やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第7話粛清の嵐

693 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2019/10/24(木) 08:13:58 ID:w1xrnMko0 [1/117]
作者です、待っていてくださった方がいてくれてうれしいです。
急ですが明日予定が入ったため、本日投下します

694 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:09:26 ID:w1xrnMko0 [2/117]
そろそろ投下します

695 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:13:48 ID:w1xrnMko0 [3/117]
大変長らくお待たせしました。投下開始します。


第七話 粛清の嵐



             ∠二二二二二二二二二二二二二二二二二二.二.二ヽ
             |../   .,' |  O   (fi二二!     .| ',   ヘ O !Oミ彡ヾi,
.___           |.'    ,' i._____l.l_____| ',     ヘ ! ̄ ̄ ̄'!i,
__/i           /    .,'  !i圭圭圭圭圭圭圭圭㌢.li .',    .ヘ|      .ヾi,    ___
i:i:i:i  i         /    ,'.... il圭圭圭圭圭圭㌢   . _,,,:li  ',    ..ヘ     .ヾi,   .i\__
i:i:i:i  i       /      ,'. ...il圭圭圭㌢   _,, :rー''¨´  .i  ',    . .ヘ    .ヾi,   i  i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i. ...i      /      .,'......i㌢  _,, :rー''¨´         .i  .',    . ヘ     ヾi,....i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i. ...i       ./      ,' . irー''¨´              .i   ',     ..ヘ    ヾi,..i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i......i     . /      .,' .....i                  ..i  ',       ヘ .  ヾi!.....i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i......i    ./      ..,'   i                    i ....',        ヘ    i ..i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i   ./      .,'  i                      i  .',       . ヘ   i  i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i ./      ,' ....i                     .i   ',        ヘ  i ..i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i./      .,'   .i                       .i .   ',      . ヘ.i......i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i\     .,'   .i                         .i   .',      ./i  .i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i   i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '.,i..... i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i   i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三.i   i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i /|   .,'  .i                            i   ',.... ..  i':, !.... .i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i' i   . ,'..... i                           .i    .',  ...i . i  i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i . i  ,'   i___________________i   .',   .i....i ....i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i .! .,'   i          _,,,,,,,,,,_              i    ', . .i....i... ...i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i. . . i .!..,' .. i       ,r ''ニ一''''''''''''ーニ''ヽ,           i     .',. i i  . i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i. . . i .i,'..... .i─────{'´          `ヽ}.─.─────‐i     ',i i   .i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i .,'.....  i         ヽ、          .ノ            i     ..',. !..  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i,'   i          `'' ー---一 ''´              .i    ',i.   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i


1938年、ソ連中に不穏な空気が流れていた。

696 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:14:34 ID:w1xrnMko0 [4/117]


     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:././:.:.:.:.//:.:.:./   ヽ:.:.:.:ヽ .ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ ./:.:.://:.:/       ヽ:.:.:.l  .ヽ:.:.:.lヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.l
     l:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./  _,/:./‐//-、     ,.-ヽ:.l‐-、 ヽ:.:l:.:lヽ:.:.:.:ヽヾ:.!
     l:.:.:.:.:.:.:./イ  //'´  '´   `       .`:!  `,ヽ:l:.:l ヽ:.:.:.:.l .`:!
     . l:.:.:.:.:.:.´:.:.l .┌――,――‐、‐┐___┌―‐、-‐┐!:.l .ヽ:.:.:l
     . l:.:.:.:.,--、├‐|   .(   o ) . |―――‐ ! o  )  l | l:.l  ヽ:.:l
     .l:.:.:/ /ヽl:.l . |   と===つ  |      .!と=つ l .| l:.l   `:!
     .l:.:.:l l  l:.:l . \_____/       !___/ .!'
      l:.:.:l l  l:.:l          .l       !    .l
      l:.:.:.l l  ',:.l          l  ,     !     l
     l:.:.:.:l ヽ ',l    ,  _  ヽ_____/、    l
     l:.:.:.:.:\ ゝ_i   / ./           .ヽヽ .l
     . l:.:.:.:.:.:.:.`フ‐   | ./              |  /
     . l:.:.:.:.:.:.:.:/ .ヽ  ! | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ .| /       もう、おしまいだ……
      l:.:.:.:.:.:./   ヽ  .|`―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐' .| /
      l:.:.:.:.:./    .ヽ  .!     ―――      /
     /l:.:.:.:/     ヽ               /
    / \/       ヽ"〃          ヾ゛/
  /    \       ヽ〃〃〃〃〃〃〃〃
_/       \        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヽ

697 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:15:03 ID:w1xrnMko0 [5/117]


                r-、__
               / / ,' ヽヽ
                / /ヽヽ_ノ/
           / /〃/ /
            / /〃/ /
             / /〃/ /
         / /〃/ /
         /\〃/‐-!
        ム/ /ヽ}  }l
       /7ァLゝL/〈ヘ/ノ
     ./// /フ77,.ヘ==〉      ガチャ…
      /ヽ' / ////こ!} } )
    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、
    /      _// /__)
  /   _∠「フ/ / ̄/
 ,/   ̄     \ノ、
| 、  -───‐ 、ヽ
|      ,. -‐─- 、ヽ〉
|  i         \>


698 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:15:31 ID:w1xrnMko0 [6/117]

   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´


1938年9月、モスクワ川で一人の男が拳銃自殺した。
彼はNKVD長官であるエジョフの秘書であった。

699 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:15:55 ID:w1xrnMko0 [7/117]

┌──────────────┐
│                      |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ ========.        |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ =====.              |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  =========.       |
│                      |
└──────────────┘

その自殺後も、奇妙なことはさらに続いた。
NKVD職員に以下の通達が行われた。

「今後、ラブレンチー・ベリヤ代理のサインのない逮捕令状は効力を持たない」

700 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:16:29 ID:w1xrnMko0 [8/117]


                      、 ‐ vvl/し
                   ___jヽ}ヾ l  { =ミ
                   ゝミ  }/ 从  =ミ
                      ) Y  从V ヾ  爻
                       { ヽノ..-‐:::::::‐-ミヾ }     ……
                     ....:.´:.:.:.:.:-┬‐-:.:.:.:.ヽ、
               ......:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.....
          .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
           /{{ ̄¨7:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }}、
.          〈:.:}}:.:. :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         }ヽ:.:.:.l:.:.:.:.: /:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        l:.:.:.:.: l :.:.: /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:. /l
          l:.:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:. /:.:l
.         lヽ:.:.:. l:.:/:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:./:.:.:.l
        lヽ:.:.:.:.:V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ :.:. ノ〉
.        ,: .:.:.:.:.:.:.}:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |/)/:/l
.         ,: .:.:.:.:.:.: {/:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ : /:.:l
       ,:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.: / :.: l
.     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
      ,{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.: l

NKVD対外情報部長代理であったセルゲイ・シュピーゲリグラスは、日ごとに高まる不吉な思いに駆られていた。
彼は、やる夫や情報部の友人たちと週末を過ごす習慣も止めていた。

701 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:16:59 ID:w1xrnMko0 [9/117]

              _ ,,,,,,,,,,, __
           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl
       /`  l ,‐oヽlュ-tl ,.-o 、、l    '' ヘ
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l    ダラゴイ・エゾイク。
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l      おはようございます、本日はお加減が大変よろしいようで。
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/
         ヽ             /:l
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l




         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   ''''' u    イリ,
.    |三ニ=ミ          u   lキl
    lミ、ミミ`   u          |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl   
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|    あ、ありがとう、同志ラヴレンチー・パブロヴィチ
   ヽ ‐ヽ   /////, ( _、 ,_)///|
     ーf'イ  u     _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::


ベリヤはエジョフをその名字を親しげに縮めてダゴライ・エゾイク、つまり“親愛なるエジョフさん”といった具合に呼んでいた。
彼はよくエジョフの軽く背中をたたくなどして、親密さを強調し、エジョフに付き添ってほぼすべての会議に同伴した。
最も、一見すると親密そうに見えるその光景は、すべて見せかけにすぎなかった。

702 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:17:55 ID:w1xrnMko0 [10/117]

       ____
     /      \
   /           \
  /   _ノ ::::::: ゝ、  \   (なんなんだ、この違和感は…)
. |   (○)  (○)  u |
  \   (__人__)   ,/
  /    `⌒´    \

やる夫は彼らの姿を見て、うまく表現できないが何か不気味な気配を感じていた。

703 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:20:01 ID:w1xrnMko0 [11/117]

                         _    _
                        |"   |"                        _
  ___┌_―_‐_┐________|___」________rェェェェェュ___f二二l
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|                         _三_                         |―_|
三|  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|...,> ̄`ヽr'´ ̄<                                __、─ v─z..__ _|__
_.ィ          ゝ                 ,._-─ v'''Z.._      ,> `      < _|
  l     l'´`^ヽ   ヽ                <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ.‐'
. |   ,イノ u  l ト、 N               ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!.
....|   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W.               イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
. |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|. …                | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
....||{^||     | | v |                 r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ …
.ノ 'ー|! `! u L_」  r1                 |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  |  l、  -‐-ー- ,'                 ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
  |  |ヽ.  --  ∧                rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.. .! l. ヽ    / l||ー- ⊥            f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.... Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ       /⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
    | ` ー--‐イ   ||    .l      '´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |

この時期、ルビヤンカ本部では皆がぎこちなくなり、何事についても意見を述べること控えるようになってきた。
冗談やゴシップに興じるものなどいなかった。
だが、ありとあらゆる噂が噂を呼んだ。

704 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:20:34 ID:w1xrnMko0 [12/117]

           __
.          \\
         __ \\
      /   /  \\
     /   く     |. ‘,
     \/\ \    |  |
         \ \  /  |
     r‐ 、     \ `'  /
   _/r‐ 、\____/   \
.  (__ノ   \_____/\/

もっぱらの噂は、共産党中央委員会からNKVDの活動に捜査の手が入っているということであった。
つまり、NKVDの活動そのものが、党中央から問題視され始めているということである。

705 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:21:27 ID:w1xrnMko0 [13/117]

               /\         /|     /゙i
       \ \、_ハノ  ヽ、人__人__|/ |人__ノ   (,ハ_、//
         \)'                            '(
         /    ._ _                        \
.        /__7 , /''7|_|_| /''7 ./''7.  /''7 ./''7.  /''7 ./''7.  /''7 ./''7
       /__7 ./ /   /__/ / /  /__/ / /   /__/ / /.  /__/ / /
        ___ノ / .  ___ノ /.  ___ノ /  ___ノ /  ___ノ /
      /____,./   /____,./  /____,./   /____,./  /____,./
         ,)              ,__             (,
         /-、    _ ,, -―::´:: ̄::: :: :: :.. ̄`ー- -、,-、,_  、-\
            /ヘノ::::::::::::::::::_,-―┬――t―-、_;:::: :: ..:::ヽヘ
             || l:::::::::::::::「;;l|:::::::::::ヽ、_,ノ::::::::::l,フ::: ::: ..:::| ||
               ヽ、__;ノ;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヘ::::::::::::;ノ
                   ヽ;;;;;;|::::::::::⑤::④::③::::::::|;;|`ー一' /
                   );|::::::⑥γ ⌒ヽ;:②:::l;;l!
                ≪ .l ;;|::::⑦:::i     !::①::|;;| >>
                . || | ;;i:::::⑧::ゝ ___,ノ:::::::::::|;;l ||
                  | ;;;!_;::::::::⑨::::◎:::::::::;_!;;i
                ||  iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ ||
                   l......:::::::::::::::::::::::::::::::::::.....l
                  `ー==――――==一' /
                   ― ―  ――

そして、その粛清の嵐は否応なくやる夫を飲み込んでいった。
11月、革命記念祝賀会の前夜。
午前4時、やる夫の部屋の電話が突然鳴り響いた。

706 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:22:22 ID:w1xrnMko0 [14/117]


                             ,. -‐- 、
                           ,. '': : : : : : }:.、
                         /:_:_:_:_,,..ノヽ_:_: ヽ
                        //::::::::::::::::::::::::::::ヽ;}
                 __      /: :(::::::::::::::::::::::::::::::::<<
              ,..-´ 、ヽy:ヘ,-t´: : :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::) }      やる夫・アナトーリエヴィチ。
 _          ,. '": : : : : ヽ: ゝ: : : :ヽ: : : : \::::::::::::::::::/ノ
´: :ミx、     ,,.. ": : : : : : : : : :_:ヽ: : : γ´ `''::...,,_\:::::::/: :ヽ       ただちに国家保安総局局長第一代理の同志メルクーロフの元へ
: : : : : :`><: : : : : : : : : : : , ´: : `>-丿      >‐- ..,,_: :ヽ          __
: : :,,..: :": : : : :`> 、__ ,,.. ": :, ´`ヽ ̄ ゙ ,            `>- .__ ,,... - "´  ) 出頭するように命ずる。車は待たせてある、できるだけ早くだ。
-―=/ニ==―- /: : : /.l    `> _ ゙                `> _    ./
: : : /: : : : :_  ‐'' ´: : : : /  .|       `>、 ` ''‐- ...,, _            > _,<  シュピーゲリグラスとパゾフが逮捕された。
: : /: : : : :/: : : : : : : : : /. /ヘ       ∧       >-.....,,,         > 、
: /: : : :/: : : : : : : : : : / /   ヘ        ヽ          >‐- ..,,___ ___ ノ
/: : :/: : : : : : : : : : : /i´     ヽ       ヽ       γ´: : : : :ヽ
: :/: : : : : : : : : : : : / ヘ       ヾ 、      \     /: : : : : : : : :ヽ
/: : : : : : : : : : : : : :/  ∧       ヾ ,       \   /: : : : : : : : : : :丶
: : : : : : : : : : : : : :/  /  \      ゙ ,\       \ノ : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : /  (    ヽ       ヽ ヘ       `> 、: : : : : : : : : : : : :\
: : : : : : : : : : : /ヽ- 、_、    ∨      ヽ ヘ         > 、 : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : /三三三ヽ    ヽ       \ > 、        > 、 : : : : : : : : :\
: : : : : : : : : /三三三三ミ\    \       ヽ ノ > _         ヽ : : : : : : : : : :\
: : : : : : : : :(三三三三三三`ヽ    `<      \: : : : :>        }: : : : : : : : : : : :\
: : : : : : : : : ヽ三三三三三三ミ:\    \       ヽ: : : : : :> ___  ノ: : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : \三三三三三三ミ`> _   \       \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : :\三三三三三三三三≧ -.`> _     ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        ウラジミール・コズロフ(妖僧スペシネフ)

707 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:22:58 ID:w1xrnMko0 [15/117]

        ____
      /   u \
     /  \    /\
   /  し (○)  (○) \    な、なんですって!?
    | ∪    (__人__)  J |
   \  u   `⌒´   /    わ、解りました、すぐ出頭いたしますお


やる夫に電話をかけてきた相手は対外情報部秘書課長のウラジミール・コズロフだった。
彼は格式ばっているがひどく興奮した様子で、二人の上司が逮捕されたと連絡してきた。

708 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:23:33 ID:w1xrnMko0 [16/117]


´, ':::::::::::::/ . イ ´  / / `ヽ.!i  i`.|i  \  ,'/`メ \    ,`
{ ::::::::::::::::::::::/ ィ ´|' /_  /\.i |i`、  \´/, ' _ \:::::::::::}
乂 :::::::::::::::::::::  / \_              _\   ノ
  Y二        ./ ヽ_,..-――ーー---- ------..,,__ヽ  \
 /  , '´     :テ.T:ヲ=-.,l_/ .. ..,'  ノ、 .._,,.-‐‐ i  }   .i` )
 ´ /    ,. イ :/  レ ‐- エ ¨  / ,/  ∠==  i  | .}i ',
 ,   , <´.,'   ! {   ヾヒ。:ソ  //   l/=イミ ', l   / | .}
  /イ //ゝ,i ',     ̄  .//      ヒzツ/  ∨} / !/
/ ノイj,./j l   ヽ.     //     i         ∨ i .i
  '´ ,ノ /,. / iヽ、__   //       /         //} .}      あなた、一体どうしたの?
 /   /人  | 、    /' ´              //| ./
/人   |   . /i ',. ヽ  {     / ̄`マ    /'  l /
     .|  . } ;|   ヽ、      'ー‐一'    , ''    }/
     |  /'! !    >..          'i´     /
       /| ゝ   、_       ≧ .,,,.イ`     /
      /´|.      `丶 、 , ,___ /.:|
     / .\                | | .!


        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ    エマ、シュピーゲリグラスとパゾフが逮捕されたそうだお。
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)
    ` 、        (__人_)  /    やる夫も、出頭命令を受けた。
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\

709 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:23:54 ID:w1xrnMko0 [17/117]


         /  __    . ―――――-    _.\
  .       / /::::::::::\/-‐      ―-\/::::: \\
 . .  ..   //::::::::::::::::/             \::::::::::::\ヽ
        〈:::::::::::::::::::::厶:-――┬――――― --∨:::::::::::::::.〉
        ::::::::::::::::/   |__ /: .|  | __\__  :|\:::::::/  !!
         \:/__|  ̄ | /  ̄ {  |     ',   |⌒l/
            /|∧ ∧ ::::::::::::::::: {  | :::::::::::::::::::  八 |   そんな…やる夫……!
         j l iヽ ∧ ::::::::::::::::: \|   ::::::::::::!´/ / 八
         ノ i 八ヘ  ', トゝ::::::::::::    ::::::::::::リl/ / ', ト \ 
        / , '"!  \ ', \    !     ,.イ/{ | l ',`ー-‐
     -'" ´   ,! __|ヾハ_≧i 、 --  . イト.:!  !´ ̄ ̄`ヽ
          /     !、 . !\`¨´  ,.!ノ|::::::::\      ハ



      ____
    /      \
   /         \
 /              \   車がもう待ってる、行ってくるお
 |       (__人__)    |
  \     ` ⌒´   /

エマは大変心配したが、やる夫はついに自分の番がやってきたと理解した。

710 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:24:26 ID:w1xrnMko0 [18/117]

        __」ヽ./|/レ1イィ-z_
     ,>            <、
.     ,> ,vヘ/V∨Vv'Vvヘィ, <、
.     7 、く、‐-、 u   , -‐,.ゝ, ゝ
.     l ト!\.\.ij`ー-‐' /./ム.l
    | {___\_`j|  |!´_/___} |
    r'コ.|T::==。=;;ニ;;=。==::T|.lニヽ
    !にl.! l:::::`ニ´:::j| |、::`ニ´::::ノ !|コ !
   ゞニ|:ij`,二フ´ | | `ニu ´  |ニン    やめろ!俺は無実だ!
   / ハ / ._ ‘‐∪‐’ _ ヽ ハ ヽ.
.-‐''7  | i {__二ニニ二__} / :|   i`ー- 同志ベリヤに連絡を!
  ,'  |  l     ---    ./  |   :!
.  i.   ト、 i_ ! ! ! ! ! ! /  ,.|   |
 │   | \ 三三三三三 / |    |
. |    |   \ 三三三 /  |    |
 |    |    \  ./    |    |

やる夫は知らなかったが、彼の上司であったNKVD国家保安総局第5部部長(※1)ゼルマン・パゾフは10月22日には逮捕されていた。
エジョフ派と目される人々は、粛清という名の肉挽き器に投げ込まれ、消えていった。

-やる夫は赤い皇帝になるようです-から引用
10月22日 スモレンスクNKVD長官 セミョーン・ゲンディン逮捕
10月23日 国家保安総局第一二課長 セミョン・ジュコフスキー逮捕
10月25日 国家保安総局第五課長 ニコライ・ジュリド逮捕
11月5日  国家保安総局第一課長 イズラエル・ダギン逮捕
11月12日 レニングラードNKVD長官 ミハイル・リトヴィン自殺
11月13日 国家保安総局第九課長 イザーク・シャピロ逮捕
11月14日 ウクライナNKVD長官 アレクサンドル・ウスペンスキー自殺(※2)
11月20日 オデッサNKVD長官 ニコライ・フェドロフ逮捕
11月22日 カザフスタンNKVD長官 スタニスラフ・レーデンス逮捕
11月23日 国家保安総局第七課長 ミハイル・トゥリリッシャー逮捕
11月28日 ノヴォシブリスクNKVD長官 グリゴリー・ゴルバチ逮捕

711 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:25:16 ID:w1xrnMko0 [19/117]


【補足】

(※1)


                              ,r----个ー─-z_
                        /-=ニヾ{ ( 〃ノ/イ-ニニ{
                       ,イ-=ニz--ヾ`ヽ '´´``㍉-=ニヘ
                         _ノ-=ヲ'      _,. ---- ヾヽハ
                      7_,.-{   __    r;彳卞x、, 气 7
                         イ彡k,.ィ´ ̄`ヽ  '::::r--- 、 ミ={
                      チ='i  / _zzx` ',    z===x  {ヾミ
                      ルjf  '´.:::::''  .:i   ''''':::   Vハ
                      キi'´!       ,:::| ::.        !.|リ
                       |i=.     :__:i ,.:',     7ノj'
                       ∧ハ r ニニニz `´弋ニニ.勹 iy/,
                         ヽ.i { { (--─  ニニ7 i.{ jイiリ
                      ,.----ハヘY:i  ̄ ̄___ ̄   i.j rY:::::ー-z、
                  r--::/::::::::::::::ハ i ト、_,.ノ i {ヽ、,..ノ Y,{::::::/XXハ_
                 ,イXX>--z_:::::::ル i 〃{i ',i ヾ i ,'リ:/Xイ::::::::::::\
                 {::::::::::::>--z_XX>xj {i ハ  Y j. <X,.イ:::::::::::::::::::::::::`ー
              ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x_X>ル'V/レ'X<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        ジェルジンスキー議長


