リィンバウムであなたはダイスと安価に翻弄されてしまうようです 第6話

469 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:14:53 ID:hC1guUhd


.
ニム i|    \   \: : : | :/       |        _ ⊥  _        |     `ヽ、: : : :../  /|       .| |//
二ム.│      \   \: |/         |  ,.。o≦    |      ≧s。,   |       \/  /  |       .| | |
.   | :| γ´ヽ    \    |          ,|/        人           \|       , |  /   .| /`ヽ  | | |
 ̄¨| :|  |   ∨     \ | \     /.|     .l   〈〉〈〉〈〉〈〉   |    |ヽ      / .| /      | ,′ │ | | |
__,| :|  l    :|  x=ミ.  │  \  /   |     .|   乂乂乂ノ  │    |  ゚。  /   |     ィミ、 | |   |  | | |
:::::| | :|  |    :| l   ',   | \   \{   |     .|    (乂乂)     |    |   }/  / |   ∥ Y | |   |  | | |
:::::| | :|  | ̄ ̄:| |  .|〈〉〈〉〈〉\   \  |     .| 〈〉〈〉〈〉〈〉〈〉メ. │    |  /  /〈〉〈〉〈〉 {i .|| | |   |  | | |
:::::| | :|  | | ̄~:| |ニニ::|..乂|乂^Y \   \|     ,|/||_||_||_||_||_||_||: `|:,    l/  /〈〉乂_,乂〈〉  .|| | |   |  | | |
:::::| | :|  | |:::::: :| | | :| | ル|ハ  |..ハ \ │  ,.::|:::(_乂乂乂乂乂_): |::゚。   l  /  ,{ } 〈〉〈〉 {_}|  || | |   |  | | |
:::::| | :|  | |::::::: | | | :| /ハ|ハ\| | | ハ \| \/:: |:::::゚o゚o゚o゚o゚o゚o゚o゚::: | : ハ/ |/ ハf´{_}〈〉()〈〉{_}|  || | |   |  | | |
:::::| | :|  | |::::::: | | | :|(_乂..乂,ノ)| | | | 〈〉〈〉、 广,|二二≧=ー‐=≦二:|ニニ〉イ〉〈〉| :|| | (乂乂乂)||  || l〈〉〈〉 |  | | |
:::::| | :|  | |() ()..()| | :|从j乂乂)|| | | | | I I I I^Y ̄| ̄│|〈〉〈〉〈〉|│゙ΤΤ| I I I I..I| :|| | :||(乂乂) ||  || () ()..() |  | | |
:::::| | :|  | | 乂リ .| | :|ゝ,ソ| | | || | | | | ()()()j :| ,人, |::|VVVV/|│ 人 |│VVVV| .|| | :|| | || | [][]..,|| |YY゙|  |  | | |
:::::| | :|  | |ニニニl .| | :|YY | | | || | | |(())乂シ│IIl()III |.:|:|(。。。)|│|ffI()II|│乂ソ((,))|| | :|| | || |((_))j)|| |'^ヽ|  |  | | |
:::::| | :|  | |::::V:| | | :|∨〉| | | || | | |NNリ|((j) | 乂_ソ |.:|:| |゚c゚│|..|乂,ソ|│G |NNリ.|| | :|| | || |`YY´|| lヽ/.|  |  | | |
:::::| | :|  | |:::〈_〉 | | :| {,,} | | | || | | |爪イ,| | |││││|.| |  |│| .l   |..| | | | |〉〉}| | :|| | || | .{..}| :|| |〈)})|  |  | | |
___| | :|  | |__从|‐:| |_,| ハ}_| L|_,,|| |_|'´/)ノ_| | |┼┼┼┴┐|  |┴'.┼‐┼| | | ト〈 〈〈|_|_,||_|_|| |‐|..||_,||‐:| | 〉|  |_| | |
__,|_,|‐‐|_ノノ(ニニ7‐rv')、-=ニ(__)ニノノ冂 | | |┴┴┴─┘ ̄ └ー┴‐┴L| | |.┌‐}‐rzzzzァ ̄フ√〉 |二|ノ乂‐r'‐‐r'゙|_|
_ .| | ̄| (^Y^ソ.| | } }{ :{..||¨゙|¨゙| ̄|┴'^^ ̄     : : :   : : : : : : : : ̄ └‐| ||Τ.| (__)} リ j l:| 〈(_..ソ..| ̄| ̄| |
___|_| |  |__{ } {_,|_|ノ_ノハ_)┴┴┴ ┘: : : : : : : : : : : : :..:   :..: : : : : : : : : : : ̄└L Lノ_ノ┴从| /ハ Ⅵ .|  | |
ニニ7_,|_|ノノ八_)」┴─‐┘ : . .      / ̄ ̄\: :   : : : : : : : : : : : : : : : :└‐‐┴┘ノノ‐乂〉ト.,|_| |
Yi||:|_|__辷「ニニ「」 : : : : : : .      /   _,.ノ  ヽ、_ . . : : : : : : : : : : : : : : : : : :「」ニニニ「」」_|_|」〕iト
_|i||:|                     |    ( ○) (○)  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ : : ``~、、
¨_||:| : : : : : : . . . . . .           | U  (___人__)   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
T」┘: : : : : : : : : . . .        . .|       __ノ__  : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : 
                         |     _/ ___\ヽ_
                         人、   '-/____ ヽ  |
                      _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
                _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
               /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
              丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
             . i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
             /. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
             : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
             : : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
             : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 正午ぴったしに地図の場所に行き、
 メイドに案内されて屋敷の中へ入る。
 そこには凡そ俺には不似合いな豪邸だった。

470 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:18:53 ID:hC1guUhd



          _ -‐==‐- 、
.        , <        >、
     /         \  \
   __厂j「Τ厂ト、   \    \  \
. く  >-┴一'‐く    \    \  \_
 r‐Yフ¨´ ̄ ̄ ̄ `ヽ   ヽ    \  \ `ヽ 
 にl´     \ \    \  ' ,  ヽ ヽ ヽ}        やらない夫様でございますね。  
.  /       \ ヽ \  ハ   V  }_リ__リ_
  { |     |     ト、|∨ ト、 }   l |__/   \ )      マナカ様よりうかがっております。
  |│    ト、 l  l l Vト、∨ヽ /__{     ∧ー‐、
  l∧  |l ト、\`ト、j! {ヽ.}  V 廴|  /   ∧_ノ    恐れ入りますが、ここで少々お待ちいただけますでしょうか。
  l{ ∨ \!l \`ヽ  \j\_/ /___! /   /  \\
.  ヽ. \ |\_{ └‐r 'ー{│} 廴_j/  /    ∧ノ{
         N\| ,ノYフ Vハ /´|      _j У!
          \|{ ノ)  ヽj_)ーノ\___/ ̄O } ∨/,l
            ∨ )  (j_レ'7///l∨____ノ___}//|
                }K   〈_H {///│∨l    ∨/|
           _(_j_)_  〈ノ ∨///∧   ,   ∨\



                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \.
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |            あ、はい……
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥___



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このような場所に今まで縁がなく、
 どことなく動作がギクシャクしてしまう。
 荘厳なシャンデリアに、宝石のちりばめられた窓枠。
 椅子一つとってみても俺の数年分の値打ちがしそうで、俺は慣れぬ雰囲気に飲まれてしまっていた。

 


471 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:22:43 ID:hC1guUhd



                .,ィ'⌒ヽ
              _/;;;;/⌒ヽ
               };;;;;;;/。+"*: l|z──┐
          _....-‐{;;ノヾ}_:_; _:リ;.\─-L‐-.. _
       ...-''"´  .ィス;;;;ノ:.:.:.:ムノ;.;.;.ヾ\:.:.:.:.ヽ、 ` 、
     /    }`V;.;.ヽミ少'⌒^i;i;i;.;.;.;.;.;.ヾ\:.:.:.:.ヽ   \
    /      イ {l;.;.;.;.;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;.;.;.;.;.;.rzrァ;.イ、:.:.:} _   \. , ' ,
        /イ  トヽ;.;.;i;i;i;i;i;i;i;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.`^;.;∑Y//    ///,
 ,'     /  V ハ `ヽ;.;.;.;.;.;.;.  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.// / ヽ ////
             V. };.;.;.;.;.>‐-*===─‐≦;.;./ /    /ヽ ' /゙.
|      |     V.ハ;.;.;`;.;.;.;.;.;  ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l  r'   / _ /
|      |     入|、;.;.;.;.;.;.;.ー==-;.;.;*;.;.;.;ノ ノ}.  //     |
       、    ヽ*ヽ;.;.;`ー-;.;.;.;-=;.;o;.;.;{ ノ./ //       ,
 ゙.      丶    \ `,<___>'"´` ´//
  ヽ      \     `‘’、-r  -r_.. -‘’//            /



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 待っている間に、と出されたケーキですら、
 もうなんか見たことがない形をしている。
 というかこのフォークは銀ではないだろうか。
 上にかかっている粉は金色だが、もしかして本当に金なのか?
 なんか恐ろしい気分になってきた……。
 

472 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:25:21 ID:0cN4Kqv9
3の牧歌的あるいはSF的な姿しか知らんかったけど、本土はがっつり目のファンタジーやってるんだなぁ

473 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:26:31 ID:hC1guUhd
 


                          _____
                     /           ヽ
                      /              ,
                  l            i
                          j!        :
                   l ,..-、_,ノ ヘ,___,ノ }
                   |  ( ● ) ( ● )  |                  緊張度 【1D100:22】
                 l  r     i     、 .!
                    ∧. ゝ、  人  ノ ./ォ、_
                    _,,イ/,|ヽ  ̄´_` ̄ ,イ////l
               _, - ≦////|l! \ ´ ` .///////ゝ、
             ∧,////////{ l   `ー‐ ´ ワマ/////∧
             /,/∨/////// l     ,'///`' 'ミ,///{`ミ- 、___
             }///∨/////__     ヽ//////`ヽ;ヘ //////≧ォ 、
        ,.イ/////ヽ///|    `ヽ   ,.'´}/////////`//////////,`x
       /> ´/////∨,∧            l//////////////////////\
       ,r7///////////∨/》            マ,//////////////////////ハ
    ///////////////∨,|            ∨//////////////////////,
     {/////////////////Ⅵ             ////////////////////////}



