やる夫が正史を書くようです 幕間 陸氏の兄弟

183 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 17:56:50.22 ID:2Saxv5920
【幕間】





           /|
        /  |      _                ,,
       /   |  , '′ ̄ .ノ         ,、    //
        {    |/   /     ,_ _,,/: :!、_ ,. :': :<、
     ,, .‐ゝ.,, _'"!,-‐<   ,. : : : : : : : : : : : ヘ: : : : : :: : : ̄`゙: ヽ、
   /: : //: : : : :i、: ̄: : `゙/厂|: : : : : : : : : : : :ハ: : : : : :\ニニ=ー     >>1ッ!
 ,. :': : : : :": : : : : i:/| ヽ: : : /: : j |: 厂7: : : : : : ハ| : |、: : : : : :\ヽ、 ̄
./: : : : : |: :/: : : :/|:| |  ヽ/匚_ノ:/ /_: :/// ||: |i\: :\: \\ヽ、     この扱いの悪さは何なのよ!!
': : :i: : : :|ノi: : : /_ ||. ||\,/: : : :_:_: ::\__////、. ||:| |  \ヽ、\:\ヽヽ
.: : :|: : : ( }//  |  i  ヽl'匚  ̄`i: : // i/\ヽ|i.| |   /|\}\!     ノノ// ,,,  
: : : |: : : `|: ::jノ    !  __//: : ̄|_|:/く  `\! |!| | ./  .|,        /::::::::∠/彡
: : : |: : : : |/,,_ _〟  ヽ'"//:,: :/: : :// / ヽ_ >| <_/ L、    /::/:::::::::::::::::/  .
ヘ: : |: : : : |イ´⌒ヾ    /////: ://   ________,ノ  /::/=ニ二:::::::::>
 ',: 从: : : |        ./: ": ////`  /Vヽ /ヽ/\/\ /:| |<:::::::―=≡二:;::;;;;:ヽ、
  i: ヽ|、: : ',    l ̄/: : : /":!/ーヽ  /  レ       レ'{::|: |   ̄`゙゙ミー;;;::::;;;::::> まあまあ。
  '!:|ヽi:ノ、: ト 、 _ _ゝ/: : : /: :|!: |\|  |/\/\/\/\/\|: |      ゙゙ ゞミゞ、
  !' `!' ヽ> '|" 7: : : /___从 |i、__ _,, -- ‐‐‐lヽ             こんなクソスレ、
     /   ト-/: :/: :!、     ̄ ̄ ̄i´ ̄        |  \           .誰も見てないから大丈夫だよ~
.    ,くミヽ   i/: : /: :/',         |          |   }
   i'  \ミヽ./: : :/: :/: :',            |            |   i

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      今回の幕間は陸氏の兄弟について
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


184 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 17:57:16.56 ID:2Saxv5920

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ    『晋書』『陸機伝』は陸機の生涯を記した後、
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`               いくつかの逸話と共に彼の才を惜しんでいる。
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ-
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ            まず、彼は秀逸な天才で、
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ           .文辞は宏麗だったと賛辞を贈る
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l 
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

185 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 17:58:22.69 ID:2Saxv5920

           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|     人が文章を書く時、
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂     いつも才能の不足を恨めしく思うものよ。
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ       けれど、彼は才能が多過ぎるのを悩んでいるわ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー     
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      張華が陸機を評して曰く
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────



186 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 17:59:16.12 ID:2Saxv5920

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ            弟の陸雲は兄への手紙で、
   \ヽ、 _ , イ!::/             .友人を引き合いに出して次のように述べた
  / ヽ{  ト、ヽ l:       
 ∧\  マ三ソ| \ 
./: : \\ ヾ-〃 _ !______
l; : : : : \\」リ/        /
i: : : :::\::\i../        /

                                            / /   |l /::/       \ \
                                    .      ,イ   |    | |/:::::/   ,イ  ∧  l ヽ \
                                         /   |    | |:::::/ ィ'"¨/ | /  V 、!  ヘ  ヽ
                                         ,′  |   l | / ,/ / .| /   ∨|ヽ ハ  ヘ
                                         i    |   〈j::/ ,/ /   l/     Vヘ  |  ,∧
                                         | | !    ∨ /,>=ミ. /    ,r=く }|  l| ト、',
                                         | | l      V,勹::::ハ '      jr'ハ∨  ||| ヽ
     君苗殿はお兄ちゃんの文章を見ると、            l|八  ', :|   《{::ト :::ノ|      |{::リ }  /! ト、:|
     いつも筆や硯を焼きたい気持ちになるんだって       | |∧ ヽ/∨ハ   V弋rリ     Vノ ∧/|| ',l!
                                         Ⅵ V { V::ヘ    ', "´      '  '' |  :|/ リ
                                          ヽ  V 廴.∨:::ヽ、 ヽ    ( フ   ,.ィ|  :|
                                              ∨ ト、.∨ト、\  ヽ 、 _ ..< |/八 ,'
                                              ∨| \{ ̄ ̄\ \/j/}/ |  }/
                                                ヽ|   |\:: :: :: >- \     /
                                                  ,':: :: ::.// ̄ ̄\
                                                   /:: :: ::/ /         \


