【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… 第15話

274 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:01:31 ID:Qx8XhvC60



~カグヅチの真下~



─────────────────────────────────────────────────
                                        /
                            ヽ。       /
                              ヽ  。  //   _,
                                iヽ:''"゙゙'':.,/
                      -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
                             '   :、,. ..,::'、‐-   
                               //`v:: 、j    _,
                             //   |   ヽ
                            /
                           /



  iv'ヘ                                   __
  | ;`;|                                  /:/\
  | ;'l:|           i'`'i             、         ┌个┐| | .:_|___.
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥         | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─Lム、
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>       | └┴┬i::::|==========|: :Lム、ロ.::|
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /      |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :: . : . : .::|
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.:   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : . ┌::、    /〉:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : -┘:::L、r‐//┐ ,、:
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ニl.r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮/7_」L_:.」L____.」L ___.」L
─────────────────────────────────────────────────



.

275 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:01:50 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────────────────────
゙_、                           `゙'ー 、、         \ .`'-,   、 ヽ\ヽ 、
.    ̄"'''―- ....,,,_                       `''ー..,,          `'-, .\. .゙ミ、. ヽ\ ヽ
           `゙゙''''― ..,,,_                   `''-、、      \. \ .゙ \ ヽ ヽ ム
                   ´゙''''― ..,,,_               `''ー、、    \ \ヽ \.ヽ゛ .l
                         `゙''''ー ..,,_            `'‐、、   .\ ゙〈L ヽゝ  .l,
.___                                `゙'''ー-..,,,_          `''-、  .\`ゝ     l,
       ̄ ゙゙゙゙゙゙゙̄'''''''¬―--  ..,,,,__               `゙'''ー ,,,_`''=x、,_   `'ッ、 `' .゛     .l
                       `゙゙゙"'''―- ..,,,,_,           `゙'''ーミ;;ミニ ..,_゙' \        !
                                    `゙゙''''― ..,,,_           `゙''''i `''″       !
. ______________________         `゙゙''¬r-──- "          │
                                       ̄ ̄¨¨¨¨二ニ='"  ._,,,,..、_               l
                                    _,,,.. -‐''''"゛, ー'''''^゙゙,゙ン‐'"゙゙./             }
                              _,,, -'''''"゛ _,,,.. -‐'''″ ,.. ‐'"   ,,.彡t               |
                     _,, ー'''"゛ ._,,.. -‐'''"´    ._..-''"      '~゛.,.彡             l
                    _,, ‐''"゛._,,.. -‐''"゛         _..-'"゛           ,、,x!!'"./ 、          !
               _,, -'''',゙,, -‐''''”            _..-'"゛            _..-'´  . / ,/,/ /   .,i     .,!
        _,, ;;ニニ-''''"´               _..-'"             _ /    .,// ノ,iレ/  .,/,!   .l  .|
                                       ,..-'´     .,〃゛  ,/ilケ./  / .,| .i{ .!  |
                                  ,..-'´         ,r'"  .,/.|″/  ./ . iリ l ! .,l  .!
                                   ,..-'″            / ./ . / ./   /!li!│ |!  .|
                             ,..-'″             /    ./ /   / ソ | .,ll  .l
                              _..-'´                  /   / ./    /   | リ  l
_゙''ー ,,、                     ,..-'´                   /    //     l   l .l゙l  !
─────────────────────────────────────────────────
                               __  00   _   
                               | | r、    辷l /7    __ 
                               |_| \>    くノ    コ L
                                             ̄ ̄



.

276 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:02:10 ID:Qx8XhvC60



    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ①)(①)
  |      | |
  |     ___´_ノ    ……これでも「カグヅチ」を覆う結界に変化無しカ。
  |           }
  ヽ        }    術者やデビルサマナーだった魂の知識を総動員しても、解除できないとはナ。
   ヽ     ノ
    /    く      だが、結界がどれほど強固だろうと、
    |     \     あそこに辿り着けなければ「創世」は成せなイ。










      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (①)(①) |
.    |    |   |   或いは、何か条件が揃わないと道が開けない類の仕掛けカ?
     |   __´___  ノ
     |        }     ……先に「守護」を降ろしたアドバンテージで「創世」まで進みたかったが、
     ヽ       }    さすがにそこまで甘くはなかったカ……ン?
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |



.

277 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:02:33 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────
                            {:.:..           ヽ
                             ヽ..:.:.:.:.⌒ヽ、、    ノ
               ........_             `:.:ー:.:⌒ヾ   :((
             .:´   `ー:..        _.,..:.:.:::.:.. ..  ..ノ    .:)
           ー ´    _..._  :.:.    .:.:::"´      `"    . ..:′
              ..::´  ヾ、 .::   i.:.::    ....:.:.:.:.....  .:.::"´
             ..ノ     .:: ノ   j    . .:´     ` "
           _....ノ     ノ ..:   {   .:.:´
                   :. :..l     ノ  {´ 
                   ', ',    |  |
                   ', \  |  |   , -、
              r- 、     \  ー'  ヽ  /  /
               \ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __
                  ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ
               r―――'   / /      l   |
               丶-----く         /   /     /
                     \     /   ∠ _ ィ/
                       ー一'  ̄ ̄  ̄
──────────────────────────────────────
        _             __n__     
        辷l /7    __   └冖 !   _,n__  O O O  O O O 
         くノ    コ L     くノ  └ワノ
                ̄ ̄










    / ̄ ̄\
  /   _ _
  |   ( ①)(①)
  |      | |
  |     ___´_ノ    チッ……テメエ等は、オレに協力するために「守護」として呼び出されたんだロ?
  |           }
  ヽ        }    なら、自我なんて出さずに大人しくオレの体をやってりゃいいんだヨ。
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \



.


278 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:02:55 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────
                           ,.-、
                         /  .l  /`ヽ
                        /   ./ /   / .,..-、
                        /ヽ/    / /   / ./  l
                    /   l   l ./   ,'  /  /
                    /   |   | l    l ../  /.,..-、
                    l   イ   l j   .| /  /./  /
                     .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
                      l   .l  \       〈./  /
                      |    `ヽ .\         ,'
                    l      \ `''-..,,__    .|
                     .',          '.,       |
                      .',        l       |
                       .ヽ              ./
                      /       l      /
                     ./       /   /
                    /       /   /
                   ./             /
──────────────────────────────────────
                 ___ 
                 └‐┐l         O O O 
                    (ノ    [][]「l 
                           くノ 











      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (① )(① ) |   そうそウ、そうやって静かにしてナ。
      |     |  │
      |    __´___  |   やれやれ……こうなると数が多すぎるのも考えもんだゼ。
     ヽ        !
      ヽ       ノ    ま、それだけ強力だと思えば……
      /      く
      /        ヽ



.

279 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:03:12 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────
               7      .1 i;;;;;;;;;;;:;;;l      ヽ、;;;ソ;;;;;;;;;;;;;;i!
              ゞ       }. i!;;;;;;;;;;;;;;i       ヽ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;i
              `ヾ‐------‐'i  |:::::::::::::(        ソ{i!‐-___〕
       .         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ_;;;;;;;;;;ノ.       ノ::::{..:::::::::::く
       .         )::::::::::::::::::i    ̄~~        `--`ヽ:::::::::::ヽ
       .         /::::::::::::::::::::)                `‐----'
               /:::::::::::::::::.//
       .       {―--―-',/
               `--――' < ザッザッ……
──────────────────────────────────────








    / ̄ ̄\
  /     ー\
  |       (① )
.  |          |
   |       __ ´   ……あン?
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ



.

280 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:03:36 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────────────
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::°::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::0::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O::::o:::::::::::o:::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::o:::o::::::::::::::::::::::::::::゚:::゚::::::
:::: /o:::o:'、::/.::.::.::.::.j.::.人゚:::゚::::゚:::゚:::〉.::.::.j:.:ノ゚::゚/::::::::::'、:/∨::゚:::::゚::∨:::::::::::::〉:゚:::゚::゚:::゚:/::::::::::::::::::/:::::::::::::〈:::::::::::::
:::/::::::::::::::∨.::.::.::.::.::.::i.::.::.::.\::::::/ー=.::.:}.::\::〉.::.:j::.〈/::::::ノ:.:..:{::.:/.::.::j-=:.:\__::::::::::〉.::.j.::.〈/.::./:.::.::.::.:ヽ:::::::::
:::::::::::::::::::/:\.::.::.::.::.人:.::.::.::.::∨::.::.::.::.::.::.::.::.:: 〉:.::.:::.::/::::::::'、.::.:Y.::.::.::.:/::.::〃ヘ爪フ/.::.:人.:/:.::.::/.::.::.::.::.::.::∨::::
:::::::::::::::::,'.:.:.:.: \:/.:.:.:\:_/:.|\.:.:.:./:.\_∧ :.:. :/::::::::::::'、:.: |\/i.:.<_゚ノノ.:.:ト、/.:.:.:∧:/\:.:.:.:.:.:.:/\::
:::::::::::::::,′: : :/ : : : : : : : : : : j: : :}/ : : : : / 〈: : :/::O::::O::'、::|: : : : |: : : 〈彡' : : | : : : .:/ :〈 : : : : \_/::::::::::::::
::::::::::::/ : : : 人 : : : : : : : : : : : :|: :〈: : : : : ::::::::::::::::〈: : : : : : : : 〉::|: : : : |: : : : |ミl: : : :| :::.::.::.i: : :| : : : : : : : : : ::::::::::::
:::::::::::i : : : ,' : ::::. : : : : : : : : : :│: :|::. : : : :.:::::::::::::::::〉: : : }ー=:〈::::|:::: : ::|: : : : |,」 : : :.| :::.::.::.|: : :i : : : : : : : : : : ::::::::::
:::::::::::|: : : : : : : :ヽ : : : : : . : : : |: : ヽ : : : : : ::::::::/: : : : {: : : : \: : : : |: : : : |│ : : |: :: : : |: : :| : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|: : /: : : : : :::\ : : : \ :│ : :i{\: : : :::::人 : : : : 人 : : : : :入:: : |: : : : |│ : : l : : : ::j : : ! : : : : : : : : : : : ::::::::
:::::::::::|:.:/: : : : : : : ::/::\ : : : : :i: : :八 : ヽ:::: /イ)\:/ : :\:_/ :∧:: |: : : : |│ : : | : : : /: .:八: : : : : : : : : : : : :::::::
───────────────────────────────────────────










      / ̄ ̄\
     /   `ヽ  \
.     ( ①)( ①)   |
.      |  |       |
      | ___`___     |   何だ、お前ラ?
.       |         |
     ヽ      /   性懲りも無く、オレから「マガツヒ」を絞ろうって悪魔どもカ?
        ヽ     /
.         >    <
.      |     |
.      |     |



.

281 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:03:55 ID:Qx8XhvC60



       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒  ⌒  ヽ
      /( ● )  ( ● )|    ……いいえ、我等はアナタ様の敵ではありません。
      | (トェェェェェェェェイ) }
     /、. \ェェェェェ/ ヽ    我等、アナタ様の「コトワリ」……「ムスビ」が啓かれたのを感じ取り共感した者です。
    /            |
    |           | /
    ヽ_|         |丿
      |         |
                < ズイッ










      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (① )(① ) |
      |     |  │
      |    __´___, |   「ムスビ」の「コトワリ」に共感しただト?
     ヽ        !
      ヽ       ノ    ふん、お前ら悪魔ガ?
      /      く
      /        ヽ



.

282 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:04:14 ID:Qx8XhvC60



            / ̄ ̄ ̄\
           /  ⌒  ⌒ ヽ
          / (● )  (●)|
          | (トェェェェェェェェイ)}     はい、アナタ様の超個人主義とでもいうべき「コトワリ」、
        /     ∩ノ ⊃ \     正しく我等が理想とする個で完結し閉じた世界に他なりません。
        (  \ / _ノ |  |
.        \ “  /__|  |     我等、その実現の為、微力ながらお手伝いをと思い参じた次第。
          |\ /___ /  彡
          |          |     ……その印に、これをお納めください。
          |          |
                    < ポイッ









──────────────────────────────────────
                          ,ヘ,
                       ノV  ヽ
                       ,-o⌒ '^ヽ、
                     ,.-'´゜__。゜|。o_ゝ
                     {.o.r'´;;;}.o.|。{;;;`'t
                     |。ゝ,_ノ,_,┴、ゝ,_ノ
                    <〈 _,wVv'WvVvw〉>
                    . .)_ヾヽ、     ,レ'
                     . ,L`ヽ VvvVソ ,」
                      ./o`V^VヽノV´|
                      ‐::::::::::::::::::::::::::::  < ドサッ
──────────────────────────────────────



.

283 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:04:35 ID:Qx8XhvC60



    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ①)(①)
  |      | |
  |     ___´_ノ
  |           }    コイツは……
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \










       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒  ⌒  ヽ
      /( ● )  ( ● )|    はい、アナタ様を監禁し拷問していた悪魔の片割れです。
      | (トェェェェェェェェイ) }
     /、. \ェェェェェ/ ヽ     この首は、我々からの誠意の証とお思いください。
    /            |
    |           | /
    ヽ_|         |丿
      |         |



.

284 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:04:54 ID:Qx8XhvC60



      / ̄ ̄\
     /へ       \    
.    (( ①)     |
     |          |    ほぅ……そいつは何とも殊勝な心掛けなこっテ。
.    |`___       |
.     |ー'´      |     なら、オマエさんらに一つイイ事を教えてやろウ……
.     ヽ      /
      ヽ     /
      .>    <
      |     |
       |     |










      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (① ) (① ) |   
      |     |  │   ……「ムスビ」の世界にはナ、テメエら悪魔なんて蛆虫は必要ないんだヨ。
      |    __´___,  l
     ヽ        !    テメエらは、天使どもと同じく人間様に集る銀バエもどきサ。
      ヽ       ノ
      /      く     大人しく、オレたちが垂れ流した糞でもすすってりゃまだ可愛気もあるものを、
      /        ヽ    偉そうに「創世」に協力するだっテ?寄生虫どもが何様のつもりダ?



.

285 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:05:20 ID:Qx8XhvC60



       / ̄ ̄ ̄\
      / _ U  _ヽ
      /( ● )  ( ● )|    なっ!?
      | (トェェェェェェェェイ) }
     /、. \ェェェェェ/ ヽ    ……貴様、多少の力を手にしてのぼせているのか?
    /            |
    |           | /    人間の分際で、我等を寄生虫呼ばわりなどと……
    ヽ_|         |丿
      |         |










        / ̄ ̄\
     /  `ヽ   \
     (①)(① )   |   ああ、そうだナ。
      | |         |
      l __`___       |   テメエらと比べちゃ、寄生虫に失礼ってもんダ。
.      { `ー'´      l
      {        ./    訂正するヨ、テメエらはこの世界に比べるものすら存在しないほど
.     ヽ     ノ     卑しくて下賎な害虫以下の塵ダ。よく自殺しないでいられると感心するゼ。
        ノ     ヽ
.      /      |



.

286 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:05:41 ID:Qx8XhvC60



       / ̄ ̄ ̄\
      /  ,r―ゞ    ヽ
      / (!〈-・;);! ,r―ゞ|    ……貴様ぁぁぁ……
      |   ''^^'' !〈-・;);}
     /トェェェイ'^^'' ェ/ ヽ   我等をそれだけ愚弄したのだ……創世者だろうともう勘弁ならん!
    / ヽェェ/        |
    |           | /   貴様こそ蛆虫の集る肉の固まりにしてくれるわ!!
    ヽ_|         |丿
      |         |
               < クワッ










         __
.      / ノ \
.     / 「  (①)\       おーおー、いいねェ、そのツラに言葉使イ。
    | (①) \   \
    |       ___ , ヽ    最初の気取った態度より、よっぽど好感が持てそうだゼ。
      \      _/_シ  .|
      \         /    そうだなァ、その心意気に免じて特別サービスしてやるカ……
.        \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \
         /       \. \
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|
                < ニッ



.

287 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:05:59 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────────────

        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |    | ̄゛     /`ヽ、  |
     |   :::::::::::::::::::::::::::::::::    |
     | ;;;( ① ):::::::::::( ① )   |
     |  .´"''",.  '|   "''"´  |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |..         J          l .  |  ……お前ら、死に方を選ばせてやるヨ。                 |
     |    _____    |   <                                        |
      .丶    ∨トエエイ∨   /   |  消されるか、裂かれるか、潰されるか、好きなのを選ベ。   |
      ヽ.    ∧エエ∧   /    \________________________/
       ヽ    `ー--‐''´   /
        ゝ     _   /\
      /                 \
     /                   \
───────────────────────────────────────────



             ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       
                  ================================
       
                         ------------



.

288 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:06:19 ID:Qx8XhvC60



~カブキチョウ収容所・所長室~




───────────────────────────────────────
   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | | .                         //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ                          「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |                        |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l        .|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/
                                     
                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
                /___________//| |
───────────────────────────────────────



.

289 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:06:37 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────────────────
            ゞ     ゛     |                      ゞ     ゛     |
                '゙  ,'    |                          '゙  ,'    |
          \                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ト VVVVVVVVノ\ ! .   |     おおうっ!?    |      ',   , !   |   !
 '       ,      \\            \  ´ \             /  ,'⌒>', ィ‐-γヽ,_、 , _ ´    /
            ,    \ヽ             \     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄   \/ /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
               ⌒≧x   /^^\/ \ \/    ´             //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ /    ´
                 彡  〆 U|::| )  |::| ∨         ..       〃 {{`ヽ彡/  `ノ リ| l |ミi|
                 〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|        ....        lイ小l×    × 从 | i/
        ‐  ─ ───イ 从§  ( ×) (×) |从── ── ‐  ─ ───ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>__,,...-‐'''‐-、─
                ´ 乂イ§   |::(__人__)| |       .        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)U  j /⌒i    , -'⌒`ヾ、
                  /     |::|` ー´ ||/                \_\__>,、__, イァ/  /  /      ヽ
                 /      》》    《ヽ  \         .  .     \:::/ /::::::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         .  ,   / | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ                 / `ヽ< ::::::::::::::::::ヾ   /    / ⌒ `ヽ 
──────────────────────────────────────────────────
                                 /^l  r i /ニヽ
                                  / /   ! i | |.| |
                                / /   | .| | U |
                               / ./   | .| `ー'
                                / /    .| |
                             //       J
                              "



.

290 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:06:56 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ  ,-┐   ,イ:./     ギャル夫!ピクシー!
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝニ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










       , -==ニ☆二ニニニ二=-☆、
       `=☆ー-- =☆== - ==ニ-‐´
           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   た、ただいまッス……
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (>) (○)Uヾ  |   あれ?やんねえ香は?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \
                       < クラクラッ



.

291 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:07:16 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.U:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、     途中から、アナタ方の魔力が追えなくなっていたので
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   心配していたのですが……よかった。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      やんねえ香は……と、その前にマーラは?
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ
         /∧ィ‐-{ }:::{i ll\









        _, -‐‐☆二二─‐-☆ 、
      r'´.=二 ̄     ̄ ̄ '' 二丶、
       ` ☆ー‐ニニニニニ☆=‐'"´´
         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/ U`ヽリ| l |ミ i|
         lイ小l○    ○ 从 | i/
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>    や、やる夫の奴はねぇ……
      .      | ヘ       j / 
           /⌒l,,、__, イァ|/
.    .       /  /:::::::::::::::`ヽ ゝ=='―=ー、
        .  |  l::::::::::::::::::::::|_|   / ⌒ `ヽ < フラフラッ



.

292 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:07:35 ID:Qx8XhvC60



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               -―─- 、
           /       U \
         ′  ─    ─   ,    『それじゃ、やる夫は新作AVのチェックしなきゃならんから、一旦帰るお。
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |     け、けっして、あの天使の姉ちゃんが怖いからとかじゃないから。
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ  つうことで、あの姉ちゃんが帰ったらまた呼んでくれお』
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








                  ..::´/⌒::、ミー、
              ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
               /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
              /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
              7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
              {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
            ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
              |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`    ……だそうよ。
               ノ个               }::}ノ
                乂ハ     `      /|:/     エリヤ、あなたアイツによっぽど苦手と思われてるみたいね。
               从 ヽ     , 、   /}ハ
                  ≧ト . _ . イ´
                  _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
              ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
              /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
        __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""'



.

293 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:08:04 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_  べ、別に、あのような悪魔に好かれたいとは思いませんが、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   そんな風に言われると些か複雑な心境になりますね……
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      とまぁ、それはともかくとして、やんねえ香は?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.

294 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:08:23 ID:Qx8XhvC60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´  U  ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |       それが……
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



                   ●

                   ●

                   ●



.

