やる夫が正史を書くようです 幕間 鍾会

812 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 00:57:46.60 ID:T5TO1/KPo [1/25]
【幕間】


/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | 鎮西将軍    .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           | 都督関中諸軍事     :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       三国時代、文章を書く事は高等技能であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      流麗な書体による文章を書ける人は大変尊重されていた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .鍾会は書家として有名な鍾繇の子だけあり、字を書くのが上手だった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


813 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 00:58:44.29 ID:T5TO1/KPo [2/25]

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //                            .|
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ


                                  γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                                  (;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                   ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
                               γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
                               (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>-∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
                                ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ただし鍾会の場合、単純に文章が上手かっただけではない。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      他人の筆跡を真似るのも上手く、それを活かした特技を持っていた
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


814 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:00:13.93 ID:T5TO1/KPo [3/25]

                                                ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                                            ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                                            ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                                            ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                                           ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                                         ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                                          li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                                            i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                                            l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                                            !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ             ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
       |     文書偽造である      |            ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
       ヽ_____________乂                _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
                               、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
                                     '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                                      __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
                               `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
                              i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
                                 l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
                               '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
                                 i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
                               i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
                                  i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
                                   i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
                                i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      謀略の手段としては比較的新しい。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      『三国志』によれば、魏の中書監劉放が、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      孫権の筆跡を真似た偽手紙で諸葛亮を欺いた事例が存在する。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         紙の普及・文学の流行が生んだ副産物と言って良いだろう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



815 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:01:24.44 ID:T5TO1/KPo [4/25]

.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!          なぁ、君のうちにある宝剣、ぜひ僕に見せてくれないか?
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ           百万銭する噂の宝剣だ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_ 
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、               ..  -━‐  ..
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ              ..:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:..
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l          /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                     .      /.:.:/.:.:.:.:,.:/.:.:,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                          /.:.:/.:.>  /:./ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
                                     .     ′.:|´\. / '゙   _Ⅴ.:.:.:. | l:.:.:.:.:.:
                                          }:.:|,ィ癶゙  -‐< Ⅴ:.:.:.:l:.|:.:.:.:.:.;
        嫌よ!                        .        :.:.| ヒソ     ィ...癶, }:.:.:./ミ:.:.:.:.: ゙
                                            :.:| ::: ,    弋zソ/:.:.: ゙ん):.:.:.:′
        あの宝剣はうちの家宝!               .    込        ::::: /:.:.:/:.:.:.:|:.:.:.{
                                            }:.「\マ _)   /:.: /ハ:.: !:.:.:,
        おいそれと人に見せるものじゃないわ!!         :.:| /7ーr</:.:./  /\:.:.:.:,
                                           :.:|./ /)ハ __/.::./ ./_厶:.:.:,
                                     .      :.|' //}  ./.:.:/∨/ ̄  V:{
                                             |/八`ー/.:.:/ //     V;


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      鍾会もこれを得意とし、幾度となく謀略に用いていた。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ところがこの男、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      随分としょうもない理由でその技能を悪用している。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         『世説新語』『巧藝篇』の逸話を紹介しよう
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


816 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:03:15.88 ID:T5TO1/KPo [5/25]

..    ,. -─:- 、
..  ;'::::::;::::::::;:::ヾヽ
   l::::l::|//ノヾl::リ         だいたい、母さんの所に置いてあるから手元にないのよ。
   |::(lki┰ ┰!l|
..   jノ::|:|、 n ノハ!         残念でした。
.   ノリj<リ^'∞゙リ〉lリ
...    く/_j_i,ゞ          それじゃ
       (__j__)

                                       /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
                                      ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
                                     /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
                                     .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
                                     l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
                                     |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
                                     |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
                                     | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
                                     ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
          姉上の所か                     ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
                                         ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
                                          ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
                                           ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
                                            ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
                                                l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
                                              `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
                                               <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::
                                                lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       荀勗は鍾会の甥であり、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      早くに父を亡くしたため、母の実家である鍾家で育てられた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .しかし、この二人は仲が悪かった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


817 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:03:50.98 ID:T5TO1/KPo [6/25]



        , '::: /!:::/::::::::::{:::::::::::::::::::: /::::::ハ::::ムヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     /::::::/::{:::|::::::::::::l::::::::::::::::::::,'l::: / V:::ム ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.      ′::/:::/V{:{:::::::::::',:::::::::::::::::l_|::7f斗¬::::', ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    l:::: ,'::::,'::::ヽ:V::::::::::',::::::::::::: lチ::|  _- V:', ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
.     |:::::|:::::|:::::::ハ::Ⅵ::::::::',::::::::::::l ',|/´ , - 、:ト、 `Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
.     |:::: l:::::l::::::{_,}:トヽ、::::ト、:::::: { /_  マ== ’ '´  l::/V :::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::l
.    l::/::',::::',::::i , =ミ \:', \:::',             |,′l::|:: ハ::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::|
      |:!|::{∨ム::|./ (以ノ \  ヾ、             }  :リ|:::l||!:::::::::::::/ ∨:::::::::::: l
      |i l::| |VNヾ` ´/                   |::; l:}l:::::::::::/   } :::::::::::::;
.    ゝ ',! |:::::::|   ',   r                      ,:/ j' |::::::::/)  } !::::::::::: ,'
.       ヽVト、|    ヽ                    /    !::: / _/ j: γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           { l                          ;::::/Y´  /::: |   それを良い事を聞いた    |
.           ヽ ',    ___,. -ニ=- _                ,'/ __,/::::::::: ヽ_____________乂
.             ',   {ゝ-’:::::::;: ---ゝ                  ,:7::::::::::::;:>≦     }
              ‘,   )-=¬                   /:{  <         ,'
               ’,    ,.::=¬               ,. -=ニ二           _,. {
                 ’,                 /            ,. -=    l
.                ’,                /                         |
                    ’,            /                _,.  --|
                ’,             /            ,. =≦≧=- _  j



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      数日後、宝剣は鍾会の物となっていた
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


818 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:04:43.87 ID:T5TO1/KPo [7/25]


          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.        /::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
       /::::::/:::::::::::::::::::::::/ ::}:::::::/ヽ ::::::::::::::::i::::::‘.
       .:::::::/::::::/:::::::::::/ ::::::/:::/:::::::\:::::::i:::|:::::::::',
.       ,::::::::::::::::/::::::::/ :::::::::// ::::::::::::::::‘,:|:::|::::::::::i
      {::i::::::|:::::i{:::/≧x、_::/:::::、_,.ィ≦ ̄ Ⅵ:::|::::::::::|
       i:i{::::::|i::::{く{弋‘ノヾ´ :::::::::〃弋‘ノ¨> }ノ:::|_::::::i:}
       }八/ |l::::|:::::::::::::::: ´  ̄ ̄ ` :::::::::::´,::::::|rマ::リ          ……やられた。
       { |{::::ト/////    '   ///// //:|ヽ}/
          ゝ|:ヽ::::\            / }:::i:|ノ:;           宝剣欲しさにそこまでやる?
        |{:::::人⌒    _          j::::l:|::i{
        ||:::::|::::ヽ    r ニニ..)     /:l::::リ:::l|
        l|:::::|:::::::::>        <:::::::':::;::::::l{
.          ,ハ:::|:::::::::::::|  ` ー= ´  |:::::::::::::/::::::∧
         /::::::Ⅵ::::::::r‐}          |ァ=::_j/:::::::::::∧
.        /:::::::∧{  ̄∨        ノ  /` ーv:__::∧
   , ¨¨ ̄ ̄/  \   \‐ 、  , -/   ,/    V: :  ̄¨¨ 、
.  /: : : : : /:./          \  /           V: ヽ: : : ‘,
 /: : : : : /: :{                      }: : : ',: : : ‘,


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      からくりはこうだ。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      鍾会は荀勗の筆跡を真似て、荀勗の母に手紙を書いた。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .それを見た荀勗の母は、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         息子が弟に宝剣を貸すのだと思い、鍾会に宝剣を渡す
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


819 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:06:22.57 ID:T5TO1/KPo [8/25]



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      まんまと宝剣を我が物とした鍾会は、そのまま盗んで返さなかった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