187 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:00:03.60 ID:2Saxv5920

         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ          .『抱朴子』などの著者で知られる
       ヘ!:|         ノ!/′          葛洪はある書物の中で陸機の文章を称賛した。
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ            .世代的には陸氏兄弟の次の世代に当たる
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)                      ,</////////////ヽ、
        ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´                       /V//\////////////ハ
                                            /V///| \///////////ハ
                                        /V////|   ヽ///////////ヘ
                                       ′////N  /_ヽV////////ハヘ
                                       |/////Ni! ≠イ禾ヽV///////ハヘ
                                       |/////| ' , 〃´  | V仆///// |∧
                                       |/////|ム , /    ' Ⅵ V/////!/ヘ
   陸機の文章は玄圃の積玉が夜に全て輝くようであり、    |/////|{ | ヽ_     N |/////|//ヘ
   五色の河の流れが源流を一つにしているようなものよ。   .|/////|i ヽヽ   _/ N |/////!//.∧
                                       ’/////|   , ="   |  .!////リ///.∧
   その優美さ、鋭さ、奔放さは当代の極みでしょうね       ’////イ!  "     '  |////リ////∧
                                        ,///イヽ、      /i!////LV///.∧
                                         ,///!N乂、  _// |///V;;;;;;V///∧
                                            V//NV///ゝ-<_,,;;;;;;;;;|//∨;;;;;;;;;\//八
                                             V//N/////γ;;;;;;;;;;;;;;;;|//ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;>――- 、
                                             V/ N//// ハ;;;;;;;;;;;;;;;;|//|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ
                                           V/NV////V;;;;;;;;;;;;;;;;!/リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   .ハ

                                             晋 丹陽郡の人 葛洪


188 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:01:46.34 ID:2Saxv5920

               __
             x/////>、
            ////\/////ゝ
           /V///!/  ヽ/////ヽ
            /V/// / ,  V////∧
         イ////ヒ/ )(_ー=V////ヘ
        /リ////圷ヽ ィ<宍V////ハ
       /シ´|///N | '  ´    V///ハ
     / ̄ /|///N | ` ´  、 / V///ハ
    /__く//|///ハ ィー―"  /x .V///ハ         .ちなみに玄圃というのは、
 ,ー<、  `ヽヾΝ//ハ       //ヘV//V∧        崑崙山の上にある仙人の住処の事よ
´    ヽ    ヽムΝ/ハ    xイ///9V/| ヽヘ
      、 、  ヽ|;;ヽ/ハ ̄~ /V////ヘⅥ  寸
、     |  ノ   ヽ;;;;ヽハ;;;;;〈〉/|////∧||  |
 、    | /     ヽ;;;;ヽヘ;;;;;(/ |Ν//∧|
 |    | /       ヽ;;;V;;;;;;;ヽ | ヽ/∧|                        ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
                                                 ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
                                               ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
                                               ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
                                               ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
                                             /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
                                             i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
                                              ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       陸機の文才は誰もが認める所だったのが分かる。         .ヘ!:|         ノ!/′
                                                 ヾ!>ー-   -- <イリ
       だが、『晋書』『陸機伝』はその後に何気なくこう続ける         (ヘ:::::\i=//:::::/)
                                                   {;;\::::::!n/:::::/;/ 
                                                  ト、;;\;;ii;;/;;;;イ
                                                  /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;ノ;ゝ、
                                                 (;;;;;(⌒)∨/(⌒);;;;)
                                                 `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´


189 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:02:19.18 ID:2Saxv5920
【陸機の振舞いについて@『晋書』『陸機伝』】
┏─────────────────────────────────────┓
 しかしながら、権門と好んで遊び、賈謐と進んで親しくしたため、その行動は非難を受けた。
┗─────────────────────────────────────┛

       ,.f.=ミ'ィ´:_:`:ィア¨:.‐..}.i
        ,.:': !'.;_:_;.:ィニア=マミニヌ、ヽ
     /: : :,ゞ:ィ=ア´: : ;ヽ:、`マ_ソ:.ヽ゚.。
      ,′.,イ. ,ー':./;ィ:,' :|: !マ.゚。 、.`、: :ヽ゚:。
    ,: : /: :,:.':/:/:/: ;' :.i:.ノ マ.:゚。:ヽ:‘,:.V:゚。
     !: :f: :/:./;/;イ:.:/: :Ⅳ  }:Ⅵ: :V:.゚。: Ⅳ:}
.     |: :.Ⅳ_:/儿斗Ξミ、   j斗zzト:リ:/.j:/
   .从: f´了イ叱禾ら'`   示r斥Ⅳノ .´
   /:./:.人.r!:.:.ヽ夊z;リ    弋;j´∧:゚。
 .,彡':.:/:.:./7!:代:.ゝ"´     '   .,': :}:.リ                     ,   -―- -―- 、
  7:.:./:.:./:イ:lゝ、ヽ、    v::;ァ  .ィ:.;ノj/                    , ´ ,: : : : : : : : : : : : : : : ヽ`ー 、
  !:.:,':.:.;イ:.:{:.:ト、从´ .>..__.ィ:´ム‘:,                     /´/: : : : : : : : : ハ: : : : : : : ヽ;;;;;/
 .|:.:!:.:.λ:.:i:.:.゚。ヽ:ハ    {L:_:l:.:.:.:ム:‘,                   /: : : : : : : : ,イ / ゙、 ト、: : : : ヽ;;{
  Ⅵ:.:.:゚;゚。:,!ィチュ、:.゚。ュf⌒ヾ二≧ュ、.j_                    |: :/ /: : : /⌒|   ゙、⌒、: : : : ゙、`ヽ
  \:.,.ィf三二二ユ!:}ニム::ヽ:`マ二ニ=ム                 <| /| |: : : /  レ    ヽl ヽ: \|;;;;;;;;ヽ
                                        レ レ|: /| , == 、    ,== 、ヽ,、: ヽー'
        晋 秘書監 賈謐                        | V ∧           /_ノ: : : ゙、
                                           |: : ヽ人   「 _フ   人: : : : : ゙、
                                         ノ: : : ,r > 、--, < ノ: : : : : : ゙、
                                           /: : : ,´ヽ      V ノ  `丶|、: : : : ゙
                                        /: : : : {   ヽ   / |   / } |: : : : :゙
                                        /: : : : : 〉   ゙、 l  |   /   〉 |: : : : : ゙、