295 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:08:44 ID:Qx8XhvC60



~5分後~





           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ        U   \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |    数時間前に、やんねえ香が「コトワリ」を啓いた!?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    しかも、「守護」を降ろす為にラファエルさんと
            \.|::|. `⌒´ |::| /      何処かに行っちまったって……マジっすか?
            /           \









         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `  本当です。
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i      しかし、あのラファエルの口ぶり……無茶な事をさせなければよいのですが。
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.

296 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:09:07 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|   何にしても、そりゃ拙いッスよ!
            乂イ§ U ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/      もう、できない夫は「守護」を呼んじまってるし、
            /      》》    《ヽ      この上やんねえ香まで呼んだら、収集がつかなくなっちまうッス。
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                      _
                         //⌒ヽ
            ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
          r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
          〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /       ヽ
          {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
           〈_ u ´i:.ノ// /         /    とはいえ、どこに向かったかも分らないんじゃ止めようもないしね。
            ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
            /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、   エリヤ、心当たりは……
         |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
          (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
            i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
           |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
          |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、
          メ、:.:.:/⌒ヾ、ヽ:.i    、,)



.

297 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:09:28 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────────────────────
圭圭|        炸圭紗'"        _,,..           升l圭>''"          ,.ィ≦圭圭圭圭圭ム  ..||i
圭圭|        |圭ア      ,..。x≦圭紗"          イ圭少´        ,.ィ≦|才冬|圭l圭l圭l圭掛,  Ⅷ
圭圭|         |ア´  ,.。x≦圭圭圭:少"           .イ圭7         ,.x'圭ア    `゙ミ圭圭圭圭ム  Ⅶ,
圭圭|            ,.ィ升圭圭圭圭圭7.         ,.x'圭ア            イ紗'"           寸圭圭圭掛x、守㍉
圭圭l!       ィ佳圭圭圭圭圭圭7        イ紗'"        ,.x'紗'"             寸圭圭圭掛x 寸沁
圭圭ll        |圭圭圭圭圭圭圭7      ,.x'紗'"           '".    ,.。ュ:‐:ュ。..,_       寸圭圭|圭|心.Ⅶ沁
圭ニ从       |圭圭圭圭圭圭刃’      ,.x'紗'"         _,。x"       ,.x'ア ̄`¨“''守      守:圭圭圭抄 寸lム
圭圭ハ        |圭圭圭圭圭ま刃      '"          イll′     '"        ㍉、    `寸圭紗′_,ィ升lム
圭圭圭}      |圭圭圭圭l圭lヲ′          _,.。x"   ,:l紗'                      寸x   `㍉x。.,,_,.ィ升才"´ム
圭圭圭|       .Ⅷ圭圭圭圭タ          .イllア   ,イ紗゙                      ヽli、    `守圭才 ,.ィ佳lli,
守圭サム.     Ⅷ圭圭l圭タ       _,,..ィ升ア.   .イア           :‐:ュ。.,_              `㍉       _,,.ィ佳ll佳沁
  マ圭掛、       Ⅶ圭圭タ     ,,.ィ≦l圭l紗"   〈掛    '`¨“''㍉、.`“'气≧。.          `゙ニ三圭圭ア  炸致
心、 マ∨ム     Ⅵ圭ぐ      佳圭圭圭ム     寸L ,.。x"    寸x   寸会                  ,.佳致゙⊿
圭㍉  寸掛、      Ⅵll掛,    .,佳圭圭圭圭リ     Ⅷ抄"      Ⅷト、  寸掛。                   ,.佳紗゙,.イァ
圭圭l!  寸掛、     寸l圭l     ,佳圭圭圭圭′        マ.        Ⅵl}   寸掛x                ,.:佳ア´.イア
Ⅶ圭|!ト、   寸掛,     マ圭ム  佳圭圭圭圭〈                   炸    Ⅷ圭心            ,.イ紗'" ,.イllア
.∨圭ll,マム.  寸ム    寸圭ム Ⅷ圭圭圭圭仏                ,.ィ≦7       炸圭掛,       ,.x'紗'"  ,.:佳ア
───────────────────────────────────────────────────
                        ,、            /7  , 、
                      |\/ /,ヘ       /二‐' フ/  !
                     / 〈.ヽ'/ /        //| |´ ヽ `} _
                     ! .r、゙''| Y         /ノ |/   .\/ /
                     ヽ/ } |                   r‐'"/
                       | .!                    ヽ"´
                       |/
                       !



.

298 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:09:47 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |   !!
         ル从§ (○) (○) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    な、何スか!?今の嫌な感覚は!
            \.|::|.      |::| /
            /           \









         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘi:i. \‐、.:.:.:./.:,/:./.:./.:. ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  これは、何者かが魔力を駆使して戦っている振動です!
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/     しかも、この魔王やセラフに匹敵する規模の魔力、いったい誰が……
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、      



.

299 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:10:08 ID:Qx8XhvC60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      場所は「カグヅチ」の真下の辺りだと思うけど……どうする?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        もしかしたら、やんねえ香たちかもしれないし、確かめに行く?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     \   / Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   行ってみようッス。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/     ここからそう遠くなさそうだし、
            /      》》    《ヽ        もしもやんねえ香が悪魔やダディさんと戦ってるなら、加勢してやらんと!
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



              ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        
                   ================================
        
                          ------------



.

300 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:10:28 ID:Qx8XhvC60



~カグヅチの真下付近~




──────────────────────────────────────────────
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮 .   .   , _   _、        。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!    .  l ::::::::①)l  ´         '                 ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~              |   !   | .
: :|ェ|_|::|/<>。                      ヽ ー .ノ        o      .             .
: :レ|[:::《 "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/       .   (ξ   ヽ     '   ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
_〈l〈V\|コ (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)         _,‐|(  ) 《ン_   ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´  ヾ;;;;;;;;;;;;/; \    .    |`´ \ \  /|  "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
: :|ェレ             ´  /;:ノ 。 . 。 /  lニニニニニニl|__,)//      〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
/       '  、       ` ()      lニニニニニニニニニl/      ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                                           (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ⌒ゝソ;:/
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;:;:;:;:;:)
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛;;;;;;;;;/; \
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /;:ノ 。  。
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ()
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
──────────────────────────────────────────────



.

301 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:10:50 ID:Qx8XhvC60



                   ..::´/⌒::、ミー、
               ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
               /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
               7:::/:/:::::/     ||| }:::::}:::::}
               {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
             ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
               |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                ノ个               }::}ノ
                 乂ハ     `   U  /|:/      な、何よ、これ……
                从 ヽ   マ二)  /}ハ
                   ≧ト . _ . イ´         この魔力の残滓……これもしかして全部悪魔の血!?
                   _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
               ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
               /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
              ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
         __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""'''










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |
         ル从§ (○) (○) ヾ  |   あれは……で、できない夫!!
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /     こ、これ、お前がやったんスか……?
            /           \



.

302 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:11:09 ID:Qx8XhvC60



           l  /
             ′/
      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (① ) (① ) |
      |     |  │
      |    __´___   l    ……ン?
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ










     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    | (① )(① ) |   おお!ギャル夫にピクシーじゃン!
    |      |    |
    |   __´___  .|   お前ら、よく「アマラ」の狭間から帰ってこれたなァ。
    |   `ー'´  .|
   ヽ         /    で、何処に飛ばされて来たんダ?異世界カ?並行世界カ?
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |



.

303 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:11:29 ID:Qx8XhvC60



                _
              ..::/⌒:、ミー、
          ミッ:::/:::::::/::::ヽ::::\
           /: /::::::/:::::::::::::∨::::ヽ┛┗
         7::::/::/::/`~~~气:::::::',:┓┏
         彡::/(__)   (__) }:::::::}::::}
       ー=ニィ         ヽ::::::、::|     って、なに人事みたいにすっ呆けてるのよ!
          |:::{   |▽▽▽| ノ( ヽ:\乂
         ノ个  !      | ⌒ リ::|ノ>    アンタがアタシのこと狭間にブン投げたんでしょうが!
           ハ  |     |    }|/
         .    ヽ、|     l   ,′
             >t----j‐<










      / ̄ ̄\
    /  「   へ
    |   (①)(①)|
.    |     |  |    ああ?そうだっケ?
     |    __´___ j
     |    `ー'´ }     ……何だか、興味無い事は忘れっぽくなっちまっててナ。
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |



.

304 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:11:49 ID:Qx8XhvC60



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ①)(①)
   |      | |    で、我が親友ヨ、どうしタ?
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}     オマエも「カグヅチ」を目指して来たのカ?それとも、わざわざ殺されに来たのカ?
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |     ……ン?オマエ、その体……
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /









.      / ̄ ̄\
.     / 「   ヘ \
..   |  (①)(①) |
,nm. |   |   .! m、    はっはっ!オマエ、もう虫の息もいいトコの魂で死にかけてんじゃン。
||川n |   __´___  .| r川 ||
ヽ  ! . |   `ー'´  } ゙!  ノ'    オレから「マガタマ」盗んだ末路が、
 | i  .i        i !  !     「マガタマ」にとり殺されるだなんて、しまらねえ最期だナ、おイ。
 ヽ ヽ. ヽ       / ./ ノ
  \ \i       i ノ ノ
    \       /
      `i      |´



.

305 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:12:08 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ   お、オレの体のことはどうでもいいッス。
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   それよりも……お前は大丈夫なんスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \










       / ̄ ̄\
      /   「    \
.      |    ( >)(①)    あ~ン?大丈夫も何も絶好調だヨ。
.     |       | |
      |       __´___ノ     この新しい体に馴染むのと、
.      |     `ー'´}     オレの中の魂どもの記憶の整理で忙しくはあるけどナ。
      ゝ_     ノ
.     ─(___.)─(__)─



.

306 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:12:28 ID:Qx8XhvC60



.      / ノ \
.     / 「  (①)\       しかし、さっきは気づかなかったが、お前がそこまで追いこまれてたとはなァ。
    | (①) \   \
    |       ___ , ヽ    くくくっ……やっぱり、簡単に殺さなくてよかったゼ。
      \      _/_シ  .|
      \         /    追い詰められて右往左往してる姿見てる方が、よっぽど面白そうダ。
.        \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \
         /       \. \
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      ……できない夫、アナタそれ本気で言ってるの?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        それに、本気でギャル夫がアナタから「マガタマ」を盗んだって……
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_        そのせいで自分が悲惨な目に遭ったと思ってるの?
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ



.

307 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:12:47 ID:Qx8XhvC60



      / ̄ ̄\
     /      \
      |  _   _ |
      |  (① ) (① ) |    思っているも何も、事実だヨ。
      |     |  │
      |    __´___,  l     悪魔どもの計画通り、オレが「マガタマ」を受け取れていれば、
     ヽ        !     ギャル夫の様に無様に死にかけなんてしなかったろうし、
      ヽ       ノ     オレもあんな目になんて遭わずに済んだろうサ。
      /      く
      /        ヽ










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                     ノ个               }::}ノ      ……もう、いい加減ホンキで頭に来たわ!
                      乂ハ     `      /|:/
                     从 ヽ   マ二)   /}ハ       ちょっと!アンタ……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''



.

308 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:13:06 ID:Qx8XhvC60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_    彡
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、  彡
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´     (ピクシー!!駄目です!!)
    ゝノ `丶、   、  U イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i
                           < ガバッ!









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃       むぐぐぐっ!……な、なに?いきなり?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '         どうして止めるのよ?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

309 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:13:25 ID:Qx8XhvC60



         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘi:i. \‐、.:.:.:./.:,/:./.:./.:. ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  (……理由は後で説明します!
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/       ですから、今はあの者を刺激してはいけません!)
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、
                  < ボソッ










         / ̄ ̄\
       /   「  \
       |   ( ①)(①)
       |      | |    なんだ、なんだァ?何やらヒソヒソと。
       |     __´_ノ
.       l^l^ln   `ー'´}     ま、女にゃ影口内緒話は付きものだろうから、聞かぬが華かネ。
       ヽ   L     }
        ゝ  ノ   ノ
       / /     \
      /  /       \



.

310 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:13:52 ID:Qx8XhvC60



          / ̄ ̄\
         /    へ  \
.         (? )(? )   |    
           |  |       |    
         | ___`___     |     さてと……ここに居ても「カグヅチ」への道は開けそうにねぇし、
.          | `ー '´    |     方法を知ってそうな悪魔か、さもなきゃ
.          ヽ      /     ナガタチョウの椅子にふん反り返ってるダディでも締め上げて聞いてみるカ。
          ヽ     /     
              >    <      
          /      \
          (  ヽ  ゝ   i










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    できない夫!待ってくれッス!!
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.

311 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:14:12 ID:Qx8XhvC60



    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ①)(①)
  |       | |
  |     __´___ノ
  |        }    ああン?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ 
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::|u│i|      できない夫、お前がこのまま「創世」に関わったら、
  レ!小§ (●)  (●)  | イ     いずれはやんねえ香とも対立する事になりかねないッス!
   レ § |::|(__人__)|::| |ノ      
    /⌒゜   ー‐   ィヽ       だから、オレたちと一緒に行こうッス……お願いッスから!
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

312 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:14:34 ID:Qx8XhvC60



    / ̄ ̄\
  /   _ _\
  |   ( ①)(①
  |      | |
  |     ___´_ノ    ……ギャル夫、お前と一緒に行って……
  |           }
  ヽ        }     「創世」を諦めて、いったいオレに何が残るって言うんダ?
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ─    ─\ l  |   何が残るって……
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   誰とも争わないで済むし、自分が殺される心配だってなくなるじゃないッスか!
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.

313 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:14:54 ID:Qx8XhvC60



     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (①)(①) |
    |      |   │
    |   __´___  .|
    |        .|    ……お前、オレの体が何なのか忘れてるだロ?
   ヽ         /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆 u |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
             イ 从§  ( ○) (○) |从    あっ……そ、そうだ、その体は……
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     「創世」を諦めて「コトワリ」を放棄したら……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.

314 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:15:15 ID:Qx8XhvC60



     / ̄ ̄\
   / _  _ \    ああ、また脳ミソ一つに逆戻りって訳ダ。
    |  (①)(①) |
    |      |   │    ……オレは、人間としての体も尊厳モ……そして痛みを感じる心さえ全て失っタ。
    |   __´___  .|
    |        .|    もうオレに残ってるのは、この「守護」の体と「コトワリ」だけダ。
   ヽ         /    
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆u |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     \   / Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从  そんな事はないッスよ!
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/    お前にはオレだって付いてるし、やんねえ香だって心配してたんス!
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ    だから、人間の体を取り戻す方法を考えて……



.

315 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:15:36 ID:Qx8XhvC60



    / ̄ ̄\
  /      _\
  |       (①)
.  |          |     オレがこんなになるまで放っておいたお前がカ?
   |       、__ ´
.   |         }     そいつは心強くて涙が出そうだゼ。
.   ヽ        }    
    ヽ     ノ     











          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|    そ、それは……本当にすまなかったッス。
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               / u   |::|(__人__)/     でも、このままだと……
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.

316 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:16:04 ID:Qx8XhvC60



      / ̄ ̄\
     /へ       \
.    ((① )     |
     /        |   ……ギャル夫、お前は「コトワリ」を啓くって事が
.    ヽ___       |   どういう事なのか、何も解っちゃいねぇヨ。
.     |        |
.     ヽ      /
      ヽ     /    
      .>    <
      |     |
       |     |










===========================================
                             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                         ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                      .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                      .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
                    , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
              ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
             +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
            ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
             ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
                `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
                   ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
                      .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                         ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
===========================================

          『「コトワリ」ってなぁナ、自分を思想と信念でガチガチに凝り固めて、
           がんじ搦めに追い込むことで初めて啓けるんダ……』



.

317 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:16:23 ID:Qx8XhvC60



            / ̄ ̄\
          /   _ _\
          |   ( ?)(?
          |      | |
          |     ___´_ノ
          |           }     一回啓いちまったら、それが間違いでしたなんて
          ヽ        }      簡単に思い直せるような代物じゃねえんだヨ。
           ヽ     ノ
            /    く
            |     \










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u\ ヽ
          〃 ハ  _,  ,丶_\ l |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    できない夫……でも……
            \.|::| ` ⌒´ |::|/
            /           \



.

318 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:16:45 ID:Qx8XhvC60



      / ̄ ̄\
     /      \
      |   _   _ |
      |  ( ①) ( ①) |   お前はとりあえず、そうやって半端に苦しみ続けてロ。
      |     |  │
      |     __´___   l   人間でも悪魔でもないお前にはお似合いだヨ。
     ヽ        !
      ヽ       ノ    ……けど、そのツラ見るのもそろそろ飽きてきたナ。
      /      く
      /        ヽ










     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (①)(①) |
    |     |    │   ……よシ!じゃあ、こうしよウ!
    |   __`___,  |
    |        .|    次に会ったら、今度こそお前をきっちり殺す事にしてやるヨ。
   ヽ         /
.    ヽ       /     それで全部スッキリだゼ。
.       /    く
      |      |
      |      |



.

319 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:17:05 ID:Qx8XhvC60



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
     ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
    彡  〆  |::|u  ) |::| 丶∨
     〃 ハ   \ , , / Y:i|   !!
    イ 从§ ( ○) ( ○)|从
    乂イ§  |::(__人__)::|ノ     こ、殺すって……本気なんスか!?
     / ⌒ヽ ` ⌒´ /      本気でオレを……?










       / ̄ ̄\
     /    「 ヽ
     |     ( ①) |
     |         ||
     |      、___´/    さァ?どうだろうなァ。
     ン        '
    /⌒ヽ、    _ノ      ……ま、次に会った時のお楽しみってナ。
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.         クククッ……



                     ●

                     ●

                     ●




.

320 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:17:24 ID:Qx8XhvC60



                  _
            ┛┗     //⌒ヽ
        ,ィ‐┓┏ ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /     ちょっとエリヤ!何でさっきは止めたのよ!
       〈_  ´i:.ノ// /         /
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /       あの馬鹿にガツンと言ってやらなきゃ気がすまなかったのに!
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├   そんな事をしたら、アナタが死んでいたかもしれません。
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `     ギャル夫……「アレ」は、本当にできない夫なのですか?
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i        彷徨う魂をエネルギー源にして、仮初の体を創るとは言っていましたが、
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ        いったい「アレ」は何なのです?
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.

321 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:17:43 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ  U |::|   ) |::| ∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|    アレは……間違いなくできない夫本人ッス。
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/      ただ、「受胎」で死んだ数億の魂を
            /      》》    《ヽ       「守護」って形で自分の体にして取り込んだらしいんスけど……
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ








           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、     ……なるほど、それであんな在り得ない数の魂を内包していたのですね。
    _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_/、.__ ///i |_
     ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄    ようやく得心がいきました……しかし、いくら「守護」でもあの数は……
     弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/
        ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、



.

322 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:18:04 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ    やる夫も信じられない様なこと言ってたッスけど……
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |    ……やっぱり拙いんスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    ギャル夫、人間の魂というのは人間自身が把握しているよりも
    ゝノ `丶、   、   Uイ, |        遥かに強力な魔力と可能性を秘めています。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l         おそらく、マーラもそこに目をつけて、できない夫の体を
             i::::::.   i、_       一時的に取り繕うエネルギー源にしようとしたのでしょうが……
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



.

323 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:18:23 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.U.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_   ……いくらなんでも、あの数は異常過ぎます。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     仮にできない夫が言う通り、数億もの魂と融合し制御しているのなら、
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      その力はミカエルやルシファーにも劣らないモノになっているかもしれません。
         ヽ、 >t―f=ニ //        
           fニt:::i::::t^:、










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                     ノ个               }::}ノ     る、ルシファー並ですって!?
                      乂ハ     `   U  /|:/
                     从 ヽ   マ二)  /}ハ     じょ、冗談……なんじゃないわよね……?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""'''



.

324 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:18:43 ID:Qx8XhvC60



              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : U: : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ     ええ、冗談ではありません。
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l      ですからさっき、食って掛かろうとするのを止めたんです。
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/       肉体も精神も、あの様に不安定な状態では、
          _  > 、  ー   /イ/         何を切っ掛けにして暴れだすかも想像がつきませんし。
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨    精神状態が不安定?
             イ 从§   \   ノ  Y:i|   
            乂イ§ U ( ●) (●) |从   確かに、変に高揚してる様な感じではあったッスけど……
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.

325 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:19:03 ID:Qx8XhvC60



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/   u }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   不安定というか、常軌を逸してるっていうか……
            \ ||/    ___   ノ
            ノー           /     でも、なら魔法で正気に戻してやれば元に戻るのかしら?
              乂`ァ      <
               /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  ピクシー、そうではないのです。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     あの者は不安定ながらも、気が触れているワケではありません。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/ 
         ヽ、 >t―f=ニ //       いえ ……正確に言うなら、狂気に逃げる事すら許されなかったのでしょう。
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.

