | ,| |  ┃トェェェェイ┃.l              /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \    ─/ ̄|_          _/\
       ,、i i^| |、| . ┃ヽニニソ┃l              ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )      /|  ──────-/ λ
       i r^ ^ `i     ━━┛ /i                  \   |r┬-|  /´
       ヽ    i     __ ノ /                   |  | |  |  |
      ''´i   、/       ノ i´''-                  |  | |  |  |
        i   i `ー----一'  i                      `ー'´

  多くの敵たちを倒し……

91 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:00:32 ID:7k9VB7r.

                                                       l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
                                                      ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
     ,ィ´ ̄ ̄ ̄``ヽ               ____                    ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\            /        \                  {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ 
  厶 -…ー─‐--、:::::::::::|          /           \                〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l
∠___,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、\_}        /ミ              ヽ               l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三< 
   | <●) /、(●>、 ||||       _ .|ミ   _\ハ.!ハ/_    |               ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l 
   |  ,, <、_,> ヽ、,   |      iミ ヽ〈 ( -=ニ・ニ≧≦ニ・ニ=- ) 〉/ ̄i              l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|       |ミ\/ミ "´´ |ミl   l |` ` ゙゙ ヽイミ  |             l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′  
   \  `ニニ´  .:::/       |ミ | |ミ    ,/|ミ{    } |ヽ、   |ミ |ミ |             ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/  
   /`ー||||||||/―´´\       |ミヽ|ミ、 ,  ハc  cハ  、  |ノ  /             丶、__, -―''"/,/
                      ヽ ヽ { =ニ二ニ=ニ二ニ= } /  ノ               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
                        `-| ゙ ヽ ⊥⊥⊥⊥ // "|- ´              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
                         || _ `、-- , 、--´,/ _ ||                ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
                        |ミヽ    ̄ _ _ ̄   / |
                      ―|ミ  `ヽ(_ ,、_)/    |―

  多くの人たちに裏切られ……

92 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:00:57 ID:7k9VB7r.


                ∧∧
  。∧_,,,°     (*;0;)   
・゚。(>O<*)゚・    ノU ノヽ)   , ゙ ,.,._.,.,           ,.,._.,.,          
   @;,,@;ヾ  ~(つ;@;,.ζつ ,。・゚ ゚・(*>O<)・゚ ゚・。  , ''  ノ(*゙C;゙)  ∧∧     
   と;,と__)~  ‘"'' ~;''`,,.,,    ;', /@;;,;@   ,  ~(⌒)U川;  (ll。,._。)  
 "' ,゙'゙;@つ ~/⌒´っT0゚)っ∧ ~(@メ,;@; ∧_,,, , ;: '   ̄";・;゙゚‘   | UU .    
  ,  '' ;    (ノ´ ̄ `,;@>`゙'; . " .` (゙0,.`*)  ~  λ、,.,.~O_*__つ    .
 と`ヾ;、:'‘                ;,  ' U"U, ;)~   (;,o;;゙ζ;,  (p;`,,ξ  
  (。p;,。#)                        U"`ヾ)  ~  "  `゙''´  "~;:`

  多くの人々を殺した……

93 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:01:22 ID:7k9VB7r.


                     最終話 「夢幻のごとく」 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.......:::.:::,  ::::::‐:::‐::  ::.:::::.::::::.:::.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:..:..::.::::.::::.::./       :..:..:\:.:::.:::.::::.:::.:......:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..::::.:::./        ..:..:.:::.:::.:::.::::.::.:....:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ..... ....:::.::|    ..:..:..:..:..:..:..:.....:.:|::.::.:.::.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..:..:..:..:..:..:....       ...:.i..:..:..:..::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. ヽ       ......:::.:::.::./:::.:.::.:.:......... . .. . :; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;;
;:;:゙:;":;";`;:;":、;.. . .. . .. . .. . ...:..:..:..:..:..:..:... .. .:..:.´.. . .. . . . . .. . .:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,
":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. .  .;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:゛;:; ,
::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";. . .. . .. . .. . ___. .. . .. .  . ,.:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;:; ,
;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、.. . ../::::::::: .  \.. . . .`;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:; ,.
;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;".. /::::::::::::    `゚ o:。;:;`;゛;:゛;:; ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:; ,.:_!,i!;;-'''゛'''''
""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. /::::::::::::::::      \,,.、_,,..-‐'' ::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'
.;'":;. :.. ;'"'":;.``丶、._,,_|i. |‐ー─‐|::::::::::::::::::         | |,,__::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.(_|i/ ,,, ,,, ,, \:::::::          /i|_):"'" ̄'"":..'" ̄':‐.:':'" ̄'‐:'"
.::..:ー..:..::::..:..-::.:..:...::..:./       ,,,>::::        <  \.::..:..:..ー::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:-..::::..:..::.:..:.
.::..:..:..ー::::..:.,.,,..、 ::../        ( |::        / )    \.  ,.,,.、.::..:..:..::::.ー.:..::.:..:...::..:.ー.:..::.:..:.
.::..:..:..::::..:..::|i. |/       ,,, ,,,,,, .`|:::::::     /'       \|i. | .::.-.:..:..::::.~.:..::.:..:.ー..::..:...:
  :.;;''.;;:;: :::''/              |:::::::::人  /          \::.;;'' ;;:;: :::''.::..:..:..::::..:..::.:..ー:...::.
__,,.. .-‐ '''" "~ ~""'' ´~"''~""''' ''"´~ヽ::::::ヽ,.L_)"''´~"''~" "'''' '"´~"''"' ''""~~ ""''´~"''~ ""''' ''
                    .   >__ノ三三 
                      .三三三三 
                      三三三三三

   ……やる夫は……いったい何を成したんだろう……


94 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:02:14 ID:7k9VB7r.


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\ 途中で武田は滅亡しちゃったから、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |  ゆっくりと向かうお。
  \      `ー'´     /
   織田信長(通称:やる夫)

1582年(天正10年)、3月5日に安土を発ったやる夫は、7日には岐阜に逗留、
飯田を経て、19日に諏訪の地へと入った。

ここでやる夫はしばらく滞在し、甲斐・信濃の国掟を取り決めた。
そして、今回切り取った領地のうち、
甲斐1国を川尻秀隆に、信濃の4郡を森長可に、そして滝川一益には上野1国と信濃の2郡に加え、
「関東管領」の役職を与え、関東方面軍の司令官に任命したのである。

95 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:02:40 ID:7k9VB7r.


            |l ト、 _.、|  :|: |    /}
            |l | >、 |  :| |  /> ′
            |l |\__,>、 | |/> ′
  |\        /|l | {:::(ト。.>K。イ}ト、     ……拙者、領地より茶器の方が良かったのに……
   \:.\    , ' |l K´,二 \|/>ニ7ト、  
    \:.\  , '  |l ト、{二\_,|_,.イ|リハ  
 |\   \:.`'''‐- ..,|l |:.:.ヽ---'7ニ/∠、‐'''7
 \ `'''‐- ...>_ : :_匚.|_:_:,}、_/∠:.:.:.:.:.:.∠
   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/X!_二} :ト、三二ン\.:.::∠
    \ ::.:.:.: /XXX|_二} :|ハ乂ハ.:.:.::.|::.:.:.:.7
      \/:XXX.|_∠} :|乂ハ乂|.:.:.:.|::.:.::/
.       |XX/⌒|三| :.|ハ乂ハ|:.:.:.:|:/
.        \|乂ハ|三| .:|乂ハ乂|.:.:.:.|
        滝川一益(やる夫の重臣・関東方面軍司令官)

この時、茶の湯に凝っていた一益は、手柄の恩賞に「珠光の小茄子」という茶入れを希望したのだが、
やる夫は、領地の加増で我慢するように笑いながら諭した。

96 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:03:01 ID:7k9VB7r.


       ____
     /⌒  ⌒\   
   /( >)  (<)\   今回は「珠光の小茄子」を与える程の手柄ではないお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    /| | | | |     |   まぁ、上野1国と信濃2郡の50万石ほどで我慢するお!
  \  (、`ー―'´,    / 

一益が果たして何処まで本気だったのかは不明である。

その他に、毛利秀長に伊那谷の1郡、投降した木曾義昌に安曇、筑摩の2郡が加増されたのだった。

97 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:03:30 ID:7k9VB7r.


諏訪に滞在していたやる夫の元に、柴田勝家の北陸軍からも朗報が届く。
越中で反乱を起こしていた小島職鎮と一揆勢の籠もる富山城を陥落させ、
上杉の越中における最後の生命線とも言うべき魚津・松倉両城を取り囲んだという報せだった。


                   之ミ- ーミヽll|ソイ;;ッ"ッーノレl,
                  三ミ二゙ー-、ツ从彡彡ン;;;;ー;;く            、
                 ,,ヲ;;;;;、-ツ''t、ツー-ーヽ''''''''''ヽ;;从      ,,,,,r 、ー、_
                 "イヘ}::          ッilw}}|'"゙     ,ィー 、 \ヽヽ)
                  __|:::   ,;rー 、  ,、-ー ミ:::::::リ__,,  ,r ''' ー 、ヽ l|リl| )
ン''ンニ'―z-、           l[llllllllj::  'ー- 、 `´ ,、-ー'゙ー、|l|lllll|ll _,ン_   ', l l,l-'
l/ / /"/ ,、-'''ユ;;- ー''''"乙 ゙' ̄/:: ____::}ヽii/{{::::::;;;;;;;}',|、゙Y'"´` `゙' 、 l|ノ< 
l| l|: イ: /: /:::,r'"::::::`゙' 、=     |l|}ツ::、三ッ;;ミ从l|l乞z-、::::::::}ll} L     l|l/  ゙'    …………
l{;;{、ll|:::l|:::/::::イ ,r'"´`゙'' 、:::''" lll" |リ:{、-ッ;;;;;;、-'´ll`゙'ー、;;;;;; ''´::{;l|;;l |ヽ、,,,,, l|ノ:''""" 
:::::::`゙''' 、;:l|:::ll|:l  ;;;;ヽ、l jl|リ l| ,,, ',}゙{ ' 、,,_,,、-''´`゙゙''ー、,,,,):::::リl|;从',:::::::/:::::::.... ......:::)
:::::彡 入ヽ、lll|'、(;;;;;;;;;;Y;;(:,、-'''~~゙Y'lヽ,,彡,,、ミ;;;;;;;彡-、゙}、、,イ//、|/:::::/彡:::::::::::::::/      
\::::/''":::ヽ、ミ三;;;;;;;;;;、;;;)从从从゙l|Yll l|ヽ人人人Y'| }} } |:::ヽノ:::::/:::::::ヽ;;;;、/:::::::::)
. /:::  リ jj゙''''ー、::,、 '" ::::''"",, :::::{ l | |:rー 、:;、へ;;;| l|  |:::::::::::::::::::::::::ヽ/::'''"""/ 
/-ー''"  Y ヽー之´'"""   Y;;;;r''~ ', l{ l;ヽ    /;;|. } /::::::;;;、-'' ´゙''"ノ:::::   /''"ー、
:::"      '''=(::::::::::::.......  /;;;;/ : :::::ヽ { |(゙YYYYY{リ .} /:::::::;、-ーー、≦ ゙}}:::::..       ヽ
          `゙'' 、::''""フ'" ̄ ヽ ::::::ヽl〈Yノ''""ヽヽ}リ":::::::/ ,r'"ニユ  ヽ::::::::::...     |
        彡::  ::}::: ::|r'´ ̄ヽ '; : :::::::| l,'`"""´}.j/::::::::::::{ イ / ̄;;ユ彡}::::::::::::::::::::.......
       ,,,ン  シ}:::: ノ'、   ノノ : ::::::::゙lハ、__lレ'/::::::::::::::::X'ー| //::ニュ''::、,、-ー=ニ
      ,、-彡   l|:::::::}| `'''")人::::::::::::::ヽ l::::::::}ノ:::::::::::::::::/ ::::゙''| l /,r''エュ`゙'' 、:::ヽー::― ミ
   -z ン ..:::::  ...::::;rl| `'ーーj:::人::::::::::::::::::l|:::::/':::::::::::::::::/   ::::゙'' 、| イ ,r'''゙ー、:::::゙':::;;;、- 、:::::::
    " ...::::  ..:::::ィi ゙'''ー- ノ::  `ヽ:::::::::::リ::::":::::::::::::::::/      :::゙'t,Y  /''::::|´::::::... ` '' ー、
    ...:::::  ..::::::::::{ヽ、_,、 '::     \:::::}::::::::::::::::::::/― ''''' " "'' ー、 ::::'、::/ :: ::::|::::::::::::....
                   上杉景勝(越後の大名)

この事態を受け、とても自力では守りきれないと判断した魚津・松倉両城は上杉景勝へ後巻きを要請。
景勝は越後に亡命していた温井、三宅、遊佐ら越中衆の派遣はしたものの、
自身は春日山城から動けずに居た。

98 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:03:52 ID:7k9VB7r.

              ,r:-::‐:::-:.、
               |:/" ̄`ヽ::}
           __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、        __
         ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、     | | ヾ}ヾ}
        ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\    | |   _
       ../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ   ゝ二゙ノ
       .j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ     __
       l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|    | |   ……早く春日山城を留守にしないかなぁ……
       {:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}      ! !
       ∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/      | |    ……そしたら上杉領になだれ込めるのに……
       . ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/       ~
         |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|      
         /⌒Y⌒i^Yヽ:.:ヽハー::':´::: :.:∨⌒i⌒i^Yヽ ウズウズ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨゙ーヘ.ノしし' ̄ ̄ ̄ ̄
         森長可(やる夫の家臣)

これは、領内で新発田重家の謀反があったのと、信濃の森長可が越後を攻撃する動きを見せていたからである。

こうした状態だった為に、魚津・松倉両城への上杉軍の援軍は困難であり、城内は絶望的な空気が支配していたが、
それに反比例して、両城を包囲している勝家の北陸軍の士気は日増しに高まっていったのであった。

99 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:04:36 ID:7k9VB7r.

4月2日に諏訪を出発。
途中、やる夫は新府城跡と躑躅ヶ崎館跡を見るため甲府に立ち寄った。

~躑躅ヶ崎館跡~

..      ____
     / ―  -\   ここが信玄の躑躅ヶ崎館……
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \  ……小さい頃に平手の爺からよく聞かされたもんだお。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /  「晴信公の治世は素晴らしく、民に対して備える必要もないから、
.   ノ         \    本拠に城や砦は作らない」のだと。
 /´            ヽ

100 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:05:00 ID:7k9VB7r.

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ……だけど、実際に来て見れば、塀は高いし、堀も深い。
/    (─)  (─ /;;/   櫓も立ち並んでるし、オマケに要害の山まで北に背負って逃げ道までキッチリ確保してあるお。
|       (__人__) l;;,´|    
./      ∩ ノ)━・'/    ……これのどこが備えの無い館なんだお。
(  \ / _ノ´.|  |      
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  ……ま、そういう話も信玄の情報戦略の一環だったんだろうな。
     . (人__)      |
     r-ヽ         |  家中・領土はよく治まり、外には風の如き無敵の騎馬軍団……
     (三) |        |   ……ありもしない虚像で中央勢力まで翻弄し続けたんだから、
     > ノ       /    その意味じゃ、信玄はやっぱり天才だったんだろ。
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <     
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |
    一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

102 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:05:41 ID:7k9VB7r.


