できる夫は出雲路のバラバラ儀式殺人を追うようです 第13話 待ち人からの手がかり

485 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:26:00 ID:q1qoE16Y0




               ┌───────────────────────────┐
               │  できる夫は出雲路のバラバラ儀式殺人を追うようです     │
               │                                          │
               │                      第13話 待ち人からの手がかり  │
               └───────────────────────────┘








             ____
         ,..-''"´       "''-.、
       /  -―-    -―-  \
      /                   \
     ./     _        _       ',
    /     〃 ̄ ヽ   〃 ̄ ヽ     ',
    l              l          l
    |                     |
    l        lニニニl         l        すごいじゃないですか!
    ヽ          ヽ::::::::::ノ         , '
      \        `¨´       ./          ホントに、これは良くしたモノです!
        >――        ――<
     __./:::::i  \     / " !:::::::`:、._
  -''"´::/:::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..::
  :::::::::/::::::::::/!   ∧;。;;。ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::
  :::::::::::ヽ/:::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\:::::::::::::::::::
  :::::::::/::::::::::::::!   /;;。;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::
  :::::::ヘ::::::::::::::::::i  ,';;。;。;;'.  i:::::::::::::::/:::::::::::::::
  ::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;。;;;。;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::

486 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:27:00 ID:q1qoE16Y0

          ____
        /      \
       /  ─    ─\        しかし、やる夫くんはどうやって、九州の
     /    (●)  (●) \
     |        ___'___    |     やらない夫くんへ郵便を出したのです?
     /     ∩ノ ⊃  /
     (  \ / _ノ |  |.        ボクらは彼の居場所を聞いてはいません。
     .\ "  /__|  |
       \ /___ /




                                                                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                                              ,r'        \
                                                              / ⌒         ヽ,
                                                             ( ●)    ⌒     ..i
                        やる夫は直接、連絡をとったワケではないお。       i.     ( ●)    .|
                                                          \(_入_ノ      /
                        やらない子くんを通して手紙を出したんだお。        \______/
                                                            /ゝ/ノ:::::::::::::::::\
                                                               |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
                                                               |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
                                                               |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

487 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:28:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      /ミヽ、 /ヽ
                                      ___{: ィ〃´: : : :ヽ
                            r―- ィ´、: : : : : : :`ミ^ヽ}: : : : : :ヽ
                          { ̄ヽ: : : : : : : ヽ 、: : : : : : : ハ: : : : : : ヽ
                          |: 戊:{´⌒: ヽ: : : : : ヽヽ、: : : : ヽ: : : : : :ヽ
                          }/: :ハ: : : : : : ヽ: : : : ヽ: :ヽ: : : : ヘ: : : : : : ヽ
                         イ: : {: :ト 、: : : : : ヽ: : : :',ヽ: :\: : : }: : : : : : : \
                         ハ: : ': ハ  ヽ ィヘ寸ハ: : :.|: ヽミ、ヽ、ムミ―-ミ、_:_:ヽ
                       {: :{、 :iヽ{  ´ ィ´戈坏: : |: : }: : :≧zヽ} ヽ: : :ヽ  `ヽ)
                          ハ: ハ: x'ィf坏、   弋ソ ヽ |: :∧}: : : : : :{   \: ヽ  ハ
                        }: : ∧/〈弋ソ ,      j / ノィ: : :ヽ |    ヽ ハ
                        |: 人: : : ∧''    __      /: :}: : : : 〉、    リ ヽ
                        j/  ヾへ、ヽ、 ` ’   / {: :リ: : /へ: ヽ、
                               }: : ≧ァ-イ   |: /: :/ フムイト`≧―- ァ-=ニ
                               イ: : : /: : : }    ハ: : /イ     ハヽr弋‐"´
                              /: ノ: : /: : : ソ /  ヽ {    〃  ∨}: : ヽ
                          ィ: : : :/ : /: : イ   /  `  /    ∨: : ハ
                            {: : 7 : ィ: :/ {  〃     イ{       `}/ リ
                            ヽ/"´ 冫f´ ̄ミ/    /  |         ∨
                              /   / | F /    /             ∨
                           八   {  |  '   ./  \  }           ∨
                                !  | / ./ r彡´⌒ヽ リ         /
                                }ヽ } /7   i     ∧{       / マ
                              / ゙{//     |    ヽハ七__ /    マ
                                  {/ .|/     |    ィ } /  ヽ       マ
                               ムへ j ___ .|  /   リ /   冫      マ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ___
       /     \
     /  _ ノ  ⌒\        なるほど、それは巧い手です。 これなら
    /   ( ●)  (●) \
    |        、 ´     |.      ボクらが、じかに接触するのではないですから
    ヽ、     ̄ ̄   /
     ノ          \      彼の羞恥心を多少、和らげることができます。
.


488 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:29:00 ID:q1qoE16Y0

                                                                  ___
                                                             /   ヽ、_ \
                      未だ、やる夫たちに顔出しできないアイツの臆病を       /(● ) (● ) \
                                                          /:::⌒(__人__)⌒:::::  \
                      完全にぬぐい去るのはムリだけど、なんとかこの通り   |  l^l^lnー'´         |
                                                          \ヽ   L          /
                      返事はもらえたお。 やる夫も心配だったけど……。       ゝ  ノ
                                                           /   /




       ___
      /     \         ええ、まったく回答がもらえて幸いでしたね。
    /  ⌒   ⌒\
   /   ( ●)  (●)\         この婉曲な方法なら、やらない夫くんと真紅さんの
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /         今の静かな平和を傷つけずに済みます。
   /          \

