お客様へ


・記事をまとめさせて頂いている、掲示板の管理人様及び、作者様へ
 ご要望がありましたら対応致しますのでご連絡ください。

※まとめ中の作品のみ更新をしています。

「水銀燈は体で返すようです ( 仮 ) 第3章 15」が抜けていましたので修正しました。
この度はご指摘ありがとうございました。

水銀燈は体で支払うようです ( 仮 )と、続編の水銀燈は体で返すようです ( 仮 )
十二国記等の作品が有名な小野不由美先生原作のやる夫作品になります。
人の怨念に焦点を当てたホラー作品です。深夜に見るのがオススメです。


・スマホ(Android)の標準ブラウザに対応しました。
 ページ閲覧時にウェブフォントのダウンロードの可否を求められます。
 問題はないと思いますが、自己責任にてご判断ください。

 参考:Textar Font様 http://font.textar.tv/

・iPhoneの方はこちら⇒やる夫まとめリーダー FREEorモバイルやる夫Viewer

・当サイトのアフェリエイトに関する記事を作成しました⇒アフェリエイトについて

※AAがずれて表示される場合は『IE10(表示→拡大率100%)』『Firefox(表示→ズーム→リセット)』『chrome(拡大率100%)』に変更してみてください。

・各作品はレスの削除等の編集、作者様による誤字修正に関しては事前に変更を行っています。そのため、レス番号が前後している場合があります。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2024/03/26 21:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(15)

やる夫が正史を書くようです 各作品リンク集



作者様(◆ZXqVVWPHtc氏)のテンプレより
【主要参考資料】

 ●正史三国志1~8 ちくま学芸文庫
 ●中国の歴史03 ファーストエンペラーの遺産 講談社
 ●中国の歴史04 三国志の世界 講談社
 ●中国の歴史05 中華の崩壊と拡大 講談社
 ●図説中国文明史5 魏晋南北朝  創元社
 ●三国志 正史と小説の狭間 白帝社
 ●西晋の武帝 司馬炎 白帝社

【お約束】

※やる夫(陳寿)が『三国志』を書くのを生暖かく見守るスレです。

※基本、正史三国志準拠のフィクション・やる夫スレです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 三国の軍事力 第6話 幕間 第7話 第8話 第9話前 第9話後

三顧の礼 第10話前 第10話中 第10話後 第11話 第12話 幕間 人物紹介 第13話 番外編

第14話前 第14話中 第14話後 第15話前 第15話中 第15話後 第16話 貨幣 第17話前 第17話中

幕間 第17話後 第18話前 第18話中 第18話後 第19話前 第19話中 第19話後 第20話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第21話前 第21話中 第21話後 幕間 第22話前 第22話中① 第22話中② 第22話後 番外編

第23話前 第23話中 第23話後 第24話前 第24話中 第24話後 第25話前 第25話後①

第25話後② 第25話後③ 第26話 第27話前 第27話後編 第28話① 第28話②

AAで語る世説新語 第28話③ 第28話④ 第28話⑤ 第28話⑥ 第28話⑦ 后妃伝 第29話前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第29話中 第29話後 第30話前 第30話後 第31話① 第31話② 幕間 第32話前 第32話中①

第32話中② 第32話後① 第32話後② 第33話① 第33話② 第34話前 AAで語る世説新語

第34話後① 第34話後② 第35話① 第35話② 第36話 第37話① 第37話② 第38話① 第38話②

諸葛瞻

蜀の滅亡
第39話① 鍾会 第39話② 第39話③ 第39話③-2 第39話④

第39話⑤-1 第39話⑤-2 第39話⑤-3 第39話⑥-1 第39話⑥-2と番外編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

番外編 臧洪伝① 臧洪伝② 臧洪伝③ 臧洪伝④ 臧洪伝⑤

第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話 幕間 第49話

第50話① 第50話② 第50話③ 第51話① 第51話② 第51話③ 第51話④ 第52話① 第52話②

おまけ 第53話前① 第53話前② 幕間 第53話後① 第53話後② 第54話① 第54話② 第54話③

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

虞翻伝 第55話① 第55話② 埋めネタ 第56話諸葛亮集① 諸葛亮集② 諸葛亮集③ 諸葛亮集④

諸葛亮集⑤ 諸葛亮集⑥ 諸葛亮集⑦ 諸葛亮集⑧ おまけ 第57話① 第57話② 幕間

第58話① 第58話② 第58話③ 第59話① 第59話② 張尚 第60話① 第60話② 幕間 管輅

第61話① 第61話② 第61話③ 韓寿 第62話① 第62話② 第62話③ 孫楚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第63話 天下統一
天下統一 壱① 埋め 羊祜 李密