820 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:08:07.07 ID:T5TO1/KPo [9/25]


           ,≦:::::::::::::::::::::::::≧、
         ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’
       /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::’
       ,:::::::::/::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::’::::::::::’
       |::::::::f  ̄:::::::::::/i:::' ̄マ:::::|:::::::::::::l
       |::::::::|:::::-<    '::'   マ::,:::::::|:::::’
       |::::::::|γ`ヽ   ,::, γ `ヽ,::::::::,::::::|
       ',::::::::,、「U:|  ,:::, ' 「U::斗::::::i l::::,             この屈辱……
       〉:::::| `¨´ "   `¨´ .|:::::::' |::::!
       i:::::人   r---x    .,::::::|イ::::::,             .今に思い知らせてやる
       '::/::::::>。 乂 ノ -<,:::::::,:::::::::::,
       ,:::i::::::::::::::::ィニイ__ノ\:::::,:::/::|:::::::::::::,
        /:八::::::::/ .!ニ !/ニ/ Уイ:::::!::::::::::::::,
     /:/〉八:::::|--ル〈〉V、ー彡::|:::::':::::::::::::::::,
     ,::/ i::l::::::::::ヒ⌒i / !/ テV:::::::,::::|:::::::::::::::::::,
    ,::, .|::!::::::::::::l  !! / /"l::::::::::|::::!:::::::::::::::::ハ
    ,:/  ,:::、::::::,'! .!!'  ,  マ:::::::,::::!::::::::::::::::i |
    |   \\:/ , fニイ   マ:::::|:::|:::::::::::::::, ノ
    、    ` / /! /フ ̄|´ヽ \!/`ヽ:::://
          ∨ ト- |  ,  .> ,/ー="
          ` l ̄l l ̄l


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      これでは荀勗の面子は丸潰れである
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


821 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:09:52.42 ID:T5TO1/KPo [10/25]

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,         それからしばらく時が流れた。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/         ある時、鍾会が兄の鍾毓と共に新しい邸宅を建てた
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ


822 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 01:10:13.09 ID:vzLbHYD6o [1/2]
他人が自分と同じことした話聞いたら嘲笑するんだろうなこいつ

823 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:10:46.38 ID:T5TO1/KPo [11/25]

     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. --- 、 ゙ー'  ,,. --- 、 ゙ー' ,,. --- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:

                                               |  l l     |_|     | | .|
                                                l_l_l_______|_|_|
                                               / ィ ,イ /   } !、 ヽ   ヽ
                                     .          / ./| / l/x'   l.ハ`x ヽ ! }
                                             { /| N レ;行ミ   ≠ミト、!、ト、!
                                             V |/ .!イ {r、::}    トィ,.:} 〉! l |
          一千万銭かけて建てた豪邸よ!                   l | .| ゞー'    弋ツ ハ ! |
                                              | ! ト、''''' { ̄j ''''' ィ'|l .| .l
                                               j l !_|_l ` r - ャ<_j_| ハ.|
                                             r'ニニYヽ ゞ、_,〃 /yニニヽ
                                             }、 ニニ! ヾ  ,ニ,  //ニニン


824 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:12:08.01 ID:T5TO1/KPo [12/25]

 |:::::::::::::└┘::::::::__|_|::::::::::::::::::::::|
 | |::::::::_;;;-ー''´ ̄: : ハ: : :``丶、::::::::|
  〉-'7:/: :/, : : /: / _l,.ム : : : : : ヽ/
  /: :/:/: /: /: : :/: ;ィ'´ノ !ハ: : : : : : !
 /: :,' / /: :/: : :/ /,ィ行气刊;=、: : : :l
 ! : l: :!/丁クト!/レ'  V::::::リ"!lうリ : l : !        でも、引越しが全部終わるまで時間がかかるのよね。
 { : l: :l: !汽示     ゞ-'' !l1": : :!: :',
 | : l:ヽl: l` V:ハ  ,       从! : : : l : ヽ       私たちが移れるようになるまで、豪邸生活はお預けね
. |: :゙、: ヽ:ト、.゙~’   _    / l : : : : ! : ヽ
. '、: :ヽ : : へ.. ___ ./__!_: : : : !: : `、
  ヽ: : l ヽ: : : : : : : :「      {_ _,. ┴-、:ヽ
   ヽ: l : : >ー-'ヽ\   ̄ ̄ヽヽ`、   \ヽ
    l: :!: xヽ.\\: \\__ ノ丿:::\  ^ヽ
                                       !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                       j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                        l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                         ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                           !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
  まあ、邸が逃げるわけありませんし、気長に待ちましょう      ヾト、:!               j!/ j|:::リ
                                            ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                              }ト.、   r ===ァ      /' !:://
                                               リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
                                           rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                          / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       鍾兄弟の建てた邸宅は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      大金を投じただけあって大層立派なものだった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .とはいえ、まだ移り住む事はできなかった
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


825 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:13:35.54 ID:T5TO1/KPo [13/25]

        , イ / ̄ ̄`ヽ,  ト、
        i !-/       ヘ.-ノ i
        ヾ_l 〉__ j j __〈 l_ジ
        _ | `-",':: `-" |
       /´   ト   _  イ              ご主人様。
     /'     |ヽ `竺" /|
    ,゙  / )  ノ  `ー^ー" `ヽ、           .鍾毓様の邸が完成したそうですが、
     |/_/             ヽ          お祝いの品はどうしましょう?
    // 二二二7      __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i   '"´    .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }                     __,.--、-‐ 、__ __
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ                   /´      r.、(\\=、‐-、
                                           r‐/¨ニ/7     \ヾ ヽ ヽ i  {
                                          r| '  ゙´./   ,.-‐‐-、.ヽ     l  {
                                            ,l     !__/´l:::::lヽ;:::ヽ',     .l  }
                                         〈 !    l;/   !::/   .ヽ;::',    ! {
                                          {,l   ノ     l:/ _,z≦ヽ:',    ', l
                                            , '   / 斥x、/'ー''"゙{゚:心゙i'l::ト.   ',
         そうねぇ。                         , '   /::l.{弋り    .ゞソ..ノl:!ヘ    Yヽ
                                       /l'    /  ト、:::  、   ::::ノ’l:! .ヘ   / .λ
         …………                      / .l   /l  lト、         ィ!l  ヘ ./ / ',
                                     /|  l  ./ .l  l:::::> 、 ⌒ ,. イ;;::!:l  l ヘ/ /   ',
                                  /  l  l  /、__l  l;;;;/ l `¨´   l、!l:::!  ! / /     ',
                                  {.    l  l. / |  l  l./   l     _ノ.l:::l  l/ /      ',
                                  l    ', ', .ト、.ノ  ノ{   l ̄`  / !:::!  l /        }
                                  ヽ   ', ',  ! l  l {   l    /  l::::l  `iヽ      /
                                   ヽ  _、_l! /  λl、  ヽ  /  l::::ヽ、 l  iヽ、 /


826 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:14:27.30 ID:T5TO1/KPo [14/25]



         / .:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.ヽ
       /:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:. /:.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.
        / .:.:.:.: .;':.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ .:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      /.:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '´  │:.:.:.:.:. |\ :.::.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.|.:.:.:.i
       .:.:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     |:.:.:.:.:.:.:   ヽ.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.: |.:.:.:.|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.i:.:.:.:.|/ ⌒\/      :.:.:.:.:.:./    :.:.::.:.:.|:.:.:.:.:.: |.:.:.:.|
     |.:.:/|.:.:.:.|.:.:i.:.:.:.:i:.:.:.:.:/ \      /:.:.:.:.:./       ':.:.:. |.:.:.:.:.:. |.:.:.:.
     | / :!.:.:/|.:.:i.:.:.: ル≠==ミ_ヽ     /:.丶∠  -─―ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:
      l/ :|:.:i/| .:.:.:.: 《  i|トJ(`ヾ   /:. / , --_____∨ :.:.:.:.:. | .:.:'     叔父上たちが感涙する
         {:.八|:.: \八 弋)⌒ク    //   ィ斤六¨¨7广リ :.:.:.:.:.:.∧:/      .贈り物をあげましょう。
          V:.:.:.:.:.:.:.:.|\  `¨¨´   /      弋) ⌒ク /:.:.:/:.:.ハy′
       /:.:.:.:|:.:.:.:.:∨///              `¨¨´ ∠ イ:.:.:.:厶ノ       ちょっと出かけてくるわ
        /:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:、         '         ////  |:.:.:.:./
      厶-‐=ミム.:.:.:.:.:.:、                      _j:.:.:.,'|
     /    \ ∧:.:.:.:.:丶、     {`ァ=ー--ヘ       ':/.:.:.:.:.|
   /         ヽム.:.:.:.:.∨>   ∨:::::::::::::::::::ノ    イ:.:/.:.:./ :.|
            ∧.:.:.:.: マ\ `丶、        . <ト、.: /.:.:./ :.: |
./              //∧.:.:.:.:.∨ \\ `  -=≦/  \∨ :. /ー-、|
/            //∧.:.:.:.: ∨  } }     ∧    /.:.:.:/  /∧