489 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:30:00 ID:q1qoE16Y0

                                                            ____
                                                          /      \
                                                         / ─    ─ \
                        まあ、やる夫だって九州まで直接           /   (●)  (●)  \
                                                       |      (__人__)     |
                        押し掛けようだなんて思わないお。               \    ` ⌒´    ,/
                                                        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                        ……ともかく読んでみてくれお。                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                                      /    / r─--⊃、  |
                                                      | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \       はい、喜んで!
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ.        ……昨日付の速達で、封筒の送り主は大久保の
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/         やらない子さんからになっていますね。
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´

490 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:31:00 ID:q1qoE16Y0

                                                                ,,..-――-..,,
                                                            /          \
                                                           /            ヽ
                                                        /      ___)   ヽ- l
                       やらない夫の出した封筒は、やらない子くんが     ./l       '´   _   r  .l
                                                     / ..|       t''j"´    =='' ',
                       取りのけてあるんだお。 やる夫たちに住所を    /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
                                                   ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
                       知られないようにするための用心だろうお。   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
                                                 ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
                                                /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
                                               ./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
                                               '      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
                                               \   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |



        ___
       /     \
     /   ノ   ヽ \         その辺りの事情は、やらない夫くん兄妹の
    /   ( ●)  (●)\
    |        、_!    |.       気持ちも分かりますから、汲んで上げましょう。
    ヽ、     ー=‐'   /
     ノ          \

491 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:32:00 ID:q1qoE16Y0

       ____
      /      \
    /   ⌒    ⌒\
  /    (●)  (●) \            いやぁ、しかし懐かしいな、見覚えのある彼の筆跡で
  .|         __´___    |  __
  \     `ー/ ̄ ̄⌒/⌒   /     便せんが埋まっていますね、どれどれ……。
  (⌒      /     /     /
  i\  \ ,(つ     /   ⊂)
  |  \   y(つ__./,__⊆)






=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
               |         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ        雨のせいか昨今、再び寒さが戻ったようです。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v         お問い合わせのこと、また小生の奇矯な愚見を冷やかす
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、      おつもりかとは存じますが、拙論をご笑覧下さい。
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

492 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:33:00 ID:q1qoE16Y0


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ー)(ー)       以前にも申し上げましたとおり、『旧約聖書』と『古事記』の近似から
           |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ       小アジアのヒッタイトの説話が、東アジアに伝わって日本の先住民族の
            |       nl^l^l
            ヽ      |   ノ     説話に入り込んだのではないかと考究したことがあります。
          ヽ    ヽ く
          /     ヽ \




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            __________
                         r´ ´\                \
                         (    \                \
                          \     \              \
                           \     \                 \
                             \     \                 \
                               \    \                 \
                               \    \_________\
                                     \   r´=========r´
                                      \ 《 三三三三三三三三三=
                                     ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     そして辿り着いたのが、ヒッタイト伝承の奥底にある思想や

                     感情を伝えたと考えられる、イスラム教の経典『コーラン』です。

                     コーランにも古事記との類似が認められます。
.

493 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:34:00 ID:q1qoE16Y0


            / ̄ ̄\
            /  ヽ_  .\
           ( ●)( ●)  |
          (__人__)      |
           l` ⌒´    |           古事記とコーランでは、東西に遠く離れていますが
          {         |
          {       /            成立した時代はそれぞれ、コーランが7世紀
      _. -: ´Λ     _.へ` 、
     r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_      記紀は8世紀の初めと、だいたい同じです。
   /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
   |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
   〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
   /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    : . . . : : : : : : : : : . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . .
                    ⌒Y⌒ r ‐、. . . . : : : : : . . . . . . . . . . . : : : : : : . . . . . . . .
                            r -., _ _. . . : : : : : : : : : : : . . . : : : :
                    _ __ _ . . ‐ ¨  ̄. . . : : : : : : : : : : ,..(⌒ . .
                    . . :  :  :  : . . . . :  : __,. .r '_ ̄`⌒ '⌒  :  :
                    :  :  . . ,j!⌒i               .  .  :  :  :  :
                         ,....i ,i! |`i,,____,,.....,_____,..,____,....,___,.._,、
                    _________/` ,.l,;il,.i'ノ;;;;;;Yiilli;; ,,;;lll!  `y'iir' llllll\,,__________
                     ̄ ̄ ̄ ̄ r' ,i ! l_ ̄ ̄j⌒il,_ ̄ ̄ ̄ ̄,i,l、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ; ; ; , ,   _l| | | ji   ,j i! ll i     , , ;イi!、- -
                     ; ; ;. , , _i!,;ii| j!   ,i! ,! ;i!,ト   , , ; ; i从; ,    . . :
                    絲絲絲  ,/' ,! !l  /;ソ ,/  , , , , ; ; ; ;从从; ; , ,  . . : :
                    ⌒i!絲絲 l! ,;| !.ト,.r';j!r'ノ'  , , , , ; ; ; ;从从 ; ; ; , ,  . . . . : : : :
                    i ;l l!,.ソ  ,ィ',;;ll| i!i /ソ",.,.,.;.;.;.;从从从i,;. ;. ;.;.,.,.,.  ,. ,. ,. ,. ,: ,: ,: ,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    ユダヤ教やキリスト教も、ヒッタイトの影響を受けていますが

                    イスラム教は砂漠に住む民族が『共通して持つ宗教的思念』によって

                    より濃くヒッタイトの説話の根底を遺し、伝えたと思うのです。
.