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 い、いや……落ち着け、俺。
 俺はこれから師匠になってもらえるかも知れない騎士マナカと交渉をするんだ。
 こんなどうでもいい盤外で脅えてしまってどうする。
 気を強く持たねば、上手くいくものも上手くいかないぞ。


474 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:27:50 ID:8JJxFhAl
全然緊張してねぇ!!
ずぶってぇなぁ。

475 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:29:57 ID:0cN4Kqv9
昔の剣習う時の必死さから考えると、騎士になるために緊張なんかしてる場合じゃねぇ!って感じかなw

476 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:30:21 ID:hC1guUhd



                      __
                     /    ヽ
                    /       \
                    i          \
                    l  、__,ィ、      \
                        V  ヘ _ノ-、      \
                   `ゝ 、___ノ    }   >、_   __
                        '、丿_ ,.     /}  // : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                        `ヽ 、  /;:' ,.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                   `-ュ<ィ</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そうだ……よく考えてみれば所詮は菓子。
 所詮は椅子。所詮は家具。所詮は家。
 俺が真に対峙しなくてはいけないのは騎士マナカであり、
 剣である。ならばこんな些事で心を弱らせてどうすると言うのだ。

477 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:32:10 ID:hC1guUhd



              i|    |i  / ̄ ̄\
             i|      |i / _/   \
            i|     |i (●)(● )    |
          i|      |i  (__人__)     |
        i|        ,|i  (`⌒ ´       |
      i|       ,|i     {          |
.      i|          |i    {         ノ
     i|        |i   /⌒´      ` ̄\
     i|            |i |             ,、 ヽ
    i|           |i \ \      ||  │
    i|               i|i \ \      /  /
.     i|                 i||,\ \  ;′ 〈
    i|i              /i|!\  /]   /\
     i|i.               /   i|(ノ/)) ̄   ヘ
      i|i            /   / ,ゝ ̄.、    ∧
        i|i       / \\ /     \    |
        i|i        !. / /       〉    !
         i|i    \\ / |           ヘ   \
           i|i  / /  〈           ヘ,    )
              i|i__/____ノ             `ー‐ '



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんな時は己のやってきた事を思い出す。
 俺のやってきた事は一つだけ。すなわち剣を振ること。
 熊のように厚い掌を握りしめる。これを失うことに比べたら、どんなことも恐怖ではない。

478 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:35:01 ID:hC1guUhd



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 騎士マナカは騎士団において異端である。
 過去の戦いで行った大虐殺が異端なのではない。
 彼女は平民の出身であり――何よりも、騎士でありながら召喚師であった。


479 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:42:12 ID:E/eZdyMJ
ああなんか違和感あると思ったがそれか

480 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:44:36 ID:hC1guUhd



                ´ ̄` 、
               /        ヽ
            '            \
          /
       _ -―――――-- 、     ヽ
      i´―    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !.      〈l、
      l   _       _      l l    〈ト、ヾ!         いやあ、召喚師とかまじねえわ。
     {}  ( )    ( )     l |    ヾl、'!
.     !   ´       ´    | |  〈|! ヾ i         あいつ等、国に忠誠とかないし、
     l ____          | l    ヾ、 ゙l.!
    __-二二二二二ニ=‐-_  l,.――--   ⊥ ___     危険な存在すぎんだろ。
  /ニニニニ=-―ニニニ二二/ ,' ,.-.、 ̄    ―‐- }
/ニニニニニニニニ二二二二{ .{入__ノ         'ヽ   
ニニニニニニニニニ>''"ニニニ> 、 、     ト、  .! .}
ニニニニニニニニ´ニニニニニ二二> 、 、  ヽ.`  _Y
ニニニニニニ/ニニニニニニニ二二/ニ/=> 、  ヽ _ }
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニ'ニニニ>、  __!
ニニニニ/ニニニニニニニニニニ'二/二二二二二>-ィ
ニニニ,.イニニニニニニニニニニニニ/ニニ二二二ニ二二}、
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニニニニニニ二ハヽ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二!ニ',
ニニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ/ニニニニ!ニ.}
ニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ,.'ニニ/ニニ!ニノ



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この世界には5つの異世界が存在している。
 一つが天使や悪魔が住まう魂の世界――霊界・サプレス。
 一つが多くの幻獣や亜人が住まう命に満ちた世界――幻獣界・メイトルパ
 一つが鬼や龍、そしてサムライやニンジャなどの独自文化を持った世界――鬼妖界・シルターン
 一つが高い技術力によって己の世界を鉄と砂の大地へと変貌させてしまった世界――機界・ロレイラル
 そして、最後が殆どなにも分かっていないに等しい世界――名も無き世界
 召喚師はその世界から使役する召喚獣を呼び出す者達のことを指す。

481 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:49:33 ID:hC1guUhd



           /⌒ヽ
             i   l
           ノ    ヽ、
        ,  ´        `  、
       /              ヽ.   えげつなさすぎワロタ……。
     /     , - 、   , - 、    ',
      i       { ● }  { ● }    i  
      |    〈\ ー‐'   ー‐' /〉   |
     \   \`ー‐―‐一'´/  /
      ヽ、    ̄ ̄ ̄ ̄  /
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 異世界より呼びされた召喚獣は基本的には召喚師に逆らうことはできず、
 そして何よりも重要な点は……召喚獣を元の世界に戻すことができるのは
 呼び出した召喚師のみだけである事だ。
 故に、主が死んで帰れなくなった召喚獣が野生化、もしくは盗賊化し、
 人間を襲う「はぐれ」と呼ばれる奴らも多くいる。


482 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:53:39 ID:jGtoimFv
サモンナイトは可愛い絵柄で誤魔化してるけど滅茶苦茶世界観ハードだよね

483 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:54:41 ID:E/eZdyMJ
このリィンバウムという世界が牢獄というのもあながち・・・

484 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:56:51 ID:0cN4Kqv9
モンコレとかサモナイとかの召喚術はまこと酷い術だよなぁ

485 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/12(土) 23:57:23 ID:hC1guUhd



                  __               `、`、
               ,  '´ ,   `ミ 、              `、`、
             /  /     \\            ゙、 ゙、_
            ,ィ´   ',        、ヽ',           ∨7‐ヘ,
          // ,  , λ        ヽ}、        rrrイ (, r '_´ }
          //レ| ,r7 ,/ 、 ト、 ト、   ヾ┬`     , '´,! |{ 弋_ゝー〈
          ´ ,ノレイ rヘ、 ', ! ヾ' ,> 、ヽ`!    , '   { ', 、ヽ\)、 ゙、
           〃} i f´T_)ヽ', | ,..rfcヽ ,「゙i`_ゝ__/    \ ヽヽ\_∧ ゙、    召喚術をつかってビシビシ稼ぐわよー。
          /У |!,,,,,ゞ'  ヾ 弋ノ,,,, !| ',ゝ∠_       `ー`ワ´ ゙、 `、  
        -='-ァ/ ,、 ト、'''       '''''ノ |  Y´: /         , r'  ヤ"´ヽ  メイトルパから大型の召喚獣を呼んで
           ''´ 、|,rヘ. _,r‐ =,_, ィ7: レ:、 |: : >      , '´     Y´Y′ 
             _〉'f´\\ ̄ //: : : : :`: (´    ,  '         ゝ '   街と街の間に列車をつくらないと(使命感)
           //: f'ー-- 又r'⌒ 、: : : ',: レ' ,. .'>‐-.,
         ,. .:'´,.:': : : ::.、   ,レヘ   、ー-}´|,. .:': : : :,  '´
        ''"´7: : : : : : :ヽr ' ,! \ミ-‐ '  /`゙{: : : : : : :\
         ∠: ,: : : : : : ゝ--:'´tヘ- 'Y′ .!: : : : :', ̄
         , '   |: :_: : : :_: : : : :_ヽ !  ! \i: : :_: : ',
       /    し' ヽ、:} `ヽ、ノ  i i !  !  ヾ、_:ヾー
     ,r'        |`!    i  .! ! .!  ゙、   \`
     /         | !    i  i. ! .! l ゙、    \
    ,/         ,r! i    !   ! ! i l ゙、     ヽ
   〈        , ´ |  i    i  ! ! i !  、     ノ
   人\    /    |   !    !  ! ! i   `_ ,. .ィ´
 ∠, rヘ,二r‐ '      ゝ、     !_ ,! -‐一::ヘ´: : : :>ゝ
    ̄ ゝ'       /: : : `ー: T: :´: : : : : : : : : :> ' ´



             ,..-''"゙´      `゙'ー ,、
              /                 \
        _,, ‐"                     ヽ
     ._ ‐'´      l、  | |  l   l        ヽ
 .=ニ,゙、  │  |.ヽ !|、 | !!i ヽ  \    \    |
     .`';  |  lミ∥||!| | l'' l、 \  \   \ \|         君はバカか?
      /  ,.|  |/    | | |  \ ヾl-、 \   >>
     .ノ'"^゙| |.、 |,|   | ||,二二'',゙ヽミ.l_.!゙''-,ヽ_\|、          召喚術は危険なものだ。
        | l,l、|.l 二 レ´|{:;:;i._/  |`l'‐ |'r l \ |
          |.,/||/il,゙i{:;i,! ./ ̄ ̄'7─, |゙」”.| .ト/、>         その知識を研究・収集することこそが
          |′.".iヒ"[/ ̄ヽ__/  /.r| | |.l,,..-゙ |
          ,レ''イ'.l、 、     /./ | |, /|   |          召喚師としての本懐だろう。
             ゛ .| l{゙l  -ー─   レ │l''"゙´ !  l
               l .!`'\      _/]/.-;;j!ニl!"゙'! l
            !|   ヽ、____,, ‐"  ,゙,!l,゙l'" ._/.l`
                     l,!,i|゛.l.. ー''"/, -',゙.. ‐"`'、


