やる夫が正史を書くようです 幕間 司馬炎

651 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 08:57:32.55 ID:KgPoGjcK0 [1/24]
【幕間】

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|     『晋書』『武帝紀』より      |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//              .今回の幕間は、
            | |    >:´|、  -  ,|`:<             『晋書』における司馬炎への評を紹介する
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|  
            | |     >-、\!  !/::,-<
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

652 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 08:58:09.95 ID:KgPoGjcK0 [2/24]
┏──────────────────────────────────────────┓
 武皇帝は基を受け継ぎ、
 天命を受けて版図を握り天下を統べ、教化により民を導き、労苦を安楽に変え、乱世を治世に変えた。
┗──────────────────────────────────────────┛

         , -――‐-v冖v-―――- 、
        く: : : :r>―^ーヘノ)==ミ : : : :|
       rクヘ:/  ,    ,  ヒr┬- 、: :/ 
.      rク : :/   /   l |  厶:ヾ、:_:》 :\
      K_:_:/  / ,′  l |l  | 厶 : : : : /
        /| l/| レ1  / lメ、_/l  l|ヽ、/ヽ、 
.       / l |イ ⌒| / /⌒ `7 リ=ミ__〉 
.     厶イ>l | ●  ′● /| /ヽ、`二} 
       く// ,小⊃ 、_,、_,, ⊂⊃=<|  \ 
       {_{_fて(ヘ  ゝ._)  ィ /⌒i } 匸´
       /⌒ヽ__>,、 __, イァ/  / ` ̄ 
       \ // : : :_:_∨_:__: :ヘ__∧ 
         // : : { {:r介、: :}}:ヾ:::彡' 

                                           f¨゙!
  :┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
   !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
  ⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
  ::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
  /:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
  :.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
  \f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
    ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
      `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
  、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::



653 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 08:58:45.18 ID:KgPoGjcK0 [3/24]
┏────────────────────────────────┓
 縑帛や粗糸の貢納を止め、彫刻や宝玉の装飾を廃し、
 奢侈な風俗を抑制して倹約へと変え、軽薄な風俗を抑止して純朴へと帰した。
┗────────────────────────────────┛







                               . ’      ’、   ′ ’   . ・
                             、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
                                 ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
                                ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
    |    \      /  |          ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
    |     \r rイ   |           、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7              、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /              ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ        ′‘: ;゜+° ′、:::::. ::: ⌒ ):´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ  ヽ/´
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ             `:::、 ノ ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \  
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ 
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /       贅沢は敵なの!!
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ  
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<   
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /
  >  /    //  l:| i  i    〉

654 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:00:25.02 ID:KgPoGjcK0 [4/24]
┏──────────────────────────┓
 平素より直言を好み、人材の抜擢に気を配った。

 劉毅・裴楷は質朴実直であったために寛大なる処遇を受けた。
┗──────────────────────────┛

      ,-./ : : ;.-==、;‐=ヽ:ヽ:`ヽ\
     /:/: / : ,'        }:|ヽ: : ヽ}}^V-
    /:/ : ' : /        }:ハ‘,: : ‘,:V
    |:.|: : |:./{,,..--..,,   ,,..--..,}ノ: : : : |: :|
    |:.|: : |:i´   -    -  /`i : : : |: :| 
    |: ',: 从|           ノ.: : :.ノ: ;'ニ
    |: :从__| x=≠ミ     x=≠ミ|: ;.ィ': :/:}゙ 
    |: : :(、込     '      レ^ノ: /:/  
    |: : : ト、八   マ   ア  / イ.:./:/                    /                 \
    |: : /|  丶、   ー'   イ  |:/:/ |                , '    ,ィ                 ヽ
    |.:./: |     }><{    .7:./: :|                  /    / l   ',             '.,
    ':/|: :|ニニ>マ     个<-/:./| : |               /    /, --l- 、i      ',          ',
   //八γ(、   V-==-V  ノ:,〈八.:.|                /    /  ___l  ,' l i     i        i
   /:.'ニニ∧ ト\  V/†// /イ:.| V',:∨               ,'     ,イ ィ=- 、./ l l      i l       ト、 ,ィl
  .|: :|iニ/ i | 寸>、ーV//‐',ィi{ニ|.:.|  }-',:|            i    ,' .:!  トiイ! ゝl l      l l    く:::::::::プ
                                      !     ,':ノ   Lソ   ! !    l l´ ヽ    (:::  `ヽ
       晋 光禄大夫 劉毅                 l    l      ,,,  l l     ,' ,'「ノ /    ` ヽ   ',
                                     l     il        l イ    / /┘ノ      ',  i
                                    l    l ', ー    l ,'l   ///r '      / i  !
                                      !    il ヽ       ,'/l   /// ,'      , '   イ ,'
                                    ',   !l   ` ー- / l  , ' /  i_ , - '     l /
                                        ',  l l     ノ ', ,'/ノ , -┴── 、    ノ
                                      ', ! ',        ', -─── -  、  l
                                      ヽ!      /__   ....................::`  ‐-  、
                                            / ..:/   `  、     :::::::::::::::::::::::l
                                           / / ,  -─ 、 \.........::::::::::::::::::::::::::ノ
                                           〈 l /  .::::::::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l

                                           晋 散騎常侍 裴楷


655 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:00:54.93 ID:KgPoGjcK0 [5/24]
┏────────────────────────┓
 嵆紹・許奇は仇讎であったにも関わらず退けられなかった。
┗────────────────────────┛

