やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 各作品リンク集


                                〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉  ⌒V r‐‐┘
                                    } {    .} {______,,} {   .}└‐┐
                                    } {    .} 「⌒”¨} {   .} 「 ̄
                                   ノ_ハ   ,乂_{    ルj  ,乂__ ̄”ア

    ヘ     ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉     ヘ      ,ィ''”㍉    ,ィ''”㍉  └┐r┘   r‐v  .r=ァ    ヘ   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕 └┐r┘   -=ミ  .  r‐v  .r=ァ
   /∧    乂  ′  乂  ′   /∧     乂  ′  乂  ′    } {    } iⅥ } {    /∧      } {      } {   //⌒ヽ.V. } iⅥ } {
 .//=‐Ⅵ      `'*,     `'*,   //=‐Ⅵ      `'*,     `'*,     } {    } {. Ⅵ.} {   .//=‐Ⅵ    } {      } { .  { {   .} }. } {. Ⅵ.} {
 //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  //    Ⅵ  .乂____,,))  .乂____,,))  . rく.└ァ. ..ノ_;  ⅥI{  //    Ⅵ   ノ_ハ    . rく.└ァ 乂-=彡'... .ノ_;  ⅥI{

                                    -=ミ              ⌒V r‐‐┘
                                 //⌒ヽ.V              .}└‐┐
                                .{ {   .} }              .} 「 ̄
                              .   乂-=彡'′            _,ノ_」

                   〔i⌒Ⅵ!⌒i〕  Y'7   マ^〉      -=ミ    〔i⌒Ⅵ!⌒i〕   ,ィ''”㍉   ^V 「 ,.イ)  <\   ノ)
                       } {     .} {____,ノノ     //⌒ヽ.V       } {     乂  ′   } .k'_/     .ヽ` /
                       } {     .} {=ヘ∧     .{ {   .} }       ...{ {        `'*,    } .ト、\_     ..} {
                      ノ_ハ     .} {   Vハ、.    乂-=彡'′     ノ_ハ     .乂____,,))   _乂__〉 \_j    .}_{



こちらは作者(NH ◆aYcZxkkPoM)氏の各作品リンク集です。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです

プロローグ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 閑話前編 後編 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

※管理人注釈:青少年に相応しくない描写がありますので、ご注意ください。

やるやらは銀行を襲うようです

第1話 第2話 第3話 第4話 外伝やらない夫 やる夫

やる夫はATFの潜入捜査官のようです

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

※まとめカテゴリーを「オリジナル」⇒「歴史」に変更しました。
 ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト



やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第8話計画の始動

826 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2020/10/03(土) 20:58:44 ID:9wAsdGb60 [2/63]
第八話 計画の始動



                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ 
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ

1939年3月、やる夫・スドプラトフは国家保安総局対外情報局部長代理(副課長)に任命された。
メキシコのトロツキーに対する新しい工作の責任者となり、ルビヤンカの7回、735号室にオフィスを与えられた。
偶然にも、そこはかつてやる夫が敬愛するスルツキーが使っていたオフィスでもあった。

827 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2020/10/03(土) 20:59:22 ID:9wAsdGb60 [3/63]

                     __
                  。s≦╋┼╋≧s。
                /╋┼╋ >――― ≧ 、
               /╋┼╋ /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                !┼╋┼ 'ー ≦s。::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              _>╋┼ ╋ァ-、-≧s。:::::::::::::::::‘,
             /x≦≧=ァ ´ X´  \\ `ヽ≧ 、::::::::::!
            `´ / ァ'- ´x笊ミ  ≧\ \\}:::::::;
             / ,xf笊)   ‘¨ >s。  \ \',:/  昇進おめでとう。
            /   /   !、     /イ > 、  ∨ ヽ
            ,>‘,   '.   ∧ r 、  /イ/!ヽ ヽ ',\ \  でもやる夫、私は貴方が下級工作管理官のままのほうが良かったわ。
      ,  ´   ≧s。\'  ヽ -'  。s≦ _」_ \} }  \ \
     /        _,ィ`ヽ Y 介≦ィ> ¨マ;`ヽ:::Yノイ _ `ヽ  ヽ
    /     -==≦´,(_二ノノ-//:/   マ; ∨!―― ≧s。   ‘:,
    ≧s。            ̄  /!/     }:|  {ノ       `ヽ ‘
          ≧s。   _ r'ィ/{  _    .}:!_,       ,/ ', }
             >:::::/イ::',イ ∧ /ァ:--∨      !(-_ノノ