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      話を聞いた荀勗は、密かに鍾兄弟の新邸に出かけていった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


827 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:15:03.12 ID:T5TO1/KPo [15/25]

     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. --- 、 ゙ー'  ,,. --- 、 ゙ー' ,,. --- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;
:: :,”:":: :,”7,,_||_||_|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、 ̄| ̄<,v、”:":7 「"゙:.:;::
:: :,”:":: :,”〉,,_||_||_|  l r‐、 ||  |  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;..:r‐,,!、 !  |`―'  ゙、"゙:.:
:: _,, 、_:":: l_, ,ィ^´`^''ヽヘ<::;;..;゙r 、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \' /;;.;;...;.;.;;;..;l::.:::゙、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;:lイ;;.;..;;;::;;:::lTTTTTTTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _
:ノ-f'ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニミ:;;..;;..:;;..;;..:;;../;::.::.::..:::f::...;;::.::.:;;:...::.:ヽr.:::::.:

                                               ..    ,. -─:- 、
                                               ..  ;'::::::;::::::::;:::ヾヽ
                                                  l::::l::|//ノヾl::リ
          無駄に豪勢な邸よね。                          |::(lki┰ ┰!l|
                                               ..   jノ::|:|、 n ノハ!
          けど、豪勢なほどいいんだけど                    ノリj<リ^'∞゙リ〉lリ
                                               ...    く/_j_i,ゞ
                                                      (__j__)


828 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:15:54.97 ID:T5TO1/KPo [16/25]

    |::::::|(;;;;;;;;;;)、___________________ ,(;;;;;;;;;;)〈
__/:::::/_/    ) ==================(   `ヽ::::ヽ_(;;;;;;;
;;;;;;;;;;;):::ヽ_   ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノヽ(;;;;;;;/:::::/-、
  ヽ_):::::::)_(;;;;;;;;;)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"'  `(:::::(`(;;;;;;;;;)
  /:::::/       |l l l l |          |l l l l |          |l l l l |     ヽ::::ヽ
========|l l l l |_____|l l l l |_____|l l l l |========
ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ|l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l |ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ
~~~~~~~~|l l l l l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l l l l |~~~~~~~~
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |]ll ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll ll[|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll_l||l_ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll」||l」l ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |]ll ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll ll[|l l l l |
________|l_l_l_l_|l_l_ll_ll_ll_ll_ll_ll_ll_l||l_ll_ll_ll_ll_ll_ll_ll_l_l|l_l_l_l_|________

..    ,. -─:- 、
..  ;'::::::;::::::::;:::ヾヽ
   l::::l::|//ノヾl::リ
   |::(lki ┃ ┃ !l| 
..   jノ::|:|、'' ヮ''ノハ!       この門の脇部屋の壁なんかよさそうね
.   ノリlとリ´丞゙リづ
...    く/_l_lj,ゞ
       (__j__)

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       荀勗は非常に絵が上手だった。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      彼はおもむろに筆を取り……
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


829 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:17:15.37 ID:T5TO1/KPo [17/25]

┌──────────────────────────────────────┐
│               /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::∧            │
│               ∨::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/::r-、            │
│                   7:ハⅥ ===ミzz_  ::::::::::::.   _,.z≦チ匕_::::::::7::7'´ハ           .│
│               |::{:ヘ::K:/ ヽ夊::ソ< Yi__,iY'´<夊::ソ_フ ;:::Y´|::i::: : :: }         ....│
│               l::|::〈.:|:::|::::ヽ、__,....:::::':::| ̄ ̄i{::゙::::.......___,.:'::::::7::::|::|::;;;:: 7          .│
│               ∧:::::ヘ:八::::::::::::::::::::::::ノ:|::::::::八::::::::::::::::::::::::::/::::::}::|::::,.7           .│
│                   ∧、::∧::::::::==─  :::::::i:::::::::::::::::: ー─≦::::::' ::/:/:://           ..│
│                 ヘヽ::}:、      }::::/::::::::::::::::::      .://::../            .│
│               xく/zzi }    / ゝ-、、__;::' rフ:::..\ .:// .!=チ             │
│                 //////ハ     ' rニニニニx...x仁二ニニx__{:::::)   |//≧x          ....│
│            ///////// i  i {二二二二二二二二ニ} |   从/////≧=- _      │
│           {//////////∧ ', ', ゞ'  ̄ ̄二ニ二 ̄ ̄ ̄ / ,. / }/////////// }     ...│
│           |///////////∧ ', ',   _____   / , , '_ノi///////////.i      │
│               Ⅶ///////////ヘヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: /,.イ'///////////////     ....│
│                ∨////////////ヽ             ////////////////7___   .....│
│       -=ニ二二∨/////////////\           ////////////////./二二ニ  ......│
│    xく二二二二二ニV///////////////>  __ ,. イ//////////////////二二二ニ   │
│.  /二二二二二二二i∨///////////////////////////////////////////二二二二  ....│
└──────────────────────────────────────┘

     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     |   よし、完成    |
     ヽ________乂              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |  お爺様がこの邸見たらなんて言うのかしら?  |
                                 ヽ____________________乂

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      祖父である鍾繇の肖像画を描いて帰っていった
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


830 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:18:17.40 ID:T5TO1/KPo [18/25]

    |::::::|(;;;;;;;;;;)、___________________ ,(;;;;;;;;;;)〈
__/:::::/_/    ) ==================(   `ヽ::::ヽ_(;;;;;;;
;;;;;;;;;;;):::ヽ_   ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノヽ(;;;;;;;/:::::/-、
  ヽ_):::::::)_(;;;;;;;;;)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"'  `(:::::(`(;;;;;;;;;)
  /:::::/       |l l l l |          |l l l l |          |l l l l |     ヽ::::ヽ
========|l l l l |_____|l l l l |_____|l l l l |========
ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ|l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l |ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ; ;ノ
~~~~~~~~|l l l l l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l l l l |~~~~~~~~
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |]ll ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll ll[|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll_l||l_ll ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |l l ll ll ll ll ll ll ll」||l」l ll ll ll ll ll ll l l|l l l l |
                |l l l l |]ll ll ll ll ll ll ll ll l||l ll ll ll ll ll ll ll ll[|l l l l |
________|l_l_l_l_|l_l_ll_ll_ll_ll_ll_ll_ll_l||l_ll_ll_ll_ll_ll_ll_ll_l_l|l_l_l_l_|________


                                       |\     /\     / |   //  /
                                     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                     \                     /
                                     ∠      父上ッ!!?      >
                                     /_                 _ \
                                      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                       //   |/     \/     \|


831 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:18:58.23 ID:T5TO1/KPo [19/25]