                     , --─--
                   く{
              ,.r:_;:-‐…‐ゝ‐ … -- . . r─- ..、
             , .:.´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `マニス: :.
         /. :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `マム :.
        /. :/ : ; .: .: .: ; .: .:.l : : : : : : : : : : : : : : : :マ}]: :
       /⌒ヾ . : /.: : : :./.: .: .:l : : : : : : :.l : : : : : : : : : リ: :
            ′:/: : : : :/. : .: : |l: : : : :./:.:| .: :.|l : : : : : : l: :
          ,′:,′: : : /:. :.‐-:.:|: : /: :/.:-{─:八.: .:l: : :.:.|: i:
           i.: :.l: : : : :/:,ィ===x杉' : /: :,斗ャ==ミx人: : :.l: |:.
           l.: :.| l: : : i:,イ{ {:::::刈/ 厶イ {::::::刈 /八: : :|: |:.
           | {: | |: : : |从 乂こリ     Vこり / :/_): : |: |::.、
          {八j |: l: .{ ハ             厶イ:{八: :}八::::::..
            {八}:.∧: :丶     '      .イ:.:.| |:::::}从 : \:::..
            /: : ://∧: :个:。.   ‘ ’   ..イ\:.:.| |::::::::八: : : \:::.
.           /: : ://,ム{ヽ:.∨〈 >.. . ..<{〉   _\:!:::::::{:::::\: : : \::..
         /: : ://:::{∧} ト、.:Vニニニ}{ニニニ{_ 厂入::::::|::::::::::\ : : :\:.、
.    ___   ,/: : ://::::/  〉{ }: :∨  }{     ¨¨7   }::::::::|::::::::::::::::\: : : \\
    { {  ` ̄ ̄二ニ/  / V}: : :|  }{      / \ }`ー一'´ ̄ ̄ ̄7フ}: : :\\
    { {  ◯     /_/   〉.:.:.:|  }{.    〈   \       ◯ /∧}: : : : :\\

                晋 秘書丞 嵆紹

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ここで登場する許奇は、
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      かつて李豊の乱に関与して司馬師に消された許允の子。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .司馬炎の治世で取り立てられ、元康年間に司隷校尉にまでなっている
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


656 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:02:03.91 ID:KgPoGjcK0 [6/24]
┏────────────────────────────────┓
 慈仁であるために御物を放出し、寛大故に人心を掌握した。

 宏図大計を持ち、帝王たる者の思慮を有していた。
┗────────────────────────────────┛

                         厂し勹ノしヘ_
                        〉: ⌒⌒ー、_人厂し'て_ノし勹_rヘ、
                          /: : : : : : : : : :}}:⌒ヽ/ ̄ : : : :\_ノ
                 _rヘ._,厶ィ⌒ヽノしヘ{{__: : : }}: : : : : : : : : : }
                /^Y⌒廴厂し勹ノしヘ.厂し勹__ノしヘ厂廴ノ{
              r‐くン⌒: :しヘ._人_r一'⌒^⌒^⌒ヽ厂し勹'⌒Yて
               ⌒ヽ: : : :/               }  しヘrく__厂しく
                 {: :/   '   /   /    ′   し勹 : : : :しヘ
                 У    |  /⌒メ、   /   }    く__rヘ: : : く_
                  /       |l /x=x |l ,廴/_ / |    し勹: : : : _〕
                     {      ,{:/i{ ん,ハ八  / 厶、`メ、}、  ⌒Yて_「
                 \__  _ / .:l V/ツ   ̄ ん/ハY' / }  i  | lし勹
                / (_レ'⌒ヽ`^     V/ソ }ノ爪 ノ ノ ー┐
                   乂__こ二|/⌒ト、  、 ' _, `^ 人У⌒ヽ     八
                  (___ { /⌒)へ、_   < / /⌒ヽ}  /
                      ,⌒) ーく(__ノー=ミ__厂し' ⌒ く⌒)=彡 )
                       i: : : :)ノ: : :{ _し勹__厂しi| : : )': : :<
                       |: : : : : :||: :/ r‐(こ)ト、 r' ||: :(_: : : : :ノ
                    〉: : : :| ||:// | |  | |.、Y: :|| : : : : : :/
                      〈: :__: :.| l// : | |  | |: } | : || : : : /:|
                    V⌒: :、{ {: : :| |_| | :| | : ||こニ=: :.:}
                        丶 : : : \__',人_人_'_,ノ.:.:||: : : : : /
                    / /7⌒: ̄ ̄| 「 ̄⌒ーく: : : : :「
                    / /{:.{:r‐-ミ__:.:|_|: : : : : i : }: : :./
                    /: : { , -‐く__} Y⌒ヽ: : : : : ノ: : /:\
.                 /: : : __/    ノ ,ノ }  \: ____/: : :}⌒ヽ
                 /: : ノ ( ′ ,.: (__ 〔__{    }: : : :ー=彡: : : : :\


657 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:03:09.17 ID:KgPoGjcK0 [7/24]
┏───────────────────────────────┓
 時に、民草は和して風俗は静まり、
 豊かな暮らしに満ち足りていたため、武を用い修めて封境を開く事を思った。

 神算を深衷において決し、雄図を評議において断じた。
┗───────────────────────────────┛

                     __
               ,r=- 、  .{「`ミォ
                   | : : : :へ、」、/:ヘ
                  l : : : : :,.イ   ̄ ¨'' .、
               Y: :./:/  i  l ヘ  ヽ
                < : :.l  ノナ大从‐l  l
              i´l yヽ"イリィ付  ィiイノ
              i゙l .Y、 _.,Y .ミ} ー  、 ‐ ト、ヽ
             (ヽミ!、_ 〉彡  「._フ .人トj
              そヾ三イヽYト ─<_ソ‐"
                   〈 : : : :Y:.ィ介x.!: :}
                  /!: :,.-┴、_,,,、リ: :"ー-r=m、
                 ,イ:|イィ´ぃヽ}:::ノ、ゝ/⌒ヘ¨ゝ'.'=≠
              ,、_,r‐/: : |〃ゝ彡ゞ´l:|ヘヘ{人’’_)
              i  | : : : : : {"ノ/,'  .ゞ ヘヘン!´゙.ヽ
          {`¨´ヘ : : : :ゝ": : l}  ,r==ヘヘゝ_,x==、
.          Y¨}´,ゝ、:_:_:_:_:_:l}´Y´: : : : ◎从i i´ o い
           L_`~L_/  /、 l .| : : : : : 〃ヽヘヘ、_ ノ
.          ┌‐ヽ--、}ノ_ノヽ"`Y-==彡l}.Vム`¨T¨i´
.          └==`<二‐_y´//  `i-l}-゙Vム-‐===-、
          ∠-‐ミy-三YXX|又 ̄ム .|三ヨ、〉,ム''¨ ̄¨“''、__〉
          ,.r=ミy三ミx.!XX| _y=x、}ll|三ヨ/_Vム≦三三>.、
        ,イ三ニミy-ミ三:|-'":::::::::ヘi})ll|77フ,イ;〉 .',"´ `''ミ三心
        i三イ /./==={ニゝ-‐<二;八゙ニ=i三イ', .', ̄ヽ  ヘ三;ヘ
          l三! Y,ィ==ニ二;ゞ゙='ニ彡㌦ニ".!三!コ'、_〉.  l  l三ニ}
         l三!人゙_¨フ~~゙リ三三l¨¨´      .Ⅷヘヽ、__ ノ   ;三三!
         ヾ三>、_  _,.ィ三三マ          ヾニ>、,,,,,,.rイ三ニV
         `x三三三三ニマ           ゙マ三三三ニマ"
           `¨'''''''''“¨´              `¨¨¨~´