NKVDは、ジェルジンスキーの率いた秘密警察組織「反革命・サボタージュ取締全ロシア非常委員会」、通称チェーカーの直系組織であった。
名称をチェーカー→国家政治保安部(GPU)→統合国家政治局(OGPU)→内務人民委員部(NKVD)と、改名のたびに組織と権限は巨大化した。

712 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:25:37 ID:w1xrnMko0 [20/117]


        ,,.--===、、-..、、
       /-=_三ミヾ''`ヾミミヾ、
.     〃'ノノ'´        ヾミハ
.     lf彡' ,,.._   ,_..,,  lliリ
      Vll' '',, - 、.  ,, - 、'' lミ'
      〃!  l ,=。=.l―l =。=、l l|'ヽ
      ||〈   ゝ -イ'  ゝ -イ  |':||
     ゝイ     '、_,,〉     |_リ
.         |   ,彡ノ川ハミ、  l
.      !  '''´´ ‐ ``'''  .イ
        ,lヽ、,,  __  ,,/,l
    -―/:::ヽ ` ―― ",,.ヘ―-
    :::::::l::::::::::`ヽ、、 ,,.::''::::::::::!:::::::
    :::::::ヽ::::::::::::::::/‐ヽ::::::::::::::ノ:::::::

 ヴャチェスラフ・ルドリフォヴィッチ・メンジンスキー


ジェルジンスキーの死後、後任となったメンジンスキー(死ぬ前から秘密警察部門を任されていた)は、ジェルジンスキーの残した
秘密警察部門を受け継ぎ、スターリン体制の強化に協力した。
因みに彼は語学の天才で16か国語を喋れたそうである。

713 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:26:06 ID:w1xrnMko0 [21/117]

             __
        ,,,.-‐'''";;‐==``‐、、
      /::::::::;;'',,''"       \
     /:::::'"::::'':::;,,          ヽ
      |:::::/:::''::::;;-,,..'''         l
     |〃〃:::''ニ'             |
     〃ヽ、彡  ,,ィ'ニ=;;、、   ,,-=l
     l| ,r'J''::::::.:. ,,=-‐oヽ   r_o{
.      ll、`'!::::::::::.:.    ̄ ヾ   ` |
      ゝ-'::::::::::::..     ,;;  ヽ ,!
      /::::::::::.:...       r''  _ノ /
    /ヽ:::::::::::::::.:.    ,,川`lll!/
    :::::::::ヽ::::::::::::::...    _-=ー/
    :::::;;:::::::\`` 、ヽ,     ̄ノ、
    :く;;;;::\:::::\     ,,. ̄:::l:::`::..、、
    :::::ヽ;;;;;;;;ヽ::::::ゝ‐、´::/;;;;ヽ::l:::::::::::::

 ゲンリフ・グリゴリエヴィッチ・ヤゴダ

メンジンスキーが心臓病で死亡した後、後継者となったのはゲンリフ・ヤゴダである。
彼はGPUが逮捕した囚人たちを労働力として徹底的に利用する方針を明確にし、グラーグ(収容所総局)の監督として頭角を現した。
彼は1934年、秘密警察と強制収容所を統合した、ソビエト内務人民委員部の初代人民委員に任命された。

714 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:26:38 ID:w1xrnMko0 [22/117]

                         _    _
                        |"   |"                        _
  ___┌_―_‐_┐________|___」________rェェェェェュ___f二二l
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|                         _三_                         |―_|
三|  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|_____________ l二二二二二二二二! _______ _____|__|__
______________||_]|__|__|__|__|_|[_ ||_______________|
=========================‐ '´       └―――‐ ` ー===========================‐'
 __   __/  /三三/  __   __   __   __   __   __   __ 
  ̄ ̄    ̄ ̄ ./三三/  / ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄

NKVDは8つの機構に分かれていたが、やる夫の所属する国家保安総局(GUGB)が最も権力が集中した部署であった。
OGPUの組織がそのまま名称を変えて編入されたため、国家の中にもう一つの国家があるような形になっていた。

国家保安総局(GUGB) - 旧OGPU
国境・国内警備・労農民警監察総局(GUPVO)
収容所総局(GULAG)
労農民警総局(GUM)
防火総局(GUPO)
行政経済局(GEM)
道路建設局(GUSHOSDOR)
その他(財務、人事等)

715 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:27:24 ID:w1xrnMko0 [23/117]


                                      GUGB(国家保安総局)

  ∧∧   ∧∧            ∧_∧   ∧_∧            ○  ○             _  ∩     ∧_∧     _,,..,,,,_             
 (*゚ー゚)   (,,゚Д゚)   (・∀・)  (@∀@-)   ( `ハ´.)  ヽ(`Д´)ノ   (´・(ェ)・`)   ( ゚д゚ )  ( ゚∀゚)彡   (* ‘ω‘*)     / ,' 3 `ヽーっ   m9(^Д^)
 【警護】  【作戦】  【防諜】 【秘密警察】 【特別部】   【輸送】   【対外情報】   【暗号】  【登録・統計】 【収容所】    【海上輸送】   【技術運用】

国家保安総局(GUGB)は、12個の部署と人事部からなる巨大組織であった。
これらの機能はのちにNKGB(国家保安人民委員)として、独立した組織となる。

717 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:29:45 ID:w1xrnMko0 [25/117]

(※2)

       l __            /´ ̄`>、   r==、 \ー――――― - 、
        /   `ヽ        /´ ̄ ト 、 \ |} _)) \           〉
        /    |     /l   l \ l\ \ _})   l        /
        !    ,      / V  ゝ 〈タ、|l レ―、   l        /
       ゝ _/      /   \   ー彡!」_ ∠>、\/       /
        |         /       \ r―く  VfタミメV_  -‐  ´     . <
        |   ー 十¬ー- 、  /   l  lー' /         '´
        | イ´ ̄ ̄/   -- > ゝ=、 l  ト_/       /
          \j    / /    l \ ', ヽ  }         /
            ∧     /      |   > ニ,tャ'   --、 /
   / ̄  ー-/  \  l  ̄`ヽ   |   / / l\/  /
  /   {  /    l   |    l ̄ヽ` トイ    |/ \
\/     V /  l  l   ̄ ̄` ー、|_//    /
 /      V   l  l    -==、  \    /
 |     ハ     ヽ       rー′                   _  -
       ハ    / \   / /                 . -‐ '"´

アレクサンドル・イワノヴィチ・ウスペンスキー(ボヤッキー)

アレクサンドル・ウスペンスキーは、ウクライナNKVD長官でありエジョフの友人である。
彼はモスクワ地区のNKVDの責任者を皮切りに、オレンブルク州NKVD長官時代に辣腕を振るった。

718 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:30:16 ID:w1xrnMko0 [26/117]

        ,,.-―― - 、、
      , ''´       `ヾ、
     /ミ'           ‘ii
      lミ゛           ll
    _ fl   ニ _  ,, ニ   |、
   〈 rヽ  '' -・=   -・=`  ,l7
.    マゞ'    ̄7  ヽ ̄   |'
.    `'l    /ゝ‐v‐' ヽ   l
.     |     ト‐ェェェ‐イ  |  僕とウスペンスキーはズッ友さ!
      !  ヽ `=='' ,ノ ,/、
  ,, :::''´/\  ヽ  -一 .::/ハ`:::、、
 ´::::::::::/::::::::ヽ 、  _:::;;/ /::::::ヽ:::::
ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ(本人)

ウスペンスキーが昇進できたのはエジョフの友人であることと、ウクライナの有力者フルシチョフの引きがあったからだ。
1935年、フルシチョフがモスクワ党第一書記だったとき、ウスペンスキーはその直属の部下として働いていた。
さらに1938年、フルシチョフが粛清されたスタニスラフ・コシオールの後任として、ウクライナ共産党第一書記(政治局員候補)となった。
なお、フルシチョフは、ウスペンスキーと共に囚人を直接取り調べた数少ない共産党政治局のトップの一人だ。

719 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:31:02 ID:w1xrnMko0 [27/117]

 \           |  \
   丶.         /  / ̄ }
        ̄ ̄ ̄   u 〈__/
          , -‐ 、 /ヘ{
           /     V   l
           {      ノ  。ノ
          丶--イ{{r- く
―‐r-   ___\//_,、  \      これからはユダヤ教会堂での集会はダメよ!
   }    |   / l\ く   \
  /    |  ,/_   \_}> _)    この命令に従えないなら、私と一緒に働きたくないってことだから
\'      |  l| \/ | | 
  \   r〈   l! r、_) L」        この場からさっさと出て行け!
    \ノ  \ \l


ウスペンスキーはフルシチョフの引き立てで、ウクライナNKVD長官に抜擢、エジョフの命令を忠実に実行し、ウクライナだけで36000人の逮捕を執行した。
最終的に、ウクライナ共産党中央委員会のメンバーで生き残ったのはわずか3人であった。
更に彼はキエフに到着するや、NKVDの全職員を集め、ユダヤ教会での集会を禁じ、自分の命令に従えない者は出て行けと言い放った。

720 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:31:31 ID:w1xrnMko0 [28/117]


 '  ..:::/:::::::: / /  ...:::::/:: '   |:::::::..        {::::::::..  ∨     ∨:::::::..  ∨   ∧ 、::::}
/::/ .::/::::::::::/ /  .::::: /:: /     |:::::::::::...   ∨::::::'.\:::::::::... ∨     ∨     ∨ /:::::,ィ 7
:::' ..::/::::::::::/ .:'  .::::::::/::::/    ∨:::::::::::..    ∨:::::.  \:::::::::::..    ∨     ∨___,/ /
/..:::: :::::::::/ .:/ .::::::::::':::::,: \     ∨:::∨:::::::.  ∨:::|    \::、:::::::::: .   ∨     ∨r}:  /
...:::::'::::::::::' ::' ::::::::::::|:::/   \   ∨::::V:::::::.   V::|    _,斗\::::::::::.  ∨     ∨::: /
::: /|::::::::::| ,! ::::::::::: |/| 下¨斧ミ、  V:八::::::::..  ∨_,ィ≦=≠==ミ、:::::::::::...|:.     |  |} //≧=-、 、
::: : |::::::::::| /| :::. :::::: ∧ 、  V{じミ、 从{ \::::::.  |'   { Y^じ(_ /\::::::. |::::::.  |  V///////} }
:/ |::::::::::|'::::'. :::.  ::::/:::∧    vzツ::.   \ \:::.. |   弋zこツ   :::\:::|::::::l  ハ::: |////// イ
  |::::::::/:::::∧:::::.  :::::/ ∧  ー‐  l:      \:::|  ー―  ´   :::::::V:::::::|  {ノ}:: |//// '//|
  |:::::::::::: /::∧:::::  ::::::|:∧       |                    ::::::|::::::::| /∧:リ///////|
  |::::::::::::::::/::∧::::.....:::::::|/'∧     ,                       ...:::::::|::::::::|::/>//´///////|
  |::::::::::::::://∧:::::::::::: |// ハ    、                 ...::::::::::|::::< ´/////////// ,'    わかりました。そうさせていただきます。
  |::: ::::://///∧ : ::::: |///∧                   ..:::::: -</////////////////⌒\
  |::   ∨/////∧  :: |///// 、     r――__-、    r--=≦//////////////////// /:::::::::::::\
  |   ::::∨/////∧   |////|//\    ー------'    //////////////////////////::::::::/::::::::
  |   :::::\//// ∧  }////}////      ー      ィ|////////////////////// /::::::::/::::::::::::
  ∧   :::::::|\/// ∧ V///|//////>        <:::o:|//////////////////// /::::::::/::::::::::::::::
 /:∧  ::::: |//\/// \〉// |//////////≧=≦}  /:::::://///////////////// /::::::::/:::::::::::::::::::::::::
 {/::∧   ::: |////V////////|//////////////  {::::::////////////////>::::´::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::/::∧ :::::|//// ∨///////V///////// /   |::::////////////>:::::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                       ―┐
         ____ /  /
  r――‐ ァ'´      く  /
    ̄ ̄/ r 、二二, ヘ ┐f⌒ヽ
        レ{ 。V /。/ || ゝ_ノ
       L辷/⌒へ二 イ  /
         /  「┘  |__/ス
       /   /└ー―┼l┼―,、_    キぃー!!
        └-イT 7⌒l l ///| ̄|
         l_」_/ ⌒ヽVー'     イ ̄   お前ら、どうなるか覚えてろ!
         /}___| |ー―ヘ  /
          └t.__r‐┘  0 l  |
             | |     | /
             | |〈⌒l  | |


その言葉に何人かのエマの友人たちが、これ幸いとその提案に従った。
多くの職員が見守る中、ウスペンスキーがサインしたのは、他のソビエト構成共和国のもっと低いポストに欠員があれば彼らを任命してもらう
予備員にするという書類だった。

721 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:32:26 ID:w1xrnMko0 [29/117]


       . -一   ̄ ̄ ̄`ヽ /
ー――r '´   ___/´ ̄ ̄¨7
     l   /  _ ノ、-イ。 ̄厂|l
     /  {_/-'´ ・ノ/⌒ヾ=┴――- 、
ー‐r ' -、  l l ゝ=彡へ ヽ`      /
   V   | ゝ二二{ _     . -‐ '´
   \__ノ   \ └'  `丁T´ !/
    └-、___〉   /   ̄|
   ――┼―≠―一'   __〉
       |\/ \    /   l |   …逃げるが勝ちなんだなー!
     /}  \/ノ\ l  |\_l」
    ∠  ゝ __l.∠ 廴__ー'  |
    /  \ | /  0/ | \_/

が、彼も粛清から逃れることはできなかった。エジョフがスターリンの寵を失い、NKVD内に粛清の嵐が吹き荒れる。
アレクサンドル・ウスペンスキーは逮捕される直前に、自身のオフィスに遺書を残し、ドニエプル川で自殺したように見せかけた。
実際に彼の愛用していたチュニックが川で見つかり、NKVDは遺体を探したが、彼はその時、遥か東方のヴォロネジに逃亡していた。
さらに、事前にイワン・ラヴレンティエビッチ・シュマシュコフスキーという架空の労働者名義の書類を用意し、さらに東方へ逃亡。

722 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:33:12 ID:w1xrnMko0 [30/117]

                       -┐
ー― 、. _______ , -―― '  /
    /           `ヽ     /
  / -―- 、    - 、   l   /
トイ/ , --、 \/, -、 \ \/
l 〔イ /⌒ヽト-イ⌒丶\ 〕 |
:l  l | ( -=゚、ノ⌒ヽ゚= 、_) lイ /\
ハ ゝ二二/ {   } l二/⌒ヽ ノ /
ーl  | l| Lヘ    hノ /    |イ /
 ∟ 」 J   |     l 〈、   //
/ ̄`iー― ヘ.  /{_ハ:: : : /ト、_
ー―く ___、_/_  〈}: : / /   `ヽ    フルシチョフ同志と俺はズッ友だぞ!
    /| l   |   l`T j: : :/   -‐└ 、
    l | l   |   / /ノ /!    / /|  家族も仲が良いんだ!
 |   ヽ! ,二二フ´ ̄: :{: :/   /    {
 |    | {     ノ:: : :\__/   / \

が、彼の妻の口から夫が自殺を装って逃亡したという告白を引き出し、彼の生存を確認したNKVDは調査チームを派遣。
結局、ウスペンスキーは、逃亡から153日後の1939年4月15日、チェリャビンスク州ミアスにて逮捕される。
逮捕後、ウスペンスキーは取り調べで、同志フルシチョフとは家族ぐるみの付き合いで、信頼されていると言い張った。

723 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:33:32 ID:w1xrnMko0 [31/117]

        ,,.-―― - 、、
      , ''´       `ヾ、
     /ミ'    u       ‘ii
      lミ゛           ll
    _ fl  "'ニ _ ハ,, ニ"  |、
   〈 rヽ  '' `=・=` ':-・=`  ,l7   あいつは国家を裏切った人民の敵だ!
.    マゞ'    ̄7  ヽ ̄   |'
.    `'l  u  /ゝ‐v‐' ヽ.  l    あんな奴と友人? 冗談はよしてくれ!
.     |       ,---、   |
      !  ヽ_   ''"''    ,/、
  ,, :::''´/\  ヽ  -一 .::/ハ`:::、、

一方、彼を重用してきたフルシチョフは、ウスペンスキーが姿を消し、自殺したのでは?という報告を聞くと
うろたえ、慌てふためき、スターリンとベリヤに彼を探してほしいと頼み込んだ。
だが、これ以後やる夫をはじめ、ベリヤを含むNKVD首脳部は、フルシチョフの元で働いていたチェーカー要員は信頼できないという認識をもった。

724 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:34:23 ID:w1xrnMko0 [32/117]


  _, -――――- 、
  `丶 ̄` ー 、   >――――ァー――――- 、____
     \   \  _/\    , -―――-、_____\
         ヽ r--ヽ{_ノ_ノ  /-――- 、      , -―一 ′
          | l ,ィハ    /Tハ 、    |    /
        l ト{└|. ∠ \ー' Υ   l   /
        l | `/, ,  \  ー'   /  /
        丶l /      \     /  /
          ヾ   r=:、   ヽ   /  /
           l\ V´l}    |_/ /
             」  \ー'     {   \
          ノ r―ヘ>ー    T ー、_ フ
          ー┘ /  |     |  \
     ウスペンスキーの妻(ドロンジョ)

フルシチョフはその後、ウスペンスキーの妻の逮捕と裁判に口をはさんだ。
ウスペンスキーの妻は夫の逮捕から3日後に、逃亡を幇助したとして逮捕され、銃殺刑を宣告された。
自分の汚点を声高々に取り調べで吹聴するウスペンスキーに危機感を抱いたのだろう。
フルシチョフは彼女の逮捕後、「彼女に対して寛大な処置をしないように」と圧力をかけたという。

725 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:36:14 ID:w1xrnMko0 [33/117]

                  /         \
                ,-=´ //´       i
             r-‐'´               |
             ト、       // /〃 / 、 |
             \      /  // ,ィ// i |
              i`  i       '_, 〃イ/  ト、
       _  __  ヽ  M ,ィ i /''´'´ '´  ',.   ! \
    ,-_ュ_,イ //7' // ̄/| |  /'  j    __ i レ'i|.  \
  //  / // / .// ./ ', .|,.へ、___、_. -ッち‐ァ | レ' ||   ノト、
 /  i  | |.| i  // /  r^,',ヾ'-"'' ,i゙´ヽ  ̄   | h)i   / / ゝヽ,   俺は人間を殺すことなく人体の全ての骨を破壊できるんだぜ!
   i  .| |.! ! i i/    i ヽi|   i !     r' |/ ノr''´/,// / ヾ_
   |   | l.l | レ'     \ヽ',   '''ェニ,,,._ i i レ'i/ / r/' /' ,ィ''' _)
   |   ', !Ll 4T''ー-、_   ヽ」',  ''r三三=' ,' !  i i / .// / /´ `''ー、_
 ヽ ',   ヽ__ノノ    \.   ハ   ー‐'' ノ.ノ  / ノ/ ./// /       _
 、ヽ i          _,/ __, | \ i    /__/ ,.イ ./' / /       /ヽ
  \', '、        r' ',r'´ f| 'v‐‐,`ー―'rシ  `Y ヽ ヽ' /      /
 __ ヽ','、  r'⌒ヽ_,.-''⌒7'''7''ヾ゙ r'_,..-‐'''´    人   \/     /
   `ヽ、',',  ヽr'''´  〃 .L,/  ノ‐''´         /  `ヽ、    / //
     `ヾ,, /    ヽ、___/  ,..、_    /-'´`ヽ ・ _,>  / //
         f´     //  ,..-''´/    ̄`''ー-、_ / /  / // ,..-‐'' ̄
    イワン・アレクサンドロヴィチ・セーロフ(カン・ユー)

なお、フルシチョフと仕事をした保安畑の人間が信用できないという評価は、この二十数年後に決定的となった。
フルシチョフとウクライナNKVD時代に仕事を共にし、彼から信用できると太鼓判を押されていた軍人。
初代KGB議長にして、ソ連軍参謀本部情報総局長イワン・セーロフ上級大将。
セーロフは「殺すことなく身体のあらゆる骨を破壊できる」と仲間に豪語するサディストだった。

726 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:37:05 ID:w1xrnMko0 [34/117]