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      『晋書』『陸機伝』は、
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ       基本的に陸機の作品や才能を称賛する方向で進む。
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      批判はここだけだったりする。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         ただ、閻纘の上奏文を見ても、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          同時代の人々からよく思われていなかったのがうかがえる
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


190 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:03:13.86 ID:2Saxv5920

         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ    とはいえ、天才的な文才があったために、
       ヘ!:|         ノ!/′    「賈謐二十四友」に名を連ね、趙王や成都王に重用されたとも言える。
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ      反面、斉王には趙王の帝位簒奪への関与を疑われたが
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′
                                             ∧//////////////// ∧
                                             /V//////////////////∧
                                               ∧//////////,∧///////И
                                               ∧///////////  V///////i!
                                               ∧////イ////V   V//////N
                                           И//// |///V     V/////И
   無学な趙王や成都王はさぞかし重宝したでしょうねぇ。      ./V////ヨ//7/     _」/|V//И
                                          |V////Y//≠' ゝ=K迩フ/j |///N
   あるいは、彼らも陸機の文章のファンだったのかもね       川//ト j// |ヽ  /´ ̄ ̄ |/ |///N
                                          /V//ハ レ/ / ノ      , ト |///N
                                          |//|/リ乂| |_ ヽ_"__ / イ| |///И
                                         イ/ハ个イ`ヽ `ー―一 ィ´;;;;;|;;|///И
                                        <Wハ||;;;;;;;;;;;ゝ、__/;;;;;;;;;レ;;|///И
                                      r彡;;;;;;;;W|;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|//|>ゝ
                                   < |;;;;;;;;;;;;;;;W;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/リ;;;;;;;;;;>、
                                 <   |;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ


191 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:03:54.61 ID:2Saxv5920

/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、         一方、陸雲に関しては、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/           .死後文才を称賛されたという逸話はない。.
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ
   \ヽ、 _ , イ!::/             ただ、死後に門生や部下が集まり、
  / ヽ{  ト、ヽ l:              .彼の遺体を清河国に葬った話が『晋書』『陸雲伝』に残る。
 ∧\  マ三ソ| \
./: : \\ ヾ-〃 _ !______       逆に、陸機がどこに葬られたのかは分からない
l; : : : : \\」リ/        /
i: : : :::\::\i../        /



                                                _ |  〉―- 、
                                              ,  '" ニ__∠=、: : : `丶、
                                            <__ /: : : :\ \ 、:ヽ : :\
                                              //: : l: :ト、ヽ_、: :l|: : :ヽ: :.',
                                             /: : : :|: :| :ハ\ヽ. ̄、|: : : :|: : |
                                             〃: :. :.| イl.| ヽ \\ゝ|: : : |: : |
                                            ,'イ:. :.|: :| :|.',|  ヽ ‐,==-|: : : |: l:}
                                            |,ハ: :.{: :ヽ| ン_    '´ ̄ }: : : |):|:|
               みんな、ありがとー                 | |: :|\ } ィ"´ ,  ""│:/l.|∧|
                                              V |l: :マヘ    <_) ノ|:/イル
                                        .      ヽ|ヽ: :.|トゝ‐┬ -ァ彳|´\
                                                 \|. \| /`ヽ ::::::::\
                                                      /⌒ヽ ヽ:::::::::::l
                                                      /   ', }::::::::::|


192 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:05:12.55 ID:2Saxv5920

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|     本日のゲストの登場です    .|:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
            | |    >:´|、  -  ,|`:<         このような陸氏の兄弟を
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|         どう評価するかは人によって意見が分かれるだろう。
            | |     >-、\!  !/::,-<
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-        参考までに、
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|       .中国史上最高の名君の陸氏兄弟評を御覧頂こう
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!


193 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:05:42.60 ID:2Saxv5920

                             ,, - ー― フ,   _
                         > '' "      /i!i! ̄,、ヽ
                         / , イ      / ゙゙"ヾ /. ',
                      / /,    , イ /     //,ヽ ',
                      !イ,イ   /r//、-、     // ! ', .',
                     イイ   / 代Zソ `  /イ,,, !. ', .!
                   ∠.イ/   /  /'  ̄    ' i!ソ.ゝi  i!.!
                        / /            ヽ ,'  i !i
                        ,'./ゝ、    、 __    " !  ! i!
                     _ レ- ' 、.',         ヽ   ,イ  ,' i
                > "       ヽヽ、           / , イ
                i   , --、    ヽ>、       ,.イ//. /
              _, -‐'ー‐'ー―-ヽ、   ヽ ` ー-- ' 、/イ   ´
             /ー-- 、       ヽ    `ヽ、i!  /'ヽ、
            /     `ヽ      ヽ、___ ゝ、   `i
         r-ー==、、    ',      /  !  !ソ /;-';;ヽ   i、
      r-ー‐'ー―   ヽ、   ',     /   !  ! /;;;;;;;;;;;;;!`ヽ ! `i、
      ,イ           ヽ   ',   / ,イ /  i!';;;;;;;;;;;;;;;;i!、-、ヽ i
  , イ"                ヽ  '、  /,イ  /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .〉、ヽ ヾ、
 ̄ _                ヽ  /イ   /, イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;'、 '、 ヽ,
     `ヽ、ー―――――――― i!'  /イ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./;;;;;;;;;;! !'、  ヽ
       `ー、          , イ、  ,イ、二!;;;;;;;;;;;;;;;;;/`'y';;;;;, -、!=} ',  '、
          !        イ /   /;;!='r-!;;;;;;;;;;;;;;/ヾ,イ;;;;;;;!  ヽ!  !   λ
          !       , イ   ,イ;;ノ.!ゝ-'i!;;;;;;;;rヾ、/;;;;;;;;;;;}   ノ, --、 / '、