エマは一時的な措置とはいえ、これ程急に実行部隊の長に昇進すれば、やる夫に対する弾劾の根拠になるだろう。
そのことを鋭く察知していた。
やる夫は人民の敵ではなかいが、嫉妬深い仲間の敵であった。
粛清が行われている間は、こんなことが弾劾の対象になるのが普通だった。

828 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2020/10/03(土) 21:01:22 ID:9wAsdGb60 [4/63]

                     ____
                  /´    _   \
                /゙\, 、/´    \       ____
             /( ●)  (● )   U \   /  ̄ ̄ ̄ \
             i  '"(__人__)'"´´     | /           \
  < ̄ ̄`\    \  `⌒ ´        / /            ヽ
    `ヽ、  \     ゝ ``、 ´"r r r‐、'⌒ヽ/_                l
       ヽ、  ヽ、 rrr‐i´ ̄ ̄`ししじ ̄ ̄|`丶、             │
        \_/UJJ              |    \          |
           |´                  │      ヽ         |
           |                 |             _j
           |     ,、,、,、,、         │        ヽ/´ ̄
           |      |:::::::::::| _________,|         /
           |      |:::::::;斗'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ        /
          │     .、!≠:::::.\        ヽ     /
          |   /´ \::::::::::.\         丶     /
          |_ /     \::::::::::.\       '、  /
         ¨´ ̄ ̄ `ヽ、  \::::::::::.\        /
                 \  ヽ:_::::.>―‐- 、V
                  ヽ/
                __________ _
           ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄

事はものすごい速さで進み、有無を言わさずやる夫を押し流していった。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第7話粛清の嵐

693 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2019/10/24(木) 08:13:58 ID:w1xrnMko0 [1/117]
作者です、待っていてくださった方がいてくれてうれしいです。
急ですが明日予定が入ったため、本日投下します

694 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:09:26 ID:w1xrnMko0 [2/117]
そろそろ投下します

695 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:13:48 ID:w1xrnMko0 [3/117]
大変長らくお待たせしました。投下開始します。


第七話 粛清の嵐



             ∠二二二二二二二二二二二二二二二二二二.二.二ヽ
             |../   .,' |  O   (fi二二!     .| ',   ヘ O !Oミ彡ヾi,
.___           |.'    ,' i._____l.l_____| ',     ヘ ! ̄ ̄ ̄'!i,
__/i           /    .,'  !i圭圭圭圭圭圭圭圭㌢.li .',    .ヘ|      .ヾi,    ___
i:i:i:i  i         /    ,'.... il圭圭圭圭圭圭㌢   . _,,,:li  ',    ..ヘ     .ヾi,   .i\__
i:i:i:i  i       /      ,'. ...il圭圭圭㌢   _,, :rー''¨´  .i  ',    . .ヘ    .ヾi,   i  i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i. ...i      /      .,'......i㌢  _,, :rー''¨´         .i  .',    . ヘ     ヾi,....i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i. ...i       ./      ,' . irー''¨´              .i   ',     ..ヘ    ヾi,..i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i......i     . /      .,' .....i                  ..i  ',       ヘ .  ヾi!.....i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i......i    ./      ..,'   i                    i ....',        ヘ    i ..i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i   ./      .,'  i                      i  .',       . ヘ   i  i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i ./      ,' ....i                     .i   ',        ヘ  i ..i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i./      .,'   .i                       .i .   ',      . ヘ.i......i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i\     .,'   .i                         .i   .',      ./i  .i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i   i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '.,i..... i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i   i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三.i   i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i /|   .,'  .i                            i   ',.... ..  i':, !.... .i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i' i   . ,'..... i                           .i    .',  ...i . i  i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i . i  ,'   i___________________i   .',   .i....i ....i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i .! .,'   i          _,,,,,,,,,,_              i    ', . .i....i... ...i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i. . . i .!..,' .. i       ,r ''ニ一''''''''''''ーニ''ヽ,           i     .',. i i  . i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i. . . i .i,'..... .i─────{'´          `ヽ}.─.─────‐i     ',i i   .i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i .,'.....  i         ヽ、          .ノ            i     ..',. !..  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i,'   i          `'' ー---一 ''´              .i    ',i.   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i