┌──────────────────────────────────────┐
│               /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::∧            │
│               ∨::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/::r-、            │
│                   7:ハⅥ ===ミzz_  ::::::::::::.   _,.z≦チ匕_::::::::7::7'´ハ           .│
│               |::{:ヘ::K:/ ヽ夊::ソ< Yi__,iY'´<夊::ソ_フ ;:::Y´|::i::: : :: }         ....│
│               l::|::〈.:|:::|::::ヽ、__,....:::::':::| ̄ ̄i{::゙::::.......___,.:'::::::7::::|::|::;;;:: 7          .│
│               ∧:::::ヘ:八::::::::::::::::::::::::ノ:|::::::::八::::::::::::::::::::::::::/::::::}::|::::,.7           .│
│                   ∧、::∧::::::::==─  :::::::i:::::::::::::::::: ー─≦::::::' ::/:/:://           ..│
│                 ヘヽ::}:、      }::::/::::::::::::::::::      .://::../            .│
│               xく/zzi }    / ゝ-、、__;::' rフ:::..\ .:// .!=チ             │
│                 //////ハ     ' rニニニニx...x仁二ニニx__{:::::)   |//≧x          ....│
│            ///////// i  i {二二二二二二二二ニ} |   从/////≧=- _      │
│           {//////////∧ ', ', ゞ'  ̄ ̄二ニ二 ̄ ̄ ̄ / ,. / }/////////// }     ...│
│           |///////////∧ ', ',   _____   / , , '_ノi///////////.i      │
│               Ⅶ///////////ヘヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: /,.イ'///////////////     ....│
│                ∨////////////ヽ             ////////////////7___   .....│
│       -=ニ二二∨/////////////\           ////////////////./二二ニ  ......│
│    xく二二二二二ニV///////////////>  __ ,. イ//////////////////二二二ニ   │
│.  /二二二二二二二i∨///////////////////////////////////////////二二二二  ....│
└──────────────────────────────────────┘



───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       この肖像画はよくできた代物だったようで、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      衣冠や容貌は生前の鍾繇そのままだった。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .父の肖像を目にした鍾兄弟は深く悲しんだという
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


832 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:20:06.92 ID:T5TO1/KPo [20/25]

          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\      ところがその後、
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,     鍾兄弟は父の肖像が描かれた新邸には住まなかった。
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/     『世説新語』はその理由を語らない
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ
           〉ヽ     /  ji |{i  !  ヽ

833 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:21:02.75 ID:T5TO1/KPo [21/25]

    ||.:.:| |.:.:.:.:.:.:.| |.:.:.:.|
    ||.:.:L.」.:.:.:.:.:.:.| |.:.:.:.|
    lΤ{ア¨Τl丁{Τ|Τi|
    | レヘ、 _>'⌒ヽ! |¦i|
    |ハ__゚.:::::::.゚_,.||¦i|        なんというか……
    | {u  '_   u||i |
    | l> ‘__┘,.イ||i |        常に父上の眼が光っているような気がして……
    | |i | ,ィr┴―j ! ト.i |
    | |i /|,!:ー―ヘ.| |.:}|
    | |i レ'厂l_.:./.| |イ |
.   丿jj{__  _l/.:ノ川 i|
                                     /:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
                                     :::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
                                     /::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
                                     :::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
                                     ::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
                                     :::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八  ヾ!::/i::: |:::: !: !
                                     :::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ=-メ}ハ. |::::|: /}:/
                                      ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
      言葉は悪いけど、薄気味悪いんだ           ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
                                        :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
                                        :::::|| |!. 、                r ´
                                          ::ll {.  \          - ― 、‐'
                                          :!.     ヽ          _ノ
                                                 、        /
                                               、.   , -‐丶   _ ′
                                              \イ \    ̄
                                               \.  ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       自分の部屋に父親の大きな写真が飾られていたらどう思うだろう?
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      結局、新邸は廃墟となってしまった
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


834 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:22:22.48 ID:T5TO1/KPo [22/25]

              __
          - : : : : : : : : : : : : : : ..
       . ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> 、
     ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
    /: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : ィ: : ;、: : : : : : : .
   : : : : : : : :!: : : / : : : : >  /: :/ ∨: : : : : :∧
   |: : : : :| : : |: / : : : >   /: :/   ∨: : : ! : ∧
   |: : : : :| : : |: : : > _   //  _ Ⅳ: : :!: : :
   |: : : : :l : 斗 ≦二   ` /′  ´ __.!`ヽ :|: : 从
   |: : : : :|: :-ィ斤/(_ ヾ  /    ィ//(_`ヾ } :! : || }
   |: : : :_:| : : l 弋:j/リ ノ       {/j/リ  j l: |: ::リ
   :: : {  | : : |  `¨         `¨  /: : :!::/
.   ! : ゝ._∨: ゝ              イ: : : |/              十倍返しよ
.   |: : : : : ∨:ヘ               7: :/
    !: : : : : ::∨:ヘ     `  ´     イ: :/{
    | : : : : : : ∨:ヘ:>=----   <: : : :l: /:イ
    |: : : : : : : : ヾ: 、  \/ /ヽ: : : : /: ::|
   |: : : : : : : : : ∧ `¨¨´只`¨    ∨::/: : ::|
   l: : : :/: : : : 〈 }   ,イハ    {___} / : : : |
   |: : : { : : : : ∧ノ   〈IlIlIl〉   ∨: : : : : ::!
   |: : : |∨ : : У    `¨´    ∨ : : :ハ::
   |ハ: ::l ∨:〈_          _ 」/|: / }|
   { .∨|.  ∨八===-------==彡ヘ |/


───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       百万銭の宝剣を盗まれた荀勗は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      ひとつの肖像画によって一千万銭の邸宅を廃墟にしてしまったという話。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .当時の人々は言う
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


835 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:23:30.52 ID:T5TO1/KPo [23/25]

            , --──-、
         , イ /      ヘ  ト 、
         i !ー、〉 __ j j __〉-ノ i
           ヾ_,,;;》 `-"::: `-"l_.ジ
              | ヽ ' _ ` イ
             l l  ´=` l       荀勗が鍾会に仕返しをしたのは、失った物に数十倍勝る物である
           ノ  ヽ _,、__ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_    
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|            __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::             l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
                                       ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:: ニ'::::l
                                       ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
                                        \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
                                          ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\  ';:::|
                                           / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
                                          l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       鍾会の書。                            `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       荀勗の画。                              rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
                                            ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`
       両者は巧妙の極みにあったのだろう               ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、
                                      ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ
                                    ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ
                                    /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
                                 .   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
                                 .  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ


836 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:24:06.87 ID:T5TO1/KPo [24/25]

                     ......‐==-......
                       ,...:<:::::::::::::::::::::::::::::≧..、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::.
             /::::::::|:::::::/:::::::/::::::::::::;.イ::::;ヘ:::::::::::::::::::::::
             /::::::::::|:::::/::::::/:::::::::/ /::/  ヾ:::::::::::::::::::::
                /:::::::::::::|::/:::::::/:::::/  /イ    .ハ:::::::|::::::::::::|
              ,.イ::::::::::::::::||'::::::::,ィ≦_\       ,.イ__ヽ:::|::::::::::::|
         ./:::|::::::::::,ィヘ|i::::::f〃イ心`      イ:::心ヽ}リ:::::/}:リ
        ./:::::::::l:::::::::{  i|i::::八 乂:ツ     乂:ツ 〃:::/ 〃
       ,.:::::::::::::::::|::::::八  ll:::::::ヾ         ,      /:::イ:{/
      ./:::::::::::::::::::|::/⌒≧l::::/:{\            ,イ.::/=ミハ
      ,::::::::::::::::::::::l‘     ヽV:::::ト、.    -ー-    イ::/ / ∨
      |:::::::::::::::::::::ハ      ヾ::::|  >      ィ≦∨:/ /  ‘:\           おしまい
      |l:::::::::::::::::::| |      Ⅵ \   ¨/ / }/ / /   |}:ハ
      .八:::::::::::::::::| |   |  |  ヾr‐.≧ー  イrf´./イ ./  | i!::::/
    ./::::::\::::::::::::l |   |  |   ∨  Y⌒Y´  ./  /   i! ハ/
   /::::::::::::::ヾ:::::::ハ.ノ   |  |   ト、≧=r-=≦.イ|__rイ⌒ヽノ、__j
   /:/|:::::::::::::::}∨  ,ィ'ヾ ̄ ̄` ̄ー|.  ̄ヾ/    i|     /  ,.イ
  ,::/ i!::|:::::::::/:::|(⌒   ∧.     V ./  |     i|   ./≦::::::!
  |:{ |:::ト、:::::::::::i!::≧=-- ‘,     ∨   }}    リ   .,:::::::::::::::|
  |:| |:::|ハ:::::::::ト、::::::::::|´ ‘,     :.  /    /    ,:::/}:::::|:/
  ゞ.八::l  \::::{ \::::|   ,}、    ‘ ./|    ./    〃 |:::::|'
     ヾ   \l  `〈   ∧.     Ⅵ |   /     .,′.ノ:/
          \  ハ  ,八.    Ⅶヽ .:     ,′〃
             /  ∨  ‘,     Ⅷ V    /
           /        ∧     .|  .,′  /ヽ