━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 人智を超える召喚獣の力を駆使できる召喚師はそれだけで貴族級の扱いが約束されている。
 そして聖王国には二つの召喚師の派閥があった。
 召喚術を商業目的や利益目的で用いる実利主義的な金の派閥と
 召喚術の研究を主目的として、政治からも一定の距離を置いている蒼の派閥。
 

486 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/12(土) 23:58:28 ID:6XtEUGUj
楽園を地獄に変えたのは豊かな環境を求めて、リィンバウムを取り巻く4つの世界が侵攻してきたのが切っ掛けだけどな!
>>特に悪魔

487 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:01:38 ID:ka7lwCYP
当然メイトルパから呼び出した大型召喚獣は帰れないだろうし
超激務で働かされるだろうし、その大型召喚中にも元の世界に家族はいるだろうし、
改めてすげえ世界観だ(小並感)

488 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:02:05 ID:BvCg5cJn
実際地獄な

489 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:04:28 ID:XIzIj9O4
呼ばれる方はたまったもんじゃねぇよなぁ


492 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:11:18 ID:ka7lwCYP


               ,--r三ミ. ト、 |川|/--、`ア=、_
            ,--'‐==、 ヽミ | |レニニヽッ==ミミ`ヽ
           r'ー‐'二二ヽゝ-'´      `ヽヽ `ヽヽ\
          ∠二 , -ァ{| |     ____     ヽヽ  :lヾヽヽ
        r┴‐‐'´_,ィ { ヽヽ  ,--'´,-‐‐‐‐‐-  ゙! |  :::| ヾミヽ
       ,ノ ,彡二r''^ヽヽ ヽヽ , -'´ , -‐‐ ___, -ヽヽ :::| :.'、ヾヽ
       |/  /// ::  j |   l/!, -‐'´  , ------‐'`ヽヽミ、__ヾミlレ-、
      / // /: ;l:  | | '´ { |  r─'´ノ⌒`ー--'′ /ノ``ヾ|Y/`i |
      |/ // /:: ;|:  | |  ,.-| |_ノ /~  〉ヽノヽ、__/人\ ミト< .|
      { 〃/ハ::: ヽ://    | | / _ j V l トト‐‐'´, ‐‐‐‐、ヽ ヾ.V|         どうしよう……。
      ヽ|//ハ::. |.ト、::::.. //  / _____ || ヾ=巛r'´ ○ //Tミ,ハY}
       |} ,ィ' ,ハ //::::゙i:::〃 ,.,.,.,.ノノ{ { } lレ'   l、ヽ ----'//ヽi :|| ||
       |||N | ィ! | ::〃从--rイ ,∠-、ヽ    |ミ三、 「彡 、/ ||ヽヽ、
        }| | )川| 〃 |} } } レ'´ ̄`j |:::ヽ   '、 l U :::..:/ .;ィlヽ ヽ ヽ
        | ,---、j|{:. ||i//||彡'′○ //!::::::::\   ヽ L--、 、:::ハ !|ヽ | | |
        Y(l`7>|| |::||l |川`ヽ、____//ハ..:..::::::::l     ノV/\_ヾヽヽ! |j |
       ,人ヽV (ヽヽ||〉巛ヾ=┐r彡/  __ノ `    |ヽ `ヽ   \! | || |
       |  ||`iヽ、` l ||::ノLi i i し' / // └、---、__ノ  ヽ ヽ、ヽ ヽ |ト、ヽ、
       }  j| 川 `ア |l\::..`i ー' jj/ハi人イ l``Ti___>_r‐v┬、ヾヽ ヽ ヽ `ヽ
      ノ rイ! |レ'| ,ィ'⌒ヽ--=、====、j|| |川 ノ   jr'┬イン┘、/| |トヾ |ト、 `ヽ-、`ヽ、
     / ノ川/ // ..::/   '´⌒L...L_!jノi  从`ヽ-'‐'´, -r‐' / /`ヽ|从⊥ ヽ |Tヽヽヽ
   , -' 二二Z/ / .:::/ .:::/ .../   |ノ | ノ `''-、i_iイ| |} ヽT´ L..|`Y^Vヽ|| YレL}| |
,r─'   ,ノ彡ニ/ / .::/ ::/ ::/  r'´   {ハ },人: : : . ._人 !   `ミヽ ヾ<r /l .:!  { { |



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 重ねていうが、召喚獣は人の力を圧倒している存在が多い。
 それを思いのままに操れる存在が何もしないはずはなく、
 政治には距離を置くとしている蒼の派閥であるならまだしも
 金の派閥ではそのまま政治機構に入り込み、実質的に一部の地域を掌握しているという
 ことも珍しくない。下水の水を浄化するシステムすら召喚獣に頼っているのが現状だ。
 彼らの力なくして、今の生活は成り立たない。故に、騎士の多くは召喚師を毛嫌いする傾向にある。


493 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:11:42 ID:IsIe1Wfv
召喚獣を労働力に使うより、召喚獣の元いた世界の知識やテクノロジーを聞き出して収拾・再現した方が得なような感じはするけど

494 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:17:29 ID:ka7lwCYP



                ´ ̄` 、
               /        ヽ
            '            \
          /
       _ -―――――-- 、     ヽ
      i´―    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !.      〈l、
      l   _       _      l l    〈ト、ヾ!        
     {}  ( )    ( )     l |    ヾl、'!
.     !   ´       ´    | |  〈|! ヾ i         召喚師を政治中枢から殲滅しないと(使命感)
     l ____          | l    ヾ、 ゙l.!
    __-二二二二二ニ=‐-_  l,.――--   ⊥ ___     
  /ニニニニ=-―ニニニ二二/ ,' ,.-.、 ̄    ―‐- }
/ニニニニニニニニ二二二二{ .{入__ノ         'ヽ   
ニニニニニニニニニ>''"ニニニ> 、 、     ト、  .! .}
ニニニニニニニニ´ニニニニニ二二> 、 、  ヽ.`  _Y
ニニニニニニ/ニニニニニニニ二二/ニ/=> 、  ヽ _ }
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニ'ニニニ>、  __!
ニニニニ/ニニニニニニニニニニ'二/二二二二二>-ィ
ニニニ,.イニニニニニニニニニニニニ/ニニ二二二ニ二二}、
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニニニニニニ二ハヽ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二!ニ',
ニニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ/ニニニニ!ニ.}
ニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ,.'ニニ/ニニ!ニノ



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その召喚師に対しての反発が軍事国家・旧王国を生んだ。
 元を正すと旧王国は聖王国内での召喚師に対する反発によって始まった内乱だ。
 騎士の中にも召喚術を用いる者がいないとは言わないだが、
 それでも、騎士は召喚師に対しての嫌悪感がある。
 家名主義の聖王国でありながら、平民であり、召喚師でありながら
 騎士になった騎士マナカは異端中の異端であった。

495 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:18:56 ID:ka7lwCYP



                ´ ̄` 、
               /        ヽ
            '            \
          /
       _ -―――――-- 、     ヽ
      i´―    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ !.      〈l、
      l   _       _      l l    〈ト、ヾ!        
     {}  ( )    ( )     l |    ヾl、'!
.     !   ´       ´    | |  〈|! ヾ i         召喚師を政治中枢から殲滅しないと(使命感)
     l ____          | l    ヾ、 ゙l.!
    __-二二二二二ニ=‐-_  l,.――--   ⊥ ___     
  /ニニニニ=-―ニニニ二二/ ,' ,.-.、 ̄    ―‐- }
/ニニニニニニニニ二二二二{ .{入__ノ         'ヽ   
ニニニニニニニニニ>''"ニニニ> 、 、     ト、  .! .}
ニニニニニニニニ´ニニニニニ二二> 、 、  ヽ.`  _Y
ニニニニニニ/ニニニニニニニ二二/ニ/=> 、  ヽ _ }
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニ'ニニニ>、  __!
ニニニニ/ニニニニニニニニニニ'二/二二二二二>-ィ
ニニニ,.イニニニニニニニニニニニニ/ニニ二二二ニ二二}、
ニニニニニニニニニニニニニニニ'ニニニニニニニ二ハヽ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二!ニ',
ニニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ/ニニニニ!ニ.}
ニニニニニニニニニニニニ二二/ニニニニニ,.'ニニ/ニニ!ニノ



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その召喚師に対しての反発が軍事国家・旧王国を生んだ。
 元を正すと旧王国は聖王国内での召喚師に対する反発によって始まった内乱だ。
 騎士の中にも召喚術を用いる者がいないとは言わないが、
 それでも、騎士は召喚師に対しての嫌悪感がある。
 家名主義の聖王国内で、平民であり、更には召喚師でもあり、
 騎士になった騎士マナカは異端中の異端であった。



 ※日本語がおかしすぎたため修正。


497 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:22:43 ID:ka7lwCYP



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'           ……まあ、俺には関係のないことだろ。
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 彼女の経歴が俺を弱くしてくれるわけでもないし、騎士にさせてくれないわけでもない。
 騎士マナカを取り巻く悪評のいくつかは、そんな彼女を嫌った根も葉もないものもあるだろう。
 俺にできることと言えば師匠になってくれるよう誠心誠意お願いし、
 交渉をするしかない。