天下統一 弐① 羊祜 とある石碑

天下統一其の参① 書物 反省会 文立

天下統一其の肆① 行方不明になった賈充

天下統一其の伍① 呉の風景

天下統一其の睦① 周浚 登場人物短評

天下統一其の漆① 幕間 埋めネタと人物短評

天下統一其の捌① 孫皓と康僧会 民間宗教:魏

天下統一其の玖① 幕間

天下統一其の拾①
孫皓 AAで語る世説新語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第64話① 第64話② 第64話③ 第64話④ 賈充の妻 潘岳 第65話① 第65話② 第65話③

第65話④と幕間 第66話① 第66話② 第66話③ 第66話④ 第66話⑤ 荘園 麋竺 家政婦は見られた

第67話① 第67話② 賈充の評価 第68話① 第68話② 第68話③ 第68話④ 王渾の妻

第69話前① 第69話前② 大秦 河東裴氏 閑話休題 第69話後① 第69話後② 第69話後③ 

第69話後④ 第69話後⑤ 第69話後⑥ 第69話後⑦ 第69話後⑧ 第69話後⑨ 西晋の士大夫 裴楷

第70話① 第70話② 第70話③ 陶侃 杜預 第71話① 第71話② 王済と劉聡 第72話① 第72話②

闇解と神解
強盛たる荀勗 第73話① 第73話② 第73話③ 陸機の旅立ち 笑いが一番

印象に残ったシーン 第74話① 第74話② 司馬炎 潘岳 第75話① 第75話② 施しの流儀 第76話①

第76話② 王済×孫楚 第77話① 第77話② 陸家の兄弟 第78話① 第78話② 第78話③ 地獄の入り口

西晋名臣列伝? 第79話① 第79話② 裴楷 第80話① 第80話② 梁王司馬彤 華佗伝 第81話①

第81話② 周処 王衍 第82話① 第82話② 違いの分かる男 左思 第83話① 第83話② 第83話③

晋王朝の新たな光 孫秀 第84話① 第84話② 賈南風 第85話① 第85話② 第85話③ 緑珠 第86話①

第86話② 司馬穎 人物短評 第87話① 第87話② 第87話③ 流民 王衍 第88話① 第88話② 顧栄

張華 第89話① 第89話② 幽州 州区分の変遷 第90話① 第90話② 名将陶侃 第91話① 第91話②

人物評八王編 第92話① 第92話② 第92話③ 陸氏の兄弟 陸機 第93話① 第93話② 長沙王司馬乂

反省会おまけ 第94話 琅邪王司馬睿 第95話① 第95話② 皇甫兄弟の結末 第96話① 第96話②

張光 第97話① 第97話② 第97話③ 第97話④ 祝・八王編完 八王編人物短評① 八王編人物短評②

封地と任地 第98話① 第98話② その頃并州では 永嘉年間の士大夫 第99話① 第99話②

脂と呼ばれた士大夫 記録を残すのは大切 第100話① 第100話② 盛り上がって 王導 第101話①

第101話② 苟晞と王弥の最期 第102話① 第102話② 第102話③ 鄴を陥落 第103話① 第103話② 

第103話③ 長安の遺産 呂伯奢 第104話① 第104話② 怪僧仏図澄 第105話① 第105話② 第105話③

石勒あれこれ おまけ 第106話① 第106話② 第106話③ 幕間 庾亮 第107話① 第107話② 第107話③

第107話④ 第107話⑤ 第107話⑥ 外交はつらいよ 庾冰 第108話① 第108話② 第108話③

第108話 第109話 第109話 第109話

※作者様、本サイトを紹介して頂き、真にありがとうがとうざいます。
  もしご要望がありましたら気づき次第反映致しますので、ご連絡を頂ければ幸いです。



※各話の文章量によって、幕間を分けている場合とない場合があります。適当ですいません。
※『続きを読む』から主要参考資料の画像リンクを貼っています。
関連記事
[ 2024/03/12 00:02 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第108話②