       ____
      /      \     翻弄された方はたまったモンじゃねぇお。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ    おかげで、あの公方様も真に受けてその気になる始末だったし……
  |   (__人__)( /   〉|     ……間接的にだけど、やる夫も随分と苦渋を舐めさせられたお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ   
―――――――― \ _ _ _ )

103 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:06:08 ID:7k9VB7r.

       lヽ
       | ヽ    __
        ヽ   L,ァ'´ /
       ,  >f=-<ー 、
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\   
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.|  ……やる夫様、
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|    ……ご報告が……
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|
    ヾ.ト、:.l、   。  u イ:∧l
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/
       Y⌒ヽ、/`ヽ
     関友成(森家の家臣)


          ____
        /      \
       / ─   ─   \  ん?勝蔵のトコの友成じゃないかお?
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)         どうしたんだお?|
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `

104 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:06:32 ID:7k9VB7r.


                  , ィ
                  / |
                     /   |  _,.. -―ァ
               _/   l /    , '
             ,.∧': :´: :{   /'     /
        , ' : !_ノ: : : : :ゝ___Y´ _,.<
      /: : : : : : : :/'´ : : : : :.` ヾ: :.\
.      /: : : : : : : : :': : : : : : : : :i:、: : 、:ヽ: . ヽ
.      ,': : : : :!: : : i/ : : : : : : : :/ !: : i: . ':, .、:\   ……それが……
     i: : :| : |: : : :|: : : : ; イ: :./   l: : |、: : ',: :\;ゝ
     |: .:::|: :|: : : :|: : :X //   !: :| ,∨:.i : : ヘ   どうも先日まで佐々木丞禎が武田の残党と一緒に恵林寺に匿われていたようです。
     |:::::::| :|:. : : :|/  `ー     l‐j´ !: :! : ! : !
     |:::::::ヽ|::. : : :!            !/u ,j :,' : :| : |  しかし、我等が引渡しを要求したところ、長老の快川紹喜らがこれを拒否、
     |:::::i´`!::. : : :|  ○      ○ ./:|/: : :.|ヽj   あまつえさ逃亡を手引きして、丞禎らは既にいずこかへ逃げ果せたようでございます……
      j∧ヽ_|:::::. : :.lu        ,    l:.:.:.:.,ィ:.,'
      \:|::::!: : : l  r ―--、  ,. イ:.:.:/ i/
        ヾ、|ヽ:.:.:l`.ー`ーr.--'<´  |:.:/
         ,、へ:::.\l、___j:::::::::/∧  !/
       /ヽ:\\::::::ヘ   !::::://:::∧

105 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:06:58 ID:7k9VB7r.

       ____
     /     \   ……佐々木丞禎はやる夫が賞金をかけてまで探している不埒者だお。
   /_ノ  ヽ、_   \   信玄時代から武田のブレーンの一人であった快川和尚がそれを知らぬ筈は無いお……
  /(●)三(●))   .\  
  |   (__人__)      |    匿っていただけでも重罪なのに、こちらの要求を無視して逃がしたとあってはなお許すことは出来んお!
  \ ヽ|r┬-| /   /    
  /   `ー'´      \     ……構わんお!そんな連中は寺ごと全ての者を焼き殺すお!!!


            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   | ……
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |  (快川和尚……なんて馬鹿なことを……
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./    国師の称号まで貰ったほど朝廷と関係が深いから、
        j .}ン// ヽ     そこを慮って、やる夫が手心を加えるとでも思ったのか……
        ノ '"´  ̄〉  |    
.        {     勹.. |  ……だが、やる夫は坊主が自分の領分に踏み込む事を極端に嫌っている……
         ヽ 、__,,ノ . |    まして、匿った相手があの佐々木丞禎となれば……虎の尾を踏み過ぎだろ……)

106 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:07:36 ID:7k9VB7r.



                ( )  (  )  |!_( )i|  " "() `ーっ          厂`ー、
                 ( ) (  ""/"  ̄(" )∧∧ ( )    ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒    >
                 "( ) ( )"" ::"::::( ") / ハ  (")                 (
           ウーウー    ( ) ”( )  =─(" ) = ハ " (" )        (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_          ( )""( ) ロ ロ(  )‐=ハ /= ヘ        `~‐-、__二ニ(
  `ー' ,-、_ノ⌒)        ( )""( ) " " |/__ハ/=‐ ヘ ガシャーン
-‐~─'´ ‐-、 ⌒ゝ   ノ⌒)   (  ""  ) "  ]""二ニ[| ̄ ̄ | ∧
-‐~─'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ  ゝ  (  "   " ")   |ロロ ロロ|\"..::::| /=ヘ
  /⌒ヽ、_     ,-‐--、 _   |(′″   + )===:|゛,′   |  \ :|/=‐ヘ   
_,,ノ"´ `゛ー-、\- クシャーン` `ヽ (  "  " " ) λワー "λワ-  |/__-ヘ /⌒ヽ∧_,∧_
"´′     "ノ ヽ-‐' ′   `゛ ┌冖"冖冖冖"冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖¬¬´ , /=∨ハ`ー、_
         ",-\ ∧       |="=""====="=====|====l\_/_ハ__ハ   '⌒
     ,ノミゝ     `/ ヘ-、__, |  " ュ   ェェ"  恵林寺     =‐_」   :‐- | |  | ロ| ロ| '"
彡ゞノソヘ爻乂ヾゞノ从/=-:ヘミ从ノ从 匚  -  ェェ ェェ   コ ェ  冖 :i.   | |  |″'''| ,,'|

こうして快川紹喜をはじめとした恵林寺の僧は、やる夫の命を受けた関共成らによって、ことごとく寺ごと焼き尽くされた。

107 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:08:02 ID:7k9VB7r.


     ____
   /      \  
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \  ……包囲されて、閉じ込められて、火をかけられた寺の中で発した言葉が
|       (__人__)    |   どうやって外に伝わったってんだお?
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      ……アホらしい話だお。
.\ “  /__|  |     
  \ /___ /

なお、その際に快川が「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言って焼け死んだとも伝えられている。

108 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:08:22 ID:7k9VB7r.


: : : : : : : : :       :        :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :   : : : : : : : : : :   : : : : : :
       :           : : 、‐``‐、             : : :  : : : : : : : : :
   : : : : : :        : .,,/`::::::::::: `ヽ            : : : : : : : : : : : : :
   : : : : : :       _,,、'`::::::::::: : : :: : : ::::'、:
           _r'":::::;;;;;;;;;;::::::::::: : : : : ::::`‐、、    : : :
         、,-'゜::::;;;;;;;;;;;;: : : :::::: : : : : : : ::::::::::::ヽ,、: : : : : :
       ._、‐′:::;;;;;;;;;;;;;: :  : 、: : : ;;;;;;: : ;;;;;;;;:::::::::::゙'‐、、: : : : : : :  :
     _,/`: : ::;;;;;;;;;;;;;;;:  : ;;;;;;;:   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::``'ー''ー-、: : : : : : :
  ._、‐`: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : ;;;;: : : : : :;:::::::::::::::::: ;;;;;: : : : :::::: : : : : ``、、: : : :
..,,rl″: : :::: : ;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : :;: :    : :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ.: : : : : : 
″: : :::::::::: ;;;;;;;;;: : : : ::::::::::::::::: ;;;;;;: :  ___:::::::::: .: : : : ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : `、、: : :    
: :::::::::::::: : : : : : : ::::::::::::::::::: : : ;;;;;;;;;/⌒  ⌒\::::::::: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : `'''‐:-、   
:::::::::: :   : : : ::::::::::::::::::〃   / ⌒   ⌒  \   ミ : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :    
:::: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::  /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i::::: . : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :     
              \ll|l     ヽ._)    l|lll  /                   
               人l||l         |l||l 从    冨士だお!富士山だお!すげぇお!!
               ( ⌒ )        ( ⌒ )

その後、やる夫は駿河を経由し念願の富士山を見て大ハシャギしながら東海道をゆっくり西に進み、徳川家康の歓待を受けたのである。

109 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:08:46 ID:7k9VB7r.


~浜松~

       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  
    /j/               ヾ、   やる夫殿!いらっしゃい!
     l::||::::              |l 
     |::||:::::::..  (⌒)     (⌒)  ||    この度は武田を攻め滅ぼしてくれて感謝するよ!
    |::||:::::::::::::   \___/     ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ  
    徳川家康(三河の大名・やる夫の同盟者)

110 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:09:10 ID:7k9VB7r.


      ____
    /_ノ   ヽ_\  
   /( ●) ( ●)\  いやいや、やる夫こそ長篠以来、
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  ろくに援助もせずに申し訳ないお。
 |        ̄      |
 \               /


       ____
     /⌒  ⌒\  
   /( ―)  (―)\  ……代わりと言ってはなんだけど
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  駿河は家康殿に進呈するお。
  |             |
  \              /   駿河は北に通じる大事な要所だからしっかり治めて欲しいお。

111 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:09:28 ID:7k9VB7r.


       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l  
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}   !!!!
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y   (……駿河は元々徳川の独力で切り取ったようなモノではないか!
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l  u|,.j      それを家臣に領地を渡すかのごとく……)
       `|    `- '    |  
         l 、  ー三=-  :!   
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |    
      石川数正(徳川の重臣)


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  
    /j/               ヾ、   ……ありがたき幸せ。
     l::||::::              |l 
     |::||:::::::..  (⌒)     (⌒)  ||   ……この家康、駿河も貰ったからには、
    |::||:::::::::::::   \___/     ||    次の北条相手には、もう一踏ん張りさせてもらうよ。
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ   
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

112 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:10:02 ID:7k9VB7r.

       ___
     /   ヽ、_ \   ……ふむ。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  まぁ、そう力む事はないお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /  北条領には滝川一益を中心とした関東管領軍が侵攻の機会を狙ってるお。
     ゝ  ノ
   /   /            ……だから、徳川殿の手を煩わすことはないお。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    そうだ!今回の歓待のお返しに安土に招待するから是非来て欲しいお。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    ついでに、これからの天下の仕置きの仕方も指南するお
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

113 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:10:21 ID:7k9VB7r.

       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l    ……そうだね。
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  
    /j/               ヾ、   是非、安土の城を見せて貰おうかな。
     l::||::::              |l 
     |::||:::::::..  (⌒)     (⌒)  ||    やる夫殿の自慢の城が見れるなんて今から楽しみだよ!
    |::||:::::::::::::   \___/     ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ  (……やはりやる夫殿は、これ以上、徳川家が力をつける事を許す気はないようだね……)
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ  


       ____
     /⌒  ⌒\  ん!こっちも楽しみにしてるお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ (……北条に関しても、仕置きの指南も上手くかわしたお……
  |    /| | | | |     |   だが、徳川の立場も、いずれ天下が平定したら今のままという訳にはいかんお。
  \  (、`ー―'´,    /    ……だから、これ以上徳川の領地を増やす事は容認できんお……)

このようにしてのんびりと各地を見物しながら、ようやくやる夫が安土に凱旋したのは、4月21日になってからであった。

114 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:11:20 ID:7k9VB7r.

やる夫が安土に凱旋して4日後、京都で重大な問題が提起されていた。
俗に云う「三職推任」である。


           ____
         /      \  …………
        / ─    ─ \
      /   (ー)  (ー)  \  (いずれの官位も、受ければ調停の束縛を受ける事になるお……
      |      (__人__)     |    ……10年前ならいざ知らず、今、やる夫が官位に頼らなければならない理由は無いお……)
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

朝廷が、やる夫に関白か太政大臣か征夷大将軍のいずれかを選ばせて任官させようと使者を送ったのだが、
やる夫はこの使者に返事をせず、いずれの任官へも拒否したのであった。

115 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:11:54 ID:7k9VB7r.

    _________
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   やる夫様の為を思ったのだが……
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ:::::::::|\   勇み足だったか……
  `==、l  ====''"´  ゝ::::::|  \
  l`‐゛|  ``ー゛'   .リ⌒l   \
  |  〈......ン     ノ リζ|.     
  || ||| ||| ||| ||| ||| ||| ||||、ノ|        
  || ||| ||| ||| ||| ||| ||| ||||  |      
   | || || ||| ||| || ||| |||   人
   | || || || || || || || / 人
   | | | || | | |  | '  /  \
 村井貞勝(やる夫の近習・京都所司代)

これは、朝廷がやる夫を朝廷のシステムに組み込むためのモノだったとも、
朝廷と懇意だった京都所司代の村井貞勝が、自身の裁量で推し進めたものだとも云われているが、
その真相は定かではない。

116 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:12:16 ID:7k9VB7r.


                      |
   ,.、    ,イ`ト,          |______
  ,イi l`ト,  イ ! l .lヽ  ,'\           /
,イl .l l l ヽ,イ!. l .! .!  \i   ヽ         /
ー、! .l l | l !,ィ-'!‐l ''''' ' ヽ, ',       /  次は毛利じゃ~~!
  ヽ,  | jイi ' .l !      \',     /
   ヽ, | /!            ',   /_     一気に高松城を突破して毛利領へなだれ込むぞ!!
     Y     ,. - .,     .'!,/  ヽ
      !    <  ( ,)  >    i ,.イ  ',
    ,i,    i | l トーi 1 l |     !イ !   }
    ,ハ,      l ! ! .! ! ' '     /  /   ,'
   , '  ヽ、           / ,.ノ   /
,..イrェェェェiヽ、      ,. イ/'"   /
  | ̄ ̄ ̄'|   ` ''' '' ´ ,イ_   ,,./
  |     .!     , '    ̄
  hェェェェェェ!   ,  '
羽柴秀吉(やる夫の重臣・中国方面軍司令官)

時は少し遡り3月15日、秀吉は西へ向けて姫路を出陣した。
5ヶ国の兵を総動員し、その数は27000余であったという。

秀吉は最初、毛利方の外様の家臣である備中高松城の清水宗治を調略しようとしたのだが、
硬骨漢として知られていた宗治はこれを拒絶。
この報せを受けた秀吉は、4月14日には備中に入り高松城に先んじて、
冠山城と宮地山城を攻め落とし、高松城への包囲体勢を万全のものとしたのであった。

117 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:12:40 ID:7k9VB7r.


先の歓待の礼をする為に、やる夫は家康主従を安土に招待しようと、
その接待役を明智光秀に命じたのである。

~安土城~

  /\___/\
/        ::\  私が家康殿の接待役を?
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 |  ……別に異論は有りませんが、私でなくとも、
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   殿の近習の連中の方がこういった事は手馴れているのでは?
\   r‐=‐、  .:::/   
/`ー `ニニ´一''´ \
明智光秀(やる夫の重臣・畿内方面軍司令官)

118 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:13:16 ID:7k9VB7r.


       ____
     /⌒  ー、\  やる夫も最初はそう思ったんだけど、
   /( ●)  (●)\  家康殿ほどの客をもてなすなら、我が家中で最高の重臣の一人である
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  お前がもてなしてくれた方が、より誠意が伝わるってもんだと思い直したんだお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  


  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\  まぁ、私ぐらいじゃないと釣り合わない、というのは納得ですな。
| (●), 、 (●)、 ::|
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  ……しかし、そうすると四国攻めはいかが致します?
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/   長宗我部との折衝は私が行っていましたから、慣例から行けば私がその任に就く事になりますが……
/`ー‐--‐‐一''´\

119 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:13:36 ID:7k9VB7r.

四国の長宗我部元親とやる夫は元々は友好関係にあった。
しかし、元親の四国の統一が間直になると、お互いの利害が衝突しだしたのである。


\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       < 四国統一! >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
         長宗我部元親(土佐の大名)

具体的には、讃岐・阿波の両国の帰属が問題になった。
将来、石山の地に本拠地を移すことを計画していたと思われるやる夫にとって、
海を隔てたすぐ傍に、強大な外様の大名が存在する事態は容認できるものではなかった。

120 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:14:02 ID:7k9VB7r.