658 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:04:02.43 ID:KgPoGjcK0 [8/24]
┏─────────────────────────────────┓
 馬隆は西を伐ち、王濬は南を征した。

 軍は時を要さずに蛮族は跡を絶ち、
 兵が刃を血に染める事無いまま、揚越は廃墟となった。

 上代に通せなかったものを通し、前王に服しなかったものを服しめた。
┗─────────────────────────────────┛

.// : : : : : i: : : :ヽ : : ヽ: : 、: ヽ: __:ヽ : ハ: }
'/ : : : : : : |、\: : \: : :\:>'´ヽ: : : ∨: ヾ、
′: : : : : : |、\ヽ、: :\: くヽハ}ハ}ヽ: : ∨:.ト、>
,: : : : : : : :,>――: 、: ヽ:ハ xそミメ、: : ヽj
i:i : i: : :/ ハ ヽ\ヽ\ \' 弋,)ソ 'ハ: i 〉
ii:. : :. : :. : : :ixそミメ、\`'ー`      トスj
ヽ:.、: :、 : :、〈{ 弋)ソ             レく|
. ハ: :.:',ハ :ト、 >      、       i: :リ
  iリト、:iくヽ.:i、         丶      ∧:i}                           . -─────- .
    ヽ.:ト、ハ 、      、  `   イヽ\‐- .. ____                ,  ',´            丶、
      リ ヽ: ̄>、       / ヽi ∨ヽ                      /"/  ,  , ,      、      \
          \i : ∧ ≧= ‐ 一'    !. ∨ \                    /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
          ヽi iヽ          |  ∨  ヽ                / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
         /| |ヾ           |.   ∨ ̄`'ー―┬         / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
        / ヽ| |  \       |    ∨    ◯ .|         〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
                                         / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
         晋 東羌校尉 馬隆                       `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |
                                          二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
                                           ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
                                        r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
                                        ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
                                        ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
                                       / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
                                      (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |

                                              晋 撫軍大将軍 王濬


659 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:04:31.91 ID:KgPoGjcK0 [9/24]
┏─────────────────────┓
 瑞祥は明らかに応じ、風教は正しく清らかであった。

 天と人との功が相成るかな。

 覇王の業は大いなるかな。
┗─────────────────────┛


       ______   ______  ______  ______  ______ 
       |  ____,  |   |______  |   |______  |  .|______  |   |______  | 
       |_|      |  |           / /           / /        ./ /           / /
              |  |     | ̄|/ /     | ̄|/ /      | ̄|/ /     | ̄|/ /  
               / /       |  ,_/       |  ,_/       |  ,_/        . |  ,_/    
            / /      //        //         //          //     
             ̄          ´          ´           ´             ´       


                                            f¨゙!
   :┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
    !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
   ⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
   ::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
   /:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
   :.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
   \f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
     ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
       `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
   、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::


660 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:06:29.14 ID:KgPoGjcK0 [10/24]
┏─────────────────────────────────────┓
 しかし、封禅の礼は謙譲して行わなかったとはいえ、驕慢の心がここより生じたのである。
┗─────────────────────────────────────┛

             に厂く之、         \`マう  rっrっrっrっrっrっrっrっ
               厂に}   く辷く辷く辷く辷_,/ ̄/`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
.              |⌒に}       _>-┴く   {二¨¨¨´ ̄ ̄           }
             / に/ ┌<  ̄ ̄}      }─く\こ>こ>こ>こ>{7〉    /
.           /    く廴 _」> \_ノ`⌒⌒7ノ    に\       〈/   /
        {こにに> ´              ̄ ̄ ̄ にノ\     {_}   :|
            /       /      /            にノ\   {_,|  ∠こ>こ>こ>┐
.           /      /      ′              にノ\{_ノ/       /
.          ′ .:    /       |     /        `⌒´ ̄く\     /
           {   {    {   {  |/|    ′     }    }    ∨7´く\   /
            )ハ八   :.   :.  |`    :|     .:   ′ / }/ /⌒l─′
            〈   \  :.  :|ィ\|=ミ\   :| l|  /  /  /  ノ/    ′\
           〈 \   \ノ\| しi:刈  \人八/ )/  / ,′ ′   /     }
.           〈 \ \ ,/⌒ヽ| V_ ノ     ィ==ミ 厶ィ  /  /    /. -─-ミ
           〈 \ \ {ニ=- :|     ,        ノ |/ノイ /  //       }
            \ \ /⌒ヽ八          /´ ̄ ̄ ̄〕 l/ //     _,.  '′
             〔 \__{ニ=- }{ \   F-- 7  { /⌒厂 ̄/    _.. <~´ )
.             `¨)ノ `¨)ア´ `)ア>   ̄    /   〈 / ̄ ̄\ /    } 〔__
                   / ̄ ̄ ̄>「 ̄/{   / {\ /二}}     _.ノ   }
.              -‐/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\廴 / | | :厂 八  `""7´ ̄ ̄   }   ′
.             |  | | ̄ ̄ ̄ ̄\,厂/ /| | {    \_ 廴___,ノ _/_
.             |  | |          {__/V  | |  \     |\__ ノ  〔 \ノ_
.            _人/ :| l   ,/     /ハ ∨:| |:    Y⌒ヽノ   \     }   \ノ_
  _...  -‐      {  | |  /   //∧ V| |    {  く    ( ̄廴__彡′    \ノ_
/               / //   // / ∧ l| |    \ `""""「´ }  /          \ノ_
             \二二二/  / / | l| |      {ノ\____,ノ/           \ノ_
             /    / /   / /  :| l| |      八   \                \ノ_