520 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/25(日) 13:41:35.63 ID:iJwMTp990
【紀元351年8月 晋 豫州 許昌】


                                       /::/\:∧
                                       ∧/:|`Y丁:|  |
                                       | |  | |:::L」  ∧
                                       |  | ̄ |/|`'|: : : | |__,|ⅰ
                                       ∧  |癶_|_ | |=====  |ⅱ
                                 /,,,∧_|  | |⊥_|∧::i|∧__|八
                                   | | | |,| ̄|¨'|─:| ̄ヽ| ゙̄| | |ハ
                                   | | | |:|  | |  :|  |¨ ‐_| | |__|
                             _     | | |_|,| ∧ l  :|  |- ,_Ⅵ∧_| ∧
                       癶___∧_,,r|⊥i  |/ ̄ヽ| /:: :∨‐:|  |ヘVヘ|_|: : :|_|:::| xヘ
  癶         |     |    | |'^i'^i | | |  |ニ|_/:::ハ__∨| ̄~|  |  |VヘVヘ::::::::::|::::| |::::| ̄
 | ̄|_  _i!   ∧     /:',    | | | | | | | ハ ハ¨/::∨ ̄ヽ |∠ヽ [\__[]二::|::::| |::::|
¨¨¨,∧¨¨∧∧ ∧ |[]|      | |/二二 |ヘ  | |/∧\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人//
:¨ ̄|¨:| ̄| ̄|丁∧xヘ∧   | ̄     ̄/:::∨ ̄VV≧                             <
   | |  |  |::|/ ̄ ̄/__',__」,,...、、、-─| ̄..|「「-=ニ       我々は正気に戻った!         ≦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄| |¨|¨|¨|:||     _ ,-く ̄ ̄ ∧ | |≧                             ≦
 ̄{─‐ttュ_  リ|i_|i_|i_|」⊥-‐ュ_∠\:::_>:::::::// ̄ /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
: : }.:.:.:_二 ̄/ ̄ ̄i! ̄ヘ::_ -  ̄:::::寸´ |::::::://:::::/ ∨::::/ヘ::: \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
'''"´~ 从 _ム-,:/ ∨__∧::::ニハニハ::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}|¨/_,||\≧                             <
 从从;';',∧:::::::∨  |]/ .圦::::[]:::[]:/:癶::::::::癶:::::::::::/ |/_-=ニ    許昌を挙げて晋王朝へ帰順する!!   ≦
从;';';';';'ィ'  ヤ'"´|-‐ |/ _||_∨::::::::/:::| |i::::::| |i::::: /|i, ::|_||_ ≧                             ≦
;';';';';';';';'|「┌|  |r 「i|==| | |=ヤ=ァ゚::::: ̄:::::::::: ̄:::::∧゚|i,::| ___ /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
;';';';';';';';'|「┌|  |‐ ¨|==| | |==| 丁丁丁丁丁丁「「| 「:::| |::::| |「」|| /    ヘ | |`Y======| ̄|==

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .二年近くが過ぎた。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      冀州で冉閔と後趙諸将が戦に明け暮れていた時期だ。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .冉閔が劣勢になるにつれ、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         黄河以南の後趙の州刺史、加えて姚弋仲までが東晋に帰順してきた
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

521 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/25(日) 13:43:40.01 ID:iJwMTp990
【紀元351年12月 晋 首都 建康】