494 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:35:00 ID:q1qoE16Y0


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●        つまり小アジアの砂漠地帯で生まれたヒッタイトの神話が、アラブの
     |      (__人__)
     .|        ノ        砂漠に住む民族で語り継がれて同質の宗教となり、西へはユダヤ教などに
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ          そして東へは日本にまで伝播して古代宗教となったと考えられます。
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
      .\/ ___ /






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |   ( ●)(●)
   .|    (__人__)
    |     ` ⌒´ノ             コーランは非識字者、つまり文盲(もんもう)だったマホメットの説話を
   . |         }     __
    ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /    信徒が文字にしてまとめたモノですが、『コーラン』の意味は
  (⌒ ヽ     /     /     /
  .\  \ ,(つ     /   ⊂)       『朗誦(ろうしょう)』、すなわち声を出して読み上げることなのです。
   | \   y(つ__./,__⊆)
   |  ヽ_ノ   |
   |         |_
    ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
   と_______ノ_ノ

495 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:36:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          /⌒7´ ̄ ̄`ヽ _
                       /ヾ、  {     ノ _; : :`⌒> 、
                        {   >┴r,. -‐ '"⌒iイ: / : ヽ: : :`ヽ、
                       ノ  `{:::::ノ ─   ノ: |:/: : : : '; : : :ヽ: \
                    r-{  /⌒i       r'一ァ : : : : : : ト、: : : ';. : :'.,
                        〉 し/    ヽ.    / ノ : : : ; :/: : :! ヽ: : :'; : : :',
                    {  人_    )、--{ / : : |: :/:/: : : :}.  '; Ν: : } i
                     `ァ  /}`ー'´|: :`ー┘: '´「:メイ : : : リ -‐、i : : : ハ |
                     く   /: |   |: : : ト、: ト、イl: : ;イ:.:/     !: :}: ;ハ!
                        /ヽ/: : レへ|: ;ハゝrf笊ミt∨ レ'r仔ミ. ,イ: 从{
                    / : : |: : : : : :|.:/ :ハ〈. vizソ     vz.ソ}ハ :/、 ヽ
                   ノイ: : :|: ハ: :i: :|/: : :、 \        ,   ! }/: :ヽ
                  ´  { /: レ'ト:{ :{:ヽ: :ト、: ヽー   r‐ァ  , イ: : / : : ',
                    从: :.V: :Ⅵ : `ー :\:}ヘ、   `_,. イ|: } |/: : :} :}
                      `ヽ、: :ト、:ヽ >-r'´(′  /、(: ハ{ レヘ{ /: :ハ/ ,ベミxヘ. /|/|
                        `>'"´\ \ \ ハ ',ヾー- 、レレ′ /   `ヾ、ノノ__,
                         {     }  __\ \'} } ∨/}     / /` ヽ 、 /ソ ̄ ¨¨7
                         `r──ァ'‐┴{──r'⌒ x V/l    ./ ` ヽ 、/ //    /
                           丁了´ ,二f´ ̄ ̄`ーく:::} } l   /       .//     /
                          ',. ヽ ' ,べ、     ヽ )ハ{  ト、 ` ヽ 、   ,ハ/r1rァ /
                            }  ヽ イ }      ', ||   / .r‐ァ-‐{`t/./ './ノ_/
                            〉  λ   》、     { |}‐ァ'ー┤{    '_厶イ´
                               |  ,イ |  / }‐rr┬‐┴'゙|'   ,′レ'´「「
                          | // .!/  .!/`ス ̄}⌒`ヾ¨) :  V /| !
                               ノ / レ'´    | ′}、ヾ、,. -ヽこ}  ∨.| !
                        / {         |  ,ハ ヽ : r‐r )   ∨ |
                          {   ヽ       |  ,′}^ヽ_ ノ Υ    ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          コーランは、神がかりに入った恍惚状態の預言者が『口走った言葉』の集大成であり

          古事記は、元となった『帝紀』と『本辞』を、稗田阿礼(ひえだのあれ)のような巫者(ふしゃ)が

          暗唱、『読み習わし』たことを太安万侶(おおのやすまろ)が筆録したことと似ています。
.

496 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:37:00 ID:q1qoE16Y0


゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚        記の序文にある、『諸家のもたる帝紀および本辞』がそもそも
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|     巫者によって語り継がれたモノで、古事記も漢字になって
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚    目で読むより、朗誦するのが本質であり、聴く者を恍惚させたと
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }               ヽ O。   思います。 ……そして、ヒッタイトの詩にはそれがあるのです。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
.

497 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:38:00 ID:q1qoE16Y0

                        (:. ,:.
                      .:从,)ノ':.:,
                        ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,
                  ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,
   / ̄ ̄\         ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.
 /   _\  ゞ       ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.     コーランの神は人間との間に天の使者を、火から
 |   ( ●)(●)     ( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,
 .|     (__人__). rm、 .,):.   ..:.(ノ 从ヾ;. '',人ヾ,´       創造しています。 古事記でも雷神とか、カグツチなどの
  |     ` ⌒´ノr川 || ..:.(ノ . .::::)     (::..  (::.
  .|         },.!  ノ'. .::::) : . .:::: .:ソ  ,ゞ.:.   ,ゞ.: .       『火神』は決して純粋至高の神ではなく、神と人間の
  .ヽ        r / .|.| : . .:::: .:ソ::..::..:(   (: :.   (: :.
   ヽ     ノノ ノノ :..::..:(        ):::...  ):::...       間に介在する自然の神や、邪神として存在します。
./ー-.l     / .//` :;;::::;:(::: ;;; ::; :; : ;:: );:::  :::;::)
(   ⌒ /   /ノ\    \;;:::: ::;: : ; :: ; :; : :/
 `´ー-、i´   /l .ト''ノ       ヽ: :: :  : :: :/
                     ゝ;:; :;从;ノ

498 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:39:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  jしイ
                                  ノ: :.:廴.ィ    /{
                                  / : : : : : : :そ   }/
                            ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
                                  }: : : : : : :.:ヽ }\
                                  jし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
                            |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
                               jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
                    !        ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./      !
                 jしイ      '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /{        jしイ
                 ノ: :.:廴.ィ     /{_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{/        ノ: :.:廴.ィ    /{
               / : : : : : : :そ    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ   / : : : : : : :そ   }/
              ノ'⌒ヾ: : : : : 丶  }: {: : : :j: : : : : : :/: :ノ}: `ヽ: :.:/   ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
                  }: : : : : : :.:ヽ/:ハ: : :ノ: : : : :/ : : /: : : :}: :′ イ      }: : : : : : :.:ヽ }\
                jし': : : : : :ノし': : : : /: : : : :.!/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
             |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.jし' : : : :j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : :ノ|  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
             jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: :ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./ jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
            ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /  ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./
           '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{  '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ……火が神聖視、特別視されているのは日本の神道でも分かります。

            宇比地邇(ウヒヂニ)と須比智邇(スヒヂニ)、甕速日(ミカハヤヒ)、豊日別(トヨヒワケ)

            などの、『比』や『日』は、火炎の『火』に置き換えていいと思います。
.