837 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 01:24:37.13 ID:vzLbHYD6o [2/2]
おつ
兄貴のほうもいまいち頼りない感じ

838 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:24:38.72 ID:T5TO1/KPo [25/25]
【第三十九回 蜀の滅亡・其の弐に続く】

新規CAST

~魏~

●羊琇(ようしゅう) ヴィヴィオ(魔法少女リリカルなのはViVid)
●師纂(しさん) べジータ(DRAGON BALL)
●田続(でんぞく) 砕蜂(BLEACH)


~蜀~

●向充(しょうじゅう) 五和(とある魔術の禁書目録)

~呉~

●薛珝(せつく) 水渕((GA 芸術科アートデザインクラス)



839 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県)[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 01:29:06.69 ID:csPtm3reo [1/2]
お疲れ様でした。
現代ならともかく、礼に煩い当時で、うかつに父親の絵を消すわけにも行きませんね。

しかし仕返しのためとは言え、こういう話が伝わるのだからよほど立派な絵を描いたのでしょうね。

840 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[] 投稿日:2012/11/07(水) 01:34:07.47 ID:8XoN1Ec90
乙です
鐘会さんはクズエピソードに事欠きませんなぁww

841 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[] 投稿日:2012/11/07(水) 05:25:41.40 ID:+v7czHNF0

露骨に創作くさいなのに、イマイチ綺麗にまとまってない感がする話だなww

842 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 09:05:55.54 ID:LhjKkOvwo
乙です
何というか、どっちも才能の無駄使いとしか言いようが無いなww

843 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県)[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 10:33:56.35 ID:GEsVg1wQo
乙。相変わらずの安定の鐘会さんやでぇww
しかし、旨すぎる話だなぁ。どう考えても鐘会をおとしめ(ry

844 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/11/07(水) 10:41:58.64 ID:CNm+swLEo [1/2]
世説新語だからしょうがない

845 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 11:59:48.61 ID:6ftakDUTo [1/2]
日本の武将言行録と同じで、アイツならそんなこと言ってもやってもおかしくない、って話だからねー

846 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/07(水) 13:31:58.46 ID:KVbdx2Xy0

世説新語はタブロイド誌的な感覚で読み流すのが良いと思うの
そしてGAで一番可愛いのはさめちゃん先生、これは譲れない

847 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県)[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 15:07:46.81 ID:MhQnVXll0
世説新語も注釈(劉孝標注)が面白い。邦訳は明治書院版にしか収録されていないけど。

諸葛亮を「臥龍」、龐統を「鳳雛」と評価した司馬徽の「よいぞよいぞ」の出典をこれで初めて知った。
演義や爆笑三国志だけのネタじゃなかったんだ。

そういえば、司馬徽は出てきていませんね。

848 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 15:43:22.97 ID:6ftakDUTo [2/2]
>>846
お前GAで’かわいさ’っつーたら友兼兄だろ(震え声)

849 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/07(水) 17:10:08.23 ID:rxVXLx9s0
世説と言えば、チンク桓範の字が違ってたりしますね
正史だと「元則」ですが世説(賢媛第十九・6)の注だと「允明」になっていたり
その上、どちらも出典は同じ「魏略」というのが…ww

850 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 21:35:43.09 ID:CSRy/bLqo
otu

>>846
>>848
あーさんぶちさんのコンビにまさるものはないYO

851 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 23:16:29.06 ID:7o8XzKm2o [1/2]
【「やる夫が正史を書くようです」反省会会場】

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //    .前々からおかしいとは思ってたんだおww
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  /       きっと夜のお馬さんにも乗れないんだおwwwww
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ                . __
                               ン               ./::::::. \
                                               /::::::ヽ;;:   \
                                             . (:::::(::::冫    |
                                             . (:人;;;) .    |
       馬に乗れないぐらいなんだ。                     r‐-;::::::. .     |
                                             (三)):::::.. .   |
       他を頑張ればいいんだよ。                      >::::ノ:::::::::.    /
                                            /::: / ヽ;:::::::::   /
       常識的に考えて                          /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                              . |\::::::::::::;;:1
                                              . |:::::\;;/:::|
>>795
どこで出そうか迷っているうちに今に至る。

>>797
個人的武勇はからきしですが、他は割とトンデモ性能なのが杜預さん。

このスレでは全然活躍していませんがw

>>798
独身です。

割と年を取ってから妻帯する人もいますが、
鍾会の場合は兄の子を養育していて、蜀討伐にも連れて行っています。

>>803
動機はどうあれ、このあたりの司馬昭の決断と意志の固さは評価に値すると思います。

>>805
この後の戦闘要員です。

禿髪とM字ハゲは作成中に思いついていれました。

>>809-810
「何故こんな簒奪劇が成立してしまうのか?」は蜀討伐後にやります。


852 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/07(水) 23:18:16.20 ID:7o8XzKm2o [2/2]

.     / 、.:::::::::::/::/ヽヘ:::::::}:::::|::::::::::::::::::::::}
.     /`丶{、_メ._/   \{_..」:::|_.... -ー_.´イ
     i:::::::.i:::://      [...-}::::i-ー:::::|::::::::::|
      i::::::::{:/∠.._       ト┤i:::::::::::}:::::::::}      今回は登場人物の顔見せ要素が強い。
     {:::::::レ  _   ̄ ̄ ̄¨t.}::|:::::::::::i:::::::::i
     i:::::::::{.Tー-   ニ二 ___}::|:::::::::rヽ:::::}       次の其の弐からが本番だ。
.     {:::::::::} { |:::|    { |::::} i }::i:::::::::i , }::.i
     i:::::::::|ヽ゚ソ    辷´ソノ:i:::::::::r´/::::}       >>846
     .{:::::::ヽ   ´     ´}::i::::::::ト´::::::{       .見ていて面白いのはナミコ殿
.      {:::::::::`>-ー、  _... イ::|:::::::i::::|:::::::|
.      i:::::::{/ --ー「Ti/ ./::i:::::::| }::i:::::::|
.       i::::::{  ヘ、}ノヘ /_::i:::::::i ヽ:::::::{
       i:::::i  へノ}::::{::ヽ |:::::::i  ヽ:::::{
                                           / ^ー=-  . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::
                                          /: : : : : : : : : `i   . :. :. .:: : :: :: :::::::: : :::::::::
                                         /: : : : : : : : : : : : :|   . .:::: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::
                                         |、: :j: : jl/wi: : :ム !7__   . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::
                                         いi´i / ' _ lイ :|ノ: : /  . . : : : :: : : :: : ::: :: :
     何気にGA読んでる人多いんだな               < / ̄´三'~'-l// `ー、>  . .... ..: : :: :::::::::::: : :
                                         /^.:l^ナ´7ーヲ/  -y'   . ..: : : ::: : :: ::::::::: :::::
                                         | 'ヽ!´!ミ/ 、/l/7、 ::|  . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::
                                        'i`ヽソ;;j,`|yェ>i ̄ ::| ::|   . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
                                        !  .::7ノヽfェ゙l |  .::! .:>  . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::
                                       ̄ `ー-' ̄ ̄ ̄ `ー´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

>>842
どっちも似た者同士な気がします。

>>843
鍾会さんはネタ要素が満載な人なので。


853 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 23:35:23.34 ID:CNm+swLEo [2/2]
乙ですー