       、
     〉-‐ヽー-‐- 、
     ゞ: : : : : ::::::::::::::::`ー=ュ_
     〉: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::
    ハy-z::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    /  ゞ : :::::::::::::::::::::::::::::::
    /___  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::
.   froュ `ヽ、tーrrtュt::::::::::::::::     反ソ分子はどんどんシベリアに送れ!
   〈 ` ー 'ヘ. ィj |.  |:::::::::::::::
   r,,,,,,,   iヽL__ハ_ノ:::::::::::::/     後、ポーランド軍の捕虜は全員処刑だ!
   r─- ノ   \:::::::::::::/
.   〉 ̄       ヽ::::::::ゝ     “西へ解放する”と言って油断させ、後ろから撃て!
   廴__,―='" .___,―=ニニ::::::_-‐r─一
.        ̄i ヽ___::::::::::::>'"/´: : : : : :
.     __/ヽ,  }:::::::::/;;;; /: : : : : : : : :
.     ヽ:::::::::::::::} /:::::::/;;;;;;/: : : : : : : : : :
.  /ヽ__ ヽ:::::::://:::::::/;;;;;;/: : : : : : : : : : :

セーロフはウスペンスキーの後任として、ウクライナNKVD長官として辣腕を振るい、「ウクライナの惨殺者」の異名で恐れられた。
彼の在任期間は39年から41年までだが、この3年間に数十万人のウクライナ農民の死に責任があると西側から非難された男である。
さらに、彼はバルト諸国やポーランド東部の“反ソ分子”の強制収容の任にもついており、悪名高い“セーロフ文書”と呼ばれる最高機密命令にも署名している。
また、ポーランド軍人を虐殺した“カティンの森事件”においても、彼はトップランクの現地責任者であった。

727 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:38:08 ID:w1xrnMko0 [35/117]

                                         _,. --`ヾヽ、,.-- 、
                                            _,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:`ヾ
                    _,,一''''"""''''''ー- 、、            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.    .           /´           `ゝ、..     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                  /                `ヽ   ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
                 7.                /..  /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                  |      ハヾ`ー゙゙´`゙゙ヾゝ、,/     |:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                  |    ノ  ヽ  i    ,ヽ,ノ .     |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                  |     ! ,,z─-、,_ ;,_,,ィ⌒i       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
                 |   / -=・ニヽ"〈 'ニ・= ノ.     V:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::.:/,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                 ∨^ヽi i    /,  iヽ  i       |:.i:.:.\:.ヽ:.:.:.:..//j/´   {:.:!:.|_:.:.:.:.:.!
                 / ^ ヽi !、   ヽン   i.         ヽ!:.:.:{ `ーヽ/´   _,.-=‐ V:.:.! rY:.:|
                 ヽゝ、. i  i   _,,zチミュ、 ,'.         ヽ!ヽ≧=-、 -=≦´-‐`  |:.//} |:.:ト、
                   ヽ、i  i  / ̄ ̄リ  i.           {ヽ.i´  i  `      j//´ 八|: ヽ
                      ヽ! 、   ̄ ̄  ハ.           \!   j        /_/  }: : :}
                    ,-i  ヽ   ̄   {. lヽ、         ヽ  `ヽフ       !     /: : / ̄`ヽ
                  ,.ィ'´ i   ヽ、__,,ノ |  ヽ、            ` 、 ー ―-   /   /: : /:::::::/: :
               ,.ィ'´    i  ヽ   /   |   ヽ           /ヽ  ̄` ,.イ /  /: : /::::::::/: : :
             __.__ヽ    /.   ヽ     /    ゝ        /::/ `ー</  /: : : /::::::::/: : :
.      rγ、/ /./ ヽ.  /          /   ,.ィ'´゙─y─-、   /::::{ {  \ _/: : //:::::::::/: : : :
.     _/ /// //.   ヽ. ,'.、        / ,ィ'´    /  //:..../:::::::!\二二:イ: : /: /::::::::::::|: : : : :
.    r ,'. ,',':,' ,','   / ! `、,,,..-─ '''"/.  く      /  //:::....|:::::::::|  \__/: : /:::::::::::::::|: : : : :

やる夫は、後にとある仕事を廻ってフルシチョフ・セーロフ一派と対立する。
第二次大戦後、結果的にやる夫はベリヤの一派とみなされ政争に敗北し逮捕され、フルシチョフ一派が勝利した。
だがフルシチョフ派の栄光は長くは続かず、1962年、セーロフの親しい友人であるGRU大佐オレグ・ペンコフスキーがアメリカのスパイであることが判明。
翌63年にセーロフは失脚しソ連邦英雄の称号を剥奪され、予備役の少将に降格させられた。また、フルシチョフも64年に失脚した。

728 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:38:41 ID:w1xrnMko0 [36/117]
        _,. -――ヽ、._
      / ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
     /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
   '<,. -=≦_,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
     V___  `7´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
   冫`fテミ、ヽ j/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!
 r '′  ` ー'´  !/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
  〉`       /:.:/- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
  ゝ      j/,.ィ´〉 }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
  〉 `      ,. -┴' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.'
. r'       /--- イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,. '
 ー― -- イ }   ヽ!:.:.:.:.:.:.:./´
    `V / /     `V从/
         /       j-、
    _j /     _,.イ : /: : : :
   /∧_,.   .-=≦: : : /: : : :
  /、_,.: -=≦: : _,.: :-=≦: : : : : : :
  {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
オレグ・ウラジミロヴィチ・ペンコフスキー(キリコ)

ペンコフスキーがなぜアメリカのスパイとなったのかは今も不明であるが、彼のもたらした情報はアメリカにとって非常に価値あるものであった。
1978年に亡命したヴィクトル・スヴォーロフこと、ウラジーミル・ボグダーノヴィチ・レズン大尉はこう書いている。
“歴史家はGRU大佐オレグ・ペンコフスキーの名前を感謝の念とともに心に留めることになるだろう。
彼の計り知れない価値のある情報によってキューバ危機は最後の世界大戦に発展しなかったのだ”


【補足終わり】

729 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:39:15 ID:w1xrnMko0 [37/117]


                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::∨
                                           /::::/ヽ_ノヽ _____ノ\7::::::::::::l
                        ,fヽ                ヽ////////////////////|l::::::l::::::::
                     __/ j` - ュ            |////////////////////!:::::::::::::::   同志やる夫、こっちだ。
                     //  /´ ̄´             ∨//////////////////l::::::::::::::::!
                        /´  ./´ ̄ ヽ             ∨/////////////////::::::ソ::::::::   三階で同志メルクーロフがお待ちだ。
                     /    l!´ ̄ `ノ              ∨///////////////:::::::::::::::::::j
                  /     |-ュ ̄                ∨////////////::/::::::::::::::::ヽ
                     !      ソ´                   ∨/////////::/:::::::::::::::/:::::/
                  |     _/                     ヽ/////ノ::::<::::::::::::::::::/:::::/
                  !  /: : :ヽ                      `,..:::´::::::::::::::>.....:::ノ:::::::ュ __
                  >´: : : : : : :∨                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::`:::\
           ______/: : : : : : : : : :∨               __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::ヽ::::\
         r´: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :∨             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::\::::ヽ
         !: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :∨          __/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::∨:::∨
         ∧: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :∨     >: :´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::∨:::∨
         ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨,>: :´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::∨:::∨
           ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::!ヽ:::∨
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::|:::!:::::∨
        /: : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::!::::::::∨
         /: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.....:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::: : |:::!::::::::::∨

730 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:39:49 ID:w1xrnMko0 [38/117]

         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |    やぁやぁ、同志。おはよう。
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l    こんな早朝から呼び出してしまって悪いね。
    |    |─|      / | ヽ    lヽ
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ
  /   | )  /⌒ヽ         l
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l
フセヴォロド・メルクーロフ(野比のび太)

ラヴレンチー・ベリヤの片腕、フセヴォロド・メルクーロフはやる夫に親しく挨拶を交わした。
彼はグルジア貴族の血筋を持つ母親と、ロシア帝国軍人の間に生まれ、電気工学に秀でた才能を持った人物であった。
1921年、彼はグルジア・ソビエト社会主義共和国のチェカに志願し、そこでベリヤと出会った。

731 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:40:05 ID:w1xrnMko0 [39/117]

        / ____ヽ
        |  | /, -、, -、l
        | _| -|  ・|< ||
    , ―-、 (6  _ー っ-´、}
    | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ     君も詳しい話を聞きたいだろうから
     | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \
     ヽ  ` ,.|     ̄  |  |  今からラヴレンチー・パブロヴィチに会いに行こう。
       `- ´ |       | _|
         .|       (t  )



            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }   はっ!?
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /    あ、あの同志!?
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ
         /  .ノ     |´
          /          |

やる夫はシュピーゲリグラスとの関係で取り調べを受けるのではないかと不安に駆られていた。
が、メルクーロフはいつもと変わりなく礼儀正しく好意的に挨拶をして、今からベリヤその人に一緒に会いに行こうと言った。

732 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:40:26 ID:w1xrnMko0 [40/117]

               _ ,,,,,,,,,,, __
           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl_
       /`  l ,‐oヽlュ-tl ,.-o 、、l    '' ヘ
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l      やる夫か、朝早くにご苦労。
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l        聞いたと思うがシュピーゲリグラスとパゾフは逮捕された。
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/
         ヽ             /:l         容疑は反革命罪だ。
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l_
        ̄/:::::ヽ、、:::.:.....  ,,,/、ヽ'^’/::::::: ̄
       ::::':::!イr,\::``, 、":::/、ヽ '::;/:::::::::::::

ベリヤはやる夫に重々しい調子で、パゾフとシュピーゲリグラスが党を裏切った咎で逮捕されたと告げた。

733 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:40:50 ID:w1xrnMko0 [41/117]

               ,,,,,,,,,,,_
            ,,.''´ ̄ '''  ` 、、
          /          ヾ、_,,
            /,,_           ミ:::::::';
         l::_:::`ヽ  '' 二::'''‐   ミ::::::::リ
         l´てテ,l ⌒'l´tテ-)   キ::::::シ       パゾフとシュピーゲリグラスの後任はまだ決まっていない。
          lー‐'/  ヽ‐ニ ''    ''/‐ヽ
           |   (  _ ,ゝ、       ,/‐ ,リ      そこで、暫定的ではあるがお前を第5部(対外情報部)部長代理とする。
          l ;;' ``,, ´ ヽ        ソ〃
.          l  -,,三-‐-    ,,::::::^r-''        だが、何事によらず緊急を要する事項については直接私に報告するように。
          ヽ、 _,,r_ ,,,..::::::'''  ,l
             ,ー--:::.... _ニ.... -:::::ヽ
    _ ,,.‐-'、::::::::`l/´::::::::::::::::::::::::ノ::ゝ_ ̄ 7、、



            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }   で、ですが、同志ベリヤ。
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /    引継ぎといっても、パゾフのオフィスは封印されていて入室できませんお。
        ゝ          イ..ノ}
                 そんな中で業務を代行しろと言われましても……。

734 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:42:28 ID:w1xrnMko0 [42/117]

         ,,  -――-  、
         /         ヾ、
        /  ‐  -- ‐  」L ミ、、
      l  ,,,.._ `  ´,,..._,,、 7「 ゙ミ'
        | ,, -、`,j i`,, -、    ,ミ_   直ぐに封印を解けば済むことだろうが!!
        l !-‐oィl!一t!'‐o-l!`ー '/ヽ!
       l ゝ二,/´  ゝニイ  '' ノ`,|l   今後は小学生みたいに詰まらんことを一々質問するのはやめろ!
        |   ,( 、 _ l、     、_ノ
       |  ノ  _'' _ ヽ、   ,,イ
.        l   '´二 二''`     ´ |
      ,l 、 ,,_    _ ,,,ノ''´ ,,ノ、
   _/:lヽ    ̄    ,,,//::::ヽ_
  ̄::::/::::::::l ` ‐, 、-‐ ''´ ,/::::::::::l:::::: ̄
 :::::::/:::::::::::|  /´ー-ヽ   , /::::::::::::::|:::::::::::


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \  は、はい!
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /  失礼しました!!
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/

735 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:43:05 ID:w1xrnMko0 [43/117]

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __   同志、やる夫に叙勲と昇進の推薦書いてくれてたのかお……。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |

十分後、やる夫はパゾフの金庫にある書類に目を通していた。
その中には、パゾフがやる夫の外国において重大な政府の使命を遂行した、として
赤旗勲章を授けるよう中央委員会と最高会議幹部会に推薦する文章や、対外情報部の副部長に任命するという命令書もみつかった。

736 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:43:29 ID:w1xrnMko0 [44/117]

       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒ \
  /   ( ●) ( ●) ヽ
  l      ⌒(__人__)⌒ |   パゾフの金庫から見つかった書類は以上になりますお
  \     ` ⌒´   /
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l´重要書類`l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /

やる夫はエジョフのサインのある書類や、先の自分の叙勲と昇進に関する書類などをもって、メルクーロフのところへ向かった。

737 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:43:48 ID:w1xrnMko0 [45/117]

しかし。

              _
          。          ≧s。
       /             \
        /                 ヽ
       /   __________ム
   \/    | // ̄ ̄\ / ̄ ̄\|
   ̄∥    .|∥ /      ∨      |
   ∥     .| | |     ⌒│⌒    |
    {      |.-‐|        ∧  _   /ヽ
    Y''¨゚゙ヽチ   \__/  ´ )─ "ヽ丿
      l ( ヽ    、               }
    人  ソ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /    同志やる夫、ごくろうさま。
      `‐''ゝ、     \‐-、  ノ   /
          丿゙''‐-   ̄ ̄-‐''"       じゃあその書類を全部渡して。
           _/\___, ゝ‐┬‐-、
      /  \    ∧     /   \
      {     ゙'‐-‐" ゙‐-‐"     }



         \\   ビ リ ッ   //
                        _,,,,rー'ブ´\,,
                      __r''゙ .../  ,、  ヽ,,,,
                     };| .::;;/  ./  ,    \
          .r'''ー、    /´}  {:!...::/  ./..../  .,;::::  \_
        _,ノ    .\.//;;;{ }i゙'j::|:::::::|:::::::/  ./ー;::::... ゙ヽナサ--
   ._,,,,__,,,r/゙   ヽ;   \::::::::::{ {;じノ|::::::|::::::/  .ノ゙:::::::::::::::::::::::: | .||||||
  /li´''゙゙ ノ゙    ..\;  ....ヽ;:::::::ミ;:::::::}'''!.ノ┐/-j:/:::::::::::::::::::::::::::::| .||||||
/|||'^::  }   .\  .ゝ、;:::::::::};;____;;;::::::゙ーλノ人ソ:::::::\_:::::::::::_;;;;ノ .i||||||
|||||||;:::....ノ    \   :\_;;_;}   ゙゙丶、;::::::://゙`'ー---''''゙|゙゙'fー-.ソ ./||||||
||||||!i;::::::':..`\..  .\.::::::::`}        .\/.       .| | .ノ ./||||||||
|||||||i'i;:::、;:ヽ;::::\:::,,,,::`ー-´                   ゙i, ゙'´,,/||||||||||
||||||||i.゙i;:_;>ー',,,,,__`ー-ァ´                     ゙i, /||||||||||||
||||||||||!i、\,! ,!  ゙ ̄                        ゙゙'ー,,,_|||||||||
||||||||||||||!i´,,ノ                                ゙''ー,,
||||||||||||||/
|||||||||/
|||||/


なんと、メルクーロフはやる夫の前で自身の昇進と叙勲の書類を全て破り捨て、ゴミ箱に投げ込んで処理したのだった。

738 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:44:25 ID:w1xrnMko0 [46/117]

        _____
     ゝ/´        `\
    /   ________ヽ
   /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
   l    |_l      ヘlヘ     l
   V ⌒`  |     |      |
   | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒i
   ヽ__  |\ ________ ノ
     ヽ |      |        はい、終わりっと。
      ヽヽ、_(二二)_|_
      / ` ー──── '      ご苦労さん、同志やる夫。戻っていいよ
       /\  / \|\   /|
 .    |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  二)


      ____
    /      \
   /         \
 /              \   ……失礼します。
 |       (__人__)    |
  \     ` ⌒´   /

やる夫は押し黙ってはいたが、命を懸けて成功させた任務に対する評価が不当に抹殺されたと感じた。
だが、この時点で、やる夫は叙勲や昇進を逃したことでどんなに助かったのか理解できていなかった。

739 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:44:45 ID:w1xrnMko0 [47/117]

その日の夜遅く、パゾフの執務室にいるやる夫のもとに電話が入った。


          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )   はい、第5部部長室です
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ



           , -- ‐‐ ‐‐ ― -- - 、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     私は中央委員会組織部人事部長代理のキセリョフだ!
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ___::::::::::::::::::::::::::',
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ヽ::::::::::::::::::i__   おい、一体どうなってるんだ!?
     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /0     /::::::::::::::/:::::ヽ
     ',::::::; ‐ 、 :::::::::::::::::ヽ     /:::::::::::::::;:::::::::::::', コミンテルンの西ヨーロッパでの秘密活動資金がなぜ送られていないんだ!?
      ',::,'  0ヽ:::::::::::::::::::::`ー一´::::::::::::::::::::::::::::::/
      i:ヽ   ,'::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ それにだ!
      ハ:::`ー´::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::/:::
      ',::ヽ::::::::::′:::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::y´::::  今日は中央委員会でスペイン委員会の会議があったんだぞ!
       ',:::::ヽ:::::::::::::::::::, イ二 `ヽ::::::::::::::::::::::|:::::::::
       ヽ::::::',::::::::::<_/}     ∧::::::::::::::::/:::::::::: なぜNKVDから誰も出席しなかったんだ!?
         `ヽ',::::::::::::ヽ ハ   ,/ i::::::::::::::/::::::::::::
           `ヽ::::::::::::Vー一′ノ:::::::::::/:::::::::::::  これは責任問題だぞ!わかってるのか!?
            /::\:::::::`ー‐‐´:::::::::::/::::::::::::::
            ',:::::::::`ヽ:::::::::::::::::__/:ヽ:::::::::::
            ',::::::::::::::`ー一 ´:::::::::::::::::::::
                 ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

電話の相手は、中央委員会組織部人事部長ゲオルギー・マレンコフの代理、キセリョフであった。
やる夫は資金についても、またその取扱責任者についても何も知らされていないことを説明しようとした。

740 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:45:01 ID:w1xrnMko0 [48/117]

        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ     も、申し訳ありません。同志キセリョフ
    |         ::::::::::::::  ヽ
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)    中央委員会の会議にだれも出席しなかったのはパゾフと彼の代理が
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /     人民の敵として逮捕されたからですお
      /  `''ー─‐─''"´\


               /__/_ / /
                 |   / /
\           ヽ  二l二
. :|            \_/ ヤ
.: |`ー―――――---、  |/ ̄
:/           ̄ ̄ヽ
/―_、      < ̄ ̄ヽ _\
 /  \____    `ー 、‐- 二_
/  / ≧=- ニ≧=-、_〉/
ヽニ/ /O O <    /  ヽ
 ///O〃 ̄ヽOヽ.  /    | 、_
/ i |O{{    }O} } :i     !>‐
.  | |Oヽ_ ノ ノ /  |   //
.  ヽヽ_O_ 〈X/   !  /
    `ー― '    |_/::::::::/
    : : :    ...  /::::::::/
  、,._: : : ::::::::::::::::::: |::::::/
     ≧=-  ::: 」/


やる夫は、この電話を受ける僅かに時間前にパゾフの後を引き継いだばかりであることをキセリョフに伝えたが
彼は返事もせずにガチャンと受話器を置いて電話は切れた。

741 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:45:47 ID:w1xrnMko0 [49/117]

           ___                        ___
            |ニニニニニニ‐- -‐=ニニニニニニ=‐- -‐ニニニニニニ|
            |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
            ニニニニニ‐    ̄   ‐ニニニ‐    ̄   ‐ニニニニニ
             ‐ニニ‐                    ‐ニニ‐
             〉ニ‐  ─━━        ━━─  ‐ニ〈
               ニ‐                      ‐ニ    ウラジミール・デカノゾフだ、よろしく。
            iニ                         ニi
            |‐      ∧-─────-∧      ‐|
            {-______   ¨” ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”¨       _‐}
        _ ‐ニニニニ‐ _/,,..   -‐=    =‐-   ..,,__   _-
    _ ‐ニニニニニニニニニニ‐_ ̄”¨7                   ̄ニ‐ __
_ ‐ニニニニニニニニニニニニニニニ_ ,∠                        ‐ニ‐ _
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}  /                     ‐ニニニ‐ _
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ‐厂                         ‐ニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/                             ‐ニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニ‐                                  ‐ニ
ニニニニニニニニニニニニニニ‐                                  ‐
ニニニニニニニニニニニニ‐
ニニニニニニニニニニ‐
     ウラジミール・ゲオルギエヴィチ・デカノゾフ(カビゴン)

やる夫が部長代行となって26日後、やる夫の正式な後任としてウラジミール・デカノゾフが赴任した。

742 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:46:10 ID:w1xrnMko0 [50/117]


         /~\__/~ヽ
.        /´       `ヾ
.    」>ヘ  i        /}   ,、
    4{  ,>┘      /ム/~ヾ,
     ∨              ノ’   お金がいっぱいだー!
.     /              _/
    .′           ヽ ィィ
   :i             | 「`マ
.   |              iΛ }
  八              ノ_,ノノ
    `  ――――   ´