498 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:23:11 ID:XIzIj9O4
建国の理由が反召喚士の国家の、召喚士嫌いのお膝元組織の召喚士
どんどん厄くなってきたぞぉw


502 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:31:32 ID:ka7lwCYP



   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |iーi,| r 、     | |
       | |                       |lニl,| | !l      | |
       | |                       |L.l,| | ;!!.      | |
       | |                       |//,| |-|l.     | |
       | |                       |//,| |i l.!      | |
       | |                       |//,| |.! !!.    | |
       | |                       ||l l|| | !.||.    | |
       | |                       ||l_l|| | l ||.     | |
       | |                       |//,| | | |l.     | |



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)       ごめんなさい、待たせてしまったかしら。
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ      やらない夫さん……でよかった?
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :



           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ               い、いえ、お会いできて光栄です。
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、           騎士マナカ
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 扉が開き――騎士マナカが現れる。
 驚きを隠せなかった。齢14にして攻め込んだ旧王国の軍勢の8割を滅ぼしたと言うから
 どんな魔女が出てくるのかと思えば、拍子抜けするくらいに普通の童だった。
 人形のような顔立ちに、宝石のように青い瞳。
 肌は白磁よりも白く、透き通っている。どこに出しても恥ずかしくない令嬢。それが第一印象だった。

504 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:36:24 ID:ka7lwCYP



   /     /  l     ハ     l    }          l     l
   /    l/  j   l l Y   }  l  ト ヽ      ト、   八
  ,     l   j:l  l| l   !!  l   j ヽい    l lへ  ト、ヽ
  l  j  |  l::l  l l   l  / l T /  ̄Y l    l l  } l い
  l  /  l l    l:::l  トl   l / l  l /     l }    l l ノ  l  い
  l ∥ ハl    い l l   }/  l /j/ _,,xァ /    l l  l l  } }
  l j   !:::l     〉\l   ノ   /  -宀冖"j/l      l  l ゙、ノノ
  l l  l::::l {八V_,,x=-             ノ l     l | l ト\
  l l  l:::::l ト、ヽ^冖"                  l    l | j从           クラウスから話は聞いているわ。
  八 ゙、  l:::::ト乂\>       :::、           l     jl } /
   \>l::::j:::::::::::::l::\      _.....::::ノ   /j    ∥ j/              なんでも騎士になりたいとか。
    j \l:::::::::l:::::::}:::::::>、_   ⌒'''ー'"  / /     / /
     l j:::::::::::::l::::/{xく-┐ { `ト  _ //^Y  //xく               
    / /l:::l:::::::ノ∨  )/⌒\r-イ    __) / / /  `ー<⌒>‐‐、
   ノ / l::l:::::::{_ Y'"    八\へf⌒} // /       \_  )┐
 /ィ/   い:::l/ __/         jト、`(jr~/~'": /           Y     }
     〈乂ト(  /          !l: : : : o彡: : : : :/          ノ-―ァく
     /: ) \-}           トl: : : :癶 : : : : :/          「   廴 :、
     /: / ̄二ノ        l└'"/ノヽ/ ノ          )-―  }い
   /: :└r-、-j           l / // / ノ:::           /   _ ノ l: l
   /: : : : :}  ヾ     ノ ) / // / /             }    {: : : :l :l
   {: : :/ ̄ ̄ /   / / // / /              ノ   ̄ヽ : : 0: l
  _} : 乂ー--l   / /   ̄   /            / _ ノ: : : : l: l
 /0:{ : : : ヽ   } /         //              /   { : : : : : : l :lヽ
 {: : :゙、: : r┴ { /          └--―-  _       /  ⌒): : : : : : : l:ノ:
-‐\_ : {r‐-、У          x-―――--へ      /ー-、/ : : : : : : ハ :
: : / く⌒   \       /ヽ () / l: :l: :l :l: \   /\(⌒ : : : : : : : / : { :
: : \  ゙、   l廴ノ⌒\ /ヽ  ll    l: :l: j: j: : : `~く   〉: /: : : : : : /: : : \



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 銀の鈴を鳴らしたような、凛とした声音だった。
 扉を開け、椅子に座る。それだけでも動作が洗練とされている。
 ここで一つ疑問が生じる。……この幼子に剣を教えることはできるのだろうか。
 まがりなりにも騎士なんだから召喚師と言えども剣術はできるだろう。
 クラウスさんの紹介なのだから、そもそもその点での疑いはないだろう。
 と思い蓋をしていた疑問が溢れ出る。

505 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:39:37 ID:ka7lwCYP



   |       /        }!    /  │     }/   \  │         ト、       |
   |        /         /   /     }    /     i   | ∨       | \   |  |               |
   | /    /         /   /    |    /________|__j廴_∨z=-― ナ7 木  |  ト、       |     |
   /       /        /} __,z云乏弌拉圭フ''"´¨” ̄ ̄|│/´ ̄ |    /     \ |   | }     |      |
  l| |     /     ィァ仁fi伊テ''"¨゚゚” ̄ l   /        | l/    |     /       ヽ /  |     │   │
  l| l     /     /  / /      l /__       |/    ]   /         } /       |     |
l   | |   /| |  /   / //´ ̄ ̄ ̄j/_,zァ竺竺笙笙笙笙竺ミ|  /zz≦_,    j/    |    │   l
l   |   / | { /     //  _zァ祈テfィ圭圭セ毟丐芒芋芋芒芹=}  /f芋芹≦三テてァzーァ'│    |     |
|   |   { │ j/    /   -‐抜}圭レ'´ if川{ _)   ,ィ元x   }ニj/沁      ̄ ̄j伃f´   |      |    /
j/│  |   } /    ´    ,ィ伐少'′  [{lij[ ニ)  { i   }  (に ]川lf{          }沙′  j    /   /
   |   |  ノ「          / j}沙'′   V叭  次  乂__,ノ  jミ  }川リ       ノ    /    /   /
  │   | / |         j沙′   ⊂ニニニ⊃ト,、_  ,ィ介 ,ィ抜′               /    /   /
  人  |               jリ´《      `マfぅゎ、ノ 几冗 } ヽ ⊂ニニ⊃     /     /    /  /
 /  \ |             }「   \        ` ‐=弐≧===≦テ=‐ ´                /   /  /
      \                              ̄`¨゚゚´ ̄                /     /
                          >x              xf´          //  /
                             `厂  ー┬   ^¨´        //  // /       /
                                             ー=彡  ̄ ̄ / /  /     /
                                                       / /  /   /
                                                         //|  /  /
                                                       / │ i /



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 瞬間――背筋に冷たいものが奔る。
.

506 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:40:01 ID:XIzIj9O4
そういや確かに。
なんか血統的に召喚術はすごいっぽいけど、剣の腕前は育ち的に持ってなさそうだよな

507 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:42:47 ID:ka7lwCYP
.


             \     \            \
  \      \     ヽ   ヽ `ト、          \_
   ヽ ヽ     l\ヽ   Y } Y V::\  `~ミ,,__    ̄`ヽ
   ト、 、  Y   l'"ヽ     ! jハ l  V⌒\    \ `ヽ  \ \
    い Y! K  l _,,,_l  }  }ノ ! j   乂  ヽ   ヽ  \  ト、 }
 {  い トl l:::、j斧)ハ ∥ j   }ハ   \ ノ癶   Y   、 } )ノ
  ト、 }| }:l j::::}癶シ` }/ l ∥    l゙、    \}ハ   }     }ノ       ――赦します。
  l::::\|j::}ノ   /゙    j/ l    l ゙、 \   \} } ハ   /
l 八::/::::ソノ             }     l l  ヽ   V / ノl ト(        貴方が私を値踏みするように、私も貴方を値踏みしている。
  Y::::x‐::\         l    l  l   l:Y j }/Y }ノ
人 l::(::;y'妁        / l     j |  } } j)人  ノ           だから、これはただの挨拶。
  ト、\{{弋メー-   //  ! l    l /}  l j-jメ、_〕
  l \个 、    / /  { l   j / !  lノ : : :人              そのはずでしょう?
 ノ`~->::\   ̄ ''゙   l l   { lУ! lノ : : : : : :\
/j::::::::::j::::::::::::::`ト..,,__    人{   ト{: :ノノ : : : : /⌒く__
! l::::::::::{::::::::::::ハ:::::::::::::二ニ‐-く乂  {: : :/: : x彡'"⌒ ̄   ヽ            __
ト{:::::::::::!:::::::::::j l:::::::::リノ/⌒ミ~ト从 _ /             ̄`<_    /    \
八::::::::::lヽ::::::l l::j/ 〈 >'⌒〈 气 _ ̄''~-‐              ̄~く   //⌒)}
  \:::::l八::::l j//⌒/ /: : : :\__r―-ミヽ                  ⌒(  {'"⌒
   \l 从l  弋 /: : :/: : : : : : : : : : : : : )}                      }-‐ ⌒Y -――-、
           ノY : : : : : : : : : : : : : : : : 「 }、__ r‐-            -―ァ‐-、_ノ'" ̄ ̄) ノ
        /  l: : : : : /: : : : :/ : : : : 乂  ノ⌒\}     /_\ {   ノ ⌒~こ二二彡''゙
          廴rっl : : : : l: : : /: : : : : : : ヘ :⌒: : : : 〈 `~r {く: : \>⌒ ̄ (ヽ\: : \-―-、\
             (|: : : : l /: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :\_>‐-┘ : : `ー--‐くヽ\\: : ヽ   \
           )l: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : }:/: : : : : : : : ) :い:}: : : /|:| : : :} }: : \\: :}



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 認識が甘かったことを思い知らされる。
 請う立場だというのに、こちらの無礼な考えは既に見抜かれていて、しかもそれを赦すとまで言われてしまった。
 会話の主導権はあちらに握られてしまったようなものだった。
.