499 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:40:00 ID:q1qoE16Y0


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー)
            |     (__人__)         神より使わされた最後の預言者はマホメットですが
          |     ` ⌒´ノ
         .l^l^ln      }        その以前にも、預言者はいました。
            ヽ   L     }
          ゝ  ノ   ノ          イスラム教では全ての預言者を信じよ、とあります。
         /  /    \
        /  /       \
       ./  /      |ヽ、二⌒)、
       ヽ__ノ






                / ̄ ̄\
              / ─  ─\
              |  (●)(●) |
              |.  (__人__) .|
              |   ` ⌒´   }          神の預言を信じるのは、アマテラスやタカミムスビから
          ._rl.ヽ`     ////
          ./\\    ////゙l゙l      命令を受け、天孫が中津国に天下る話や、三輪や
         ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
     ./:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |        伊勢、宇佐などの各神社の神託も同じことだと思います。
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
    ./:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、

500 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:41:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      __
                 ,   ´     `   、
               /              丶
              /                :...:::\.          高皇産霊(タカミムスビ or タカミムスヒ)
             〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
              ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
            l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',       天地開闢の初期に高天原へ現れた神々の
            l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
              | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i     一柱で、創造と生成力の神。 この頃の他の
              |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
           .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂       神と同様に、性別のない独神(ひとりがみ)。
          (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
          ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
           | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー.     高千穂に降臨した天孫ニニギの母方の祖父
           | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
            ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ        (祖母?)。 父方の祖母であるアマテラスと
            ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
         / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/げい `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',.       ともに皇祖として扱われることもある。
        |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
        | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ
       //レ'   \  / ヽ ヽ   <_/| i丶ヽ_> l | /i{ニ二二}、:::::::::    子に高天原のブレーン、オモイカネなどがいる。
     /::/::::!       Y    ヽ ヽ / / i! ヽヽ l |く |      h::::::
    /::;;:':::::/:|     li    ヘ. ∨./  i!  ヽヽ| | `|      |::::::::
 ,/ :;;'ソ::::::/:::|   /  | l      │ /  〃   メ、ハ /     /::::::::
-":,:: '/::::::/:::::|  /  ハ ヽ    |_/ O〃   / ∧ ヽ     ,/:::\::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

501 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:42:00 ID:q1qoE16Y0

         __
        /   _ノ\
       /     (一)
        |     (__人)        そしてコーランは男一人に、四人までの妻帯を認めました。
       |          l
        .|        |           オオクニヌシが多くの愛人を持っていたこと、神武を始めとする
       .ヽ      ノ
        ヽ     /           帝にたくさんの后妃が書かれているのも偶然ではなさそうです。
        /    ヽ
        |     |
         |.       |





        ./ ̄ ̄\
      ./      \
      |     ー  ‐ i
      |   ( ●) ( ●)
      |     (__人__)       無論、ヒッタイト神話とイスラム教が砂漠の信仰である以上
      |      `⌒´i
      ヽ.       ノ        古事記にも、そのカタチがなければなりません。
       ヽ      ノ
         .>    <
        |     |
         |     |

502 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:43:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  _______________________
                  i三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三三j三j三j=i、
                 ∠j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j、
               ∠j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三j三jニ>
              ''─i─────────────────────────i─''
                 ̄ ̄ ̄i二二i ̄''i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄j ゙゙̄i゙二二i ̄ ̄
                     ヽ j  jニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi  i   i
                   ヽ ̄ ̄i ̄'''i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄i ゙̄i ̄ ̄/
                     ゙─‐i─-i──────ij──────‐,─,──'
                       .j  i         ,o、         .i  j
                       j  j        /::::::::i         i  .i
                       i  j         i;,::::,;j         .i  j
                       i  i         .ヾ./         i  .i
                      .i  i          .Y          i  .i
                      j  i          .i          .i  .i
                      i  i          .i          .i  i
                      i  .i          i'''''''i         .i  i
                      .i  i          iニニj          i  i
                      .i  i    ∠7ニニニニニニニニニニゝ''、     i  i
                      i  .i    i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´i    .i  i
                      i  i    .i              .i    i  i
                   ,,==_i  i=====i              .i=====i  .i===ヽ、
                 ,,-''´/. i  .i──‐i              .i──‐i  .i─ ヽ ヽ、
               ,,-' /,,i二二二二i  i__________i   i二二二二iヽ.ヽ、ヽ、
            ./ /                                     \\ ゙ヽ、
          ∠_∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ___ゝ
          i                                                 i
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      スサノオの『八雲立つ』の恋歌は雨雲の願いであり

                      また、オオクニヌシには蘇生の塗り薬のほか

                      井の水にまつわる説話や伝承がいくつかあります。





        .___
      ./ ノヽ\
       ;| (○)(○|:
      :|ヽ (_人_)/;        熱帯の砂漠地を旅行してこそ、水のありがたさが分かるのです。
      .:| |. ⌒ .|;
       :h   /;           ……ですから、今までの記紀学者が、記紀にある水の信仰をすべて
        :|  /; ’
       / く、     \      農耕生活に基づくものだとしているのは大きな誤りであると思います。
      ;| \\_    \
      ;|ミ |`ー=っ    \