326 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:19:23 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ  狂う事すら許されなかった……それって、ミズチの拷問の事ッスよね?
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \   その……狂ったら魔法で正気に戻してたっていう。








.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i      はい……ギャル夫、人が狂うという反応は、
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´      自分の精神を守る為の最後の防衛反応でもあるのです。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l           なのに、その最後の砦に篭る事すら出来なかった彼の苦しみは、
           ` ー, ´..:::  l          地獄の責め苦そのものだったことでしょう……
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



.

327 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:19:43 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├   そんな衰弱しきった精神状態で「守護」を呼び、
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://    あろう事か数億の独立意思と融合してしまうなど、
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `     自殺行為にも等しい行動です。
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i        ……もっとも、仮に精神状態が万全だったとしても同じ事ですが。
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ       
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
            {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
          ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
             ノ个               }::}ノ
              乂ハ     `   U  /|:/
             从 ヽ     -    /}ハ     自殺行為って、このままだとできない夫はどうなっちゃうの?
                ≧ト . _ . イ´
                _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""'''



.

328 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:20:06 ID:Qx8XhvC60



          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、   今は、「コトワリ」すら啓いた強靭な意志力によって
   _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_/、.__ ///i |_  どうにか「できない夫」という主人格を保っている様ですが……
    ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄
    弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/    数億もの記憶と人格の波に飲まれて、自分が何者なのかすら解らなくなり
       ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/     今度こそ自我崩壊を起こして、最後には己の魂すらかき消されて……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   そ、それはつまり、できない夫ができない夫じゃなくなって
          〃 ハ U ノ    ヽ_\ l  |   消滅するって事じゃないんスか!?
         ル从§(○)}liil{(○) ヾ |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    ど、どうにか助ける方法は無いんスか!
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.

329 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:20:23 ID:Qx8XhvC60



           / ll \
         _//イ || \\
        /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
       / ===/二ヘ=== \
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.U:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、    今ならまだ、「コトワリ」を放棄して「守護」を解き放てば助かるでしょう。
  _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_
   ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ですがそれは、あの者の言う様に再び体を失えと迫る行為でもあるのですよ?
   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
      ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      それに、強固な意志で啓いた「コトワリ」を自ら放棄するとはとても……
        ヽ、 >t―f=ニ //
          fニt:::i::::t^:、










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │ i|   でも、放っておけば自分が誰かも分からなくなって死んじまうんしょ!?
  レ!小§ (●)  (●)U | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    そのままにはしておけないッスよ!
    /⌒゜   ー‐   ィヽ  
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ     もう一回できない夫を探して、説得をしなきゃ!
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

330 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:20:45 ID:Qx8XhvC60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´     ……ギャル夫。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l         アナタの友を想う気持ちは尊いものです。
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_        ですが……これ以上、アナタは事態に関わるべきではないと私は考えます。
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ  !?
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   ……エリヤ、もしかしてオレにあいつを見捨てろって言ってるんスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /    どうして……
            /           \



.

331 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:21:07 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、    先ほども申しましたとおり、できない夫自身が耳を傾けるとは思えません。
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   それに……もう、できない子を除く3人が「コトワリ」を啓いてしまった以上、
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     彼らと関わる事は、「創世」の行方に密接に関係する事にもなってしまいます。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ











              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : U : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ   もし、現況でやんねえ香以外の創世者の利になるよう動けば、
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii    間違いなく姉が黙っていません。
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、   いえ、そればかりか、アナタの動き方次第では
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/      3人の誰と殺しあう事になってもおかしくない状況なのです。
          _  > 、  ー   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   



.

332 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:21:24 ID:Qx8XhvC60



         ト VVVVVVVVノ\
          \            \
            ヽ             \
          ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
           彡  〆U |::| )  |::| ∨
            〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
            イ 从§  ( ●) (●) |从    オレがやんねえ香やできない夫と?
           乂イ§   |::(__人__)| |
              /     |::|` ー´ ||/     いやいやいや、ダディさんが相手ならともかく、それは絶対に無いッス。
           /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     誤解や行き違いがあっても、殺しあうだなんて……有り得ないッスよ。









              ..::´/⌒::、ミー、
          ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
           /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
          /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
          7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
          {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
        ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
          |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
           ノ个               }::}ノ   何言ってんのよ、ギャル夫。
            乂ハ     `      /|:/
            从ヽ     , 、   /}ハ     有り得ないも何も、現に「アマラ」の狭間に投げ落とされて
              ≧ト . _ . イ´         アタシたち危ういところだったじゃないの。
              _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
          ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,   ……さっきだって、殺すって言ってたし。
          /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
         ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
    __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 



.

333 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:21:44 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |  で、でも、結果的に無事だったッスし……
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   それにさっきのは、気が高ぶってつい出ちまったとか……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \









         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `  仮にそういう事態は回避できたとしても、
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./     やんねえ香以外を手助けすれば、やはり姉が見過ごさないでしょう。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ     ……今ならまだ、アナタはこの事態から一歩身を引くことができます。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\         今は、その身の「マガタマ」を克服する事に専念すべきでは?
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.

334 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:22:07 ID:Qx8XhvC60



           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、
    _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_/、.__ ///i |_  それに……こんな事を言いたくはありませんが、
     ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄  私も智天使として天軍に属する身なのです。
     弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/
        ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/     もしも、ルシファーの力を持つアナタが天軍と対峙する様な事態になれば……
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、         










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ……
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.

335 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:22:30 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   ……以前、私は元々人間だった事は話しましたね?
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     私は、人が天使に……人が人ならざる者に生まれ変わるという事が
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     どういう事なのか身を持って理解しています。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i
    /     / i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゞ、:::::::_ソ










           / ll \
         _//イ || \\
        /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
       / ===/二ヘ=== \
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、
  _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   ギャル夫……或いは姉の言う通り、最初アナタにかつての自分を重ね、
   ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ルシファーの力に翻弄されるであろう事に同情してしまったのかもしれません。
   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
      ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      ですが……今はそれとは別に、確かにアナタたち二人に友誼を感じています。
        ヽ、 >t―f=ニ //
          fニt:::i::::t^:、
            },、 i:::::/::::/
         //ll iヽ_l:::/ヽ



.

336 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:22:59 ID:Qx8XhvC60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       エリヤ……
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:' ノ、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    ですから、もしも……もしも、アナタ方も私に、
    ゝノ `丶、   、    イ, |        いささかでも友情を感じていてくれているのなら……
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l        お願いですから、これ以上「創世」に関わらないで欲しいのです。
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_    私は……アナタ方と争いたくなどありません。
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.



.

337 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:23:21 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────────────
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ    『……「人修羅」、これは悩ましいシチュエーションですねぇ。
      l   | /
      |,_、|,/      古い人間の友たちを選ぶか、新しい天使の友を選ぶか……実に悩ましいですねぇ』
       (゙  )) < ザッ
──────────────────────────────────────────────









              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: U: : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii     !?
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l     
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/      お、お前は……
          _  > 、  ー   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   



.

338 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:23:42 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────
                      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                       )                  >
                      <   ……できる夫!!    >
                       <                 (
                       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |   はい、私です。
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \   ごきげんよう、皆さん。
─────────────────────────────────












           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |   ……できる夫、今度は何の用ッスか?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    悪いッスけど、今オレの方は立て込んでるんスよ。
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.

339 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:24:04 ID:Qx8XhvC60



          ___
         /     \       どうやらそのようで。
       / -     ヽ  \    
      / (● )  (● )   \    まったく、創世者やその天使とは関わるなと、あれほど念を押しておいたのに……
      |      _`___      |
      ヽ、         /     どうもアナタは、自ら厄介ごとを招き入れるきらいがありますねぇ。
      /          \










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
            {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
          ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
             ノ个               }::}ノ     その厄介事の最たるものは、アナタが入れた「マガタマ」でしょうが!
              乂ハ     `       /|:/
             从 ヽ     -    /}ハ       おかげで、どれだけコイツが苦しんでると思ってるの!
                ≧ト . _ . イ´
                _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""'''



.

340 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:24:26 ID:Qx8XhvC60



           /..:::::::::::::, -‐ィヘー‐,- 、:::::::::::\
           ...::::::::x≦ ̄`´ヽ:;:;:;:;ヽヽ‐ 、 、:::::∧
          //:::::/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽヽ::::∧
        i {::::/:;:;:;/:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ:;:;:;:;ヽ:;:;:;:∧∨ハ
          |.{::/:;:;:;/:;:;:;:;:/:;:;/:;:;:;:l:;:;:;ハ:;:;:;:;ハ:;:;:;:;∧∨ハ
          i{::i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;/:;:i!:;:;i:;:;:;:;:i:;:;:;:;i!ハ:;:;:;:;.ムマ::::}
.         i|::{:;:;:;i:;:;:;:;:;:|l:;:;|:;:;|!:;:;l:;:;:;:;:|:;l:;:|l:;ム:;:;:;:;:;ム}::,}},
          }}{:;:;:;:|:;:;:;:;:;:||:;:;|:;:;}Ⅵト、:;:;//:;リ:!:;| }:;:;:;:;:;.} ハム
       〃|:;:;:;:| .i!:;:;:八∧リ. ヽ| ヽ/:;:;/ .レ' |:;:;:;:;:;| ||ヾ}
      || }:;:;:;:;:;:;|Ⅵ!  ー=、_   __,斗匕__ .|,ィ:;:;:;.i ||ノ{
   ___||__ム:;:;:;:;ム‐t芹笊、     /笊刈}‐}:;:;:;:i .|| {ニニ==‐‐
    ̄ ̄}|ー、 }:;:;ヽ:;ム 弋:::ツ      弋::ツ .|.,イ} ||イ.{     奴がギャル夫に「マガタマ」を!?
      ヘ /ヽ}:;:;:;:;:;:;ヽ             // .{/|| /
       ∨ /マ:;ム ヘミ     、,      彡/:;/  .レ′    ……【蝿の王】よ、私の前に姿を見せるなど血迷いましたか?
         `′i:;.|ヾ\       __     /.//
          |:;.|  \> , ´   , ィ  〃           それとも、我等の長き因縁に決着をつけに来たのですか?
          レ'       マ ` ー ´/.|
                  }ニヽ= ´ニ .{
                /!ニニニニニニ≧x _
           _  ,r≦ニニニニニニニニニニニニニニニfi__ .,、









.         ..::::::´/⌒、ミー‐、
      ミ゙ッ:::::::/:::/::::ヽ:::::::::::\
       /:/:::/::::/`~~~气:::::::',::::ハ
.      7://::::/      }:::::::}::::::}
    ー=ニニィ┃     ┃ヽ:::\::乂
      Y{       .へ     リ::|⌒}
    乂ハ         ̄       }::}ノノ      ……蝿……の……王?
     从人         U  |://
    __ > ____ .く }ハ _      その二つ名って……も、もしかして……
   (   _/  ::::::::::::::::::::  \__ )
   ( ̄ ( ヽ//::::::::::::::::::::ヽ\/ )  )
     ̄  ー  |  :::::::::::  |   "  ̄



.

341 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:24:44 ID:Qx8XhvC60



            ____
          /      \
         / ─    ─ \      ああ、そういえば通称の方ばかりで、
       /   (●)  (●)  \    アナタ方には一度も正式に名乗っていませんでしたね。
       |     ___'___      |
        \    `ー'´    ,/    ……私、悪魔としての名は【ベルゼバブ】と申します。
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
       /      ,⊆ニ_ヽ、  |     以後、お見知りおきを……
      /    / r─--⊃、  |
      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
 【ベルゼバブ】(通称できる夫・魔王の一人)










                _
              ..::/⌒:、ミー、
          ミッ:::/:::::::/::::ヽ::::\
           /: /::::::/:::::::::::::∨::::ヽ
         7::::/::/::/`~~~气:::::::',:::
         彡::/(__)   (__) }:::::::}::::}     べ、ベルゼバブって、あのルシファーの側近で魔界№2の魔王の!?
       ー=ニィ         ヽ::::::、::|
          |:::{   |▽▽▽|   ヽ:\乂     嘘ぉーーーー!!
         ノ个  !      | u リ::|ノ>
           ハ  |     |    }|/
         .    ヽ、|     l   ,′
             >t----j‐<



.

342 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:25:06 ID:Qx8XhvC60



       ___        おや、もしかしてもっと位の低い悪魔だと思っていましたか?
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     そう思われていたのなら心外ですねぇ。
  /:::  __´__   :::::: \
  |  l^l^lnー'´       |    それにルシファーと私は、いわば盟友関係。
  \ヽ   L        /    側近とかそういう上下の間柄ではないですよ。
     ゝ  ノ
   /   /









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |     毎度で悪いんスけど、できる夫……いや、
               /     |::|    ||/     ベルゼバブってそんなに偉い悪魔だったんスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.

343 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:25:24 ID:Qx8XhvC60



  r‐=-、、  ,、-' ____ ,、=======、.  \
 ._.il、 `tlv´,--'´;.:.:.:./    ___ /.∠===‐┴‐‐-、
 |i__.>==i{.:.:.:._,;;-‐,'===ニ二  _,、 '´~    __/ハ ̄``
 r>‐、.__/l|r≠t;<、    __>__`ニ===ニ二tヘ、、`;
  li_/.</ //  .l.|  Xニ=' ̄    ~>>    i  \.i
  l{,/.《‐'_ト=、 .|.}、_,/^\'ヽ、 _ //:.\   |   .〉=-、
  li' / /il´ `Y/ `ヽ、  ヽi`'i/      ヽ.  !_  /   il
  |i/i .li.|i   |l    〉ゝ__∠,, |   .,:.:.:.:.:.:.:.i ./~Yi    i|
  j i .l|.|i   ./i._,  ,/ 'イ fj:;;:li}jl   ,:.:.:.:.:.:.:.l / ;' ; li  ,、 i|
‐==l.ヘ_!li;.=',へ-‐'´  ヽ. ゞ=ン i   ;.::.:.:.:.:.i l ; ;. |i  i {=l=‐
   | .:.:i^´          ,/; ;:  ,:.:.:.:.:.:/ | ; .; li.  `´.i|
    l .:.:..l   ;        / ;.. .: ,:.:.:.:.: l .l `  li   /    ……この者の元の名は【バアル】といい、
.    l !.:.:l   ヽ       '7 /,', ,;.:.:,';. /,へヽ_/弋_/     豊穣神を詐称し生贄を求め、
    ヽi.ヽ         ///i /i.:;.:/´              人々から偽りの信仰を集める偽神だった悪魔ですよ。
       i.; ヽ  `ヽ      /';l :/:::::l;./
      ;  `、    ,、-‐'´,-‐'i/:::::::.l/|
       '、 `ー<‐‐''"´: ..:.:.':::::::::,´::l
           `l;   .;::.:.:.:.:.:.::::::::::::l
            .l:.  .;.:.:.:::::::::::::::.:::::::l
            .i:.: .;.:.:.::.::::::::::::::::::::::::l










============================================
          ,r‐ 、
   z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z           ___      _, --- r_,
      ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄           'ー-へ_ ̄ ̄ ̄       ゝ-- 、
         /  彡、 ノノ:::                       ̄`ヽ     / ̄`ヽ  ̄ ̄`丶_
        / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::                        /    <{_、__.ノ^ー-- .__  _>- 、
    _/ フ::::      Y ヽ:::                        `ー-- ._/二、ヽ       `ー^┴’
  (⌒こ))≧:::        jfう》:::                                 ̄
    ̄::::::::::        (_ノ::::::
                                _       ,/' ̄''ヽ、
                               { r `ー-=´ ̄      `ヽ
                    __          __,,,======'     / `ヽ  \
                   {iiiii`;;ー‐===ニ´          .r‐==〈    `ヽ .ゝ-、
                   ゝ、iiiiiiiiiヽ____,,,..==-‐''´ ̄ ̄ ̄`Y    /       {λ}_},}}
                      ー‐ '                /==-v′
                                          /iiiiiiiiiii}
                                     〉iiiiiiiii/
                                          ゝ==ノ
============================================

      『当時……まだ、私が人間だった紀元前900年頃のカナンの地での事です。

       その時代の王の名はアハブといい、王妃と共にバアルを崇めたため、
        多くの主の預言者たちが粛清されていったのです……』



.

344 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:25:47 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├  ……私はそうした惨状を打破すべく、バアルの信徒らと対決し、
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://   主の御力によって幾度か勝利しました。
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     しかし、本来正しく導かれる筈だったどれだけの者たちが
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i      偽りの教えに惑わされたことか……
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ            
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\           
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i









          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \     この私が偽神?……ふん、さすが傲慢な神の威を借りて
        / ⌒、:::::::      ヽ,    人間たちを苦しめ殺した元預言者は言う事が違いますね。
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
    .    i     ::::: ( ○)     |   ……お前たちとその主が殺して回り、今尚苦しめさせている数に比べたら、
       \  ´           /   どちらが悪魔と呼ばれるべきかなど知れたものじゃないでしょうに。
           \ ⌒    .__/
          /        \



.

345 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:26:08 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |   元預言者?エリヤがッスか?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    それに人間を苦しめ殺したって……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \










           ____
         /     \
       /  _ノ;::::::::⌒ \     おや?まだ聞いてないのですか?
      / ;;;(●)::::::(●);;; \
     |      ,__´___ ⌒   |    この者が何を成して、天使に生まれ変わる程の寵愛をヤハウェから得たのかを。
     \      `ー'´     /
      /          \



.

346 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:26:29 ID:Qx8XhvC60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l        ……
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i










       _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
      ,r'        \
     / ⌒、:::::::      ヽ,     このサンダルフォン……いえ、預言者エリヤは、私と私の民に勝利する為、
     /( ○)::::::::::::⌒    ..i    ヤハウェに頼み、3年もの間カナンの地に雨を降らせずに多くの民を苦しめた上、
     i.    ::::: ( ○)     |    私の信徒や預言者を殺した功績で、奴のお気に入りとなったのですよ。
    \ _´__         /
        \  ̄    .__/



.

347 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:26:55 ID:Qx8XhvC60



        ___
       /     \
     /  _:::::::::_\     しかも、私の民が飢え渇き苦しむ横で、自分だけはヤハウェの庇護の元
    /   ( ●):::::(●)\   飢える事も渇く事も無く、のうのうと水を飲み
    |       __´___   |   パンを食らって預言者然としていたのですから大したものです。
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \    ヤハウェの僕は、情けだけでなく恥も知らないのですかねぇ。










             _-ニ< ̄///^ヽ、
           ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
          ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
        /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
       /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
      ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
  _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
  .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
  |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ   ……なれば、お前は民が苦しんでいたあの時何をしたというのです?
  li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii    
/_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l    自らの民や信徒を救う為に主に頭を垂れるでもなく、
~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、   主を恐れ蝿の如く逃げ回っていただけではないですか。
       .  ヽ::l             /ヽヘ/l/    
         _  > 、  ー   /イ/      無力な主の預言者を大勢殺しただけの偽神風情が
     r―‐< ―へ:>┬ ' ´            今更その様な言い草、お前の方こそ恥を知りなさい。



.

348 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:27:17 ID:Qx8XhvC60



      / ̄ ̄ ̄\      ほほぅ、力足らずヤハウェに敗れ、民を守れなかった私を糾弾すれば、
    / _,ノ  ⌒ \    カナンの民を大勢殺し、己だけが悠々と生き残った罪が消えると?
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |   ……いやはや、親が親なら子も子だ。
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \   さすがは世に聞こえた傲慢な神とその下僕たち……悪魔の身ですら寒気を覚えますよ。










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨      ちょ、ちょっとタンマ!!二人とも、一旦ストップっす!
             イ 从§   \   ノ  Y:i|!
            乂イ§ U ( ●) (●) |从    二人の昔の因縁について話してるみたいなのは解ったッスけど、
               /     |::|(__人__)/      正直、部外者のオレたちにはさっぱりな話ッスよ!
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ      ……それよりもベルゼバブ、アンタは何の用で来たんスか?



.

349 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:27:37 ID:Qx8XhvC60



       ____
     /⌒  ⌒\       おっと、これは失礼しました。
    /(●) (● ) \
  /    __´__,     \     確かに、これはアナタ方二人には関係の無い話だ。
 |      -        |
 \             /     ……私が今回来たのは、アナタのお友達の行き先を教えてあげようかと思いまして。










               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
           7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
           {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
         ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
           |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ:ー`  それって、やんねえ香の行き先!?
            ノ个               }::}ノ
             乂ハ     `       /|:/     ……でもアナタ、さっきだって「創世」に関わらない様に念押してたのにって
            从 ヽ     -    /}ハ      自分でも言ってたんじゃ?
               ≧ト . _ . イ´
               _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __     それなのに、やんねえ香の居場所なんて教えていいの?
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.