661 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:07:24.89 ID:KgPoGjcK0 [11/24]
┏─────────────────────────────┓
 土地の広きを見て、万葉まで恐れはないと考え、
 天下の安らかなるを見て、千年の永きまで治まると考えた。

 広きに在りて狭きを思えば、広きをより広くでき、
 治に在って危うきを忘れれば、治は治たりえないのではないだろうか。
┗─────────────────────────────┛

            \ヽ
.               __Vム  ,- 、
            /  ヘ', } 7  \
.          /   ∧ Ⅳ,i| !  ヽ
.        /    i .}:ミ∨f千 }    :、
       /    i ,'| !     l 'Ⅵ   \
.      / ;'  | ト.L__,: __,|/≦|    |\\
      {/|   i:弋り     弋り|.   |  `丶
.        |   |  ̄      ̄ |  .! |
.         | ハ  .|    ’  _,  !.i | i
.          |′∨.|、 ー   ̄   リ| ,'り
             ', !、{ ヽ__, ィヘ,. イニ!' Y
             ', |:} / ∠_}|ニニ}>、__
       /フ´:iリ.!{i′  ー、.}L_ニ!:::::::::::y:::\
      /::{::::::::::|〈 j    r-|==}7::::::::/::::::::::::Y
     _{::::::::|::::::::::|_/     rチr=='::::::,:'::::::::::::>'∧
    /::::V:::::i:::::/:{{   ≠ニ||ニi:::::/:::::::/:/ ̄::ム
.    {::::::::∨:::Y::∧ ヾ __,.イニニ||ニj::::/:::/::/::::::::::::::::}
.   }':::',::::::>:´:::::∧\\}}ニニ||=':://:,'::/::::::::::::::::::::/

          唐 皇帝 李世民

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       ちなみに、この司馬炎評を書いているのは唐の太宗である。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      史書において皇帝が皇帝を評した珍しい事例であり、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .李世民が司馬炎の治世と晋の興亡に関心を持っていたのが分かる
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


662 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:08:58.63 ID:KgPoGjcK0 [12/24]
┏───────────────────────────┓
 加えて、器でない者を太子に立てるも頼るべき才を失い、
 志は太平の世に就かんとするも、行く先では禍乱に出迎えられた。
┗───────────────────────────┛

                              ___
                 _   -― - 、   / r,    ヽ
              -  -‐- 、  =- ヽ/ /  _ /
        _  - '         ヽ、 ―-ゝ、/  /
       /-―-、  ,- ‐-   、   ヽ、   , ` ¨ ト、
     /           .  ヽ    、/ヽ、 \ \
    /            ト  |   ヽ    i   \ ヽ、 \
   /  / i    /!  i  | l |  | .λ  |     ヽ ヘ   ` - 、
 /'!/ /  |    / |  |l .| |/|  | / |   |      ヽ  ヘ    \
   / ./   !  / L !ム' ' `¨´ ̄  |   |      ヽ  ヘ    ヽ、
   | |  | ./  ̄ ____       |   |  、    ヽ  ヘ    ト<`
   `7’ |/ , ヽ ゝ-‐' ̄__ _____|_  |   ヽ \ハヽ ヘtトハ|
   `‐'-!、  | ./     ´ ,'禾 ̄心テ/   |    ヽ/  i/  ヘ
     |. ヽ l/, ‐-    / 弋 f,刈/   |`i   /  /|.   ヘ
     k . .ヘ ,禾心、      `" ´/    |/ / ,'-k'  |   ヘ
      ヽ、ハ 圦 t}`        ./,    |-' / : : : \|     ヘ
       |. . .\ ゝ'        /      |/ ,\: : : : :ト、  ヽ ヽ、
       |. . . . .!  `  r- 、 /       | ̄/ ト、: : :/  ,   i  }
       | . . . !ヽ、    ̄ __〉、 /    /  |  ! ヽ : :{  _|  | ./
      / . . . |  > 、 〉^-ヘ_/r-‐、/  t ̄.ヽ,㍑ヽソY㍉Y"¨㌔
      / . . . .:| , -y‐'! {r' /  ̄ ̄¨ヽ二=='ヽ、. `ヽ-〈 〈'ty} ,|' 〈s{!
      {     !ノ  ヽ ヽ`/. . . . . . . . . . `ー-!ー'ヽ、. .i  `=i==Y‐-’
      !     i'    // ,-、. . . . . . . . ヽ     !. .|   |   |
      ヽ,‐yt- 〈    // /  ヽ. . . . . . . . . !     |. .|   |   |
      〈 〈t{㍉{ヽ!´ト//-'   ヽ/`i . . . . |  :   ! |. .|   |   |
       `Yt==!' l //        |. . . . .|  :   |. .|   |   |
        |'   |  |.//   ⌒    | . . . . |  |.  /. /   |   |

             晋 皇太子 司馬衷

663 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:10:40.20 ID:KgPoGjcK0 [13/24]
┏──────────────────────────────────────┓
 これはまるで、越に行く者が砂漠を目指して道を辿るようなもので、
 山に登ろうとする者が船で水を渡りながら道を探すようなものである。

 行き先はますます遠くなり、願いの実現は困難になる。

 南北がその差異を広げ、貴賎が相反目し、相和を求めるなど、困難でない筈があろうか。

 新たに出来上がったばかりで
 動じやすい基ともなれば、久しく安泰無事である事を望めないだろう。
┗─────────────────────────────────────┛