503 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:44:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                ,.   ―   .,
                             , . ´ lヽヘュ  :  .  ` .
                           /  .  /ゞ:;'ゝ.  : :  . . ヽ
                          , '.  . : . . ` . . :  : .  . . '、
                          / .  .  .   :  .    .  .  ',
                            ;     :    .  .  .       :::i
                             i .   .   :     .  . .  ..::::::!
                          ',  .    :    :  .   ......:::::::/
                          ' 、.  :.  .  :   .  . . ....::::::; '
                           ヽ.   .   .     ...:.:.::::/
                             ` .、    .    ....:::;:''''´
                                 `    ー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  熱帯にまつわる記述の例としては古事記に、ユツカツラ(斎つ桂)が

                  井のかたわらにあったと書いてある。 これは柚(ゆず)の木でしょう。

                  柚とかオレンジなどの柑橘類は、本来熱帯でそだつ植物です。





       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
     .|     (__人__)       垂仁天皇の命で、『タヂマモリ』が常世の国から持ち帰った
      |     ` ⌒´ノ
      .|         }        非時香菓(ときじくの かぐの このみ)も、オレンジです。
      .ヽ        }
       ヽ     ノ  mm
       /    ̄ ̄ ̄ つノ
       |    | ̄ ̄ ̄

504 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:45:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             __ヾ, /  〃 _
            __⌒\Vいィ/ / __`ヽ
            /⌒> -'‐…'ー' ー:く⌒\             田道間守(タヂマモリ)
          __/'′:::::::/:::ハ::::\::丶
         ⌒7:::/:::::::::/:::′::}:::::::::':::::::\
            /::/:::::::/::::::::;::ハ:::::::::::::::::::\:::’,             渡来した新羅の王子、アメノヒボコ(天之日矛)の子孫。
          .::::i:::::::/::::::::/::|::|!::ト::::!:、:::、::::::::::'.
           |::::|::::::{:::|:::/l:/|::|!::| l::i:::}:i:::}::::::::i::|         第11代天皇、垂仁帝の勅命を受けて、非時香菓を
          ./i::::|::::::}/j:/⌒ l:ハ:l |:f⌒lイ::::}j|:|i:|
         //|::::|:::::{{,ィf笊ミ l′}ハ笊ミx!l:::/:i|:|メ、        10年がかりで探し出してきたが、すでに帝は崩御しており
       .::/ /::f^i::ト{` ヒrソ     ヒソ lイ::八| \、
     ./:/ //:人l::|、/i/i    ,  /i/iイ:}∧ハ   ヾ:.       陵墓と皇太后へ献じた後、失意のうちに亡くなった。
     {:::〃::/::i::::::l::i:ト ,    、_,   八::{i::ト:::\  〉〉
     X:V:/:::/::::::Ⅵ!:::> ,     /::::::}:|i::|:::}}\V/
    /::∧v:::/i:::::::/ノ:::′::ノ  ー '{:::::::::::::}:|i::|:::}} /∧       記紀に、非時香菓は今のタチバナとあるが諸説あって
   {:::{ }}:く, |::_/厶イ^7 __  _マヘ‐-}:|i::|:バ// }::}
    \V八:/´ {::{ 7 /___________ 〉ヘ,k}:|厂\i:{ }::}.      バナナ説すらある。 日本で初めて記されたミカンとも。
  \ /くノ/  {::{ /二二二二二二二Ⅵ/}    {:∨:′
    ー彡′  ヾー――<⌒ff⌒>―一く }  {\ー__:ノ
    _乂/    /))     <マ^マ>      iV  个v{{.       また、『菓子』が本来、『果物』を意味していたため
      ./     ∨{{                  }:} 八 ー '
    ..   、 { }:)            厶′'  }        菓祖、お菓子の神様として現代でも信仰されている。
     .i     \j{ ′            }/  '
     .|     八                   {    {
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

505 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:46:00 ID:q1qoE16Y0


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
     .|     (__人__)         海幸彦と山幸彦の説話に登場する海神(わたつみ)の娘
      |     ` ⌒´ノ
      .|         }          トヨタマヒメに仕える従婢(まかたち)が持って
      .ヽ        }
       ヽ     ノ             水汲みへ出たという玉器は一種の壺だと思われます。
       /    く
       |     \
        |    |ヽ、二⌒)






      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |   ( ●)(●)
    |    (__人__)             日本書紀の一書には、これに『瓶』の字を当ててツルベと
    |     ` ⌒´ノ
    |         }              読ませていますが、これは日本のツルベではなく熱帯地方で
    ヽ        }
     >       ノ  .| ̄ ̄ ̄|     見られる女たちが水を汲む大きな壺の反映と考えられます。
   /         \||  ̄ ̄.||ー、
  / ヽ、         || 水 ||ニ、i
 /   ヽ        ||.__.||ー_ノ\
 l     ヽ        |___|`-' _ノ






        (⊃ ̄ ̄\
      (⊃   _ノ  \
     (⊃   ( ●)(●)
      |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ         トヨタマヒメも従婢の運んだ壺から水を飲んだのでしょう。
        |         } \
      /ヽ       }  \    この辺は青木繁の『わだつみのいろこの宮』の名画を思い出して下さい。
    /   ヽ、____ノ     )    ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4f/Aoki_Shigeru_-_Paradise_Under_the_Sea.jpg
   /        .   | _/
  |         / ̄ ̄(_)
   \   \ /| JJJ (
    \  /   /⊂_)
.
             

.