             ,,.-‐─-:..、
           /   ;;;;;;;;;;ヽ
          /      ;;;;;;;;;;;;;、  ……かかって来いや!
          l       .;;;;;;;;;;;;ヽ
          {0}/¨`ヽ{0}    ;;;.;;;;;ヽ
           ヽ._.ノ       i;;;;;;;;ヽ、  
            `ー'′  ;;;;;;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
        /)    ヽ、;;;/;;l;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
   _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
  ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
  ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
  l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
     \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;i

そのため、やる夫は土佐と阿波半国以外の領土は認めない旨を元親に通告。
これに元親は激怒し、
「四国の御儀は某が手柄を以って切り取り申す事に候。
 更に信長卿の御恩たるべき儀にあらず」
と、強い調子でこれを拒否したのである。

そのため、折衝役であり、また家臣の斉藤利三と元親が義兄弟に当たる光秀が、
長宗我部救済に奔走したものの、結局、光秀の忠告は元親には届かず、
この年の2月に長宗我部征伐が決定していたのであった。

121 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:14:31 ID:7k9VB7r.


      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……それなんだけど、四国攻めは信孝に譲ってやってはくれんかお?
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  あいつには信雄と比べて、まだ領地もさほどは与えてないからやきもきしてる筈だお。
 |        ̄      |
 \               /   代わりといってはなんだけど、お前には後で出雲と石見を切り取って貰いたいんだお。
                   勿論、その2ヶ国は平定したら全てお前に与えるお……ただその時は丹波と坂本は返して貰うことになるけど。


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |($),    、( $)_.:| + 四国攻めは喜んで譲りましょう!
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +   いやぁ、それにしても2ヶ国とは……
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.    今の丹波と坂本の領地を返上しても、倍近い石高……やはり殿の御褒美はたまらんですな!
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

122 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:15:11 ID:7k9VB7r.

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\   ……お互い若くは無いのに、新たな領地の切り取りを頼んで申し訳ねぇけど、
     / .イ '(●)  .(●)\   まだまだ、お前の力も必要なんだお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   光秀、頼んだお。
  . \ ヽ           /   


         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l    ふっ……心得ました。
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /     この光秀、御褒美の為とあらば老体に鞭打ってでも参りましょう。
      _,,,l ;! |:::______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

こうして、光秀は家康の接待係の任に就いた。

123 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:15:39 ID:7k9VB7r.


5月17日、光秀の手配で、トラブルもなく家康主従をもてなしていたやる夫だったが、
そのやる夫に中国の秀吉から一通の書状が届いたのである。

~安土城~

           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\  さぁ!存分に飲んで食べてくだされだお!
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
       |     |r┬-|     |  ……やる夫もこの鮒寿司は初めて食べたけど、
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ   臭みが効いてて、独特の味で美味いお!!
        /    (___   |   
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

124 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:16:00 ID:7k9VB7r.

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|  琵琶湖で取れる鮒を使った坂本の名物です。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   ささ、家康様もご遠慮なさらずに……
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ   
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l    ……あ、ありがとう光秀殿……うぷ……
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕    (……これホントに食べ物なの?
    /j/               ヾ、    ただの魚の腐った味しかしないような……)
     l::||::::    /     \  |l    
     |::||:::::::..し (ー)     (ー)  || 
    |::||:::::u::::::::  \___/    ||  
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

125 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:16:23 ID:7k9VB7r.

             ∧ ∧
             / ‐ω‐ ヽ      ……殿。
          ,ノ      ヽ、_,,,
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   ご無礼の段、平にご容赦を……
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   中国の羽柴様より火急の報せにございます。
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
       堀秀政(やる夫の近習)

126 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:16:52 ID:7k9VB7r.

         ___
       /      \   猿が……?
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \  どれ、その書状を見せてみるお。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   / ……ふんふん……高松城が……
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)   ほう……毛利の援軍……
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |


そこには、秀吉が備中高松城を水攻めにして包囲した事と、
その高松城の後巻きの為に、毛利の本軍が出陣してくる事、
だから、やる夫の直々の出陣を請う旨が延々と書き連ねてあったのだった。

127 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:17:10 ID:7k9VB7r.


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  ふむ……光秀、悪いけど今すぐ秀吉の元へ援軍の先陣として向かって欲しいお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  ……家康殿の安土での接待役は、このまま久太郎に引き継がせるから。
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \


  /\___/\
/        ::\  ははっ!
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 |   ……ということは、毛利との決戦が有るのですな?
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \

128 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:17:48 ID:7k9VB7r.

         ____
       /      \
      / ─    ─ \  その通りだお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  ……だから、お前の出雲・石見攻めの件も、この任が終わり次第就いてもらうようになると思うお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    そのように心得て準備していて欲しいお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


    /\___/ヽ
   /:::::::       \  ははっ!
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
   |::::.,(一),   、(一)|  ……それでは、私は失礼致します。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´


129 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:18:03 ID:U99WrClc
領地召し上げも、四国情勢も接待も理由じゃないとなると一体?

130 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:18:16 ID:7k9VB7r.

     ____
   /      \   ん、役目大儀だお。
  /  ─    ─\
/    (ー)  (ー) \  ……家康殿、すまんお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /  せっかくの歓待の宴に無粋な姿を見せてしまって……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    堺の町もやる夫が案内して差し上げようかと思ったのに、どうも今回は出来そうに無いお……
  \ /___ /


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l   いやいや、やる夫殿気にしないで。
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l    堺の町は僕等だけで見て回るからお構いなく。
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕   
    /j/               ヾ、   それよりも、好機を逃さない事の方が大切だよ。
     l::||::::              |l   
     |::||:::::::..  (●)     (●)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||    (西の話なら、とりあえずは当家には係わり合いの無いこと……
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ     もしも毛利に手こずってくれれば、あわよくば僕等も北条攻めの機会が掴めるかもしれないし……)
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

131 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:18:41 ID:7k9VB7r.


      ____
    /_ノ   ヽ_\ 
   /( ●) ( ●)\   ん、家康殿、申し訳ないお……
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  
 |        ̄      |
 \               /

132 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:18:59 ID:7k9VB7r.


~坂本への帰り道~

    /\___/ヽ
   /,,,,,,,,ノiヽ,,,,,,,,::::::\
  .| (>),ン < 、(<)、.:|   くっしっしっしっしっ!
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|    これが終れば出雲・石見攻め!
  .|  r、_,ィェ、_,ゝ  .:::::|   
   \  `ー'´  .::::/     そして、俺も遂に60万石以上の領主かぁ~!
   /`ー‐--‐‐―´\    


  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、 (●)、 ::|  いやぁ……思えば50まではパッとしない人生だったけど、
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|   あのアホな公方様を担いで、やる夫様にお仕えしてからは順風満帆だね!
|   ト‐=‐ァ'   .:::|   
\  `ニニ´  .::/    やる夫様なんて、今や10ヶ国以上を治める天下人だし……
/`ー‐--‐‐一''´\

133 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:19:27 ID:7k9VB7r.

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (ー), 、 (ー)、 ::|  …………
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/
/`ー‐--‐‐一''´\


  /\___/\
/、-―' ゙、ー- ::\
| (○), 、(○)、:::| ……かたや、オレは60万石程度で大喜びか……
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|
|    ,゛-=-'、   .:::::|  あの方が、20代で成し遂げた程度の領地……
\   '´`.:::  .::::/
/`ー‐--‐‐―´´\   ……痛!?

134 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:19:50 ID:7k9VB7r.

      ,, -─-∧
    /    ─ \   ……あ~あ……、また一本歯が抜けちゃったよ……
   /   (●)   ヽ
   |   , -''(、_,.)   | >  オレも今年で67歳だもんなぁ……
   ヽ ( (´\ ( (●)/
  / \ヽ`ニ´ ノ  /    ……敦盛じゃ「人生50年」っていう位だし、
 /    `ー- 、一''       もう何時死んでもおかしくない歳なんだよなぁ……
 |  |     、 |       


  /\___/\
/        ::\  ……でも、跡取りの光慶はまだ15歳……
|           :|
|   ノ   ヽ、   :|  仮に今オレが死んだら、坂本の城も継がせてもらえるかどうか怪しい歳だ……
| (●), 、 (●)、.:::|
\ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/  ……キ○ガイでも、成人した跡取りの居る藤孝殿が羨ましいぜ……
/`ー `ニニ´一''´ \


141 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:22:18 ID:S7WjiXIc
どきどき。
そして、ダディ光秀の息子の年齢は初めてしった。

135 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:20:20 ID:7k9VB7r.

          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \
        |)  、(● ).:::::::::+::::::::|  ……ま、こんな事考えてても、どうしようもないんだけどね……
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+   ……天下人かぁ……
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
         /`'ー‐---‐一'´\
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |


139 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:21:42 ID:njH226Z.
今まで随分理想的な忠臣だなあ、いつ本能寺クルー?と思ってたら
また随分と寸前なんだな。

145 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:23:50 ID:Q2Tfbq0c
フラグが立ちそうで立たない光秀

136 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:20:50 ID:7k9VB7r.


その日、織田信孝と丹羽長秀は安土城に呼び出されていた。

~安土城~

       ____
     /⌒  ⌒\ 万千代に信孝、よく来てくれたお。
    /( ●)  (●)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  用件は他でもない、お前たちに大任を任せようと思ったんだお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

137 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:21:11 ID:7k9VB7r.

          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ   あたしに大任にょろか?
       |i │ l |リ  米    }_}ハ
       |i | 从 \    /l小N  ……もしや、それは次の戦に備えて
       |i (|  i ●    ● li|ノ
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     国中のスモチを全て買い集めて来いという大仕事では……?
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )
      丹羽長秀(やる夫の重臣)


      ____
    /_ノ   ヽ_\  
   /( ●) ( ●)\  ……残念ながら違うお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  (つか、どう考えたらそんな結論にたどり着くんだお……?)
 |   U    ̄      |
 \               /  お前と信孝で、四国の長宗我部を攻めて欲しいんだお。

138 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:21:32 ID:7k9VB7r.

  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \   こ、この信孝にも、やっと大きなお役目を下さるのですな!
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (⌒) (⌒)从|i|   父上!ありがとうございます!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |    必ずや、長秀殿と一緒に四国を平定してご覧にいれまする!
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
神戸信孝(やる夫の3男)


     ____
    / ⌒  ⌒  \  ん、無事に役目を果せたら、
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  その時は信考を中心に四国の地を任せるつもりだお。
  |    ー       .|
  \          /   頑張って励んでくれお?

140 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:21:52 ID:7k9VB7r.

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ 米  ヽハ  、 ヽ  心得ましたにょろ!
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|  ……にしても、月日の経つのは早いもんだにょろ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   気がつけば、大馬鹿で有名だったやる夫様が天下の主にリーチだにょろ……
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    なんだか、夢のような話だにょろ。
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


       ____
     /⌒  ⌒\  はっはっはっ!夢じゃ困るけど、確かにそんな気分だお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まぁ、やる夫の気持ちは「尾張の大うつけ」といわれた頃から、何も変わってねぇお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /


142 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:22:30 ID:7k9VB7r.

       ___
     /   ヽ、_ \   ……それにしても、子供の頃から30年以上か……よく仕えてくれたもんだお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  いろんな兼ね合いで、お前に大軍を任せる事は無かったけど、
  |  l^l^lnー'´       |   その働きは、正しくやる夫の片腕だったお……
  \ヽ   L        /  
     ゝ  ノ             ……お前無しではおそらくは、やる夫もココまでは来れなかったお……本当に感謝してるお。
   /   /         


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/  米  ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{        リ| l │ i|  そ、そんな風に褒められると照れるにょろよ。
         レ!小l,ノ    `ヽ 从 |、i|
            ヽ|l ////////  |  i|ノ│  ……今日はどうしたんだにょろ?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  il  |
       r-ーー==ーvー===ーー-t   何だか、今生の別れの文句みたいだにょろ。
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
      (⌒)::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::(⌒)
       ||::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::||
        ~ー=ーー-|_|-ーー===-~

143 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:23:01 ID:7k9VB7r.

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |  はっはっはっ、そうかお?
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /    スマンスマンお。
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /       まっ、それだけ万千代を頼りにしているって事だお。
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /           じゃ、信孝を頼んだお。
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |              信孝も万千代をやる夫だと思って、よく言う事を聞くんだお?


  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \   
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (⌒) (⌒)从|i|  ははっ!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |   
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

こうして、四国方面軍の編成が決まった。
信孝を軍団長に、副将として丹羽長秀、蜂屋寄隆、津田信澄が補佐に就いたのである。

144 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:23:25 ID:7k9VB7r.

後日、この日の事を思い出すと長秀は、
この後の変を阻止できなかった自らの不甲斐なさに意気消沈してしまうのであった。


          ,. -''" ̄ ̄``丶、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:./"   、:.:.:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:,イ::i′     \::::ヽヽ
     i:.:.:.::::l:::::.:|:::Lレ|'  米  、 l::i;::::ト、i  ……やる夫様……
    i|:.:.::::::|:::::.;lイ|' `!       `ト|!::::| ゙|
    |:.::::::ri|:::::.i|`'●     ● リ'i|::/    ……あたしもそっちに逝くにょろ……
     |::::::::{ |::::::⊂⊃       ⊂",リイ!
    i|:::::::::`|:::::::|      σ     /:::||     ……また、一緒にスモチ食べようだにょろ……
    |::;:::::::::l|::::::lト、_      __,ノ|:::::|:|!
   i|::|::::::::::|::::::|ィくヾi` ―/:、:.:. ̄``'┴.、
   l:i||:::::::|::|:::::l/「シ`┴ニL;_:.`ヽ、;r‐'": : ;〉
    ||!l|::::::i|::|!:::i|'/      ):.:.:.:|: : : : ;/ )
   iリ i|:::::;l|::::|!::|;:|―┬r―;iく;_:.:.:.:|: :,.-'l‐'′
  /′|:::::l||:::::ヾ|ヾ-イ|:.|: :/;//`l‐i-ケ'|′

そのためか、本能寺の変後は秀吉の天下取りに協力し、約120万石もの大大名に成るものの、
3年後の1585年に、その後を追うように病死した。享年は51歳であった。
一説には、秀吉のやる夫の遺児と織田家への酷い扱いに抗議する為の割腹自殺だったとも云われている。


152 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:26:19 ID:S7WjiXIc
>>144ちゅるや秀が…

146 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:24:00 ID:7k9VB7r.

~亀山城~

  /\___/\
/        ::\
|  ─   ─   |   弾薬などの物資は先に荷駄で西に送るんだ。
| (●), 、 (●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    兵どもの準備が出来次第出陣するから、みんな急いでくれよ。
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|  
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  ……オレは里村紹巴殿の連歌会に呼ばれてるから、
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   ちょっと顔出してくるわ。
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\    その間の準備は、秀満と利三で進めててくれ。

147 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:24:33 ID:7k9VB7r.

| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ははっ!お気をつけて……
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /
|::    \___/    /
|:::::::    \/     /
  明智秀満(明智の重臣・光秀の娘婿)


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/     \  はっ。
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/    (●) (●) \  準備は我等にお任せくださりませ。
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
   斉藤利三(明智の重臣)

148 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:25:20 ID:7k9VB7r.