509 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:44:29 ID:IsIe1Wfv
赦すって、弟子になることを赦すってことじゃないのか?

510 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:46:12 ID:eokJ56V5
こっちが頼み込む立場だからなぁ

511 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:47:12 ID:ka7lwCYP



                   -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ ~、
             /         ̄ニヽ  `ヽ、
                //    /  /        \
            /  -‐/   /       }  ヽ   ヽ
             //    /   /       ∧ い    Y
              {/   j   ∥  /  l / Y l l   l
           {  彡  l   l  /-‐/l l  l -十-| }    それに貴方が思ったこと、あながち間違いじゃないわ。
             { ̄   l   l{ / l__/ トl  jハ从 j } !
            弋  ー-!   lハ,lx=气      /汽ミ 从j    騎士としての私の剣の技量は高くない。
                \ /l l  l l《 {::’}      {ソ/l /い
              弋l l  l l  `冖    .:、  j l l l }    トライドラでは最底辺レベルかしら。
                    l l   l|           ノ j l トj
                 l ! |l     -;;;ァ   イ ノ { ノ   
                八  ト|:::......__     /V} / /
                      \ l 廴r-、ノl ̄    ノノj/
                 /l: `~彡: :j^\
               r-‐ァ‐'"   l\癶 //  `~r、
             /乂/     ト  r‐/     } (⌒\
          /: : [__l       l  | /        j-〕: :/: ヽ
          /: : :{__l        ! jl!/       jヽ 〉: : : :∧
         ノ: :{ : 〈 l        ljll/       /-ソ: : : : : ∧



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)               ……え?
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}


512 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:47:53 ID:IsIe1Wfv
ってガチで読心してたのか

513 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:50:09 ID:Qz4Vjwdk
召喚術を教えてもらえるのか
連携でもしてくれるのか
トライドラ最底辺でもない夫よりよほど強いのか…

514 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:50:16 ID:PAS2HWTo
まあ剣に優れた召喚獣なら用意できるって感じかね。
もしくはマナカの配下か、あるいはマナカ経由でさらに別の師を用意?

515 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:52:29 ID:ka7lwCYP



             \     \            \
  \      \     ヽ   ヽ `ト、          \_
   ヽ ヽ     l\ヽ   Y } Y V::\  `~ミ,,__    ̄`ヽ
   ト、 、  Y   l'"ヽ     ! jハ l  V⌒\    \ `ヽ  \ \
    い Y! K  l _,,,_l  }  }ノ ! j   乂  ヽ   ヽ  \  ト、 }
 {  い トl l:::、j斧)ハ ∥ j   }ハ   \ ノ癶   Y   、 } )ノ
  ト、 }| }:l j::::}癶シ` }/ l ∥    l゙、    \}ハ   }     }ノ
  l::::\|j::}ノ   /゙    j/ l    l ゙、 \   \} } ハ   /
l 八::/::::ソノ             }     l l  ヽ   V / ノl ト(               しかし、教えることと当人の技量は必ずしも比例しない……
  Y::::x‐::\         l    l  l   l:Y j }/Y }ノ
人 l::(::;y'妁        / l     j |  } } j)人  ノ                 と自分で持ち上げるのもなんだけれど、
  ト、\{{弋メー-   //  ! l    l /}  l j-jメ、_〕
  l \个 、    / /  { l   j / !  lノ : : :人                    剣術においてもそこそこの才能はあるわ。
 ノ`~->::\   ̄ ''゙   l l   { lУ! lノ : : : : : :\ 
/j::::::::::j::::::::::::::`ト..,,__    人{   ト{: :ノノ : : : : /⌒く__                正当なトライドラ剣術を教えてあげることはできる。
! l::::::::::{::::::::::::ハ:::::::::::::二ニ‐-く乂  {: : :/: : x彡'"⌒ ̄   ヽ         
ト{:::::::::::!:::::::::::j l:::::::::リノ/⌒ミ~ト从 _ /             ̄`<_          しかし、師になるならない以前に私が貴方の力になれるかも
八::::::::::lヽ::::::l l::j/ 〈 >'⌒〈 气 _ ̄''~-‐              ̄~く  
  \:::::l八::::l j//⌒/ /: : : :\__r―-ミヽ                  ⌒(     剣を見ないことには分からないわね。
   \l 从l  弋 /: : :/: : : : : : : : : : : : : )}                      }
           ノY : : : : : : : : : : : : : : : : 「 }、__ r‐-            -―ァ    外に出ましょう。そこで見せてもらえないかしら?
        /  l: : : : : /: : : : :/ : : : : 乂  ノ⌒\}     /_\ {   ノ
          廴rっl : : : : l: : : /: : : : : : : ヘ :⌒: : : : 〈 `~r {く: : \>⌒ ̄ (ヽ\
             (|: : : : l /: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :\_>‐-┘ : : `ー--‐くヽ
           )l: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : }:/: : : : : : : : ) :い:}: : : /|:| : : :} }: :



            _____
          , '         ' 、
        , '               ' .
        ,'                 i
       ,'                 |
.       |                 |
.       |         ___ ノ ゝ__,
.       |        ( {::::::} ) ({::})
       '.             ' . .j           ――――――はい。
.         '.       (      j )
         }  人     ー――´ー
      __ノ    \        」
      }////` <  `: ..     .,'
      /_/////////` <r'´ ̄ ̄
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ


516 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:53:33 ID:PAS2HWTo
まあトレーナーが必ずしもトップアスリートでは無いって事か。

517 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:56:22 ID:IsIe1Wfv
剣術の才能もあるけど、召喚師がメイン職で剣術はサブだからあんま極めるまでには至らず、
本職の騎士には負けるってことかな?

518 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 00:57:12 ID:IfAzOELD
トライドラの騎士最下層>>>>>ない夫が落ちまくってる大会の優勝者だろうしな
あそこで優勝できるレベルでやっと騎士になれる

519 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 00:57:47 ID:ka7lwCYP



                            "'"'"



                                  (⌒,-、
                               (^ヽ ,ゝ´ ''`ー、
                               ゝ ヘ  ヽ ,,ハ,-、
                              ("⌒,, ⌒) ,ノ  ,,ノ`⌒`,,)
         (⌒,,ヽ                   ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (,⌒´,,,,) `⌒`,,)
         ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
                               /ヽ、,、
_人/ヽ'´ゝ、_,、__ _    _ _ _ __,、,、/`yヽノ\,ヘヘ'ゝ/ゝУヾуヽへ'´Vゝ'^ヽ、,_,、__ _ _
ーー─'────────'ーー────'ー──'ー──'ー──'ーー个~^ィ~⌒ィ~~^~~ヾ^~
       _ _, _ __,,              ,,,, ,,     ,,,, _,, ,,,  ゙"个彳个^~ィ~ ^^~
_,,                   ,  ,,_         _ _,,     、_,, _, ゙"~イア~ ^^~ ~
  _,,           _,,   __,,               _, _ _,,,                 个チ ~~ ゙
   _,, _,,           _,,_,,   _,,  -―-- ―- 、   _ _ _,,  、,_,,    `゙"~彳`"
_ __,,   _,,   ,, _,,       /    -‐、 /‐-   `ヽ、 __   _, _ _,,,    、,, _ __,,, ゙~^
    _ _,,      _ __,,    /  // / / l  \  \ \  _,,   __
 、,,   , ,,           /   / / j    j    ヽ  ヽ \,_             , @
                 ,/ /  // / l   ハ l    ゙、  ゙、  \         _ _ ,,    ,,ψ_,
 、,,          __ _ / /  / { j  /l l j  l } l l  Y  Y \ヽ v,,   、!;,_    __ ,,_
  、,,_,, ,,        / /  ∥ l l _l__ j   l j l ト、 l   }ヽ lヽY, ,,_   ,,_, 、.,.
              {ノ   l 八 { l   いl   lハ 十‐-、 }  } } い }}
             /   /} { l 、ト{_,,,,_从|  ノ }ノ }/ }从 ノ/  Y∨
            / // / ノ人ハ  ゙冖⌒`    ニ=x、  }/  }  ト \      中庭だけれど、それなりの広さはあるわ。
            / j / {//:::弋l   ヾ'''   l::.   ,,,``/ ハ  l   |\ヽ
           { {{ j  /:::/:::::l  い _      /イ:::l {\ }}ヽ )}     さあ、剣を振ってもらってもいいかしら?
            \ { {::/::/:::} } |} ` ー--‐`  ノ:::ノ}:::l lノ::::lソノ <ノ
             `~ 乂''⌒j ノ  } ト、     ,,xく `ミニノノ:}::/ノ}jノ
                、_ノイ  ノノヘ`''ーャf「,フ    〈( j从(
                   ̄{/ / }: :\ / : }^\__
                 /}`Y ̄   ト、: : {6: :/l     l-(~、
               /: 〔 ̄l      l ヽ:癶:/ j      l^〉 : ハ
               }: : 〈 ミl    八-、 r-八    l ) /: }
               {: : :(_l     ∧ j|! /     } ̄) : ハ
               }: : : { l      ヾシ _    jミ ハ: : ノ