彼はベリヤのもとでアゼルバイジャンGPUで兵站将校として働いていた経歴を持っていた。
ベリヤの庇護の下、グルジアの食品加工業担当人民委員となり、贅を貪ることで悪評を買っていた。

743 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:46:49 ID:w1xrnMko0 [51/117]

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |   同志、現在我々が西ヨーロッパ並びに中国に配置している
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |    工作員のネットワークについてですが…。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


           ___                        ___
            |ニニニニニニ‐- -‐=ニニニニニニ=‐- -‐ニニニニニニ|
            |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
            ニニニニニ‐    ̄   ‐ニニニ‐    ̄   ‐ニニニニニ
             ‐ニニ‐                    ‐ニニ‐
             〉ニ‐  ─━━        ━━─  ‐ニ〈
               ニ‐                      ‐ニ
            iニ                         ニi    そんなことどうでもいいよ、同志やる夫。
            |‐      ∧-─────-∧      ‐|
            {-______   ¨” ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”¨       _‐}    それより、バルセロナからモスクワに輸送されたオルロフの
        _ ‐ニニニニ‐ _/,,..   -‐=    =‐-   ..,,__   _-
    _ ‐ニニニニニニニニニニ‐_ ̄”¨7                   ̄ニ‐ __  スーツケースとか家財道具が到着したらしいんだけど、それ探してきて
_ ‐ニニニニニニニニニニニニニニニ_ ,∠                        ‐ニ‐ _
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}  /                     ‐ニニニ‐ _
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ‐厂                         ‐ニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/                             ‐ニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニ‐                                  ‐ニ
ニニニニニニニニニニニニニニ‐                                  ‐
ニニニニニニニニニニニニ‐
ニニニニニニニニニニ‐


        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )     \   へっ?
    |  (__(__)       |
   \   }_}      /
   /   ー        \


やる夫は対外情報部暫定部長の任を辞するにあたり、欧州や中国にいる工作員のネットワークについて基本的な詳細部分を説明したが
デガノゾフは、オルロフが亡命する際にバルセロナに置いていき、調査のためにモスクワに運ばれたスーツケースや家財道具の行方について
調査し、それを自分のオフィスに運ぶよう命じた。

744 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:47:23 ID:w1xrnMko0 [52/117]

               ,,,,,,,,,,,_
            ,,.''´ ̄ '''  ` 、、
          /          ヾ、_,,
            /,,_           ミ:::::::';
         l::_:::`ヽ  '' 二::'''‐   ミ::::::::リ
         l´てテ,l ⌒'l´tテ-)   キ::::::シ
          lー‐'/  ヽ‐ニ ''    ''/‐ヽ    本日より、ウラジミール・ゲオルギエヴィチが第5部部長となった。
           |   (  _ ,ゝ、       ,/‐ ,リ
          l ;;' ``,, ´ ヽ        ソ〃    また、彼はNKVDを調査する特別委員会の委員長となる。
.          l  -,,三-‐-    ,,::::::^r-''
          ヽ、 _,,r_ ,,,..::::::'''  ,l
             ,ー--:::.... _ニ.... -:::::ヽ
    _ ,,.‐-'、::::::::`l/´::::::::::::::::::::::::ノ::ゝ_ ̄ 7、、
   ,::'--― ':::::::::: ̄::/´:::¨::: ̄:::::::__:::::::::::::::::::: ̄:::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::{O}:::::::::::::::「,,_ ,,]::::::::::::::::::::::::::::::::::',

翌日、ベリヤがしかつめらしく重々しい調子でデカノゾフを情報機関職員たちに紹介した。
そして、党中央委員会と祖国を裏切る身の程知らずの国賊たちの存在を暴くため
特別調査委員会が設立され、彼がその委員長に就任したと告げた。

745 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:47:40 ID:w1xrnMko0 [53/117]

                              / ̄\
                              |    |
                              \_/
                               |
  ____________ノ|           ,... -::─::- ....、
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ノ|      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  |;;;;;;;;;;;/────;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |;;;;;;;;;;;|   ニニ ニニ  |         /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l       /   ,∨∨∨∨∨
  |;;;;;;;;;;;|   ( ゚ )( ゚ ) |ヽ       L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!       /  / r=, ,r=、 |
  |/⌒ヽ   ,::::⌒`⌒::::,ソ        ` ┬'   ::\:::/::    | r L...._     |  /  ,ィoョ! ; ィoュ、.|
   |б  ,-) ___ (-|          ,..:lヽ <●>::::::<●>    ',ノ::::::::`ヽ、   (6.      イ t,  |
   ヽ_/    |-┬-|  /        ,/:::::::`l  (__人__)    /´:::::::::::_;<ヾ   |.      /'ー'^ヽ  |
    /ヽ\   `ー'´ /        ´'ーァへ、 ` ⌒´   , ィ´ ̄`ヾ´       |        =三= /
    ゞ::  \_____/              /`丶---''"´/    |     /|         /\

さらに、アレクサンドル・ガラーニン、A・リオネンコ、ヴィクトル・リアギン、そしてもう一人が重要なポストに指名された。

746 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:47:58 ID:w1xrnMko0 [54/117]

                         |    \   ∧    /  /,  /|      {
                          ト、|.   ∧   | \ :′  /, :′ |    _ //|
                         } \ } \ |   ∨    | /  | / /./ :′
                         ∨\_..\  \}   |     /   ノ/   /__ /
                           <\   ̄ \__,    r-...._     /   /  /_フ
                           `ノ`⌒><⌒ヽ..,__}   ``ヽ、__  イ,>''"<⌒
                        ⌒7-=ミ   ``⌒ /      \'"⌒  |ニ=|⌒
                               }-=ミ      /         \   |-=|_
                           /∨彡 __ /          /   〈 7∧
                          /{∧爻>'"      _,,.. -‐  ̄_/⌒ヽ ミ/ i }\
                        ///{>''" _,,..._-‐=≦ヽ  /ニ_彳rッ_フ   /)i} ′/\
                          ////-‐ニ⌒        ', ′⌒´       /// ////∧
                      /// ̄//ハ ヘ         |          , レ:/ //////∧
                         //////////i:iぃ          l          /=彳////////∧_
                 _ -‐//////////|:i:i:i:ih           |       /|:i:i:i:|://///////∧ =- _
                _ -=   ///////////|:i:i:i:i:|ヘ        ヽ '      / ,i:i:i:i:i|//////////∧    =- _
          _ -=      ////////////|:i:i:i:i:i|:込、    _ _    ,.:′i:i:i:i:i:i| //////////∧
     _ -=         /////////////|:i:i:i:i:i:i:、 \  ´ ---  /  /:i:i:i:i:i:i|:///////////∧
    /     /      //////////////|:i:i:i:i:i:i:i}h、  \      /  /:i:i:i:i:i:i:i:|/////////////\
  /       /       //////////////:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\  >--<)  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|///////////////〉
. /l     /         \///////////:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ    /  ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|////////////_/
 | l     /         \////////|:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i\  {: /:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|///////////
             パーヴェル・ミハイロヴィッチ・フィチン(オルガ・イツカ)

そのもう一人こそ、後に独ソ戦勃発が近いことをスターリンに進言した最初の一人となった男。
若干30歳の若き奇才、パーヴェル・ミハイロヴィッチ・フィチンであった。

747 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:48:19 ID:w1xrnMko0 [55/117]

    __,‐⌒ヽ、
    /   '─ \
   ノ ノ-、 (○) \
   | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
   ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
    ノ    ` ⌒''  ノ    馬鹿な…そんな……
   (           }
   ヽ         /
    ヽ     /
.  /ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
 (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
  ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ

そして、その他の人員はすべて調査の対象となることが強調された。
新しい職員は粛清の結果を勘案して選ばれることとなった。
やる夫はこの結果、スペイン担当セクションの副官に降格された。
無論、やる夫だけでなくその他の諜報部門の古株たちも、例外なく全て担当セクションの副官へ降格された。

748 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:48:29 ID:w1xrnMko0 [56/117]

         ,,  -――-  、
         /         ヾ、
        /  ‐  -- ‐    ミ、、
      l  ,,,.._ `  ´,,..._,,、    ゙ミ'
        | ,, -、`,j i`,, -、    ,ミ_
        l !-‐oィl!一t!'‐o-l!`ー '/ヽ!
       l ゝ二,/´  ゝニイ  '' ノ`,|l   貴様はドイツのスパイではないのか!?
        |   ,( 、 _ l、     、_ノ
       |  ノ  _'' _ ヽ、   ,,イ    貴様はどうだ!? えぇ、どうなんだ!?
.        l   '´二 二''`     ´ |
      ,l 、 ,,_    _ ,,,ノ''´ ,,ノ、
   _/:lヽ    ̄    ,,,//::::ヽ_
  ̄::::/::::::::l ` ‐, 、-‐ ''´ ,/::::::::::l:::::: ̄
 :::::::/:::::::::::|  /´ー-ヽ   , /::::::::::::::|:::::::::::

ベリヤはその集まりで誰もが疑わしいとして、工作管理官一人ひとりに二重スパイではないかどうかを荒々しい調子で聞きただした。

749 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:48:43 ID:w1xrnMko0 [57/117]


                  .。s≦干干≧s。
              .。s≦┼╋┼╋┼╋┼ ヽ
             /┼╋┼╋┼╋┼╋┼╋┼\
            /土╋┼╋┼╋┼╋┼╋┼╋。s\
          /:::::::::::::¨≧s。>┼╋┼╋s。ィ≦::::::::::::‘,
          !::::::::::::::::::::/┼╋┼╋┼╋┼ヽ::::::::::::::::::ハ
          ∨:::::::::::t〈┼╋┼╋┼╋┼╋/∨:::::::::::::::}
           ‘:,::::::/, ヽs≦アT¨¨ 7¨ヽ≦  \ヽ::::::::/
            ヽイ/  ,:'≧x j   / x≦‘:、  、 ヽ‘,/
        _ 。s≦-rイ´ /笊㍉'  /  笊芋ヽ \ ‘,
     、 _ _ /   j! i  /,!:::::¨/ ,:'     ¨::::/ .>s。≧s。
      ≧s。_´_ ィj! .| { .ハ ,:'./       /イ  ∧≧s。_`_s。   ……
        /   _j! ハ |ヽハ/   `     イ  ' ヽ   ≧x`ヽ
       / x≦´ j! ∧| /' ヽ   ´ `  / j/≧s。\     \
     , '  /__.j! {  ,イ  介s。  /_!ヽ 、     __  _ ヽ
     ! / ´    j! ヽ  |イ´_/≧x≧´イ:::\:ハ \ ̄`ヽ‘,  `ヽ! `ヽ
     ヽ≧x     i{   \.!ィイ:::::/./{ ∧ヽ:::/\{ `ヽ
           >ヽ   ≧xヽ:,'./、∨イ´マ../:∧`「≧s。
           /    ≧s。  ヽ`ヽ/O:i;iイ`::::::::::', |i:i:i|  ` 、
        .'      /:::::}≧ 、 ∨:i:i:i:/i:i:Y::::::::::::ヽ:i:i:l     .
        i     ∨::::::/ ノ  イ-=≦≧::´:::::::::`ヽ::Y:i!, '    |
        |     ,:'::/.。s≦:::::::::i!..i:::::::::::::::::__\|     |
        |     //イ´:::::::::::::::::::::::|...|:::::::::::::|!i:i:iヽ}!/ハ    |

特に、やる夫の妻であったエマは諜報部門に4人しかいない女性工作管理官であったためかベリヤに不躾な目でじろじろ見られていた。

750 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:49:00 ID:w1xrnMko0 [58/117]

             _,,,,,_
        ,,...='''¨ ̄   ```丶、、
       /::::''´´          `ヽ、
      f::=_::´               ミ,
.       {:::::´               ll
.      |:::: ',    ,r二ニフ'  ゝニ二ヽ l!
      l::::::',     , -- 、   ,. --、. l
     ┌=、、     ! -=・=l ⌒.l -=・=l│  君はドイツ系かね?
      || /      ゝ二.イ  丶 二 ' !
.      llゝ,,       , ( 、 ._!     |   それとも、ウクライナ人かね?
      `ーイ       ,/     ̄  ヽ   |
.        |      .  ー= ‐=一'  ノ
.         | 、               ,, イ
        .l:::::\` .,, _ ,, _ .''ノl..



                     __
                  。s≦╋┼╋≧s。
                /╋┼╋ >――― ≧ 、
               /╋┼╋ /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                !┼╋┼ 'ー ≦s。::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              _>╋┼ ╋ァ-、-≧s。:::::::::::::::::‘,
             /x≦≧=ァ ´ X´  \\ `ヽ≧ 、::::::::::!
            `´ / ァ'- ´x笊ミ  ≧\ \\}:::::::;
             / ,xf笊)   ‘¨ >s。  \ \',:/   Нет(いいえ)
            /   /   !、     /イ > 、  ∨ ヽ
            ,>‘,   '.   ∧ r 、  /イ/!ヽ ヽ ',\ \  私はユダヤ人です、同志。
      ,  ´   ≧s。\'  ヽ -'  。s≦ _」_ \} }  \ \
     /        _,ィ`ヽ Y 介≦ィ> ¨マ;`ヽ:::Yノイ _ `ヽ  ヽ
    /     -==≦´,(_二ノノ-//:/   マ; ∨!―― ≧s。   ‘:,
    ≧s。            ̄  /!/     }:|  {ノ       `ヽ ‘
          ≧s。   _ r'ィ/{  _    .}:!_,       ,/ ', }
             >:::::/イ::',イ ∧ /ァ:--∨      !(-_ノノ


ベリヤがエマに、ドイツ系かウクライナ人かと尋ねたとき、彼女は自分がユダヤ人だと答え、ベリヤを驚かせた。

751 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:49:28 ID:w1xrnMko0 [59/117]


     /                 \
    /             ___ 二ニ -ヽ
    {____    __   , ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ヾ::::} , ィ ´ ___  ̄ `>、::::::::::::::::::::::::::::::}
..     ゝ ´  ̄     ̄   /´`>  \::::::/
    / ________ ./、    `≧}/
      ∨i「丁iヽ| !l T/丁/丁:|  / /  \
      /Ⅵ灯nミ:{'ヘヘ', zィつフ丁〉! / / }   ヽ、
    / ヘ{ マン \|   乂_ノ .|/ / ,'   `ヽ `ー   やる夫、ベリヤは危険よ。
    {i l 从   / .\     ./. / / ,' ' ,   、
    ∧   人          イ / / /   ヽ   ト、 、 あの男は冷血漢で邪悪な男だわ。
` ー=  ヽ ', \  -     // / ∧    ヽ  { \
       ヘ ',   >.     ..:´/ '/      ` 、 ',  ヽ
       ヾ /:_rノ‐≧≦―/`ト<'_        ! ヽ __,
    >´ ̄ ̄}:::::::::{三三三>::::::::::::{  `:<    / `ー '
   /    /::::::::::(__)::::::::::::::::::::::::::|    `:<
   !   /:::::::::/¨ヘ:::::::::::::::::::::::::/      `:<

その日以来、エマはベリヤを冷血漢で邪悪な男だと繰り返し警告してきた。
寄しくも、ベリヤを重用するスターリンの家族達が、同じような警告をスターリンにしたように。
エマは預言者のようにベリヤの行く末を見通し、彼と彼の一党を避けるよう忠告していた。

752 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:49:48 ID:w1xrnMko0 [60/117]

               Y { ̄j|┼┼i|┼_|i||ーr_―_|i|┼|i\
               Vつ斗 -=≠≠=- ミ、<ニニ=-_<}iハ
              _<! |i|i|┼_|i|i_┼i|i|i|┼_|i|i|` <ニニ=-_、j
             {⌒ ̄//. /. /.:.|!: ≧=----=≦: : .\、_/
             ゝイ.//. /: / }/|!: :リ   V}!\\: : i| }
                 /,//|i: : /ー/、}! /ーr ¨⌒_ .\\i: !
            /イ// :{i: :,ネぅ弍 /  伝ぅ刈⌒ : : >ゝ
          ー    .///{i i{^´ /イ     |!リ!リ: .、: : ∨   例の件、シャディマンはどう思ってるの?
           _ ,//__从 ハ. / ′    j/}/il :|i\: :.∨ /
      _-=ニニニ,/rー‐、__ァ ゝ  ,ヽ     / //jl :|: |i \ ∨
  ,...:::;/-=ニニニ〃_⌒ヽヽア从i_\ ー'  ,r―‐,/_j{: i :{: i: :{\ 、
 /{:::::!{-=ニニニ〃__(_`ヽヽ∨ /ハ-_-i: ー<ハ-/__j{: ;./ハ从 .、ヽヽ

無論、家が盗聴されている可能性がある中で、ベリヤのことを名指しできるわけがない。
そのため、エマは以後、彼を中世グルジアの戦いを扱った小説の主人公の名をとって“シャディマン”と呼んだ。

753 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:50:00 ID:w1xrnMko0 [61/117]

             -─―- 、
        /         \
.      /          \
.    /       _/::::::\_ヽ
    |         :::::::::::::::  i
     |   u    ( ●)::::::::::( ●)
.     \          (__人_)  /   党中央からの呼び出しかお……。
        \__             /
      /   ー──―一'´\

さて、やる夫はベリヤとの会見が済むと、今度はさらに上位の組織、党の会見が待っていた。

754 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:50:12 ID:w1xrnMko0 [62/117]

  __
/ ___ヽ_
彡彡´(・)
彡彡  ω  お前は党ビューロー(※3)の取り調べをうけるべきや!
/  ̄⌒ヽ'
| (  r )  上級作戦将校として、この男の取り調べを要求するで!
'、-ヽノノ l
|__//
└-一'-

やる夫を待っていたのは、ハリコフで面識があった上級作戦将校でアルメニア人のグランド・グカソフであった。

※3
NKVDの共産党ビューローは、扇動と組織づくりを任務とする党の組織で、党の路線を実現し、要員の徴募、政治教育の組織化、批判・自己批判奨励を任務とした。

755 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:50:39 ID:w1xrnMko0 [63/117]

          _
      / _ ヽ_
      彡´(・)(・)
      彡   ω こいつは人民の敵の仲間の可能性が高いで!
       /⌒ヽ_.ィ、
      ( r.    )
      ヽノノー‐l
       |__/_/
       └一'一


やる夫は人民の敵として、すでに処刑されたヴァレリアン・ヴァリツキー(1話参照)によってモスクワまで連れてこられた。
また、新たに暴かれた人民の敵であるシュピーゲリグラスや、駐中国駐在員代理のミハイル・ヤリコフらと親密な仲だったと告発した。
ヤリコフは皮肉屋の一言居士として知られていた。
一例:五か年計画も四年目になると、賄賂で培ったコネこそが計画達成のカギになる

756 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:50:54 ID:w1xrnMko0 [64/117]

     ____  ____
      |\     \|\     \ _
      |_| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄|\ \
     |\ \ Sound | | Sound |  \ \
     |  | ̄ | Only...| |  Only  .|    | ̄|
     |  |   ||\ ̄ ̄ ̄\|\ ̄ ̄ ̄\.|  |
     |  |   || | ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
     |  |   || |        || |        |  |
     |  |   || |        || |        |  |
    \.|   || |        || |        |  |
        ̄ | |        || |        | ̄
           \|        |\|        |

党ビューローは告発を受け、委員会を招集した。

757 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:51:20 ID:w1xrnMko0 [65/117]

   (~)
 γ´⌒`ヽ
  {i:i:i:i:i:i:i:i:}
 (`・ω・´)  彼は典型的トロツキー派の二枚舌で罪を否定している!
 m9:::::::::)
   し─J


その中には親友の一人であり、写真研究所長でスターリンの写真を撮影するカメラマンの人物の身元を調査する任にあった
レフ・ヘゼルベルグがバカバカしい質問をしてやる夫を取り調べた。

758 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:51:32 ID:w1xrnMko0 [66/117]

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ……。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

そんな中でも、彼は二人を恨む気持ちはなかった。

759 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:53:24 ID:w1xrnMko0 [67/117]

.        iうx-------xう
         //'⌒V⌒\V/}
.        |i --  --  i/ }  そろそろ取り調べにケリをつけてもいいんじゃないかな?
.        ||  t____t   |/ソ
        ヽ     .ノ/人
     //ア `      \//ア/-
    ////          ∨////\
  /////             〉//////,ヽ
  ふア//i            }///弋///)
     i/{            }////} ⌒
     乂           介///}
     ふ\ _____ _____ _.<////ノ
    むえ辷_=……… =-た⌒__xハ
                 ⌒¨¨ ~


        (~)
       γ´⌒`ヽ
:::::::::::.: . .. {i:i:i:i:i:i:i:i:} . . . .: ::::::::  は、はい。その通りです、同志。
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::   (やる夫、すまない……)
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

ヘゼルベルグはデカノゾフの指示に従い、人民の敵と関係しシュピーゲリグラスの罪を暴けなかったことを理由に
やる夫を党から除名することを求める決議をビューローに提出した。

760 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:53:49 ID:w1xrnMko0 [68/117]