~5月28日・愛宕威徳院~

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|  「時は今 雨が下しる 五月哉」
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ……ってなもんでどうでしょ?
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     お見事な歌にござる。
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |      さすがは織田家随一の教養人wwwの明智殿ですなww
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /
    里村紹巴(連歌師)

149 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:25:40 ID:7k9VB7r.

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \  いやいや……
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ + それ程でも……有りますかな?
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/     + はっはっはっ……
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :


  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ま、まぁ、そんな光秀殿が居ればこそ、
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |    安心してやる夫様と信忠様の親子も、
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ    U  .|;;;;;;;//-'ノ      京に滞在できるというものでしょうな。
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\   u    ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /


150 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:25:55 ID:ztEDvPuE
お前はエビフライでも口に咥えていろw

151 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:26:02 ID:7k9VB7r.

  /\___/\
/        ::\
|  ─   ─   | ……信忠様も!?
| (●), 、 (●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  しかし、信忠様は京都ではなく、家康殿の接待の為に堺に行ったのでは……?
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \


  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l     それが、やる夫様が100名ほどの僅かな伴で京都へ向かっているのを聞かれて、
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |      信忠様は急遽予定を変更し、
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/        500名ほどの兵とともに、やる夫様と合流する事に決められたとか。
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ       
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /


154 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:26:53 ID:95uMrXhQ
余計なこと言うなよ

153 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:26:39 ID:7k9VB7r.


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(○),   、(○)、.:|  ……やる夫様が僅かな伴で……しかも信忠様と一緒……
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   ……近くに居る軍はこの光秀のみ……
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

けっして、今の境遇に不満がある訳ではなかった。
ならば、それは老いからきた焦りだったのか……それとも、野心に生きた男の当然の帰結点だったのか……
光秀自身すら、己のその胸中に突然沸いた衝動を掴みかねていたのであった……

155 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:27:26 ID:7k9VB7r.

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\ やれやれ……疲れたお。
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// | 京には4日ほど滞在する予定だけど、
    \__ `ー ' ___/   今日ぐらいは誰とも会わずにゆっくりするお。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ  
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


5月29日、やる夫は上洛した。
6月4日には京都を出発して、中国の対毛利戦線の陣頭指揮を執る予定だったのである。

翌日の6月1日には、やる夫の宿舎である本能寺に勅使をはじめとした大勢の公家たちが押しかけたのであった。
やる夫の上洛は、実に1年と3ヶ月ぶりであったために、本能寺はまるで御所が移ってきたかの如き賑わいを見せたという。

156 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:28:02 ID:7k9VB7r.


      γ⌒) ))
      / ⊃__   ……そこでクチビルくんを貼り付けたコン○ット越前が……
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)  ……でも、ホー○ズのキックで銃弾を弾き返して……
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))  ……自分の身長より低い穴に落ちて死ぬとかなんとか……
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

やる夫は茶会を開くなどして、終始上機嫌で彼等と歓談し、
武田攻めの様子や、これからの毛利討伐についてなどを語った。

157 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:28:32 ID:7k9VB7r.

       ____
     /_ノ   ヽ_\ う~ん……やる夫は12月の方がいいと思うんだけど……
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まぁ、そんなに反対するなら止めておくお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

途中、この天正10年に、尾張の造暦者の説に基づいた閏12月を入れたらどうかと公家衆に提案したが、
公家衆たちは翌天正11年の閏1月に固執したために反対、やる夫も彼等の反対を押し切ってまで
閏12月を進めようとは思わなかったらしく、これは素直に引き下がった。

158 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:28:55 ID:7k9VB7r.

夜になってからは妙覚寺に宿泊していた信忠をはじめ、村井貞勝や馬廻たちが本能寺を訪れ宴会となった。

~本能寺~

       ____
     /_) (_\  
   / 【ー】| |【ー】 \   ……此度の毛利攻めは、早々に決着しそうですな。
  /    ._| |_,     \
  |     \/      |
  \     -==-      /
  織田信忠(やる夫の嫡男)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  毛利も、我が方だけと戦えるような状況ではないようですからな。
   |      (__人__)
.   |        ノ   ……おそらくは、何ヶ国かの領土の割譲で和睦しようとするでしょう。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

159 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:29:18 ID:7k9VB7r.

       ____
     /⌒  ⌒\  今の状態なら和睦する必要はなさそうだけど、
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  まぁ、手こずるようならそれも考えるお
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /  ……できるなら長篠の時のように大打撃を与えて追い詰めたいもんだお。
   ( ^ノ ̄       ヽ


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  ……毛利の奥には島津と大友も居りますしな。
     . (人__)      |
     r-ヽ         |  大友とは現在は友好関係にありますが、
     (三) |        |   九州に行く頃には、また情勢が変わっているやもしれませぬ。
     > ノ       /   
    /  / ヽ     /       四国の方も、まだ治まっていませんし……ご無理は禁物かと。
   /  / へ>    <    
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

160 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:29:39 ID:7k9VB7r.


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \  やらない夫、解ってるお!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   でも、どの程度まで戦うかは現地に行って
    |    (⌒)|r┬-|     |    直に毛利の様子を見てから判断しても遅くはないお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   
    | | | |  __ヽ、    /        ……まっ、そんな事より、今夜は飲んで騒ぐお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |     
    `ー---‐一' ̄

こうして夜遅くまで宴は続き、信忠や他の家臣たちが宿に戻ったのは、夜もかなり更けてからであった……

161 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:30:01 ID:7k9VB7r.


時は1日だけ遡り、6月1日。
光秀は出発準備の整った軍勢に急遽京へ向かう旨を告げていた。

~亀山城~


 ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\   み、光秀様……今、なんとおっしゃられた……?
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /
|::    \___/  u /
|:::::::    \/    u/

162 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:30:20 ID:7k9VB7r.


     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|  ああ?おいおい……耳が遠くなる歳じゃないだろうに……
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|   これから、京に居るやる夫様たち親子を討ちに行くって言ったんだよ。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/     \
    |リ||リ/  ─   ─ \  ……何故でございますか?
    (川/    (●) (●) \ 
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/

163 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:30:46 ID:7k9VB7r.


    /\___/ヽ
   /:::::::       \  ん~~説明が難しいんだけどなぁ……
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
   |::::.,(一),   、(一)|  ……一言で言うなら、オレの生き様かな?
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´


 ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\   ……もはや、お考え直す気はありませんな?
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /
|::    \___/  u /
|:::::::    \/    u/

164 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:31:10 ID:7k9VB7r.

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\  さすが秀満!
| (●), 、 (●)、 ::|
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  よく解ってんじゃん!
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/   ……ということで、オレの「天下取り」にお前等もついて来てくれないかね?
/`ー‐--‐‐一''´\


| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ……この秀満、少年の折に光秀様に小姓として仕えて以来、その忠誠に曇りなどござらん。
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /
|::    \___/    /   ……何処までもお供しますぞ。
|:::::::    \/     /

165 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:31:31 ID:7k9VB7r.


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、   ……先の長宗我部の一件に、斉藤家時代の積年……
    ノ彡リノ/     \
    |リ||リ/  ─   ─ \  ……拙者もやる夫殿にはいささか不満がござる。
    (川/    (ー) (ー) \ 
    ||ト|     /_人_\   |  ……喜んで、殿に力をお貸ししましょう。
    iリ\   §` ⌒´§ ,/


         /\___/ヽ   
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l     ……二人とも、恩にきる。
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /       じゃ、早速で悪いが、兵たちにはやる夫様が
      _,,,l ;! |:::______/     +    直々に軍勢をチェックするから京都に向かうって伝えてくれる?
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +   
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、  
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l 
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

166 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:31:56 ID:7k9VB7r.

 ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ははっ!
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /
|::    \___/    / 
|:::::::    \/     /


          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \
        |)  、(ー ).:::::::::+::::::::|  ……
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+  (……もう、後には引けねぇなぁ……)
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
         /`'ー‐---‐一'´\
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |


こうして、光秀の軍、総勢13000は京のやる夫へと矛先を向けて進軍を開始したのである。


167 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:32:15 ID:Q2Tfbq0c
またえらく淡々としてるなw

168 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:32:23 ID:7k9VB7r.


そして6月2日……まだ日も昇らない早朝、やる夫は異様な喧騒に目を覚ました。

~本能寺~


       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \  あぁ……眠いお……
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|  こんな早くから、いったい何の騒ぎだお?
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )  ……誰か喧嘩でもしてるのかお?

169 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:33:06 ID:7k9VB7r.

                   _  _
            _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : : : : : ::λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/: : : : : : :;|: : : :.:i: : : :(_,j:: : :\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/: : ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ: : : :|:::: : : : \:::|: : : ::|>  た、た、大変です!!!
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :| `ヽ::;l:::::: : : : ト:\:: : i:|
       ̄|::/: : : :::|: :;/__,ノ|:.:|:: : :| `ー-ヽ-::::: : :|::::: : : :|:|    謀反です!本能寺の周りを兵が取り囲んでいます!!
       |:|: :j: :.:::|;/ ~  |::ハ: : j   ●、 |:ヽ::: : |、:::::: : |λ
       ||: :;|: : : :;ハ. ● リ ∨    ) )|::::∨::jノ:::: : : |:.:ヘ、
       j|:/:|: .:::/:::ハ( ( //////( ( j::: : }∨i::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/::::::λ) )r-‐  ̄ ̄ヽ、`/::: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :.:|: : : :::::::ト‐-∟___  ,ノ:::ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : ::|     /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、|   /     ,__\__λ_ヽ、
                森乱丸(やる夫の小姓)


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚ 
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


170 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:33:25 ID:S7WjiXIc
…その時が来てしまった…なあ…

171 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:33:26 ID:7k9VB7r.


       ____
     /ノ   ヽ、_\  む、謀反て、あんた!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  いったい誰が謀反したんだお?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


                     _  _
             _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : :: : . . .λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/. . . . : : :;|: : : :.:i: : . .(_,j:: . .\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/. . ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ::/::|: : : : : \:::| : . . |>  そ、それが……敵の旗は水色桔梗の紋……
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :|ノ`ヽ::;l::::: : : : :ト:\:: : i:|
       ̄|::/: : : :::|:‐/‐-::|: :|:: : :|:::::::::::`ヽ、::::: : :|:::::: : : :|:|  ……明智光秀殿かと……!!
       |:|: :j: :.:::|;/:::::::::::|::ハ: : j:::::::○::::::|:ヽ::: : |、::::::: : |λ
       ||: :;|: : : :ハ::::○::リ:::::∨::::::::::::::::::|:::::∨::jノ::::: : : |:.:ヘ、
       j|:/:|: .:::/::ハ::::::::::: 、__,ー'、    j:::: : }∨i:::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/:::::::λ    ("  j  /:::.: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :::|: : : ::::::::トー-- `二´-‐/:::;ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : :::|    /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、:|   /     ,__\__λ_ヽ、

172 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:33:53 ID:7k9VB7r.

           _____
          /        \
        /           \    !!!!!
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /      ( ● l    l ● )    \   ……相手は光秀かお!
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
    \         ! ,-ー- 、!         /
      \        `ーー ´       /
       /                〈

173 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:34:14 ID:7k9VB7r.

           ____
         /      \  
        / ─    ─ \  ……光秀ほどの者が謀反を起こしたとあっては、
      /   (ー)  (ー)  \  その備えは万全、本能寺は十重二重にも包囲されている筈だお……
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/   それに、この近くには信忠の500名ほどの兵が居るのみ……、
      /     ー‐    \     ……対する明智勢は10000以上……


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\ ……つまり……やる夫と信忠は……ここで確実に死ぬってことだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

174 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:34:45 ID:7k9VB7r.


             _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : :: : . . .λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/. . . . : : :;|: : : :.:i: : . . j:: . .\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/. . ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ::/::|: : : : : \:::| : . . |>  そ、そんな……
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :|ノ`ヽ::;l::::: : : : :ト:\:: : i:|
       ̄|::/: : : :::|:‐/‐-::|: :|:: : :|:::::::::::`ヽ、::::: : :|:::::: : : :|:|    ……おのれ光秀!やる夫様からアレほどの大恩を受けておいて、
       |:|: :j: :.:::|;/:::::::::::|::ハ: : j:::::::○::::::|:ヽ::: : |、::::::: : |λ    何の故あっての謀反か!
       ||: :;|: : : :ハ::::○::リ:::::∨::::::::::::::::::|:::::∨::jノ::::: : : |:.:ヘ、   
       j|:/:|: .:::/::ハ::::::::::: 、__,ー'、    j:::: : }∨i:::::: : : :|\:{    このような行い、畜生にも劣る所業!奴には必ずや罰が降ろうぞ!
       ノ::|: :ヽ:/:::::::λ    ("  j  /:::.: ;/  |: .|::: : :ヘ、      
      j;ノj: :::|: : : ::::::::トー-- `二´-‐/:::;ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : :::|    /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、:|   /     ,__\__λ_ヽ、

175 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:35:09 ID:7k9VB7r.


      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……
   /( ー) ( ー)\ 
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\ (……アホらしい……謀反を起こすのに恩も是も否もないお……
 |        ̄      |  ……なんだか、お乱の叫びを聞いてたら、逆にこっちが興覚めしてきちまったお……)
 \               /  


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  (それにしても、ここで謀反とは……
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |   やる夫は、ちょっと光秀を見くびってたようだお……
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \    奴も牙を持った獣……誰にも飼いならせん獣だったということか……)

176 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:35:49 ID:7k9VB7r.

          ___
         /     \
       /   \ , , /\  ……よし!是非も無しだお!
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  例え、勝率は0でも、やる夫は最後まで諦めないで戦うお!
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \   ……それが、変わらないやる夫の生き方なのだから……
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

177 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:36:07 ID:7k9VB7r.

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   お乱!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      やる夫の槍と弓を持つお!
  \     ` ー'´     /
  /          \        光秀のクソ雑兵相手に一暴れてきてやるお!!
 /             \
/  /\           ヽ   
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


178 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:36:19 ID:trDyPiqc
何と冷静な

179 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:36:26 ID:7k9VB7r.


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   あと、女どもは裏門から逃がすお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |  ……光秀は意味もなく女を斬る奴ではないから、多分助かる筈だお。
  \  (、`ー―'´,    /


                   ,、   ,..、   ,.、
                   /:.::`:^/:: ::ヽ^メ:: :\-..、__
               r‐/: : : :.:;イ: : : : : : : :、:: : ∧:.:〉:ヽ
               |:.j: : :/::;/ |::i: : ::|ヘ、: :}:: : :∧:j:.:. :}
               |:.|: .::|: :|ヽ|:.|: : ::|/}::j: : : : ::ハ::. .:|  ははっ!
               |:.|: ::|: :|  |∧: .:l  j;/、: : : ト、:|:: .:|
               |:.|: :;|::リ ●  ∨ ● i:∨::}::.:`::. :|
               ノ:::∨:V::}   、_、_,   |::::∨:::: :∧:|
               '´|::::;|::::::|::`ー,r'^ヽ-r‐'"|: :/`ヽ:/  `
                 j:/|∧|;ィ´ノ ノヽ,,/ |:/}__,〉


180 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:36:44 ID:S7WjiXIc
両方冷静というか、淡々としてるなあ。

181 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:36:58 ID:7k9VB7r.

~本能寺・中庭~


                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ三
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、三
    _,‐'      \_,,/         i____}二  三
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   三
    { /rィァ リメ、_ノ=、        三
     `i      }_,,__   /      \             ┓┓
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   三_   ┃     ┛┛         ┓     ┓
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       三  ┏━━┛            ┛    ┃
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       | ┃           ━┃           ┏┛  ┛┛┃
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ三 ━━━┛     ━━┛    ━━┛      ┃
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  / 三
            \____          /  三__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       三
                  |      三    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  /
                      ー――´


187 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:38:53 ID:MAEYRi16
全裸ww

182 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:37:23 ID:7k9VB7r.