                   唐 皇帝 李世民

───────────────────────────────────────────────
   /.:.:.         \
  /:,:.:.:  /   ヽ    \       
 /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー      唐の太宗李世民。
./!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ      
/イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      現存する『晋書』は太宗期に編纂され、
 N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j      『宣帝紀』『武帝紀』『陸機陸雲伝』『王羲之伝』は彼による評が記された。
  ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       .
    `ヘ:ゝ    .'    小/         陸氏兄弟への評価は長文になるので、
      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/          要点をまとめて一部抜粋の形で紹介したい
   _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
───────────────────────────────────────────────


194 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:08:36.71 ID:2Saxv5920
【李世民さんの御言葉@『晋書』(一部抜粋)】
┏──────────────────────────────────────┓
 賛に曰く。

 「楚に才人がいても、晋はよく用いた」と古人は言った。

 陸機・陸雲は荊・衡の優れた人材で、
 徳、才幹、気概は抜きん出て優れており、広く知れ渡っていた。

 文藻は宏麗で当代独歩であり、言論の慷慨たるや永遠に伝えられるであろう。

 枚乗・司馬相如を遠く超え、王粲・劉楨より高く登った百代にただ一人の文学の中心と言える。
┗──────────────────────────────────────┛

       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \
        /  ,'    ノ///}_ヘ!.!/´// ,' _ `l、/       }     \     \
        ,'   ,   /k  ' ' トV/'//  l    i、`ヽ、    /      \ \   \
.      !   l  イヽ、ヽ、△ヽイ/!  !     \   ̄ ̄         \ \、 \
      l    !  ハヽ、 ー 、_j ..::l' |  !\    ヽ               \ ヽ\ ヽ


195 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:10:09.20 ID:2Saxv5920
┏──────────────────────────────────────────┓
 その祖先は相次いで徳を輝かせ、
 呉の命運を握り、文武に渡り代を重ねて将相は華やかに連なった。

 陸機は廊廟において俊乂の慶びを受け、当時の事業を補佐して名誉を保ち功績を伝えるはずだった。
┗──────────────────────────────────────────┛

            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /
. / _〈  l     _/:/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /: :/
 ¨´  \_>一 ´/: / !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


196 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:10:43.77 ID:2Saxv5920
┏─────────────────────────────────────────┓
 しかし、呉の基が傾いて金陵の気が途絶え、
 君は移されて国は滅び、家は喪われ臣は遷ってしまった。

 翼を広げ南を去って火樹に棲みつき、鱗を飛ばして北方へ逝き、湯池に身を委ねて死んでしまった。

 遂に双龍は穴において砕かれ、両鳳は巣において倒れ、
 激浪に思いを馳せる前に鱗を骨にし、雲より高い意気をあげる前に強い翼は灰と化した。

 その翔躍を望んでも、もはや叶わないのである。
┗─────────────────────────────────────────┛



.   /   /                 ,'     ̄    ', i V          |
.      ′     ,. } /  , !  ,'     ..::::::::::_;:ィ',| V           ト、
   ,. -  ;   .:/  :j/:l  l | ,'       ̄ ̄ ¨` , ヽ        |ニ≧=-  _
_,z≦ニニ| ∧  /    / l  ! | ,'             ∨ }         |二二二二
二二二j/ニム/     /  :| l }'        \--ミ   ∨        |二二二二
二二=〈 ̄{ ,、、       l !             ` <、  }         |二二二二
二二/,∧ ∨∧ \    !|       ,、       }i   {      '   リ二二二二
二=/=ニヘ \ V \   Ⅵ   _,.___彡'^ Y^l  ;iム ∧    ,'|  /二二二ニ=
二/二ニニム  \          / /   ,   / /  /:乂___ノ     '_| 仁二二二ニニ     どうしてこうなった
=/二二二二\  iト、   _,.斗'-= ´   〈{  :{./  /     |    ,'ニ|/二二二二ニ=
/二二二二ニニ\  ` < リ 、   ,.へ-── ゝ-' ⌒ヽ |    ,'ニニニニニニニニ
二二二二二ニニニ>.  `'㍉\〈__,. --------- ミノ . |: ,   ,'ニニニニニニニ二
二二二二二二二二二> . ``}          _∠_, |/l  ,'ニニニニニニニニ二
二二二二二二二二二二二ニュ/ ̄|、        ,.ィ|  _/=l ,ニニニニニ二二二二
二二二二二二二二二二二ニ/ニi|  ̄ ̄ ̄  / /二二j/ニニニニニ二二二二
二二二二二二二二二二ニ=/ニニ{: \      / ∠ニニニニニニニニニニニニニ
二二二二二二二二二二ニ/ニニニ〕iト \ / ∠ニニニニニニニニニニ二二二二


197 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:12:24.31 ID:2Saxv5920
┏─────────────────────────────────┓
 賢者の立身は功名を根本とし、士が世に居られるのは富貴であればこそである。