350 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:27:59 ID:Qx8XhvC60



       / ̄ ̄ ̄ \      ええ、そのつもりでしたよ。「侵食」がここまでの深度に達したサンプルは貴重ですからね。
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \    ……ですが、アナタの相棒は私の忠告など馬耳東風。
    |      __´ _      |
    \        ̄    /   それに、率直に言って「マガタマ」の侵食具合も停滞している様ですしねぇ……
    ノ           \









         ____
       /      \
      / ─    ─ \   
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |    ならばいっそ、望み通り渦中に飛び込んでもらい、
     \    `ー'´    ,/    一か八かで変化を促すのも手かと思いまして。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     ……という事で、アナタのお友達は、
   /    / r─--⊃、  |    あの鉄面皮の天使とアサクサのミフナシロに向かいましたよ。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



.

351 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:28:17 ID:Qx8XhvC60



         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘi:i. \‐、.:.:.:./.:,/:./.:./.:. ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   何を馬鹿なことを……今の状態で「侵食」が進み発作を起こせば、
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   自力では万に一つも乗り切れる見込みなどないでしょうに!
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      ベルゼバブ、お前はこの者を殺したいのですか!?
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、









        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \      とんでもない。
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |       ___`___     |     私はアナタやアナタの主と違って、むやみに人間の死を望んだりなどしませんよ。
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ  ……もう人間どもへの興味、そのものが失せましたから。
   \ ヽ  /      \ ヽ /



.

352 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:28:38 ID:Qx8XhvC60



          ____
        /     \
      / ―   ― \     ですが、前にも言ったとおり、中途半端な状態でダラダラと生きられても困るのです。
     /   (●)  (●)   \
     |         '         |    まぁ、私の意図はどうあれ、アナタの望む情報を持ってきてあげたんですし、
    \       ̄     /    これも立派なギブアンドテイクというやつですよ。
     ノ           \









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|   U    -´     ……そのロクでもないギブアンドテイクはともかくとして、
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       アタシたちを一度ルシファーに会わせてくれないかしら?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           その……ギャル夫は「マガタマ」の被検体として
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_        稀有な例なんだろうし、一回ぐらいいいでしょ?
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

353 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:28:59 ID:Qx8XhvC60



       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \            チッチッチッ……ピクシー、
  /   (●)  (●)   \           私がアナタの意図に気づかないとでも思っているのですか?
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)    ルシファーに直接「マガタマ」を取り除いて貰えるよう交渉する気でしょうが、
  /          \            それは上手くいくとは思えませんねぇ。










              ..::´/⌒::、ミー、
          ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
           /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
          /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
          7:::/:/:::::/  u    }:::::}:::::}
          {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
        ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
          |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::ー`    悪いけど、やってみない内に諦める訳にはいかないのよ。
           ノ个               }::}ノ
            乂ハ     `       /|:/      ベルゼバブ、お願いだから居場所を知ってるなら教えてちょうだい。
           从 ヽ     -    /}ハ
              ≧ト . _ . イ´
              _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
          ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
          /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
         ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
    __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 



.

354 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:29:18 ID:Qx8XhvC60



.      ____
.    /      \
    / ノ    ヽ  \
  /  (●)  (●)   ヽ   ふむ……アナタも、そこの「人修羅」と同じで頑固そうですねぇ。
  |      ´        |
.. \      ⌒      /    まぁ、会わせてあげない事もないですが、条件がありま……
    >         <
   ( |        / )
.   `|       /'
.    |   r  /










────────────────────────────────────────
------------;、---........、....,,.,._,
            ̄ ̄゛"'.''''''―- 二゙.,゙"'.'―- .....,,,_
                           "''''― ..,,,,゙゙゙''''―- ...,,_
                              `゙''''ー- ..,,,`゙"'ー-..,,_
                                    `゙''ー ..,、 `゙''ー ,,,
                                         `''ー..,,  `゙'ー ,,、
      ._y-、                ,-'、       ,,-、          `''ー..、  .`''-、
  .i--、;;- ゙‐'~゛   /'i    _       / ,i′      ./ /              ゙'''.、,   `'-、
  . ̄./ ,i′ <./ .,ニゝ .{゙,'.{,/ノ.ゝ    / /        ,i'./                    ヽ    `、
 i;;;;;;ニ彡′ ,,∠> !    _..;;/    , !'゛       .,./"                    /     .ゝ
          ゝ'"   '!'"´    〈./        .,',,ノ                     /      /
                                            _,、 -‐''''″    . /
                                  ____,,,,,.. r━'''"゙´           ,..-'"
ー―-------------------------ーー―ー¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄                _,, ‐'″
                                            _,,,.. -‐''"゛
                                   _,,,,.... --ー''''"´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.

355 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:29:40 ID:Qx8XhvC60



────────────────────────────────────────
            ________
      -=二 ̄             rー'''" ̄―__―_=三  ̄ ̄ ̄\
           ゙''ー、、       ゝ       =⌒'Z /   ―   ―ヽ
           (   : '-、     ゙'-、   (   '( /    (● ) (● )',      ____
            |  | | `'-、     ゙'- ̄=   三      __´__   〉   /       \
            |  |  \ `-,     `''-、 |  \          ノ  <  おっと。  |
            i  ヽ-、ヽ 、 ヽ       ゙''-、-、ヽ 、    -―<_     \_____/
            ヽ     .  _ヽ       广ーニ  .            ヽ
                ̄ ̄{    __l.     l  ̄ヽ  、ヘ,__-―´   ノ
                  !      l   i\  l    !  〔ク  ,-――‐´
                 ソ      ̄!   ! \ l━  ソ  'ー-''¨    |
                 /   .  ̄ /   !   ゙   /     /      i
                /     _ /     ! ― /    /      /
              /    /  /     l  三    /ヽ    く
              |    |  /      i〈lヽ |    |   \   \ )⌒;;,,.⌒)/
              |     | ,/    ,i''、 .|.从 . |     |    \   \从人/ ;`)
              (´____ _ /   /  .l !⌒; (´____ _ノ/`)   (、へヽ、____ _`) `)⌒;;,,.⌒)
────────────────────────────────────────
                             _         r⌒ヽ
                 ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐      /  ノ
                 └-  / ̄ . └‐┘//      / /
                   / /    ┌─' /      , ァ"~ 
                    ̄     .  ̄ ̄     (_ラ



.

356 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:30:00 ID:Qx8XhvC60



                           >ー<
                            /     ||`ヽ、
                        i´   ,____/,'./、 \
                       ,`< ´   ,','`.∧,, iヽ ヽ
                     〆/     // i i i.i i>ーゝ
                       { ,.'      i,> ´` /¨|.∧
                        ∨     ,>, ` .〈  |  }
                           ヤ   , '> ´⌒ヽヽ |∨
                       ∨  i .i /{ .) ))リ′  ……本来、魔王級との戦闘は極力禁じられていますが、
                           〉  ∨,/ゝ=  .//リ    ルシファーの居場所を知っているのなら話は別です。
\                     ,'`ヽ、___ゝ 、_,>.´/
\\           , ー < .> ´   .∨  `i、i リ      ベルゼバブ、お前がそれを知っていると分かって尚、
、 \\    /\ >     )  \  ∨\   .`′      黙って指をくわえているほど私は甘くありませんよ。
  ヽ , .\ /   ∨     /} ` 、 、 ,/ ∧、_
ー‐‐‐‐{  ヽ      ∨ >´ }},  、  ヽ´   .{ ∨ヽ
                                < ジャキッ!










      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \    おお、コワイコワイ。
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |   ……天使のくせに不意打ちとは、ヤハウェが見たら嘆くのか、
  \      ̄ ̄    /   それともさすが我が下僕と賞賛するのか。
   ノ           \



.

357 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:30:19 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u\ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |  え、エリヤ!?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   二人とも、頼むから落ち着いてくれッス!
            \.|::|.      |::| /
            /           \









        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \   私はさっきから冷静ですよ?
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /   ……という事で、私の用件は以上です。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |     では、そこの凶暴な天使に滅されない内に退散するとしましょう。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



.

358 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:30:39 ID:Qx8XhvC60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U   , -.、ゝ      ちょっと待ってよ!
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        (,_∨
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        ルシファーに会わせてくれる件はどうなったの!?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′









      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \
   /  (●)  (●) \
  |        ´      |   ああ、それならさっきも言ったとおり、
  \      ー=‐'   /   私の出した条件をクリアしたら、今すぐにでも会わせてあげますよ。
   ノ           \



.

359 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:31:01 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆u  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     その条件って?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ









         ____
       /      \
      / ─    ─ \     なに、至極簡単です。
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |    ……「マガタマ」の「侵食」を最後まで耐え抜きなさい。
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     その身も心も完全な悪魔に生まれ変わった時、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     アナタが否と言おうとルシファーの元へ連れて行って差し上げます。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



.

360 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:31:20 ID:Qx8XhvC60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                     ノ个               }::}ノ    なっ!?
                      乂ハ     `      /|:/
                     从 ヽ   マ二)   /}ハ      そ、それじゃ意味無いじゃないの!
                        ≧ト . _ . イ´
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __     その「侵食」に耐えられそうにないから、頼んでるのに!
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',










        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \      ピクシー、我等にとって「マガタマ」を抜いたギャル夫に何の価値が有ると?
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |    …… 私は、アナタの相棒に生き残るチャンスをあげはしましたが
     \        ̄    /      そのチャンスを生かせるかどうか、それはそちらの問題です。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /   前にも言いましたが、慈善事業で助けたのではないのですから。



.

361 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:31:44 ID:Qx8XhvC60



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ●) (●) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |
      /.    |::|` ⌒´ ||/    くっ……
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \     まぁ、そう悲観しない事です。
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |   なに、元々は死んでいた命なんですし、
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /    ここまでの侵食に耐えたのですから、駄目元でもう一踏ん張りですよ。
      /   /          \
     /   /             \



.

362 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:32:05 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────────
:::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' 
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'  _.. ‐'''''''''''' ‐:::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '  
';:::::::',  , ;  ,::::::::; ,r'        :::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; ' 
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::; / ⌒          ,..':::::::::::::::::::::::::; ' 
  ';::::;'   , ,::::::;( ●)   `―    ::::::::::::::::::::::; '   では、私は失礼します。
  ',:::',   ' ,:::::;i.      ( ●)    ::::::::::::; '
   ',:::,     ,::::;\ _´___      ::::::::::::::;'       みなさん、ごきげんよう……
',   ' ;'     ;:::;  \`ー'´   __:::::::::::::;' 
──────────────────────────────────────────
                       _  l'''l         _  l'''l     /:l
           |;;,,.            | ∟,|::|_,、  ,_   ,| ∟,|::|_,、 ,、|:::L
          |;;,,. ヽ;;l         |::;――-;::/ ,.、_|::/_  |::;――-;::/ |/7:/
           ヽ;;l    _、-''7    ヽl   /,;/ /:;.―-;::::/ ヽl   /,;/    !/
          ___、-'''゙´:::,、-゙、;:::::''7    ∠-'  `´   /::/    ∠-'
          |:::::::::::;;、-''´  _ニコ::!―i         / ´
          |;;、-''´     |,,;;;,、-''''゙゙´



.

363 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:32:24 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────────
                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \
───────────────────────────────────────
                       ,イ   ,イ ,イ
                          //  ト, レ レ
                     //  l |     ∥∥/7
                     //   l l       //
                     /´   Y      /´



.

364 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:32:45 ID:Qx8XhvC60



         .       __  __
       .   カシャ > / \~`\`'r-、_
         .     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
        /      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
       〃     i´.,/,、---―――-、`<-、>、
       { (    ノイ/´ ,´  u   ;  , ;ヽ、ヽ `j、
             L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
            ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
            |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
           _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
            ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    ……取り逃がしましたか。
             ゝノ `丶、   、    イ, |
                  ヽ、 ー‐ /.:..l        逃げ足だけは大したものです。
                    ` ー, ´..:::  l
                      i::::::.   i、_
                    _/::  __    `‐-、_
                ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
              r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
              i, /      ,      .::/  /   :i
              /    ..、  ,':.    .:::::::i  /   .::.:l










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ       エリヤ!何であそこで、ベルゼバブを攻撃したの!?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|   U    -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '         もう少し粘れれば、交渉の余地もあったかもしれないのに!
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

365 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:33:08 ID:Qx8XhvC60



              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ   ピクシー、さっきの奴の言葉を聞いたでしょう?
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l     奴等には、ギャル夫を助ける為の行動を取る気など毛頭在りません。
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/     交渉の余地など最初から無いのですよ。
          _  > 、  ー   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/    u  }:::::}:::::}
             {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂    だとしても!それでも話してみなきゃ分らないでしょ!?
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
              ノ个               }::}ノ     うちの女王さまでもお手上げだし、他に方法が無いのよ!
               乂ハ     `      /|:/
              从 ヽ   マ二)   /}ハ
                 ≧ト . _ . イ´
                 _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.

366 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:33:27 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|    ピクシー、落ち着くッス!
            乂イ§ U ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/      ……残念だけど、たぶんエリヤの言う通りッスよ。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ      ベルゼバブやルシファーに頼んでも……あの感触じゃ……









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ      アナタが諦めてどうするのよ!
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|   U    ⌒´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        もうその「マガタマ」の「侵食」に耐えられそうにないんだし、
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '         それを説明すれば万に一つでも説得できるかもしれないでしょ!
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

367 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:33:58 ID:Qx8XhvC60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    それよりも確実にギャル夫を助けられる方法が在ります。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l         ……ベルゼバブを捕まえ、ルシファーの居場所を突き止めるのです。
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_       それを姉さんとミカエルに知らせれば、
           _/::  __    `‐-、_    その功で今度こそ姉さんたちの協力が得られる筈です。
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
             {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`     ……そんなの本当に上手く行くと思うの?
              ノ个               }::}ノ
               乂ハ     `      /|:/      できる夫……もといベルゼバブは魔界屈指の実力者なのよ?
              从 ヽ     -    /}ハ
                 ≧ト . _ . イ´         それをアタシたちだけでどうにかするなんて、
                 _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __      ルシファーを説得するよりも無謀に思えるけど。
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.

368 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:34:22 ID:Qx8XhvC60



           /..:::::::::::::, -‐ィヘー‐,- 、:::::::::::\
           ...::::::::x≦ ̄`´ヽ:;:;:;:;ヽヽ‐ 、 、:::::∧
          //:::::/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽヽ::::∧
        i {::::/:;:;:;/:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ:;:;:;:;ヽ:;:;:;:∧∨ハ
          |.{::/:;:;:;/:;:;:;:;:/:;:;/:;:;:;:l:;:;:;ハ:;:;:;:;ハ:;:;:;:;∧∨ハ
          i{::i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;/:;:i!:;:;i:;:;:;:;:i:;:;:;:;i!ハ:;:;:;:;.ムマ::::}
  .      i|::{:;:;:;i:;:;:;:;:;:|l:;:;|:;:;|!:;:;l:;:;:;:;:|:;l:;:|l:;ム:;:;:;:;:;ム}::,}},
          }}{:;:;:;:|:;:;:;:;:;:||:;:;|:;:;}Ⅵト、:;:;//:;リ:!:;| }:;:;:;:;:;.} ハム
       〃|:;:;:;:| .i!:;:;:八∧リ. ヽ| ヽ/:;:;/ .レ' |:;:;:;:;:;| ||ヾ}
      || }:;:;:;:;:;:;|Ⅵ!  ー=、_   __,斗匕__ .|,ィ:;:;:;.i ||ノ{
   ___||__ム:;:;:;:;ム‐t芹笊、     /笊刈}‐}:;:;:;:i .|| {ニニ==‐‐
    ̄ ̄}|ー、 }:;:;ヽ:;ム 弋:::ツ      弋::ツ .|.,イ} ||イ.{    大丈夫です。
      ヘ /ヽ}:;:;:;:;:;:;ヽ             // .{/|| /
       ∨ /マ:;ム ヘミ     、,      彡/:;/  .レ′    先ほどはアナタ方まで巻き込んでしまうので躊躇しましたが
         `′i:;.|ヾ\       __     /.//        次はリミッターの解除を申請して「メギド」の力も使います。
          |:;.|  \> , ´   , ィ  〃
          レ'       マ ` ー ´/.|            神に仇なす一切の者を焼き尽くすこの力を持ってすれば、
                  }ニヽ= ´ニ .{            かの魔王を屈服させる事も不可能では無い筈ですから。
                /!ニニニニニニ≧x _
           _  ,r≦ニニニニニニニニニニニニニニニfi__ .,、
        ,x≦{.==}ニ` ー‐-、ニニニ,ニ-‐‐ニニニマ==/ニ≧x










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´       でも、仮に捕縛できたとしても素直に喋るかしら?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '          アナタとアナタの神を、特に憎んでる様だったし……
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

369 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:34:44 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆u  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     \   / Y:i|    二人とも、確かに「マガタマ」はどうにかせんといかんスけど、
             イ 从§  ( ●) (●) |从   とりあえず今はこの話は置いとこうッス。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/     ……残念だけど、今すぐはどうこうしようが無いんスから。
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ リ::`
                     ノ个               }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/
                     从 ヽ     -    /}ハ      それはそうだけど……でも……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__



.

370 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:35:04 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |    なぁに、オレならまだまだ全然大丈夫だから心配ないッスよ。
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   |::| `ー´ |::| /     ティターニアさんの壁のおかげで「侵食」もかなり緩やかになってるッスし、
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     なら、事態が差し迫ってるやんねえ香の方を先に追おうッス。
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )    ……やんねえ香とは、できない夫の事も相談しなきゃならんスし。
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ    
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├   ……ギャル夫、今やんねえ香を追うこと自体に異論はありません。
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `     ですが、さっきの私の話とアナタの体の事、くれぐれも忘れないでください。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i       どちらもアナタにとっては命取りになりかねない問題なのですから……
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ 
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i
    /     / i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゞ、:::::::_ソ



.

371 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:35:27 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u\ ヽ
          〃 ハ  ─    ─\ l  |    分かったッス……よく憶えておくッスよ。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    じゃあ、アサクサへ急ごうッス。
            \.|::|.      |::| /
            /           \



         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.

372 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:35:47 ID:Qx8XhvC60



~アサクサ・ミフナシロへ続く道~



────────────────────────────────────
            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃
────────────────────────────────────



.

373 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:36:05 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |   こ、これは……死んでるの、「マネカタ」の人たちッスか!?
         ル从§ (○) (○) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    いったい何が……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \










             _______
            ./ /  #  ;,;  ヽ
         : /  ;;#   ,;.;::   U :
          /   /   \    ..:::::|
            | ::::::   /\     :::::.::::| :   ううっ……
        : ! #;;:.. / ̄\   .::::::/
          ヽ.;;;//;;.;   ォ ..;;#:::/      あ、アナタ方は……
           >;;;;::..    ..;,.;-\



.

374 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:36:22 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |   ドクオさん!
         ル从§ (○) (○) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    こ、ここで何があったんスか!?
            \.|::|.      |::| /
            /           \










     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | U  /    \ ヽ   て、天使の軍団がいきなり現れて……
     |       /\.   |
     |    /  ̄ヽ  |   我々も応戦したんですが……じゅ、銃じゃ何の役にも立たなくて……
     \           /



.

375 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:36:42 ID:Qx8XhvC60



         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘi:i. \‐、.:.:.:./.:,/:./.:./.:. ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  ……天使と一緒に、学生服の少女が居た筈です。
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      彼女は何処へ向かいましたか?
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、










    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /;;## /   \  U丶    お、奥……掘り当てた「マガツヒ」を奪いにミフナシロへ……
   │ l;:;    /\   :;;: .|
   | l;:;  / ̄ ̄\    |   奥には、ふ、フトミミさんが……
    \           /



.

376 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:37:01 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|
            乂イ§ U ( ●) (●) |从  「マガツヒ」だって?そんな物がなんで此処に……
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ     ……あ、そうか!
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        何か解ったの?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.

377 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:37:20 ID:Qx8XhvC60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ 
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|
  レ!小§ (●)  (●)U | イ    ああ……前にミフナシロの場所って、元は色街だったって言ったッスよね?
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     その色街……つまり吉原の遊郭って400年ぐらい前から在るんスよ。
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|    つまりそれって、400年間「マガツヒ」が発生し続けてた事にならないッスか?
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










                _
                   //⌒ヽ
      ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
    r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
    〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
    {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /    なるほど……多くの人間が強い負の感情を発する場所が、そんな長く
     〈_  ´i:.ノ// /         /    存在してたのなら、大量の「マガツヒ」が堆積しててもおかしくないわね。
      ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
       ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、   ……でも、何でフトミミは「マガツヒ」なんて後生大事に隠してたのかしら?
    ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
    (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     } 「マネカタ」じゃ、「創世」ができるわけでも
     i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ  「マガツヒ」でパワーアップできるワケでもないのに……
     |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.