506 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:47:00 ID:q1qoE16Y0


       /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
     /             \
    /                  '.,
    |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|
    |                    .|
    | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |     さて、こうしてみると古事記が、ヒッタイトの説話の影響を受けた伝承から
    |  .´"''",.     "''"´   |
    |..   (    j    )   .l.     成立していることがうかがえ、そして、そのヒッタイト説話を知るには
    |     `ー-‐´`ー-‐′   /
.     丶     ` ⌒ ´      /       ずっと後にできたコーランを手がかりにした方が良いことが分かります。
     ヽ               /
      ヽ           /
        ゝ    _   /イ\
     /                \
    /                      \





          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ー)(ー)            ……お問い合わせの『身体各部』のことも
        .|     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ            むしろコーランに求めた方が、古事記に見られる
         .|       nl^l^l
         .ヽ      |   ノ          ヒッタイトの源流が分かるような気がします。
          ヽ    ヽ く
          /     ヽ \

507 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:48:00 ID:q1qoE16Y0

            i!i||!!
           i!i!:; :;!i!|
         !i!|i|!i    i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||  ./ ̄ ̄\  |!i|!,,,
      i!i!;;;  / ノ  ヽ ヽ ;:;:;:;!i!|       コーランには、「頭の上からも、足の下からも敵が攻めてくる。
     !|i    |  (__ )( __) |  ;;;::||i!
    !i|     |:::::::(__人__)::|  ;;;;;i|       目はかすむ。 心臓はのど元まで上ってくる」とか
    i      .|   |i!i!i!i!|  |   ;;i!i                             ・ ・
   !!!!i     ヽ  |;;;;;;;;;|   }    !i!|        「目には目を、歯には歯を」、「陰部を大切にする女」
    !i!      ヽ `⌒´ ノ     !i            ・
  i! !i     /  `⌒´  \   !i |!|i!    「顔が焔の中でグルグル回される」といった字句があります。
  !i!;;!!    (<<<)     (>>>) !i!| i|!
   i!ii!!     |、 i、   ,i  /  !i!i!
   i!!!;;;;   ヽ_/    ヽ__/  !i!|
    i!iii;;;;;   |       |  !i!






              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \        このようにコーランには古事記の面影がずいぶんと
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |         見られますが、イスラム教がアッラーの神という
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }           一神であるのに対し、記紀には多くの神々が出てくる。
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

508 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:51:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /            \ヽ\                               ,.>‐.´ ̄7 : : : : `==ー
      , '             \.、ハ                       「 ̄ ヽ「 ̄ ̄ヽ: : : : : : : : : ヽ: : :丶
     ./     l { : .\: .\\   `ー廴_                        ヽ ー「]´ー  / / : , : : l : l : ト、 : : :\
      .,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\                ___ く/: : {   イ: : :l: : :|: :l :} /}: :| Ⅳ、: Ⅳ
     l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ                    \ ,ィ : : : / \ l : : |: : :|: :}イ/ 从{ ,ィハ{;イ′
     | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )                   イ:/: : ; :/   }`: : :|: : :|: :|ィ升、   弋l ′
      .!.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ                   }/: : /:イ    { : : 「}: : :|: :|乂ツ   ` ''〉
      .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\                     {: : /: ム「ヽ__」ゝ: :`ハ: :l: :| ''''   ー ' /{
.       乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \                 }: /{Ⅳ    、-=ーハ:ヽ:ヽ.__/l/
        ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\                 lイ/        〉_/ヽ二 Ⅳ ヽ \. ′
           ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \                   _ , '´/ \ _ 「:ハ }, ヽ
       ./イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,                 ∠´ __/ `\ ヽ    ~ r「、} 〉
           .,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ                  ∨´ }    ハ ヾ,rーv「ィ´} ィ、
        ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ                /     }ィ^マ、  }・} ト_ム>
        ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ                 〈 ` ー.   ヾ  マ、 }・} /^ |~
       ./: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |         _ ___ヽv._, ィ /  〉} / /´  .l
        ./:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !        r´ 〉〉     〈ム」ム,ゞ>   ム'/./}   /
      /:/: : /   .∧/_ヽ)  i   .V   / /   |:!: : |: |i |      「^r' ´       /   /    ム/.//   ./`ー-.、
     ./:.,': : /   _|/ ´-、Yフ  !     ./i     !:| : :!!:| !|     . //     }~ヽ |    l    ム' / '  ,/  〈 〈
    /:./: :./ イ´ ,イ  ,ィォ }   |      |.レ     | ! : | !| ||   <.ィ     __ 〉 、ヽ|    |    ム,イ/}、/∨{ィ   ヽ\
    ,: :,'i: :.:{  《  {   ノー'   .|     Y     !::ハ | |! リ   }\\    } く   t'|    |   ム'}.}'ヾ=ニ=-,ア    ヽ\
   .i: :i |:i : \ ゙《 Yチフ :ノ   .oi       ヽ    .|リ !! |     ヘ } }   L_>‐'l}|、∧イ{ィ7.,ム' }:} /   {        .ゝ\
   .! | !:!: : | `ー' T´/ヽ,    |       /\  |  |' .乂   .} ,イ /          <、___,/ ゛⌒´/   |     「 ̄二___〉
    、| |:|、: 乂: : :.:/  ̄    人      ` ̄ ,\| .乂     .ソ /         /ヽ  ̄ }    | ! l ./! l    ヽ \ .,一'
     .| |:! \: :` く \    ./  \     / ./!        .`} }           ゙ー}   ヘ.   `|_|_| ヽ'     { {(
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              しかし、これは記紀のアマテラス、またはタカミムスビが超然万能の

              神とされている点では一神であり、他の神々は氏の上(かみ)という

              天の神と人間の間を交流する使者神、天使であるとも考えられます。
.