 ならば、栄利は人が貪るものであり、禍辱は人が憎むものである。

 従って、安全で身を保てるのなら君子はそこに居り、
 危険を冒して貴い地位に就いても哲士は去ってしまうだろう。

 優れた才能を包み隠し、居るべき所を選ぶからこそ、よく命を全うできるのだ。
┗─────────────────────────────────┛

    i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
    |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|\::.::.::.::.::.: ―|-\::.::.::.::.::.:|⌒
    | :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: ―j- \::.::.:\::八   〉:: |\八
     :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/|/    \{\,,斗ァ/::_乂         士衡殿と士龍殿が
     :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::厶-==ミ   \イ)/} ::.::\         一家揃って成都王に殺されたそうだよ
     :.::.::.::.::.::.::.::.::.: 弋J/ハ      、ヒン {::.::.::.:\
       、::.::.:\::.::.::.::.: V(ソ        .八.::.::.::.::.::.
       \:(⌒\::.::.::.:\        /⌒\::.::.::.:|
           \::.ー\::.::.:: \   '’.      V\ノ     .,'::::::    ,'          |           |      ヽ
             ∨ヘ<]\}\厂 ̄                i:::::::: l  .i l   ,   /l |         |        ',
         //   `'ー┴-、                  i:::::::: |:: | /l  ./l .,'.||            |  ,       .',
          //           >、____         .|::::::::.. |: .|,'. | /. ',. i. ',.|_,         | ノ     ト、i
       //          // ,>////ノ          .|:::::::::: |:  ' .l‐ト-‐'フ ̄',|         、 .| /|   /  | ', i
                                   |::::::::::::|:   ∨   ´   '         `ート、.|_ ∧ .ノ. l/
          晋 陸喜の甥 陸曄             |:::::: ::: |:    |     _           / .| /| | ノ
                                   i::|::::::::::',:   | ━━━        _   /|/ |.| /
                                    .',:',::::::::::',::   |             ━━ ./   i '
        こっちにいれば良かったのに          .',ヽ::t、::',:::   |_    __           ./     |
                                    .' ヾ|.ヾト、::. |_>、 (   ̄ フ     _ノ::.    |
                                        _, -、:レ|::::|  ーt 二ニ - ― '´  |   /
                                     /\、:::ヾ:|:::::',  ` 〉::::`ー、 /| .ル':,  .:/
                                    ./ | \_\::::::::::::',ー-/::::::::::/\|ノ .|/ ..::/

                                          晋 陸曄の弟 陸玩


198 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:15:27.49 ID:2Saxv5920
┏────────────────────────────────────────┓
 陸機・陸雲の行動を観るに、知恵は言葉ほどではなく、
 彼らの文章における誡めを見るに、何と知り易く行い難い事であろうか。

 智は当時を安んじるに足りており、才は天命を補佐するに堪えられただろう。

 名誉ある地位を保ち、前代の基を辱める事のないよう願っていた。
┗────────────────────────────────────────┛

::. /::.::.::.::.!::.::.:l::.l::l1三三三三三;/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: /::.::.::.:/1::.::.::.:l:.:.:、:.ヽ、
:./::.::.::.::.:l::.::.::.l::.l:.:lヽ三三三エ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::./l1::.::.::./::.:.:.:ヽ:.:.ヽ
/..::.::.::.::.l::.::.::.:l::.l::.:l::.ヽ三エ/::. /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.:/ . /!::.::.::.ハ::.::.:.:.:.ヾ、:ヽ
. .::.::.::.::.l::.::.::.::l::.l::.::ヽ::. ス,/::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.:/: -≠ェ.,_ j l::.::.:/::.:.l:.:::.::.:.:.:.jヽ:ヽ
:. /::.::.::.l::.::.::.:.l::.l::.::.::Y::.::.::.::,::.::.::.::.::.::.::.:.::., イ::.::.:/   メ、l::.::/::.::.:.l:.:.:.::.:.:.:.l ヾ,、
:/::.::.::.::l::.::.::.::.:!:_j -/::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.:/://:/ ___   / .l::./::.::.::.:.lヽ:.:.::. .:l   ヾ
::.::.::.::.::l::.::.::.::.:/ _ /::.::.::,〈:/::.::.::.::.::.::../´ /7 ,へz、.,`y   j:/::.::.::.::. l ヽ:.:. :l   l!
::.::.::.::.::l::.::.::.::.l   '::.::./´j1::.::.::.::.//   /´ / ( `fミ、 //::.::.::.::.::.:l1  ヽ:.:l   j
::.::.::.::.::l::.::.::.::.l  l::.:/}  ,::.::.::.::/ ./  /  l  /rf/ j/l::l::.:!::.::.::.:.:l l   ヽl
::.::.::.::.j!::.::.::.::.:ヽ l / ヽ l::.!::.::./ ./   l  l /ィ/ ./::.::.:/!::l、::.::.:.:.l l     l
::.::.::.::l::l::.::.::.::ヽ::.l/、  l/l::.:/ ,        l /ン´ , ' ::.::./ l::j l::.::.:.:. l l
::.::.::.:l::.l::.::.::.::.::ヽl::. l`} .l Y         "´ /::.::.::/7 l/ l::.:.:.:,' !
::.::.::.l::.:l::.::.::.::.::.::、::.::ヽ´  l            〈::.::.::// .l!  l:.::.:l  l
::.::.:.l::.:ヽ::.::.::.::.::.:ヽ::.::ヽ              〉: //  j   l::./  j
::.::.:l::.::.::.〉、::.::.::.::.::ヽ::.:ヽ 、       ` 、 /l:::/        レ   /
::.::/::.::.::j::::ヽ::.::.::.::.::.:.ヽ::ヽ´゙' ‐- .,_   , ´   l/
::/::.::.::/::::::::::\::.::.::.::.::.ヽ::.ヽ::.::.::.ノ1ー'´    /
:.::.::.::/::::::::::::::::::`ヽ、::.::.::.ヽ:.ヽィ´ j:.!
::.::. /::_,. -──‐-.,_ヽ、::.:.:.:.ヽヽ//
::.::/'´_,.z=====z.,-\::.::.:.:.ヽ〈
: /γ´         `ヾヘ::.::.::.:.:f^1
:/´             `ヽ::.::.:.:ヽ ヽ