378 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:37:42 ID:Qx8XhvC60



      ____
    /    U \
   /   /   \  ヽ   ふ、フトミミさんに考えが有るって……
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /    フトミミさんは、我々、ま、「マネカタ」の、生き残れる世界を目指すと……ぐっ!
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|
            乂イ§ U ( ●) (●) |从  ドクオさん、事情は解ったからもう喋らないで!
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ     ピクシー、治療を!
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.

379 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/17(木) 20:37:56 ID:EXDZ5Q9.0
できない夫をこうする技術が無いとどうにもならんわなあ
a19_13_rodger.jpg
ttp://uis4uchi.cocolog-nifty.com/photos/wf2008s/a19_13_rodger.jpg
t02200367_0240040011735698311.jpg
ttp://stat.ameba.jp/user_images/20120115/09/19720901-8823/51/ae/j/t02200367_0240040011735698311.jpg

380 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:38:04 ID:Qx8XhvC60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|   U    ⌒´     もう始めてる!
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '       助かるといいんだけど……
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \                ...:::::::::::::::::::::::...
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\             ..:::::       :::::..
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ          .::::::   ..:::::::::::..  ::::::.
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ         ::::::  .:::     :::.  ::::::  < パァアア……










    ____
   /    U \
  /  /   \   ヽ   ……ぎゃ、ギャル夫さん……
 |    /\      |
  ヽ  / ̄\   /    我々が……た、魂無き者が生きたいと願うのは罪だったのでしょうか?
   \       /
   ,r''"´l ̄´ ::ト、     我等は……何の為に生を……うっ……
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!
            < ガクッ



.

381 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:38:37 ID:Qx8XhvC60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │ i|
  レ!小§ (○)  (○)U | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     ドクオさんっ!?
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
            {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
          ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂   
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
             ノ个               }::}ノ     ……大丈夫、傷が塞がって楽になったから気を失っただけよ。
              乂ハ     `      /|:/
             从 ヽ    -    /}ハ
                ≧ト . _ . イ´
                _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__




.

382 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:38:59 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├  
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `    とりあえず、その「マネカタ」は
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./      寝かせて休ませて置けば大丈夫でしょう。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ       しかし、これはあまりに……
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |    ……とにかく先を急ごうッス。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ     早く、やんねえ香たちに追いつかんと。
            \.|::|.      |::| /
            /           \



         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.

383 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:39:21 ID:Qx8XhvC60



~ミフナシロ~




────────────────────────────────────────────────
 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ /三 .!   .l゙三三i,l三三三三三三三三三三三三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./     ″           .!}     二二二二二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
────────────────────────────────────────────────



.

384 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:40:15 ID:Qx8XhvC60



────────────────────────────────────────────────
                                         _/\/\/\/|_
                           __  ト--、 .,ィ    \          /
                          , ≧:::::::```::::::::∨:l    <   ハッ!   >
                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\  /          \
                         /::::::::f::f:::::::::::::::::::::::::`l::|:::::ヘ   ̄|/\/\/\/ ̄
                        /::::::::::|::|\∧::::::∧/|::|:::::::ヘ     ゙i\
                        |;イ::::::|::|ノ..`ト::::::レヘ;::|::|::::ト、|      .i (,
                         .レ::(|::|代ツ|ノリ 'てア.|::|)::{       .i  ゙i
                          |::::|::|   、     |::|:::::|       .i|  i,
                       .iゝノ:::::|::|ヽ、 マコ イ:|::|:::::しi       .i|  ',
                        >:::::/|::| y//r厂 ´ |::|:::::::ノ      .i|   |i
                       {::/  .|;:イ<.//7∧,_ リ l::::ヘ     .i|.   |i
                       ∠三フ´:::(., r '"´   .ノ .|ヽ;:}    .,.i.    |
                      /   ム r、'"´    ,.ィ<    ヽ,   ,.i     ゝ
                    ,../   /  |ミヽ, r 'i::l´ 乂     .}  ゝ      |i.
               r--「"T´/ .__  / , r '"´  .〉∨   \   / , '       |i.
               {:::::::, .-< ̄ `V'"´  ____,.へ、___\//       |i.
               乂7::::::::::``ヽ_」   l:::::/:::::/::::/:::::::|::::::ヘ, '        |i.
                 {ゝ__fr三ヲ-、   .,.く::::::::/:::::::/,, ,. ,., ' , '         |i.
                 ``ーtl`< `¨` ─--'"__::::::::/:::::`゙ィ/   ____ |i
                     ̄ `¨ ‐- ニ─-- 二二二二二二二__/ /,.|i
                        ./   7¨ ─-- ______>"´\
────────────────────────────────────────────────
                               _              r⌒ヽ
                      ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐      /  ノ
                      └-  / ̄ . └‐┘//      / /
                        / /    ┌─' /      , ァ"~
                        ̄     .  ̄ ̄     (_ラ



.

385 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:40:50 ID:Qx8XhvC60



────────────────────────────────────────────────
                               /|     /|
                             /  .|___/  |
                             /ilil ,   、  \_/   _/\/\/\/|_
                            |  ´   `ヽ. l |    \          /
                            |   厂\   J |    < ぎゃああっ! >
               `''+i..,,,          \_ゝ _ノ┓__∠    /          \
                  \゙゙'!、、      /::::::::|スフ´:::::::::::::\    ̄|/\/\/\/ ̄
                    \ .`''ー ,,_  /:::::l::::|: : i:::::::::::l::::::::::|
                      \,  .iニ''!"::::::|::::|〉〈|:::::::::/::::::::::|
                       \  `'-、:::::::|::::|: : |:::::::/::::::::::/'
                         \.  `''ー ,,、 |:::::/⌒ヽ/
                          〈\     .`゙'''― _____
                             \         _,,, -''!゙゙″
────────────────────────────────────────────────

                       ┌─┐[][] /〉.,┐◎
                         ̄/〈   // | |
                        く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7
                                 [][] 「| レ .レ
                                    ノノ O O



.

386 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:41:10 ID:Qx8XhvC60



      ∧       ∧
     /  ヽ___/  ヽ
   /::::::          \
  /::::::   ノ       ヽ ヽ
  |:::U  ○        ○ :::::|   あ……あぁ……
  |:::::::      / ̄ |  U..::::::!
  ヽ::::::..... U  ├--┤┓....:::ノ    ふ、フト……ミミ……さ……ん……逃げて……
   >:::            <










────────────────────────────────────────────────
                  ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
                  ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
         、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
         ;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
         '''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
           ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
         ._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
         ;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
         .、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
         ..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
         . ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
             ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
         ;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
────────────────────────────────────────────────
                            _ _  __ __
                           // / / /_//_/  ___
                           //  / /     /∠7 /
                              ̄    ̄      ∠ --ァ /
                                      ∠/



.

387 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:41:28 ID:Qx8XhvC60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /"u`ヽ ヽ  \
  //, '/ /- ヽ-ヽハ、ヽ
  レ!小l:::: ( ○)三(○)从|i|
    |:::⊂⊃(__人__)⊂⊃
    |::::::::::  `⌒´┓u|      ぼ、ボクの同胞……仲間たちが……
    \:::::       ,/
    ノ::::::::::u      \      「マネカタ」が生きていける世界が……
  /::::::::::::::::      u  \
 |::::::::::::: l  u
 ヽ:::::::  -一ー~、
  ヽ::::::::___,ノ










             , -、
               / /
           / /
           / / _
          / ム≧::::\ ト、ト、
         ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
       ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
      ヽル:::::|:::|::乂ヽノ/ヽ|::|:::::::::ト、|
        /ヽ:|:::(●) (●)|::|)::::::リ     ……どうした?
         / /.| :|i  _   |::|::::::|
       「 ミ´.|:::|:ゝ.     |::|::::::|      自分たちの世界を創るっていう、お前らの意志と力はそんなもんなのか?
     ミ ̄i,ィ_|:::|::::::ノ  /  |::|:::::::しi
     λ`.`ー-|i.l..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ }::::::<
      `ヾ__|.i..i|____ .ノ:::::::::}
.       .乂ヽ{"'.{::}、{/ .ノ /::::::::ノ
         λ.{ .{::} i   /ノルレ´



.

388 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:41:48 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ u \
//, '/ / ヽ   /_ハ、ヽ
レ!/(   (○) (○)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   お、お前たちは、何だってこんな真似をするんだ!?
 .|     |il!il!il|  |
  ヽ    |ェェェェ|┓/     ボクたちが、天使や神に何をしたというんだ!!
 /   ヽ     ノヽ










      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    馬鹿な事を聞くんじゃねえよ。
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::ハl    お前ら「マネカタ」は、何の為に「マガツヒ」を集めてたんだ?
   人λ::::(| |( ●):::.(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|      この「創世」を巡る戦いを制して、自分たちの世界を創る為だろうが。
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|



.

389 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:42:09 ID:Qx8XhvC60



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノ\ヽノ/ヘ|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ      なら、こうして他の「創世」を目指す者からの妨害を受けるだろう事も、
      .|::::|::|       .|::|::::|      考えられなかったとは言わせねえぞ。
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し     ……お前だって、最後にはアタシらを排除しようと準備してたんだろ?
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´









     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ
   レ!/(  u \,:::::,/、_ハ、ヽ
   |    (○)::(○) 从|i|
   ヽ    (__人__) /     くっ……
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ



.

390 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:42:30 ID:Qx8XhvC60



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\
  ヽ,リル::|::|ヽノ/ヽ.|::|::::::::::::::ト、l   安心しろ、お前が自分たちの世界を創ろうとしてたのも、
      .|::) (● )|::| )::::::::::リ     アタシらを排除しようとしてたのも、アタシは咎めねえよ。
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|      その代わり、「創世」の競争者として遠慮なく叩き潰させて貰うぜ。
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi    










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |     やんねえ香!!
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ     ま、待つッス!!
            \.|::|.      |::| /
            /           \
                       < ザッ!



.

391 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:43:02 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/   ……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ
                  < ザッ!










      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●)ノレ      ……ギャル夫か。
.     |:::::::|::| ,,  ─  リ:|
     .|:::::::|::|、     ノく|::|´     「アマラ経絡」の深部から、無事戻ってこれたんだな。
   、ノ:::::::|::| ヘ   い:::|::|



.

392 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:43:22 ID:Qx8XhvC60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃      ぜぇ……ぜぇ……あ、アタシも居るわよ!
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        ふ、二人とも走るの速過ぎ……人を置いてくなっての……
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
                                  < パタパタッ










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  | i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ    やんねえ香……これは……全部お前がやったんスか?
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ      何でこんな事を……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

393 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:43:45 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \      ギャル夫くん!ピクシー!
//, '/ / _::::::__ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|     き、キミらはこんな酷い事に加担はしないよな!?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .| U    `⌒´┓  |     キミはボクらに同情していてくれたし、
  ヽ         /       何より他の悪魔とは違って人間の心を持ってる筈だ!
 /   ヽ     ノヽ










         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\     フトミミ、今すぐに死にたくなけりゃお前は少し黙ってろ。
  ヽ,リル::|::|ヽノ/ヽ.|::|::::::::::::::ト、l
      .|::) ( ●)|::| )::::::::::リ       ……「予知能力」の無くなったお前じゃ、
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|       アタシにすら勝てないのは嫌ってほど解った筈だぜ?
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi



.

394 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:44:08 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/  /  \ ハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|  u  `⌒´┓ |
  ヽ        ./      ぐっ……
 /   ヽ     ノヽ










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|    やんねえ香、いったいどうしちまったんスか!?
    イ 从§  ( ●) (●) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |     「マガツヒ」が必要だからって、無力な「マネカタ」の人たちを殺すだなんて、
      /.    |::|` ⌒´ ||/      幾らなんでもやり過ぎッスよ!
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ      こんな弱い者虐めみたいな真似、お前らしくねえッス!



.

395 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:44:27 ID:Qx8XhvC60



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    ../:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`|::|:::::::::::l
    人λ::::(|::|ノナ弋:::/弋:|::|::::::ハ|   アタシらしくない、か。
.      |:::::::|::|( ー) (ー|::|ル゙
      .|:::::::|::|、,, r‐ァ ノ:|::|      ……確かに、今までのアタシなら
     、ノ::::::::|::| ヘ__.二_{:::::|::|      間違ってもこいつらを狙おうなんて思わなかったろうな。
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ   けど……










          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     ……それが今のアタシに必要な行為だったんだって、
      .|::::|::|       .|::|::::|      教えてくれたのはギャル夫、お前自身なんだぜ?
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´



.

396 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:44:47 ID:Qx8XhvC60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │ i|
  レ!小§ (●)  (●)U | イ   お、オレが!?
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ    オレは、そんなこと一言も……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ー) .(ー::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|      言葉なんかじゃないさ……お前の隣を見てみろよ。
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|



.

397 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:45:10 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────────────

                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                     ノ个               }::}ノ     「悪魔に……」
                      乂ハ     `       /|:/
                      从ヽ     -    /}ハ
                        ≧ト . _ . イ´
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__
     __,,.. .-‐ '''""~: :.    l__.{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j|___|: : : : : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,
    /: : : : : : : : : : : : : : :__,,.. .l  ヽ,___:::::::::::::::::::::::::::::::::ィ':|    l~""''' ‐- ...,,__: : : : : : : : : : : : ::ヽ、
     ‐、__,,.. .-‐ '''""~:.    l   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l    i : : : : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,__/
─────────────────────────────────────────



.

398 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:45:29 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────────────
                .       __  __
                      / \~`\`'r-、_
                .     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
                      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
                    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
                    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
                    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
                   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
                   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
                  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
                   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
                    ゝノ `丶、   、    イ, |         「天使……」
                         ヽ、 ー‐ /.:..l
                           ` ー, ´..:::  l
                             i::::::.   i、_
                           _/::  __    `‐-、_
                       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
                     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
                     i, /      ,      .::/  /   :i
                     /    ..、  ,':.    .:::::::i  /   .::.:l
                     i:........::::::::::;  ',::::.......:::::::::::::::i i  ..:::::/
                  r‐';"ヽ.::::::::::, '    '、::::::::::::::,/ ヽl  :::::::l
                  .i  ; ...〉`´      ` ´.:.:.:.:.:.:.:i.l   、, i
─────────────────────────────────────────



.

399 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:45:49 ID:Qx8XhvC60



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノヽヽノナ/:|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::| _ ____   |::|::::|       ……メタトロンは、お前を何者でも在ろうとしないと言った。
      .|::::|::レ゙ }     ノ|::|::::|
    ヽノ::/、 〈`i_____i´::::|::|::::し     正しく、お前は何者でない自分の立場を最大限に活用して、
     ヽ:,ハ ヽ Y`ー.、:ハへリ--ォ     時には悪魔、時には天使の力を借り、自らを蝕む堕天使の力すらも使って
     /::{ ヽ_ゾノ-‐゙ヽヘ \ヾ }      手段を選ばずに自分の望みを……先生を助けようとしてたんだ。
    .{:::{`¨´─'|  ヾヽヘ  》 Υ










             , _
          __≧::::\ ト、ト、
         ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
       ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      , ' :::::::l:::l´:::::::::::::::::::`l`l:::::::::::\
      ヽル:::::|:::|::乂ヽノ/ヽ|::|:::::::::ト、|   アタシは……そんなお前のなりふり構わない姿と
        ヽ:|:::(●) (●)|::|)::::::リ    できない夫の惨めに虐げられた姿を見て、
            | :|i  _   |::|::::::|     自分に足りないもの、必要なものが「覚悟」と「強さ」だと悟ったんだ。
            |:::|:ゝ.     |::|::::::|
            |:::|::::::ノ  /  |::|:::::::しi



.

400 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:46:09 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |  なっ!?
         ル从§ (○) (○) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   じゃ、じゃあ、これはオレがお前に影響を与えた結果だって言うんスか!?
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \    オレはただ、姉さんやお前たちを守りたかっただけで、そんな気なんか!










          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(ー) (ー)|::|):::リ    解ってるさ、お前がそんなつもりじゃ無かった事は。
      .|::::|::|       .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|     ……でもな、お前のそういう行動を見てアタシは確かにお前の「強さ」を感じた……
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´



.

401 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:46:36 ID:Qx8XhvC60



     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ \ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|      ……ギャル夫、アタシと一緒に来い。
     |::::::::|:::| ,,    リ|::|
     |::::::::|:::|    ̄く |::|      アタシの「ヨスガ」は、お前の様に強く生きる人間が世界を創る「コトワリ」なんだ。
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、    お前となら、二度と「創世」なんて起こさないで済む世界を創れる。
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ









        ト VVVVVVVVノ\
         \            \
           ヽ             \
         ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
           〃 ハ    |::|   ) |::| ∨   やんねえ香……お前に協力するの自体は構わねえッス。
           イ 从§   \   ノ  Y:i|   でも、その前にできない夫と姉さんを説得しよう。
          乂イ§ U ( ●) (●) |从 
             /     |::|(__人__)/     そうして、みんなで元の世界に戻せないかを考えようッス。
          /      》》    《ヽ
          | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ    お前たちが争わなきゃいけない理由なんて、ホントは何も無い筈なんスから。



.

402 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:46:56 ID:Qx8XhvC60



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノ ノヽ乂ヽヘ|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ    ギャル夫……もう、そんな段階はとっくに過ぎちまってるんだ。
      .|::::|::|       .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ  ⌒   ノ|::|::::|     ダディもできない夫も、そしてアタシも「コトワリ」を啓いた……
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´    後は、誰かが「創世」するしかこの騒動を終わらせる方法は無いんだよ。









  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │ i|   でも、それじゃ皆が争って……
  レ!小§ (●)  (●)U | イ    最悪、お前とできない夫と姉さんが殺しあう事になっちまうじゃないッスか!!
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     オレにとって姉さんは家族、お前たち二人は大事な友達なんスから、
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ     そんなの絶対に駄目ッスよ!!
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

403 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:47:15 ID:Qx8XhvC60



            , _
        __≧::::\ ト、ト、
       ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    , ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ヽル::::|::|::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::ト、|
      レ:|::|::ナヽノ 弋:::|::|)::::::リ     家族か……知ってるだろうが、アタシの家族はみんな死んだ。
         |:(ー) (ー )|::|::::::|
          |::|:ゝ.  _ ,, |::|::::::|      ラファエルが言うのには、例え「創世」が成って転生出来たとしても、
        ト、.|::|::::::``i   .|::|:::::::しi     同じ人間として生まれ変わらせることはかなり難しいらしい。
      .ヽ::り -─ハ|ハ::ハり,--- 、
      // .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ   だから、たぶん「創世」が成っても、もう二度と元の家族には会えないんだろう……










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   やんねえ香……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.

404 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:47:40 ID:Qx8XhvC60



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\   だったら……もう、こんな馬鹿げた騒動で悲しむのは、アタシたちで終わりにしよう。
  ヽ,リル::|::|ヽノヽ_ヽ|::|::::::::::::::ト、l
      .|::) (● )|::| )::::::::::リ     神様だって天使たちだって、本当はこんな悲しみ望んでる筈がねえよ。
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|     なら、アタシたちで二度と壊す必要の無い完全な世界を創る……
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi    それが、みんなの死を無駄にしない唯一の方法であり、アタシらの使命なんだ。










         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
    ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    だからギャル夫、もう一度言う。アタシと一緒に来い。
  ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
  ヽル:::::::|::|ノ\ヽノ/ヘ|::|:::::::ト、|  アタシと一緒に来てくれれば、お前の命を助けてやる事もできる。
    レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
     .|::::|::|  r--v,  .|::|::::|    それに、アタシはお前を絶対に裏切らないと約束する。
     .|::::|::|ゝ {_____} ノ|::|::::|    お前を見捨てて「創世」しようとした先生と違ってな。
   ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し   
   .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´



.

405 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:48:00 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \     !!
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   ち、違う!!姉さんはオレを見捨てたりなんかしてない!!
          〃 ハ  \,, ;、、、/   l  |
         ル从§ (○) (○) ヾ  |   現に病院では、寸前で思い直してオレを助けてくれたんスから!
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::| l++++l |::| /     それに、あれは「創世」に巻き込まない為の止むを得ない措置だったって……
            /   ` ⌒ ´  \










      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::ハl    一番大事な人間を、皆と一緒に殺すのが止むを得ない措置だったのか?
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|       新しい世界に転生させられても、元のままのお前じゃなくなるかもしれない……
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|       そんな可能性を受け入れられる程度だったのか?先生のお前へ想いは。



.