509 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:52:00 ID:q1qoE16Y0


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|             いずれにしても小生のコーラン研究は
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |           まだ入り口に取りかかったばかりで
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /           以上はヒントというか、『手がかり』程度です。
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |





        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
      .|     (__人__)           できれば、これからアラビア語を習って原文を読んでみたいですし
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }         また、ヒッタイト学もフーゴ・ヴィンクラーやベドジフ・フロズニーなどの
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ           先学説から入ってみたいと欲張っています。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))






          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ⌒)(⌒)      とにかく希望ばかりが強いことです。
           |     (__人__)
         |      ` ⌒´ノ         以上、とりとめの無いことばかり書いてお答えにもなっていません。
           ,|         }
        / ヽ       }         とりあえずお返事まで。
      く  く ヽ     ノ
        \ `'     く
         ヽ、      |                                          やらない夫
             |       |




=≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐=≡二三二≡
.

510 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:53:00 ID:q1qoE16Y0


     / ̄ ̄ ̄\
    /  ⌒   ⌒ \         ……ふむ。 やっぱり、やらない夫くんは熱心ですね。
  /  (一)  (●) \
  |     、 ´      |      当たっているかはボクも分かりませんが、コーランが砂漠の宗教で
  \      ̄ ̄|\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )    それをすぐにヒッタイトの伝承にリンクさせたところが面白いです。
  |      / / |       |




                                                             ____
                                                                 /      \
                     うむ、まったくだお。                             /_ノ   ヽ_   \
                                                              / (●)  (●)   \
                     ……でも、やる夫たちの日頃からの疑問にはあまり     |    (__人__)      |
                                                              \   ⊂ ヽ∩     <
                     役には立たなかったお。 期待させて悪かったお。          |  |  '、_ \ /  ) .
                                                          |  |__\  “  /
                                                                \ ___\_/

511 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:54:00 ID:q1qoE16Y0

                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    ……いえ、やらない夫くんも頑張っているようですし
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /     ボクはボクなりにやってみますよ!
  \             //
  / __        /
  (___)      /





       ____
     /     \
    /  ⌒  ⌒ \       やらない夫くんが今どのような勉強をしているのかが
  /    (⌒)  (⌒) \
  |       __´___     |.      分かりましたし、なにより彼からの便りを
   \       `ー'´  ,/
    /⌒ヽ        ィヽ       得られたってコトだけでもホント嬉しいですよ……!
   / rー'ゝ       〆ヽ
  /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
  | ヽ〆           |´ |

512 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:55:00 ID:q1qoE16Y0


     / ̄ ̄ ̄\
   / ノ    ヽ \      ( ……しかし、便せんの紙質ですが、あまり良くないですね。
  /  (●)  (●) \
 |        ´      |       購入した文具店では、ほったらかしにされていたのでしょうか?
 \      ー=‐'   /
  ノ            \       退色というか薄汚れていて、田舎のお店で買ったようですね )





       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \       やらない夫くんは九州のドコにいるんでしょうねえ?
  /    (●)  (●) \
  |        '       |       どうやら、街からかなり離れたところのようですが……。
  \      ⌒   /

513 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:56:00 ID:q1qoE16Y0

                                                    _______ ____
                                                   /         (__ ゝ
                                                 /           (___ヽ_
                        さあ、そればかりは妹のやらない子くんも     ./   ──     ──  (__ _ ヽ_
                                              /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
                        固く秘密にしているから、やる夫も       /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
                                             |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
                        サッパリ見当がつかないんだお……。   |       (.     i      )        |三三)
                                             \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
                                               \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
                                                〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ       では、やらない子さんのところへ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩ __'__/777/         この手紙は、いつ届いたのです?
 /  (丶_//// \

514 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:57:00 ID:q1qoE16Y0

                                                            ____
                                                          /^  ⌒  \
                     一昨日、九州から届いたんだそうだお。           (●)  (● )   \
                                                        /⌒(__人_)⌒::::::  \
                     で、昨日さっそく速達で送ってくれたんだお。        |   |-┬r|       |
                                                        \  `'ー`        /




        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \         ふーむ、そうですか……。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /          今、彼は真紅さんと一緒に
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |          暮らしているのでしょうねぇ。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

515 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:58:00 ID:q1qoE16Y0


                                                                ____
                     モチロンそうだろうお。 やらない夫も、いろいろと         /⌒  ー、\
                                                            /( ●)  (●)\
                     問題や苦労もあったけど、そういう熱愛する女性と     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                                           |     |r┬-/ '    |
                     一緒に暮らせて幸福だお。 ちょっと妬けるお。        \      `ー'´     /





        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\         いやはや、真紅さんも大阪の婚家を飛び出して
    /   ( ⌒)  (⌒)\
    |       ___´__   |      彼と一緒になるなんて思い切ったことをしたものです。
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \

516 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 05:59:00 ID:q1qoE16Y0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       /⌒ヽ_ /ヽ      __       /:.:.ヽ __
                       |:.:.:.:.:.:./:.:.:./〉-‐:.:.:- ´:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、   _/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                       !:.:.:.:.:/:.// ̄`:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:´ ̄:.:.`:.:ヽ/l ',: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
                       l:.:.:.:.:.:〈 ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ', ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                      |/: : :.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ_\ >:.:.:.:.:.:.:.:.!
                         /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ !: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|:\:.:.:.:.:.:.:.:.',
                         .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.〃  .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:|: :.l:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.',
                          i:.:.: :イ:.:.:.:.:.:.:l: : /!!   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.',:.: : :.:.\: :.:.:ヽ
                     l:.:./: !: : :.:.:.:.|: ,' .|!     \:.:.:ヽ: :.:.|: !',.:.:.:i:.:.',:ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\
                     !:.: :./!:.:.:.:.:.:/!:.!.斗‐-    ヽ:斗‐メ!:.! l: :/:.!:.l:.:.:.\: : :.:.:.:ヽ.:.:.:.:',
                      l:.:.:/ .!i\:./:.ヽ! _      ヽ!:/ j/ !/!:.:!/:.:.:.:./ \:.:.:.:.:.:',:.:.:.:',\
                      |: ,'  il  `i:.:.:.:!.´ ̄`ヽ     ‐==ミ、,':/:.:|: :.:.:.:./    \:.:.:.:',:.:.:.:!  ヽ
                      i:.   !i   |:.:.:::!     、         /:/ノ/ : :.:.',     ヽ:.:.i: :./   )
                     l:!       |:.:.:|::ト、""  、  ,   ""/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     )//
                          ヽ     lヽ:!:.::.:>、    ̄   ,..イ!: :.l:.:.:.:.:.:.:.:\:.',\  .〃´
                             ',ヽ`ヽ:.:.:.::;>.--‐ < /:.j:./.:!ヽ、:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ
                            イ.-ヘ:|:.:\.::ヽ`´  イ/:./イ:::::::::::\::::ヽl::.:', :.:.:.;、
                           / |:::::::|:.:.:.:.l>リ、 、‐_,‐<イ/:::|::::::/::::::::\i:.:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /             \
     /              ヽ
    ./  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
    |   ( ⌒)    ( ⌒)        |
    i  ´""     ""゛       j      ……お兄さんの病気の苦労から解放された妹の
    ゝ       '           /
     .\   ' 二  ̄    __, "           やらない子さんも同様に幸せになって欲しいですね。
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::

517 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 06:00:00 ID:q1qoE16Y0

                '''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ..:゙ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  .:.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r'"⌒
                    "::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,''''"゙"' :
                      .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.''''''''
                       .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,´:
                 .:::::::,,    . ., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,.、,,, ::::::_,,_        .,,,,,:,,,,,.
                   ..;;      .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::   .:゙ ''゙゛ `.`      ..:
                   .;;:,,.      .″  .`  `゙'-.:"     ,      .,
                    . .::;;                      .′     :"
                     .:;;       .,:''''''
                     ,;;

.

518 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 06:01:00 ID:q1qoE16Y0

                                              ┌─────────────┐
                                              │   東京都千代田区         │
                                              │             ──警視庁   │
                                              └─────────────┘


      キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.':: ,:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/ ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
      ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|

519 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 06:02:00 ID:q1qoE16Y0

                                                         ___
                                                     .., ‐'"´     `'‐、..
                                                 .., ‐'"´            `'‐、
                                               .., ‐                  \
                                               i゙,__-‐''"二 ̄丶             ヽ
                                                |.., ‐'´  `\ i              i
                                                   |  / ̄\/ \   _          |
                                                  |  /        | / \         |
                 いやぁ、お忙しいところに申し訳なかったです。  ヽ/  i⌒i     | i ∩ i        |
                                               /          L_| |   |        |
                 でも、おかげでホント助かりました……!       |     /\     >  |        |
                                               `'‐=、'"/ / |       /`'‐、..    /
                                                  i.., ‐'"  .|    __/    `'‐─|
                                                  _|__/    _|      .., ‐'"´i
                                                 /         _|   .., ‐'"´    i
                                                 i        ヽ/.., ‐'"´        _i
                                                 \ | i  \/'"´       .., ‐'"´
                                                    ̄ ̄ ̄ ̄       .., ‐'"´
                                                    , ‐'"´    .., ‐'"´






ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i      ……いえ、お役に立てて光栄ですよ。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i          両さんも元は同業者ですし、松江の
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!          一件には私も思うところがありますから。
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '

520 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 06:03:00 ID:q1qoE16Y0

                                                      ____
                                                    z≦三三三≧=z.、
                                                 ,z≦三三三三三三三三≧、
                                             _z≦三三三三三三三三三三≧:、
                                             ミ≧三三三彡'゙´ ̄____`゙ヾ三三三!
                                              `゙Y´ ̄     /.::::::::::ヽ |三三三!
                                               〃:::::::::.ヽヘソ/.::::/、ヽ::::j |三彡'´ヽ
            ……むふふ、ようやく『手がかり』がつかめたぞ!       ミ:::/´>、::、ノ::://´゚ゝ`゙ ヾ彡'/´ i
                                               ヾ' i  ゚>ー'´≦ ̄´     }ミiノヽ`リ
            同じく犯人のシッポをつかむのも、もうすぐだ!         ト} `゙ー「 _ k ヘ     ノ ミj )/ j
                                               ヾ!  〈  _z=、ソ ノ`゙、  ゙゛f丿〃
            この両さんにはもう目星がついているのだからな……!!  ヾ'  ー'´_>'´>+'´   ト、/゙i
                                                 ヽγ ̄ ̄ ̄       j    ,ト、
                                                  i           シ   //  〉ー-、
                                                    〉、,_,;_,;;_,_,,_;_;_z≦゙'´ ̄/   ,f-、_
                                                ,.:</ ヾ=---<    /    /
                                              ゙̄´/  ヽ  〃'´`y    /     /
                                               /  /´/.:::::::::.ヾ_彡'´       /










                           ┌───────────────────────────┐
                           │  できる夫は出雲路のバラバラ儀式殺人を追うようです     │
                           │                                          │
                           │                  第13話 待ち人からの手がかり  完  │
                           └───────────────────────────┘

.

521 : 名無しのやる夫だお:2012/04/24(火) 06:20:06 ID:TglUMTHU0

両さんも久々ですね
これで捜査の方も動き出すのかな

522 : 名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 16:58:06 ID:hI/iHq1k0
乙でした
性別がないから準にゃんかwww
やらない夫はどこにいるんだろうな
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する