199 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:16:12.89 ID:2Saxv5920
┏────────────────────────────────────────┓
 しかし、世が行き詰って、運が否に当たっていると分からず、
 進んでは昏きを切り開いて乱を正せず、退いては隠れて身を全うできなかった。

 危うい国で力を奮い、凡庸な主に心を尽くし、忠を抱いても信じてもらえず、誹りによって疑われた。

 生きて在るのは己次第だが難しく、死ぬのは他人次第だが易しい。
┗────────────────────────────────────────┛



          ,. - ‐--- 、
.      , '゙  /       `ー-_、
     /!   i     ,-―ァトミi
    ヽ j  `' ''"´〈  ,ィ゛l. ∧
     ,ヘ   i    ゝ,/ ,ト'゙N
      i, ヘ. 、 ゙、 , ,ノ/  l|{/
      l! : `! 、_;..、__,.ィ   l.|
      !| : | リ'゙¨¨'ヘ/   l. |
     ,' !; j:'゛   ,'  ,! |
    ,' .j' l{.    ,′ ハ. |
    ,i ,′j|___,l :  ,' | |
    ! l  化三三!.:.  !  !, ;!
   l ,!  ! }  |:  l  |. |!
    | j:! ,! l   | j  !  | |.!
    | !| ,| └<大>|.|! !   !|!|
   {| | ,l| / l  | {|:、 |   j ||
      l ||,/ l  |  ゙l Ν   l.リ
      ヾ/, l.  |  |゙i===={
      /」゙''l'ー !--┼ {二二!
       `十ー'┬-r--Z_,_ノ

200 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:17:57.97 ID:2Saxv5920
┏────────────────────────────────┓
 前において上蔡の犬を誡めとせず、後になって華亭の鶴を悔いる事となった。

 死して家が覆り、祭祀が途絶えたのは悲しい事である。
┗────────────────────────────────┛




           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::                          ::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     :::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  ::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
           :::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
           :::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
           ::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
           ::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
           ::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


201 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:19:05.40 ID:2Saxv5920

                        _...._
                     _,.-':::::::::::::`ヽ、
                   ,..-':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     __         /:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヘ
     l::::::::::::::::::: ̄::::::ー.../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::ニ'::::l
      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::l
       \::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:、  ';::::::|
         ,ン、:::::::::::::::::::::`:-..._:::::::::::::::::::::::/::::::\ ';:::|
          / | |`ト 、_:::::::::::::::::::::`:::ー-......__/::::::::::::::\ヾl
         l ト ト. ト、ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         `ハ_|ヾ 弋弍f'ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          '´く.   'ーイ l j、7ァt、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           rヽ 、 lー'-'ノ_ノ∠Lゝト弋ー--  :::_:ノ
           ヘ ヽ--j..-<}::::::::::::〈.`            さて、読書諸兄は彼ら兄弟をどう思われるだろうか?
            ,レ-'⌒:、   ヽ:::::::::::ヽ-
     ,. -‐、    ヽニ.:::::;r‐ '´ l::::::::::::::::::::ヘ  
   ,r'::::.,.-'   r'´ ::::ヽ   __'Jノヽ::::::::::::::::::ハ 
   /:::::/    |   l::: ` ヽ、_ ヽ_,l:::::::::::::::::::::l 
.   | :::|      |   lヽ、__,. 、 ';::::::::::::::::::::::::::::::l.、
.  | |     |   |:::::::::::::::ヽ. l::::::::::::::::::::::::::::::|:ヽ
   l.  l    ヽl. ..|::::/::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::|::::l.
    ヽ ヽ.__ ノ | ::|:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ` ー- 一 ヘ |::::ー-、.._:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|ヽ
           7ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::|:::ヽ
          /::|::|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|::::::ヽ
           /::::::|:::|:::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|:::::::::ヽ
       /::::::::::{:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::`

202 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:19:32.80 ID:2Saxv5920

_________________ィ‐' ̄`ヽ
|                       |::::::::::::::::ヽ
|                       |::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::::::::::::::\
|                       |:::::::::::::f \::::::::}
|         おしまい         |:::::::::::::|  ゝ::::|
|                       |::::::::::::::ヽ  ∨
|                       |ー:、::::::::::ヘ
|                       |::::::::::::::::::::::ヘ_
|_____________________ |:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
          \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
            ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
            | |    ヾN ゞソ    ゞソ// 
            | |    >:´|、  -  ,|`:<             身を保つのは大切だというお話
            | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
            | |     >-、\!  !/::,-< 
            | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
            | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
            | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::| 
           , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::| 
           | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
           ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
           〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|
           |:!.|:\   ノ::L.. , __.!::::!::::::::::::::::!:::::|
           |:!.|::::::`ー':::/  /  |::::|:::::::::::::::::!:::::!
            |:|_!:::::::::::::::/  /  |:::::!::::::::::::::::|::::::|
            |::::::::::::::::::/  /   .!:::::!::::::::::::::::|::::::l
            |::::::::::::::::/  /    !:::::|::::::::::::::::|:::::::!
           !:::::::::::/  /    |::::::|::::::::::::::::|::::::::!