                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `

(u´゚ω゚`) < アァーーーッ!

(u´゚ω゚) < アァーーーッ!


185 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:38:22 ID:VHsBVB8Y
アッー!

183 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:37:43 ID:7k9VB7r.

       ____
     /_ノ   ヽ_\  ぶははは!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  弥助の奴、張り切ってるお!
  |     |r┬-/      |   ……あんなのに襲われる明智の兵もご愁傷様だお!!
  \     ` ̄'´     /

184 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:38:07 ID:7k9VB7r.


      ∧,,∧  .∧,,∧        やる夫だ!
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)     やる夫が出て来たぞ!
 | U (u´゚ω゚`)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u       ……えっ!?やる夫様が相手だったの!?
      `u-u'  `u-u'            おれはてっきり家康が相手だと……


                          tj、
                           ト、
                / ̄ ̄ ̄ \   Ⅶト、  おお!敵兵どもがうじゃうじゃ居るお!
               /   \ , , /\   Ⅶト、
             /    (●)  (●) \    ト、   うっし!これでも食らうお!!
              |       (__人__)   |     Ⅷ}
               \      |r┬-|  ,/     ⅷト、
          _ ,..-' "⌒    `ー'´   ⌒    ノ Ⅲfj
         / ̄`ーγ´ミゝ二二二ニニニニ======ニく二>
        ヽ、__, , ゝソ                 (彡ノソ
                  \          ,、-─゙──ヾrtjヤ' キリキリ……
                  i          /       fj/


186 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:38:34 ID:7k9VB7r.


                   tj、
          ___     ト、                 \   /´`ヽ.
        /     \    Ⅶト                    .|    ヾ____
       /   \ , , /\     ト、──────────    l      l:
     /    (●)  (●) \__Ⅷ}==≧  ───────┼──  :| ゚______
 __,n|      (__人__)   |    ⅷト_______─ー──十───┤___。   ──>
/     三)    `⌒´   /    Ⅲfj ̄ ̄ ̄--‐‐\     |      j    ̄ ̄ ̄ ̄
\  ´ ゙̄"´`           ̄ ̄ ̄ ̄´三)──────└=┘   Y    /
  `゙'''''''ー┐          ┌‐‐――‐--|'    ─────────弋─_.メ──-‐
       |           |      fj/   シュパンッ       /     ̄
       |          ├=


                         \ ,,_人、ノヽ
                          )ヽ    (     ブスッ!
                       - <       >─
                          )     て
                         /^⌒`Y´^\


  (;゚Д゚) <ぎゃーーー!!

188 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:38:58 ID:7k9VB7r.


       ____
     /⌒  ⌒\   久しぶりの戦闘は面白れぇお!!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ドンドン撃つお!!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /


シュン!ブス!シュン!ブス!シュン!ブス!


 (;゚ー゚)<のぎゃーー!

 (;゚Д゚) <ぎョーーー!!

189 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:39:22 ID:7k9VB7r.



           ~~~~~tj、
          ___     ト、 
        /     \    Ⅶト   !!!!!
       /   / , , \\     ト、
     /    (●)  (●) \   Ⅷ}    げ、弦が切れたお!!
 __,n|      (__人__)   |    ⅷト  
/     三)    `⌒´   /    Ⅲfj
\  ´ ゙̄"´`           ̄ ̄ ̄ ̄´三)
  `゙'''''''ー┐          ┌‐‐――‐--|'  
       |           |      fj/ 
                           バツン!!

190 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:39:40 ID:7k9VB7r.

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \  
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ   お乱!!
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |   槍を!!!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


                   ,、   ,..、   ,.、
                   /:.::`:^/:: ::ヽ^メ:: :\-..、__
               r‐/: : : :.:;イ: : : : : : : :、:: : ∧:.:〉:ヽ
               |:.j: : :/::;/ |::i: : ::|ヘ、: :}:: : :∧:j:.:. :}
               |:.|: .::|: :|ヽ|:.|: : ::|/}::j: : : : ::ハ::. .:|  はっ!
               |:.|: ::|: :|  |∧: .:l  j;/、: : : ト、:|:: .:|
               |:.|: :;|::リ ●  ∨ ● i:∨::}::.:`::. :|
               ノ:::∨:V::}   、_、_,   |::::∨:::: :∧:|
               '´|::::;|::::::|::`ー,r'^ヽ-r‐'"|: :/`ヽ:/  `
                 j:/|∧|;ィ´ノ ノヽ,,/ |:/}__,〉

191 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:40:01 ID:7k9VB7r.

                                     /: : ::::i:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;:::|
                                    /: : :::::::::i::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;::l
                                  /: ::::::::::::::::ヽ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ノ
                                 /: ::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
             __                 ./: ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
           -´   ``ヽ             /: :::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;\:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/
        /::::::::::|::::::   `ヽ \         /: :::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/
      /:::\::::::::< ●>    , ‐ー‐-、、 /: :::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;-‐'''′
.     / < ●>::::::::::⌒     / -‐-、ヽ/: ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;-‐‐'''′
.      |  ⌒(_人__)    l /   ヾ/:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;-‐''′
.     ヽ    )vvノ:    .l l ll ノ⌒∧ヾ、::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::,,-‐''′    ずおぉぉりゃーーー!!
      ヽ (__ン    ヽ| ヽ|l,,, ノヽ\ヽ、;;;;;;;;;:::;;-‐'''′
        \   く >  | ヽレヽレ<;;;;;;;;;;; -‐‐ヽ′
             └ゝ  /| iヽ   ̄  /  ヽ
                l  `ゝ、、 ̄)‐'′  ..ヽ
               丶    `'''′     ..ヽ
                ヽ            ..\

192 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:40:21 ID:7k9VB7r.


                                             .,i \
          .,,,,,,  ,,..、 .,i、                                  .\ ./  ,r、
         :| │ ! l,゙.l'"                               .`゛ ,i" ./.
        :l''''′゙‐'''" ゙''゙'j                                 / . /
        :!ーッ .r‐┐┌┘                                  . /  /
          :| │ .l゙ !                                 r'"  /
         ‘'''" ./ . l                              ヽ‐´
         l ./ /          _..-‐'      ...-.‐''.″                 '.        l
          .ヽ‐゛  .,〃    .,..-'"゛   ,..、- '"゛                        ‐         |
            "   ゙, ,ノ゙/  ._..-'"   .,,, ー'"゛           ",                     l          |
       .‐ _'i     .〈rlr'"  _..-'"゛             |.ヽ  .|!               ′        i
        . _ゝ゛       ,..-'"                 ! . l  .l゙|   ._,, --''.'''''''''".''丶ヽ.!         !
      '`-、        彡=┘                ′ .l .,! !,/´            !           |
       .'“゙7       ./                 '!ッ、 l  ゙'‐ ゛               .....|        ,i
      ./ ._         l               _..__. ,,,,,, ._ヾ'″             ,/″  !        l!
     ,/ ./.彡i,i.    l.  ., .、 .-'.'.'.`゛´                      /      |        ′
   / ./  .j″ l     .゙l,゙´                                /     ._ !           |
  ../ . /    !_ -''丶    .ヽ .........-.‥‐.¬'''丶- ..、                   "丶''.'._./ ´ !           l
..." ,./  ,,, -'"´    ′     .ヽ      uii_-----┴                   , /    .,!        l
 .,i彡'"´   _ . -'''" '、     .ヽ            ̄"'''';;r               ,゙ニ+    |        "
./   _,..-‐'″      .l       ヽ        ,..-'" ._,,                 /ヶ     ‐       i′
. / '″          ..l       ヽ    .,..-',゙.. -'''ジ″                  l     「       l
               ″       .ヽ .i=゙‐'^゛ ._∠―''T                  l    │         /
                l           \           r                 l   l       /
                   ヽ        ヽ.      /       〟 .i、i、      .〟ヽ  /         / 、
                 ヽ         \   /       / ′| ゙ \      |ヽ .ヽ/      /.,.〃
                    ヽ         ゙'、./      ./  .! l   \.,,   l .l.ュ.l      /"./ _,,〟

193 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:40:38 ID:7k9VB7r.


 (;゚ー゚)<グェェーー!

 (;゚Д゚) <ぎゃぁ~~~!!


       ____
     /\  /\ HAHAHAHAHA~!!
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ やる夫の腕もまだまだ衰えてねぇお!!
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /

194 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:40:59 ID:7k9VB7r.


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  ひ、怯むな!!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    撃て撃て!!
      `u-u'  `u-u'


            _  /し'i  /⌒i   _,,..、        ,..、
       ,r'⌒''"´  j /  /i |  / ,..-、ヽ `ー、    /      \ ,,_人、ノヽ
       /     ,く(   { l | /´ l,、_ノ ヽ、  'l  / /      )ヽ    (   
      /  ,,   ,イ l|  /  i' '´_,,、   ,  `ー',/  /     - <       >─
     ./ // / l l|  _」  し''´ 」      /  /´         )     て
    / / / / l  lレ′|  ,,.-''´        「  /          /^⌒`Y´^\
    ."′/  ヽ レ、ゝ  | .|           `''"
      ./ ハ ヽ、   ..l、_ノ
     ./ /  ヽ  {
.      l /   ヽ-'
     .レ′

195 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:41:18 ID:7k9VB7r.


         ,-'" ̄ ̄ ̄\ ゙
        /\, 、/   ..ヽ
       i (○)  (○) u i    くっ……腕を撃たれたお……
       ヽ (__人__)   / ;   
        i        、\ ;     これでは……槍は振れんお……
        |   !    /__}
       ,-| ;#;.|ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    |
       )ソ(___i)---|    |


            _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : : : : : ::λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/: : : : : : :;|: : : :.:i: : : :(_,j:: : :\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/: : ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ: : : :|:::: : : : \:::|: : : ::|>
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :| `ヽ::;l:::::: : : : ト:\:: : i:|   や、やる夫様!!
       ̄|::/: : : :::|: :;/__,ノ|:.:|:: : :| `ー-ヽ-::::: : :|::::: : : :|:|
       |:|: :j: :.:::|;/ ~  |::ハ: : j   ●、 |:ヽ::: : |、:::::: : |λ
       ||: :;|: : : :;ハ. ● リ ∨    ) )|::::∨::jノ:::: : : |:.:ヘ、
       j|:/:|: .:::/:::ハ( ( //////( ( j::: : }∨i::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/::::::λ) )r-‐  ̄ ̄ヽ、`/::: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :.:|: : : :::::::ト‐-∟___  ,ノ:::ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : ::|     /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、|   /     ,__\__λ_ヽ、

196 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:41:38 ID:7k9VB7r.

       ____
    //   \\
   /( ー)  (ー) \ ……やれやれ……どうやらこれまでかお……
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /


          ___
         /     \  ……お乱!弥助!
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \  やる夫が奥の間に退くまで時を稼ぐお!
      |       (__人__)   |   そして、やる夫が引っ込んだら、すぐに寺に火を放つお!!
     \      ` ⌒ ´  ,/     ……そうしたら、やる夫に構わずにお前らは逃げるお。
      ノ          \      特にお乱なら、侍女たちに混じって逃げられるかもしれんお。


197 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:42:11 ID:x3NPzR3o
乱丸の兄弟は出番なしか

198 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:42:14 ID:7k9VB7r.


      ____
    /_ノ   ヽ_\  それから……もしもやらない夫に会ったら、一緒に連れ出してやって欲しいお……
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\ ……今まで、たくさんの人々を殺してきたやる夫が、
 |        ̄      | こんな事言う資格はないのかもしれないけど……
 \               /  ……やる夫は……アイツにだけは死んで欲しくないんだお……


              __ r 、   _,   _
         __ r ュ、/ハ ゙/: : ` ´: :.ヘ: :.\ _
       /:./ ⌒/: :. :/: :./: : : : : : l: : : :ヾl
      /i /  , ' : :  /: : :|: :l: : : : : |:.l : : :.ヽ 、  は……ははっ!
     く  l/  / : :/: :l __ 斗/l.: : : 、_|:.l: ,ィ: :l ', )
      〉´  !: : /.: r|: /  lj |: : : :./|.:l:  : ト、:V   命に代えましても、明智の兵などココは通しません!
       \ .|: :/|: / |/   l |: : / lイ: : :.:| |ヘ|
      /: :.ヽ|:/{ |/.::.| ○  j/ ○ ハ: : /_ノ i  ……やる夫様……おさらばです!
.     //l: : :.l/ ト|: : :.| i i xxxxxx i i :.|: ∧
    /' |: : ィ: : }|: : : トi_ i  ー'ー' i イ :.j/ト ヽ
.      |:/ |:./ ハ、: : | l ー t─<|: :./: :| ヾl
      j/ i/ | i \:ヽ ヽ-|  //|: /iヽj

199 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:42:45 ID:7k9VB7r.

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!   心得たぜ。
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ   ……アンタの貞操が奪えなかったのは残念だが……
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    ……それはあの世での楽しみにとっておこうか。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::


       ____
     /⌒  ⌒\   ん!さらばだお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ……お前等はなるべく死ぬんじゃないお!!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
タッタッタッタ……

200 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:43:51 ID:7k9VB7r.


             _  _ ,ィ'::\/::ヽ.,.ィ'ヽ、__
            /::ヽ/::ヽ|: : : : :: : . . .λ::ヽ::`ヽ、__  _
          ,.‐--/. . . . : : :;|: : : :.:i: : . .: . .:: . .\:::/:::|'´:.: :{
      ∠j:::,ィ'/. . ::::/:.: :/|: :: : :.:|ヽ::/::|: : : : : \:::| : . . |>  
      /::::::/: : ::::/:: :/ |: :i:: : :|ノ`ヽ::;l::::: : : : :ト:\:: : i:|  (……やる夫様、すみません……
       ̄|::/: : : :::|:‐/‐-::|: :|:: : :|:::::::::::`ヽ、::::: : :|:::::: : : :|:|    お乱にはやる夫様を見捨てて逃げるなど出来ません……
       |:|: :j: :.:::|;/:::::::::::|::ハ: : j:::::::○::::::|:ヽ::: : |、::::::: : |λ    ……でも、必ずや明智の兵を食い止め、
       ||: :;|: : : :ハ::::○::リ:::::∨::::::::::::::::::|:::::∨::jノ::::: : : |:.:ヘ、    針阿弥殿にやる夫様のお気持ち伝えて見せます!)
       j|:/:|: .:::/::ハ::::::::::: 、__,ー'、    j:::: : }∨i:::::: : : :|\:{
       ノ::|: :ヽ:/:::::::λ    ("  j  /:::.: ;/  |: .|::: : :ヘ、
      j;ノj: :::|: : : ::::::::トー-- `二´-‐/:::;ノリ   ヽ{`ヽ、:: :\__
         ノ_ノリヘ: : : :::|    /´ ̄`ヽ\、_,ヽ、__   `‐-‐"
            `ヽ、:|   /     ,__\__λ_ヽ、


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }  
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  さてと……もう一踏ん張りとイクか!
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ   /
.   /}   \   二"  ,イ ニヤリッ
 __/ ∥  .  ヽ、___/:::|\

201 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:44:17 ID:7k9VB7r.