406 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:48:21 ID:Qx8XhvC60



      ト VVVVVVVVノ\
       \            \
         ヽ             \
       ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
        彡  〆 |::|  ) |::| 丶 ∨
       〃 ハ ノ└ \, 三_ノ  Y:i| ,∩__
      イ 从§ ( ●)三(●) |从fつuu    そんなワケないじゃないッスか!!
      乂イ§.  |::| (__人__)  |  .ゝ .|
         \  |::| ` ⌒´::| /._ .|   |    そんなんじゃないからこそ、寸前でオレを助けてくれたんスよ!
         / 》》     《  i    丿
        /(⌒)|::::::::|  |:::::::|/ ̄ ̄´      姉さんがオレを見捨てようとしてたなんてのは断じて違うッス!!
        / / 彡     ミ/











              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : u: :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ    ギャル夫、落ち着いてください!
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l     ……やんねえ香、アナタはこれからどうするつもりなのです?
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/      このフトミミを含めて、「マネカタ」たち全てを殺しつくすのですか?
          _  > 、  ー   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   



.

407 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:48:40 ID:Qx8XhvC60



     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ _ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|        ……いいや、そんなつもりはねえよ。
     |::::::::|:::| ,,    リ|::|
     |::::::::|:::|    ̄く |::|       これ以上抵抗しねえのなら、こっちも手出しする気はねえ。
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、     けど、このフトミミだけは話は別だ……
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ     アタシを助けてくれたオッサンを殺した張本人なんだからな。











   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ    _, ,丶_ u Y:i|
    イ 从§  ( ●) (●) |从   
    乂イ§   |::(__人__)| |     ……やんねえ香、前にも言ったとおりキル夫さんを手にかけたのは……
      /.    |::|` ⌒´|| /
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.

408 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:48:59 ID:Qx8XhvC60



      ,ィ ,イ/⌒Z__
      ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::fノ_ゝ::/_l::l:::::ハl
   ../::::::::::::|::|( ●) (●|::|ル゙     確かに、直接手にかけたのはお前なのかもしれない。
   人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|
     .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|      ……けどな、そうなると分かっててオッサンをお前に押し付けたのはコイツなんだぜ?
    、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|
    .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、    ここに来る途中で、他の「マネカタ」が「予知」について全部吐いたよ。
    /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (○) (○) ヾ  |    …………えっ?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /      じゃ、じゃあ……あの公園での事まで「予知」してて……
            /           \



.

409 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:49:21 ID:Qx8XhvC60



                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
             {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
              ノ个               }::}ノ
               乂ハ     `       /|:/     ……自分の命を狙うキル夫を始末する為に、
               从ヽ     -    /}ハ      アタシたちをまんまと利用したのね。
                 ≧ト . _ . イ´
                 _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 











  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ u \
//, '/ / ヽ   /_ハ、ヽ    ぼ、ボクはただ、キミたちに未来の可能性を教えなかっただけだ!
レ!/(   (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   サカハギが死んだのなら、それは奴の行動の結果であってボクの責任じゃあない!
 .|     |il!il!il|  |
  ヽ    |ェェェェ|┓/
 /   ヽ     ノヽ



.

410 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:49:40 ID:Qx8XhvC60



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::ハl
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´    それにコイツは、「創世」に参加して
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|      「マネカタ」たちが生きていく世界を創る気だったんだ。
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|      ……アタシたち4人の創世資格者を殺してな。










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄  !?
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    しかし、「マネカタ」では「創世」は……
    ゝノ `丶、   、   u イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l        
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



.

411 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:50:04 ID:Qx8XhvC60



     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ \ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|
     |::::::::|:::| ,,  t=ァリ|::|    ああ、だから創世資格者を全員殺すつもりだったんだよ。
     |::::::::|:::|    ̄く |::|
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|     ……この世界をずっと「ボルテクス」にしておくためにな。
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ











                    _
                       //⌒ヽ
          ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
        r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ
        〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /     
        {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /      そっか……次の世界に転生できないのなら、
         〈_ u ´i:.ノ// /         /      世界を転生させなければいいって考えたわけね。
          ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
          /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、     じゃあ、「マガツヒ」は何の為に?
       |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
        (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
          i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
         |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
        |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、
        メ、:.:.:/⌒ヾ、ヽ:.i    、,)



.

412 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:50:26 ID:Qx8XhvC60



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\
  ヽ,リル::|::|ヽノ/ヽ.|::|::::::::::::::ト、l  強力な悪魔を契約で使役する為さ。「守護」の代わりのな。
      .|::) ( ●)|::| )::::::::::リ
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|     そしてその強力な悪魔ってのは……ギャル夫、お前の事だったんだぜ?
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   お、オレをッスか!?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     また、何で……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.

413 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:50:46 ID:Qx8XhvC60



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノ\ヽ乂__,ヘ|::|:::::::ト、|    簡単だよ、お前が一番後腐れが無くて使いやすいからさ。
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::|       .|::|::::|     魔王に匹敵する力を持ってるのに、明日をも知れぬ命……
      .|::::|::|ゝ  ⌒   ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し     オマケに自分たちに同情的とくれば、
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´    使い捨てにするなら、こんな好条件は無いだろうよ。










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::|U│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    フトミミさん……じゃ、じゃあ、ホントにオレを使って、
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     姉さんや二人を殺そうとしてたっていうんスか……?
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

414 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:51:08 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \     そ、そういう可能性も検討していただけで、実行するかは分からなかった……
//, '/ / _::::::__ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|     ……やんねえ香、お前はボクがギャル夫くんに未来を教えなかったからこそ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    ダディに殺されずに済んだんじゃないか!ボクはむしろ恩人なんだぞ!?
 .| U    `⌒´┓ |
  ヽ         /     それをこんな形で返すなんて……
 /   ヽ     ノヽ










           , _
        __≧::::\ ト、ト、
       ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
      ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
    ヽル:::::::|::|ノ\ヽノ/ヘ|::|:::::::ト、|   
      レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     その通りだ。お前が小細工した結果、アタシはオッサンに助けられた。
       .|::::|::|         |::|::::|
       .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|      ……アタシを生き残らせた因果がお前に帰ってきたんだ。
     ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
.        {(゙とi ̄ ̄ ̄ ̄ 〉:::::::/     これは、「予知」で自分の都合のいい様に他人を操ろうとした
         ヽ「゙||_,,.. .-‐ヽ /:::::::::|      お前の行動の結果なんだよ……潔く受け入れるんだな。
       r==、/::/ /  〈:::::::::::|
       `7i.i.i∨{::} {   ∨:::::/
  ジャキッ >



.

415 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:51:33 ID:Qx8XhvC60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ
   レ!/( u /,:::::,\、_ハ、ヽ  。o(くっ……こ、コイツは本気だ!「人修羅」もアテにはならないし、
   |    (○)::(○) 从|i|    このままじゃ本当にボクまで殺されて「マネカタ」は全滅してしまう!
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ       どうしたら……そ、そうだ!)










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/  \   /ハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   ……おい!お前の創る世界は強者の為の世界だと言ったな!?
 .|  u  `⌒´   |
  ヽ        ./      なら……ボクがギャル夫くんに勝ったらどうなる!?
 /   ヽ     ノヽ



.

416 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:51:51 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆u  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/   フトミミさん!?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ    ギャル夫くんの強さが生き残る資格になるのなら、
   レ!/( u \,:::::,/、_ハ、ヽ   その彼に勝つことができれば、ボクにも資格が有るって事だろう!?
   |    (●)::(●) 从|i|
   ヽ    (__人__) /      そうなれば、ボクをこの場では殺す理由はなくなる……どうなんだ!
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ



.

417 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:52:12 ID:Qx8XhvC60



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::ハl
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´    ……ギャル夫、お前はこんな奴を助ける為に来たのか?
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|      コイツをはじめ、「マネカタ」どもはお前たちを騙した事を少しも悪びれていないし、
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|      今も助けに来たお前の命を交渉の材料にしようとしている。










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ  ……
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.

418 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:52:33 ID:Qx8XhvC60



      ,ィ ,イ/⌒Z__
      ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::fノ_ゝ::/_l::l:::::ハl   フトミミ、アタシは今からお前らの掘り起こした「マガツヒ」を使って「守護」を降ろす。
   ../::::::::::::|::|( ●) (●|::|ル゙
   人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|     ……もしも、その間にギャル夫倒す事ができたならお前の主張を認めてやるよ。
     .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|     お前にも、残った「マネカタ」にも、二度と手出ししねえ。
    、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|
    .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、   ただし、それができなかった時は地の果てまででも追ってお前を殺す。
    /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ









  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │ i|
  レ!小§ (○)  (○)U | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ    や、やんねえ香!?
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

419 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:52:57 ID:Qx8XhvC60



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\     ギャル夫、こいつらに同情して殺されるはお前の自由だ。
  ヽ,リル::|::|ヽノ/ヽ.|::|::::::::::::::ト、l
      .|::) ( ●)|::| )::::::::::リ       ……だけど、アタシは確信している。
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|       お前が、アタシと同じ側の人間だってな。
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi
                 < ダッ!










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
     ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
    彡  〆 u |::|  ) |::| 丶∨
     〃 ハ   \ , , / Y:i|
    イ 从§ ( ●) ( ●)|从
    乂イ§  |::(__人__)::|ノ    やんねえ香!待つッ……
     / ⌒ヽ ` ⌒´ /



.

420 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:53:19 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────────────
  |\     /\     / |   //  /         _,..、ノ >
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ////―~' ̄ヽ   〉―'´
\                     //ー' ̄~ ∫ \
∠    マハジオンガ!       >    / n ,  { ||
/_                 _ \    | レ'丿"'     _/\/\/\/|_
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄    }  ト"       \          /
  //   |/     \/     \|二ヽ    {  ト,       <  おわっ!?  >
                 ー.,、_  "-  } n ∨       /          \
                     "\|\ノ U / ||      ̄|/\/\/\/ ̄
                  |l    \|i_   {                    ノVVⅥ
                       |/レ'i 。 \_,.                /、 , /
                      |/|i | i /\`ー、  l l           ○ ○)イ§
                ミ''"'',,   |    l     / \             (人__)u§
                彡  |i | |     И  /| \ ヽ           (つ  につ
               r- n\儿八ノ     |从/ i| / 彡 ミ    彡   / /ゝ 〉
           |l   r'` \ノ           i|レ'  iレ/  / /          (__/  (___/
               》 ⌒ヽ         И  イ// /     彡 /// ///
               / \ノ           /(//      / i  ’ ,  ゚//
                  \              / /    \、ノし'/
                 \ノ\           /       '⌒ヽて  ピョンッ!!
───────────────────────────────────────────



.

421 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:53:40 ID:Qx8XhvC60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ    ……このままでは、彼女は確実にボクを殺すだろう。
   レ!/( u \,:::::,/、_ハ、ヽ   今の彼女はそれを実行する覚悟と強さを持っている。
   |    (●)::(●) 从|i|
   ヽ    (__人__) /     大勢の同胞が殺され、ボクまで死んでしまっては
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ     我々が生き残れる世界を創る可能性すらなくなってしまう……










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/  \ i||i /ハ 、ヽ    この場やり過ごして時間を稼げれば……「予知能力」も戻るかもしれない!
レ!小l (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    「予知」さえできれば、アイツらを出し抜く方法なんて幾らでも考えられるんだ……
 .|  u  `⌒´   |
  ヽ        ./       だから、ボクは同胞たちの未来の為にも、こんな所で死ぬわけにはいかないんだよ!
 /   ヽ     ノヽ



.

422 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:54:04 ID:Qx8XhvC60



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|    
    イ 从§  ( ●) (●) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |      ふ、フトミミさん……アンタ……
      /.    |::|` ⌒´ ||/
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
            {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
          ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`  
             ノ个               }::}ノ     ……フトミミ、ちょっと待って。アナタに聞きたい事があるわ。
              乂ハ     `      /|:/
              从ヽ     -    /}ハ       ただし、これはアナタの在り方に関わる質問よ。
                ≧ト . _ . イ´         だから……よく考えて答えてちょうだい。
                _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __ 
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 



.

423 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:54:27 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / _::::::__ハ、ヽ
レ!/( u (●) (●)从|i|      
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |        ……?
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 









                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
       〈_  ´i:.ノ// /         /       フトミミ……アナタは、
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /       誰からも好かれる優しい存在になりたかったんじゃなかったの?
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ    そのアナタがキル夫を切り捨て、ギャル夫を利用して……
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ    殺人鬼だったアナタが変わりたいと願った善良なアナタは、
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \               そんな風に手段を選ばない人間だったの?



.

424 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:54:51 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ u \
//, '/ / ヽ   /_ハ、ヽ    他人を利用してるのはキミたちだって同じだろう!!
レ!/(   (○) (○)从|i|    自分の仲間を……自分の大事なモノを守る事を優先して何がいけない!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|     |il!il!il|  |     それにボクは、「やらないのか夫」本人じゃないんだ!
  ヽ    |ェェェェ|┓/      サカハギの奴のお門違いの恨みになんて付き合ってられるか!!
 /   ヽ     ノヽ










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                     ノ个               }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/
                      从ヽ    -    /}ハ
                        ≧ト . _ . イ´       そう……それがアナタの答えなのね……
                        _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 



.

425 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:55:19 ID:Qx8XhvC60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ    
   レ!/( u  \,:::::,/、_ハ、ヽ
   |    (●)::(●) 从|i|   さっきから何だっていうんだ!
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ      言いたい事があるならハッキリ言え!









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      ……フトミミ、あなたの「予知能力」は二度と戻らない。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        何故なら、あれは「予知」なんかじゃなく、
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           ただの「記憶の再生」だったんだから。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ



.

426 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:55:43 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (○) (○)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    ……えっ?
 .|      `⌒´ u |
  ヽ         /     
 /   ヽ     ノヽ










              ..::´/⌒:::、ミー、
          ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
           /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
          /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
          7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
          {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
        ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
          |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`    理解できない?アナタが「予知」だと思い込んでいたモノはね、
           ノ个               }::}ノ    アナタが「黄泉の国」で見せられたギャル夫の記憶なの。
            乂ハ     `      /|:/
            从ヽ     -    /}ハ      そして、アタシたちはさっき過去の「黄泉の国」から帰ってきた……
              ≧ト . _ . イ´
              _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __     つまり、アナタに与えられた選択の時間は終わったのよ。
          ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,,   フトミミ……いいえ、「やらないのか夫」。
          /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     '
         ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
    __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- .



.

427 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:56:09 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /  \ヽハ 、ヽ     …………「やらないのか夫」?
レ!小l (○) (○)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃     ぴ、ピクシー、キミはいったい何を言って……
 .|  u  `⌒´   |
  ヽ        ./      「マネカタ」であるボクが「黄泉の国」になど行っている筈が無いし、
 /   ヽ     ノヽ      第一、4人の創世者以外の人間は「ボルテクス」では生きられない筈……










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´     ええ、人間のままだったらね。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        でもね、アナタはスサノオの手によって
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          「人間」から「マネカタ」に転生させらてこの地に立った。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \      ……魂を保持したまま。
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.

428 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:56:30 ID:Qx8XhvC60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /  / "  ヽ \
   //, '  /" `ヽ ヽ  ヽ
   レ!/( u  \,:::::,/、_ハ、ヽ
   |    (○)::(○) 从|i|     !!
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ










           ..::´/⌒::、ミー、
       ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
        /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
       /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
       7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
       {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
     ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
       |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノリ::`   本当は、この事は誰にも言うつもりは無かった……
        ノ个               }::}ノ
         乂ハ     `      /|:/     でも、「予知能力」が戻ってくる望みがある内は、
         从ヽ    -    /从      アナタはギャル夫やアタシたちを利用して殺そうとする。
           ≧ト . _ . イ´
           _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __      ……言わせたのはアナタよ
       ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
       /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
      ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
 __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__



.

429 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:56:49 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     ……ひょっとしたらとは思っていましたが、やはり二人には魂が。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i    
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     前に、私が二人に感じた違和感の正体も魂の有無だったのですね。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\          どうりで生前の記憶や「マネカタ」とは思えない力や魔力を……
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i
    /     / i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゞ、:::::::_ソ










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ u \
//, '/ / ヽ   /_ハ、ヽ    う、嘘だ!デタラメだ!
レ!/(   (○) (○)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   人間が「マネカタ」に変えられて転生しただって!?
 .|     |il!il!il|  |     そんな事、いったい何の為にするっていうんだ!
  ヽ    |ェェェェ|┓/
 /   ヽ     ノヽ     それに、悪魔にそんな芸当ができるものか!バカバカしい!!



.

430 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:57:12 ID:Qx8XhvC60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、     ……「後生の土鈴」。
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧l.ィ_! ̄    イザナミとスサノオが統べる「黄泉の国」の至宝で、
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      魂を現世に転生させる事ができる神器だと聞いた事があります。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //         ピクシー、察するにスサノオはそれを使ったのではないですか?
           fニt:::i::::t^:、











                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
       〈_  ´i:.ノ// /         /       
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、      ええ……「揺らぎ」を起こさない為、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ     つじつまが合う様に鈴を使って処理したの。
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ     アナタが「黄泉の国」での事を憶えてないのもその為よ。
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.

431 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:57:37 ID:Qx8XhvC60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ     なっ!!じゃ、じゃあ、ボクは本当にやらないのか夫本人なのか……?
レ!/(   (○) (○)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    なら、サカハギの……キル夫の憎悪と殺意は……何も間違っていなかった……?
 .| U    `⌒´  |
  ヽ         /      そ、それをボクは……人々を導く善人に生まれ変わった筈なのに、こんなの……
 /   ヽ     ノヽ










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _,   ,_\ l  |   フトミミさん……やんねえ香はオレが説得するッス。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   だから、アンタは早く生き残った人たちを連れて、この場を離れ……
            \.|::| ` ⌒´ |::|/
            /           \



.

432 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:58:00 ID:Qx8XhvC60



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 / /" `ヽ ヽ  \    ふ……ははっ……はははっ……
 //, '/ _  _ヽハ 、ヽ
 レ!小l :::::::::::::::::::::)从|i    どこまで行っても、畜生は畜生という訳か……
  .|   (__人__)  |
  .|     `ー´    |     ……なら……!!
   ヽ         /
   /ヽ       ノ\










              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l     !!
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l U           /ヽヘ/l/       ギャル夫!フトミミから離れて!!
          _  > 、  ―   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   



.

433 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:58:27 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────
.                      / ⌒ヽ   /   .        ,イ ,イ
                       / ― 、. ,'   .     ,.イ  ,, レ .レ
         , ―― - 、    /._    /        | |/ .!
        / r==ィ    >'"´ ̄ ̄ヽ /    .    / ,/! |
         |( ̄´ _    /          ト/    .      レ'.| | .| |
        し兀八_ト--/ , ⌒ヽ,    レ  l_        | | .|/
               しイ    ' .   |   / .       |/       ,イ,イ ,イ
                 |       ':, /  >             レレ //
                |      V   \               /'
──────────────────────────────────
               _/\/\/\/|_
               \          /
               <   !?     >
               /          \
                 ̄|/\/\/\/ ̄



.

434 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:58:49 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────────────
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<        \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
     。  \ 从O从从/   ∧∧//∧∧ / //。 ○ <<       >                 <
   。  \ 从O从从/    <´ ____ `> 从O从从           >   マハジオンガ!!   <
 ○  从\从O           /VVVVVVVⅥ                 >                 <
 。  \ 从O从从/      /        /  从O从从          /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
                 r'´        > >          
       从O从从 </ / ̄ ̄ ̄ ̄\\ `>    /。 ○ 
    ○       <´/ ;/  , '⌒ l.r‐-、. ヽ\ `> 从O从从       |\     /\      / |   //  /
 。  \      <´ |;;/  (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;|`>            _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
      从O从从 <´|;(   ー-'  `ー-'   ノ;;| `>          ̄ \                     /
           <´ \;;;;ー┐ (_八_)┌-‐';;/  `> 从O从从  ○ ∠  ぎゃーーーーーーーッス!!  >
   。  \    <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>       /  /_                 _ \
  ○  从O从从<´ /;;;-======| |=====-;;;;;;;\`> 从O从从      / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          <´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>          //   |/     \/     \|
    。  \   <´  |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>
    从O从从  <   | / ̄三__三 ̄\ | `>从O从从   ○
           <´  \\//\;;\// `>        /
            <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>
  ○  从\从O从从/从└‐ '´      `-┘从O从从/从 ○ <<
     O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。
──────────────────────────────────────────────
                      _ _         _ _        _ _       _ _
                     |: ||: |        |: ||: |:      :|: ||: |:     :|: ||: |
                |:\  _|:_||:_|   |:\  _|:_||:_| ..|:\  _|:_||:_|..|:\  _|:_||:_|
                |:: | | ::|       |:: | | ::|     |:: | | ::|    |:: | | ::|
                /:  | | ::|    ./:  | | ::|     /:  | | ::|  ゙/:  | | ::|
               《:__| |_j     《:__| |_j   《:__| |_j  《:__| |_j



.