       ____
     /      \
   /           \
  /   _ノ ::::::: ゝ、  \  こ、こんなことって……。
. |   (○)  (○)  u |
  \   (__人__)   ,/
  /    `⌒´    \


やる夫は提出された書類を見て愕然とした。
38年2月に死亡し、栄誉とともに埋葬されたはずのスルツキーまでが人民の敵と名指しされていたのだ。

761 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:54:03 ID:w1xrnMko0 [69/117]

     ____  ____
      |\     \|\     \ _
      |_| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄|\ \
     |\ \ Sound | | Sound |  \ \
     |  | ̄ | Only...| |  Only  .|    | ̄|
     |  |   ||\ ̄ ̄ ̄\|\ ̄ ̄ ̄\.|  |
     |  |   || | ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  賛成多数により、同志やる夫の党からの除名は可決されました。
     |  |   || |        || |        |  |
     |  |   || |        || |        |  |
    \.|   || |        || |        |  |
        ̄ | |        || |        | ̄
           \|        |\|        |


党ビューローでは、棄権が一票あっただけで議案は可決された。

762 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:54:56 ID:w1xrnMko0 [70/117]

                  |  |  \ \{\{/    )\_,,ノ___,,厶ィ/ ⌒¨フ
                  |―|       /    /   \     |―}⌒ヾ´
               i⌒ヾ―|    ,,.   '゛   /       \   ハ j
               l ヽ}/ ,.  ´                / ∧ V⌒i
.                /|  レ'´,.    '"       ___,,,...   ''゙   { .y/ |\
              / 八,/ '" __,,.. -- 、二厂 {   __/ ̄ ̄` ヾ/⌒' .′ ヽ
          __,:    /  .イ   `ー==='^ 丶  ゞ‐≪゙苡¨¨フ^   / / /:、   :,
    ,.   ''"  /  , :   ィ´:\ }      '"  } .′ ミ         ′  ′::.     :,____
  '"      /  /   i: :{:.:.:.:.:.ハ          ′         /´/:.:.:.:.:.:}     ∨::
           /  | ./ |: :..:、:.:.:{  ;           {         .:ィ゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:}    ∨
         /   .|/  .|: : : : 、:{  ′      - }           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ′
                {: : : : : \  :,  ,       ′        ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
.     /             、: : : : : :\′ `ー― ⌒ ー一′ ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ‘,
    /          }\: : : : : : :\:,     ̄ ̄    / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ‘
    \            }: : :丶: : : : : : :\       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′  ,
.       \         .}: : : : : : 、: : : : : :.:\ ____ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   }
          \      }: : : : : : : :丶: : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    .}


その棄権票を投じたのは、パーヴェル・フィチンであった。
彼は、チミリャゼフ農業アカデミーのエンジニア課程を卒業し、赤軍の非公開軍事部隊に勤務後
国立農業出版社セルホズギズの副編集長であったが、党中央が彼をNKVD訓練校の対外諜報特別課程に選抜。
そして今は、対外情報部副部長に昇格していた人物だ。

763 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:55:21 ID:w1xrnMko0 [71/117]


                     /|_,,.-‐''l
                  /レ´  /  ∠二_
                 Ⅳ/|/|_       フ
                Ⅳi/ /  ~二ニ=-   \
                \ :;:;:;:;:;: -=ニ        ̄フ
               /i ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ニ=-     \\
              / /  \ ̄ i"''‐-.._      /
            /_,.xr _,,.-‐_,,.-< "''‐-.._\   ミ
           /_,,.-‐''" 〉''"ァュフ  ヽ    \  ミ
          ,' ,'    ノ  `¨´    |/   l\  /    俺はやる夫という人間を知らん。
          ヽi   \         )ノ/   /
           `   ,.-┴‐-.、     ト≦\_、rfヽ、
            /     _)、  ノ     _、rf〔
          /     ヽ〉ノ ノ_,,-‐''"  _、rf〔;:;:;::/',
        /         /┘  _、rf〔;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:
       γ‐-.._    _,,. ‐''"|_、rf〔;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
      /-=ニ=-、ヽ| ̄   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\)   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/  ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /   );:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

棄権票を投じた理由は、「やる夫を良く知らないから」というものだった。
やる夫はあの状況下で誠実さを貫いた彼にいたく感心し、キャリアに傷がつくのではと心配さえした。

764 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:55:37 ID:w1xrnMko0 [72/117]

____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

やる夫の除名は1938年12月に党ビューローで決議されたが、発行されるには翌年に予定されている
諜報部門党委員会で承認されることが必要だった。

765 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:55:59 ID:w1xrnMko0 [73/117]

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | ヒソヒソ>
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

         ____
<ヒソヒソ.    /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \

その総会までの間、やる夫はオフィスに顔を出して自分の机に向かっていることしかできなかったが
新しく入部してきた者たちは、感染を恐れるように関係を拒んだ。
新任のガラーニンなどは、やる夫に聞こえないようひそひそと代理と話した。

766 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:56:09 ID:w1xrnMko0 [74/117]

              ____
             /       \
            /          \
            /  ─   ─     \   (耐える時だ、今は耐える時だお…)
            |  (●)  (●)     |
.           \  (__人__)      /
           /  `⌒ ´       \
           | ̄ ̄ ̄ ̄| ,--、    ヽ
          \ ̄ ̄  ⊂  ) \|   |
          (⊃、 ̄ ̄  \\    _ノ
              ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫は仕事を全く与えられなかったが、その代わりに古い文書ファイルから何かを得ようと決心し
運命の決定を待ちながら熱心に文書を調べた。

767 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:56:36 ID:w1xrnMko0 [75/117]


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /   エマ、もうこうなったら最後の手段に訴えるしかないお…。
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


                  .。s≦干干≧s。
              .。s≦┼╋┼╋┼╋┼ ヽ
             /┼╋┼╋┼╋┼╋┼╋┼\
            /土╋┼╋┼╋┼╋┼╋┼╋。s\
          /:::::::::::::¨≧s。>┼╋┼╋s。ィ≦::::::::::::‘,
          !::::::::::::::::::::/┼╋┼╋┼╋┼ヽ::::::::::::::::::ハ
          ∨:::::::::::t〈┼╋┼╋┼╋┼╋/∨:::::::::::::::}
           ‘:,::::::/, ヽs≦アT¨¨ 7¨ヽ≦  \ヽ::::::::/    やる夫……あなた…だめよ!
            ヽイ/  ,:'≧x j   / x≦‘:、  、 ヽ‘,/
        _ 。s≦-rイ´ /笊㍉'  /  笊芋ヽ \ ‘,      それだけは絶対にダメ!
     、 _ _ /   j! i  /,!.:.:.¨/ ,:'     ¨.:.:/ .>s。≧s。
      ≧s。_´_ ィj! .| { .ハ ,:'./:.:.:.:     /イ  ∧≧s。_`_s。 それよりも、同志スターリンに手紙を送りましょう、そうすれば…。
        /   _j! ハ |ヽハ/   `     イ  ' ヽ   ≧x`ヽ
       / x≦´ j! ∧| /' ヽ   ´ `  / j/≧s。\     \
     , '  /__.j! {  ,イ  介s。  /_!ヽ 、     __  _ ヽ
     ! / ´    j! ヽ  |イ´_/≧x≧´イ:::\:ハ \ ̄`ヽ‘,  `ヽ! `ヽ

やる夫は精神的に落ち込み、エマも自分たちが重大な危機にさらされていると確信していた。
ひどい不正が行われているのを感じ、友人たちが虚偽の自白を強要され私たちの立場を危うくしていると考えていた。
やる夫自身は、中央委員会の党統制委員会に接近し、立場を訴えようと策を練ったが、エマはそれに強く反対した。
それは最後の切り札で、それよりもスターリン宛てに手紙を書き、エマ自身か二人が逮捕されたときやる夫の母に出してもらうべきだと訴えた。

768 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:57:11 ID:w1xrnMko0 [76/117]


    /      \
   /         \
 /              \   一体、どうなってしまうんだお…。
 |       (__人__)    |
  \     ` ⌒´   /

やる夫達夫婦は、初めて生命の危険を感じ、この国の体制によって抹殺される恐怖に直面した。
そして、その体制について思いを巡らし始めた。

769 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:57:31 ID:w1xrnMko0 [77/117]

     ____
   /:::     \
.. /::::::::::     \
/::::::::::         \   なんでだお…。どうしてこんなことに…。
|:::::::::::::::         |
\::::::::::::::       /ヽ  これは何かの間違いだお…。
 /:::::::::        くゝ  )
;|::::::::::::          / ;
;|::::::::::::::       イ ;
      ____


やる夫とエマは、友人たちが逮捕されたときは何かの間違いだと思った。
しかし、あのデカノゾフが対外情報部長に任命された時点で、ようやく単なる間違いが起きているのではなく
未熟な人々を採用しもっとひどい間違いを決定的に起こさせるような政策が取られていることに気が付いたのだ。

770 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:57:47 ID:w1xrnMko0 [78/117]

.       {{.|       ::  ::           ゞY`ぃ
.        {{ !      /    ヽ          , ヽ.!
       {{ '    / ''` ー ''''ノ\         ::ゝソ,
.        } .|   , '从从从从从从从ヽ       :. //
.       ゝi    从从从从从从从从;、      ,  ノ
        ', ノノ从ソ''"-‐'' `ー-ヾ从从ゞ     ,'ー
               ::.:.:.:.:.:.:.
         λ                   !
         人 ヽ,..   ....          i
        ///\  ー'' : : ::::.. . . .      ハ

やる夫個人は誠実な同志としてNKVD指導部に知られ、かつ、党での地位も高い。
なによりも、あのスターリンからも全幅の信頼を置かれていた。
そんな人間を不当に裁かれるようなことは、本人が無能であるか純粋な失敗を犯した場合に限られると信じ
追訴の決定が覆されるのでは、と愚かにも思い込んで暮らしていた。

771 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:59:12 ID:w1xrnMko0 [79/117]

                _ -==- 、
                _ -ニニ=-‐ミニ\
__         /ニニ/ 、,  ヾニ',       __    - _
: : : : :`: .、  _ -=ニ,.。<_、  、}:, ,__,〉ニ=-  _,.。*'": : : : : :`: <´ ̄\\- _
: : : : : : : : ヾヾニニf |  ,丈::> ,、<:::メハ`ヽニニニ\: : : : : : : : : :ヽ.   ヽ    \  人生ってままならない……
: : : : : : : : : :∨|:.:.:.:| l´〉_´ 、 ゙^ ,、__ハ:.:.:.',    ',: : : : : : : : :.l     .| |   ト
: : : : : : : : : : :! |:.:.:.:| |;i;i;i} | 〉rェェェュ{;i;i;i;i∧:.:.:',   |: : : : : : : : : :!    | |   |   `~ 、  
: : : : : : : : : : , |:.:.:.:l |;i;i;i、」{i´:::::::::;ハ;i;i;i;} .|:.:.:.:',   | : : : : : : : : ,     .| |   |    |  \
: : : : : : : : : /  !:.:.:.:| \;i;〈_ゞェェソ/;i;i;/ !:.:.:.:.',  /: : : : : : : : / へ   | l  _ ./     ./   \
: : : : : : : /  /:.:.:.:/ ,┐\;i\ |./;i;i< /l l、:.:.:.:.\ゝ _:_:_:_,.。*'" / ノ .// < 〈¨  =-へ      ∨
ー--‐ "  _/:.:.:.:〈  | ┐`~ヽ';i;i/ |  ! \:.:.:.:.\     ,.。./ / >、//≦∧ ∨      \   ∨
    _ - /:.:.:.:./ \   | | 「| | | |│./i\ \:.:.:.:.\ー‐" / !"ニニニニ∧ ∨      \  ∨
 ̄ ̄  ./:.:.:.:./ ./;i;\  .| |」 | |/ ,!/;i;i;i;i;>、\:.:.:. \_〈 0 〉ニニニニニノ Oヽ         \ |
__ ./:.:.:.:./ /--=、;i≧r=-  j /;i;i;i;i/   \\:.:.:.:.\ニ、 .|ニニニニニヽ 〈        ∨
ニニ/:.:.:.:.:.:/_/     \;i;i;i;i| `¨| |;i/   -=.、 ヽヽ:.:.:.:.:.lヾ| |ニニニニニニ, |
ニ-/:.:.:.:.:.:/'´ _>=- _   `¨゙\ | |  // ̄ \/-l:.:.:.:.:.| | ',`ー-=====-─',. !、
  |:.:.:.:.:.:.| /¨ ̄ ̄ヾ\___∧.! |*'"/   __ ヾ/:.:.:.:./≧ ',_        } |-\
__|:.:.:.:.:.:.|./   _   ``~=ニ{ ヽ | ̄   /-─、./:.:.:.:./ニニ\\ニニニニ.〈 〉ニ-',
   ピョートル・ヤコヴレヴィチ・ズボフ(モモンガ)


それが打ち砕かれたのは、やる夫の古い友人、ピョートル・ズボフが“肉挽器”に危うく放り込まれる目にあったからだ。
彼はグルジア生まれの鉄道技師上りのチェーカーで、内戦時はコーカサスで活動しており、メンシェヴィキや匪賊との戦いで勇名を馳せていた。
1931年に、彼はOGPUの工作管理官として、パリで主に反ソ活動をするコーカサス人を対象にエージェントの徴募や情報収集にあたっていた。

772 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:00:00 ID:w1xrnMko0 [80/117]

     _ -=ニニニニニ=- _
  ,.。-ニニニニニニ/  ̄>ニ=- _
_∠ ̄\ニニニニ./ /ニニニ/{ニニ=- _
_ニニ\_ ̄ ̄ ̄_/ニニニ< <ニ=-┘¨  、
: \\ニニニニニニニニニ=- ¨_ 、-:i:i:i:i:i:i:i:i/
: : : ∨\ニニニニニ=- ¨_ - ¨  ∨:i:i:i:i:∠
: : : : ∨ ∨ーr━  ¨   l 〈    l |斗へ  \
: : : : : |  ∨∧ ー--イ  _〉ー-〈  、{ : : : : ',
: : : : : |.   |'/∧ r‐, 、   >、__u>_ r': : : : : :|   ト、 ニコライ・ヴァシリエヴィチ・プリバロフです、どうぞよろしく。
: : : : : |    !//∧ヘヾハ    ´  ̄ .: ∨: : : : :|   |
: : : : : |    |///∧  ,  >ーr ^ソ ,´r' : : : : : !    | |
: : : : :/    ハ////| { l ヾ:::l777fァァ: : : : : : /     厂 \
: : : :/   _/ ∨//l  | ∨^^`┴'y: : : : : :/    ./ ./    |
: :/ 「 ̄ |  |//∧‐┤ 、 、  l 〈∧: : :/    ./ ./     ハ
´   l   .|  |///∧\≧、_\.ヽ l'∧´     //     / !
   .l   .|  l////∧ ``ドニ≧、」/∧≧f∠ヘ ∨  / /
   ./    |\. ! ////∧  | |  `~\/\|ニニ∧ ∨< _/|
  /   /ニニヾ'/////∧. | |    | |∨/\ニ∧ ∨ヘ.   |


      ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::ヽ
   r:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   }//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::N ∧
  / .//|/!\/\/ヽi、:::/ ,、\l\l\l\/  ∧
  / ,     |  |_、  ト、_/::|\__i\|\/\|ヽハ
  | ./|/|/::!∧!::::::::\/|:|:!\::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  |//:::::::::::::::|V::|::!|::::::::::::!从| \|\:::::|、:::::::::::::::::::::::::::::!
  |::|';:::::::::::::::| ヽ!八{\::::|       ヽ| V::::::::::::::::::::::::::|   エドヴァルド・ベネシュです、この度はソ連からお越しくださり大変でしたでしょう。
  Ⅵ ';:::::::::::::l.芹:::ミ  ヽ:!    芹::::::::ミ i:::::r=ミ::::::::::::::|
  ',! V{\:::| l::::::l       l::::::::::l  |:::/⌒ }:::::::::::::|
        | t:::::j       t::::::::/ ムイヽ /:::::::::::::|
        |    ,            ,r ノ::::::::::::::::|
        ,                   /:::::/\/|/}ハ!
.          ′    、 ̄j      イV, へ
          `         / /\/⌒\_
                 ` ー -‐< /\/    /   `ヽ
                     /\/    /   __i
                       \/       ,.:´::::::::::::::`ヽ
    エドヴァルド・ベネシュ(白鳥隆士)

1937年、彼はニコライ・ヴァシリエヴィチ・プリバロフのパスポートを持ち、二等書記官としてチェコスロバキアのソ連大使館に赴任。
彼の任務は、チェコスロヴァキア大統領エドヴァルド・ベネシュをNKVD情報網が万全の支援体制をとった秘密ルートで、英国へ脱出できるよう手配すること。
そのための資金1万ドルを渡すことであった。
この秘密ルートは有効に機能し、フランス経由で英国に亡命した際、両国の情報機関は彼がどういうルートを使ったのか掴めなかった。

773 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:00:24 ID:w1xrnMko0 [81/117]

          {_,,ィア                            ヽ:.:.:.:}
          i:.:.:./                              〈:.:.:.:i
          }:.:.:{              、   /               }:.:.:.|
          {:.:.:i               }   i            {:.:.:.:}
          {:.:.:{      ,,ィニニニニニニニ7    }iニニニニニニニヽ      i:.:.:.{
          i:.:.:.}   _,,..ィニニニニ、ニニ7     リニニニニニニニニ\   }:.:.:.i
         /⌒!:i   __ 、―t―:ッ‐‐ヽ:.:.:.)   /:.:.:.ィ‐t:―ァ―,     {:.レ⌒!
         |/V{:.{       `¨` ̄¨´        i:.:.:./ `¨  ̄¨´  ‐    i:.i/:V}
         |i:ハ:.{          /        {:/ヽ     ,     {:.{┐ i
         | {:/!:.}                    ー '"      {:.iヽ:} }
         i j〈!:.}                            i:.:{:ン ,′
         ヽ\〉:i                              }:.i/ /
          V i:.}                i               i:.:レ'゙
           `¨l:.}          ィ⌒ヽ_少'`ヽ           j:/
          /⌒!:i        ィニニニニニニニニニニ`ヽ        i:.ト、
.         /  {:ヽ      /ニニニニニニニニニニニニニ \       /:.} ∧
         /   j{ニニ\  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ   /ニ ′∧
.        /   ト、ニニニヽニニニニア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽニニニニヽ ニニ イ:. }  ',
      .イ     i  \ニニニニニニ〈     〔三三三〕   〉ニニニニニ / ! ,′  ',
  .。s≦/     ∧   \ニニニニニ\  / ニニニニヽ  /ニニニニ /  |/    }≧s。.
´ixixixix{         ∧     \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /     /    ixixixixix≧s。.