1938年、ソ連中に不穏な空気が流れていた。

696 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:14:34 ID:w1xrnMko0 [4/117]


     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:././:.:.:.:.//:.:.:./   ヽ:.:.:.:ヽ .ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ ./:.:.://:.:/       ヽ:.:.:.l  .ヽ:.:.:.lヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.l
     l:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./  _,/:./‐//-、     ,.-ヽ:.l‐-、 ヽ:.:l:.:lヽ:.:.:.:ヽヾ:.!
     l:.:.:.:.:.:.:./イ  //'´  '´   `       .`:!  `,ヽ:l:.:l ヽ:.:.:.:.l .`:!
     . l:.:.:.:.:.:.´:.:.l .┌――,――‐、‐┐___┌―‐、-‐┐!:.l .ヽ:.:.:l
     . l:.:.:.:.,--、├‐|   .(   o ) . |―――‐ ! o  )  l | l:.l  ヽ:.:l
     .l:.:.:/ /ヽl:.l . |   と===つ  |      .!と=つ l .| l:.l   `:!
     .l:.:.:l l  l:.:l . \_____/       !___/ .!'
      l:.:.:l l  l:.:l          .l       !    .l
      l:.:.:.l l  ',:.l          l  ,     !     l
     l:.:.:.:l ヽ ',l    ,  _  ヽ_____/、    l
     l:.:.:.:.:\ ゝ_i   / ./           .ヽヽ .l
     . l:.:.:.:.:.:.:.`フ‐   | ./              |  /
     . l:.:.:.:.:.:.:.:/ .ヽ  ! | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ .| /       もう、おしまいだ……
      l:.:.:.:.:.:./   ヽ  .|`―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐' .| /
      l:.:.:.:.:./    .ヽ  .!     ―――      /
     /l:.:.:.:/     ヽ               /
    / \/       ヽ"〃          ヾ゛/
  /    \       ヽ〃〃〃〃〃〃〃〃
_/       \        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヽ

697 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2019/10/24(木) 21:15:03 ID:w1xrnMko0 [5/117]


                r-、__
               / / ,' ヽヽ
                / /ヽヽ_ノ/
           / /〃/ /
            / /〃/ /
             / /〃/ /
         / /〃/ /
         /\〃/‐-!
        ム/ /ヽ}  }l
       /7ァLゝL/〈ヘ/ノ
     ./// /フ77,.ヘ==〉      ガチャ…
      /ヽ' / ////こ!} } )
    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、
    /      _// /__)
  /   _∠「フ/ / ̄/
 ,/   ̄     \ノ、
| 、  -───‐ 、ヽ
|      ,. -‐─- 、ヽ〉
|  i         \>

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 第6話ベリヤ-グルジアの怪物-と粛清の影

595 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2016/07/23(土) 21:02:23 ID:zEoNtHS60 [2/59]
長らくお待たせしました。投下開始します。


第六話 ベリヤ-グルジアの怪物-と粛清の影



1938年8月

                         _    _
                        |"   |"                        _
  ___┌_―_‐_┐________|___」________rェェェェェュ___f二二l
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|                         _三_                         |―_|
三|  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|_____________ l二二二二二二二二! _______ _____|__|__
______________||_]|__|__|__|__|_|[_ ||_______________|
=========================‐ '´       └―――‐ ` ー===========================‐'
 __   __/  /三三/  __   __   __   __   __   __   __ 
  ̄ ̄    ̄ ̄ ./三三/  / ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄


やる夫は帰国した翌日、ルビャンカのNKVD本部に赴いた。

596 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2016/07/23(土) 21:05:54 ID:zEoNtHS60 [3/59]

               __    __
            _ヽ:::::`´:::::::::::::`ヽ、
           ,>:::::`:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ァ::::::;ィ::i::::ハ:::i:::;ィ:::、::::::::::l
              イ:::ノlハノjノニ}ハ{ l;ハ:::::::::::|       同志やる夫、おはよう。
           lイニ'_‐-i ┌_''ニ"-ヘ:::::::::|
               F:f==。iー:f::=。=テ:元「ヽ:|        同志ベリヤがお待ちだ、一緒に来い。
             ト::`ニ/ ̄ヾ::ニ´:ノ :||^リ:ト、
                l. r‐|  _┐ー- 、 :lレ':::| \
               /l l r`──‐┐ | ∧:::::|   ヾ''‐- 、._
       _,, -‐''7 l., , ̄二¨ ̄, , /  ヽハ    |‐- 、.._ ``'''‐ 、.._
.  , -‐''"´_,, -‐''7.  `ァr───‐'´  ./|:|.    |    ``'''‐ 、.._ ,>、
.  /l ‐''"´    /    |::|.\:::::::::::  /  |::|     |        /  ヽ
  i |.       /     |:::|   \ /   |:::|   │        l    l
. |  l      二ニ=-|::::|    /ヘ    |::::|-=ニ二_        |     〉
 ハ  |      ヽ.   |:::::|   ∧::∧    |:::::|     /        |   /.〉


         ____
       /   u \
      /  /    \\    え…は、はぁ…。
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |  (ベリヤ……あのグルジアの怪物が…?)
    \  u   `⌒´   /


1938年、NKVDは権力のパワーバランスが大きく変わっている最中であった。
やる夫のいない間、権力構造が大きな変化を見せ始めていた。
5話で述べた通り、38年はエジョフと関わりのあった者や、それ以外の者にも、例外なく死神の足音が忍び寄っていた。

597 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2016/07/23(土) 21:06:55 ID:zEoNtHS60 [4/59]

            __,,......,,___
       _,,、γ '" ̄      `ヽ,
     ./´ 〃         _,,ノヽ
    i  / /   _,,ィ〃〃"´ ヽ、.i
    | /. /   /        ヽ|
    | 〒   /         ,_ヽ!
   . ! ||  /   __    、=;;".リ
    ヽ. !l  |.  ,〃--ィ   ,' .u,, リ;
    . iっ~`'!.|   ィ" !)    ,、_"   レ  ま、待ってくれ! 同志スターリンに電話させてくれ!
     l ニiヽソ  ,,;` "   .,,`)  .i
     ヽ ヽリl  u      _,,.、  !  これは何かの間違いだ!
     彳Tヾ ヽ..  u   '´ _   ノ
    / ヽ.!、,,` ヘ,,,、      ィフ`~`"'==ぃ
    / 、.|\, " ヽ!ヾ、`"'ニ"´彳iい    //


1938年5月3日、やる夫一家の良き理解者であったスタニスラフ・コシオールが逮捕される。
彼は、1938年にモスクワへ栄転し、ソ連人民委員会議副議長(副首相)とソ連人民委員会議付属ソヴィエト統制委員会議長を
兼任していたが、NKVDに逮捕され翌年銃殺される。

やる夫はトロツキー暗殺の指揮を執るようです 閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-後編-

531 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 21:44:56 ID:pfiFhv5Q0 [2/34]
投下開始します。