~本能寺・明智の陣~

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +  ……戦況はどうだ?
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    ……といっても、勝負になんてならんだろうが。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


 ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ  ……それが、建物に火をかけて我が方の進軍を防ぐなど、思いの外善戦しておりまする。
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\   特に仕えて間もない筈の馬術家の矢代勝介や、他の馬廻の連中などが
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-   /     野外の宿舎からわざわざ本能寺に突撃し
|::    \___/  u /        我が方と寺内で切り結んでいるようです。
|:::::::    \/    u/

202 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:44:47 ID:7k9VB7r.


          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \
        |)  、(● ).:::::::::+::::::::|  ……意外と知られてないけどさ……
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+  やる夫様は直臣からはたいそう慕われてたんだよ。
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
         /`'ー‐---‐一'´\    ……命を捨てて殉じようって奴がたくさん出てても不思議じゃないさ。
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(ー),   、(ー)、.:|  ……ま、それでも時間の問題だろうけど……
  | U ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

203 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:45:15 ID:7k9VB7r.


      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|  ……あれ?
    .|          .:::|
    .|  ー,   ーo ::::|    ……オレ……なんで泣いてるんだろ……?
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
     /``ーニ=-'"一´\

204 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:45:39 ID:7k9VB7r.

  :/\___/ヽ:
:/::::::::      \:   あ~……あっち立てればこっち立たずって訳かぁ……
:|::::::::::::         |: 
:|::::::::::::        |:    ……ままならねぇなぁ……チクショウ……
:|::::::::::::        |: 
:\:::::::::      /:


 ∧         ∧
|/ ヽ        ./ ∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄   鬼武者   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ……殿……
|ヽ----′  ヽ----′  /
|::    \___/  u / 
|:::::::    \/    u/

205 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:46:20 ID:7k9VB7r.


~本能寺・奥の間~


       ____
     /⌒  ー、\  お~お~、いい感じで火がまわってきたお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  この調子なら、やる夫の死体を骨も残さずに燃やし尽くしてくれそうだお!
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  そうだな。
   |      (__人__)
.   |        ノ   それにこれだけ炎に囲まれてれば、もう明智勢も踏み込んでは来れんだろ。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ    ま、死体を見つけさせないっていう、最後の嫌がらせは成功しそうだな。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

206 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:46:44 ID:7k9VB7r.

                                ____
                              /      \   ……って、逃げろって言っといたのに、
                         n_.  / ⌒  ⌒  \
                        (ヨ ヽ/  (⌒) (⌒ )  \    なんでココに居るんだお?
                         |'''''|    (__人__)     |
           +             |  ト __ `⌒´,r'⌒\/
   / ̄ ̄\                 ', ヽ__  ,'`ー/  へ \   
 /       \     +           ヽ   ''-/      |  \ \
 |    ⌒   ⌒          .       `/       |    ヽ、 _ )
. |     (r'´ ̄`'─ --―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/        |
  |     ヽ __                        |.  
.. |     `ニニ´}    ̄  ̄゛'' ‐- ,,_           ,r'   
.  ヽ        }              ゙゙'' ''─ -、   ノ
   ヽ     ノ       \            ,''  ノ
   /    く  \      \           !  (   ,ヘ
   |     \   \       \         \ \/'  \
    |    |ヽ、二⌒)、        \          \__/⌒\)

はっはっはっはっ、そりゃぁ、この火の中を掻い潜って来たからだろ。


207 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:47:15 ID:7k9VB7r.

      ___
    /     \  ったく……途中でお乱に会わなかったのかお?
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  アレに逃がしてくれるように頼んでおいたのに……
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ……乱丸には会っただろ。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  話も聞いたよ……最期の言葉と一緒にな……
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  ……お前に謝ってたよ。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く     命令を聞かずに死ぬ事を許してくれとな……
   /     ヽ \


208 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:47:39 ID:7k9VB7r.

     ____
   /      \
  /─    ─  \   ……お乱は……死んだのかお……
/ (ー)  (ー)   \   
|   U(__人__)     |  ……アレはまだ若かったし、何より与三の子供だったから出来れば生き残って欲しかったお……
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  ) 
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


     ____
   /      \  ……で?
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \ なんでココに来たんだお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   ……やる夫はお前に死んで欲しくないから、乱にも言っといたのに……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

209 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:48:06 ID:7k9VB7r.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  お前のその気持ちは嬉しいがな……
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´     ……30年前のオレの言ったこと……覚えてないか?
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


          ____
        /      \
       / ─   ─   \  ……30年前?
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |  …………あっ……
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ

210 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:48:32 ID:7k9VB7r.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ⌒)(⌒) ……だからさ、いざとなればお前が死ねばイイなんて寂しい事言うなよ。
. |    (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   どんな状況になろうと、少なくともオレはお前の味方だ。
.  |         }
.  ヽ        }    どうしても死ななきゃならん時は、俺も一緒に死んでやるだろ。
   ヽ     ノ
   .>    <       ……俺たちは死ぬも生きるも一緒だ、な?
   |     |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

211 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:49:11 ID:7k9VB7r.


      メ ,, -──- 、._\
    メ/         \\
  / /    ノ  ヽ、   \\  あ…ああああぁぁぁ!
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


          ____
        / _ノ ヽ_\   あああぁぁ!
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \ ば、馬鹿だお!!
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/  やらない夫は大馬鹿だお!!
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´        そんなむ大昔の約束なんかを……おおぉぉぉぉ……

212 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:49:43 ID:7k9VB7r.


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/  ……オレが馬鹿なのは昔からさ。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l    ……前にも言ったが、オレの命はオレを助けてくれたお前の為のモノだ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /      ……お前が何と言われようと、何をしようと、それだけは変わらんだろ。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°  や、やらない夫……
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /


217 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:51:39 ID:8MLyUA1M
これがかの有名な「桃園の誓い」である

213 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:50:11 ID:7k9VB7r.

      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……やっぱり、やる夫は駄目な殿様だったお……
   /゚( ⌒) ( ⌒)゚\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  最後の最期まで、こんなにやらない夫に助けられて……
 |        ̄      |
 \               /  こんな情けない殿様じゃ、謀反を起こされてもしょうがないお。


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (⌒)(⌒) |  ……そうだろ。
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ  こんな殿様残して逃げろって方が無理な話だろ。
.  |         }
.  ヽ        }   ……常識的に考えて。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

214 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:50:47 ID:7k9VB7r.


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :  : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::: : : :+:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;; ;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄\::::::::: : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :  : ;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;:::::: : : : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;; ;;;;;;/   ⌒ ⌒\ : ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:    :;;;+;;;;;;;;;:::::: : : : : :;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;; ;|    ( ⌒)(⌒)               ____ : : ::;+:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
    |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\ : : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;; ;;;;|     |r┬-|           /(⌒) (⌒) \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :
     |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;;
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |;;;*;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::: ::;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    く. \         \  ノ           \;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     \  \    (⌒二              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:

……そうして、炎が迫る中、二人はただ語りあった。
その全てが他人が聞けばどうでもいい話ばかりであったが、二人は笑い、泣き、また笑った。
けして長い時間ではなかったその時は、あたかも二人の思い出全てを詰め込んだような時であった。


215 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:51:09 ID:7k9VB7r.


それでも、最期の時は訪れようとしていた……

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  しかし、まぁ……光秀の奴の謀反……
   |      (__人__)
.   |        ノ   ……このまま成功すると思うか?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……たぶん無理だお。
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  光秀は、親戚である丹後の長岡藤孝と大和の筒井順慶の兵を当てにしてる筈だけど、
 |        ̄      |   利に聡い藤孝に小心者の順慶が、勝算の薄い光秀の謀反に加担する筈がねぇお……
 \               /

216 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:51:31 ID:7k9VB7r.


          ____
        /_ノ  ヽ\  
      / ( ●) (●)、  ……まっ、逆を言えば、その二人さえ取り込む事に成功すれば、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\  やる夫の後継者争いに勝ち抜く事も不可能じゃない筈だから、
    |      |r┬-|    |   せいぜい、足掻いてみやがれって感じだお。
    \       `ー'´  /   
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ / 
   \_,,ノ      |、_ノ


       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \  すると、誰がお前の後継者になると思う?
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  ……お前にはスマンが、信忠様も助からんだろうし、信雄様や信孝様じゃ無理だろうからな……
    (          |
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/


218 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:52:07 ID:7k9VB7r.

       ___
     /   ヽ、_ \  う~ん……やる夫はやっぱり家康殿かお?
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  あの御仁の恐ろしさは並ではないお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /  正直、武田相手で封じ込められたから良かったものの、
     ゝ  ノ            もう少しでかくなってたら、やる夫の強敵になってた筈だお。
   /   /            


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  そうか……
     . (人__)      |
     r-ヽ         |  オレは案外、秀吉じゃないかと思うんだ。
     (三) |        |
     > ノ       /   ……奴のハングリーさから来るあの形振り構わぬ行動力は家康にも劣らないだろ。
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <    
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|     ……ま、何にしても、オレたちにはもう関係の無い話だが。
       |  \_/ |

219 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:52:33 ID:7k9VB7r.

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \   ま、そういう事だお。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |  ……さて!そろそろこの部屋も焼け落ちそうだし……
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /    ……あの世で吉乃に笑われん為にも、最期のケジメといくかお!
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |


    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)  ……やる夫……
.  |     o゚(___ノ)
   |        ´ノ   ……このまま炎の煙に巻かれるままに死んだって誰も責めないんだぞ?
.   |         }
.   ヽ        }     ……何も、辛い死に方を選ばなくても……
    ヽ     ノ
   ノ     \


220 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:52:47 ID:95uMrXhQ
どっちも正解だな

222 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:53:16 ID:ztEDvPuE
さすがに二人とも鋭いなw

221 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:53:04 ID:7k9VB7r.

          ____
        /      \  ……そうもイカンお。
       /  \    /\  ……やる夫はたくさん悩み、迷いながらも、多くの武士ではない人々をも殺してきたお。
     /    (●)  (●) \ 
     |       (__人__)    |  ……でも、微塵もその事を後悔はしてないお……
     /    _nnm´   /  
      (  \ フ _ノ]二二フ    ……後悔してないからこそ、最期のケジメだけは尽けなければならないんだお……
     |\ “ ム∠,__|  |      
     |  \(三___/       ……介錯は無用だお。


223 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:53:50 ID:7k9VB7r.

       ____
     /⌒  ー、\ ……しかし、「人生50年」とはやる夫の好きな唄の文句だけど……
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ……まさか、その通りになるとは……
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  ……よし!

224 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:54:19 ID:7k9VB7r.

                                                   -、
                        ___                     -、 `、l
                      /     \  むん!!     〈`'-ーー-'^ヽ `、l
                     /  \ , , / \  ぐっ!!!  ヽ-''´~ソ /
                   /   (○)  (○)  \             ,/ く
                    |      (__人__)    |           _,.r' .,へ `ヽ
                     \    ` ⌒ ´    ,/         =ニ-ー'´  `;、ノ
               .    ,"⌒             ⌒ヽ                  ,ー-、
                   i  j          _  i                  `l、_l    ,,-ァ
                                                       ,,.-''/
                                                  r、__,,.-''゙,,.-'´
                                                  ヽ_,rー'゙´

225 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:54:39 ID:7k9VB7r.

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

226 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:54:58 ID:7k9VB7r.

          ___
       /::::::::::::::::\  グ゙ハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)  や、やる夫ぉぉ!!
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

227 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:55:39 ID:7k9VB7r.

         ___
      :/ ⌒  ⌒\:  い……痛てぇお……
    : / (○)  (○)\:
   :/  .||||||(__人__).|||| \:  ……文字通り、死ぬほど痛てぇお……
   : |    .  `Y⌒y'´    | :
    : \       ゙ー┃′ ,/:   で、で、で、でも、こ、こ、この痛みは……
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      や、やる、やる夫がみんなに与えてきた……い、痛みなんだお……


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \   
 |    ( ○)(○) \ \   やる夫!!
. |   o゚ (__人__)  __     もういい!!喋るな!!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \  もう、これ以上お前が苦しむ必要なんてないだろ!
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ . 
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

228 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:56:03 ID:7k9VB7r.

         ___
      :/ ⌒  ⌒\:  ……やらない夫……い、今まで、あ、ありがとう……
    : / (⌒)  (⌒)\:
   :/  .||||||(__人__).|||| \:  お、お前がいつも傍に居てくれたから……
   : |    .  `Y⌒y'´    | :   お、俺は「信長」としてだけじゃなく……お馬鹿な「やる夫」でも居られたんだ……
    : \       ゙ー┃′ ,/:  
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      あ、ありがとう……本当にありがとう……だお……
                      


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \ ……やる夫……
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|  オレこそ……オレこそお前が居てくれたから……
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ   こんな血で血を洗うような世界でも絶望せずに生きて来れたんだろ……
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、    やる夫……ありがとう……!!
         \      |.i
           |    .   | |

229 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:56:28 ID:7k9VB7r.


       ___
      /     \  ふ、ふふふ……い、いい歳こいた親父同士が泣きあうなんて、こ、滑稽だお……
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\ ……ああ……楽になってきた…………どうやら……お別れだお……
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /  ま……た……いつか……会おうお……それまで……さ…よう……な…………

230 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:56:59 ID:7k9VB7r.

:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ___::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  /     \ :::  ::
 :::::  ::::  :::/   ⌒  ⌒\:::  ::
:::::  ::::  :/   ( ー)  (ー)\ …………
 :::::  ::::  i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  ::
:::::  ::::  :::ヽ、    `ー '   / ::


    / ̄ ̄\  ……やる夫……立派な最期だったぞ……
   / ヽ、_    \ 
  (●)(● )    | ……どれだけ多くの人たちが、お前を殺戮者と罵ろうと……
  (__人__)゚o    │ ……たとえ、それが事実であろうと……
   (,`⌒ ´      |  オレはお前が為政者と一人の人間としての間で、どれだけ苦悩していたかを知っている……
  . {        |   
    {        ..:/   ……お前の生きた人生、例え誰が認めてくれなくても、オレだけは認めるぞ……
    ` ー     \  
                ……オレにとって……お前は最高の友だったろ……

231 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:57:26 ID:7k9VB7r.

:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::  :::::/ ̄ ̄\::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  :::/   ノ  ヽ \ ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  :::: , |  ( ー) (ー)|::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  :::: / | o゚ (__人__)゚o ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  ::::::: /   |     ` ⌒´ |\   ……さぁ……行こう……やる夫……::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  |     '|       |⌒ ):  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  ::::::: \、    ヽ      //    ……もうお前が生き急ぐ理由なんてドコにもないし、 ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  :::: /⌒、__,,ゝ    (,_⌒ヽ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::\_ `\`ー-/´ /    ……お前を悩ませる問題も何もないんだ……::::  ::::::: 
:::::  ::::  :::::::  ::::  /  `、jjj   jjj´|´ | ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::/   ノ        |__ l     ……一緒にゆっくりと休もう……  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  :::: (  l_ `ヽ     l_ `ヽ:  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::\.|   |      .|   |    ……心の優しいお前が、もう苦しまなくてもいい場所で……
:::::  ::::  :::::::  ::::  :::|,_、|─‐一ヽ|,_、|:  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::  ヽ  ヽ ij  ノ ヽ  ヽ::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::|`ー´|.   |  `ー´ :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::  :::|    |   l:::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::i'  ,}  ,ノ:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  ::::::l   | /:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
 :::::  ::::  :::::::  ::::  :::|,_、|,/:::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::
:::::  ::::  :::::::  ::::  ::::::(゙  )):::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  :::::::  ::::  ::


232 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:57:32 ID:trDyPiqc
おやかた様(´;ω;`)

233 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:57:46 ID:7k9VB7r.