なお、ベネシュ大統領がソビエトのスパイであったという説が、英国作家ナイジェル・ウエストのベノナ・プロジェクトに関する著書に出ている。
しかし、モスクワに実際に情報を流していたのは、同時に亡命していた元チェコスロヴァキア情報部長フランティセク・モラベック大佐であったという。

774 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:00:36 ID:w1xrnMko0 [82/117]


                    _ -=ァ==- _
                 ,.。*ニニ/ニニニニ=-.、
               /ニニ=-_-=ニニニニニニ\
                 r≦ニニ//─- _-=ニニニニニニ=-,
         __/:{ !ニ//`ー 、, -‐  - _-=ニニ//¨¨: =-, -‐、
        /{  /: : : ∨ イ、 __八_∠__/ - _-//: : : : : :/ / ',
         イ .', { : : : : : |:.ノ_「 o } ::. { o 〈_ 〈|:.:.| ' : : : : : / ./   /\
      r " l  ', ∨: : : : l〈 '>‐' ,.、:::. `ー、< /|:.:.|、|: : : : : / ./  ./    .\
     人  、  ', ∨:_:_:/:.|\_ 〈」_〉  、_ 二イ./|:.:.|/ゝ: :_:_:」_/  ./     /\  そ、そんなー!
   〈.  \〈ヽ_、へ._/:./ ̄7| トrrrrrrrrrrjイ l lニ!:.:.|≧- _/,ヘ_l、   /    >
    /\〈\.ヤヘ .ハ-/:./ニ//_| |`^^^^^^^´_」r' l_>|:.:.∧ニニ//ニィニヾ~- _/ |
   { r- ,_ヾヘ´∨=!l:.:.lニ| | | |」_ー/´〉ー/,! .|;i;7:.:.| _|- / 、///ニニ!    \/
   __` <べ'´_ lー〈|:.:.|ニ| l、/ 〈エエエエエソ  〈;i/:.:.:.「-L/>'゙ /‐ァ_」
   `ー-二7 、丿 l|:.:.|二、 ー、ヽ | / , ─┘:.:.:.:.:|/7^ーf_>≦  '∧
       \__∠.〉:.∨ニ\ \_」  イ´   /:.:.:.:.:.:〉、 /__Lエ才ヽ_'∧
        /;i;i;i;i;7 ,\\二\/ 「  .|   ./:.:.:.:.: ∧≧≦;i;i\ニハー、_ l/
         /;i;i;i;i;i/ /-/:.:./、ニ、:\」 ,.。*'"」:.:.:.:.:.〈ニ.∨;i;i;i;i;i;i;∧ニ廴_/
          |;i;i;i;i;/ /-/:.:./ニニ=- _:.:.ヾ:.:,:。*'"ヘ:.:.:.:.:.∨ニヾ;i;i;i;i;i;i;i;lニ、ニニ',
         |;i;i;i;il /ニl:.:.:/ニニニニ|:.|:.|ニニニ∧:.:.:.:.∨ニ∨;i;i;i;i;il.ニ∨ニニl
        ヾi;i;il lニ.!:.:.:|ニニニニニ|:.|:.|ニニニ.∧:.:.:.:.∨ニ∨;i;i;i;lニニ∨ニニ|
         };i;il/ニl:.:.:.|ニニニニ/:∧:.、ニニニニ|:.:.:.:.:.lニニ∨;i;ilニニヾニ|
        ノ∠二l\:|ニニニニ./://∧:∨ニニニ.!:.:.:.:. |ニニニ∨i;!ニニニニ|
           └‐┘ニニニニ./:////ハ:.∨ニニL -=ニニニヾ'ニニニニ!
               ̄ ¨¨¨ ┴─‐┴┴─────━  '''¨¨¨¨¨ ̄

そして、ズボフはベネシュがプラハから離れると、スターリン本人の命令により逮捕されてしまった。

775 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:01:07 ID:w1xrnMko0 [83/117]

       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、_
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\!
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ::::::::::::::::/::::/:::/:::::::/::::::/::::::::::::',
      :::::::::::::/:// }/ |:::://|::/_|:::::::::::::i
       ::::::::::/{/ ̄ ` !:/  }/ |:::::/:|::;’
      :::::::/   fうハ    fk |::/}/j/
      、::::{   |:::::::l     |::l 从
      Ⅵ:::l   込タ     以 |
       ハ:j  ""       ' "" !
.       ー 、      l ̄ノ   ノ  スターリン閣下に、ユーゴスラビア王国の体制をつぶす計画があると伝えていただけませんか?
      :r<j>   __ ,.<
.     / / ヽ___ ト 、
        / /    / / /
      \        / \


.        _-"        _, -‐''"::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::"''ー- 、       ` 、::::::::::::::::::::::
.   _, -'''"       _, -‐":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::゙ 、        ` 、:::::::::::::
.一'''"´       ,,...r"::::l 、:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::: l::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::、        ` 、:::
.        _..-'r"|::::l:::::::l::::',::::::ヽ        ヽ ヽ「     /    u   ノ    , '/:::::/::::、
.    _ :::: " ::::::::::/ ∧:::::::l:::::',  ヽ      ヽ  │ /   /       ノ   _冫::/  ∧:::::::、'' 、
. -‐'" :::::::::::::::::::/ /::: }   }::::::::::ー- ヽ       ゙1 l !! /       /ノン'"::::: / 、 /:∧:::::::、:::::::::"''ー--
.  /:::::::::::::::::::::::/ /::::ノ  }::::::::::::::::^ ゝ      1| !!/      /‐::::::::::::::::::ー- 、::::∧   、:::::::::::::::::::::
 /:::::::::::-‐" / /::/  ,ィ≦ :::::::::::::::: - ゙ー-- _   l| !|    , ' -::::::::::::::::::::::_-ゥ-ハ::::   、   ゛ 、:::::::::
, ' -'´    / ::::{    ヾ≧、:::::::::::::::":::::::::::::: `ーッヤ||Lノ≦、:::::::::::'':::::::::::::::::::://∟  ヘ'   、     、::::
       丿 !::::`、   /-マ-、:::::::::::::::::::::::::r夕ニ, ‐、ヾヾ==ュ、::::::::::::::::::::::::://  , ''ノ ノ,   、
       l  !:::::::::::、 '    /'"´ . u::二ン''´'' ,   、    ゙゙ ≦三三彡   ///:::::,   、       その話、もう少し詳しくお聞きしても?
      /  │::::::::::::: 、  ーヘ 、         /  ,、  、      ,,,,___ _  ///:::::::::::::,   、   
     ,r/,'  l::::::::::::::::::::` 、   ̄ ̄ゝ、  |V  {  l l  }   /l/, - 、 ゙ー ' ノ::::::::::::::::::::,   、
   // /  l::::::::::::::::::::::::::::::> ‐ へ /ヽl∧  、,ノ  、,ノ   / l /  , ヘ ー‐ァ ア::::::::::::::::::::::   、
  / / /,   l ::::::::::::::::::::::::::::lヽヽ/ :::: }   V'   │ll    〈 | ゝ l{:::::::}  / /:::::::::::::::::::::::::::l   、
../ / /    l ::::::::::::::::::::::::::: ヽ\ヽ::::从      │     ∨、  l:::::/ / /.::::::::::::::::::::::::::::l    、
.  / /,     !:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ 人l  V Y'´`Y´`Y´`Y´`Y V l:::/ / /:::::::::::::::::::::::::::::ノ    ノヽ
 / /      ! :::::::::::::::::::::::::::::::∧  ト、,人_ノ、 人  l  人 ノ、_人ノ:/ / /l:::::::::::::::::::::::::::/    /:::::::::ヽ
./ //      ∧ ::::::::::::::::::::::::::::::: /!、  ヽヽl´ `l´ `l´ `l´ `l´`l´`l ノ/ / //l.:::::::::::::::::::::::/   /::::::::::::::::::::ヽ
. //       ヽ:::::::::::::::::::::::::: /  lヽ  l l´ヽ ∧ ,∧,,∧ ,∧,,ノ ノノ/ / // ∧ ::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::

それは、ベネシュがズボフを通じスターリンに提案した、チェコスロヴァキアに圧力をかける親独傾向の強い
現ユーゴスラビア王政を転覆させるクーデター計画の支援のためであった。

776 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:01:48 ID:w1xrnMko0 [84/117]

 ィi「  \   _、rセ7ア=-‐―-ォ~"''*ャーィ<
  マ:::::: _、=zx'"   └―――‐┘   V∧  ~''<
   `/ /  /                  V∧    ` .,
  /  ./  /                 V∧     Y
  /  ./  /                    V∧     }
. /   /  /                       \ ト、  /
..{  / ./              _           ` =-ャ
 ‐=≦/        ,............,...::::'               マ
  }::::::          `丶、:::::{     _,,.....,,___,,,ァ   ヘ
.\j:::/    _........._    ノ::::: 、,,..z''"てc )__ィi「:;"     ,
  j,イ  `::< てc )〕h、::;ィi「"゙ヽ:::::::::ァ'¨¨¨¨¨¨¨      ',
 j     `¨¨¨¨¨¨”""/ ::::::::::::::. ' ,              i
. j          .....ィ( :::::::::::::::::::::::.` 、,..................,ィ       ゙l
. {     ャ,.........::::::::ァ :::: ,..:::::::::: ャ、:::::::::::};::,,,,:::::,.=''     //|
 、     \::::ッ"ヘ ::::ァ//}::::::::::: マ,)::::ノ'"y'::'        ,゙//i
イヘ.      \(^ ㌧ヌ‐ ´ ̄ ̄ ̄`´ ノ':";        . '///}
...  :、    `   :` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::       ,.ィ(////
     )ix:::::.    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      //////ィ(
. ァ-=、 \ミh、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ(/////ィ(
パヴレ・カラジョルジェヴィチ(グラッパ)


このころ、ユーゴスラビア王国は幼少のペータル2世の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチが全権を握っていた。
彼は前国王アレクサンダル1世がクロアチアの民族主義者に暗殺されると、クロアチア人に対する過剰な抑圧政策を取りやめ
クロアチア民族主義に対し、寛容な政策をとり続けた。
クロアチア民族主義に屈したパヴレは1941年3月25日、日独伊三国軍事同盟加盟条約の調印を行ったのである。

777 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:02:01 ID:w1xrnMko0 [85/117]

゚o+ |!*。*  ゚ |o。_ ,-、 *。 |o。!   |!  o+ |!*。*  ゚ |o。 |  *。 |o。!    |!
゚ | ・ | .+o / `i .ノ *  ゚ |   o。 |  *。 |o。!    |!゚ | ・  | .+o
* ゚  l|  _人_.ノ/  ./ヽ. ___ /ヽ.*。 。 |!*。*  ゚ |   o。 |  *。 |o。
・| + ゚ o/    ll.   /.           ヽ、o゚!* . -、 *  。○ |o 。  !
*。 |  /      |!、  ノ        (≡)   ヽ  (   ) |! o゚!* ゚||   |
o○./      ./ ヽ./ (≡) 、_,.. |  """   ', ノ` ー ';  *゚・ ゚  |  |
 /      /i    { """  ヽ  lヽ、__.  j´     j *  。○  。 |o。!  クーデターなら俺らに任せろ!
 !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    / |! o゚!* ||   |
 ヽ、   /o○  !    ヽ          `ー-'   Ο  *゚・ ゚ *  。○   あのクロアチアの犬なんぞいちころだぜ!
|o。!` ー´  |・   | _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_  。*゚ 。 |o。!
             >                  <     |!゚  | ・
           /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
           /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
               \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o




                 /ニニ=、_ _    - 、
        _    - _ノニ辷、ニl「ニ〉: : : Y   |`¬、
      / ヽ¬´: : : :`Y、ニリニリニ/」: : :_ノ  / / ノ┐
   _, <    ', ヾ: : : :ノ_」-=ニニニヾ丈_ノ≧ヾ⌒~、ノ|
  ノ\  \__」/ト二ノヽ{ニニニニニ/||  ヽ\',    ヽ!  あ、だめだこりゃ……
  ト、  >/ニニニヽハ  _ヽ\ニニニ.∧||ー_ハ {ニ、
 / /   .|ニニニニ} { ̄_ノヽ〉ヾニ/ニヾ7ニニレニ|   これ死に金になるわ…
 レ     |ニニ|ニニヽ{ニニlニニニ`ニニニ/ニニニヾ!
     /ニニニ!ニニ/ニニlニニニニニ./ニ=-‐ _ ̄]
    /{ニニニ/ニニ/ニニニlニニニ=- ¨_ -=ニニト{
     乂 ̄-ァ─==============ニニ/ニニlニニニト{
     √_/ニニニハニニ|ニニニニ./ニニ.|ニニニト'
        ̄ ̄ ̄    ̄ ̄

ベネシュはこのユーゴ王国側の動きに警戒をあらわにし、政変を企てているセルビア陸軍高級将校に20万ドルを渡すようスターリンに要求。
ズボフはスターリンの特命により、このクーデター計画を実行させるため、モスクワで現金を受け取りベオグラードへ赴いた。
が、ズボフとあった将校たちは、無鉄砲でいい加減、おまけに民衆はおろか軍の内部さえまとめ上げられず、クーデターなどとても起こせなかった。
ズボフは将校たちの要求した20万ドルの引き渡しを拒否し、プラハに戻ってモスクワに報告した。

778 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:02:16 ID:w1xrnMko0 [86/117]

                _______
             ヾ: | |! ! | !| ! ! | \
           / \\!!!!|||||||||||||||||||| !//丶
           \_/│!│|||│!!│||│|\_/
          │-|    !│|│!!||||||!    |- |
          ││ ヽ          へ |-|
          │|    \  | |  /    l│
          ヽ\  ×◎> |:::::| <◎× / /
         |( | 丶  /  :::::  \  ヽ │)│
         |  |        :::::|   ::    |
         \ |    /   ::┃ \::    |丿     ____________
               /    ____::)  ヽ::        /
           ヽ  / /| ||;|||||||i|||!|\ \ /    <  ズボフめ! あの無能者!
              <!!|/━━━━\|||>       \ 
             ヽ      ̄ ̄     /_       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ---  ̄ │ \  ____   |   ̄---
      ̄ ̄/     l        :::::    |    ヽ  ̄ ̄
              \       :::   /
        |      / \ヽ     // \   |
            /     \ヽ / /    \
          \  ◎ ☆   \ /  ☆ ◎/
                 ☆  /\  ☆
             \    /   \   /
                 /      \

この行為は、スターリンの逆鱗に触れた。
ズボフが自分の行動を説明した電文に、スターリンはこう書いていた。
「即刻、逮捕」

779 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:02:37 ID:w1xrnMko0 [87/117]

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /  ズボフ、ズボフじゃないかお!
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /    久しぶりだお!
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


                          -━━==ミ
                        / 〈[_∧_]〉 \_______           _
               /7ニ二二>‐─<二ニ==ー冖==ニ二 ______>──<二二ウ| l\
    ト、    ト、  /| l   Υ: : : : : : /  }ト、 ヽY  ノ{ト个ー‐‐‐ァ' : : : : : : : l|    | |  \
  ト 〈ハ.  j,ハ/   |    | : : : : : : |l  圦_>j{<_ノ_〉| |  │: : : : : : : : l|    | |    >
、 {ヘ 〈ハ   レ'{    | |    | : : : : : : |l  / ト}`(ハ ´〈イ^ | |   │: : : : : : : : :|    | |   /  \   やる夫、久しぶりだな!
ヘ. マヘ 〈ハ´ レ'{_   |_| __人________,ノ__/ /〈ト{YYYケlノ/| |_____乂_________人_>、__〈 ̄〉//     \
〈ヘ. マヘ/〈ハ レ|}_>ク/:::\o\____// /| |\Υ//|  | |\ \__/o/:::::::::::| |::く\      元気そうじゃないか!
 〈ヘ マヘ 〈ハ_,レ|}:: //::::::::::::ヽ 〉____/ _人/\二/| [/| |:::: \____〉 /:::::::::::::::〈 o〉∧ \
  〈>(∨∨-}ノ-}〈〈<>、:::::::| |::::::::::/ / /\| 〕〔 |/::::: | 「\:::::::::::::: / /::::::::::::::::::/ /:/::∧
    く_}レ┴冖冖x_〉〉/ /::: ∠/::::::::/ //⌒¨¨ \/¨¨⌒ | ∨、\::::::::::\〉 ::::::::::: / /::::::/::∧
    [__,,{__,,}/ {_{{ン二二二二〈 |'⌒¨¨¨¨ヽ{ }/¨⌒∧ ∨\二二二二二Ζ∠二\/::∧
    ∨ \}___ノ|く_ノ::::::://::::∧l|'⌒¨¨¨¨ヽ| |/¨¨⌒∧ l|::::::::\\::::::::::::::::::::::::〔 \二二〉
     7:::マ〈 ̄ | h::/::::::::: /| l|'⌒¨¨¨¨ヽ| |/¨¨⌒ヽ| l|::::::::::: |\::::::::::::::::::::::::〔\   ∨
     / ::: |\丶 | | h ::::::::イ ::: | l|'⌒¨¨¨¨ヽ{ }/¨¨⌒ヽ| l|::::::::::: |::::::\::::::::::: \::〔 \____〉
.    /:::::::::| ∧ / /:::::|::∨::::| :::: | l| (⌒¨¨¨¨{ }¨¨¨¨⌒)│l|::::::::::: |::::::::::: >─==ミ〔\______〉
   /:::::::::: | |:::/ /:::::丿: ∨人 :: | l|_> . : .:∨ : : . <_ノ| j| ::::: x┴rn<::::::::::::::::::: `二ニ=ミ
.  / ::::::::::: | [/ / ::::::::::::: ノ::::::::::: | l|\   . : .:´ `: : . : . /| j|::/`>─┴()\:::::::::::::::::::::::::::::::::\

ズボフが帰国した時、やる夫は奇妙な立場にあった。
丁度この時期、党ビューローはやる夫の除名を考慮していた。
ルビヤンカの7階で二人は再会を喜び合った。

780 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:02:55 ID:w1xrnMko0 [88/117]

                  _____
.               / _ノ  ヽ_\
           /  (○)  (○)
              /     (__人__)  ヽ  …ズボフ、まさかお前もかお……
              |  U   ` ⌒´   |
.             \         /
.             /         \
.            /  ,        l  |
            /  /|        |  |
        /  / .|        l! .|
          /  /  |        || .|
       /  く  . |         l'  {
      (__{ー'   |    |     .|ヘ__)
            |    |!     |
             |    ||    |
              |    l.!     |
               |    l.|    |
              ノ    l !    ヽ
             (___ノ ヽ ___)

その翌日に積もる話をしようと、会うことを約束したがズボフは現れなかった。
やる夫は、彼が接触を嫌ったのではないかと思った。

781 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:03:16 ID:w1xrnMko0 [89/117]


    /:i┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂ァ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
   /:i:i:i:i╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
   ;i:i:i:i:i:┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ __ ノ
.   \i:i:i:i:..┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i; -=ニ〔  
      \:i,:┠┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂╂╂:i:i:_ -=ニ     ニ=--   __
.       /.r:┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿╂┿ァ'  \ \ー-=====-‐
.    / ┿╂┿‐====-╂┿╂┿╂┿ァ′   \丶 \    ー-=======
    ..┿╂ァ′ / /\\丶\r‐┸┷┸┷’\ 丶 \\ \ ー-===    ===
..  └┸イ,  / /'  丶\\\ 、\ \\\\ \ \\ \      ー---
   / ¦  { {__    \\\   -=≦ ミ \.\ \ \\ ー-======
   {   /¦  Ⅵ[_,, ≧=-- 丶\\ぅア^__) 心 个=-   } }\} ー-===  ===
    \ Ⅵ   | !{{{^ __) 刎    \\ Vi 炒' 小こニ=‐    \ ー-====-‐
.       i     | i \ V 炒       \ /i/i/i/} \  \ }\  \ \ー-=
.       |.   |!\ \/i/i  }        }    }小, \  \ \  \ \      やる夫、大変よ!
..    ∧.   | |\ \     :.            八{    \  \ \  \ \
      ' Ν.  Ⅵ .\、     __        /  ≧=-  }   }\ \ ̄\     ズボフさんが逮捕されたって!
        | \  \.  \    {{___)    / _/ニニ ≧=- 八 丶 \
        i.   \   ≧=‐会.         /_ -=ニニニ ニニ7/} }\ \       今奥さんがNKVD本部に向かってるわ!
.     { {     ー==    ≧=-   /ニ= =ニニ ニニニ7/ノ ′ } } }
.      \      /  {ニ=-  ≧=---'ニ.:::.ニ ニ ニニニ′_j/   j/
            !   ニニニニニ  ニ_/:::::::::...ニ  ニニニニニ_
                ニニニニニニ7:::::::::::::::/ニニ_ニニニニニ
             \  ニニニニ7::(⌒)::::/\ニニ_ニニニニニニ_
                 ニニニニ:::::::::::::::/:::::::::\ニニニニニニニ_
                  ニニニ/:::::::::::::/\::::::::::::ニニニニニニニニ=_
                } ニニニ_{:::::::::/ニニ=-‐┘ニニニニニニニニニ=-


     ____
   /ノ   ヽ、_\
.. /( ○)}liil{(○)\
/    (__人__)   \   な、なんだって!?
|   ヽ |!!il|!|!l| /   |
\    |ェェェェ|     /

だが、それは違っていた。
エマが通りでズボフの妻に偶然出会い、彼が逮捕されたことを知らされたのである。
当時は彼がどうして告発されたのか、まったく見当もつかなかった。

782 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:04:28 ID:w1xrnMko0 [90/117]

                            //^7\
                           /|| //\.、
                          //||//:::::::::\.、
                         〈/ ||/:::::::::::::::::\.、
                          / ||:::::::::::::::::::::::::ヽ.、
                         ,/ /\ :::::::::::::::::::::ヽ:、
                         / /  \ :::::::::::::::::::|:|
                        / /    \ ::::::::::::::|:|
                        / /      ヽ :::::::::::|:|
           /⌒\        / /        | :::::::::::|:|
         /     \      / /        | ::::::::::|:|
         /__    \    / /         | :::::::::|:|
        /ノ v \     )   ./ /          | :::::::::|:|
        |ζ) (_ヽヽ   ム  / /          | :::::::://
        λヘ´`,イ|:) //⌒,/ /           | :::::://
       /λ.|三-'////   / /\          | :::://
       | | \─/ /    / /  \        ./ :://
      / |   У  /  | 彡ミ、   λ       / ./
      /       /  / 彡ミ、|     |      //
     /      /  / / /:::λ\  ト、
     /          / / /|::::::::| λ  | \

もはや何が起こっても不思議ではない。
やる夫は党から除名され、その瞬間から「人民の敵」として逮捕されてもおかしくはなかった。
今や、死神が扉を叩く寸前であった。

783 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:04:41 ID:w1xrnMko0 [91/117]





             ────だが、思いもかけなかったことがおこった……!