203 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 18:20:16.03 ID:2Saxv5920
【第九十三回に続く】

新規CAST

~晋~

●陳敏(ちんびん) フル・フロンタル(機動戦士ガンダムUC)
●孟超(もうちょう) ドラミ(ドラえもん)
●公師藩(こうしはん) ニーナ(ガールズ&パンツァー)
●司馬虓(しばこう) Z3(艦隊これくしょん)



205 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2021/06/06(日) 19:23:56.41 ID:b+4/CMnj0
乙でした。
文と政は違うのかね。漢の揚雄に班固、魏の何晏の類なのではないのかなぁ。管賂だったら正しく評価できたかも知れない。

206 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/06(日) 19:41:14.20 ID:LpqJ4O3D0
>>1乙ー。
盧志と陸機のケンカも、東晋の謝安なんかは陸機のほうを評価している感じがするし、
西晋期よりも東晋以降のほうが陸機の評価は上がっていたんじゃないかな。

207 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/06(日) 20:02:38.79 ID:M7FgPazd0
呉の英雄の子孫だという誇りと文才だけで世を渡っていこうとしたんだろうけれど世情が悪すぎた。悲しいなあ。

208 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 20:14:20.29 ID:PfPQXlEW0
お疲れ様でした。

文学者が、ただ文学者であるだけで価値のある時代なら、無理に出仕する必要は全くなかった。
しかし、「天子の臣下として、天下国家のために功績を立てることこそ至上」という価値観が絶対である以上、
出仕の重みは現代よりはるかに大きかったことでしょう。

価値観が変わるには、まだ数百年は時を経なければならない。

>>206
同時代、少なくとも事件直後は、司馬穎軍の士気は大いに上がったことが想像されます。
「呉の貉どもを誅殺したことで軍は結束し、司馬穎は晋の中興を成し遂げた。めでたしめでたし」
という展開が盧志らの脳内にはあったのかも知れません。



209 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/06(日) 20:23:52.78 ID:PfPQXlEW0
ひょっとしたら盧志は、祖父の盧毓が司馬懿の意を受けて、曹爽一派を死刑にしたことと重ね合わせたんじゃないかなあ。
法を曲げてでも貉共を抹殺することが、天下のためになるのだ云々と理論武装できるわけで。

もちろんそれは、司馬炎が苦労して築こうとした寛容路線を全て台無しにした結果ともいえます。

210 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/06(日) 23:12:33.56 ID:sNl04dRd0
盧志も才知は群を抜いているけど主君を見る目はちょっと…という
成都王に献策して名望を与えてしまったことが余計な混乱につながっているような…

211 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/06(日) 23:22:45.33 ID:M7FgPazd0
>>210
かと言って、「コイツはアカン・・・」って思って転職しようにも、無節操漢とかって批難されるだろうしなあ。

212 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/06(日) 23:32:55.89 ID:BxeDaUtw0

才も志もあった人だと思うが、時機には恵まれなかったね

213 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/07(月) 00:45:37.47 ID:RnVEAH3n0
張華さんは才はあったが世の中を動かす程の才は無かったな
八王の2人目を処刑した以外は流されるだけ流されて自分も処刑された
盧志の未来はどうかな?

215 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/07(月) 22:49:20.84 ID:GPReKsNr0
うーん、可哀そうだとは思うけどここまでの描写もあってイマイチ同情できない…
そもそもなんで立伝されてるんだ?陸機は文人としての評価にしても、陸雲って何かしたっけ

216 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/08(火) 09:09:33.10 ID:NGXemRH80
>>215
>>193から、李世民がファンである可能性が大でしょう
司馬相如や揚雄に比べたら、歴史上意味がある動きをしているので、伝が立てやすかったと思われます
陸雲も文人としては評価が高いようですが、晋書には作品紹介されていないようですね

李世民「お、俺はキモオタじゃないから」

217 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/08(火) 11:45:31.73 ID:T/eraJFC0
>>215
>そもそもなんで立伝されてるんだ?
やっぱり文才ゆえでしょう。「文選」に収録されている作品数トップが陸機だというし、
東晋や南朝では文人の最高峰として評価されてたのでは。

218 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 07:26:11.01 ID:mO/Pb5yc0
趣味の分野じゃ多才なのに、仕事させたらちょっと…みたいな人は何時の時代もいるよな。
趣味がそのまま仕事になる時代に生まれなかったのが不幸だったのかもな。

219 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 09:50:04.19 ID:yMI13NvRO
思えば、やる夫は郡太守とか官吏としての仕事も卒なくこなしてましたね

220 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 11:25:51.95 ID:bFp8kCLp0
乙でした
幾度となく問われてきた陸機の評価もこれで最後?
喧嘩っ早いせいで、周りに敵を作り過ぎたという印象。

誇りは徳では無かったんだ…(マジンシア町民)

221 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 12:13:19.07 ID:LbfwJWQX0
このスレでは「陸機の別の面を知ってもらいたい」というコンセプトだったから政治的な話をメインに載せてたけど、
そもそも陸機ったらまず「文人」として名を馳せている人物だからね。
西晋期の人物の中ではトップクラスに研究されている人物なので、興味を持ったら書籍とか論文とか読んでみていいと思う。

222 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 13:42:41.76 ID:TpTmRST9O
陸機のウィキペディアを読むと「国を正して世を救う志があったので~」と記述されているけど、その前の部分で賈ヒツに阿ったことや、趙庶人の簒奪に協力したことがしっかり書かれてて台無しで草

223 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/09(水) 17:40:59.28 ID:5knxv+7t0
>>222
賈謐に阿った者が賈謐に阿った者を殺した展開

蠱毒か

224 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/09(水) 17:45:14.53 ID:5knxv+7t0
>>220
「いやな奴は積極的に突き放す、ただしその分報復も命のやり取りを覚悟しなければならない」
風潮が見られていやなのです。

荀愷と武茂、李含と皇甫商など多数。

225 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 18:46:36.12 ID:vYvvmvDI0
望んだものが才能と比べて大き過ぎたなという感じ

226 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 19:30:49.08 ID:bFp8kCLp0
>>224
まあ確かに、そういうのは現実だけでもお腹一杯ですから…

227 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 20:52:28.68 ID:A6tc5Q8/0
謀反の証拠無しなんだから普通にスケープゴートとして殺されただけだと思うんだ
あえて罪を探すとすればそんな陣営に加わったのが悪い
それにしても、成都王や河間王の陣営に加わる奴らは本当に自陣営の大義を信じていたのかな?