520 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:00:00 ID:ka7lwCYP



                         ___ノ'7
                       _,,ィ   f
                    r'Y",,.ィ  /
                    // r''⌒`ヽ_____
                   .//,f´::::::::/   _,,.`L_
                  // {;;;;;;;;;;/  //.´  Y
                _,>'"´    \ .{ {     `ヽ、
              /,,.. - ' ´  >' .| |       ``ヽ、
              ( '   _____,f.´ ``ー,| 」     ,. . . . . . `、
               ,>'7"´ /  /    , ┴― 、彡三V三ミ、)
              ./ /  /  /    /       ヽ:      .`)
             / /  /  /   ./            |       .f
            ./ /  /  /.    '             |       |
             ./ /  /  /.    |               iヾ`、_ >
           / /  /  /      | __ノ !、_   ノ/ | ヽ `iミ、{、         (久しぶりの剣だ……
            / /  /  /     ∧( ● ) ( ● )   // ノ  ;ノ  `ヽ、
          ./ /  /  /       丶,  i  丶 /リr'" /,,... ―.、  ヽ       それだけで心が躍る……ッ!)
         / /  ;;/;;':/_,;"`      、. 人  ノ /::/  .///⌒ヽ、`ヽ、ヽ
         /;/;;;:;;/;;;;∨━━ - ・    ` ー匕_{:::::|  ///     ``ヾミ、}
        ./;:/:;,/;:::,7´¨           トミ、マ、ソ ;'.{/    _,,..―、  `7
       /',/:::;"/;"../.             `ヾt。}::}  リ   ./ _,,ュ=,>-{、
      ./ /  /  /                ゞミ≧、/|  / //"    `ヽ、
      | { / ./                  `ト、   \|_/ ./  _,,zェェェz、  }
      | `´ /                    マ:`ー、___ユ { ト,f r"    `ヾミ三ア
      |>''´                       >、_: : : : :`マ `、:`ー、_   }__,..ィ  やらない夫の素振りの鋭さ
                              _,イ: :\:\: : : : ',  〉: : : : :`ー''": : ::/
                            /7"/|: : ://}: `ー--ァ"iゝ、: : i : : : : :/    【1D100:44】 + 過剰な緊張なしで10加算
                           ./ / /.∧: :{ レ : :,ィ<"::::`ヽ。77>-<_7
                           ,{ .| .| | |: :_|_;fー''"´``ヽ、::::::{ r'ァ/
                          /:::Vム `、 V__,,.`"ヾミ、  `、:::ゝ、ノ
                         ./::::⊂二>'"´ `ヽ、:ム=-マ∧  ,イ:Y
                        /:::::::::::/ ,r-ク'"  `、::V"´Vム <_ソ
                       ./:::::::::::/ /::/ ,ク   |:::}   V"´
                       /:::::::::::::{7ノ::/ // .∧ レ  /
                      ./:::::::::::::::::::::::::|Zf::::/ ./:::| }_ノ
                     ;:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::fz/::::::レ"


521 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:01:16 ID:IsIe1Wfv
54ってフツー?

522 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:02:13 ID:PAS2HWTo
まあ、師事した事が無いうえに頭で考える事が苦手なタイプだと、本当にぶんぶん丸やで。
剣術に限らず、集団で長い時間をかけて培われた技術と比べるとなぁ。

523 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:03:34 ID:dRvgijg9
指摘されて、しばらくマトモに剣を握らずに悶々と過ごしてたのもあるがな

524 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:03:36 ID:BvCg5cJn
何も言えぬ、実際平坦な

525 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:03:52 ID:XIzIj9O4
まさに平凡。
でも真っ直ぐやってきたってことは伝わるといいな

526 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:05:51 ID:ka7lwCYP



              __
            /    ヽ-ー、-、
             i       i   ヽ ヽ
           ノ| _ノ L l 、    i`ヾ、
          /. i| ( ●)=(●) ー  j   ヾ、
         /   {  (__人__)/   ヽ     `^-
        /   ゝ  |i!i!i!| 〈/    〉、_     =
        i|//二≧=二`ヽ、   /`ー--=、     `
       l !' i /     二ヽ>ー/__ _ ~   _ー___ -―― 二
       | ! !  ,     `ー=≧´  ―――  ̄ ̄ ―――   ̄ ̄  ̄/
       |i ヽハ {ヽ                   __ _  _ -‐ ̄
       ハ  ヽヾ__`- = ̄-             __- ̄
     _ - = ̄-  ̄ __  _  __―― ̄
 -=二 ―  ̄  _  _- __- -― = ̄
      _  二 -= ―  ̄ __ _
 _-= ― ̄ミ、          ̄    ̄ヽ
                               \



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 俺はどこまで言っても隠された力もなければ、本番に今まで出来なかったことが
 急にできるようなタイプでもない。
 だから愚直に剣を振る。一回、二回……何十回と。
 いつも通りに。ただただひたすらに。遮二無二降り続ける。
 サボっていたから不安だったが、身体はしっかりを剣のことを覚えていてくれた。
 俺の日常を覚えていてくれた。それがどこか嬉しかった。



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __       ……なるほどね。
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:       真っ直ぐな剣。嫌いじゃないわ。
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :      それまで。
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 騎士マナカの声を受けて、ぴたりと剣を止める。
 会心の出来でもなければ、酷い剣でもない。
 俺の実力を量るうえではこの上ないほどの剣だっただろう。

527 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:11:29 ID:ka7lwCYP



                   -‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ ~、
             /         ̄ニヽ  `ヽ、
                //    /  /        \
            /  -‐/   /       }  ヽ   ヽ
             //    /   /       ∧ い    Y
              {/   j   ∥  /  l / Y l l   l
           {  彡  l   l  /-‐/l l  l -十-| }
             { ̄   l   l{ / l__/ トl  jハ从 j } !     ……手遅れになるから剣を握るな、だったかしら?
            弋  ー-!   lハ,lx=气      /汽ミ 从j
                \ /l l  l l《 {::’}      {ソ/l /い     言ってしまうのもなんだか分かる気がするわね。
              弋l l  l l  `冖    .:、  j l l l }
                    l l   l|           ノ j l トj
                 l ! |l     -;;;ァ   イ ノ { ノ
                八  ト|:::......__     /V} / /
                      \ l 廴r-、ノl ̄    ノノj/
                 /l: `~彡: :j^\
               r-‐ァ‐'"   l\癶 //  `~r、
             /乂/     ト  r‐/     } (⌒\
          /: : [__l       l  | /        j-〕: :/: ヽ
          /: : :{__l        ! jl!/       jヽ 〉: : : :∧
         ノ: :{ : 〈 l        ljll/       /-ソ: : : : : ∧



               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |
                | .        |
               |         |
             |         ,             ――――分かるのですか?
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::         |   ええ、分かるわ     |
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i        ゝ___________,乂
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i

528 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:15:23 ID:PAS2HWTo
知っているのかマナ電!

529 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:15:43 ID:ka7lwCYP



          _
           | |
           | |
           | |
     ____| |___
     |______|
       | ̄~| ̄~|
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       |   :|   |
       | / /
       |  /
       |/



                         -―-- ―- 、
                     /    -‐、 /‐-   `ヽ、
                      /  // / / l  \  \ \
                /   / / j    j    ヽ  ヽ \
                  / /  // / l   ハ l    ゙、  ゙、  \
                   / /  / { j  /l l j  l } l l  Y  Y \ヽ
              / /  ∥ l l _l__ j   l j l ト、 l   }ヽ lヽY
                 {ノ   l 八 { l   いl   lハ 十‐-、 }  } } い }}
                 /   /} { l 、ト{_,,,,_从|  ノ }ノ }/ }从 ノ/  Y∨
            / // / ノ人ハ  ゙冖⌒`    ニ=x、  }/  }  ト \       ちょっと剣を借りるわね。
            / j / {//:::弋l   ヾ'''   l::.   ,,,``/ ハ  l   |\ヽ
           { {{ j  /:::/:::::l  い _      /イ:::l {\ }}ヽ )}
            \ { {::/::/:::} } |} ` ー--‐`  ノ:::ノ}:::l lノ::::lソノ <ノ
                  `~ 乂''⌒j ノ  } ト、     ,,xく `ミニノノ:}::/ノ}jノ
                、_ノイ  ノノヘ`''ーャf「,フ    〈( j从(
                   ̄{/ / }: :\ / : }^\__
                 /}`Y ̄   ト、: : {6: :/l     l-(~、
               /: 〔 ̄l      l ヽ:癶:/ j      l^〉 : ハ
               }: : 〈 ミl    八-、 r-八    l ) /: }
               {: : :(_l     ∧ j|! /     } ̄) : ハ



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 騎士マナカはそう言うと、俺の握っている剣を受け取って、
 何度か素振りを繰り返す。


530 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:16:01 ID:IsIe1Wfv
変な癖とかあるのかな

531 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:19:40 ID:ka7lwCYP



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}            ―――あなたのは、こう。
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :



              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i           _              r⌒ヽ
         ,'  |i     ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐      /  ノ
         i|   |i     └-  / ̄ . └‐┘//      / /
        i|   .|i       / /    ┌─' /      , ァ"~
        |    .i、       ̄     .  ̄ ̄     (_ラ
        ゝ     i、
        .i|      ゝ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 上から下へ振り下ろす。
 何度かその動作をした後、大きく息を吸って――剣を振り下ろした。
 至って普通の素振りのように思える。

532 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:24:56 ID:ka7lwCYP



                                               _
          ̄ ̄  `   ==  、                    ,, ==   ´  ̄
                         ` ヽ               /
                  - .、                    __ -‐
                     ヽ                  /
           、                        ´            ォ         本当は―――
.              ミ 、       _ ,.ォ              、           ,.ィ゙´
              ≧ュ =≠ ゙´                    ` ミ===≦彡
          .        ̄                         ̄