784 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:06:03 ID:w1xrnMko0 [92/117]


                _,:-=====‐-、
                 /''二 ̄   ) ゙ヽ
               ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
              r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
             /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'         NKVD党委員会は当面延期となりました。
             ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
              ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i          同志の処分は保留となります。
               `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
                `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、 仕事は今まで通りです。
                  ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
                ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
              ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
                i'| .<,:' .|.,' | ,'   ,:'    i       |
             l |. /  |.i | ,'   ,:'     |       |
             | |  ',  |゙ '/  /      |       |
             | .| _.', | .i  /        |       !
                 | .|i" ', .i .,'  /   |     |      .|
             ,!''|_  ノ、.V /    i    i         |


       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l  りょ、了解しました。
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ  (……どういうことだお?)
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

やる夫の除名が承認されるはずの1939年1月のNKVD党委員会総会が延期された。

785 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:06:26 ID:w1xrnMko0 [93/117]

        ,, . -―=―- 、、
      ,,::'':::::ヾ:::::l::::!::::ヾ::ヾヽ
      /:::::::::_:::ll、;;;;;川:;;:::l;;lノ;りl
     l::::::ミ   `` ̄ ''''  `!::l
.    l::::::::::ニ'           |::l
    !:::::::= ,,.=、、_   _,,..=、lリ
    l´ヽー''  ,,-‐o‐ヽ  ,r‐o-{
.   !' l    ` ニ ̄.:  !、 ̄|
    ヽ_,;      r''  ヘ,   |
       ヘ    ノ ` T´ 、  l
      ,ハ、     ー=-=-' /
    -―l::::::ヽ`,,_    ̄ /':,_
   ::::::::::|::::l:::::`,, r ー--‐":::::,l:::::: ̄
   :::::::::::l:::☆:;/:::|:::::::::::/::,/:::::::::::::::
   ::::::::::!::::/::ゞ:|::::☆::::/:::::::::::::::::
   ::::::::::::::`',:::::::::::l、:::;;/:::::::::::::::::::::::

やる夫は自身の身辺に起こっていた様々なことに翻弄され知らなかったが、エジョフは11月25日、内務人民委員を更迭された。
その後釜にはベリヤが就任していたが、エジョフ自身は兼任していた(名目だけの)水上交通人民委員の地位が残されていた。
彼は人民委員会議(閣議)に出席し、党最高幹部会である政治局会議にも出席していた。
だが、彼はこの時重度のアルコール中毒(そして倒錯した性行為)のせいで、仕事ができる状態ではなかった。

786 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:06:39 ID:w1xrnMko0 [94/117]

         _-―ニ二ニ ‐、
      _-=三ヽヾ`l ll l ! l l´、ヾ、
     _=-ミミ l,lノ,ノリ川,lリノノノ川,l 、
     /=三ミ``   '''''      イリ,
.    |三ニ=ミ             lキl
    lミ、ミミ`             |ミ!
    _ミミ`   ,,, .- 、、 ,,.-‐ 、、|ミl
   〃 ヽ,,   '' -‐t,テ、  ,-t,テ、|''
   ll /'       ̄´ l  l  ̄´|
   ヽ ‐ヽ       , ( _、 ,_)、  |
     ーf'イ       _ _, ヽ l
 _ ,,==l::.ヽ    '' =ニ=`  /-―-
 :::::`:::::::::::|l\ヽ、    --- ,/l::::::::::::
 :::::::::l:::::::;|l、ヽ\::` ー―‐::''::/ /:::::::::::::

が、勿論その無様な態度は他の政治局員達から白眼視されていた。
モロトフが彼の態度を直接叱責したこともあった。
そして、1939年3月3日、エジョフはソ連共産党中央委員会で新しい委員に選出されなかった。
水上交通人民委員の職も、この時剥奪が決定した。

787 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:07:35 ID:w1xrnMko0 [95/117]
                    ≫''  ̄ミト
                   アノ  ,      ∨
                    /〃ノ イ { {! '从\
               ノ'/ . :A {\ 、 ミー=彡
            x≦彡 ´ィ彡 '⌒\、 :.`\ ',∨_
              / /::::人从     { \,ミー=く⌒
.             //〃:::::::::::リ :. ー- ´, /イ\ ',
            ′´⌒´7ミト.ハ, /::i::\:::::ミ}   エジョフですか、最後はみっともない姿でしたよ。
             jI斗イ,_  `` Τ⌒!^ヽ( ` ′
         jI斗;≦:;:;:;:/⌒>:;≧ト:.j,_ {
      ≫''~ ``'<:;:;<O /:;:;:;:/ ̄/;:;:;`≧=x
    /       ``'<:;:;:;:;:;/  /:;:;:;:ΛO∨;\
  /             ``'≪O/:;:;:;:;:;:;Λ Ⅵ;:;:\
  {≫x,             ``'<:;:;:;:;:ΛOⅥ:;:;:;:;〉
  Λ:;:;:;:≫x,                  ``''<:;;:;;:>''~ ∨
  Λ:;:;:;:;:;:;:;:≫x,                     '  Ⅵ
    \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:≫x,                 | ハ
.    Λ'≪:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\,                    |ノ:;:;:}!
     Λ `'≪:;:;:;:;:;:;:;:;\,              |:;:;:;:;リ
.       Λ   `'≪:;:;:;:;:;:;\,    ,:          |;:;/
              ノ;:;:;:;:/            }ニ}   };{
    ボグダン・ザハロヴィチ・コブロフ(ヴォルフラム)

後に、ベリヤの最も信頼する右腕、ボグダン・コブロフからやる夫が直に聞いた話によると
エジョフは水上交通人民委員の職を解任された翌日の1939年4月10日、マレンコフのオフィスで逮捕された。
コブロフは個人的にこの事件を処理していたというのだ。

788 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:08:21 ID:w1xrnMko0 [96/117]

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

789 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:09:35 ID:w1xrnMko0 [97/117]

1992年 ロシア連邦モスクワ


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ○ )    \    私は今でもエジョフが重大な犯罪に関与していたものと思っていますが
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.        .(    j    )        .|    つまるところ、奴は無能な犯罪者でしかなかったんですよ。
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.          ` ⌒ ´           /     スターリン主義が生んだ犯罪が、あのように狂った様相を帯びたのは
    \                   /
    /ヽ               イ\      部分的には、あの男の諜報・警察分野の職業上の無能が原因であると確信しています。
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \




  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/  しかし、やる夫・アナトーリエヴィチ。
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/     それだけでは、あれだけの数の無実の人間を逮捕し、処刑するなどという恐ろしい行為は説明できません。
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\

790 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:09:54 ID:w1xrnMko0 [98/117]

.          ______
        /           \
      /              \
     /  ――     ――  \
   /   ,.-‐-、     ,.-‐-、    .\
  /       ●        ○       \  それを理解するためには、進歩の遅れたこの国の政治的伝統に目を向ける必要があるんだよ、若いの。
. |        `ー一     ー一′     |
. |.       /     i     ヽ       |
  \.     ヽ.__人__ ノ      ./
   \                  /
   /       ``ー- -‐'"´     \
                            \



. /:.,:.:./:.:/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.l:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:',:.:.:.:.:',:.:.:.ヽ
/:.イ:./:.:.:./:.: ,:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ィ:.:ィ:.:.ィ:.:.:.:. ハ:.: ト、:.:.:.:.',、:.:.:.',:.:.:.:.:.',:.:.:.:
´ .l:/:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:/ |:'.l:.:/.l:.:.::.:/ l:.:.' ヽ:.:.:.l ヽ:.:.!、:.:.:.:.i:.:.:.
  |':.ィ:.:':.:./:.:.:.:ィ:.:/   l:/ l:.:.:./ |/   ヽ:.:l  ヽl :.:.:.:.!、:.:
―|ハ:. l:.イ:.:.:.イ l:/`ー、  |'   !:.:/  '     !:'  _ .-〉:.:.:l‐ヽ
  ' ヽ!' l:.:./:l ' ィ=≧ェ.、  |: '       _ェ≦=、/:.:',:.'
    { l:./:.:l    __ヒラ_ >- '  ゝ -<_ヒラ_  .':.:.:.:' !
    !ヽl':.:.:.:!           ,         ':.:.:./ '
    !  !:.:.:ハ               i:           ':.:.:.ィ     政治的伝統、ですか?
   .!   l:.:.lー:. !j            l.:.        /i:. / l
   l    !:lヽハ           l.:.:.        / .!:/  !
    !   l:l   ヽ          /:.:     /  !'   !

791 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:10:08 ID:w1xrnMko0 [99/117]

       _,,..,-‐====-ミ、
    _x≦//〃rく( }I .} ./⌒ヽ
  ,イ{I;( .{ {V } }Ⅳ //x≦{,.斗*、
. ,'{.乂_ ⅥI{′ノ .从}/ {_/x≦ __,,..彡、
 i_㍉´⌒”¨''ー=′ ′⌒^”''*、__,,ノxく}_
 } /                   Ⅵ\____}
 {,イ                 Ⅵ\__,}
 {/ r=- ..,,_   __,,..,-=ミ、   乂____ {
 {! 〃,.ニニミ''′ {-= ___⌒ヽ〉  `Y´¨¨{
  l .f收_j戈 i ∧ Kv㌻ミ、_, .   ∨__ハ
r ′ ´ ."_/ ′  ` "‐=  `   {_/^,
| ;{      .,/(  ;  ',          rく} }
| :{     ./ゝ、_Vrz,ノ\       ノ }/
. l    x≦i:i:i:}{トi:i:≧x         ′.ノ
.乂   _/i:i:〃i:i:人_i:i:i:i:i:i:i:ヽ、_,    ト、_/
.  ',⌒ー=-‐''”⌒”'' -==≦´   .′
.  ',  ′ ー----‐‐   `     i
.   ∧ 、             / |
. /i:i:i\ ≫x  ____,,  -=≦   .∧
,.i:i:i:i:i:i:i:i:i\   ̄ ̄         /i:i:i\_
Ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\        /i:i:i:i:i:i:i:iヾ
vIi:i:i:i:i:i:∧i:i:i:i:i:\       /i:i:i:i:ト、i:i:i:i:i:i:
:Ⅵi:i:i:i/◎ヽi:i:i:i:i:i`ー==-彡i:i:i:i:i:i:|◎ヽi:i:i:

やる夫曰く。
独裁制の下での政治的キャンペーンは、バカバカしいほどいきわたって、政治的成果をもたらすのだ。
スターリンの罪状は、彼の直接の命令の下に犯された犯罪だけでなく、スターリンの名のもとに部下たちが地方の党有力者たちの邪魔になる人々を抹殺するのに任せたという事実にある。
党とNKVDの実力者たちは、ライバルを排除することで、日常的に権力争いや日々の意見の相違に始末をつけていた。

792 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:10:44 ID:w1xrnMko0 [100/117]


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /             \
      /                  \
    /                       \
   /.      ―― 、   , 、――     \
  |                          l  当時、私には自体の全容は待った見えなかった。
  ..|.      ( ● ) ノヽ  ( ○ )       |
  |.        ´"''",       "''"´         l  だが、自分の命の危険は十分すぎる程理解できた。
.  \.         (    j    )       /
    \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /    恐らく1月末か2月初めには、私もズボフのように逮捕されていただろうな。
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \  だが、もしエジョフが私の昇進や叙勲にサインしていたら私はもっと早くに逮捕され処刑されていたよ。
                               \


           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ─‐   ──    \
        / ( ● )   (○)         `、    そして……それからも、仕事も何も与えられず、逮捕の日を待ちながら毎日オフィスに出ていたよ。
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',   だが、たしか3月のある日、ベリヤが自分のオフィスに私を呼び出したんだ。
      !   `゙'´  `゙'''''´            |
     \                      ,.'   ついに逮捕されると思ったよ…。
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \

793 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:11:01 ID:w1xrnMko0 [101/117]

l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l
l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l
:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::
:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::
::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l
::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l
l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::
l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l:::::::::::::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::
:::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l
:::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l::::::::::::::::::::::   :::::::::::   ::::::::::::::::::::::l:l:l:l:l:l
   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
:::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
:::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::   :::::::::::
      :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::
      :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::         :::::::::::

794 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:11:18 ID:w1xrnMko0 [102/117]

1939年3月某日 モスクワ NKVD本部

         ,,  -――-  、
         /         ヾ、
        /  ‐  -- ‐  」L ミ、、
      l  ,,,.._ `  ´,,..._,,、 7「 ゙ミ'
        | ,, -、`,j i`,, -、    ,ミ_   やる夫!
        l !-‐oィl!一t!'‐o-l!`ー '/ヽ!
       l ゝ二,/´  ゝニイ  '' ノ`,|l   貴様この二ヶ月全く仕事をしとらんそうだな!!
        |   ,( 、 _ l、     、_ノ
       |  ノ  _'' _ ヽ、   ,,イ    それでも貴様、栄光あるNKVDの幹部か!
.        l   '´二 二''`     ´ |
      ,l 、 ,,_    _ ,,,ノ''´ ,,ノ、
   _/:lヽ    ̄    ,,,//::::ヽ_
  ̄::::/::::::::l ` ‐, 、-‐ ''´ ,/::::::::::l:::::: ̄
 :::::::/:::::::::::|  /´ー-ヽ   , /::::::::::::::|:::::::::::



      ___
     /_ノ  ヽ\
   / (○) (○) \
 / u   (__人__)   \   で、ですが! そんなこと言われましても!
 |     |i!i!i!i!|   u  |
 \  u  |;;;;;;;;;|    /   やる夫はただ、今のボスの命令に従っていただけですお!
  /    `⌒´    \
 (<<<)        (>>>)  仕事をしたくても向こうがなにもやらせてくれないんです!
  |、 i、       ,i  /
  ヽ_/       ヽ__/
   |          |

795 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:11:35 ID:w1xrnMko0 [103/117]

         ,,  -――-  、
         /         ヾ、
        /  ‐  -- ‐    ミ、、
      l  ,,,.._ `  ´,,..._,,、    ゙ミ'
        | ,, -、`,j i`,, -、    ,ミ_
        l !-‐oィl!一t!'‐o-l!`ー '/ヽ!
       l ゝ二,/´  ゝニイ  '' ノ`,|l
        |   ,( 、 _ l、     、_ノ    ……まぁ、それはどうでもいい。
       |  ノ  _'' _ ヽ、   ,,イ
.        l   '´二 二''`     ´ |     とにかく、今は私についてこい。
      ,l 、 ,,_    _ ,,,ノ''´ ,,ノ、
   _/:lヽ    ̄    ,,,//::::ヽ_  重要な会見がある。
  ̄::::/::::::::l ` ‐, 、-‐ ''´ ,/::::::::::l:::::: ̄



                      ________________
                        ∠二二二二∠::l二二二二二二二二二二ヽ
                        `7/¨¨¨¨¨¨¨ 7.:「 ̄ ̄:.:||「 ̄ ̄||「 ̄|::|
                    //l |   | |  //l:|   .:|||   :||| :|::|
.            ,♀=-、――一'―-ミ―-ミ/厶l:l‐――┘|‐――┘|‐―┘::|
    _      /---\\::::::::::::::::::::::::::::ヽOコ::::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::|
   (iii))>…‐-|l:::::::::::::(iii))‐-=ミ:::::::::::::::::l-┘:::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l>…<|
    /.::/.::::::::/ ̄|l::::::::::::/.::::::::, -‐-ミヽ||l:::::l:::::::::::::::l :::::::::::::::::l::::::::::::::/.::::/⌒ヽ
   ーヘ::::::∧  |l:::::::::/.::::::::/ -‐- 、 \、::⊥、:::::::::l :::::::::::::::::l:::::::::::/.::::::/  ̄`ヽ::iニZ
   =-{{竺{∠∠込...:;ー‐‐ァ' ,. -‐ 、 V/ヽー――┴――‐'┴―‐{::::::::{ '⌒ヽ }」ニZ
    {{{{ー-=≡ニ二三Z{{{{{ ;    } }///\三三三三三三三三L:::::::{ {   } }
    ∨∧///∨‐-=≡V/, V  ノ 厂 ̄ ̄`¨¨¨¨¨ヾ込彡'¨¨¨¨¨V//,.   . ノ
.    ヾ __ 彡'     ヾ.      彡                   ー--一

ベリヤはやる夫に階段に同行するよう命じた。
用意されていた車に乗り込んだやる夫は、恐らくベリヤが個人的に使っているスパイと合う会見場所の隠れ家に行くのだろうと思っていた。

796 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:11:48 ID:w1xrnMko0 [104/117]

だが…。

        ____
      /      \
     /三_',!`zx二 \
   / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \     (えっ? あれ、この道ってもしかして…)
   |      (__人__)     |
    \    ´ニニ`    ,/
    /⌒ヽ    ー‐   ィヽ

797 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:12:06 ID:w1xrnMko0 [105/117]
             ,__
             l_<
             _|_
_           ,ェ._.ュ、
,,,,]||      ,,.-'"゛    ~''ヽ、
ニニニ,,!-z,,,,,,メ--────--丶、          /_|ヽ                 ★
-、,,,,_ .~"'''ニ==ェ,,--'''''''-------ヽ.._        |iiii|゙|.                    |
   `~"'―-,,,,,,|ニニニニニエエエェ,l,,,,|,,,,[ ]、       |;;;;;;|;;|.                 ,!!、
  人   人 `゚゙'''―v,,,,「  .|~゙---->...ュ,ュ__.、 .,i;ロ;ロ|;;|                 iiiii
  彡ミ  彡ミ  人   人゙'''ー-...,,,,_|  `゙''''「゙゙'''''..|∩-|iil.,,,                |||||
彡彡ミミ 彡ミミ  彡ミ  彡ミ  人 `゙"人-i、,,_,,,l;;;;;;;;;;;/;;;/z,,,__.             .|  :|     i
彡彡ミミ彡ミミ ;;彡ミミ.;彡ミミ ;彡ミ  彡ミ  人゙'''┐'| .|''i--zz;;;;;,,,,,.         |AA.|    ∧
彡彡ミミミ彡ミミ 彡ミミ 彡ミミ .彡ミミ 彡ミミ彡ミミ:::| .| .l'''―v,,,,,"'''i   _____ .A l゙| | |.|.A. .|ii|
彡彡ミミミ彡ミミミ;;;;ミミミ彡ミミミ彡ミミミ彡ミミ彡ミミ:::| .! ,|    `~"'ヘ-i、|ロロロロi''i_|ii| |ll,,,,,,,||ii|_./ .ヽ
彡彡ミミミ;;;;ミミミ ミミミ ミミミ;;ミミミ;;ミミミ;ミミミ::::| |  | 人人人  r‐┴── ┴┐゙゙゙゙゙゙゙゙゙ll-----トL,
ニニニニニニニニニニニ===============   |..彡ミ .r‐―┴――─┴-┴─--iL,、:::::::|゙゙゙|----- 
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ======ェュyy,|jlll」―――---------u,,|_, !.| .!-ト |  
ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'|ゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'iゝ-'i ト-   _ ..|.「[l|____,,,..|...............