               
               (     (
              : ) _,,,-、__)  ;; .、      (
        `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、. )
       _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (
   ;; ; ;,/~      _,,...-                ~~、_ ; ; 

こうして一代の英雄・やる夫こと織田信長は死んだ。享年は49歳。
その最期の場所である本能寺の焼け跡からは、やる夫とやらない夫の遺体は遂に発見される事はなかった。

234 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:58:23 ID:7k9VB7r.


       ____
     /_) (_\  
   / 【ー】| |【ー】 \   ……これまでか……
  /    ._| |_,     \
  |     \/      |  ……父上……母上……申し訳ございません……
  \     -==-      /

やる夫の死のすぐ後、嫡男の信忠もまた光秀の凶刃の前に倒れた。

やる夫の築いた織田政権は当主と跡取りを一度に失うという想定外の事により
瞬く間に崩壊したのであった。


           _ _ _        
        _,. -''"ミミ 彡 `ヽ、_,,
    ,.-‐'(^/彡" //iヽヽヽヽヽ、 }⌒ヽ
  /イ/⌒i/// / /i ノi }i ヽヽヽソ⌒ヽヽヽ
  // /ヽ__{i i イイ イ{ノ l } } } } }、 ,}リiノノヽヽヽ  ……やる夫様……
  l l///∠l{lト{щL!L |||∠Llノ-}ノ彡|_,,>l } }ノ
  V/ト{  {ヽ| ーー ′ ヽーー ノl'") ノノノイ
  ト、l ヽ ヽl    ノ(、_, )ヽ、  lノ   }ノノ}  
  ヽ \  ヽ   (_人_)  ノ   ノ   
         >―----―<    

また、やる夫の正室であるお濃の方のその後の記録は殆ど残っていない。
美濃攻略時に死去したとされる話から、1617年まで生きたという説もあり、
彼女の生きた足跡はほとんどが謎のままである。


235 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:58:35 ID:S7WjiXIc
…(´;ω;`)

238 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 21:59:32 ID:U99WrClc
金ヶ崎並に脱兎の如く逃げていれば充分、生き残れたって話しだがな>信忠

236 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:58:57 ID:7k9VB7r.


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . | (○),  、(○)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ……ま、こんなもんだろ……
.   |    `ー― '  .:::::::| +
   \  ` ̄´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

やる夫を倒し、その後継者に一番近い位置に居たと思われた光秀も、
やる夫の予言どおり、長岡、筒井の日和見に会い、中国から大返しで帰ってきた秀吉の軍に打ち破られた挙句、
敗走中に落ち武者狩りの農民の手によって殺されてしまうのだった。

本能寺の変より11日後の話である。


240 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:00:12 ID:njH226Z.
その場じゃなく、落ち武者狩りでとは・・・何処まで救われないんだ光秀

237 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:59:29 ID:7k9VB7r.

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
. ’、′‘ ・. ’、′‘ ・. ’、从へ从へ人へ从从へ从へ人 ・.
・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人へ从 人 从へ从へ人へ从・、′
′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′ 
‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ.
. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ、
ソ ヽ;;\ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”;
ヽ;;;;ゝヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( (  (( ))Mゞ;ゞ
ヽヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/
ゞヾ\  Σ( ⌒( ⌒ )   ノつ> ) )从_)从 ) ))从へ从へγ /
ヾ ;;;\ヽソ )ゝヾ  ( 人    γヽ从_) 从_)  (( ( ⌒  ))ζ ) /
    \ Σ⌒::)  :)ζ;;从  ⌒ ) _ ̄ ,ノ 丿人(  (( ))  /
     \ :;从へ从へへ从_~ ̄  从へ 从へ从へへ从γ  /
      \( ⌒ ⌒   ⌒(__`__)~^( ⌒( ⌒( ⌒ )  ζ/

そして、やる夫の居城であった安土城もその命運をやる夫とともにした。
混乱に乗じた略奪民の襲撃に会い全焼してしまったのである。
完成から、僅か1年を待たずしての焼失であった。

239 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 21:59:57 ID:7k9VB7r.

               ,                                 ,/"、
               l:::ヽ、      _,.、、、、、、.,.__       r-、,        ,/  ヽ,
      ,.、,        l:::::::::::"-、,、-''''"::::::::::::::::::::::::::"'‐、,  ,.;i  '、  "‐、,    ,-"    '、 ,、-
    ,/ . l        .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::""::l  ヽ    "'‐-"       "
'‐、/    .l   ,..    l::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::ヘ,::::::::;;::::::::::::::::::::::::::"";='''、
       .l,.、-'" /__,..、、-t::::::::::/l::::/  ',,/  \/\:::::/、:::.:::::::::::''、  '、
          ',,"       / V   ' 、    /  ''" ヽ"ヽ,:::::::::'、  ',    服   だ
          lヽ,:::::::::::::::::::,' ,、-‐'''""''‐、ヽ .,' ,-''"""""'-、',::::::::::l  ,,>
   お      !  .ヽ、::::::::::レ"       ヽ, /        ヽ::::,、、!, '-、 .   従   か
          l    ,、ゝ、:l    _,,_    v'   ,......,_   r"  ヽ∠,
   前     t-z i"--、 l   <,●'>  ..i  <_●.、ゝ  レ" i  .i '    し  . ら
          <  .!  .! '、         /.'、        ,' ,ノ . ノ,/
   ら      '、  ヽ '、, .ヽ、       ノ,.,..,..'、      ,ノ''''"  ,ノ /    .ろ
           "、  ヽ、 "''.、"'''''''''''''" l'''''''''''''l "''‐-‐'" ,/....、<" ,'
    !!      -‐‐-ゝ  "'''''" ヽ,    lエエエエl    ,、<-、r'''",..、./ ___ .  よ
          ヽ       ,、-‐"'、..,_     __、-‐("'ヽ,::.>'"  "'"  "、_ !
           '、     /:::::::::::::::::::ヽ、_"'''""-''"::::::'、  ''、         "''''ヽ.
----------------ゝ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::"'"~:::::::::::::::::::ヽ、 ,.       r''''‐、,__)---------
              豊臣秀吉(関白太政大臣)    /  ,.-y  r-、 '、
                                 /  ,'  / ./ .、 . ',
                                 .'、-"  .i  ,'   ', .i
                                     '-.'    ''''"

その後、日本の統一事業は秀吉の元で推し進められ、織田家の有力部将であった、
柴田勝家や佐々成政、やる夫の遺児である信孝等は次々と秀吉の手により粛清されていくのだった。

241 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:00:24 ID:7k9VB7r.

 __,冖__ ,、  __冖__   /  //
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /.'´ ̄ ̄` ー-
  __,冖__ ,、   ,へ    /   〃" `ヽ、  \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_// ハ/     \ハヘヘ
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /l |リ ノ 三三`ヽ}_}ハヽ
   n     「 |      | | ( ○)≡(○)从!」
   ll     || .,ヘ   /  ⊂⊃ 、__,、_, ⊂⊃
. n. n. n  ヽ二ノ__  { |i从/、  |  |  /ノl
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ'へ、 ` ⌒´イ
  o  o  o     (,・_,゙>  /::::::::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
             お市(やる夫の妹)

その過程で、やる夫の妹のお市の方も、勝家と再婚しその運命を同じくした。

242 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:01:03 ID:7k9VB7r.


       /\
       | 人 |
       | 間 |            ドキューン!
        | 無 |        (⌒)
  ____| 骨 |_____  (こ○こ)   ,-、
  \_______/   (___)    てOう
        |i! |        _      ‘ー’   (⌒)
.        ,|i! |      //⌒   /     (こ○こ)
         |i! |      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
        |i! |      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
        |i! |     / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄      
        |i! |ヽ    ,'.:/.::.:: /|.::.::ハ .::.::.:ヽ ハ
        |i! |∨\  {/.::.::/:.//|::●\\.::.::|.::V }     ひゃっは……
         |i! |/ / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
          |i! |  {     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨       ……おや?
         |i! |  \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
        |i! | /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
         |i! | :/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        |i! | .::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          |i! | -く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         |i! | く¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          |i! | :.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |i! | l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ


また、やる夫の過保護の下で、その悪名を欲しいがままにした森長可も
小牧・長久手の戦いで秀吉方として参戦したが、
その蛮勇が災いし、眉間を銃弾で打ち抜かれて池田恒興らとともに戦死した。
長可死亡の報は、敵味方問わずに喜ばれ、後の関ヶ原の戦いの際に家康が、
「鬼武蔵と戦うと思えば、目の前の敵など怖くは無いだろう?」
と諸将を鼓舞した程だったとも云われる。


244 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:01:43 ID:ztEDvPuE
こなたザマァw

243 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:01:35 ID:7k9VB7r.

           _______
        _,.-'"::::::::::::::::::::::::::::`‐、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム
.    _/:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、_:::ム
    i:::::::::::::::/  -─‐‐-、         ゙i::::}   今やボクも秀吉の下で大大名……
    |:::::::::/   __  ヽ   r‐─- }:::リ
    r‐、:/   / rP、ヽ     ,.--、 l::/    ……もう傾奇者を気取る歳でもないしね?
    /f゙i リ     - ゙ニ゙-     '_ Pハ .l:l
    | {    、、、、     l   `¨´ f゙i
    ヽ l!             l  、、、 fj/
    ゝ1        ¨  -'     l/
      l      -、===-、__    /
.      \       ヽ二ニ="   /
        lヽ、    `ー‐     /
        l   `ヽ、      /
        _ /     ` ー‐ "|
___,.-'" `ヽ、         l__
:::::\::\     >、      j `ヽ
:::::::::::\::\ /::ヘ ',      /  / }`ー、
   前田利家(豊臣五大老の一人)

織田旧臣の中心人物の中でも、堀秀政や長谷川秀一、そして前田利家は秀吉の重臣としても頭角を現す。
特に利家は、秀吉の下ですぐに死んだ秀政や秀一とは違い、
秀吉の死後まで豊臣政権の中心人物の一人として活躍し、加賀百万石の祖となるのであった。


245 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:01:53 ID:zKmA2BHI
この秀吉はどう見ても最初からラスボス化してるようにしか見えませんw

246 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:02:00 ID:7k9VB7r.


      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ 
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、    露と落ち 露と消えにし 我が身かな ……
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',     浪速のことは 夢のまた夢……
    ,' _   l ー-  i    l
    `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ

だが、関白太政大臣となり位人臣を極めた秀吉も、晩年には全盛期の見る影もなく、
朝鮮出兵や後継者騒動、そして家康の問題など、様々な諸懸案を処理できないままにこの世を去る。
享年は61歳。その人生の師とも言うべきやる夫と同じく、ただ駆け抜けるような生涯であった。

247 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:02:42 ID:7k9VB7r.

      _  ∩ 
    (  ゚∀゚)彡  やる夫様も居なくなり、光秀殿も死に、義昭様も亡くなられ、そして秀吉殿も死んだ……
    (  ⊂彡   
     |   |      ……我ながら、スゴイ時代で長生きしてるもんじゃわい……
     し ⌒J 
   細川幽斎(旧名:長岡藤孝)

秀吉の死後、細川、加藤、福島、黒田、藤堂等といった豊臣子飼いの大名たちを巧みに取り込んだ家康は、
関ヶ原の合戦で、見事に実質的な豊臣側であった西軍を打ち破る事に成功、
これにより、政権は徳川の手中に収まることとなる。


248 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:02:51 ID:95uMrXhQ
61だったのか
もっと歳とってるかと思ってた

250 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:03:37 ID:njH226Z.
>>248
同意、意外と短いな、下っ端天下人

249 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:03:11 ID:7k9VB7r.

          /;;;;;;;;;;;;;\
         /\;;::::::::::::::::::ヘ
         /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
         L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
        //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l
        |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
       〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕
       /j/               ヾ、     ボクが最後の勝利者こと、東照大権現・徳川家康だよ!!
        l::||::::     \    /   |l   
        |/ ̄\  (●)     (●)  ||      (言ってやった!言ってやった!)
      r┤    ト::::: \___/     ||   
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ   
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__  
      |   _)_ノ    ハ // /    |
     ヽ____)ノ     \//  /     |ヽ、∧

その後、家康は征夷大将軍の任を受け、江戸の地に徳川幕府を開く。
そして、約15年の年月をかけて家康が豊臣家を滅亡させると、ようやく戦国時代は終焉したのであった。

251 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:03:45 ID:7k9VB7r.


      / ̄ ̄ ̄ ̄ :: : : . . . 
    /         :.. : : . . . 
   /            :.: : : . . . 
    l:::::::::.            .:: : : . . .     これで……ボクの役目も……
    |::::::::::    ⌒    ⌒ .: :. . . . 
   |:::::::::::::::::   \_  .:: :. . . .    
    ヽ:::::::::::::::::::.  \ .: : . . .      


       . . . 
    / :.. : . . . 
   /   : : : . . 
    l:::  .: : : . . .           ……
    |::::   .: . . . . 
   |::::::.  : :. . . .   
    ヽ::::::::   .: . . .

それを見届けると、家康もまたすぐにこの世を去った。享年は75歳。
戦乱の時代を駆け抜けていったやる夫や秀吉と同じく、
彼もまた戦乱の中で生まれ、そしてその終焉とともに姿を消したのである。


258 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:07:16 ID:AgyED/pE
秀吉の年齢は当時としては、平均的 OR 長生きじゃね?家康が健康オタク
長生きしすぎなだけ

252 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:04:30 ID:7k9VB7r.


    .,,.    '" ろ,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,.. ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;" そ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::.......................::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,... ...,"て '''''':::::::::::::::::....................        .......................................::::::::::::::''''''''
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"ろ:::::::................                  .........................::::::::::::::
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"........                             ..................
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~................................                      .....................:::::::::::::::
: |'''''''""~~''"                        r´`;
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            `゙´       _,、‐" ̄ ̄'''‐-、、__
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                      ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `'ー
iii;,                            __,,、‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||i               _,、‐"~`'''-,,..._ ,,,、r'''´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||||             ‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||||              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,, _;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
―ヽ              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

かくして、日本史において、もっとも激しい時代とされた戦国時代を、
もっとも激しく生きたやる夫の物語はここに幕を閉じた。

253 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:04:57 ID:7k9VB7r.


          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    
      〈、    /
       \、__ノ

何も築かず、何も残さず、ただ怒涛の如き勢いで突き進み、そして消えていったやる夫……
だが、彼がその生涯の全てをかけて、麻の如く乱れた日本を一つに纏め上げようとした戦いが、
その後の、秀吉、家康とに受け継がれた統一事業の礎になったことは、誰もが認める功績である。

彼の足跡がなければ、秀吉による日本統一も、家康による徳川幕府も、
その後の約250年にも及ぶ安定の時代も難しかったろうという者も少なくない。

その意味でやる夫は、世界史にも稀な平和的文化を誇った江戸時代の隠れた祖である……のかもしれない。

254 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:05:49 ID:7k9VB7r.