        :i|         . : : :i:i:i:i:i:i:/    i|: : : ://   : :Ⅵi:i: :|:. : : : : : : :. :
        .i:i|  |:  ‐- .,,_:i:i:i:i:i:i/       ||: : ://     : : Ⅵi: :|、:. : : : : : : :
        :i:i|  |:    : : :|i:i:i:i:/=- ...,,,_ ||: ://.     : : Ⅵi:|i:\: : : : : : :
       .:i|i:i| ⌒>‐- .,,_ :|i:i:i:i′      :|「ファ‐-=ニ[_  : : Ⅵ|i:i:i:i\.:.:. :. :
     :i:i|: -=≦竺竺三二ニ=‐- ..,,_     ||:/{  _)i:i:i:]ニ¬=‐-ミi:i:i:i:i|\ : :             ―――こう。
     .i:i:i|i:i| く竺{ : : : : : : -=ニ三竺三ニ=-」|,,_rくi:i:i:i:_,,, -‐=ニ三竺㍉|  \
     :i:i:i|i:i|:〉 ⌒\:. : : : :|i:i:|「 ‐-=ニ三竺竺竺三二ニ=-‐ァkく⌒i:i:i:|\
      i:i:i|i:i|:∧.   \_: : |i:i八        {      }//: : : : :Ⅵi:i:|: : \
     :i:i:i:i:|i:i∧     : :|i:                   /イ    : :Ⅵi:| : : : :
       :i:i:i:i:i:i:i∧       |i:   ⌒ぅo。.,,_______,,, '′       : :Ⅵ| : : : :
      :i:i:i:i:i:i:i∧      :|i:        `~¨二二¨~         : :〈i| : : : :
       :i:i:i:i:i:i:i:∧    |i:       ̄ ̄ ̄ ̄          : :'| : : : :
       :i:i:i:i:i:i:i:i∧     |i:                          : : : : :
         :i:i:i:i:i:i:i:i:∧   .|i:                        . . . :




\\
 . \\
   ,. \\从/
.     そ   て
     ゝ,    そ
     "`/'^r  \
        .    \\
.            \\
                \\
                 \\キンッ        ,.イ ., =7
                  \\         | |//
                   ..\\        | / , =7   ,イ二.7
                    \\从/    | |//   _/ム_   ,イ,イ ,イ
                     そ   て    |_,/    '──‐'   レレ //
                     ゝ,    そ                 /'
                       "`/'^r .\
                             \\
                             \\
                             \\
                                  \\



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ……鋭い音がした。
 そして、気がついたら剣が振り下ろされていた。
 あまりにも自然な流れに、何が起こったのかすら視認できていたはずなのに
 理解ができない。――剣速が、まったく違う。

533 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:27:09 ID:ka7lwCYP



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}               わかったかしら、やらない夫さん?
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :



           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、               やらない夫の理解度 【1D100:51】
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


535 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:27:34 ID:ka7lwCYP
……どこまで中庸を行くんだろう
逆に怖くなってきた(震え声)

537 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:28:24 ID:C4xoPjB2
凡人オブ凡人w

539 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:31:14 ID:Qz4Vjwdk
凡人でしかない男と非凡なる少女が出遭ったときに物語が始ま
ったらいいですね

540 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:34:09 ID:ka7lwCYP



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |             ……剣を振る速度が断然に違いました。
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´              そして……どこか、そう
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_           前のは力任せに叩きつけているだけな気がしました。
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,        
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '



           '" ̄ ̄    ̄ ̄  ー-
          /           ⌒~-、  `ヽ、
        /               \    \
      /                        \
       /            /         \  ヽ
     /     /        /       }     ヽ  i
     /      /    /  /  /  /l l    }  い  l
   /    / /     l  /  ∥ ∥ l j    ハ  l  l l           半分正解ね。
   /     / /     l  l  / l   l  l/  / l  l  l l
 /  //  l     l   l__/ l__l  /  //  !  l  } l           貴方は恐らく腕の力だけでも十分に剣を振り下ろすことが
/  / /   l   l  l l l / ̄l   ̄/  //  ̄「~l ノ 八
  /}//l  j   l   l {从__,,,,__ヽ|-{  /{{'"_j  八{  ト\         できていた。
 =彡イ/ l  !    l  ーxf㌢⌒气ミく  ⌒{ /汽ミく/     l \
`(  l/ /j  l    l    l气 弋::゚ノ      {:゚ノ )厂    l   ヽ       でもそれは野生の剣。人を効率良く斬るために編み出された
   { j/ /  l  / l   |l `冖=      { `=シj }    トl   )}
   L{ / ノl    l   l八            }  / l   l           剣ではないわ。
    〈(⌒ l { ハ  l l  ヽ       __   / /}  } l }
          八从{ }  } l ハ }   ー= -ア //メ,,j  / l j
          /   j /  /`}ノ      //  ノ/ jノノ
          /   ノノノ/  /`''ー _/
       /         /\

541 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:37:59 ID:ka7lwCYP



                  __  _
                '" ̄       ⌒`ヽ、
               /     / /        \
           /      / /            ヽ
             /   /  /  /    / l j l  l   `、
         /  / /  /  /―- / l j l l }  l   い
         /  / /l  l  /   // j /l / jハ  l  |i         貴方は剣を振りすぎた。
        /   l / l  人/{从/{/ // j/ / lヽ l   }|
        /    !∥ l  {,〃x'゙汽ヽ     _从ノ:l  j }         その裂傷が幾つも奔る掌が、
         //   j| l  l 弋:゚::ノ      x气Y } / /
        //    j/}  l  l  `冖     {::゚丿j}///イ         歪に完成されている剣を作り上げてしまった。
      //  / !::j   l  l '''''      " ``゙ / l  
       // ∥/l::ソ   }  }    f ̄:::::..、 ''''' ハ l  l          なかなか気がつかないし、矯正するのも
      ノ∥ ll /;;l/ / /l  j   乂::::::ノ   ノ::::l ! 八
        弋ト{( イ/ ノソ /ハ\      ,,x</:::ノl|  トゝ        簡単にはいかないでしょうね。
         `   ⌒ //~く^Y>ー<   `く::} j l j
        r~-、_  ノ: : : : \_r厂7       ノノノjノ
      〈⌒/r' \  ゙̄、: : : : : : o: : l气r-ュ
      (/: : :勹二 }  `、: : : : :癶: :} \⌒)
      /:O : : :{ ̄ ヽ   \/ l Ⅵ   ヽ_)



            _____
          , '         ' 、
        , '               ' .
        ,'                 i
       ,'                 |
.       |                 |
.       |         ___ ノ ゝ__,
.       |        ( {::::::} ) ({::})              ―――そう、ですか。
       '.             ' . .j
.         '.       (      j )
         }  人     ー――´ー
      __ノ    \        」
      }////` <  `: ..     .,'                凹み具合 【1D100:3】
      /_/////////` <r'´ ̄ ̄ 
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ


542 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:38:15 ID:dRvgijg9
逆にシャムロックやルヴァイドが剣の才能に優れた化け物だって事が比較出来て分かりやすい

543 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:38:43 ID:BvCg5cJn
やるじゃん

544 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:41:40 ID:ka7lwCYP



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶         ――よかった。
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ         なら、俺はもっと強くなれる。
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


545 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:41:43 ID:C4xoPjB2
おおw
逆にうれしいのかねえw

546 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:44:15 ID:C4xoPjB2
まあしかしそれくらいの気概じゃあないとここに来た意味もないし、何よりクラウスさんに
申し訳ないしなあw

547 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:46:08 ID:ka7lwCYP



                     /        丶
                   /             ヽ
                    /               |
               | `ー゙  丶__ -  |           ありがとうございます。
               | ( ⌒ )  ( ⌒ )  |
                    |           wW |           俺はもっともっと強くなれる。
                  |          _,ノ  | 
               !  ゝ__ゝ‐ ´    |           それが分かっただけでも大収穫です。
               \         / 
                 \       7 ̄`> ‐― 、
                 〉 ぃ     /  /      `T.:ヽ
                 /l  〉ハ   人  V´  ̄ ̄   l.:.:.:.',
              ,. イ / ,.イ .i l/ //ト、/ , -─‐   l::::::::',
          ,. . : : : : ////ヽV // l: : :〈       jト、:.:.::',
         /: : : : : : ://: : :/ 「 ̄`7  l: : : :(´ ̄ ̄  ノl  ヽ:.:ヽ



             \     \            \
  \      \     ヽ   ヽ `ト、          \_
   ヽ ヽ     l\ヽ   Y } Y V::\  `~ミ,,__    ̄`ヽ
   ト、 、  Y   l'"ヽ     ! jハ l  V⌒\    \ `ヽ  \ \
    い Y! K  l _,,,_l  }  }ノ ! j   乂  ヽ   ヽ  \  ト、 }
 {  い トl l:::、j斧)ハ ∥ j   }ハ   \ ノ癶   Y   、 } )ノ
  ト、 }| }:l j::::}癶シ` }/ l ∥    l゙、    \}ハ   }     }ノ
  l::::\|j::}ノ   /゙    j/ l    l ゙、 \   \} } ハ   /              ……力になれたのなら、私も嬉しいわ。
l 八::/::::ソノ             }     l l  ヽ   V / ノl ト(
  Y::::x‐::\         l    l  l   l:Y j }/Y }ノ               (歪とはいえ、一つの剣を完成させるのは
人 l::(::;y'妁        / l     j |  } } j)人  ノ 
  ト、\{{弋メー-   //  ! l    l /}  l j-jメ、_〕                    気が遠くなるような努力あってのこと。
  l \个 、    / /  { l   j / !  lノ : : :人 
 ノ`~->::\   ̄ ''゙   l l   { lУ! lノ : : : : : :\                   それなのに『お前の努力は間違っていた』と言われて、
/j::::::::::j::::::::::::::`ト..,,__    人{   ト{: :ノノ : : : : /⌒く__ 
! l::::::::::{::::::::::::ハ:::::::::::::二ニ‐-く乂  {: : :/: : x彡'"⌒ ̄   ヽ            __  なお笑うのね……心地よい強さだわ)
ト{:::::::::::!:::::::::::j l:::::::::リノ/⌒ミ~ト从 _ /             ̄`<_    /    \
八::::::::::lヽ::::::l l::j/ 〈 >'⌒〈 气 _ ̄''~-‐              ̄~く   //⌒)}
  \:::::l八::::l j//⌒/ /: : : :\__r―-ミヽ                  ⌒(  {'"⌒
   \l 从l  弋 /: : :/: : : : : : : : : : : : : )}                      }-‐ ⌒Y -――-、
           ノY : : : : : : : : : : : : : : : : 「 }、__ r‐-            -―ァ‐-、_ノ'" ̄ ̄) ノ
        /  l: : : : : /: : : : :/ : : : : 乂  ノ⌒\}     /_\ {   ノ ⌒~こ二二彡''゙
          廴rっl : : : : l: : : /: : : : : : : ヘ :⌒: : : : 〈 `~r {く: : \>⌒ ̄ (ヽ\: : \-―-、\
             (|: : : : l /: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :\_>‐-┘ : : `ー--‐くヽ\\: : ヽ   \
           )l: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : }:/: : : : : : : : ) :い:}: : : /|:| : : :} }: : \\: :}