閑話 A.M.オルロフの軌跡-スペインの金を運べ!-後編-

                        ,..-‐=
                 _ -‐-..、 ,ィ;´=-‐三=、
                 , ィ´¨`:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.://.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.ヽ、__
               〈:./:.:/.:.:.:/:/``ヾ:.l、:.:.:.:.:.:.:.:.:li:.:.:.:.:.:.:、ノ
              /:.:/.:.:.:〈:/    ヾlヽ、:.ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.トヽ
              {:.:.|:.:./ {     `  ` 丶:.:.| lハ、:.:lリ
              l∧l/l  ____,i} |l 、___ヾ__  ソ、
                  /7ヽl  ィ t-ァ、 ′ `` ィ t-ァ-、 l }i
              ヾ  ハ   `¨´‐' ヽ 丶 `¨´  ハ ./
               \`゙!        l       l_ノ       (これは共和国のために、必要なことなのだ…。)
                 `':ヽ              l:|
                    _l:.ヽ      ` ´     /:/
               _/ ̄: :乂リ\   -― ‐- /l/‐‐-、r―‐-、,、
            r=≠r´{: : : : : : :r l   \     / ,ヽ: : : : ヽ:::::::::i {
         |、 \{: :ヽ、: : : : :|―- _` ―‐'i-―=二i: : : : :/丶/ ハ


ネグリンは1936年9月13日、ソビエトへ金を輸送するための機密指令に署名した。
ネグリンのこの行動の速さ故、当初、金の輸送はオルロフから持ち掛けられたものだという歴史家もいたが
実はネグリンこそが、ソ連へ金を輸送することを提案したのではないか、という歴史家もいるのだ。


532 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[sage] 投稿日:2015/12/01(火) 21:51:52 ID:pfiFhv5Q0 [3/34]

                 ___,ォ冖'+............-,,,,_
               ./" ̄         ^゙''''''""`ー冖-‐'‐ュ
                !l                    ^゙''+-.......+-....
                ├__                          冖宀‐"ll
                 ̄└---┐                        __ィ廴,,
                      _フ                      __ノ" ̄ ̄
                     イ        ●            ノ''"´
                     亅        ○マドリード      ィレ
                     l!                    ノ’ 
                    _..ノ                   丿
                    l,,                  ヘ 
                    丿                  \ 
                    l                   /´
                    _ノ                  ノ
                 │                 _--/
                   └ヘ_              l'´
                      ヽ     ,..---..--..-‐/
                       ヽ_  ノ' ̄
                        ゙'''"
●ファシスト軍

しかし、当時の状況下では誰も正常な判断をできるわけがない。
フランコ率いるファシスト軍は、すでにマドリードの116キロ手前に駐留し、それらを排除するための共和国軍の攻撃はすべて失敗に終わっていた。
猶予は時間がたつにつれ、徐々になくなっていった。
こうして、ネグリンはラルゴ・カヴァレロ首相とインダレシオ・プリエト海・空軍大臣らと協議し、指令を発令した。


533 名前:NH ◆MHTWiL/Qbg[] 投稿日:2015/12/01(火) 21:59:18 ID:pfiFhv5Q0


内容は以下のようなものであった。

┌──────────────┐
│                      |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ ========.        |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ =====.              |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  =========.       |
│                      |
└──────────────┘



共和国大統領は、9月13日に以下の機密指令に署名された。

軍の反乱によって国内で発生した異常な状況を鑑み、共和国政府は、スペイン銀行の公的信用基金として保管している金を保護するため、必要と考えられる全て予防措置を採用することを命じる。
この指令の性質のため、内容・詳細は重要機密事項となる。前記の考慮点に基づき、閣僚会議は財務省の提案を採択し、ここに次のように命じる。

第Ⅰ条:財務省はここに、必要であると認められる場合、最も安全である保障が得られる場所に、スペイン銀行本部から金・銀の輸送を命じる許可を与えられる。
第Ⅱ条:政府は、スペイン国会に対して、適切な時期に命令の責任を負う。
  マドリード 9月13日 1936
                      財務大臣   フアン・ネグリン