             γ:i:i乂:_」L二L」ム::::〃::r=ミヾ'
           {i:i:>``::::/::::::::::∨{l|:::込イ:)ii}
          У'"゚~ ̄"ヽ::::::::::人込,,_ニ彡′
             /:/::::::::′::::::∨/:/:}:::}:::l:汽:`'..、
            ′::::::::::|:::::::}::::} ヽ:'::/::::'::::}:',ヽ:::::\
         {:::|:::|::::::|:::l:::}ル|  ∨:::/::::/:::}   ,:::::::::',
           从{xzミ、:ト、リzz|ミ 彡::/∥」_  }::::::::::}     降伏してきた者たちの処遇を考えなければ
           l 杙ツ    ヒ|ツ √:}::::: 〈(⌒_,ノ::::::: ノ
           | ハ" '   ""|  .:{-イ:::∥:≧==-‐ ゛
           | 沁、丶    ノイ:_{/::/::::::::}\
           |   />‐.rfvYV_Y ::::/:::/::∧、::\
            {_/:/ :::://|/|/|∧//::/: ∧\::\
  >‐…‐<__////。s≦'/| >``::::´::/、: : ∧ \::\             λλi レ / /ニ=- ノ
 ′::‐:/  \`寸:|マ ̄∥/:::::::_。s≦||/||:、: :∧  \:::\           ㍉ヽξ- 、-‐''"iニ=-\>
                                             .; / ;:;:>___くミ;:;:;ミ
                                             /  ィ彳/tッ ;;:;: ミ
                                           / /`",'    ̄  /  /
                                           ,'/   ヽ      トイ、
                                              ∧ ──'´ /;:;:|、 ヽ
    現在、北伐に備えて、淮南で田を開墾させています        _,, ‐''" ',  ̄  // i;:;:,'  ヽ
                                          /   /;:;;:二≦/,;;:;:;:;;:∧  ヽ
                                         ヽ  /i;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,' ヽ /i_
                                       / ̄ ヽ   );:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,'  / |: : : : : : ̄ ヽ
                                      /: : : : : : : 〉、ヽ、;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;,'/: : : :|: : : : : :/: : : :ヽ
                                     /: : : : : : :/::::::ヽi;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,'::::\: : : : : : : :/: : : : : : ',

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      この間、会稽王と殷浩が北伐を行った記録はない
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
関連記事
[ 2024/03/07 18:39 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 第108話①

433 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/24(土) 21:34:02.61 ID:ZMptsCtt0 [1/58]

       、___>  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′       「やる夫が正史を書くようです」第百八回だ。
           ー',       _____       んソ
           ヽ   ´     `    :/´           当スレにおける本編の内容、
          __|\   `"     /             先の展開のネタバレ行為は禁止になっている。
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |            よくここまで来たよお前ら
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /
     .:/    !/!__ :/://  /
   . .:/    . ィ´  ∨:.:/   :/
   .:/   ノ  ヽーく_:./     :/ r――<___
      /   、___j:.:.:.. .   ├─<_____|

434 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/24(土) 21:34:55.79 ID:ZMptsCtt0

                           / :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.\
                        ィ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ
                           /ィ:.:.:.:.:.:/:./:/i:|'´ ̄ ̄ヾ.:.:.:.:}
                           |:.:.:.:.:/レ.{:/ |:|   __ .}.:.:/
                              \:.:.|. "|'ヽ.|! ‐''"   |ヽ′
                               (,ヘ! `ー‐ '  `ー‐ ' トリ
                               ヾヽ   i|_    シ′
                                `|  、 _ _  /;
                                 ,|\    / {
                            ,八 `ー─''゙  /\
                         ___イ  .ヘ       /  ./.‐- ._
                       _,..-ー''''゙゙_,..-' | /  ヘ  /´ヽ. ./ `ー-、`ー-、
                  ._r'ヽ_,..-ー''''゙゙    .レ'    ヘ/   ∨     `ヽ,_ ヽ
       ______/   ヽ                /             `Y \
      ´.""""""""""""""'''- ..ハ_             !O             / _⊥______
       ヽ,                `゙゙‐- ...,        !       ___,,,,,,.-‐‐'''"""゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙.`7
          !                   "'''- .._ !O _,-'"                         /
         .|                           ~゙'∨"                        /
          |                          !                         /
           .|                           !                           /
          ,人_                         !                         __,λ
          〔_,_t_)                      !                   (_j_,_〕
          〔__,_i_}                    !                    {_j_,__〕
          .〈__i_}                       !                       {_j___〉

                          晋 太原郡の人 孫盛

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     .
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       孫盛、字を安国。本籍は并州太原郡中都の人。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      『三国志』の注釈を語る上で外せない
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .『晋陽秋』『魏氏春秋』の著者で、他にも詩賦・論難等著作が数十篇ある
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
関連記事
[ 2024/03/07 18:39 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです おまけ 庾冰

395 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/17(土) 15:15:23.71 ID:FS+r53pu0 [1/23]

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|          part7          .|:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//                「やる夫が正史を書くようです」 おまけ
            | |    >:´|、  -  ,|`:<
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::| 
            | |     >-、\!  !/::,-< 
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、                 AAで語る世説新語
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::! 
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

396 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/17(土) 15:16:22.19 ID:FS+r53pu0 [2/23]