>>851
魏晋の簒奪劇分析楽しみにしてます
個人的に三国志一気になるテーマなので


━━━━━※管理人注釈:士大夫と乗馬の話題━━━━━━━━━━

859 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 22:33:24.58 ID:h/KpvGDv0
鐙が発明された後の時代だったら杜預さんも馬に乗れたのかもしれないと思った
調べてみると4世紀初の鮮卑や東晋の墳墓から出土したのが最古の鐙らしい

860 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 08:37:56.02 ID:sYu2tbvio
それはそれで、よっぽど普及した世界で無ければ、
鐙つけなきゃ乗れないお子様(笑)みたいな扱いになりそうだけどな…

861 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 15:46:16.59 ID:gwkUECbg0
乗馬はどう考えても士大夫の必須技能だろうし
現代で言えば自転車に乗れない程度には馬鹿にされてたのかもしれん
子供の頃に転びまくっても乗れるようになってないと、後で苦労する的な

863 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県)[saga] 投稿日:2012/11/09(金) 17:22:33.62 ID:qyiElplU0
>>861
いやどうだろう。
士大夫は伝統的に武を軽んじているわけで(中国で軍人の地位が見直されるのは20世紀になってから)、
むしろようやく戦乱が収まって、士大夫がそんな野蛮なことをする必要はなくなってきたという、好意的な評価すらあったのではないかと思うのです。

864 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 17:26:27.34 ID:HU+ZHReZo
異民族連中が馬の扱い上手いから、士大夫連中からそういう技術があまり歓迎されない可能性だってあるよな
三国志の時代にそういう考え方が主流だったかどうかは別として

865 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/09(金) 18:39:16.25 ID:qdPaBdWD0
士大夫は通常馬車に乗るものだから、軍人志望でない限り騎乗は必須でもなかったんじゃなかろーか
ただ、後代の王鎮悪や陳慶之が杜預の同類だけど、軍人の彼らはどうやって騎兵を指揮してたんだろう?
史書には載らない中級・下級指揮官の支持をよく集めてたとか、そういう裏事情でもあったとか?

866 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 19:51:01.40 ID:WZu8AjOLo
まさか呉起みたいに徒歩で一緒に移動したわけじゃないだろうしなあ

867 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 19:56:44.98 ID:OL6S9Qhjo
陳慶之は江南出身だから馬に慣れてなくてもまあ仕方ないかなと思わなくも無いが
王鎮悪は南朝に仕えたとはいえ、もとは北出身のはずだしなあww

868 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道)[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 20:38:17.88 ID:fOf1W6Pe0
>>865
そういえば騎兵隊長だった顔良も
馬車に乗ってるところをサックリ関羽に刺殺されたんだったな
案外必須スキルじゃないのかもしれんな

869 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/09(金) 22:39:55.04 ID:uMHFid4P0
>>868
将軍は戦場を見渡すために戦車みたいなのに乗ってたのかもしれないですね
春秋好きの杜預さんなら、むしろ御者と車右を揃えた戦車に憧れるはず……!

870 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[] 投稿日:2012/11/10(土) 01:25:14.86 ID:RcyOxcTF0
馬に乗れない、って記されてることはそれがその時代は特別なことだったからと考えれば
将官になるべき人間が馬にも乗れないってのは珍しいことだったんじゃないかなとは思う

871 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 03:11:05.51 ID:dBTCU8dN0
>>870
そこなんよね
わざわざ、馬に乗れないって明記してあるって事は、それが常識ではないって事

考えるまでもなく、戦において将官クラスが馬上にあるというのは色んな意味で利点のある事で
士大夫全体としてどうかは解らんが、軍人としてはちょっと普通じゃないって感じだと思う

872 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 15:18:47.90 ID:poal4cnzo
曹丕が騎射を10代でマスターしたのが特記されるくらいだから自在に、胡服騎射レベルまでは求められないにしても
最低限乗って移動くらいは求められたのかねぇ

873 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 19:51:36.40 ID:FedBQNRyo
乗馬は士大夫の必須科目だった筈
曹丕が曹璋に「お前もっと勉強しろよ」と言ったら
「士大夫が学ぶべき八項目の内、弓と馬を修めているじゃないですか」と言われた逸話なかったかな?

874 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 21:01:49.26 ID:xkImaKcro
>>873
武勇一辺倒の息子を見かねて曹操が「「いくら剣の腕を磨いても人の上に立つ者にとって、どれだけの役に立つだろうか」と学問を命じたけど
「男子たるもの10万の兵を引きつれ戦うことこそ本懐である。俺は博士になる気などない」と聞く耳を持たなかったって話なら聞いたことある
これ思い出すたびに曹丕と曹植と同母兄弟とは思えなくて笑ってしまうwwww

875 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 21:05:00.36 ID:Bm5fVMXCo
>>874
後継者選抜の時にスルーされた理由がわかる逸話だな

876 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 21:23:01.59 ID:9le8JQcoo
清々しいほどの脳筋だなwwwwww

877 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 14:04:44.10 ID:nmtaetc10
>>874
その後で信賞必罰を旨とした、将軍としての模範解答して
曹操を喜ばせた発言もあるんだけどな
文事に興味なかっただけで軍事的には優秀だよ

878 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 18:40:47.02 ID:o06XLAMko [1/2]
礼・楽・射・御・書・数が六芸だから、弓と馬(御)の扱いはできるのが理想かな>士大夫
日本の天皇でも射や馬が得意な人は多い。まあ個人の武芸だから=軍事の才ではないんだけどさ

879 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 18:48:19.87 ID:n52lpr8Go
たぶん、そこに出てくる御は騎乗スキルでなくて馬車でない?

880 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 20:59:16.29 ID:o06XLAMko [2/2]
そうだよ。でも御は廃れたから騎でいいだろう


━━━━━※管理人注釈:戦車の衰退について━━━━━━━━━━

882 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 22:36:22.67 ID:+j93Tuah0
戦車ってなんであそこまで衰退したのかな
使える戦場は限定されるとはいえ、強力な事は間違いないから有効な戦術になりえると思うんだけど
三国志じゃ、影も形もないのが不思議
春秋以前じゃ戦場の主役だったのに

883 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/11(日) 23:09:02.77 ID:Xq0fRxVqo
国土が荒れて、街道の轍の幅が統一されなくなったから?

884 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/12(月) 12:04:01.69 ID:wFvzeB610
考えられるとしたら、
・用兵思想の変化
・材料となる木材・鉄などの枯渇
あたり?
騎兵を育てるより戦車兵を育てる方が時間もかかりそうだし、コストパフォーマンスが悪いと思われたのかも

885 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 19:39:45.50 ID://J/JQSVo
馬車そのものは貴族の移動用として存在したわけだから、作る職人が減ったとか?

886 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 19:43:16.06 ID:XJfVhbSyo
馬を操る技術が発達したせいじゃない

887 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 23:18:47.93 ID:HBqd4oFho
阮籍なんかは自分で馬車を引いて街中を珍走してたみたいだけど
南朝時代にはいるともう完全に使用人に引かせるものになっちゃったね。肥てるのがステータスになった影響もあるけど
三国・西晋時代にもそういう何もしないでナヨってる風潮はあったから、兆しといえば兆しだが

888 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/12(月) 23:32:09.36 ID:q+9DsdtVo
そういや横光三国志だと孔明が馬車に引かれてるのがデフォだったけど実際はどうだったんだろう

889 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 00:05:30.67 ID:992d+2tH0
てか、考えてみたら三国以前にとっくに戦車は衰退してたな
少なくとも趙の武霊王の時代までは現役だったが、楚漢戦争の頃には殆ど残ってない

やはり大きいのは騎馬戦法の有用性と、戦車の活躍の場の減少
戦争の形態も春秋末期には大きく変わって奇襲や騙し合いが常道になると、平地での会戦なんてそうは起きなくなったし
それと国家が貴族制から中央集権体制に移行したことで、貴族の持ち物の戦車に代わって
徴兵された歩兵が台頭してきた事か

とグーグルで簡単に調べたらそう書いてあったんだけど

890 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道)[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 01:10:45.62 ID:gS5I7RLo0
>>888
三国時代は馬車のエピソードに事欠かないわけだが
袁紹が豪華な馬車に載るのを許子将に批判されるのを恐れたとか
曹植が馬車で皇帝専用道路走って曹操の怒り買ったとか
士大夫に限れば騎馬のエピソードより多いぞ

891 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 10:37:19.55 ID:oJa1XVHOo
あと、戦場の主力が歩兵になって、歩兵についていけない兵種は使い勝手が悪くなったというのもあるんでない?