548 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:46:28 ID:PAS2HWTo
鋼メンタル。
真面目に答えてくれた兄貴にも感謝せねば。

549 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:47:32 ID:C4xoPjB2
まあ一回心折れてるしねえ

550 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 01:52:41 ID:ka7lwCYP



                           -――-
                       /  '"⌒ ⌒  `ヽ、
                       /               \
                        /   /    l   ヽ     ゙、
                    /  /     /l   l  、     、
                    /   /   / / }   }  l    l
                   ,   , l   / /  ,  ハ   }     l
                    l   { l /{‐-{  /ノj ノ┼jノl  l   l      
                     {{}  j从x'示ミト!     ィf气j  トl  l
                        }ノ  ノヽ 弋゚丿     弋゚,ノハ l }  l      さて、私は貴方のお眼鏡にかないましたか?
                      // /\゙、      :.    /  lノ  八
                  //  .::::::::人   _  _  ,    l } ト 、     やらない夫さん?
                   {八 l:::::j>'"へ    ̄  ,xl   イ / )ノ }
                        ヽトj/ _/( > --<l) {{ / j/
                      「 /    {ト、 rノ: :ノ ト从  ̄>┐
                     r(~7   ∧ X: //    r「 (^く)
                    / )ニj    {  /  ノ    /ニ(^: ヽ\
                    { 〔ニl     l ∥/     /-(^ : : : }: :l
                    }: に{  -‐、l/~x    /ミ「: : : : : o: :!
                    /: └f´ : : : }| 〔: : : \/ ミ(: : : : : : l: : l
                      {: : : :{: : : : : { .o l : : : : : : : :l : : : : : :l : :}



━━━━━┓
やらない夫 ┃
━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼3まで会話安価。深夜で人が少ないと思われるので1:58で打ち切り。
 

551 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:54:06 ID:V2eyAlhG
眼鏡に叶う所じゃない、どうか俺を貴方の弟子にしてください

552 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:54:48 ID:RSLFv3uN
勿論です。 先ほどは知らずとはいえ、失礼をしました。申し訳ありません。
俺に新しい可能性を見せてくれた貴女には感謝と尊敬しかありません。
許されるのであれば、貴女の元で研鑽をつませていただきたい。

553 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 01:55:19 ID:aqsonpvs
あなたで最底辺だというトライドラは今の俺だと無理なのがはっきりとわかりましたよ
どうか鍛え上げください!

558 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 02:03:21 ID:ka7lwCYP



                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |
                     '、'ーー´   'J |           先ほどは知らずとはいえ、失礼をしました。申し訳ありません。
                   |        |
                  |      .ィ {           あなたで最底辺だというトライドラは
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、         今の俺だと無理なのがはっきりとわかりましたよ。
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|



         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \     まあ、これでも騎士の端くれですから
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ    しかし、どう繕おうが私は15歳の子ども。
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/         近接戦闘であれば、恐らくやらない夫さんと良い勝負でしょう。
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __ `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄|  (いや、15歳の女の子で俺と同じくらいというのも凄いと思うけれど)  |
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : :ゝ_____________________________,ノ
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :


560 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:05:15 ID:dRvgijg9
まぁ、確かにw

大丈夫だ!リィンバウムには同じ位に若くてもっと化け物な奴等が居るから!!

562 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 02:08:52 ID:ka7lwCYP



                       __
                       /    丶
                    /         `
                      /           ',
                        /     ___,ノ ゝ丿
                    /     (、__)(__ノ        俺に新しい可能性を見せてくれた貴女には感謝と尊敬しかありません。
                      /  {     (___ノ、丿
                    /ヽ\ ト.、     /          どうか俺を貴方の弟子にしてください。
               / : : : .\\>、___,_∧
              : : : : : : : : :\ ∧:::: ヘ : :\
           / : : : : : : : : : : : :ハ、}:::::{ `; : : :`: 、
.           /: : : : : : : : : : : : : : : ::∧:::::`, | : : : : : :.
           { :.| : : : : : :|: : : : : : : : : :∧:::::V: : : :.V. :ト、
.           ;': / : : : : : :|: : : : : : : : : : :∧::::i : : : :.|ノ : :\
.         /:./: : : : : : :.ノ/ : : : : : : : : :.Λ::l : : : .L:_:_: : : ヽ
        / : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : :Λi: : :.r'==、: :`.、:.ヘ
.       ∧ : : : : : : : イ.: : : : : : : : : : : : : : :.`|,/ ̄`y!!: : : :./



                    ___
                ''" ̄       `ヽ、
             /         /         \
          r-/     /   /      /    ヽ
          〔jノ /  /    /  /  //   / ハ  \
        _〈{ノ〉r-く /    / /l  //   / /l    ヽ
     /:::::::::「/⌒\ j   /{ / l  /! / / / }   い
     {:::::/::/ハ::::::::::〉l   ャ宀ヲ气{/  {/ / /  l    |l         それは――貴方次第ね、やらない夫さん。
     弋:::/∥l::::::::ノvl  / ゙、{:::゚ノ}  { /{/   j     l|
     /:::::/l::::l/  l  /  `冖    ヽ{ {  У/!    l
     〈⌒\:l:::::l\__ l  !           =ミx//} |    j/
       / lr‐廴| ∧l  l       ノ::. 、/::ソ)}} ハ / /
     /イ     l l j l  l   {::::::...、    ゞ''゙癶/ / /
       l  l l _l l  l   \;;;;;)〉     /ノ / //
        从 { l 弋 } ll l        // /イ  l /l
        ``Y从l:\ l从\ __/ / イ   ノl  ∥  }
          /〈: : : :\ 〉 / ζ/ /ノl l  l l / j ト|
     __x-く⌒  ゙、 : : : 弋)rシ7∨ /く{从 { } //ノノ
⌒ヾーく\   ヽ   ト、: : : /o: l { {  Y-八| ノ'"
  戈j⌒ヽ\   ∨ ∧\ノ/ ̄二 〉  l ̄ )
 ノメ、: : : r){ ヽ  ∨ ∧ /ノ __ 〉  lこ「Y

563 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 02:11:16 ID:ka7lwCYP









       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
       |  私の条件を貴方が呑めるか   |
       ゝ_____________,ノ








                             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
                             |     全てはそれ次第よ      |
                             ゝ_____________,ノ








.

564 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:12:48 ID:RSLFv3uN
ここまで見てるとまともに見えるがどんなの来るんだろうな

565 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 02:13:52 ID:ka7lwCYP


.                        /´ ̄ ̄ ̄\
                       /::::::::::::::::::u:::::::::\
                    /:::::::::::__、::::::::::::::::::::|
                      /:::::::.〈:::::::::::::ヾ:::::::::::::::|
                       |:::::::::::.u ̄ ̄~~゙ヾ::::_i     ということで、今日はここまで!
                     |:::::u:::::::::::::::::::::::〉ヾ;;;;;j 
                   |:::::::_::::-r‐┬─‐j:::::/      日本語が明らかにおかしいところがあるから直したいけれど、
                   |:::::(L _/  /  //:::/
                   /::::::::::::::: ̄"¬ン:::/       まとめられているわけでもないからめんどくさくて放置する作者の屑。
                     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /::::::::::::::::ヽ.____ノ         次回も一緒に楽しんでくれると嬉しいです。
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
              /::::::::::::::::/::::`¬_::::::::::\          明日(今日)のお昼くらいに出来るといいな。
         /::::::::::::::::__/:::::::::::!:::::::}::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::/::ノ::::)(:::::::::/::::}::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::〈:::::::::::⌒ヽ:::::::/::::〉::::::::::::::::::::\      ◆ 遅くまでつきあってくれてありがとう ◆
     /:::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      {::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


571 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:16:33 ID:dRvgijg9
乙でしたー!

>>564
まぁ、大体分かるけどなーw
>>条件

カルマ(宿業)ルート待った無しや!!

572 名前: 名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2016/03/13(日) 02:17:27 ID:XIzIj9O4
遅くまで乙でした
しかし20まで働きながらも剣に人生賭けてた男と、戦いを覚えて1・2年の15歳の少女が近接互角か
まこと才能と環境とは残酷なもんやで

573 名前: ◆KQWDeJrS3c [] 投稿日:2016/03/13(日) 02:20:55 ID:ka7lwCYP
>>463
感想ありがとうございます。
読みやすいのかこれは……そもそも面白いのか……読者は幻術じゃないのか……
とよく疑心暗鬼になるので、そう言って貰えて嬉しかったです。

他の方々も感想や議論、予想や合いの手、ありがとうございます。
全て読んでいますし、全て力になっています。
他のにはレス返ししないのかよという声が聞こえて来そうですが、全体を通しての感想だってのでつい……。

>>571
(カルマ値を実装しようかなという顔)

それではお休みなさい。

関連記事
スポンサーサイト

実力ダイスとはなんだったのか
ダイスで決めたことを覆されると萎えるわ
[ 2016/04/15 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する