435 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:59:07 ID:Qx8XhvC60



         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘi:i. \‐、.:.:.:./.:,/:./.:./.:. ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/     ギャル夫!!
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ /::::_ :::::_ハ、ヽ
   レ!/(:::::::(○)::(○)从|i|
    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  ……ボクが救いようが無い外道であっても……「やらないのか夫」であってたとしても!
    .|      `⌒´  |
     ヽ         /    今は「マネカタ」たちのリーダーである事に変わりはないんだ!
    /   ヽ     ノヽ



.

436 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:59:32 ID:Qx8XhvC60



      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          ……それに、ボクに魂が在るのなら「創世」も可能かもしれない!
    / /" `ヽ ヽ  \        なら、尚更ここで死ぬわけにはいかないんだ!
    //, '/ /\ i||i /ハ、ヽ
    レ!/(   (●) (●)从|i|        だから……ギャル夫くん!ボクら「マネカタ」の未来の為に死んでくれ!
      |   ゚~(__人__)~゚ |
      | u . |il!il!il|   |         ジオダイ……
       ヽ.   |ェェェェ|   /  ,;:''"゙゙'':.,
.      /´ ⌒` ̄ ̄,  ̄ ̄γ::    :;
      |       _゙___、ゝ:、,. ..,::'
      |  イ´ ̄      ト、__ノ  < ヴンッ!
.     |           |










───────────────────────────────────
                         r ,;:''"゙゙'':.,
                  .     「||/ }  :;
                      /|, |.' /   :;
                      /   /   :;
                      i    レ フ.,::'   ……風よ、羽ばたき切り裂け!
                      '     /
                    /   _ . '
                  /   /   
───────────────────────────────────
                     {ー―一ヽ
                   `  ̄ / /        _
                       /メ 、 ゞ ヾ )}
                     /  \〉  _ ノ '



.

437 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 20:59:52 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────────────
                      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     _/\/\/\/|_
                    / /" `ヽ ヽ  \    \          /
                    //, '/ // i||i\ ハ、ヽ   <   !!!   >
                    レ!/(   (○) (○)从|i|   /          \
                     |   ゚~(__人__)~゚ |     ̄|/\/\/\/ ̄
                     |    |il!il!il|   |
                     ヽ     |ェェェェ|  /
   __―― ̄ ̄__ .  .    /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  _―― ̄ ̄___
                     |  ,___゙_|// ;..⊃                   `、\N\
──────────────|         、_,ノ(__──────────────→    >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      /Y^\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /7/
        ― ̄ ̄___ ̄ . |          |   ___―― ̄            //
─────────────────────────────────────────
                         _   _
                          |:: |   |: |
                          |:: |_ |:_| _
                          |:: _:|  | :|
                          |:: | ̄  :|_:|
                          |:: | __
                         ̄ |:__|
                           |:__| |:: ̄|
                            ___|::  |
                            |::____| _
                                   |_ ゙:|
                                  _| ::|_
                                     |::___|










─────────────────────────────────────────────
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:           ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__              ∨:::ト∧|      , '     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /::::::::ヽ_ァ‐- '   < ……言い忘れたけどね。                      |
               /      ヽ!::::::::::::::::::{       |                                 |
            ,        ヽ::::::::::::::::::::\_    | アタシ、キル夫から預かってたモノが在るの……  .|
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \   \                                /
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
─────────────────────────────────────────────



.

438 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:00:15 ID:Qx8XhvC60



             ―― ュ、
            .   ――ミ、
     :-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、;   彡'
   ;/ /"u`ヽ ヽ  \;
  ://, '/ /- ヽ-ヽハ、ヽ:
  ;レ!小l:::: (○ )三(○ )从|;  
    :|:::⊂⊃(__人__)⊂⊃:
    ;|::::::::::  `⌒´┓u|;     がっ……なっ……
    :\:::::       ,/:
    ;ノ::::::::::u      \;
   :/::::::::::::::::   ;♯;::u |:
  ;∥      .  l;:;!   |;
                < クルッ










─────────────────────────────────────────────
                      ..::´/⌒::、ミー、
                  ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\                 ∧
                   /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ         l   ぴ、ピクシー……だと……?   |
                  7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}        ヽ、______________, ′
                  {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                  |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                   ノ个              }::}ノ
                    乂ハ     `      /|:/
                    从ヽ     -   /从     ……その魔力はキル夫からの届け物。
                      ≧ト . _ . イ´
                      _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __    「フトミミ」では無く、「やらないのか夫」としてのアナタへのね。
                  ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,    
                  /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                 ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ/⌒ヽl
            __,,... .-.l  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__,ィ´ ∨""''' ‐- ...,,__
   __,,.. .-‐ '''""~: :.    l__.{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/匸_\: : : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,
  /: : : : : : : : : : : : : : :__,,.. .l  ヽ,___::::::::::::::::::::::::::::::/ / _ 〈"''' ‐- ...,,__: : : : : : : : : : : : ::ヽ、
   ‐、__,,.. .-‐ '''""~:.    l   |.        __,.ィ´ (__//  ノ: : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,__/
  /: : : : : : : : : : : : : .    l  i::::::::::::::::::::::(__,ノ--<./ / ): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
 ./´: : : : : : : : : : : : : : :__,,.. .j  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ‘ー(__/"''' ‐- ...,,__: : : : : : : : : : : : : .:ヽ
─────────────────────────────────────────────



.

439 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:00:37 ID:Qx8XhvC60



    ;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、;
  :/ /" `ヽ ヽ  \:
 ://, '/ /  /i|iヽハ、ヽ;
 ;レ!小l:::::::U (○)(○)):    あ……あぁ……
  .:|::::::u:::   (__人__);
  .;|:::::::::::::   `⌒┓|:    そ、そうだった、サカハギの「マガツヒ」を取り込んで……
  :ヽ::::u::::::: メ   /;
  ;/::ヽ:::::::::::    ノ:      まさか、お、お前なんかに……
  :/::::       く;










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´   勘違いしないで。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '    ……アナタを殺すのはアタシじゃない。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{        アナタには善良で誰も裏切らない「フトミミ」として生きる道も在った。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \   なのに、それを放棄して因果が返るのを選んだのはアナタ自身よ。
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

440 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:01:05 ID:Qx8XhvC60



─────────────────────────────────────────
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `                                ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`  |  ぼ、ボクは……みんなを……がはっ! |   ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ             \                        /
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,         ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
─────────────────────────────────────────
                 ┌┐  ┌┐
                 ||  |├┐
                 ||  └┤|
                 |└――┼┘  ┌─―┐
                 |┌――┘    | □ |
                 ||          |┌┐│
                 └┘          └┘││  ┌――――┐
                                   ||  └――┬┐|
                                   └┘        |├┘
                                       ┌┘|
                                       └―┘



.

441 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:01:24 ID:Qx8XhvC60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./       ……ギャル夫、立てますか?
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ       さ、私の肩に捕まってください。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::| ;:; ) |::| \ ヽ 
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::|U│i|
  レ!小§ (>)  (●)  | イ   
   レ § |::|(__人__)|:| ;;:|ノ
    /⌒゜;:;  ー‐   ィヽ     痛つ……い、いや、何とか大丈夫ッス。
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |
                 < ムクッ



.

442 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:01:43 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨    ……それよりも、ピクシー。
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ●) (●) |从   フトミミさんがやらないのか夫そのものだったのなら、
               /     |::|(__人__)/     キル夫さんも……
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
             {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
              ノ个               }::}ノ    うん……黙っててゴメン。
               乂ハ     `       /|:/
               从ヽ     -    /从       スサノオが「揺らぎ」を起こさないように事態を見通した上で
                 ≧ト . _ . イ´        キル夫とやらないのか夫を直接「マネカタ」に転生させてたの。
                 _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,   「黄泉の国」から出る直前に、アタシにだけ教えてくれたんだ。
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.

443 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:02:04 ID:Qx8XhvC60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ 
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ   いや……謝ることはないッスよ。
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    スサノオさんもピクシーも、オレのこと気遣って黙っててくれたんだろうから。
    /⌒゜   ー‐   ィヽ  
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ    むしろ、間一髪のところを助けてくれてありがとうッス……
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \     ……でも、自分の成りたかった自分に生まれ変われた筈なのに、
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ   最後は自分自身でそれを裏切っちまう結果になって……
          〃 ハ  _,  ,丶_\ l  |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |    けれど、「マネカタ」の仲間だけは最期まで守ろうとして……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::| ` ⌒´ |::|/     上手くは言えねえけど……こんな結末、哀し過ぎるッスよ。
            /           \



.

444 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:02:27 ID:Qx8XhvC60



                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
       〈_  ´i:.ノ// /         /
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /        ……憎くはないの?やらないのか夫が。
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ    コイツがその気だったら、
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }    キル夫だって死なずに済んだかもしれないのに……
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \









  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ    確かにキル夫さんの件は、許せるような話じゃないッス。
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ    けれど、この人が形振り構わずとも自分の大事な仲間を守りたかった想いは、
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ     オレが姉さんたちを助けたい気持ちと何が違うっていうんスか?
    /⌒゜   ー‐   ィヽ  
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.

445 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:02:49 ID:Qx8XhvC60



       ト VVVVVVVVノ\
        \            \
          ヽ             \
        ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ     それに、オレだって結局はキル夫さんを見捨てたんス。
          〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
          イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   それどころか、あの人を殺したのは誰でもないオレなんだ……
         乂イ§   ( ●) (●) |从
            /     |::|(__人__)/      オレには……この人を責める資格なんて無いッスよ……
         /      》》    《ヽ
         | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ..
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      ん……けっしてイイ奴じゃなかったしさ、同情もできないけど、
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '       最期まで「マネカタ」のリーダーである事だけは止めなかった。
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_      ……コイツはコイツなりに、仲間を助ける
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \     善良な「フトミミ」で在ろうとしてたのかもしれないわね。
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.

446 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:03:16 ID:Qx8XhvC60



     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ
     |       /\.   |
     | U  /  ̄ヽ  |    はぁ……はぁ……フトミミさん!!
     \           /
     /         \
                < ザッ!










                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
       〈_  u´i:.ノ// /         /       ドクオ!?
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、      アナタ、まだ動いちゃ……
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.

447 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:03:36 ID:Qx8XhvC60



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/     \ヽハ 、ヽ
 レ!小l::::::: ::::::::::::::::::::::))
  .|::::::::::::   (__人__)
  .|:::::::::::::  ┏`⌒|||
  ヽ::::::::::::::: メ   /    ……
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く










         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      !!
         /   /   \   丶
        │     /\     .|    そ、そんな……フトミミさんが……
        |    / ̄ ̄\  U |
         \            /     まさか……あ、アナタたちが殺したのか!?
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_



.

448 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:03:56 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ……
            \.|::|.     |::| /
            /           \










    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶   アナタたちが……な、なんてことだ……
   │:::::::::  /\     .|
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\  U |   信じていたのに……他の悪魔とは違うと信じていたのに!!
    \:::::::::        /



.

449 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:04:20 ID:Qx8XhvC60



     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |::::::::: /    \ ヽ        ……我等の屍の上に世界を創ろうとする悪鬼羅刹どもめ!!
     |:::::::::::   /\.   |
     |:::::::::::::/  ̄ヽ  |        貴様ら、神も天使も悪魔も、全て呪われるがいい!!
     \::::::::::       /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ    我等の生在る限り……いや、例え滅しても貴様らへの呪詛を吐き続けてやる!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |










                    ..::´/⌒::、ミー、
                ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                 /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
              ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノリ::`
                 ノ个               }::}ノ    なに言ってんのよ!!
                  乂ハ     `      /|:/
                  从ヽ   マ二)   /从     元はといえば、アンタたちの親玉がアタシたちを……
                    ≧ト . _ . イ´
                    _. ィ'::::::::::::::ヽ、_  __
                ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
               ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
          __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.

450 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:04:41 ID:Qx8XhvC60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ 
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|    ……ピクシー、止そう。
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    オレたちのせいで死んだ事には変わりないんだし、今はやんねえ香を追わんと……
    /⌒゜   ー‐   ィヽ  
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










     ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /::::::: /   \   丶     逃げるのか!
    │::::::::   /\     .|
    |:::::::::: / ̄ ̄\    |     お前らがやっているのは人助けでも世界を創る事なんかでもない!ただの人殺しだ!
     \:::::          /
    , -‐ (_).ヽ      ィヽ      この……
     l_j_j_j と)         i
      ̄`ヽ        | l



.

451 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:05:01 ID:Qx8XhvC60



───────────────────────────────────
                   NNNNNNN\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   \ゝゝゝゝゝゝヽ\  |   …………     |
                    < ゝゝゝゝヽヽ`ヽ、\            /
                   ノレルノノレルノノレルノノレレ    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
                  〃レノ〃レノ〃レノ〃レノ〃
                  レノノレノノレノノレノノレノノレノノ
                   レレレレレレレレレ
                  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                )                  >
               <  人殺しの悪魔め!!!  >
                <                 (
                /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
───────────────────────────────────



         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.

452 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:05:22 ID:Qx8XhvC60



ミフナシロ・最奥




─────────────────────────────────────────────
│ .l  'i   |  !    、.‐、  ,./ ゙i  .,i'1  .|  l .|  !   1.l .、.,     ;  i′ i'   .|    .!  j  , /  /
.l゙ .i,!  .!  .|.l'   、 .,! :! ./   | |  l .!  ! ,!"  ,,-、.   !" l !   l   !  l  l   .l   、 |  l  .| l  /
.! l}  .!  | !   l /   /   ! ,! 、 "   |、..-"  .`'--''ー" !|  .l゙   !  .「  l゙, ...|   | .!   !  ! ."  !
  |,!     |   / l / ー゙.-..,_ , '、,,し‐''冖'''''"三三三三三三 |.ll  !   .,!    ."l  .〉  | .| 「 .!,," .iト
  ″  .,     ,! .]三三三三三三三三三三三三三三三三 !."! l .!  ,!  !  |,/│ .|  ゙  l ,! .l l  i
 ri    |     ″ '|三三三三三三三三三三三三三三三三,ゝ|!  ゙ .; .!.、 l   │ l゙  ,!:!   ",! .l ." .!
 .l! l.  .l, .,!  、 .r、、三三三三三三三三三三三三三三三/ .!  ., .} |│ l   l゙ l  ".!  l .、.!  !、 .l !
 .|  .l  ,! .l゙.! .,!  !  .゙l、三三三三三三三三三三三三三三!、 !  .!  | .! .l .!    │    l .| !.ゝ .!l゙.,.〉 ′
. i ′│  ! ."" .,! .!   .ヽ、三三三三三三三三三三三三三 l . l }  !  .ゝ,!    ! /   .! ! !  .ネ !   |
 !  !  !  ` ヽ ~|  .  | 、三三三三三三三三三三三三三 l  ! ! l.゙   )、   .! .|.  1l゙  !  .,リ  j !
 ! ! |  ゛    .゙l. 」 .|  .l;;i.l、三三三三三三三三三三三三 /゙l ネ .;;.! i   .}i、  .! .,!|  ,!  l │l  .| !
.'i. .".!'、   │ .|゙!|  |  .!  `-.三三三三三三三三三三三│.l  l、 |.| .l   .l!l i   !1 /  、  !  !, l゙‐ !
 l,  .l l 、  |  ! . l l., 、  l   ミ'-.三三三三三三三三三] |   ヽ ./l   .ヽ|.l   !; .!  .|  !   | │
  .!  " ゙'│ "  ! .| ."l  !  l 、 | 、 \三三三三三三三l.!.! ! 、 .゙t、′    .! .!  .!"| .|; " ! 、  !  |i
  .!    |.l     |  .!、 .! .! .| .ゝ ! .l .l 、 ヽ三三三三三l.,.l′.l .! .; ゙゙゙.l、`'ー..__   !  !.゙"   " .l.i   ,!|
 │  i ゛|  !  .|_  .!ヽ゛ ‘ .|.! │ ` 〉 .!  !三三三三三 l │.1 .".! .|  .l i  | ,ヽ、 !    :! .、  ".l  ./ l 、
  .! .,  .!    |.!   l  l.゙li_._,, --,,,,゙,,.... -――┘三三三三三 ゙'''''"´゙'''―‐'''''ー|. !.、,!.l .、ヽ.|    ! .l     │. ′
l │.! .、  .l゙,! _,.__,.l._./   = ─二 ─ニ─―― ──二  = ─二二  !'゙‐'... l  &..,,,_、 .|   i  .!│
゛  .゛ ...l,, -¬" __  -   ニ     ――  __ ─二 ̄ ̄  __    ―   ̄ ̄`'-、l、 |  ゛ |
―--'"゛    ─  ̄ _   ___ ̄ ̄   二 ─   = ─二 ─ニ─‐  ̄_  __ ̄= ─二 ̄'、 .!''、.
三三三 二──  =  ̄ ̄_  ̄ ̄ ─二 ─ ̄ ̄ ──二─  = ─二 _  ̄ ─二 ─三三`'''-,`  .,,
三三三三―  __  ̄ ─二 ─ ̄    ―   ̄ ̄  = ─二 ─ニ─ = ─二 _   三三三三三三三
三三三三三三三 =  ̄ ̄_  ̄ ̄ ─二 ─二 ─ニ─__ ̄__ ̄= ─  ─二三三三三三三三三三三
─────────────────────────────────────────────



.

453 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:05:41 ID:Qx8XhvC60



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     コレが「マガツヒ」……
      .|::::|::|       .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|     こいつに「コトワリ」を念じて、呼びかければいいんだな?
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´










     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |    うむ。
    ヘ;:::::ヽ|.  ─  ノ
    .レヘ厂¨オ 下l      そうすれば、キミの「ヨスガ」に最も近い理念を持った者が
    r''"´ ̄/ト-イヽ`ヽ    「守護」として召還され、キミと一体化するだろう。
    {  } ヘ|  |/ .l l
    l  l  |  |  | |



.

454 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:06:03 ID:Qx8XhvC60



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\
  ヽ,リル::|::|ヽノ、__ヽ|::|::::::::::::::ト、l
      .|::) (● )|::| )::::::::::リ    一体化……それは、アタシの人格は消えちまうってことなのかい?
      .|( ⊃ , ,.|::|:::::::::::|
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi










     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\     そうではない。
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}   キミだった人格も残るし、「守護」として呼ばれた者の人格も残る。
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl   キミが主となった上で、お互いの人格が共存する形になるのだ。
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |
    ヘ;:::::ヽ|. ─  ノ     一体とは言ったが、キミに力を貸すために憑依すると考えた方がより近いやもしれん。
    .レヘ厂¨オ 下l        _mm
    r''"´ ̄/ト-イヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |つノ
    {  } ヘ|  |/├--───-L_」
    l  l  |  |  |



.

455 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:06:24 ID:Qx8XhvC60



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶   つまり、頭の中に「守護」に来た奴が居座る様なもんか。
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´    ……なら、ちょっとだけ安心したぜ。
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|      じゃあ、さっさと始めるか。
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|










────────────────────────────────
                      ,.-、   ,-、
                        }  }   ノ  }
                  f^ヽ {  {   '   '
                       {  } ',  ', } : :{
                     {  ', }   `'  : :{
                    {`ヽ  ',  `'     : : ',
               ヽ \}         : : : :ヽ
                   \          : : : : :`ー-―-、
                      }  ,         : : : : : : : : :__ノ
                . -'‐'´       . : : : : : : , ''´
              ... -‐''´           ヽ : : : : : , '´
       ... -‐'''´            . . : : : : ,r‐'´
.-― '''´                 . . . : : : : : : :/
                   . . : : : : : : : : : : /
           . : : : : : : : : : : : : : /
────────────────────────────────
                     ,イ   ,イ ,イ
                        //  ト, レ レ
                   //  l |
                   //   l l
                   /´   Y
      
                  ∥∥/7
                       //
                       /´



.

456 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:06:45 ID:Qx8XhvC60



       __ ャ─-:.、
     __>:::::::`≧:::::::\ .|ヽ
   ,.:<:::/::::/`:::::::::::::::::::::::ヘ{::::V
   ¨7::::/:::X´i:::::::::::::::::::::::::7::::/|,.イ
    ム/:::/ ヘ|:::::::::/l::::::/:::/::::::ノ
    ./:::/( ●)ヽ/─|:::/:::/::::::::ヘ
    {:::/|.  ,   ( ●)レ゙::λ:::::::iヽ}
    |:::|∧. γ)     /::::ムノ:;イ::}     アタシの「ヨスガ」に応じた「守護」よ……降りて来い!
    |:::|,,r' `r──r‐/:::/:::::/ レ'
    |:::|,ィクⅥ:Ⅳト、 |:::|ヽ:::(___,イ     そしてアタシの世界の「創世」を助けろ!!
    ト;|,r' ./:/ { ヽ.|:::| |:::::::::/
    |〈(   {::{.  { 〈 |:::| .|::::::〈










─────────────────────────────────
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
────────────────────────────────
                     l ̄/
                     l /   _
               | ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄/
               |___     / __ __
                    / / ̄l /  l ./ l. / l  /
                   /./  //.  l/ l/ l /
                   //  //         //
                  .`´   ´       l/



.