車は市街ではなくスパスキー門を通ってクレムリンに入り

798 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:12:20 ID:w1xrnMko0 [106/117]

ニニニニニニニニニニニlニニ二|ニニニニニニニニニニニニニl二二二二二二二二二二二二ニニ
ヾ`ヾ.l  ̄lニニニl  ̄l  ̄l_lニ二二l.ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニl ̄ l  ̄l二二二二二二ニニ
  , ,. ';  lニニニl ―l― l_l二二二lニニニニニニニニニニニニニ|二ニニl ―l― l二二二二ニニニニ
   ., ;:.')lニニニl   l   l_l二二二|ニニニニニニ二ニニニニニニ|二二ニl   l   l二二ニニニニニニ
、.,;;. ,.;'ハ、.ニニlIIIIIIIIIIII_l.ニ二二|ニニニニニ二二二ニニニニニ|二二二lIIIIIIIIIIIIニニニニニニニニ
_,.、.;:ノ'" `ヾ,二二二二二二ニニ|ニニニニ二二二二二ニニニニ|二二二二二二二二二二二二二
_、.,;'゙:、.,;., ,, ,. ';)二二二二二二二|ニニニ二二二二二二二ニニニ|ニ二二二二二二二二二二二二
;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ., ;:.').二二二二ニニニ|ニニ二二二二二二二二二ニニ|ニニ二二二二二二二二二二二
    、.,;;. ,.;'ハ、二二二二ニニ|ニ二二二二二二二二二二二ニ|ニニニ二二二二二二二二二二
 ., ;:.')_,.、.;:ノ'" `ヽ,二二二ニニ|二二二二二二二二二二二二二|ニニニl ̄ l  ̄lニニニニ二二二
、.,;;. ,.;' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;').二二ニニ|二二二二二ニ=. =ニ二二二二二|二ニニl ―l― lニニニニニ二ニ
,.、.;:ノ'";.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ二二二ニ|二二二二ニ .-=ニニ=- ニニニ二二|二二ニl   l   l二二二二ニニニ
、.,;'゙:、.,;.,  ;.,、_,.;' ., ;:.').二二二ニ|二二 .-=ニニニニニニ=- 二二.|二二二lIIIIIIIIIIII二二ニニニニニ
、,:'゙、,:' ,: 、;., 、.,;; ,.;' 二二二二| .-=ニニニニニニニニニニニ=-.ニ!二二二ニニニニニニニニニニ
., ;:.')    .;.,、__,.、.;:ノ二ニ  -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- _=ニ二二二二二二二二二
;;. ,.;'ハ.,.;;'ノ二二ニ {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二} ニニニニニニニニニ
.;:ノ'"、,;}===========\_r ―  、__________ ,――┐__,/==================
;'゙:、.,;.,) ニ二二二二二二ニ.{: :_} | l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l l {_: :}二二二二二二二二ニニニニ
'゙、,:'く二ニ>-‐= =‐-<ニ {: :_}_} }: : : : : : : : : :|: :|: : : : : : : : : :{ {_{_: :} 二>-‐= =‐ <二二二ニニ
 、;:ノ./ : : : : -‐=' '=‐-` {: :_}_}_}ニニニニニニニニニニニニニニニ二{_{_{_: :} /-‐= =‐- : : : :\二二二
/二 / : : ./\ |l _ /  .|: : : :| | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | |: : : :|′ ヽ -=l|= ./ ヽ: : .ヽ二二
;'二,′: :/   , ´|l  ヽ  |: : : :| | l =====================:| | |: : : :|  〃  l|  ヽ  ',: : : ';ニニ
ニニl : : ,   〃 |l   ;,  |: : : :| | | : : : : : : : : : : |l : : : : : : : : : : | | |: : : :|  ll    l|    l!  l: : : :lニニ
ニ,l: :: :l __ll__|l__ll_|: : : :| | |: :: :,.‐==‐、: : :ll: : ;.‐==‐、 : : .| | |: : : :|_ll__l|__l|_|: : : :l二_
二l: :: :l  ̄ll  ̄|l ̄ ̄ll ̄|: : : :| | | : : |l  |  l|: : !l : :|l  l  l| : : | | |: : : :| ̄ll ̄ ̄l| ̄ ̄l| ̄l : : : lニニ
}ニl: :: :l .   ll   |l   ll  |: : : :| | |: :: :|l―|―|l: : || : :ll―|―l|: :: :| | |: : : :|  ll    l|    l|  | : : : lニニ
ニ.! : : l   .ll   |l   ll  |: : : :| | l : : :|l ̄l ̄ l : :|l : :|l ̄| ̄ll : : :| | |: : : :|  ll    l|    l|  |: : : ::lニニ
ニl: :: :l   .ll   |l   ll  |: : : :| | | : : :|l ̄l ̄||: : |l: : |l ̄| ̄l| : : :| | |: : : :|  ll    l|  ,..-l|、. l : : : :l二
"`゙ヾ     ll_,_.-、   .,.ll-=|: : : :| | |: :: ::|l  l  || : :|l : :|l  |  l|: :: :.| | |: : : :|_ ll   r'"´   ⌒ヽ, : ::lニ
,. '"⌒r'"´  .'⌒ヽ   ;;|: : : :| | l: : : :|l_l_||: : |l: : ll  |  ll: : : :| | |: : : :|;;`゙ヾ '  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ::l_ニ
;;.:''゙' ゙'{  ,、_,,.;.,'´ ̄ ヽ ;;|: : : :| | |: : : :|l_|_|| : :|l : :ll ̄| ̄l|: : : :| | |: : : :|;: '"⌒ヾ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"

イワノフスキー広場のどん詰まりで止まった。

799 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:12:34 ID:w1xrnMko0 [107/117]

        ______
      /         \
     /            \
   /      ,   、,,.-='、'、 \
  /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \    (まさか、今から行う会見って…!?)
/    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
|    U                  |
|                       |
\                     /
  \                  /

そこでやる夫は悟った。
これは自分がスターリンに会見するために呼び出されたのだと。

800 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:12:53 ID:w1xrnMko0 [108/117]

        | | | |            ___            | | | |
        | | | l             /,.-┼-、\        | | | |
        | | | |          | Λ__,|,__Λ |         | | | |
        | | | |          | |____f|f____| |         | | | |
        | | | |          | |f⌒゙|゙⌒f| |         | | | |
        | | li< ゙̄>、        |_|_____|_____|_|         | | | |
____________| | r'| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー''´ ̄ ̄ ̄
i込込込込ir‐厂| | |  | |_______i< ゙̄>, ______________
ーー―‐厂| | | | |  | |ー――――| | ̄| |ー――――――――――――
     | ', l/:| |  | 「「「 ̄「「 ̄「「| |  | | ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「
       '、У ,.イ| |  | |」」_」」_」」」 |  | |_|」_」」_」」_」」_」」_」」_」」_
      /.:.;イl l.| |  | l二二二二二| |  | |二二二二二二二二二二二二二
        |.:.{ l/| |  | |  、__,、__,、_,. | |  | |}`iー――i"{      | | | |
____| .:レ /| |  | |  }l了下|{. | |  | |} {‐。┬。‐} {_____j厂 ̄}___
__________j| .:|/  厂´゚ ̄| }l込上l{. | |  | |}_{__|__}_{_込込ヒ/  /|込込込
________{| .:|  |______| ⌒⌒⌒゙ | |  | |_______________,/  ,.イ|j|
______{|:.:{  _,| |  | |_____| |  | |___ _ _ __,,,.イ |,!'/
____{|:.:∨ ,.| |  | |厂厂厂厂厂| |  | |厂厂厂厂厂厂l´ |_,!イシ′
___________{|:.:.:∨i| |  | |辷辷辷辷辷| |  | |辷辷辷辷辷辷辷>'′
___________liト、__}fヘj_j/           ',i_j/
_______lli:::::::|
_______,ゞ、__}、
_____,ノ  )
           ,/

クレムリンの建物に通じる道は、スターリンとの最初の会見以来、やる夫は良く知っていた。
階段を上がって二階まで行き、じゅうたんを敷き詰めた長く広い廊下を歩いていく。
廊下はだれ一人通らない。いるのは入口にいた警護の人間くらいだ。

801 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:13:11 ID:w1xrnMko0 [109/117]

       . ''´ ̄ ̄ ̄`` 、
     /            `ヽ
.     l                 l
    |              |
    !、    ─-、、 ー-‐¬ |、
   「`|   ー =-oヲ  F=o=、 ||
   | |    ゝ_ ̄/  、 ̄..ノ ||
   ゝ |       ( 、__, )   |'    同志ベリヤ、御機嫌よう。
.     |   /´  `   ´ ヽ |
     l、     '一一一   !
    /:丶    `ー-     ノ
 -‐:::´l::::::::\ 、 _ _ /ノ:ヽー-...._
 ::::::::::::、:::::::::::`::...、 _  ,, /::::::::l::::::::::::
 ::::::::::::::\::::::::::::::::::::/r'::ヽ:::::::::::::|:::::::::::
 ::::::::::::::::::::\:::::::::::/::l::0::::\:::::/:::::::::::

スターリンの執務室まで来ると、ベリヤがドアをあけて応接室に入った。
そこにいたのはスターリンの個人秘書のアレクサンドル・ポスクリョーブィシェフで、感情のこもらない低い声であいさつした。
スターリンの部屋に入るときには感情を押し殺せ、という不文律があるようだった。

802 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:13:46 ID:w1xrnMko0 [110/117]

    |      |....┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ |      |
    |      |....┃         ,、r―――-;,、.           .┃ |      |
    |      |....┃        /        ゙ミ、          .┃ |      |
    |      |....┃       /           lii、.       .┃ |      |
    |      |....┃       i| ,,,_           lll!       .┃ |      |
    |      |....┃      ;i| ''==-、  、,,-==''''` |lli        .┃ |      |
    |      |....┃      ll|  ,ィt:t;;il "rtェ=、   ミlii        .┃ |      |
    |      |....┃      !ヾ '´-'´ i|  `ー、   / l      .┃ |      |
    |      |....┃      .i !   ,;;y_ ヽ、.    l_ノ.       .┃ |      |
    |      |....┃       ヽ!  ,,;;;iii!!!!!iii;;,,   /!'.       .┃ |      |
    |      |....┃        ヽ '"、="゙゙`=、゙゙y  ,;' !       .┃ |      |
    |      |....┃        |ヽ,;;iill|||||liiii;;;;,,,,:' ハヽ.        .┃ |      |
    |      |....┃      _,ハ\゙''!l||||ll!!'''" / |ヽ`ー .     .┃ |      |
    |      |....┃     ̄  / iヽ `'ーv―ヽ''´ /´l \      .┃ |      |
    |      |....┃                            .┃ |      |
    |      |....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ |      |
    |      |                [ ̄ ̄ ̄]                  |      |
    |      |             |    |               |      |
──|___|──── / ̄ ̄ ̄ヽ───´ ̄ ̄ ̄ヽ,─────|___|──
              / l|||||]         (('=')) ヽ,
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
              |                   |
              |                   |
              |                   |
              :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ポスクリョーブィシェフは、そのままベリヤとやる夫をスターリンの部屋まで案内すると、背後で音もなくドアを閉めた。
部屋は、以前エジョフと来た時とそっくりそのままのようだった。

803 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:13:58 ID:w1xrnMko0 [111/117]

            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h  ニコリ
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'  同志、よく来てくれた。
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj 
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.:.:./. :. :.

スターリンはやる夫達に気が付くと、椅子から立ち上がって部屋の中央で握手を交わした。

804 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:14:54 ID:w1xrnMko0 [112/117]

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /        u       \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /. u   ( ● ) ノヽ  ( ● )    \
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.        .(    j    )   u     .|
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.            ̄ ̄            /
    \   u                /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

スターリンに会うのはこれで3度目だった。
部屋は以前と変わらないが、スターリンは違った。
見せかけようとせずとも、自ずと身についた自信と落ち着きが窺えて、とても印象的だった。

805 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:15:25 ID:w1xrnMko0 [113/117]

               _ ,,,,,,,,,,, __
           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl_
       /`  l ,‐oヽlュ-tl ,.-o 、、l    '' ヘ  同志スターリン。党の命令に基づく調査で、NKVD対外情報局の前指導部による
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l  政府への反逆計画が明らかになりました。このほど動員された党の積極分子が
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l   政府命令遂行の支援ため、やる夫・スドプラトフ同志をNKVD対外情報部部長代理に
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/
         ヽ             /:l   任命されるよう提案します。
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l_
        ̄/:::::ヽ、、:::.:.....  ,,,/、ヽ'^’/::::::: ̄
       ::::':::!イr,\::``, 、":::/、ヽ '::;/:::::::::::::



                      _,,,-,!=''"゙゙ニ゙''"二/'''-,,,,_
                ,r=''゙,i´/ ,/`,-'"` ._,,,,,,,,,,,,ミ''-,、
                 ,l゙.l゙  | .l゙ / /.,/,,-‐'"`        `'-、
              l゙ .|、 .゙lr!-イ-――ヘ---,,,-------,,,,,,_   ヽ、
              ゙l, .レ'^゙`            ゙l''''''''''""'''''―``   ヽ、
                  ゙l"              , ̄"゙゙゙゙ ̄~゙''''‐    `i、
              /`               ゙l'''''''''''''''''ーi、_      |
             ,i´ i、   _,,,,,_       {,''''''''''―-、,、`      |
               ,,レ、 ゙ヽ-'"`  `ゝ      `゙!二゙゙゙'''''-,ミ\,、    |
               ,|,,,,,)   .'|┬'--l,,、        ヽ`"''-、 `'-.゙'-  |
               |',,i´    i゙‐''"´ `:ゝ       ゙l、.,,-'',/ヘ''ー、   .|
           ,,/`      ̄            "´  `r'/''i、ヽ  .|
          ,i´    .、                  / `i、.| .|   |
             l゙,、.---- .,'"i、                ,,/,,,,,/.l゙ l゙ .,,/
           `゙l:.,'''''''ーー-,|i、              l`" .,/、/./`   ……。
           ,i´,ノ | .| ,! | ゙!、                ,,,r彡゙
           }''|.|ニ|j,,|-,ト ゙i、.゙l             、 _/  |`
            |   `"゙゙''l゙‐'"            `゙"`   |
            `r、,,、   `                   l゙
            ,l゙                         |
            ゙l,,                      _,,r,!│
               ゙゙'-,,、,,---‐''''"            _,,r/゙‐'` ゙l

スターリンはベリヤの話を一心に聞き、やる夫の話題が出ると一瞬眉をひそめたが、すぐに対外情報工作についての
アウトラインを報告するようベリヤを促した。ベリヤの言葉に、スターリンが神経を集中させていることがわかった。
スターリンの素直な反応は、やる夫の印象に深く残った。そのような人間が人を欺くなど考えにくいことだ。
彼の反応はそれほど率直で、微塵も気どりを感じさせなかった。

806 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:16:05 ID:w1xrnMko0 [114/117]

                   ,. -─¬7⌒>
                     /:::::,. -─ '^ー'′
                  , '::::::/
               /::::::, '
              」:::::/
                 /::::::::7
             i::::::::/
             ,.L::::/
    . -==ミ、  /  `ヽ
  rくニ==‐¬´乂_ノ≧</
  {',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/
.  V,',',',',',',',',',',',',',',',',','. ′
    \',',',',',',',',',',',',',/
     `ー---─ '´

ニュース映画でおなじみとなったポーズでマッチを擦ると灰皿を自分のほうに引き寄せると、ベリヤが報告をいったん止める。
だが、彼はぶっきらぼうに続けろと促した。その言葉には一種の厳しいものがあったが、スターリンは隠そうとしない。
会見に呼び出された誰に対しても、こうしたぶっきらぼうな態度で挑むことが常だったからだ。
スターリンの顔に残った天然痘の跡からくる険しい顔つきと同じく、これは彼の人格と切り離すことができない特徴である。

807 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:16:27 ID:w1xrnMko0 [115/117]

           ,,.'''"¨ ̄ ̄¨""''=、、
          /            ヾ:、
          /               ミ、
        /l                ミミ,
       f,'!  _,,_       _,,,_    ニl
       lミ| '', = `、   ,,''´= 、`   キl_
       /`  l ,‐oヽlュ-tl ,.-o 、、l    '' ヘ
        || ,  ヽ 二 ノ l  lヽ 二 ノ   l'ヽ,リ
       ||!      /  丶       l イ l      我々の影響下にあるエージェントは皆社会主義の信奉者でありますが
       ヽJ     ノ ーヽノ‐ヘ、      ,、,ノ
        l    ' _ ' ;,_        l        一部の人間にトロツキスト共が浸透し影響下に置こうとしております。
         、    ´` ‐ ニ ‐ ''` ,    ,/
         ヽ             /:l         そのためには、あの裏切者を処分しなくてはなりません。
         ∧` ー ''-- - '' ,,:‐^‐::l_
        ̄/:::::ヽ、、:::.:.....  ,,,/、ヽ'^’/::::::: ̄     彼を連れてきたのは、そのためです。
       ::::':::!イr,\::``, 、":::/、ヽ '::;/:::::::::::::


ベリヤの報告が戦争が直前に迫っている今般の状況下で、対外情報活動の優先順位を変更すべきではない。
重大な任務は、それぞれの国で影響力を行使できるNKVDのエージェントが担当すべきだと提案。
だが、これらの左翼シンパのエージェントに、トロツキスト達が浸透し影響下に置こうとし、深刻な混乱状態だった。
ベリヤはトロツキスト運動の本部に決定的打撃を与えるため、反トロツキスト工作全体を統括する任務にやる夫を推薦した。

808 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:17:16 ID:w1xrnMko0 [116/117]


                           / /:::;イ::''´-=ニ二      }::i |:::::::::::::::.ヽ
                             ,彳/.: ´  /.: ´    , イ:/  |::i |:::::::::::::::::ハ
                         /,イ:::イ/  ,>´</   /:::// ,イ://::::::::::::::::::::::::.
                          //::::/ / /イ// ,ィ::::::::/ :/::::::://::::::::::::::::::::::::::::.
                       イ/::::/ /,イ/:/'´::/, '/:::;ィ/.:::::::/i:::://::::「!::|',::::::::::::::::::',
                     /イ:::::////:/ / /´/< / /::::::://::://:::::::}}:::! }:iY::::::::::: i
                      〃:/i//!|./:/ /イ:/:/ / 〃i::::::::://:/イ::::::;〃|i:| l:|}:::ト、::::: !
                      ′,イ/: |:!{://// /::イ | /::/ //:::::::::/7::::::::l」 }:i| |:ヽ!:::::′
                          /!i| i:|〃 /::::// /:::! j !:: |//.::::::::://:;::::}i::::i/ / !:::::::: i{
                           /イ/ {/ ィ::::::// /:::::| ハ |:://:::::::::::/ィ::::::|::/ ///:::::::/{
                         i/ィ/:::::::::/ /弋ぅ、::i レイ:::::::::::::,戈ぅ 7i/./イ:/::::::/ |`
                             彳i::|{::::::::::レ:/`ーァィ::::::イ//:::::ゝ-‐.:::´/ /::::/イ::::{ i:|
                         ヽ|::!/{:::::::::lヽ. / 7:/ /ィ::::::::::ヽフ::::::::::/7':::::::::::ゞ
                           >::::::::::.     ´   |:::::::::::::::::::::::::://::::::「i:::::::
                       _ -ヲ´::::::/`i::::::::.     、__|:::::::::::::::::::::::::l/:::::::::レ::::::::
                      .   ´  /::::::::::/  |:::::::::ヽ ヾ、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                .  ´     ,イ//l:::::::/  |:::::::::::::.\   ー}:::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::
                . ´     /:::::/ 」::::/    ',:::::::::::::f、:::.. '´ i::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::
             <        {::::/ /.::::/    }:::::::::::::', ヽ:`ー:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::
            /:::::ヽ      |:/ /:::::/     ',:::::::::::/ヽ  `ー:::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::
             /.:::::::::::.'.     |' /:::::/     ,へ}:::::::/  \  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }::::::::::::::::::ヽ:::イ   /.:::::/     /.::/}:::::::::\  ヽ`:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            r 7::::::::::::|',::::::::',:::ヽ /::::::/   ...::´:::::://::::::::::::::::`ヽ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            | {::::::::::::::| ヽ::::::ヽ:::} {::::::::: ̄´::;イ:://::::::::::::::::::::::::ゝ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          }トヽ::::::::::',  ヘ::::::::::i |:::::::::::::::/ /::. 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |::::', }::::::::::ヽ }:::::::::| |::::::::::::::| /.::::.ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ハ:::ヽ::::::::::::::ヽ!::::::::| |::::::::::::::´::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /{   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この日より、やる夫の任務はNKVDの総力を挙げ、ソ連人民最大の敵である“トロツキー”の排除となったのであった。





第七話 粛清の嵐 完



809 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 22:17:37 ID:w1xrnMko0 [117/117]
投下終了です。


810 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/10/25(金) 08:01:49 ID:PFoRIj9A0
乙でした。
粛清されるかされないかの当落線上は辛い……

811 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/10/25(金) 21:29:38 ID:d876i9tE0
乙でした
もう何が正しくて間違っているのかわかんねぇな

812 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/10/25(金) 22:51:45 ID:gkj9RSMM0


大粛清は免れたけど、指導者が代替わりしたときに酷い目にあったのか

813 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/10/26(土) 06:10:46 ID:rUKP1f5Y0
>>789-792
世論を煽って放置するみたいなことをスターリンはしていたということか

>>803-805
自分のポジションが確固としたものになったという安心感がスターリンにあったのかな

814 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/10/27(日) 12:21:36 ID:KmBezrxM0
>>769 >>789
密告鵜呑みにして拷問して吐かせる
それしかできずに調査能力なかったのかな?

815 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2019/10/27(日) 22:25:39 ID:NdYMdz6U0
>>811
あの時代では、何が正解か、間違いかなんてわかりませんでしたからね。
その日は白だったものが、次の日には黒になっているなんてのはざらでしたし。

>>812
少なくとも、やる夫の場合はエジョフが昇進や叙勲関係にサインしていれば、間違いなく逮捕・銃殺コースでしたね。

>>813 >>814
このあたりは赤い皇帝スレを読んでいただくとよくわかります。

816 名前: 名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2019/11/02(土) 19:18:32 ID:XK/btwYg0
この時代とソ連崩壊直後のマフィア横行のロシアとどっちが大変だったかな?

抗争や犯罪の死傷者は多数いたようでも
一般人も大勢巻き添えにしたスターリン時代よりかはマフィア資本主義期の方がマシに決まってるか
スターリン時代は農村も餓死者であふれていたからなあ

817 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2019/12/08(日) 06:21:02 ID:kbV4o88.0
このときのやる夫の立場ならトロツキー暗殺にまい進するわな

818 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2019/12/14(土) 21:34:50 ID:QO3Op9960
こんな事ばかりしているからロシアは野蛮だのと西欧諸国からいわれるんだよな。

819 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2019/12/19(木) 17:33:02 ID:VGjrgBJ.0
国土広いけど人口は1億8000万ていどで民主国家は無理というほどでもなさそうなのだが

820 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2020/01/12(日) 12:49:57 ID:z44Nz7zo0
帝政ロシアの皇帝でさえ暗殺されてたからな

821 名前: 名無しのやる夫だお[] 投稿日:2020/05/15(金) 20:50:58 ID:hmnTN8H60
結局帝政ロシアでもソビエトでもロシアの権力者がやることは暗殺、陰謀、粛清の
三拍子なんだなスターリンも晩年ベリヤやフルシチョフに見殺しにされた説もあるし。
別のエターしたスレで海原ルーズベルトがソ連を日独と並んで野蛮国と罵倒していたけど
納得する。
こんなスパイを各国に送って破壊工作している国なんざナチスドイツと共倒れさせたれとアメリカ国民
は勿論の事アメリカ政府も本心ではそう望んでいたんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する