       .r‐┤: : ,ィ: ヽヘー、__,ゝ‐イ/,ィ: : !|―-、.
      _i:.:.:i:、ー゙ `´i,i: :i:.:i:.:.:.i:.:.//`゙ レiノi:.:.:.:./
   く:.:.:.:.ヘ:.ヘム,ゝ-イ´ ̄ ̄ ̄`ゞ-、  メi:.:.:./、
    ヘ:.:.:.:.ヘメ ,ィ '  / / ! ゛ iヽ ヽ、く:.:./:.:.:.ヽ.
  ,ィ'´、〉,ゝ'´ /    ,' ,'     ! ヽ. ヽ:./:.:.,ィ‐'、.
., ' .::::::`メ、.ノ ,  ,' / ,     .ノi  、 ヘ.メ、:::::.`ヽ.        .何故武帝は、
 ..::::::;イー='´.::/  、./i.:  .:   /  i:::.. 、::..∨ ヽ::::... ヽ       色々残念な恵帝を後継ぎにして、
.:::::/  'ー=7/ノ!/ヽヽノiノiノ/´`iノヽ、iー-ヽ  ヽ::::... ヽ     なおかつ廃立に踏み切らなかったのか?
/   、ー'´  |    `ー'  `´    |、`:、      ヽ:::::...)
  ,ィヽ. `7  .:|ミ三三    三三彡l::::::...\  ,.、 ノ_.:ノ      きっと何か理由があったのでしょうが……
';;;;;;;;;ヽ\/ / .::| |ll|ll|           |:::::ヽー'´//ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;ヽ.∨ .::::|    ___,    i::::;:、 ゙y'./;;;;;;;;;;;;;ヽ     .こうなったら適当にでっ(ry)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;y'ヽ、ノ> . ´――‐` , ィ ´i//Х/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ\
\;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ.、   `>、__,.<   //;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;/.::::::::

         晋 散騎常侍 干宝
                                                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:, :.:.:.:.:、:.:\
                                                 ':.:.:.:.:.:. /:.:.:.i:.:.:.:l:.:.:ト :.:.:ト
                                                /:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:|:.:.:.廾ナ!:.:リ
  このあたりの謎に関しては次回以降で述べたい。                7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:|r=ォⅣ}
                                                .イ:.l:.:.:.:.:/::::( |:.:.:.:l tj '
  今の時点では、                                    .' Ⅵ:.:.:.:.:.:::::::∧:.:.:|""  〉
  司馬炎に長幼の序を崩す気がなかったのだろうとだけ言っておく        jハ:::::::::::::/ ', .:|  -/
                                                   .V:::::/′ ',:.|--イ
                                                  从/    lヾ:川
                                                   イ {   ヽ  ゙㍉℡、


664 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:12:24.53 ID:KgPoGjcK0 [14/24]
┏─────────────────────┓
 故に賈充は凶豎であり、
 懐中に奸計を抱いて権力を抱え込んだ。

 楊駿は豺狼であり、禍心をもって輔政を壟断した。
┗─────────────────────┛

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ            『晋書』において、賈充と楊駿は同じ巻で立伝されている
   \ヽ、 _ , イ!::/
  / ヽ{  ト、ヽ l:′
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 _ !______
l; : : : : \\」リ/        /                        | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ|
i: : : :::\::\i../        /                         |丶、;;; _;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,: ィ";_|
                                         .ト、;;;;;;` ` '' ー --- ‐ '' ";;;;;:ィ;:;!
                                         {;:``' 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - -'ヽ;:;:;;;{
                                         l;:;:;:;:;ミ  _` '' ー -‐ '"   リ;:;:l
                                         |;;;;;;r゙ '´゙゛゙゛゙`ヽ  /'゙゙゙゙゛`ヽ';;;;|
                                        rヾ;;;;;|   r旬-、   ィ旬-、  |;;|
                                        |`ヽ;;;|   ` ̄´   i`─'゙   };|´)
              何とッ!!?                  ヽ |::|    / r   '、  u  !:| /
                                         !、 |:} し   弋r、_r-ノ    |:lノ
                                          `'|    ,ィ'    ヽ    /´
                                           |     | ,ィ==、 `、 U/
                                           |   ヽ. ヽi}⌒⌒}lノ  ./
                                          ./|ヽ u ヽ 弋、ェェェノノ /::/
                                        ,r'゙^| | \ 、 `──'´ノ/
                                       ´ ヽ{::::::|  \ヾ、   ノ'゙/::::\

                                             晋 太尉 賈充


665 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:12:57.20 ID:KgPoGjcK0 [15/24]
┏──────────────────────────────────┓
 世祖が崩御するに及ぶや、その喪も未だ明けない間に、
 藩鎮は親しきを変えて疎きを成し、兵を連ねて争いその本を滅ぼし、
 重臣は忠義を翻して詭偽を起こし、人民を抱えて各々その威を挙げた。

 数年も経たない間に、法令は大いに乱れ、海内は乱世に陥り、宗廟は転々とした。
┗──────────────────────────────────┛





             ____
i√i¨}==、     __ィf===========ト丶                                  /i}         
  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}        /
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___/i:i:
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨¨冖冖
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __          -=
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ ̄ ̄
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム、―
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕iト. 
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l    〕
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l      
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l     
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l      


666 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:14:32.99 ID:KgPoGjcK0 [16/24]
┏──────────────────────────────────────┓
 帝王の計は反じて文身之俗となり、神州赤県は翻って被髮之郷となった。

 資人は大いなる者を捨て、小さき者を庇って自らをそれに託し、天下の笑い者となった。
┗──────────────────────────────────────┛

      >        >
    ∠.   , ―― 、  \
     7  / __  \  \
.    / / / __ \ \ 「
   厶 | / /    \ \.1V
     VV / , 二.ヽ. ヽ |V
      | | |∠   | |  | ||           司馬倫様のためなら死ねます!
      | ゝ{:_:_} | | |  | ||__
   _ハ 二二ノ / / / //    \
  /   V _ / / / // / ̄ ̄|                         _____________
 {      ヽ― イ / ///      / ̄ ̄                    ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〕ト ______,
 | ̄ ̄`┬┬┴'´ ̄ ̄ ̄        /                     ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ¨¨
                                          //(:.:.:.:.:/:.:./∧:.:.:.:.:.:.:.ト:_____ノ 、
    晋 琅邪国の人 孫秀                       .:.:| _...ニ=‐___ノ|:.:.:.:.:.:.:.ト __:.:.:.:.:.:.:\
                                          |:.:|/:.:.:.: !:./  .|:.:.:.:.:.:.:.| |:.l:.:.:.:.:.:.ト :\
                                         .:.:|:.:.:.:.:.:|/==ミ |ハ:.:.:.:ハj==ミ:.:.:.:.:.:.:ヽ ⌒
                                        /:.:.:|:.:.:.:.:Υ んハ  V/ んハ Y: |:.:.:.:.|
                                       〃:.:./:./:.:.:.:l 乂.ソ    乂.ソ /:./:.:.:.:.:|
              ずぎゃーん                  ./__彡个:.:.:.:| ""   ___,  "" ハ/:.:.:|\|
                                         ノ}∧:.:.ト   (^  )   イ:.:.:.:.:.:.|
                                            / ∧:.:.:.:У:〕ト =≦:/Vl:.:./|:.: ′
                                             \:〈: :{_______}: : : :|:/ .|ノ