457 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:07:07 ID:Qx8XhvC60



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r   ,,,,,,
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ     :;;;;;;;;;;:
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~.         ;;;;;;;;,
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"    ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                          ::: : : :~へ: :
     y. : : : : : :):y'"~)                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒ :
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r.         ,;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;,                     :::::::::::::::::::::,:' :~ { :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"´:ノ:::::'"        ;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;. '';;;;;,                  :~''”~: ..、. . : : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.              ;;;;;:' ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ';;;;;                ⌒: : . . {,,... : : . :
: : : : : : : : : : : 、.              ,;;;;;, .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;:;;;,  :-、:: ,.'⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.             '':;,゙ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  '"  '": : : . . .: : :.:"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒                ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;  ,:~へ: :ノ ゙⌒: : . . {,... : : . :.. .⌒ :~':" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.~ '~                 ';;;;;;;;;.';;;;;;;' :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { :
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'                     ;;;;;;;;.;:;;;;;;; ,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)                  .:~'; :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . :  :
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ      ,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :



.

458 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:07:26 ID:Qx8XhvC60






──────────────────────────────────
{ニ´ ):::i | 人     `    .:.、i;ソ リ ,ハ
入ヽ ∨ }  トヽ        ::/   厶イ i .ヽ
  `¨´.ノ| │        ___    /  |
/i ハ.∧ !       ´ー′ ,.イ i  リ
  レ′ i i'个:..._        /!ハイ /     「やんねえ香……よくぞ、試練を乗り越え「コトワリ」を啓きました。
     .| }    >: . .   /  リ i /
     「 ̄`¨ニ=ー-: .,_/_¨´       '′     私は、アナタのその意志に敬意を表します」
     |        ハ }
     |         _/:ャイ‐r::.、
    ,.L.._      /:::::::i::::::}::::::ヽ < ザッ
──────────────────────────────────










     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::u::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ ⌒ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|
     |::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::|      ……天使の内の誰かが来るとは思っていた。
     |::::::::|:::|    ̄く |::|
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|      だけど、アンタ自身が来てくれるとは思わなかったぜ……
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ



.

460 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:09:10 ID:Qx8XhvC60



                   . -‐…  …‐-ミ
                         `
             /  , ≪二》《二≫  .   ヽ
                / ≫-―…―-≪ ≫   ゚。
          ′ /}/           \ 《\  \
          /   {,/         |   |  \》ハ   }
.         /   /  |        | l|  }    Y^ヽ八
        /     ′l }|        }八‐ハ, |   | |ハ
.       /    l|  } 八     !|jノx≠ミxΝ }| | f了|ト ゝ
.      /⌒7   | /j厶=ミ  八〃弋(ン^} ,八八_У|        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ノイ   И《弋(,ゾヽ/       , /  |{ ,八        |     ……メタトロン。     >
        |   /              ノィ{   八/         ゝ_____________,ノ
          ,  /   ヽ    、      八 イ/
       厶イ  ,/,ノへ、   -_一   イ/八
.        八  //            イ/}    / ー--― ァ ¬‐-ミ
            Ⅵ       T爪=彡'゚   /{{ {{/ |///|  /   ゚。
                    /ト、__}⌒ヽ  /  「o  |///|  {     ,
                      / x={:Y^ト.. /    ̄| :|f⌒Y 八    :}
                ,..::'":::::::廴::}:::::: \     | :l乂.人  \__ イ
                く:::::::::: /}::::::\::::: ノ   八 \「//ト、:____人
                 ト‐:く::/ |:::::::::::: ̄\    ヽ \{{_/≫==_}
                   く::::::::: ′|::::::::::::::::厂      ーr=≪//《}{》|
               / \:/   ー―一'          | {//厂 ̄ 「
                  {                    | レ′   |
               ヽ                  l| |     _|
                \               リ |__,  ´ |










      >-´ ̄` ‐-、
     /        `Y
    /:::::::::::::/{:::::∧:::::::::::ヽ:.
.   l::::::::::::ノ寸::ノナ弋:::::::::::|
    |:li::::ヽ●>  <●フi:::::::ノ
    .リヽ::::|   、    .|)::/    やはりキミが呼ばれたか。
      ヽト、_ ‐‐ _,.ィ':/
       リ:lハi .lハl:リ      力による救済という、やんねえ香の「ヨスガ」の理念に
       'イ.<ト-イ> オ      今もっとも近い考えを持っている天使はメタトロン、キミだろうからな。
        i. |  | .| |
       j|. |二| .| |
       j|. | | .| |二|



.

461 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:09:32 ID:Qx8XhvC60



              ,. -‐…━ …‐- .,
            __/         x -―― 、
           ⌒ア        /≪⌒|l__\____、
           '′       ∧ ̄//       \
           /       __,/L〕V/    ;     \
       /       /-- ミヽ/    /八 、    、
        ´       //_7 /⌒V ,   /}ノ ‐-}  '  ; `
     ;/ ⌒7    {{ア' {  'イ乢  { ≫恣ァ ;  /  八;
           ィ    く^\__ノ ;i|   |丶 Vソ j/}  |  }
        j/ |     ;\ー__彡イil| N       厶' }|
         |  , /^V7´ [_ 八V |      _ V; }
          ; /)'   {{  [_ \]|!   、 __ 爪{      神への信仰を軸にした千年王国……
         {      7、 [_  ※!      .イ | `     それは強く正しい信仰によって成り立つ世界。
               /   ̄ ̄∧ァ\,__ / |リ
                 〈    /「::}‐く⌒¨    ′      即ち、絶対の強者を頂くアナタの「ヨスガ」の行き着く先でもあります。
          ___/ノ\_/::::::广い:::\
       _,_,iV::::| |__   人:::::/::::}トミ:::::::〉          それを目指すというのなら、私は喜んで協力しましょう。
      /|:l:l:l:l:l:l:::| O]/:::::::V:::::/!::::\{\
     , } V^⌒Y::| 厂\_::::::::::/   \:::::::::ぃ〉、
   / / 八{___}八| |    \:{     }_/ー⌒\
    V  / r==ァ/::リ ;      ^`   ^´      \
    〉 //\//:::/ /                    ;
   厶ヘ-- 'んv' /                   ′
   V }_ノ/[\_,′                  /
    ; _彡 \] \                      /










     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ \ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|     メタトロン、アンタが太鼓判を押してくれるなら、こんなに心強い事はないぜ。
     |::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::|     
     |::::::::|:::|    ̄く |::|     強い者たちが世界を創り、最も強く正しい強者……「神」を頂点に置く「ヨスガ」の世界。
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─    アンタと力を合わせて実現してみせる!
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ 



.

462 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:10:06 ID:Qx8XhvC60



                    _  ‐ -  ,,_
                  x≦ ∧▽ へ、 \
                /  彡-‐  ̄ ‐- ≧ヾ\
               /, /У"       \ヘ  ヽ
              {//V  /         } }  i
                 /| {::|  ,ヘ  / /  ∧  | |  |
                ノィ| У /‐トレ´| ハy/斗\ヾ.| ゝ
    r::==≠ 、   |〈::〕 イ. ≠=x j/   x=≠| |::::从ノ      __,,.. .l.::>    やんねえ香、私も同じ想いです。
   {:::¦二二二 ニ=、_ j/ゞレ'lハ ゞツヾ   "ゞツ/ l|:ノリ之 ,,..xr‐=   ──ヾ::::}
  {:::l二二二二  \  ヽ、゙Y|从         从/,リ /   /  二二二二l::}  ……では我が力、アナタに授けましょう。
  ヽ:::l二二二ニ   ゝ .川三≧x   `´   x≦二二(   ノ   二二二:::/
      {::::l _  ̄   /三三三三 ≧x≦二二二二 >へ、_ ̄-‐l:::::}      神の御心に沿う為、いざ共に行くであります。
         ヾ-‐,<≧二=  -=ニ{|ニニ二二二二>'‐-...,, ミミ、 ̄
             /    ̄ ̄ ̄    《二二二二>'´     へ 川
        /            ヾニニ=-‐' ´         \
       〈          _,..-'''∧ ∧"'''- .._         〉
        \__ ,..-<":::::::::::/:::| |:::ヽ:::::::::〉 "'''- .__/
             \∨≦_/:::::\_/:::::| |:::::::\V::\_≧∨/
               ̄ / ̄ ̄>:::::::/::::::| |:::::i:::::::::::::::: ヽ  ̄
                !   ヾ::::,へ_::」 ゝへノ冖 ̄ ,゛
                                 < バッ










            ゞ     ゛     |
                '゙  ,'    |
          \
               ',   , !   |   !
 '      ,      \  ,' ,  !  |     ´    /  .        /^l  r i /ニヽ
           ,    \       |                 .   / /   ! i | |.| |
                 \ '┼ 、|  ,×   /    ´       / /   | .| | U |
                  ' \  、∨// ´/.             / ./   | .| `ー'
                 ヾ  ゞ`    ";,´゙              / /    .| |
      ‐  ─ ─── ──>      <─ ─── ──  //       J
               ´ ,    ''/     ,. '\            "
                  '  /  、∧ヘ\ 、\           r-- ―-、
                   /'   、|  ,×   \          ~.= フ /
           ,   /           |                  ,' /ー"
     '      , /     ,' ,  i  |     、    \       レ
               ', /    i   |   i         、
                        |                ○
               , '        |               O
                     ゙       |              0



                    ●

                    ●

                    ●




463 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/17(木) 21:10:22 ID:m8rV51ZU0
うわー・・・一気にえげつなくなってきたね

464 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:10:26 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |   ハァ……ハァ……
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    や、やんねえ香!!
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \
                        < ザッ!









      , -‐ ´ ̄`'─<
.    Y          \
    ,'::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
.    {  ::i:::::::::::::::::::::::::;オ:::::::}l
    i:::::::レヘ::::::::::::::::φ){ハ|
    ヽ::::::::::i\:::::::::::i  ゝ    ……「人修羅」か。
.     ヽヘル丶,`ヽ、|‐,.ノ
         /ニニオ'      その様子では、フトミミは退ける事ができた様だな。



.

465 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:10:47 ID:Qx8XhvC60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆 u |::| )  |::| ∨
             〃  ハ    \ , 、 / Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   ……ラファエルさん、やんねえ香の奴は!?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ⌒´ ||/     アイツはどこに……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










───────────────────────────────────────────
        ∨:l:i::::|::::ト、  '        ヽ }::::::|ソ:::::{
             ヾ|::::i <  _       / }::::::}::::::::::i
            |::::iヽ、`ヽ、    /, '}::::::}:::::::::::i
              iヽ|::::|ノ::::> 、`¨´ イ::::|}::::::}::::::::::::ゝ、ノヽ      ギャル夫、来たか……
             {:::|::::|::::::::::::, <_ゝ'"´ , イ.}::::::}:::::::::::::::::::::::ノ
        / ̄ ̄|::::|¨77-! .|'''''| ̄  ./}::::::}-/7 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
          マヘ   |::::| //、::ト、 ト-イ_/:::}::::::} マヘ     //
         マヘ__ |::::|ソOヘ::::::::::::::::::::::::::/}::::::}/マヘ____//
         〈マヘ__|:/ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄.}::::::}ヽ.マヘ___ム/¨〉
         ', ̄ ,イ       У      .}::::::} ∨     /
───────────────────────────────────────────



.

466 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:11:07 ID:Qx8XhvC60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |   なっ!?やんねえ香!?
         ル从§ (○) (○) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    そ、その姿は……まさか、お前もう……
            \.|::|.      |::| /
            /           \










───────────────────────────────────────────
            `ヽ::::ト、::ヽ.、 `"´  '    ヽ |:::::|.::::::::l
           `゙` ';:::::{.`、    __   ノ .|:::::|::::::::::{
                }:::::::|ヾヽ、_ `  /,イ|:::::|::::::::::ゝ、ノi
         ___ji::::::|::::ヽ_ノフ二∠ノ.|:::/::::,. -‐─┴‐--、
        k゙     j!:::::jヽ、/  F'"|    .!://´       ,r->
          ヽヽ    ノi!:::::/ーく__」─|___/リヾ、ヽ     //     ああ……「守護」を降ろした。
          「_コ二_ソ/.:::::::::::,::>''"´ ̄.`.`.=-<ヾソ二二/::{
         r''´    /'´``<、 /           .∨:::::「 ̄ ̄ ̄}    メタトロンと一つになったこの姿こそ、
     ,r"´         ,.' i             .ハ:::::::|二}  /     新しい世界を創る為の力……
 .   /.           ,.  ', .              ナ::::::|   ./
   λ                `.、          ノ:::::/  /「
.  //:'.,          /      \       .,. .''7|:::::/  /:::|
/ ./:::::::' 、.__   ,. < /   ヘ   `>.-- ''¨´ / |:::/  /:::::l
  ./::>'"゙./  ̄{/, ´     `、 ヾ´      ./ .|/  /:::::::|
     /    .ト、          >    ./  |  .<:::::::::::|
───────────────────────────────────────────



.

467 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:11:30 ID:Qx8XhvC60



──────────────────────────────────────────────────
                           ___ ャ──---..、    ,.イ
                         ,..<::::::::::::::::::`≧::::::::::::::::::::>..、ノ:::::}
                         , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                       ,.<::::::|::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1:::::|:::::::::::::>..、
                     /::::::::::::::|:::::|:::::;ィ::::::::::::::::::::::ハ::::::|:::::|:::::::::::::::ヾ¨
                     ¨フ::::::::::::|:::::|:::/ ヘ:::::::::::::::::/ ヘ:::::|:::::|::::::::::::ャ、:::ヽ
                      /::::::::::::::|:::::|:/\弋::::::::::://弋::|:::::|::::::::::::ヘ \ヘ
       ,, ──……──    |:::::::::::::::|:::::|'.ャー-ォV:::ル゙ィ-ーrァ':::::|::::::::}}::::|  ヾ       ──……── ,,
       __,, --──-  .   レヘハハ|:::::ト、弋_ ソ ∨ .弋 _ソィ|:::::|:::::::} }::::|      /   .  -──-- ,,__
    / /´ / ____    ヽ    \ .|:::::| 〉    ノ    〈 〈|:::::|::::/ j/    ./    ,r'    ____ \ `\ \
  ,  /    ̄/        `ヽ   \   \|:::::|ヽヽ    ___   / /|:::::|:::{.  .   /   /   ,r'´       \ ̄   \  ,
  廴/    //  _____{´ ̄ ̄`丶\ト、 |:::::|ノ:\>、    , < /i;|:::::|:::ヽ   ,イ   /, ' ´ ̄ ̄`}_____  \\    ゙i廴
.    {_/   ̄/      >─── .|::`-|:::::|::::::::/>、ソ¨`'゙__>´_」::::|:::::::`ー'゙:::|  /  ───<      \ ̄  \_}
    {   / 廴____{___〈ヾ ̄ ゙̄|:::::「|--|  |<_∠_, -'´ |::::| ̄ ̄ ̄ ̄7ヽ______}____廴 \   }
.    ',_/   /     /     ヘ∧   l:::::| |.:.:.ヽ`<:.|-|:.>  ./|:::::|     / /゙i        ゙i     \   \_,'
    /   / {__,,"´  ̄厂 ̄ ̄ヘ∧__|:::::|_|Oヘ `<:.l-|:.>-‐'゙/O|:::::|___/ /゙i,  ̄ ̄ ̄厂 ̄ `゛,,__} \   ゙i
.    {_ /   /  /    / ̄ ̄ ̄ ヘ___,|:::::| j-―-、.:.:.:.:.:.:,.-─-、.|:::::|_____/  ',   ̄ ̄ ̄\    ゙i  ゙i  \ _}
      /   /   {___/  /´ ̄/ :|/ヽ.|::/     ヽ ./     \:::|:.:.:.:.:.:, <ヽ  |: \ ̄`\  \___}   ゙i   ゙i
       └─ :{ / /   ,/{_ / //  .ソ         /        Ⅵ/ <    \}\ \ _}\,   ゙i \ }:─┘
           / /  ̄∠ /  /_,/ . {  /                 ||:.:.:.:.:.ヽ   }∧ \,_゙i  \ ン、 ̄ \ ゙i
.           ´/  / /   / {_/. `i、{                 }、:.:.:.:.:.:.:.ヽ>.<゙i \_} \   ゙i \  ゙i`
.            {__/ /  ̄/ /  {/ | ∨                 |/ヽ.:.:.:.:.:.:.:∨ .ヽ\}  \ ゙i ̄ \ \__}
.            / /  //  {  / |/ l .{\     .人          /l:::::::ヽ.:.:.:.:.:}   ヽ ゙i  }  ゙i\  ゙i ゙i
──────────────────────────────────────────────────
                                 |\
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                       | アタシはこの力で……「創世」を成し遂げてみせる!  |
                       \______________________ /



                                                            ……to be continued




469 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/17(木) 21:14:52 ID:Qx8XhvC60
>>379
DOOMのボス思い出しましたw


といいうことで以上で第十五話は終了になります。

今回もお付き合いくださった方々、誠にありがとうございます。

次回も来週木曜日、24日の20:00からを予定していますので、
また見てやってくれれば嬉しい事この上ないです。

それではまたシ~ユ~。


470 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/17(木) 21:16:18 ID:m8rV51ZU0
乙でした。やんねえ香のAAが可愛いな。
フトミミは言い訳はむかつくけど行動の方針自体は好感が持てたな。
何かを選ばないとな・・・ギャル男は其処に気付くことが出来るのかな?

471 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/17(木) 21:20:32 ID:H06ZBfqI0
乙乙
周りの覚悟がどんどん決まってきた関係で相対的にギャル夫の行動理念がものすごいフラッフラに見えるね
姉さんという枷もあるし、今後どう転がるのかすごい楽しみです

474 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/18(金) 00:17:39 ID:nSYnYtvI0


やんねえ香カッコいいじゃないか…… ちゃんと自我が残ってるのがなにげに嬉しい。

ていうか、できる夫はベルゼブブなのかよ! てっきりルシファーなのかと思ってたわ!

475 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/18(金) 03:03:03 ID:Izf4bfYw0
ギャル夫が一番我儘だよね
乙でしたー

476 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/18(金) 03:50:56 ID:u9WrS3nc0
乙でしたー
ある意味ブレないなギャル夫

477 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/18(金) 07:55:55 ID:uVBrjm4Q0
乙でした

ちょっぴり、守護にできる夫が呼ばれて天使達大混乱を期待してしまったw

481 : 2nd板のサーバー落ちてます。避難所等自由にどうぞ。:2014/04/18(金) 18:00:41 ID:sh/uvpOw0
メタトロンのせいでメカやらない香という言葉がなぜか浮かびました・・・

486 : ◆P3dFUnx0fI:2014/04/23(水) 21:59:30 ID:/BUIgccw0
>>481

            , -‐ ¨フ____
    .,/イ  >::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄Z__
    (:::::::{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦──ァ
     ヽ:::::(/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦__
       >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.      /::::::::::::::::::::|:::::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1:::::|::::::::::::ヽ
      '.::::::::::::::::::::::|:::::::|:::::::\::::::::::::::::::::: /::::::::::|:::::|:::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::|:::::::|:::::/ ヽ::::::::::::::::::::/  ヽ:::::|:::::|::::::::::::}\}
    /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::|:::/   ヽ:::::::/ヽ/   ヽ::|:::::|::::::∧ノ    アタシに惚れると(物理的な意味で)火傷するぜ?
  / ァ.:::::::::::::::::::::::|:::::::|:/      ヽ/       ヽ|:::::|ハ}
    /:::::::::::::::::::::::::|:::::::|.-‐…- 、    , -…- 、ヽ:::!
   ムへ:::::::::::::::::::::|:::::::|     }    (     } }:::i     . />   .<\
      ',.::::::::::::::::::|:::::::|:ー- -‐.′     ゙ ー- - ′ |:::|    //     \\
      }::::::::::::::::::|:::::::|                 |:::|     | |       | |
      ヽ:::::::::::;ィ!:::::::|__________.|:::|     | |       | |
       ヽ:::/ |:::::::|ヽ ヽ /::::ヽ ハ``.   ヽ|:::|    \\__   .__//
        {:/ .   |:::::::| V `´ヽ::::/`´∧  ヽ. / |:::|     '-,__工工__,-'
        | .   |:::::::|  V    ヽ::ヽ  ヽ..  \|:::|          ||



というわけでご無沙汰しております>>1です。

今回も予定伊通りで問題無さそうなので、明日の20:00から投下したいと思います。

よろしければ見てやってくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する