892 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 19:16:49.80 ID:6BkUgimwo
歩兵が主力なら戦車のカモが増えて、重要性が増す気がするがどうだろう

893 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 20:50:17.54 ID:hVYitf1Xo
機動力が問われる策の時代になったこと、優秀な騎兵が中華でも大量運用できるようになったこと
この2つで衰退したんじゃないかな
というか、中国じゃ孫子ですでに「維持コストひどいから注意しろよ」って言われてたらしいし
三国時代みたいな資源の奪い合い時代では一台のために高級な馬数頭に何十人も随伴要員作るなら
その分を純粋な歩兵・騎兵として運用したほうがいいっていう解釈に至ったのでは

それに西洋でもチャリオットは古代ギリシャ末期には実戦投入がほぼなくなってたみたいだし
騎兵が生まれると必然的にいなくなるんじゃなかろうか

894 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 01:23:16.85 ID:/mPVWGbZo [1/5]
【閑話休題】


            /) ̄ ̄\
          /∠___ ヽ、,_ \
         / / ,-イ)(= )!!! |             戦車が何故廃れたのか?
         l / /(__人___)   |
         l   ', `⌒ ´  u |             古代の戦車ってのは、
         ',    ',      |             .意外と使用可能な環境が限定されるんだよなぁ。
          j    ノ      /|_
        _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__          100%の性能を出そうとするなら、
    ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _     広大な平野でしか使えなかったりする
  /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
 | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l
                                                   . ´:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                                               ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.丶
                                               1:.:.:.l:.:ト。:.:.:\:.:.:.:.:.:.:ヾ::.:.:.\
                                           .:.:l:.:.:.:|:.:l ヽ:.:.、 ><´:.:.:!:.!:.:.:.:..、
                                           i:∧:.:.:l!:.{─-\{   ォゥァ.|.:リ:.ト、:.:ヽ
                                           |:.:∧:.:Ⅳ=ミ   \伐ツ ,|:.|:.:.!  ⌒\
    山岳地や低湿な土地、森林じゃ無用の長物なの。        l:.:/∧::ャ伐ツ`     /l:.l:.:.|
                                           .|:.:.:/∧l:\   '   .イ:.リ:.:.{
    春秋時代、元楚人の晋の巫臣が                  .|:.:广|:.:ヽ:.:.≧ュー゚ ´ ゝ{! ̄`/ 〉
    呉に戦車戦を伝えたなんて話があるけど、             l:/  !:.:.:∧´         ノ  l/ ∧
    正直長江以南で役に立つのかっていうと……           ′ |r=i ¦ ____.y ´ ̄ ̄ 〈  .
                                                  |:.`ト≠´  r介ュ      }
                                                  |:.:.:! {     |li|     '   !
                                             l:.:.:l  ゚,     |li|       !   |
                                              i:.:. |  }   /八      |  |
                                               l:.:ノ`  |    ¦    {   \
                                                /    .^     l    ∧      .


895 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 01:25:48.44 ID:/mPVWGbZo [2/5]

       ,, ー" ̄"゙゙ヾfxヽ、
     ,ィf´         )ヾ、
    r%      y) 从トメヾミソy
   ,fヾ   ,jヾ从爪wリヘ从ヾイハYj
   ト《ヘ  ャj从fイ(ソ(Jハヾ'`ソ` jリ
   じwtミ爪ミルt(    u  .,,;;;i          西洋でも状況は似ていてな。
   j,y=、ミハィt   ,,;;;;ェッwt ji,kキi´
   i,{(d {iji    ^~ セfケ ` ベ゙ i          .ギリシャ・ローマの軍隊が歩兵中心の編成になったのは、
   ルヾ__     ヽ        ,,∨丶、_        .いかなる地理条件にも対応可能にするためなのが一因だ。
   jリi  `ヽ.       ーt-ノ   `ヽ
    シ.    ヽ  l  ;  -一'ィ. j     ヽ     .娯楽としての戦車戦はローマで見られるがね
  ''゙´      ヽ、     ¨´ i ノ     i   ヽ
            ` ー‐一' ,'     |
       __         ノ      |
         `¨'''ー-- 、
                                        /          : : : : : : : .    i : : : : : :|
                                       .:.:.:.:.:/: : : : : : :i : : :\: : : : : :    | : : : \:|
                                    i:.:.:.:/: : : : : : : :l: : : :|\: : i :   }iト_: : : : : ヽ
                                    |:.:.:.:. : : : : : : : :|: : : : |¨^ i : | : . /八:ハ : : : : : .
  ちなみに、春秋時代の戦車と                 |:.:.:.:.:. : : :.:.. : :|: : :    |川: :: :/ ,x=:|i : : : |: :
  漢代以降の馬車は大きく構造が異なります。       |:i:.:.:.:.:. : : .:.:. : :| : : / ___, |: .:/ /::i |i : : : |:|
                                    |:|.:.:.:.:.:. :. :.:.:.:.:.. : ://:::::「`|/ |{:r' |i: : : :ハ |
  春秋時代の戦車は四頭立て、                |:| .:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:V/{i:::::r┘ l/  ~´ |i: : :/ }|
  漢代以降の馬車は一頭立てだったりします。       .八:.:.:.:.:.i:.|\:.:.:.:.:. 乂:::ノ     丶  八: / ,丿
                            .          /  }ハ:. |:.l乂,\:.:.:.             i/} /
  漢代以降のそれは騎馬の後方にいる指揮者の車、      |ハ|:.| .:.:.\\:.       ー ' / / ,/
  あるいは貴人の移動手段に用いるのが主な用途ですね     .|/:.:.:.:ノl/\\≧=‐r一    /
                                             厶イi:|:\\    ,ト―--   ..
                                            /i:i:|:i:i:i:\\____i乂\i:i:i:i:i:i:i:|
                          モハヤセントウヨウジャナイ   /i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i\   ∧|ヽi\i:i:i:i:|
                                           ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ/「}i<⌒)‐-‐十ー-


896 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 01:28:24.59 ID:/mPVWGbZo [3/5]

.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|      それと、地理環境の制約を受けなくて、
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|      .速さの面で融通の利く騎兵の登場がトドメでしょうね。
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ     紀元前1000年頃のアッシリアの場合、
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ    乗馬の習慣が広まるにつれて、
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\.  戦車→騎兵に代わっていった例があるそうよ
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',
: : : /: : : :,∠ /: : : : : :|∧ / ∨ヽ  ∧ : : : : : ',ヽ:: : : :丶:: : :ハ


                                                 ____
                                               /      \
                                              /─    ─  \
     話を聞く限り、                               / (●)  (●)   \
     扱いにくさと汎用性のなさが戦車衰退の原因っぽいお。      |    (__人__)      |
                                            \   ⊂ ヽ∩     <
     じゃあ中国史だと、どこが転機なんだお?                |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/


897 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 01:31:08.21 ID:/mPVWGbZo [4/5]