                                             晋 趙王 司馬倫

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      文身之俗とは刺青の風俗、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       被髮は髪を振り乱すというような意味があり、どちらも夷狄の風習を指す。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      資人とは下級官吏の事。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .このあたりの箇所は八王の乱と永嘉の乱の状況を端的に記している
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


667 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:15:14.00 ID:KgPoGjcK0 [17/24]
┏───────────────────────────────────┓
 その原因は何であろうか。

 前には慎みを失い、
 後には患いを残したことが原因である。

 子を知る者は賢父であり、臣を知る者は明君である。

 子が不肖であれば家は滅び、臣が不忠であれば国は乱れる。

 国が乱れれば安寧にはいられず、家が滅びれば無事ではいられない。
┗───────────────────────────────────┛

                           //` ̄ ̄ ̄´7T`'''´ヽ_、 : : : : : : : : : : : : : : : : : } }:!_
                         //: : : : : : : : : :/,/ r-i ) `7、` 、_ : : : : : : : : :,/,/ノヾ`、 、
     ,----────────-、 、 / / : : : : : : : : : , ' ,ム>}   ̄`  ` ー-  二二二ニノ: : : ,}、 ヽ
      | :   : : :            |ヽ!/ : : : : : : : : //        `ヽ     ヾ 、ヽ : : : : ,'  `''
      | :   : : :   ゚。        | ,}、: : : : : : //   /          、 ヽ      ヽヽヽ : : lヽ    \
      | :   : : :   o.        |'"{ 丶-=. ァア  /  /           ヽ ',     、 ',. ヽヽ | i ヽ、    `ヽ、
      | :   : : :          ./.|´ ヽ : : : //  l   !             ´l.i  ''!. `ヾ、}  !ヾl} ! 、 \    \
      | :   : : _.     /   |  ∧: : //   , ⊥、|  i.         | !  i  l.  !i 、} ` ! i  \    \
      | :   : : ゚{:::::}:`i ゚ /     .|/! ヽ//! //⌒`l  l           ,l⊥ / / /,'   !i  /  l     \     \
      | :   : : `¨i¨:.|/。    ./| ハ  Nj !,'/  ', jハ| ,.イヽ      /"  ̄ ̄ ̄入}: ./,'  /ハ ,!       \    \
      | :   : :  _L_:| _   /  | l.l.  l  !ハ   ヽ /   `ヽ、 _   /  { z===と ̄)/ / lヽリ        ヽ   
      | :   : :/    `} l/    | | l  ヽ  ', 丶 /  __ノ       `   ´      ヽ iヽヽイ、 ヽ `''  / ̄/`ヽ、
      | / ̄7´ ∠l⌒l´Lノ/'    | l 丶  i、 ヽ,  /_x==≡ .:':':':':':':':':'::':':'      } | 〉>‐=ニ二  /  /    
      レ.  /      ̄ `} フ-=ニニ|ヽ!  ヽ lへ  v〈_ う   :':':':':':''         _, i;j_/´/    /  /    /
.     /|  /    `¨¨¨¨¨} } .```=|,. '' ´  `,.∠` _'ヘ|..j                ー 'く、く、┌,r'⌒ヽ-< ̄ ̄ ̄\\
    {│ 《,,,,,,,,,,,,,,,,`ー‐´iノ  O  |    く      ` 、`´ ,r─-、____      } , - /´ ノ  ,   `ー、.    \
 ..‐‐‐、|。゚::;~~O'"゚。。゚O'。´。。.,,,,,,, ,,├─‐`ヽ、ヽ   __  〈、/:r───------`i _, ィ ,ニ /  /   /   /   ヽ\  
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ヽL, --、二ヽ‐└'─────‐、_,r'´" { l ),}r'´{  {   {.  /   ,ィ .l  \
      l`ー────────‐‐´|                               `¨`ー'`ー‐i_l、_'ノ'¨¨ ̄ ̄
     `ー──----------── ´                                           `ー‐‐´


668 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:16:17.23 ID:KgPoGjcK0 [18/24]
┏─────────────────────────────┓
 ところが世祖は、荀勗の姦謀に惑い、王渾の偽計に迷った。

 心は幾度も衆口の間を移り、自身で物事を図る際に定見が無かった。
┗─────────────────────────────┛





                                         ,、   i ̄ ̄`ヾッxi_,ィェッr='"'"'ヾx、
                                         `ー,r'/     〈 ,.'        弍
                                          l´ ./ッrxッエア¨7-ixrッ´¨`ゞ、,  ソ、
                                           l,イfxzッィエソ、〈ッiノ ヾ`ヾーxッソ、/,人  、
                                        / /i,イメ´ i  T  iー'|`´i ヾ、´ i  ヘ、_ソ
                                       .〈  ./ ,' ,' .;  ,' i∧ .i i  .! i ゞ、∧   ヘ
                                         ヘ .i i i .l ,'i  l l ,;'i i  i i.i i i  l    〉
                                        リ', i/i i、 ,'i_i_.|__.| !/ |_ノi__i .i.i iノ .∧  ./
                                         ´__i_,;ソ,ヘ_.イ沁    イ::::心! ノ !イ ノ i /_
                                        ,イ_____,;_ゞ、.込,,メ   .匕;;之i,'iノi,イ  //ソ .〉
                                       ヾ:::ヘヾiヽ、l.´` `   .´`;.; ,イ .i  .ムイ´,r..、 ,
                                      iニ二∧ニ、ソ`:..、 ´`  ,..:イ´::iヘゝ、ムイヾ__ノ__ソ
                                      ゝソ  ゝソ:::.. :::i.`リtr:.:.'´ :ノ ノ : ゝ、___,.イ /
                                          ノ   ,r,=,ヾ、_,,.ri、ィ't-、 : ', : : :i ゞ=-'
                                         .く    .i::i  ヾi;;;;;i,イ  i::::i : :', : : l
                                          ':、  : ゞニソ::.i::i::ヾ、ヽ,,ソ: : :.':.、::l
                                           i: : : : : :,イ::i .∧ヾ::i: : : : : : : : : :::l