               , ---ミ─--<              \
             , ‐/ _   `丶、  `ヽ: : . . ._         丶
            / /    〕ト    \  jハ: : : : : : : . . .       ,
            / / / |  |  | | \   ヽ/ ハ: : : `ヽ、  : : . .     ′
            / / / |  |  | |  | ハ  ハ/ ;} : : : : : ::\   `     ,
           | | |  | 八 _ノノ_二_‐| /  ト. リ : : : : : : : : \      ′
           Ⅵ \/、  '´乂ツ j  .:| }i/: : : : : : : : : : : : ヽ      ,
           \__ヘ,f笊}      /  / |ハ: : : : : : : i, : : : : : : :..     ′
            / ハ`´、  _  /  / |  '. : : : : : : ゙i, : : : : : : ::.
            / /. .ヘ   '´   〈  /  l   } : : : : : : |: : : : : : : : :.    |   庾亮の弟です。
           / /: : :个s。   /ヽ  ト、  } : : : : : : :|: : : : : : : :..::.    |
           ⌒Y: :: : |   `´ }  ヽ | ``ーァー--ミ: : : : : |: : : :.   |   蘇峻の乱では、
             \: ::广ーァ‐イ   ∨_   / /   ∨ : : :| : : : :      兄が大変御迷惑をおかけしました
              ハ〈 /‐ 、  ,、-‐''" /  /      } : : : | : : : :   |
             r/,ィ´/         ,   /      /: : : : |: : : :
         ⌒> ´「| |ヽ   /     , ゙         /〉: : : : ′: :    /
        __/   ′ ヽ ヽ/__     /   V   / /: : : /: : :     /
        Y     { /¨ア´/ >  ´     ∨ /// : : : , ゙ : : :    /
        '.   \ V  /  ∠_'ー--       } / ′: :/: : : :
        ∧    ハ,/  ─、〉`ヽ、 ゝ    ,    /: :/: : : : :   /
        / ゝ: ._/  ∧ /⌒ヽ: : . \  . ::/   //: : : ::   /
       / /´   / ∨: : .  ゝ: : . . __, イ   / : : : :    /
      / /     。o≦^\: : . .     \   〉    ,.  '゙
      {    。o≦⌒/-、  \: : : . .    \ /_,.。o≦⌒

             晋 呉国内史 庾冰

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      庾冰、字を季堅。庾亮の三弟に当たる。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      庾亮は名声と徳義で人々を教え導き、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      庾冰は平素からその気風を伝えていた。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         他の弟たちは礼を好まなかったため、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          世論は庾冰を重んじ、庾亮は彼を庾氏の宝と見なしていた
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

397 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/02/17(土) 15:17:56.79 ID:FS+r53pu0
【王導と庾冰@『世説新語』『政事篇』】

  {::::.\::::::::::_;. -‐'    / -‐::::::::  ∧::::/ ∧::.\::::::ハ
  \:::::::ヽ::::ア     //.::::  ‐-ミ   V  jう トミ:::Y:::::{/
    }::::::::∨ -‐ ¬く::::::イ   ==rく    ア }::::::.`ヽ:/.:.:.:
   人:::::::/ _ ,......::::く` ゙Y人〃   ノ     レ /::::\::::/.:.:.:.:       今日は暑い。
  (:::::::ミ=\ ,ィ  __ヽ ∨ ト-‐      }  r《∧::} ∨.:.:.:.:.:
    ー-ミ三iヽ 〃⌒}∧ ∨ ヽ.       /  | ヽ}/∨.:.:.:.:.:.:       少しは手を抜いてみてはどうです?
        ∧ ゙ト-‐ヘ:::::.、>‐-》        | ノ ,′.:.:.:.:.:
         /.:.:.\、   V , _ア      _,  ,′  '.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /.:.:.:.:.:.:.`丶、 `  _  -‐   ̄   /   |:.:.:.:.:.:.:.:
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ / ,......::::7   /    .|:.:.:.:.:.:.:.:.:
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        /     |_  -‐…                  〃  X⌒     ヽ
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /        |:::::::::::::::::                ψ j{//      ヽ ハ
                                                     {l l{/   /  ハ l}
              晋 司徒 王導                            /{l キ_彡'__彡'乂} l}
                                        .           《 {l  ヤ《げ` { げ》} l}
                                                    くヤ  \   〉  ソ l}
                                                  _    /、 -  ヘ  √
                                                 i{ ̄   / |` イ   ∥
      あなたのように物事を投げやりにするのも、                 》 /V/l \/l\ }/
      世間では良い事とは思われていないようですよ              _,,.    ´}l { /\}l {`   .,,_
                                                {l      }l l{/》ー《}l {     l{
                                                {l \    }l キ  √ j{      l{
                                                / }l \l{  }   ヤ  ∥ l{ ヘ/V {
                                               }l   l{  \    7  / ̄ ̄} l{
                                             ∥ }l   l{   < \∨ / >     } l{