228 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/09(水) 21:58:07.04 ID:kn2OuesM0
>>227
「今度の王様はうまくやってくれるだろう。それこそが我が主君」
という大義名分は、それなりに信じられたのではなかろうか

……少なくとも、漢人の枠組みでは

229 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 22:51:01.00 ID:A6tc5Q8/0
>>228
それだど孫秀にも大義がある事に…
現時点で趙庶人陣営と何が違うのか分からん
そこら辺が乱が続く要因の1つなのだろうか

230 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 23:14:31.27 ID:FUR20vIq0
>>227
[ピーーー]にしろ大敗した責任を取る意味でならまだマシなんだがね

231 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/09(水) 23:31:15.22 ID:/MNRPf+go
乙でごわす

流石の天可汗さんも推しメンとは言え陸機の政治的な立ち居振る舞いは擁護できんかったか

天可汗さんの時代で陸機になぞらえられた虞世基(十八学士の虞世南の兄)も煬帝にずるずるくっついて逃げられなかったんで殺されてるし他人事ではなかったのかも

232 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/10(木) 00:16:54.49 ID:s9nsToc80 [1/2]
>>229
自分で皇帝になった趙庶人が破滅したから、恵帝を立てつつ自分が実権握るコースをみんな狙っている

233 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/10(木) 00:52:10.24 ID:ozinEY9y0
>>232
何をしたいのかは分かる(分からない)
でも、蜂起した経緯が滅茶苦茶なのによくついてくるなーと
成都王と河間王の陣営の面々、大義なんて無いのを承知で乱に参加しているよね

234 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2021/06/10(木) 01:25:13.83 ID:s9nsToc80 [2/2]
>>233
一応、「李含を殺した皇甫商討伐」が大義名分

皇甫商の李含への私怨はみっともないが、李含は私怨で戦争を煽ったから問題にならないほど酷い
その程度の名分を利用し続けた時点で、司馬顒も司馬穎も、やっぱり碌でもない

235 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/10(木) 07:13:44.94 ID:+/cyisce0
しかしまあ、呉の重臣の子孫が蜀に流れて総大将になって、
晋へ進行して敗れた、と感がると皮肉過ぎるな…

236 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/10(木) 12:57:34.48 ID:AEQa6nmd0
李含や張方は孫秀とやってる事大差ないかと…
盧志は家格も才覚もあるのになんで宗族の属官なんてやってるのかよく分からん

237 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/11(金) 20:52:33.91 ID:xVwnAAn70
>>235
誰のことかなと思ったら、もしかして成都王陣営の陸機のことなんかな
成都王(本拠地はギョウ)なんで

238 名前: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2021/06/11(金) 21:27:10.94 ID:cAiQEQUZ0
>>235,237
この時代の諸侯王の封土名は、日本の戦国武将の名乗ってる官職名程度の感覚で考えた方がいいです
(例:領地は信濃と上野なのに官職は「安房守」と「伊豆守」だった真田昌幸・信之親子)

242 名前:1 ◆ZXqVVWPHtc[saga] 投稿日:2021/06/14(月) 00:10:44.92 ID:0/vwronW0 [1/11]
【>>213盧志さんに関してはもうしばらく見守って頂きたく】




         , - 、,  -‐r    ‐-.、
        ,イ ./          ハ
        / ./    /  // ./ .!ヽ
.       / ./  / ./  //./ / / i、
       /イ/  /  / // /イ'  .!  !',
      (' /  /// /、_ 、 /イ ./!   !j
       {(、_/イ ,'  {、.`⌒゙ /.、_ jイ. !|         >>209-211>>233>>236
       .) 77´ {  i、Y    , `゙Y//ル         そもそも叔父上は長沙王討伐には反対の立場だからな。
      /'^´Yゝ、ミx、!リ  `  -  ,!イ/
         ヽ: /へ>    イ_/'x──‐、 __     戦前、成都王へ兵を率いずに朝廷へ入れとすら言っている。
        斗r<:::::::‐-,-<゙爪(Y')ノ {     }-、`!
. __  ,x ´-<´:::\:::::/╋v\、_. ∧     /= イ    李含や張方と同列に扱ってくれるなよ
  マム ̄{::::::::::::::::::::::::::`:´:::::::}`´::::::\ `¨¨7'ニ´.ノ
  マム. ',::::::::::::v:{ニニニ}::::::|:{:ニニ}:∧  .{、-_i'ノ}
   マム. ',::::::::::::',|:::::::::::::|::::o!:|:::::::::|:!:::`、 .{ ̄::::: |
   マム. ',::::::::::::i!::::::::::::|::::: i!|:::::::::|:i!::::::ヽ.i!:::::::::::i!
    マム. ',:::::::::::|──´::::::o!`─´::|:::::::::/::::::::::::i!
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/06/12 00:38 ] 〇やる夫が正史を書くようです | TB(-) | CM(2)

>219

これでも初キャリアが姜維(?)の副官だか秘書というエリート様ですよ、陳寿さんは。
羅憲兄貴にしても弟分というだけで推挙したわけでもないだろうし。
[ 2021/06/15 12:43 ] [ 編集 ]

>さて、読書諸兄は彼ら兄弟をどう思われるだろうか?

このスレを見ていると結局は「身を保つのは大切」に行きついちゃうのがなんともはやになってくるんだよなぁ…。
[ 2021/06/15 12:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する