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       この箇所は司馬炎の腰の重さを指摘している。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      一例を挙げれば、
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .呉討伐開戦に至るまでの流れ
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


669 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:19:15.88 ID:KgPoGjcK0 [19/24]
┏────────────────────────────┓
 元海は排除すべきであるのに排除せず、天下を擾乱させた。

 恵帝は廃立すべきであるのに廃立せず、終には帝業の基を傾けた。

 一人の身を保つのは徳が軽く、天下を救うのは功が重い。
 
 一人の子を捨てるは忍に小さく、社稷を安んずるは孝が大きい。
┗────────────────────────────┛

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
    ........_   { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
  .:´   `ー:.. |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
ー ´    _..._  :.:.ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、           おかしいな。
  / ..::´  ヾ、 .::|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,...ノ     .:: ノl トゝミ彡'7    |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ        私は排除されているのだが……
_....ノ     ノ ..′l |ヘ三彡゙   ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/ :. :..  | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /  :. :.:../| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'  ヽ、...` :.....__...:.:.:.:...... ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     ! 
    /__ /  |` ー"`" ̄  :.   ゞ'゙  | l l | ヽ___⊥__    /     ,'

            晋 匈奴左部帥 劉淵

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      元海は劉淵の字
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


670 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:22:18.58 ID:KgPoGjcK0 [20/24]
┏───────────────────────────────┓
 世祖は三世を資として大業を成し遂げながら、二孽を招いてこれを失った。

 所謂軽徳を取って重功を捨て、
 小忍を恐れて大孝を忘れたものである。

 聖賢の道がどうしてこのようであろうか。
┗───────────────────────────────┛ 

.   __      ,._,r..rァ、
,r>'-ー`、ー- 、,r,ィ'´:.:.:.:{l  ``tj
<:.:.:.:.:.:.:.:rヽ_r/:.:.:.:.:.:.ト|.:.:..  イ
.ゝr f_Tニヘ__ヘ>r、 ト|   k
. 7'´  /      、くー -、<
//   /      l ゙ゝ,r ト-゙
/  ,'       l:.  ヽ:.|
'´ .:l..:,:      . :.|.:.  ヾ、
...:.:.ノ'      :.:.:.|:.:.:..   ヽ
:/         :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:  _,>、
_ ........ _   :.:.:.|:.:.:.:._:.ィ" ノ
 __ ....... _ ̄:.`:.:.:|:.:.´:._.. _='"' フ
>=r¬'"´ ̄``:._:.イ、:":´_:_;. - '´
,ィ `ヽ=三≧_Tニ,´ ¬<
   :.:.`¬'"       \
.、,       l/   ..    ヽ
:/      /.   .:.:.:.:..;.: /
'      ..:.;.\:.:.:.:.:ト:.': へ、
-:ヽ_:.:._:.:<:.:.:./:.:.    ィ.. /
7¬'::ト、-‐ヽ:::\、:.:.:.ヽ:/.:.:〈
./:/7'ト::!  〉::::l:.:了:.:.:   ハ
':/:/ |::ヽ /::::/  |:.:.:.    ヘ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      孽の字は、妖怪、魔物、災禍を意味する。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      文章の流れからして、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      司馬衷と劉淵の二人を指すと思われる。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         将来の事が正確に予想できれば苦労はないのだが
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


671 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:22:47.74 ID:KgPoGjcK0 [21/24]
┏─────────────────────────┓
 初めは善に則して始まったが、終わりは令に背いて終わった。

 慇懃に史書を残すのは、慷慨を無くし得ないためである。
┗─────────────────────────┛



 / ,. - / ./        /ム ト、
..j,イx<' ./          ./ヾ-Vハ
.t,イ,. =7./      /  /    | |
.'{,. _-7/      /  /       |  i|
=V,-7         /7 /         i 7.i
:::i /         /xi /        } / !
八.' 〃      /t_:i,ハ=t_  l ,  _〃≦|
::/./|     y ./ 弋zり  ` 'ィ ,イ´トイり |
.' ハ!   / 7 ヽ _ ,.       ゞ_'_,ィ
::∧.|   /| 7               |
::::::::| .ハ | '        、 冫     |
.Y::::| 7、 .|、   rtz  ,.__       ,イi / ,
ハ:::!厶 ヽ \  ヽ--------'  , イ: : | /| /
: ∧::::::::>.ヽ、ヽ .       . <:/: : : :.|.': リ,:
: : ∧::::::::::::::::::::.ヽ、 ≧─.'´イ:::,' : : : : :!:イ:,ィ
: : : ∧::::::::::::::::::::::j | /':::::::::/: : : /:>'´: :
:.ヘ: : ∧::::::::::::::::::7.i,イ.::::::::::::/: : : /<: : : >:'
: : ヘ: : ∧:::::::::::::::} iT::::::::::::,': : : /: : : :/

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      以上が、唐の太宗による司馬炎への評価である
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         .
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         .
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


672 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:24:24.28 ID:KgPoGjcK0 [22/24]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|         おしまい         |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ// 
            | |    >:´|、  -  ,|`:<             皇帝は皇帝を知るというお話
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
            | |     >-、\!  !/::,-< 
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

673 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:24:54.06 ID:KgPoGjcK0 [23/24]
【第七十五回に続く】

新規CAST

~晋~

●廬志(ろし) ノンナ(ガールズ&パンツァー)
●廬諶(ろしん) アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ(Fate/Grand Order)
●廬綝(ろちん) ターニャ・デグレチャフ(幼女戦記)


674 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2019/05/25(土) 09:27:32.29 ID:KgPoGjcK0 [24/24]
【おまけ:八王の乱への感想を述べよ】