              ____
           ,´: : : : : : : : : : :`
          , :’: : : : : : : : : : : : : : : :’,
          /: : : : : : : ∧ : : : : : : : : : : :ヽ
         /: : : : 7: : : :/  \ : : : : : : : : : :l:ヘ          _ _
      /: : :/ ' : : :/__   \ : : : : : : : :!::」_______/ Y i^r 、_____
       /: /: :/:l : : :!´   `   \ : : : : : :!             !_/!_l/!_/        |
     ./イ lハ'/: :! : : l≠ミュ、  -十、: : : :リ                          |
        /: : :! : : l :::::::    ィ它7ヽ: :l                           |
          /: : : :! : : l     ,  :::::: /: : :!                            |
       / : : : :ハ: : :ト、  ` --   イ : : :i                         |
        / : : : :/:∧: :. > 、_ ,<| !: : : l 「やらない夫は伍子胥なようです」様. |
     /: : : : :/:::::∧: :}    ト、__」 l: : : :!                       ,       てへ
     , : : :Xx―' i : !    i \ ! l: : : l  二周年おめでとうございます    .
     i : : :/. . ヽヽl : l `ヽ  r'  ヽ ,: :l                           |
     l: : : !. . .   l ll: :l         ! i : リ                           |
     i: : :::!. .    ヽ リ_____| l: .'                         |
     l::::::::..       \  {::::::{:}::::}i  !'                          |
     ,:::::ヽ      \ .`¨介¨ l!           x ―‐、             |
      v:::::::::\       \/ !  !_______r ´   _つ______」
      ヽ::::::::::l\      \l  >―… ¨  ̄ ̄        /
        \::::!   、        `¨        .―- ――‐ '
         ヽ!     ,   、_,     ,イ: : : : :\
           >、    ヽ  : : : :   _ イ : : : ヽ : : : : : \
            }、  \   ̄ ̄    !: : : : : :}: : : : : : : :ヽ
            / ヽ   \       //!: : : : : :! : : : : : : : : i
                                                     ____
                                                   /ノ   ヽ、_\
                                                 /( ○)}liil{(○)\
                                                /    (__人__)   \
          よそに振るんじゃねえぇぇぇ!!!                 |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                                \    |ェェェェ|     /




898 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 01:32:40.12 ID:/mPVWGbZo [5/5]

                /.: : : : : : : : : : : : : : : : : .
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
         / : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :
        / : : : : : : : : : : : : : : : : /: : / /: :.}: : :|
    ー=彡: : : : : : : : : :/.: : : :. :., : : :/_/_/ /:. :.:|
        /.: : : :. :./: : : : : : : :{ ィf竓ミ、/ __/: : : :}
      /.: : : :. :./: : : : :(_|: : : :| 弋ジ ノ  ,イミ: : : :,
  ー=≦=====ァ: : : : : : : : : :|: : : :|        {シ / :/
          ./.: : : : : :. :. :. :.|: : : :|      ´/ / :/             おしまい
        /: : : : : : : : : : :.:|: : : :ト   ` ー ィ:.,': :/
        /: : : : : : : : : : : : |: : : :|  ー<.: : : : /
       ./: : : : : : : : : : : : : j/⌒ヽ.: : : :. :./: :/
     /: : : : : : : : : : : : : :.{     i: : : ::/: :/
      /.: : : : : : : : : : : : : :.:|     |: : :.,: : /
    ./: : : : : : : : : : : : : : : :|     ト、: : :./
    ./: : : : : : : : : : : : : : : : :|      l ヽ./
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l      !   .j                       ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|    |   }                      |    ≫'"´  \ヽ-、〉:|
                                              |/\/ ̄     --Ⅵー|
                                              |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
                                              |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::| 
       ……と、手持ちの資料を基に簡単にまとめてみた。        .|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):| 
                                              |::ゝi: i│       /:::i:::|
       次回投下日に関してはもうしばらくお待ち願いたい        .| :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::| 
                                              |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|
                                              | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
                                              |:::/|:::::|/ /「ト、 Ⅵ:::i ハ::|
                                              |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |



899 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/15(木) 02:22:52.96 ID:Oy0jo7Cs0
伍子胥スレもう二年なのか…

むしろ戦車が主力だった頃の戦争が、今の感覚から言えばかなり異質なんだよね
凄惨な殺し合いするのに、スポーツの大会かなんかかってくらい儀礼的で
春秋末期の戦争や政治体系の変遷は、単に戦術が変わったとか程度ではなく
中華の人間のメンタルに凄まじい変化をもたらしたと思う

900 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[] 投稿日:2012/11/15(木) 03:06:38.47 ID:Wrym0fbk0
戦車が地形制限を受けて退場したってのは開拓技術の向上もありそうね
戦車がぶいぶい言わせてた時期は河川の開けたところでしか人間が社会作ってなかったイメージがある

901 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/16(金) 10:50:38.76 ID:/csuHwkKo
陳舜臣氏はそういうことを言っていたな
感慨技術の発達で農地と水路が広がり戦車を阻害する地形が増えたと

902 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/11/16(金) 14:07:45.62 ID:cOjv+Ch+0
そういや、明代に至るまで黄河の治水法と言えば、
黄河の水を多数の派川や排水路に分散させるものだったから
治水が進むにつれて平地が減っていき、後年になると川が居住地まで圧迫しだすって問題もでてきたらしいな

西門豹とかの名官僚の仕事が、巡り巡ってそういう事にも影響してたのか

903 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage] 投稿日:2012/11/16(金) 22:15:00.80 ID:iUq8RMOqo
そうした背景を見ていくと、多分戦車の衰退と騎兵の導入の流れは全国的なもので
武霊王は一番最初に成し遂げた人なんだろうな
でなけりゃ趙以外の各国の騎兵導入の速度が速すぎる


904 名前: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] 投稿日:2012/11/22(木) 18:25:07.83 ID:5X8ZtdgN0
ふと思った
朱然&徐盛「周泰なんて寒門出の指揮なんて受けられねーぜ!」
朱然&徐盛「陸遜なんて名門出の指揮なんて受けられねーぜ!」

いったいどういうことなの…

905 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2012/11/22(木) 20:24:39.84 ID:rhJloIUzo

       「;'.::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::.\::::::::::::::.\ : 《
       /:l::::::::::::::::::∧//∧:::::.、::::::::::.\::::::::::::::.\》
      <:,; : l::::::::::::::::::トミ巛/∧:::::.ヽ::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::.
      《: : l:::i::::::::::::::|     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.       \l:::|:::::::_:::::|     l:::::::i::::::::::l::lヽ|:::::::::::::::::|         >>904
.          川::::::::::::''|‐- .    |:::::i|:::::::∧l _」:::::::::::::::::|         .私にやらせろ
.       /.::::|::::::::::X|爪厂≧xl:::/l|:::::=≦爪》::::::::::八|
      /.:::::::|:::::::::::::| V_)::::「 |/ |:::/l_):::::∧:ハハ/
.     /.:::::/::|:::::::::::::| 込ツ    |/ 込ン ,i:::::::i
      '.:::::/.::::|:::::::::::::|、      ,     /:|::::八
     i:::::/l::::八:::::::::::|:::>、    - -   _イ川:::':::::::.                   ,....:':´:.:.ァ:.:.ハ`ヽ.、
     |::/ 八i::::::ヽ:::::::|'   i> .  _ . <  `ー┤:::::::::i                      /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ
     ∨/.::::.ヽ:::::::.ヽ:|.   ト        |    |::::::::::ハ               /:.:.:.;:':.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                                i==/:.:.:i:.:.:.i:.:,A--、:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ハ
                                             i:.:./:i:.i.:i:.:.:.i:.i i:.:i、:.:i:.:.:.ヽ;:.i:.:.:i:.ハ
                                               i:.:.i:.:i.:i:.i:.:.'イ示゙ ヽi:.:./ .i:.i:.:.:.i iリ
       呂蒙や陸遜はともかく、                       i:.:.:i:i V:.iヽi 弋ソ    だ}.i:.!:.:i:.! '
       他の連中よりは上手くやれる自信はあるのよねぇ。       i:.:.:.:ヽヽi        ゞ' ;リi:ノiリ
                                              /:.:.:.:.:.:/:.ヘ.       '  .ハ!
       下手くその指揮下じゃ戦いたくないし……           /:.:.:.:.:.:/:.:.:. |\fヽ  ´ , イ:.:.!
                                            /:.i:.:.:.:.:.i:.:.:,. ノ  .| ト, .イ:.:.:.i:.ハ
                                 .          {:.:ハ:.:.:> '゙ f.  / /_i . ゙`<:!:i:.:.|
                                          Vイ     .| /  ‐‐}     ゙iヽ}
                                          /:::ハ     i i.| .  こ}     i::::::ヽ
            ___
     ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
    ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
    {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
    | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |            我の強い人たちですねぇ。
    l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }
  /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /            .昔の呉はこんなのばかりでしたから困ります
.ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
 ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


※次回は11/24(土)の21:30頃に投下します。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/06/08 08:38 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する