      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
  ::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
  ::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::『やる夫が天下布武を目指すようです』:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
  ::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 出演 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . ..:  ::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::。
  ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;w--─--、___:::::::::::::。: . :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::。::::::::::
     _  ___  ____--─ー──~'''~`─-、._,,、w─''"" ̄  ̄ ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;ー-‐''''"~~~
 ─''"~   ̄   ̄    ̄^ー-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,,__,, __            (;; ;: :    ::::
 ::::                                        (;;; .; : :;;;::: ::;;;;;;::::::::::::::
 ::::::::::                                    (;;(;;;;;(;;;;;○;;;;;;;;;○;;;;;::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::                                (;;(;○;;;○;;;;);;;○::::::::::::::
                                           (;;;;○ゞil/;;;;);;;;;)
                                              (;;;;| il|;;);;;;;;;;;

255 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:06:16 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おい……やる夫……やる夫……起きるだろ……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


織田信長・・・・・・やる夫



お濃・・・・・・不明

吉乃・・・・・・できない子

お市・・・・・・やる実

織田信忠・・・・・・わる夫

北畠信雄・・・・・・ぎゃる夫

神戸信孝・・・・・・やらないのか夫

織田信秀・・・・・・狙う夫

256 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:06:42 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|   うわぁ!!
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/     
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\     
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


土田氏・・・・・・カーチャン

織田信勝・・・・・・できる夫

津田信澄・・・・・・できる夫の改変

織田信光・・・・・・いく夫

丹羽長秀・・・・・・ちゅるやさん(涼宮ハルヒ)

柴田勝家・・・・・・般若面

森可成・・・・・・泉そうじろう(らきすた)

森可隆・・・・・・成実ゆい(らきすた)

森長可・・・・・・泉こなた(らきすた)

森乱丸・・・・・・小早川ゆたか(らきすた)

257 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:07:05 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ____
                              /      \
                            / ─    ─ \   ……って……あれ?
                           /   (●)  (●)   \
                           |      (__人__)     |  ここは……?
                           \     ` ⌒´     /
                        ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
                     ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
             ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
              し'              /     ..::::::/   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


明智光秀・・・・・・ダディ

明智秀満・・・・・・モナー

斉藤利三・・・・・・ある夫

細川藤孝・・・・・・ジョルジュ長岡

細川忠興・・・・・・曹操(横山三国志)

羽柴秀吉・・・・・・坪内地丹(かってに改造)

竹中重治・・・・・・糸色望(さよなら絶望先生)

黒田孝高・・・・・・改造(かってに改造)

おね・・・・・・名取羽美(かってに改造)

宇喜多直家・・・・・・菜園すず(かってに改造)

259 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:07:25 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \ よう、やる夫。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) 遅刻しそうだったから、オバちゃんに頼んで部屋に入れてもらったぜ?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  ……ほら、早く仕度しろよ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   お前、学年主任の麻呂に睨まれてるんだから、また遅刻したらどんな事言われるやら……
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


滝川一益・・・・・・嵐(変身忍者嵐)

前田利益・・・・・・スティー○ン・セ○ール

林秀貞・・・・・・麻呂

林美作守・・・・・・麻呂の改変

佐久間大学・・・・・・クマー(傷有り)

佐久間信盛・・・・・・クマー

荒木村重・・・・・・竜水和尚(女犯坊)

平手政秀・・・・・・八頭身モナー

260 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:07:52 ID:7k9VB7r.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ____
          /      \
         /─   ─   \  ……そっか……
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |  ……アレは夢だったのかお……
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


村井貞勝・・・・・・司馬懿(園田三国志)

武井夕庵・・・・・・陸遜(園田三国志)

松井有閑・・・・・・周瑜(園田三国志)

塙直政・・・・・・ようかんマン

川尻秀隆・・・・・・孫堅(横山三国志)

堀秀政・・・・・・帝王ちんぽっぽ

菅谷長頼・・・・・・ラスカル

簗田広正・・・・・・もっさりさん

前田利家・・・・・・ヨハネ・クラウザー・Ⅱ世(デトロイト・メタルシティ)

おまつ・・・・・・麻呂重

261 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:08:17 ID:7k9VB7r.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・   ……?
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \   なんだ?呆けて……
  \          |
    \       /    高校生になって怖い夢もないだろうに……
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


長連龍・・・・・・能登

佐々成政・・・・・・しぃ

神保長住・・・・・・ちんぽっぽの相方

斉藤新五郎・・・・・・シャキーン侍

池田恒興・・・・・・プラナリ夫

九鬼嘉隆・・・・・・ハートマン軍曹

服部小平太・・・・・・糞藝爪覧(三国志)

毛利新介・・・・・・細川氏綱(信長の野望)

生駒家長・・・・・・できない夫

262 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:08:38 ID:7k9VB7r.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ____
         /⌒  ⌒\  いや……怖い事は怖かったけど……
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  一言じゃ言い表せないような複雑な気持ちにさせられた夢だった気がするお。
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__ ……もう、ほとんど覚えてないけど。
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


各務元正・・・・・・柊かがみ(らきすた)

関友成・・・・・・柊つかさ(らきすた)

森家家臣1・・・・・・聖帝隊

森家家臣2・・・・・・下衆侍

森家家臣3・・・・・・シビれるコンビ(ジョジョの奇妙な冒険)

宇佐美左衛門・・・・・・・小神あきら(らきすた)

万身重元・・・・・・長門有希

蒲生賦秀・・・・・・ケロロ軍曹(ケロロ軍曹)

兼松正吉・・・・・・カイン

山名豊国・・・・・・モナー

毛利長秀の馬丁・・・・・・張松(横山三国志)

弥助・・・・・・阿部さん

263 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:08:56 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒) ……そうか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   まぁ、いいから、早く顔洗って仕度するだろ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   もうできる夫とやる実は、学校行っちまったぞ?
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

徳川家康・・・・・・山下大ちゃん

松平広忠・・・・・・大ちゃんの改変

石川数正・・・・・・デニー

酒井忠次・・・・・・落合

築山殿・・・・・・大ちゃんの改変

坂井大膳・・・・・・荒巻スカルチノフ

斉藤道三・・・・・・キャロル夫

斉藤龍興・・・・・・・金太郎(珍入社員金太郎)

猪子高就・・・・・・ドクオ

首取り足立・・・・・・ケマダ(北斗の拳)

足利義輝・・・・・・オンナスキー(神聖モテモテ王国)

264 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:09:15 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ____
     /⌒  ⌒\  まったく、あいつ等はやる夫の弟と妹とは思えんぐらい真面目な奴等だお
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ……もしかしてやる夫だけ種が違うのかしら?
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


上杉謙信・・・・・・サウザー(北斗の拳)

上杉景勝・・・・・・コウケツのペット(北斗の拳)

直江兼続・・・・・・コウケツ(北斗の拳)

直江景綱・・・・・・アミバ(北斗の拳)

上杉家家臣・・・・・・聖帝隊(北斗の拳)

今川義元・・・・・・クックル

朝比奈泰朝・・・・・・忍者

足利義昭・・・・・・ファーザー(神聖モテモテ王国)

松永久秀・・・・・・ヌケドナルド

265 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:09:35 ID:7k9VB7r.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー) ……馬鹿なこと言ってないで、早く準備しないと、
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   できない子先輩との朝の待ちあわせにも間に合わなくなるぞ?
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }     ……お前が遅刻するからって、わざわざ毎朝一緒に登校してくれてるのに……
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


浅井長政・・・・・・伊織順平(ペルソナ3)

茶々・・・・・・めぐる

初・・・・・・やる奈

督・・・・・・オプー子

朝倉義景・・・・・・でっていう

前波吉継・・・・・・隈部親永(信長の野望)

富田長繁・・・・・・アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)

武田信玄・・・・・・ビスケット・オリバ(バキ)

武田勝頼・・・・・・愚地克巳(バキ)

秋山信友・・・・・・寂海王(バキ)

穴山信君・・・・・・バキ(バキ)

266 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:09:54 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ,ヘ
      ____      / / HAHAHAHAHA~!
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   モテる男はツライってやつだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      ……でも、確かに先輩待たせたら後が怖いから、さっさと準備してくるお!!
  \     ` ー'´     /
  /          \        お~い!かぁちゃ~~ん!メシくれおぉぉ!!
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ
    タッタッタッタッタ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本願寺顕如・・・・・・中村ノリ

本願寺教如・・・・・・中村ノリ(ヒゲ無し)

本願寺雑兵 その1・・・・・・南鮮石

本願寺雑兵 その2・・・・・・北鮮石

七里頼周・・・・・・やくざ(神聖モテモテ王国)

吉川経家・・・・・・メカ沢(クロマティ高校)

長宗我部元親・・・・・・ジュウシマツ和尚

日藤上人・・・・・・一休さん

遠照寺住職・・・・・・安西先生(スラムダンク)

ルイス・フロイス・・・・・・don't夫

宣教師・・・・・・do夫

267 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:10:16 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   / ̄ ̄\       
 /   _ノ  \    ……ったく……相変わらず調子のイイ奴だろ……
 |    ( ⌒)(⌒)  
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     ……まっ……とはいえ、焦る必要はないさ……
.  |         }
.  ヽ        }       ……お前が生き急ぐ理由なんて、もうココには何もないんだからな……
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


山中の猿・・・・・・きめぇ夫

坪内某・・・・・・海原雄山(美味しんぼ)

無辺・・・・・・カズフサ(ラブやん)

村娘1・・・・・・青木萌(ラブやん)

村娘2・・・・・・雲井ひよこ(ラブやん)

里村紹巴・・・・・・二階堂盛義(信長の野望)


一雲斎針阿見・・・・・・やらない夫

268 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:10:39 ID:7k9VB7r.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |    (● )(<)三☆    ……アンタもそう思うだろ?
 |     (__人__)      
 |     ` ⌒´ノ 
  |         } 
  ヽ        } 
   ヽ、.    _ノ
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 And You !


269 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:11:02 ID:2.tOOYK6
思うぜ!

270 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:11:05 ID:7k9VB7r.


     ____  くヽハノ;/)                                      .:
   ∠´  ヽく三{:i:;ハ:;!フ                                    .:.:
     `ーァ'´_`フ);ヾッ'ニ>                                   .:.:.
-‐-、  //  `ラ^ハ_)´                  / ̄ ̄\       .: . . .:.:. .:
-‐‐ゝ//l ̄`ト、 `´レ'                  / ヽ、_   \       .:... .:
-‐'//  ヽ、 l l                   (⌒)(⌒ )    |      .:
//    zヾレヘl                   (__人__)     │    .:           _r'⌒(
/    /く三;:l::j      _r‐、     (⌒⌒ヽ  (,`⌒ ´      |   .:           ノ`...:.:::::ヽ
 く二/!ヽ `フハハ ヽ、_r'⌒  (__)ヽ、 __      . {        |    ____    r' .:     `ヽ
  ,/  レ'  ´ ^´      .       {__}       {         /   /⌒  ⌒\  ( ̄):.   .:.:.:::::::::)
 /  jハ/ノ     ミ,ハ  .:.:.::.:.:::::::::::r、_l1 ,. -  、   ` ー   イ-、 /( >)  (<)\ / /   .:.:.::::::  ⌒
〃  〃_:}三    三{jハ .:.:.:.:::::::.:.:.:rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 1 //::::::⌒(__人__)⌒:::::/ /  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
  / ⌒ハ)´    〃ハリ .:.:.:.ノ`ー‐'Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、::! |    /| | | | |   / / ).:.:.....
 ̄\  ´     /          '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:)、j \  (、`ー―'´, / ./⌒    .:.:.:::::::::.
   \     /⌒ヽ、lヾハ     _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´:/: :!/    ̄ ̄ ̄   ,/!  ....    .:.::::::::::...:.:
     ヽ   /` ̄ ∨ ミ;.ヾ!  /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_,   イ、 .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
____________!ヽ〃   ,.-、ハァ、;;リ i/   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
      //`ヽ、∠__/ ヘハj. i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY:::...     :.:.::::::
     //   ヽ /⌒ヽ  . !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j  .:. .:.:.:..... .:.:
    //      /´  ̄` `゛. i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /.  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::
   //      /        ! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ----‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  //     /         ー -'    

                        『やる夫が天下布武を目指すようです』

                                  完



274 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:11:58 ID:7k9VB7r.

稚拙な作品ではございましたが、今まで見てくださった方々、本当にありがとうございました。
ひとえに最後まで完結出来たのも、このような作品でも見てくださり、レスしてくださった皆様方のおかげでございます。

また機会が有りましたら、作品を作って投下してみたいと思いますので、
その時も生暖かい目で見守っていただけたら、幸せこの上ないですw

それでは皆様、ごきげんようでございます~


276 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:12:12 ID:FhuC0qbg
乙っした!
ラストはちょっとぐっと来たよ

ところで作者さんて前にやる夫で信長の野望っぽいの書いてた人?

288 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:14:50 ID:7k9VB7r.
>>276
いえ、私は今回が初作品ですので他の方です~。

278 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:12:41 ID:njH226Z.
まさに「夢幻の如くなり」か

乙!!

281 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:13:12 ID:S7WjiXIc
>>1
最後まで乙でした。
そして>>268にほろっとしたぜ!

淡々とした語り口が、正直デメリットも感じた部分もありましたが、
個人的には、だからこそ歴史ものを描くによかった部分もある思っております。

信長という難しいお題を最後まで書き上げた>>1さんに盛大な乙を。
次回作も楽しみにしております。

284 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:13:32 ID:zKmA2BHI

歴史についてかなり詳しく調べてあるのが如実に伺えて好きでした

285 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:13:38 ID:2.tOOYK6
久々にやるやらのいいコンビが見れたぜ

286 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:14:14 ID:ztEDvPuE
乙です
初回から最終回まで楽しませていただきました

289 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:15:54 ID:kFkwLV9M
乙でした。

290 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:16:16 ID:BoK/GIW6
乙です!

一般的なイメージとは信長像を出そうとしているのを感じました。
参考にした本などありますか?

291 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:16:26 ID:Y3em3a.I
乙でした!

292 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:16:27 ID:SrU63MXE
乙です! 完結おめでとうございます

293 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:19:42 ID:Y3em3a.I
>>267の「もうココには何もない」って、何か思わせぶりなセリフだ……

295 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:22:04 ID:7k9VB7r.
>>281
ありがとうございます。
自分でも淡々としすぎじゃ……と推敲する度に思っていたのですが、
そう言っていただけると、ホッとしますです。

>>290
谷口克広氏や藤本正行氏の本と、
少しお値段が高いですが、信長公記の訳本を参考にさせていただきました。
未読の方で、信長関連の歴史に興味がある方にはお勧めです。



296 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:26:07 ID:Q2Tfbq0c
好きなやる夫スレとかおすすめのやる夫スレとかある?
歴史系じゃなくてもいいけど

299 : ◆P3dFUnx0fI:2009/12/05(土) 22:31:48 ID:7k9VB7r.
>>296
月並みなラインナップですが、
歴史なら、今やってる島津さんや北条さんと「武士になるようです」が好きですね。
あと「戦国時代超短編やる夫」もお勧めです。

歴史以外なら、OblivionとS.T.A.L.K.E.R.の二つを見てるっス。

300 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:32:52 ID:Q2Tfbq0c
>>299
質問に答えてくれてありがとう!
割と最近のやつが好きなんだな。

306 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:46:10 ID:SFkzB0TY
乙でした

信長公記を読んでみようと思います。

309 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:53:15 ID:cxwkC5go
怒涛の連日更新お疲れ様でした。
最後に「信長」の口調に戻ったのは良かったなぁ……
楽しませてもらいました。

310 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 22:56:04 ID:8qXguOuU
乙!
最後まで面白かったよ

311 : 名無しのやる夫だお:2009/12/05(土) 23:24:58 ID:Rmn7NylM
乙でした。
楽しく見させていただきました。

312 : 名無しのやる夫だお:2009/12/06(日) 00:22:37 ID:wMgBVaUg

ラストの平和な世界で生きてるやる夫で泣きそうになった。
明日から修学旅行でパソコンに触れられないから、
それまでに最後が見れて本当によかった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する