    /   .    /    /    .イ   /  }  / }    ヽ                        r、__,....、
   /    /   /   /   //   イ  /イ   ,     ',                         |:::にニコ:::::}
      / __>    彡   / ./ /  i  .| V /  ',   i                         }::にニコ:::::|
  {   ` ̄ ̄ ̄<__ イ  /イ    |  |ィ| /   ハ   }                           し----、:::j
  ',   /{  /    |  /   / /|  斗}''~/ j/ }   , ,  /      __r┐__ ___         r――――一へ
   ', ./ .| /|    `|ー /|--./|斗ii}  /〃⌒マイ .|  /  }/      ー::::::一 ー,:::r―一’.         丁にi::「rー―:
   ∨ 乂{ {    /|_/ -==- 、|/iii/_/iii f ハ リ!/ }/           /:::::::乂 ー┐::}r‐一.         |::にi::| .ゝ7::ノ_
     /  ∧  _..ィf/ん ハ  ミxiiiiiiiiiiiiiiii. 乂リ ,iii! <.           /::/|:::ト:ノ「rォ} |::::| ̄i::::}      「::厂j::} {ノ\::::{
.    ′  .∧ ィf  { { } }  i||||||||,へiiiiiー iiiii|   \         ゝ' |:::|  L:::」 |::::|ヾ:'::ノ.     r―――――へ
    {     \{ゞ  乂__ノ  ,il|||||/  , \/´ ', \  ',        し __寸ノr:ノ、::).        ̄_}::::{ ̄}:::{ ̄_
    ',     ', ∧iii\    .ィiiiii/   〉    u }   }/ }            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.      {:::{ }:::::{ ̄}::::{ }:::}
\   ',     、 ヘiiiiiii≧=-一''´        _从 ∠....ノ.          __}::::}__          二コ:::r- ::::に二
  \   、    \ \_U           \  ̄  /           ゝ --:::::r -一'           ノ} {:::} }ヽ}ヽ_ノi
    \       `''ー<.  'ー^ー-  _/ /   ーイ           r―┘::ー―,        ゝ ' 乂::::::::::::::::ノ
、___ \//   `''<―`         /   \                  ̄_}:::::「 ̄
     ´ /\ー __> ニ==----イ      \                /´r、:::::::ー..、
__   イ \{リ  /\ニ=- _  /´、\{\_\ー――.             乂:ゝ::ノ⌒:ノ
  ∨ 乂__{\ /! /   ー- _''ーォヘ {=-- ヘ- 、                rー―― 、
   V     /∧\      //  〉マ=-  ∧  、                 ゝ''⌒ヽ::::ノ
\  \    ⌒\ ー  __/ / `只∨ー― ´   \               __//_
  ` ̄ ̄/ ⌒i  }、     / 〈//{_ ィ    ',   ,            ゝ'''⌒ヽ::`ヽ
   __彡 / /  / >  __/ _V///{  /   ,   ,                 rー 、ノ:::::ノ
  r く / /  /        }/////「 /     ',  ,             ゝ°::::/
 '    \_/           ⌒}//∧     ',                   _  _  _
/                    〈 ̄      ∧  ,.            {:::::} .{:::::} {:::::}
               (_)、_r 丁 、      /  , ,            |::::|  |::::| .|::::|
       ',    _  ー┘   ノ  ',    /  ./} ∧            |:::!.  |:::!  |:::!
          ',   マ_/⌒i  乂    ',   .}_()/ | ′}             L|   L|  .L|
          ', i        \  |    ,() |   | ,   {         (:::::) (:::::).(:::::)
           ',|         \! /i! '.  |   | /    ,
           |:.     「 ̄      _i!  . |__ |/!    ,


675 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 09:53:21.06 ID:BYyBJQ3m0

あとから見たらその通りなんだけど、としか言えませんねえ

ターニャって出てたっけ?

676 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 10:35:44.95 ID:g5sXEL9w0

劉淵個人に逆心はなかったと思うがな
乱世が起つことを求めた

677 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 12:53:56.50 ID:Zj/WlPT70
>>662
李世民さん・・・おたくの跡継ぎはあれでよかったんですか・・・?

678 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 13:39:46.25 ID:l7wkp4fno
乙です。
李世民さんにブーメランが刺さってるw

679 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 14:10:52.12 ID:QqPgy31Uo
乙でした
李世民はこの評価を何時ごろ書いたんだろ?

680 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 14:46:02.05 ID:v1ouLQ3Do
高句麗に唐朝オールスター(李世民、李勣、尉遅敬徳、長孫無忌、薛仁貴)で攻め込んで負けた前後あたりじゃないかと

681 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 16:36:23.77 ID:zRQbyq6F0


子に関しては…

苦労することになるからなあ、李世民…
(この子に関して穏やか過ぎる文を記した時期が推察できる気がする)

682 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 17:30:18.08 ID:KTjKMOkno


割とほとんどの統一王朝で王族同士の跡目争いって起こってるからそれだけじゃ司馬炎を責められないよね
ホント結果って大事

683 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/25(土) 18:30:24.30 ID:1/l1ih+wo
乙でした。

>李世民

お前がww

684 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/26(日) 10:42:22.97 ID:tE56nbZsO
乙でした
本当に後継者選びは大事ですよね
長幼の序にとらわれず才能豊かな次男に継がせた李淵さんを見習うべき(棒読み

685 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/26(日) 15:45:13.95 ID:PXja+SY30
李世民は長男と有力な子を殺して惰弱な末子を帝位に付けて王朝を乗っ取られるというやらかしをしているから
孫権か石虎に近い。廃太して派手にぶっ飛んだ隋の後なのに後継でやらかしてしまうとは
一応帝位は戻ったけど中興した奴がそのまま崩壊の原因にもなってるし李氏の評価は難しいな

686 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/26(日) 23:06:17.34 ID:xW4+Sbgb0
乙です
ターニングポイントとなる判断はいろいろあるけど、廃立は案外難しい気がするなぁ
劉淵は匈奴と揉めない範囲で排除してたと思うし

司馬炎の価値観からやり易いのだと道理に外れた賈充の遺言を通さないとか?
賈謐がいるかいないかでどの程度の影響かは分からんけど
でも重臣に甘いしな司馬炎

687 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2019/05/27(月) 01:48:15.26 ID:f/Uj9RyE0
長幼の序じゃなくて実力で選ぶとかも
それはそれでいつまでの乱世の価値観が終わらねーとか、後継者争いフラグだしなぁ

これで二世の治世が
多少のすったもんだがあろうが、ほとんど家臣の手柄だろうが、どうにか乗り切れて王朝が続けば
「さすが司馬炎、先を見越している」と逆に褒められてたんだろうが
まぁ結果で判断されることだしな
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/05/27 18:02 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する