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      生来潔白で慎み深く、倹約を常としたと『晋書』『庾亮伝』は記す。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      兄庾亮と同じように真面目な堅物だったのだろう。
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .秘書郎から起家し、
    `ヘ:ゝ    .'    小/         王導に請われて司徒右長史となり、呉国内史に赴任した
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────
関連記事
[ 2024/02/22 13:56 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(0)

やる夫が正史を書くようです 幕間 外交はつらいよ

339 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/01/21(日) 22:15:29.53 ID:LbbCqLi70

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|          幕間          |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//             五胡十六国時代は、
            | |    >:´|、  -  ,|`:<            .三国時代より外交が活発に行われた
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::| 
            | |     >-、\!  !/::,-< 
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!

340 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/01/21(日) 22:17:18.22 ID:LbbCqLi70


     _,/ ̄ ̄` ̄\
     / /二◎二ヽ ヽ\
    / ルノハヽゝ,ハi 〉 .i
     iv、!●  ● i i' 〈
     lリ〈  ワ   i i' リ      石勒を討つための兵を用意しないと(使命感)
    _iハ`ーゥ  t-ノ i  〈
  ヒ/」」」.l/リl ly ,ィリヽ、  ヾ
   | l | / `.lシl==j  \  〉
   | l ,/ー、{::::::::::/ー、! \                   \‐、_       _,、-──-/◇:.//
                                   ◇ \`''-、_/: ,‐┐ ̄ ̄`丶/`ヽ、
     晋 司空 劉琨                     \◇ |: :/|: : /::::/ |∨: : :\: \: : :\
                                     | ̄口_|:.:/::::/.:/:::|:|\: : :\ \: : : \
                                     |__/: : :/:/: /:::/.:|  \: :.:::|: :\: : : |
                                    / /: : /:/: : :// ´| ̄ ̄ヘ : |: : : :\:ノ\
                                    ∨_//ィ'゙| ̄: : /: :/  __V: : :.:| ̄: : : : `丶、
                                    〈|  ̄: : /|∧:.:/|/yf灯 | ̄√: : //: : : : : : : : \
                                    /:|: : : :.::しィ笊''     Vリ イ: ::/: : :/: : : :.:|: : : :.:\
      劉琨の旦那。                    /: :|人: : :込Vリ  ,       ノ/: :.:/: : : : : : :|:. : : : : : ::.
                                  .|: : : : |\: :\_         /: :./: : : : : : : : /: : : : : : : :|
      ちょっといい話がありまして            |: : : : \: ^'マ"´   ‐r‐ッ''  |: : :/ : : : /: : : :/ : : : : : : /
                                   |: : : : : : \: :.``丶、└「ヽ. |:/)ヘ: : /: : / : : : : : : /
                                   |: /: : : : : : `ー--ミ:ト--:| |///〉: : : /: : : : /)/
                                   ∨: : : : : : : : : : \: :\ |   / /ヽ: : :|/: : (__
                                    \: : : : : : : : : : .∨∨¨\     /: : ::|/\___/
                                      \: : : : : : : : :/¨/ / //\/ ヘ: : : :\ニ=ー-ミ

                                       段部 撫軍大将軍 段匹磾

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       何故かと言えば、
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      単純に外交の必要性が増大したためである。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       .
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      晋王朝は劉聡・石勒打倒の軍事力を欲したし、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      各地の有力者は自身の正統性を得るために東晋に接近した。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         故に東晋の使者は各地へ赴いたし、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          各地からの使者は東晋の首都たる建康に集まった
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────

341 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2024/01/21(日) 22:17:57.31 ID:LbbCqLi70 [3/36]

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`               今回の幕間は、
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ- 、             そんな外交に携わった人々の話をしたい
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ 
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ 
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`